死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

ベルリンビザ事情2

正直・・・今ものすごく毎日神経をすり減らしてる
状態ではあるのですが。
脳がオーバーヒート状態で血圧が
上がってるんじゃなかろうかと
思ったりするくらい
脳内血液量が増えてる感じの状態。

だからこそのブログかなと。
脳を切り替えるにはもってこいなのよ。
違うことを考えると多少は熱量が
下がるんじゃないかなと。
思いつつ。

国際結婚を考えた場合。
日本人とどこかの国の人との結婚の場合。
配偶者がいわゆる先進国の人だった場合。
そして日本人がその配偶者の国で
住む場合。

ビザはどうなるのか?
って思うよね。

または。
とある国に住むにはアタイら
日本人はビザが必要になりますけど。
まずは滞在ビザ。
期限付きのやつね。
1年とか2年とか居ていいですよってやつ。

国によっていろんな方法でビザが
取得できるけど。
その国にながーく住み続けたい!
でもビザ取得が大変!
と思ったら。
手っ取り早いのはその国の人と
結婚しちゃうことだ!

と言うのが普通の人の考えでは
無かろうかと思うし。
先進国の人たちもジョークっぽく
そういうことを言うんだわ。

あんま詳細は把握してないけど。
いわゆる人気国とでもいいますか。
英語圏ね。
ベイコクなんぞは、普通の日本人が
滞在ビザを取ろうとすると
なかなか大変みたいだけど。
ベイコク人と結婚しちゃえば
すぐグリーンカードが降りる
といわれてるよね。
グリーンカードっつうのは
恐らくは滞在ビザで
永住許可書だそう。
永住が許可されてる場合は
基本、労働も許可されてる。
入国管理局が、本当にこのベイコク人と
外国人は夫婦なのか?と審査に来るんじゃ
無かったっけ?
ま、とにかく結婚すればすぐ降りるのは
ベイコクの仕組みなんだよね。
で、これは結構すごいことかもしれないよ。

と言うのが。
英国はかーなーり厳しいからね。
イギリス人と結婚すれば自動的に
永住権がゲット出来るのか?
といえば、ぜんぜん違うみたいなので。
どんだけイギリスっちゅー国は
外国人をイギリスに入れたくないんだ?
ってくらい厳しく制限してる。
それがエイコクですよ。
イギリスですよ。

イギリス人の配偶者の年収が
ある一定以上無いと
外国人との結婚は認められないんだって。
なんですとー!
ってくらい厳しいよね。
もしかすると。
貧乏なイギリス人がどっかの国の人を
嫁にもらうという偽装結婚で
お金をもらって
外国人をイギリスで住まわせる手引きを
しちゃうんじゃなかろうか?
と。
そういうのを阻止しようとしてるのかなと。
取れなくも無いよね。

なので。
そう簡単にはイギリスで永住権&労働許可書は
ゲット出来ないんですよって話。
EU市民は今のところ何の問題も無いけどね。
そのうちだめになるかもねー。
かもねー。

そしてそして。
ドイツラントですよ。
アタイは昨日までドイツラントでも
ベイコク同様に
ドイツ人と結婚すれば2年も経てば
すぐに永住権が降りるんだとばかり
おもーてましたのよ。
実際そういうのを何ケースか
見てきたし。

だがしかしですね。
どうやらここへきて、まあまあ
条件が厳しくなってきてる模様で。
まあ、でもイギリスに比べたら
屁でもないレベルっちゃー
レベルなんだけど。

と言うのがね。
ドイツでは永住権っつーのは
ある程度ドイツ語がしゃべれないと
与えてもらえないらしいんだわ。
なので。
ある一定の時間ドイツ語講座に
通いましたよっていう証明が
要るはずなんだよね。
300時間だか400時間だか
知らないけども。
そんで、ビザ申請時に係官と
ドイツ語で会話をして
係官が
「ま、これならオッケーでしょ!」
と判断したら永住権が降りるのよね。

って。
よく考えたらこれアタイの時も
そうでしたわ!と。
アタイはドイツ語がしゃべれたので
通常の滞在ビザ更新を5年繰り返して
5年目に永住権が降りたんだよね。
アタイの時の法律では
最初は1年だけの滞在ビザ
次は2年の滞在ビザ
その後も2年の滞在ビザ。
それらを終えて、
かつ、年金を5年支払ったという証明と
税金を5年間支払ったという証明を
出せば降りるんだわ。

さらにそっからEUビザっちゅーのを
ゲット出来る権利が発生するらしく。
EUビザを持ってればEU圏内なら
どこででも暮らせるって言うビザらしく。
かつ。
ドイツの滞在ビザだと仮にアタイが
半年以上ドイツを離れてた場合
失効するらしいんだけど。
EUビザなら失効しないという特典が
あるんだそうです。
アタイ他の国に住みたいと
思わないからEUビザを取る気は無いんだけどね。

でもまあ、ドイツラントでは
たとえドイツ人の配偶者が居て
条件を満たしていても
ドイツ語がある程度話せないことには
永住権が降りなくなってるんだよねー。

で。
アタイがベルリンに住むようになって
ちょうど3年が過ぎたけど。
(早いねー)
ベルリンに住んでる日本人ときたら。
なんだか。
ドイツ語が話せない人が多い印象で。

アタイが以前住んでた街は
ドイツでもっとも日本人が多い街だったので
そりゃまあ駐在員とか
駐在員の家族とかはドイツ語が話せなくても
仕方ないし、要らないし、すぐ帰るし。
って感じだったんだけど。

ベルリンにはほぼほぼ駐在員は居ないわけで。
家族とかも居ないわけで。
みずから進んでやってきて暮らしてる割に。
ドイツ語がまったく話せない人が
わんさか居ると言うね。
しかもドイツ人と結婚してるのに!
っていうね。

クロネコ正直言って。
ただただ驚きなんだけど。

たぶん、他の街だとこうはいかないと思うんだけど。
ベルリン特殊事情かなと。

じゃあみんな何語なのか?というと。
夫婦の会話は大抵は英語みたい。
旦那ドイツ人も英語。
嫁日本人も英語で会話。
と言うケースがもんのすごく多い。
どっちもネイティブじゃない英語。
アタイはそんな英語で会話なんて
したくないやーって思うけど
割とみなさん平気なようで。

子供はこっち社会に入っていくから
ドイツ語になるわけで。
そうするといつかはお母さんとの
意思疎通が面倒くさいなと
思われる可能性もあるわけで。
そんなんで良いのかな?
と思う。
そんで。
当然旦那さんの親戚関係とも会話が
成り立たないケース多しみたいで。
みんながみんな英語が堪能って
わけでもないからね。

夫婦間の会話がまれに日本語って言うのもあったなあ。
旦那さんが日本語が堪能だから・・・
みたいなね。
奥さんも日本語で。
そんで旦那さんがドイツ人じゃない場合
子供は混乱しちゃうみたいよ。
親は日本語で話してて。
外へ行くとドイツ語。
だからよっぽど頭脳明晰なお子様じゃない限り
混乱して言語発達に遅れが出るとか
なんとか。
お母様ご本人から聞いたことがあるんだよね。

外人と結婚したら間に生まれた子供は
自動的に外国語が話せるようになる!
あの外国語取得の血のにじむような努力を
しなくても済む!
と簡単に思っていたら
それはまったく違う。
頭の良い子は自動的に言語を切り替えられる
らしいけど、みんながみんなそうじゃないので
言語能力が低い子はかわいそうだよね。

アタイが思うに。
そして日々感じるに。
言語と言うのはたとえ母国語でも
日々使ってないと絶対に錆びる。
劣化するものなのよ。
会話、読む、書く、聞く
この4つはまんべんなくトレーニング
してないと絶対に劣化する。

20年以上外国暮らしをしてる日本人で
日本語をあまり使ってこなかったように
見える人は
明らかに日本語が劣化してる。
相手の言ってることを理解するのが遅いし
その人の話す日本語も分かりづらい。
込み入った日本語も理解するのに
時間が掛かってるし。
反応も遅い。
とにかく明らかに日本語能力が落ちてるのが
見て取れるんだよね。

そういう前例をいくつか見てると
だんだんアタイも心配になってくるわけで。
ここでこうやってブログを書いていても
頭の中で思う感覚とそれを表現する日本語が
すぐにつながらなくて
出てくるまでにタイムラグがあるケースが
時々あって。
ひえー!
と言う気分になるんだよね。
かなり焦る。
ので、とにかく必死に脳を使ってその感覚は
日本語だと何と言うのだったかを
必死に考えるようにしてるんだー。
で、出てきたら一安心・・・みたいなね。
出てこないとなると一大事でございますから。

母国語が下手な人は、外国語を勉強しても
母国語の能力を上回ることは無いので
母国語の学習を怠ってはいけない!
と言うのがアタイの持論。
でも間違ってないと思うわよ。
日本語がつたない若い人とか見てると
外国語もつたないんでね。
そりゃそうよね。
自分の中に無いものを他の国の言語に
置き換えられるわけが無いからね。

にしても。
クロネコのようにドイツ語が大好きなタイプには
配偶者がドイツ人なのにそのドイツ語を
一切使わないっていうのは
もったいなーい!の一言しか出ないんだけど。
そんでもってベルリンに住んでるのに
ドイツ語を勉強しないだなんて。
ありえない!
ありえない!

言語はその国の文化そのものだから。
言語を学ばないと言うことは
その国の文化に興味が無いとアタイは
判断しちゃうんだー。
なのに住んでるわけで。
何のために?
良いとこ取り?
楽しみたいから?
そりゃビザも降りませんわよーと。

だけどまあ。
アタイみたいにドイツ語を大学で勉強してて
ドイツ語がすごく好きな人ばかりじゃないのも
分かってるんだー。
他の言語ならペラペラなのに、
ドイツ語の勉強をしなきゃいけないなんてー!
憂鬱!って思ってる人も多いだろうからね。
そんで。
本当は別の言語ならちゃんと話せるのに
ドイツ語になると急に赤ちゃんレベルに
落ちてしまって。
ドイツ人に相手にされないし。
配偶者も会話が進まないからイラつくのと
面倒くさいのとで、ついつい英語とか
別の言語になっちゃう・・・
と言うパターンも多いんだよね。

でもここであきらめてはダメ。
だとアタイは思う。
もし20年くらいはドイツに住むことに
なりそうだなと言うなら
諦めんな!と思う。
そうしないと後々困るのは自分だからね。
子供がいるなら間違いなく20年は
ドイツに住むわけで。
20年住んでてドイツ語が下手くそ・・・
って本当に目も当てられないと思う。
でもそれは配偶者に掛かってる。
配偶者が辛抱強く日本人のパートナーの
ドイツ語力をアップさせるよう
付き合ってあげないといけないんでね。
でもそれは本人のためになるから
やったほうがいいと思うわー。

と、今若くしてドイツ人と結婚してる
日本人の人がいたら
そんでもって英語で会話してるんです~
とか言ってたら。
アタイはこんこんと言い聞かせてるよ。
今楽をしてるといずれは
自分に返ってくるからね。

と言うか。
言語に興味ないなら外国で暮らさなきゃ良いのに
と言うのがアタイの正直な気持ちですわ。
だからあんま同情とかしてないんだけどね。
ただ、アドバイスをしてるだけ。

でもなー。
他の街の日本人はドイツ語がしゃべれるのは
普通なんだよなー。
だからベルリン事情がすっごく奇異に
見えてしょうがない。
そしてそれに問題意識を持ってない人を見ると
余計に驚くよ。

下手なドイツ語で2過ごしてたら
難民とか移民と同じような扱いをされても
文句を言えないからね。
ドイツ人は言語能力で相手を判断する民族なので
対等で居たいなら、勉強しなさいよー!
とアタイは思うな。

って言うアドバイスをアタイがしてあげた
しばらく後に、
この話をアタイから聞いたことを忘れて
さも自分の意見のように言ってくる人が
いたりなんかして。
どんだけ記憶力が悪いんじゃー!
と内心思ったりしてます。
それじゃあ先が思いやられるかもね。

でもたまにいるよね。
人から聞いた話を、そのソース源に
「こうなんですよ~」
って得意そうに語る人。
記憶力の悪い人がよくやってるね。
自分もバロメータにしておこう。
これをやりだしたら自分アウトだわと。
そんでもって。
同じ話を同じ人に何回もしはじめたら
それも怖いわと。
なのでアタイは何かのエピソードを
誰かに話す時は
「この話したっけ?」
という枕を必ずつけるよ。
さもなきゃ、うっとおしいやつだと
内心思われちゃうからね。

あ、永住ビザの話が
ボケ防止の話にすり替わっていたー。
これもボケの前兆か?
気をつけねば!笑

うん、ブログを気ままに書いてたら
脳内がリセットされた感じになった!
文章読み直したりとかしないでおこう。
脳を使うと疲れるので。
しっちゃかめっちゃかに話が飛ぶけど
ご了承くださいませ。
わーい。
これでよく寝れそうだ!
グーテ・ナハト。

[PR]
# by kuronekomusume | 2017-03-20 06:21 | 日記 | Comments(0)

映画評「サイレンス」

久々に映画を見たので映画評を。
撮影中から気になっていた遠藤周作原作「沈黙」の
映画でございます。
昨日映画館に見に行ってきたー。

サイレンス
主演:アンドリュー・ガーフィールド、
リーアム・ニーソン、
イッセー尾形、浅野忠信、
窪塚洋介、加瀬亮ほか、日本人役者多数。
監督:マーティン・スコセッシ
公開:2017


ストーリー
江戸時初期(1600年代)キリシタン弾圧が
行われていた長崎が舞台。
ポルトガル-イエズス会宣教師のロドリゴ神父と
ガルペ神父は尊敬していた師匠のフェレイラが日本で棄教したと言ううわさを
信じられず確かめるため日本へ密入国する。
貧しい農村や漁村で隠れて信仰する人々と触れ合うが
長崎奉行に捕らえられてしまう。
日本人キリシタンを拷問にかけたり
殺したりすることで神父へ棄教を迫る幕府。
美しい信仰心を持った農民たちを助けて欲しいと
祈り続けるが、神は沈黙したまま。
なぜ神は沈黙するのか・・・
苦悩の果てにロドリゴ神父が見つけた答えは。


みたいな感じでしょうか。

マーティンスコセッシが「沈黙」を通して
描きたかったのは・・・。
信仰うんぬんでは無く、
キリシタン弾圧を通して
異文化を理解することの難しさ。
そして何よりキリシタンの命と引き換えに
棄教を迫られる宣教師の苦悩を通して
神に答えを求めるのではなく
答えは自分の中にある・・・
と言うことを伝えたかったと。
そして。
人の弱さ許すことの意味を問いかけてる
とのことで。
誰もが心に持つ、弱さと悪、卑劣。
自分の中にある悪い部分を気づかせてくれる存在、
それがキチジロー。
自分の中の悪い部分に苦しみながらも
本当に変わりたいと努力すれば人は
徐々に成長出来るということを表現している。

だそうです。
なるほどなるほど。
それこそがこの映画の本質。
そして遠藤周作が描きたかった本質。
そうなんだろうなとアタイは思う。

だからまあその部分を映画からも受け取れれば
それでいいんだろうなと。

けど。
アタイにとってそういう本質はどうでも良くて。
あんま興味が無いというか。
相変わらず違う視点で映画を見てて。
そんでもって、やっぱ遠藤周作すごいわ!と
感心したのでした。
遠藤氏が意図したかどうかは別として。
スコセッシが意図したかどうかも別として。
でも描かれた映画を見てアタイが受け取った
モノは小説も映画も同じだったのよね。
そう思うとスコセッシは原作に忠実に
映画化したんだろうなと言えるよね。

アタイはベルリンの映画館で見たので
当然のことながら全部ドイツ語吹き替えでして。
正直言って・・・
結構内容が難しくてね。
まあまあ理解するのが大変だった。
たぶん宗教的な表現がアタイのボキャブラリーでは
対応しきれなかったのかなと。
でもまあ大筋こういう感じかなあという
のは想像できたので良いんだけど。
出来ればもう一回日本語字幕つきで
見てみたいかも。
そしたらたぶん、本来のこの映画が持つ
メッセージをそのまま純粋に受け取れる
ような気がするので。

アタイは全言語を理解できなかった分、
違う点に目が行ってたといえる気がするので。

クロネコが「沈黙」でもっとも好んでる
テーマは、何といってもキリシタン弾圧なんだわ。
つまり幕府側の考えに強く賛同してるのよ。
なんつーかね、やっぱあれくらいやらないと
異教徒っつーのは排除できないんだろうなって
思うので。
迫害を徹底的にやってるのを見ると
江戸幕府の本気度が伝わってくるのよね。
ここまでやらないとフリーメーソンというか
イルミナティからの侵略を防げないんだな
っていうのを強く感じるので。
そして。
それを徹底したからこそ、その後のアタイの大好きな
美しい江戸時代が300年近く続いたわけで。
ほんと、良かったーって気分になるんだわ。
バテレンどもめー!みたいな。

しかもさ。
チラッと読んだところ。
その前の豊臣時代にポルトガル宣教師たちが
日本で布教活動をやってた時代に
なんとまあ九州地方からたくさんの日本人が
奴隷として買われてポルトガルに売りさばかれてた
そうで!
クロネコそれは知らんかったよ!
怒怒怒!
しかも、若い女性が性奴隷にされてたんだそうで。
なんだそりゃ?って話。
あの時代にポルトガルくんだりまで売られていくなんて。
涙無しには語れないよね。
それを知った秀吉は布教禁止令を出したそうで。
良い判断だと思う!

ま、とにかくね。
通辞(通訳さんね)役の浅野忠信氏が劇中で
「日本にはキリスト教は合わないし不要だ」
って言うシーンがあって。
クロネコまさに、そう!そう!って思ったわ。
そのくせアタイは欧州のどまんなかで
10年以上暮らしてるから何なんだ?
って話だけど。
なんつーかね、暮らしてるからこそ分かると言うか。
アタイにはキリスト教の真髄とか信仰内容とか
そういうのが根本的に理解出来ないなあと
つくづく思うのよね。
日本で生まれ育って30年住んでたからか
キリスト教的考え方とか行動模範みたいなのが
まったく理解できないんだわ。
言葉で聞いて理解するというレベルのものじゃないというか。

で、その感覚をうまく言葉で表現していたのが
まさに遠藤周作なんだよね。
映画ではリーアム・ニーソン演じる棄教の先輩
ラファイエ元神父さんが熱く語るシーンがあるんだけど。
信仰に固執するロドリゴ君に
日本人にキリスト教なんて理解できないんだよ!
って強く説明をするんだよね。
原作を読んだ時も、くー!これこれ!これだよー!
とすごく共感できたので、
このシーンが映画でちゃんと再現されてたので
マジで嬉しかったんだけど。
ほんとにこのラファイエ元神父の言うとおりなんだよね~。
部分部分でスコセッシもそういう日本人の
プリミティブさを演出してるんだけど
それがアタイにはポイントだったな。
「洗礼を受けたらパラダイスにいけるから洗礼を受ける」とか。
「死んだらパラダイスにいけるから死は怖くない」とか。
「なんかよくわからないけど珍しそうな十字架を触りたい」とか。
「信仰というより偶像崇拝的なモノをもらいたい」とか。
そういう勘違いというか勝手な解釈の信仰。
それが日本人の信仰で本来のキリスト教とは
大違いであると。

だから。
日本で布教活動をする意味なんて無い!
とアタイも思うわけで。
それは逆に。
バリバリキリスト教を信仰している欧州人に
日本的な仏教や神道の真髄も理解出来ない
とアタイは思うのですよ。
なぜならば。
人は知らない文化、異文化を理解しようとする場合、
自分が知ってるものと照らし合わせて比較することが
多いためで。
自分の経験値、知識、文化背景をもとに
未知のものを分析して照らし合わせて
ああ、こういうことなんだな!
と理解しようとするのよ。

でも。
この手法はかなり危険なんだよね。
なぜなら間違えることが多いからで。
クロネコも常にそして無意識にこういう理解法を
使っちゃうんだけど。
あ、つまり日本で言うところのあれみたいな感じかな?
みたいなね。
でもねー。
それでは全部は理解出来ないのよ。
到底無理。
恐らく本質の20%か30%くらいしか理解できない
気がする。
そりゃそうよね、だってそれ自分の文化背景に
存在しないものだもん。
それを理解しようと勤めてるけど、
どうしても分からない部分って残ると思うんだわ。
まあしょうがないよね。
でも近づこうと言う努力はしてるし、
なんとなく雰囲気は掴めるかなあって思うかもしれないし、
逆に、理解出来ないんだなということが理解できるかもしれない。
残りの良くわからない部分は、キリスト教的文化背景から
きてる考え方なのかなーと思ったり。
だとすると本当にアタイには理解できないので
そういうもんなのかなと思ったり。

自分の知識と文化背景を照らし合わせるかたちで
異文化を理解しようとするには理解の限界があるけど
「全部は分からないものなんだ」
と分かってることがポイントなのかなと
思うのよね。
分かったつもりにならずに、
分かってないことを分かるのも大事というか。

だけどだけど。
欧州人、というかドイツ人にありがちなんだけど。
その自分の文化背景や知識と照らし合わせて
理解できたつもりになるところなのよ。
分かってないことを認められないというか。
で、アタイから見ると
「本質を理解してないな」と感じられるんだけど
本人はあくまで
「理解してる!」と主張するわけなのよね。
なんで分かったふりをするのか謎なんだけど。

特に宗教の話をしてるとそれを如実に感じるわけで。
アタイはキリスト教がどんな教えでどんな信仰タイプなのか
ほとんど理解してないんだけど。
「自分はクリスチャンです」っていう人に限って。
キリスト教的な見方で仏教を語るのよね。
なんか違うんだけどな~って思うけど
キリスト教の真髄を理解出来てないアタイには
ポイントをうまく指摘しきれないというか。
なんかそんな感じなのよ。

だから。
映画の中で浅野忠信氏が通訳さんとして
ビシビシ厳しいことをアマちゃんのロドリゴ神父くんに
諭すんだけど。
その内容がまさに的を得ていて。
そうそう、そうなのよー!
とクロネコは手をたたきたい気分になってたというね。

イッセー尾形演じる、長崎奉行の井上氏との
面談時も、ロドリゴ神父君は意固地に
持論を展開するんだけど。

なんか。
それを見てすごーくアタイは
これは!って言う気分になった。
この気分は!アタイが時折ドイツ人に感じる
イライラ感だわー!と。
この感覚・・・分かりづらいと思うんだけど。
もしかするとドイツに住んでる日本人になら
分かってもらえるかなあ。

なんつーかね。
この青二才め!って言う気分というか。
屁理屈ばかりこねやがって!
相手を言い負かしたらそれで良いのか?みたいな。
屁理屈をこねてそれが正論!みたいな態度を
とる若造に腹が立つよ。
なんなんだお前は?みたいな。
これたまに頭が固いドイツ人と話をしてると
こういう雰囲気になるんだよね。
オタク系というか、日本語学科を専攻してるような
暗いドイツ男子に多いというか。
柔軟性の無い考え方のやつがこういう
しょうもない屁理屈をこねるんだよね。
分かりやすいたとえで言うと・・・
鯨漁批判について議論すると必ずこれと
同じ感覚になるんだよね。
彼らにとっての正論「鯨を殺すのは野蛮!即やめるべき!」
という主張に対して、いくらこちらの考えを言っても
聞く耳持たないんだよね。
なんというか、自分たちは正義!お前らは野蛮で間違ってる!
という思い込みがすごくて。
自分たちの崇高で美しくて先進的な考えを
君たち野蛮人の日本人に諭してあげるよ!
みたいな態度なんだわ。
これと同じ感じをこのロドリゴ君は持ってる。
ってことは。
こういう思考はキリスト教的なんだろうかね?
余計なお世話を振りまきに
極東まで行ってしまえるくらいの面倒くささ。
それがクリスチャンなんだろうかね。
いやー、面倒くさいわ。
幸いドイツ人のキリスト教徒率は
イタリアとかに比べると低いのでセーフだけど。
キリスト教を名乗っててもほとんど
信仰とか無い人も多いし、
それこそキリスト教に幻滅して棄教してる人も
多いのでね。

映画の中でロドリゴ君はザ・クリスチャンな
思考で勘違いっぷりを披露しまくってる。
一神教を押し付けたり。
仏陀は神じゃないからダメだ的なことを言って
仏教批判をしたり。
それをビシっといなす浅野忠信のかっこよさったら無いよ!
イッセー尾形氏も厳しくいさめてたよね。
「神はお前を通じて日本人を苦しめてるのだ!」
とか。
「お前が固執せず棄教すれば日本人捕虜は助かるんだぞ!」
とか。

いや、ほんとクロネコにはロドリゴ君は
駄々っ子にしか見えなかったわ。
オマエ何ごねてんだよ!
おまえのせいでどんだけ人が死んでると思ってんだ?
って思ってた。
リーアムニーソンも同じことを言って
棄教を迫ってたし。

ほんと、お前の下らん思い込みが邪魔してるんだよ!って話。
そもそもロドリゴ君は布教活動をするために
日本に来たんじゃなくて。
師匠のリーアムニーソンが棄教したのを確かめて
さらにそれを改めさせようと思ってわざわざ
ポルトガルくんだりから極東の日本に来たわけで。
思い込み激しすぎなんすけど~みたいなタイプなのよね。
師匠が棄教したのを改めさせようだなんて
余計なお世話だと思うんだけど。
純粋な彼には許せなかったんだろうね。

師匠は暗に、オマエが神に祈っても何も変わらんぞ!
と伝えていたわけで。
棄教しても自分の心の中に神がいればそれで信仰は
続けられるぞとも伝えてるわけで。
自分が意固地になることで誰も救えず人を殺してしまうことに
なるくらいなら、相手をだますくらいのことをやれと。
何でも神に頼るなと。

ほんとその通りなんだけど。
でもキリスト教徒にそれを気づかせるのはなかなか
難しいんだよね。
アタイ以前クリスチャンだったけど
創価学会に改宗したというイタリア人女性と
話をしたんだけど。
その改宗先も邪宗だからどうかと思うけど。笑
カトリックと仏教での比較だとすると。
(厳密にはぜんぜん違うけど)
彼女が言ってたのは、
「仏教は答えは全部自分の中にある。自分との対話である。」
とのことで。
そこが彼女はすごく共鳴できて好きであると。
「カトリックは何でもかんでも神に祈って
神様助けて。神様与えて!神様許して!」
と神と自分の対話になると。
だから自分が神にとって一番になりたいから
他の人を押しのけようとするんだとのことで。

なるほどなとアタイは思ったのよ。
まあ彼女はかなりかいつまんで話してたとは
思うけど、本質をついてるんじゃないかなと。
でもそう思うと。
遠藤周作が描いた沈黙は「キリスト教」というより
実は「仏教」的な考えだったのかもしれないよね。
彼はクリスチャンだったんだっけ?
でも日本人だったから仏教的な考えが融合されて
この結論に導かれたのかもしれないよね。
そして神が黙ってるのにも疑問を感じたのかもしれないよね。

と思ってみたり。

ってことは。
逆にこの「答えは自分の中にある」という考えを最初から
持ってる人たちのほうが芯が強いってことに
なるんじゃなかろうかとも思えるわけで。
なんか面白いね。

まあ、アタイがこの映画を見て思ったのは。
-キリスト教を徹底的に迫害した幕府の功績は
素晴らしい
-異文化理解は限度があることを自覚した上で
対応したほうが良い
-キリスト教徒は神との対話を求めすぎているので
エゴイストになりがち。

そんなところかなあ。
原作そして映画のポイントである人間の弱さ汚らしさを
体現しているキチジローについては。
特に何も思わなかったな。
ふーんって感じ。

けど、監督と遠藤周作が描きたかったポイント以外で
はたしてドイツ人はどう受け止めたのかが
とっても気になった。
この映画ドイツ人にはどう写ったんだろ?ってね。
「神の沈黙」は、「答えは自分の中にある」という
メッセージであると受け止めたのか。
はたまた。
なんつー野蛮なことをする日本人なんだ!って
呆れていたか。
けどこれ1600年代の話だから当時の欧州も
同じくらいかそれ以上に野蛮なことを
普通にしでかしてるからね。
その点を忘れないでよーとアタイは言いたいけど。
この映画を見てドイツ人、しかも出来ればクリスチャンの
ドイツ人が何を感じたかにアタイは非常に
興味を持ってるんだー。
誰か見てないかな~。笑

映画館では満席じゃなくて3割くらいしか席が
埋まってなかったんだけど。
ドイツ人の笑うポイントが面白かったかな。
1.片桐はいりさんが長崎弁で懺悔をするんだけど
さっぱり神父に言葉が通じてなくて、でもはいりさんは
必死~みたいなシーン。
2.小松奈菜さんが死んでパラダイスに行ったら
苦役も無いし、年貢も要らないって言うシーンがあるんだけど。
ドイツ語では年貢がSteuerとそのまま訳されていて。
重税のドイツ人にはそれがかなり面白ポイントだったらしく
大うけだったよ。
3.井上氏が愛人を囲ってうんぬん~なたとえ話をしてたさい、
ロドリゴの答えをみんな笑ってたな。
あとロドリゴが江戸で日本人として妻をめとれと言われた際も
神父なのに嫁~!みたいな感じでみんな笑ってた。

そんな感じで、結構笑いが起こる映画だったね。

エンドロールで面白いなあと思ったのは。
黒い背景に白文字で監督とか役者の名前が
パパっと写されるんだけど。
その背景音が虫の音なのよね。
鈴虫というかとにかく虫の音なのよ。
クロネコこれにはなんかちょっと笑っちゃった。
というのが。
最近どっかで読んだ記事に、
虫の音をきちんと音として理解できるのは
日本人だけであるという研究結果があるらしく。
日本人以外には虫の音は雑音&騒音にしか
聞こえないらしく。
右脳と左脳のどっちかで聞いてるとか
そういう内容だったような。
なのに!
そのはずなのに?!
スコセッシは虫の音をエンドロールに使ったわけで。
これは!と思ったね。
彼なりのこの研究へのアンチテーゼなのか。
俺らだって虫の音を理解出来るぞ!って言うね。
それとも、虫の音を理解できる人は「神の沈黙」の
意図も理解出来るに違いないという仕込みなのか。
はたまた。
単に日本人へのオマージュなのか。
分からんけども、非常にこにくい演出なんじゃ
無かろうか?とアタイは思いましたわ。

そんで最後の最後に。
ドイツ語吹き替え声優の名前が差し込まれてたんだけど。
クロネコ驚いた。
というのも。
日本人俳優さんの吹き替えは割りと日本人声優さんが
担当してるのが分かったからで。
どうりでドイツ語吹き替えだけど日本語っぽいサウンドだなと
思っていたのよね。
ネイティブには出しづらいなまりというか。
日本人がやってたならそりゃ日本語なまりになるわなーと。
けど。
さすがは映画と言えば吹き替えの国ドイツラントだね。
ちゃんと各国の声優をそろえてるんだからね。
よりリアルに再現するのを目指してるんだな~と
思ったよ。

日本版トレイらーも見たんだけど。
日本は基本字幕だから英語のオリジナルも聞こえるのでね。
英語のほうが分かりやすいシーンと
ドイツ語のほうが分かりやすいシーンがあるなあと
思ったのでした。
それは単にアタイのドイツ語力がいまいちだからに
ほかならないんだけどね。

そんなこんなで。
長くなりましたが。
アタイの評価は。
星3つです。☆☆☆

ロドリゴのワガママで意固地な態度が
なんか腹が立ってくるので。
と言うわけの分からない理由で評価がいまいち。
もし見られるかたがいたら、
ぜひとも浅野忠信とリーアムニーソンのセリフを
じっくり聞いてみてね。
それこそがアタイが欧州人に感じることの真髄に
近いので。
それを50年前に書かれた遠藤氏はやっぱりすごいんだろうねえ。
外国暮らしをしていたわけでも無いのに、
巨匠の着眼点は一般人のはるか上を行くんだね!


[PR]
# by kuronekomusume | 2017-03-13 09:31 | 映画評 | Comments(0)

名前のアクセント

どーでもいい話ではあるんだけど。

アタイ自分の名前を正しいアクセントで
呼ばれないと、
キー!!!
って気分になるんですわ。
なんじゃそりゃ?
って思うかもしんないけど。
もうね、アクセントの位置を間違えられると
その時点で
「はい、こいつ終了!」
って脳内シャッターが下りてくる。
ついでに耳もふさぎたくなる。

たとえばアタイの名前が
アキコだとしますわ。

そうすると、日本人だと普通に
あきこさん
あきこ
と、ほとんどどこにもアクセントをおかずに
呼んでると思うのよね。
どっかのクソ田舎とかだと
「あ」とか「き」あたりに
アクセントを置いて呼ぶ場合があるかもしんないけど。
普通に一般的にいって、
あきこはどこにもアクセントが無いと思う。
しいて言えば
すごく無意識的に「あ」にアクセントが
あるかもしれない・・・くらいのね。

でね、たとえばありがちなのが
メリケン人ですわ。
やつらはどっかにアクセントをおかないと
発音が出来ない柔軟性の無い民族なので。
おそらくは
キィコゥ
みたいな感じで「き」にアクセントを置いてると思うのよ。

で。
それに影響されたドイツ人も多々いまして。
同じような感じで。
AKIKOを
キィコゥ
と発音してくるわけよ。

でもっと最悪だなとアタイが思うのは。
そんなベイコク思想に影響を受けてる
日本人ですわ。
そいつらがドイツ語とか英語を話すと
アタイの名前をベイコクなまりで呼ぶのよね。
キィコゥ sagt auch so
キィコゥ says also
みたいな感じで。
それを聞いてる毛唐たちも
そうか、同胞の日本人だってそう発音してるから
俺らの発音は正しいんだな!
と認識してるのかどうなのか知らんけど。
どんどん、
キィコゥ!と呼んでくるのよね。

あのなー。
そのアクセントは間違えとるんじゃー!
いいかげんにさらせー!

とアタイはいつも脳内で怒ってます。

まあ、まあ、クロネコそんなに怒らなくても!
って思うかも知れんけど。
怒りますよ、クロネコは。
なぜならば。

ドイツ人は、自分らの名前の発音やらを間違えると
注意してくるからなのよね。
だからアタイは気をつけて確認してるのよ。
なのにお前らはこっちの名前はどうでもええんか?
といいたいわけで。
キィコゥじゃねえわ、ぼけ!
と思ってます。

でもね。
クロネコ脳内では毒づいてるけど、
実はもうあきらめてるので
いちいち注意はしないんだー。

ただ最近気が付いたんだけど。
すっごく不思議なことに、
アタイのドイツ人友達は誰一人このアクセントを
間違えずにきちんと
アキコ
と発音できるんだよね。
誰も
キィコゥ
とは発音しないんだよね。
教えてないのにだよ。
日本語分からないのにだよ。

何故?
何故?
何故?

あ、でもちょっと傾向がある。
50代以上は
キィコゥ
と発音しがち。
若い人は
アキコ
と発音できる。
そして。
東ドイツ人は100%
アキコ
と正しく発音できる。
西の人は往々にして
キィコゥ
となりやすい。
アメリカナイズされてる人は特に
キィコゥとなりやすい。

以前デュッセルで働いてた時の同僚はほとんどが
キィコゥと発音してました。
なのでアタイは内心、
こいつらアタイの友達にはなれないなって思ってた。

それだけで友達枠からはずしちゃうという
キャパの狭いクロネコでした。
でも毎回呼ばれるから間違えられると
イラつくのでしょうがないのよねー。

あー、でもアタイも今後ますます
人の名前のアクセントには気をつけましょう~っと。
人の振り見て~

[PR]
# by kuronekomusume | 2017-03-06 04:32 | 日記 | Comments(3)

ダンシャリと掃除の季節

日本だと年末に大掃除をすると思うんだけど。
アタイはドイツに来てから
どうも年末大掃除が実行できなくて。

掃除は好きなんだけど。
今は月~土まで働いてて
家には寝に帰るのみ・・・みたいな
感じになってるし。
料理も日曜しかやらないので。
掃除は週に一度、日曜にしかやってない。

年末になると、
やんなきゃなあ~と思うけど。
そのうち日本帰省の日程が迫ってきて
いつもの掃除しかやらないまま
日本に帰って。
で、そのままドイツに戻ったら
日常になる・・・というね。

アタイはドイツ在暦が12年なんだけど。
やっと最近わかったのが。
ドイツは暗いから掃除をする気が
おきないんだってことだね。
日本って冬でも太陽が出てて
寒いけど明るいんだよね。
掃除は明るいところでやるのが
汚れも見えるし、片付けもしやすいと思うのよ。

ドイツの冬は暗いからね。
太陽さんどこいった?
って感じの暗さ。
家の電気もワット数が低いから
いまいち暗くてよく見えないし。
アタイのクローゼットは色が黒で
もってる服も黒が多いから
もう見えない、見えない。笑
電気つけてもあんま見えないというね。
ホコリもついでによく見えない。
くもの巣もよく見えない。

なのでやる気がおきないという。

で、ガーンと明るくなって
気温もあがってくる5月とかは
外に行きたくなるから
家にこもって掃除とかやる気は
これまた起きないというね。
で、そのまま夏まで汚れやら
ホコリが見えるのに放置しちゃうという。
うーん。
悪循環だ。

でも!
やっと分かったのですわ。
今だよ、いまだー!ってね。
掃除するなら今なのですわ。
春が近づいてくる今の時期は
晴れてる日はそこそこ明るくなってきてて。
やる気が出るんだわ。
でも外の気温は5度とかだから
外に遊びに行く気にはならないしで。
まさに。
今こそ掃除にはうってつけじゃないの!
とこないだ気が付いて。

ここ2週間ほど、週末はとことん
ダンシャリと掃除をやりまくってます。

この部屋は天井高くにくもの巣が
結構張り巡らされてましてね。
天井が高いのでハシゴを使って
くもの巣取りをやりましたわ。
くもも何匹か殺しましたよ。
アタイはクモが平気なんす。
以前は、芥川龍之介のクモの糸の影響で
クモを殺しちゃいかん!と思ってたけど
あまりにクモの巣がすごいので
ここ3年は見つけ次第殺してます。
2年前までは蛾も素手で蚊を殺す要領で
バチバチ殺しまくってたけど
去年の夏、大家が新しい窓サッシを
設置してくれたので、
それ以来、蛾が入ってこなくなって
蛾を殺す必要もなくなったというね。
いやー、良かった良かった。
この調子でクモも減るといいな。
なんせクモの巣をとるのが面倒なのでね。
クモの巣をとってると、
綿アメを作ってる気分になったわ。

高いところのホコリもハシゴを使って
全部取りきったわ!
そんで。
何よりも。
ダンシャリが気持ち良いよね。
要らない服とかモノをを捨てまくって
すんごいスッキリした。
気分も部屋もスッキリよ。

服はどうしても思い出が詰まってるわ~
とか勝手な思い込みで
捨てられないものが多くてね。
でも。
アタイ今41歳だよ、この服着る?
って自分に問いかけて。
着ないよね~と自分で回答を出して
いっぱい捨てました。
それでもまだまだあるけど。笑

モノも要らない!使わない!と思ったら
容赦無く捨てた。

ほんっとスッキリするね。

先週の日曜は一日中掃除もやってたから
疲れ果てたけど。
年末の遅れを取り戻すぞー的なね。

それでもまだあと10%ほど
終わってないゾーンがあるんだ~。
そこを片付けたら一旦今年のは終了だわ。

あ、たまった書類の整理が
まったく出来てないんだった・・・。
3年分のいろんな書類の整理を
一切やってないんだよね。
とほほ。
ドイツっていろんな書類を
10年くらいは(もっとだったけ?)
保管しておかないといけないので
まとめないといけないんだけど。
どうも面倒でね。
その前にバインダーを買ってこないと
いけないというレベル。
3年分の書類が厚さ20cmくらいで
山積みになってるのが見える・・・。
おそろしい・・・。
来月にやろうかな。
先送り主義。笑

幸い、うちの今のアパートには
地下室が無いのが救いだよ。
あるとモノが増えるからね。
以前デュスで住んでたアパートには
地下室があってね。
要らないモノはとりあえず地下室へ!
みたいになっちゃうと大変。
地下室がモノだらけになるから。
ま、アタイは大したことなかったけど
同じアパートのほかの人の
地下室置き場をみると
もうモノが溢れまくってる人とかいて
あっちゃ~って感じだったのよね。
なので。
地下室は無いほうがミニマルな暮らしが
実現できるとアタイは思う。

置くとこ無いし、
使わないし~。
と思ったら買わないし
貰わないし。
捨てられるしで。

それでも気が付くと物は増えていくから
やっぱり意識的にダンシャリ&掃除は
常にやらないといけなんだろうね。
とりあえず。
残りの部分が終わったら
次回はまた来年2月だわ。
書類整理は3月だ!笑

自分にプレッシャーを与えないとね。


[PR]
# by kuronekomusume | 2017-02-23 06:01 | 日記 | Comments(0)

ダイエット成功~!

ここ1週間ほどでベルリンも
徐々に明るくなってきた~。
そして気温もやっと氷点下を抜け出して
毎日5度以上ある!
う・れ・し・い!

なんか今年は寒くて1月からずーっと
氷点下続きだったのよね。
氷点下は寒すぎた~。

でも氷点下の中歩くとすごく気持ち良いんだよね。
空気がピリッとしてて。
ざくざく歩くと肺の中にフレッシュな
空気が入ってきて、体もあったまるしで。
なので。
アタイは冬場のウォーキングがかなり好きなんす。
夏場はチャリが気持ちいいから
歩いたりはしない。
その代わり冬は歩きます!

1月頭からずーっと毎日帰宅時に
3.5キロほど歩いてて。
しかもほどよい傾斜の上り坂。
厚底ハーフブーツを履いてるから
まあまあの負荷もかかってて。

ニット帽、
マフラー二枚。
ダウンジャケット、
ユニクロダウンジャケット、
セーターとか。
その下はヒートテック厚手のやつ。
を着込んで。
手袋もして。
足元はズボンに厚手の靴下。
と言う完全武装で歩きます。

それをかれこれ2ヶ月続けてたら。
というか、1ヶ月弱ですぐ結果が出た。
ぬわんと。
1.5キロ落ちた!
しかもおなか周りがスッキリ!
お・ど・ろ・き!
ちょうど去年の今頃からダイエットを
地道にはじめて。
あまりに太りすぎたからね。
デュスOL時代と比べて7.5キロ増量してたからね。
夏場に毎週プールに通って泳ぎまくってたら
5キロ落ちたんだけど。
そっからは動かずで。
そのままリバウンドも無く秋を越えて冬になって。
年末こっぴどく風邪をひいたので
プールに行けずじまいで。
でも運動したいし・・・
ジョギングは老け込むから嫌だし・・・。
なのでウォーキングをやり始めたんだけど。
いや、驚いた。
すごいね、ウォーキング。
ダイエット最後の一押しが上手く行ったよ。
2月の時点で2キロダウンになったから。
アタイってば。
ほぼほぼ、デュスOL時代つまり3年前の
体重に戻りましたよ!
ってことで。

このままリバウンドするのは嫌なので
とりあえず3月中旬くらいまでは
地道にウォーキングを続けようかと。
すごすぎてヤメラレナイ的なね。
おすすめだわ~。

二度と太らないように気をつけなくては!!
痩せるの大変だったからね。

勝因は。
食べる量を減らしたことだね。笑
当たり前だけどアラフォーの大食いはダメだわ。
いくら運動をしても食べ過ぎてたら
意味が無いのねと言う事を
3年かけて学びました。笑

ちなみにスポーツをしながら痩せたので
3年前と体重は同じだけど
明らかに筋肉質に変化してるのが
自分でも分かるので
これは良い感じなのでは?!と
嬉しい気分だよ~。

いや~。
ほんっとに7.5キロも増えたときは
どうしようかと思ったけど
人間がんばれば痩せられるのね。
しかもストレスの無い痩せ方で
ゆ~っくり時間をかけて
痩せていけたのが良かったわ。
今後もストイックに行きます!


[PR]
# by kuronekomusume | 2017-02-23 05:40 | 日記 | Comments(0)

ベトナム人を誤解してた模様

先日、ベトナム人のプリミティブ具合に
イラついていたアタイですが。

ちょっとクロネコの誤解だったことが
判明しまして。
謝らねば!と。
ベトナム人にね。

まあ、彼らがプリミティブなのは
間違いないんだけど。

アタイに、彼氏は?子供は?と
聞いてたのにはワケがあったことが
今日判明しまして。

というか、今日もまたベトナム女性に
同じことを聞かれてね。
またか~うんざり~と思ってたら。
年齢も聞かれて。

41歳ですけど何か!キッ!
みたいな感じで答えたら。

あちらの女性が驚愕しててね。
ま、ま、まさかー!
ありえないー!
あなた41歳?
28歳くらいかと思ったわ!
いってても32,3歳くらいかと!
ありないーい!

と叫ばれて。
え?
え?
何、何?
クロネコが28歳?
さすがにそれは言いすぎだし
ありえないと分かってはいるけど。
わかってはいるけど・・・
顔がゆるむ~
うれし~。
13歳も若く見えたってことでしょ~
うれすぃ~。
しかもそれを言ってるのが
お世辞じゃないのが分かるし。
なおかつ、彼女は同じアジア系。
アジア人は普通にしてても
若くみられるけど
アジア人間ではそれなりに厳しい目で
相手の年齢を見抜くもんで。
なのになのにー。
クロネコを28歳だなんて~
もう~。

と、急に態度が変わったクロネコなのでした!

彼女は弟が28歳らしく
弟にクロネコを紹介したいなあと
思ってたんだって。
弟・・・41歳は重すぎるよね。笑
つーか、アタイの実年齢を知った時点で
弟への紹介は立ち消えてたけど。

いやー。
ってことは。
クロネコいままでしょっちゅうベトナム人に
同じ質問されてたのは。
みんなアタイは相当若く見積もってくれてたって
ことなんだろうかね?
だとしたら。
プリミティブも悪くないね!
と。
考えを180度かえてしまったクロネコなのでした!

お騒がせしました!
テヘペロ状態です。

[PR]
# by kuronekomusume | 2017-02-08 06:55 | 日記 | Comments(3)

ベルリンのベトナム人はプリミティブです

クロネコは、現在41歳独身でして。
別に自慢でもなんでもなく。

正直なところ、そろそろどうにかしたいわ~と
思う日々でして。
とはいえ、そう簡単にもいかないのが
現実でね。

けどさ。
ここ最近日本でも
「結婚しないの?」とか
「子供産まないの?」とか
そういうことをあからさまに聞いてはいけない
風潮って出来てきてるよね?

特に、会社とかだと、
「彼氏いないの?」だけでも
セクハラ認定されるご時勢じゃない?
アタイはそういう認識なんだけど。

ドイツラントでも似たような感じで。
友達同士ならまだしも、
同僚からそういうことを言われると
関係性にもよるけど
ハラスメント扱いになるんだよね。

けどまあ、アタイの場合は
自分から言うタイプなので。
友達とかと話してたら。
「クロネコも一般から遅れること15年だけど
そろそろ結婚願望が・・・」
とか言っちゃうのよね。
本気とも冗談とも取れなくもない感じで。
自虐気味ともいえるけど。

で、みんな適当にスルーしてくれるというね。
内心は
「つーか、遅せえよ!今ごろ何言ってんの!」
「無理、無理、無理!」
とか思ってるんだろうけど。
みんな優しいから何も言わないでスルー。涙

ま、それでいいんだけど。

なんかここ最近ちょっとムカついてるのが。
ベトナム人ですよ。

アタイは別にベトナム嫌いじゃなくて
むしろ昔から好きなんだよね。
アタイの個人的リサーチによりますと。

ベルリンには社会主義国時代のつながりで
やたらとベトナム人が多いんですわ。
デュッセルとか西側の街の比じゃない。
たぶん20倍とか。
ドイツの西側の街にはそんなにベトナム人はいないのよ。

でもベルリンにはやたら居る。
というより東ドイツ全体に結構居ると思う。
90年代後半なんかはベトナムマフィアなんかが
割と幅を利かしてたって話を聴いたことがあるくらいで。

ベルリンのベトナム人はアタイが目にする限り・・・
八百屋か、ベトナム料理か花屋。

ベルリンの街角の八百屋といえば
ベトナム人だよ。
ついでにアジア食料品とか調味料も
売ってるというね。

でもなんといってもベルリンはベトナム料理だよ。
ベルリンのベトナム料理やは、ものすごい数で
各通りに一軒はベトナム料理屋があるんじゃ?
ってくらい石投げたら当たるくらいある。
大げさでも何でもなくね。
最近はオシャレなお店も出来てきて
雰囲気ばつぐんで大はやりなところも多いんだわ。
そういうオシャレじゃないところは
いわゆるMSG使用系というか。
グルタミン酸ナトリウム(味の素ね)で味付けしてる
フォーとかを出してるお店がまだまだ主流かな。
そんで、ベルリンといえば寿司屋は基本
ベトナム人がやってる。
タイ人とか中国人もやってるけどベトナムが圧倒的に多い。
なので、MSG系ベトナム料理やに行くと
大抵「ベトナム料理、タイ料理、寿司」が揃ってるというね。
それがデフォルトです。

そんで。
あとは花屋。
もうね、なぜかベルリンの花屋はこれまた大半が
ベトナム人経営なのよ。
何故だかはわからんけど、そうなってる。
デュッセルの花屋はドイツ人経営がほとんどだったから
この不思議な傾向にいまだ驚くんだけど。
ベルリンには強力なベトナム人花屋仕入れネットワークが
あるんだろうかね。
こんど聞いてみようかな。
教えてくれないかもしれないけど。
ベルリンの花屋は、
ベトナム人経営花屋か、
ドイツ企業フランチャイズの花屋(オーナーはドイツ人が多いかな)、
または高めのオシャレなドイツ人経営花屋
に分かれるよ。
面白いよね。

そんで、ベルリン在住ベトナム人の特徴というのが。
基本みんなフレンドリーで親切だし
アタイは好きなんだけど。
彼らはいかんせんドイツ語が下手。
なんか適当に大きく相槌とか打ってくるけど
微妙に通じてないし。
文法とかしっちゃかめっちゃかで
話をしていて頭が混乱してくるんだよね。
言ってることがよく分からないし、
こっちの言ってることちゃんと分かってるのかな?
みたいなイラつきを感じるというか。

ドイツ生まれと、移住してきたパターンがあるようで。
後者は当然ドイツ語が下手。
なんかタイ人と似ている下手さ具合。
なんつーか、発音が変なんだよね。
タイ語とベトナム語が似てるのかどうかは知らないけど
発声音が似てるんじゃないかなって気がする・・・。
だからなのか、彼らがドイツ語を話すと
なんか鼻づまりみたいな音になるんだよね。
独特の音というか。
クロネコはあれがどうも苦手みたいで・・・。
(クロネコ苦手が多すぎ・・・笑)

中国人とか韓国人が話すドイツ語にも
独特のアクセントというか発生音があるんだけど。
それはアタイは平気なのよね。
嫌いじゃないし。
日本人にも独特の発生音がある。
うまく言えないけどね。
日本語独特の音の出し方があるから
それを元に外国語を話すので
よっぽど音に敏感で発生が上手い人じゃない限り
日本語風ドイツ語発生音になるんだと思う。
つまりアタイもそう。
どっかの国の人に、
「あの日本人の独特のドイツ語音すごい苦手~」
と思われてる可能性はあるよね。

とまあ、ベトナム人特有の音の出し方が
ある上に、文法がめちゃくちゃだと
何を言ってるのか聞き取れんわ~
って話ですよっていいたかったのだ。

ベルリンには通称ベトナムセンターってところがあって。
ちょっと中心部から離れたところに
倉庫街があるのよ。
まさにデカイ、プレハブみたいな倉庫が
7,8棟並んでて。
そんなかには、ベトナム料理やとかスーパーとか
床屋、ネイルショップ(レベルが低すぎて驚愕するけど)
いろんな衣料品の卸商店が店を展開してて。
まあ、雑多なアジアの雰囲気を感じるには
面白いところ何だけど。
衣料品の質とデザインが驚きのダサさなので
自分の中のわずかな美的センスが
ダサさに犯される感覚を味わえる
場所でもあるのよね。
本当にダサくてダサくて、ただただダサいからね。
こんな服買うやついるのか?
こんな服着るやついるのか?
って思うけど、そこのセンターに来てる
ベトナム人は主にそこで売ってそうな
服を着てるから、需要と供給は成立してるみたい。
驚くね。

で、そこで働いてるベトナム人は
愛想が悪い人が大半で。
スマイルとか一切無い。
そんでもってドイツ語もほとんどしゃべれない。
だから街中のベトナム料理やで働いてる
ベトナム人は、なかでもドイツ語が話せる人たちなのね・・・
という認識になるというね。
けど彼らはまず英語が話せないんだなあ。

でね、クロネコ年に一度くらいベトナムから来てる
ベトナム人に会う事があるんだけど。
この人たちのソフィスティケイティッドっぷりに
心がすがすがしくなったのよね!
なんつー洗練された人たちなのだー!って。
見た目も麗しいし。(若い女子ね)
頭も良いし。(英語もぺらぺら)
何よりお行儀が良い。
とにかく感じも良いし、知性もあるし
センスもあるしで。
本国できちんと教育を受けてる人は
こんなに違うのね~って
憧れちゃうよ。

とにかくベルリン在住のベトナム人とは
全然違うのだ。
でも基本ベトナム人はフレンドリーで
いい人たちが多いから好きなのよ。

でもでも!
ここ数日アタイをイラつかせてるのが
このベルリン在住のベトナム人だよ。
なんでかっつーと。

初対面なのに、いきなりアタイに
「あんた子供は?子供いるの?」
ってすぐ聞いてくるからで。
そんでもって。
「旦那は?彼氏は居ないの?」
ってその次に必ず聞いてくる。

クロネコいつも絶句だよ。
え?
なんで初対面のあんたらにそんなこと
言わないといけないの?
つーか、おまいらトルコ人か?
って言いそうになるわ。
トルコの男はすぐそういうことを
言うからね。
下品極まりないので。
なのに、ベトナム人も同じことすんのか?
って驚いてて。

これってコミュニケーションとして成立してるの?
相手が嫌だなと思うことをズケズケ聞いていいの?
って思って。
しかもよく知らない人たちになんで
アタイのプライバシーを教えないと
いけないのよー!!!
キーっ!
って話で。
(オールドミスのヒステリーってやつね笑)

これがね、ベトナムときたら・・・
男女ともに聞いてくるんだよ。
男だけならまだ分かるけど、
女も聞いてくるのがなんともね。
傾向としては30代以上がそれをやる。
女の場合は大抵自分は結婚してて子供が居るのよね。
だから「女は結婚して子供が居ないと不幸」と
思ってるようで、アタイのことを
哀れんでみてくるんだわー。
ほんと余計なお世話よ。
自分は勝ち組の風吹かしてくるという。
キーっ!
(あ、またオールドミスのヒステリーが。笑)
ベトナム人でも20代はドイツ生まれの
ドイツ育ちが多いのか
そういう余計なことはまず言わない。

つーか!
てめえら失礼なんじゃー!
人が下手に出てたら調子に乗りやがって
いいかげんにしとけよー!

とクロネコ内心すんごいむかついてるんだけど。
フレンドリーなクロネコですから
とりあえず
NEIN
NEIN
NEIN
のNEINでしか回答してない。
不愉快なんじゃボケ!
っていうのを一言で表すとNEINになるというかね。

いやー。
にしてもこういうのアリなんかね?
プリミティブ過ぎやしないか?
クロネコちょっとカルチャーショックなんだけど。
クロネコが気にしすぎなのかね?
40も過ぎてるんだから気にすんなよ、クロネコ!
って感じかな。

なんか、ベトナム人に対して
「無教養でプリミティブなベトナム人どもめー」
という心が芽生えつつあるクロネコなのでした。
[PR]
# by kuronekomusume | 2017-02-04 06:46 | 日記 | Comments(0)

追っかけは悪なのか?

ワンオクの件を読んで。
なんつーか。
元追っかけとしては(ワンオクの追っかけじゃないよ、さすがにね)
う・・・・・・ん
と色々考えてしまったわ。

ワンオクというのは
ワンオクロックという日本のバンドの人たちの呼び名で。
森昌子&森進一の息子さんのバンドなんだよね。
日本でも大人気なんですかね?
そこは知らないんだけど。

欧州というか、ドイツでは
いわゆる日本好きオタクドイツ人の間では
そこそこ人気みたいで。
アタイはそっちの筋から(どんな筋だ?!)
ワンオクの存在を知ったんだけど。
曲は実は知らない。

そういうバンドがいるんだね~。
欧州ツアーとかやってるんだね~。
V系じゃないアーティストもドイツで
人気が出てきたんだね~。
ええこっちゃ、ええこっちゃ。

みたいな気分でいたんだけど。
そのバンドのTakaさんが海外遠征ツアーで
苦言を呈したとかなんとか・・・
というのが今回の騒動で。
対いちぶの日本からの追っかけファンに対して
海外ツアーで疲れてても写メを撮ってくるとか。
どこのライブ会場でも同じ顔ぶれが前方を
陣取ってるとか。
そういう内容で、ちょっと分かってくれよ的な
ことをつぶやいたんだとかで。

それを目にしたいろんな人が賛否両論を
繰り広げてるという。

なるほどなるほどー。

っていうか。
クロネコには
すんげえ耳が痛い話ですわ、正直。
なんせアーティスト側がそんなこと
言ってるわけだからね。
追っかけ側は傷つくよって話。

でも。
傷つかない行き過ぎた気分のファンも
要るんだろうなと推測できるわけで。
なんつーか。
おかまいなしというか。
みたいから行く!
行くからには最前列!
ほかの国のファンがどうだろうが
知ったこっちゃ無い!
ってやつね。

うーん。
うーん。
この気持ちもすっごくよくわかるんだなあ。
なんせ。
アタイもそういうことやってましたんで。

遠い昔、20年くらい前かなあ。
もっと前かも。
まだアタイが東京でOLをやっていた頃。
アタイの好きな日本のAというアーティストが
こともあろうかベルリンでライブをやることが
決定して。
その情報をキャッチしたとき。
アタイはお金もなければ時間もなくて。
ドイツなのに。
ベルリンなのに、アタイは行けない・・・
と悲しい思いをしたもんだけど。
のちのち当時のライブ映像なんかをみたら。
ドイツじゃ無名のそのバンドのベルリンライブには・・・
「日本人ファンしか来ていませんでした」
状態だったよ。
日本でもいまも一部の根強いファンしかいないと
思うんだけど。

つーか、当たり前だよね。
いくら日本で何十年もやってても
ドイツじゃ無名。
でもドイツでライブの話があって招聘されたなら・・・
バンドも行くよね。
けど格好が付かないと困るから
ファンがある程度は必要。
でもドイツ人は通りすがり程度でしか来ないだろうし。
主催者的にはどこの誰でもいいので
来てくれ~みたいなね。
で、日本から熱烈なファンが何千人か
ベルリンくんだりまで見に来ましたよ。
盛り上がりましたよ、よかったね!
みたいな。

まあ、このアーティストは海外進出は
毛頭考えてなかったっぽいので記念ライブ的な
感じだったのかなと。
だからそれでよいのかなと。

そんで別のケースだけど。

ドイツで知名度抜群のキャリアの長い
ドイツのパンクバンドがありまして。
メンバーも既に50歳くらいなんだけど。
彼らのことを知らないドイツ人はいない・・・
というくらい有名で。
だからといってドイツ人全員が彼らを好きか
というとそうでもないと思うけど。
彼らも一度日本でライブツアーをやってるんだよね。
単なるタイバンだったので
日本のすっごく無名なパンクバンドの前座を
勤めてたんだけど。
つまりミニミニツアー。
何でその日本のバンドだったのかいまだ謎だけど。
とにかく本家の日本のバンド自体が無名だから
ライブ会場も小さくて。
大阪、名古屋、東京。
確か東京はクアトロだったよ。

いくらドイツで人気と知名度があるからって
日本人はほぼ誰も知らないバンドだったから
そりゃあ日本人ファンはほとんどいなくて。
アタイと友達を入れても・・・
20人もいたかどうか。
そんな感じのアウェイ感だったんだけど。
ぬわんと、さすがに人気バンドだけあって
ドイツからちゃんと追っかけがきてたのよね。
30人くらいいたかなあ。
(もっと居たかも)
ドイツ人男女織り交ぜて。
全員パンクな感じの子達だったよ。

で、当時日本のライブではチケットに整理番号が
書いてあって。
整理番号順にライブハウスに入れるように
なってたのよね。
だから是が非でも若い番号を手に入れなくては!
と常にライブの際には気合を入れてたんだけど。
それは完全日本のルールで
ドイツ人には理解不能だったらしく。
ドイツでは早く来た人が早く並べて
早く中に入れていい場所を取れるっていう仕組みなので。
とにかく整理番号を無視して中に入ろうとする
ファンたちがいてね。
アタイらのほうが整理番号が先だったけど
「私たちドイツからきたの!どうしても最前で
見なきゃいけないの!」
と熱弁されて。
まあ、遠くから来てるんだし・・・と
譲った記憶があって。

でも考えてみれば。
アーティストとしては、アタイら日本人にこそ
見てもらいたかったはずで。
ワンオクと同じ考えだと思うのよね。
で、ドイツから来てる子達はいつも最前列を
とる子達だから顔は知られてるわけで。
それが日本でも最前列ですよって話で。

でも、当時のアタイらは譲りましたよ。
譲ったところで数が知れてたので
うちらも最前列取れたしで・・・。笑

とはいえ。
当時のそのバンドはガタガタ言わなかったのよね。
わざわざ自分たちを見るために
ドイツから来てくれたファンにも文句を言わなかったし。
むしろファンサービスをしてたくらいで。
あとはアタイら日本人ファンにも
優しかったしで。
そのバンドも日本進出なんて毛頭考えてなくて
記念的な感じでライブをやってたみたいなので
それでよかったんだろうなと。

そういえば、アタイこのバンドのファン全盛期に
モスクワまでライブを見に行ったことがあるな!
そんときも、日本ライブに来てた追っかけドイツ人ファンたちが
モスクワまで来てたよ。
お互い、あ~って感じになったもの。
でもこのときもバンドメンバーは何も言わなかったよ。
それどころか、わざわざモスクワまで来てくれて
ありがとう!的な感じだったよ。

アーティストというのは
こんぐらいの気概は必要なのでは?
とアタイは思うんだけど。
ビッグであればあるほどね。

で、アタイの追っかけの話だけど。
アタイはラムシュタインのライブに
たくさん行ってて。
大抵同じ場所を陣取ってるのよね。
何故なら自分が見やすいからで。
もちろん最前列だよ。
じゃないとチビなアタイにはステージが見えないからね。
ステージ向かって右側最前列がアタイのいつも
行く場所なのだ。
でもそれはラムシュタインに限らず
どのバンドでもそうなのよ。
左側はめったに行かない。
真ん中なんて命の危険があるから
絶対行かない。
つーか、簡単に書いてるけど、
ドイツのライブで最前列を取るっていうのは
かなりがんばらないと難しいんだよ。
開場の3時間くらい前から並んで
最前列の端っこが取れるかどうかくらいの競争率。
そんで、場所取り出来ても
ライブが始まるのは3時間後だから
それまで飲まず食わずで待つんだよね。
そんくらいやらないと最前列は取れない。

だから。
こっちも体張ってますんで!
って話ではあるのよ。
ま、ファンが勝手にやってることだから
アーティスト側は知ったことでは無いんだけどね。

でも海外のライブでは(欧州はどこでも)
努力すれば成果が得られる(最前列)という
制度にしてあるんだから
それに向かって熱烈なファンが努力をして
何がいけないんだ?って話だし。
アーティスト側がそれを嫌だと思うなら
整理番号制にすればいいんだからね。
でもそんなこと気にしてる海外アーティストは
アタイの知る限り一人も居ないよ。

アリーナ会場だとスタンディングエリアに
人を入れすぎると、ギュウギュウになって
激しく暴れる人になぎ倒された人が
圧迫死したりけがをする場合があるから
ドイツではある一定人数が入ったら
それ以上は入場制限が掛かるけどね。
遅く来た人はスタンディングでも後方にしか
入れないという。
柵で区切っちゃうのよ。
でもそれも、ファンにしてみたら
「早くこなかった自分がいけない」
っていう認識になるだけ。

とにかく、前で見たけりゃ早く来い!
後ろでもいいなら後からゆっくり来ればいい。
それだけなのだ。

なので。
努力してそれに見合った報酬(最前列)を
得るファンに対して、
いつも前に来るなって言うのは
まあまあ酷な宣告ではあるし。
日本以外の国だと
「あんた何言ってるの?」
ってアーティスト側が言われるのがオチ。
というか、そんなこと言われたら
ファンとしては生きていけないわよ。

そういえばね、10年くらい前に
クロネコ、日本のヴィジュアル系アーティストのライブを
ドイツで手伝っていたことがあって。
アタイの友達が現地のマネージメントをやっていたので
通訳手伝いをしてたのよ。
アタイは正直ヴィジュアル系には興味が無くて
音楽も特に好きじゃないんだけど。
でも日本人のバンドがドイツ人のガールズに
熱狂的に受け入れられてる様子を見るのは
かなり胸熱だったのよね。
すごいわ~って毎回感動してて。
でね、いくつかのバンドのライブを見てて思ったのは。
日本でも人気があるバンドは
やっぱり日本から追っかけてきてたファンが
居たのよね。
一つのバンドにつき10人もいなかったけど。
でも日本からちゃんときてて。
彼女たちはやっぱり最前列を取ってたよ。
だけどねー。
ドイツのファンもかなり熱い人たちだったから
最前列取りあい競争が激しくてね。
ドイツのティーンたちはライブの
1週間前から会場前で野宿して
最前列を取るために頑張ってたのよ。
もうアタイそれを聞いて&見て仰天したからね。
1週間野宿?
日本のバンドを見るために?
えー?!
みたいなね。
つーか、シャワーは?みたいなね。
臭うよね・・・みたいなね。
で、日本からの追っかけをものともせず
現地のガールズたちが最前列を占拠して
熱くライブを盛り上げていたのでした・・・。
す・げ・え。
ドイツ女子さすが。
むしろ怖いわ・・・。苦笑

ドイツ女子が異常に熱いともいえるけど
それくらい夢中にさせられる魅力が
ヴィジュアル系バンドにはあったとも
言えるわけで。
だから最前列はドイツ女子に占められていたわけで。
そう思うと・・・。
ワンオク人気はまだまだなんじゃないの?
と言えなくもないわけで。
ドイツのライブを見てないから
何とも言えないけど。
もしかしたらドイツではドイツ女子が
君臨してるかもしれないからね。

つーか。
アタイはいつもこんな人たちと
競争して、それでも負けずに最前列を
確保してるのね・・・。
そう思うと。
アタイもなかなかの戦闘力よね。
負けませんっ!
やらせはせんっ!
みたいなね。笑

話をラムシュタインに戻しますと。笑
アタイのラムシュタインファン友達で
身長が2m5センチの男子がいるんだけど。
彼はいつも真ん中最前列を取ってたらしく。
あるときボーカルのティルから
ウォッカをボトルでくれてやるから
最前列に立たないでくれって言われたんだって。笑
なんでも、彼がでかすぎて周りの女子たちが
彼に隠れちゃうからで。
ティル的にはでかい男をみながら歌うより
断然女子たちを見ながら歌いたいからとのことで♪
ウケルよね~。
この話を彼は自慢げに話してたよ。
俺、ティルに最前列禁止されてるんだよね~って。笑
ティルに覚えてもらえてる上に
ウォッカも貰えたなら、彼には名誉なのだ。
今では端っこ最前列でライブを見てるよ。

なので、言い方ひとつかと。
つーか、あしらいかたがさすがは
アタイのロックスター、ティル・リンデマンだよね!

アタイは、ラムシュタインではひとつのツアーの間に何箇所か
見に行ったりもしてて。
ファンにしてみりゃ、それ普通だからね。
そんでもって、時々アフターショウパーティにも
参加してるから。
バンドメンバーに顔も覚えてもらえてるんだわ。
クロネコもがんばりましたからねっ!

最初の頃は、何回も行って
とにかくメンバーに覚えてもらうんだっ!
って必死だったんだけど。
覚えてもらった後は・・・
何回も行ってて、このファンうざいなー
って思われてたらどうしよ・・・
とか。
またあいつだよ・・・
って思われてるかな・・・
とかウジウジ気にしてたけど。

今はまったく気にしない。
なぜなら・・・。
ラムシュタインのメンバーはそんなちっさいことを
いちいち気にする人たちじゃないからで。
どうでもいいくらいの感覚だと思う。
メンバーによっては、
お!って喜んでくれるし。
基本スルーされてるけどね。苦笑

そんでもって。
こういうことをしてるのがアタイだけでは無いというね。
ラムシュタインファン友達が何人かいるんだけど。
いろんな国の人たちで、ドイツ人より外人がほとんどというね。
(アタイも含めて)
でもアタイなんて足元にも及びませんわ~
ってくらい足しげく通うファンがたくさんいるのよ。
国をまたいで追っかけるから
時間とお金がすごく必要!
みんな社会人で自分の休暇はラムシュタインツアーに
注ぎます!みたいな感じ。笑

そーいや、一人かなり熱狂的なオバサンファンがいて。
50代後半のドイツ人女性。
彼女は以前あまりにも熱狂的に追っかけし過ぎてて。
既婚なんだけど、ツアーの追っかけ費を捻出するために
家財道具を売り払ったりしてたそうで。
色々痛いことをしまくるからとうとうライブに出入り禁止に
なっちゃったんだとかで。
でも数年で出入り禁止は解けたらしく
今は解禁されてるから、しょっちゅう会場で
見かけるよ。
っていうか、クロネコの知り合いだからね。
今は節度ある態度だよ。(狂ってる時代を見てないけど)

ほかのいろんな国のファンの子達も
いつも会場で会うから顔見知りになってて。
(みんな最前列だしアフターショウにも居るので)
彼ら、彼女らの話を聴いてると
アタイもまだまだね~って感じよ。
彼らは全ツアー(ヨーロッパ各国だよ)を
追っかけたりするからね。
で、彼らもメンバーに認識されてて
メンバーによっては、彼らが最前列にいないと
「どうして最前にいないんだ?!」
ってあとで確認してくる場合もあるしで。

なんつーか。
ラムシュタイン、心広すぎ!!!
って言う話ですわ。
やっぱね、ワールドワイドに人気があって
知名度があるバンドっていうのは
ツアー全部に来てるファンに対して
感謝しか無いんだと思う。

基地外とか、頭のおかしなやつとか
本物のストーカーとかもいるから
そんなのに比べたら、
純粋なファンはありがたいに決まってる。

行き過ぎたファンから追い掛け回される苦悩は
人気者だから誰しも経験してるはずで。
どこに行こうと顔が割れてるから
みんなに注目されてしまうとかね。
常に写真撮らせてくれ~とか
サインくれ~とか。
プライベートも何も無いと思う。
でもそれは通過儀礼だよね。
有名税というか。
当たり前のことだからね。

それを乗り超えて、やっぱファンはありがたい!
っていう心境なのかどうなのか不明だけど。
ビッグなアーティストは
普通に受け入れてくれる度量があるんだよ。
それくらいじゃないとワールドクラスの
人気にはなれないとアタイは思うし
バンドメンバーを見ててもそう感じる。
なんかちっさいこといちいち気にしてるようじゃ
ダメなのよね。
ラムシュタインはでかいよ。
体も心も!

だからこそファンはさらにメンバーをリスペクトしてるのよね。

そりゃあ傍若無人なファンもいるけど
そいつらは追っかけじゃ無くて
一回こっきり見に来ただけの人たちなのよね。
無礼な人たちにはそれなりの待遇が
待ってるけど
(ライブに出入り禁止とかラムシュタインの場合はあるからね)
一途なファンは無礼なことをしないし
わきまえてるから、
メンバーも許してくれるんだと思う。
で、その距離感がラムシュタインは
すばらしいなっ!て思うのよね。

ラムシュタインは各国のプロモーションを
レコード会社を使わず、ファンを使ってやってるんだよね。
なんせ広告宣伝費掛からないからね・・・。
ファンが情熱をもって自分のブログやフェイスブックに
情報をアップするという。
それで各国でラムシュタイン人気をキープするという。
その見返りとして?!運営を手がけてるファンの人は
ライブに招待されてるんだよね。
このギブ&テイクな感じも素晴らしいわと
アタイは思うんだよね。
かれこれ10年くらいはこの手法をとってるよ。

まあ、ラムシュタインファンは結構男性が
多いので、ワンオクの場合とは話が違うの
かもしれないね。
ワンオクを海外まで追っかけてるのは
たぶん女性ファンだろうなと推測できるので。

けど、ラムシュタインに限らず
ドイツの別のバンドでも、
何回も同じバンドのライブに行ってると
バンドメンバーに嫌がられるかな・・・
って思っていたときに、
当のバンドメンバーから
「それ普通だから」
ってあっさり言われて。
拍子抜けしたことがあるんだよね。
だから、何回見に行ってもいいんだ~
って気が楽になったのでした。

それくらいの気概がもてるように
なるまでには、
かなりアーティスト側も精神的に
追い詰められたり、
開き直ったり、
諦めの境地に達したり、
それはライブ活動の一部だ・・・と
思えるようにならないといけないのかもね。

でも世界のもっとビッグなアーティストは
みーんなそれを経験してるし
そんなこと気にも留めないくらいの
達観した人たちなんだろうなと
いうのはアタイにも分かるよ。

一生音楽をやりたいなら
ファンを大事にしないとね!

と、アタイは思ってしまうなあ。
でもバンドが嫌がること
はやってはいけないよね。
あくまでライブの最中のみということで。

なんてね!
アタイは日本に住んでた頃、
アメリカのバンドをホテルや移動の新幹線、
成田空港まで
追っかけたことがあるので。
あんま言えた義理ではないね。汗
しかもよく考えたら・・・
クロネコってば、ラムシュタインの住んでるベルリンにまで
移住してるじゃないのって説もあるし?!汗汗

なのにそれを生かしきれてないのが
ダメなファンでもあるんだけど?!
つーか、ベルリン暮らしが日常的になりすぎて
普段ラムシュタインのことなんて
すっかり忘れてるからね。
それに、あまりに日常生活(仕事とか)が
大変すぎて正直言ってここ3年は
ラムシュタインどころじゃないってのが
本音だったりもして。

でも時折、ほーんとたまーにだけど。
ああ、アタイはラムシュタインと同じ街に
住んでるんだなあ~、幸せなり~
と思うこともあるよ。

けど普段はすっかり忘れてる・・・。
ある意味ファン失格だね。
去年はライブに3回行けてラッキー!くらいの
レベルです。
気分が離れてるのかも。涙
アタイとしたことが?!
まさか?!
え?
え?
ほんとかな?!笑
今年ラムシュタインはフェスでのライブのみなので
遠くてさらに行けそうに無いけど
どうにか一度くらいはどこかで見たいなあと
画策中ではあるんだけどね。
次回がいつか分からないので
なんとかね。

いやー。
さすがにアタイはバンド追っかけ歴が長いから
エピソードがわんさかあるわ。笑
[PR]
# by kuronekomusume | 2017-01-30 02:50 | 追っかけ | Comments(0)

フェイクニュースとか妄想とか

最近はフェイクニュースなるものが
横行してるんだとかで。

何を信じれば良いのか、
アタイらシープルたちは
さらに混乱するね。

最近読んだのは。
2月からフェイスブックのドイツ語記事は
すべて検閲される
っていうニュース記事。
ドイツ語で読んだんだけど。
ほんまかいな~?!

と思ってドイツ人友達に言ったら。
「そんなの無いわよ~。フェイクよ~」
と言われた。
だといいんだけどな。

なんせ今年はドイツラントも
総選挙がありますからね。
アンゲラ率いるCSU/CDUが
どうなるのやら、わくわくしてるクロネコですが。
難民問題でしくじってるから
割と国民がむかついてきてる雰囲気で。
だからといって、ベイコクや(トランプ君大統領)
エイコクのような(BREXIT)
ことになるのはドイツ人的には避けたい感もあり。
隠れネオナチと言われるAfD党が
議席数を増やすのはドイツ人の知識層は
英米の二の舞だから避けたいはずで。
でも国民の半数くらいは恐らくは
インテリ層じゃないからどうなるか
分からない感じで。
とっても混戦になりそうで。

現政権がメディアを操作しようとも。
ネットでドカドカいろんな情報がダダ漏れになるから。
ここは食い止めねば!と現政権がフェイスブックを
検閲することにしたのかなと
アタイは思ったんだけど。
フェイクかもしれない。

どうなんだろね。


最近読んでるドイツ語ブログは
フェイクも含めていろんな情報がアップされてて
とっても面白いんだ~。
真偽のほどを確認するすべはアタイには
無いんだけど。
ドイツ語力もいまいちなんでね。

面白そうなタイトルがあれば
記事内容を読む・・・みたいな感じで。

興味深いのは。
ドイツ人もドイツ政府は金融ユダヤの手先として
一般国民から搾取していると書いてることで。
アンゲラはその手先として優秀な成績を
おさめてるとのこと。

どこぞの国の忠犬アベ公とあんま変わらないのね。

そんで。
こないだジョージ・ソロス爺が日本にきて
アソー君に会ったって記事を日本語で
目にしたんだけど。
ドイツ語ブログによりますと。
日本のあとか先か分からんけども。
ソロス爺はドイツラントにも来てるのよ。

爺さん、徴収先の国をまわってるんだー。
ってのがわかってなかなか面白い。

ジョージソロス爺はユダヤ系メリケン人の
投資家で。
爺さんはヒラ婆が大統領になれるように
巨額のバックアップをしてたとかで。
それ全部すっちゃったとか言われてて。

でもまあ、ヒラ婆の背後には
金融ユダヤのイルミナティがいるから。
いまだにしつこくアンチトランプキャンペーンに
お金をかけてがんばってるよね。
で、それに乗せられるシープル多数という。
そんでもって。
メディアはあっち側だから、今後もずーっと
トランプ君は攻撃され続けるだろうなと。

なんつーか。
別にトランプ君を擁護する気は無いけど。

レディガガやマドンナがアンチトランプデモとか
やりだしたら。
イルミナティの広告塔が動いてるんだ~
ってのがよく分かるよね。

彼女たちはすごく分かりやすい。

女性の権利を主張してるふりして、
国民を分断させるという役割を担ってるのかなと。
「分断して統治する」
だったっけ。
イルミナティの手法。

つまり、トランプ君もその一派ってことになるんだけど。

にしても。
イルミナティに魂を売ってるアーティストの多いこと。
っていうかほとんどのワールドクラス
ポップスターはそうだよね。
非常にわかりやすい。
マドンナがその代表。
マイケルジャクソンもそうだと言われてるけど
やつらに反抗しようとしたから殺された説があるよね。
ビートルズもそうだったと。
ジョンレノンがそれに反発してたから殺されたとか。

以前記事にも書いたけど。
悪魔に魂を売ったアーティストが一杯いるっていうね。
でも悪魔に魂を売ったから
世界規模で宣伝をしてもらえて
そのおかげで、田舎の野良猫だった
クロネコのもとにも届いてきた音楽があったわけで。
それがアタイにとってのデヴィッド・ボウイだったんだけど。
この記事を書いたときは、
悪魔ってかいたけど。
つまりはイルミナティのことで。
そんなのいまどきみんな知ってるよね。

ボブ・ディランも悪魔に魂を売ったと
自分で告白してる動画があるよね。
アタイはそれを見て、ああボブディランもでしたか・・・
と観念したんだけど。
希望とか捨てましたわ的なね。

でね、ノーベル文学賞だったけ。
あれをディランが受賞して、
彼は返事をしなくて授賞式も行かないとか
なんかちょっとニュースになってたけど。
アタイはちゃんちゃらおかしい話なのでは?
と思ってて。
だって、あっち側の人たちがあっち側の人を
選ぶ祭典がノーベル賞だから。
それを受賞拒否とか言ってる時点で
なんの寸劇だろ?!
って感じになるわけで。
悪魔に魂を売った人が、悪魔から表彰されますよ
って言ってたので。
ああ、そうですか、おめでとうございます~
とアタイは思ってたんですけど。
内輪で授賞式か~みたいなね。

クロネコの妄想だけど。笑

妄想ついでに。
悪魔に魂を売るアーティストについて
考えてみたんだけど。
アタイもしょうもないこと妄想してるよね。笑

クロネコの場合は、自分が好きな
アーティストに当てはめて妄想をしてるんだけど。

昔からアタイが好きなバンドとか
幾つかあるんだけど。
なんつーか。
突如急激に世界的に大ヒットするバンドが
あったのよね。
ブレイクと言ってしまえばそれまでだけど。

アタイは天邪鬼だから、急にブレイクして
誰もが聞き出すと、なんか面白くなくなるタイプで。
つまんなくなるというか。
と言いつつも。
アタイが耳にしてる時点でブレイク前とはいえ
そこそこ有名ではあるんだけど。
じゃなきゃ日本でライブとかやんないしね。

でもアタイが言ってるのはロック好きが知ってるレベルの
バンドが、誰もが知ってるレベルになるってことで。
それが面白くなかったといってるんだよね。

で、当時は、ああブレイクしちゃったかあ・・・
くらいの気持ちだったんだけど。
とはいえだよ。
ファンとして冷静な思いもあって。
あのバンドの音が何でここまでブレイクしてるんだろ?
みたいなね。
あのバンドそこまで一般受けする音だったかな?
とか。
ブレイクしてからのアルバムはつまらなくなったな。
とか。

そういう直感的な感覚が時々あったのよね。

で、妄想してみたんだけど。
アタイが思うに。
フーファイターズは、というかデイヴ・グロールは
イルミナティに魂を売ってしまったんじゃ
無かろうか?
ってことだよ。

なんつー言いがかりをいうんだ!
って思うかもしれんが。
アタイの長年の友達はアタイがどんだけ
フーファイターズファンだったかを
知ってるから、中傷じゃないのを
分かってもらえると思うんだけど。
ファンだからこそ分かる違和感ってやつよ。

つまり。
フーファイターズの音は一般受けする音では無いと
アタイは思っていたのよね。
別に自分が特別な音楽を好むとかそういうんじゃなく
単に一般的にはそこまで受け入れられないんじゃ
無いかなあと単純に思っていただけで。
なのになのに。
大ブレイクしたよね。
10年以上前の話だけどね。
でもそこまでブレイクするほどかなあ・・・
という思いが拭い去れないまま
クロネコもたまにしかライブに行かなくなり~
みたいなね。

アタイの中でフーファイターズはイルミナティですわ。
だからといって聞くのはやめないんだけど。

そんで次にアタイが思うのは。
グエン・ステファニー姐さんですよ。
彼女はもともと、ノーダウトというバンドのボーカルで。
アタイはノーダウトがすごく好きでね。
大ファンだったのですわ。
それがいつの頃からか。
グエン姐さんがパリピになっちゃってて。
ゴシップ誌のパーティシーンでお見かけするようになって。
あら?なんで?
と思っていたら、ソロでデビューしちゃって。
ポップになっちゃって。
クロネコ、アルバム買ったし今もよく聞くけど。
これは。
明らかに魂売っちゃった系だよね~と。
今もパパラッチされてるしね。
うん、うん。

そういう根拠の無い妄想を繰り広げながら
15年くらい前に買った好きなアーティストの
アルバムを聞くのもなんだか楽しいよ。

あとね、アタイが思うに。
スマパンのビリーコーガンは魂を売るのを
拒否した人なんじゃ無かろうか?
って気がしてて。
そりゃあんたがスマパン大好きだから
ひいき目にみてるんじゃないの?
と言われたら、
はい、それまでよ~♪って話だし。
その通りかもしれないけど。

スマパンは1999年頃解散したんだよね。
その解散理由が
「ブリトニースピアーズのように売れる曲を書けと
レコード会社に言われたのが嫌だった」
だったような。
なんかそういうことビリーが言ってた気がする。

当時それを目にしたアタイは、
「ちょっとビリー何言ってんの?
スマパンとブリトニーが同じようなジャンルのわけ
無いじゃない!そんなところと同じ位置に立たないでよ!
だから辞めないでよ!」
って思って悲しい気持ちでいっぱいだったんだけど。

今思えば。
魂を売れ。
一般的な曲を書け!
そうすればワールドワイドにブレイクさせてやるぞ!
と言われてたのかなと。
ビリーは偏屈だったのでそれを断ったのかなと。
で、スマパンは解散と・・・。
そのあと再結成してくれたけど。
世間の熱は冷めてて、ブレイク前の勢いさえ無くなって
ファンも減っちゃって。
今はほんとうにスマパンを好きな人しか
聞いていないと思うけど。
アタイはそれで良かったと思う。
下手な曲でブレイクして
空虚なアーティストとして君臨するよりも
ビリーの音楽を追いかけて欲しい。
と思ってる。

って。
クロネコよくもまあここまで妄想が書けるよね。笑
つーか、妄想なんだから自分の頭のなかに
とどめておきなさいよって話だけど。
なんか面白いなと思ったから書いてみた。

自分の好きなアーティストには
思いがつまってるから
妄想が炸裂しちゃうよね。

悪魔に魂を売るって書いてるけど。
別に否定はしてないんだー。
デヴィッド・ボウイで肯定してるように
必要悪かなとも思うので。

そしてそして。
アタイの愛するラムシュタインですが。
彼らはどうなんだろね。
アタイの個人的な妄想としては。
彼らはイルミナティに魂を売ってないと
思われます。
根拠は・・・特に無いんだけど。
単なる身びいき。笑
なんせ妄想だからね。

話があっちこっち飛んでしまった~
ではおやすみなさい。
[PR]
# by kuronekomusume | 2017-01-25 07:13 | 日記 | Comments(1)

壮大なコメディショウなのか?!

なんか。
話題になってたからメリルストリープさんの
受賞スピーチ動画を日本語字幕つきで
見たんだけど。

最初話題になってるのを見たとき、
「ああ、またあちら側がトランプたたきを代理で
やらせてるんだね」
と思ってて。
なのでスルーしてたんだけど。

なんかあまりにしょっちゅうフェイスブックに
リンクがシェアされるから
見ちゃったのよね。

で、見て思ったのは。

やっぱメリル・ストリープってばこういう演技
やらせたら一流だね!
ってことかな。

いやまあ、普通に考えたら。
あの内容をスピーチの場で言ってるのは
すごいことだと思うし。
身体障害がある記者をバカにして
差別的な動作で笑いものにした
トランプ君を、強く非難する姿は
美しいわー!
と感動を覚えるのが普通の反応で。
アタイも感動したんだけど。

なんつーか。
映画のワンシーンみたいだなっていう
感動だったというか。
気がしないでもないというか。

そりゃまあ。
誰がどう考えてもトランプ君の
差別行為に非があるわけで。
いくら記者がトランプ君を非難する記事を
書いたからといって
それに対抗するために身体障害者の真似を
公共の場でやってしまうのは
人間としてどうなのよ?!って話だからね。
これはもう最低の行為ではあるよ。
つーか。
普通そんなことするか?って思うよね。
そういうところがなんというか・・・
トランプ君の人間性の低さというか
下品さをあらわしてるし。
自らそれをやってしまうところが
どうにもこうにもダメ人間だなって感じだよね。

さすがにあれはアメリカ人たちは
うわー、こんなのが次期大統領なのかよ!
って思ってるに違いないよね。
でも。
アタイが思うに。
あれが今のアメリカ人の平均的な民度
なんじゃなかろうか?って気もするよ。
残念だけどね。

「その国の政治家はその国の国民を
反映してる」
って言うでしょ。

つまり。
アベシンゾーはトランプ君よりも下衆で
無能でうそつきでバカで最悪の人間で。
全日本人の敵なんだけど。
それは大半の今の日本人を民度を反映している・・・
ってことになるわけで。
ああ悲しいわ。
リベラル気取ってるアメリカ人がトランプ君を
嫌悪してるのよりも、もっともっとアタイは
アベシンゾーを憎んでるし嫌悪してるよ。

話を戻すと。
メリルストリープは、大女優だけど
というか大女優だからこそアタイは彼女の発言を
そのまま受け入れることが出来ないんだよね。
だって。
ハリウッドは誰が牛耳ってるのよ?って話。
ユダヤでしょ?
やつらは戦争プロパガンダとして
ハリウッド映画を利用してるんだよ。
こんなの陰謀論でも妄想でもなんでもなく
歴然たる事実。
もういまどき皆知ってるでしょ。
で、その広告塔としてプロパガンダを
世界中に撒き散らす手助けをしてるのが
ハリウッドの俳優さんたち女優さんたちなのよね。
アタイは彼らに自由な発言なんてあると思えない。
そんなことしたら命に関わるでしょ。

クロネコは映画が大好きだし、
プロパガンダだと分かっててても
ハリウッド映画好きは変わらない。
役者さんの演技も素晴らしいと思ってる。
純粋に演じてるのが分かるしね。

で、そのユダヤの手先である大女優さんが
スピーチでトランプ君を非難したら。
しかもすごく感動的な言い方で
スピーチとかしちゃったら・・・。
それ本当にピュアに信じられる?
アタイは無理よ。
なぜなら心がゆがんでるからで。
目がくもってるからで。

というか。
演出あるでしょ!
としか思えない。
彼女のスピーチがどれだけ世界に流されるか、
どれだけ影響が出るか。
テレビで映してる側が気がつかないはず無いよね!
っていうか絶対分かっててやってるでしょ?
メリルストリープだけじゃなく、主催者側も。

と、アタイは思いました。
ひねくれてるかもしれんが。

にしても。
すごい大成功だったよね。
世界中の人はあれを見て
メリルストリープすごい!
トランプはクズだ!
って思っただろうし、
トランプ君が記者をばかにした行為を
知らなかった人にも(たとえばアタイとか)
マイナスのイメージを与えることに
成功したわけだから。


彼女のスピーチ全文を見てみたんだけど。
メリルストリープがスピーチ内で

権力者が公の場で本能の赴くまま人を侮辱する見本を示したら、
国民はどう思うでしょう。
みなやっていいと思うのではないでしょうか。
侮辱は侮辱の仕返しを呼び、暴力は暴力を呼びます。
権力者がその立場を利用して弱い者いじめをする社会には
勝ちも負けもありません。
全員ルーザーです。

とまずいってて。
ここは誰の心にもすごく訴える内容で
素晴らしいことを言われてるよね。
クロネコもその通りだと思うし、
ぐっときたよ。
というか。
それアベシンゾーにもそのまま言ってやりたい
内容だよね。
というか。
どっちかというとトランプ君よりアベシンゾーに
ぶちかましてやって欲しい内容だよね。

でね。
ここまでなら、アタイもうん、うん!
って純粋な心で彼女を支持できたんだけど。
次に・・・


そこで記者のみなさまの力が必要なのです。
権力の番犬、横暴を叱責する力。それが必要だから、
建国の父は報道の自由を憲法に定めたんです。
ハリウッド外国人記者クラブと業界のみなさまもぜひ
「ジャーナリスト保護委員会」の支援にご協力をお願いします。
この先、真実を守り抜くためには彼らの力が必要だし、
彼らも私たちの力が必要だからです。

って言ってるんだよね。
え?
え?
って感じじゃない?
違和感感じない?
感じないとしたら・・・ま、それはそれでいいんだけど。
なんというかさ。
これをもしメリルストリープが対ヒラリー陣営に
言ってたとしたらアタイは拍手喝采だったよ。

と思ったら。
それは無いね。
絶対無いね。
なぜならば。
この障碍者をバカにするトランプ君の映像を
ヒラ婆は自身の選挙キャンペーン映像に
使ってたからで。

なーんだ。
なーんだ。
やっぱりメリルストリープはヒラ婆サイドじゃないの。
しつこくヒラ婆陣営は刺客を送ってくるんだね。
決定だよ。
やらせだよ。
このスピーチはヒラ婆のトランプ君批判リマインダに
すぎなかったね。

あと。
考えてみると分かると思うんだけど。
大統領選挙前はアメリカも日本もドイツも
どこもかしこもメディアはヒラリー推しだったでしょ。
トランプ君たたきをずっとやってたでしょ。
何で?
誰が?
フェアじゃなくない?
ってやつよ。
まさに、メディアがやってたんだよ。
誰かが金を払っていたからなのか。
それともその上の誰かがヒラリー傀儡を利用して
一儲けを考えていたから
メディアを操作していたからなのか。

いずれにしても。
西側諸国、先進国のメディアは
ユダヤにコントロールされてるんだよ。
そんで大統領選挙でも
メディア操作が行われていたのは
確実で。
で、そのメディアの人たちに
「報道の自由」を訴えてるわけで。



は?
って感じじゃない?
そんなもの・・・存在しませんけど?
って感じじゃない?

でも。
メディアで民衆をコントロールしようとしてる
支配者側は(イルミナティとかね)
再度、ハリウッド女優を使って
「報道の自由」というイリュージョンを
演出してる・・・
と取れなくも無いよね。

クロネコ・・・
深読みしすぎ?
思考がゆがんでる?

それともそれとも。
本当に純粋にメリルストリープは
受賞スピーチの場を借りて
下品で悪辣なトランプを賢く批判することで
報道の自由を確立して
アメリカを救いたい!と思ってるんだろうかね?
どうなんだろ?
だとしたら・・・。
それはそれで痛々しい気がしないでもない。
けど。
だからこそ、あちら側にしてみたら
扱いやすいコマだなと
思われてるのかもしれないし、
だからこそ受賞に結びついてるのかも
しれないし?
いやー、あれ本気でやってるんだとしたら
逆にメリルストリープは完全アウトだよ。
古い人だよ。
現実が見えない人だよ。

ああ。
またうがった見方をしてしまったわ。
クロネコにはメリルストリープのような
純粋さがまったく欠けてるね。

この大女優のスピーチに対して
トランプ君がツイッターでレスをしてるのがまた
香ばしい感じで笑えるよね。

なんか・・・
ここまでくると。
茶番というか。
両方ともわざとやってる?
って気さえしてくるよね。
壮大なコメディショーをハリウッド女優まで使って
世界に見せてくれてるんだとしたら。
なんか。
楽しませてもらいますわ!って感じだよ。
もうアタイの立場だと笑うしかないし。
どっちもどっち的なね。

にしても。
クロネコってばうがった見方にもほどがあるでしょ。
純粋にメリルストリープ劇場に
感動してた人たちには
むかつかれてそうね。
でもいいのだ。
物事はいろんな視点で捉えたほうが
面白いからね。
見せられてるものをそのまま信じるのも
自由だし。
演出を疑うのも自由。
見せられる側、受け取る側にも解釈の
自由がありますから。

それはそうと。
最近ドイツ語の暴露系ブログを見るのに
はまってて。
結構おもしろいんだよね。
メディアはキレイごとばかり書いてるし、
というかドイツメディアは日本同様アンゲラ政権に
気を使って切り込んだ表現はしないし。
タブーなことには触れないし、
陰謀論なんてもってのほか。
なので、ブログで自由に時にはちょっと
差別を助長するんじゃ?的な内容も多いけど
そういうブログをいくつか見てるんだよね。
なるほど~みたいな感じで。

で。
クリスマス前にあったベルリンテロの事件は
そういうブログによると
いわゆる偽旗作戦のようでして。
いろいろブロガーの人たちが
テロにしてはここがおかしくないか?
と矛盾点を動画や写真を使って
証明してるというね。

ここ最近欧州で起こってるテロに関しては
いつもテロ現場に犯人はIDカードを
忘れて逃げてるとか。
そういうまとめを読むと・・・
すごく面白いよね。
テロの被害者の身元がほとんど明らかに
されないとか。
テロがあった割りに、血が飛び散ってないとか。
救急車はとまってるけど、怪我をした人が
まったく担ぎ込まれてる様子が無いとか。
そういう内容。

興味深いねー。
でもそんな話は表には出てこないよね。
テロとの戦いに気をつけないといけないからね。

ISISはCIAが支援してた!
って今日あのねずみ男よりも最低な男代表の
トルコのエアドアン大統領が発言したみたいね。
うける。
つーか、おまえもだろ!みたいな突っ込みが
全方向からくるよね。
ついでにクルド系も絡んでます!って
言ってるけど。
それはあんたがクルド系をついでに処分したいから
なんじゃないの?感があったりなかったり。
クロネコは個人的にクルド人が嫌いなので
クルドのかたなんて絶対持たないけど。
だからといって、トルコも嫌いなので
そっちもくたばってくれと思ってて。
要は。
CIA、トルコ、クルド、イスラエルが
一緒に潰れてくれたら面白いなって
思ってたりするだけです。

にしても。
メリル・ストリープ・・・・。
どうなんだろうね。
純粋だとしても、ハリウッド女優って時点で
信用度無いに等しいからなあ~。
ハリウッドとはそういう世界だからね。
にしても。
敵はしつこいね。
粘着質だね。
[PR]
# by kuronekomusume | 2017-01-11 07:07 | 日記 | Comments(2)