死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

AVAAZ

またここ数日、クロネコの中を脈々と流れる
パトリオットの血が大騒ぎしとりますです。

前回のは、日本を世界に向けて辱める
日本人青年映像作家さんの話だったけど。

今度のは欧米列強からの攻撃だよ。

来たよ、来たよ。
今度こそ強敵だよ。
クロネコのところにもこの波が押し寄せてきた。

今度はAVAAZと言うNGO組織からの攻撃だよ。
アタイはこんな組織の存在なんぞ
ついぞ知らんかったけど。
数日前にアタイのドイツ人友達
アンドレ君からメールが届いたんす。
アンドレったら、またチェーンメールか?
って思って開いたら。
ある意味チェーンメールだった。

アンドレ君は先日アタイんちに遊びに来た
コニちゃんの彼氏で、クロネコもアンドレ君とは
一緒にV系バンド招聘のお手伝いとかやってたので、
かれこれ5年ほどお友達なのだけど。
なのだけど。

このメールを読んだら友達を止めようかと思ったわいな。
「こら、アンドレ、なにふざけんとんじゃ!
これはアタイに対する絶交状かー!
上等じゃー!」
って毒づいてしまったもの。

メール文は
「僕は日本が大好きだけど、クジラの商業捕獲を
止めさせるために行動を起こそう!
この組織の活動に賛同の署名参加をしてくれ!」
って言うものだった。

「ゆ、許せん、アンドレ許せんっ!
よりによってこのアタイに
そんなメールを寄こすとは、
ええ度胸しとるやないけー!!!」
って怒り心頭でキーッ!!ってなったのは
言うまでもないし、
今もまだ沸々煮えたぎってる。

週末はコニちゃんとかが遊びに来ることになってたので
ここはことを荒立ててはならぬ・・・
と武士らしく我慢しましたわよ。

つーかね、クロネコが怒り心頭になってるのには
二つ理由があるんす。

一つはアンドレの軽率な行動だよ。
おまえは30歳も過ぎて
何でそんなにナイーヴなんだよっ!
って思うと煮えくり返ってくる。
しーかーも!
アンドレ君は日本語を大学で専攻してたし
日本にも何度も行ってるし、
かなりの日本通男児なんすよ。
そんなお前がど素人みたいな行動をするとは
何事じゃー!って思うと言うか。

でもアタイは実はちゃんと分かってるんだ。
どんだけ親日でどんだけ日本文化を
愛してるドイツ人でも同じ行動を取るってことを。
悔しいけどそれが現実なのだよ。

そんでね、
何年か前に、クロネコはアンドレ君と
捕鯨について議論した事があるんす。
「感情的な理由から捕鯨に反対されても
クロネコは賛同できない!」
って当時も言い切ったんだけど。
アンドレ君は心優しいドイツ人青年だから
「でも僕はこの点においては捕鯨には反対だなあ」
って気弱にアタイに言ったわけなんす。
そんな弱い発言しか出来ないなら
反対、反対って言うんじゃない!
って思ったのは言うまでも無いよ。
けど今回のメールはあの時のリベンジかもしれないなー。
ぬぬぬー。

クロネコはね、何が嫌って・・・
欧米人のこういうところが嫌いなんだよ。
日本の優れたところと、
良質な日本文化を賛美して、十分楽しんでおきながら
自分たちの価値観と合わない点を見つけると
いきなり思考を一切停止して、
その背景も知ろうとせずに
「日本は間違えてる!欧米基準に直すべきだ!」
って日本を非難するんだよね。
アタイにはこの欧米流手口が我慢出来ないんす。

しかも。
その反対理由が
「クジラのような高等な動物を
殺すなんて可愛そうだ!」
って言う子供みたいなレベルなんだよね。
そこがまたアタイの中では納得がいかんところなのだよ。
反対するならもっとアタイらを納得させられる
「どうだー!」と言わんばかりの
論拠でも提示してくれればと思うんでね。
けど「クジラのような高等動物を殺すなんて残酷だー」
の一点張りなんだよね。
まったくもって話にならん。

クロネコはね、こないだも書いたけど
捕鯨に関してはまだ自分の考えがクリアじゃないんす。
何冊か本を読んでるので、なんとなーく
考えがまとまりつつはあるけど。
色んな背景と色んな意見と考え方を読んで
アタイの最終的な考えをまとめたいなーと
思ってるんす。

で。
仮にね、欧米人の意見が正しいとして
「調査捕鯨を隠れ蓑にした商業捕鯨を止めさせるべきだー!」
と言う結論がアタイの中で出たとしてもね
アタイはこういうNGOの活動には
絶対に協力しないよ。
海外のNGO団体が日本の調査捕鯨に
影響を与えようとする行為を
アタイは助けたりはしない。
それは日本人としては違うと思うんだわ。
こういうことは外国人が日本に対して
やる行動だと思うんでね。
アタイに出来る事は、日本人として
行動する事なんす。
日本語で日本人に訴えていくべきなんす。

それを外から外の団体と一緒になって
日本を陥れようとするのは
売国奴がやることだよ。
アタイは日本国籍だし、日本人だから
そんなことは断じてやらない。

アンドレはアタイが賛同すると
思ったんだろうかね。
そこがアタイには残念だよ。
そんでそれこそがアタイが煮えくり返ってる
二つ目の理由だよ。

でも。
実はそれも分かってる。
アタイは今までも何度かいろんなドイツ人友達と
この件についてディスカッションを
したんだけど。
いつも平行線なんす。
そんで。
アタイの友達はアタイのこういう態度を見て
かなりショックを受けるんだよね。

何故って。
クロネコのことをリベラルで
民主的だと思ってるからで。
ドイツラントに住んで
ドイツの文化、ドイツ人の考え方を理解してる
クロネコだから日本の間違えた行動については
批判をするだろうし、
欧州の行動をサポートしてくれるはず!
って思いこんでるからで。

んなワケ無いじゃーん!
甘いよ、あんたらー!

ってのがアタイの意見だよ。笑
アタイはアタイの立ち位置があるし、
アタイの考え方があるんだよ。
それは欧州的でもないし、
日本的でもないと思う。

でも。
根本的には、
日本の立場が悪くならないように
どうしたらいいのか?を考えてるし、
欧米人の誤解を解くのもどうすればいいんだろう?
って思ってる。
それがアタイの根底にあるから
そこを無視されると腹が立つんだよね。

そもそもね、
この捕鯨問題って外国人が騒ぐほど
日本人は問題だとは思ってないよね。
そこがアタイの最大の疑問点なんだよ。
欧米人と日本人にはものすごい
温度差があるんだよ。

欧米人が怒り狂って行動を
起こすことが日本人には全く理解出来ない。
逆に、こんだけ色々行動を仕掛けても
のらくら逃げようとする日本人を
欧米人も理解出来ない。
とにかく様々な要素が絡み合ってると思う。

日本政府側はそもそも日本人に対して
説明とPRが足りない。
日本人自体が興味関心が薄いってのもあるけど
アタイが不思議に思うのは、
「何故調査捕鯨が必要なのか?」
って点だよ。
この点が詳しく説明されたことってあるっけ?
そもそも商業捕鯨をやってたけど
欧米がうるさく言ってきたから
調査捕鯨ならって言う妥協案になった・・・
くらいの説明しかないと思うんだよね。

そんで。
何より日本国民のほとんどは今はもう
クジラ肉を食べてない。
なのにクジラ肉を食べるな!って外人に
言われると違和感があるんだよね。
もう伝統的な日本食とは言えない状態に
なってるのにそこを責められても・・・みたいな。

少なくともこれらをクリアにせねばならんのだよ。
だからアタイは本を読んでるんだわ。

そんで。
外国側には思い込みと誤解もある。
アタイはまた不思議に思うのが
「何でクジラを獲っちゃいけないのか?」って点。
ココがまったくクリアじゃない。
そんでなおかつ、
「何で食べちゃダメなのか?」も良く分からん。
だからココを欧米人にかなり論理的に
説明してもらわないとまったく納得できないんだわ。
こういったところを今本を読んで考えてる。
答えが出るかかどうかは分からんけどね。

捕鯨問題は違うポイントでも大きな問題がある。

捕鯨問題の裏には確実に政治的な
世論操作があるんだよね。
世界的な世論操作だよ。
クジラはポリティカルアニマルとして
選ばれてしまったんだよ。
そしてイルカも同じ。

まー、とにかく、このポリティカルアニマルに
認定されると、かなり苦戦を強いられると思う。
のらくら逃げる戦法じゃ
エコテロリストたちの思う壺。

ほんと、どうしたらいいんだろ?
ドイツラントに移住して以来
このネタで日本が悪者扱いされるから
常日頃から考えてるんだけど
どうしたらいいのかがまだ分からないんだよね。
捕鯨止めてもいいんじゃないかなー
って気もするんだけど、
その裏づけ理由がねええ。
そんで止めるとしてもみすみす欧米の
圧力に負けたと言うスタンスだけは避けたいんだわ。
あいつらが調子に乗るだけだからね。
負けは絶対にダメなんす。

「敗北感の無い捕鯨中止」って可能なんだろうかね。笑

ま、そんなことを考えてる時に
正義感あふれるアンドレ君から
AVAAZ協力要請メールが来たので
煮えくり返ったってワケなんす。

けど。
昨日よくよくこのORGサイトを見たところ。
・・・。
なんか思ったよりこのNGO面白いかも・・・
って気がしてきて。
逆に興味が湧いてきたんす。

こちらのサイトだよ。

「IWC(国際捕鯨委員会)が商業捕鯨を認めようとしてるので
それを阻止すべくIWC加盟国に働きかけるべし!
10万人署名を目指します」
ってのが問題の内容。
現在のところ集まった署名は
40万人に達する見込みで・・・
この活動意外とあなどれないなーってのが
アタイの感想でございます。

このAVAAZと言うNGO団体は
元はアメリカに端を発していて
ネットを使った民主的活動団体。
政治家や大企業の思惑と、
一般市民の要望には往々にして乖離があるので
そこを訴えていく事で市民の声を反映させていこう
と言う意図があるんだそう。
世界的に問題になってる事柄をAVAAZが
ピックアップしてネットを通して
成果移住から署名を集めてアクションを
起こすのが活動項目。

んで。
主な活動トピックは
・地球温暖化
・グローバリゼーション反対
・貧困撲滅
・ブーマ、チベット、ミャンマー問題
・ジンバブエ問題
・イラク問題
・イスラエル・パレスチナ問題
・食糧問題
とまあかなり高度なテーマがメイン。

ココで急に「捕鯨問題」が取り沙汰されるのに
アタイは違和感を覚えるんだよね。
何か問題のレベルが違うと言うか。
捕鯨ってそこまで大きな問題だろうかねー
って気がするんで。
実のところ捕鯨は食糧問題には絡むんだけどね。
けどホントに変な感じがするよね。

そんで。
AVAAZが選抜したトピックなんだけど。
議論とか無しでいきなり悪者扱いから
スタートする仕組み。
これには驚くよね。
何が起こってるか?
何がいけないのか?
だから反対行動を起こそう!
って言う感じじゃなくて、とにかくこれは悪
だから皆でつぶそう!ってノリ。
詳細内容とかは自分で調べてってことなのかな。
捕鯨に関しても詳細情報はどこにもない。
そもそも反日本とかも書いてない。
そう。
反日本って書いてないんだよ。
でも船の写真が日本船だから
どこを責めてるかは明らかなんだけど。
にしても。
どっかの国を攻撃したいのなら
それなりにちゃんとした理由を書くべきだと
思うんだけどな。
こんな小学生を騙すようなやり方で
署名を集めようだなんて・・・。
そんでそれにやすやすと乗ってしまう
考えなしの人が40万人近くもいることが
アタイには驚きだよ。
民意なんてそんなもんだよ。

でももっと変なのは・・・
このサイトは一見、多言語対応してるように
見えるところ。
実際17言語に対応してますって書いてあるし。
英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、
ロシア語、韓国語、中国語、日本語、その他・・・
をクリックできるようになってる。
普通の人は同じテーマが全言語に訳されてる
と理解すると思うんだけど。
アタイもそう思ったので日本語で
どうやって書かれてるか確認するために
クリックしてみたんだけど。



ありゃ?
日本語表記のページには「反捕鯨」のことが
一切書かれて無いんす!
センセーショナルな捕鯨の写真も載ってない。

コレはすっごく面白い仕組みだと思う。
恐らくこの団体は言語ごとにピックアップする
テーマを選べるようになってるんじゃないかなと。
その国が署名活動を起こすぞ!と思う
重要度が高い項目を載せてるんじゃないかなと。

で。
日本が選んでるのは
「温室効果ガス削減目標値を高く設定する」ことと
「ミャンマーのデモをサポートする」こと。
温室効果・・・については麻生政権に
要求せよ!って書いてあるから
結構古い内容だよね。
っていうか・・・あんたらかいな、
麻生政権じゃなくて鳩山政権に25%の
温室効果ガス削減目標を国連で発表させて
しまったのは・・・。
世界中から笑いものにされて
国民生活を苦しめさせると言われてる
高目標値を主張してたのは・・・
って思ってしまったなー。
なんとなくろくでもない感が漂うよね。

そんで、肝心の捕鯨問題は
日本語には更新されてないんす!

面白い!実に面白い!
どういうこっちゃ?と思って他の言語も
チェックしてみたところ。
欧米諸国は足並みがそろってることが判明。
みんなそろいもそろってヘッドラインを
捕鯨問題にしてる。
出たよ、出たよ。

そんで。
捕鯨をやってるロシアは当然、捕鯨問題には
一切触れてない。笑
立場がはっきりしない中国もその点には
触れてない。
韓国語も、イスラエル(ヘブライ語)も、
アラブ語も捕鯨には触れてない。
そんでポルトガル語も触れてないから
あれ?と思ったけど、これはブラジルだね。
ブラジルも捕鯨には無関心なのかも。

このキッパリ分かれた対応が何とも
いさぎよくて笑えると言うか、
このNGOも良くわからんなーと思った。
全然一丸となってないんだもん。

でも一番ここで注目したいのは、
欧米列強の考えと
中東、東アジア、南米の考え方が
異なるってこと。
とっても面白いよねー。
アタイは俄然この団体の活動に興味を
持って来たよ。

英語のページには「象牙捕獲」のトピックもあった。
象牙もポリティカル・アニマルとして
ターゲット化されてるからね。
欧米列強が政治的な都合で
勝手に決めてる動物だからね。
って言うか主にアメリカが決めてるんじゃ
ないかなあー。
それに踊らされてるドイツ人が憎いよ。
目を覚ませー!って言いたい。

このサイトのトピックを見てて思ったのは
クロネコ的には反捕鯨よりも
幼女が誘拐されて性の犠牲になってることの方が
大問題だと思った。
8歳くらいの女の子がそんな目に
合ってる方が悲惨だよ。

ちなみにドイツラントは世界でも
有数の人身売買マーケットらしいんだよ。
人身売買のターゲットは東欧の女性たち。
強制売春目的で売られていくんだよ。
東欧の貧しい田舎町から仕事があるよ
と騙されてドイツにつれてこられて
パスポートを取り上げられて
売春をさせられてる。
その数20万人以上だそう。
逃げないように折檻を受けたり
時には薬付けにされてるんだそう。
言葉がしゃべれないのと脅しが怖くて
逃げられないんだそうで。
悲惨。
でもドイツの男たちは彼女たちは
好んで出稼ぎでやってきてると思ってるので
そんな女性たちを買うんだよね。
ドイツラントは東欧から見たら
一番近い先進国だからねー。
地理的に有数のマーケットになるんだって。

それもAVAAZのトピックにすべきなんじゃ無いの?
ってアタイは思うよ。

なんか。
クロネコはすごく真剣にクジラの事を
考えてると思うかもしれないけど。
そんなことは無い。
むしろあんま考えてない。
この問題で日本がいわれの無い中傷を
受けてるのだとしたらけしからん!
と思ってるだけで。
自分の中で沸き起こる疑問点を解明したいだけなんす。
そして、やすやすと欧米列強の
情報操作の犠牲にはなるまいぞ!
って思ってるだけなんす。

ごめんなさい、クジラさん。
ポリティカルアニマルに認定されてるから
仕方ないんだわ。

ちなみにアタイは人並みに
欧米人ほどじゃないにしても
クジラは好きだよ。
クジラの映像を見るのも大好きだよ。
ダイナミックだからね。
けど水族館で見るのは心が痛むから好きじゃない
クジラは水槽じゃなくて海で泳ぐべきなんで。


追記:
ドキュメンタリ映画コーヴについて
記事を書いてるので、よろしければそちらも。
http://dokurock.exblog.jp/15107827/
http://dokurock.exblog.jp/15499736/
[PR]
by kuronekomusume | 2010-04-26 07:29 | 日記 | Comments(29)
Commented by m-oo-m at 2010-04-26 17:47 x
多分お友達はけんかを売ったのでもなく、クロネコさんを一日本人ではなく、独立した価値観をもつ(国際人としての)個人としてみていて、一緒にこの問題だけについて考え行動してほしくてメールを送ったのでは?批判は日本に対してではなく、(彼が判断したかマニピュレートされた?日本の漁業の)行為行動に対してのもの。たとえば、ドイツの人身売買についての反対行動のメールを彼に送付したとしたら、賛同するのでは。そうでなければ、単にナイーブで隠れナショナリスト、一貫性のないヒト、お友達ではないかもしれません。聞いてみたらどうでしょう。直感ではなく、分析のつもりですが:)

クロネコさんを非常に高く評価し、リベラルで知的かつ個々の国際問題の是々非々を議論、行動できる国際人として尊敬しているのでしょう。愛国心はよいことですが、個人的、攻撃的と受けとめたり、ファナティックな愛国心は危険。適度なバランスをとるのが、批判に耳をかたむけ、吟味し、きちんと議論することです。がんばってください。

私はどちらかといえば、直感ではなく、分析する方なんですが、お友達もクロネコさんも面識がないので、的はずれかもしれません。
Commented by m-oo-m at 2010-04-26 18:17 x
肝心の捕鯨問題(不勉強です)ですが、日本にいた時のイギリス人のリベラルで知的な女友達の話を思い出したので書きます。日本も含め、ノルウェーが捕鯨について批判されたときに、米国のエネルギー問題とライフスタイルとノルウェーとの数値的な相違を挙げ、ノルウェーの自然環境問題と捕鯨の適正管理への取り組みを示し、エコの立場からの反捕鯨・批判に対して、我々は世界でもエコフレンドリーな国民だ、と捕鯨国から国際社会に毅然とコメントを返した。それなりの説得力があった。日本も明確な意見を表明すべきではないだろうかと。

個人でできることー鯨が鯨でなくなった、その背後にあるものを突き帰し、AVAAZに議論を送り一石を投じることも、方法の一つです。もちろん、淡々と周りの小さな国際社会に対して、めげることなく議論していくことも、日本人に対して日本語で考えよう、と述べることもすべて大事なことです。私は能動的ではない静かな2番目の行動ですね。
Commented by クンタ at 2010-04-29 03:24 x
捕鯨に関しては政治的な要素が多分にあると思う。
捕鯨禁止を呼びかける人達に限って、この事実を知っていないから・・・

腹立たしいのは捕鯨禁止をビジネスにしてる奴ら。
鯨を知的生物と例えるなら、欧米人が好きな牛は知的な生物じゃないの?

ゴメンね。クロネコさんのブログに私の意見の載せて。
Commented by kuronekomusume at 2010-04-29 08:46
m-oo-mさん、レスが遅くなってしまってすみません。

友達のアンドレは、典型的なリベラル欧州人だと思います。
彼はちょっと論理性に欠けますが、とても面倒見が良くて優しい性格なんですよ。
たとえ、考え方が合わなくても友達だと思ってます。
ちょっと大げさに記事を書いてしまったんですが、彼が私にケンカを売るつもりが無いのは分かってるんです。
彼は私にもこの問題を一緒に考えて、日本の悪行を止めさせるために行動を起こして欲しい!と純粋に思ってるだけだと思います。

ただ、その信念を裏付ける背景が弱いんですよね。
Commented by kuronekomusume at 2010-04-29 08:48
続き、
捕鯨問題は、欧州では事の是非以前に「完全に日本が悪い」と言う扱いをされます。
もしかしたら日本にも言い分があるのかもしれないという考慮は一切してもらえません。議論の余地無しです。

それでも事実を自分なりに調べて、きちんと反論したいと考えてます。無駄な抵抗と知りつつ、もし日本に正当性があるのなら正しく伝えないといけないと思うからです。だから本を読んでいます。

日本がやってることは悪行かもしれませんし、逆に正しい可能性もあります。
反論をする前に自分でその判断したいと考えています。

私は盲目的にナショナリズムを振りかざすつもりは無いです。同じように欧州人からも盲目的に日本を悪者扱いされるのもおかしいと思ってます。
私は日本が正しいと思ったら、それなりに日本を擁護する姿勢を取る事が日本人としてとるべき行動だと思っています。

欧州人の主張には正当性があるようでいて、意外と論理が弱かったりするので、きちんと見極める必要があります。たとえ矛盾を指摘しても彼らは意見を絶対に曲げませんけどね。
Commented by kuronekomusume at 2010-04-29 08:52
続き3

ノルウェーのように政策がきちんとしていたり、国の広報力が高いところは上手く国際社会を納得させられるんですが、日本はそのどちらもが弱いと言う問題がありそうですね。
特にPRが下手ですもんね。

でも、どんだけ上手くPRして、政策を取っていたとしても、欧米の餌食として日本がターゲットにされてしまったら、どんなに正当性のあることをやっていても犯罪者扱いをされてしまいます。
残念ですがこれが情報戦争です。
英語以外の言語を母国語とする国はどこもこの情報戦争に負ける可能性を秘めていると言えると思います。
英語は圧倒的なパワーを持っているのが英語圏以外にいると本当に良く分かりますね。
Commented by kuronekomusume at 2010-04-29 08:57
クンタさん、
ご意見ありがとうございます。笑
私はいつも人のブログに行って自分の意見を書いてますので、いろんな方の意見は大歓迎です。笑

本当にまさにクンタさんがおっしゃられるとおりだと思います。政治的な操作が裏にある場合、純粋な活動家は動物愛護精神を利用されてることに気がついてないんですよね。
ココが大変私も悲しいところだと思っています。
でもたとえそれを指摘しても動物愛護主義者は盲目的ですから信じてもらえないんですよ。

欧州人にとってクジラは知的生物ですが(ネイチャリングの対象だったりするので神聖な生き物のようですよ)、豚や牛は家畜なので知的生物とみなさないようですよ。
その点を指摘しても誰も同等とは思ってない風でした。
家畜はその数も多いし、すぐに増やせるからだと思います・・・。
知的生物を勝手に決めてるところが既に傲慢ですよね。でもその矛盾にも彼らは気がついてないんですよ。

クジラとイルカはいつでも特別な生き物のようです。
命は同等じゃないみたいですね。
Commented by m-oo-m at 2010-04-30 07:11 x
おお、熱くなってきましたね。
クロネコさんの意見と比べて争点の違いを感じましたが、そこで気づいたことがあります。反省としては私には捕鯨問題の是非についての議論と個人と国家の態度というかそういうところに焦点があり、反日、政治経済的なバッシングに利用される捕鯨問題を切実な問題として受け止めていない、この体温差が大きいと思います。
これがたとえば自分がメーカーに勤めていたら、体温差はまた違うだろうと気がつきました。死活問題ですね。
問題視されているのは捕鯨問題の議論の不毛さよりも、政治的に利用されることへの危機感とそれを理解しない友人への怒りであり、そこに端を発した愛国心の高揚ですね。
10年前でしかも日本にいたからですが、EUの研修生相手や哲学者や教師など、一元的にものを見ない、国際人を目指したオープンマインドな友人たちとの議論で、不当な議論の経験は少ない。米国の意図的な情報操作にも目があいていて、ポリティカリー・コレクトの具合もいい人たちで、不毛な議論は少なかった。これも世代や環境含め、クロネコさんの感じていた気持ちがよくわからなかったことの理由です。(続く)
Commented by m-oo-m at 2010-04-30 07:49 x
海洋哺乳類の鯨と牛との比較では欧米人との議論は部が悪いですよね。自国の文化の物差しかない相手とであれば、なおさらです。それはすでに指摘されているとおりです。菜食主義者でも、牛と鯨の命や知性を同等に受け止めろというのは無理でしょう。長い歴史の中での食文化の背景や動物の位置づけも異なる、前提が異なっているから。また、受け売りですが、捕鯨では鯨を即死させることが難しいのが問題であるというのを読みました。牛豚の屠殺については、動物愛護の立場から議論され、方法も改善されているので部が悪いわけです。杞憂かもしれませんが、日本の同和問題を逆に触れられるかもしれない。
自然は人間が管理できる・するものというのと、万の神と、自然観にも相違がある。日本の文化を是とした議論は難しいでしょう(宗教的な相違なら住み分けと敬意がある?)。一方、ノルウェーのように自然環境の保護や管理をうたえば、欧米人にはわかりやすい。いろんな論点に対し、明確な発言や妥協点を提案するといったことが必要だと思います。文化が異なる、前提に相違があるのだ、と十分に繰り返した上で、新たな視点、妥協点、改善を示すのはどうでしょうか。まだ単なるアイディアですが(続く)
Commented by m-oo-m at 2010-04-30 08:23 x
背後での情報操作の問題についてですが、トーンは変わります。戦う必然性があるのであれば、断固戦うべき、沈黙は死です。捕鯨問題の議論をすることばかりではありません。国際社会で日本の立場をアピールすることと並行して、こちらも敵がやったように、組織的に別の議論や問題を持ち出して、目くらましやをすることも必要かもしれません。経済のスキャンダル、戦争での矛盾などを大きく持ち出し、バッシングのすきを与えない。可能なら同様の利害関係を持つ国や組織を巻き込むことも必要です。ネットであれば、また別の戦い方も。もし自国にポジティブな情報や材料があれば、大きく国際社会に訴求する。勝つためには全力をあげて、ぎりぎりのところまで、可能な方法、有用な方法を模索して精神論によらず戦略的に対処する。海外で異文化間の葛藤を経てこう考えるのですが。謝り侍は対日本には精神性を真摯に受け止められても、海外ではどうでしょうか。車でいえば、メルセデスやアメリカ車も、欠陥、リコールなんていくらでもあります。

でも、今後日本がバッシングされるのだったら、まだ捨てたものでもないですね。死んだ犬は誰も蹴らない、ということです。皮肉でなく。
Commented by A.S. at 2010-05-04 02:02 x
私は捕鯨推進派でも反対派でもないのですが、日本が
捕鯨問題でバッシングされるたびに疑問に思うことが2つ。
1.「文化」の問題として許容されるのはどこまで?
2.科学的な根拠とされる説は、一体どれが正しいのか。

アラスカ等の先住民については「彼らの文化だから」と許容されるのに、日本が同じことを言うと激しく反論されるのは何故でしょう?
(まあ、”文化”で済む問題ならば、欧米人にいちいち許可をしていただく必要もないように思うのですが。)
下記は低レベルで的外れな見方かもしれませんが、単に個人的な疑問に過ぎませんので、ご容赦を。(一応、アメリカなどの国に住んでいたことがあるので、そのときの体験もまじえての疑問です。)
Commented by A.S. at 2010-05-04 02:03 x
欧米の人々はイヌイットのような先住民の方々の土地を奪い、文化を否定し、殺戮・陵辱に加えて同化政策を進めたという負い目があるから、彼らに対してはハッキリとものを言いづらいだけなのではないでしょうか。心の底では「生肉を食らうなんて野蛮な奴らだ」とか「ロクにまともな仕事にも就けない知的レベルの低い奴らだ」なんて思っているかもしれません。”まともな仕事”ってのも、欧米人の基準範囲でのことですが。
Commented by A.S. at 2010-05-04 02:03 x
一方、日本に対してはそのような負い目は無いのでは?
それどころか第二次大戦中には連合軍の兵士を捕虜にしたり、
欧米の真似をしてアジア諸国を植民地化したり、国際連盟も、
会議場の椅子を蹴飛ばして脱退したり、ほんの70年前くらいには、日本はそれこそ「悪の枢軸」国だったわけで。
戦後、「アメリカ様のご指導のお蔭で民主的な国に成長出来た国」だと思われているのかも。しかもいつの間にか欧米諸国を凌ぐ経済力をつけてデカイ顔するようになったという・・・。捕鯨問題と言うのは、そのへんの憎しみや苛立ちに「環境保護」の仮面を都合よく被せただけなのでは、とすら思えてしまうのですが・・・どうでしょうか。鯨って、牛や豚よりも高等な生物?鯨を乱獲しながらも鯨油だけとってあとは捨て、個体数を減らしたのは欧米の人達なのでは?少なくとも20世紀以前までは、日本人は絶滅するほどの規模では捕ってはいなかったと思うけど・・・しかも鯨一頭をすべて骨や皮やヒゲまでも無駄にせずに使い、鯨供養までしていたというのに。(まあ、供養は絶滅云々の問題とは関係ないですが。)
戦中戦後の一時期は食料難もあり乱獲してたかもしれませんが。
Commented by A.S. at 2010-05-04 02:11 x
捕鯨問題にしても、地球温暖化の問題にしても、はたまた宗教や歴史の問題にしても、感情論は抜きにして、一体何が真実なのか、まずそれを知りたいものです。
(例えば、温暖化による海水面上昇で水没する島がある、と言われていますが、それだって温暖化以前に、米軍占領時に飛行場建設のため島全体をブルドーザーで大掛かりに切り崩して平地にしてしまったのが直接要因、という説があるくらいですから。)
Commented by びっくりだ at 2011-11-12 23:07 x
戦前の日本が悪の枢軸とか言ってる人いてびっくりした。
勉強不足も甚だしいというかなんというか。
しかもアジアを植民地とか国連がどうとか無知すぎ!!!

世界情勢とか西洋の植民地支配について知らなさすぎ。

日本が悪の枢軸?じゃあ普通の国ってどこなの?
そんな国みたことないんだけど。
はっきりいって当時の国連は十分悪の枢軸だよ。

知りもしないでよくそんなことかけるなぁ。
Commented by kuronekomusume at 2011-11-13 09:17
びっくりださん。
???コメントが何のことをおっしゃられたいのか意味が理解出来ませんでした。
Commented at 2011-11-13 21:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あーさー at 2011-11-14 06:12 x
鯨神社について調べると良いかもデス>日本の捕鯨の歴史・文化的価値観について、根拠を補強できるかと。それから、漁業資源管理という点において、最初に捕鯨でやりすぎて失敗をやらかしたのは欧米ですよ。ペリーが黒船でなぜ来たのか?捕鯨中の中継基地が欲しかったからです。奴らは脂をとるためだけに鯨を乱獲しましたよ。日本人は、捕鯨に関しては元々「持続的な開発」をやってたし、現在の調査捕鯨の目的がそれです。採りすぎないように、かといって、海の生態系バランスを壊すほど増やさないように。鯨が増えたゆえに、クジラに捕食される魚の漁獲が減っている、とかもありますから。
Commented by kuronekomusume at 2011-11-14 07:53
やもりさん、丁寧なコメントありがとうございます。
捕鯨のリンクはすでに拝見しました。でも捕鯨より、人体の不思議展の人体はどこから来るのか?が面白くていろいろ見て、いろいろ考えてしまいました。逆に興味深いサイトを教えてくださって感謝です。
Commented by kuronekomusume at 2011-11-14 08:02
アーサーさん、鯨神社情報ありがとうございます。先日ベルリンで催されていた、葛飾北斎展で、色々な彼の作品が展示されていた中に、捕鯨の様子を描写している版画がありました。江戸時代の貴重な文化史実に触れて感動しました。
ペリーの話はよく捕鯨賛成派が持ち出すので、存じ上げていますが、この歴史を論拠にしても、欧米人には全く通じないんですよ。彼らの言い分は、当時はそうだったかもしれないが、自分達は間違いを認め捕鯨を辞めたんだから、日本も辞めるべき!と言われるのが関の山です。
私も個人的に海の生態系の重要性を考えると、調査捕鯨は必要だと思いますが、これまた信じられないかもしれませんが、欧米には魚を一切食べない人達が沢山存在するので、この重要性を理解して貰うのが大変です。欧米人は根本的に自分達がリベラルで正しいと信じているので、まずそこからなんですよね。
Commented by kuronekomusume at 2011-11-14 10:09
アーサーさん、
他にも過去に捕鯨に関する記事を書いたことがあるので、よろしければどうぞ。
http://dokurock.exblog.jp/15107827/
http://dokurock.exblog.jp/15499736/
Commented by やもり at 2011-11-15 03:35 x
kuronekomusume さん
捕鯨について、話が続いてるんですね。
私はいろいろな情報や主張を見聞きして、判断したい。しかしわたしは日本を大切に思う日本人なので、日本の捕鯨がどうあるべきかを、外国人に、バッシングされるいわれは無いと思う。
議論があるなら、何が問題か、どんな根拠があるか示せいと言いたい。
アカデミィー賞で飾った、ドキュメンタリィーもどきの、バッシング映画でひるむことないよ。
反捕鯨は人種差別から出てると思う。
kuronekomusumeさんが議論しようとしても、あまりいみないかも、言ってる人も、よく考えて言ってるのかなー。
捕鯨ねたでの、いじめじゃないの。
議論にならんなら

P*G !!!
F*CK OFF !!!
  F*CKING R*ACIST !!!
with 中指。
あと ドイツを考えると、まんじやろう
あたり準備しとけば?
ことばのカメハメハかましたれ。
大和撫子も無礼者には、毅然と、容赦せん気概をしめしてもいいんじゃないの。

あいての意図もみないとね。
 
Commented by kuronekomusume at 2011-11-15 08:13
やもりさん。
ドイツ人に事の本質を理解させるのは難しいですね。とはいえ、日本人も全ての情報を政府から与えられてるワケではないのが問題です。
世界に出ると知らされていない日本人のちょっと行き過ぎた行動も目にするので、日本が正しいとも言い切れないのかなあと思います。
日本の考え方が外国に理解出来ない事と、欧州の考え方を日本人が理解出来ない事は同等の問題だと私は認識してます。この溝は永遠に埋まらない気がするんですよねー。

私はもともとドイツ近代史から入ったドイツマニアですので、さすがに「まんじやろう」は言えないですねえ。どんなに腹がたってもコレをドイツ人に言ってはおしまいですからねえ。ドイツに住む資格が無いですね。
私は文句を言いながらもドイツが好きですから。ドイツ人には「うそだー」と言われますが。笑 好きじゃないと暮らせませんよー。
でも捕鯨の件だけは本気でケンカです。
Commented by えーっと at 2016-09-18 12:34 x
売国奴。。そんな言葉を使うとは"日本人として"恥ずかしいですね。日本人としてだの拘るなら日本に住んだらいかがですか。人身供物も自国の文化なら許してしまうという事なんでしょうね。日本語で訴えようが外国人と組んで訴えようが、内容は変わりませんし同じ事ですよ。だらだらと長文過ぎて全部読む気にもなれませんが、こういう人には日本には戻ってきてほしくないですね。捕鯨が日本人の誇りだなんて、純日本人の私は考えた事もないし、鯨なんて食べませんのでね。
Commented by kuronekomusume at 2016-10-17 04:07
えーっとさん、
「日本に住んだらいかがですか」と書かれたかと思うと「日本には戻ってきて欲しくないですね」と書かれたり、何が言いたいのか全く分からないコメントでしたが、入力ありがとうございます。
また、「だらだら長文過ぎて読む気にもなれない」とあるとおり、まったく私の記事内容を理解されてないのがよく分かりました。
返信しようにも、えーっとさんがおっしゃりたいことが良く分からないのでこの辺で失礼しますね。
Commented by たま at 2017-02-11 12:47 x
こんにちは。お邪魔します。
モンサントとバイエルンの合併反対キャンペーンをしているAvaazとは何だろうと検索していてこちらにたどり着きました。
反捕鯨の議論、面白かったです。
しかし ペリーどころか60年代まで捕鯨に血道を上げていたのはアメリカ、イギリス、オーストラリアだったんじゃないんでしょうか。確かそのあたりが日本の捕鯨ライバルだったと思います。しかも、彼らの目的は鯨油のみで 捕鯨基地が置かれた植民地の港周辺では海洋汚染や腐臭が凄かったと聞いたことがあります。
大型の鯨類が激減したためミンククジラ等の小型鯨類が増えすぎて、漁業にも影響が出ている可能性があるそうです。
食糧不足で切羽詰まってからでは遅いので、そんな疑念があるのなら、赤字でも調査捕鯨を頑張って続けて欲しいと思っています。
国際的にも政治的反捕鯨国以外は調査捕鯨支持が広がっているようで 少しほっとしています。Avaazのトップページからもこの問題は消えているようですし。(笑)

長々と失礼しました。
Commented by kuronekomusume at 2017-02-12 06:07
たまさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
AVAAZは今は「モンサント&バイエルンの合併反対キャンペーン」なんてやってるんですか。
私から見たら、無駄な行為そのものですね。と言うのも双方が石油化学精製品を売ってる会社で同じ穴の狢だからです。モンサントのGMO作物を食べて病気になった人がバイエルンの薬で治療をして死に至ると言う「ゆりかごから墓場までプロジェクト」にしか見えないです。なので合併話を知った際、さもありなん!としか思えなかったですね。
製薬会社もモンサントも死の商人ですから、合併に反対している人たちは事の本質を見極めて無いか、頭の弱い人たちなのでは無いでしょうか。
私たちに出来ることは双方の商品を体に入れないことですね。
Commented by kuronekomusume at 2017-02-12 06:18
たまさん、続きです。
捕鯨問題に関しては。欧米人たちに言わせると彼らはもう捕鯨を止めたんだから、自分たちは関係無い!という姿勢でしょうね。だから日本も早くやめなさい!ということなんだと思います。
先月ベルリンの日本大使館前で「反イルカ漁デモ」があったようですよ。150人規模だそうですが、日本大使館前から歩いて、ちょうどその日に開催されていたジャパンフェス会場前でさらにデモを行ってたようです。日本アニメ好きなオタクドイツ人たちにイルカ漁反対デモを見せても意味が無いと思うんですが。日本ファンを減らそうという魂胆なのか?と思いました。
和歌山県のイルカ漁は手法がかなり残酷なので、ピュアな心を持ったデモ隊の格好の餌食にされてしまうのも分かるんですが。鯨をやめて次はイルカ漁をターゲットにし始めたのかもしれませんね。

調査捕鯨に関しては実は政府は何も調査していなかったという実態を確か二年前くらいにネットで目にして、ものすごくガッカリした覚えがあります。役所がちゃんとやっていないなら国民のいち代表として欧米人と気持ちの上で戦えないですからね。

昨日今日とニュージーランド沖で総数600頭の鯨が打ち上げられてるらしいですね。鯨もイルカも超音波で会話をする動物なので、実は海軍潜水艦のソナーによって狂わされて死んでるという説があって、私はその説にすごく信憑性があると思います。つまり日本の捕鯨を攻撃するなら、海軍潜水艦を止めさせるほうがよっぽど多くの数の鯨やイルカを救えるのでは!と言うのが今の考えです。
次回誰かドイツ人が日本の捕鯨は~と言ってきたら、潜水艦説と、あなたはヴィーガンか?と二点をついて行こうと思ってます。でも、友人関係を切る覚悟で議論になるけど良い?って言うと、最近ドイツ人はみんな尻込みして議論をやめちゃうので寂しいんですが。笑
Commented by たま at 2017-02-14 23:58 x
kuronekomusumeさん
Avaazが企業合併に反対するのは、一企業の経済規模があまりに大きくなりすぎると 政治に対する発言力が強くなりすぎるからという意味もあるようで、それはそれでありかなとも思います。尤も今でも政治に干渉する企業は多いですけどね。というか大きな所はほとんどかな。

捕鯨について歴史的なことを書いたのは、日本には里山という人の手の入った自然環境というのがありますが これは人の手入れが無くなると環境が維持できなく成るということでもあります。
海の環境も、私は同様だと思います。
食物連鎖の頂点に近い動物を大量に捕った後は「や~めた」では済まされないと思うんですよね。

ニュージーランドでの鯨座礁の件、初めて知りました。
座礁についてはいろいろな説があるようですね。
黒猫娘さんの仰る超音波や地磁気、海洋汚染など 中でも私が最も注目しているのは 餌の枯渇です。
大型鯨類が消えた海域で小型鯨類が勢力を伸ばし、それらが増えすぎたため逆に大型鯨類の数が回復しない。
果ては座礁を回避する本能を無視して餌を求め 結果座礁する、という状態になっているのではないかと考えています。オオカミを取り尽くした結果 鹿が増えて樹木が被害を受けて山が裸になるというのは、見えることなので気がつきやすいですが 海の中でそのようなことが起こっているとしたらゾッとします。
酸性雨でシュバルツバルトが枯死し始めるまで何が起こっているか解らなかったように、魚介類が全く捕れなくなってから、鯨が増えすぎていたんだと分かるような日が来ないことを切に願います。