死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

コーヒーはお薦めできない

クロネコはコーヒーを一切飲まない。
と言うか、
コーヒー飲むのを止めた。
確か2015年4月頃かな。
そんくらいに止めて
それ以来飲んでない。

元々コーヒーは好きじゃ無くて
あの香りとか、苦味がどうも
苦手だったのと。
なんといっても。
重たいからで。
あとで胃にどーんと来る。

だから20代、30代前半までは
ほとんど飲んでなくて。

でも世の中コーヒー好きが多いから
客先とか、
仕事以外でも人の家に遊びに行くと
「何か飲みますか?コーヒーでいい?」
って必ず聞かれるから
ほんと困ってて。
でも。
ワガママと思われても
「お茶でお願いします」
って答えてたな。
ドイツ人だと嫌な顔をするけど
でもコーヒー飲めないから
しょうがないじゃん!
と思ってて。
ドイツ人の淹れるお茶は
安いティーバッグだから
まずいんだけど。
コーヒーよりは飲めるので
妥協できるというか。

今は不味いお茶だと余計
要らないっと思ってしまうので
「水で良いです」
って答えることが多いかな。
でも水道水しかないって言われたら
それこそカルキの味でクソマズいから
お茶でごまかす必要があるので
やっぱり
「ティーでお願いします」
って言うしかない。

クロネコがデュッセルドルフで
OLをしてた頃は、
毎朝会社でコーヒーを飲んでた。
34歳くらいから37歳くらいまで。
なんでかというと。
カフェインがものすごくアタイに
効果をもたらしたからで。
午前中はいつも頭がぼーっとしてて
眠たくてスッキリしなかったので
ぼんやりしてたら。
当時の上司オリバーが
「クロネコ、ぼーっとしてるぞ!
コーヒーを飲んで頭をすっきりさせろ!」
と言ってきて。
およよ。
じゃあコーヒーを飲んでみますかね、
と飲み始めたら。
長年飲んでなかったから効果抜群で
ほんとすぐ目が覚めて。
すっきり仕事が出来るようになったので。
それ以来飲むようになっちゃったという。
味は好きじゃないけど
脳をすっきりさせるために
飲んでた。
それって完全にカフェイン中毒だよね。

で、何より最悪だったのは。
アタイはブラックだと
飲めないから、
ミルクたっぷりで。
(7割くらいがミルク)
さらに。
そこに人口甘味料を3つほど
いれてたと言う。
ほんと。
ほんと。
バカ丸出しなことしてたなーと。
タイムマシンがあるなら
あの時のアタイをひっぱたきに
行きたいくらいバカ丸出し。
無知って怖い。

あの時会社に置いてあった
ミルクは。
ビオでも何でも無く。
普通の安い市販の牛乳で。
アタイはコーヒーを薄めるために
いれてたから銘柄とか
見てなかったし。
何でもいいやと思ってたしで。
あのミルクは間違いなくホルモン剤を
バカスカ打たれた牛さんの血。
ああ気持ち悪いね。
今なら絶対飲みたくない。
おええええ。

そんな毒まみれのミルクも
最悪だけど。
人工甘味料も最悪だよね。
あんなもん人間が体内に
入れてはいけないものだもん。
人工甘味料といえばアスパルテーム。
ラムズフェルド、米国の元国務長官だったっけ?
彼がこの利権に絡んでるといわれてるけど。
それはさておいても。
この甘味料はかなりたくさんの
病気を引き起こすといわれてるので。
体に入れないに越したことはないと。
今は一切摂らないけど。
当時のアタイは無知でバカでノロマな亀
だったので、
コーヒーには甘さが必要~とばかりに
どかどかいれてんだよね。

そりゃ病気にもなるわ!
ってやつ。

白砂糖も白砂糖で太るとかいう以前に。
体にものすごく悪いからね。
砂糖なんて摂っちゃった日には。
生活習慣病まっしぐらだから。
摂ってはいけません。
白砂糖は白つながりでコカインみたいなもんだから。
常習性があるというか。
クセになるからね。
白砂糖からは距離を取れと。

白砂糖ってしばらくやめてると
身体が慣れてくるというか。
味覚が復活するから
ある日、白砂糖入りのお菓子を
食べると(工場生産の和菓子とか)
下品過ぎる甘さに辟易するよね。
なんじゃこりゃー!!!
みたいなね。
で、余計に白砂糖が嫌になるという。

一旦距離を置くのが大事なのねと。
やつらの化けの皮がはがれるから。

とにかくコーヒーは色々難しいのよ。
コーヒー大好き!って言う人は
エスプレッソでも飲めるけど。
アタイはエスプレッソは絶対無理で。
今でも無理。
豆乳ラテで、アガベシロップか
ハチミツをたっぷりいれないと
飲めない。
でもあのコーヒー独特の重たい味が
おええええって感じなので
やっぱり飲めない。

クロネコそれなのに。
自分は一切飲まないのに
1年前とかカフェレストランを経営してた頃は
毎日たくさんのお客さんに
コーヒーを淹れまくってた。
うちの店は全部ビオだったから
コーヒー豆も、ミルクも厳選したやつを
使ってて。
だから毎日買いにくるお客さんもいたよ。
「ここのカプチーノが一番美味しい!」
って言いながらね。
自分は飲まないから味を知らなかったし笑
飲みたいとも思わなかったんだけど。
ついでに白砂糖も置いてなかったよ。
そういや、砂糖について一度
客と議論になったことがあったな。笑
その件はまた今度書こうかな。
客相手に一切引かない強情な店員だったんで。笑

ミルクも人工甘味料も最悪の毒物だけど。
コーヒー自体はどうなのか?と言うのが
今日のテーマ。
前置き長いな。笑
もう前置きだけで話終わるんじゃ?
ってくらい長いね。
これから本題か・・・やれやれ。
みたいなね。笑

コーヒーについては実は意見が分かれるよね。
抗癌効果がある!
と言う研究結果と。
体に良くない!
と言う意見とで真っ二つに別れる。
なので。
コーヒー好きな人は肯定的な意見を
取り入れれば良いと思う。

でも。
ひとつだけ言えるのは。
妊活してる人はコーヒーはやめたほうが
良いよってことかな。
アタイは友達が子供欲しいんだ~とか
言おうもんなら。
「コーヒーやめてね!」
って即言うよ。
と言うか、止めるまで言い続ける。
クロネコ超ウザイ友達なのよ。
でもさ。
子供が欲しいんなら止められるでしょ?
って思うのよ。
子供とコーヒーどっちが重要か?
って話だし。
長い人生のうち1,2年コーヒーを
止めるのは大したことじゃないと思うんで。

でも。
子供欲しい人に限ってコーヒーが
すごく好きな人が多くて。
逆におどろく。
だからしつこく何度もコーヒーやめなはれ~
って言い続けるというね。

なんでダメなのかと言うと。
体を冷やすからだよ。
コーヒー自体ホットで飲めば
身体があったまるよ!
とか言う人がいるかもしれないけど。
アタイが言ってるのはそういうことではなく。
体内体温が下がるよと言う話。
内臓を冷やすからダメなのよと。
カフェインがダメみたい。
体温が下がると子宮への血の巡りが
悪くなるから冷え性になって
妊娠しづらくなるんだよと。
簡単に言うとそういう話。

だから。
別に妊活してなくても。
冷え性だったり、
セイリツウが酷かったりする人は
控えたほうが良い。
コーヒー&砂糖の組み合わせは
女性の体を冷やすから
止めたほうがいいねと。

アタイはセイリツウがもともと無くて。
でも30代中盤の生活習慣が
乱れていた頃は
生理痛があったんだわ。
やっぱりそういうのは30過ぎると
身体の無理が利かなくなるのか
ほころびとして現れるんだろうね。
そんで。
37歳で病気になってから
これはいかん!と一念発起して
生活習慣を変えて
体質改善に力を注いだせいで
またセイリツウが無事に消えた。
健康な食生活および暮らしを
心がけると、
本来の目的では無かった
婦人科系へも二次的に良い効果が
出たというか。
とはいえ。
低体温と低血圧はもともとの体質もあるのか
油断するとすぐ元に戻ろうとするので。
今後も気をつけてないといけない。

友達からも相談を受けるので。
「セイリツウが辛くて。どうしたらいいんでしょ?」
とか。
「冷え性を治すにはどうしたらいいでしょう?」
とかね。
既に知ってることもあるけど。
さらに調べて。
こうしなはれ。
ああしなはれ。
と情報を送ってる。

けど自分の体質もほんと油断できないからね。
クロネコの目標値は
体温が36度5分で。
血圧は上が100台。
どっちも油断するとすぐ下がる・・・。涙
体温は大体36度ちょいくらい。
血圧は100を切ると朝起きた時の
状態で何となく分かる。
今のところあのけだるい感じは無いから
多分大丈夫かと。

このご時勢、というか日本では
降圧剤マフィアと言う名の、
製薬会社どもが血圧の基準値を引き下げるもんだから。
油断するとすぐ高血圧扱いされるみたいで。
血圧が高くならないようみんな必死なのに
クロネコときたら血圧が下がらないように
必死になってるというね。
でもほんとに。
血圧を上げる方法ってほとんど
見かけないから改善するのが超大変だったよ。
今は回答が見つかったけど。
実は、血圧が上で100を切ると危険だからね。
ガンになりやすくなる。
誰も教えてくれなくて
自分で発見したんだけど。
いずれにしても平熱をアップさせるのと
低血圧脱出は連動してる。
だからどっちかを改善すると
両方が改善されるというね。
平熱が37度あれば絶対ガンにならないけど
そこまでもっていくのは大変なので
低血圧ゾーンから脱出すれば良いと思う。

自分の血圧なんて知らない・・・
って人いるのかな?
女性だと定期的に婦人科検診にいくから
そこで血圧も測ってもらえるよね?
日本だと役所とかにおいてあるよね。
アタイは見つけ次第測るようにしてたな。
でもあれ締め付けがきつくて
クラクラするよね。
ドイツは公共施設でもそんなものは
置いてないので、
アタイはマイ血圧測定器で測ってるよ。
測りたくなったら測れる。
けど普段は測らないな。笑

アタイは血圧を上げるために
努力をしてるタイプなので。
高血圧問題からは程遠いところに
いると思ってるんだけど。
日本人は本当に降圧剤攻撃に
さらされていて大変だよね。
アタイの同級生でも飲んでる子いるし。
怖いね、マフィアは。
マフィアの手先の医者がさらに怖い。
降圧剤は飲むと脳がすーっとするみたいで。
楽になるから止められなくなるのかなと。
対症療法の極致と言うか。
薬を飲むだけでは何の原因も解決してないから
どつぼにはまる。
生活習慣を変えるしかないのに
薬に手を出すなんて。
何より恐ろしいのは10年後20年後。
自分から降圧剤漬けになってると
確実に認知症へ近づくからね。
降圧剤で血圧を抑えると、脳に血が
まわらなくなるから。
徐々に脳内の細胞が死んでいき・・・
ロードTO認知症。

既にもう何年も降圧剤を飲んでる人は
急に止めると危ないから
少なくとも生活習慣を改善して
数値を良くしてから
薬を徐々に減らすとかそういう
努力をしたほうがいいんじゃ無かろうかと。

アタイはこういう研究結果とか
ネット上に見つけると。
なるほど!
って思うし。
スッと納得できるんだけど。
疑って掛かる人がほとんどなのかなとも思う。
そういう人たちって。
降圧剤への信頼感は強いのに
降圧剤は危険だよと言う説は疑って掛かるという不思議。
なんで医者が絶対になるのか。
なんで製薬会社が絶対なのか。
そこは疑わないんだ・・・みたいなね。

クロネコは無理強いはしないタイプ。
情報をシェアはするけど。
さらに深く調べたり、
行動するかどうかは自分で決めてください
って思う。
今の時代は、何を信じて、何をするかを
自分で決めて良いからね。
医者でもなければ、
製薬マフィアでもなく。
親でも無ければ、伴侶でもなく。
もちろんクロネコでも無く。
自分。
自分で決める。
自分の身体は自分に責任があるからね。

薬が好きな人は薬を飲めばいいし。
薬が嫌いな人は飲まなきゃいいし。
薬は嫌いだけど不安な人は薬を飲めばいいし。
違うことがしたい人はすればいいし。
コーヒーが飲みたい人は飲めばいいし。
何も禁止されてないし、
強制されてない。
とことん自由。
自分で決めれる。
アタイらはまだ自由な世界に生きていられる。
それって本当に幸せだと思う。

あ。
またコーヒーの話に戻るけど。
缶コーヒーはコーヒーじゃないからね。
あれは、しいて言えば。
コーヒー風飲料かな。
アタイあれを生まれてこの方
一度も飲んだことが無い。
日本だと客先で出されたりするよね。
アタイは持ち帰って人にあげてたな。
あんなもん飲みたいと思う人なんて
いるのか?
といつも思ってたけど。
売ってるってことは飲む人がいるんだろうね。
幸い、ドイツ人はあんなニセモノコーヒーを
飲まない。
ええこっちゃ。

あれほとんどが化学調味料かと。
クズみたいなコーヒーまがいのコーヒーが
そこに混ざってる。
あんなもん飲んじゃダメだよね。
本当のコーヒー好きはあんなの
コーヒーじゃないと分かってるから
飲まないだろうけど。
じゃああれは誰が飲んでるんだろね。
コーヒーの本当の味を知らない人?
コーヒーっぽい味なら何でも良い人?
まがいものが好きな人?
良くわからんが。

そういえば。
ペットボトルのお茶も良くないよね。
以前あれの内容を暴露した記事を
読んだ事があるけど。
ひええええって感じだったな。
アタイも昔は飲んでたけど。
もう無理だーって感じ。
内容物を知ると飲めなくなるね。

最高級緑茶とか言ってるけど。
それはほんの一部らしいよ。
基本は茎の部分を(原価が安いらしい)
大量に煮詰めて茶を出して
最後にすこーしだけ最高級緑茶を足すんだって。
そんで。
石油から作ったビタミンCを足して。
防腐剤とか酸化防止剤とか足して。
最後に茶のうま味を出すために
グルタミン酸ナトリウムで味を整えるとかで。

詐欺にもほどがある!
けど。
考えてみたら。
自分で普通に緑茶を淹れて
しばらくしたら緑だったお茶が酸化して
茶色くなるから。
ペットボトルのお茶はいつ淹れたのか
知らないけど。
いつまでも緑をキープしてるのは
不自然・・・と気が付くべきで。
騙されるほうが悪いって話かな。

ま、アタイも騙されてたし。
確かに変な味わいだったよね。
嘘っぽいというか。
本当の緑茶の味と全然違う。
だから。
気が付いたら止めれば良いんだと思う。

じゃあ。
何を飲めばいいんだろうね。
お水?
ペットボトルのお水?
あれも実はねえ・・・って話があるけど。
あんま考えてると頭がおかしくなるので
とりあえずアタイはペットボトルの水で
いいやーと思うことにしてます。


[PR]
by kuronekomusume | 2017-11-27 06:07 | 日記 | Comments(0)