死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

東京メトロ

ネット見てたら、
ブリトニーの妊婦ヌードポスターを地下鉄表参道に
広告掲示するのは、「過激すぎる」ということで
東京メトロが下半身部分にシールを貼って対応。
とか言う記事が出てて。

・・・。
あきれた。
ほんとに心底あきれた。
東京メトロって・・・。

アタイがあきれたのは
妊婦の裸がワイセツかどうか?って部分じゃなくて。
そんなことはすでに雑誌社やら広告業界やら
色んな人たちがコメント出してるし。
今更アタイが言うようなことは何も無くて。
個人的には、テリー伊藤氏のコメントに同意。
日本人たら、何でもかんでも卑猥な目で
見るクセ止めれば?みたいなね。
でもそんなことでアタイは呆れたりは
しないのですよ。

アタイがあきれたのはもっと別の、
「東京メトロに広告展示内容を吟味する能力があるのか?」
って部分。
正直言わせてもらうとね、
アタイから見たらね、
悪いけど全然なってない。
まったくダメ。
そんな能力無いと思う。
掲示物の内容を判断できるほどの倫理観も
知識も持ち合わせてない!
ってのがアタイの認識ですからね。

まーた過激なことを!
って思われそうですけど。
そう思われても仕方の無いことをすでにメトロは
やっちゃったんですよね。
こないだ帰国したときに見かけた広告で
アタイはそれに気がついてしまったのですよ。

どんな広告だったかっていうと。
それは地下鉄銀座線の新橋駅でした。
2006年5月20日土曜日夜の出来事。

友達と地下鉄に乗ろうとメトロ新橋駅の
階段を下りて改札へ向かうその通路で
それは発見されました。
誰にってアタイにね。

それはとある新興宗教の集会を告知する
広告ポスターでした。
宗教名は伏せておきますけど、カルト教団のひとつ。
その教団の第何回か目の集会を
アウシュビッツ強制収容所にて行います!
という内容でした。
ポスターには、あの有名な
アウシュビッツの入り口の門が
ポップでカラフルな色調でデザインされていました。
!!!!!
信じられない話ですけど、これは事実。
このポスターに気がついたとき、アタイは
言葉を失って、すごいショックを受けてしまいました。

何と知識の無い事!
何と浅はかな!
ユダヤ人に対する侮辱!
世界をバカにした宣伝広告!
なめてる!なめきってる!

人権宣言の地であるアウシュビッツを
その宗教団体は集会の地として選ぶことで、
自身の教団を人権理解のある集団と
アピールしたかったんでしょうけど。
逆ですから!
少なくともアタイにはまったく逆に映りましたから!
これはあきらかに侮辱以外の何物でも無いですよ。

そんなポスターが、
駅構内にズラーっと見渡す限り貼られてる!
そこかしこに、アウシュビッツ、アウシュビッツ!
ポップアートのアウシュビッツ!
ひどすぎる!!!
この認識の無さはあきらかに犯罪ですよ!
恥を知るべき!

アタイはそもそもナチスがきっかけで
ドイツに興味を持ち始めたくらいなので。
割と関連の本も読んだし。
アウシュビッツにも行ったことがあるので。
自分なりの考えもある程度持ってます。
その分、この広告宣伝があまりにも
ひどすぎて言葉を失ってしまって、
非常に非常にショックだったのです。

広告収入目的というだけで、
利益追求主義というだけで、
カルト教団のそんな恥ずべき広告ポスターを
受け入れて広告してしまう東京メトロに
非常に幻滅しました。
非常にがっかりしました。
非常にショックでした。
彼らに企業ポリシーは無いのか?と。
社内に良識のある人間は居ないのか?と。

その後一緒に居た友達と口が利けなくなるくらい
アタイはショックを受けてたんですけど。
けど・・・。
よくよく考えてみると。
このポスターを見た日本人でそれくらい
大げさに反応を示したのはもしかすると
ごくごく少数かも?!
普通そんなことどうでもいいですもんね。
すごく残念な気がしないでもないですけど。
日本人は事の重大さに全然気がついて無いような・・・。
それ以前にもしかすると、
このポスターが何を意味するのかも分からない、もしくは
気がつかないって人が大多数かもしれなくて。
ある意味、そのカルト教団のPR広告の意図も
誰にも汲み取らて無かったのかも。
ただのポップアートとして、街中の景色の一部として
流れていただけなのかも。
けど、その事実も多少アタイを落ち込ませたのかも・・・。

あまりのショックでどうすればいいのか
しばらく案が浮かばなかったんですけど。
その後じっくり4日ほど考えてアタイが
出した結論は・・・。
日本人としてアタイは行動を起こすしかない!
でした。
方法は以下の二つ。
1.駅のポスターの写真を撮って、
ユダヤ人協会日本支部に告知する。
もしくは世界ユダヤ人協会。
2.こんな広告を許す東京メトロに個人として抗議する。

そうするしかない!と決意して、
4日後の水曜にもう一度メトロ新橋駅に行ってみたところ・・・。
全ポスターが剥がされて
すでに違う広告に変わってしまってました・・・。
ガーン。
時すでに遅し。
ガーン。

広告掲示期間が切れたから剥がしたのか、
アタイのような人が抗議して剥がしたのか、
メトロの良識ある人が事の重大さに気がついて剥がしたのか。
どれが理由かは謎。
まったく不明。
でももうポスターは張り替えられてた。

結局証拠が無かったので
アタイは何もやってないんですけど。
せめて2ぐらいは実行出来たはずなんですけど
それもやらずじまい・・・。
尻すぼみとはまさにこのこと。
情け無いわ、アタイったら。
そんな自分ってまだまだだなあと。
考えるだけじゃなくて、即行動!
が起こせるアタイになりたいです。

ちなみにドイツでこんな広告ポスターを
街の中や駅に貼ったら、
作成した団体はおろか、
貼るのを許した団体も
即逮捕です。

そんなことも知らないようなメトロだから
倫理基準は無い!とアタイは思います。
そして歴史的事実を自己のカルト団体のPRに
用いようとしたその宗教団体もレベルが低いことが
これで明らかになったと思います。

アタイったらこういった歴史問題に関しては
本当にこだわりがあって。
ナメタ表現を見つけたら徹底的に
責めないと気がすまないんですよね~。
軽々しく扱うなってことで。
やるならそれだけ心してやるべきだって思うのです。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-08-24 05:54 | 日記 | Comments(3)
Commented by sora_atmosphere at 2006-08-27 21:14
日本人は、本当戦争の価値観が本当分からない人多いのだと思うんですよね。
私は、沖縄に行けば当時戦争で自決した人々の魂を痛い程感じるし、アウシュビッツのこともとても遣りきれない気持ちでいっぱいです。

私もその広告は見たことないのですが、日本の宗教団体のことはよく分かりませんが、手を合わせることの意味が
私は出版業界の勉強をしていたり、それに通じた仕事を現在やっていますが、日本国民の興味対象って本当せめぎ合いだし、つまらなくて、靖国問題やら亀田やら私にとってみればどうでもいいじゃないということを取り上げることにうんざりすることがあります。
戦争問題のことをよく教育させないくせに、靖国がどうとかいってもう少し、満州事変だの、ナチだの(日本とは直接の関わりは少ないと思いますが)そういうことを伝える方が大事なのではないのかな。と、すみません。違うことを書き込んでしまいまして。
Commented by kuronekomusume at 2006-08-28 06:54
soraさま。
>戦争問題のことをよく教育させないくせに、靖国がどうとかいってもう少>し、満州事変だの、ナチだの(日本とは直接の関わりは少ないと思いま>すが)そういうことを伝える方が大事なのではないのかな。と、
そうですよね。史実として起こってしまったことは、学ぶべきだと私も
思います。それを踏まえてどう考えるか?どう行動するか?と考える
力をつけさせるのが歴史教育なんじゃないかなあと。
教えている側が興味無い人が多いので難しいかもしれませんけど。
どうでもいいことばかりをマスコミが取り上げてニュースにしていて
本質が表面化されていないな・・・と気がつくくらいの目をせめて持って
居たいです。
報道は真実であって、真実ではない・・・というか。
報道されている史実は外交手段として利用されているレベルに
過ぎない節もあるので、気になることは自力で調べるのが
一番なのかもなあと思います。
って私も本編とはそれました。笑
Commented by sora_atmosphere at 2006-08-28 23:55
自力で調べること。本当にその通りだと思います。私も報道は、いい調査の記事もあるけど、大半がまだつまらないというか国民びいきしたものが多いと思っているので、そういうのは見ないようにしています。見なきゃならないと時もありますが。

アウシュビッツ(オシフィエンチム)、私もいつか絶対行きたい。リトアニアのカウナスとか、ドイツに住んでいらっしゃるということで、色々感じることもあるのでしょうね。