死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:引越し( 22 )

インテリア

引っ越してから約1ヶ月。
部屋もすっかり片付きまして。
新しいアパートとはいえ、家具は全部もともと
使ってたやつばかりなので、馴染みのあるものだけど。
レイアウトが変わると、なんとなーく新鮮な感じがする。

あと。
引越しをすると、やたらと掃除が楽しくなる。
慣れてくると週一回しかしなくなるんだけど・・・。
最初は少しでもほこりがたまるとせっせと
ほこりを拭き取るんだわー。
果たしてこのキレイ好き状態がいつまで続くのか
自分でも気になるところだよ。
今はまだ自分の中も部屋の中にも新鮮さが充満してるから
ほんと気がついたら掃除してるのよねー。
このペースを保てればいいんだけどなー。

片付けと掃除のモチベーションを下げないためにも
「オシャレ北欧家具に囲まれたステキなブログ」を
時々チェックしては、自分の部屋にもアイデアを
取り入れてみようかと思ってる。
これホントやる気が出るからおすすめよ。

それでは厚かましくもクロネコの新居を
お見せしますわー。
クロネコ恥ずかしく無いのか?って疑問が
湧く人もいるだろうけど。
正直・・・恥ずかしくないんだなコレが。
歳をとると羞恥心が減るんだよね。

今回のアパートでは壁画は無しです。
描く予定も無い。
消すのがね・・・。
作業は大変じゃないんだけど、消す時に
とっても悲しくなるからさ・・・。
こないだ雷神様とのお別れがとても悲しかったので。

今度のアパートはクロネコ憧れのAltbauなんす。
アルトバウってのは、あんま詳しく知らないので
定義は聞かないで欲しいんだけど
ざっくり言えば戦前までに建てられた建物を指すんじゃなかろうかと。
戦中にヒットラー総統の指揮のもと建てられたのは
Altbauとは言わないのかも・・・。
戦後以降はコンクリでちゃちゃちゃっと建ててるケースが多くて、
それはNeubau(ノイバウ)になるようです。
ドイツラントの街の多くは連合軍の爆撃を受けたので
建物や家がたくさん倒壊されてしまって戦後ドイツ人は
住む家が少なかったことから
行政が突貫工事であわててアパートを建てたんだよね。
それらは今もたくさん残ってるんだけど、
突貫だったのでかなり安普請なんだわ。
アタイがデュスで住んでたアパートはまさにそのNeubau。
壁が薄くて天井も低くて近所の騒音がダダ漏れだった。
それでも日本の新築木造アパートより広いんだけどね。

Altbauは壁も分厚いし、何と言っても天井が
とっても高くて広々してるんだよね。
昔の建築の方が堅牢ってのも不思議な感じがするけど
とにかくそういうことなんす。
加えて、建物そのものに趣があってそりゃあステキなので
魅力満載だから人気があるんだよね。
けどまあ古いから、床がまっすぐじゃなかったり
窓の立て付けが悪かったりする。
じゃあ水周りもイマイチなのかな?って思うだろうけど。
ココがドイツラントのすごいところで。
英仏とは違うんですわ。
暖房も水周りは仕事キッチリドイツ人ですわ。
なので。
非常に住みやすいんだわー。
冬に隙間風がぴゅーぴゅー入ってこないことを
祈るのみです。

つーか。
クロネコ相変わらず前置きが長いね。笑
はやく部屋見せろーって感じ。


この部屋は、35平米くらいなんす。
前の部屋が55平米あったから、かなり狭くなってるんだけど。
天井がすっごく高いからあんま狭さを感じ無いんだよね。
でもソファとか家具を売っぱらってきたから
実際は狭くなってるんだけどねー。

こちらがお部屋でござんす。↓
ワンルームだから寝室とリビングが一緒に
なっちゃってます。
良いように言うとホテルの部屋みたいな感じだね。笑

イケアのクローゼットもそのまま持ってた。
クローゼットの上にこれまたイケアではお馴染みの
白い箱を置いて、そん中に普段使わないものを
どかどか入れてる。
白い壁に白い箱だから圧迫感が無くて良い感じなんす。↓
c0016407_03859100.jpg


クロネコは背が低いので梯子を買って
高いところはこいつに登って作業出来るようにした。↓
天井まで多分4m以上あるんじゃないかな。
本棚は以前寝室に置いてあったやつ。
これもイケア。
本は内容よりもパット見ごちゃごちゃしないように
色と大きさで仕分けてみた。
c0016407_044513.jpg


リビング兼寝室を反対側から見るとこういう感じ。↓
窓の方にデスクを置いた。
デスクはインドネシアのやつ。
本当はダイニングテーブルなんだけどPCデスクとして使ってる。
ベッドの上に飾ってる額(竜)の位置が高すぎるんだけど
今更変えられないので、そのうち下に新しい額でも
置けばいいかなーと。
c0016407_0395237.jpg

このデスク周りも今回工夫を凝らしたので
クロネコ的にはお気に入りスポットなんだー。↓
c0016407_345730.jpg


デスクの下なんだけど。↓
c0016407_3125421.jpg


右下に白いボックスを置いて、その中に文具類とか
入れてある。
そんで左下にはMFP。
モノクロレーザーA4マルチファンクションプリンタ。
印字はモノクロだけど、スキャンはカラー対応。
って言うかこれはクロネコが勤めてた会社の商品なんす。
アタイの担当はA3マシンだったからこれは違う人が
担当してたんだけど、ホームオフィスにはちょうどいいんだよね。
ドイツ、オランダの同僚の皆さんから餞別のひとつとして頂きました!
(クロネコってばたくさん餞別を貰ったんすー。)
自分で選んだんだけど、自社製品を最後にもらえて
今後もこれを使うたびに思い出せるから良かったなーと思ってる。
(さもないとすぐ忘れそうだしねー)

工夫を凝らしたのはプリンタや白いボックスの下。
これらはローラー付きの台に乗せてあるんですわ。
必要なときにデスク下から引き出しやすいようにね。
ホームセンターで一個1000円くらいで売ってたんだけど
ローラー付きの板ってドイツ語でHundって言うんだよね。
犬って意味なんだけど、何故?!笑

最初コピー用紙も白いボックスに入れてあったんだけど
あまりに頻繁に使うので、場所を変えた。↓
テレビ台の引き出しがひとつ空いてたので
そっちに入れた。
ドイツは日本と違って湿気があまり無いから
開封済み用紙でも引き出しに入れておけば
大丈夫でしょーと。
c0016407_3142961.jpg


マネキンさんにはまだ着物の着付けをやってない。↓
着付けを忘れただけじゃ・・・って話もあるけど。
しばらくは元同僚の皆さんに頂いた
サッカーのユニフォームを着せておこうかと。
裏側に同僚たちみんなのサインがあるのだ。
サインが無ければ普段外に着ていけるのに・・・
と、クロネコなら思ってそうだけど。
その通りです。笑
ジャージでもはおれば外で着れるかな。
窓の外には壁の絡まってるツタが見える。
c0016407_0502630.jpg


反対側の壁は、ベッドの上からはこういう風に見える。↓
これがクロネコとってもお気に入りでさー。
朝起きた時とか、夜寝る前にこれが目に入ると
とっても嬉しくなるんだー。
ホテルみたいじゃない?
c0016407_0523079.jpg

つっても。
クロネコんちテレビが映らないから
ソニーのテレビがただのオブジェ状態になってるんだけどね。笑
アンテナとか取り付けて試してみたんだけど
この部屋の位置が悪いみたいで
電波が届かない。
なので、DVDとかオンラインでつなげた時に
見れるものだけを見てる。
つまり、ほとんど見て無い。
元々ドイツのテレビは見ないので問題は無い。

じゃあ、なんでこのアングルがお気に入りなのよ?
って思うでしょ。
それは。
このテレビの上に飾ってある二つの額が目に入るからなんすー。
これらはクロネコの追っかけ人生の集大成を
まとめたものなんす。
こういうの興味が無い人から見たら
なんのこっちゃ?って感じだけど。
好きな人が見たら仰天するコレクションなのよ。
クロネコの自慢ですわ。
右側はバックステージパスをモザイク風にデコレーションしたもので
じっくり見るとほんとすばらしい出来なんだよねー。
全部ラムシュタインのです。
他のバンドのも数枚あるけど、それは引き出しに
突っ込んである・・・。
この額の近影はアタイんちに来た人だけが
楽しめるようにしておこうかな。

左側の額もすっごいコレクションなのよねー。
菜箸じゃ無いよ。笑
こっちは近影を載せます。↓
ドラムスティックです。
c0016407_112445.jpg

これまで段ボール箱に突っ込んであっただけで
これじゃせっかくのものが・・・と思ってね。
やっと工作をして飾れるようになったんだー。
3名のドラマーさんのドラムスティックコレクションです。
全部使用済み。

一番上はシュナイダー。
一番下はエアツテのベラ。
左下に小さい赤い丸いのが見えるでしょ、これは
リヒャルトのピック。
枠があるから良く見えないけどね。
で、真打はこの真ん中のドラムスティック。
これねー、クロネコほんとに自慢の逸品なんだよねー。
誰のだと思う?
もったいつけてんじゃないよーって思うでしょ。
でも勿体つけたいくらい自慢なんだー。
だって。
これは、フーファイターズのデイヴ・グロールのスティックなんだものっ!
しかも直筆サイン入り。
今から17,8年くらい前に手に入れたんだー。
クロネコ大学生の時フーファイターズの日本ツアーを
追っかけてて、そん時苦労して手に入れたんだよね。
サインも成田まで貰いに行ったんだわ。
デイヴはニルヴァーナのドラマーだったから
そういう意味でもすごい価値だと思ってる。
すごいっしょ!

こんだけ集めるのに掛かったお金と時間と労力は
半端無いからねー。
それに見合った実績を残せた自分てばすごいわー!
って思いながら眺めてるんだよね。
目に入るだけで幸せな気分になれるのよねー。

インテリア紹介の続き。

キッチンに行く前に玄関と廊下を。
ここも天井が高い。玄関の上が物置になってるので
スーツケースとかはここに収納。↓
c0016407_112575.jpg


アルトバウの面白いところは、壁に穴?のような
スペースがあるところ。
ここによく使うスーツケースを入れたら
ぴったり納まった。↓
c0016407_1141923.jpg


今回新しく買った家具のひとつ、玄関脇に置いた台。↓
電話線とかルーターを隠すために買った。
ほかの家具との調和もあるのでチャイニーズ家具で。
c0016407_116243.jpg


特に中に入れる物とか無かったんだけど
引き出しには車のナビとティッシュを。
出掛けにティッシュを忘れないようにね。
(それでも忘れるけど)
c0016407_1173077.jpg


廊下には色んな絵の入った額を。↓
バットマンが特に気に入ってる。
真ん中の骸骨の絵はメキシコのものだそうで知り合いから貰った。
c0016407_1185814.jpg


次はバスルーム。

前よりも広くなったので色々物を置くことに。
イケアでバスルーム用の棚を買った。↓
ほかの家具との調和からダークな色にしたら
良い感じじゃなかろうかと。
黒い箱もイケア。
白いカゴとかは他の雑貨屋で昔買ったやつ。
c0016407_1225148.jpg


バスルームは広くなったとはいえ、
ものすごく広いわけじゃないので
洗濯機と乾燥機を重ねて置いてるのが
なかなかの圧迫感。↓
どっちも中古。
乾燥機は以前同期が日本に帰国する際、タダでくれた。
c0016407_1251595.jpg


洗濯機と乾燥機の間を抜けたらバスタブ。
このバスルームで気に食わないのは右のタオル掛け。↓
クロネコは背が低いからこんな高いところだと
届きにくいんだわ。
それに引っ掛けるタイプだとタオルの見た目が悪いし。
でもタイル張りだからこのタイプしかダメなんだよねー。
しょうがないのでフェイスタオルはあきらめて(短すぎるので)
見た目と高さを考慮してバスタオルだけを吊るすことにした。
それでもバスタブから遠い・・・。
c0016407_128634.jpg


タオル掛けの前に取り付けた黒い戸棚もイケア製。
この戸棚大変お気に入りなんす。↓
ここを開ける度にうれしくなるほど。
化粧品、スキンケア類、ピアス、アクセサリ類を
入れてます。
c0016407_1311382.jpg


次はキッチン。↓
クロネコ実はキッチンが一番居心地が良くて。
ここに居ることが多いです。
このキッチン、かなりお気に入り。
c0016407_243623.jpg


左上の額は元同僚の皆さんたちから
いただいたメッセージカード。↓
たくさんあったのでそれらを額にまとめてみた。
c0016407_2454499.jpg


↓右上の白い棚は前に住んでた女子から買い取った。
窓から中庭が見えて良い感じなのだ。
クロネコの嫌いな鳩がたくさん来るんだけどね。
なんか病気を持っていそうだし、
羽をバタバタ言わせるのが大げさで嫌いなのだ。
前のアパートの窓をフンだらけにされたのも嫌う理由。
c0016407_2475326.jpg


キッチン左上の茶色扉の戸棚と、正面グレーの引き出し棚も
前の女子から買い取った。↓
コンロ、流し台、冷蔵庫は大家さんからの借り物。
けどこれだけじゃアタイのキッチン用品が納まりきらんなー
という事で。
c0016407_2494284.jpg


またまた北欧家具屋の出番。
イケアで安い戸棚を4セット買いたして
白い戸棚を作った。
(全部人にやってもらったんだけどね)
おかげで戸棚が増えて全部納まってすっきりしたよ。
中はまあまあ空洞です。↓
c0016407_2543821.jpg


ドアの上に飾ってある額は、元上司のスーパーヒーローさんの
部署の人たちがくれたサイン入り額です。↑
ダースベーダーにアタイの顔がレタッチしてあるのだ。
大分前に風邪を引いてマスクを掛けていたら
それを見たスーパーヒーローが「ダースベーダーみたいだ!」
と言ったのが発端なのよね。
スーパーヒーローはクロネコが退職する数日前に
お寿司をご馳走してくれたんだー。
彼はクロネコOL人生の中でトップスリーの上司なのだ。
つーか、この額を貰ったときは嬉しかったけど、
でかいから飾るとこ無いわって思ったんだけど、
殺風景なキッチンにピッタリだったよ。

このアパートはベランダが無いんだけど、
窓辺にハーブを植えようと思ってる。
あと外壁のツタが伸びすぎて窓を侵食してこないよう
こまめに枝をカットしてる。
大家に見つかったら怒られるかも。
(勝手にツタを切っていいのかどうか不明)
先週やっと窓掃除をしたらすっごくすっきりして
良い気分よー。
でも窓掃除って引越し直後しか頻繁にやらないんだよねー。
(経験済み)

クロネコの新居紹介は以上です。
相変わらず長いね。
この部屋は前のところより狭いんだけど、狭く感じないし、
コンパクトに家具を配置できたのでとっても快適♪
引きこもりにならないよう気をつけなくちゃ。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-04-14 03:15 | 引越し | Comments(6)

もうすぐ引越し

要らない家具とかを人に譲ったり
売ったりしてます。
でも。
なんだか所有欲が強いのか
物が捨てられない&売ったり出来ない。
そんな自分が醜いわーって思う。

ドカドカ捨てられれば良いんだけどねえ。
なんだかどれも思い入れがあったり
気に入ってるんだよなー。

なので、結構連れて行く予定。

でもこれからは物を増やさないように
気をつけなくちゃ。
昔はよくおっかさんに言われてたのよ。
「あんたはすぐに物を増やすから
増やしすぎないよう気をつけなさい!」
ってね。
しばらくその言葉を忘れてたけど
また訓示として自己を戒めなくちゃー。

けどまあ。
引越しをすると少ないながらも物を
捨てられるから、多少は断シャリになるね。

今度のアパートは今のところの3分の2くらいの
広さしかないし。
地下室も無いから・・・。
本当に物を増やしてはいけない!
置く場所は無いぞ!
って自分に言い聞かせてます。

そうそう。
3月になったので。
どこへ引っ越すかをお伝えいたします。

クロネコがむかーしから長年思い願って
ずーっとずーっと希望していた街へ
やっと引っ越します。
そう。
そうなのー。
行き先はベルリンです!!!

ひゃっほーい!

やっとのことでベルリン在住になれる!
嬉しすぎてなんだかポーっとしちゃうけど。
ほんとのほんとにベルリンへ行きます!

あれ、クロネコ仕事は?
って思うよね。
うん、うん。
アタイの仕事はこの街とセットだからね。
ってことは。
ええ、そうですよ、そうですよ。
クロネコは実生活よりもユメを取りました。

本気の一大決心です。
仕事を辞めます。
あー。
ほんとコレは正直言って辛い決断だった。
なんせアタイは日本時代を含めて
通算15年間この会社で働いてきたから。
そんで。
何気に人間関係と言うか
人とのつながりも作ってたので。
それをスパーン!!っと断ち切るわけだから。
しかも自分から切っちゃうだなんてね。
みなさん、今までありがとう。
すっごく皆さんのこと好きでした・・・
ってひとりで心の中で反芻しちゃってる毎日よ。

そんで。
キャリア系を目指してきたクロネコとしては
サヨナラ、キャリア系のアタイ・・・
って言うセンチメンタルなものが心の中で
何度も流れるし。

いろんな人に「クロネコ辞めるんだー」
って言うと。
ドイツ人だけじゃなく、欧州各国の人とか
もちろん日本の本社の人たちとか。
みんなが残念がってくれるんだけど。
なんだかそれがすっごく寂しい。
だけどみんながクロネコに暖かい言葉を
くれてそれがすごく嬉しい。
クロネコ意外と愛されてたのねー的な。

なので毎日複雑な感情でいっぱいです。

そりゃまあ今の仕事は大好きだから
辞める事に対しては
かなり思い悩んだんだよね。

でも本音を言うと。
1年半くらい前から、つまり病気になる前から
ベルリンに移動しなくては・・・
って言う思いはあったんだよね。
でもあまりにも仕事が好きだったし
同僚たちにも恵まれていたし(主に日本人のことだけど)
仕事にもなれて色々こなせて自信もついてたし。
生活も安定してたから、
それを全部捨てていくのって出来るのかな?
って思っていてね。
でも行かなくては!っていう思いもあって。
どういう感じで辞める時が来るんだろ・・・
思っていてね。
でも。
でも絶対にクロネコはベルリンに行くんだろうな
って自分で分かっていて。
その時がくれば何かシグナルがあるから
絶対に分かるはず!
って言うことも自分の中ではっきりしてて。

でもそのシグナルって一体何だろ?
どういうシグナルが来るんだろ?
って思っててね。
こういう感覚めいた話って人にすると
あまり伝わらないし、
下手するとクロネコってスピリチュアル系?
って思われてしまうから
慎重に分かってくれそうな人にしかしないんだけど。

クロネコね、自分の人生に対しては
動くべき時のシグナルが見えるんだ。
日常では一切見えないんだけど。
人生においての帰路で見えるんだよね。
と言うか、頭の中で理解できるというか。
行き先は自分が思い描いてることだから
自分の中で分かってるんだけど
いつ動けば良いのかについては
シグナルが来る。
嘘みたいだけど必ずシグナルが来る。

そんで。
そのシグナルを無視してると、
さらなるシグナルが来る。
そして。
そのシグナルって言うのはクロネコに
精神的ダメージを与える場合が多くて
非常に疲れるものなんだよね。
そして。
ひどいことに、ある意味生死に関わるくらいの
シグナルが送られてくるんだわ。

嘘みたいだけど、今までの経験を
自分なりに後でじっくり分析してみると
ああ、そういうことだったんだな
って分かるんだよね。
そんで。
何故シグナルが重たいものなのかも
自分の性格をかんがみると何となく分かるんだわ。

人はぬるま湯でゆったりしてると
ついつい目的を忘れてのんびりしちゃうでしょ。
なんかもうすべてが面倒になって
もうこれでいっかー!って妥協したくなるでしょ?
そんな時に目が覚めるほどの冷水を
浴びせられると、
キャー!っておどろくけど、ああこのままじゃいけない!
とも思うかもしれないよね。
以前のアタイは、ココまでは思っていたんだけど
それでもダラダラしちゃったことがあるのよ。
そしたらさらに悪いことが起こって。
それで腹をくくったもんなのよ。

まあ、大げさな書き方をしてるけど。
クロネコはそういうもんだとわかってる。
だから今の状況を断ち切るのは辛いし
みんなと別れるのも辛いけど
「時が来た」
ので、ある意味クロネコにとっては
当然の移動なんだわ。
やっと期が熟したんだなと。

必ずやその時が来るとわかっていたけど
こういう形で来るとはねー
って驚いた。
でも逆に。
だからこそ動けるんだなーとも思う。
これぐらい大きな事がわが身に降りかからない限り
クロネコは動こうとしなかったかもしれないし
会社を辞めづらかったかもしれないんでね。
だからそれも運命なんだと思ってる。

誰にも分かって貰えない感覚なのは
百も承知。
でもいいのだ。
何故なら自分が一番分かってるから。
そしてこれはクロネコの人生だから
自分が一番わかって無いといけない。

不安が無いといえば嘘になるけど
これからも前向きに生きていくよ。
ベルリンに対しても盲目的では無く
冷静に見れるようになった今こそが
移動すべき時なんだろうなーと思えるし。

そんなわけで。
3月中旬には引っ越します。
デュス暮らしも、そしてOL生活も
泣いても笑ってもあと2週間。
うー、やっぱりセンチメンタルになるー。
最終日はもしかしたら柄にも無く
泣いてしまうかもしれない。
なんせココでのOL生活は好きだったし
充実してたから。
けど、クロネコ人前では泣かないOLが
信条だからなー。
どうしよー。
旧上司のスーパーヒーローは
「クロネコ泣くの?動画をYouTubeに
アップしようかなーガハハハ!」
って笑ってたけど・・・。笑
一応ハンケチを持っていくかー。

そんなわけで。
しばらくドタバタして記事が書けないかも。

ベルリンで何をやるかは・・・
もうちょっと経ってメドがたったら
また書きます。
乞うご期待!笑
[PR]
by kuronekomusume | 2014-03-03 06:30 | 引越し | Comments(8)

絶賛解約中

実は・・・クロネコ来月引越しを考えてまして。
今色々バタバタしてます。
特に精神面がバタバタです。笑

いやー。
なんだか気が忙しいわ。
気がはやるってやつね。

とにかく引越しに向けて色々やらんと
いかんのですけど。
気ばかりあせるんだわよ。

でも。
徐々に進めてることがいくつかあって。
その中でもキュンディグンクと言うやつが
ありましてね。
日本語で言うところの解約ですよ。

ドイツではありとあらゆることに関して
解約したり、住所変更したりと。
何に関しても書類を出さないといけないんだわ。

でさ。
これドイツに来た頃は面倒くさいなー
って思っててね。
なんせフォーマットとか、解約用紙とか
無いからね。
じゃあどうすんのか?っていうと。
自分でワードファイルを作って文章を書いて
プリントアウトして、日付とサインをして
郵送しないといけないんだわ。

もうそんなの考えるだけで面倒くさー!!!
って思うよね。
クロネコも思ってた。

そもそもドイツ語でなんて書けばいいのよ?
って思うしね。
しかも解約する時って色々条件があって
2ヶ月前とか、
3ヶ月前には解約文書を送り届けないといけない
とか、まあ色々あるんだわ。
とにかく面倒くさい。

でも。
それはドイツ人も同じなのよねー。

なので。
最近はウェブなんかでちゃかちゃかっと
検索するとそういうのの雛形を用意してくれてる
サイトがあるんだよね。
で、そこへ行って該当しそうな解約届けの
雛形をコピーして、オノレの情報を入れ替えて
プリントアウトして郵送する・・・
と言う作業をすればいいんですわ。

でね。
クロネコそのサイトに行って
ありとあらゆる解釈書のフォーマットをコピーして
それを印刷して郵送してるんだけど。
この一連の作業が何やら楽しくてね。

解約書類を書くのにはまってるんですわ。

何もかも解約してやるー!
みたいな気分なんす。

ちなみに解約書には
「それがしは、かくかくしかじかの理由により
来る○月○日をもって、貴殿との契約を終了いたす旨
通達するに及ぶ~」
みたいなドイツ語を書くんですわ。
つーか、雛形に書いてあるんだけどね。
で、そこには。
「従い、貴殿側での解約認定の証として
証明書を当方まで送り返されたし!」
とも書いてあるので。
あちらがわが解約を認めてくれたら
コンファメーションが届くんですよ。
これをもってして解約完了ってわけなんす。

なんとも。
面倒くさい国やのー!
って思いながらも、この作業に快感を
感じているクロネコなのですよ。

あとは。
住所変更届けも出しまくらないといけない。
ありとあらゆるところに出しまくらないといけない。

そうそう。
無事にクロネコのアパートに入ってくれる
後釜の人も決まりまして。
晴れて引越しが出来るってもんですよ。

でも。
アタイの部屋の壁の雷神図を
消し去らないといけないんだよねー。
クロネコの大作を消すのは忍びないよ。
あれかなり気に入ってるからね。
ま、4年以上眺めることが出来たから
良しとしますか!
つーか、ちゃんと消えるのかなーと言う
不安も抱えつつ。

ちょこちょこ荷物もまとめなくてはならないし。
あー、気ばかりが焦るよ。

そうそう。
引越し先とかはまた3月になったら
ここに書きますわ。
まあ、どたばたしてるから記事を書くのが
遅くなるかもしれないけど・・・。

解約届けを出したっきり何の音沙汰も無いのが
ドイツ鉄道のバーンカードなんだよね。
あれほんと詐欺みたいな制度だけど
3ヶ月以上前に解約宣言したので
大丈夫だと信じたいなあ。
解約できないと今年も200ユーロほど
会費を払わされるからねー。
それは困るってもんよ。
ったくー。
ったくー。
またメールしてみようかなー。
すでに2回出してるんだけど諦めないクロネコ。
ドイツ鉄道にはネチネチやるくらいがちょうどいいからね。
と言うかそれでも反応が鈍いのがドイツ鉄道だから・・・。

解約作業はまだまだ続くのでした。
今度は電気の解約もある!
[PR]
by kuronekomusume | 2014-02-20 08:49 | 引越し | Comments(6)

寝室完成なり。

やっとこ。
寝室が完成した。
5月に入居した時から8割型は完成してたんだけど
カーテンが出来てなかったし、
壁の絵も掛かってなかったので
それらが出来上がったら写真を載せようと
思ってて。
絵は既に掛かってて後はカーテンのみ・・・
と言う状態が数ヶ月続いておったのだよ。

カーテンがやっとついたので。
これでちゃんとカーテンを閉めてから
着替えが出来る。

今まではオープンな感じで
ガンガン着替えてましたんでね。
お向かいのアパートまでかなり距離があるし
誰も見ちゃいないだろっってことで
気にしないようにしてたんだけど。
そろそろ寒くてさ。
寝室だけがとっても冷え込むんす。
結構広いもんだから余計にね。
朝起きるとブルブル寒くてまるで日本の冬みたい・・・。
なのでせめてカーテンを引いとけば
寒さが防げるかなーと思ってね。
でもドイツ人たちいわく
「ドイツの窓は二重だからカーテンなんて
無くても寒くないんだ。」
とのことで。
・・・。
いやー、ま確かに二重窓は有難いけど。
でもさらにカーテンがあると断熱効果があるから
あったかいと思うんだよねー。

と言うわけで。
寝室の写真を載せます。
結構明るいし、広いんだけど
なんか写真だとその良さがいまいち伝わらないんだよね。
間ノビした写真になってるというか。

カーテンは一部だけを写してみた。
こちらも自作にござります。
額のドラゴンはクロネコお気に入りの手ぬぐい。
c0016407_6563277.jpg


寝室のインテリアは北欧デザイン。
・・・って。
単にイケア製家具で揃えてるだけなんだけど。
ベッド、ベッドカバー、カーテンレール、額、
クローゼット・・・。
とほとんどのものをイケアで買った。
ので。
なんかイケアのカタログのイメージを
まんまパクったようなインテリア。
オリジナリティがあんま感じられんね。
かろうじて手ぬぐいと絵があるので
イケア一色ってのは免れてるけど。

左側の額には、絵葉書を入れてみた。↓
c0016407_725695.jpg

アタイの命の恩人でもあるお友達から
いただいた絵手紙を入れてある。
彼女の絵手紙は大変レベルが高くて
ダイナミックな絵も色彩も素晴らしいんだけど
加えてとーっても心温まるステキな文言も
ついてるんす。
だから一つの額で飾ってみたんす。笑

んで、こちらがクローゼット。↓
c0016407_782744.jpg

アタイは黒いクローゼットがいいなと思って
イケアの組み立て式シリーズから
これを選んだんだけど。
一点失敗したなーと思ったのが
アタイって黒が好きなもんだから
洋服も黒が多いんだよね。
スカート、ズボン、セーター、シャツ、
タイツ、靴下も大抵が黒。
なので。
このクローゼットの中だとどれがどれだか
見分けがつかなくて毎朝洋服を探すのに
一苦労なんす。
自分のワードローブを考慮すると
明るい色のクローゼットの方が良かったんだなーと。
今更気がついてもねー。笑
でもこのクローゼットは大変気に入ってるので
これでよいのだ。

まあ、これらがアタイが長らくイケア詐欺未遂事件で
もめてた家具たちなんすよ。
どれも大変気に入ってるんだけど、
あの時は本当に大変だったから
この家具たちを見ると色んな思いがよぎっちゃうんだよねー。
つーかね、この家具たちは組み立てにも大変時間が
掛かってるんだよね。
なので寝室に入るといつも感慨深い気分になると言うか。
「手間かけさせやがってよー」と思いながら
アタイはいつも就寝してるのです。笑

そんで寝室のインテリアの中で
アタイが一番気に入ってるのは
実はこのドアストッパーなんす。↓
これはフランクフルト在住の魔性の女が引っ越し祝いに
くれたものなんだけど。
あまりにもアタイの趣味に合致してるから
それだけでもすっごくテンションがあがるんだけど。
この子のデザインと言うか色合いも
かなりアタイ好みでとにかく申し分が無い。
ケイチィったらココまでアタイの趣味を
把握してくれてるんだーって思うと
何だかとっても嬉しい。
超気に入ってるし、このドアストッパーは
ものすごく役立ってる。
ダンケ、ケイチィ。
c0016407_711180.jpg


写真に写ってないもう一面の壁には
大相撲すごろくの絵を飾ってみた。
何じゃそのスゴロクは・・・
って思うよねー。笑
しかも江戸時代の大相撲なんす。
大分前に江戸東京博物館で買ってたのを
思い出して額にはめてみたらピッタリだったので
それにしてみたんす。
なかなか良い感じなんだけど。
その絵だけだと壁が寒々しいんだよねー。
まだまだその一面だけは改良の余地がある気が
するので、そのうち何かインテリアを考えたいなあと。
でも誰か友達が遊びに来たとしても
みんな寝室は遠慮して入らないから
そんなに装飾に凝っても意味が無いといえば
意味が無いんだよね。
でも壁は淋しいしなー。

うーん。

ま、今のところはこんな感じで
一応出来上がりってことで。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2009-10-11 07:15 | 引越し | Comments(1)

冬支度ほぼ完了かなー。

あれよ、あれよと言う間に。
インテリアで足り無いものをそろえていかなきゃな~
って思ってたモノ達が
昨日のうちにほとんど揃っちゃった!

これでリビングはほぼ完了。
冷凍庫もデュスの日本人ネットワークで
安く譲ってもらえることになったので
あとは取りに行くだけなのだ。
新品買うとノーブランドでも
3万円近くするからね。

アタイ何気に電化製品は
テレビ以外は全部中古品なんす。
洗濯機、電子レンジ、炊飯ジャー、
オーディオセット、オーブン、冷蔵庫・・・
すべて中古品なり。笑
でも普通に動くから問題は無い。
アタイは電化製品にあんまこだわりとか
無くて、使えりゃいいやって感覚なんす。

テレビも別に中古でも良かったけど
去年セールになってたので
新品を買ったのだ。
PCに限って言えば、絶対新品じゃなきゃ嫌かな。

ま、とにかくリビングルーム兼キッチンは
完了です~。

昨日ちょうどカーペットが届いたので
ちょっとドキドキしながらあけてみた。
何故って・・・。
ウェブで買ったのでウェブ上に出ているサンプルと
実際の色合いが大きく異なる場合があるなあと
思ってて。
あまりにも激しい色合いなら返品しなきゃならんし。
そうすると面倒くさいからねえ・・・。

で、あけてみたら。
ほぼアタイのイメージどおりの色合いと
デザインだった!
ので合格!
良かったー。

こちらがカーペット。↓
c0016407_21271780.jpg

最初は1色物にしようかと思ったんだけど
意外と柄物も良いかも!と思いこれを選んだ。
最初は蝶々の柄にしようかとも思ったんだけど
アタイは好きでも人のことを考えるとねえ。
アタイんち来る人たちをこれ以上困惑させては
いかんなーと思い留まった。笑
蝶々は場合によっては蛾にも見えるんでね。笑

雷神様も健在でございます~。
暖色系のカーペットなので日が短くなっても
暖かい視覚効果が得られるかなーと。

秋になったので着物には羽織を掛けてみた。
冬になったらダークな色合いの着物に
着替えさせなきゃなあ。笑
c0016407_2130105.jpg


そんでこちらがリビングのカーテン。笑
カーテンが開いてるところ。↓
c0016407_21321575.jpg

最初は赤にしようかと思ったんだけど
布を選んでたらこの濃いピンクを見つけたので
こっちにした。
この色ってアタイの好きな色なんだけど何て名前だっけ?
濃いピンクと言うか、赤紫と言うか。
紫蘇色?笑
ワインレッド!そう、ワインレッドだ!
何気にアタイんちはこの色であふれてるんだよねー。

こちらがカーテンが閉まってるところ。↓
遮光率低し・・・。笑
寒さもしのげないかもなー。
でもまあいいかー。
c0016407_21371351.jpg



そしてそして。
昨日はYちゃんに車を出してもらって
クロネコの好きなインテリアショップへ行ってきた。
何かカワイイ小物でもあれば買いたいなあと思ってね。
モロッコ、ベトナム、インド、ベトナム、
中国、インドの輸入雑貨がたくさん並んでる。
「漁師の倉庫」と言う名前のインテリアショップ。

んで、とうとうそこでダイニングテーブルを見つけた!
高さもサイズもまさにイメージどおりで
色合いも全部イメージどおり。
このテーブルはどこの国から来たのか
チェックするのを忘れちゃったんだけど
とにかく気に入ったので購入。
配送サービスを使おうかと思ったら
なんと8000円近くするって言われたので
うーん・・・と悩んで。
店員さんに足を解体できますか?
って聞いたら大丈夫ですよって言われたので
自分らで持ってかえることに。
そうしないとやたら高価なテーブルに
なっちゃうんでね。

結構重たかったけど頑張って運んで
自分で組み立てた。

のがこちら。↓
c0016407_2141465.jpg


テーブルが重厚だから次はこの椅子が
今度は安っぽく見えてきた。
ま、イケアの安い椅子らしいんだけどね。
タダでもらっておいてこんなこと言うのもあれだけど。笑
せめて色を塗ろうかなあ。
でもあと2脚は椅子が要るよなあ・・・
って思ってたりして。笑
そんな高いのじゃなくていいので
どこかで近々買おうかなー。笑

・・・。
家電はもらい物が多いけど
家具は新規でいっぱい買っちゃったから
総額で幾ら使ったんだろ・・・
って時折ソファに座りながら考えちゃうんだよね。
でも途中で算数が出来なくなるので
うやむやにしてるのだ。笑

後は寝室のカーテンだなー。
多分来週中には終わるかなあと。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-09-27 21:51 | 引越し | Comments(0)

DIYでカーテン作業中

気がついたらもう明日は金曜。
なんかはやいなー。
そんな忙しくなかったのに何故だろ?
今週はやたらと眠たくて夜は早めに寝てた。
今日も早く寝よー。

昨日はとうとうカーテンを縫い上げた!

リビングのカーテンは出来上がり!
ちょっと薄目の布地だったので
吊り下げてみたらテロテロ感が出すぎて
思ったより良い感じじゃないような・・・。
でもこれでやっとお隣から丸見えの中
ネットサーフィンをしなくて済むなーと。

あとは寝室のカーテンだなー。
カーテン自体は出来上がってるんだけど
カーテンレールが途中なのだよ。
友達に取り付けを頼んでるんだけど
どうにも壁がグスグスだったようで
色々手がかかる模様・・・。

それにしても。
壁にドリルでギュンギュン穴を開けてもいいなんて。
ドイツラントの賃貸事情ってスゴイよね。

このアパートを出る時はどうすりゃいいんだろ?
って思っちゃうけど。
何でもギブスかなんかを売ってるらしいから
それを穴に埋め込んで上からペンキを塗れば
それでいいんだって。

・・・。
ドイツラントでアパートの部屋を買えたとしても
賃貸にはしたくないなーって思うよね。
なんつーか。
まさに大家と借りる人の攻防戦と言うか
騙しあいというか。
やり逃げというか。

しかも最近は法律が変わったそうで
たとえ部屋を直すとしても、
借り手は敷金から作業費を差っぴかれる義務は
無いんだって。
お金を払うのは家主の義務なんだそうで。

なんてこった!

・・・。
って。
アタイ別にアパート経営してるわけじゃないから
家主の立場になる必要なんて無いんだった。
むしろ借り手の立場なんだから
この法改定を喜ぶべきよね。
そうだ、そうだ。

それにしても。

ドイツラントで一人暮らしをしてると
色々くじけそうになることが多いなーと。

なんつーかね、
棚作ったり、
壁を塗ったり、
台所を組み立てたり、
電気照明の電線をつなげたり、
ベッド組み立てたり、
クロークを組み立てたり、
カーテンレールを取り付けたり・・・。

DIY作業が多すぎなんすっ!

日本でもこんなに大変だったっけ?
アタイ割と手軽に引っ越してたので
あんまり引越しにDIYなイメージが無いんだけど。

こんなにDIY盛りだくさんだと
クロネコの手には負えないよ。
とてもじゃないけど無理。
毎回人に手伝ってもらってるけど
なんだか果てしない気分になる。

そりゃまあ金を払えば業者に
やってもらえるらしいけど
どこのどの業者に頼めばいいのか
イマイチ良く分からんし。
クロネコこういう生活全般に関することに
まったく疎いんす。
うっかりしてるとまた騙されるだろうし、
ドイツ人いわく業者が必ずしも腕がいいとは
限らないって言うし。
(それでもアタイよりは上手いと思うけど)

クロネコはそういうのに手間隙かけたり
調べたりするくらいなら
いっそのこと放置しておこう!
って思うタイプ。

つーかね。
電気工具とか使い方が分からんし
分かりたいとも思わないよね。
ドリルだよ、ドリル!
ボッシュのドリルだよ!
ドリルの先は穴のサイズによって
取り外しが出来るんだよ。
コレね。↓
c0016407_475566.jpg


んでね、さらに今回取り付けを見てて
うひゃーって思ったのが、
なんかこの部品。
c0016407_47824.jpg

コレ一体なんなのさ?って思うよね。
何でもね、壁にドドドドドリューンって
ドリルで穴を開けて、
その中にこの部品を差し込むわけなんす。
んでその中にいよいよネジを
グリグリグリっとさす訳ですよ。
c0016407_484212.jpg

その方が壁に対する強度がいいからなんだって。
壁の中クギとかネジはこうなってる。↓
c0016407_492033.jpg


へへーっ。
って感じよね。

こういうのって日本男児は誰でも出来るもんだったっけ?
確かドイツラントに住むようになった日本男児は
このボッシュの器具を買ってDIYにいそしみ始める・・・
って言う記事を読んだことがあるけど。
日本じゃあんま普通じゃない気が。

っていうか。
そもそも日本の賃貸アパートとかマンションで
ギュインギュインいわせて壁に穴とか
あけちゃダメだもんね。
そんなことしたら敷金が1円も戻ってこないどころか
追加で請求されかねないよね。

ところ変われば品変わるなんだなーと。
でもクロネコがこの器具を手にする日は
来ないと思われる・・・。

このたびのカーテンレールは
友達がレールをくれたのだよ。
んでさらに別の友達が取り付けてくれてるので
クロネコは大変助かってる。
みなさん優しいなーと。

でも・・・。
クロネコこの先どうしよ・・・って心配になった。
60歳くらいになってしまったら
誰も手伝ってくれ無そうだなあ・・・ってね。
となると・・・。
やっぱ業者かな。
その時までにはどこに電話すればいいかも
分かってそうだし。
って。
アタイは一人で生きていく気満々なのか?!笑

写真は寝室が完了したら載せますんで。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-09-25 04:14 | 引越し | Comments(2)

引越し感謝祭

昨日やっとこさ「引越しパーティ」をやった。
引っ越したのが5月上旬だから
2ヶ月も経ってるんだけど。
でもまあ内装をかえたり、
家具を買ったりしてたのでそんくらい掛かって普通かな。

とりあえず引越しを手伝ってくれた面々を
招待して珍しいクロネコの料理で
もてなしてみた。

なんかね。
こうやって書いちゃうと軽い感じだけど
ものすごーく大変だった。
準備が大変で途中何度かくじけそうになった。

全部で7名来たんだけど
アタイ自分主催のパーティで
こんなにたくさんの人を一度に呼んだのは
生まれて初めてなんす。
なんせ未婚だから結婚式とかも
やったことないし。笑

7名分の食器も無いし、
椅子も無いし。
料理も7人分って一体どんくらいなの?
って皆目検討もつかないし。

適当にやりゃいいじゃん!
って感じなんだけど
アタイ性格的にやるならやるで
完璧をめざしちゃうタイプなのよね。
そんで結局完璧が実現できなくて
途中であきらめるのが常。
じゃあ、最初から適当にやっとくのが
一番いいってことなんだけど。
それが出来りゃ苦労しませんって。笑

ま、そんなこんなで献立を考えて
今ある家具で何とかお客さんように
滞在できるスペースを作って、
テーブルセッティング(ってほどでもないけど)をして
安いプラスチックの食器を買ってきて
何とか準備を整えた。

アタイ前日がアムスに出張してたので
買い物が前日に一切出来なかったのが
ちょっときつかった。
しょうがないから金曜は午前中で会社を出て
肉屋と八百屋とスーパーを巡って
何とか必要なものを全部購入。
んで昼の3時からクッキング開始。
パーティ開始は7時。
4時間もありゃ大丈夫でしょ~
って思ってたけど・・・。
こういう時の時間は経つのがはやい。
もうね、普段こんな長時間料理しないから
作っても作っても終わらないんす。
揚げ物メニューだったから
ずーっと揚げてて。
部屋が油臭くてしょうがない。
(今も臭い・・・)

コロッケ、エビフライ、
カラアゲ、野菜スティック。

これがアタイのメニュー。
なんか油にまみれてるよねー。
でもまあこれなら日本食を
食べた事の無いドイツ人でも
食べれるかなーと思って。

でもホント途中で投げ出したくなったよ。

アタイにゃコックは務まらんね。

本当はこれに餃子も作るつもりだったんだけど
時間が足りなくなったので
「ええい!カットだ!」
と急に作るのをやめたのよね。
結果的にやめて大正解だった。
何故って・・・。
他の料理だけでお腹いっぱいになったから。
よかった、よかった。
英断と言えるでしょう。笑

おかげでパーティ開始の5分前には
台所掃除も終わって、
ソファで一息つけるくらいだった。

サユリさんが稲荷寿司と
ツナマヨの細まきを作ってきてくれたので
料理は本当に豪華になった。

みんな美味しい、美味しい!
って食べてくれたので
アタイも頑張った甲斐があったよ。
カテリンとベッティーナが本当に
美味しいと思ったかどうかは定かではないけど
いつもどおりスーパーヒーロは
「つか、これマジうめえよ!」
って感じで大騒ぎしながら大げさに
ほめてくれた。
どうもありがとね、スーパーヒーロ。笑
スーパーヒーロの彼女ドリスさんも
来てくれたのでクロネコはとっても嬉しかった。

まー、何だかんだとスーパーヒーロが
場を盛り上げてくれたので何とかなったかな。
アタイったら疲れ果ててて
あんまオシャベリできなかったのよね。
反応も鈍かったと思うし・・・。
ホステス失格ざんす・・。

つか、クロネコ普段は
気配りが出来ないことで有名なんだけど
そんなアタイが人様に飲み物を
サーブしたり、みんなが楽しんでるかな?
とか気を使ったりしてたので
余計におしゃべりをひっぱったりは
出来なかったんだろうなーと。

とりあえず余興として
皆さんにはラムシュタインのDVDを
無理やり見てもらった。
ドイツ人たら見たこと無いって人が多いから
ここはアタイが先輩として指南してやらねば
と思ってね。

したらサユリさんが
「そーいや、クロネコさんて別のバンドの
DVDもあったよね?
クロネコさんが映ってるやつ!」
って言い出したから困った。
それみんなには内緒だし、
見せたりしたくないのに・・・。
でも。
見せるしかないことになって。
ほらクロネコはホステスだから
場がしらけちゃいかんなーと思って
ココはオノレのライブ映像を
ネタにするしかないかなーと。
んで見せましたがな。
数秒間しかないんだけど
みんな大受け。
大爆笑だった。

クソー。
だから見せたくなかったんだよ。
弱みをにぎられてしもうたよ。

普段からみんなに
「クロネコは大人しそうに見えるから
ロックとか聞くように全然見えないんだよねえ。
一体どんな格好で見に行ってるの?」
ってよく聞かれるんだよね。
アタイは特に変なカッコとかしないで
普通にライブ会場で浮かない程度の
服装を心がけてるんだけど
何故かみんなはアタイが変な格好をしてると
思ってるみたいで、
常にそれを知りたがるのよね。
違うんだけどなー。
と思ったのでそれを証明できたのはよかったかな。
でも・・・。
やっぱ見せるんじゃなかったなー。
クソー。

てな感じで普通に盛り上がって
みんな11時過ぎくらいに帰っていきましたとさ。

そうそう、みんなアタイの壁画を見て
すっごく驚いてた。笑
「クロネコ、自分で描いたの?
すっごいねー!」
って言ってもらえてちょっとクロネコは
得意満面になってましたです。
ギャラリー・クロネコって感じだからね。
壁画のインパクトが強すぎて
着物ディスプレイの反応がいまいちだったのは
ちょっと淋しかったかな。
でもドイツ人にゃ着物はよく分からんから
しゃーないわね。

そんなこんなでパーティ終了。
やれやれ。

アタイは残り物を今日も食べてます。
コロッケは翌日が美味しいのよね。笑
c0016407_0282185.jpg


けどクロネコこういうパーティの催しは
性格的に向いてないみたいなので
今後ここまでたくさんの人を招待する
パーティはやらないと思う・・・。
とにかく疲れるんだもん!
人のパーティに行ったほうが断然楽しいわ。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2009-07-26 00:32 | 引越し | Comments(0)

引越してからの道7-家具追加

まだまだ家の中が完全ではないので
引き続き色々手を入れていかにゃ
ならんのだけど。

ふふふ。

クロネコまた考え無しに
お金を使ってしまったざんす・・・。
ああ。
もう自分じゃ止められない。

でもまあいずれ買わないと
いけないものだったしね。

今回買ったのはクツバコ。

本当はクツバコじゃなくてモノ入れなんだろうけど
例のイケアとか、ネットで探すと
アタイの好きじゃないデザインのクツバコしか
見つからないのよね。
しかも結構高い。

どうしたもんかなーって思ってて。

んで、こないだテレビ台と本棚を買った
中華家具屋に行ってみたところ・・・。
どんぴしゃでクロネコが欲しいデザインの
モノ入れを発見。
このサイズならクツバコになるぞい!って思って。
アタイそんなたくさん靴を持ってないんでね。

サユリさんが以前クツバコを見せてくれたんだけど
半端ないサイズでアタイはのけぞったのよ。
「サユリさんてイメルダ夫人ですか?」
って言っちゃったもん。
(アタイも表現が昭和だよねー笑)
でもまあアタイの靴の数はしれてるから
今回買ったので十分ざんす。

しかもデザインが大変大変気に入ってる。
見るたびにテンションがあがっちゃうのよね~。
アタイは中華デザインの家具が大好きなのよ。
ついでにダイニングチェアも買いたいくらいだけど
あんま中華中華しちゃうのもなあ・・・
とこの辺でストップをかけることに。

こちらがそのクツバコ!
c0016407_6441632.jpg

表面には中華な絵柄が描かれてるのだよ。
アタイこういうのずーっと欲しかったんだよね!
クツバコの上には役者絵を模した浮世絵ぽち袋を
並べた額を飾ってみた。
この浮世絵ぽち袋の飾り方は
江戸東京博物館で見たものを真似てみたんす。

ホントはクツバコを玄関の奥に
置きたかったんだけど
自転車があるから手前に置いた。
チャリはいつか地下に持って行くかなー。
まあ、おいおい考えようっと。
c0016407_6405977.jpg


アタイんちの家具はアジアンテイストなので
色んなアジアの国のものをミックスしてる
つもりなんだけど。
偏りが強くなるとバランスがよろしくないので
そろそろ違う国のものにしようかなあとね。
インドの家具で目をつけてるのがあるので
一つ二つ買いたいけど
そんな必要なものじゃないので後回しかなーと。

次のターゲットはやっぱりダイニングテーブル。
色も、デザインも全て頭の中にイメージが
あるんだけど、それがどこに売ってるのかを
探すのが一苦労なんす。
あればいいんだけどなー。

後はカーテンとカーペットも冬が来る前に
準備せねばね。
カーテンは色がまだ固まらないんだよなー。
そーいや寝室の写真をまだ載せて
無かったね。
でもカーテンと額が飾られて無いから
それらが出来上がってからかな。

部屋は徐々に作っていくもんだよー
ってYちゃんに諭されたので
あせらずゆっくりやりたいと思ってる。
んだけどねー。笑
月末にいよいよ引越しパーティを開催
するからそれまでにはテーブルを
何とかしたいんだよなー。
多分無理っぽいけど。

絶対イケアには行かないぞ!
って決めてる。
商品は好きだけどアタイはあのお店と
相性が悪すぎるので、今度行ったら
絶対また何か悪い事が起こるに違いないのでね。
大げさだけど勘なんですわ。笑
行きたいけど我慢なのだ・・・。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-07-06 06:45 | 引越し | Comments(0)

引越してからの道6-詐欺未遂事件解決!!

先日やっとのことでクロネコを2ヶ月間
苦しめてた問題が解決した。
大岡越前だってこんなに時間が掛かるとは
思ってなかったと思うし、
長谷川平蔵がこんなグズグズしたやり方を見たら
カツ!を入れること間違いなしだと思う。

まー、何はともあれ解決したよ。
本当に本当にアタイはこの件でいろいろ考えたし、悩んだし、
何をどうすればいいのか分からず途方にくれまくった。
そんで、このままドイツラントで暮らしていく事に
自信を無くしちゃって、かなりくじけてた。
クロネコ常に大げさに書くけど
この件に関してはかなり落ち込んでたし
今もまだ傷は完全には癒えてない。
なんせ騙されまくったから傷ついてるんだよ。

それにしても今回はいろいろ学んだなー。
学んだ事を今後応用できるか?といえば絶対無理だし
二度とこんなこと御免だけど、アタイの予想ではドイツラントで
暮らしてる限りこういう問題はよく起こる気がする。
こんなんでこのまま暮らしていけるのか正直不安。
ドイツラントはアタイが思ってた以上に世知辛いみたい。
骨身に沁みたね。
意地悪で狡猾なドイツ人のやり方にとっても傷ついた。
でも実はそれ以上にアタイのまわりのドイツ人がすごく
優しいことに気づいたのよね。
本当にありがたくてありがたくて感動しちゃった。
クロネコが思っていた以上に周りの人たちは暖かくて頼れる人たちで
優しい人たちだったんだーって分かった。
それを知るための試練だったんだ・・・と思えば
お釣りが来る体験だよね。
うん、うん。涙

中でも今回クロネコを見事に助けてくれた元上司にはすっごく感謝してる。
もう元上司と呼ばずにスーパーヒーローって呼ぶ事にする。
クロネコにとってはスーパーヒーローそのものだったんで。
こんなに頼れる人が居ることに感謝だよ。

やっと事件が解決したのでここにも書ける。
でもかなり長いから興味ない人はここで
終わりにした方がいいと思う。
はしょろうかと思ったけど、そんなのアタイには
無理なんで全容を書いちゃうよ。
長編大作はじまり、はじまり~。

この事件を名づけるとすれば
「I・デュス店詐欺未遂事件」だね。
Iとはスウェーデンの世界最大級家具チェーン店だよ。
日本にもいくつか店舗がここ数年出来てるあのお店。

断っておくけど、アタイはIの商品には
すごく満足してるし、とっても気に入ってる。
商品には一切不満は無い。
お店にも不満は無い。
ただ、アタイは不幸な目にあったってだけ。

そもそもね、アタイはこれが詐欺事件っていう
認識とか一切無かったんす。
ただの「会計ミス」だと思ってたんでね。
でもこの話をドイツ人にすると全員が
「それは詐欺だ!」って言うから
詐欺事件なんだと思う。
もうそっからしてドイツラントの仕組みがよく
分からんのだけどね。

アタイは4月の中旬にIに行って
しこたま家具を買い込んだんす。
引越しに備えていろいろ下見をして
ベッドやら、ベッドマットやら、
クローゼットやら、その他細かいものやら
本当に色々と買い込んだんす。

そもそもの発端はレジのオネイサンの会計ミス。
なんとレジのオネイサンが7割くらいの項目を
間違えてレジ打ちしちゃったんす。
ありえない話だけど、結果的に7割くらいが間違えてた。
つまり本来の金額の倍近い金額を
打ち込んでしまってたのだ。

ただ非常に残念なことにアタイはそのミスに
気がつかなかった。
だからそのまま何の疑いも持たずにカードで支払ってしまった。
ただのバカとしか言いようが無いんだけど・・・。

クロネコ人生において一度にこんなたくさんの
家具を買ったことが無かったからかも。
変に興奮しててハイテンションだったのも良くなかった。
普通の買い物だと大まかに頭の中で
大体これくらいの金額だなーって
計算しながらレジに行くんだけど
このときは一切やらなかった。
レジに行けば合計金額が分かるなー
くらいに思ってたんでね。
あと、カードで買うってのも良くなかったね。
現金ならもっとシビアに計算してたかも
しれないからね。

なんて・・・全部ただの言い訳。
アタイには分かってるんす。
アタイ、算数の脳みそが欠落してるんす。
クロネコは計算が出来ないんす。
お金を払う場であまり細かく考えないタイプ。
面倒だし、まあそんな大きなミスなんて
起こりえないだろうし・・・
って相手を信頼してることもあって。
ま、それが油断だったんだけど。

後でアタイが気をつけてれば避けられた事件では?
って何度も考えてみたけど
アタイはやっぱり自分の頭では計算をしなかっただろうし
レシートを見返す事も無かったと思う。
だから自分からこの事件を阻止出来た可能性は
どんなに考えてもゼロに近い。
本当に残念ながら・・・。涙

アタイは自分の計算の出来なさが悲しかったし
とってもとっても落ち込んだ。
自分のバカさ加減が情けなくて。
生きていく事自体が難しく感じるくらいだった。
誰にもこんなミス知られたくない・・・
って思ってウジウジしてたんでね。

でもコトはアタイの予想を超えてさらに複雑なことに
なってしまってた。
ただの会計ミスがさらに事態を複雑化させてたんす。

自宅でレシートを見てみたら、ベッドが2セット分
打ち込まれてたんす。
アタイはもちろん1個しか買ってない。
なのでベッド1セット分の金額を返してもらわないといけない。
さらにレシートに見覚えの無い「ギフトカード」と言う項目があって。
アタイはそんなものは買ってなかったのでその全体の
半分を占めるギフトカード代も返してもらわないと
いけなくなった。
ベッド1セット分とギフトカード分。
これはかなりの金額だった。
Iに再度行ってみたところ
サポートセンターのおばちゃんが1時間くらいかけて
いろいろと調べてくれてとんでもないことが判明。

ベッドは確かに間違って打ち込まれてた。
でもギフトカードが問題だった。
Iいわくアタイが持ってるはずだってことだった。
けどアタイはその時点でそんなもん買った記憶が無かった。
当然返してもらった覚えはもっと無い。

このギフトカードについてはおばさんが説明してくれた。
ちょっとややこしいんだけど、
Iにはショッピングサービスと言う有料システムがある。
買いたいもののリストをまずはレジに持っていって
お金を先に支払うとギフトカードを渡される。
そのギフトカードには買ったものと同じ金額が打ち込まれる。
そのカードを配送カウンターに持っていけば
そこの店員がアタイの買ったものを倉庫から集めてきてくれて
さらに指定日に配送もしてくれる。
もちろん配送代は別途かかるよ。

で、アタイはこのシステムを使ったので、
ギフトカードを買ってるし、それを配送カウンターで
渡してるはずってことになる。

でもとにかくも
「アタイはお金を返して欲しいんだ!!!」
と訴えつづけた。
おばさんいわく「私の一存じゃ決められないから
上司に相談して連絡します。」ってことだった。
しゃあないからアタイは帰宅。

で、アタイは必死に家に帰ってから思い出してみたんす。
したらだんだん記憶がよみがえってきて。
そういえばアタイはレジでキャッシュカードみたいなやつを
もらったよなーって。
んで、それを配送カウンターに持っていったよなーって。
んでそこのお兄さんに渡したよなーって。
あれがギフトカードに違いない!って。
ってことはアタイはカードを持ってないと言えるよね!と。

もうね、一体何が起こってるんだろうって感じよね。
アタイは全体が分からないし、
何でお金を返してもらえないのかも分からなかった。


Iからは約束の日を過ぎても連絡は来なくて
約束から1週間も過ぎてやっと電話があった。
アタイの二つの目のミスはショップの電話番号を
聞いてなかったので自分からは連絡が出来なかった点。
ウェブとか見れば番号が分かると思ってたけど
なんとIのオフィシャル電話番号は
音声電話にしかつながらない。
やられた!って感じ。

Iのカスタマーセンタ長から電話が掛かってきてさらに複雑な話を聞かされた。
配送カウンターの人はアタイからカードを受け取ってないと
主張してて、どうやらそのカードが行方不明ということらしい。
カードのシリアル番号を調べたところ既に誰かが4月14日平日に
全額そのお店で使い切ってることが判明。
Iは紛失したカードのことまでは責任を負えないとのことで
なおかつその紛失したカードを使ったのはクロネコなのでは?
とまで言われた。
驚きの連続でアタイは状況を把握するだけでいっぱいいっぱいだった。
何せ金額がかなりだったんでね。
それを返してもらえないって言われて。
記憶さえあやふやなカードをアタイが使ったとまで言われて。
なおかつ会計時金額がおかしかったことに気がつかないなんて
あなたおかしいんじゃ?とまで言われて。
クロネコは言葉を失った。
それでもとにかく必死に
「アタイはカードを渡したし、その後は一切知らない。
アタイのお金を返して!!」と繰り返した。

でもアタイあることに気がついた。
アタイがこの電話をしてた時期はまだアタイは引越しを
してなかったので、荷物はすべて配送会社にあるとのことだったけど。
ギフトカードが紛失して、誰かが違うものを買ってしまってるのに
どうしてアタイが買ったはずのものがすべて配送会社の倉庫に
すでにパッキングされてるの?ってことだった。
どうやって配送会社はアタイのクローゼットとかを
手に入れたんだろ?って。
だからその疑問をぶつけてみたところ、Iのカスタマーセンター長は
しどろもどろになった。
何でも配送会社は別会社だからIとは関係が無いから
分からないとのことで。
そんなのアタイの知ったことじゃ無いんだけど・・って感じで。

そっからはいつもの「これはもう店長の判断を仰がないと
私の判断ではどうしようもありません。またこちらから連絡します。」
だった。
そんでもって「Iの直通電話は教えられません!」の一点張り。
しゃあないからそのまま電話を切った。

けどどうにも腑に落ちない。
どう考えてもアタイは悪くない気がしてきて。
というよりその配送会社がかなり怪しい気がして。
なので翌日、サユリさんに頼んで車を出してもらって
Iに乗り込んでいった。
ここは一発芝居を打って「警察に行きますよ!」
って言えばいいかもって言いながらショップに行ったら、
店長がいきなり
「これは詐欺事件です。警察と弁護士に訴えてもかまいませんから」
って言い出したから驚いた。

どうやらI側もその配送会社が怪しいとにらんでるっぽくて。
一旦内部調査をしますからってことでアタイはなんと
宣誓書にサインを書かされた。
「クロネコはギフトカードを配送カウンターに渡した後
返してもらっていないと誓います!」ってやつ。
内部調査後にどうするかを連絡しますからって店長に言われたので
アタイらはそのまま帰宅。

でも今度は帰り際にIの直通電話を聞いたのよね。
店長は事態が事態だしってことで快諾してくれて、
カスタマーセンター長のおばさんが手書きでスラスラと番号を
書いてくれたんだけど、その番号はなんとウソの番号だった!
本当にありえないことだけど実際その番号では掛からなかった。
アタイはこの時点でIの言うことは一切信用するのを止めよう!
ってやっと思えるようになった。
人間性悪説は本当だったんだ!ってこのときに悟った。
遅すぎたかもしれないね。
アタイはつくづくお人よしだよね。
自分が人をだますなら、むしろだまされるほうがマシ・・・みたいな
美徳はこの国には無い。
正直に生きてればいいなんてウソ。
そんなのただのカモにしかされない。
人をだましてナンボの世界。
ギスギス通り過ぎて嫌な感じだよ。
罪悪感とか道徳観とか無いんだなあって思った。

そういう人たちと同レベルで争うなんて自分を下げることになるから
醜い争いをしてはいけない・・・って習ってきたアタイには
もうどうすればいいのか分からなくなった。
自分の信念が揺らぐと言うか。
犯罪者の心理がアタイには分からないのと同じで
ドイツ人の心理がまったく分からなくなった。

挙句Iが電話してきた結論は
「ナニガシと言う運送会社の人を訴えてください。
店長とサポートセンター長は今休暇中ですから一切の
質問には答えられません。では。」と言うものだった。

もうアタイはどうしたらいいのか分からなくて
気力も体力も無くなりそうだった。
アタイが望んでるのはお金を返して欲しいだけなのに
なんで警察とか弁護士とかそういうことをしなきゃ
ならんわけ?
って感じで。
そんなのますます意味が分からないし、
どうやってやればいいのかも分からない。
困った。
本当に困った・・・。
途方にくれるってこういうことなんだって言うくらい困った。

困り果てた結果、ポロッと元上司の前でこの話をしたら
元上司が怒りだしたのよね。
それはこないだ書いたけど。
元上司は、「クロネコ、もっと細かく話せ!一体何があったんだ?」
って凄い勢いで怒りだして。
アタイはあたふたしながらあらまし説明した。
元上司はアタイの説明を聞くやいなや
「クロネコ、それは詐欺事件だ。Iが悪い!
お前はIからお金を返してもらわないといけない。
そんな運送会社なんて無視だ。
おまえは何でこんなになるまでオレに言ってこなかったんだ?
ぐずぐずしてちゃ駄目だ!!
オレがすぐに電話してやる!電話番号をかせ!」
とそのままIに怒りの電話をかけた。
でもあちらの責任者は休暇中で不在だったので
「戻り次第連絡してこーい!!」と留守番店員に伝言。
その後元上司はアメリカ出張に行って、
アメリカからIと話をつけたらしく、アタイに電話をしてきてくれた。

「クロネコ、Iの店長と話したぞ。金は返すとのことだ。
後はお前の銀行口座を教えれば振り込んでくれるぞ。
良かったな!」
と電話してきてくれて元上司はそのまま休暇に行った。

元上司っ!!!!!
あ・り・が・と・お・お・お。
涙・涙・涙・涙。

クロネコはどんなにか感謝しただろう。
泣いてもいいくらいだよね。
元上司は本当にスーパーヒーローだよね。
困ってるクロネコをすぐに救ってくれた。
ああ、本当にありがとう。

クロネコは元上司をもっともっと尊敬して
さらに大好きになった!
でもその分悲しくなった。
もう彼がアタイの上司じゃないことが本当に残念で。
こんなに凄い人が一年間上司だったんだ・・・
って思うと本当にアタイは恵まれてたんだなあってね。
アタイが部下じゃなくなっても無心で助けてくれるんだなあって。
男気だよね。
ゲルマン魂すごいよね。
スーパーヒーローと呼んでいいよね。
アタイはドイツ人のヒドイ例と最高の例を一度に体験したんだね。

アタイね、スーパーヒーローに聞いたんす。
「一体どうやって交渉したの?」ってね。
したらスーパーヒーローいわく
「クロネコ、人間は時には感じ悪いヤツになんなきゃ
いけないんだよ。クロネコは優しすぎるんだよ。
キツク言わなきゃ分からんやつらもいるんだよ。」
とのことだった。
「言語的に不利な立場にいる外国人にそういう
やり方をするのは卑怯だろ!って言ってやったよ。」
って元上司は笑いながら言ってた。

クロネコは感謝の気持ちでいっぱいで言葉が出なかったよ。

前にも書いたけど、アタイはスーパーヒーローに
すごく怒られたのよね。
「クロネコ、何ですぐに相談してこなかった?」ってね。
「おまえに頼れる友達はいないのか?」ってね。
「今度から困ったことがあったらすぐに言えよ!」ってね。
ありがと、スーパーヒーロー。涙

アタイね、今回のことはいろんな人と話したんだけど
ドイツ人でもみんながみんなスーパーヒーローみたいなわけじゃ
無くて、強く言えない人も多いみたい。
それにかなりの交渉力がないとドイツ人でもお金を返して
もらえないことが多いんだって。
またはやり取りに凄く時間がかかる。

だからスーパーヒーローは本当に凄い人なんだなあって
さらに尊敬しちゃった。
足を向けて寝れないなーってね。

でもこないだ他の部署のドイツ人が
「クロネコ、Iの件大変だったね。元上司から聞いたよ。」
って言ってきたので驚いた。
スーパーヒーローのオシャベリっ!!怒

今回の教訓
1ドイツラントではレジの会計を信じるな!
2揉め事が起こったら責任者と交渉せよ!
3困った時はすぐに誰かを頼れ!
4初対面のドイツ人になめられるな!
[PR]
by kuronekomusume | 2009-06-21 09:11 | 引越し | Comments(8)

引越してからの道5-ライジン壁画

ドイツラントじゃ珍しく連休中に
ずーっとずーっと天気がいいのに
アタイは家の中にずーっと引きこもりっぱなし。
そんなのアタイくらいだろうなー。笑

けどこの日差しは外に出たら
一発でメラニンが活躍しちゃいそうな強さ。
だからある意味家の中でアタイはいいのですよ。
家の中の方が気温が低いので涼しいし。
ちなみにアタイんちは西向きらしく
「窓に西日が~」って感じで部屋が
ポカポカしてくるのは午後3時以降。
んで夜8時くらいまで日が差してる。
だから洗濯は3時のオヤツの後くらいで
ちょうどいい。
アタイのようなグウタラなネコにも
ちょうどいい。笑

それにしても連休中は
ずーっとずーっと掃除をしてる。
そんな汚れてないんだけど
毎日掃除機掛けて、からぶきして、
窓を拭いて、台所も磨いて、
バストイレも磨いて。

なんか・・・。
クロネコ潔癖症ですか?
ってくらい掃除ばっかり。
でもコレが楽しいんだよねー。
アタイ元々掃除は嫌いじゃないけど
グウタラだからやらなくなると
2週間くらい放置しちゃうタイプ。
(それって掃除嫌いって言うんじゃ?
って言う突っ込みは要らない)
今回は引っ越したのが嬉しくて
毎日掃除してるんだよねー。
(それって普通じゃ?っていう
突っ込みも要らない)
おかげで手が荒れまくりだよ。涙
痛いのかゆいのって。
グウタラなネコに戻った方がいいかなー。

連休中は掃除以外に部屋の
飾り付けをがんばっておりましたよー。
そんでとうとう完成したので
披露いたしますです。

ジャジャーン!
アタイんちのリビング兼ダイニングだよー。↓
c0016407_073111.jpg


クロネコ・インテリアプロジェクト2は
どれだか分かる?笑
プロジェクト1は着物を着たトルソちゃんだよ。

もうちょっと寄った写真で。↓
c0016407_0101330.jpg

へへへー。
分かったかな?!
ソファの上にはチェブちゃんズが
ちゃんと居るでしょ。
んで、このソファカバーが昨日アタイが
ミシン掛けしたやつで。
クッションカバーはこないだ買った
インド製で一個500円くらいだった。

って。
プロジェクトはソファじゃなくて。笑
そうなんす、そうなんす。
この壁画なんすよ~。
雷神様ですよ~。

クロネコね、連休中はこの壁画を製作を
やってたんす~。
総製作時間は10時間くらいかな。
コストは1500円くらい。

この白い壁が殺風景だったので
どうしたもんだろ?
って考えてて。
絵を飾るにも壁面が大きすぎるから
かなりの数の額を買わなきゃならんなーと。
額ってそんな安くないからねえ。
それに中に入れる絵も考えないといけないし・・・。
うーん。

と思ってたところ。
あ、どうせ部屋を出る時に壁を塗らなきゃ
ならんのだから、いっそのこと
アタイが絵を描いちゃえばいいんだ!
って思いついたんすよ~。

んでそれからどの図柄がいいかで
しばらく楽しく悩んでた。

最初は鳥獣人物戯画にすっかな~
って思って。
アタイあの絵が大好きなんでね。
けどよくよく考えたらあれって
カエルがいっぱい居るよね。
アタイがあの絵で好きなのは
もちろんカエル以外のところ。
アタイはカエルが何より嫌いだからねー。
なのに何で好き好んでアタイの部屋に
カエルの絵をオノレで描かにゃならんねん!
と自分で自分に突っ込みを入れたりしつつ。

そういえば。
クロネコはウサコも嫌いだった。
鳥獣人物戯画には相撲をとってるウサコたちが居るよね。
なのにあれは好きなんだよね。
クロネコったら矛盾してないか?
って思ったのでその理由を考えてみた。
ら、すぐ理由が分かった。
アタイが嫌いなのは欧州に居る野ウサギなんす。
ピーターラビットが嫌いなんす。
日本国に居るウサコは嫌いじゃない。
つまりね、ウサコは白じゃなきゃならんのだよ!
日本神話に出てくるウサコだって
「因幡のしろうさぎ」って言うし。
アタイの中でウサコは
白くて目が赤くなきゃウサコじゃないのだ。
それ以外のドイツラントの野原で
集団になって暮らしてる茶色いウサコたちは
全然好きじゃない、と言うか嫌い。

あー、良かった。
自己矛盾はこれで逃れたね。笑

って話を戻すと。
鳥獣人物戯画もかわいいんだけど。
今回は見送った。

んで。
次に考えたのはトラさん。
この2年くらいトラのモチーフにはまってるので
ココはカッコイイトラを描いちゃおうか?
って思ったんだけど。
何か小難しいのと気に入ったオリジナルが
見つからなかったのでこれも見送り。

んで次に思ったのが妖怪ちゃんたち。
水木しげる先生の妖怪じゃなくて
江戸時代とかの絵巻物に描かれてる
キュートな妖怪ちゃんたちね。
けど。
人が来たときに妖怪ちゃんたちの
可愛さを理解してもらうのは難しいし
せっかく上手く描いたとしても
誰もオリジナルを知らないから
アタイの猿真似技術も披露出来ない。

ならば。
ココはアタイの好きな題材かつ
知名度もあって、なおかつご利益も
ありそうな雷神様を描いちゃおうかなと。
風神雷神図屏風をお手本にしようと。
国宝級だしね。笑

アタイ今回初めて知ったんだけど
風神雷神図って幾つかあるんだね。
元祖は俵屋宗達氏で
それを模写したのが尾方光琳氏。
んでさらにそれを模写したのが
酒井抱一氏。
みんな江戸時代の絵師さんたち。

ほほおーと思いつつ皆さんの絵を
見比べた結果。
アタイは尾方光琳氏の屏風絵を
複製する事にした。
あら。
ってことはクロネコは卑しくも
江戸の絵師・酒井抱一氏と同じことを
やったってことじゃない?笑

アタイは元祖の絵より
尾方光琳の絵が気に入ったんす。
微妙に色使いとか、筆遣いがアタイ好みだったのだ。
ま、俵屋宗達氏の元祖アイデアの方が
そりゃ芸術的に凄いんだけど
尾方光琳も良い。
これが尾方光琳の風神雷神。↓
1800年頭頃の作品。
c0016407_0333694.jpg


最初は風神様も描こうかと思ってたけど
スペースの都合上割愛した。笑
ので光琳の雷神様をクローズアップ↓
c0016407_034536.jpg

こちらが宗達の雷神様。↓
1700年代後期頃の作品。
c0016407_0353898.jpg


んで、こちらがクロネコ作の雷神様。↓
ちょっと目が違うね。笑
アタイは緑のペンキ1色で描いた。
c0016407_038538.jpg


クロネコにとっては傑作と言える出来で
かなり満足してる。
躍動感あふれる感じが上手く出てると思うし
色を緑にしたのも良かったし
バランスも上手く再現できてると思う。
自己満足、自己満足。笑
ま、宗達師匠も光琳師匠も
喜んでくださってることでしょう。笑

あと、インテリアプロジェクト1の
トルソちゃんだけど、
着物を変えてみた。
c0016407_046192.jpg

春らしく白で。
ってもう夏だけど。
今度はちゃんとおはっしょりもあるよ。
丈のバランスが微妙だけど・・・
前回おはっしょりができなかった理由は
トルソちゃんの身長を高くしてたのに
(推定165センチ)その分着物を
短めにして無かったからだった。
で、今回はきちんと出来た。
着物の左後ろにある額は英泉の美人画だよ。
京都のみやげ物屋で買ったので
かなり安かった。笑

プロジェクト1と2のツーショット。↓笑
c0016407_048515.jpg


んで、最後にソファから見たPCデスク。↓
窓の外に大きな大きな木が見えて
とっても心が和むのだ。
この木は5階建のアパートより背が高い。
すごいね。
c0016407_050244.jpg


こんな感じで大変居心地の良い部屋なのだ。笑
思わず外出するのを忘れちゃうくらい。
後でごみを捨てに外に行かなきゃなー。笑

これでインテリアは一段落かなあ。
後は、くつばこ、ダイニングテーブルに
窓用カーテン。
来週から外出が増えるので
インテリア趣味再開はいつになるやらー。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-06-02 00:51 | 引越し | Comments(8)