死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

朝起きること

2月14日からバイトをしてたんですが、
3月末までの勤務予定だったので
明日で終わりです。
って時に、いきなり今日寝坊しちゃいました・・・。

今まで奇跡的に?!毎日時間通りに
タイムカード押せてたんですけどね。
ってそれが普通。

けど今日は起きたらいつも電車に乗る時間。
「ああ私ってホントにダメなヤツ・・・。」
寝坊した時って特にそれを感じます。

「もう社会人としてやっていく資格が無いかも・・・・。」

「というより人間として終わってる気がする・・・。」

とも思います。
朝目がパシっと冷める人が正直うらやましいです。

前の会社に勤めていた時も、
大体半年に1度くらいは寝坊してました。
って何の自慢にもなりゃしない。

けどホント私は朝起きるのが何より苦手。
最近は目覚まし音が聞こえるようになったので
まだマシですけど、
一番ひどかった時は目覚ましが聞こえなくて、
ステレオ目覚ましの音量をかなりあげないと
完全に眠りの中から朝の世界に戻って来れなかったくらい。
会社の寮に住んでたときは、管理人さんにお願いして
起こしてもらってたくらい私ってダメ子。

寝坊した時のあのイヤアな気分って無いですよね。
ああ、どんなに時計を見つめても
始業時間過ぎてる・・・・みたいな。
携帯には同僚から着信が何度もある・・・・みたいな。
その日に限って仮病使えないような会議が入ってる・・・・みたいな。
っていうか同僚からの着信が来てる時点で
仮病は無理・・・みたいな。

今までで一番血の気が引いたのは
出張の飛行機出発時刻に目が覚めたとき。
ってどんな社会人生活送ってたんだ~!

一時期真剣に結婚しようかと思ったくらい。
もちろん旦那さんに朝起こしてもらうのが目的。

いつか人は歳をとると、朝起きるのが得意になる、
というより朝目が覚めるようになる!
といわれてますが、それは本当なんですかね???
それっていつから?40代くらいから?
「夜得意で朝起きられないのは生活習慣病だから
絶対改善出来る!」といわれたこともありますけど、
それって本当なんですかね?
イマイチ信憑性が無いんですよね。

変なジンクスですけど、
前の日に誰かに
「私寝坊して遅刻することがよくあるんですよ~」
って言ったら必ず次の日寝坊してました・・・。
おそろし~。
明日はちゃんと起きられますように!
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-30 23:48 | 日記 | Comments(0)

お鮨

を先週久しぶりに食べました。
2月以来だから1ヶ月ぶり。
こないだ親から指令が来て、
今年大学院を卒業し、やっと社会人になる弟に
「姉らしいことをしてやりなさい」とのこと。
「は?姉らしいこと?」
なんじゃそりゃ~!と思いましたけど、
親には逆らえないし・・・。
けど26歳にもなる弟に、
なんで私が何か奢ってやらないといけないわけ?
と不満が頭をもたげましたけど、
やっぱり親には逆らえず。
「分かったよ。鮨でも奢ればいいんでしょ」
と弟にお鮨を奢る羽目に。
弟からは「ウニが腹いっぱい食いたい」
というふざけたメールが届くし。
ふざけんなっ!という気持ちを抑えて
「少々ラーメンなど食べて来たほうがいいと思うよ」
とメールを返してみたものの・・・・。
ヤツは当日腹ペコで登場。

あ~私のルールでは
「お鮨は奢られこそすれ、人に奢るものではない」
なのにぃ。
けどまあ銀座で私のお気に入り(といっても今回2度目)の
お鮨屋さんで食べだしたら、だんだん気も大きくなってきて
「あんた、何でも頼みなさい」
というオッサンみたいな言葉まで発してました。
おいしい物の力って怖いですね。
結局弟を甘やかしてしまうダメ姉。
弟もそれを承知の様子。
弟の世話をしてやると親が喜ぶので(何故か知らないけど)、
親孝行だと思って気持ちよく奢ってやりましたとも。
でもまあ久しぶりに弟といろいろしゃべって面白かったです。

けどよく考えたら
「4月にドイツへ旅立つ私に対しての餞別は?」
・・・。
そんなもん忘れ去られているどころか、
全く想像だにしてない感じ。
まあいんだけどね。
弟に言われて驚いたのは
「あんた中学入ったときくらいからず~っとドイツ、ドイツ
言ってたけどやっと夢が叶うんやね」って言葉。
あれま、私って相当シツコイ性格だわね。
でも念願叶ってホント嬉しいわ。

そうそう、そのお鮨やさんで二人で腹いっぱい食べて
計8千円ちょっと也。
あれ、思ったより安いや?!
なんだか企画系レストランで少量の料理に何千円も払うなら、
ハズレの無い鮨屋に来たほうが確実で正解なんじゃない?
と今更ながら気がついた。
認識改めなければ・・・ってすでに遅いけど。
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-29 01:13 | 日記 | Comments(0)

本を貰う

ことって私の場合あまり無いんですが。
今回東京を引越し一旦実家に帰るにあたって
いろ~んな人たちと久しぶりに会ったり、
頻繁に会ったりして別れを惜しんでます。
その際、私が心から尊敬している人からは
共通して本を貰いました。
なんだか人から本を貰うことってホントに無かったので、
ちょっと感動的。
しかも尊敬している人から貰うと、余計に嬉しい。

一冊は会社の先輩から。
宮本輝の短編集。
「夢見通りの人々」という本ですが、
ちょっと暗い感じで心にシンミリと染み渡る
やさしい感じの本でした。
先輩が選んでくれたのが嬉しいです。

もう一冊はカフカの「実存と人生」という詩集。
これは先週貰ったばかりなのでまだ読んでいませんが、
かなり貴重なものを頂いた!って感じで恐れ多いです。
その方は本当に大尊敬してる方なのですが、
大事にしている本を下さるなんて
まさに身に余る光栄!
カフカの世界って未開ですけど興味大。
来月から時間がたっぷりあるので(今もあるけど)、
じっくり読もう!と思ってます。

最近本を読む人ってあまりまわりにいないかもって
思い込んでたけど、
それは私だけなのであって、
結構みんな本を読んでるんだなあと実感。
私は年に10冊読むくらいなので、少ないほうなんですね。
そんな私に対して「オマエは少しは本を読め!」
って言う意味も込めて本を下さった
のかもしれないです・・・。

けど本をプレゼントする男性ってステキですねえ。
ますます大尊敬!

c0016407_10475693.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-29 00:19 | 日記 | Comments(0)

鉄人28号

を今日やっと見てきました。
テレビ見てたら田中麗奈ちゃんがこの映画のCMやってたので
「なんで?」って思ってたけど一瞬出演してたのですね。
ワンポイント出演で妻夫木さんも出てました。
同じくワンポイント(セリフ無し)で私の知り合いもエキストラ
出演してたんですよね。

というより私のお目当ては蒼井優ちゃん。
彼女が出てるヒーロー物なら見るしかない!って感じで。
やっぱり蒼井優ちゃんは可愛い。
リリィシュシュで見て以来彼女の作品はほとんど見てる。
リリィシュシュが一番インパクト大だけど。
他の作品だと見た目のイメージどおりなのか、大人しくて
ステキな女の子役が多くてちょっと退屈ではあるんだけど。

鉄人28号はむか~し小さい頃テレビでアニメを見た記憶が
あるような、無いような。
ホントの白黒時代じゃなくてカラー化された20年くらい前のヤツのほうです。

映画の内容はリモコン取り合いとかじゃなくて正太郎少年の
心の成長みたいな感じで描かれていて悪くないと思います。
鉄人の動きもコミカルで結構カワイイです。

それはそうと映画見ててちょっと違和感感じたのが・・・・
中村カツオ氏が正太郎少年に向けていった言葉。

「男の子の人生は冒険から始まるんだ」
(↑正確には違うかも。でもこんなニュアンス)
これを聞いてアタイは「ふ~ん。そうなんだ。」と。
その割りに大人になったら冒険心を忘れ気味な男の人多くないかなあと。

ヒーローモノって対象が大抵少年達だと思うんだけど、ストーリーの節々に
「少年よ大志を抱け!」みたいなメッセージが込められてる気がするんですよね。
そうやって鼓舞されながら育って来てる少年達ってうらやましいなって思う。
アタイはヒーローモノが好きで良く見てたので特にそれを感じるのです。

だって「少女よ世界が待ってるぜ!」みたいな子供番組ってあったっけ?
少年達は「世界を目指したり、地球救ったり、宇宙救ったり出来るよ!」って
小さい頃からあんなに言われ続けてるのに。
誰も「やっちゃいけない」なんて言わないのに。
自分から自由を放棄してるのかなあ。
イヤ別に世界を目指せとか、地球を救えとは言わないけど、
男性諸君は「今の現状ばかりを嘆く大人」
でいいのかなあって思って。
自由を自ら放棄しちゃうなんて、男の人にとって日本社会は夢を見るには
とても大変なんだろうなあと同情しちゃいました。

映画のラストで成長した正太郎少年の清々しい笑顔を見るにつけ、
大人になったら彼はどうなるんだろう???
って余計な心配をしてしまったのでした。

こんなこと考えたのは先週、愚痴の多いサラリーマンたちと飲んだせいかも。
もちろん前向きでステキな大人の日本人男性もい~っぱいいますよ。
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-28 23:47 | 映画評 | Comments(0)

ドイツ人は接客態度が良くない

ってよく言われますけど。

実際のところアタイの体験からしても、
接客態度良くないなあと思うことのほうが多いです。
お客が目の前にいても、店員同士のおしゃべりが最優先で
対応後回し・・・
なんて嫌な経験もあります。
普通に接客されていても、対応が冷たいような気がするのは、
多分日本人が必要以上にスマイルいっぱいに話しかけ接客を
してくるからだと思います。
それに比べるとドイツ人はスマイル無しの対応なので冷たいなあと
感じてしまうのかもしれないです。
慣れればどうってこと無いですが。

けど最近気がついたのは、
ドイツ関連の場所で働いてる日本人の女の人こそ
一番接客態度が良くないんじゃないかなってこと。
正直ドイツ人の比じゃないです。

たとえば
とある機関の受付のアナタ。
受付で質問をしているのはアタイ。
今話をしている相手はアタイで、
答えはアタイに向けられるべき。
でも同僚のドイツ人が話しかけてきたら
そちらを最優先させてましたね。
そちらに対しては相当にこやかに対応。
アタイには事務的な対応。
人の目を見て応対できない受付っているんだなと
その時知りました。
受付はその機関の顔なんですよね。
迷惑感丸出しのその対応即直すべきです。

また別のとある機関に電話で問い合わせした時。
アタイの質問に対して応対してくださったアナタは
キィキィした声で
「あなたそんなことしちゃだめですよ」とダメだし回答。
言葉は丁寧語のようでも相当高飛車な言い草。
なんだかこっちが「恐縮です~っ」
ていう雰囲気にならざるをえないくらい威圧的。
多分同じような口調でアタイがアナタに質問してたら
ケンモホロロだったことでしょう。
確かに私はお客じゃないけど、
問い合わせ窓口対応のアナタは相手を下に見て
答えるのはおかしいんじゃないですか?

アタイの経験はこの2つですけど、
もしかしてアナタ達はドイツ風の流儀を
日本で貫いてませんかね?
勘違いしないで欲しいのはココは日本だということ。
そしてアナタ達が常日頃相手にしないといけないのは、
アタイら日本人ってこと。
多分アナタ達は日本の会社で働いたことが
無いんだろうなと想像してます。
だってそんな失礼な対応する社員は人前に出られませんし、
社員から厳しく注意されちゃいますからね。

アタイもドイツに行くので、こんな女にならないように
気をつけないとなあと思いました。
ここでいうアナタはもちろんアタイを
応対してくださったお二人のこと。
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-23 22:47 | 日記 | Comments(3)

ジャズ好きって

アタイの偏見ですけど、ジャズが好きな人って一般的に、
人にジャズ薦めてくる人多くないですか?
CDを貸してあげるよ~とか
CDをあげるよ~とか
ジャズバーに行こうよ~とか。

まあ一般的にって言っても
ほとんどこういうのって男の人ですけどね。

アタイって人が見て分かるくらい
「ロックとパンクが好き」なんですよね。
そんなアタイに無理やりジャズ薦めてくる事自体、
結構迷惑。
努力とかするのも面倒なくらいジャズ自体がアタイは苦手。
若い頃はいつか聞けるかなあ~とか思ってたけど、
今三十路手前でも一切興味が無いので
多分これからも聞くのは永遠に先のことだろうなと。
アタイの音楽の趣味は
とてもとて~も偏ってて狭~いジャンル。
アタイにとって音楽は元気とパワーと
情熱を呼び覚ますモノであるのが第一条件のよう。
興奮材料のようなモノみたい・・・。
だからまったりゆったりした音楽なんて聴きたくない~
のですね。

ロック好きな人は反対に
無理やり人にCD持ってきたりする人って少ない気がします。
(アタイの周りだけかな?)
頼まれて初めてCDを持ってくるみたいな・・・。
奥ゆかしいですねえ。
自分でバンドやってる人でも、頼み込まないと
聞かせてくれない人とかいますよね。
押し付けがましくなくていいですよね。
やっぱり自分の趣味がマイノリティーだって
自覚してるからなんでしょうかね。
それとも人には理解されたくない・・・
みたいな気持ちがあるんでしょうかね。
どっちにしてもそういうスタンスがスキです。

あ、でも話し違いますけど
音楽ジャンルが異なっても、
そのミュージシャンの生き様がロックしてたら
好きになったりします。
生き様がロックとは・・・私見ですけどまた今度書いてみます。
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-23 01:25 | 日記 | Comments(0)

手足口病?

いきなり右手の人差し指がとっても痛い。
この痛みには覚えがある。
確か幼稚園の時、私の指は定期的に腫れて膿がたまってた。
なぜかそれからず~っと今まで再発しなかったのに、今日起きたら再発。
なぜ?
25年ぶりに再発ってするもの?
これって確か1~2週間くらい痛かった気がする。
今どきマウス使わない日なんて無いから、かなり生活に支障きたしてます。
料理の時も痛いし、まげても痛いし。
病院いったって軟膏もらって終わりだろうしなあ。
ETじゃないけど、人差し指に悪いものが集中してるのかも。
あ、ETは別に悪いものじゃなかったですね。
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-23 01:15 | 日記 | Comments(0)

罠ってほどでもないですが

今私の部屋は引越し準備やら日ごろの片付け不足やらで
かなりとっちらかってます。
今泥棒に入られても、何がなにやら分からないと思います。
それにものが散乱してるので、転んだり、打ったりと、ある意味罠しかけてます。

とはいえ、以前泥棒に入られそうになったときも、かなり部屋が散らかってたので
警察呼ぶ前に部屋の掃除をしたことがあります。
って数ヶ月前なんですけどね。
確か泥棒が入ったときはどんなに散らかっていても部屋を片付けない状態で
警察を呼ばないといけないんですよね。
いや、でもやっぱり無理ですよ~。
じゃあ、日ごろから片付けておけばいいんですけど、それはもっと無理かもです。
っていうと私は相当ズボラなタイプかと思われそうですけど、波があるだけです。
掃除をしょっちゅうやる時はやり、やらないとなるとやらない・・・みたいな感じです。

今はカオス状態というわけです。

泥棒は怖いから絶対もうイヤです!!
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-23 01:12 | 日記 | Comments(0)

着物でお出かけ

長距離のお出かけは今日が初めて。
近距離はこないだ(って大分前ですけど)
吉祥寺まで買い物に行きました。
羽織とストールを買ったので、
今日はそれを着てさいたまの知り合いの家まで
行って来ました。
こんな長距離は今日が初めてでちょっとドキドキ。

まあ自動車教習所で長距離コースに出る時の
ドキドキ感のような・・・
・・・ちょっと違いますね。

着物は時々街で見かけると、
「あ、着物だ!」って言う感じで私は割りと
注目しちゃいます。
みなさんはどうなんでしょうかね。
だから逆に自分が着物を着ていると、
誰かに見られているんじゃ?
という自意識過剰状態になって恥ずかしい気持ちになります。
でも多分誰もそんなに見ていないと思いますが。
今日街を歩いていてそう確信しました。
誰も見ていないぞ!って。
がっかりするような、ほっとするような。
って見て欲しいのか、見られたくないのか
一体どっちなのか分からないですね。

見られていないって分かると、
もう着物着るのが恥ずかしくなくなってくるので
今はこれからもドンドン出掛けてしまいたいな♪という気分です。

とかいいながら・・・
実はすでに今日着付けを忘れてて
思い出すのに相当時間がかかりました。
帯の締め方とかすっかり忘れてしまってて
本を見ながらやってたら1時間近くかかる始末。
段々ヒステリー気味に・・・。
やっぱりちょくちょく着ていないと忘れるんですね。

でも着物は楽しい!
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-21 22:04 | 日記 | Comments(0)

企画系レストラン2

またまた企画系行ってきました。
報告します。

竹取百物語
思ったとおりナイスでした。
銀座にあるので値段はちょい高めかもです。
焼酎と日本酒を取り揃えてるようなのでお酒好きにはいいと思います。
内装が竹林のようになってて、とても凝ってます。
女性店員は巫女さんの衣装で、間接照明が照らすとなんとな~く
異空間のようで幻想的でした。
料理もおいしかったです。
結構お薦め度高いですね。

幕末居酒屋やんなはれ
渋谷にある幕末テーマのお店。
狭いので大勢では行けないかな。
幕末マニア同士で二人くらいで行くのがよいかと思われます。
入り口にある看板は坂本竜馬で「5時からぜよ」と言ってます。
内装も小物も幕末風で凝ってて楽しいです。
難を言えば、料理の量がすごくすごく少ない→いっぱいオーダーする
→店儲かる
みたいな仕組みがちょっとリピーターを遠ざける気がしますね。
とかいいながらすでに2回も行っちゃいました。
毎回幕末マニアと一緒に行ってるんですけど、実は私はアンチ幕末。
なんかあの時代って好きじゃないんですよね~。
サラリーマンは幕末が大好きな人多いですよね。
そのせいか年末必ず幕末時代劇やってますもんね。
私は特にあれに辟易。
あとあの衣装の色が私の趣味じゃ無いのもあるかな。
[PR]
by kuronekomusume | 2005-03-21 01:14 | 日記 | Comments(0)