死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

休日の午後

今日も休日なのでいつもどおり遅く起きました。
休日はゆっくり寝ていられるので幸せ~。

最近の休日のブランチといえば、
アタイはパンケーキ作りにはまってます。
ホットケーキの元も売ってるんですけど、
少々高いですし、あの生地には砂糖が入ってるので
アレンジがどうしても甘い感じになるんですよね。
そんなわけで最近は小麦粉で生地を作ってます。
といっても、小麦粉、牛乳、卵、ベーキングパウダーを
混ぜるだけなんですけど。
何度か作った結果、やっぱりベーキングパウダーを
入れるとちゃーんとふっくらしてホント美味しく
焼きあがります。
横着してはいけませんね。
とか言いつつ・・・、分量は全部適当。

トッピングに乗せるものはいろいろ。
1、ツナパテ、マッシュルーム、トマト。
2、チーズ、トマトソース。
3、リンゴ甘煮、ヨーグルト。

リンゴの甘煮はすごく簡単なので自分で
作ってます。
ちょっと古くなって、やわらかくなったリンゴを
小さくカットして、水と砂糖少量を加えて
4,5分軽く煮詰めるだけ。
大体金曜の夜に作っておきます。
それに、これでもかっ!っていうくらいヨーグルトを
どっさり乗せてパンケーキをいただくのです。
パンケーキには葉っぱから入れたダージリンティーが
とっても合います。
ああ、美味しい!
ふ、太りますけどね。

さてさて、本当は明日から旅行に行くので
いろいろやることがあるんですけど。
ついついダラダラとネットを・・・。
そんな中で見つけた占いサイトをご紹介。
くだらないけど結構面白いので試してみてくださいね。

映画占い
↑あなたは、映画のキャラクターで言うと誰々になりますっ!
っていう映画好きのための占いサイト。
ちなみにアタイは、「羊達の沈黙」のクラリスになりました~。
こんなクールなタイプに診断されたのでちょっとウレシかったりします♪
適職は見事に外れてますけど。笑

特徴: 強い女性、干渉されるのが嫌い、信頼されている、
    でも実は、頼れる相手を求めている
適職: 警察官、外交官、医師


妖怪占い
アタイの診断結果は「から傘」でした。
これって幽霊じゃなかったっけ?妖怪でしたっけ?
とか言う疑問はさておき、
合ってる合ってないというより、かくありたい!
という診断結果が出ました。

座右の銘は「人は人 自分は自分 
狭い日本そんなに急いでどこに行く」
人にこびたり人のマネをすることが大嫌い。
かなり楽天家。周囲からは頑固者といわれますが、
雨が降ると何も言わずに傘にいれてあげるやさしさも
もっています。


人生採点
コレは何だか楽しい結果になりました~。
診断結果に自分にとっていいことが書かれてるだけで
いい気分になれるから不思議なもんですね。
無料サイトでハッピーになれれば安上がり!

診断結果:Aが一番イイ(そうです)

心B:どちらかといえば明るい方で友達も多い。
体E:運動音痴で不健康過ぎだそうです。(そのとおり!)
境遇C:平均的。(有難いことです。)
恋愛E:究極にモテ無いので努力が必要。(モテ無くても別に平気です。)
コミュニケーションE:コミュニケーションスキルが少しは必要です。
もっと外に向かって自分を表現するべき。
(今の会社ではそうかもしれないです。反省。)
将来性B:将来有望です。(どうも!この言葉だけでがんばれそうです。笑)
お金C:平均的です。
運A:あなたはものすごい強運の持ち主です。
↑コレが一番うれしかった~!
でもアタイったら不運も持ち合わせてる気がするけど・・・。
禍福はあざなえる縄の如し?!
結局は自分次第ですね。

姓名判断
↑これは誰でも気になってることじゃないかな~と思います。
名字に当たる部分は全然合っていなかったです。
病気にかかりやすい体の部所がグラフィック表示
されるので気分が落ち込みますけどね。
一生モノである名前の部分が大吉だったので良しとします。


あなたは芸能人で言うと誰?
↑超くだらない質問をこなしていくと、自分が芸能人で言うと誰か?
っていう診断結果が出ます。
本当にこんな適当な質問で診断できるのかな???
って疑わしいんですけど、意外と診断結果が良かったので
良しとします~。(単純なので)
でもこの占いは芸能人とあまり関係無い気が・・・。

アタイの診断結果:
「鈴木あんじゅ」さん
あなたは特に頭の良さ、思考能力に優れています。
特に語学が得意なようです。物事を理性的に考え、自分の意見を
しっかりと人に伝えるという点でも優れた能力を発揮することでしょう。

さあ、暇な人はぜひやってみてくださいな~。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-28 22:22 | 日記 | Comments(3)

昔は物を思わざりけり。

日本は気温何度くらいなんでしょう?
こっちはマイナス5度ですよ。
いよいよ冬将軍の到来で。
なんかね、巨大な冷凍庫に入ってる感じ。
まわりの空気が白いんですよ。
なのに今日はうっかりババシャツ着忘れてたから
釘打てちゃう体になるかと思いましたよ。(おおげさ)

な~の~に~。
ドイツ人たらね、お昼ご飯食べたあと、
「さあ散歩に行こうよ!」と笑顔で誘ってくるんすよ。
それにね、仕事中も窓を開けたりするんすよ。
冷凍庫は閉めておかないと!って思うんですけどね。
だから、そんなドイツ人女性たちに
「クレイジー ジャーマン!」
って言ってみたんだけど。
一同シーンとしちゃった。笑
アタイ普段会社でめちゃくちゃ静かなんすよね。
自分が話題に入れるかも?!って思ったとき以外は
会話に口挟まないんで。
そんな静かな(振りをしてる)アタイがいきなり
そんなこと言ったからみんなびっくりしたんだと思う。
本来アタイはそういうキャラなんだけど。

話し変わって・・・・

昨日は、ちょっと悲しい夢を見てしまって、
またまた少しメランコリックというか、センチメンタルというか
やるせない気分になってしまったので、
そんな心情をどうにかせねば!
と打開策を考えてみました。

打開策:「短歌を詠む」。

え?
って感じッすね。
気が狂ったのか?って感じっすね。
いやいやアタイはある意味正気ですよ。
ご安心くださいな。
ロイヤルファミリー並みに正気ですから?!
あの人たちが正気かどうかは定かじゃないですけど。

いや、詩とか書くのはガラじゃないし。
(短歌もガラじゃないけど)
日記に書くほどの強い衝動があるわけでもないし。
(アタイは超強い感情が出たときは、門外不出の
本当の日記を書きます。)
ちょうどアタイの気持ちを代弁してくれるような
曲も詩も思いつかなかったので、
ふと、「百人一首」でも読んでみよう!
と思いたったのです。

アタイね、結構百人一首好きなんすよ。
昔の人はすごいですね。
季節やら色んな熱い思いを歌にしてて
1200年くらい前の歌でも全然色あせてないんですよ。
むしろ響いてくるっていうかね。
何だか歌人の気持ちがすごく分かるというかね。
人間って今も昔も変わりないんですねえ。
女性歌人よりも男性歌人の歌の方が
アタイにはしっくり来ましたね。
女性のって何だか恨みがましくて、
ジメジメしててアタイには全然受け付けなかったす。
次回傷心気分になったら、万葉集に行ってみようかな~。

そんで一気に100人分の短歌を読んだら、
なんとね、すごいことにね、自作短歌が2句も
思い浮かんだんすよ!
すごくないっすか?
ゲージツカみたいじゃないっすか?笑
もちろん非公開ですけど。

その悲しい夢で一句。
もう一句は、最近のちょっとした心の動揺。

そんな自分が我ながら面白い!

何の知識も無いくせにね、無謀にも昔風の言葉で
作ったんですよ。
「花の色は 移りにけりないたずらに~」
みたいな昔風の感じでね。
適当に作ったので、文法がまずおかしいだろうなあと。
でもいいの。
誰にも見せないから。
けど解説をつけておかないと、いつか何年か後に見た時、
自分でも「何だったっけ?」って理解出来なくなる
恐れがありそうで。笑

そうそう、短歌といえば。
五七五七七ですよね。
俳句が五七五。
でもね、何故だか知らないけど、日本語勉強してる外国人が
その逆を言ってくることがよくあるんですよ。
「短歌は17文字だよね!」って。
一度や二度じゃないんですよ、それが。(三度です。)

「いえいえ、手前どもでは、俳句が17文字で、
短歌は31文字と教わっておりますけども。」
って教えてあげるんだけど、
彼らもなまじ大学で勉強してるもんだから自信満々な訳なんすよ。
「私の大学の先生からそのように教わったから!」
みたいなね。
でもさ、ネットで調べてもやっぱり俳句は17文字なんだけど。
辞書で調べても結果は同じ。
もしかして、日本語コースで使っている日本語のテキストが
間違えてるのかな???
でもドイツ語のテキストも時々間違えてたから、ありないとは
言い切れないんですよね。

などとすっかりセンチメンタルな状態から脱出しているクロネコなのでした。
まあ核の部分が解決してるわけじゃないので、
またしばらくしたらこの波が来そうだけど、
でも歌人たちのおかげで和らいだ感じです。
権中納言敦忠さま、藤原実方朝臣さま、曾禰好忠さま
ありがとうございました!
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-28 04:44 | 日記 | Comments(2)

1日2回

今日の帰り、ドイツ支店システム部門の人たちと
電車が一緒になったので、しゃべってたんですけど。

「君は家に帰ってから何してるの?」
と聞かれたので
「晩ごはん作ったり~、ネットしたり~」
と答えたら、
バーマー(ドイツ人男性)に、
「え?キミ昼間も食堂で暖かい料理を食べてたよね?
夜もまた暖かい料理を食べるの?
一日に2回も?」
って驚かれました。

何のこっちゃ?と思われるかもしれないけど。
標準的ドイツ人の一日の食事は、

朝:パンにジャム、チーズ、ハム。コーンフレーク。
昼:食堂等でパスタやら、カツレツやらの温かい料理。
夜:パンにジャム、チーズ、ハム。

って感じなのです。
ってことは、主婦ってほとんど料理作る必要が無いってことで。
パンを買いに行って、パンに塗るものを買いに行けばいいだけ。
だから、「アーベント・ブロート」って言葉があるくらい。
意味は、夜のパン。
つまり「夜ごパン?!」←あ、これアタイ的には面白い気が。くすっ

それにね、大抵の家には食器洗い機があったりしますから
主婦は食後の洗い物もしなくていいんすよね。
なのにね、洗い物自体も旦那さんとか家族が
率先して自分で運んで食器洗い機に並べるんですよね。
昔留学してるとき、ホームステイ先で
そんな様子を目の当たりにしたアタイは
「絶対ドイツ人と結婚しよう!」
と決心したのは言うまでもありません。
まだ実現できてませんけど・・・。

そんなドイツの主婦達は、必然なのか太ってますね。

コレは別に結婚している人じゃなくても
独身のドイツ人たちもどうやら同じ食生活だと思われます・・・。
なんか食生活寂しく無いのかなあ・・・?!と
アタイは思っちゃうんだけど。
だって、アタイ毎晩帰りの電車の中で、(日によっては仕事中に)
「今日の夜、何作ろうかな~♪」って考えるのが楽しいのに。

それにさ、今デュッセルドルフはマイナス4度っていう寒さ。
そんな日は暖かい鍋でも食べてあったまろうぜ~!
みたいな考えがドイツ人にもあるのか?って思う人もいるだろうけど。
そんな考え多分無いですよ。
寒かろうが、暑かろうが年間を通して通常は
夜ごパンみたいですからね。

なんか、そんな彼らの食生活を聞いてると、
毎晩自炊してるアタイって、もしかして
「料理好き」って公言しても差し支えないかも?!って
勘違いしちゃう感じ。
アタイの料理は贔屓目に見ても、そんなに美味しく無いんだけど、
それでも多分ドイツ的には「クロネコは料理好き」って
言える気がしてきた・・・。

あとね、昔から思ってたけど、意外と日本人の方が
一回の食事で摂取する量が多い気がするんですよね。
普通は一日に3回食事するし。
ドイツ人は見てると、1回の食事でそんなに食べないし、
夜だって日本人みたいにたらふく食べたりはしない。
な~の~に~。
平均的に見て日本人の方がスリム。
日本人って燃費が悪いってことなのかなあ?

けどね、ドイツ人同僚達見てるとみんな結構間食してる。
何か食いながら仕事してる。
りんごとか、みかんとか、チョコとか、パンとか。
それが原因かな。
あと、パン食はやっぱりカロリーが高いんでしょうな。
だから太るんでしょうな。

そんなアタイの食生活に驚いていたバーマーさんだけど。
彼は料理自体が出来ないそうで。
唯一出来るのは、
「ケーキを焼くことだよ!」
って言ってました。笑

ドイツ人の男の人はケーキが大好き。
「特にうちのお母さんのケーキが最高なんだ~!」
って大人の男性が恥ずかしげも無く堂々と宣言してます。
そんなこと会社でも言ってのけちゃう息子を持った
ドイツの母たちは、さぞや幸せだろうなあと思います。笑
大抵そんな息子達は「うちの母親は料理も上手なんだよ~」と
これまたはばかることなく大宣言してます。笑
日本だと考えられない発言なんですけど、
大体誰でも言ってることなので、
ドイツじゃ「マザコン~」って言われたりはしないし、
かなり普通のコメント扱いです。
何だかすごい親子愛ですよね!
正直感心してます。
そんな感じで、ドイツ人男性は甘いものに目が無いのです。
甘党の男の人ってかわいいですよね~。

あ、これも太ってる理由でしょうな。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-27 06:15 | 日記 | Comments(0)

その時事件は起こった・・・。

あ、今回の事件の被害者はアタイじゃないので、
「あららら~、クロネコったらまた事件にあったのかしら・・・。」
っていう心配はご無用っす。

昨日から1泊2日でオランダに行ってました。
といっても仕事でです。
といっても単なるビデオ視聴のためです。

半年ほど前にも、アムステルダムにある
うちのヨーロッパ本社に行ったんですけど、
そのときと同じような趣旨で
今回もヨーロッパ各国にいる日本人社員のみに
召集がかかって、アムスに全員大集合。
総勢45名くらい。
本来アタイは現地採用だから行く義理なんて
無いんですけど。
でも、コネ入社としてはヨーロッパ本社に
足向けることなんて出来るはずも無く・・・。

山本さん(仮名)の運転でR子さんともども
アムスへ行ってきたのでした。

せっかくアムスなのに、前回同様、
会社でビデオを見ること約6時間。
その後韓国レストランで騒ぐこと4時間。
っていう感じ。
ああ、あの運河はいつになったら見れるのでしょう。

まあでもいいのです。
うちの会社はオランダ・スキポール空港の目の前に
あるので、宿泊に便利なホテルも数件会社の前に
あります~。
今回もHotel Bastionに泊まったんですけど。
新装工事が終了してて、超キレイでした~!
出張のときは何故かツインに泊まれるので
部屋もひろびろ~。
バスタブもでかいし(シャワーしか使わないけど)、
テレビも液晶!
ドライヤーもあるし!
それにね、新装開店フェアでウェルカム・ドリンクとして
赤ワイン一本をプレゼントされちゃった~!
すごーい!
って思ったけど、今自宅に赤ワインが2本も半年以上
放置してあるので、持って帰ってこなかったけど。

いやあ~、こんなにキレイなのに社割りがきいたので
100ユーロくらい。
オランダって基本的にホテル高いらしいので、
ツインで100ユーロは安いそうです。

まあそんな感じで満足しながら、
朝チェックアウトを済ませて、他のメンバーを待ってたんですけど。
同じく昨日のビデオ会に出席してた日本人駐在員の人たちも、
6,7人が朝食を食べてました。
このホテル、何故か朝食用レストランと
フロントが同じ空間にあるので、
朝食食べてる人の真横でチェックアウトするような感じ。

ぼーっとしてたら、いきなりうちの駐在員の一人
Tさんが、あせったふうに小走りに氷点下0度の外に
コートも着ずに飛び出して行きました。
「車の中に忘れ物でもしたのかな????」って
思ってたら、そのほかの駐在員たち4名くらいも
同じくあせった感じで、外に飛び出して行ったのです。
「どうしたのかな?」と思ってたら、みんなが戻ってきて、

「背の低い浅黒い中近東風の男を見なかった?」
って聞かれました。
「全然見て無いですけど、どうしたんですか?」
と聞いたところ。

なーんとTさんが置き引きに合ったそうなんです。
早朝のホテルのレストランで。
朝ごはん食べてるときに。
っていうか、Tさんがバイキングでパンとかを
取りに行ってるスキに。
しかも取られたのはPCが入ってるカバン。

手口としては、
数人でテーブルに座って朝食を食べてる
日本人ビジネスマングループに
一人の男が声をかけてくる。
みんなの意識がそっちに行ってる間に
別の男がカバンを持ち去る。

ひゃー。

って思いました。
急いで自分のカバンを持ち直しました。
周りを見渡しました。
全員が敵に見えるざんす・・・。

空港付近のホテルには置き引きが多いそうです。
日本人ビジネスマンは狙われやすいらしいです。
お金持ってそうだし、結構いいスーツ着てるし、
高そうなカバン持ってるし、
いかにもPC入ってます!ってカバン持ってるし、
前の日飲み過ぎてボーっとしてるし。

けどね、前々から不思議だったんだけど。
日本人サラリーマンって・・・、
っていうかうちの社員だけかもしれないけど、
何でホテルの朝食たべるときに自分の荷物
全部持って降りてくるのさ?ってこと。
ホテルの朝食なんてバイキングなんだから
荷物をテーブル付近に置いてから、食べ物を取りに
行かなきゃいけないに決まってる。
そうしたら、荷物盗まれる危険度が高まるに決まってる。
何故部屋に荷物を置いておかない~?!
ってのがアタイの疑問。

まあ部屋に置いておいても、ルームキーパーを
完全信頼できる訳でも無いし、安全って訳でも無いけど。
でもほら、一応カギがあるし。
それにこのホテルの中には、金庫もあった!
ドイツのホテルじゃ金庫なんて設置してるところ
4つ星ホテルでも全然見ないから、そんなもんが
置いてある時点で、この国の治安の悪さを
証明してますわね。
あ、ってことはどこの旅館に行っても金庫が
各部屋に設置してある日本は、相当治安が
悪いってことになりますかね?笑

けど今回そんな事件を目の当たりにして
人事では無いなあと、ピリっとしたものが
心の中に走りました・・・。
スーツを着るのはビジネスマンとして常識だけど
ネクタイ外したり、カバンもあまりいいものを
持ち歩かない方が危険回避にはいいのかも。
じゃあ、アタイのお安いコーディネートは
ある意味大正解?!
単に金が無いだけだけど・・・。笑

けどアタイもぼーっとしてるので
もっと気をつけなくては~!
と思ったのでした。

ちなみにこのホテルはフロント付近に5台以上の
防犯カメラを設置してるので、警察を呼んで
映像チェックを行うと言ってました。
アタイらはそのままドイツへ帰ってきたので、
結末どうなったかは不明。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-26 04:51 | ネエサン事件です | Comments(2)

ヤフーメール

アタイはヤフーのメールアドレスを使用してるんですけど。
ヤフーメールだと「迷惑フィルター」などというもので
迷惑メールをシャットダウンする便利~な機能があるので
すばらしいなって思ってたんですけど。

なんかね、ときどき普通のメールが迷惑メールフォルダに
自動的に受信されてることにさっき気が付いてしまったのですよね。
今まで「迷惑メール3通受信」っていうような表示を見ただけで
誰からのメールか確認もせずに、すぐ削除してたんですけど。

さっきたまたまのぞいてみたら、友達からのメールがっ!
きゃー!!!
ってことは、アタイ今までもこうやってスパムだと思って
友達のメールを削除してた可能性が・・・。

もし、クロネコにメール出したのに一向に返事来ないんだけど。。。
ってムカついてる人いましたら、再度メールくださいね。
メールに気が付かなくてすみません。

ああ、それにしてもショック。
この削除作業って1年くらい続けてる気がするし・・・。
涙。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-24 17:36 | 日記 | Comments(0)

頭突きっ!映画評/パッチギ!

愛の頭突きをくらわすのは、栗頭(クリガシラ)先生。
そう、やっとあの話題の映画が見れました~。
頭突き=パッチギ!でございます!!!

感想はね、もうね、ホントね、スゴイ!の一言。
この映画は、マイ・ベスト・オブ・シネマ、トップ10以内に
ランクインですよ。
今年見た映画のベストかもしれないです。
ってまだ今年4本くらいしか見てないけど。
それに今年始まったばっかりっす。
いや、それぐらいスゴイ映画。
コレを追い越す作品はオイソレとは出てこない気がしますねえ。

井筒映画は初めて見たんですけど。
今までよくTBS「虎の門」の「こちトラ自腹じゃ~」コーナーで
監督の映画批評を見てたんですよね。
もうあの毒舌解説は見てる方もハラハラしてくる感じで。
す、スポンサーは大丈夫なのけ?とか、
か、監督そんなこと言ったら業界ほされちゃうよ~!とか。
まわりの出演者たちもそれ以上にハラハラな生放送!
たしか、あまりにこき下ろしたから、ワーナーからは
映像供給止められてたような・・・?!
あの番組、今もやってるんですかね?
アタイあれ大好きだったんですけど。
けど、人の作品をバッサ、バッサと切りまくるだけあって、
さすがに自分の映画はすばらしい出来。
口だけじゃなかったってことで。
拙者、監督のパンク魂をシカと見届けた!
お見事じゃ!

在日に関するアタイの知識は本当に本当に浅くて、
ほとんど無いに等しいんですけど。
この映画はそんな無知なアタイさえも、すらり~と
導いてくれます。
行定監督のGOを見たときも、在日の置かれた
状況に驚いたりしたんですけど、ちょっと軽さがあったと
思うんですよね。まあその軽妙さがあの映画のいいところ
でもあるんですけど。

でも井筒監督は違いました。
もっと真に迫る描き方で、コアの部分が語られていて
でも重苦しい訳では無くて。
時折説教くさいかなってシーンもあるけど、それは役者の
演技でカバー!
全体には、あくまで青春映画!っていうパワーがみなぎってて
本当に上手く撮れてます。

1969年という時代は今でも特別な力を持ってるんだなあと
思います。
村上龍原作の映画「シクスティ・ナイン」もあの時代だし。
なんだか若者が若さに夢中!みたいな感じがして
ステキなのです。
ベトナム戦争とかやってるのに、若者は今を生きてて
彼らの生きてる姿の中に、虚無感とか、閉塞感とか、
厭世観が見られないんですよね。

暴力的なシーンも、悲しいシーンもあるし、
テーマ自体も結構重め。
なのに見終わった後は、とてもピースフルで
希望に満ちた気分になれる映画だと思います。

激・激・おすすめ作品ですっ!

それにしても。役者もなかなか良かったっす。
在日韓国人の役は割と日本人がやってたんですね。
今話題の?!沢尻エリカちゃんって・・・。
出演作初めて見たけど、すっごくカワイイ!!
なんなの、あのかわいさ!?ありえない!
黒いチマチョゴリが似合いすぎ~。
アタイが惚れましただよ。
また演技も上手いのね。
c0016407_5174324.jpg

あとね、在日の看護婦役をやってた真木ヨウコさん。
彼女も初めて見たけど、これまたスーパーキレイ。
でもキレイなだけじゃなくて、何か光るモノがある!
っと思ったら、仲代達也氏率いる無名塾出身なのですね。
(役所浩司、若村真由美も同じ劇団出身)
基礎が出来てるから、若いのに上手いはずだわ~。納得!
アタイは今後彼女に大注目していきます~!!
ってもう日本じゃ人気だったりするんですかね?!
ナース姿のまま、とび蹴り食らわしたりしてカッコイイんすよ。
惚れ惚れ~。

男の役者は普通だったけど、中でもピカイチだったのは
ドッグの大友康平さん。
なんかね、すんごいイイ味出てる。
彼歌を辞めてからすっかり俳優路線ね。
大友さんって渋いのに、唯一残念だなってアタイが思うのは、
日本三大カルト教団Sの信者ってことかな。
余計なお世話だけど、演技にハクつけるためにも脱会してほしいなあ~。


ここからは余談・・・。

ストーリーの核になるのが、ザ・フォーク・クルセダーズの
「イムジン川」って曲なんですけど。
これを主人公のコウスケ君に教えるのが、オダギリジョー演じる
酒屋の息子坂崎さん。
ちなみにね、映画のレビューとかにも書いてあるんですけど
撮影にあたってオダジョーにフォークギターを教えたのが
アルフィーの坂崎さんなんですよ。
ちゃんとエンドロールの協力者欄にも名前が出てます。
そんでね、さらにレア情報。
っていうか役に立たない情報なんすけど。
アルフィーの坂崎さんってね、実家が酒屋さんなんすよ。
だからね、役柄とはいえね、坂崎酒店が出てくるんですよ~。
井筒監督ったらコニクイ演出してくれちゃう!
コレ、マニアック過ぎてアルフィーファンしか分からないっすよ。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-24 05:17 | 映画評 | Comments(0)

著しい体力低下

週末はすっかりヒキコモラーな時間を過ごしてました~。
一歩も外へ出ず、2日間こもりっぱなし~。
外はドイツで一番寒い時期だから、それでイイのです!
今日、会社に行くため久々にシャバに出たら
なんだか体力低下なのか、フラフラしちゃいました。
それは寒さのためでは無いと思われます・・・。

家の中で何をしてたのか?っていうと、
かなり地味に暮らしてました。
っていうか、恐ろしく地味。

ネット、テレビ、映画鑑賞、音楽鑑賞、
ドイツ語インタビュー翻訳、読書、瞑想。
・・・そんな感じ。
1円どころか、1セントも使ってない!
わーい。
・・・。

それでいいのです。
だってアタイはもともとインドア派。
食べ物と、ネットと、映画と、音楽と、本があれば
「部屋にこもりっきり+誰とも口きいてないや」
っていう日々を2日か3日くらいなら余裕で過ごせちゃう。
それ以上は無理だけど・・・。

いや、どちらかっていうと、一人で過ごす
こういう時間が定期的に無いと逆に
死にそうになる気がしてるくらい・・・。
人によってはコレを続けてると滅入ってきて
ウツに入るらしいけど、アタイはそういう
タイプじゃないのかも。

その反動なのか、友達と出歩くのも大好き。
おしゃべりして、おしゃべりして、またまたおしゃべり。
そんな時間がかなり好き。
たまに日本人の友達と会うと、ここぞとばかりに
ダーっと息つく間もないくらいの勢いで
しゃべるんですよね。
それもかなり長時間。
(2日間とか3日間とか1週間とか・・・)

けど、最近気がついたことがあって。
日本で暮らしてた時よりも圧倒的に、
日本語を聞いたり、話す機会が少ないし
(毎日会社でしゃべってるけど)
週末一人で無言だったりするから、
友達に会った時、いっぱい日本語を話すと
ものすごくスッキリするんだけど、
その後何日間か頭がドーンと重くなるというか、
体がだるい感じになって、毎回ドドッと疲れが
やって来るんですよね。
体力低下にもほどがあるというか。
っていうか、老化現象?
これ日本語のときだけに起こるんですよね・・・。

対策があまり思い浮かばないけど、
今後はもっとゆっくりしゃべるようにしようかな。
あと腹筋でも鍛えるとか?笑

日本語をしゃべるっていう行為は、実は凄いパワーを
必要とするんだなあと改めて思ったのでした。
(こんなのアタイだけかも。)
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-24 04:30 | 日記 | Comments(0)

ミニ・ロック♪

ドイツ語と英語では、発音とスペルが同じでも意味が
全く異なる言葉がいくつかあるんですけど、
アタイが知ってるいくつかをご紹介。
ってコレだけしか知らないんですけどね。
ドイツ語に興味無い人が見ると面白くもなんとも無いかも・・・。
こういうどうでもいい言葉はすぐ覚えるのに、
重要単語は一向に頭に入ってこないんすよね・・・。

1、Gift:ギフト
英語→贈り物
ドイツ語→毒

2、Kitchen:キッチン(ドイツ語のつづり不確か)
英語→台所
ドイツ語→牢屋

3、Rock:ロック
英語→岩、ロックミュージック
ドイツ語→スカート
本日のタイトル、「ミニ・ロック」はドイツ語だと「ミニスカ」って意味。

4、Pop:ポップ
英語→ポップミュージック
ドイツ語→セックス(若者用語です)

下ネタついでに・・・
日本人は電話に出たとき、「もしもし」と言いますよね。
これはドイツ語だと、女性の性器を意味する言葉になるそうです。
(スペル不明)
ああ、だから、日本語しゃべれないドイツ人(ラムシュタインのボーカル)が
日本に来たとき、うれしそうに、「もしもしっ!」って言ってたんだ~!
と納得。

オチが下ネタですみません~。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-23 04:38 | 日記 | Comments(2)

オフィスK 映画評/ブラザー

マジ、すげえ!
今までの思い込みとか、偏見とか、考え方とか
すべて帳消しになった~。
本当に今更だけど、月並みだけど、
「タケシ・キタノ」はスゴイっすね!

ロンドンで買ってきてた北野映画の、
「ブラザー」DVDを今日見たんですけど。
ホント、見ながら引き込まれて、圧倒されちまいました。

アタイ、北野映画はこれで3本目。
外国人の友達は、全員が口をそろえて
「キターノ・テケーシはすばらしー!!!」
って言ってたんで、
まあじゃあ見てみますかね?っていう気持ちで
2年くらい前に最初に見たのが、
こともあろうか「座頭市」。

アタイ割と時代劇好きな方だと思うけど。
そんなアタイが見ても、何で外国で絶賛されたのかが
ちっとも分からなかったんすよね。
なんかね、こういっちゃあ何だけど、ストーリーが
ありきたりっつーか、良くある時代劇の勧善懲悪モノ。
そりゃあ、有名な話だからそれを元にしてたら
そんなもんなんでしょうけど。
それに役者の声知ってるから、黒幕が誰だかも
最初のシーンで分かっちゃって全然面白みが無いし。
リズミカルな演出とシーン運びが特に
外国人受けしたっぽいけど、それと時代劇って
あんまり関係無いような気が・・・。
それにね、何といっても座頭市演じる主役のタケシ殿が
どうもしっくり来ないっつーかね。
何で金髪なのよ?とか、
クライマックスでジャジャーンとカッコ良く登場し過ぎ!とか、
あのセリフの言い方は時代劇にそぐわない!とか。
数え上げたらキリが無くて。
もう、はっきり言って「普通の映画」だと思います。

でも世界のキタノなんだから、こんなはずは無い!
って思って見た二本目が「キッズリターン」。
アタイのドイツ語の先生お薦めの作品。
金子賢と安藤君が出てるヤツ。
これはね、悪く無かったですよ。
タケシ殿が出演してないからか?!って思ってみたり。
でもね、ストーリーがね、個人的に好きじゃなかったんすよ。
何だか竹原慎二のボクサーストーリーとかぶるっていうかね。
竹原ストーリーは好きだったんですけど。
(数年前に2ヶ月くらい猛烈なファンだったので本を買って読んだ・・・)
まあソレの映画版?!って思えばいいんですけど。
アタイはなんとなーく好きじゃなかったっていう感覚的な話。

まあそんな感じだったけど、
まだまだ2本でタケシを判断するのは時期尚早じゃないかと思って。
ブラザーを見たわけです。
で、結果すばらしい!って思ったわけです。
やっぱりタケシ映画の真髄は「暴力・血・死・静けさ」
なんじゃないかと。
ブラザーにはコレが全て盛り込まれてて、
新しいやくざ映画だ~!!!と感動したのでした。
そりゃあ、ヤクザもんですから、見てても「ひやあ~」って
目を覆いたくなるくらい暴力・暴力・暴力のオンパレ。
指詰め、ハラキリ、拳銃自殺、銃殺、殴り合い・・・って
次から、次へと最後までそんな感じ。

なのにね、映像が美しくて、色彩がキレイで、
シーン全体がとても静かで無駄が無い演出。
誰も感情的な演技をしてる人が居ないのに、
作品全体に悲しい雰囲気が見事に流れてる。
多分それはジョー・ヒサイシ氏の音楽のせいなんだろうなと。
彼の音楽が入るだけで、ガラリと雰囲気が変わって、
作品が重厚になるからホントすごいと思う。

あとね、大げさじゃないのに役者の演技が
これまた、もうすんばらしいの。
北野映画の常連俳優といえば・・・
ススム・テラジマだけど。
(アタイのドイツ語の先生は彼の大ファン。笑)
マジで彼はスゴイっすね。
印象に残りまくるっていうか。
小柄で痩せ型なのに、インパクトでかいっていうか。
「自分アニキに命かけてますんで。」
って言ってコメカミに銃当てて自分の頭撃ちぬくんすけど。
さ、サムライだ・・・!って感じ。
ドイツ語の先生じゃないけど、し、渋すぎ~!って思いました。

あとね、大杉連さんも忘れちゃいけない。
もう品がありまくりなのよね。格が違うのよね。
ヤクザなのにね、渋いんすよ。
指詰めだけじゃなくて、ハラワタまで自分でえぐりとっちゃって。
あの後死んじゃったのかな~って悲しくなるけど
ヤクザじゃしょうがないよね・・・みたいな心境にさせる
すばらしい演技。
ハラキリー!これまたサムライ魂だわね。
もしや、「ヤクザに見るサムライ魂」もタケシの演出目的なのかも・・・?!

でも個人的に一番スゴイって思ったのは、真木蔵人。
彼こんなに演技上手かったっけ?ってくらいスゴイ。
彼こんなに英語上手かったっけ?ってくらい違和感無い。
彼こんなにガッシリしてたっけ?ってくらい黒人さんたちに
溶け込んでる。
アメリカに留学してる日本人の発音と態度!みたいなのが
上手く出てるなあって感じで。
まあとにかく彼の演技力にもアタイは驚いちゃったんすよ。

渡哲也がヤクザの組長だったんだけど、
品があるヤクザねえ・・・。
アタイとしては、あの人刑事の印象が強いんだけど・・・。
刑事もヤクザも紙一重ってことでまあいっかな。笑

いやあ、映像、音楽、ストーリーとどれをとっても
申し分無かったっす。
上映してた当時は、映画のCMが好きじゃなくて。
タケシの「ファッキン・ジャップくらい分かるんだよ、コノヤロー!」ってヤツね。
何かつまんなそうねって思って、全然見る気無かったけど、
コレは見て正解っす。

あとは、「この男凶暴に付き」、「花火」、「菊次郎の夏」、
「ソナチネ」を見なくてはね。
全部見た上で総合評価しなくてはね。

タケシ映画は暴力的なのが多いって言われてますけど、
多分それが外国で受ける理由なんじゃないかなと。
ハリウッド映画だと、たとえば誰かが拳銃を持って女性を
人質にとってたら、登場したヒーローはその犯人だけを
打ち抜いて見事人質も助ける!
みたいな感じが多いと思うんですけど。
タケシの映画は、どっちも撃ち殺しちゃうんですよね。
え?って展開になるんですよ。
でもコレはタケシに限らず、今外国で受けてる邦画の
特徴じゃないかなと思うんですよね。
邦画だけじゃなくて、バイオレンス映画全般の特徴
じゃないかな~と思うんですよ。
やられるのが悪役だけとは限らない展開が、なんだか
新鮮というか。
死があふれているのに、感情過多じゃない演出と演技が
またより効果的な感じになるっていうか。
バイオレンスムービーが苦手な人は見ない方がいいですけど。
アタイはホラーとか嫌いなのに、バイオレンスムービーは
見ちゃうんですよね・・・。なぜかしら?

いやあそれにしても期待せずに見た映画がすばらしいと
得した気分っす。

ちなみにこのDVDはイギリスで買ったんですけど。
映画がアメリカロケが大半だったので、ほとんどセリフが英語。
当然日本語字幕なんて出やしない。
日本人俳優のセリフは全て英語字幕付きだったけど。
まあ幸いダイアローグ命っていう映画じゃなかったので、
何とかついていけました~。
ダニーっていう黒人の弟分もイイ味だしてました~。
タケシのことを「アイラブユー、アニキーッ!」って言う
ラストシーンがまたいいんですよね~。

本編は1時間半くらいだけど、オマケ収録の
インタビューやら、撮影シーンやらの映像が1時間半くらいあった!
これ多分ジャパニーズエディションだとすごく高いんじゃないかなと。
タケシの生い立ちから、芸人暦、スキャンダル暦、事故暦と
すべてを網羅したドキュメンタリーが入ってて、
そんなこともありましたなあ~って懐かしかったっす。
今度「戦場のメリークリスマス」を見てみようかな。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-21 08:08 | 映画評 | Comments(0)

クジラ

なんかね、今日テレビのニュース見てたら、
「日本の~」ってフレーズがキャスターから
聞こえてきたので、
何、何?日本がどうしたってえの?
って画面に注意を向けたんですよね・・・。
アタイね、テレビやらラジオから「日本が~」って
聞こえたら条件反射で神経集中して聞き取りを
がんばっちゃうんですよ。
他の国の名前だと右から左に流れるだけなんすけどね。

で、キャスターが何を言ってたかっつーと。

「本日、ベルリン日本大使館前に、体長16メートル近くある
クジラの死体が持ってこられました。」
とのこと。

誰が、何のために?かと言うと、

「いまだにレストランやら、お惣菜でクジラ料理を
食べ続ける日本人に対するグリーンピースの抗議行動。」

だそうで。

なんかさ、アタイの中ではスーパーで気軽に
クジラ肉が手に入らなくなった20年近く前から
こういう欧米人による抗議行動はすでに
終焉を迎えていた・・・みたいな感じだったんですけど。

この抗議行動ってまだ続いてたんだ・・・。
ってのが正直なアタイの感想。

そう言われてみれば、
渋谷にクジラ料理専門店とかあるし(いつか行きたい!)、
たまに居酒屋とかでクジラ肉をメニューで見かけたり
してたなあと。

けどさ、それは食肉用に捕鯨したものではなくて、
研究用に捕鯨したクジラさんの余り肉を
食用として有難く使わせて頂いてるっつう触れ込みだったような。
違いましたっけ?
もしかして日本の消費者(というかアタイ)が騙されてんのかな?

でもさ、でもさ。
明らかに捕鯨してた時代から比べると、
日本市場に出回ってるクジラ肉は激減してると思うんだけど。
それでも生ぬるいのかな?
最近の若者なんて食べたこと無い子とか
多いんじゃないの?ってくらい市場じゃ見かけないし、
口にもしないよね。
それでもダメなのかな?
アタイが小学生だった頃なんて、給食メニューに
クジラ肉があったもんだけど。
母ちゃんの作る、「クジラ肉の水菜煮」なんて絶品だったけど。
ソレも昔の話で。
日本政府は譲歩して欧米の意見を取り入れましたからね。
すごいね、日本人。

まあね、いくら海の生き物とはいえ、
絶滅の恐れのある哺乳類を食べるなんて日本人は野蛮だ~!
っていう欧米っ子たちの意見は分からないでも
無いんだけど。
というか日本人が捕鯨するから、クジラが絶滅の危機だ~!
って言いたいんだと思うけど。
でもアタイらは、食べ物を粗末にしてはいけないって
学校でも家でも教わって育ってきてるし、
クジラに関して言えば、アタイなんて百科事典の図解付きで
「無駄になる箇所がひとつも無いクジラ」
っていうのを読んで幼心に感動してたものだけど。
でも欧米っ子にとっちゃ、そんなことどうだってよくて
「ひどすぎる!野蛮すぎる!生態系を壊している!」
ってことなんでしょうね。

グリーンピース活動者はかなり極端な人たちが多いって
聞いたことがあるので、
多分みんなスーパーベジかもって思われるけど。
肉、魚、卵を食べないってやつね。
だから彼らは当然欧米諸国の肉食に対しても
抗議行動をやってるんだろうなと。
彼らクジラに限らず、イルカとかにも過剰反応してる気が。
逆を言えば、そんなに哺乳類が偉いのか?
っつー話ではあるんだけど。

実際、街中でも動物実験やら、食肉加工とかされてる
暴力的な映像を見せながら
「動物を救え~!」
みたいな抗議行動してるのを見かけるから
ターゲットにしてるのは日本だけじゃないのねってことで。
まあ抗議の仕方はある意味平等なのかなと。

でもさ、でもさ、何だか哺乳類だから食べてはいけない!
っていう理由だけだとあんましアタイとしては
納得出来なかったりするんだけど。
別に、食べたいから食べさせろ~!って言いたいわけじゃなくて、
抗議行動の理由に納得したいだけなんすよね。
ダメならダメで食べなくても平気だし。
人の国の食文化を否定するんだから
それなりの理由を述べたまえ!
って思うだけなんすよね。
アタイが知らないだけで、何だかソレはソレはすごく
高尚な理由があるのやもしれませんからね。

歴史的に見ると、そもそも肉食だったのは、
オタクらが先じゃなかったっすか?
みたいなところもあるしね。
もともとウチラ農耕民族ですし、肉食べ始めたのなんて
かなり最近ですよ。
どっちかっつうと魚系だったんで、クジラも魚の一部?!
みたいな認識でやってきてたところあると
思うんですよね~。(学術的には間違いだけど。笑)
アタイ小さい頃、クジラが哺乳類だって聞いたときは
そりゃあもう驚いたもんですよ。
多分ウチラのご先祖さんたちは、当然知らなかったと
思うんですよね。

中国のイヌの肉を食べる文化もグリーンピースに
かかっちゃ、ひとたまりも無いんですかねえ。
まさか、中国食文化を否定するのに、
「かわいそう~!」みたいな理由だけで反対してるわけじゃ
無いでしょうね・・・?!
虫を食べる民族だっているんだから、それを尊重しない
のは言いがかりか、他民族に対する差別意識なんじゃないか?
とも言えますからねえ。

アタイはグリーンピースの人たちが、
最もな理由を述べて納得させてくれれば、それはそれで
何の問題も無いんすよね。
あとはスーパーベジの人に言われたら、それも認めざるを
得ないかなとも思うし。
単に、センセーショナルなデモをやって、無知な人を煽るだけ
煽るようなやり方が好きじゃないってだけなので。

でもさ・・・。
ベルリンの日本大使館前で抗議行動をしたからといって、
ソレが日本に伝わるとは到底思えないんだけど。
だってさ、今までの経緯を見てるとベルリン日本大使館って
すっごい保守的なんすよ。
何時代?っつーくらい保守的。

こないだベルリン行ったとき、前を通ったけど
新築の建物はガイドさんの説明無しでも
アタイにはすぐに日本大使館だ!って分かったんすよ。
何故って、建物の一番目立つ中央にデーンと
「菊の御紋」が光ってましたからね。
控え居ろう~!頭が高~い!って感じで。
(↑ソレは葵の御紋ですね)
他の国にある日本大使館もこう居丈高なんすかね?
なんかスゴイ権威主義ぃ~って感じっす。

それにね、こないだ記事で読んだんですけど、
ベルリン日本大使館のホームページにある
君が代のドイツ語訳には、「天皇は神である」っていう
誤訳がドーンと記載されていたらしくて。
外務省が指導して修正させたそうなんですけど。
それがほんの2ヶ月くらい前の話。
天皇が神じゃなくなったのは60年以上前の話。

そんな日本大使館だから、
「こないだグリーンピースのヤツラに大使館前に
クジラ持ってきて抗議デモされちゃったよ~。
ちょっと日本国内のクジラ消費量減らしといて
くださいよ~。」
って日本に言ったかどうかっつーと、
言ってない気がするんですよね・・。

じゃあこの抗議行動はどんな効果があったのかと言うと、
ドイツ全土にニュースで放送されちゃったから、
ドイツ人に「日本人は野蛮」って意識を植え付けたに
過ぎないんじゃないかな~と。
もしやヤツラそれが狙いか?

そのクジラさんは厳重にパトロールされて
ベルリンから海洋博物館に運ばれて行きましたとさ。
ってキャスターが説明してました。

そもそもベルリンは内陸にある都市なんですけど、
いくら死んでるからって海岸から内陸の首都まで
クジラを運んでくるのもどうなの?って感じ。
それをまた特殊作業車で運んでたんだけど。
それに使われるガソリンとかは、
環境に悪くは無いのか?グリーンピースさんよ?
みたいな気がしますけど。

ベルリンは雪が降ってて超寒そうだったので
クジラにとってはある意味天然の冷凍庫だったかも?!

やっぱりこの件は、一度ドイツ人に納得がいく説明を
してもらわないことにはねっ!
[PR]
by kuronekomusume | 2006-01-20 07:05 | 日記 | Comments(2)