死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

模様替え

机を買ったのにレイアウトはそのままだったので
なんだか部屋の真ん中で暮らしてるのは
変じゃないか?って気がしてきて。
さきほど思い立って部屋の模様替えをしてみました。
ベッド動かしたり、机動かしたり、棚動かしたり。

でもさ・・・。
アタイってつくづく才能無いかも。
空間把握能力ゼロ?
何をどこに置いてもしっくり来ない感じで。
それに・・・。
あざを作ってまで机を買いに行っちゃったけど
そもそもこの部屋に必要だったか~???
みたいな疑問まで湧いて来る始末・・・。
いえ、いえ、必要だったのです!
って無理やり今自分を納得させてます・・・。

けどさ~。
ここで一つ疑問なんだけど。
何でリビングルームの机って
一般的に高さがひざくらいなのよ?
テレビ見たりするには机は低い方がいいからかな?
でもお茶とか飲みにくいよね?
お菓子とか食べづらいよね?
パソコンとか入力しづらいよね?
いちいち背をかがめないといけないから
姿勢悪くなるんだけど。

だからといって、
ソファと背の高い机を置いてるリビングルームの図って
見たこと無いよね?
バランス悪いからかな?
食事用の机にソファはあわせちゃいけないのかな?
ルール違反なのかな?
でもアタイはあえて合わせちゃうよ。
常識くつがえしちゃいますよ。
いくら見た目のバランス悪くてもやっちゃいますから。

っていうか机買っちゃった手前、
合わせざるを得ない状況ではあるんだけど・・・。

でも不思議なことに机を買ったのに
さらに部屋がだだっ広く見えるんだけど・・・?!
なぜ?

もうちょっといろいろ手を加えて和風テイストの
お部屋に仕上げたいと思います~。
でも難しい・・・。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-28 06:54 | 日記 | Comments(0)

ローゼン・モンターク

ってなわけで、今日がそのカーニバルの山車とか出る
パレード本番らしいんですけど。
窓の外見たら雪ちらついてますし。
っていうか昨日一応見に行ったので今日は行く気もともと
ゼロなんですけどね。

一応写真を昨日撮ったのでアップしてみます。
↓まあ全体の雰囲気はこんな感じです。
c0016407_23365525.jpg

「王様の並木道」という名前のデュス目抜き通りは
車両通行止めになってて、文字通り老若男女が思い思いの
仮装をして、酒かっくらいながらズラズラ歩いてました。
スーパーの買い物カートらしきに装飾をつけて
その中にしこたま買い込んだと思しきビール瓶を
詰め込んでる人たち多数。
屋台で買うと高いから自分で持ってきたビールを飲みながら
カーニバルの雰囲気を楽しむのがドイツ流。
だそうで・・・。
なんつーケチケチ民族!

けど、写真からも分かるとおり、雪降ってました。
寒いっつーの。
せっかくの仮装も、コートみたいな仮装がメイン。
薄着だと寒いからね。笑
c0016407_2341791.jpg


↓この子の仮装は可愛かったかな。何の仮装か不明だけど・・・。笑 
c0016407_23412973.jpg

↓オバチャンたちの仮装は基本ズラ着用です。
王様の並木道には高級ブランドショップが並んでるんですけど、
酔っ払いにウィンドーを壊されないようにベニヤでちゃんと
防御してました。笑
c0016407_23432024.jpg


まあこんな感じです。
みんな酒飲みまくり。
通り中に響き渡る音量でスピーカーからはドイツ音楽が・・・。
カーニバル用音楽らしいんですけど・・・。
民謡でも何でも無く、単なるウルサイ音楽・・・。
ビールジョッキ片手に歌いだしそうな雰囲気の音楽・・・。
た、耐え難い・・・。
その曲にあわせて陽気に踊るドイツ人たち・・・。
ありえない・・・。

アタイの結論は・・・。
「来年は無いな。」です。
全然アタイの趣味と嗜好に合わないカーニバルなんだもん~。

っていうかね、
アタイってホントにドイツが好きなのか?
ってドイツ人に疑われるかもしれないくらい、
なおかつ自分でも疑っちゃうくらい、
ドイツの文化的行事に一切興味が無いんですよね。
一応全部経験と体験はしてますよ。
でも結論は「好きじゃないな」なんですよね~。
けど日本のお祭りとかもあまり好きじゃないので
ドイツに限ったことじゃ無さそう。
まあドイツのどこが好きかはいつかまた
ココに書いてみたいですね。
ちなみに、ドイツが好きだ!って言う日本人は
こういう行事とかドイツ文化とか大好きですから
普通は楽しめるんだと思います。
アタイが好きじゃ無いってだけですから。

プライベートで仮装してパーティやった方が楽しいよ!
っていうグヌルの説明を受けながら、王様の並木道を
雪のちらつくなか散歩して、スタバへ移動。
スタバでは女の子が酒につぶれてトイレを1個占領・・・。
外では若者同士の小競り合いが・・・。
酒は飲んでも飲まれるな!

グヌルとは色々話込んでしまって、
そのまま彼女の家に移動。
一緒にパスタを食べて赤ワイン飲みながら
いろいろと語りあってしまいました。

彼女はかなり落ち込んでいたので、
悩み相談を受けたり。
大したアドバイスは出来なかったけど、
悩んでる時は誰か聞いてくれる人が
近くにいるだけでも心を穏やかにするものだから、
少しでも力になれてたらな~と思います。
友情観や恋愛観を語り合ったり
アタイの話をしたり・・・。

彼女はものすごく頭が良いので
回転が速すぎて、アタイは普段
彼女の会話のスピードについていけないんですけど、
今回はゆっくりじっくり話せたので
何だか距離が近づいた感じがしました。

グヌルはトルコ人気質だからか、
かなり激情型で、
時々その熱さに圧倒されちゃって、
アタイにはキツ過ぎるなあって
思ってたので、
実は距離を置いてたんですよね。

まだまだ彼女と渡り合えるほどの
力量は私には無いけど、
っていうかパワーも無いけど、
悩んでる彼女の力にはなりたいなあと
思った一日でした。

けど、不思議なのは、仕事外でも
一緒に出かけたいと思わせる同僚は
全員外国人ってことですね。
ドイツ人同僚、特に女は仕事は出来ても
死ぬほど退屈なヤツラばっかり~
って点でグヌルとアタイの意見が一致。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-28 01:16 | 日記 | Comments(2)

イケア

さっき長々イケアについて書いたのに
キーを押し間違えて、全部消しちゃったので脱力状態です。
でも覚えている限りまた書いてみます。

本日は、今まで行ってみたかったスウェーデンの
家具チェーン店イケアに行ってきました。
これは日本でもオープンするんですよね?
もうしたのかな?

リーズナブルな価格で、ステキなデザインの家具を
買えちゃうので、ドイツじゃ昔から大人気だそうで。
ドイツはアパート暮らしでも、部屋数が多いし、
部屋も広いので、みんな色んな家具を安く
買い揃えるのにイケアを利用するからなんでしょうね。
値段が安い分、品質は悪く無いけど決して高くも無いです。
デザインがステキだからそこは我慢で。

日本だと、都心に住んでる人は部屋が狭いし
家具なんて置いたら大変なことになるから
あまり需要が無い気がするんですけど。
アタイのような所得レベル層がまさにターゲットだと
思うんですけど、買いたくても住居の広さから
現実的に買えないっていうかね。
じゃあ持ち家ある人が買うのか?っていうと
持ち家ある人は、せっかくだから!と良い家具を
買う傾向にあると思うんですよね。
イケアデザインは日本人受けすると思いますけど
果たして販売数はどうなるんだろう?ってちょっと
イケアジャパンの行方が気になります。笑

アタイんちは家具付きアパートなので
家具を買う必要は無いんですけど、
ご飯を食べるときに使ってる机が低すぎるので
椅子に座って食べられる高さの机が欲しいな~と
思って買いに行ったのでした。
無事頭で描いてたものを見つけて購入。
しかもたったの45ユーロだから6000円くらいでしょうか。
安~い。
ついでにイサム・ノグチのぱくりっぽい和紙のランプも
買いました。こちらはたったの1000円程度。

イケアは2フロアになってて、2階が展示フロア。
観光地の順路みたいに、
リビングルーム→キッチン→寝室→子供部屋
とそれぞれのコーナーを順に見ていけるように
なってます。
各コーナーも、部屋そのもののディスプレイがほどこされてて、
リビングルームだけでも6畳ぐらいの広さの部屋に
4パターンくらい飾りつけられてます。
机や椅子がいっぱい置いてあるだけじゃなくて、
通路に沿って部屋がいっぱいある感じです。
その中に家具が置かれてるので、それを見て、
お客さんもイメージを膨らますことが出来るのです。
c0016407_91518100.jpg
c0016407_9153419.jpg

欲しいものが決まったら、タグに書いてある倉庫棚の
番号をメモって、倉庫フロアのある1階へ移動します。
倉庫フロアについてもいきなり倉庫があるわけではなくて、
そこはまずインテリア小物類が売ってるコーナーです。
そこで、さらに購買意欲を高める仕組みなんでしょうね。
で、そのコーナーを抜けるといよいよそこは倉庫です。
高さ10メートルくらいの棚が整然と並んでいて、
梱包された家具類が並んでますから、
該当する商品を自分で探し出して、自分で荷台に乗せて
レジでお金を払うという仕組みです。
普通は車で来てますから、荷物を駐車場へ運んで
自宅で自分で組み立てるって仕組みです。
すべて自分でやるんですねえ。。。

アタイは車を持ってないので、配送サービスを使うことにしたんですけど。
これがすごくドイツ流のサービスで日本の至れり尽くせりサービスに
慣れきった身としては石器時代か?ってくらいのレベルに
思えてしかたなかったくらい・・・。
まず曜日指定が不可。
イケアが指定した日じゃないとダメで。
アタイが指定すると、その分倉庫での保管費が上乗せされるとかで。
当然土日は配送してないし。
さらに、配送時間の指定も不可。
それはドライバーが決めるので、アタイが決めることは不可なんだそうな。
でも配送予定時間の1時間前に電話はもらえるとかで。
けどそれ朝9時から夕方5時の間だそうで。
そんなの仕事があるアタイなんて、1日待機してなきゃダメってことで。
会社休まないと絶対不可能っすね。
でも車無いし・・・とそれでお願いすることに。
そしたら何と30ユーロもぼったくられた!
机代と大して変わらないレベル。
何だよ、それ~!
ってかなり不満な気持ちが沸々と湧き上がって来たので
お金払った後、熟考すること1分。
で、決論:タクシーで今から持って帰るべし!

てなわけで、配送費を返してもらって、荷物も返してもらって
タクシーを電話で呼んで、家まで帰ったのでした。
16ユーロだったから、配送費の半額。
賢い選択だったってわけです。
わーい!

でもこの話には悲劇が隠されていて。
アタイ電話でタクシーを呼んだんですけど。
タクシーは意外と早く来たので、待ち合わせ場所まで荷台を
運べてなかったくらいだったんですよね。
1分くらいでタクシーが来ちゃったんですよ。
だから、タクシーが帰っちゃったら困る!と思って、
荷台を置きっぱなしにして急いでタクシーの方に走っていったんですけど。
近道だ~と思って屋台の裏を走りぬけようとしたら、
段差でものの見事にすっころんでしまったのでした・・・。とほほ。

でも、何で雪も降ってないし、雨も降ってないのに、すべったんだろ??
と地べたにはいつくばったまま、あたりを見回すと・・・。
原因発見!
CSI捜査官並みに原因発見!
屋台の裏からね、水が垂れ流し状態だったんすよ。
その水がね、長い時間かけてコケを育成させてたんですよ。
アタイはそのぬるぬるのコケに足を取られて見事すっ転んだって訳で。
痛い~!と思いつつも、タクシーが逃げては困るわと
痛みをこらえて気丈に立ち上がったアタイは、
何事も無かったかのように運転手に近づいて
無事タクシーを確保したのでありました。

腰と、あごと腕を打ち付けたのにくわえて、
両足もすりむいちゃいましたから
タイツのひざに穴が3つほどドーンとあいてしまってたのに、
荷物を運転手に積んでもらって、平然とタクシーに乗り込みましたよ。
まあこっちじゃタイツに穴あけたパンクファッションの人とかいるし、
ひざから血を流しててもゴスっぽいし・・・。
と自分に言い聞かせて・・・。
でも痛い!
水の垂れ流しって過失じゃねえのか?って思ったけど
そんなことでイケアを訴えるのも面倒臭いなあ~と
そのまま帰宅したのでした。

でも買い物行ったくらいで転んじゃう自分のドンくささに
多少あきれているのも事実で。
よくアタイも生きてるよなあと。
あ~あ。

今日の教訓は、「急がばまわれ」ですな。
そもそもイケアに行くなら車で行け!ってことで。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-26 08:58 | 日記 | Comments(0)

11時11分

今日からカーニバルが始まりました。
ドイツ全土というより、アタイの住む州より南でしか
この風習は無いらしいですけど。
北ドイツ、東ドイツエリアはそんなことやらないって
言ってましたからね。
デュスとケルンのカーニバルが特に派手で有名だそうです。

そんなわけで、今日は会社に行ってもみんな
浮き足立ってました。(いつも浮き足立ってる気がしないでも無いけど。笑)
案の定、全員召集かかって台所へ集合。
台所はいつの間にか飾りつけがされてて、
まさにパーティムード。
ちょっとした軽食とアルコール類が用意されてて
同僚達みんなで乾杯。
それも11時11分にスタート。

この風習って11時11分にスタートするのだそうです。
何故?
それは誰に聞いても「分かんないやあ。」という回答しか得られず。
いつまで続くのかというと、来週の水曜までだそうで。
え?一週間も?
はい。
1週間カーニバルだそうです。

そんで。
男性陣はネクタイを女性陣からハサミでカットされます。
何故?
それは誰に聞いても「分かんないやあ。」という回答しか得られず。
そんで。
そのカットしたネクタイは窓に貼り付けてデコレーション。
何故?
何故?
多分そういう風習なのです。
男性陣はこの日に備えて安物ネクタイで出勤。
もしくはノータイで出勤。
まあ、こう言っちゃあ何だけど、何が面白いのか
アタイにはさっぱり理解出来ず???
でもみんなうれしそうでした・・・。

11時11分はもちろん勤務時間中ですけど。
とりあえずアルコールでカンパーイ!
ビールとシャンパン。
おいしー。

同僚のほとんどは、この後は半休を取ってるとかで
「さあ今からデュスの街へ繰り出すぜ!」とのこと。
「え?今から?まだ昼間じゃない?」って聞いたら
「カーニバル期間中は昼間から夜までずーっと飲んだくれるんだよ~!」
とのこと。
な・る・ほ・どねええ。
行ってらっしゃーい。

そんで。
それが1週間続くそうで。
そのため来週月曜日は祭日なんですけど、
この付近で育った人たちは明日金曜も
ちゃんと有給を取って飲んだくれるそうで。
まあ日本で言うところの岸和田ダンジリ祭りのために
有給とって帰省する人たちみたいなもんでしょうか?

月曜祭日は「ローゼン・モンターク」と言って
バラの月曜っていう意味なんですけど。
由来は?と聞いたところ、
それは誰に聞いても「分かんないやあ。」という回答しか得られず。
その祭日があるのはアタイの住む州だけだそうです。

午後の仕事はアルコール入れちゃったから
何だか集中力が続かず、おしゃべりしながら
ダラダラしてしまいました~。
アタイお酒が入ると笑い上戸になってうるさくなるんですよね。
周りが迷惑しちゃってたかも。
同僚達はそうそうに2時くらいには引き続き
飲みに行ってしまいました。
残ってるのは日本人だけ・・・。
アタイも飲みに行こうよ!って誘われたけど
気乗りがしなかったのでお断りしちった。
だって、同僚と飲むなんて日本みたいじゃないの~。
って意外とドイツ人も日本人みたいなんですよ。

ちなみに・・・。
カーニバルですから、みんなそれぞれ仮装します。
それも・・・。
子供だけでしょ、どうせ!なんて思ってはいけません。
じゃあ、若者だけでしょ、どうせ!なんていうのも偏見です。
老若男女が仮装するみたいです。
っていうか、コスプレ?
ま、まさかねえ???
って思いながら今日仕事の帰り電車に乗ってたら。
本当に仮装したオバちゃん達が電車に乗ってきたから
びっくりしちった。
それもね、魔女と悪魔でしたよ。
ちゃんとシッポとかつけてるし、顔にもペイントが。
当然子供達もコスプレ。
すごいね。
途中からアタイの隣には囚人衣装の青年が
座ってきてたし、さらにアタイの向かい側には
女装したオッサンが。。。オッサンちゃんと胸とかあるし、
化粧してるし、ズラつけてるし・・・。
そんな人とトイメンに座っててどうやって笑いを
こらえればいいのっ?!って感じで。
しかもそのオッサン一人で女装して乗ってきたからスゴイ勇気。
ちなみに赤いチェックのワンピースだったんだけど、
ワンピは半そででしたよ。
この寒空にねえ。

要は、コスプレして1週間飲んだくれて大騒ぎする!ってのが
このカーニバルなんだなあと理解することにしました。
土日が特に派手らしいので、また写真撮りに行ってきます~。
アタイもコスプレやりたいけど、一人でコスプレしてた
女装オジサンほどの勇気はまだ無いので、
またいつの日にか・・・と楽しみに取っておきます。

ドイツ人たちのはしゃぎ具合を見てると、
クリスマスより断然楽しそうです。
それにクリスマスのときより思い入れがありそうだし
みんな楽しみにしてたのよね!って感じで。
仕事どころじゃ無い雰囲気。

今テレビのニュースでやってたけど、
薄着のコスプレーヤーたちが、アルコール摂取してるうちに
体の温度が麻痺してしまって、気がついたときには
体温が低下しすぎて倒れる人続出だそうで。
救急隊員が仮設救急エリアに運んで応急処置してるそうです。
アルコール+ドラッグ摂取でぶっ倒れてる少女も
映ってましたし・・・。
うーん、これがカーニバルなのね。
街中の映像では、スゴイ人出。
お、おそろしー。
しかもそのほとんどが酔っ払い。
おそろしー。
これがあと6日間続きます。
おそろしー。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-24 04:27 | 日記 | Comments(2)

雨に歌えば~♪映画評/SAYURI

アイム・シィーンギ・イン・ザ・レーイン♪
シィーンギ・イーン・ザ・レーイン♪

ここ一週間ほどデュスは雨が降ったり止んだり。
だから傘を手放せないんですよね。
雨だけだとまだいいんですけど、風が加わると
ヌレネズミですから、風は勘弁してくださーい!って感じっす。

ドイツに来てからすでに2本も傘を壊しちゃったので、
今のは3本目。
壊れたのはどっちも3段折りたたみ傘。
やっぱり3段折りたたみは強度がイマイチ?
可愛くて、軽くて、丈夫な折りたたみ傘が
欲しいなあ~。

まあ雨なんて本当は嫌いだけど、今日はイイことが
あったので、スキップ気分で~す♪

昼過ぎにグヌルから「今日映画見に行くけど来ない?」
って聞かれたから一緒に行くことに。
見た映画は「ゲイシャ」。
そうでーす。
またまた「SAYURI」を見に行ってしまいました。

1回目見たときは、小説上巻の途中までしか読めて
無かったので、あの独特の花柳小説ワールドを
把握しきれなかったんですけど。
こないだ上下巻とも読み終わりましたから、
今日のはおさらい。

やっぱり内容が分かってると、言ってることも何となく
想像がつくので、ドイツ語でも大分理解出来て良かったです!
復習の鬼になれ~!ってヤツですね。(受験生風に)
セリフが理解できて今回気が付いたんですけど、
ちゃんとセリフの中に芸者特有の習慣の説明が
入ってたんですねえ~。
ストーリーは一部原作と内容が異なってましたけど
それはそれでつじつまあってましたから問題無いですね。

あのチヨちゃんが願掛けに行くときに走り抜けているのは
私も大好きな伏見稲荷大社なんですけど、
彼女が鳥居を走り抜けてたどり着いたところは
どっか別の大きな寺。
実際の伏見稲荷大社は小さ目の祠が小高い山の上にあります。
あそこは一見の価値アリですから、
まだの人はぜひいつの日にか行かれることを激お薦めします!
原作では八坂神社で「芸者になれますように!」と祈っていたので、
この映画ではマニアックに神社の違いを楽しむことも可能です。
祇園からは八坂神社の方が近いですから、
子供の足で行くには八坂でしょうね。
でもビジュアル的には断然伏見稲荷ですから
映画としては全く問題ないですねえ。
あれが実在するって知ったら欧米人は驚くだろうなあ~。
日本人でも感動して驚きますからねえ。
また見たいなあ。

前回は気がつかなかったけど、
エキストラ出演の各シーンで彼らが話している言語は、
大抵日本語でした。
宴会シーンとか、お花見公園客のシーンとか。
疎開シーンとか、祇園立ち退きアナウンスとか。
疎開シーンなんてちゃんとエキストラの人は
関西弁でしたから、おおっ!って感じで。
ロブ・マーシャルったら割と気を使って撮ってる~。

とまあ二回目ともなると、細かいところにまで
目とか耳が行くんですけど、それでも
原作とシーンが違ってたのでイマイチ理解できなかったところが・・・。
役所浩司がビンで手を切ってしまう最後の方のシーン。
役所がサユリの旦那になりたい!って言ってるところしか
分からなくて、その前に何を言ってるのやらさっぱり。残念。

初桃(コン・リー)にイジメられる少女時代の
サユリを見ながら、グヌルが
「ああ、もう、なんて初桃は意地悪なの!最悪!」
「サユリかわいそう・・・」
って連発してたんだけど。
おしんとかボタバラで感覚麻痺してる日本人には
イジメには見えないっていうか。
あれは初桃のサユリに対する単なるヤッカミというか
嫉妬心ですもんね。
まあ女性特有ですからよくある話?みたいな。
本気のイジメはもっとスゴイですから。
っていうかお世話になっている家の稼ぎ頭の
言うこと聞くのは普通?みたいな。

作品とは関係無いけど・・・。
最近のカメラは精度がイイからか?女優の肌まで
ガーンとスクリーンで見せ付けちゃうんですね。
そんなわけで気になったのが・・・。
ミシェル・ヨーの肌。
残念ながらあまりキレイじゃないっすね。
その分、戦後の疲れきった様子が上手く表現できてましたけど。
普段からSKⅡでスキンケアに抜かりの無い
桃井かおりの肌はミシェル・ヨーより断然キレイ。
汚い格好で意地汚そうな演技してても
肌の美しさと張りは隠せないのですね。
工藤夕貴のアップも肌がキレイでしたわ。
チャン・ツィーは若いからまだまだ大丈夫。

あと、女優さんたちの着物の着こなしに、
前回違和感を感じた理由が分かりました。
中国人ってことが原因なのではなくて、
着こなしが多分原因じゃないかなと。
着物素人のアタイが気が付いただけなんですけど、
サユリ、初桃らの着こなしは襟を開けすぎてるんですよ。
うなじをぐっと開けて見せるのと同じくらいに開けてます。
あれは遊女並みの開襟具合じゃないかなあと。
ガウンじゃ無いんだから・・・。
違和感感じたのはソレかなあと。
おカボと豆葉はそこまで開けてなかったので
着物の着こなしがキレイだったんだ~!と判明。
あとね、着物って凹凸を無くすくらいの勢いで
丸みをつけて着こなすって習いますけど。
彼女達のスリム過ぎる体の線をやたら強調させるような
着こなしもマイナスでしたね。
でも半襟とかはとっても手が込んでてキレイ~!
着物もキレイ~。帯もステキ~。
ちなみにね、ドイツ語だと着物は der Kimonoになります。
勝手に男性詞にされてますね。笑

ここで突然ですが、
この映画がオールキャスト日本人でリメイクされたら?
と勝手に独断でキャスティングしてみますっ!
映画のイメージと原作のイメージを考慮して、
なおかつ日本人俳優の演技力とアタイが持ってるイメージで
無理やりキャスティング。
って一人は役者じゃないけど。笑
豆葉は他に適役の人が居そうだけど思いつかず。。。
日本人組みはハリウッドキャストでも問題無いけど。
アタイのキャスティングって何か古株が多いっすね。
まあベテラン勢でそろえるとこうなる!みたいな。
いかがでしょ?>_<

サユリ:チャン・ツィー → 竹内結子
会長さん:渡辺謙   → 渡辺美樹(居酒屋和民の社長。)
ノブさん:役所浩司  → 柴田恭平
豆葉:ミシェル・ヨー  → 黒木瞳(もっと若い人がイイ?)
初桃:コン・リー    → 荻野目慶子(美しさ・性格の悪さ・小柄さからぴったりかと)
おカボ:工藤夕貴   → 工藤夕貴(ハマリ役だと思うので続投)
おかあさん:桃井かおり→泉ピン子(金の亡者のイメージと合致)

この映画はスタジオで撮影されたシーンが多いみたいですけど
本物の京都の景色もちらほら。
やっぱり都は美しいですね。
はやく京都に行きたいなあ~!
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-22 08:05 | 映画評 | Comments(2)

時効警察

昨日、日本書籍を扱う本屋へ行きました。
高いから滅多に買わないんですけど。
大抵は雑誌の立ち読み目的で・・・。

Invitationって雑誌見てて驚いたのが、
特集されてる役者衆。
なんかね、アタイが注目してる人たちばっかりだったんすよ~。
あら、あら、アタイったらドイツに居ても
なかなか邦画の時流に沿ってるんだ~って思ってみたり。
まあ、あれだけ邦画見てたら、そこそこ分かるわなあ~
ってくらい邦画見まくってますけど。
日本に居たときと変わらないくらいの頻度で・・・。

だって、好きなんだもーん。

けどアタイはドラマも好きなんすよね。
こっちに来たばかりのときに、
日本でオンエアやってて途中まで見てた
「タイガー&ドラゴン」もレンタルしてちゃんと見ましたよ!
あれは傑作ですよね!
あの脚本はすばらし過ぎでしたわ。
クドカン&磯山Pのコンビで外すことは無いですね。
あの二人は黄金コンビですよ。

こないだ「花より男子」は見たけど、
他に何か面白いドラマ無いかな~と思ってみても。
anegoは数話見たけど、悪く無かったけど
アタイの感覚と合わなかったのでそれで見るの止めたし。
危険なアネキも数話見たけど、面白くなかったし。
レンタル屋さんにドラマの解説とか貼ってあるけど
あまり参考にならんっていうかね。

そんでたまたま雑誌のInvitationを立ち読みしてたら
推薦しているドラマがあったんすよ。
それが、「時効警察」。

この雑誌の内容自体がアタイの感覚にぴったり
はまってたので、その雑誌が薦めるんだから
面白いに違いない!って思って即レンタル屋へ行って
(レンタル屋は本屋の2軒隣りなのです。ああ便利。)
4話分借りてきて、即見ましたよ~。

結果・・・・。

すげえ!
ヒットっすよ!
このドラマすげえ!
好きだわ~!
アタイにはツボっす!

まだ4話しか見て無いのに簡単に評価しちゃうと、
(★5つが合格点)
○ストーリー ★★★
○演出・監督 ★★★★★
○役者     ★★★★★
○撮影シーン ★★★★★

って感じでしょうか。
まあココ読んでる人は、日本でオンタイムに見れますから
別にアタイが説明するほどじゃないと思いますけど、
もしまだ見てないなら、見るべしですよ!
お薦めですよ!

時効になった事件をオダジョー扮する警察官と
麻生久美子扮する婦警が趣味で解決するっていう内容で。
趣味だから犯人がわかっても、それを公表しませんから
ご安心くださいねって相手に伝えるっていう内容。

まあストーリーはそこそこなんですけど。
出演してる役者がいいんですよ!
それにね、総武警察署内のシーン以外は
ほとんどがロケで、映像見てると臨場感が楽しめるんですよ。

と思って公式サイト見たら納得。
監督と脚本が全部映画系の人なんですね。
映画監督だからロケが多いんだ~。
映画監督だから映画系の役者が多いんだ~。
麻生久美子ってドラマあんまり出ないですもんね。
このスタッフメンツだから出たんだろうなあ~って。
オダジョー出てるのは監督つながりかな?

ドラマ監督は、
三木聡:イン・ザ・プール監督(←まだ見てないけど絶対見たい~!)

脚本は、
塚本連平:「着信アリ2」の監督
岩松了:「東京日和」の脚本(このドラマには上司役で出演!)
園子温:「自殺サークル」の監督(ソノ・シオンと読むらしいです)

納得、納得、納得!
このドラマの企画した人、スバラシイ~!
ドラマ賞を差し上げちゃいたい感じ!
邦画ファンが喜ぶことしてくれてるんだもん~!
だから、映画雑誌のinvitationで推薦してたんだ~!
納得、納得、納得!

脇役の人たちも映画系の人が多いし。
みんな演技上手いし~。
ふせえり最高!
c0016407_6255310.jpg


毎回犯人役で登場する役者もなかなかイイ感じ。
1話目は東ちづる。
2話は池脇千鶴。彼女は自然な演技がやっぱり上手いわね。
4話には広田レオナとか起用してるし。
でもね、アタイは3話に出てた女優が気になったんすよ。
その和服姿の美しさにやられましたのよ。
だ、誰なの、あなたは?みたいなね。
立ち居振る舞いがヤマトナデシコそのもので!
うつくしー!
でも、どっかで見たことある!でも、思い出せない!
誰、誰?と思ってエンドクレジット見たら
「緒川たまき」と出てた。
c0016407_6253485.jpg


緒川たまき?
うーん、うーん、どっかで聞いたことあるような、見たことあるような。
どの作品だっけ???
でも思い出せなくてウェブで検索かけたところ、
出ました!
映画「サムライ・フィクション」!!!
あああ、そうね、そうね!
出てたわね、サムライ・フィクションに!
あの映画でも超キュートで。アタイは釘付けだったのよね。
そうか、そうか。
彼女だったのね、道理でアタイがクラクラしちゃったはずだわ。
ホントカワイイんだもん。
あの映画はなかなかお薦めです。
レッド・シャドー赤影の中野裕行氏が監督で
布袋さんとか出てるんですよね。
中野氏はプロモ監督してただけあって、映像の美的感覚が
スバラシイです~。
絶対タランティーノはキルビルで中野氏の映像手法を
パクってますよね!
サムライ・・・はストーリーテンポがもうちょっと早ければ
イイ映画だと思うんですけど、なかなか楽しく見れますよ~。
c0016407_6201237.jpg


あ、それから!
アタイはキレイでカワイイ女性が好きなんで
よくココに書いてますけど、
レズでもなければバイでもないので、あしからず!

時効警察は今後も楽しみ~!
もし全編通じて伏線なんかが張ってあったとすれば
さらに最高なんだけど、今までの流れからすると
それは期待できなそうな感じですね。
池袋ウェスト・ゲート・パークとか、ケイゾクだと
連ドラで一話完結風なのに、
全編を通じて伏線があるんですよね。
アタイはそれが大好きで。
だから堤監督ってスゴイ~って思っちゃうんですよね。
(最近の作品はあまり好きじゃないけど)
まあ、そこまでの作品はなかなか無いですからねえ。
それに伏線が無くても時効警察は楽しめるからイイかな。

あとね、アタイはドラマもロケ撮影してるヤツが好きなので。
スタジオロケは映像が楽しめないから、
よっぽど内容が面白くないと退屈しちゃうんですよねえ。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-20 06:13 | 日記 | Comments(2)

コンブーチャ

ドイツで目にした面白い飲み物をご紹介。
その名も「Kombucha」。
そう、コンブーチャとみんな発音してます。
カフェとかでもメニューに乗ってたりします。

けど、これがアタイら日本人が思い浮かべるような
昆布茶とは全く似ても似つかないから要注意。

完全に別物です。↓
c0016407_243512.jpg

見た目は赤茶色?!で、ほのかにフルーティな味わい。
それに微炭酸で、冷やして飲むとスッキリしてて美味しい。
ラベルに書いてある説明書きも、
「このお茶は大変ヘルシーです」的なことがつらつらと・・・。

なんでコンブーチャなんでしょ?
何で日本の昆布茶と同じ名前にしてるんでしょ???

あ~、さては、日本ブームに乗っかって、
誰かが「健康飲料」として売り出したな~!
名前だけ日本風にして、中身は全く別物っていう
羊頭狗肉作戦か?!
まったくもう~!困った人たちねっ!笑
ってアタイは思ったんですけど。

一応調べてみたところ・・・。(暇ですからね)
wikipediaに以下の記述を発見。
(以下カッコ内はアタイのつぶやき)

―コンブチャとはコンブチャ茸というキノコを
お茶と一緒に発酵させた飲み物である。
使うお茶により見た目の色が変わる。
何世紀もの間、健康への効果があることで知られており、
そもそも中国秦の時代から存在している。(へええ。知らなかった~)
西欧には東欧を通じて伝わったのでは無いだろうか。

―その名の由来は、4世紀の韓国から来ている。(へ?そんな古いんだ・・・)
韓国人の医師でコンブと言う人が、日本の当時の天皇(誰かしらね?)が
患っていた胃の病気を、このお茶で治したことから、医師コンブのお茶
ということで、「コンブチャ」と呼ばれるようになった。(ほ、本当か~?!)
日本では海草を使った「コンブチャ」と呼ばれる飲み物があり、昔から
飲まれているが(そうよね、そうよね!あの昆布茶のことよね!!)
それも恐らくは、コンブ医師が天皇を助けたことに由来して呼ばれるように
なったと考えられる。(う、嘘ー?!そんなのありえなーい!)


だそうですよ、みなさん!
アタイは少なくとも、そんな医師が居たなんていうのは初耳でしたよ。
いやあ、コンブ医師ありがとう!
韓国語名にはコンブさんっていう名前があるんですねえ。
茶は韓国語でも「チャ」と発音するらしいですから、
まあ可能性としてはゼロではないですよねえ。
よねえ・・・?!

いや、でもさ、でもさ、おかしくね?
この説明おかしくね?
するってえとさ、うちらが昔から食べてきてるあの海草の名は、
コンブ医師に由来してるっつーことになるんだけど、
そんな話聞いたことあったっけ?
そっかー、昆布って当て字だったんだ~!
なーんて素直に信じちゃう日本人がどこにいるっつーんだよ!?

まあ、コンブ医師は実在したかもしれないけど、
アタイらが食してる昆布は、本件とは絶対関係無いと思うなっ!
語源を勝手に決めないでくれい!って言いたいなっ!
海草とキノコって生殖エリアが異なると思うしっ!
こじつけにもほどがあるっつーの。
西欧人訳が分からんわい。笑

けど、この記事にかなり笑わせてもらったわ~。
今でもまだ面白いもん。わはは~。
wikipedia結構信じてたけど、
ドイツwikipediaは気をつけないと
あてにならないわねえ。

まあこっちでは、
「コンブチャは、コンブーチャ茸のお茶のこと」って
思い込めば、理解できなくも無いし。
西洋人は面白い発想をするなあ~って思えばね。
新しい飲み物だ!と思えば良いわけだし。
(秦の時代からあるらしいけど)
ああ、何てアタイはやさしいんでしょ!

でもさ、せっかくアタイが納得しようとしてるのに
それを阻むものがいくつか見つかってるんですよね~。

このコンブーチャ飲料をドイツで販売してる
メーカーが二つほどあってね、
その一社はラベルに漢字でデカデカと
「昆布茶」って書いてたんですよ。
だ~か~ら~、その昆布茶は海草から採ってる
昆布茶ですから!
って説明してあげたい気分。
あ、それとも韓国では、コンブ医師は昆布医師って書くのかな?
だとしたら謝りますわ。
悪かった、悪かった!アタイが悪かった!ってね。

けどね、けどね、まだあってね、
コンブーチャで有名なメーカーはオーストリアの
カーぺ・ディエーム社なんですけど。
そこのウェブサイト見たらね、この商品のイメージ写真が
すべて和風なんですけど・・・。
えええ???
せっかく、せっかくアタイが「コンブーチャ茸」って
思い込もうとしてるのに、メーカー側がそんな姿勢じゃ
どうにもなんないわよ~!笑
いくらアタイでも、かばいきれないっつーの。
このウェブは、コンブーチャを中国とか韓国って
言い切るのは難しいくらい、かなり上手く和風かもし出してます・・・。
普通ヨーロッパ人に和風をやらせると、
「それは中国風ですよ」とか、
「それは韓国風ですよ」っていう仕上がりになるのが常ですけど。
このメーカーは忠実に和風ですからっ!
http://www.carpediem.com/Produkte.html

謎はますます深まるばかりだよ、ワトソン君。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-20 03:13 | 日記 | Comments(0)

美容院

4ヶ月ぶりに美容院に行ってきました。
予約が朝の9時だったので、
土曜なのに早起きして。
けど美容院はアタイんちから歩いて5分。

4ヶ月前に別の日系美容院で切ってもらって、
その時の美容師さんが結構上手だったので
また同じ人に頼もうかな~と思って
数日前に予約電話をしたんですが。
「彼女は日本へ帰国しました」
って言われちゃったので、美容室を
変えたのでした。

今日初めて切ってもらった美容師さんは、
KちゃんとR子さんも切ってもらってる人だそうで。
二人に薦められての初来店。
こちらも日本人経営の美容院。
美容師のAさんは日本人男性。
もうデュス在住も9年目だそうで。
ちなみに、その人はアタイと同じアパートに
住んでるんですよね。
Aさんは奥さんとお子さんがいらっしゃるので
ワンフロア分借りてるそうですけど。
暖房音がうるさく無いか?とか、
壁が薄すぎて隣人がうるさく無いか?とか
そんな話をしつつ。

デュスに来る前はパリで美容師をやってたそうで。
なるほどねえ。
だから上手いんだ。
ヘアスタイルと言えば、
パリ・ロンドン・ミラノ・ニューヨークだもんね。
決してドイツじゃないもんね。
何でドイツに来たかっていうと、
パリだとどんなにがんばってもビザが下りないそうで。
ビザ申請がめちゃくちゃ厳しいそうで。
デュスだとあっという間に下りますからね。
日本人客もいっぱい居るし。

価格はカット、シャンプー、ブローで41ユーロ。
5500円くらいだから日本と一緒くらいですね。
Kちゃん、R子さんお薦めなだけあって、
満足のいく仕上がりにしてもらえました~。

デュスには日本人美容師の美容室が3軒くらいあって。
それもね、全部近接してて歩いて5分くらいで
全部に行ける感じ。
アタイのような横着者には便利すぎ~。

この美容師さんはとっても親切で話もしやすい方でした!
コーヒー出してくれたり、
カットが終了した後も、控え室に置いてある
マッサージチェアを使わせてくれたり。
(日本のファッション雑誌読みながら30分も
マッサージしちゃいました~。笑)
なかなかくつろぎタイムを過ごせてハッピー!

アタイが控え室でマッサージチェアで
揉まれてる間も、続々と予約のお客さんが来てて
かなり繁盛してる様子。
美容師さんのお店のようなので、帰国しちゃうことも無さそうだし。
ドイツで行きつけ美容室が見つかったので安心なり~。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-19 06:58 | 日記 | Comments(3)

割れた破片は幸運のしるし

3時頃にお昼ご飯、というより夕方ご飯?!を作ってたんですけど。
出来たぜ!と思って付け合せのサラダにオリーブオイルを
かけようとしたとき、何故かオリーブオイルのビンが手から離れ・・・
見事出来上がったばかりのご飯が乗ったお皿の上に
落ちてしまったのでした。

つまりお皿がパキーンっと割れてしまって。
料理も割れてしまって。

ちっ、しょうがねえな、作り直しか!
と、あきらめず同じものをもう一回作ったのでした。
総製作時間5分ですから、特にがっかりもせず。
単なる玉子焼きでしたからね。

お皿は結構気に入ってたけど、割れちゃったら仕方ないね。
と、お出かけついでに買いに行くことに。

インテリアグッズは、habitatというインテリアショップで
大体購入してます。
多分イギリスのお店かな。
このセンスからして、ドイツ発じゃないのは確か!
こないだベッドカバーもココで買いました。
お皿もココで買おう!と思って出かけたんですけど。

お皿は良いのが見つかったので、
早速レジに並んだんですけど。

・・・久々にやられました!

うっかりしてると、ドイツってすぐコレだからイヤになっちゃう。
要はね、順番飛ばしされちゃったんですよ。
また?って感じですけど。
でもこういうインテリアショップでもやられるとは。
今回もアタイは被害者。
あ~あ、こんなことばっかり起こるって一体どういうことなんでしょ?!

レジに並んでて、いよいよ次はアタイの番だわ!
って思ってお皿をレジ係のヤロウの前にドーンと
置いたわけなんですよ。
参考までに書いておくと、アタイの後ろには
誰もお客は並んで無かったです。
するとね、アタイの横から推定年齢35歳くらいの
お金持ちそうなマダムが、3歳児くらいの娘っ子の
手を引きながら、優雅にアタイの横からレジ係りに
話しかけたんですよ。

マダム「ちょっと一点質問だけさせてもらってよろしいかしら?
お宅で机を買うと、どれくらいで届くのかしら?」
とね、アタイの方をチラリとも見ずにマダムは
店員に質問したんですけど。
この時点でアタイは、
(おいおい、質問だけにしても他にも店内うろついてる店員が
いるんだから、レジ係りじゃなくてそっちに聞けよ~。)
って内心思ってたりしたんですけど。
するとね、店員は丁寧に
「ええと2週間ですね。」
と答えたわけですよ。

まあココまではアタイも許容ですわ。
でもクロネコを驚かしたのは、こんなことじゃないんですよ。
レジ係がこの後びっくりした行動に出たんですよ。
なんとね、アタイのお皿のお勘定をせずにね、
業務を放置してね、レジカウンターをいそいそと出て行って、
マダムに付き添ってどっかいっちゃったんすよ。
しかもね、こんなこと言いながら。

ヤロウ「それでしたら、こちらへちょっといらしてください。
確認してみますので・・・」
マダム「あら、でもあなた今レジでお仕事中じゃ無いんですか?」
ヤロウ「いえ、いえ、大丈夫ですよ。さ、どうぞ、どうぞ。
電話で確認してみますからね・・・。」

え?
え?え?
え?え?え?
えーっ!?
今さ、アタイの番じゃね?

あまりに突然放置されたアタイは、あんぐりなんすけど。
ほっとかれちゃって、どうすりゃいいの?って感じなんすけど。
し、シカトかよ?
ヤロウ、目が見えてないのかよ?
それとも何か?アタイに不備でもあったってのか?
しかも店員のヤロウ、一言もアタイに挨拶も詫びも無しで
マダムと店内カウンターへ行きやがったよっ!
????
そんなのアリ?
ふ、ふざけんなー!

っていうか、アタイはいつになったら支払いが出来んだよ???
客を無視していいの???
ここの店員は、お金払おうとしてるアタイをシカトすんのか?
上等じゃねえか!
キーっ!

ってわめき散らしたかったけど。
それに、お皿も買わずに戻して、
きびすを返して家に帰る!って手もあったんすけど。
でもお皿買いたいし・・・。
隣で別の客に応対していた店員もいたけど、
そいつも一向に応対が終わる様子じゃないし。
なんかすごくドンくさそう。
アタイは猛烈に怒ってるのに、
その怒りをぶつける対象が居ないなんて!!

けど、他のフロアにもレジがあるのを知ってたので
アタイはそちらへ移動しましたよ。
そして何事も無かったかのように、そこのレジ係りに
笑顔で挨拶をしてお金を払って帰りましたよ。
そのレジ係はとても感じのいい人だったので
彼に当たるのは筋違いだわね、と怒りを抑えましたよ。
なんて、アタイは大人なのかしら!

でもでもでもーっ!
今日のが、今までで一番ムカついた順番飛ばしに決定っ!!!
アタイが店長なら、そのヤロウに向かって
「君、明日から来なくていいから。」
って言ってやるところだけど。
それにね、カスタマーセンターへ苦情を言いつけるっていう
奥の手だってあるんですからね!
人には間違いがあるって思ってるから
一度目は許すことにしてますけど。
あんまりヤマトナデシコなめてると、
痛い目見るで、アンちゃんよおっ!(←ヤクザ風に)
「おまんら、許さんぜよ!!」(←夏目雅子風に)

しかもさ、マダムも優雅そうな振りしてるけど、
順番割り込んで質問しちゃうところが
何か図々しいっつーか、なんつーか。
奥ゆかしさとかゼロっつーか。
偽セレブっつーか。
ガサツっつーか。

なんだか・・・。
アタイこんな目にばかりあってる気が・・・。
しかもいつもデュスで。
アタイに問題があるのか?
もっと店員にしゃべりかけて、
どんどんアピールしないといけないってことなのかな?
けどさ、普通単なる買い物中に自己存在をアピールしたくなんかないよね?
さっさとお会計済ましちゃいたいだけだよね?
都会じゃ、順番割り込みなんて、人として許されない行為だよね?
秩序乱すにもほどがあるよね?

ドイツ人は秩序正しいなんて言うけど、
ありゃ絶対ウソだねっ!
こういうドイツ人がいるから、ドイツ人は嫌なやつが多いって
言われちゃうんだよっ!
バカー!
あいつら(レジ係りヤロウとインチキマダム)、消えろー!

ドイツじゃ、「割れた破片は幸運のしるし」っていう
ことわざがありますけど、それも今日のアタイの
一日の結果を見てる限りじゃ、疑わしいですわ。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-19 06:23 | 日記 | Comments(0)

ドイツの会社

ドイツで働いてると驚くことがいっぱいあるんですけど。
いくつかそれらをご紹介。

・誕生日

誰か同僚が誕生日を迎えると、同僚達で祝います。
うちの会社では花束が贈られます。(アタイも貰った)
そんで同僚みんなでお誕生日の人を囲んで
ハッピーバースディ・トゥー・ユー♪を歌うのです。

でもこれだけで納まらないのがドイツ。
誕生日を迎えた本人は、当日大抵ケーキを持ってきます。
それを同僚達に振舞うのです。
場合によっては、シャンパンも持ってくる人が居ます。
そんで、いきなり3時くらいに集合がかかって、
みんなで台所に集まって、乾杯をするわけです。
(もちろん就業時間内)

男女関係無く、みんなケーキを持って来ます。
掃除のオバサンでさえも持ってきてましたし。
たまに通勤電車でケーキを持って会社に行ってる人も
見かけたりするので、ドイツ全土の人がそうしてるんだと思います。
自分で焼いたり、買ってきたり、奥さんが焼いてくれたり。
主賓がみんなをもてなすのがドイツ流。

日本だと、基本的に部署全員に誕生日を自分から
公表したりしないですよね?
その日が終わる頃に、ポロッと言う事はあったとしても、
わざわざケーキを焼いて持っていくなんてこと
絶対ありえないっすよね。
なおかつ、プライベートでも自分で自分の誕生日ケーキを
焼かないですよね。
家族や友達がおめでとう!って言ってくれたり、
サプライズパーティやってくれたり、
プレゼントを贈ってきてくれたり、
って感じですよね。
本人的にはあまり自分で騒ぎ立てたくは無いかな~、
でも友達には覚えておいて貰いたいな~、
みたいなね。

だから、ドイツのこのアピール度のすごさには
いまだに結構びっくりしてます。
というより馴染めません・・・。
だってあまり親しく無い同僚にまで、何でわざわざケーキ
焼いて来なきゃなんないのか理解できないんだもん。
同僚でも仲のイイ人だけになら分かるけど。

っていうかね、アタイは友達の誕生日を祝うのは大好きなんすけど
自分の誕生日を祝うのってどうも好きじゃないんですよね~。
なのに、こんな面倒なことをいちいちドイツ人はやるわけですからね。
大して会話が盛り上がらないのに、乾杯とかしておしゃべりタイムが
あったりしますからねえ~。
ちなみにですけど、ドイツ人は同僚とでも祝うくらいですから
自宅ではもっとちゃんと祝うらしいんですよ。
自分でパーティ開催したりしてね。
もちろん自分が幹事。
ってことはさ、アタイも自分で自分の誕生パーティをそのうち
やらないといけないのかな・・・?
考えただけで、めんどくさーっ!
何か余計に自分の誕生日が嫌いになりそうっすよ。

前回アタイは誕生日が土曜だったのでケーキもって行くどころか、
「日本では年をとってくると大して祝ったりしません。」
みたいな勝手な説明をして、同僚達の中でも一部の人にしか
言わなかったんですよね~。(それも極端?!笑)
今カレンダーで確認したところ、来年も日曜ざんす~!
わーい!
今より同僚と親しくなっていたら月曜にケーキを持っていこうかな。
でも今と同じ状態なら、アタイの誕生日は伏せておこうっと。笑



・電話

ドイツ人ってね、家族が会社に電話をかけてきたりするんですよ。
しかもね、奥さんとか子供がかけてくるんじゃなくて、
社員の親がかけてくるんですよ。
(社員は30代~40代)
正直それには驚きなんすけど。
しかもね、割と普通の内容で電話してくるんすよ。
就業時間中だし、他の社員の手前があるから
携帯に電話すりゃいいんじゃないの?って思うけど、
会社の電話にかけてくるんですよね。
まあこれはそうしょちゅう起こることでは無いですけどね。
でも何だか驚いちゃう。

聞いたところによると、
週末連絡が取れなかったから会社には
来てるだろうと思って電話してきた、とか
出張先(日本です)で地震が起こったみたいだから、
安否を確認したい、とか。(←まあこれは理解出来るけど)
単に元気かどうか知りたいから、とか。
そんな感じ。

日本じゃありえなくないですか?
日本人の企業戦士は、親達に
「会社に来てはダメよ!」、
「直接会社に電話するのも止めてよ!」
的な態度取りませんか?
少なくともアタイはそういう態度でした・・・。(アタイだけかな?)
でもドイツじゃ子供側にも親側にもそれは許容されてるみたいです。


・赤ちゃん

なんかね、これもぶったまげたんですけど。
割と皆さん赤ちゃんを披露したがる傾向にあると思うんですよね。
大事なカワイイ子供をみんなに見せびらかしたい気持ちは分かるけど。
この少子化の時代ですから、お子は社会にとっても大事だし。
でもさあ~、わざわざ会社に連れてくる必要ってあるっけ?
無いよね、普通無いよね?
少なくとも子供嫌いのアタイに披露する必要は絶対無い!
っていうか、同僚の子供に興味なんて無いんだけど。
しかもさ、何かパーティとか会社の催しでもある日なら分かるけど、
ごく普通の出勤日にね披露日があったりするわけなんすよ。

一人アタイと同い年のドイツ人男性がいるんだけど、
その人2ヶ月くらい前に娘が生まれたんですよね。
(すでに写真を見せられた・・・)
でね、月曜のお昼に彼の奥さんがその娘っ子を連れて
会社に来るそうで。
しかもね、それについては、
事前に部署の人全員にメール告知する徹底ぶり。
あ・り・え・ね・え。
しかもそのドイツ人男性は11月からうちの会社で
働き出したばかりの人。
まだみんなもあなたもお互い良く知らない仲だよね?みたいな。
余計に、あ・り・え・ね・え。
家庭円満は大変スバラシイことだし、
家族を大事にする彼は偉いと思うよ。
子供自慢するなんてすごく良いパパだと思うし、
まさしく世の女性たちが望む家庭における男性像。
でも、あ・り・え・ね・え。
アタイには、あ・り・え・ね・え。

前にね、うちの会社で受付をやってたっていうターニャもね、
時々乳母車を押してお昼時に1歳児を披露しにくるんですよ。
まあ彼女の場合は、子供披露というより、暇つぶしっぽい
感じでしたけど。

子供の存在はスバラシイって心底思うんですけど。
でもね、アタイは乳飲み子が特に苦手なんすよ。
カワイイとか微塵も思えないし。
そんなお子がアタイの視界に入ってくるんだ・・・って思っただけで
なんとなーく困った気分になるんすよね。

というのもね、アタイ子供苦手ってことを
まだ同僚にカミングアウトしてないからなんすよ。
子供を披露されたら「あ~、かわいい~!」って
演技しないといけないからなんすよ。
だから、疲れそう・・・って思ってしまってね・・・。
4,5歳児くらいなら大丈夫なんだけどなあ。


とまあ、ドイツの会社ってこんな感じです。
日本人女性には、こういうのスゴク好き~って人いそうですね。
アタイは正直言って好きじゃないですけど。
でも日本の会社とあまりにも違うので、見てる分には面白いです。

クロネコのブログでは
ドイツの会社について大したこと書かれてないから、
もしかして、みんなちゃんと働いて無いんじゃない?とか、
クロネコもさぼってるんじゃない?とか、
思われるかもしれませんけど。
アタイも含めて、みんな一応働いてますからご心配には及びません。
もっと仕事内容について、いろいろ日々感じたり
思うこともあるんですけど、守秘義務もあるので
業務に関することは控えてるだけなんですよね。
ご安心あれ~。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2006-02-18 04:27 | ドイツOL生活 | Comments(2)