死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

1年

今日でドイツ入国1年になります。
ここに日記を書いてるので、そんなに時間がたつのが
早い気はしてなかったんですけど。
でももう1年なんだあ・・・って感じです。

コチラに来てから生活に時間のゆとりがものすごく出来たので、
ある意味長かったって言えるんですけど。
でも結果的に見ると、あっという間の方が
ぴったり来ます。

この1年でアタイはどう変わったのかな???
って考えてみたんですけど。

内面は大して変わってないつもりでいます。
恐らく多少は変わってるんでしょうけど。

語学力は・・・。
多少聞き取る力はついた気がするんですけど。
ついてて欲しいんですけど・・・。
でも今でもドイツ人のドイツ語が全然一言も分からない
場合が多々あるので、まだまだなんでしょうね・・・。
あ~あ。
分からない時でもカンに頼って回答してるので、
ある意味そういう変な予想力はついたかもしれないです。
あんまり語学力上達とは言えないですね。
しゃべるほうは、日本に居たときの方がしゃべっていた
気がします。
こっちに来てからそんなにしゃべる機会が無いというか。
当然能力が上がった気がしないです・・・。
そして英語は一向にしゃべれないですし・・・。
ついでに日本語も忘れつつあるので、言語障害が
ひどくなってる気が。
・・・。
語学に王道無しですから地道にやるしかないですね・・・。

あとは。
多少積極性がついたかなあと。
度胸もついたかなあと。
こちらに来たときは、一人で色んなところに行きつつも
多少ビクビクしてたと思うんですけど。
今じゃすっかりビクビクしなくなりました。
心からその場を楽しめるというか。
気持ちでは負けてないっていうか。
あと、理不尽でも主張をしないことが多かったんですけど。
今でもしない事の方が多いですけど。
でも最初に比べたらするようになったかなあと。
この力が強くなりすぎると、日本にはもう戻れなくなるんですよね。
でもこっちで生きていくには必須の能力。
がんばらねば。

見た目の変化は。
無いと思いたいんですけど。
多少の老化と、乾燥による皮膚の乾き?
あとは髪の毛の色。
染めたわけではなくて、カルキ入りのお水のせいで、
アタイの髪の毛はちょっと茶系な色になってしまいました・・・。
ココ2ヶ月くらいで目に見える変化。
何となく悲しいけど、こっちのお水の成分だから仕方ないっす。
一応体重は日本出国時のものと同じ状態です。
これはかなり気をつけてました~。
今後もキープせねば。

こんな感じで引き続きドイツ在住暦を伸ばしていきます~。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-29 08:16 | 日記 | Comments(5)

GO!カート。

ドイツでシューミーと言えばこの人。
c0016407_6245279.jpg

そう。
ドイツが誇るF1ドライバー、
ミヒャエル・シューマッハーのこと。
ドイツのメディアは彼のことを「シューミー」と呼んでます。

けど。
F1ご存知の方なら、じゃあラルフはどうなんのさ?
って思いますよね。
そう。
ラルフはミヒャエルの弟。
彼も同じ名字だからシューミーなんじゃ無いの?ってね。
そこは、やっぱり皇帝(ミヒャエル)だけにニックネームが
許されてるようで。
ラルフはラルフと書かれてます。

むかーし、むかしアタイはF1が好きだったので
結構テレビ中継とか見てたんですよね。
でもアタイもすっかり今や2時間もレース見る忍耐力が
無くなってしまったみたいで
ドライバーやらチームやらほとんど分からなくなって
しまいました・・・。
そんな昔に得たアタイのシューミーのイメージは
優等生の天才ドライバーだけど結構冷たそう・・・。
です。

でも、さすがにF1界の天才と言われる男だけあって
ドイツ人曰く、
「ドイツじゃ大人気なんだよ!」
とのこと。
ふーん、冷たそうなのになあ・・・。
って思ってたんですけど。
先日たまたまテレビ見てたらF1中継やってて。
ドイツのメディアのインタビューに答えるシューミーを見たんです。
当然シューミーはドイツ語しゃべってて。
(シューミーのドイツ語、初めて聞いた!)
しかもね。
すんごい感じのいい受け答えでしたよ。
ジョークとか交えちゃって、何かね高感度いきなり
グーンとアップよ。(単純なんで)

なるほどね。
これはドイツ人間で大人気なのも納得だわ。
と一人頷いていたのでした。
うん、うん。

そういえば。
ニキ・ラウダもドイツ語しゃべってた。
というより中継番組のゲスト解説者でした。
ニキ・ラウダはオーストリア人だそう。
なんだか。
むかーし見てた人がドイツ語しゃべってるのを
テレビで見ると、ちょっとした不思議な感覚を
感じてしまいます。
英語圏!って思い込んでたからでしょうなあ。


そして。
本日アタイの部署で上半期会議がありました。
その後部署のチームワークを高めよう!みたいな趣旨で
レクリエーション催しがありまして。
(前回はボーリングだった)
それは。

みんなでゴーカート。

へええ。
面白そう~。
って最初は思ってたんだけど。
うちの部署のメンバーって8割がオトコなんすよ。
ドイツ人だから体がデカイんすよ。
・・・ちょっと怖いな。
みんな自動車通勤で1日の往復距離が
20~60kmなんすよ。
・・・アタイは年に1回しか乗らないから力の差が歴然。
そんでね、ドイツ人って基本的に何事も長時間やる民族。
なかなか飽きないっていうか。
たとえば、観覧車に乗ると普通は1周なのに、
ドイツだと5週くらいしてくれる。
要はシツコイ?!感じ。笑
・・・スタミナの無いアタイに耐えられるかな?

などと悩んでたのでした。
結局現場行ってから、アタイは参加せずに
見学だけしました。
そんで。やっぱり思ったとおりの長丁場でした。
アタイは途中で帰ったけど、なんとね夜の7時から10時まで
レースやり続けるとのこと。
うひゃー。長すぎ。
F1より長いね。

けど、見てるとうちの部署って20代は二人しかいなくて
ほとんど30代と40代なんだけど。
みーんなお子様みたいにうれしそうに運転してたよ。
しかも楽しそうに。
良かった、良かった。
c0016407_6503641.jpg

c0016407_6505620.jpg

ドイツ人って意外とチームワーク作りとか、
何とか理由をつけては、こうやって部署で何かをやりたがるのよね。
今までの傾向見ててもそんな感じ。
でもカートは個人競技だし、基本的にはレースだから
チームワークと言うよりは、競争心植えつけるのに
ちょうどいい気がしないでもないけど。
ってことは。
半期に一度はこういう部署の催しがあるってことですな。
・・・。
そういうの苦手なクロネコとしては、ひたすら「憂鬱」です。

シューミーを生んだ国だけあって、モータースポーツ好きな
男の人がドイツにはいっぱいいるんですね。
デュス近郊だけで少なくとも2件は室内カート場があるし。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-28 06:56 | ドイツOL生活 | Comments(1)

ワールドカップ

ワールドカップ2006がもうすぐ開催されることもあって。
もうドイツ中がワールドカップ関連の広告でいっぱい。
ドイツ語でワールドカップのことは
「Weltmeisterschaft:ヴェルトマイスターシャフト」、
略してWMヴェー・エムと言うんですけど。

そこらじゅうの企業という企業が。
お店というお店が。
CMというCMが。
WM、WM、WM。
WMキャンペーンだらけ!
とにかくネコもシャクシも。

そんな中、ドイツのCMにひっぱりだこなのは
オリバー・カーン!
では無くて。
(集合出演のときは出てるけど)
やっぱりキャプテンです。
バラックです。
彼は間違いなくWM景気でかなり儲かってるはず。
それぐらい見かけます。
まあ、アタイも割りと好きなので
いいんですけど。

でもそもそも論になると。
アタイはサッカーに興味が無いので、
実際ドイツ人が盛り上がってるのかどうかは
あんまり分からないんですよね。
でも多分盛り上がってるんだと思う・・・。
否が応でも。
そんな感じです。

6月から1ヶ月間は・・・。
世界中のサッカーファンがドイツに来ちゃう訳ですから。
品行方正なファンばかりとは限らないでしょうし。
ビール飲む人多いと思うし。
駅も街も人で溢れかえるんだろうな・・・。
すっごく、すっごく。
イヤだな。
今からブルーだな。

ってのがアタイの心境だったりします。

そんなアタイの気持ちなんておかまいなく
ドイツはヴェーエムムードがさらに高まってる感じ。
そんな中、街中を歩いてると
時々面白いワールドカップグッズを見かけます。
そんでね、
今日はすんごいものを発見しちゃいました!
それは。

「ワールドカップ・コンタクトレンズ」です。
ドイツ語だと、ヴェーエム・コンタクトリンゼン。
これね、要はカラーコンタクトなんですよ。
そんで、その模様が
ドイツの国旗とサッカーボールっていう代物。
すごいよね。
そんなもん作っちゃおう!っていう発想が。
価格は、ケース(これまたWM仕様なので
ドイツ国旗とサッカーボールの模様)と
保存液をセットにして、50ユーロくらい。
7千円ってところでしょうか。

買う人いるんだろうかね?
記念になるかな・・・。
アタイ最初はケースだけをWM仕様にしてるんだと
思ったんですよね。
お土産にしようかと思ってよくよく見てたら。
コンタクトレンズだったってわけ。
うーん。
ドイツ人たら、おもしろすぎ。
完敗です。
c0016407_5315056.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-27 05:31 | 日記 | Comments(0)

映画評/あずみ2

久しぶりにゆったりゆったり~な週末を過ごしております♪
やっぱり時々はこうやって、
誰とも会わず、誰とも口をきかず、
一人で好きなもの食べて、
一人で好きなことして(いつもやってるけど)、
好きな映画を見る!
これが楽しいんですわ~。
まあでもこれが1ヶ月続くと、それはそれで退屈で
死にそうになってくるんですけどねえ。
アタイ退屈だとすぐ死にそうになるんですよ。
困ったもんです。

今日は長らく見たかった映画「あずみ2」を見ました~。
前作は北村龍平監督だったので、カメラワークが見物でしたけど。
北村監督の個性的なカメラワークは
見ててワクワクするので大好き。
あと細かいギャグも割りと好き。
けど人物描写はイマイチ・・・かなあ。
アクション映画監督にカテゴライズされるとしたら
別に問題は無いのかな。

あずみ2では監督が金子修介氏に代わってたので
どうなることやら・・・って思ってたんですけど。
なかなかどうして!
全く問題無いどころか、イイ出来でしたよ。
正直言っちゃうと、アタイは2の方が好きですね。
あずみという作品が持つ、物悲しさやら悲哀が
上手く描けてる気がします。
刺客としてのあずみの人生に対する矛盾も指摘してみたり・・・と。

なーんて。
原作のマンガを一度も読んだこと無いくせに
あいかわらず偉そうな事言っちゃってます。笑
けどホント、普通は1作目の方が良かったりするんですけど
アタイは2の方が作品として上手く撮れてると思います。

役者の演技はね・・・。

上戸彩ちゃんはねえ、セリフ言わなきゃ良い感じかな。
あの表情がなんとも言えなくて、悲しい雰囲気を漂わしてて
すばらしいんですけど。
アクションもなかなか様になってて、カッコ良いんですよ。
でもね、残念なことにねえ、ちょっとセリフがねえ。
大根っつーか、棒読みっつーか。
うそくさいっつーか。
まあそもそもフィクションなんだけどね。
頭悪そうに見えるっつーか。
(元気ハツラツ~!のノリっつーか)
多分監督もそれに気づいてる・・・。絶対そうだよ。
だってセリフ少ないもん。
にもかかわらず、下手さが浮き彫り。
でも存在感でそのマイナス面をカバー出来てるから良しとしましょ。
カワイイしね。
っていうか、アタイ結構彼女は好きです。
c0016407_045225.jpg

c0016407_05787.jpg


そんで次は、栗山千明嬢。
栗山さんはねええ、やっぱりねえ、存在感バツグンですよ。
何と言っても、ゴーゴー夕張@キル・ビルですからね。
c0016407_052674.jpg

死国ですからね。

c0016407_053981.jpg

けど最初のシーンでは意外と明るい感じだったので、
あれ?イメージ違くね?
役柄変えてきた?
って思ってたんですよね。
そうしたら!
やっぱ、一筋縄じゃnいかないのが栗山さんっすよ。
ナーイーッス!
c0016407_055372.jpg

普通っぽく無くて、なおかつクドさの無い
あの冷たい演技がアタイは好きですよ。
でも意外と弱かったからもっと強い役で
あずみと対決してもらいたかったな~と
アタイは勝手な要望持ってたりします。

小栗旬が前作に続いて出てました。
アタイこの人自体が苦手なので
演技とか冷静に見れないんすよ。
だから上手いのか下手なのか判断出来ないです。
前作見たときは存在自体知らなかったので
一切記憶に無いですし。

あとは平ミキジロウさんとか、高島礼子姐さんとかが
脇役固めてました。
でも礼子姐さんたら演技がちと激しすぎ?極道っぽい感じかも。
平さんと渡り合うにはちょうど良いのかも。
小娘にゃあ出せない味ってことで。

そんで。
今作にも登場したのが「服部半蔵」。
アタイったら時代物ばっかり見てるんですけど。
どうやら、どの作品にも欠かせない役なのか、
徳川家康とか、豊臣秀吉並みに登場するのが服部半蔵。
今回は宍戸開が半蔵役でした。
けどさ、今までアタイが見た半蔵って、どれもこれも弱いのよ。
半蔵ってさ、そんな弱かったんすか?みたいな。
名前名乗る時は、ジャジャーン!って感じで
重みがあって超カッコイイのに、実際打たれ弱いっつーか。
すぐ死んじゃうパターンが多くて。
ええ~?
半蔵やられちゃった?みたいな。
もっとビシバシ活躍してもらいたいな~っつうのが
服部ファンであるアタイの意見ですよ。
まあ主役じゃないから仕方ないんだけど。

そういや、気のせいかなあ~??
って思ってる出演者が一人居たんですけど。
なんかねあるサムライがセリフ言ってて、
それがTBSの安住アナに酷似してたんですよ。
あれは安住アナだったんでしょうか??
まあ、あの人役者じゃないからどうでもいいんですけど。

あずみ2は作品としての出来は良いと思います。

もうすぐ日本に帰省するから、公開中の邦画をわんさか見よう!と
思ってます。
「かもめ食堂」とかまだやってて欲しいなあ・・・。
超見たいっすよ。
邦画って年間100本近く公開されてるので、
その分、よっぽどの人気作品じゃないかぎり、
1本の公開日程がかなり短いんすよね。
2週間ってのが平均かも。
照準がGWだろうから、その後帰るアタイは思いっきり
ハズレっぽい感じ・・・。
嫌われ松子も間に合わなそう・・・。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-24 00:13 | 映画評 | Comments(0)

ドイツ・ケーサツ

ドイツに来た事がある人ならご存知だと思いますけど。
あとはドイツ映画を見た事ある人もご存知かも。

ドイツのケーサツといえば、「緑」。
そう、警察官の制服とか、
パトカーとか、すべてが緑色なんですよね。

緑を見たらケーサツと思え!

って自分に言い聞かせてるくらい、ケーサツは緑。
c0016407_5103474.jpg
c0016407_5105012.jpg

c0016407_511285.jpg


なのにね、先週末ハンブルクで見たケーサツは
何故か青色の制服だったんですよ。
あれ?
港のある街ハンブルクは、色が違ったっけ?
湾岸署は色がブルーだったっけ?

イヤ、絶対絶対去年の夏にハンブルクで見た
男前の警察官たちは緑の制服着てたわ。
その記憶には自信がある!

じゃあ何でパトカーも青なんだろ???
海軍?
イヤ、警察は軍隊とは違うし・・・。
????

まあ分からんことは住民に聞くのが一番よね!
と思って、ドイツ在住10年超えのみんさんに
伺ったところ・・・。

なーんとね、ドイツケーサツったらね
制服の色から、パトカーの色から
すべてをね、緑から青色に変えたらしいんすよ!
しかも去年末から!
全然知らなかった~!
だってデュスじゃみんな緑色着てるもん。

よくよく調べてみたらね、
やっぱドイツ・ケーサツも予算の都合があるから
ワールドカップ開催地からまずはブルーに
変更していくらしくて。
その後徐々に数年かけて全ドイツ・ケーサツを
青にするらしくて。
デュスはワールドカップ開催地じゃないから
まだまだ緑なんすね。
どうりで。

あとね、何で青に変えたかっていうと。
欧州の他の国は大抵ケーサツは青なんですよね。
だから、青にする事でドイツも欧州の一国として
アピールしていきたい!
みたいなことをドイツケーサツはうたってます。

でもまだまだなじみが薄いっつーかねえ。
青だと駅とかで下手すると、ドイツ鉄道のガードマンに
見えなくも無いですからね。
ドイツってイギリスケーサツと違って
何となくモサイから、そもそもガードマンに似てるんですよね。

あとね、テレビドラマでも見分けるのに
今後は時間がかかりそう・・・。
ドイツってアメリカのドラマやら映画をふき替えて
しょっちゅうテレビで放送してるんですよね。
白人ってぱっと見どこの国か分かりづらいところがあって。
特殊効果とか使ってると、
「あ、アメリカものかな?」って思ったりするんですけど。
でもしばらく見てると、ケーサツが出てきて
彼らが緑色の制服を着てたりすると、
「ああ、ドイツのドラマだったんだ~」
って判断材料になってたっていうか。
それも今後は色で判断できなくなるんすね。
まあ「POLIZEI」って表記があればドイツって分かるんですけど。

長らくあの緑色を見慣れてたので、ちょっとサミシイな~と思って。
↓これが新ユニフォーム。
c0016407_593663.jpg

c0016407_595277.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-22 05:11 | 日記 | Comments(0)

ベルリン→ハンブルク旅行記

昨日フランクフルトに忘れてきてたデジカメが
戻ってきたので、音楽メッセの写真をアップしました。
ついでにファッションショーの写真もアップ。

先週末のイースター4連休で、またまた
ベルリン→ハンブルク旅行に行っておりました。
ベルリンは今年初で半年振り。
ハンブルクは今年2度目。
どっちもアタイが大好きな街なだけあって
やっぱりステキでしたわ~。

今回の同行者は日本から来ていたお友達。
いつもどおりアタイは張り切ってドイツを
説明しまくってたんですけど・・・。
ベルリンってだけで、
アタイはテンション上がっちゃうので、
普通よりもさらにうるさくなるんですよね。

その結果・・・。

友達に何度かキレられました・・・。
あちらはキレたつもりは無いかもしれないかも。
でもあれは確かにキレてましたねえ。笑
アタイがうるさすぎたのかなあとか、
アタイの知ったかぶりがウザくなったのかなあって
反省してます。

けどさ。
アタイ友達にキレられたことって
ここ10年以上無いんだけど。
(10年前にはある)
なので正直驚きました。

そして。
ハッと気がついたのです。
アタイったらすっかり忘れてた。(いつものことだけど)
自分をフル全開にすると、日本人から嫌われるってことを。
特に日本人男性には120パーセント嫌われるんすよ。
アタイったらかなり鼻持ちなら無いヤツになりますからね。
そして。
普通の日本人はドイツなんかに
一切興味が無いってことも忘れてました。
ドイツ人なんてどうでもいいんですよね。
アタイが面白い!って思うことも他の日本人が
必ずしも興味持ってるとは限らないってことも。
すべて、すべて、キレイに忘れてましたわ。

その結果。
ドイツについてしゃべりすぎちゃった。
ドイツ人について自分の見解語りすぎちゃった。
知る限りの知識をひけらかしすぎちゃった。
ナチスドイツについて熱いところ見せすぎちゃった。
(↑普通の人はこの時点で引くんですよね~)
東ドイツについて思い入れありすぎるところを出しちゃった。

あ~あ。
反省です。
普通そんなもん興味無いもんね。
好きじゃないもんね。
どうでもいいもんね。
日本じゃナチスに恐怖感抱いてる人の方が多いもんね。
(まあそれが普通でしょうし)
冷戦とか東ドイツとかベルリンの壁とか興味無いよね。
(ドイツ人でさえも興味無い人多いし)

ブランデンブルク門を見るたび、
ウンターデンリンデンを歩くたび、
ジーゲスゾイレ(このブログに載せてる女神さまね)を見るたびに、
感動して感慨深く浸るのなんて、自分以外じゃあ
よっぽどのドイツファンだよね。
そんな日本人にまだ出会った事無いし。
普通のドイツ好きな日本人はドイツの違うところが好きだもんね。
普通の日本人ならなおさら無理。

日本に居たときは、それを心得てたのに。
またすっかり油断して忘れてた。
それに、ついアタイの友達だし、アタイのそういうところを
分かってくれてるって甘えてたんですわ。
反省です。

もうすぐ日本に帰省するから、話題には
極力気をつけないとね。
クロネコったらアメリカナイズじゃなくて、
ジャーマンナイズされて嫌な感じ!って思われちゃうもんね。
(別に思われてもいいけど。っていうか実施そうだし。)
でも。
言いたいことはこのブログに書くだけにしなくちゃ。
気をつけますです。

けどアタイがこっちにきてから、
ドーンと落ち込むときは必ず原因が
日本人だったりするんですよね・・・。
しかも毎回何故か男性。(今回もしかり)
日本人男性って思ってることを言葉にしない人が多いし、
口にしても本音かどうか分からないんですよね。
楽しいって言ってても本当はそうは思ってないんでは?
って勘ぐっちゃいますもん。
アタイの深読みなのかもしれないけど。

アタイは自分が単純な人間な分、
相手が複雑な人だと疲れちゃうんですよね+_+
日本人って何て難しいんでしょ。

別に今回の友達に限らず、今後日本の友達とは
同じような感じになっていくのかも・・・って思うと
ちょっとサミシイ。
でも仕方ないわね。
アタイもこっちで暮らしていくならドイツ慣れしていかないと
生きていけないし。

などと色々考えてしまった旅だったのでした。

ここからは肝心の旅行レポートを。

今回は、出会うドイツ人みーんなイイ人ばっかりでした~。
ホテルから、レストランから、バス停でバスを待ってる人から、
博物館から、蚤の市から、カフェの店員さんから・・・。
みーんなイイ人たちでアタイはうれしかったです~。
毎回思うけど、ベルリン人って結構イイ人多いと思いますよ。
観光客慣れしてるのかな。

あとね~。
ハンブルクですばらしくアタイ好みな通りを発見してしまったのですよ!
たとえて言うならば、ベルリンならプレンツラウアーベルク地区で
東京ならかつての原宿同潤会アパートみたいな雰囲気の通り。
ショップがいっぱい並んでて、そのどれもが個性的かつ、ロック的。
そしてカフェもおされ~。
一つのカフェなんてその名も「YOKO MONO」。
ヨーコ・モノ?!
超ウケル。笑

別のカフェでアタイの大好きなミントティーを飲んだんですけど。
そこのカフェの椅子がとっても面白かった~。
なんとね、レトロな使い古した体育用具なんですよ。
鞍馬とか、跳び箱とかが椅子になってて。
小汚いけどステキなカフェ。
お客もすっごくステキな人たちばっかり。
みんなごじゃれてるのよ~。

一人とーってもステキなファッションのオニイサンが居たので
かなりジロジロ見てたんですけど。
だってね、身長190センチくらいあって、
なおかつ着てる服がかなり良いセンスなんだもん。
珍しいからジーッと見ちゃった。
そしたらそのオニイサンと目があっちゃってスマイルを
頂きました!
こちらもスマイル返しをしつつも、それでも見続けてたら
帰りがけにアタイのテーブルにやってきて、
「僕はこのお店のモデルをやってるんだ。良かったら来てね」
って名刺を頂きました~!
きゃ~。
「アタイてっきりデザイナーさんかと思ってたわ!」
って言っちゃった。
結局そのお店には今回は行かなかったけど、
次回絶対に行かねば!
やっぱり東と北ドイツの男の人がアタイ好みだわ。
再確認!
[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-20 06:23 | 旅行記 | Comments(2)

パンク・ロック・ケータリング♪

ご無沙汰です~。
昨日無事旅行より帰宅しました。
でもいろんな意味で疲れ果てました。
というより怒り気味。
まあ旅行に関しては明日以降にまとめることにして。
今日は違う話題を。

時々ドイツのテレビ番組を紹介してますけど、
今日紹介するのは
VOXという局の「Stern Rupotage」です。
Stern(シュテルン)とはもともと週刊誌なんですけど、
日本には余り無いタイプの雑誌です。
政治、経済、ルポ等のネタがまじめに書かれてます。
割と読みやすい文体なんですけど、インテリの人は
さらに難しい「SPIEGEL(シュピーゲル)誌」を読みます。

まあ、そんな雑誌のテレビ版みたいな感じなので
時々面白いルポをやっていて、興味深く見てます。
こないだ見たのは、レーザー治療でアトピーを治す
ってやつです。
アタイもアトピーだったので、興味深く見てたんですけど。
CTスキャンみたいなデカイ装置に横たわって
レーザーを浴びると、患部が治っていくっていう代物。
うそくさ~って思ったけど、実際それで治癒した人が
出演してたので、まあ人によっては有効なのかも。
しかもね、それをやってる病院がなーんとデュスにしか
無いっぽくて。
みんなわざわざ違う街からデュスまで来るらしいです。
ドイツもごたぶんに漏れずアトピーが増えてるんですね。

今日の番組はアタイにはもっと面白かった!
ドイツで注目されているケータリングサービス特集を
やってたんですけど。
「Rote Gourmet Fraktion」が取り上げられてました!
ってそれって一体何のこっちゃ?ですよね。
これは、ケータリング会社の名前です。
社名はさしずめ「赤いグルメ団」ってところでしょうか。

でも何でアタイが喜んでるかっていうと、
ドイツ国内でツアーをやるバンドに同行して
ライブ会場のバックステージでバンドメンバーや
クルー用に食事を作る会社だからです。

しかもね、この会社はドイツの有名なバンドのツアーに
大抵同行してるので、アタイも何度かこの会社の名前の
ツアーバスを見かけてるんですよね~♪
ラムシュタイン、トーテンホーゼン、エアツテ等々・・・。
ラムシュタインが以前オフィシャルサイトでバックステージの
写真を載せてたので、この会社を知ることになったんですけど。
ミーハー心をくすぐる特集をやってくれるなんて、
いい番組だわ~。

今回のロケでは北欧バンドHIMのバックステージの様子を放送!
アタイも何度か行ったことのあるケルンのパラディウムっていうライブ会場。
うーん、この番組完全にアタイのツボ!笑

このケータリング会社を起業したのは、二人の男性だそうで、
彼らはもともとベルリンのホテルの厨房でコックとして
働いていたそうです。
そんで、一緒にバンドツアーのケータリングを行う会社を設立
したそうで。
ツアー中は朝の8時から、夜の8時くらいまでずーっと食事を
作ってるそうです。
一日に3食で毎回10種類くらいは作るそうです。
めちゃめちゃ手際よくチャキチャキと料理してる映像が
流れてました。
すごいっすねえ。

そんで、普通じゃないのは彼らのテーブルセッティング。
なんかね、バスクテの通路やら、食事場所やらをデコレーション
してるんですけど、それがまさにROCK!なんすよ。
手とか足とかのオブジェだの、セクシーコスチュームだの、
ガイコツの置物だの。
とても食欲がわくとは思えないようなものをところどころに
飾り付けてて・・・。
でもROCKバンドのツアーだからそれでいいのです~みたいな。笑

ヘルプで入ってるコックさんがまたナイス。
普段はベルリンのレストランでコックをやってるけど、
HIMのバクステで働きたかったので、休暇を取って
料理を手伝ってる・・・って言ってました!
その心意気いいねえ♪

てなわけで、このケータリングはドイツの大物バンドの胃袋を
支えてるわけなのです。
アタイには美味しいかどうかを知る由も無いですけど。
c0016407_5295590.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-19 07:54 | 日記 | Comments(0)

ウサ子

明日からイースター休暇。
ドイツ全土は金土日月と4・連・休なり~。
だから有給くっつけて5月まで休んじゃう~って人も少なくない。
すでに今日から会社はシーンとしてました。

相変わらずアタイはイースターってそもそもなんだっけ?
くらいの知識レベル。
昔聞いた事ある気もするけどもう忘れちゃった。
ちらっとウェブで調べたらキリストの復活祭って書いてあった。
アタイはキリスト教アレルギーだから
そんくらいの知識レベルでいいや。
ちなみにドイツ語では「オースターン」と言います。

イースターといえば卵とウサ子(ウサギ)。
この復活祭では、
卵(の形のチョコ)を家の中に隠して
それを子供が探したりするそうで。
そういや昔留学中に授業で卵の装飾品を作ったなあ~。
あれ、もう二度とやることは無いだろうし
やりたくもないけど。

今はウサ子の形をしたチョコとかが
スーパーやらで売られてます。
ドイツ人ってね、何かにつけてチョコレートを食べるんですよ。
ニコラウスのときも、クリスマスのときも。
そしてイースターも当然チョコを食べます。
っていうかまた会社で配ってた。笑
チョコを見ると老若男女関係無くみ~んなニッコニコ。
はっきりいってチョコが食べたいだけなんじゃない?
ってくらいチョコが大好き。
でもバレンタインデーは特に祝ってなかったような・・・。
祝ってたかな?うーん、すでに記憶が無い・・・。

そして。
イースターといえばウサ子!ってくらい
街中ウサ子の置物だらけというか
ウサ子グッズだらけ。

なぜにウサ子なのじゃ?

と思いますよね。
どうやら、多産の象徴イコール、ウサ子だそうで。
(ネズミじゃないのね。)
なんといっても復活祭ですからね。
でもね、コレ多分春とも関係してるんじゃ
ないかなあって思うんですよ。
春を祝う復活祭でもあるわけで。

最近通勤途中の野原を走り回る野ウサギを
かなりの頻度で見かけるんですよね~。
もうね、今朝なんて3羽を一度に見ちゃったくらい。
そんくらいしょっちゅう見かける。
それもね、先月中旬頃から急に見かけるように
なったのですよ。
だからウサ子は春の訪れなんじゃないかなあと。
そして、オランダに7年くらい住んでたR子さん曰く
「ドイツはウサギが多い」そうです。

確かに。
そんでね、アタイ驚いたんですけど。
ドイツのウサ子はね、やたらスバシコイんです。
なんかね、ノンストップなんですよ。
めまぐるしいんですよ。
アタイの知ってるウサ子は学校の飼育小屋に
居たウさ子だけ。
ヤツラは微動だにせず、もぐもぐ口だけ
動かして何かずーっと食べて生きてた感じ。
そんなヤツラを触るには金網の隙間から
指を突っ込んでつっつくしかなかったんですけど。
それでもヤツラ、小学生なんてシカトって
感じでひたすら青菜食い続ける・・・みたいな。

だからね、イソップ童話でウサギの足は速いもの。
って小さいときに読んでて知識レベルでは知ってたけど。
何だか疑わしいよね、脚色入ってるよね的な
印象持っちゃってたっていうか。
だって実際見た事あるウサ子は微動だに
しない構えを見せてたんですもん。
ウサギって本当は走れるのか?くらいの
疑いがよぎっても不思議じゃないですよ。
アタイが言うのもなんですけど、結構どんくさそうに見えたし。
ホントは亀より遅いんじゃないの?みたいなね。
あれは家用に品種改良されたヤツなんでしょうけど。
でもそれしか知らなきゃ、あれがウサ子って
なるわけで。

でも。
よわい30になってアタイはやっと本物を見たんですよ。
野生のウサ子をね。
んで驚いちゃったんすよ。
世の中、斜めにばかり見ちゃいけないなって反省したりして。

野生のウサ子たちはね、歩けないのか?ってくらい
ずーっと走ってるんですよ。
ホント、止まると死ぬって言われてるマグロ並みに
ずーっと走ってる。
目で追う方が疲れるじゃない!ってくらい
ずーっと走ってる。
元気炸裂型。
どんな心臓してんだ?ってくらいのスピードで走ってる。
時には制限速度無しのドイツ高速道路にだって
飛び出しちゃうくらいの度胸だって持ってる。
そんくらいスゴイんすよ。

ああ、なるほどね~。
イソップはこのウサ子を見てあの童話を
書いたのねえ。
なっとく。
あれなら亀より速いわ。
間違い無いよ。
脚色とか思ってゴメンなさいね。

てなわけで明日からイースター休暇。
友達が日本から来るので、今年初のベルリンに
行ってきまーす♪
そんで続けてハンブルクにも行ってきまーす♪
[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-14 06:45 | 日記 | Comments(0)

寒いんですけど

毎日気温が10度超えるか超えないか?
の中、何とか元気にやってます。

でもさ、まだ手袋とかマフラー外せないって
どういうこと?
ホントに寒いんですよ。

明日の天気予報とか見ても、
「最高気温10度最低気温4度」
って感じで。
何だかなあ・・・。

日々暖かくなっていく!
っていう日本の春とは全然違いますな。
でもね、日差しは結構力を出してきてる感じ。
気温はまだまだですわ。

もうすぐアタイがドイツにやってきて1年になるんですよね。
早いもんですなあ。
けど去年の5月末頃なんて
ドイツったら死ぬほど暑くて参ってたんですよね。
あと1ヶ月やそこらであれくらいの暑さに
今年もなるのかなあ???
今まだアタイは手袋してコート着てるんで
全く想像出来ないんですけど。
果たしてそんな急に温度ってあがるもの
なんでしょうかねえ?
恐るべしですわ。
要するに一気に1ヶ月で20度以上アップって
ことですからね。
老体にはキツイッすよ。
しかもその後また気温が10度近く下がって
そのまま夏を終えて冬へ・・・。
みたいなのがドイツの気候らしいですからね。

ドイツ人が太陽を求めて、
スペインやらイタリアへ休暇に行く気が
アタイにももうすぐ分かるのかも。

まあ、夏は置いておいて。

日本の桜はもう散ってしまったのでしょうかね。
いいな~桜!
見たいな~桜!
って思ってたらね、
この街さすがに日本人が長らく住んでるだけあって。
街のところどころに「桜」が植えてあるんですよ。
全く気がつかなかったんですけどね、
花を咲かせてきてるんです。
7分咲きくらいでしょうか。
なので、通勤途中の電車の窓から桜が
本当に時々ですけど垣間見えるのですよ~。
ちなみにね、うちの会社の前にも痩せこけた桜が
3本ほど植わってました。

春です。

「花は桜木、人は武士」。

風流なり~。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-12 05:28 | 日記 | Comments(3)

アンゲラ

ドイツの首相はアンゲラ・メルケル氏。
彼女がテレビに登場しない日は無い!
ってくらいしょっちゅう登場しまくり。
洪水が起これば被災地訪問。
イラク(イラン?)で誘拐されたドイツ人の
生きてる映像がウェブで流れたら即コメント発信。
などなど。
とにかくしょっちゅう見かけます。
そんな彼女のインタビューなどを
テレビで見てて、ふと思ったのが。

「誰かに似ている」

ってこと。
それも。
顔というより話し方というか表情が
誰かに似ている。

誰だっけ?
うーん。
うーん。







あ、分かった。
誰も絶対同意してくれないと思うけど
アタイの中ではつながりましたので
無事本件終了です。

それはね、
「皇太子妃雅子様」。
いや、ホントに。
しゃべってるときに口の辺りをゆがめる感じが
もう、そっくり。
っていうか同じ。

誰も同意してくれなくたって平気。
だって日本じゃアンゲラのしゃべってる映像流れないだろうし。
ドイツ人は雅子様の話してる映像見た事無いだろうし。

まあアタイの自己満足。
↓アンゲラ。
c0016407_5102626.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2006-04-12 05:10 | 日記 | Comments(2)