死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

放置プレイ

今日はひっさびさにドイツ語会話に
行ってきました。
生徒がほぼ100パーセント入れ替わってて
クラスの雰囲気がおとなし目になってて
ちょっと驚いちゃった。

今日の授業のテーマは、
「男って・・・」でした。笑

イギリス、インド、ブラジル、ルーマニア、
ドイツ、日本の女性の目から見た
「男性像」をドイツ語で話してたんですけど。

そんなに驚くコメントはなかったかな。

・サッカーばっかり見る
・車が大好き
・よくしゃべる(日本の男性はあまり当てはまらないような)
・優しい
・片付けない
・力が強い
・泣かない

こんな感じ。
けど授業のあとでブラジル人の子と立ち話してたら
すごい共感コメントが得られた!
それはドイツの男に関する情報。

「ドイツ人の男は女性を放置する!」

まさしくそのとおり!!!
これねえ、ほんとにそうなんすよ。
女子はマジでありえないくらい放置されます。
別に彼氏じゃなくても友達関係でも
余裕で放置されます。
場合によっちゃシカトもあり。
いつも会社で仲良くいろいろ話す人がいるんですけど
会社のパーティとかになると
その人はアタイのことを放置どころか、シカト。
目もあわせない・・・みたいな。
別に彼氏じゃないからいいんだけど
シカトされる側になると何だか腹が立つわけで。
これが彼氏だったとしても、
シカトは無いにしても、
放置プレイは行われるみたいっす。怒

たとえばどんな感じかというと。
彼氏の友達主催のパーティに一緒に出かけた場合が
もっとも最悪の悲劇が訪れます。
男側は確実にパートナーを放置しますから。
彼女はほっとかれます。
そして男はどっかに消えちゃいます。
ええええ?みたいな状態にされます。
知らない人たちの中にポツンと放置されて。
一体何の修行なんじゃ?ってくらい放置。
死体だって放置したら犯罪になるこのご時世なのに
生きた人間を放置しようってんだから
法治国家が聞いてあきれちゃう。

実はこれは留学してた時から感じてたことで。
当時アタイも友達にパーティで放置されてました。
本当に本当に心細くてびびりまくってたんだけど。
友達といえども放置って一体何なんだ?
と困惑しきりだったものです。
厳しい扱いを受けてたものです。
正直それがちょっとトラウマになってしまって。
逆に日本に戻ってからというもの、
外人友達とクラブや居酒屋に行っても
ついつい気を使って話しかけて決して孤独感を
味わわせたりしてはいけない!
って思うようになっちゃったくらい。
それくらいスサマジイ。

まあ、分かってたことだけど。
でも実際ドイツに来て見たら放置、放置、放置。
やっぱりな・・・ってくらい放置されてます。
分かっててもキツイ。
駅前の自転車どころじゃないくらい放置されちゃうからね。
これは、ドイツ人彼氏もしくは旦那さんのいる
日本人女性から絶対一度は聞くコメント。
ドイツに住むなら避けては通れない道なのです。

でも、そのコメントをスペイン人女性や
ブラジル人女性からも聞いたから驚いちゃった。
「ドイツの男ってディスコやパーティに
一緒に行って私のこと放置するのよ!」
ってコメント。
ひゃー、ありえない!
絶対おかしいと思う!
「多分私のことを好きじゃないから放置するのよ」
って彼女たちは言うけど。
アタイから言わせりゃ
「男ども、好きじゃないなら一緒に出かけるな!」ってこと。

けどいろいろ調査してて気がついたんだけど。
ドイツ男はたとえ相手がドイツ女だったとしても
そういう場で普通に放置プレイを実行しちゃう。
相手が誰であろうが関係無いってこと。
けどそんな時ドイツ女はどうするか?っていうと。
猛烈抗議!
機嫌悪くなって彼氏を呼びつけて帰宅!
っていう強い行動に出る。
見てるほうが唖然とするくらいの勢い。
で、男は意味が分からないけどとりあえず謝ってる。
でもなんで怒られてるか分からない男は
学習せずに次回も放置を繰り返す・・・ってわけ。
まるで駅前自転車のように。

なので女子の対策としては。
パーティ会場で自立する。
彼氏に抗議する。
この二つしかないでしょうな。

けどパーティ会場で自立するのは、結構大変。
だって自力でそこら辺の見ず知らずの人に話しかけて
適当に話を盛り上げて、一人で壁の花に
ならないように努力をしなきゃなんないから。
それをしかもドイツ語でやらなきゃなんないから。
かなりのハンディキャップ。
疲れるっちゅーの。

抗議するってのも外国人にはすごく大変。
相手にこの気持ちは伝わらないし。
分かってもらえないからね。
っていうかドイツ女みたいな
キーキー騒いで機嫌そこねて
その場の雰囲気まで悪くして
自分を主張するあつかましさなど
ヤマトナデシコはDNAに
持ち合わせてないっつーの。

あとアタイの私見だけど。
おそらく男性が多少優位な国だと
男性は女性を公の場で放置しないんじゃないかと思う。
ドイツやオランダのような女性の立場が
強い国だととことん女性は放置される気がする。
アタイはドイツの女ほどヒステリックで
我が強いわけじゃないので、
同じように扱われるとちと困ってしまう。
同じ欧州でもイタリア、スペインのような
多少男性優位と言われてる国だと
そんなことは起こらないそうで。
なるほどな~って感じ。

男性優位の国は悪いことだ!って
世界中でフェミニストが攻撃してるけど。
アタイはそうは思わない。
公の場でパートナーを気づかったり
夜解散時に、女性が自宅まできちんと帰れるかを
気にすることが出来るかどうかは、
当然の「紳士的行為」だとアタイは思うので。
これが出来ない人が大半なのがドイツ人男性で
これが大抵当然のこととして出来るのが
日本人男性だと思う。
日本男性は逆に自分が彼女に公の場で
ほおって置かれるのも多分好きじゃないと思う。
彼女が自分を放置して、他の男と楽しく
会話してるなんて言語道断!ってことに
なると思う。
っていうか大喧嘩になると思う。
でもドイツではそれが許されてる。
っていうか、そうせざるを得ない状況に
追い込まれちゃう。

アタイなりに努力はしてるけど・・・。
アタイも30年近く日本で暮らしてたので、
「女性をリスペクトして尊重してるから
ドイツ男は放置するんだ!」
って拡大解釈できる日が来るとは
到底思えない・・・。
だからこそ悩んでるんですけど。怒
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-30 08:37 | 日記 | Comments(0)

確定申告

いやあ今年の懸念事項がやっと
本当に本当にやっとのことで
片付きましたです。
もうこのこと考えただけで日本に
逃げ帰ろうかなって思うくらい
ブルーだったんですけど。
でも意外とすんなり出来た。
っつーか、自分でやったわけじゃないんだけど。

そう。
確定申告ね。

あれ?あれ?
日本じゃ確定申告はその年度内に
やんなきゃなんないんじゃ・・・?
まあ、ドイツも本当は6月までとか、
9月までって言われてるけど。
その年いっぱいまでオッケーだそうで。
ドイツじゃ年度制は無いので
基本はカレンダーイヤーという
1月から12月末が基準になるのですよ。

だからといってやっぱりその前の年の
確定申告を12月までほったらかしってのは
社会人としてどうなの???
みたいな感じになっちゃう。
本来は2月とかに終わらせるべきものだからね。

っつーかさ、
クロネコったら確定申告なんてやっちゃって
一体どんだけ稼いでるのさ?
って思われそうだけど。

違いますから。
全然違いますから。
断固違いますから。

アタイは単なるサラリーマン。
しかも日系企業の現地採用。
今は円が1ユーロ151円もしちゃってるから
仕事の割りに高給取りなことになってるけど。
でも実際は大したこと無い。
そんなこといったらヨーロッパ中の人が
高額所得者になっちゃうからね。

話を戻しますと。
そう、ドイツでは
別に自営業じゃなくても。
別にサイドビジネスで収入を得てるわけじゃなくても。
なーんと、なんと単なるイチ・サラリーマンでさえも
オノレで確定申告を必ずしなきゃなんない。
なんてこった!
アタイには無理!
何やればいいか皆目検討もつかない!
日本じゃ年末調整とかも全部全部
会社が面倒見てくれてた。

けど。
ドイツラントではオノレですべてを管理しなくては
ならんのですよ。
もうアタイはこのこと考えただけで
8月からパニックになりそうだったんすよ。
どうすりゃいいの?
どうすりゃいいの?ってね。
ドイツの税制なんて良く分からんし。
確定申告やらなかったら外人って
どうなっちゃうの?って思うと不安で。
あせっていろんな人に泣きついたくらい。
もちろん実際には泣いてはいないけど。
「どうすればいいのおおおおお!
日本じゃそんなことやったことなああああい!
もう無理、絶対無理、アタイはパニックよおおお!」
とダレカレかまわずぶちかましてたら。

みんながアドバイスをくれた。

1.税理士に委託しろ。
200ユーロくらいで代理申請してくれるから。

2.確定申告ソフト(40ユーロくらい)を買って
自分で書類を作って、税務署に提出しろ。

2のソフトを買うほうがコスト安なので
先月ソフトを買いに行ったところ。
すでに来年バージョンしか売ってなくて。
しかもアタイはうっかりミス多発型だから。
何を血迷ったか、「私の銀行口座」とかいう
確定申告とは一切関係の無いソフトを買ってしまって。
お店に返品に行ったりと。
振り出しに戻りまくりな日々だったんですけど。
っていうか単なる無駄な動きを
やってたわけで。

見かねた同僚のサユリさんが
ドイツ人の彼氏に頼んでくれることに。
ってことは。
アタイは二人に全給与明細を
オープンにせねばならないということで。
・・・。
・・・。
でもここでひるんだら、アタイは今年中に
確定申告が出来ないってことになる。

背に腹は変えられん!
ってことで。
お二人のお力を借りることに。
二人とも超多忙で、なおかつアタイがふらふら
遊び歩いてるのでなかなかスケジュールが
合わなかったんだけど。
とうとう、本日お二人の力添えで
なんとか確定申告書類が全部揃いました~!
後は税務署に送付するだけ!
いやっほーい!
ビバ2005年!(去年のがまだ終わってないのです)

けどこの確定申告制度って何だか驚いた。
まずね、基本的にドイツ人って何でも
自分で決めたがる民族。
会社やら他人に税金を決められるのはNGなんだと
思われます。
そんで凄いなあと思うのが・・・。
みんなありとあらゆる仕事に関するモノに
支出したレシートを保管しておいて
確定申告時に申請して、
少しでも税金を払い戻させよう!
とするんですよ。
常識みたいだけどある意味すごい根性。
いっぱい税金を取られてるんだから
ここで返金制度を利用しない手は無い!
って考えるようです。
まあ、人によっちゃ納税額が足りてなくて
不足分を支払う人もいるようですけど。

ちなみに、申請時の免除対象として
どんなものが該当するかというと。
仕事用に買った本。
ちょっと自己啓発に経営関連の本でも買ってたら
それはもう申請対象。
事務用品を買ったらそれも対象。
仕事用のスーツでさえも対象。
当然語学学校も対象。

けど、ここでさらにアタイが驚いたのが。
「クロネコは日本から引っ越した際に
荷物を送ったと思うけど、そのときの
レシートはあるか?」
って聞かれちゃった。
え?って感じ。
アタイは海外駐在員じゃないから
引越し費用なんてもちろん自腹。
っつーかお母さんが荷物を送ってくれたから
厳密にはアタイは払ってないけど
総額10万円くらいした・・・らしい。
でもそんな時のレシートなんてすぐ捨てちゃったから
当然持ってない。

って言ったら怒られちゃった。
それぐらい保管しておけ!と。
んで、日本の配送会社に問い合わせれば
送り状が再発行できるかもしれないから
聞いてみろ!とも言われた。
ええええ・・・面倒くさー。
と思ったのでそれは断っといた。
アタイは手間を掛けてお金を手に入れるより
面倒くさいのを避けるタイプ。

変わりに・・・
アタイが運良く持ってたものがあって。
それは・・・。
移住する際アタイが成田からドイツまで
乗った飛行機の請求書!
これはsnmnmちゃんがPDFファイルで
請求書を送ってくれてたからアーカイブに
あったのです!
ビバインターネット時代!
なので。
これを引越し時の諸費用として申請することに。
片道便だったので10万円以上するのです。

他にも本来はアタイがこの部屋に引っ越して来て
生活必需品である冷蔵庫やら
洗濯機やらを購入した場合は
その費用も申請対象だとか。
アタイが今住んでるのは家具つきアパートだから
今度引っ越すときは絶対にレシートを
取って置くように!って言われた。

ドイツのシステムって何だか凄いなあって思った。
税金は取られっぱなしではいけなくて。
少しでも国から取り返せ!ってことなんすね。
親が確定申告してるのを時々横目で
見てたけど、そういや同じようなことやってたなあと。
日本でサラリーマンやってると
気がつかなかったけど
国からいっぱい自動的に搾取されてたんだなあと。

来年は自力で出来ればなあと思うけど
分からなければまたやってあげるよ!
って二人は言ってくれたので
気が楽になった~。

アタイは昨年半年分しか働いてないのに
1年分の税金を支払ってるから
ある程度は返金があるはずなんだけど。
一体いくら戻ってくるのかすっごく楽しみ。

お礼に二人にはお寿司をご馳走しました!
アタイも一緒に食べたけど
すっごく美味しかった~!
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-29 08:04 | ドイツOL生活 | Comments(4)

定冠詞

ドイツ語ネタを久々に。
言語に興味無い方はすっ飛ばしてくださいな。

ドイツ語には定冠詞と不定冠詞っつーのが
あるんですけど。
コレはドイツ語を少しでもかじったことのある人なら
ぜーったい知ってて、
この壁が越えられなかった人は
単位を落としたか、
二度と生涯勉強すまい!
と心に誓ったかのどちらかなのでは。

要は簡単に言うと
英語で言うところの
the(定冠詞) と
a(不定冠詞) です。

アタイはこの概念がドイツ語を勉強しはじめて
やっとこさ理解できるようになったんですけど。

ドイツ語だと定冠詞、不定冠詞が
それぞれ×3種類ずつあるわけで。
英語なら適当に使っときゃ、
ネイティブ以外は間違いに気がつかないんじゃ?
みたいな理解でも生きていける気がしますけど。

ドイツ語だとぜーったいそうはいかない。
もうクレイジー!!!
ってくらいそうはいかない。
だって。
全名詞にそれぞれ定冠詞がついてるんだもん。
無視してたらドイツ語が一切しゃべれないし
文章にもなんない。

定冠詞は
男性der
女性die
中性das

不定冠詞は
男性einer
女性eine
中性ein

でもこれだけ覚えててもしょうがなくて。
さらにこれが格変化しちゃう。
複数形もあるから定冠詞だけで16種類。
さらに不定冠詞も9種類の変化。
なんつーバリエーション。

この映画を見ます。
この映画は面白い。
この映画にはトムクルーズが出てます。

って時の「この映画」の「この」にあたる
定冠詞がすべて違う変化をしちゃうわけなのです。
ドイツ語習いたてのときは
プチパニックですよ。

だから。
いちいち新単語を覚えるたびに
定冠詞の種類も覚えなきゃいけなくて。
複数形も覚えなきゃいけなくて。
それがドイツ語。

ある程度は定冠詞の種類にルールがあるけど
基本は覚えるのみ。
時々ドイツ語を勉強し始めました!って
人から覚えるコツを聞かれるけど。
そんなもんあったらアタイが知りたい。
覚えるしかない。
覚えてないときは、とりあえずカンで話すしかない。
まあ3分の1の確率で
どうにかならなくも無いので。

そんな定冠詞なんですけど。
ドイツ語には外来語がドカドカ入って来てて。
外来語なのにちゃーんと定冠詞があったりして。
外来語は大体「定冠詞が中性だ!」とか言うけど
実際は全然違う!とアタイは思う。
日本語だって例外じゃなくて。

das カラオケ、
das スシ、
der サシミ、
der ツナミ

と誰がつけたのか、ちゃーんと定冠詞がある。
日本語にはそんなもん無いのに
何故かドイツ語になるとちゃーんとある。
一体誰がつけてるのよ?って思っちゃう。

けどこないだ会社で驚いたのは。
うちの会社ってワールドワイドで
どんな現地人でも使ってる日本語があって。
それは何かと言うと。
「リンギ」です。
そう稟議のこと。
うちの会社ったら何するにもリンギですから。
ドイツ人の同僚たちもちゃーんと
「リンギ書かなきゃ」って言ってます。
けどさ、そのリンギにも何故か定冠詞が存在してて。
この日本語はさー、さすがにドイツ一般社会じゃ
使われてない日本語だと思うのよね。
なーのーに。
ちゃーんとダス・リンギなどという定冠詞が
ついてたりするからビックリ。
これさー、一体誰がつけたのよ?って聞きたい。
ぜーったいうちの会社のドイツ人だと
思うんだけど。
稟議書は紙→紙:パピアーは中性
→ダス・リンギなのかも。
うーん。
ロジカル。
????
んなわけない!
勝手に決めんな~!と言いたい。
ドイツ人たら油断できないわ。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-28 07:39 | 日記 | Comments(0)

男性の好み

最近食欲が復活してきたみたいで。
グルメなKさんとの食べ歩きが良かったのか。
ここ一週間でアタイは出された食べ物を
残さず食べれるほどの食欲にまで復活!
さらに。
腹いっぱいじゃ~!って状態になるまで
2ヶ月ほど食べれなかったんですけど。
とうとう今日は苦しいほど食べれました。
なんだかこんなことがちょっと感激。
食べ物を美味しい!と味わえることが
こんなに幸せなことだったなんて。
つい最近までは何食べても
美味しくないし、
味を感じないし、
すぐ満腹になってたんだけど。
どうやら。
無事に体調が戻りつつある様子。
ホッ。

金土日とずーっとKさんと毎日一緒に
ご飯を食べて、お酒飲みながら
長く、淡々と、でも熱く
いろんな内容について
4,5時間かけて語りまくってたら。
今じゃなんだかすっかりKさんの大親友気分。
Kさんはアタイより15歳ほど年配の方なので
そんなこと言うのはおこがましいんですけど。

Kさんは本当にスバラシイ方で
アタイは大尊敬してますです。
一緒に働いていた頃はお互い全然
関心無しって感じだったんすけど。
不思議ですなあ。
Kさんの知識の泉にアタイは
感心しきりでした。
中国ネタにも感動しまくりで。
頭がいいのでいろんなことを考えていて
色んな疑問に対して答えを持ってる人なのです。
なのに柔軟でアタイのような若輩者の
ヘリクツにさえ耳を傾けてくださるのです。
あーありがたや。

けどKさんの一番すごいところは
家族がとーってもとーっても仲が良いところ。
奥さんと娘さんへの愛情がもう後光の様に
体から溢れかえってる。
奥さんと娘さんからの愛情もすっごく
受けてるのが目に見えるほど。
こんなにプラスのパワーで光り輝いてる人を
見たこと無いかも!ってほど。
アタイが今まで見た中で一番かも。
それくらいの結束力。
あこがれますねえ。
女性はこういう男性と結婚すれば
絶対幸せになれるんだろうなあと
一人で頷いていたのでした。

話はガラっと変わって。
ホント脈絡無いんだけど。

最近知人の女性から男性の好みを
聞かされたんですけど
彼女の条件は
・優しいこと
・アタマがいいこと
だったんですよね。
40歳にもなって、なんつーありきたりな・・・
って思ったので思わず否定意見言いそうになったけど
一応すん止めしました。
あぶなーい。笑
まあ彼女の自由ですからね。
それに彼女は既婚ですから説得力が
無いわけでも無いってことで。
けどアタイの感覚からすると
日本男児なんてかなり優しいから
そこら中に優しい人は居ると思うんですけど。
でも優しいって一体何なのさ?って定義があいまい。
そして経験上だけど、他人に優しい男は要注意。
そういう人は知人に優しく無いですから。
っつーか、優しいなんて人として
当然の要素なんだから条件にしてる時点で
アタイは何だかな~って感じ。
って当然こんなこと彼女には言ってないですよ。

じゃあクロネコの男性の好みはというと。
・笑いのツボが合う人
・ちょっとオタクっぽい人
・自分が今までに出会って来た女性像で
アタイをカテゴライズしない人
(でも今までアタイが好きになった男性で
コレをやらなかった人は居ない)
・卑屈じゃない人
・パンクロック魂がある人
・アタイの格好に文句をつけない人
・アタイに指南できる人

あー、条件多すぎ。笑
これに外見の好みまで加わるわけですから。
そんな男いんのか?って話で。
いつまでも彼氏が出来ないのには
それなりに訳があるのが
これで明白ざんすね。
うん、うん。
これで対策が練れそうだ。
やっぱり前出の女性のように
抽象的な条件にすべしかしら。
なーんてね。
そんなことぐらいでアタイは譲歩したりは
しないのです。

ああ、オンナは歳をとればとるほど
条件が厳しくなるってのに。
自分からさらに道を険しくしてる・・・。
なんて痛々しい・・・。
やっぱり何も考えずピュアな瞳で
ものごとを見れる時代のうちに
相手を見つけて結婚するのが一番
なんだろうなあって思います。
なーんてね。
そんなこたアタイには絶対無理なんだけど。笑
っつーか、アタイにピュアな時代はあったのか?
って話だけど。
しょうがないのでイバラの道を歩きます。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-28 07:10 | 日記 | Comments(0)

チョコレート工場

今日は先週から出張で来られてるKさんの
観光ガイドってことで。
ケルンに行ってきました。
デュスだと見るところ無いしつまんないので。
Kさんは大の車好きなので
本当はシュトットガルトあたりまで行って
ポルシェ、ベンツミュージアムなんかが
見られれば最高だったんですけど。
こっからだとさすがに遠いのですよね。

何気にアタイはKさんアテンドを
のべ5日間もやってたりします。
普通出張者が来てもあんまり相手を
することがないので、
アタイは相当Kさんの人間性が
好きなんだと思います。
Kさんは頭もいいし、話が面白いってのもありますね。

そんなKさんの観光リクエストは。
「チョコレートミュージアム」。
ケルンにはチョコレートミュージアムがあるって
聞いたことがあったけど。
行くのは今回がアタイも初めて。
ちょっとワクワク。

建物は中央駅から徒歩20分くらいの
ところにあって、比較的新しくて、
ライン川に浮かぶその姿は
ガラス張りの船をイメージしてる。
c0016407_821556.jpg


内部ではチョコレート生成過程が展示されてて
実際機械も動いてます。
c0016407_8233722.jpg

c0016407_8235230.jpg

↓このチョコレートの木から
したたり落ちるチョコの泉にウエハースを
浸したものを、このオバチャンが
観光客にふるまってくれるのです。
これがまたすっごく美味しかった~!!
c0016407_825718.jpg


チョコの歴史も展示してあって
このミュージアムはとっても面白い!
↓この機械は大きなのっぽの古時計みたいな形
してるけど1800年頃のチョコ自販機。
c0016407_828883.jpg

↓これなんてヘンゼルとグレーテルをモチーフにしてて
すっごくキュート。
c0016407_8285230.jpg

館内はあま~いチョコの香りでいっぱい!
チョコ好きにはたまらない場所だと思うなあ。
意外と子供がいなくて
お客は高齢層でした。
若者は英語話してる人が多かったので
ドイツ人も少ないのかも。
ここで作ってる(展示してる)チョコは
リントのチョコなので
すんげえ美味しい!
リントはアタイが一番好きなスイスのチョコメーカー。

一通り見学した後は
ミュージアム併設のカフェで
ホットチョコレートを飲みました。
c0016407_8272397.jpg


ケルンの街中を歩いてウィンドーショッピングしたり
いろいろと物色。
ケルンの街中をじっくり歩いたのって
よーくよく考えたらアタイはじめてかも。
で、分かったんだけど。
ケルンってオシャレだわ。
お店がすっごく充実しててたのしー!
デュスと大違い。
これはもっと頻繁に来たいなあって思っちゃった。

Kさんと魚介レストランに行って
アタイはムール貝の白ワイン蒸しを
たらふく食べました。
すっごく美味しかった~。

本当はKさんとチョコレートミュージアムに
行く前に、「チャーリーとチョコレート工場」を
見てから行きたかったんだけど
時間が無くてまだ見れてない。
DVDは買ってあるので近々見たいなあと。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-26 08:31 | 旅行記 | Comments(0)

鉄観音

なんとか今週は乗り切れそうです。
ライブ疲れと、
出張者ケア疲れと(これからが本番だけど)、
会議疲れで、
もうヘロヘロで仕事出来ないや・・・
って感じなんすけど。

アタイもともと体力が無いから
ちょっと普段と違うことすると
すーぐ疲れちゃうんですよね。
ほほほ。

今週は欧州会議ってことで
アタイの部署主催の会議があったもんだから
二日間まるまる英語で会議。
夜までみんなで一緒にレストランでお食事。
アタイはコホンとも言わないくらいの
静けさで会議に参加してたんすけど。
さすがに二日間も英語ばっかり聞いてると
アタマが痛くなるっていうか。
そもそも英語が好きじゃないし、
人によってものすごく英語って
レベルやら発音に差があるもんだから
聞くほうが結構大変。
ってことに最近気がついてきつつあるアタイ・・・。

あれ何なんでしょうね?
非常に分かりやすい英語の人と
もう全然言ってることが分からない英語の人がいて。
基本的にドイツ人の英語はアタイには
分かりやすいんだけど。
何故かドイツ人上司オツルさんの
英語は全然分からん。
上司の言うことが分からないって
結構致命的なんだけど、
どうせ大したこと言ってないだろう・・・
という前提のもと適当に相槌を打ってます。
オツルさんの場合ドイツ語でも
分かりづらいから多分本人の言語能力の
問題なんだろうなと勝手に理解してます。笑
人のこと文句言ってるけど、
多分アタイの英語を他の人が聞いたら
「アイツの英語全然わかんねーや」
って言われてそうなんだけど。
実際結構伝わらないし・・・。

けどアタイは本家本元の英人の英語が
すっごく苦手だったりして。
もう聞き取りづらくって。
は?ってなっちゃう。
口語表現とか使われるとアタイにゃ理解不能だし。
会議中ジョークとか言われると
ついていけないから止めて欲しいなって
実は思ってる。
けど会議参加してるのは
英人ばっかりじゃないから
っつーかそれ以外の国の方がほとんどで。
ナマリのすごい英語がこれでもか!って続く。
いいかげん自分の部署でなれてても
それでもこの国際化の波はなかなか
大きくて溺れそうになっちゃう。笑
余計にこんがらがってくるし。
慣れ親しんだ業界用語だから
何とかついていけるものの
違う業界だったらチンプンカンプンだろうなと。

そんなわけで、
今日は疲れ果てたのではやく
帰宅して、ラムシュタインのDVDを見て
感動の鳥肌を立ててました。
そしたら寒くなってきたので
これはいかん!ということで。
週末にKさんから頂いた中国茶を飲むことに。
Kさんはお茶セットを買ってきてくれたのです!

鉄観音茶と茶器。
この茶器がねえ、すんげえキュートなの。
チャイナ!ってかんじで。
小さくて。
大きさ分からしめるために時計と
一緒に写真を撮ってみた。
この小さいふたのあるほうが
な、な、な、なーんと急須なんすよ。
アタイてっきりこっちが湯飲みかと思っちった。
んでその横のさらに小さいぐい飲みの
オチョコみたいのが湯のみ。
中国人の考えることは分からん!
でもすんごいキュート!
c0016407_721694.jpg

Kさんに中国風お茶の入れ方を
教わってたので、その通りにいれてみたんだけど。
ふたの部分を指で挟んで
お茶をそそごうとしたら・・・。
ら・ら・ら・らー!!!!
あ、熱い~!!!

説明とは違って急須がすっごく熱くて
とてもじゃないけど指で挟めない状態。
でも無理やりやってみたら
お湯がこぼれてきて
指にどばーっとかかって・・・。
結果、ヤケド。
熱い、熱すぎるぜ中国!

けど鉄観音茶はおいしかったわ~。
お礼に今週末はKさんの観光ガイドをやります~!
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-24 07:02 | 日記 | Comments(0)

上海の風

日本で働いていた時に同じ部署で一緒に
商品企画をやっていたKさんが
今出張でドイツに来てます。
アタイはKさんとは2年くらい一緒の部署で
働いてたのかな。
けど当時は仕事以外で話すことはあまり
無かったんすよね。

アタイがドイツに行くからと会社を辞めた時と
同時期くらいにKさんは上海支店に転勤になってて。
んで何故かその後メールのやり取りが続いて。
偶然今回Kさんが出張でドイツに来ることに
なったので、アタイはいろいろお世話させて
いただいてるのです。

上海土産をいっぱいもらって。
中国の話をいろいろ聞いて。
今アタイは中国に興味がすごーくすごーくあって
中国に行きたくてしょうがないので
タイムリーすぎ!
聞く話聞く話がすべて面白くて
それはそれは興味深くてとっても
楽しかったです!
はやく中国に行きたーい!
共産主義の風を感じてみたーい!
カオスを見てみたーい!

Kさんは頭がいいだけじゃなくて
洞察力もあるので非常に話をしていて楽しいです。
先日知り合ったSさんも非常に頭の良い方で
アタイは無い頭をひねって
がんばって会話をしていたんですけど。
それが何だか久しぶりに楽しくて。
日本では20代から60代まで知り合いが居たので
時々こういう機会があって
違う世代の人から面白い話を聞けてたんですけど。
ドイツじゃ限られた年代の人としか
付き合いが無いもんだからこういうのは久々で。
やっぱり40代、50代の人たちとの会話はためになりますね。
アタイはしばらくこういう会話に飢えていたのかも?!
って思いました。

Kさんと二人で言いたい放題ということで。笑
大阪人、
京都人、
東京人、
名古屋人(主にKさんの意見)、
香川人(主にアタイの意見)、
についての見解を述べ合ったところ・・・。
特に大阪、京都の人に対する批評が
完全一致したのですごく驚きました。
アタイの意見はいつもどおりキツイ方でしょうし。
大抵の人には受け入れてもらえないですし。、
それ以前にそんな風に感じてる人が居ないもんだから
誰も同意してくれないんですけど。
だから普段も口にしないんですけど。
今回思い切って言ってみたところ、
Kさんとアタイの見解は恐ろしいほどに一致。笑
アタイもKさんも地方出身なので、
違う地域のひとたちの考え方や特性が
見えるのかもしれないです。

それぞれの街の人に良いところと
悪いところがあるんだけど、
アタイは悪いところを入れたとしても
東京人がいいかなあと。
というか別に好きじゃないけど住むうえで
問題が無いかなあと。
なーんて結局はアタイらの主観で評価
してるにすぎないんですけどね。

Kさんは意外にも70年代ロックファンという
ことが今回判明したので
デュスのハードロックバーにお連れして
二人でビールを飲みました!
数年前に一緒に日本橋で働いていた頃は
「まさかデュスのロックバーでビールを
酌み交わすことになるとは
ミジンも思わなかったですねええええ!」
と二人でしみじみ頷きあっていたのでした。笑
人と人のつながりってホントに分からんもんだね。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-21 08:41 | 日記 | Comments(0)

NGワード

実はアタイにはNGワードっていうか
NGフレーズがあります。
それ聞くと本当に心底がっかりして
どうしようもない気分になるんですよね。

特にコレを友達から聞かされると
もう救いようの無い落ち込みにはまります。
友達以外の人が幾ら言ってても
気にならないんだけど。
どうぞ勝手に言っててください~って感じ。
でも。
これを友達に言われるとへこみます。

フレーズ1
「クロネコ変わってないね~」ってやつ。
1年以上あけて久しぶりに会った友達が
開口一番に言うなら見た目のことを言ってるんだろうから
まあオッケーなんだけど。
数時間みっちり話をした後で
このフレーズを聞かされると
ガーン!って言う音が聞こえそうなくらい
ショックを受けちゃう。
何故って。
少なくともアタイはその時点で
相手との会話に以前とのギャップを感じてるからで。
ああ、やっぱり月日の流れには逆らえないのね・・・
って多少悲しい気分にもなってるってのに。
なのに、相手からはこのセリフが
出てくるもんだから拍子抜けしちゃう。
友達なのにアタイのことが分からないんだ・・・
みたいなね。
もしくはアタイの変わってないところしか
見えてないのか、見ようとしてないのか。
しょせんはそれくらいの浅い関係だったんだ・・・
って気がつくだけ良いことなのかな。
でも。
このセリフを好きな友達からだけは
聞きたくないなあと思ってるのです。

フレーズ2
「いろんな人がいるからねえ」ってやつ。
もうこのフレーズだけは聞きたくない!
ってくらい大嫌い。
お願いだからアタイのことを友達と思うなら
アタイにこれだけは言わないで!
ってむかーしから思ってるのに。
大事なところでコレを言ってくる友達が
ちらほらいるのが本当に辛いところ。

シチュエーションとしては大抵アタイが
「これこれこういう人がいて、アタイは
すごく驚いてしまったのよ。
一体どうしてその人はそんなことをするのかねえ?」
みたいなことを言ったときにこのセリフが
返ってくるのです。
もうそれ聞くと脱力しちゃう。
会話終わっちゃう。
思考止まっちゃう。
すべてが台無しになっちゃう。
回答になってないんだもん。

アタイもさ、それなりに何人もの人に
出会ってきてるわけで、
色んな国の人も見てきてるわけで。
だから。
いろんな人が居ることくらいは
もう前世紀からちゃーんと知ってる。
言われなくても分かってる。

でも。
それでもアタイは人に興味があるわけで。
相手の人格形成の背景を知りたいと思うわけで。
様々な要素をひっくるめて判断したいわけで。
だからこそここに住んでるわけで。
なのに、このセリフを頂いちゃうと
もう泣きそうになっちゃう。
友達止めたくなっちゃう。
アタイには何のアドバイスにもならないんだもん。
アタイの人間考察欲を止めないでほしい!
と思っちゃう。
でもそれでもその子たちのことを
大好きだから何も言えなかったりするんだけど。

ちなみにこのNGワード集を発言するのは
必ず日本人。
西洋人は一緒になって人間考察して
分析会話に花を咲かせる人たちが多いので
NGワードが出ませんように!って祈る必要は無い。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-21 08:13 | 日記 | Comments(0)

ヴュルツブルク

昨日から一泊二日で北バイエルンの街
ヴュルツブルクに行ってきました。
今まで行った事の無い街だったんですけど
意外にコギレイで中世の街並みが残ってて
見る価値アリでした。
小さい街ですけど見所も多いので
観光に向いてるんじゃないかなあと。

マイン川↓
c0016407_4331858.jpg

c0016407_435656.jpg

c0016407_435227.jpg


帰りはボン経由の電車でゆっくり帰ってきたんですけど。
これまた紅葉が美しくて。
ライン川の景観が美しくて。
1年ぶりくらいに見れてハッピー。
ここはやっぱり世界の車窓百選入り
間違い無いエリアですね。(クロネコ選)

アタイはもちろん観光目的じゃなくて。
いつもどおりのライブでやんす。
けどこのバンドのツアーも
今回がアタイの千秋楽で。
もうそれを考えただけでカナシー。
ブルー。

けどまあ今回もいろいろなことがあって
ものすごーく楽しかったっす。
おかげでほぼ100パーセント元気になりました!
って・・・。
アタイさあ、よーくよーく考えたら。
落ち込んでた時期がたったの2日間。
あとはそれが徐々に回復してた期間で。
ほーんといつものことながら
立ち直りがスーパー早い。
切り替えもスーパー早い。
昔からアタイは3日連続以上落ち込んでたことが
一度も無いのです!!
なのである意味バロメータ。
これ以上続くと本当にヤバイってことで。
緊急帰国も辞さないって感じで。
今回はセーフでした。ホッ
正直落ちてた時は自分でもヤバイかも?!
って思ってたけど、まだ大丈夫みたいです。
復活能力アリです。

ヴュルツブルクのライブでは意外な人たちに
会えて、自分でも驚いちゃった。

新規に知り合ったのはSさん。
日本人の方なんですけど
今回アタイは彼女を案内する係りで。
張り切っていろいろ説明して楽しかったです。
Sさんもすーっごく良い人で
さらにアタマも良くて、
ご一緒できてアタイはラッキーですね。

そんで新規二人目がミヒャエルさん。
彼は日本に留学してたとかで
すんごい日本語が堪能。
おかげさまでアタイは日本語モードで
乗り切れました!

あとは、クリスティとクリスティーナ。
会場で「クロネコー!」と声を掛けられて
?と思って振り返ったら
この二人が立ってた。
あれま。
この二人は日本ビジュアル系バンドが
ドイツでライブをやる時に
必ずインタビューを申し込んでくる
雑誌編集部の二人。
いつの間にアタイの名前覚えてんだ?っていう
疑問を持ちつつもこんなところで再会だなんて
何だかすんごくウレシイ!
っていうかあっちの方が何故かアタイに会えて
うれしそうだった・・・。笑
相当日本人が好きな子達の様子・・・。笑
恐縮です!

そんで、そんでアタイが再会できて一番
うれしかったのがスズちゃん。
彼女はドイツ人にしちゃ珍しい名前で
日本人みたいだけど、れっきとしたドイツ人。
なんとアタイは彼女と日本で4年半前に
一緒にご飯を食べたことがあるのです!!!
そんで一緒にライブも見てるのです!!!
そーんなスズちゃんに偶然会場で再会できて
アタイは超ハッピー!!!
このバンドのライブに行くとありえないことが
起こるから本当に驚いちゃう!!!
っていうかアタイは実は彼女の見た目を
忘れてたんだけど、なーぜーか、
彼女はアタイの見た目を覚えてたみたいで
あちらから声をかけてきてくれたのであーる!
感激ざんす。
恐縮です!
また来月会えそうなのでこれまた楽しみざんす!

いろんな人に出会えて、
いろんな話をしたら
クロネコはまたパワーアップできました!
明日からはライブの余韻に浸って
ぼーっと暮らしたいところですけど。
仕事のことを考えるとそうもいかなそう・・・。
とほほ。
ライブ費用稼ぐためにも?!
がんばりますです!

けどヴュルツブルク1点だけマイナス要因が・・・。
ライブの前にラムシュタインのDVDを買おう!
と思って量販店に行ったんですけど。
行ったんですけど!
あれだけ前日MTVでCMやってたにもかかわらず!
ヴュルツブルクのメディアマルクトったら
イケテナイ。
オイテナイ。
アリエナイ。
ナイナイづくし!

売り切れ?って思いたいけど絶対違うと思う。
配送遅れ?と思いたいけど絶対違うと思う。
発売日に置いておけー!!!怒
おかげで買いそびれたから月曜購入だよ。怒
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-19 04:35 | 旅行記 | Comments(0)

ドッジボール

忘れてた。
すっかり。
最近ドタバタしてて、気持ちもドタバタしてたもんだから。
うっかり。

明日ラムシュタインのライブDVD発売日じゃーん!
ってことを。
アタイとしたことが。
愛するFURTのツアーが明日で終わっちゃうので
しばらくライブに行けない・・・
ってことでも落ち込んでたんだけど。

ラムシュタインたらタイミング良く
ライブDVDとか発売するんだもん。
コニクイわ。
ありがと。

けどさ、今日MTVドイツでそのDVD発売前ってことで
ラムシュタイン特集やってたんだけど。
どれどれ・・・
と思ってみてみたところ。
なーんと2時間もの放送枠。
最初の1時間でライブ映像。
残りの1時間でメンバードキュメンタリーインタビュー。

えええ。
買う必要ないじゃん!
ってくらい余すところ無く放送してた。
チラ見せってレベルじゃないね。
ドイツ人の販促方法がよく分からん・・・。

けど。
アタイは買いますよ。
ほとんど見たけど買いますよ。
だってさー。
すごいことが判明しちゃったんだもん。
今までもラムシュタインはインタビューを含む
DVDを出してるんだけど。
正直言ってメンバーのドイツ語が
はやすぎてアタイには聞き取れてなかったんすよ。
だから何度も巻き返し繰り返し
じっくり見れば言ってることが分かる・・・みたいなね。

でもねー。
今日のMTV見てて自分でも驚いたんだけど。
メンバーのドイツ語がほとんど分かる!
ってことね。
アタイは相当うれしかったわ!
耳がなれたってことなのかしら。

それにしてもラムシュタインのメンバーって
とってもステキ。
アタイは1年以上ドイツに住んでるから
大抵ドイツ男の顔には慣れてるはずなんだけど。
やっぱり彼らはオトコマエ。
カツコイイ。

シュナイダーはちと化粧が濃い?!って
気がしないでもなかったけど、
インタビューではにかみながら
語るその雰囲気がまたステキで惚れ直し!

リヒャルトは熱く語るその目がステキ。
何かを言うたびに、にやりって笑うんだけど
その不適な笑いがすんごいステキ。

あとねー。
ティルがやっぱり面白い。
「オレは観客にジロジロ見られるのが好きじゃないから
あさっての方向しかステージ上では見てないんだ」
って言ってた。
本当にシャイなんだなあと。
そういうボーカルもアリだと思う。笑

オリのツアーに対するスタイルが
アタイは結構好きだった。
人とのつながりや、ノリやら、
メンバーとの一体感を誰よりも
重視してる人なんだなあと。
すごくやさしい人かも。

あとねー。
やっぱり偏屈だったのはフラーケ。
前々からアイツはどこか変だ!
って思ってたけど。
相変わらず変。
まあそんな彼あってのラムシュタインなんだけど。
偏屈過ぎ!笑

そんで、一番感じが良いのが
何といってもパウル。
彼はねー、ドイツ語の話し方もすごく
感じが良くてアタイは高感度大。
口は悪いけど、ぜーったい良い人だと思うな。

ってもうこんなマニアックなこと書いても
ラムシュタインファン以外が読んだら
何のことやらさっぱりでしょうね。
ふふふ。
いいのです。
アタイは大分これで気持ちが上がってきました。
ラムシュタインのDVDで気分が持ち直す女って・・・。
大した悩みじゃなかったのがこれで
お分かりいただけるかと・・・。
心配してくれた皆様すみません。

それにしてもねー。
ラムシュタインってやっぱり凄いわ。
彼らって世界的な人気なんだけど
ファンもライブを見て大感動してるけど、
ファンの熱さを見て彼らも鳥肌立つくらい
感動してる!って言ってたので
何だかアタイとしても涙が出そうに
感動したのでした。

このDVDったら100ユーロくらいしちゃうけど
買うしかないわ!
あー、早くライブが見たい~!!
次回ツアーは来年だろうな。
ドイツのツアー何箇所回ろうかなあ~♪
来年はツアー、ツアーの日々だろうな。
もちろんアタイがってことっすよ。

「ドッジボール」とは、ラムシュタインDVDの名前。
すごい命名ですけど、アタイなりに勝手に理由を考えてみた。
ドイツ語ではVolkerballなので
Volker=民族+Ball=ボール
つまり各国をライブツアーしてるラムシュタインから
見てみると、いろんな民族がボール(ラムシュタインの音楽)を
楽しんでるように見える・・・
のかな?と思ったんですけど。
単なるアタイの推測。

さてと、明日は日本から来ている知り合いを
いろいろ案内しないといけないので
違う街まで出かけてきます。
疲れてるけどがんばります!
[PR]
by kuronekomusume | 2006-11-17 06:18 | 日記 | Comments(4)