死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ドイツ国防省も!

ドイツ国防省もアタイと同じ考えだわよ
サイエントロジストのトムクルーズを
ドイツ国防省の中には入らせない~!
ってことを表明したみたい。
果たして映画撮影スタート出来るのかなあ~。
大佐の息子も反対してるっぽいし。
どーなるのか見物。
わくわーく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000001-eiga-movi
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-27 16:15 | 日記 | Comments(0)

ウサ子パートツー。

何だかドイツは最近気温20度を
超えることが無くて
結構寒いんだけど。
今日は中でもすっごく寒かった。
気温14度なり。
ブルブル。
冬場の14度と夏が来ようかと言う時の
14度じゃインパクトが違う。
今日は何故アタイはコートを
着ずに会社に行ったんだろ?
って本気で後悔した。

家に帰っても寒かったから
うどんの国生まれ
うどんの国育ちのクロネコは
味噌煮込みうどんを作って食べた。
ら、やっと体があったまった。
ありがとう、さぬきうどん。

ドイツって暑くなったり
寒くなったりが繰り返すのよね。
日本みたいに一度夏になったら
秋になるまで暑さが続くのとは
大違いだから
油断は一切出来ない。
けど暑すぎるのは苦手なので
コレでちょうどいいかも
とも思う。

あと最近は夕立がすごい。
この時期毎年そうだけど
晴れ渡ってても
突如どしゃぶりになる。
んで5分くらいで止む。

昨日会社から帰る時
会社のまん前の公園を
歩いてたら
目の前におっきな虹が出来てた!
感動なり~!
しかも2重に!
あいにく写真には1個しか映ってない。
怪奇現象か?笑
けどホントにくっきりキレイだった!
ちなみにコレは夕方6時半の撮影。
決してクロネコが早退して2時ごろ
帰宅したんじゃないのよ。
サマータイム時は夜9時くらいまで明るいので
そこんところ誤解の無いように~。笑
c0016407_5543694.jpg


この芝生には最近
アタイの嫌いな生き物がウヨウヨと
いっぱい居る。
ホントにウヨウヨ。
こいつらすぐ逃げるから
写真は撮れないんだけど。
そう。
ウサ子たちね。
前にも悪口書いたけど
アタイはドイツに来て以来ウサ子が大嫌い。
大群で見るとマジでキモイ。
あいつら歩けないみたいで
止まって草食べてるか
飛び跳ねてるか
猛スピードで走ってるかのどれか。
ああ、やだやだ。
すごい繁殖率ってところもヤダ。
なーんて。
こんな意見にはだーれも賛同してくんない。
でも平気。
アタイは変人扱いされてる。
でも平気。

ドイツ人はそんなウサ子を食べる民族。
ドイツ料理屋に行けば
必ずメニューに「ウサギ肉」がある。
アタイは食べたこと無いけど。
ウサ子のことを
「カワイイ、カワイイ!」
って言ってる彼らが
ウサ子を食べてる。
皮肉だわよね~。笑
んでなおかつそんなドイツ人たちが
大和民族の鯨狩りを批判したりする。
アタイはまったくもって言いがかりとしか
思えない。

そうそう。
最近新しく、ウサ子たちを食用に
しようとしてる国があった。
それは日本じゃおなじみの国。
そう。
北チョーセン。
アタイはニュース見て無いけど
同僚の人たちいわく
「こないだ北チョーセンの人たちが
ドイツにウサ子を買い付けに来てた」そう。
大量に買い付けて
北チョーセンで飼育アンド繁殖させて
食用にするんだとさ。
あの国食糧難だからね。

北チョーセンがドイツラントまでわざわざ
ウサ子を買いに来るのかな?
って思うかもしんないけど。
買いに来るのです。
アタイはニュースを見て無いけど
これは絶対本当の話だと思う。

クロネコ・ホームズの推理に
頼らなくても、確実。
だってドイツラントには
北チョーセンの大使館があるから。
ドイツラントったら先進国にしちゃ珍しく
北チョーセンと国交がある。
それは東ドイツ時代の名残だそう。
当時同じ共産圏っつーことで
北チョーセンと東ドイツは
国交があったので、
そのまま今もベルリンに大使館があるんだって。
一度見に行きたいと思って調べたけど
イマイチ場所が分からずじまいで諦めた。
非公表なのやもしれぬ。
米国の人がそこで交渉したりもしてるそう。

なーのーで。
北チョーセンの超エリート大使さんたちが
ドイツラントのウサ子に目をつけて
買い付けたって不思議じゃないのだ。

でもさ。
北チョーセンにはウサ子たちに
食べさせるための草はあるのかな?
みんな食べちゃって草木さえも
一本も無い・・・みたいな
噂って無かったっけ?

ま、そんなこんなでウサ子の国
ドイツラントなのでした。
けどアタイは今後もウサ子を
食べたりはしないと思う。
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-27 06:06 | 日記 | Comments(2)

2014年の話

「ああ、またか~」
と思われるかなあと一応気を使って
なるべくプーチンネタは
プーチン大統領ファン日記という
別ブログの方に
書くようにしてるんだけど。
あまりにもアホなことだから
ココに書くのも忍びないなあと思ってね。

「えええー、かなりの頻度で
ココに書いてるじゃんかー!」
って言う突っ込みはスルーしちゃうことにして。
さらにまた書こうとしてるからね。笑
まあ、クロネコの独り言だと思って
ひろーい心で
読んであげてちょうだいな。

というのもね。
アタイの予想が当ったもんだから
つい嬉しくて~。
アタイは自称プーチンファンの
プーチンオタクなんだけど。
ファン歴はたったの半年。
まだまだだなって感じ。

でもこないだプーチンの動きが
読めちゃったのさ。笑
7月1日2日とプーチンが
アメーリカに行くことは先月末から
オープンになってるから
メディア各社も知ってることだけど。
なんとね、もう今から10日も前から
アタイはその次の日から最低でも2日間は
プーチン大統領が
南米のグアテマラに行くのでは?
って予想してたんすよ。

したらね、つい2日ほど前に
「プーチン大統領7月3,4日と
グアテマラ訪問決定」
っつー情報がロシア大統領府からオープンになってた!

うっそー!
マジでー!
ひゃっほー!
ってアタイは驚きと喜びの声をあげちゃった!

すごくない?

「く、クロネコはグアテマラに行く気か?」
って思った人は大間違いよ。
幾ら行動するオタクでも
さすがに行くワケ無い。

でもねー。
このプーチン大統領の
グアテマラ行きはアタイには
万々歳なんすよ~。

アタイは2014年冬季五輪は
ロシア・ソチ市に決定
なんじゃないかと思うわけで。

何のことか分からないっすよね。
いいでしょう。ではワトソン君
説明してあげよう。

7月4日にグアテマラで
2014年冬季五輪開催地が
IOCによって決定されるんだよ。
その最終候補地としてあがってるのが
・ソチ市(ロシア連邦)
・ザルツブルグ市(オーストリー)
・ピョンチャン市(韓国)
の3つの都市。
いずれもIOCメンバーによって
年始から視察が行われてる。

プーチン大統領はこのソチ市での
開催にものすごーく力を入れてる。
何でかというと
今年度一杯で8年の大統領任期が満了なので
退任後の4年は腹心の部下の誰かに
大統領を任せると言われてて。
その人の最短任期4年が終わったら
すぐに再びプーチンが大統領として返り咲く!
と噂されてるわけで。
2014年は既に大統領に戻ってる時期ってわけで。
うん、うん!
その時を見越しての誘致と言われてる。
素晴らしいプラン!

ソチ市は黒海沿岸の避暑地で
夏は温暖で冬は雪がドーンと降る地域なんだそう。
プーチン大統領の夏の避暑地だそうで。
そこが2014年には世界的に
有名になるって寸法。
うん、うん!
素晴らしいプラン!

先月競合国であるオーストリーに
奥様を伴ってプーチンは
わざわざ出かけてたのよね。
敵状視察か?とも言われてて。
なので。
アメーリカ訪問こそ
このグアテマラの開催地決定日に
あわせたんじゃないかなあと
オタクのクロネコは思うわけで。

今までは当然のことながら
アタイはオリンピック開催地選考会なんて
興味も無かったので
どんなもんなのか良く分からないけど。
あれって普通大統領とか首相が
選考会に行くもんだったっけ?
行かないよね?
ってアタイは思うんだけど。
大統領がわざわざ出向くってことは
もう事前にうちうちでロシアに
決まってるんじゃ無いかなと
アタイは思っちゃうわけで。
一時は賄賂事件でもめてたけど
今は一応透明性をうたってるIOCだから
最後までわからないとも思うけど。
将来プーチン大統領の再選を願うアタイとしては
もうドキドキなわけで。
ぜひ、ぜひ~ロシアでお願いします!
って感じで。
万が一他の地域になってしまったら
2014年は冬季五輪をテレビで
絶対見ないから!笑

けど。
グアテマラって中米にあるとはいえ
意外とブッシュとの会議予定場所からは
遠いところにある。
会議はアメーリカ北東部メイン州なので
ほとんどカナダみたいなところになる。
グアテマラはメキシコのすぐ南だから
結構距離があるね。
大統領専用機でひとっ飛びだから
問題は無いんだろうけど。
それにしても何でIOCはグアテマラで
選考会をやるんだろ?
その場所を選んだ理由はさすがに
分からないなー。

というワケなのだよ、ワトソン君。

ソチ市に決定しますように!
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-25 08:53 | プーチン大統領 | Comments(8)

目がハート

「目がハート」と言えば。
マリリン・マンソンのニューアルバム
「EAT ME,DRINK ME」ですね。
アルバムのアートワークを見れば
もしくはマンソンのオフィシャルサイトを見れば
目がハートのマンソンが見れちゃう。
あれは本当にコンタクトなのか
それともフォトレタッチなのかが
気になってる。

マンソンといえば
白いコンタクトレンズ。
目の青い部分を白で覆っちゃって
空恐ろしい雰囲気をかもし出してる。
アメリカのサイトじゃ
「マリリン・マンソンモデル」ってことで
結構人気があるっぽい。
アタイも欲しいな。
今って色んなカラーコンタクトがあるのね。
面白いな~。
日本のビジュアル系の人たちが
黒いコンタクトレンズをつけて
黒目を大きくするんだ~
って言ってた。
アタイは紫か星が入ったやつが
カワイイと思う。
3年ほど前に渋谷のコンタクトレンズショップで
カラーコンタクトが欲しい!
って医師?に言ったら
「そんなもん止めなさい」
って言って売ってくれなかった・・・。涙
何で?
でも欲しいなあ~。

マンソンの新しいハートのやつは
目の瞳の部分がハートなのよ。
そんなのって可能なのかなあ?
それともやっぱり単なるフォトレタッチ?
うーん。
気になる。

そんなマンソンだけど。
今はなーんとドイツラントでフェスに参加してる。
イートミー、ドリンクミーツアーってことかな。
けどさ。
アタイこのニューアルバムを買って
聞いてみたところ。
うーん。
うーん。
何だかな~。
って感じで。
前作の「ゴールデンエイジ・オブ・グロテスク」が
超最高だったからガクンと落ちた感じで。
実のところ好きではない。

あさってになーんとマンソンは
アタイの住むデュスから電車で
ほんの1時間ばかしのドルトムントにて
単独ライブをやるんだけど。
このアタイはチケットを買わないことにした。
行かないってこと。
結構悩んだけど、単独だと間違い無く
このアルバムからメインでやるだろうし。
だとすると何だかね。
こんなチャンスめったに無いんだろうけど。

と思ってさっきテレビをつけたら
MTVドイツで先週のフェス映像特集を
もう流してて。
マンソンの数曲も流れてたので見たけど。
やっぱし行かなくていいや。
って思っちゃった。
マンソンごめんよ。
ビューテホー・ピーポーは最高に
盛り上がってたので弱冠心が揺れたけど。
アタイは今回は行きませぬ。
ホントにマンソンごめん。

フェスのステージングは良かったけど
あんまし演出が無かったかなあ。
マンソンがパンツを半分脱ぎかけてたくらい?笑
昔はマンソンが3mくらいになったりしてたけど。
「アンチ・クライスト・スーパースター」で
総統さながらに壇上に上がって
聖書を破り捨てる!
って演出があって
それはそれは楽しかったんだけど。
あの演出はさすがにドイツじゃ無理よね。
昔やったのかな?
右手を上げる仕草はドイツじゃご法度。
反キリストであって、
ハイル・ヒットラーじゃないって言っても
そのポーズ自体がこの国じゃやばいから
ライブ会場の全員が逮捕されかねない。笑

そういえば。
日本から会社の人や知り合いが来た時
アタイが一番困るのは。
みんなでレストランとかバーに行って
オーダーする時。
「ビール飲む人?」
って聞くと大抵みんな元気良く
「ハイ!」
「ハイ!」
「ハイ!」
って右手を高くあげちゃう。
・・・。
あちゃー。
って感じ。

これはドイツでやっちゃダメなこと
ナンバーワンだよ。
アメーリカで中指立てちゃうくらいヤバイ。
日本じゃ小学校時代から先生に
右手を高く上げなさい!
と教わるけど。
ドイツでこれをやると場合によっちゃ逮捕だし、
罰金も30万円くらい払わされる。
それもこれも「ハイル・ヒットラー」と
同じポーズだからなんだけど。
今の時代こんなことをやるのは
ネオナチだけだし。
もう大変なことなんだけど。
日本人たらそんなこと知らないから
無邪気にドイツ人店員に向かって
右手をあげるから
アタイが一番びびっちゃう。
ドギマギして急いでアタイが変わりに
謝りにというか訂正しに行っちゃう。
「私たち日本人なので悪気は無いんです!」
とね。
そうしないとオーダーを取りに
来てくれなくなったことがあったので。
駐在員さんで約一名は
「俺ら日本人だからいーんだよ!」
と開き直ってる人がいるけど。
日本人のイメージが悪くなるから
アタイとしては止めて欲しい。
「郷に入っては郷に従え」なのよ。
しかも出張じゃなくて住んでるんだからさー
とも思うし。
だから日本人でチラっとだけドイツに来る人も
出来るだけ日本の高校生くらいの
やる気無いっす的な
手の上げ方でドイツでは通して欲しいなと
アタイは思ってる。笑

話は戻るけど。
何故アタイの好きなバンドばかりが
今年ライブをやるんだろ?
しかも今月に集中してる。
嫌がらせとしか思えない。
今週末もホントはベルリンに行って
KORNを見たかった。
でもさすがに無理。
もう赤字だし。
仕事も溜まってるし。
遠出は不可能。
はー。
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-25 07:15 | 日記 | Comments(0)

くだものがオイシイ季節

ドイツ人は果物が大好き。
だからスーパーには
色んな果物が溢れてる。
日本より安い。
旬のものだと甘さもあるし
とってもオイシイ。

アタイは
ネクタリンと洋ナシが大好き。
他にマンゴーも好きだし
今はイチゴがオイシイ。
木苺も!
8月になれば2年前にも書いたけど
桃が美味しくなる!
小ぶりで見た目もイマイチだけど
すっごくオイシイ。
去年知った小さな楕円形の
桃があるんだけど
コレがすっごくオイシイ。
桃が大好きなうちのお父さんにも
食べさせてあげたいくらいオイシイ。
小さいから食べやすくて
つい何個も食べちゃう。
もうすぐ市場に出回るから楽しみ~。

旬の果物もあれば
季節を一切無視した果物もあって。
前にも書いたけど
Kaki(柿)は日本じゃ秋の代表果物だけど
今でもドイツのスーパーじゃ
普通に手に入る。
(味は分からないけど)

これまた秋の味覚といえばの
果物が何故かここ半年くらい
スーパーでずっと見かけてて。

それは。

「梨」。
c0016407_6281561.jpg

その名も「ナシ・ビルネ」。
ビルネとはドイツ語で洋梨だから
直訳すると「梨洋梨」。
マウント・フジヤマ、
セトオオハシ・ブリッジみたいに
名前がダブってるんだけど。
まあ、ドイツ人は通常日本語が
分からないからしゃーないよね。
ナシという日本語を取り入れてるだけあって
見た目は熟れ過ぎた洋ナシみたいな
このナシビルネ。
でもね、食感がまさしく、そうまさしく
日本のナシなんす!
アタイは試しに一度買って以来
あまりの嬉しさに
スーパーに行くたんびに
思わず買ってしまってる。

けど昨日よくよく輸入元を見たら
「ヒナ」
って書いてあった。
ガーン。
ヒナとは中国のことですよ。
あちゃー。
アタイはポリシーとして
もう7,8年も前から
中国産の食材は食べない!
って決めてるんすよね。
外食した時は分からないから
しょうがないけど
自炊する時は絶対買わない!
って決めてる。

理由は簡単。
ヒナ人は農薬と肥料が何なのかを
全く分からず農作物栽培に使用してるから。
安いからって昔都内に住んでた頃
ルームメイトが中国産の冷凍野菜を
よく買ってるのを見て
忠告してあげてたけど。
だって当時からしょっちゅう
「中国野菜、農薬基準をオーバーしてた!」
ってニュースになってたしね。
それに去年上海で働いてる
駐在員さんからも
ヒナの農家事情を聞いて
「絶対ヒナ産は食わねー!」
ってさらに決意を固めてたんだけど。
のに。
喜んで食べてたナシ・ビルネが
よもやヒナ産だったとは!
悲しい。
悲しすぎる。
ガンになるのはイヤだから
ナシを諦めるしか無いわね。
はー。

アタイは
「食べ物は近くで出来たものを食べるのが
一番安全なんよ。」
という母の教えが正しいと思ってるので
出来るだけ守ってる。
ポスト・ハーベストを考えると
無農薬で近場で取れたのが一番。
って今じゃ常識のこの考えだけど
アタイが中学生の頃は
あんまし浸透してなかった。

ドイツ人の友達は
「遠くの国から輸入すると
船の搬送による環境汚染を
手助けすることになるから
近場のものを食べるべき。」
って正しそうなことを言ってるけど。
アタイは賛同できない。
というよりあんまり意味が分かんない。
農業国じゃ農作物の輸出で暮らしてる
人たちが居るから、その人たちの
収入を経つのはいいことかどうか分からんし。
それに。
ドイツの近場のイタリアやスペインから送っても
結局輸送なんだから距離は違えども
環境汚染には変わりないと思うし。
どっちかっつーと
やっぱりポストハーベストによる
発ガンの危険性の方がアタイは怖いぞ。
と思うんだけど。
アタイの考えはエゴイストなのかな?

そうそう。
写真にはニュージーランド産の
富士リンゴも映ってる。
最近ヨーロッパではこの富士リンゴを
よく見かける。
多分ちょっとしたブーム。
ドイツ人が嬉しそうに
「ねえ、ねえ、富士って名前が
入ってるリンゴがあるんだよ!」
って言ってきてくれるけど。
「あのさー。
アタイそのリンゴは
もう何十年も前から知ってるし、
アタイの一番好きなリンゴだよ。」
って返すと
「えー。日本にもあるの?」
って驚かれちゃう。笑

心が灰色のクロネコの予想では
どっかの国が勝手に日本から
苗を持ち出して、
どっかで生産して
日本の銘柄を知らない
ヨーロッパ人に売ってるんじゃ
ないのかなあ~ってところだけど。
あ、この場合それがニュージーランドって
ことになるんだけど。
農林水産省に聞いてみなきゃわからんね。
でも数年前に日本のテレビで
「日本が品種改良に研究費をつぎ込んだ
イチゴの苗を韓国が持ち出して
勝手に韓国で栽培して売ってる」
って報道があったから
ありえない話ではないと思う。
知的財産の流出ってヤツだね。

ま、アタイは富士リンゴが食べれるので
いいんだけどさ。
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-25 06:28 | 日記 | Comments(0)

騒いでいいけど

ドイツでは
隣人がうるさい場合
「いい加減、静かにしてください!」
って言う権利があるそうで。
言わないにしても
警察を呼びつけちゃっても
いいみたい。

別の日に隣人にマンションで
会ってもにこやかに
挨拶が出来ちゃうそうで。

ドイツ人とはそういう生き物なのよ

とドイツ人の先生にこないだ
教えてもらった。

ドイツには「静寂時間」とでもいうか
静かにしないといけない時間帯が
法律で決められてるそうで。
午後1時から3時までと
夜10時以降。

昼間でもその時間帯は
子供たちは騒いじゃいけないし
ピアノの練習もダメ。
静かにしてないと
お年寄りが怒りだす。
老人以外も騒音を嫌うから
即苦情を言われちゃう。
それがドイツ。

嘘のような話だけど本当の話。

夜10時以降は原則的には
静かにしなきゃなんない。
シャワーだってダメ。
でも隣人が文句を言ってこないようなら
別にシャワーは何時でもいいらしい。
のでアタイは
深夜2時だろうが
3時だろうが
気にせずシャワーを浴びてる。
そもそも
アタイの階下に住んでるのは
日本人なのよね~。

まあ、そういういろんな権利がある
ドイツなんだけど。
最近お隣さん夫妻が
結構ウルサイ。
彼らはパーティピーポーみたいで
ここ毎週末はお酒飲んで
騒いでる。

別にそれはかまわないんだけど。
何がイヤってパーティミュージック。

そう。
アタイは嫌いなジャンルの音楽は
とことん受け付けない
わがまま~なクロネコ。

彼らが好んで聞くのは
アタイが大嫌いなハウス系。
ああ。
パーティピーポーって
どうしてハウス系が好きなのかね。

でも幾らうるさくてもアタイは
苦情を言うつもりはなくて。
大騒音が続いても
アタイはグッスリ眠れるタイプ。
ロッキン・ローリングストーンで
毎週鍛えただけはある。笑
耳が難聴なだけはある。笑

今夜の12時をまわったけど
まだ彼らはうるさく騒いでるので。
つーか奇声を発してる・・・。
彼らはドイツ人じゃないと思うのよね。
何人か分からない。
何人でもいいや。
アタイも今からロックを聞くから。
目には目をってことで。笑

けど階下の人たちがそろそろ
怒りだしそうね。
アタイだと思われると心外だなあ。
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-24 07:12 | 日記 | Comments(0)

ランキング王国 車編

前回は世界大学ランキングでしたけど。
今回はドイツ国内での
「自動車品質ランキング」を見つけたので
書いてみる。

ドイツの自動車週刊誌が
2万3千人のドライバーを対象に
調査した結果、
2007年乗用車品質ランキングで
自動車メーカー24社の中から
栄えある一位に輝いたのは~。

それは。

なんと。

なんと。

「マツダ」。

そう。
ザッツ・マツダ!

えー。
えー。
えー。
なんでー?
って声が聞こえてきそうな結果よね。
無理も無いよね。
特に車が大好きな男性陣からは
納得できないっす~!
って声があがりそうな。

けどマツダはこのランキングで
3年連続1位なんだって。
へー。
とは言っても。
意外というより
にわかには受け入れがたい事実なり・・・。
ってみんな思いそうよね。
アタイは車にゃ詳しく無いけど
マツダは何だかね~
って気持ちは分かる。

このランキングの調査基準は
ドライバーへのアンケート及び
リコール(回収、無償修理)、
品質保証、
車検の点検報告やらを
総合した結果なんだそう。

面白そうだったのでもっと読みたいなと思って
週刊誌を買いに行ったけど
すでに新しい週刊誌が出回ってて手に入らず。
ま、それならそれでいいんだけど。

ちなみに。
マツダ以降のランキングは
2位トヨタ
3位ホンダ
4位スズキ
5位日産
6位シボレー
とずらり上位はすべて日本勢。
「日本車が一番信頼性が高い!」って
結果になった。
さすがはメイドインジャパン!
当然ですわよ~!
って高飛車にドイツ人同僚には言ったものの
誇らしいというかウレシイというのが
正直な気持ち!笑

けど忘れちゃいけないのが
車と言えばドイツラント。
ドイツ車だってとーっても有名。
それに一番ドイツ国内で売れてるのは
やっぱりドイツ車。
なので日本車に続いて
7位アウディー
8位メルセデスベンツ
9位不明?
11位オペルとスマート

BMWは15位で
フォルクスワーゲンは16位だって。

日本車の信頼性が高いのは確かだとは思うけど。
このランキングを見てると
価格帯も関係してるのかな?って思っちゃう。
アンケートに答えたドライバーたちが
一番乗る機会に恵まれるのは
高級車よりも庶民的な車になるような気がして。
ドイツ車は日本で買うほどじゃなくても
ドイツでも高いそうだから
「メルセデス」と回答したくても
乗ったことが無くて答えられない・・・
って場合も考えられるのかも?!
でも高級車なのに満足度が低いから
多くの人が乗った上で
みんなが満足してる日本車は
やっぱり優れてるのかも。
そしてドイツで最も売れてる
伝統ある庶民の車代表の
「フォルクスワーゲン」が
16位という結果だから
やっぱりドイツ車の信頼性は
???
ってことなのかもしんない。笑

ちなみに、マツダ車やスズキ車は
ドイツでは結構売れてる。
売り上げランクでも毎月トップ10に
入ってたと思う。
欧州では確かドイツが一番売れてたような。
ホンダやトヨタより売れてたような。
スズキは安いから若者受けがいいんだと思う。
ま、結局安いのに高品質!
という日本車の特徴が
自動車大国ドイツでも大いに受け入れられている
ってことなんだろうな~と。

価格帯で考えるとイタリア車やフランス車も
庶民的だし、街中でもよく見かけるから
アンケート回答しやすい車
ってことになるんだけど。
上位には全然名前が無い。笑

やっぱりというか当然というか
ランキングの最下位には
イタリア社のフィアットとプジョーが入ってる!!笑
ってことはもう最悪ってことよね。
フィアットの乗用車はまわりでも
いい噂を聞かないから
本当にダメなんだと思うな。
アタイは車を買ったことが無いので
社用車や人に乗せてもらった上での
感想だけど、個人的には
トヨタとアウディが好きだなあ。

このザッツ・マツダの人気を見てると
アタイの会社の製品がドイツで売れるのも
何だか納得出来る気が・・・。笑
ある意味マツダ現象とも言える。笑
何事においても日本とは市場が違う
ドイツなのでした。
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-22 06:32 | 日記 | Comments(2)

またまた政治的。

今日は英会話教室に行ってたんだけど。
ものすごーく面白かった!
辞めたり新しく入る生徒がいるので
だんだんクラスメートの構成が変わるんだけど。
今日のメンバーでの授業は面白かった。

先生はドイツ在住40年以上のアメリカ人マイク。
「今日はアメリカの新聞記事を
読みましょう~」
ってことでマイクが配ってくれた記事が
「G-8」の記事だった!
なんてこった!笑
タイムリー過ぎ!

記事は2ページに分かれてて
1つはプーチンがメインで
もう1つはジョージがメイン。
うちらが読み始めたのは
アタイの愛するプーチンの記事から。笑

どこの新聞かと言うと
「ウォールストリートジャーナル」。
日付が6月5日だったから
ちょうどG8直前の記事なんだけど。
これがすっごく面白い記事だった。
政府コントロールの記事だとしたら
まだ救いがあるけど、
本気で米記者がコレを書いてるとしたら
アメリカのジャーナリズムは終わってるかも・・・
ってアタイは思う。
ま、別に終わっててもいいんだけど。

記事の内容はざっと書いちゃうとこんな感じ。↓
オリジナルを探したけど見つからなかったので
がんばって訳してみた。
アタイの英語力だから細かくは
間違いがあるかもだけど
大意ではこんな感じなので
カンベンして頂くってことで。

**********************

「G-8では不調和が予想される」

ドイツのサミット会場近くで石を投げて暴れているのは
反グローバリゼーションのフーリガン達だけではなく
プーチン大統領も誇張した発言を投げている。

G-8前に開かれた欧米メディア向け記者会見で
プーチン大統領は
「アメリカがミサイル配置をするならば
こっちにもその準備がある!」と脅した。

昨年11月に反ロシア政府だったことで毒殺された
元KGBスパイのアレクサンダ・リトビネンコ事件も
あいまいにしたままで彼は自国内でも
民主主義を甘く見ている。
「私こそが完全なる純粋な民主主義者だ。」
とプーチンは言っているがそれは皮肉としか思えない。
リトビネンコ毒殺の容疑者である元KGBスパイの
身柄引き渡しを要求するイギリス政府に対しても
「バカバカしい」と一蹴するだけであった。

ロシア以外のG7首脳陣たちはナショナリズムを
高めつつある彼の動機を見抜いている。
要はロシア大統領の後継者用にロシアの国際的な
ポジションをあげておきたいのだ。
もしくはロシア内部で起こっている事件を使って
外国をおびえさせたいのだ。
もしくは欧州のまとまりを無くして、かつてのソ連エリアへ
影響力をよみがえらせたいのだ。

アメリカの同盟国である欧州諸国は
プーチンの目論見を読みとって
アメリカとの現実路線を取った方がいい。
この防衛システムでは、イランのミサイルに対し、
ポーランドにミサイル装置を10基と
チェコにミサイルレーダーを配置する予定になっている。
決してロシア対策ではない。
防衛システムはアメリカにとって非常に重要だからだ。

ブッシュ大統領は冷戦に勝利した立場から
プーチン大統領に対し、
サミットのようなうわべの会話ではなく
腹を割って話をしようと
来月アメリカでの会議を提案した。

ヨーロッパ諸国もEU,NATOの一員として
はっきりさせた方がいい。
ポーランドもチェコも今は自分で決断し、
かつての支配者であるロシアをイライラ
させるまでになっている。
新しい首脳陣になったドイツ、フランスも
前の方針はロシア寄りの政策だったが、
今こそクレムリンのイジメに立ち向かうべきだ。
ロシアは欧州外交における
リトマス試験紙と言えるのだ。

民主主義、自由主義経済、法律というものに
プーチン大統領は興味が無く分かっていないようだが
西欧諸国、そして多くのロシアの市民は
それに気がついている。

*********************

とまあ、こんな感じ。笑
「冷戦に勝利した立場から・・・」って・・・。
あきれちゃう・・・。
アメリカにとっての冷戦って
まさしくこんな感じだったんだ・・・。
・・・全然ダメだわね。
いまでも2極世界が続いてると思ってるのかな。
まさかね。
さすがにそんなわけないよね。

この記事は編集版らしいので
誇張気味に書いてあるそうだけど。
これがウォールストリートジャーナルの記事なんだあ~。
って感じ。
この記事にいちいち反論解説を
書いてもいいけど
長くなるので割愛。笑
でも百歩譲ってアメリカ視点だとしても
この記事ってなんだか笑える~。

マイク先生はこの記事を授業で読んで
みんなで多分独裁者プーチンを
批判するつもりだったんだと思う。
でもね、そうはイカの天ぷらだわよ。笑
何故ってこのクラスにはアジア人の姿をした
プーチン党のスパイ、
クロネコが紛れ込んでるんだもの。
わはは~。

何でプーチンがそういう発言をしたか?
をアタイは変てこ英語で頑張って説明して
なおかつ、
「アゼルバイジャンの基地を貸してあげるよ」
っていうプーチンのスーパースペシャルな
アイデアも汗をかきかきがんばって説明した。
けどあくまで客観的にね。
相手を納得させるにはまずは事実説明から。
まあ、クラスの皆もまさかアタイが
プーチンファンだとは思ってないだろうから
ちゃんと聞いてくれた。
スパイ活動としては成功だと思う。笑

興味深いことにクラスメイトは
かなりの多国籍軍だった。
ドイツ在住40年以上のアメリカーナー60歳男性(先生)
ドイツ育ちのトルコ人30代男性(会社員)
日本生まれの日本育ち31歳クロネコ(OL)
スイス人20代女性(大学生)
ポーランド人50代女性(科学研究者)
ドイツ人30代男性(新聞記者)
ドイツ人40代女性(看護師)

アタイがたどたどしくMD防衛について
説明してる間、トルコ人男性と
ポーランド人女性が激しくうなずいて
アタイに同意してくれてた。

この記事と先生の意図は
反プーチン論だったんだろうけど、
欧州に住んでる人たちは
WSJの記事ごときじゃまったく感化されないようで。
アタイはとっても楽しくなった。

「ポーランドにミサイルを設置することは
対ロシアだと思われても無理が無い」
とアタイが言うと、
トルコ人男性が
「そうだ、そうだ!
対イラン防衛だっていうなら
何でトルコにミサイルを設置しないんだ?
トルコの方が断然イランに近いのに。」
と発言するし。笑

ポーランド女性も
「今のポーランド政府は本当に経済的にも
政治的にも愚行が多くて、
まったくもってダメダメなのよ。
本当に腹立たしいわ!」
とのこと。
アタイは前々から気になっていたことも
彼女に聞いてみた。
「何でポーランドはアメリカに
ミサイル設置を許可したのか?」とね。
彼女曰く
「ポーランドはEUにやっと加盟できたから
今度は欧州内で存在意義を高めたいと
思ってて、アメリカ寄りになって
タカ派色を強めてるんだ。」
とのこと。
つまり、反ロシアだけではなく反欧州。
その証拠に「欧州憲法法案可決」に
反対してるのはポーランドだけなんだそう。
不協和音を奏でちゃってるってわけ。
チェコは聞く耳持ってるらしいけど
ポーランドは全然ダメっぽい。
このままだとポーランドは
欧州で孤立する可能性が高いっすね。
そもそもオマエらが米にミサイル設置を
許すからいけないんじゃん!
って思われちゃうもんね。
(既に思われてるけど)

スイス人の大学生は
「アメリカの防衛行動に対し
何も反対発言が出来なかった
EU諸国が情け無いと思うし
がっかりした。」
と言ってた。
確かにそうよね。
経済力だけじゃどうにもなんないのかねえ。

となると・・・。
ここはガツンといえる人に言ってもらうしか
無いわけで。
つまり・・・。笑
氷の宰相プーチン大統領の出番ですよ!

あ~あ~、
またクロネコのプーチン贔屓が始まった~
って思ってる人がいるかもしんないけど。
コレが意外なことにみんなこの意見だったのよね。
へへ~んだ!笑
プーチンは信用出来ないし、
デンジャラスなオトコだけど
他にあのアメリカ人のオッサンに
ガツンと強く言えるヤツが居ないから
まあ、ココは仕方なくプーチンに
言ってもらうしないよね~
って感じでした。笑

こんな感じで授業が何だか
面白いことになってたわけで。
アタイこれを聞いてたら
ああ、もしかしてプーチンが意図したのは
これだったのかも!って思った。
G-8数日前に
「ロシアも対米ミサイルを設置する!」
と発言してヨーロッパ中をびびらせて
注目を一気に集めておく。
なのにG-8ではコロッと態度を変えて
アメリカの真意を試させる。
ヨーロッパ人もアメリカの真意を知りたいから
プーチンの提案がより効果的に
受け入れられるってワケ。
んで西欧の世論を引きつけて置くってワケ。
ま、アタイの勝手な考えだけど。
でも実際今日の授業を見てたらまさに
そういう感じになってたのよね。
プーチン大統領、ドイツじゃ成功してまっせ!
ってモスクワに報告しなきゃ。笑

なおかつね、
アメリカが世界大戦で
自国を一度も戦場にして無いってのが
ドイツ人的にはひっかかるみたい。
ナチスドイツの残虐行為の陰に隠れてるけど
ドイツの街は連合軍に破壊されまくった過去があって。
これにはドイツも結構ムカついてる模様。
首都を焼かれても米兵にムカつかないのは
ジパングの国民だけかもしんないねー。
なおかつ第二次世界大戦後は
ベルリンをはじめ国中を
連合軍に支配されて
核の恐怖におびえて暮らしてきたので
ドイツが戦場になるのは二度とごめんだ!
って思いが強いんだと思う。
それもアメ公の金儲けのために
そんな目にあうのは断じて許せん!
って思うわけで。
しかも昔から嫌いなポーランドがそれに
加担してるわけだから、
これまた許しがたいことで。
まあ、この点においては
亀裂が欧州内に入ってる。
WSJの見方とは正反対だけど。笑
だからいくらアメーリカが新聞紙上で
欧州諸国を煽っても、
ほいほいついて行くのは
ポーランドとチェコくらいなんだろうなと。
あ、これもみんなの意見だわよ。
アタイはココまでみんなを扇動できるほど
英語力は無いからね。

まあ、とにかく興味深かったわ。

もう1つのジョージに関する記事は
G-8前に立ち寄ったプラハでのスピーチが
紹介されてて
地球温暖化政策に対するアメリカの
スタンスがメインだけどそれ以外は
「ソ連から解放されたポーランドとチェコが
いかに素晴らしいか」とか
「弾圧と過激派対策として民主主義と自由を
体現して行こう!」
みたいな歯の浮くようなセリフがてんこ盛りだった。
やっぱりアメーリカってスゴイ国だわ。
いろんな意味で。笑

すべての諸悪の根源はアメーリカだ!
っていう結論になっちゃったので
アメリカ人の先生はちと所在無さげだった。笑
彼の考えをみんなで聞いたところ
「ボクはあまり政治には詳しくないから
意見とか無いけど、
中近東の人たちは昔旅行した時に
親切だったから個人的にも大好きだし
ミサイルとか向ける必要性は感じない。」
でした。
うーん。
可も無く不可も無くってところかなあ。

あと、アタイが
「このMD防衛システムは2013年のプランなんだよ。」
って言ったら
みんな、な~んだってなっちゃった。
もう来年にはブッシュもプーチンも居ないから
このプランも立ち消えだよ
みたいな空気になっちゃって。
えー。
って感じ。
そんな甘くないと思うぞ。
兵器産業をなめてはいかんぞ。
とアタイは思う。
第一すでに今回のミサイルの
予算は下りてると思うし。

参考までにMD防衛プランを。↓
アメーリカの子分世界早わかり図。
イギリスもレーダー設置予定場所。
そんで忘れちゃいけないのが日本国!
ポーランドやチェコみたいな昨日今日
アメリカの子分になったような国とは
日本はキャリアが違うからね。
c0016407_8215549.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-19 07:26 | プーチン大統領 | Comments(2)

父の日

1週間前に母から
「あんた今日は父の日だったのに
お父さんに電話しなかったでしょ。
一日お父さんは待ってたのよ。」
的なメールが届いて。

あちゃー。
って思いながらも時差があるから
そのまま放置してたんだけど。
謝りのメールを入れて
特に何も送らず電話もせず。

けど。
父の日は今日だった!
まったく~。
うちのお母さんたら1週間サバ読んでた。
なので今日ちゃんと電話しました。
何もプレゼントは贈らず
電話だけっていう手抜きムスメ。

ドイツ語の勉強を始めた父は
ドイツ語の難しさにまいってるらしいけど
母曰くかなり熱心に勉強してるとのこと。
うちのとおちゃんはすごいのだ。笑

とおちゃんは電話代を気にしてか
5分くらいしか話をしなかったのに
残りは母と1時間近く話したから
あんまし意味が無い・・・。笑

母が突如
「先週ドイツでサミットのデモがあったでしょ。
あんたまさかあそこに行ってたんじゃ無いでしょうね?」
と聞いてきたから超驚いた!笑
「何で分かったのよ?」
と聞き返しちゃったよ。
アタイはプーチンファンということは
親には言ってない。
母は方向音痴だからハイリゲンダムと
デュスの距離感も全然分かって無い。
なのに、ズバリと言い当てるなんて。
すごすぎ~。
一体何なのかしらね~。
母とはそういうものなのか?
かないませんわ~。
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-18 09:49 | 日記 | Comments(0)

シュタウフェンベアク大佐

最近映画を見る時間が無くて
映画評を書けないんだけど。
DVDはいろいろ買ってあるので
来月あたり時間が出来たら
じーっくり見たいなあ~
と思ってる。

そういえば。
ベルリンで読んだ記事に
トム・クルーズの新作情報が載ってて。
アタイはちょっとびっくりした。
というよりかなりガッカリした。

何でも記事によると
トムが今度撮影する予定の新作は
あのクラウス・フォン・シュタウフェンベアク大佐の
映画なんだそうで。
ガーン!って感じ。
ナチスドイツの歴史を少しでも
かじったことのある人なら
ぜーったい知ってる
あのシュタウフェンベアク大佐ですよ。

名前からしていかにもだけど彼は貴族出身。
(ドイツの名前にはフォンがつくと
貴族の出であることが多いのです)
彼はナチスドイツ軍の大佐という地位を使って
1944年7月20日にヴァルキューレ作戦を
実行させた人。
(日本語風に書くとワルキューレ作戦)
これはどんな作戦かと言うと、
「アドルフ・ヒットラー総統暗殺+クーデター」作戦。
厳密にはヒットラー総統暗殺クーデターを
起こすにあたり、反乱軍鎮圧作戦プランを運用しようと
した作戦・・・かな。
この反乱軍鎮圧作戦と言うのがヴァルキューレ作戦と
呼ばれるものなんだそう。
ヒットラー暗殺計画自体は何度も行われてて
このシュタウフェンベアクが絡んだやつは
7月20日事件と呼ばれてたそうで
ヴァルキューレ作戦そのものでは無いんだそう。

それにしてもすごいよね。
あの時代にこんなことを考えた人がいて
なおかつそれを実行した人がいたわけで。
それもナチスドイツ軍内部の犯行だったわけで。

実際に彼は会議中の総統を狙って
爆発物をしかけたので、爆弾もちゃんと爆発したそうで。
でも彼には運悪く、そして総統には運良く
作戦は失敗しちゃった。
爆発で数名は亡くなったそうだけど
その場にいたヒットラーは
被害を被らず生き延びた。
本物の悪人は悪運も強いのね。
作戦失敗後さらに翌年の5月までほぼ1年近く
ナチスドイツはズルズル凶行を続けたわけで。
作戦が失敗したのが判明して
即シュタウフェンベアク大佐と
他の暗殺計画者たちは捕らえられて
ベルリンで銃殺されたそう。

ドイツ人は学校でナチスドイツの歴史を
とことん学ばされるから
みんなイヤというほど理解してて
ある意味自虐的にまで自国史を反省してる。
そんな彼らにとってシュタウフェンベアク大佐は
唯一のナチスドイツ時代の良心。
ある意味英雄。
ベルリンには彼を記念して
「シュタウフェンベルク通り」という道もあるくらい。
まだ行ったことが無いので今度行ってみないとなー。
そんな彼の逸話をアタイは高校時代に
ものすごくドキドキハラハラしながら
読んだものだけど。

なーのーに!
何故トム・クルーズが
シュタウフェンベアク大佐の役をやるんだろ?
アタイはドイツ人じゃないけど
かーなーりー不満。
演技とか顔うんぬんが問題なのではなくて。
サイエントロジストって点がどうにも納得いかない。
他の役ならまだしも、シュタウフェンベアクの役を
サイエントロジー信者が演じるだなんて・・・。
かなり個人的な感情で書いてるけど
どうにも納得がいかない・・・。
シュタウフェンベアクの息子が反対するのも
分かるというか・・・。

トムの映画は何本か見たことあるし
良い映画もあると思うけど
あの人にシュタウフェンベルク大佐は大役過ぎると思う。
ものすごく違和感がある。
その理由は人間として明らかに力不足だと思うから。
ノンフィクションの役、歴史上の人物を演じるのは
ちょっと難しいと思う。

大体においてアメリカ人がドイツ人を
演じること自体が不満だし。
ハリウッド否定してる場合じゃないんだけど・・・。笑
何だかベイコクからドイツ人が
バカにされてる感がして許せなくてね。
アタイこういうのには敏感なんす。

今までアメリカ人がナチス・ドイツ人の役を
演じたことはあんまり無いと思う。
(あることにはあるけど主役じゃないかな)
ハリウッドにもナチスを題材にしてる映画は
たくさんあるけど、
アメリカ人は連合軍の役か
ユダヤ人の役だったはず。
ちなみに「シンドラーのリスト」で
シンドラーを演じたリーアム・ニーソンは
北アイルランド出身。
(つまりアイルランド人?)

「戦場のピアニスト」はアタイもすごく
好きで何回も見てる映画だけど、
気に食わないところが1点だけあって。
映画の舞台はポーランドだけど
ポーランド人のセリフが全部英語なのに
ナチスドイツ軍人の役だけは
ドイツ語セリフで徹底してるのよね。
これはドイツ語を意図的に悪用してると思う。
「ドイツ語イコールナチスドイツ」って
演出効果を狙ってるのがみえみえ。
はっきり言ってドイツ語に対する侮辱だわよ。
何故エイドリアンはポーランド語を話さないんだ?
みたいな疑問がアタイにはあるわけで。
でも当のドイツ人はだーれもそんなこと
言ってなくてアタイが一人で怒ってる。笑

ハリウッド映画が英語至上主義なのは
アタイのような知能でも分かる。
仕方ないとは思う。
それがハリウッドだし。
それにアタイはエイドリアンが好きだし、
何よりこの映画もすごく良いからね。

って話が違う映画にそれてしまった・・・。

このシュタウフェンベアク大佐映画の
主役キャスティングは、
納得行かないんすよ~。
「歴史的かつ世界が認める世紀の独裁者
アドルフ・ヒットラー総統を
暗殺しようとしたヒーローの役は
アメリカ人が演じても問題が無い!」
って言ってるように見えて。
最後大佐は銃殺されちゃうわけだから
「トムに世界の同情を集めよう!」
としてるようにアタイには見えるわけで。
許せなーい!
トムの人気回復に
シュタウフェンベアクを利用するなんてー!
って思うわけで。笑
(この記事を書いてる時点でトムは
以前より人気にかげりが見えてると
ゴシップ誌で書かれてるんでね)
まあ、これもアタイの単なる深読みかつ、
歪んだ思いなんで、トムファンは
スルーしてくださいね。

でもキャスティングに関しては一応気を使ってか?笑
ヒーロー役はサイエントロジストだけど
ドイツ人俳優も出演させるみたい。

とはいえ。
アタイは公開されたらすぐ見に行くと思う。
だってテーマがテーマだからね。
どんな出来になるのか気になるし。笑
ドイツじゃ全部ドイツ語吹きかえで
音声が上書きされるから
少なくともひとつのイライラからは解消される。笑

こっから先は但し書きです・・・。
このブログは基本的に個人的な思い入れを
元に書いてます。
アタイはドイツラントの歴史が好きで
ドイツ語、ドイツ人が好きで
ドイツラントに移住してるんで
この記事の書き方はちょっと視点が違う
可能性があることを知っておいてくださいませ。

この記事に関しても
連合国軍視点でも俳優視点でも無いです。
どっちかと言うとナチスドイツ視点と言いますか。
ま、それも厳密には違うかなー。

このブログのリピーター読者さんたちは
この辺を理解してくださってるんで
まったく問題無いんですが
通りすがりで偶然来られた方は
誤解されることが多いので
あえて書いてしまいました。
こんな後書き修正はそれこそ
アタイのポリシーに反するんですけど
仕方ないかなあと。

俳優さんのファンの人のための映画情報では
無いので誤解されると困るなあと言うことです。
歴史に興味のある人はたとえ迷い込んで
このブログにうっかり来られたとしても
その辺を誤解されることは無いんですが・・・。

誤解されると言うことはアタイの日本語
表現力に問題があるんでしょうから
今後は気をつけて書かなくては・・・
と思いました。

映画の感想はこちらに書いています
→ 「ワルキューレ作戦」
[PR]
by kuronekomusume | 2007-06-18 08:16 | 日記 | Comments(16)