死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ドクターに頼るのか?

昨日の夕方4時くらいに、ちょっくら昼寝でも・・・
と思ったら次に目が覚めたら夜の12時だった。

そうでした、そうでした。

アタイったら昼寝が出来ない体質なのでした。

1時間くらいの仮眠ってのが一番苦手。
頭が痛くなるし、具合が悪くなるしで最悪なんす。
というか1時間じゃ目が覚めないから
無理やり起きるので不快このうえない昼寝になる。

なので。
チラッと寝るつもりで5時間くらい経ってた・・・
っていうのがアタイは一番好きなのだ。
まあ、それしか出来ないって言ったほうがいいかな。

でもね、昨日のはちょっと体調不良だった
ってのもあるんだよ。
だって夜中12時に目が覚めたけど
そのままもう一回寝てみたところ
普通に朝6時までぐっすりだったもん。

こりゃ、いけねえや!
と思ったので朝会社に行く前に
ハリソンのところへ久々に行ってきた。
頼りになる男、ハリソンに見てもらって
風邪薬も処方してもらえたので
気分が楽になった。
病は気から・・・?
いや、そんなことよりね、ハリソンだよ。
ハリソンったらね、半年振りくらいに見たら
すんげえ太ってた。
びっくりの太り具合に、アタイは自分が
風邪気味であることをうっかり忘れそうになった。
それくらいサイズアップしてたんす。
まあ、まだドカベンまではいかないけど
それでもハリソンは背が高いから
大迫力ざんしたよ。
インディジョーンズ顔負けの迫力。

って、前にも書いたけどハリソンは
アタイの主治医さんだよ。
本名は違うけど顔がハリソンフォードに似てるから
勝手にアタイが心の中とこのブログ上で
ハリソンと呼んでるだけなのだ。

けど、あんなに太っちゃったんじゃあ
ハリウッド看板も下ろさにゃなるめえよ。
アタイもわりと寛容な方だけどよ、
さすがにあれじゃあ他のスターへの示しがつかねえってんで。

って思いながら会社に行きましたとさ。
ま、この場合太ってようが痩せてようが
ドクターに頼るクロネコ。

つーかねえ、今ピンチなんす。
あさってのケーキ大会に備えて
なんとアタイは二日前の本日からケーキを焼き始めたんす。
えー!!!
って言うブーイング電話が休暇中のサユリさんから入るくらい・・・。

いえね。
アタイもパウンドケーキ4個くらいで足りるかな~
と思ってたんす。
したらね、先週いきなり違う部署の人の
誕生日ケーキ会に呼ばれちったのだ。
義理堅いことで知られるクロネコのことだから
頂いたら返さねば!
って思っちゃったわけで。

しゃあねえから、間に合うようにと今日から
ケーキ作りに精を出してるわけっす。

けどねえ。
これが上手くいかねえんすよ。
アタイにゃ何が何だかさっぱり。
けど上手くいかねえもんはいかねえ。

今日3個も焼いたんだけど。
最初の2個がすごい大失敗になってしまい
少々疲れがどどどどっと押し寄せ中。
何故?
先週練習した時はうまくいったのに何故?

一応明日も作ってみて、
上手くいかなかったらみんなに宣言だけしようと思う。
「作ってみたけど失敗したから持ってこなかった!」
「うそつけー!!!おまえ最初から作ってねえだろー!!!」
ってみんながいっせいに突っ込んでくること間違いなし。
みんな大笑いしてくれそうね。
ウケ狙いってやつ。

くー。
だけど。
まだ諦めちゃいけません。
ケーキを持って行くのだ。
あ、まだ完全に失敗したわけではないからね。
と負けず嫌いを言ってみたり。

でもね、どんなに失敗しても焦がしたとしても
アタイは絶対にあのドクターには頼りたくないんだ。
この場合はハリソンじゃなくて。
この場合のドクターってのは、ドクター・オェトカーだよ。
ドイツラントに住んでる人ならみーんな知ってる
ドクター・オェトカー(こんな発音でいいのかね?笑)。

なんて言ったらいいんだろ、日本で言うところの・・・
ってこれにあたる日本の製品ってあったっけ?
まあ簡単に言うと食品ブランド。
ヨーグルトだの、ミューズリーだの、
ゼラチンだの、ケーキセットだの色々関連商品がある。
ドクターが承認したのか、お勧めなのか、
ドクターの調合なのかはアタイのような素人には
推し量ることさえ不可能なんだけど。
つーか調べる気がさらさらないって言ったほうがいいかな。笑
ま、ドイツラント中で手に入る食品ブランドなのだ。

んで、その中でもひときわ人気?なのが
ドクター・オェトカーのケーキセット。

多分、小麦粉とかが配分されてて、
それと卵とかを混ぜるだけでケーキが焼けちゃうんだと思う。
まあ、いわゆるホットケーキミックスの発展版?
って全然違ってたらすんません。
なんせ試したこと無いので良く知らないんす。
想像で書いてますんで。
なのにアタイはこのドクター・オェトカーを使ったケーキの味は
何となく分かるんだよね。
なんつーか、美味しいんだけど化学的な感じの
無機質な雰囲気のある味とでも言いますか・・・。
いや、ケーキも満足に焼けないアタイ風情が
偉そうに言うなって話なんだけど。

ケーキと格闘してる時にサユリさんから
電話があったので
「今ケーキを焼いてるので電話無理っす」
と言ったところ、
「そんなの持っていかなくていいじゃんかー」とのこと。
けどアタイは持って行きたい気分なんだよね。
「じゃあ買っちゃえば?」とも言われたんだけど
アタイ、ドイツラントで売っているケーキは
あんまり美味しいと思えないんす。
美味しいケーキ屋自体どこにあるか分からんし、
そんなにたくさん買うとすごい金額になるし。
パン屋のケーキはオオアジだし。
と言ってたら
「じゃあ、ドクター・オェトカーは?」
と言われてしまった。
「それは負けのような気がするんで、まだがんばります!」
と引き続きケーキ作業に戻った。

けど、こんなにケーキを焼くのって
バザーじゃあるまいし、
人生においてもう二度とないんじゃ?
って思いたいけど来年も誕生日は来るわけで。
うーん。
確かにケーキなんぞ用意しない方が良いのかも。
でも既に3個焼いちゃったしなあ。
出来損ないとは言えね。
来年はどっかで予約したい気分だよ。
そういえば日本のベーカリーがあったなあ。

あ、そうだ、粉砂糖買ってきて
上から降りかけちゃえ~!
したら焦げ目は最悪見えなくなるもんね。
そうしよ、そうしよ。
粉砂糖はドクター・オェトカー製にしようかな。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-30 07:23 | 日記 | Comments(4)

別のソフト

買ってしまった・・・。
MSオフィスを買ってしまった・・・。

日本じゃ確かPCを買うとMSオフィスが
標準で入ってくると思うんだけど。
最後に日本でPCを買ったのは5年以上前だから
今どうなってるのか分からないけど。

でもドイツラントだとゾニーとか
トーシバとか、パナゾニックとかのPCを
買ってもMSオフィスが入ってないんす。

3ヶ月トライアルしか入ってないんだよね。

でももしかしたらアタイが気がついてないだけで
PCが入ってた箱に転がってるかも?
と思って探したりしたんだけど見つからず。

同僚のパティに聞いてみたところ。
「標準装備だよ。だからPCの値段がドイツラントでは
高いんだよね。パッケージが入ってるはずだから探してみなよ。」
ともっともらしい説明をされたので
「見当たらなかったけどなあ・・・」と思いつつも
もう一回探してみたのよね。
でもやっぱり見つからず。

なので別の同僚でもちっとソフトに詳しいミカさんに聞いてみた。
したら「ああ、別売だから買わなきゃダメだよ。」
とあっさり言われちった。
・・・。
パティにだまされた・・・。
っつーか、パティの信頼性落ちたね。

一体幾ら位するんだろう?
とビビリつつ・・・。
イリーガルなことはやりたくないから買いに行くかなあと。

んで思い出したんだけど。
確かデュス市内に先週くらい大型家電量販店、
メディア・マルクトがオープンしたんだよね。
なので。
アタイは家の目の前にあるメディア・マルクトの競合である
ザトゥーンに行くことにした。

メディアマルクトのほうが安いし、
オープンしたばかりだと色々特売セールもやってるはずなんだけど
アタイは逆の手をとることにした。

つーか、単に遠くまで行くのが面倒だっただけなんだけどね。
メディアマルクトは電車を乗り継いで行かないといけないし、
ドイツ人はメディアマルクトが大好きなので
週末なんてすっごく混むと思うんだよね。
したら商品選びがやりづらいし、
なんか疲れそうだなあ・・・と思って。

ザトゥーンに行ってみたら
思ったとおりガラガラだった!笑
おかげで店員さんの対応がものすごく良くて
レジのオバサンまで親切だった。
どうせ値段なんて大して変わんないだろうしね。
すいすいお買い物が出来て
歩いて2分くらいで家に帰ってこられるほうが
楽チンだわーってことで。

けど。
このソフトを買ったってことはだよ・・・。
アタイは家でも仕事が出来るってことで。
自分にしてみりゃ良くないんだよねえ・・・。
仕事はなるべく持ち帰らないぞ!
と思ってるんだけど・・・。

自分との戦いだわ。
がんばるぞー!
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-28 21:01 | 日記 | Comments(0)

ソフト

やっと忙しい一週間が終わった~。
毎日かなりドタバタしてたけど
気持ちもあせりまくりだったけど
今週の懸案事項は一応全部クリア出来たかなあ。
と思いたい。

今週は何故か夜中に悪夢にうなされて
起きてしまうことが2夜もあった。
これ、熟睡型クロネコには大変珍しい兆候。

肩がぐぐぐぐぐぐーっと重くなって
こわーい夢を見てて、
ハッと目が覚めたのよね。
夢の内容もちゃーんと覚えてる。

1夜目は目が覚めた時間が朝の6時半だったので
2度寝も出来ず気分がいまいちのまま会社に行った。

2夜目はおとといの夜。
リアルで超怖い夢だった。
普通だと怖い夢を見ても内容を人に話した時点で
あまり怖くなってる場合が多いんだけど
今回の話は同僚に話してみてたところ
女性はみんな怖がった。
ありえなくない話だからかも。
ま、ここには書かないけど。

目が覚めたのは夜中の3時だったので
「こんな変な夢を見て体が重いのは
風邪を引きそうだからに違いない!」
と判断したアタイは、感冒薬と葛根湯を
飲んでまた寝た。
翌朝はスッキリ起きれた。
一体なんだったんだろう?
仕事のプレッシャーから来る夢かなあ?
でも今朝起きたらのどの辺りがすごーく痛いので
やっぱり寒さから来る風邪なのでは?と思う。


昨日は珍しく仕事でケルンまで行った。
同僚のアイシャと車で移動。
運転はもちろんアイシャ。
アイシャは日本じゃあまり見かけないサイズなんだけど
(つまり太ってる)キュートで明るくていい子。

彼女と話をしていて判明したんだけど
どうやらドイツラントでもソフトボールが
それなりに人気があるらしい!!!
こ、これは新発見だよ!!!!!
アタイの認識を覆すビッグ真実!!!

いや、だってさー。
今から10年以上前かなあ、
ムッシュヨシダこと吉田義男氏が(阪神の牛若丸ね)
おフランス人に野球を教えてた時代があったと思うんだけど。
阪神ファンならみんな知ってるよね?笑
その当時のことをつづった本を読んだ時に
ムッシュの苦労がすっごく伝わってきたのよね。
おフランス人たちったらサムライ野球の真髄を
ちいとも理解出来ないっぽくて。
「欧州人に野球は無理なんだな」ってのが
それ以来アタイが持つ認識になってた。

あと昔からドイツ人男たちから
「あーんなルールが複雑で
フィールド上に動きが無いスポーツは退屈極まりない!」
って酷評も聞かされてたので
あいつらには分からんのだなあと思ってたのよね。
そんで決めゼリフとして
「やっぱ、サッカーだね!」
とも言われてたし。

欧州男たちはサッカー、サッカーって
大騒ぎする方が好きなんだと思う。
スピードと技術が絡み合うダイナミックなスポーツであるサッカーは
彼らの民族性にもピッタリ合ってるしね。
サッカーは誰がどう見ても格闘技だから
野球とは本来比べることが出来ないんだけど
欧州男たちはサッカーが一番だと思ってるから
何でもサッカーと比べたがるのよね。

違うスポーツを比べても主観的な感想になるから
あんまり意味は無いんだけどね。

まあそんなこんなだから
野蛮で単細胞な欧州男児に
野球の魅力を分かってもらえなくても別にいいやーと思ってて。
アタイは何事に関しても、
知らないヤツは知らんでよろしい!
っていうスタンスだし。

アイシャと話してて分かったんだけど
どうやらドイツラントには女性用
ソフトボール・ブンデスリーガが存在するみたい!
すごいね!
こりゃあ衝撃の事実ざんすよ!

なんとね、アタイの同僚のアイシャは
趣味のレベルだよって謙遜してたけど、
かつてチームに所属してソフトボールを
楽しんでたんだそう。
んで彼女はキャッチャーだったんだそう。
納得~。
彼女はどかべん体型なのです。

彼女は当然ルールも分かってた。
それにもアタイは驚いた。
っていうかプレイしてたんだから当然なんだけどね。
そもそもアタイこそただのにわか野球ファンで
実際プレイしたことなんぞ小学生の時にチラッと
あるだけだから、ほぼ無いに等しいし
ソフトボールと野球のルールはほとんど同じってくらいの
知識しかない。
実際オマエがやってみろよ!って言われたら
ぐうの音も出ないほどの空振り間違い無しのレベル。
けど欧州人は、まして女性は、ソフトボールはおろか
野球も知らないんだろうなと思い込んでたので
当たり前とはいえアイシャがルールを分かってたことに
アタイは驚いてしまったのだよ。
だって普通のドイツ人はストライクとかボールとか
分かってないし、ヒットを打ったらファーストに向かって走る
ってことも知らないからねえ。

とはいえ、男性にはやっぱり人気は無いらしい。
男性のリーグは無いみたいだし。
まあ別に無理にやる必要は無いから
それでいいんだけど。
そもそも欧州にはその土壌が無いと思っていたので
女性リーグがあるだけでも
既に大変な革新になるわけだからね。

欧州男児の頭では
ルールを覚えるのが嫌なのかもねえ。
あと良く聞くのが試合に動きが無くて退屈すぎるってやつ。
基本的に野球は打順ごとに
ピッチャーとバッターが対峙して試合が進んでいくから
それ以外の打順が回ってきてない人は当然のことながら
守備の人たちもフィールドで単にボーっとしてるようにしか
見えないみたい。
んでそれが退屈に見えるんだそう。

まあ、それはルールが分かってないヤツの
典型的なコメントだよね!
ってアイシャと毒づいておいた。笑
息詰まる投手戦なんかは見てると手に汗握るし
ここぞ!という時にバッターには絶対打って欲しい!!
って念力を送りながら必死に注目するのが
醍醐味だってのに。
守備の上手さも見所だし。

あと、中高年層が趣味で楽しむには
サッカーをやるより野球の方が断然心臓負担が少ないし
人とぶつかり合ったりしないので
ボールが当たら無い限りは
いつまでも楽しめると言えば楽しめるんだそうで。
サッカーは走る量が多いので心臓負担が大きくなるから
40代くらいになるとだんだん出来なくなるみたい。
それに一種の格闘技みたいなもんだから
趣味と言っても骨を折ったり怪我をすることが
ものすごく多いんだよね。
アタイの知ってるだけでもかなりの数の同僚たちが
サッカーで骨を折ってる。

ちなみに。
来月デュスでは日本人会によるソフトボール大会の
開催が予定されてる。
各々11名でチームを組んでトーナメント戦に出場して
午前中勝ち残ったチームが決勝に進出できるっていう
大ソフトボール大会なんだそうで。
何でもニッポン人が1万人くらいは見に来るそう。
ライン川の河川敷で試合をやるのかと思ってたら
アリーナ会場を借りてやるんだそう。
日本人会ったら金あるね。

うちの会社も今年は出場するぞ!
と言うことでバットやグローブも手配済みらしいんだけど
参加人数が足りないのでドイツ人も誘って
なんとかチームになるようがんばってる。

そんな時アイシャが「私もやりたい!」って
言ってきたのでニッポンジンは大喜びだった。
っていうか多分アイシャが一番の戦力かも・・・って
気がしてる。笑

試合がある時期、アタイはちょうどデュスに
居ないので参戦出来ず。
ざーんねーん!?
なんてね。
意図的という話もある。笑
出場はしないけど名前を貸してるので
とりあえずポジションはもらっておいた。

クロネコのポジションは3塁コーチ。
え?って感じね。
そう、アタイは3塁コーチだからプレーはしない。笑
選手が出塁してる時に走塁指示を出すのが仕事なのだ。
「ホームインしろ!!はしれー!」の腕をグルグル回すヤツ。
和田コーチみたいなあれがやりたくてね。
幸いにも誰ともポジション争いをせずに済んだ。

っていうか、アタイその時日本に居るし。笑

ま、とにかく。
ドイツラントでは意外にも
ソフトボールが愛されていたんだね。
本当にびっくりしたわ。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-27 18:04 | 日記 | Comments(2)

ドイツ人になるには?

「ドイツラントの国籍」を取れば
国際法上はドイツ人になれる。

ガイジンがドイツラントの国籍を取るためには
合法的に8年間ドイツラントに住んでなきゃいけなくて
なおかつドイツ語が話せて書けないといけない。

それらに加えて、こないだから法律が変わったので、
各州が作成した「ドイツラント理解度テスト」を
受験して、合格しなきゃ国籍がもらえなくなった。
ドイツラント事情を分かってないヤツに
国籍はやらないよ!
ってことになったんす。

まあ、当然と言えば当然だと思う。

何故って。
ドイツラント在歴がながくても
場合によっちゃドイツラント生まれでも
アタイよりドイツ語が話せないガイジンって居るし
そういう人に限って国籍を欲しいんだそうで。
国籍を取ったら後は我が物顔で好き放題しちゃうみたいで。
場合によっちゃ違法なことだってやってるみたいで。

ドイツラントの事を好きじゃない人に
国籍をあげる必要ってあるのか?
って心の広いドイツ人が思ったとしても
それは外国人排斥主義とかでは無くて
いたって普通の事だと思う。

アタイは全然ドイツ人になりたいと思ってないし、
なりたくもないんだけど、
どんなテストなのか興味があったのよね。
んで、ウェブで探してみたら模擬テストがあったので
腕試しに受けてみた。

確か実際は設問が200問かそれ以上あって、
そこから40問ほどを自分で選んで
さらにそこから6割正解すれば合格とか
そういう基準だったと思う。

アタイが見つけたのは
フィナンシャル・タイムズ・ドイツラントのサイト。

全部で41問。
アタイは正解率70%だった。
ので合格。
やったーっ!
ドイツ人になれるーっ!
って言いたいけどアタイはまだ8年も暮らしてないので
申請資格が無い。
だからといってドイツ国籍が欲しいわけじゃないので
まったく悔しく無い。

この模擬テストの設問はヘッセン州が実際に使ってる
テストから41問を抜粋したものなんだそう。
なので一部ヘッセン州内のローカル質問もあった。
それはさすがにちんぷんかんぷんだった。

でも基本的に質問はドイツラントの基礎知識。

・ドイツラントの人口
・ドイツラントの法律
・ドイツラントの義務教育
・ドイツラントの歴史
 ワイマール共和国時代、ナチ時代、東西ドイツ時代
・ドイツラントの政治家
・ドイツラントの選挙
・EU議会の場所
・EU国民のドイツにおける選挙権
・クラシック音楽
・絵画
・オリンピック
・ドイツ人発明家

などなど。
かなり面白くて、どれもこれも勉強になった。
クロネコがたくさん間違えて苦手だったのは、
法律と、絵画、そんで選挙かな。
普段自分にかかわりが無いことって
注意してニュースとか見てないから
やっぱり難しいね。

逆に得意だったのは人口とかドイツラントの基礎知識、
そんで歴史もオッケーだった。普段からいっつも
ドキュメンタリーを見てるからねー。笑
あとドイツラントの発明家も全部正解だった。

7割正解かあ・・・。
合格は合格だけど、アタイとしてはこれは
ダメなのでは?って思っちゃった。
だってアタイはドイツラントが好きなあまり
ドイツに移住してきたんだよ。
好きな国の事を毎日面白く観察してるんだから
本当はもっと正解して当然のような気がする。
しかも設問は全部3~4択なので
ある程度考えれば分かる問題も多い。

これは、もっとドイツラントオタクにならねばね。

設問は全部ドイツ語だけど興味ある人は
トライしてみてね

あと、こちらでは東ドイツ検定でDDR知識もチェックできる。
こちらもアタイの正解率は74%。
これももっとオタク度を深めないとなあと反省。

でも自分の理解度をチェックできるので
こういうテストは楽しいね。
他の州のも無いかなあ~。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-25 03:34 | 日記 | Comments(2)

疲れ倍増

今さっき30分くらいかけて
記事を書き上げて、さてと・・・
と思った瞬間ブラウザが閉じちゃった。

もう一回書く気力も体力も本日は無いので
明日もう一度トライしてみる。
と思う。

疲れが倍増だね。

寝ます。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-24 08:12 | 日記 | Comments(0)

練習してみた

今年は何と何と、アタイは今までと違う。
もうすぐ誕生日なんだけど
その日はケーキを会社に持っていこうと思ってる。
もちろんアタイが自分で焼く予定だよ。

うーん。
スゴイ心境の変化だよね。
去年まではぜーったいケーキなんて
もって行かない!って思ってたし、
同僚に祝ってもらいたいとも思ってなかったのに。
今年は大きく違うよ。

アタイは4月から大幅に同僚が変わったんだよね。
んで新しい同僚のみなさまは
非常にいい人たちなんだよ。
仕事もしやすいし、とっても楽しい人たち。
なので。
アタイはだーいぶん気持ちが変わってきちゃってて。

彼らの誕生日も祝うし、
いつもケーキを頂いてるからお礼もしたいし。
って心境になってきてるんだよ。

うーん。
我ながら驚きだわ。

けど、それくらい前の同僚たちが
嫌いだったんだってことだよね。
特に苦手な数人は辞めていったけど
他に苦手だなあと思ってた人たちは
運良く所属部署が変わった。

なので、今はみんな気の置けない
人たちばかり。

てなわけで、アタイはケーキを焼こうと
思ってるんだけど、
今日ちょっと練習にひとつ焼いてみた。
まあ手間も掛からず
なかなか美味しく出来たので
これでいっかなーと。
形はいびつだったけど・・・。笑

「ミルクティーのパウンドケーキ」↓
骸骨のパイレーツが狙ってる。笑
c0016407_7112662.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-22 07:11 | 日記 | Comments(2)

孤立するサーカシビリ大統領

今日フィットネスジムで面白い記事を見かけた。
アタイ、ジムで運動してる時は
暇つぶしに雑誌を見るのよね。
ルームランナーで歩きながらね。
え?走らないの?っていう質問は受け付けないよ。笑

んで、頭を使いたくないから
大抵は女性週刊誌を何冊か見るようにしてる。
コスモポリタン、エル、ヴォーグ等の
ファッション雑誌やらパパラッチ雑誌のガーラをメインで。
写真ばっかりだから記事なんて
ほとんど読んでない。笑

でも今日は久しぶりに気が向いて
シュピーゲルでも読んでみるかって思ったのよね。
とはいえ。
シュピーゲルは内容が濃すぎるので
アタイのオツムでは付いていけないことが多いんす。
政治、経済関連を細かく分析してるので
ドイツ語力が追いつかないってことで。

まあ、気になる記事だけチラッと
読んでみるかなあとページを開いたら
あった、あった!気になる記事がね。
「グルジア紛争」についての記事が。

なんつーかね。
正直あきれる内容の記事だった。
だってね、タイトルが
「NATOもEU各国の諜報機関も
当初からグルジア紛争はグルジアが開戦したと
認識していた」だったんだよ。

えー!!!
えー?
って感じでアタイは大変驚いた。
そ、それって完全なる「後出しじゃんけん」では?
と思ったんでね。
NATOもEU諸国もその手を使うんだ・・・ってね。
一流のプロの諜報機関もそんな手を使うとは・・・
って驚きのあまりアタイの目から
コンタクトレンズが飛び出して来るかと思ったよ。

記事の中身は、グルジアに不利な内容だった。
開戦した国がどこかを
西側諜報機関は当初から知っていたということで、
グルジア側の主張を覆す事実を時系列で証明してた。
ルスラントのこともそれなりに「自国に有利な主張をしてた」
と批判してたけど、主眼はサーカシビリ批判だった。
NATOもEUも、サーカシビリの主張には
ちょっと距離を置いて、よーく考えないといけない・・・
っていう論調になってた。

明らかに風向きが変わってきたね。

と言うより。
本当の事を言うとね、この記事を読んでアタイは
「ああ、とうとう始ったなあ」
って思ったんだよね。
どんな方向転換がEU及びNATO首脳陣で
なされたのかは知らないけど
グルジア紛争の後始末シナリオが出来たんだと思う。
EU諸国及びNATOは合意に至ったんだと思う。

アタイが思ってた通りになるかもしんない・・・
って気がしてきた。
ああ、なんて傲慢な言い方なんだろうって思うけど
シュピーゲルを読んだら気分が高まってしまったので許してね。

EU諸国、ルスラント、グルジアのことを
考えると一番良いのは
1、サーカシビリ大統領を辞任させる。
2、親ロシアでもなく、急進的でもない中立的な
新グルジア大統領を選出し、当選させる。
3、グルジアをNATOにもEUにも加盟させず中立的立場で運営させる。
なんじゃないかなと思ってたのよね。

理由は簡単。
反ロシアのサーカシビリをこのまま大統領に
しておくと、またいつかルスラントに歯向かって
戦争を起こしかねない。
そんな危険な国がNATOに入ってルスラントと
戦争を始められたら、
NATO加盟国はグルジアを助ける義務があるので
ルスラントと戦争をしなきゃいけなくなる。
そうすると、アタイの大好きな
ルスラントとドイツラントが戦争になってしまう。
それはぜーったいに嫌!
なのでこういう案になったんだけど。

この意見を別のブログで書いたところ
クロネコの考え方は「国家主義」だと言われた。
国家主義のつもりは無いけど、
サーカシビリ政権以外のみんなのことを考えると
(南オセチア、アブハジアも含めてね)
これが一番良い解決策になるんだよね。
それが国家主義なのかどうかはアタイには分からない。

シュピーゲルの記事の論調は
「サーカシビリ・グルジア大統領は西側を騙していた!?」
って感じだったんだよね。
アタイはこれを読んで、
ベイコクがサーカシビリを切ることで合意したのかな
と思った。(違うかもしんないけど)
可哀想にサーカシビリは
ベイコクに完全に裏切られたんだと思う。
分かってたのに期待してた彼がバカなんだけど・・・。

ベイコクは、サーカシビリをたきつけたところ
上手い具合にルスラントに歯向かってくれたので
世論を「危険なルスラントを止めなくては!」という論調に出来た。
結果的にベイコクは対ロシア向けミサイルを
ほぼ無条件で設置することをポーランドに飲ませて無事調印できたので
ライス長官の最後の仕事は上手く行ったことになる。
だからサーカシビリ切りを飲んだのかなあと。

でもベイコクはイラクに近いという地理的に優位な
グルジアを離さないと思うので、
今後どうなるかはまだ分からない。

とはいえ、アタイはシュピーゲルのこの記事を読んで
風向きが変わってきたのを感じたのだよ。
記事にはドイツラントのシュタインマイヤー外務大臣の
コメントも引用されてたし。
「グルジアの大統領の発言すべてを信じるのは
慎重になるべきだ。」とね。
ちなみにアタイの読みではSPD党のシュタインマイヤーは親ロシア。笑
次期ドイツラント首相候補だよ。

そんで家に帰ってきてもう一回記事をウェブで
読もうかなと思ったんだけど。
どうやら最新の記事は読めないっぽい。
でも変わりに面白い記事を見つけた。
サーカシビリのアドバイザーである
Alexander Tschatschija(チャチージャって読むのかな?)氏の
インタビューが載ってて。
これまた反サーカシビリ論調だった。

そのアドバイザー氏いわく、
「私は前々からサーカシビリには反ロシアにはなるな、
親ロシア融和策で外交を進めるべきだ!と言ってきた。
それにも関わらず彼は全然聴こうとしなかった。」
って感じではじまって。
「サーカシビリはアメリカの方しか見てないから
紛争中の演説も西側に媚びて英語でしかしなかった。
国民に向けた演説なら英語では何の意味も無い。」
って言うまっとうなことを言ってた。

「とにかくグルジアのためにも、欧州のためにも
ルスラントのためにもサーカシビリとその側近たちは排除すべきだ。」
ってアドバイザー氏は言い切ってた。
超明確で面白い。

今後グルジアはどうすべきか?って質問には
「ルスラントとも友好的に、欧州とも友好的に、
そしてベイコクとも友好的に、小国としては当たり前の
政策を取るべきだ。
親ロシアである隣国のアルメニアもアゼルバイジャンも
グルジアへの信頼を失いつつあるので
信頼回復が早急の課題だ。」
って答えてた。
「ベイコクは対イラク向けに軍事的要塞として
グルジアを使いたいと思ってるはずだが
ベイコクに肩入れすると、イラクはグルジアに向けて
ミサイルを撃ってくる。
それは米軍ではなくグルジア国民を脅かすことになる。」
とも答えてた。
つまり、ベイコク寄りになるとグルジアは自国民を
殺すことになるから止めるべきって主張。

ちなみに彼によれば、ルスラント政府には
対グルジア戦略と言うものが以前から特に無かったようで
今後も無いだろうって言ってた。
これは今まで西側諸国で報道されてる内容とは
真っ向から異なるのでなかなか面白い話だと思う。
西側だといつも「旧ソ連の諸国がNATOに入らないように
ルスラントはありとあらゆる手を使って阻止しようとしてる」だからね。
アドバイザー氏の意見によると
「ルスラントはそこまでずる賢く無いんだ」とのことだった。笑

今後EUやドイツラントはどうすべき?という質問に対しては
「先日シュタインマイヤー外務大臣が
グルジアやアブハジアで取った行動には大変感謝している。
それはサーカシビリをアシストする方向ではなかったからだ。」
とのこと。
「新EU加盟国(ポーランド、バルト3国)は
反ロシアなのでサーカシビリ擁護!と騒いでるが
あの国々はベイコクの言いなりなので、彼らの言うことを聞くと
ドイツラントとフランスにとって面倒なことになるから
独・仏にはベイコクから独立した外交をこのまま続けてほしい。」
とも言ってた。

「サーカシビリをこのままにしておくとまたルスラントに
戦争を仕掛けることになるので
欧州にとっても、アブハジア、南オセチアにとっても最悪なことになる。
グルジアの北側(南オセチア国境)は、
グルジアの生命線であって、ビジネス上重要な国境にあたる。
だからサーカシビリのことは断じて擁護すべきではない!」
と言い切ってた。

この記事を読んでアタイはさらに、
「本当に風向きが変わってきたんだなあ」と思った。

アドバイザー氏がどういう人物なのかは
書かれていなかったので、
もしかするとかなり親ロシアな人なのかもしれない。
けどそんなことはどうでもいいんだよね。
重要なのはシュピーゲルのベクトルが
「サーカシビリを孤立させる」方向になってるってことだから。

そんでもう一つアタイの中ではっきりしたのが
結局、シュピーゲルは権威的なイメージがあるけど
情報操作の媒体でしかないんだろうなって点かなあ。
この2つの記事を読んでつくづく思っちゃった。
紛争開始当初、見出しがアンチロシア風だったので
シュピーゲルどころか
ドイツのメディアの記事は一つも読んでない。
全体的にドイツのメディアはアンチロシアだったんでね。
アタイは今回の紛争が起こってから今まで意見を変えてないので
メディアが意見を変えていく経緯を目の当たりにして
政治力って凄いなあと単純に思ったのだよ。
とはいえアタイのドイツ語レベルは非常に低いので
この読解がどこまで正しいのかは自分でも怪しい。
へへへ

それにしても。
ベイコクに見捨てられた可哀想なサーカシビリ氏。
自国民を無視して、ベイコクの言いなりになって
政策を謝った報いかなあ。

アタイが国家主義かどうかは全くどうでも良くて、
そういうのとは関係が無いところで
国際情勢は進んでいくんだなってこと。

となると。
あのとき豪語してた大英帝国の首相の意見はどうなるんだろうね?笑
あの国が誇る諜報機関は一体どんな情報を掴んでたんだろ?!笑
個人的には気になるわ。
大英帝国はそもそも完全なるEU加盟国じゃないから
EUとしては無視するのかもしれないね。笑
あいつら、いつも引っ掻き回すだけで調停とかやんないもんね。
そもそもNATOとしてベイコクが同意したなら
大英帝国はもう何も言わないかな。

今後も要注目だ。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-22 06:27 | プーチン大統領 | Comments(4)

映画評/「キル・ビル Vol.1」

キル・ビル Vol.1
出演:ユマ・サーマン、ルーシー・リュウ、
ダリル・ハンナ、ソニー千葉、栗山千明。
監督:クエンティン・タランティーノ
公開:2003年

「花嫁が来る・花嫁が来る・花嫁が来る」
c0016407_4275030.jpg


7月にVol.2を見たのでVol.1もまた見てみたいなあと
思っていたところ、
先週同僚のパティ(あだ名だよ)がおもむろに
アタイの席にやってきて、
「クロネコ、このDVD貸してやるよ。」
と言って差し出してきたのがVol.1だった。
「おお。ちょうど見たかったんだよ。ダンケ。」
と言ったものの。
アタイはパティにVol.1を貸してくれと言った覚えは無い。
ちょっとキモイなと思いつつも好意を無にするのも
悪いしねと受け取ったのだ。
と思ってたらパティが
「このルーシーリューを見るとボクはいつも
クロネコの事を思い出すんだよ。」
って言い出したからびびった。
え?
みたいなね。
キミ、ストーカーじゃないよね?みたいなね。
ま、違うと信じてるんだけど。
パティは良いヤツだからってことで片付けておこうと思う。

けどね。
アタイ実はルーシーリューに似てるって
言われたことが数度あるんだよね。
ニッポン人にも言われたことがあるし、
ドイツ人にも言われた。
でも実際は全然似てないと思う。
残念ながらあんな美人じゃないんでね。
アタイの友達にルーシーにそっくりな人が
居るので、自分は似てないと思う。
でもまあキレイな人に似てると言われるのは
悪い気がしないし、それに何と言っても
あちらはハリウッド女優なのでとりあえず
否定しないでもいいかなと思うことにする。
ずーずーしい話ではあるんだけどね。
おほほ。

話を映画に戻すと。
ストーリーはかなりはしょることにする。
もう有名な映画過ぎるので書かなくても
みんな知ってるかなと思うんでね。

ユマサーマン演じるブライド(ブラック・マンバ)は
結婚式のリハーサル時、
かつてのボス、ビルの命令で同僚の殺し屋たちに
新郎、友達ともども惨殺されてしまう。
妊娠中だったブライドは奇跡的に息を吹き返し、
4年間病院でこん睡状態のままだったところ
ある日目を覚まし、自分の愛する人たちを殺した
やつらに復讐を誓い、全員を殺していくことにする。
最後のゴールはビルを殺す!こと。

一人目のターゲットはルーシーリュウ演じるお蓮(オーレン)。
東京でヤクザ界を仕切るオーレンに
立ち向かい見事仕留める。

二人目の黒人女性殺し屋は足を洗って
家族と幸せに暮らしてるが、ブライドの復讐の心は
止むことなく、子供の目の前で見事仕留める。

そして次のターゲットを探しVol2へ・・・。

って感じかな。
アタイこの映画は2003年公開時に映画館で
見たんだけど。
もうなんと言うか、ちんぷんかんぷんで良さが
ちーっとも分からんかった経緯がある。
んでこないだVol.2を見たら思いのほか面白くて
良く出来た映画だなあと思ったので
もう一回見直してみたんだけど。

なんつーかねえ。
Vol.1も良く出来てる。
けどねえ、舞台がニッポンってのが良くない。
んでブライドとかオーレンがニッポン語を
しゃべってるのがさらに興醒め。
ああ、これは映画館で見たときに感じたのと
まったく同じことを今回も感じてしまった。
やっぱね、外人さんは日本語をしゃべっちゃダメだよ。
うちらニッポン人が英語を話すから
無理しなくていいよって言ってあげたい。

今回も英語で、字幕英語もつけて見てたんだけど
ところどころユマとルーシーがニッポン語を
話しちゃうから、聞き取ってるアタイの耳が
おかしくなっちゃった。
???
今の英語何?みたいな。
あ、日本語か!って感じで。
クライマックスの大事なシーンで二人が
日本語を使っちゃうもんだから
もう脱力感に襲われまくり。
ああ、ごめんなさい!!!って感じで。
あれが全部英語だったらまだマシだったんだろうけど。
ぬぬぬー。

二人ともがんばってるのは分かるんだけどねえ。
なにぶん、日本人の役者とのやり取りもあるんで
それはどうにもならんというかねえ・・・。

けどさ、オーレンっていうのが実は、
「お蓮」だって知ってた?
アタイはドイツに来てから知ったよ。
日本で映画を見てたときは
何で日本人の役なのに「オーレン・イシイ」っていう
半分日本で半分何人かも分からんような変な名前なんだろ?
って思ってたんだけど。
英語サイトを見てたらO-Renって書いてあったので
お・れん?お蓮?って思って。
すんげえ納得できた!
これは日本の翻訳がわざとオーレンにしたのかな?
それとも時代劇に疎い人が翻訳したので
そのままオーレンになったのかな?
無意識だとしたらこれは罪だと思う。
お蓮ならしっくりくるからねー。
つまり彼女の日本名は石井蓮ってことになる。笑

このシーン最高にカッコいい。↓
ボディガードを従えるお蓮姐さん。
白い着物は修羅雪姫の梶芽衣子へのオマージュだそう。
この登場シーンのBGMは仁義無き戦いのテーマソング。
すんげえすんげえクール!!!
c0016407_4251379.jpg


青葉屋の決闘シーン。↓
ブライドはすっごく強い。
押し寄せる敵を滅多打ち。
彼女の黄色い戦闘服はブルースリーへのオマージュ。
c0016407_4292853.jpg


女子高生ボディガードのゴーゴー夕張こと
栗山千明ちゃんと戦うブライド。
千明ちゃんかなり強い。笑
アクションは見物だったけど、セリフがちょっと残念だったかな。
でもまあルーシーとかユマの日本語に比べたら
はるかに高レベルだったので良しとするかな。笑
c0016407_4303190.jpg


刀は疲れ知らず・・・
ってことで最後二人の対決シーン。
青葉屋の2階に居たはずなのに
障子を開けるとそこには日本庭園が広がってる。
しかも場所はお台場なんだけど。
さっきは雪なんて降ってなかったのに一面雪が積もってる。
面白すぎ~。笑
庭園にはちゃんと鹿威しもあって二人の対峙シーンを
引きで撮りつつ、鹿威しの効果も入れるという
ワビサビも忘れないタランティーノの演出。
このシーンはニッポン人には笑いしか呼び起こさないんだけどね・・・。
c0016407_4413943.jpg


そんなブライドの復讐のために名刀を用意してくれたのが
沖縄在住の刀鍛冶こと、ハットリハンゾー。
つまりソニー千葉!
c0016407_4471186.jpg

このシーンを映画館で見たときは大笑いしたなあ・・・。
ニッポンの映画館でしか起きなかった笑い。
千葉氏がこの役名を嫌がった理由が日本人なら分かるよね。
「服部半蔵」は千葉真一氏の
影の軍団での役名に因んでるんだけど
それを名乗らせたタランティーノって
どこまで時代劇ファンなんだろう?って感動しちゃう。
アタイはあの時代劇が大好きだったんだよねー。
タランティーノのことだから服部半蔵という名前は
伊賀忍者の頭領の名だと絶対知ってるだろうね。
渋すぎる。

ルーシー姐さんは、着物姿が割りと似合ってると思うし
ユマサーマンとも良い勝負をしてた。
けどアタイがこの映画で一番好きなキャラは
やっぱりダリル・ハンナ演じるエル・ドライバー!
凶悪で、どぎつくて、クールで最高なんす。
好きな男には弱くて、恋敵には敵意むき出し!
っていうどこまでも女らしい殺し屋なのだ!
スタイルもいいし、かっこよすぎ!
c0016407_449444.jpg


ま、そんなこんなで。
何だかんだ言いながら楽しんじゃった。
クロネコの評価は
☆☆☆:星3つですわ。日本語が無ければもっとね・・・。

女、女、女いのちの、うらみ~い節~♪
とココまでタランティーノが入れ込んでるんだから
次は「修羅雪姫」と「女囚さそり」も見なきゃね。
キルビル効果でどちらもドイツラントではどこの店に行っても
キルビルと同じくらいの確率でDVDが置いてあるんでね。
もしかすると世界で一番知られてるニッポン人女優は
梶芽衣子かもしれないよ。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-22 04:58 | 映画評 | Comments(0)

ぐうたら

このままでは体力が衰えてしまうのでは?
ってくらいグウタラしてる。

まあ、今のところ週に一度は
フィットネスジムに通ってるので
運動不足度ゼロではない・・・はず。

今日は昼頃起きて、
ダラダラしつつ、
本を読んだり、テレビを見たり、
DVDを見たり、昼寝したり。
とにかくグウタラ。

夜9時にやっとスーパーに
走りこんで食料品を確保。
ドイツラントは日曜はお店が休みだから
買っておかないと飢え死にしちゃうんでね。
幸いにもアタイんちは目の前に
夜10時まで開いてるスーパーがあるのだ。
ぐうたら度に拍車がかかるねえ。

とにかく何もかもが家の近くにあるから
面倒くさがりのアタイにはもってこいの
ロケーションなのだ。
いくら家の前が工事現場になろうとも
引っ越す気はさらさらない・・・。
便利が一番!ってことで。

今日ダラダラしながらテレビを見てたら
お昼過ぎにおもしろーい番組を見ちゃった。
テーマは「ドイツラントのKGB」!!!
ひゃー!
アタイのツボにどんぴしゃなテーマじゃないの!!!

ドイツラントではいくつかアタイの好きな
テレビ局があるんだけど、
その中で「PHOENIX」って言うのが
特にアタイは好きなのよね。
常にドキュメンタリーばっかり放送してて
そのドキュメンタリーテーマがこれまた
毎回アタイのツボなのだ。
っていうかほとんどが「ナチスドイツ」か
「東ドイツ」がテーマになってるので
アタイが楽しいと思うのは当然といえば当然なんだけど。

それにしても、毎日毎日テレビをつけると
ナチスドイツ関連のありとあらゆるドキュメンタリーが
見れてしまうこの環境ってやっぱ最高。
んで、ナチスドイツを放送して無い日は
東ドイツがテーマだからこれまた最高。

この2大テーマこそがドイツラントが
アタイをひきつけて止まない原因だからねー。
ドイツラントに移住したのもこのせいだと言えるし。

けどデュスときたら、当時の片鱗を
微塵も感じさせないくらい退屈きわまり無い街なのよね。
ドイツラントに住みながらも、アタイはちっとも
ドイツラントに居る気がしない。
ドイツ語が通じる違う国に居るみたい。
この街は拝金主義だし、成金趣味だからなあ。
ドイツラントが世界に発信しているイメージとは
全然違う気がする。
ま、それはデュスだけじゃないんだけど。
デュスにはアタイの大嫌いな雰囲気が充満してるんだけど
普通の人はこの雰囲気が最高だと思ってるっぽい。
んでそれがさらにアタイを苛立たせる。
デュスに住むニッポン人たちも
ドイツラントの歴史に興味が無いからなのか、
この街が気に入ってる風。
でもまあそれは人それぞれだし、
好きな人は好きなんだから問題は無い。
それにデュスに住んでるのはアタイのミスだらね。
しょうがない・・・
と思いながらもいつもイライラしてるのだ。
だからPHOENIXのドキュメンタリーを見ると
「ああ、アタイはドイツラントに住んでるんだな!」
って確認が出来るので嬉しくなるのだ。

それにしても、「ドイツラントのKGB」って
すごいテーマだよねえ。
ちょっと内容が難しくて全部は分からんかったので
あと3回くらいは見てみたい。
またいつか再放送するはずだから
その時は心して見なくては!と思う。

KGB将校訓練学校で使われてた授業用映像とか、
射撃練習とかも紹介してた。
モスクワの学校で数年間は訓練をつんでたんだそう。
んで、東西冷戦の最前線である東ドイツに
ドカドカと人を送り込んでたんだそうで。
東ベルリンなどは、各エリアごとにKGB事務所が
置かれてたって言ってた。
今は廃墟になってるベルリンKGB本部(もう取り壊されたかも)の
映像も映ってた。
かの有名なKGBハニートラップも紹介してたし、
ハンブルクにはKGBのネットワークハッカーが居たとも言ってた。
西ドイツ側はKGBやられたい放題だったのかな?!
って言うふうに見えた。笑
けど、ココに住んでるとそれが
なんとなーく分かるような気もする。笑

今年、東ドイツ秘密警察の本を読んでたので
ドキュメンタリーを見ながら
西ドイツに送られたスパイの活動内容が
多少は理解できたかなあ。

とはいえドイツラントのドキュメンタリーって
当時のキーパーソンの名前が普通にガンガン出てくるので
その人って一体誰だったっけ?
記憶を頼りつつ内容についていくのが大変なのよね。
東ドイツ関係だとドイツ人もあまり知らないからか
キーパーソンには字幕で名前が付くんだけど
ナチス関係だとまず付かない。
ドイツ人も若い人は疎いと思うんで名前の字幕を
入れればいいのにと思うんだけどまず入ってない。
入れちゃいけない理由でもあんのかな?!
ナチスのナンバー2、ナンバー3くらいまでなら
アタイも顔と名前が一致してるからいいようなものの、
それ以下になってくると顔と名前が一致しないのよね。
誰なのか分かるのに苦労する。
アタイもまだまだだわね。

東ドイツ関係になってくると
政党とか政治家の名前がキーになってくるので
これまた多少ややこしい。
つっても東ドイツの政党なんて共産党だけを
覚えておけばいいので問題では無いんだけど。
西ドイツの当時の政治家のことが分からないと
相関関係がよく見えなくなるのでそれが問題なのだ。
アタイはそこら辺が全然分かってないので
ドキュメンタリーを見ててもちんぷんかんぷんに
なってきちゃうのよね。
あー、やっぱりアタイはまだまだだわ。

でもまあ、背景が良く分からないにしても
アタイはこの時代が好きなので
そのドキュメンタリーが見れるだけでも楽しいのだ。

そうそう。
ドイツのKGBといえば、やっぱり忘れちゃいけない人が居るよね。
そう。
プーチン閣下だよ。
ちゃんとこのドキュメンタリーはドレスデンのKGBにも
言及してたよ。
んでプーチン閣下にもスポットを当ててた。
プーチン閣下が当時勤めてた建物から、
当時住んでたアパートまで映ってたし、
仕事以外で、土地の人と友好を深めてたという
プライベート写真も映ってた!
でもプーチンたらオフの時も目つきが鋭くてあんまり笑ってない・・・。笑
んで、プーチン閣下の当時のドイツ人同僚だとか、
彼の前任者だとかもインタビューに応じてた。
けどプーチン閣下が当時何をしてたかは
今もって明らかにされてないんだそう。
ふふふ。
秘密のベールに覆われてるんだね。
プーチン閣下はインタビューで
現在のドイツ諜報部はちゃんと当時の
プーチン閣下の活動内容を把握してる
って答えてたので、今は立場が立場だから
ドイツ側も考慮しオープンにしてないんだろうなと。
インテリジェンスの紳士協定ってやつかなあ?!

まあ、とにかく興味深いドキュメンタリーだったので
ぜひまた見てみたい。
2006年製作って書いてあったから
また放送しそうだよね。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-21 08:00 | 日記 | Comments(0)

チャンネルを切り替える

今週は仕事が忙しかった。
来週と再来週はもっと忙しくなると思うんで
今からびびってる。
週末はぐうたらして英気を養うべしだよね。

アタイの部署は一部ニッポン人が居るだけで
8割くらいの社員がドイツ人。
んで責任者もぜーんぶドイツ人。
アタイの上司は課長、部長ともドイツ人。

でもアタイの仕事はニッポン本社のニッポン人とやり取りしたり
アムスにあるヨーロッパ本社のニッポン人とも頻繁に
やり取りをしないと進まない。

ってことは、アタイは
ニッポン人とドイツ人と毎日仕事をしてるわけなんす。

これが、いつまで経っても難しいのよね。
頭の中のチャンネルをカチャカチャ切り替えないと
とてもじゃないけど、やっていけない。

ニッポン人に対しては、こうこうこうしないと
仕事が進まない。
ドイツ人に対しては、こうこうこうしないと
認めてもらえない。

っていう違いがあるんだけど。
まあ、具体的じゃないので分かりづらいかもだけど
とにかく何もかもが違う。
自分の経験値で判断するとドイツ人には
その考えが全く伝わらないことが多いし、
分かってもらえない。
かといって、ドイツっぽい仕事の仕方を
ニッポン人に対してやっちゃうと痛い目を見るし
誰も対応してくれない。

なので、一番いいのは自分の価値で判断する前に
頭のチャンネルを切り替えることなのだ。
ニッポン側にはニッポ向けの顔。
ドイツ側にはドイツ向けの顔を使うべしってことなんす。

そうしないと、仕事が全く進まない。

でもこれはそんなに簡単じゃない。
それどころかすっごいストレスがたまる。
言葉の問題だけじゃないと言うかねえ。
一つの仕事をするのに、スイスイ進まないんす。
イライラがたまる一方。

今日はドイツ側もニッポン側もマイナスだったので
何だか疲れがどどどどっと出たわ。

ドイツ人は基本的に主張が首尾一貫してない。
言ったことをくつがえすし、
自分のミスでも人のミスとして論証できた人が勝ち。
下っ端は納得いかないけどこれはありがち。
んでドイツ人には長期プランがあまり無い。(うちの会社だけかなあ)
目先の利益を見て判断する傾向が強いので
のちのち問題が発生する。
利点は支持系統が明確なところ。
全員に理論が浸透すれば深い説明が無くとも
スーッと仕事が進む。

ニッポンジンは重箱の隅をつつくようなタイプが多い。
1人が責任を負うのはとんでもない話。
どの部署もみんな等しく事情を理解しておくべきで、
全員の同意の下、物事を進めないといけない。
そして責任を誰も取りたがらない。
発生しそうな被害をとことん想定し、ありとあらゆる対策を
先にとりたがるので、仕事を進めるのに時間が掛かる。
でも一旦プロセスが決まるとスイスイ進む。

アタイの仕事はドイツとニッポンが絡む。
一旦ドイツ人との間で合意が得られたので
よーし!と仕事をはじめたところ
日本人が横槍を入れてきて、すべての動きを
ストップさせてしまう。
しょうがないから日本人を納得させるために、
補足調査を始めたところ
その補足調査の必要性がドイツ人には理解してもらえない。
っていうことがアタイの日常に起こってるわけ。
アタイは仕事を進めたいけど
日本人が足をひっぱってくる。
邪魔な日本人をどかすために道具を持ってきたところ
ドイツ人がその道具にケチをつけてる・・・って感じかなあ。

とにかく一事が万事こんな感じだから
嫌になっちまう。
仕事進まねえ!!!!て感じで。

どちらもがマイナスに働くこともあれば
プラスに働くこともある。
マイナスに働いた時が本当に大変なのよね。

ドイツラントの日系企業で働くニッポンジンは
このジレンマを感じたことがあるんじゃないかなあ。
無い!って場合は、ドイツ人社員の役職が
著しく低い日本人率の高い会社だと思う。

基本的に日系企業のニッポン人社員は(チューザイイン)
ニッポンの頭で考えるので
ニッポン流をドイツ人にも押し付けてることが多いと思う。
何せ、責任ある役職はすべてニッポン人が占めてるから
それでことは上手く行くのだ。

あと、あんまり居ないけど欧州風を通す人も居る。
アタイの身近ではサユリさんかな。
アタイの先輩サユリさんは頭の中が7割くらい
欧州人なので(もっとかも・・・)
判断の仕方も欧州風になってるから
アタイから見るとチャンネル切り替えはやってない。
そのままニッポン人に対しても欧州風な理論で
ガシガシ主張して仕事を進めてる。
キャリアが長いのと、仕事が出来る人なので
それで大丈夫なんだけどアタイの力では
同じことをすると潰されること間違い無し。

あと、アタイが一番多いなと思うのが
ご都合主義タイプ。
欧州のいいとこ取りをする、自分は欧州人だと
思い込んでるタイプ。
こういう人は、ニッポン人からは嫌われてる場合が多い。
でも基本的にこういうタイプの人は日系企業の
仕事が勤まらないことが多いので
デュスには住んでないと思う。
主に通訳フリーランスかバイトをしてることが多い。
つまり外国の日系企業で働きたいなら
ある程度日本流が分かってないと
自分も辛いし、仕事がしづらい雰囲気になるってこと。

人それぞれのやり方があるんだけど
アタイは頭の中の考え方を
どっちかに統一することができないのよね。

なのでアタイが取る手は、
てんびん座的手法。
つまりドイツにはドイツ風。
ニッポンにはニッポン風ってやつ。
この八方美人めっ!って感じだよね。
でも特に主張も無いからアタイにはこれが一番いいのよね。
そりゃあ本当はもっとニッポン人にも強く言えればなあって
いつも思ってる。
ヨコガミ破りな無茶を言ってくるニッポン人に
ガツンと言えればどんなにかスッキリするだろう?ってね。
でも、そうもいかないのよね。
アタイはニッポンで7年もOLをやっちゃったから
そう簡単には日本流が抜けないのだよ。
それにチューザイインさんたちは100%ニッポンの頭だから
日本流にやったほうが圧倒的に効果があるし。

でも時々、
アタイがドイツ人なら
日本人が文句をつけてきてもどこ吹く風で対応できるから
シチ面倒くさいことをいちいちやらされずに
済むんだろうな・・・って思ったりしてる。
まあ、アタイは日本人であるからこの職を得られたわけだし、
ニッポン人ならではの力を使って、
ドイツ人なら対応できない仕事だって出来たりすることもある。
なので、しょうがないなあとしか思えない。
良い所と悪い所を織り交ぜてがんばるしかないのだ。

そんな感じで双方に気を使いながらアタイなりのやり方を
苦労しつつ模索してるんだけど
ふと隣に居る新人チューザイインを見ると
ドイツ人にもニッポン人にも気を使わずに
オノレが思ったとおりの事を適当にやってたりするので
アタイのやってることって・・・とバカバカしい気分になる。
ああ、アタイにもあれくらいの図太い神経があれば・・・!
とも思う。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-09-20 21:10 | ドイツOL生活 | Comments(0)