死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ニッポン・京都 2008年10月

帰省のたびに京都に立ち寄ってるので
気がついたら4年連続で京都に行ってるような・・・。

でも毎回滞在は2日くらいなんだけど。

観光地だから京都にはそんなに落ち着きは無いと思うんだけど
ニッポンの代表的な街なので
街並みを見ながら街中をそぞろ歩いたり
加茂川沿いを散歩してると
「ニッポン」が心の中に沁みこんで来る。
どんどん沁みこんで来る。
京都へ行くのはどうしようかなーと
毎回一度は思うけど、行ってみると
「やっぱ、いいなー!」って思う。笑
ので止められないのよねー。
橋の上を渡ってるとどこからともなく
お茶の香りが漂ってくる街って京都くらいなんじゃ
無いかなあと。
お茶の香りって心底なごむねえ。

実を言うと、今まで京都で「これは!」という
美味しい食べ物にめぐり合えてないので
今後はこの辺をどうにかせねばならんと思う。笑
観光客向けの食事どころは
そろそろ卒業する時では?と。笑

でも今回も京都駅ビルで都路利の抹茶パフェには
無事ありつけた!
あれ本当に美味しいよね~。
もう少しサイズが大きくてもいいような気がするんだけどなー。

京都では今回「鞍馬」へ行った。
京阪電車と叡山電車を乗り継いで。
アタイが行った10日後くらいに火祭りがあったんだね・・・。

鞍馬は京阪電車の旅行チラシで写真を見て
行きたい!と思いたって行ったんだけど。
行ってよかった!
すっごくよかった!
キレイだったし。

でもねー。クロネコちょっと山道をなめてたかも。
けっこうハードだったんす。
距離でどれくらいか分からないけど
時間では2時間くらいかな。
山道2時間歩くのってなかなかハードだよ。
汗だくになっちったもん。

でも行ってよかった。

こちらは仁王門。↓
c0016407_59649.jpg

c0016407_5113459.jpg

仁王門横の瀟洒な造りの建物。
クロネコ好みの建築。↓
c0016407_511136.jpg


さてさてココから上っていきます。
山道は続くよ、どこまでも。
c0016407_5135592.jpg


由岐神社。↓
ココで火祭りが行われるんだそう。
c0016407_5141532.jpg

神社の前には注連縄のある大木が。↓
とてもとても神聖な感じの木で、すごい威厳を放ってる。
c0016407_5154152.jpg

ゆっくり歩きながら山道に沿ってのぼっていく。
つづら折りと呼ばれる参道は、
蛇行しててそんでもって距離も長い。
c0016407_5165378.jpg

これはどこか途中の休憩エリアで。↓
山の高さが目の高さくらいになってる!
c0016407_5195881.jpg

龍の手水がとてもとても美しい!↓
c0016407_5213773.jpg

石灯籠も苔むしてる。↓
c0016407_5227100.jpg

そして。
やっと鞍馬寺金堂に到着!!
道が険しいのでなかなか大変。
c0016407_5235420.jpg

金堂の前にはコマイヌならぬ、駒トラが2頭居る。
トラって珍しいような気が。
c0016407_525894.jpg


無事に着いてうれしー!
と思う間もなくさらに先へと進む。
なんせまだ全工程の半分も来てませんから。
山越えですから。
いざ、いざ。

途中、木の根道へ。
木の根っこが美しいね。
c0016407_528645.jpg

険しい山道をどんどん登って、
それからどんどん下る。
マイナスイオンをたっぷり浴びながら。
木にもコケが生えてる。↓
c0016407_5291626.jpg

大木の間に光がさしてる。↓
c0016407_530216.jpg

かつて(って鎌倉時代よりも前の話だけど)
この山では源義経が天狗と一緒に修行をしたと
言われてるんだけど。
アタイは天狗好きだから山道を歩いてるだけでワクワクしてきちゃう。
どうしよ、天狗に会っちゃったら!みたいなね。笑

けどうっかりしてたので天狗グッズを探すのを
忘れてた。それだけが唯一の心残り。

とにかくね、この美しい山道をぜえぜえはあはあ
言いながら歩いてたらひょっこり天狗に
会えちゃうんじゃ?って思いそうになるんす。
それくらい山深いのですよ。
それくらい神々しいのですよ。
ありがたや、ありがたやーと言いそうになるというか。
c0016407_5355813.jpg

c0016407_5362521.jpg

c0016407_537820.jpg

山道は大変だけどまた行きたいなーって思っちゃった。
それくらい美しいのだ。

西門を出てちょっと歩く。
道端には老舗風な料理屋さんが。
c0016407_5404862.jpg

そして次は貴船神社へ。
c0016407_539539.jpg

c0016407_542687.jpg

c0016407_5423410.jpg

どうやらここは縁結びに効果があるのか
若い女性がたくさんおみくじを買ってた。
神社の霊水に浸すと運勢が浮き出てくるという
トリックのあるおみくじ。面白いね。
女性たちはこぞっておみくじを買い求めて
霊水につけてた。↓
c0016407_5444094.jpg

貴船神社の違うがわにある門から外へ。
この門構えも美しいねえ。↓
c0016407_546882.jpg

これは二股に分かれた木で注連縄がされていて
とても厳かな雰囲気のある大木。
「あいおいの杉」と呼ばれてるんだそう。↓
c0016407_547981.jpg

そしてココが最後の場所、貴船神社の奥の宮。↓
c0016407_548486.jpg

c0016407_5482856.jpg

以上で鞍馬・貴船散策は終了。
本当に山道は息があがって大変なんだけど
緑のなかで苦しくなっても気持ちいいというか
リラックスできるのでまた行ってみたいなあと思った。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-31 05:49 | 旅行記 | Comments(2)

ニッポン・香川 2008年10月

時系列は入り混じってるんだけど
次は香川の写真を。

実家には4日くらい居たかな。
5日かも。

ご飯を作ったり、散歩したり、
近所まで出掛けたり、
解析料理屋で外食したり、
うどんを食べに行ったり、
それからネコと遊んだり。

まーったり、のんびり。

ニッポンに帰ると他の街では
色んなものを見て吸収して
とにかく楽しみたい!って感じだけど
実家に戻ってくるとのーんびりするだけなので
(することが無いだけとも言える)
実家に入るとほっとする。
それまではニッポンといえども気が抜けないのだ。笑

化粧もしないし、毎日同じ服だし、
とことんだらしなくなっていく。笑

ま、それでいいのだ。

おとっつあんと久々に色んな話を
いーっぱい出来たのでとっても楽しかった。
おとっつあんと話をするのがアタイは実は
一番話が通じてらくちんなんだよね。
ドイツの事も分かってるし、
何と言ってもドイツ語も多少分かるので
アタイがドイツにまみれた話ばかりをしても
おとっつあんは、ふんふんと興味深く聞いてくれるし
的確な意見も言ってくれるので
アタイとしては本当に話がしやすいのだ。

アタイの友達は外国語が分かる人が多いし
外国旅行が好きな人が多いので
割と話がしやすいほうなんだけど
そこに政治やら時事問題やらが絡んでくると
どうしても話が制限されちゃうのよね。
アタイの興味関心のあるネタってただでさえ
マニアックだったりするしね。

それでもおとっつあんと話す場合は
そういう制限が無いんだよね。
変わりに芸術関係の話題だとものすごい制限がある。

ので、芸術関係ネタはおっかさんの出番。
そういう話は断然おっかさんじゃなきゃダメなのだ。笑
映画や本について熱く語るおっかさんを見てると、
クロネコのDNAは間違いなくココから来てるな・・・
って思っちゃう。笑

アタイの性格と気質はおとっつあんとおっかさんの
DNAがブレンドされてるなあと、今回つくづく感じたなあ。笑

こちらはアタイの故郷ざんす。
田舎だけど高校卒業まで暮らしたところなので
アタイにとってこの景色はとーっても暖かいのだ。

電車の駅。↓
c0016407_4364153.jpg

「ことでん」↓
c0016407_437133.jpg

2両しか無いような小さな電車で電鉄は赤字なのに
アタイが毎日乗ってるデュスの電車なんか
比べ物にならないくらい高品質で高価な電車が走ってる。
アタイの高校時代は車内の内装が木造の
すごくレトロなのが走ってて和めたもので。
大好きだったんだけどもう走ってないのね。
ちょっと悲しい。
つーか。
こんな片田舎の電車でもこの品質だからね。
やっぱニッポンすげえよ。
特に電車に関しちゃドイツラントなんて足元にも及ばないよ。
デュスの電車なんてドアが壊れるたびに
運転手が降りてきて修理するんだよ。
ありえないよね。
やっぱニッポンの電車はすごく高品質なんだね!
と改めて思った。
ダイヤだけじゃなくて車両も一流なり!
c0016407_441487.jpg


最寄り駅は無人駅なんだけど
駅のベンチに座ると目に入る古臭いアパート。↓
とにかく昔からボロいアパートだったけど
今でも存在してて驚いた。
誰か住んでるのかどうかは昔から不明。
c0016407_443713.jpg

こちらはアパートの反対側。↓
ネコがのんびり感をさらに演出してる。
c0016407_444334.jpg


こちらは家族でいつも行くうどん懐石の店内。↓
今回はお座敷にしてもらった。
庭がとてもきれいなお店だけど
いつも夜行くのでキレイな写真が撮れない・・・。
まあ、またいつかね。
美味しかったなー。
c0016407_4462871.jpg


関西空港に行くため、
香川から高速バスに乗って大阪入り。
明石大橋を渡る前トイレ休憩で立ち寄った
インターから見た海。↓
c0016407_4513872.jpg

野良猫がたくさんいた。
多分捨て猫だろうなーと。
c0016407_4512168.jpg


ふるさとはいいねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-31 04:52 | 旅行記 | Comments(0)

ニッポン 2008年10月

ニッポンにお住まいの皆さんは
ニッポン旅行記なんぞ見てもあんまり面白く無いかもだけど。
いつもどおり気にせず書きます。

帰国前も驚きのユーロ下落だったんだけど
帰国中さらに20円も下がっちゃったもんだから
もう買い物どころじゃ無くなってた。

あれも買って、これも買って~
って思い描いてたものは全て断念いたしたよ。
悔しいなり。

それでも色んなお店はのぞいたのよ。
だってやっぱあの品揃えは半端なく楽しいんだもん。
見てるだけでもワクワクしてきちゃう。

ニッポンに帰ったら必ず行くのがこれら。↓
・コンビニ
・スーパー
・ドラッグストア
・MUJI
・タワレコ
・TSUTAYA
・BOOKOFF

あと本屋さんは系列とか関係無く
行く先々で見かけたら即入ってた。
たとえ駅に併設してある小さな本屋でもチラっと立ち寄って。
何か面白い本が無いかな~って感じでね。
今回も色んなところに行ったんだけど
大阪、京都、東京、香川と各地の本屋で
特集してる本が違うもんだから何だか面白くてね。
ある意味出会いみたいだからコレはと
思ったものは買うようにしてた。
ら・・・。
何か本ばかり買っちゃってたかも。
15冊くらい買ったかな。
重かったけどこれから読める~と思うと
とても嬉しい。

さて。
今回あんまり写真が無い気がするんだけど
訪れたところをご紹介。
まずは大阪から。

大阪は以前、日本橋でOLをやっていた頃
時々出張で行ってたんだけど
経費削減の名の下、大抵日帰りだったので
自由にぶらつくなんて久しくやってなかったのよね。
なので。
街中を歩いたのは実質6年ぶりくらいかもしんない。
なのでほとんど初心者状態。

大阪の街って・・・。
ごみごみしてて良く分からん!
って最初は思ったけど、位置関係が分かってきたら
何だか面白いかもーって思った。
アメ村にも行ったし、
なんばにも行ったし、
本町から心斎橋までも歩いた。
c0016407_6412654.jpg

大阪は食べ物が美味しいね。
一番美味しかったのはたこ焼き。
3回くらい食べたかな。
おいしーのなんのって。笑

カニ道楽とかがある通りの
小さな小さなトンカツ屋さんに行ったんだけど。
c0016407_6403252.jpg

すんげえ美味しかった。
c0016407_6281879.jpg

店内には終始懐メロが掛かってて
これがまた昭和~な感じでナイスなのだ。
歌いながらトンカツほおばっちゃう感じ。笑
お店の入り口には大東亜戦争時代の世界地図が
貼ってあって。
サハリンも半分はニッポンだし
朝鮮半島も満州国もニッポンになってた。
何か歴史の勉強と言うか不思議な感じ。
なのに店内には韓国語表記が多いと言う不思議。

ガイジン客も意外と多くて驚いた。
ちゃんとメニューも英語表記してあって。
アタイの隣の席もガイジンさん(西欧人ぽい)だった。
んでその人たちが微妙に面白かったんす。
トンカツ定食を彼らは食べてたんだけど
ご飯のお椀が重すぎたのか手が滑って
トンカツソース皿の上に落としちゃったのよね。
したら当然のようにソース皿が割れちゃったのだよ。
アタイはおよよーと思いながら見てたんだけど。
ガイジン男性は恐縮しまくり。
かつスミマセーンと日本語で平謝り。
でも特に動じることなく割れ物を片付けるオバチャン。
けどその時アタイは聞き逃さなかった。
そのガイジン男性がお皿を下げるオバチャンに
言った言葉を・・・。

「お幸せに。」
って日本語で言ったんす。
クロネコにはコレがツボだった。

これ多分西欧諸国でしか通用しない言い回しだと思う。
ドイツ語でもScherben bringen Glueckと言って
割れ物は幸せを運んでくると言われてるんす。
なので風習で結婚式の際、お皿を割ったりするのよね。
英語とか欧州言語でも同じような表現があるんじゃないかなーと。

なんつーか。
場違いな言葉がとってもアタイにはツボだったのだ。
ガイジン男性は良かれと思って言ってたけど
オバチャン的には「は?」って怒りを買いかねない
コメントとも取れなく無いからね。
ニッポンじゃ、器が割れたりするのは「不吉」と
いえなくも無いし。

小耳に挟みながら、文化の違いってオモシローイ!
と思っちゃった。笑

ご飯を食べた後はバーにも行ったなあ。
2件ほど行ったかな。
ひとつはアメリカーナが経営するZERROと言うバー。
ガイジン客多目。
雰囲気はベリーナイス。
BGMがバリバリのテクノなので踊りだしたくなるけど
そんなスペースが無いのが残念かな。

んでもうひとつはロシア人が経営するバー。
カフェ・アブサン
アブサンというリキュールを扱うバーなんだけど
雰囲気がこれまたナイスだった。
店員さんも大変親切だしロシア系ナイスガイ多し。笑
ちなみにアタイはアブサンが苦手。
なんかあの匂いがどうもねえ。

あ、あとアタイ今回数年ぶりにモスに行った。
本当に何年ぶりなんだろー?ってくらい久しぶりに。
スパイシーホットチキンがなくなってたので
スパイシーモスバーガーにしたんだけど
まあ満足は出来たかなあと。
ちゃんとデザートの玄米栗ぜんざいも食べた。
c0016407_6501329.jpg


それと今回もまた回転寿司へ行ってしまった。
これも別に大阪とは関係無いんだけど
昨今の回転寿司は美味しいからねー。
けどココもやたらとIT化してて
さすがニッポンやなーと思った。
家族が飽きないように作ってるんだろうねえ。
c0016407_6525731.jpg


大阪ではクロネコったら何か知らないけど
こんなところにも行っちゃった。
自分でも何でココに居るのか理解出来ない感じのまま。笑
さあてどこだ。笑
ふわふわ。
c0016407_6545914.jpg

しんしん。
c0016407_6543252.jpg

これ水上の様子。↓
c0016407_6555972.jpg

これが水中の様子。↓
c0016407_6564974.jpg

ワニさんって、超カッコいい!今回惚れたね。
そんでこれはイワシだよ。↓
c0016407_744345.jpg

どこだか分かったかなあと。
そうです。
c0016407_7442713.jpg

大阪の水族館に14年ぶりくらいに行きました。
なかなか楽しかった。
c0016407_7471178.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-29 08:40 | 旅行記 | Comments(2)

ちょっとホームシック気味

昨日の夜遅くデュスに戻って
今日から仕事復帰してましたー。
いやー。
なんと言うか。
いつもながら長い休みの後は仕事する気が
まったく無くなっちゃってどうしたもんかと思うんだけど。
でもまあそれはアタイだけではないので
ドイツラントじゃ特に大きな問題では無いのが
すばらしいところ。
いい国だね。

なのに今回はアタイとしたことが
すっかりホームシックにかかっちゃってます。
去年は一切掛からなかったんだけどねー。
むしろ日本滞在時にはやくドイツラントに帰りたいな
くらいに思ってたんだけどねー。
今年は違った。
なーんか去りがたいっつーかねえ。
まあそれには色んな理由があるんだけど。
おかげさまで帰路はかなりセンチメンタル・ジャーニー。
なんかいろいろ感じることがあって
気分が複雑怪奇なんす。
しばらくしたら治るかなーと思うけど。

とか言いながらも。
年末年始にもまたニッポンに帰るんだから
そんなにセンチメンタルになる必要は無いんだけど。
無いんだけどねー。
複雑怪奇なんす。
けど2ヶ月もあけずに帰国だなんて。
どうしたクロネコ?って感じよね。
ま、いろいろありましてね。
まとめて休める年末年始にと思いましてね。

今回の滞在も半月くらいだったんだけど
ちょっと家族の事であまり一人で行動する時間が
取れなかったもんだから
日本滞在記はあまり載せることが無いかも。
とはいえ、京都滞在は存分に楽しんだので
それは載せれるかなーと。

久しぶりにニッポンに帰ると戸惑うこと多し。
まさに竜宮城から戻った太郎さんみたいな気分というか。

東京ってやっぱりスゴイねえ。
今回はあまり楽しむ時間が無かったけど
それでも凄いなあって思った。
なんか帰る度に進化してる気がする。
クロネコついて行けず、いろいろ理解するまで
しばらく時間が掛かっちゃった。
路線とか乗換えとかすっかり忘れてて
勘を取り戻すのに時間が掛かったんす。

スイカって駅のお店で買い物まで出来るんだね。
なんかチャージ料金のことを忘れて
使いまくっちゃったよ。
いいのか、悪いのか。笑
ちなみに最終日にカードを無くしてしまった
相変わらずドンくさいクロネコ・・・。
まあ残金わずかだったし・・・。涙

今回驚いたのは、ニッポンの公共の場って
やたらと注意書きが多いってことだね。
今まで帰国の際気がつかなかったんだけど
前からあったのかなあ?
今回はやたらと目に付いた。
特に大阪が顕著だと思う。
ありとあらゆるところに
「あれをしてはいけません」
「これをしてはいけません」
って手書きやらPCで作成した文字やらで
滅多やたらとこれでもか!って貼ってあるね。
尋常じゃない数だと思うんだけど・・・。

エスカレータには
「ピンヒールがはさまらないよう注意!」
の絵もはってあったし。
そんなの履いてる本人が気をつけるべきであって
いちいち書いておく必要なんてあるのか?って
アタイは思うんだけど。
もしくは売った靴屋が注意しておけばいいことであって
エスカレータが気を使う必要なんて無いと思うんだけどな。
そんなことしてたら道端にもいちいち注意書きが
必要になると思うし。

極めつけは新幹線の自動改札口に張ってあった
「クリップは外してから切符を通してください」
っていう注意書き。
あれに一番驚いたなー。
多分最新技術についていけない人たちが
うっかりクリップをつけて切符を通してしまって
高価な自動改札を壊しちゃうからなんだろうね。

こういうのって子供じゃないんだから・・・って思うけど
書いておかないと、機械を壊されるし
いざ何かが起こった時に個人の過失を
メーカーに責任転嫁してきたりする人がいるから
事細かに注意書きが張ってあるのかなあ・・・
と思った。

欧州だと公共の場には必要最小限の事以外は
特に記載は無いので、ニッポンに帰ってくると
急に目が忙しくなる感じかなあ。
でもまあそれもほぼ全員が日本語を読める
ってことを前提にしてるからなんだろうなと。
日本語を読めない人が多かったらそんな記載は
意味を成さないもんねえ。

でも言われなきゃ出来ない人が
こーんなに多い国だったっけ?ってちょっと
変な気分になっちゃったのも事実。

とは言えね。
実はうちの会社にも割りと張り紙が多いので
人が多く集まるところに注意書きは必須なのかもって
気もしてる。
たくさんの人が混乱せずにスムーズに暮らすには
張り紙が必要なのかもなーと。


あと本当に本当に電車の中で化粧をする人が
増えたねよえ。
前から居たけど今は本当に多いと思う。
1車両に一人や二人じゃないもんねえ。
それに化粧してる人も何かビューラーを使ったりと
本格的にやってるもんだから、
見てるアタイも、そんなに手の内を見せられても・・・
って気分になってくるというか。
こうなってくると電車と言うよりもはや「化粧室列車」って
言った方がいいような気さえしてくるね。

けどニッポンで流行ってるメイクとかファッションは
特殊でニッポンならでは!って感じで
本当に見てて面白かったし斬新だった。
あれは毎年楽しめるねえ。
ニッポンでしか流行ってないものも多いので
どれか取り入れてみようかとも思ったけど
突飛過ぎてドイツラントじゃ無理かも・・・と
見て楽しむだけにしておいた。笑

結構気温が高くて暑い中、
ただ一人革ジャンを着てうろついてたアタイに
言われたくないかもしんないけど
それでも不思議なファッションに驚いたので
書いちゃうけど・・・。
それこそ全然寒くないのにロシアの毛皮の
帽子みたいなのをかぶってる女子率が高くて驚いた。
あれ暑くないのかな??って感じで。
伊達の厚着?!笑

そんでもしや今ってキャバ嬢みたいなメイクが
流行ってたりするのかな?
特に大阪でいっぱい見たんだけど。
相変わらず流行に敏感じゃないのか京都では
一人も見なかったけど大阪はすごかった。
東京は今回渋谷や新宿をうろついてないので
なんとも言えないけど多分居るだろうね。

黒いコンタクトを入れて瞳を大きくしたり・・・
必要以上にまつ毛をくるんくるんにしてて。
とにかくアイメイク過多。
エクステが大盛況なんだそうっすね。
でもこのメイクのせいか、ドラッグストアの
アイメークコーナーがさらにパワーアップしてて
買い物が楽しくてしょうがなかった。
アタイもいくつか楽しいグッズを買っちゃった。
ニッポンのドラッグストアって楽しいよねー。

家電屋さんに行ってもまつ毛ホットカーラーみたいな
ものまで売ってて本当に驚いた。
この商品開発の対応の速さと商品の充実度は
さすがニッポン!!!って感じだね。

けどあのエアリーとか言うヘアスタイルは
どうかと思っちゃった。
コケシみたいな髪型のアタイに言われても・・・
って感じかもしれないけど。
結婚式に出席する時の髪型が特に変わってて
後ろ側が一部大きなたんこぶのように膨れた髪型なんだけど
アタイはあれに釘付けだったよ。
あれって空気を入れてるって聞いたんだけど
横から見ると本当に滑稽で笑えた。
でもあれがイケてるヘアスタイルなんだそうで。
それならアタイはコケシでいいや・・・って思った。笑

まあとにかく色々面白いものを今回もいっぱい見れて
本当に楽しかった。
やっぱニッポンはいろんな意味で最高だね!
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-28 07:42 | 旅行記 | Comments(4)

実家にいるところ

昨日おとといまでは天気が良かったので
昼間なんて半袖でうろうろ出来てたけど
今日は雨画が降っててちょっと寒いかな。
といってもドイツラントの寒さに比べれば
全然寒くないんだけど。

京都から東京へ入って、それから地元
キャギャワへ入ったので今は実家に滞在中。
家族孝行をやってるところ。
いろいろありますんでね。

今回は時間が無くて買い物も出来てないし
ゆっくり友達にも会えなかったし
家族とも一同に会してってわけにも
いかなかったので
これはリベンジせねばと思ってる。

今週の日曜にドイツラントに帰ります。
ドイツラント寒そうよね・・・。
風邪ひかないようにしなきゃ。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-23 10:19 | 日記 | Comments(0)

一日おきに時差ぼけが

おそらく30歳を超えてからは
時差ぼけに苦しめられてる気が。

一日置きにやってくる。
ある日は眠いのに眠れない。
次の日は眠たくてぐっすり眠れる。
でまた次の日は眠れない。

大体一週間くらいこれをやると
体がなれて現地対応されてくる。

まだ3日が経過したところだから
もう少し時間が必要かなあ。

到着早々、いろんなところを
ほっつき歩いてるので
割と濃い日々を過ごしてる気が。笑

現在は大阪、京都あたりをうろつき中。

あさっては、訳あっておっかさんと
上京予定。

帰国したらGが優勝してて
ちょうがっかりした。
本当にがっかりした。
関西が静か過ぎて何となくわかったけど
でもがっかりした。
CSに掛けるか?
岡田さんやめられるんだとかで。
かなしー。

それにしても日本の伝統建築はいいねー。
心が洗われるようだよー。
景色がしみこんでくるよー。

アタイはもうなんとなくニッポン人に
属せない気がするけど
悠久の景色はいつだって優しいんだね。

美しい景色に
何気ない田舎の風景にじーんとしてるところ。
美しい景色もいいし、
美しくなくてもそれは懐かしい気分になるので
とにかく沁み込む。

まだまだ満喫いたすよ。

それにしても。
ニッポンジンってやっぱり親切だわー。
感動したよ。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-14 00:11 | 日記 | Comments(5)

踏みとどまれユーロよ!

怖い。怖すぎるー。
どこまで落ちるユーロよ?
為替を見るのが怖くて怖くて。
昨日より今日の方がさらに下下下下下。
下には下があるってことで。
怖い。
さっき1ユーロ135円とかって見えたんだけど。
気のせいだよね?
って思いたい。

誰か止めて・・・。
お願いだからユーロ下落を止めて!

せめてこの2週間だけでもいいからー!

恐ろしいことだけど120円とかになんないよね?
110円とかにもなんないよね?
あーでも170円近くまで行ったくらいだから
何があるかなんて分からない。

恐ろしい。

このアタイの日本帰省中の買い物だけじゃなくて
海外でモノを売ってる日系企業は
結構打撃受けてるよー。

ドキドキするわー。

それもこれも。
やっぱりあの国がいけないんだよね?
あの国ろくなことしてないよね。
特にあの人が政権についてる期間に
世界はぐーんと暮らしづらくなったもんね。

世界金融危機もあの国に原因があるし。
ユーロが落ちてるのもあの国がいけない。

飛行機に乗るときに荷物検査が厳しくなったのは
あの国がテロとの戦争を始めたからだし。
おかげで世界中の人が迷惑を被ってる。
それもあの国がいけない。

オイル高もあの国の投資銀行が
好き放題投資したせいで
世界中の人たちがたくさんのガソリン代を
払わなきゃいけなくなったわけだし。

それもこれもあの国がいけない。

とにかく。
ユーロには踏みとどまってもらわんことには
ユーロで給料をもらってるクロネコとしては
生活に関わるんざんす。
日系企業で働いてる身としても
死活問題なんす。

本当にあの国は世界中に迷惑を撒き散らすね。
これでもか!ってくらいに。

残念だけど今回の帰国では
あまりショッピングが楽しめないかも。
緊縮せねばね。
久々の日本なのにくやしいー。
それもこれもあの国のせいだからね。

明日飛び立ちマース。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-10 09:00 | 日記 | Comments(2)

世間は狭い?

世間は狭いのか?

それとも単に
アタイの知り合いが増えてきているだけなのか?

真実は不明だけど。

時々びっくりするようなつながりが
友達と友達の間で起こったりするよね。

アタイの場合、それが国をまたがってたりするので
結構驚いちゃう。
え?
って感じでね。

アタイが最近知り合った人が
日本在住の親友と10年以上前に面識があったとか。

そういうことがあると驚くよね。

今日発覚したことは、国はまたいでない。笑

お昼ごはんを社員食堂で食べてる時
隣にデザイン担当のクリストフ君が座ってたのよね。
彼はとーってもいいやつ。

何週間か前にアタイのところにやってきて
「ちょっと日本語フォントを使って
会社のバースデーカードを新しくデザインしようと思ってて。
でもボクは日本語が読めないし書けないから
ウェブで日本語を適当に探して当てはめてみたんだ。
正しい日本語かどうか見てくれない?」

って言ってアタイに見せた日本語が
「神風」。

うーん。
それはちょっと誕生日カードには宜しくない気がするなー。
てなわけで。
「それさー。日本語だとカーミカーゼって意味なんだけど。」
と言ったところクリストフ君大慌て。
カーミカーゼの意味はこちらでも知られてるのでね。
まあクロネコがちゃんと正しい日本語を教えたので
一件落着でございました。

ってこれは本件とは関係は無くて。
単にクリストフ君の純朴さを紹介したかっただけなんす。

んで、お昼を食べながら今日おしゃべりしてたら
どうやら彼はアタイと音楽の趣味が近いらしい
ってことが発覚。

へー。
ってお互いにしゃべってたところ
クリストフ君はなーんとなんと。
先週アタイが会ったロブとお友達なんだそうで!!!

えーっ!!!
って超驚いた。
えーっ!!!
ってことで。
アタイ先週ロブに会ったよ!
ってことで。

世の中狭いねー。
ってことで。

けど貧血でぶっ倒れたことはクリストフ君には伝えず。笑

世の中が狭いのか?
アタイの知り合いが増えてきてるのか?
ドイツ在歴が長くなってきてるのか?

うーん。
どれが真実なんだろう。

今回の日本帰国でも出会いがしらで
誰かに偶然会うかもなー。
去年たった2週間滞在してただけで
2回も偶然の再会があったからなー。
ニッポンあなどれず!なのだ。
アタイはそんなに知り合いは多くないはずなんだけどなー。
ニッポンが狭すぎるのか?
アタイの行動範囲が広すぎるのか?

うーん。
どれが真実なんだろう?

何だか面白いね。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-09 02:57 | 日記 | Comments(0)

今日は何の日ふっふ~♪

これは・・・。
運命を感じずにはいられない・・・。
さっき何気にウェブを見てて今更ながら
凄いことに気がついてしもうた!!

本日10月7日は皆さんもご存知の通り
プーチン閣下のお誕生日。
まずは、「プーチン閣下、おめでとうございます!」

おめでたいっすねー。
閣下は本日56歳になられました。

プーチン閣下はアタイと同じてんびん座なんす。
正義を測ると言われる星座。
バランスと調和を愛すると言われる星座。
そしてプーチン閣下は言わずと知れた法学部卒。
何だか法学部へ進まれたのが運命のよう。
すばらしい。

かたやクロネコは生まれた時におとっつあんが
「こやつを弁護士にする!」と思ったのが理由で
それにちなんだ名前を持ってるんだけど。
実際法律とは関係の無い仕事をしてる。
凡人とはかくなるものかー。
法律方面はそれなりにオツムも要るしねー。

けど閣下はさすがやねー。

けどね。
それよりアタイが運命を感じた驚きの事実について
ご説明いたすわ。
あ、残念ながらアタイとは一切関係が無いよ。涙

実はね、1949年10月7日に誕生した国があるんだよ。
もうその国はこの世に存在しないんだけど。
おどろくなかれ。
プーチン閣下と同じ誕生日だった国とは
それはドイツ民主共和国なのだよ。
そう。
つまり「東ドイツ」と呼ばれていた国なんす。
びびびびびびっくりでしょ!?
アタイはファンを代表して超驚いたよ。

こ、これは!
運命としか言いようが無い!
凄すぎる!
ってことでね。

しつこいくらい書いてるからココを読んでる人は
みーんな知ってると思うけど、
プーチン閣下は東ドイツに5年間KGBオフィサーとして
駐在していたのよね。
そんな東ドイツとプーチン閣下は誕生日が同じだったんだよ!!
こんな凄いことがあってよいのか?
ってくらい驚きだよ。

つまりだよ。
当時毎年行われていたはずの東ドイツ建国記念式典に
おそらくプーチン閣下はKGBオフィサーとして
出席されていたんじゃないかと思うわけで。
東ドイツの建国とプーチン閣下の誕生日を
みんなで祝っていたに違いない・・・
とアタイなんぞは想像するわけで。

あー、もう、そんなことを考えただけで
クロネコなんぞ、ご飯3杯くらいいけそう。
それくらい感動的!!!

プーチン閣下が東ドイツに来たのは運命だったんだね。
打ち震えるわー。
すばらしー!!!

うんうん。

ちなみに。
同じ年の10月1日つまりクロネコの誕生日は
中華人民共和国の建国日だったりする。
うー。
あまり運命は感じない・・・。笑
東ドイツとのつながりは共産国家って点だけ・・・。
うー。笑

プーチン閣下、お誕生日おめでとう!
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-08 06:30 | プーチン大統領 | Comments(4)

お土産が悩み・・・

帰国が近づいてくるとアタイを必ず
悩ます事があって。
それは。

ニッポンへのドイツ土産探し。

これねー。
かなり難航するんす。
帰省のたびにいろいろ考えるんだけど
もうネタ切れって感じで。
そもそも最初からドイツラントにはネタが無いし。

困ったもんだー。

と会社でつぶやいてたら。
最近仲良しのハイキーが
よーし、じゃあオレが何か考えてやる!
って言い出したんだけど。

これがまあ、どれもこれも・・・。
とほほなアイデアばかりで
せっかくのハイキーの提案だけど
クロネコはどれも却下しておいた。
やっぱドイツラントってイケてないよね・・・と
恩をあだで返すようなコメントつけて・・・。

・ドイツビール
・ドイツワイン
・パン(密封する)とレバーペースト
・ポドルスキーのTシャツ(サッカー選手ね)
・キラーピッチ(デュス名産のリキュール)
・デュス名産マスタード(ソーセージの横につけるやつね)
・クリスマス木彫り人形(クリスマスになると出てくるあれね)
・ハイネマンのプラリーネ(デュス名産チョコ菓子)
・ハリボのグミ(クマのグミ)
・マジパン(激まず菓子)

つーかさ。
↑こういうのってもらっても全然嬉しくないよね。
アタイの友達は優しいから
無理やり笑顔を作ってくれそうだけど。
でもそもそもアタイが欲しくないものを
あげるのはどうかと思うのよ。
もらっても困るものはねえ。

昔から
ドイツ土産ってどうもイマイチなんだよねー。

銀製のビアグラスとかどうだろ?
イヤゲ物っぽいけど、意外と喜ばれるんだよね。
うん。
高くなけりゃそれにしよ。

去年は確かリンゴの芯抜きとか、
オレンジ皮むきとか、
スイスアーミーナイフにしたような。
アタイ的には大ヒットだったけど
みんなあんまり喜んでくれなかったような。
クロネコのセンスも人と合わないからねー。笑

あとはー。
一番難しいのがうちのファミリ。
クロネコ家は本当にプレゼントの渡し甲斐が
無い人たちの集まりだからねー。
なのに手ぶらだと文句を言うワガママ集団なのだ。
うーん。

おとっつあんへのお土産は決まったけど
おっかさんのが見つからない。
あねさんとおとうとうじのも見つからない。
おばばさまのも見つからない。

えええい。
面倒くさい。
リントのチョコで良いわ!

と。
結局いつも同じものになるんだよねー。笑
しかもリントってドイツラントじゃなくてスィッツアーラントだし。笑

ちなみにアタイはビールとかワインは
絶対にお土産にしない。
理由は簡単。
重いから。
そんな疲れることはしたくないのだ。

大体においてビールなんて缶だと美味しくないし
ビンなら何本か飲まなきゃ1本じゃ楽しくないし。
となると。
アタイの細い腕が折れそうになるので
そんな面倒なことはしないって決めてるのだ。
いかに頼まれようとも。笑

あー、何かいいアイデアないかなー。
[PR]
by kuronekomusume | 2008-10-07 07:44 | 日記 | Comments(2)