死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

あたふた。

日本はゴールデンウィークが始ったんだねー。
いいなー。
ドイツラントはあさってのメーデーだけが
祭日ざんすよー。

クロネコは色んなプロジェクトが
佳境に入ってきてて
頭の中が何がなにやらで
だんだんあせってきた・・・。

いよいよ引越しが来週に迫ってるし。
送別会もあるし、
再来週頭には会社の欧州会議がある。
どないしよ。
まだプレゼン資料が出来て無い。
あせるー。
けど資料が出来てもプレゼン能力の問題が
またアタイにはつきまとうわけで。
ああ・・・進歩しないねえ・・・。
英語の問題もつきまとうわけで。
失語症になりませんように・・・。

引越しでいっぱいいっぱいになりそうだから
いつプレゼンの練習をすればいいのやら
自分でも良く分からなくなってきた・・・。
しっちゃかめっちゃかになりそうで
おそろしー。

それはそうと。
引越しに当たって。
要らない家具とかを処分せねばなーと
悩んでたんだけど
市にお金を払えば処分してくれることが
分かったので手配せねばーと思ってて。
でも、ふと「誰かにあげるのも手だなー」って気がして。
デュス在住日本人向けポータルサイトの
掲示板に無料で差し上げます!
と情報を載せたところ5分で貰い手がついた。
驚き。
なんてレスが速いんでしょ。
と言うよりもらってくれる人が居るってことが
何だか大変嬉しい。
捨てるしかないと思ってたんでね。
わーい。

古臭いパイプ式折りたたみベッド。
イケアのダイニングテーブル。(キズあり)
外国製炊飯器(タイマーも無ければ保温もできない)
5年くらい前に買ったデジカメ

の4点なんだけど。
すべて貰い手がついた。
すごーい。
でもあのベッドは実物を目にしたら
引くと思うんだよね・・・。
無事に引き取ってもらえるといいんだけど。

あとね、クロネコはクロネコで
帰国予定のチューザイインさんから
家電製品を安く譲ってもらう予定なんす。

日本製炊飯器(←コレ大変重要!)
ホットプレート

の二つね。
このチューザイインさんは太っ腹な人でした。
人によってはケチ臭いので、
高い値段で同僚に売りつける人もいたからねえ。
そういう人に限って物も粗悪なんすー。

けどこういう時に人格って出るよね。

ああ、無事に要らないものがさばけますように!!
あと、ボロボロ靴箱ももしかすると
貰い手がいるかもしれないので投稿してみるかなー。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-30 06:34 | 日記 | Comments(2)

ハグ無しの関係

今日も英会話に行ってたんだけど。

また驚かれちったよ。

何かの拍子にね、ジョー先生が
「やっぱり親しい友達や家族とは
コンタクトを取り合ってハグをしあうことが
大事だよねー」

って言ったから。

「うーん、でもハグは必要無いよ。
日本人は家族でハグとかしないよ。」
ってアタイが言ったもんだから
もう教室内が驚きにつつまれた。

えええええ?
家族でハグしないってどういうことだ?
クロネコ、じゃあ家族で顔にキスもしないのか?
一体どういうことだ?
じゃあベストフレンドともハグはしないのか?
何なんだ一体?

ってみんながいっせいにアタイを
珍しいモノでも見るように見てた。

うーん。
でも日本人はハグなんてしなくても
家族間の愛情は伝わるし、
友情だって成立する民族なんだよねー。
これはキミ達に説明するのは難しいんだけど
アタイらは脳で分かり合える民族なんだよなーと。
アタイは家族の事が大好きだけど
ハグをしたい!とは思わないよー
友達の事も好きだけどハグはしないよー
って言ったら・・・

友達に会えた喜びをどうやって
表現するってんだよ????
ってジョー先生は特に驚いてた。

うーん。
友達に会って嬉しい時にハグしなくても
分かり合えるんだよね。
アタイは日本人女性友達にはハグを
してもいいなーと思うんだけど
あっちがとまどうだろうし、
クロネコが欧米化されてもうた・・・って思うだろうからね。
アタイそもそも人一倍スキンシップをしないネコ
だったからねえ。
今ハグをする日本人女子友達は数人だけかな。

基本はどっちかっつーと仲良しでもやらない。
やらなくてもかなり仲が良いし
すごく信頼しあってるし
アタイが彼女達にあって嬉しいのは伝わってるし
彼女達が喜んでるのも分かる。

日本人って不思議な民族だよね。
と言うかアタイに言わせりゃいちいち
スキンシップを取らないと相手の気持ちが
分からない欧米人の方が不思議なんだけどね。
変な人たち~って感じで。

でもジョー先生をはじめドイツ人生徒さんには
これが信じられないことみたい。
ジョー先生いわく
日本人の方がもっと色んな人の気持ちとか
感情とかよく分かる民族なのかも!って言ってた。
いちいちスキンシップをしなくても分かるってことだからね。
一理あるやもしれぬ。
クロネコには日本人の感情を読むのが
難しい事はあるけど・・・。
だってみんな表面に出さな過ぎるんだもん!笑
特に男性は喜んでるのかそうじゃないのか
推し量るのが難しいねえ。

話を戻すと。
アタイは欧州人みたいに同僚とキスする方が
信じられないんだよね。
アタイ実はいまだにやらないもん。
理由はイヤだから。
あとこの人とはやるけどあの人はイヤって言う
差別もきまずくて面倒だし。

アタイは欧州人のプライベート友達としか
基本はハグもキス(挨拶のだよ)もしないのだ。

だから誰にでもキスをしてくるスペイン人とか
イタリア人は嫌いだし
絶対住みたいと思わない。

って言ってたらジョー先生が
「ってことはさー、
日本人にとって異性とのファーストキスは
ものすごく特別なんじゃないのか?
クロネコどうだった?」
って聞くからアタフタしちったよ。笑
思わず顔を赤らめてきょどった。笑

「そんなの覚えてないよー!!」
って言ったら
「何で覚えてないんだ!ありえない!!」
ってまた大騒ぎされた。
「つーか、普通日本人とか欧米人とか
関係無く、ファーストキスは特別なんじゃないの?
アタイは忘れてしまったけどさー。」
って言ったらやっと突っ込み質問はやめてくれた。
なんつーか。
照れる質問はやめてほしいわ。
ジャップはシャイなんだから!笑

でもドイツ人も誰とでもハグ!って言うのは
最近の風潮みたいで若者文化っぽいところがあるんだって。
なるほどねー。
だからかなー、ドイツ人って割りとぎこちない人が
多い気がする。
ってアタイに言われたくないだろうね。

けどやっぱり同僚とハグとかキスは
考えちゃうなあ。
女子はいいけど男性はちょっとねえ・・・。
生理的に苦手な人もいるしー。
それにあんまりドイツ人男性同僚と
ハグとかキスをしてたら、
それを見た日本人チューザイインも調子に乗って
スキンシップ~!とか言ってキスをしてくるからね。
それは違う下心が見えすぎてキモイから
イヤなんだよね。
特に酒の席でそうなるからねー。

やっぱり今後も同僚は握手だけにしておこうっと。笑

それにしても日本人ならではの
人と人の距離の取り方は
まだまだ世界で知られて無いんだね。

ジョー先生は
「何で家族のスキンシップが無いのに
満員電車に乗る時駅員に背中を押されるのはオッケーなんだ?」
って最後まで腑に落ちてなかった。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-28 06:21 | 日記 | Comments(12)

秩序が無けりゃドイツラントじゃない。

秩序局とでも訳せばいいのかなあ。
ドイツにはそういう名前の組織が
役所内にあるのよ。

何をするところかと言うと。
社会の秩序を守るところ。

ドイツ人ってものすごく秩序を愛する人たちなんす。
とにかく秩序がなきゃ何事も始らんと言うか。

秩序ってORDNUNG(オアトヌンク)
と言って、もうドイツ人は口癖のように
この言葉を使う。

アレス・イン・オアトヌンク?

って言うのは「万事問題ないか?」って
言う問いかけで。
常に常に誰かが言ってる。
もうある意味挨拶代わり。
英語だと
is everything all right?かな。
でも。
どうにもこのオアトヌンクの雰囲気を
英語じゃどうにも満たしきれない。
それくらいドイツ色バリバリの言葉だと思う。

この秩序を保つ役所ってのが
これまたスゴイところで。
アタイこの役所ってドイツラントにしか
無い気がするんだよね。
秩序局って・・・。
一体全体何なんだよ?って最初思ったけど
これほどドイツラントを代表するものは
無いんじゃ?ってくらい典型的ドイツ。

ま、具体的に何をするかと言うと。
アタイが知ってるだけのことを
大まかに言えば

交通管理
駐車違反やら、交通違反を犯した人や
車に罰金を処す。
違反切符を切るってやつね。
んで違反駐車のタレコミも受け付けてる。

イヌ対策
大型犬やら、野良犬やら危険なイヌを捕まえる。
日本で言えば保健所みたいなもんかな。
ノラを捕まえるだけじゃなくて
たとえば飼い犬が放し飼いになってて
近所の人が不快に思ったらそれは
当然タレコんでも良い。
糞を持ち帰らない飼い主の事とか
吼えまくるイヌに対してとか。
苦情を受けた秩序局の人が飼い主の
ところへ行って
「これこれこういう苦情が来てるんで
すみませんが今後気をつけてください。」
って言いに行くんだって。

街のパトロール
お祭りや、イベントがあるときは街中を
巡回して、よっぱらいや変な人が騒ぎ出さないように
目をくばる。

その他近所間のいさかい調停。
たとえば隣人がアタイの庭の木が
隣人宅の敷地に枝を延ばしてるので
切りたい!と言ってきた場合。
法律をもとにどっちの言い分が正しいかを
秩序局の人が判断してくれたりする。

そんな感じかなあ。
ドイツ人って社会が秩序だってないと
嘆きだす国民なんす。
大問題だ!って思っちゃうみたいで。
公園にゴミが放置してあったりしたら
もう大変!
こりゃあすぐにでも秩序局に言って
どうにかしてもらわんと!ってことになるし。

あとはみんな超個人主義と言うか
自分勝手なので、オノレが快適に過ごせないとか
オノレの敷地に何か他人の障害物が
入り込んできたら、それも許せない!!!
って思っちゃうみたいで。
とてもじゃないけど助け合いとか
多少は近所だしガマンして・・・とかって気持ちは
毛頭無いもんだから
まずはどっちが正しいかをハッキリさせて
その上で秩序局に調停してもらって
それでもダメなら法廷に持ち込んじゃるわー!
って考える人が大多数のよう。

だからこんな秩序局がどこの街にも
普通にあるんだと思うし
みんなそれがあって当然だと思ってるし、
そのネーミングがかなりドイツっぽくても
誰も気にして無いし、そもそも気がついてない。

とにかく秩序第一の国なのだよ。

驚きだよねえ。
つーか。
譲り合い精神ゼロだよね。
ギスギスした人たちだなあーって思う。
老若男女の誰もが心に余裕が無いんだね。
でもこれこそがドイツ人だよなあって思う。
だからこそ国が整ってるんだけど。

ま、今回はアタイもそんな秩序局の
力を借りようと思ってて。
引越しの際便利なサービスがあることを
同僚が教えてくれたんだよ。
アタイが引っ越す先は住宅地なんだけど
ほぼ全部がアパートなんす。
そうするとこっちの人は車庫とか持ってないのが普通だから
みんな路駐なんす。
道に沿った余白は全部住民の車で埋められてる。

つまり。
アタイが引越しをする日に引越し用の車を
停めるスペースが見つからない可能性が
ものすごく高い!!!
これは大変困るなーって思ってたのよ。
だって遠くに停めた場合荷物を運ぶのが
大変だからね。
停められればまだいいけど停められないかも
しんないからねー。

けどね、前もって引越しの日を秩序局に
言っておけばアタイのアパートの目の前の
駐車スペースに駐車禁止の
標識を立てておいてくれるんだって。
なんつー便利なサービス!!
アタイ感動しちゃった。
そんな便利なもんがあるだなんて。
ま、まだ問い合わせ中だけど多分大丈夫そう。

ドイツラントって時々日本に無いような
便利なものがあるんだよね。
日本にある便利なものはほとんど無いのに
たまーにドイツに軍配があがることがあるのよ。

たとえば・・・

アタイが好きなのはウォッシュストリート。
数十メートルに及ぶ長い洗車トンネルなんだけど
そのトンネルをユックリベルトコンベアに乗って
車でくぐれば(10分くらい?)、
洗車が終了してるシステムで、
洗車に使われる水はリサイクルされてるのよ。
かなり大掛かりなシステムだけどあれは
日本にもあればいいのになーって思う。
細かい洗車は手作業で磨かないときれいには
ならんみたいだけどねー。

あとね、ゴミ収集車もスゴイ。
ドイツラントのごみ収集はものすごく面白いんだよ。
アタイあれを見るといつも
「ドイツ人って本当にものぐさなんだなあー」って思う。
そんでもって「ものぐさが発明の父なんだなー」とも思う。
なんせね、でっかいコンテナを人間が触ることなく
ごみ収集車にゴミを入れてしまえるんだよ。
文章で説明してもいまいちそのダイナミックさは
伝わらないんだけど、
なんつーか工場のリフトを見てる感じかなあ。
それが街中で繰り広げられてるから
いつも面白いなーって見入ってしまうのよね。

ま、そんなところかなー。笑
他にもあったかもだけど思い出せないや。

それにしてもさー。
秩序局の仕事って部分的に警察とかぶるんだよね。
いざこざの度合いが大きくなると警察の
出番なのかなー。
犯罪の色が強くなる時とか?
警察が出張るほどじゃなけりゃ秩序局かな。

とにかく面白いなーって思う。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-28 05:51 | 日記 | Comments(2)

あっと言う間の週末

あれ。
気がついたら週末が終わってた・・・。
短いねえ、あっという間だねえ。

ドタバタしてたらすぐだった。

何かダンボールが足り無いけど
引越しまでに調達できるのか心配ざんす。
どーにかせねばね。

そんでそんで・・・。
引越しと言えば・・・
お金がどんどん無くなっていく・・・
そりゃ買い物してるからなんだけど。
当然と言えば当然なんだけど。
来週には敷金と、家賃を2世帯分
支払わないといけないので
もうそりゃーどえりゃーお金が無くなって
行くわけで。

加えて。
アタイ今両親との旅行先もいろいろ
検討してて。
ホテルの予約をウェブでやってんだけど
まだまだ先の話だってのに
気がついたらもうホテルの代金が
アタイの口座から引き落とされてて。
涙涙涙の残高だよ。
かなしー。
助けてー。

ってまあ、しゃーないよね。
イヤなら家に居ればいいって話だし。

土曜はまたイケアに行ってきた。
思った以上に時間がかかっちゃった。
サユリさんが車を出してくれたので
二人でイタリアンを食べに行ってそのあと
イケアに行ったってわけ。
イケアの店員が典型的デュスのドイツ人で
なおかつ典型的ドイツ人オンナだったもんだから
サユリさんはかなりご立腹だった。
アタイは慣れてるけど郊外に住むサユリさんには
驚きの体験だったようで。

「だからアタイがいつも言ってるじゃないですかー!」
ってアタイは言っておいた。

サユリさんはアタイがどんなに
「ドイツオンナは性格がものすごく悪い」とか
「デュスのドイツ人は意地悪だ」
って言っても信じてくれなくて、それどころか
「クロネコさんの態度に自信が無いから
なめられるんだよ。もっと強くならなきゃ。」
ってさとされてたんだよね。
それでもアタイは他の町のドイツ人の対応と
デュスのドイツ人の対応がまったく違うことを
知ってたので
「絶対アタイのせいじゃない!!!
これはこの街のドイツ人のせいだから
彼らは一生態度が治らないと思う!
アタイは悪くない!
サユリさんが接触するドイツ人と
アタイが接触するドイツ人は
質が違うんだーい!!」
って言い切ってたんだけど。
「そんなはず無いわよ。
クロネコさんが自信を持てばいいだけよ。」
って聞く耳を持ってなかったんだよね。
でも!
サユリさんもやっとわかってくれたっぽい。
良かった、良かった。
あれ?良かったのかな?
良くないよね。笑
ドイツ人の態度は悪いままだもん・・・。涙

そのあと夕方はYちゃんと待ち合わせ。
韓国料理を食べに行こう!ってことになって。
アタイはてっきり韓国レストランだと思ってたら
彼女はその向かいにある別の
バイキングスタイルの韓国お惣菜屋さんの
ことを意味してたみたい。
定食屋と言うか食堂っぽい感じ。
アタイは初めて入るお店だったんだけど
店内は韓国人しか居なかった。
だから韓国の庶民の味なのかなーと。
美味しいに違いない!と期待が膨らんだことは
言うまでも無く。
何か12ユーロくらい払うとお皿に
何杯も食べ物を撮り放題のお店で
アタイもいろいろ食べたんだけど。

まあね、結論から言っちゃうと
いつもの韓国レストランの方が
断然美味しい。
アタイのクチにはそっちの方があってる。
そっちも韓国人経営なんだけどねー
お惣菜屋のほうはどうにも油っぽくて
アタイはそんなに美味しい!とは
思えなかったなあ。
もう行かないかも。

クロネコはワガママやねえ。

そのあとはまたゲイの人たちが集うバー、
ガラパゴスへ。
ココ割と気に入ってるのよね。
なんせ雰囲気がピースフルなんす。
男性客しかいないけどこんなに
危険性を感じないお店って無い!!
ってくらい安全なんす。
そりゃまあゲイの男性客しかいないから
当たり前なんだけど。
彼らはオンナに興味が無いからねえ。
でも、変な人が寄ってきたらイヤだなあとか
そういうことを考えなくていいって平和だよ。
安全第一のアタイにはぴったり?!
ま、一方で微妙に寂しい気もするんだけどねー。
ああ複雑っすー。

ああでもない、こうでもないと
Yちゃんとおしゃべりしつつ
アタイはモヒートとジャスミンティーを飲んだ。
どっちも大変美味しい。

アタイこのたび初めて知ったんだけど
ベイコク発でこの世には
ゲイフレンドリーなるマークがあるんだね。
虹色のステッカーがそれなんだって。
ゲイの人たちウェルカムですよ!
って言うお店にはそのマークがドアの
ところに貼られてるんだって。
んで、ガラパゴスのドアにも
そのマークがあった!
へえええ。
こりゃあ分かりやすいわ。
知らなかった!

コレね。→
c0016407_7485916.gif

これって平和の旗にも似てるよね。
ゲイも平和ですよ~ってことなのかな?
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-27 07:51 | 日記 | Comments(0)

飲み歩き

今週は何だか色んな人に会って
色んな話をした。
普段と違う人に会って話をするのは楽しいね。
いろんな人の考えが聞けて面白い。
脳が活性化された気がするというか。

先週はけだるくて一日中眠たい日が
ずーっと続いてたんだけど
今週は頭の中がスッキリしてた。

水曜。
モスクワから所用で
来られてたトミコフさんと1年ぶりに再会。
なおかつトミコフさんはアタイのために
お土産も持ってきてくださった。
ルスラントのスタバ限定バージョン
マトリョーシカ・タンブラーっす♪
かわいいでしょー。
sandoさんがトミコフさんにもらってるのを見て
アタイも欲しいー!!って騒いでたら
トミコフさんはちゃんと持ってきてくれた。
やさしーねー。笑
クロネコはコーシーを飲まないけど
タンブラーは欲しかったんす。
c0016407_7141548.jpg


んで。
なおかつ。
アタイが頼んでたマトリョーシカも
持ってきてくれた。
無理を言って買ってきてもらったんす。
急に欲しくなってね。
去年まであれだけ頻繁に行ってたくせに
肝心のマトリョーシカをアタイは
あんまり買ってなかったんす。
と言うかプーチン閣下のやつと
チェブラーシカ版しか買ってなくて
普通のを一つしか持ってなくてねえ。
アタイ今年はルスラントに行かなそうだから
ココはトミコフさんに頼まなきゃ!と思って。
コレドイツでも買えるけど割高だからね。

とはいえ。
マトリョーシカってものすごいデザインが
多いから、人に頼むのって何となく難しいんだけど
ギラギラしたくどいデザインのじゃなくて
オーソドックスな地味なのが欲しかったので
伝えてみたところ、さすがトミコフさんは
すぐにアタイの意図するところを分かってくれた。
すごいね!
本当にいろんな種類があるってのにねえ。
ちなみにアタイがリクエストしたヤツは
機械生産なんだそうで・・・。涙
ギラギラしたくどいデザインは手描きらしい・・・。
アタイって見る目無いんだなーと。
c0016407_7193660.jpg


トミコフさんはソーセージが食べたい!
と言われてたのでドイツ料理屋へ。
なんつーか。
トミコフさんにも言ったんだけど
ドイツ料理ってみんな大抵ソーセージを
思い浮かべると思うし、
それは正しいイメージだけど
でもちょっと違うのはソーセージは
あまりレストランのメニューには無いってこと。
典型的ビアレストランに行けばあると思うけど
ドイツ料理レストランだと日本の居酒屋のような
「ソーセージ盛り合わせ」なんてあんまり
見かけない。
けどドイツラントに来ると日本人はみんな
ソーセージを食べたがるんだよね。
あれ食べたきゃ休日の屋台で食べるのが一番かな。

トミコフさんとは色んな話をした。
4時間近く話してたような・・・。笑
大変楽しかったです!

木曜日。
出張者の人と飲む。
むかーしから知ってる会社の人が現在
長期出張でドイツラントに来られてるので
「じゃ、せっかくだし」ってことで
二人で飲みに行った。
んでちょっとMさんの悩みを聞いたりと
割とディープなお話をした。
なんだかMさんは思っていた以上に深い人で
クロネコは見直してしまった!
また機会があればサシで飲みたいなあ。
その時までにはMさんの心も
元気になってるといいなー。

今日も飲み会の誘いがあったけど
さすがに疲れ果ててたので
美容院に行っただけ。
久々に髪を切りに行っただけ。
すっきり軽くなってうれしい。

火曜日は「落ち込むくらいのミス」をやってしまって
くらーい気分だったんだけど
こんな感じで立ち直ってます。
まあ思い出すとまだ心の奥底が痛いけど
しょうがないしね。
皆さんにはとてもじゃないけど言えないわ~。
クロネコがどうしようもないバカだってことを
露呈する事になるからね。
さすがに恥ずかしいなーと思って。
そんなクロネコなのに励ましコメントを
いろいろありがとございました!
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-25 07:28 | 日記 | Comments(2)

自動日焼けの季節

自動日焼けの季節がやってきたね。
この時期、紫外線が強いから
気をつけてるんだけど・・・
まったく効果が無い。
日焼け止め50phを塗ってるけど
まったく効果が無い。
むしろ誰もが気がつくくらいの
レベルで日焼けしてる。

不思議だわー。

ドイツラントの春って肌寒すぎるんす。
気温は低いもののかろうじて日が射すのよ。
これはねえ、人間って不思議なもので
寒いとやっぱり温かいところに行きたいもんなんす。
当然温かいところは日が照ってて、
紫外線が降り注いでる。
ああ。
悪循環。
自分から紫外線を浴びてるんじゃないの。

でも寒いんだもん・・・。

日本の春は、「ぽかぽか陽気」と言う
表現がぴったりんこだよね。
ドイツラントの春は「肌寒い」がピッタリだよ。
ドイツ人たちは普通に半そでだけど
アタイはセーター着用。
タイツもまだはいてる。
寒くって。
春物コートはまだまだ活躍出来ない。

なのに。
こんなに寒いのに日焼けしてる
自分のメラニン色素が憎い。
毎年憎い。

この時期休暇で
リゾート地で太陽を浴びてきた人より
軽くアタイの方が日焼け度が高かったりする・・・。
悲しい。

ドイツ人たちは昼間に太陽が射すと
テラスでお昼を食べよう!
って言って外に行くんだよ。
アタイも一緒に行くんだけど、
行くんだけど・・・。
ああ、これがいけないんだろうね。
問答無用に太陽光線浴びるもんね。

ドイツ人たちは全員大洋に顔を
向けて一気に太陽を浴びるんだよね。
ひゃー。
そんなことしたらあんたら
肌をいためるわよー!
危なすぎー!
って何度見ても驚く。
いまだに驚く。

けど、彼ら直射日光を浴びても
全然日焼けしないんだよね。
5分も浴びてるとすぐ顔が赤くなってくるんだけど
それだけ。
ザッツオール。

不公平だよ。
アタイは太陽に背を向けて座ってるってのに
何故か顔が小麦色。
悔しい。
メラニン保持率ナンバーワンかもしんない。

でもねえ、
とは言うもののね。
何だかんだ言いながらアタイは地黒なんすよ。
別に日焼けしてるわけじゃないと思うんす。
だって毎日シャワーをする際
オノレの体を見た感じでは
全体的に等分な肌の色をしてるんだもん。
お腹だけが白いとか首が白いとか
足は白いとか・・・・
そういう事実は見当たらない。
全部同じレベルの色。

ってことは。
日焼けじゃないんだよね。
無いんだよね・・・・。
って思いたいんだけど顔がどうにもね
小麦色なんだよね・・・。
あーあ。

色白なオンナになりたいのに。
って無理だとは分かってるんだけどねえ
せめてこれ以上焼けてはならんのに。
毎年同じことを繰り返してるんだよねえ。

せめてポカポカ温かくならないかなあ~。
それも無理なお願いだって分かってるんだけどねえ。
明日は温かくなるって言ってたかな。
だからと言って半そでは危険やも。
すぐ寒くなるから油断出来ないのよ。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-25 05:06 | 日記 | Comments(0)

ミスをおかしてしもうた

アタイはかーなーりおっちょこちょいだし
ドンくさいことをやらかすし、
ミスも多発しちゃうタイプ。

だから仕事をする時は
ものすごーくものすごーく
細心の注意を払ってる
・・・つもりだけど、それでもミスは多い。

自分で自分がイヤになるというかね。

まあ、それでもアタイって
バカだなあ~って笑えるレベルのものは
ココに書いたりして自分で自分を笑ってる。

けどねえ。
シャレにならんものも時々あるんだよ。
数年に一度のドカーンと大きいミスがね。
自分でもショックを受けるほどのミスを
やっちゃうんだよね。

しばらくして立ち直ったらココに
シレ~ッと書いたりしてるけど
書けないレベルの事も多々ある。

こんな事書いてるってことは、
ことはだよ。
そうなんす・・・。
またまたやっちゃったんだよね。
さっき静かに落ち着いて考えたら
自分のミスに気がついちゃってねえ。
どうにも暗い気分になっちった。
どどどどどどよーんとね。

人のこと偉そうに批判してる場合じゃないというか。
クロネコこんなんで生きていけるのかな?とか、
年を取っていくのに大丈夫かな?とか

自分で自分が心配。

今回のミスも人生において10位以内に
入るかな。
5位以内のヤツは今思い出しても
くらーい気分になって
人間失格だなあ・・・って落ち込んじゃうから
普段は思い出さないようにしてるのよね。

今回のもアホ過ぎて・・・。
どうしたもんだろうね・・・。
誰も同情出来ないような低レベルの
ミスをおかしてるからなあ・・・。

あーあ。
もう今日は寝ようかな。
アタイは都合が悪くなると
すぐ寝て忘れちゃえ!って思うタイプ。
少しは胸の奥のどよよよ~んとした
気分が寝ると晴れるからね。
問題は解決しないけど。
はー。

「しっかり」とは程遠いずさんな性格だなあ・・・。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-22 05:45 | 日記 | Comments(6)

テレビ見たり英会話に行ったり。

さっき晩ごはん食べながらテレビ見てて。

あ、アタイいつもご飯の時は
テレビを見るのよ。
お行儀とかって以前に一人メシだから
ある意味対面するものが必要ってことで
食事中のテレビは一人暮らし暦と同じくらい
長くやってることなんす。
ま、あんま自慢できることじゃないけど
しょうがないというかね~。
クロネコったら寂しい・・・なんていう同情はいらないよー。笑
けど誰かが来るとテレビは消すよ。
DVDを一緒に見るとき以外は
ほとんどつけないなー。
誰かが居ると会話の邪魔になるんで
急にBGM以下の存在になるのだ。

んで、晩ごはん食べながら
チャンネルを変えてたら
懐かしい映画をやってた。
「クレイマー・クレイマー」
アタイこの映画ってストーリーは
何となく知ってたけど
通しで見たことが無かったのよね。
古臭い映画かなあと思いながら
何気なく見てたんだけど。

うーん。
イイ映画だねえ。
何と言うか、最後泣いちゃったわ。
息子ちゃんがとってもかわいくて
動きが子供なのに生意気そうな
動きをしてて。
なんとも言えないのよね。
この子がまた良い演技するんだよ。
パパじゃなくても夢中になっちゃいそうな
かわいさ!
パパのダスティンホフマン若い~
って思ったけどそれより若い人が居た!
メリル・ストリープ!!!
クレイマークレイマーのママ役って
メリルストリープだったんだ!
って今更知った!
驚いたー。
今はシカクじみた輪郭が目立つけど
若い時は大変美しかったんすね。
演技も素晴らしい~。

この映画何が良かったって・・・
70年代?の街の様子とか
ファッションとか、車とか
オフィス家具とか、
どれもこれもとってもカッコイイ!!
70年代は80年代よりも断然オシャレだよね。
小物類が充実してるなあ~って
感心しちゃった。

この映画は名作だね。

あと今日は数ヶ月ぶりに英会話に行ってきた。
つーか。
クロネコまだ英会話に行ってたんだ・・・
って感じよね。
ええ、ええ、行ってますよ。
アタイの英語力じゃドモルからね。
単語力と表現力に問題があるんすよ。

でもながーらく気分が乗らなかったので
休んでたんす。
したら学校から電話がかかってきちゃって
「コースを続けるんですか?」ってね。
なので久々に行ってきたわけっす。

数ヶ月もブランクがあったので
生徒さんもメンバーチェンジしてるかな~
って思ったんだけど
前と同じだった。笑
けど先生が変わってた。
先生がしょっちゅう変わる学校なので
大体3ヶ月くらいしか一人の先生に
教えてもらえないんだよね。

アタイもかれこれ3年くらい同じクラスで
英会話を習ってるんだけど
今までに何人も先生が変わってる。
でも全員がアメリカーナ。
何故かイギリス人教師は一人もいない。
いっつもアメリカーナ。

ドイツラントで耳にする英語は
イギリス英語だからイギリス人に教えてもらうべきだ!
って色んな人に言われるんだけど
供給バランスの問題だからしょうがないんだよね。

んで、これまた面白いのが
先生とアタイに相性があるところ。
先生が女だろうが男だろうが関係無くて。
何と言うか、親日の人とそうじゃない人に
完全に分かれるのよ。
先生は無意識だと思うけど
反応で大体分かるんだよね。
やたらとアタイに話題を振る人と
全然振らない人に分かれるからねー。

親日じゃない人はアタイが
「あー、それは日本ではこうだなあー」
って意見を言っても反応が冷たいので
分かるのだ。
でも英語の練習をしなきゃならんから
アタイは気にして無いんだけど。
先生だって欧州に来てるくらいだから
アジア人にはもともと興味が無くて
当たり前だろうしね。

ま、そんな傾向があるんだけど
今回のジョー先生は
かーなーり日本好きっぽい感じだった。
最初は例のアメリカーナー特有の
陽気キャラなのかなあって思ったけど
あまりに日本のことばかり聞いてくるから
多分ものすごく日本に興味がある人なんだろうなー
と薄々思ってたら、
ジョー先生がおもむろにオノレの
ズボンのすそをまくりあげて
「このボクのタトゥーデザインは
日本人ならすぐ何なのか分かるんだけど
キミは分かるかな?」
って見せられたのよね。
したら、ふくらはぎんところに見覚えのあるキャラが。

それは、らんまだった。
「あー、らんまじゃないの!」
って言ったら先生とっても嬉しそうだった。
「お湯掛けたり水掛けたりしたら
性別が変わるマンガだよね~!」
って言うと余計にうれしそうだった!
ドイツ人にはまったく分かってもらえなかった
らしくてね。
アタイ以前ドイツラントでらんまが
放送されてるのを見たことあるから
知ってる人(オタク系)は知ってるはずなんだけど。笑

ジョー先生は教材も面白くて
みんなに激しいディスカッションをさせる感じで
かなり白熱して面白かった。

アタイ以外はドイツ人生徒なんだけど
ドイツ人て基本的に言語系列が似てるから
アタイよりはるかにボキャブラリが多いのよね。
形容詞とか同じだから大抵は分かってて
アタイ1人が先生にいっぱい質問しなきゃ
内容が理解出来ないんす。
今日レイプって言う単語が出てきたんだけど
(レイプ殺人犯が刑務所の中で製作した
アートが認められることは是か非か?と言う内容だったんす)
ひとしきりディスカッションしたあとに
ドイツ人たちが「ところでレイプってどういう意味?」
って聞いたから驚いちゃった。
・・・。
今までのあんたらの主張はそこを
理解せずして行ってたのか?ってね。
ま、いいんだけど。

アタイが知ってる単語を時々ドイツ人は
知らなかったりするので何だか面白い。
きみらも多少は苦労したまえ!って思うんでね。
まあアタイの知らない単語の方が
圧倒的に数が多いんだけど・・・。涙

久々に古株生徒さんの精神科医先生にも会った。
精神的におかしくて犯罪を犯してる人も
この先生は患者として診たりしてるので
その人が仕事について英語で話し出すと
驚く話が多いんだよね。
いつ聞いても「へええええええ」って
思っちゃう。

精神を病んだ男性が殺人を犯すパターンが
たくさんあるから、何人もの殺人者に
仕事で会ってるって言ってた。
アルコールを飲みすぎてうっかり
自己統制が利かなくなって奥さんを殺す場合やら。

あとは強迫観念に襲われた精神病の男性で
自分の母親を殺しちゃうことが多いらしい。
殺さないと自分が殺される!っていう声が
頭の中でこだまするんだって。
そういう人は一番身近な異性ってことで
母親を殺すんだって。
ちょっとした性的な異常性も原因なんだとか。
その殺人者に精神薬を投与すると
正常になるんだって言ってた。

あと、マリファナ中毒になると
自殺願望が上昇するらしいよ。
マリファナにはそういう気分を助長させる効果があるんだって。
大麻ってタバコより害が少ないって主張する人が
多いけど、実は危ないんだよ~ってことだった。
だから精神科医の先生いわくマリファナは悪なんだそう。

そういえば。
アタイが「日本では銃刀法って法律があるから
銃とか刀は持てないんだよ。」
って教えてあげたらジョー先生は大変驚いてた。
そりゃあんたアメリカに比べりゃねえ・・・
って思ったけど。
ベイコクでは誰でも普通にそこらじゅうで
買えちゃうんだってね。
やっぱり怖い国だわ。
だから他国に人を殺しに行く戦争も
普通に出来ちゃうのかもねー。
って思ったけど言わなかったよ。笑

こうやって羅列すると一体何をテーマに
議論してたのか良く分からんね。
レイプ殺人者がアーティストとして認められていいのか?
が最初のテーマで、
そのうち、ドラッグは合法化したほうが犯罪が減るのでは?
って言うテーマになってたかな。

驚いたのはドイツ人が犯罪者に寛容なところ。
割と許してあげようって感覚が強いんだよね。
一生刑務所に閉じ込めておけ!って
言う人はあまり居ない。
意外だわー。
ちなみにジョー先生とアタイの感覚は
何となく同じだった。
レイプ殺人魔は一生ムショから出て来んな!
ってやつね。

久々に英会話に行ったらなんか楽しかったので
来週も続けて行けそうだなーって思った。
天気もよくなってきたしね。
天気が悪いと行く気がうせるのよ・・・。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-21 06:32 | 日記 | Comments(2)

ペットを愛する人たち

また個人的な見解なんだけど・・・。
ってココには個人的な見解以外
書いたことが無いので
いまさら断る必要なんて無いといえば無いかな。

なんつーかねえ。
最近ちょっと「なんだかな~」と
思う出来事があってねえ。

アタイね、前々から薄々思ってたんだけど
「ペットを非常に愛している人たちって
本当に信用できないなー」
って思うんす。

彼らってね、大抵は
「ペットと言うより家族の一員だから!」
「子供みたいなもんだから!」
って日頃から言ってるのよ。

はたで見てても
確かにペットが彼らの心に占める
割合はただのペット以上のものがあるよなー
ってアタイも思う。

常にペット優先のプランを組んで
どこでも一緒に出掛けていくし
ドイツ人とか海外在住日本人は
旅行先にまでつれてっちゃう。
飛行機に乗せて南の島まで一緒にってよくある話だし。
大きなイヌは睡眠薬を飲ませて
檻に入れて荷物と同じところで2,3時間。
小さいイヌとかネコは前にも書いたとおり
小動物用ケージに入れて
機内に持ち込む。

んで、イヌやらネコたちにも
南の島の暖かい気候と
海辺を楽しませるんだ~!
って考え。

アタイまずこの考えがさっぱり理解出来ない。
イヌは確かに南の島で
楽しいかもしれないけど
その移動手段は割りと精神負担に
なってるんじゃないかなーって気がしてね。
だってそもそもそのイヌとかネコは
休暇とか必要なんだっけ?って思うし。
日頃から十分家でのんびりしてると思うのに
飼い主様を愛するあまり、
飼い主様たちと一緒に居たいがために
飼い主のプランに付き合ってるんだと思うのよ。

人間様の考えで動物も休暇を
強要されちゃうなんて・・・。
ってアタイは思うんだけど。
飼い主さん達にしてみりゃ
「このイヌはとっても楽しそうなんだよー」
と全面的に自分達がいいことしてる気分
らしいんだよね。
それがまさにイヌネコの思いを代弁してるのかも
しれなくて、アタイが単にうがった見方を
してるだけかもしれない。
ま、人んちがどういう風に動物を
飼おうかアタイの知ったことでは無いんだけど。
ちなみに休暇先にイヌネコを捨てて帰る
飼い主さんは結構多いだよ。
南の島の方がイヌネコには楽しいに違いない!
って彼らは言うのかもしれないね。笑

ま、そんなイヌネコを溺愛しまくりな
飼い主さんたちなんだけど。
ひとたびこの動物が亡くなると大変なんす。
ペットを家族の一員だと思ってる人たちは
大騒ぎしてそりゃあ落ち込んじゃうわけよ。
人目をはばからず大泣きするし
それはそれは嘆き悲しむのよね。

ま、それだけならまだ分かるけど
それをアタイにまで要求してくるから
正直困っちゃう。
確かにそのワンコは可愛かったし
アタイも何度か会いましたさー。
亡くなってしまったのは悲しい事だから
アタイも淋しい気分になるよ。
けど大泣きするほどではないかなー。
冷たいといわれようがねえ・・・。
悲しみを共有するのはなんだか
違う気がして。
それぞれ違う目で見てるんだから
一緒に同じくらい悲しむなんて
無理な話だからね。
多分アタイにもその悲しみを
分かってもらいたいからそういう押し付けがましい
言動を向けてくるんだろうなーって
思うんだけど。
思うんだけどねえ・・・。

でもまあ悲しい事だからね・・・
ってアタイもしょんぼり時々一人で
そのワンコを思い出したりはするわけだよ。
ワンコを愛してた飼い主達の
悲しみはもっと深いんだろうなあ~
彼ら元気になるかなあ~
ってアタイもそれなりに気を使ったり
しつつね・・・。

けどねー。
こういう人たちって必ずや勝手に立ち直ってるんす。
人にあれだけ悲しみを強制しておきながら
自分はすっかり先に立ち直るってヤツ。
しかも。
どうやって立ち直るかって言うと
「新しいイヌを飼う」ってヤツ。

・・・。
え?
え?
えーっ???
ってアタイはこのときにいつも
愕然としちゃうのよね。
あれだけ「あの子は特別だった・・・」
って泣いてたじゃないの!!
って言いたくなるというか。
家族の一員はそんなに簡単に
新しく買えるものなんだ・・・って。
結局ペットはペットでしかないのね・・・
って言うまた冷めた考えが
頭の中をよぎっちゃって。

先のイヌやらネコが亡くなって
その悲しみを紛らわすために
飼うのかなーとか、
イヌとかネコがいないと生活が
単調でつまらないから飼うのかなーとか、
いろいろ理由は考えられるけど。
すっかり新しい家族の一員に夢中になってる
飼い主達を見てると
バカバカしくなるというか。
どうでもいい気分になるというかね。
金輪際あいつらには同情なんてしないぞ!
って思っちゃうというか。

ペットは替えが利くんだなーと。

こんなことを考えるアタイは
やっぱり冷たいのかなあ?

アタイ昔のルームメイトを思い出したんす。
ちょっと話が長くなるんだけど・・・。笑

今から6年くらい前にトキオで
年下女子とルームシェアをしてたんす。
ウェブデザイナーの彼女は
美大を出てて明るくてカワイイ子だったんだけど
唯一の難点がセキセイインコを連れてた点。
けどアタイはどうしても都内で
暮らしたかったし、
ルームメイトがいないと家賃が払えなさそう
だったので、インコぐらいガマンしちゃるわー!
と妥協して住んでた。

彼女は時折部屋の中でインコを
飛ばすクセがあったんす。
アタイの部屋には絶対入れたくなかったので
ドアを閉めてたんだけど。
台所とかはヤツが飛び交って
バタバタほこりが舞うことがままあったんす。
顔を引きつらせつつもガマン。
アタイはクロネコって言うくらいだから
トリなんぞ好きじゃないんすよ。
でも大人だからガマン。

あるとき、彼女の友達と
アタイの後輩ちゃんたちとで
伊豆に泊りがけで遊びに行く事になったんす。
その時アタイは後輩ちゃんと電車で
現地に行ったんだけど。
ルームメイトちゃんたちは車だったんす。
んで現地で合流してみたら
彼女が驚く事を口走ったんす。
「インコも連れてきちゃった!」
って無邪気にね。
「伊豆の風を楽しませたくて!」
ってね。
でももちろんインコは鳥かごの中だよ。
東京の風より伊豆の風が気持ちいいはずだから!
と断言する彼女を見つつ
「インコはそれで本当に楽しいんだろうか?」
って思ったけどクチには出さなかった。
クロネコは大人だからね。

インコは宿に置いたまま
うちらは伊豆の海で海水浴を楽しんで
夜ご飯を食べに宿に帰ってきたところ・・・・
ルームメイトちゃんの悲鳴が・・・。
なななななんと。
宿の部屋に近所のネコが入ってきたらしく
鳥かごの中に居たインコちゃんは
無残にも傷を負っていた・・・。
逃げようにも籠の中じゃ無理だったらしく
瀕死の重態。
泣きじゃくるルームメイトちゃん・・・
そしてその彼氏がイエローページを
探しに探して緊急動物病院へ行く事に。
伊豆の山の中からさらなる山の中の
動物病院へ・・・。
行ってらっしゃいませ・・・
ってことで残ったメンバーは
微妙な空気の中焼肉パーティを敢行。
牛肉、豚肉、鶏肉を
美味しくほおばり終えた頃
泣きつかれたルームメイトちゃんが帰宅。

インコは何とか一命を取り留めたそうで。
ぐったりはしてるけど大丈夫そう。
一同、良かった良かったと胸をなでおろし就寝。

んで。
翌日は日本の夏だからまたまた快晴。
近くの川で水遊びでもしようぜ~
と暑い中川べりで遊ぶ事数時間。
ルームメイトちゃんが
「そろそろインコちゃんにクスリをあげなきゃ!」
と宿に走っていたんだけど・・・。
ほどなくまた彼女の悲鳴が・・・。

なんと。
インコちゃんは死んでいたのだ。
死因は熱中症・・・かな。

前日ネコに襲われたから、
今度はネコが入ってこないようにと
ルームメイトちゃんはインコちゃんの居る部屋は
厳重に窓を閉めて
インコちゃんをダンボールの箱の中に
厳重に閉じ込めて川遊びをしてたんす。
でもその日はとーっても暑かった。
ある意味部屋の中は蒸し風呂。
ダンボールの中はもっと蒸し風呂。

重傷を負ったインコの体力では
到底耐えられるもんじゃなかった・・・。
のでそれがもとで死んでしまった。

それからはインコちゃんを手に
泣きじゃくるルームメイトちゃん。
クロネコは正直言って
「これって・・・過失なのでは?」
って心の中で思ってた。
ルームメイトちゃんは近所のネコを許せない!!!
って恨んでたけど
アタイ的にはネコは普通の行動を
取っただけで、インコを伊豆に
つれてきたことが不幸の始まりなんじゃ・・・
って気分が抑えきれなくて大変だった。

一同みんな心優しい人たちだったので
一緒に涙ぐんでるなか
アタイ1人が違うことを考えてた。
こんな分かりきったミスが原因で
インコが死んじゃってるのに
その原因を置いておいて感情に
走るのがその場では普通の事とされてることが
アタイには驚きだった。
アタイ1人がみんなと違うことを考えてるのが
すごく良く分かっていたたまれなくなったんす。
アタイって冷静すぎるのかなあ・・・ってね。

みんなの涙を見てアタイは余計に冷めてしまった。
アタイって冷徹だなーって思ったけど
冷静に考えれば考えるほど
ルームメイトちゃんが悪いとしか思えなくてね。
ま、さすがにそうは言わなかったけど。
クロネコは大人なんでね。

その日は大事な阪神のゲームがあったので
クロネコは早々に帰りたくなってきちゃって
「ルームメイトちゃんは
もう少し落ち着くまでココにいたほうがいいよ。
アタイらはとりあえず先に帰るね」
って言うわけの分からんことを言って
先に目白に帰った。
んで阪神のナイターゲームを見て涙した。
アニキのホームランが凄くてね。
インコの死では泣かないけど
アニキのホームランは涙ものだったんす。
野球を見て涙が出るって・・・みたいな
感動を覚えつつ就寝。

あー、アタイって人間失格やね。

けど、ルームメイトちゃんは
落ち込んでたからなあ、大丈夫かなあ~
ってそのあとはしばらく心配してたんすよ。
アタイなりにね。
したらね、1週間後くらいに隣の部屋から
パタパタパタって言う聞き覚えのある
羽音が聞こえてきたんす。
おや?
空耳か?
それともあのインコの亡霊か?
って思ったんだけど。
ほどなくしてアタイの部屋がノックされて
ルームメイトちゃんがやってきた。

どしたの?
と聞いたらちょっと気まずそうな顔をして
「実は・・・私があまりにも落ち込んでたので
彼氏が心配して新しいインコをプレゼントしてくれたんだ。
名前は○○だよ。」
って新しいインコを見せられた。
・・・。
・・・。
あんなに泣いてたのに。
卵から返したって言って泣いてたのに
もうアトガマが登場しちゃうんだ。
四十九日もあけてないってのに・・・。

ペットは買い替えが利くんだ・・・
とアタイが思った事は言うまでも無いよ。
あの時同情しなくて正解だった!
とも思ったなあ。笑

ペットはペットでしかないんだね。

アタイのリサーチによると
可愛がってる人に限って買い替え(飼い替え)が早いよ。

あー、こんなどす黒いことを
常に考えてるアタイって・・・。
なんて心がゆがんでるんだろうね。
アタイはイヌもネコも大好きだけど(トリは嫌いよ)
ペットへの愛着心を人に強制してくる飼い主は
面倒な種族だなー
と思ってるのだ。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-20 06:22 | 日記 | Comments(6)

引越しまでの道3

ロード・トゥ・引越し。
まだまだ続いてる。
段々引越しの日が近づいてきてるからねー。
あと3週間くらいしか猶予が無い。

気がはやるもんだから
もう着ない服とかは既にダンボールの
中につめちゃってるんだけど。
残りのダンボールがあと3個しかない。
足りるのかな・・・。
だんだん家の中がダンボールジャングル
になってきてる。笑

配送車の手配もしなくちゃ。
自分でやる場合って何だか
いろいろ面倒くさいー。
ドイツラントだと引越し業者に
頼むとべらぼうに高いらしいから
車をレンタルしてでも
自分でやった方がいいんだそうで。
日本でも同じなんだろうけど
アタイは業者にしか頼んだ事が無かったのよね。

先週イケアに家具を買いに行って
配送のお願いも済ませてきたんだけど
まだまだ足り無い家具がたくさんある。
イケアじゃないヤツで
ちょっとめぼしをつけてたのが
幾つかあったので、
土曜はそいつらを見に行ってきた。

勉強机とソファにあわせるミニテーブル、
テレビボード、本棚が
必要なアイテムなんだけど
勉強机とミニテーブルは
イメージどおりのものが
見つかったのでかなり嬉しい。
少し割引もしてくれそうだし。
来週交渉予定なんす。
ってアタイが交渉するんじゃなくて
ちょっとしたツテを頼る予定。
どうなるか楽しみ。
ま、定価で買ったとしても
アタイの想定内価格だから
別に問題は無いんだけど。

それにしても。
テレビボードと、本棚は
イメージしてるものと価格が
折り合わなくて難航中。
欲しい!!!って思えるものに
なかなか出会えなくてねー。
どうしたもんやら。

それにしても引越しってお金がかかるなー。
消費税19%ってのも痛い。
痛すぎる。
額が大きいと消費税も高いからね。
銀行残高見ると、ひーっ!って
叫びたくなる。

ドイツラントって本当に
衣食住の「住」に掛ける比重が
高い国だなあ~って思う。
住環境レベルが高いと思うんでね。
他の欧州諸国に比べても
一般的にどこでも基礎がしっかりしてて
広くて快適。
その割りに家賃も高くない。

住居に関してはドイツラントが
アタイは一押しだと思うなあ。

ま、そんなこんなで
着々と引越し準備は進んでるのだ。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-04-20 05:14 | 引越し | Comments(2)