死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

化粧が濃かったんだろうか?笑

いや、ほんとにね、アタイはあんまり
日本人に見られることは無い方だし、
チャイナーとか、コリアーって言われるのに
慣れてるのよね。
中国人に中国語で話しかけられたり、
中国語のしゃべれるドイツ人に中国語で
話しかけられることも時々あるからね。
ええ、ええ。
慣れてますからね。

けどねー。
今日のは初めてのパターンだった。

クロネコね、今日は韓国人に間違われたんだけど。
よくよくその状況を考えてみたら
何となくむかついてくるんだよねー。

今日ね、うだうだ家で転がってたら
仲の良い駐在員さんから誘われたので
ま、どうせヒマだしなーと飲みに出掛けたんすよ。
駐在員の男性2名とアタイの計3名で
イタリアンレストランで合流したんだけど。

そのお店何故か男性客しかいなくて
あれ?もしかしてそっち系のお店かな?
って心配になってくるくらい
男祭り気味だったんす。
でもまあ大丈夫かなーって言いながら飲んでて。
したら隣の席に3人組男性が座ってきて
そのうちの1人がやたらとニコニコしながら
駐在員さんの一人を見つめてたんす。

え?
もしやして?
え?え?
ってうちらも心配になってきて。

したらね、その人が英語で話しかけてきたんすよ。
「あなたたちどこから来たの?」ってね。
「男性二人は日本だよね?そんであなたは韓国だよね?」
って言われたんす。

だからアタイは
「違いますよ。アタイら3名とも日本人ですよ。」
って言ってやったんす。
したらその男性は
「えー。キミは韓国人かと思ったよ。」
ってしきりに言うんだよね。

だからクロネコ最初は
「まあアタイは中華か韓国ってよく言われるしなー」
くらいに思ってたんだけど。
ふと気がついたのよ。
このイタリアン料理屋があるのは
デュスの通称韓国通りと言われるストリートで。
昨日行った韓国料理屋もこの通りにあって
まわりは韓国カラーなんすよ。
当然韓国パブとか、
韓国人ホステスのいるカラオケバーとかも
わんさかあるわけで。

ってことは。
ってことはだよ。
「日本人サラリーメンと韓国人女性」
って思われてたってことはだよ。
要はアタイは韓国パブのホステスで
日本人サラリーマンとアフター中もしくは同伴出勤前
とでも思われたってことになるわけで。
考えすぎかもしんないけどそういう風景に
出くわしやすいエリアであることは確かなのよ。

・・・。
・・・。
く、クロネコこともあろうか韓国人ホステスと
間違われたー!!!ってことよね。
ありえない、ありえない。

つーか。
普通に韓国人に間違われるのは別に
やぶさかじゃないけど。
日本人サラリーマンを相手にしてる韓国人ホステスと
間違われたのだとするとなんか複雑なんす。
アタイはホステス差別主義者なのか?
って言うと多分違う気がするけど。
デュスの韓国人ホステスに間違われたのは
人生初なわけだから。
なんだか複雑な気分になったのだよ。

その人たちこそ変な訛りの英語だったから
「あなたたちはどこから来たの?」
って聞いてみたところ。
「僕達はコソボだよ。」って返答。
コソボ?
コソボってあの紛争で有名な旧ユーゴのコソボ?

コソボねえ・・・って思ってたら
「僕達はUNで働いてるんだ。」
って聞いてないけど職場を教えてくれた。
「UNって分かる?」
って聞いてきたんで、それぐらい分かるワイ!と
「国連でしょ?」
って言ったら、そうだって言われた。

そん中の1人がやたらとニコニコしながら
話しかけてくる人だったんだけど
駐在員さんにラブビームを送ってるのかと
心配してたら、最終的にアタイの連絡先を知りたいと
言って来たのでターゲットは韓国風クロネコってことだった。
なーんだ。
ジーエイワイじゃ無かったんだね。
と駐在員さんと笑っておいた。
つーか。
単なるナンパだったんだーってことで
一件落着だよ。

ちなみにアタイは連絡先を渡してないよ。
駐在員さんからは
「えー、せっかく国連職員なんだから
コソボのエリートに違いないよ、
もったいないよクロネコさん!
連絡先をわたしておくべきだよ!」
って言われた。笑
でもアタイはコソボに興味が無いからねえ。

って言うか・・・確かルスラントは
コソボ独立を承認してなかったよね。
ルスラントは南方のガスパイプラインプロジェクト
の絡みもあって、セルビアを擁護する案を
取ってたはずなのよね。
セルビアは徹底的にコソボ独立に反対
してるから、セルビア擁護のルスラントは
コソボ独立を認めてないのだよ。

ってことは120%プーチン閣下支持のアタイは
同じ立場ってことになる。笑
ま、別に個人的にコソボとかセルビアが
どういう立場でもあんまり興味は無いんだけどね。
単に閣下に結び付けて東欧情勢を思い出した
ってだけなんで大意は無い。

けどねー、アタイの同僚で東欧出身の人がいるので
彼もコソボ近くの国出身だから
「コソボ独立問題が与える周辺諸国への
影響ってどうなの?」って以前興味があったので
聞いてみたことがあるのだよ。
したらねー、コソボ人ってのはかなり
アグレッシブで一筋縄じゃ行かないような民族なんだよ
ってことだった。
だから国連とかNATOが暫定政府でドイツ人を
送り込んでも絶対に上手く行かないよ
って言ってた。
近隣諸国はコソボ人の意味不明な行動に
理解が出来ないんだーってことだった。
へえええ。
って感じよね。
実際コソボ人がどういう民族なのかは
特に報道されないから興味深いなあって思った。
ま、それも一同僚の話だからねー。

普通の報道だとコソボが独立を求めてるんだから
民主主義国家は認めてあげるべき!
みたいな風潮だもんね。
つーか、コソボ独立運動は主にベイコクが
バックアップしてたよね。
だからセルビアの肩を持つルスラントは
反民主主義!みたいないつものベイコクによる
プロパガンダも流れてて。
NATO組合員である欧州諸国はベイコクの論調に
あわせてるし・・・。
コソボは確実にベイコクに利用されてるんだけど
コソボ人もシタタカなのかもしれないよね。

話を今日の人たちに戻すと。
彼らはとてもフレンドリーで親切な感じではあったよ。
そのナンパをしてきた人も
アタイのタイプではなかったけど
かーなりのイケメンだった。
もったいない事したかな?!笑

けど。
やっぱり普通は男性からナンパ
するもんだよねー。
何故ドイツの男はナンパをしないんだろう?
ストーカーみたいなどうしようもないような
タイプの男は捨て身なのかナンパしてくるけど
普通の男は絶対にしないんだよねー。

やっぱりアタイは住む国を間違えてるんだろうかね?笑
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-31 07:42 | 日記 | Comments(2)

これも氷山の一角なんだろうなー。

ぼーっとしつつも連続投稿。笑

アメリカでまた監禁事件が明るみに出たよね。
アタイこの手のニュースはいつもいつも
色々考えちゃうんだよね。

今回は11歳で誘拐された女子が29歳で見つかった。
18年も監禁されてた。
夫婦で女児を誘拐して、その誘拐犯のオッサンは
その被害者女性に子供を二人も産ませてたって話。
自宅裏庭のテントで18年も暮らしてたって話。
テントで18年って・・・。
簡易的なシャワーがあったって言ってたけど
つまり18年アウトドア生活ってことよね。
出産までさせられて・・・。
言葉が出ない。

誘拐犯夫婦の自宅が空撮で映ってたけど
デカイ家で広い庭だったよ。
でも近所と隣接してるのよね。
逃げ出せないのか?って疑問があるけど
防音設備があったり、高い塀があると
色々簡単には逃げ出せないんだろうなーと。
うーん。

つーか、その共犯の嫁が良くわかんない。
DVか何かで夫に逆らえない心理状態だったのかなあ。
こういう場合不思議なのは実行犯の旦那に
嫁が居る点なんだよね。
今回の嫁は一体何なんだろ?
殺すぞって旦那に脅されてたとか、
オマエも共犯だ!って言われてたとか(実際共犯だし)、
18年も見つからなかったので罪の意識も
無くなって感覚が麻痺してしまったとか。
嫁は家を出ることは可能だったはずだけど
それをしなかったってことよね。
つまり・・・。
嫁も鬼畜ってことかな。
もしくは逃げ出すところが無かったとか。
うーん。

ベイコクだけでも未解決の誘拐事件は
ものすごい数みたい。
欧州も日本も結構多い気がするな。
こうやってるうちにもまだまだたくさんの
人たちが女子男子関係無く世界中で
何年も監禁されてると思う。
恐ろしい話だよね。

そういう監禁事件の1~2割は親族によって
行われることが多いらしい。
あのスイスの陰惨な事件を思い出すよね。
あの父親は終身刑らしいけど。
逮捕時点で70歳を超えてたから
監禁されてた娘の失われた人生に比べたら
老い先短いオッサンにはあんまり重罰な処罰と言う
感じはしないよね。

今回逮捕された米国人夫婦も60歳くらいだったよ。
偶然発覚したっぽいのが怖いところで。
普通じゃ見つからなかったってことだもんね。
恐ろしい話だよ。

赤の他人に連れ去られたり
殺されて内臓を売られたり
どっかの国に売られて児童買春やらされたり・・・
世の中危険だらけ。

それにしてもこういう事件があとを絶たずに
発覚するもんだから、
今もどこかで誰かが監禁されてるんだ・・・
って思っちゃう。
そんですごくいたたまれなくなる。

殺人も人の人生を奪うって言う点では
許されない行為だけど
アタイにとっては「監禁」ほど
許されない行為は無いと思うんす。
こういうことする犯人の犯行には
冷静な心理分析とか不要だと思う。
十何年もそんなことを平気で出来るなんて
脳が病気だと思うんでね。
それ以外に理由が見当たらない。
理性とか抑制が出来ないってことは
一部の脳の働きが鈍ってるってことだからね。
そんで恐ろしいのはこの病気は治らないって点。
不治の病なんだよ。
だからこの病気のやからは犯罪を繰り返す。
今回の犯罪者も性犯罪暦があったらしいし
スイスの変態オヤジも性犯罪暦があったからね。
性犯罪者はエスカレートしていくんだろうね。

犯罪を抑制するには
性犯罪を一回でも犯した人間は
男性の場合はパイプカットを施すべきだと思う。
脳の病気は生きてる限り治らないので
治療と言う意味でも有効だと思う。
監禁の罪を犯した人間はその処分に加えて
終身刑にするべきだよ。

じゃないと女児たちが安心して暮らせないもん。

でもね。
男の人の大半はこんな急進的なアイデアに
到底同意出来ないってのをアタイは知ってるよ。
世界人権機関も認め無いだろうし。
確かベイコクのどこかの州にはこういう法律が
あったと思うけどそれはほんの一部にしか
導入されてないから、
あまり喜ばしくない罰則案なんだろうなーと。

つーかね、男の人はこういう事件が起こっても
その事件が持つ悲惨さを完全には理解出来ないんじゃ
無いかなあって気がしてるんだよね。
そりゃヒドイ事件だと思うだろうけど
女性の立場に置き換えて想像する事は不可能だと思う。
みんながみんなそうじゃないだろうけど
本質を理解出来ない人が大半かなあと。
日本人の場合は理解出来ないのは女性にも多いのが
悲しいところなんだけど・・・。

クロネコのアイデアが激しいのには理由があるんす。
アタイね、日本に住んでたころに変質者に
暴行されそうになったことがあるんすよ。
アタイの場合は運良く命の恩人に
間一髪のところで助けられたので
大事には至らなかったんだけど。
未遂とは言えショックは大きかったのよね。
数年はトラウマと言うか後遺症が
少なからずはあったし。
あれから7年くらい経つから
ココにこうして書けるくらい平気だけど。

でもあの経験のおかげで
色んな人の人間性が分かるようになった。
男の人はこう捕らえるのか~とか
女の人はこう捕らえるのか~ってね。
優しい言葉をかけてるようで居て
自分のことしか考えてない上司とか。
ぶっきらぼうでも親身になってくれる人とか。
誰からも好かれてた子がデリカシーの無い
言葉をかけてきたり。
そりゃあいろいろだった。
おかげさまであれ以来かなり人間性が
読めるようになったね。
そんで。
人間ピンチに陥ると本当に信頼できる人が
誰なのかがおのずと分かったので
不幸中の幸いと言えるかな。

警察の人とも当時色々話したんだけど
世の中やられ損なんだなーってのが
分かっただけだった。
残念だけど自分の身は自分で守るしかないのだよ。

ま、だからクロネコはこういう事件が起こると
なかば感情的に、腹いせ的に
アグレッシブなアイデアが出てきちゃうのだよ。
せめてこれくらいはあって欲しい!って言う願望と言うか。
変態を取り締まるにはこれが最良の方法なんでね。

けどこういう事件を見るにつけ
ああ、一つ間違えばアタイも同じ運命を
たどっていたのかもしれない・・・
ってつい考えちゃうので余計にショックが大きいんだよね。
ま、普通の女性はここまでショックを
受けることは無いんだろうなーと。
まあヒドイ・・・くらいにしか思えないんだろうなーと。
そこまでショックを受けないでいられるのは
とてもラッキーな事だから、それはそれで
いいんだろうなーと思ったりするわけなのです。

ま、あんまり考えすぎると宜しくないので
違うことでも考えて、再びまた違う記事を投稿しますわ。
ついつい流れで自分の過去をカミングアウト
しちったなー。笑
書くつもり無かったのになー。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-31 03:25 | ネエサン事件です | Comments(4)

もう週末が終わるんだー。

あら。
ぼーっとしてたらもう週末が終わっちゃう。涙
あっという間だねえ。

土曜はお昼に歯医者さんへ
行ってきた。
前々から虫歯があって
2月ころ既に検査してもらってたんだけど
治療に行くヒマが無くて
うかうかしてたら半年も経ってた!
したら虫歯も大きくなってきて。
食べ物を噛むとキーンって痛むくらいに
なっててね。
右上がどうにもアタイには弱点で
そのあたりに虫歯が出来やすい気がする。
磨き方が甘いんだろうね。
つーか。
大人になっても虫歯に悩まされてる
アタイって・・・。

一応年に居一度は検査に行ってるんだけど
そのたびに虫歯が見つかってるんだよね。
うーん。
一日2階は歯磨きしてるけど
単に磨き足り無いんだろうなー。

なので昨日からいきなり電動歯ブラシを
使い始めてみた。
自分の手では無理なのでね。
試してみようかなーと。

虫歯治療は30分で終了。
麻酔をしたので口の右半分が
引きつる事6時間くらい。
水とか飲んだらダダ漏れ・・・。
見苦しい事この上ないね。
でも30分のゴリゴリゴリゴリ~とか
キュイーン、キュイーンって言う治療で
セラミックを埋め込んでもらったので
もう痛く無い。
良かった~。

ちなみに埋め込みにセメントを使うと
保険の範囲内だから追加金は
要らないんだけどその分持ちが悪いって
言われたので、
ちと金はかかるけどアタイはセラミックを選択。
そっちだと15年くらいはいけますから
って先生に言われたんでね。
セメントだと2,3年しか持たないんだとさ。
右上は磨きが甘いからセラミックで強化
しとくべきかなと思ってね。

昼間に歯医者治療が終わったもんだから
その後プラプラ散歩がてら
街の中を歩いてたら
なんか雨が降ってきちゃったので
雨宿りするべーとアタイの好きな
大型服飾店舗へ入ってしまって・・・。
気がついたらいつもの通り買い物してた。笑
秋冬物を少しね。
何かステキな服がたくさんあったので
また来ちゃいそう・・・。
実は金曜に靴とカバンも買ったんだよな~。

これだからなるべく出掛けないように
してるのに。
アタイが通ってるお医者は全部街中にあるから
(以前のアパートの近くばかりなんす)
つい買い物の誘惑がねえ。笑

一旦家に帰ってからはお掃除お掃除。
週に一度しか掃除出来ないので
金曜あたりは家の中が悲惨な状態に
なるんす。
掃除機かけてモップ掛けして、
台所磨いて、バストイレも磨きまくって。
洗濯して。
ココで時間切れ。
残り窓拭きとアイロン掛けは日曜に。

夕方また街中へと。
久々にフランクフルトの魔性の女とアポが
あったんでね。
ケイチィと一緒に韓国レストランへ。
プルコギ、キムチ豆腐チゲ、
キムチチヂミ等々をオーダー。
やっぱココの韓国料理は美味しいな~。
姉妹店が会社の近くにあるので
(と言っても車で10分くらいかかる)
たまにランチに行くんだけど
最近コックが変わって味が落ちてたのよね。
でも街中の店舗は大丈夫だった。
ピリ辛で超美味しい。

韓国料理って時たますごーく食べたくなるよね。

ケイチィと会うのは6月以来かな。
まだそんなに日は開いて無いな。
でもまあ色々とアタイの考えと
彼女の考えをすり合わせつつ
ああでもないこうでもないと話してたら
すぐ時間が経つのよね。

和風喫茶に移動してお茶を飲みつつ
またまたああでもないこうでもないと
おしゃべり。
んで、その後さらにまた例のゲイバーへ。
相変わらず客は男だらけの男祭り。
女性客はうちらだけだけど
別に気にせずまたトーク展開。
クロネコはモヒートで、ケイチィは何故かお茶。
酒豪ケイチィがお茶・・・。

ま、そんなこんなで気がついたら深夜2時。
お開きにしてアタイはタクで帰宅。
けどタクの運ちゃんがキモいオッサンだったので
ドイツ語が分からない振りをして
煙にまいておいた。
大抵は接客態度のいい運ちゃんばかり
なのに、このオッサンはちょっとヤバイ感じだった。
珍しいのか深夜過ぎたからなのかな。

ま、そんなおしゃべり土曜日だったんす。
今日はまたのんびりのんびり。
特に何もせずぼーっと椅子に座ってる。
本も読まず、DVDも見てない。
ウェブで動画を見たくらいかなー。

ぼーっとするのも好きなのだ。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-31 01:37 | 日記 | Comments(0)

社交クロネコ

今朝起きたときけだるさが残ってたんだけど
「あ、まだ火曜日だ・・・」
って分かってさらにけだるださ上積みされた・・・。

今ね、欧州各国の支店から
マーケティング部の人たちが集まってて
講習を受けてるので、
うちらはホスト側としてディナーとかに
同行してるんす。

それが意外と疲れるのよね。

ワイワイ楽しく飲めればいいんだけど
どんなに話題を振っても会話が
途切れちゃうメンバーっているわけで。
月曜はクロネコもネタ切れになってさ。
ぐったりしちった。

んで今日も外食だったんだけど。
今日は有無を言わさず
メンバー10人ともを「日本食屋」へ連れて行った。
中には日本食が好きじゃない人も
いるんだけど、
こっちも疲れるから日本食なら
食べ物とか日本文化の説明をしときゃ
時間が潰れるからねー。

けど。
何げに今日のメンツは悪くなかった。
昨日来なかった人たちがちらほら
いたんでね。
彼らはノリ良くしゃべってくれたので
なんだか間が持った。

今日はうちの部署のチューザイインたちも
誘ったんだけど。
彼らにも多少はホストをやって
もらわんことにはーと思って。
あんたらいつもお客さんみたいな
態度で居られると思ったら大間違いよ!
ホスト側は人を盛り上げてナンボだよ!ってね。
大人なんだし、ビジネスなんだから
それくらいやってもらわんとねー。

って思うけど、
これって出来ない人は本当に出来ないよね。
洋の東西を問わず苦手な人は居るんだなー
って思う。

アタイは食事の時にテーブルが
シーンとしちゃうのが耐えられないし
アタイが黙っていた事で場がしらけて
みんなが楽しめてなかったらどうしよ・・・
って悩むくらいなんす。
だからワイワイしゃべっちゃう。
だからソーシャライジングと言うか
社交の場を盛り上げるのは
結果的に円滑と言うか。

沈黙が怖いもんだから逆に
ベラベラなんでもしゃべるんす。
英語、ドイツ語、日本語どれでも
あんまり関係ない。
言語が上手とか下手は問題じゃないんだよね。
要は話す気があるかどうかだから。

ありとあらゆるアタイの少ない知識を
フル稼動させて話をするんだよ。
普段なら興味の無い人に質問を
投げかけたりなんて絶対しないけど
ホストとしてとりあえず色々と
話しかけるのよ。
相手が喜びそうなネタを探したりと
アタイもたまにはがんばれるのよ。

んで。
みんなのノリがアタイのノリと合わなくて
つまんない時はグイグイっと
アルコールを摂取しちゃうのだ。
したら何か楽しい気分になってくるんで
人がどうとか気にならなくなって
笑っていられるのよねー。

唯一難しいのは、
みんなですごく盛り上がってるけど
そのノリがアタイのノリとまったく
合わない時だね。
この場合は一番つまらない。
笑えないし、楽しめないんでねー。
こういうときはアタイがホストじゃない場合が
多いので、早く帰える以外に苦境を
乗り切る方法は無いと言える。

さてと、あと数日がんばって働きますかー。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-26 07:38 | ドイツOL生活 | Comments(0)

ゆったりまったり週末

土曜日にフランクから友達のMちゃんが
遊びに来てくれた。
ので夕方日本人通りにて待ち合わせ。
ちょっと買い物をして二人で居酒屋へ。笑
今週二度目の和食。
二人で4時間近く色々話をしてたかな。
うんたらかんたら和食をつまみながらね。
んで、家に帰ってからもさらに話は続いて
夜1時くらいにやっとMちゃんを解放してあげた。笑

翌朝と言うかほぼ昼?くらいにおきて
着替えて近所のカフェへ。
んでそこでブランチ。
天気が良かったので外に座ったんだけど
なんだかハチがたくさん飛んでて
アタイらの飲み物やら食べものに
ガンガン飛んでくるから
食事にイマイチ集中できず。
下手したら口に入れそうになるくらい
フォークの食べ物のまわりを飛び回ってて
ほんとすごいのよ。
あんだけハチが多いってのをドレースデンでも
体験してたんだから店内で食べれば良かったかも。
すっかり忘れてたわ・・・。

それでもゆっくりブランチをして
また家に戻ってまったりおしゃべり。
お茶を飲みつつね。
そんで夕方Mちゃんを送りがてら駅まで。
したら近所にアイス屋がオープンしてるのを発見。
これは・・・。
行かねばなるめえ・・・
ってことで。
Mちゃんを見送った後すたこらアイス屋へ。
ナッツ、バニラ、チョコの3つの味を試した。
うまーいっ!

アイスを食べながら気がついたんだけど、
アタイ今日は久々にジムに行こうと
思ってたんだった。
なのに何も持たずに出てきちゃったから
またもう一回家に帰って、着替えを持って
再度外出。
めんどくさー。

んで1ヶ月以上ぶりくらいにジムへ行った。
体力を回復させなくてはならんからね。
本当は最低でも週2回くらい行けば
体力が作られていくんだろうけど、
日曜に一回行っただけでどどどどっと
疲労感があるくらいだから平日なんて
果たして出来るのかどうか謎。
ジムで倒れたらシャレにならんしねー。
アタイって自分でも呆れるんだけど
体力をつけようと思って運動をしすぎると
逆にそれが元で倒れるんだよね。
だから恐らくアタイはマックス体力量が
決まってるんじゃないかと思ってて。
鍛えても増えないし、それを増やそうとすると
ダウンするって言う仕組み。
つまり運動をしすぎてはならないってこと。
うーん、理にかなってるね。笑

ま、そんなことを思いながらルームランナーを
早歩きしてたんだけど。
退屈だからいつも雑誌を3,4冊持っていって
ペラペラめくりながら運動をしてるんす。
ガーラでパパラッチのゴシップ写真を
へへええって眺めて。笑
したらR・ディカプリオさんもクロネコが
強化合宿をしたサン・トロペでバカンスを
楽しまれてた模様。
彼はクルーザーをチャーターしてたっぽい。
もしやアタイが沖に臨んでた船かしら?
と思いつつ運動を続けて、
次にコスモポリタンを見て、その後は
シュテルンを開いてたんだけど。
色々世界のニュースが特集されてて
何気にページをめくったらそこには
プーチン閣下がいらっしゃった!
メドちゃんとバドミントンをやってる休暇の写真ね。
ってココには貼ってなかったね・・・。笑

見開き分にドーンとその写真が使われてて。
あああーって思いだした。
シュテルンってやたらとプーチン閣下の
記事を載せるんだよね。
ま、大抵がルスラントがいかに危険な国か?とか、
ルスラント政府がいかに民主的じゃないか?とか
そういうマイナス報道記事を載せてるんだけど。
普通の写真にもそれこそ常にネガティヴな
表現を使って記事を書くんだよね。
一体何を根拠に?ってくらいネガティヴ。
ものすごく公平さを欠いてるし、
知らない人が読んだら「ああ、この人は悪い人なんだ」
って純粋に信じちゃうような記事の書き方。

まったく、ベイエイのメディアじゃないんだから・・・
って思うけど、その分アタイはシュテルンの他の記事についても
冷静に見ることが出来るのよね。
プーチン閣下の事をあること無いことで悪く書いてるって
ことは、他の国の情報も相当ゆがんでると見ていいわけで。
読者を煽るために非中立な書き方をしてるんだなーと
分かると言うかね。
ある意味プーチン閣下のおかげでアタイのなかでの
判断基準が出来たのだよ。
やー、やっぱりプーチン閣下のファンをやってると
いいことづくめだね!笑
物事を見極める目まで備わってくるんだからねー。笑
プーチン閣下ありがとう!

でもね、何と言うかシュテルンは逆説的に
プーチン閣下のファンじゃんじゃないの?って思うことがあるのよね。
ルスラントのイメージを悪くし続けたい!とか、
プーチン閣下を悪の化身として作り上げたい!ために
ああいう記事を書いてるとは思うんだけど、
取り扱う回数が多いのと紙面エリアが広いために
逆に宣伝になるような気がしてねー。笑
クロネコ的には注目してくれてありがとー!
って感じ。

そんなこんなで偶然閣下の記事が目に飛び込んで
来たのでご機嫌で帰宅したのでした。

Mちゃん、クスミティーありがと!
待ちきれなくて開けて飲んでしまった。笑
おいしかったよー。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-24 06:45 | 日記 | Comments(3)

強化合宿の後遺症

南仏キャンプから戻って1週間くらいは
あんまり気がつかなかったんだけど。
ここ1週間ほどクロネコは体全体が
カサカサになってしまってそりゃーヒドイ状態なんす。
脱皮してるのかな?ってくらい体中が
乾燥して粉吹き芋みたいな感じ。

最初は、こんな真冬でもない時期に
何で体中がカサカサになるんだろ?
と訝ってたののよね。
冬はいつもカサカサになるからね。
けど今はドイツラントも真夏。
夏日が続いてて。
日本のような湿気は無いけど
乾燥だってしてない。

なのにぃ~な~ぜ~???

多分。
ほんと多分だけどあの海水浴のせいかなと。
うすうすそんな気がしてる。

あちらでは日焼けは敵!
とばかりに1時間置きくらいに
体中に日焼け止めをこれでもか!
って塗りたくってたのよね。
でも。
その割りには日焼けしてるし
それでいて全身カサカサと来たもんだから
なんつーか、殺人光線の下で
海水浴をやることがいかに危ない事か
ってのを物語ってるよね。
あー、でも海は楽しかったからなー。
キャンプじゃなきゃまたビーチに
行きたい!って思ってるのに
この後遺症はつらいなーと。

顔は顔用の日焼け止めを塗ってたし
日焼け止めの下には化粧水とか
乳液とかも塗ってあったので
顔はまったくカサカサにはなってないのだよ。

でも体は如実。
カサカサになって脱皮してる。

寝る前にボディクリームを
塗りたくってるけど
これは半日も持たない。
なので会社ではハンドクリームを
腕とか足に塗ってる始末。
↑これでもまあまあいい感じになるね。

あー、あとね髪の毛も焼けたんす。
海のあと、アタイの自慢のロングヘアの
様子がおかしくなっちゃってね・・・。
からまるからまる・・・。
毛先10センチくらいが赤茶けてるし・・・。
こりゃあかんわいなー
と思ったので美容院に行ってきたよ。
したらねー、いつもの美容師さんに
「あ、髪が焼けてるねー」って
一発で言われた。
塩水に浸かって太陽光線を浴びたら
一発でやられるよーとのこと。
ああ。
それをアタイは1週間近く毎日
繰り返してたわけで。
そりゃ髪の毛も痛むわなー。
なので10センチくらい切りましたです。
でもまだ若干毛先がからまるんだよねー。
これちゃんと治るんだろうか・・・。
心配だなあ。
おっかさんいわく、クロネコの唯一の
チャームポイントなのに。

カサカサボディも治るのかなー。
あと1週間は治癒にかかりそうな予感がする。

海って大変だねえ。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-21 06:38 | 日記 | Comments(4)

ドレースデン旅行記:新市街エリア

東ドイツ復興税のおかげもあってか
東ドイツの街は見違えるようになってきてる。
ドレースデンはその最たるものかなと。

ドレースデンには元々歴史的な
建築物が多かったそうなんだけど
なんせ東ドイツ時代は貧乏だったから
修復したり修繕したりするお金が無くて
ある意味自然のなすがままな状態だったそうで。
特に外装が荒れてたと思う。

それらを「東側はすべてがグレーに見える」
などと西側の人は揶揄してたんだけど
これまた日本人留学生なんかも
感化されてたのか、長い間同じように
言ってた人が多かった。
感性の問題なのでアタイは
その考えに全く共感出来なかったけど。

どっちかと言うと荒れた外装が
好きだったりするからなんだけど。笑
アタイはそんな荒れた外装にも
すごく趣があると感じるんす。
ある意味ワビサビなのかなーと
思ってるんだけど、どうだろ。
ベタベタと安っぽいペンキを塗るくらいなら
荒れたままにしておいた方が
アンティークな趣が出ると思うし。
安っぽく直された外装を見ると
息が詰まって苦しくなってくるので苦手なんす。
薄っぺらいと言うかね。
でも荒れた外装よりそっちの方が
素晴らしいと思う人もいるんで
感性の問題なんだろうね。

アタイね、時の流れを感じたり
戦後の歴史を想像したり出来るから
そういう廃墟のような建物が好きなんす。
あとね、東ドイツエリアには
古いお屋敷のような建物が多く残ってるんす。
それらは廃墟のままでも見ごたえあるけど
修復された姿もそれはそれは美しいんす。
お屋敷じゃなくても普通の家でも
東の建築様式は何だかアタイを惹きつけるのよね。

東ドイツエリアは旧東独時代に
お金が無かったので(そればっか笑)
西側の町のように新しく家が建てられ無かった
ってのもある。
それに今もそんなに経済状態が良いわけじゃ
無いから、宅地開発で近郊に
ドカドカ新しい家が建つわけでもないみたいで。
その分昔ながらの家並みが残ってるそう。
良い点と悪い点はまさに表裏一体なんだね。
うーん・・・。

ま、それはさておき。

ドレースデンのもう一つの目玉
ノイシュタットエリアを。
ノイシュタットとは直訳すると新市街。
旧市街のアルト・シュタットに対して
新しく建てられたエリアを指してこう呼ぶんだけど。
このネーミングのおかげでアタイは
長らくこのエリアを見落としてた。
と、人のせいにしてみたり。笑

東ドイツエリアでは新興住宅地に
新市街と言う名前をつけてることがって。
新興住宅地って言っても東独時代のだから
かなり共産時代のビルディングって感じ。
アタイの留学してたハレと言う街が
まさしくその様相だったんす。
なんつーか、新市街地といえば
団地がズラーッと並ぶエリアで
東京で言えば高島平みたいな感じの。
だからてっきりドレースデンも同じだと
思い込んでて。
新市街こそが活気あふれる熱いエリアだ!
って知ったのが何と今年に入ってからなんす。
遅すぎ・・・。
なんたるテイタラク。
恥ずかしい話よね。

まー、だから名誉挽回ってことで
ドレースデンに行く時は絶対に新市街地へ
行くぞい!って思ってたんす。
だからホテルも新市街地にて予約。

そんな新市街は・・・。
もうホント、ハレの新市街と一緒にしてた
アタイを許して!って土下座しそうになるくらい
ぜーんぜんっ違った。笑
本当に良かった!
クロネコたち好みの街並みと雰囲気で。
とにかくステキだった!
気に入りすぎて、ため息とも取れぬ
つぶやきを何度はいたか分からない。
「いいね、ここホントいいね。
ドレースデンいいね~。
住みたいねえ~。」
うんうん、って。笑
いや、ホント良かった。
心地良くて素晴らしかった。
全身の細胞が喜ぶのって久しぶり。笑

なんとね、建物に関しては
今となっては旧市街の建築物よりも
新市街の方が年期があるらしいんす。
と言うのも。
旧市街の美しい宮廷建築は
第二次世界大戦で爆撃を受けたので
大半が崩壊してしまったんで、
戦後再建築されてるんす。
でも新市街の方は爆撃の被害が
比較的少なかったそうで
特に今盛り上がってるエリアは
あまり被害を受けなかったそうだから
古い建築がそのまま残ってるんす。
良かった・・・って心底思った。

このエリアにはここ数年内にオープンしたての
カフェやらバーやらがたくさんあって、
毎回違うところに行ってた。笑
それらがどれもこれもステキなんす。
ゴテゴテしてないけど、センスが良くてね。
カワイイ服を売ってるお店も何件か
見つけてしまったので、
うれしくなって買い物しちった。
久々に買い物がたのしー!って思えたね。
欲を言えばもう少しショップが多くてもいいかなーと。
あと10件くらい増えればいいのにな。
靴屋さんとかね。

東側の街って基本的に外人が少ないんだけど
とは言ってもベルリンは例外だし、
あと、ライプチヒも何故かわんさかベトナム人が
住んでるそうだから一概には言えないんだけど。
ドレースデンは規模の割りに外人が少なくて
白人率タカシだった。
このご時勢そんなことってありえるのか?
って思うくらいあんま外人が居ない。
クロネコ的にはトゥルキンが明らかに
少ないのが嬉しい。
そういや昨年行ったエアフルト、ヴァイマーも
トゥルキンが少なかったなー。
前にデュス在住のトゥルキン男性が
「東に行くとネオナチが絡んでくるから
絶対に行きたくない。
挑発されたらオレはやりかえしてしまうんで
それは避けたいから。」
って言ってたのを思い出した。
あー、確かに東はネオナチが多い
と言われてるもんね。
街中に平然とウヨ政党NPDのポスターが
貼ってあったし。
ってことは。
有色人種のアタイも危ないっちゃー危ないのよね。
アジア人も排斥対象だもんね。

一般的にドイツ人の感じが良くて
雰囲気が優しいのは断然東の方なので
クロネコは大好きなんだけど。
ほんの一部とは言えそういうネオナチ的な
危険要素もはらんでるのかもなーと。
クロネコは留学時代の記憶があるから
なんとなーく頭のスミにそういう人も居るんだろうな
って思っちゃうんだけど
東の人たちはこの説を120%否定するね。
ま、どこに居ても危険なんてつきものだから
って考えればそれだけなんだけど。

今回ドレースデンでは普通に
みんな親切で優しかった。
と言うよりかなりいい感じだった。
なんつーか、ココってドイツだっけ?
って考えちゃうくらいデュスでの対応と違った。

クロネコはどこかに行くと
すぐデュスとか他のドイツの街や人と
比べるから、終始ドレースデンでも
脳内比較をやってたんだけど。
何にしてもドレースデンの人たちは感じが良かった。
お蔭様で心が洗われるような感じで。
クロネコはデュスの街中で生き抜くために
段々トゲトゲしてたんだなあーって思った。
もっとチャーミングな性格のネコに
なりたいものだなーと思った。
目下逆行中だけど・・・。とほほ。

なんつーかね、
ベルリンでも良くあるんだけど
ドレースデンもカフェやらバーやらホテルでは
DUZENだった。
店員がお客のアタイらに対して
「あなた」じゃなくて「キミ」って呼ぶのよ。
それも若くてキレイなオネイサンとかが
そう呼ぶもんだから何だかくすぐったくて。
なおかつ親近感を寄せてくれてる気がして嬉しくなる。
多分この新市街は若者が多いからかなーと。

コレ、デュスじゃ絶対無い。
つーか、そんなことしたら金持ち奥様が
怒り狂いだすからね。
たまにチェーン店が親しみやすさを演出するために
DUZENを使う事があるんだけど。
例のスウェーデン家具屋とかね・・・。
アタイ例の事件でもめてた時も
店長から「キミ」呼ばわりされたんす。
んでかなりムカついたのよね・・・。
親しみではなくてナメてるなって取ったんでね。

なので状況によって使い分けないと
危ない言葉遣いではあるかなと。
でもドレースデン新市街はそこで働いてるのも
住んでるのも、遊びに来るのもほとんどが若者だから
問題ないんだと思う。
間違っても団体観光客はやってこない。
彼らは旧市街を観光して終わりだろうからね・・・。
なので良い感じでリラックスできるのだ。

それにしても若者が多かったなー。
スリムでセンス良く着こなしてる人多し。
そんでみんなとってもカワイイ。
特に女性がカワイイ。
女らしいと言うか。
デュスあたりに居るドイツ女はいかつくて
がっしりしたタイプが多いんだけど、
ドレースデンの女性たちは
すらっとしててしゃべり方も可愛くて
何か女らしかったのでホッとした。

けど女性のタトゥー率が非常に高い。
ものすごくたくさんのオンナの人が
体にタトゥーアリだった。
デュスよりも圧倒的に多いと思う。

ま、そんな見た目はさておき。
ドレースデンの女性達のステキなところは
その愛嬌の良さだった。
オンナは愛嬌だもんね!
デュスのオンナは120%愛想が悪いから
ドイツオンナはそんなもんだと思ってたアタイは
何の期待もしてなかったので
これにはものすごく驚いた。
店員さんとかならまだ分かるんだけど
ドレースデンではお客の愛想が良いんす。
ロンドンも道行く人とかが感じ良いけど
ドレースデンはカフェやレストランに
居合わせてる女性の愛想が良い。
目が合うと「こんにちは~」って言いながら
スマイルなんす。
アタイ最初驚いて返事をかえすのに
一拍必要だったもん。
客同士がこんにちはって・・・みたいな。笑
クロネコこの子と知り合いだっけ?って
一瞬考えちゃった。
20歳くらいの子達だったけど
なんてオンナの子たちなんだろー!!!
って感激しちった。

感動の余りデュスに帰ってからサユリさんに
この話をしたら
「え、私の近所のドイツ人たちも犬の散歩中
道端で会うとコンニチハって挨拶してくれるよ。
それって東とか関係無いよ。」
って評されて終わりだった。
・・・。
クロネコ言葉を失っちった。
だってサユリさんの住む人口数百人にも満たない集落と、
人口50万人の都市を比較してる事自体
意味が無いし、
年寄りとか子供の愛想が良いのは
万国共通だからそれも話しにならないからねええええ・・・
脱力しそうになったわい。
アタイが言いたいのは
ドレースデンは小さい街じゃないのに
レストランの若いお客の愛想が良かった!
ってことなんだけど。
せめて人口が同じくらいのデュスと
ドレースデンを比較してくださいな
って思った。
もちろんサユリさんにはこの点を説明したけど
彼女が正確にアタイの意図を理解したかどうかは不明。
そもそも東ドイツに興味の無い人には
どうでもいい話ではあるから
それを熱く語ってしまったアタイが
いけないんだけどね・・・。
つい、うっかり。笑

そうそう。
ドレースデン新市街で見かけたドイツ男子も
なかなか見た目が良かった。
痩せ型だけど筋肉質と言うか。
何でそこまでわかるのかと言うと
アタイが遊びに行ってた時期はちょうど
暑かったので上半身裸の人が多かったんす。
へへへ。笑
顔もそこそこキレイな人が多かった。
けど難を言えばシャイと言うか、
異人に関心を示さないドイツ男子率タカシだった。
これはドイツラント全土的にその傾向があるので
ある意味慣れてるっちゃー慣れてるんだけど
その中でもドレースデン男子は
アタイにはかなりしょーウィンドウ的だったなあ。
見た目はキレイだけどガラスを隔ててるような
遠い感じっつーか。
何じゃその表現は?って感じよね。笑
でもドレースデンを大変気に入ってしまったから
この点はどうにかクリアしたいのよねえ。笑

好きな街の男児評価は大事なんす。
クロネコ本来女性は見た目と愛想が良けりゃ
オッケーで、それ以外はどうでも良いんす。
(デュスのオンナはそれさえクリアしてないんだけど)
でも男性は違うよね。
どこの国、どこの街に自分好みの男性が
より多くいるか?ってマーケティング調査は大変重要。笑
ま、普通みんなやってる調査だよね。
とはいえ・・・
いつでもどこでも調査してるわけじゃなくて
好みの顔が多い国や街で特に厳しい
脳内調査を繰り広げてるだけなのだ。
フランス、イタリア、イギリスの男児は
顔が好きじゃないから調査自体やってないしね。
アタイの好みは一般的じゃないから
あんま参考にならんので
どこの国の男児が良いかは書かないでおく。

ま、そんな背景があるんで
もう少しドレースデン男児を調査したい。
彼らはあんま愛想が良く無いのかもしんない。
クロネコこの点に関してはベルリンとか
フランクフルトのドイツ男子の方が好きだな。
ショップとかカフェ店員の男子に限ってだけど
愛想が良いんでね。
チップが欲しいだけの営業スマイルかも
しんないけど・・・。笑

では新市街の写真を何枚か。
このエリアはベルリンで言うところの
フリードリヒスハインみたいな感じかな。
プレンツラウアーベアクだと芸術家とか
外国人が多くなってきてる感があるので
それよりはもっとドイツ人率が高いし
そんなに芸術家も多くないと思うんで。
ま、単なるアタイの感覚。
つーか、この地区名を書いたものの、
ははーんって思えるのってsandoさんだけのような気が・・・。笑

c0016407_6315122.jpg

c0016407_632644.jpg


そんなに整備されてない家。↓
c0016407_633239.jpg

c0016407_6333626.jpg


教会↓
c0016407_6341252.jpg

c0016407_6343032.jpg

旧ユダヤ人墓地↓
c0016407_6362650.jpg


カフェやらバーやら。↓
コジャれたレストランは
イタリアン風か、スペイン風であるべきなのか、
イタリア料理やとスペイン料理やがたくさんあった。
行ってないけど寿司バーもあったなー。
ドイツ料理やは見当たらず。
資本系チェーン店もほとんど無くて
しいて言えばサブウェイがあったくらい。
このエリアにはマックもバーガーキングも無い。
個人経営のバーガー屋はあったかな。
規制でも何でもしてこの状態を
保って欲しいなあと強く思った!
c0016407_6371387.jpg

このお店スゴくいい雰囲気で味も良かった。↓
c0016407_6402889.jpg

ベトナム人経営のベトナム料理屋で
春雨ヌードルを食べたんだけど。
すーっごく美味しかった!
スープが美味しくって何回でも食べたくなる味!
c0016407_6422392.jpg

ココのイタリアンは雰囲気は良かったけど
味はまあまあかなー。笑↓
c0016407_643976.jpg


コンクリートの落書きは
やりたい事でいっぱい~♪
・・・。笑
ココは合法的に落書きをしても良いコンクリ壁。↓
c0016407_645159.jpg


新市街の駅。↓
かなり重厚な建築だよね。
これを見れば戦前から新市街が注目スポット
だったことが良く分かるねえ。
中央駅と遜色の無い構えだもん。
ま、中は中央駅の方が上だけど。
c0016407_6471898.jpg


ま、そんなこんなで。
クロネコはホントにここに住みたいなあって
思った。
下手したらベルリンよりいいかも!
って思ったくらい。
この時点ではドイツラントで一番好きな街は
ドレースデン!!になってた。
今はまたベルリン熱がふつふつと・・・。笑

けど、いつかドレースデンに住めたら
ステキかも~って妄想を最近よくしてますです。
非常にたのしい。笑

あんま期間を置かずにまた行きたいなあ。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-20 07:04 | 旅行記 | Comments(0)

ドレースデン旅行記:エルベ川のほとりで

そーいや。
まだドレースデン旅行記が終了してなかったので
引き続き。

エルベ川の景色から。
2002年に大洪水を起こして
その際ドレースデン市はもちろん
近郊の多くのエリアが水浸しになったんだそうで。
アタイはその当時さいたまに住んでて
このニュースを聞いた時に
街の復興に寄付するかどうかで随分悩んだのよね。
何せツヴィンガー宮殿の歴史的な
美術品やら絵も被害を受けた・・・
って報道されてたんでね。

でもアタイは結局寄付しなかったのよね。
だからその後ドレースデンに負い目を感じてたんす。
アタイったら東独好きと言っておきながら
寄付の一つや二つも出来ないケチ人間だなーって。
でもまあ今やドイツラントで働いてるから
その負い目も無くなった。
何故ってドイツラントに給与の50%近くも
税金を納めてるからね。
ドイツラントの独身者はやたらと税率が高いんすよー。
んでその税金の中には東ドイツ復興金額が
含まれてて、毎月自動的に差っぴかれてるんす。
アタイはドイツラント在住5年目だから
この間東ドイツ全土に対して役立ってきてる
って言う自負があるのだ♪
なんて喜んで東ドイツサポート税(正式には違う名前)を
払ってる人なんてかなり少ないと思われる・・・。
クロネコはちょっと頭の回路がおかしいからね。

特に普通の在独日本人たちは
西ドイツ人と一緒になって
「なんでワタシが東ドイツの経済を
助けなきゃいけないのよっ」
って文句を言ってるんでね。
そんな西ドイツ人には
「あんたの国なんだから
しょうがないじゃん」って言うし、
西ドイツかぶれの日本人には
「嫌なら他の国に行けばいいじゃない。」
と言うことにしてる愛東ドイツ主義のクロネコ。笑

エルベ川とフラオエン教会。↓
c0016407_3435654.jpg

アウグストス橋にある2002年大洪水を
追悼したオブジェ。↓
北斎の高波をモチーフにしてるっぽい。
けど北斎の高波は川じゃなくて海だよね・・・。
c0016407_3443474.jpg


橋の上から見るエルベ川。↓
こんな穏やかな川が氾濫したんだ・・・
と思うとスゴイね。
雪解け水と大雨の影響が原因だったかな。
下流のハンブルクなどは治水が進んでるから
被害は少なかったらしいけど
旧東独エリアは治水工事がなされてなかったので
被害が大きかったんだそうで。
c0016407_3471046.jpg


川辺で遊ぶお子様たち。↓
c0016407_349052.jpg


アタイらも川辺へ降りていった。
こっち側は浅瀬で、向こう側は汽船が
停れるくらいだから深いんだろうなーと。
c0016407_350390.jpg


河川敷。↓
c0016407_3514431.jpg

橋の下。
c0016407_3521973.jpg

こんな大きな橋なのに洪水は
それさえも超えちゃったんだー。
大被害だったんだろうなあ・・・。
川のいたるところに当時の水位が記されてた。
まあドイツラントの橋では大抵川の付近に
水位を記す記念碑みたいなのがあるんだけどね。
c0016407_3525449.jpg

川べりは日陰も無くて、射すような光線の
日差しの中、河川敷に座ってしばしぼんやり。
なごむね。
c0016407_3543126.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-20 03:56 | 旅行記 | Comments(0)

イタリア人とキャンプ

あんなに二度とキャンプはやらない!
と言っておきながら
今度は・・・
イタリア人とキャンプでした。

なんつって。笑

イタリア人の友達が総勢4名アタイんちに
遊びに来てくれてたんだけど。
アタイんちはゲストルームも無ければ
ゲスト用ベッドも無いもんだから。
リビングルームに雑魚寝していただいたんす。
欧州人は誰もが標準装備で寝袋を持ってるので
ちゃんと持ってきてもらって。
その様子がまるでキャンプみたいだったんでね。笑

アタイの親友の一人マルタちゃんが
デュスに遊びに来てくれてて。
彼女が最後にデュスに来たのは約2年前で
本当は去年アタイがイタリアに遊びに行こうと
思ってたんだけど。
昨年は日本に2回かえったり忙しくしてたので
時間が取れなくて行ってない・・・。
不義理なアタイを許しておくれ~。

マルタちゃんたち4名はヴェネツィアの近くに
住んでるんだけど、今自動車旅行をやってて
そのルート途中にあるデュスに寄ってくれたのだ。
ヴェネツィア-フランス・ナンシー-ブリュッセル-
アムステルダム-デュス-ミュニーク-ヴェネツィア
って言う行程なんだって。

つーか。
それらを乗用車で移動してる彼らはさすがだよね。
体力あるよね。
もう10日間もそんな日々らしいけど。
アタイ多分一番最初にへばりそう・・・。
イタリア人も体力あるね・・・。

昨日仕事が終わる時間帯くらいに
マルタちゃんたちがアムスから到着したので
一旦アタイんちに来てもらって、
んで、そっから夜ご飯を食べに居酒屋へ。
マルタちゃんは日本語ペラペラだし
日本にも住んでた事あるしで
超日本大好き、日本食ラブなので
問題無いけど他の人たちはどうかなあ・・・
って思ってたら。
マルタちゃんの親友アレクサンドラちゃんも
日本語を専攻してたそうで
日本留学してたこともあるってことで
日本食は何の問題も無かった。

マルタちゃんとアレクサンドラちゃんの
彼氏も日本食大好き!ってことで
結局何の問題も無かった。
いやー、ほらアタイ普段日本食が
苦手なドイツ人ばかり相手にしてるから
やたらと気を使っちゃうんだよね。笑

居酒屋ではアタイが色々オーダーして
みんな色々試してどれもこれも
美味しいー!!って感動してた。
イタリアにはあんまり日本食屋が無いのと
スシ屋はあっても味が違うとのことなんで。
良かった、良かった。

デュスの居酒屋には激辛ラーメンなる
メニューがあって、1~5までの中で
レベルを選べるんだけど、
マルタの彼氏ショーンさんは
「俺は辛いものが大好きだから!」
ってことで一番辛いやつに挑戦。
1mくらい離れてても辛い匂いが
漂ってくるくらいの激辛ラーメンなんだけど
ショーンさんは9割くらいは食べてた。
お腹がすいてたら全部食べれたはず
って言ってたくらいで。
汗もかかずに食べきるそのイタリア魂に
アタイは驚いたよ。
ショーンさんスゲエ。笑
スープまで全部飲み干せばお店に
名前を貼りだしてもらえるんだけど
9割だったのでダメだった・・・。
それでも十分スゴイ!と思ったけどね。

その後みんなで歩いてライン川へ行って
ハードロックパブにてデュス名物アルトビアを飲んで
夜1時くらいに帰宅。

アタイ今日はオフにしてたので
今朝はゆっくり起き出して。
近所のパン屋さんにブレッツェルを買いに。
イタリア人たちは皆ブレッツェルが食べたい!
って言うもんだから。

んで朝ごはんを食べたら
みんなでまた日本人通りへ。
何でもアレクサンドラちゃんが
「メロンパンが食べたい!」ってことで。笑
デュスには日本ベーカリーが2件あるので
日本っぽいパンが買えるのだ。
んでアタイが気に入ってる方のベーカリーで
メロンパンを買った。
そこのメロンパンの方がもう一方より美味しかったんでね。
アタイ割とメロンパンの味に好き嫌いがあって
甘すぎちゃダメで、やわらかくてもダメ。
製パンメーカーのはまず好きじゃない。
乾いた感じがするのでパン屋さんのが好き。
ってアタイの好みでお店に連れて行ったから
アレクサンドラちゃんの想像してた味とは
違うかもしれない・・・。笑
マルタちゃんはカレーパンとアンパンを買って
アタイはカステラパンと日本のピロシキを。
美味しい~。

そこで4人とはお別れ。
彼らはそっから600キロメートルを車移動して
ミュニークへと向かって行ったので。
「今度はクロネコが絶対イタリアに来てよ!!!」
とショーンさんに念を押された。笑
そーだよね、そろそろ行かなきゃね。
3年もイタリアに行ってないし。

ショーンさんは相変わらずやたらと
日本アニメに詳しかった。
けどアレクサンドラちゃんの彼氏ミルコさんも
詳しかったのでイタリア人は日本アニメを
結構見て育ってるんだねー。

プロゴルファーのマンガで
「スパ・ゲッ・ティーッ!」って言いながら
打つやつあるよね!
って言われたけどクロネコ何のことやら
ちんぷんかんぷんで。
ゴルフマンガと言えばプロゴルファー猿しか
知らないんでYouTubeの映像を見せたら
「いや、それじゃない」と言われ
イタリア語で検索して見せてくれたアニメが
「明日天気になあれ」だった。
あー、あれもゴルフマンガだったね。
けど、あれって何て言いながら打つんだったっけ・・・
と思って検索したら謎が解けた。笑
「チャー・シュー・メーン!」だった。
イタリアだと「スパ・ゲッ・ティーッ!」
に変わるんだ。
ウケル・・・。笑
どっちも麺類だもんね。

マルタちゃんとアレクサンドラちゃんは
アタイと日本語が話したいみたいだったので
アタイは終始日本語。
ショーンさんは英語が分かるけど
アタイら二人にならない限りは
常にイタリア語でマルタちゃんが通訳。
色んな話をして面白かった。笑

ショーンさんはものすごくロッキンな人で
マルタちゃんとアマチュアバンドもやってるし
曲の趣味もハードロックから
インダストリアルロック、オルタナなので
クロネコとも結構かぶる。
んでお互いラムシュタインファン。笑

ショーンさん前回よりタトゥーが増えてて
両腕ともヤクザ並み。
ベイコクで入れたんだーってことで
桜と宮本武蔵が入ってた。
「花は桜木人は武士」って日本語入り。
その選択が渋い!
すげえカッコイイ!
今度は北斎のゲイシャを掘ろうと思ってるんだ~
って言ってた。
ショーンさん渋いね。

けどショーンさんはプログラマーってことだったから
イタリアはタトゥーがあっても就職できるんだね。
接客業じゃない仕事は問題ないのかな。
今んところアタイの独自調査では
おフランスとスイスで
タトゥーはおろか男性はピアスありでも
企業への就職は難しいってのが分かってる。
スイスなんてピアス穴があるだけで
面接で落とされるらしいよ。
きびちいね。

ドイツラントの男性オフィスワーカーの場合
アタイの知る限りピアス穴は問題ない。
タトゥーもTシャツとかで隠れるエリアなら
全然問題無い。
飲食店もお客さんに見えないところなら
問題無いみたいだし。
つーかタトゥーを面接で禁止しちゃうと
若者とかかなりの率でタトゥーが入ってるから
誰も就職出来ないことになるかもしんないし。笑
女の人も肩とか、腰とか色々入ってるしね。
夏場なんて職場でもチラ見せしてる同僚女性多し。
アタイも段々入れたくなってきたわいなー。
入れるなら肩に虎かな。
勇気が無いので実行に移す事は無さそうだけど
デザインを考えるだけでも楽しいのだ。

欧州人が言うところの「タトゥーはダメ!」
ってのはパンクロックのスゴイ激しいファッションの人が
腕、足、首とか全身にくまなく入ってる場合なんじゃ
無いかなあとアタイは思う。
でも保守的な国は部分タトゥーでさえもダメなのよね。
スイスはかなり保守的だと思われる。
意外だよね。
外国なら何でもアリかと思いきやそうでもないのだよ。
そんで欧州とひとくくりで見られがちだけど
国それぞれで考え方が違うから
面白いなーって思う。

ま、そんなショーン&マルタカップルなもんだから、
アタイんちの雷神壁画デザインも
大変大変気に入ってくれた。
自慢の出来栄えだからアタイも大変嬉しい。笑
二人ともこういうモチーフ好きそうだなあと
何となく分かってたのでその通りだったのも嬉しい。笑

1泊だけだったのでドタバタだったけど
イタリア人とのキャンプは楽しかった!
今度こそアタイがイタリアに行く番だな。笑
いつ行こうかなあ~。

そーいえば。
彼らに「ねー、何でイタリアはベルルスコーニが
何度も首相になってるの?」
って聞いてみたんだけど。
「さあ・・・」
と誰も分からないみたいだった。
って言うよりその件には触れられたく無い
って感じだったかな。
まー、気持ちは分かるけど。笑
「あのオッサンは政治家じゃなくてコメディアンだからね!」
のこと。笑
確かに超オモロイことばかり言うもんね。

マルタちゃんたちと別れてからアタイは
領事館へ在外登録選挙に行ってまいった。
日本で選挙に行くのと違って
こっちでは全国の選挙区が対象だから
全資料が置いてあるのよね。
そこから自分の該当する地域を確認して
候補者とか政党を選ぶんだけど。

クロネコねー、先日色々チェックしてて
分かったんだけど。
うっかりしてたわ。
アタイはキャギャワ県の選挙区だったのよね。
・・・。
なんかね、四国って選択肢が少ないのよ。
大都市東京とかはいいよね。
地方は選択肢が少ないね。
保守的だし、改革派とか居ないから
しょうがないんだけど。
以前は東京で投票してた際は
どこを選ぼうかなって考えれたのでね。
四国のページには
目新しい党の名前なんてリストに無かったよ。
なーんかつまんない。

せっかく事前にヤフーの政党マッチングで
政策ごとにどこの党の考え方と合うかを
チェックしたのに、
全然意味が無かった・・・。

小選挙区の方は・・・
もっと規模が小さかったから即断即決。
アタイは前もってある程度考えて行っても
投票口で再度ウダウダ悩むのが
好きなのになー。
どうしよ、どうしよ・・・って。

これって住民票を東京とかに移せば
都内の選挙管理委員会に
在外投票登録が出来るってことかな?
よく分からんけど、そんな数年に一度の選挙のために
いちいち日本の住民票を動かしても
しゃーないよね。
候補者じゃあるまいし。笑

平日に投票に行ったので
人が少なくてゆったりしてた。
何を聞いても懇切丁寧に係りの人が
かなり手厚くいろいろ説明してくれたので
クロネコは感激しちった。
なので必要以上に質問しまくりだった
手のかかるクロネコなのでした。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-20 01:29 | 日記 | Comments(0)

もうすぐ選挙だ

もうすぐ参院選だねー。
昨日在外選挙の案内が届いたので
来週アタイも時間を見つけて領事館へ
行こうと思う。

民主党が政権取るのかな。
過去に一瞬違う政党が政権を取った事が
あるけど、戦後ほぼずーっとジミントウが
一党独裁体制でやってきてるから
その特異体質から脱皮してもいいんじゃないか
と思うんだけど。
ホント、先進諸国の中で一党独裁体制を
貫いてるのは日本だけだもんね。
見上げたもんだよ。笑

先進国だけじゃなくて世界規模で見ると
もしかして北朝鮮か、日本か?くらいの
希少価値があったりするのかな。
どうなんだろ?
一党独裁ってのは上手く機能してればいいけど
癒着が増えたりもするから
一般的に世界では悪いものとされてるよね。
そんな中でも一党独裁で
それなりに日本を築いてきたジミントウは
ある意味凄かったといえるのかもしれない。
ま、何事も悪い面ばかりじゃないからね。
そんだけ長く続いたってことは
ジミントウ政権は日本国民の総意だったわけだし。
徳川政権にはかなわないけど
長い期間お疲れ様でしたって感じかな。

日本の場合は特に最近は
首相は1年しか勤めなくていいから
一瞬何かが変わった気がしちゃって
実際は何も変わってないのに
一党独裁に気がつかないのかもね。

それにしても段々と首相って任期が1年
って言う認識になりそうだから怖いよね。
日本の首相は顔が見えない感じになってて
欧州では未だにコイズミが首相だと
思われてるフシがあるよ。
コイズミなんて二度とゴメン被りたいから
そんな間違えた認識の人が居たら
即訂正してるけど、だからと言って
新しい首相を教えても任期1年だからねえ。
なんか教えるほうも覚える方も
いまいち力が入らないよね。

諸外国は日本と外交をやるのはほんとに
難しいだろうなー。

今後は民主党が連立政権を取ったとしても
まあいいかなーって思ってたけど
昨日ウェブでタナカマキコが民主党に入る
ってのを読んで一気に幻滅した。
あーあ、真紀子入れちゃうかあ~ってね。
まあ、もともと民主党なんて好きじゃなくて
アタイが好きなのはオザワイチロウ氏だから
たとえ民主党が政権を取っても
党代表じゃなくなったオザワ氏が首相になる
可能性は今は低くなってしまったから
別にどうだって良かったんだけど。

でももし政権を取るんだとしたら真紀子はやばいよ。
あのオバサンはまずいなーと。
アタイが一番心配してるのは
あのオバサンが外務大臣とかになったりしないよね?
って点だよ。
それだけが怖いなあ。
そうなったらマジで日本はおしまいだからね。
あの悪夢が再び・・・って感じで。
あのオバサンはかつて日本の外交を
めちゃくちゃにしちゃったからねえ。
日露の人脈も壊したし・・・。
あのオバサンが万が一外務大臣になったら
日露間は全然発展しないことになるよ。
これ確実だから。

あー、クロネコは大変心配なりよ。
民主党よ、政権を取ってもいいけど
真紀子を外務大臣にだけはしないでよー。
真紀子だけはダメ。
絶対にダメーっ!

けどアタイ以上に外務省の人たちが
真紀子が外務大臣になりませんようにっ!
って心底祈ってると思うな。笑

何かそう考えると面白くなってきた。
クロネコは選挙が好きだからねー。

そういえば、ドイツラントも4年に一度の選挙が
押し迫ってるんだよね。
多分来月かな。
この国は基本首相の任期は4年だからね。

アタイの支持するSPD党は人気がジリ貧で
落ちてきてるから、連立さえも危うそうな雰囲気に
なってきてて。
時折雑誌の支持率を見ても下がる一方。
シュタインマイヤーが首相になるのを希望してるんだけど
どうにもダメそう。
CSUは支持率が安定してるから
となるとアンゲラ続投かな?

ドイツラントには他に
自由民主党「FDP」、
エコ集団の「緑の党」とかがある。
最近ジワジワ少しずつきてるのが
左派政党の「リンケ」、その名もヒダリって意味。
もともと東ドイツの政党SEDが母体だったかな。
このご時勢ジワジワ社会主義と言うかコミュニスティックな
リンケがきてるんだそうで。
でも西ドイツっ子たちはコミュニズムアレルギーが
あるから微妙な感じではあるね。
ヒダリときたらドイツラントには極右政党もある。
NPDって言うんだけどネオナチ集団による
外国人排斥を高らかにうたう超やばい人たち。
だけど彼らも議席はゼロじゃないんだよね。

そんな色彩豊かなドイツラントの政党だけど
クロネコにもし参政権があるならば
やっぱSPDを選ぶかなあ。
CSUはキリスト教が母体なので絶対に選ばないな。

意外と緑の党とか選ぶかもしんない。笑
彼らのやり方はちょっと極端すぎるから
うぇぇぇって感じがして苦手なんだけど
アンチ原発って点には同意出来るんでねえ。
彼らはアンチ自家用車でベジの人が多い集団なのだ。
何事もほどほどにーって言いたい人たちだね。
でも割と人気がある党なのだよ。

ま、もうすぐ選挙ですねってことで。
[PR]
by kuronekomusume | 2009-08-16 00:16 | 日記 | Comments(0)