死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

スーパーしか行かなそうな連休。

昨日知ったんだけど、
なんとドイツラントは月曜日が祝日らしくて。
ってことは。
3連休なわけで。
・・・。
まったく、まったく知らなかった。
超驚いた。
っていうか。
何の予定も入れてなかった。

どどどどどどどヒマになること
間違い無しだなーと思うと
何だか気分が滅入っちゃう。
けど今更しょうがない。
誰か誘うにもこの街に友達とか
特に居ないし。

うーん。
何をすれば良いんだろ。
困るね。

だって。
ドイツラントの祝日は基本的には
お店が全部閉まってるんだもの。
つまり。
ちょっと街まで出掛けてぶらぶら
買い物でもすっかなー、っていう
プランはありえないわけで。

コレは日曜日も同じだから
2日間困るなーって事になるわけで。

出掛けたら出かけたで無駄遣いするから
それも控えたいし。
うーん。
うーん。
結局家でぐだぐだするしかないかなー。

と思ってたら。
明日は日曜だけど年に数回ある
「お買い物日曜日」の日らしくて。
午後は18時までお店が開いてるらしい。
じゃあ。
やっぱプラプラすっかなー。笑
無駄遣いを抑えて・・・って思ったけど
さすがに2日間ずーっと家に居ると
腐りそうになるからね。

つーか、今日は土曜だったけど
出かけたのはスーパーに買出しに
行っただけだし。
しかもスーパーはうちのアパートの
目の前だから超近いしで。

クロネコってば恐ろしく行動範囲が狭いのよね。
これはちょっと問題なのでは?
って最近思ってるんだけど。
なかなか脱却できないんだわー。

テレビ見て、本読んで、ネットして。
って言う連休になりそうですわ。
掃除と洗濯は1日で終わっちゃうしね。
ヒマだからあさってもやろうかなー。
家がきれいになってヨロシイわね。

そーそー。
スーパーといえば。
アタイんちの目の前にはREWEと言う(レーヴェと読む)
スーパーがあるんだわ。
このスーパーはフランチャイズらしくて
オーナーが仕入れを決めてるっぽいから
どこのREWEに行っても必ずしも
同じものが買えるわけじゃないっぽいんだ。
ま、基本はドイツラントのスーパーだから
ドイツの売れ筋商品が並んでる。
郊外だと店舗面積が広いからかなりかなり
色んなものが売ってるらしいけど
アタイんちは街中だから
必要最低限のものしかないかな。

でもまあ特に不満は無い。
何と言ってもアパートからものすごく
近いからね。
コレ最高だよ。

基本は野菜類はトルコスーパーで
買うんだけど、このトルコスーパーも
とっても近くにある。
でもそっちは徒歩5分くらい。
REWEに比べると遠いね。

今日はトルコスーパーで野菜を買うぞ!
と思って夕方出かけたところ。
18時だったので既に店仕舞いをしてた・・・。
あちゃ。
野菜が買えない・・・。
ということで仕方なくREWEへ。
明日かあさって水炊きでもすっかなー
と思ってたので、お野菜を買わねばと思ってね。

んで。
レジで、大根、白菜、シイタケ、
さやえんどう、柿(なべ用じゃないよ)を並べながら
ふと思ったんだけど。
なんか、日本食には割りとよく使われる
これらが今はドイツラントのスーパーで
普通に手に入るんだなーって思うと
なんか凄いことよねって思って。
白菜は昔からスーパーにあったけど
大根も、シイタケもあるからね。
けど。
ドイツ人って大根をどうやって
食べてるんだろ?とも思って。
鍋なんてしないだろうし、おでんだって無いし、
煮物自体無いし。
ドイツ料理にも大根は使わないだろうし。

と思ってネットで調べたら
基本はサラダに使われてる風だった。
大根サラダといえば、和風ドレッシングが
アタイにはシックリ来るけど。
ドイツ人はそういうの知らないだろうから
違う味で食べてるんだろうね。
美味しいんだろうかね。
けど。
スーパーではいっつもちゃんと仕入れてあるから
アタイ以外にも買う人が居るってことで。
何とも不思議だなーと。
ま、アタイは大根が家の目の前で買えるから
大変助かるんだけど。
日本食スーパーでしか手に入らないとなると
ちょっと距離があるから重たいしねえと
思って。

今スーパーのREWEでは全国的に
ヴェーエムエフのキャンペーンをやってるんだわ。
今回はちょっと欲しいものあるから
やってみようかと思ってて。

ヴェーエムエフっていうのはドイツラントの
高級台所用品ブランドなんす。
お鍋とか、フライパンとか、包丁とか
色々あるけど結構なお値段がするから
アタイは包丁くらいしかもって無いんだわ。
品質は確かだから、買いたいんだけど
いつも高くて「う~ん」と買うのを
やめてる、と言うか諦めてる。
何故って、アタイのお財布事情では
ちょっと高価すぎるんでね。

REWEとのキャンペーンでは期間中に
150ユーロ分の買い物をすると
クーポンシールをもらえるので
それを集めるとヴェーエムエフの商品が
6割引くらいで買えるんだわ。
それなら何とかアタイにも買えるぞ!
と思ってね。笑
アタイに限らずおおよそのドイツ人も
同じ事を思ってクーポンを集めてると思う。

このキャンペーンの良いところは
該当商品とか買わなくても
REWEで買い物をすれば
5ユーロに付き1枚クーポンがもらえる点。
どうせいつもこのスーパーで買い物してるから
普段の買い物とあんま変わんないワケで。
いつもどおり買い物したら
ヴェーエムエフの商品が安く買える!
ってことなんす。
良いアイデアだなーと。笑

ご愛顧感謝キャンペーンと言えるよね♪

クロネコはヴェーエムエフが好きだから
この制度が大変嬉しい。

アタイがこのキャンペーンをスタート
させたのが2週間前なんだけど、
既にアタイのクーポン台は8割がた埋まってて
ほぼ終了状態なんす。
コレはかなり予想を上回るペースで
アタイが驚いてる。
キャンペーン期日は来年1月なので
最初アタイは
「一度に15ユーロしか買わないし、
11月は外食が多くなりそうだし
12月は日本に帰省するから
まあギリギリ1月くらいで何とかなるかなあ。」
って思ってたんす。

なのに。
あと25ユーロくらいでオッケーなんだよね。
あれ?
このペースだともう11月の中旬には
クーポンがいっぱいになるね。

クロネコってばスーパーでも無駄遣い
してるんだろうかね?
って思うだろうけど。
いえ、いえ。
アタイは週に1度しかスーパーに
行かないし、買っても20ユーロを超える
ことはあまり無いんだよね。

なのに。
何故そんなに早くクーポンが集まってる
のかってって言うと。

レジのバイトさんが多めにくれるからなんす。笑

レジのオバチャンとかは厳密に計算して
該当分しかくれないんだけど、
若い子がバイトでレジをやってる時は
「クーポンくださいなっ」って言うと
やたらとたくさんくれるんだよね。
昨日なんて8個もくれた。
こっちが驚いたわ。
8個って事は40ユーロ分の買い物だからね。
ドイツのスーパーで5千円近く買うのは
なかなか無いことだよ。
本当は2枚しかもらえないところだったのにね。

クロネコはこういう時
「あら、そんなにもらえないはずですよ!」
とか正直に言わないタイプ。
もらえるものは貰っとけ!ってタイプなんで。笑
しかも、バイトが若い子だとどの人も
多めにくれるから、
それなら言う必要無しだなって思って。

多分ね、バイトの子は
「多めに渡そうがちゃんと渡そうが
私の自給に影響は無い。」
って考えだからかなーと。
コレはドイツ人にありがちな普通の思考。

いやー。
なんかアタイには有難いけど、
スーパーのオーナーにしてみたら赤字かもね?!
ヴェーエムエフの商品を仕入れてるだろうからねえ。

このキャンペーンやる時はバイトを徹底教育すべし!
ってのがアタイからのアドバイスだけど
そんなこといちいち教えてあげない。笑

何故って。
クロネコは来月早々にはヴェーエムエフの
ボウルを買えるからね。
嬉しいな。

今までボウル無しで料理してたけど
今度からはレベルアップだよ。
お鍋もいいな~って思ったけど
既にたくさんお鍋は持ってるんで(安物ばっかりだけど)
諦めましたわ。
フライパンも安物を数ヶ月前に買ったばかりだし。
つーか、このペースだともう一個くらいは
ヴェーエムエフ商品を買えそうだよね。笑
c0016407_5235473.jpg


明日は起きれたら出掛けようかな。
・・・無理そうねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-31 05:24 | 日記 | Comments(1)

日本週間

今週はヤーパン・ヴォッヘってことで
日本ウィークなんす。
どこが?何が?って言うと。

うちの会社の社員食堂のメニューが
日本強化週間なんす。

うちの会社の社員食堂は外部の
ケータリング会社が常駐してて
あれこれ手を変え品を変えドイツ風料理を
メニューにしてるんす。

オーストラリア週間とか
フレンチ週間とか、
南ア週間とか
いろいろ企画してるんだよね。

そんで。
このビルが出来て3年目にしてとうとう
今週初めて日本ウィークになったわけなんす。

そのメニューもさることながら。
何故か食堂の中も色々デコレーションしてて
頑張ってる感が凄く伝わってくるんだけど。

超勘違い日本丸出し!
なんす!

クロネコ最初はアジアン・ハロウィーンか
何かかな?って思ったんだよね。
だって龍の頭の張りぼてとか、
なんか紙製の灯篭がダイナミックに
デコレーションされてるし、
あやしげなシルク地風着物を着せられた
マネキンまでいるしで。

ホントに。
ここまで完璧に勘違い日本像を再現できるのは
ある意味才能だ!ってくらいのできばえ。
9割がた中華風アレンジに見えるけど
中国人が見たらそれもまた違うのかも。
屏風みたいなのが唯一和風で
それ以外は見事中華風でござんした。

いやー。
ウケル。

って思ってたら。
日本通のドイツ人同僚がクロネコに
怒りながら
「コレは日本文化を完全にバカにしてる!
抗議すべきだ!」
って言ってきたんす。
いや、まあ日本に行ったことが無い人には
極東文化なんて一緒くただろうから
しょうがないよー
って言ったんだけど、その人の怒りが収まらんらしい。
こんなんじゃダメだ!ってプリプリ怒ってた。
ウケル。

でもさ。
しょうがないよね。
オノレの文化じゃないかぎり正しく再現するのは
難しいと思うもん。
アタイにしてみりゃね、日本ウィークを実現
してくれただけでも有難いなーって思って。
行った事無い国だけど一生懸命アタイら
日本人社員が喜ぶと思ってデコレーションして
くれてるわけだし。
日系企業ってことで日本食メニューを
ドイツ風にアレンジしてくれてるわけだし。
とにかく、努力してるのが見えるから
評価してあげようよって思うわけで。

くー。
クロネコってば心がひろいね!

ちなみにメニューもなかなか日本風を
よそおった中華味なんだよね。笑
やたらとピリ辛風味。
日本食はそんなにピリ辛しませんけど・・・
って思ったけどそれも飲み込んだよ。

月曜のメニューは
「豆腐ともやしの炒め物」だったよ。
豆腐は揚げてる豆腐。
しょうゆ味でまあまあ美味しかった。

昨日は遅く行ったから日本メニューは
売り切れてたので不明。

今日はガーリック醤油味の牛ステーキ。
これは和風ステーキだから美味しかったよ。

けどさすがドイツだなーって思ったのは
既に牛肉をガーリックと醤油で味付け
してるのに、装う時には別途なにやら日本風じゃない
ドイツ風ソースをうえからドバっとかけてた点。
コレは味を壊すわーって思ったから
アタイはソースを断った。
なので美味しく頂けたんだけど。
他のドイツ人はみんなソースをかけてた。

ドイツ人ってね、ナンにでもソースを掛けるのが
大好きな人種なんす。
そのソースって言うのはイカリソースでも
カゴメソースでもブルドックソースでもなくて
お肉類についてる洋食のソースだよ。
イメージで言えば、ファミレスのステーキセットに
だらーりとかかってそうなソース。
それのドイツバージョン。

って。
食べた事無い人にはそれがどんなソースか
サッパリ分からないだろうね。
基本はオオアジでござんす。
で、ドイツ人はどんなお肉料理にもその
ソースをどっばーとかけて
素材の味をぶち壊すのが大好きなんだよね。
時折ソースの塩味が濃くて本当にすべてを
ぶち壊してることがあるのよ。
このソース文化はドイツ独特だと思うなあ。
イタリアも、フランスもスペインも
こんなことはしないもんね。

ま、そんなメニューでござんした。

明日は待ちに待ったカレーの日なんだけど。
しかも。
メニューの名前は
「サユリとクロネコのチキンカレー」。
メニューに名前を使われるとその日は
無料で食べられるんだけど。
だけど。
明日アタイとサユリさんは出張だから
カレーを味わえないんだよね。
残ねんだわー。

うちの社員食堂のシェフは以前サユリさんと
アタイで手取り足取り作り方を教え込んだカレーを
痛く気に入ってて、
時折メニューに入れるんだよね。
で、日本週間ならカレーは必須!ってことで
入れてくれたらしいんだわ。
でも肝心のうちらが居ない・・・。
かなしー。
日本のカレーは美味しいから好きなのに。

金曜のメニューはナンだったかなー。
ドイツラントでは金曜といえば魚の日なので
もしかしたら中華風アレンジのスシかもしんない。
それはさすがに恐ろしいね。

でもまあ彼らの気持ちが嬉しいなって思ったよ。
たとえそれが中華味だとしても。笑
しかもドイツの中華味だとしても。
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-28 06:12 | 日記 | Comments(2)

悩み相談・・・

まったく話が飛ぶんだけど。

誰にも相談出来ない事って
やっぱり自分で解決するしかないのかなあ?!

最近ヘビーな悩み事や心配事が多くてね。
その割には深刻な感じじゃないのが
クロネコたるゆえんなんだけど。

誰かに相談するかなーって思っても
さすがに誰も回答出来ない内容だなあって
あらかじめ分かってるんで
そうなると相談してもしょうがない
気がしてね。

答えはもらえなくても聞いてもらえばいいじゃんか!
って思うかもだけど。

内容が重いと聞かされたほうも
気分が下がって、
アタイに何と言えばいいんだろ?
って考えちゃうだろうから
気を使わせるのは悪いなーって気がして
軽々しく言えないんだよね。
それでも言う場合もあるけど
いっつもいっつもだとさすがに
うっとおしいかなって思うしね。

そもそも答えは自分で見つけるしか
無いから、ウジウジした話を友達に
聞かせてばかりも良くないかなーと。

けど意を決して相手には悪いけど
聞いてもらおう!と思って話したところ
すっごい的外れな回答をされる危険もあるわけで。
そうするとクロネコの気分はものすごく
落ちてしまうし、ダメージが大きくなるので
慎重になるってのもあってね。

的外れじゃないにしても、
相手が気を使って「その苦しみよく分かるよー」
とか優しく言ってくれたのに
その解説してくれてる苦しみがアタイの抱える
苦しみと明らかに違ってる時に
あちゃーって気分になるんだよね。
相手がアタイを思いやってくれてる気持ちは
ありがたいんだけど、でもそれじゃないんだよなー
って思ってる時点でアタイは不届きモノに
なっちゃうからね。

アタイもアタイであまり的確に表現
出来てないから、相手が正しい言葉を
出しづらいってのもあると思う。
最近思うんだけど、人はとても重たくて
暗い問題を抱えてしまったときは
冷静にその状況を分析できなくなるんだなー
ってことだよ。
アタイは割りと客観視するほうだけど
たとえ自分がレイプ犯に襲われそうに
なった時でさえ、30分後には友達に
その状況を事細かに文章にして連絡してたくらいだからね。
でもね、今はそれが出来ないんだわー。

何か良く分からないけど、文章化できるうちは
まだ大丈夫なんだと思う。
頭でまとまらないのは、その感情を
簡単にまとめたくないのかもね。
そんな自分の中でまとまってない話を
相談されても相手は困るだろうなって思うから
やっぱり相談出来ないんだよね。

耐えるしかないんだよねー。
時折キツイなーって思うこともあるけど
意外と平気な気分にもなるから
人間って不思議だなーって思う。
こんなこと言いつつもショッピングとか
楽しんでるしね。笑

つーかね、意外とこういう重たい悩みとか
心配事は友達とか近しい人よりも
そこまでじっくり親しくない同僚に
話すほうが気楽だったりするんだよね。
しかもそれが日本人以外であると
余計に気楽で良い。
意外とアタイの気持ちに合った言葉を
くれたりするしね。
アタイが最も嫌がるコメントは
ドイツ人は絶対にしないし。

自分で引き起こしてる悩みのほうに関しては
さすがに同僚には言えないんだよねー。
だからと言って友達にも難しい。
あんま何でもかんでもいつでもは
友達に相談出来ないんだよね。
その相談を友達にしたところで
「自業自得じゃないの?」
って思われるだろうし。
そもそも自分がそう思ってるんだから
相談するのもはばかられて。
うーん。
だからと言って自分の中だけで
持ち続けると気分が晴れないし。

けどまあアタイはどうにも根が
明るいタチらしくて
かなり深刻で重たくて辛い心配事があっても
辛いながらも何とかハンドリング出来るみたいなんす。
仕事に逃げるとかね。笑

叶恭子さんが
「あなたの人生はすべてあなたの選択で
成り立ってるんですよ」
っておっしゃられてて。
それは本当にその通りだと思うんだけど。
でも最近は
「アタイが選択した以外のことも人生には
降りかかってくる事が多いんですけど」
って思うんだよね。
その場合はどうすりゃいいんだろね。

でもやっぱりアタイの人生だから
自分で耐えていくしかないよね。

けど。
人に言っても解決しない問題は相談しないって・・・
アタイってば日本男児みたいじゃない?笑
とてもじゃないけど、女性的思考じゃないよねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-25 05:32 | 日記 | Comments(4)

ドイツラントのアパレル業界

いつも思うんだけど。
ドイツが誇るカジュアルデザインの
ブランドって存在するんだろうかね?
買い物に行くたびに思うんだよね。

って言うと。
ドイツ人は「あるよー!失礼なー!
クロネコが知らないだけだ!」
って言うんだけど。

じゃあ、どれよ?って聞くと
明確な回答が出てこないんだよね。

JIL SANDERとか
ESCADAとか
HUGO BOSSは高級ブランド系になるから
当然除外だよ。

アタイが言いたいのはもっと安価な
ブランドの事なんす。

そうなると。
ドイツにはファッションショップが無いのか?
って思うかもだけど。
否。
ちゃんとありますよん。
かなりたくさんの店舗がずらーりと
あるんだわ。

ま、日本も同じだけど、
どこの街に行っても主流ブランドの店舗が
展開してるからどこに行こうが
画一的なファッションが楽しめるように
なってる。

それはそれで何だかなーって感じだけど
今回アタイが言いたい内容とはちょっと違うから
あえて無視して。笑

今回言いたいのは、ドイツのカジュアルな
アパレルブランドは一体どれ?って話なんす。
アタイが気がついて無いだけなら
いいんだけど。
普通に街中を歩いてて、目に飛び込んでくる
チェーン展開してるショップは
ほとんどが海外のブランドなんだよね。

安いところで行くと、
H&M(スウェーデン)。

ちょっと高めになると、
MANGO(スペイン)、ZARA(スペイン)、
エスプリ(アメリカ)、ベネトン(イタリア)、
MEXX(カナダ?)、GUESS(スイス)
VERO MODA(デンマーク)
DIESEL(イタリア)とかかな。

もっと他にもあるんだろうけど
今思い出せるのはこのあたりなんで。

一体メイドインジャーマニーのブランドは
存在するんだろかね?
と思って今色々調べてたら。
NewYorkerはどうやらドイツのブランドらしい
ことが判明。
恐らくC&Mもドイツ。
KIKKもドイツだろうね。

けどこれらのブランドはもうアタイの年代には
厳しいと言うか、超安価なブランドだから
対象外なんだわー。
もしかしたら安くてティーン向けってことで
ピンキーもドイツのブランドかも・・・。

あ、トミー・ヒルフィガーは
名前からしてドイツ産かな?と調べてみたら。
ヘッドオフィスはアムスになってたので
オランダ産であることが判明。

いやー。
やっぱドイツのブランドって少ないよね。

クロネコは男性のファッションは
まったくよく分からないから
女性に限っての話しかできないんだけど。

ドイツ女性はオシャレをしてると思う。
よーく見ると結構お金をかけてる。
ドイツ女性はオシャレをしてない!って
以前は思ってたんだけど。
それは住むエリアに関係することが
分かったんだよね。
以前住んでたところで見かけるドイツ人は
確かにおしゃれをしてなかったのよ。
でも今住んでるエリアのドイツ人女性は
かなりオシャレ!と言える。
スタイルもいいしね。

ま、なのでドイツ人女性はショッピングも好きだし、
洋服も新しくはやってるものを買うから
トレンドも気にしてる。
街を歩いてたらみんな買い物袋を
手に提げてるし。

コレってドイツのデザイナーと言うか
アパレルブランドにとっては
もったいない話だよね。
だってみすみすこれらの利益を海外の
アパレルブランドに渡してるような
ものなんだからね。
グローバリゼーションって言ってしまえば
それまでなんだけど。
ドイツラントは経済的にうるおってるから
欧州の中でも購買力があるほうなんす。
なのに、その市場を海外のアパレルに
依存してるんだよね。
そりゃまあ海外のブランドのドイツ支店が
儲けてはいるんだけど
それってだたの販売店だからねえ・・・。

どうしてドイツ人は自分たちの
アパレルブランドを展開しないんだろ?
って言うのがアタイの疑問点なのよね。

どっかでチラッと読んだ事があるので
真偽は定かじゃないんだけど。
かつてドイツラントでテキスタイルを
担っていたのはユダヤ人だったんだとかで。
ホロコーストでユダヤ人が居なくなって
しまったから(って言うかドイツ人が
意図的に居なくさせたんだけど)
戦後ドイツラントのテキスタイル業は
壊滅してしまった・・・
って話をね、聞いたような聞いてないような。

もしコレが正しいとすると納得のいく
話だけど、もう戦後60年以上経ってるんだから
流通経路とかデザイナーとかは
どうにかできるんじゃないの?って
素人は思っちゃうわけで。
で、今はどうなってるかと言うと
安価なテキスタイルが実現できて
ドイツラントと深いつながりがある国が
担ってるんだよね。
それはどこ?
って。
トルコざんすよ。

まあ最近は中国とか、インドとか
南アジアとかさらに安価な国に
流れつつあるみたいだけどね。
でもまあトルコのメイン工業である
テキスタイルはおもにドイツラントで
売られてるんだよね。
他の欧州諸国でも売られてるけどね。

でも相変わらずドイツラントで
幅を利かせてるブランドは
海外のブランドなんだよねー。
不思議だよね。

そしてそれを何とも思わないドイツ人が
アタイには一番不思議で・・・。
何か思ってるのかもしれないけど
アタイに見えてないだけかもしれない。

日本は中国とかで作らせてると思うけど
デザインは日本で行われてると思うんだわ。
だからかどうか知らないけど
昔から日本って日本独自のデザインが
流行になってて、世界の流行とはちょっと
違う独自路線を歩んでたりするんだよね。
それはそれで面白いし、希少価値があるから
アタイは今後もその路線で行って欲しいと
思ってるんだ。
けど日本のあのほんわかで、ずどーんとした
デザインは好きじゃないんだよね。
死んでも体のラインは出さないわよ!
って声が聞こえてきそうなデザインばかりだよね。
あれってメリハリが無くなるから
逆に太って見えるしスタイルが悪く見えると
思うんだけどなー。

ドイツラントは完全に欧州とか北米の
ブランドに飲まれてて、
独自の流行って言うのは存在しないように
アタイには見えるんだよね。

けど、センスと言うかドイツ人が好む色合いとか
デザインがあるので
他の国とは多少は傾向が異なるんだわ。
同じブランドでもドイツ人バイヤーが
「コレはドイツで売れる!」
って思うものと、スペインやイギリスで
売れるデザインは異なるんだろうね。
色合いもしかり。
コレって不思議なんだけど、他の国に行くと
同じブランドでも何か感じが違ったりすることが
あるので面白いんだよ。

逆にどの国に行っても完全に統一したもので
展開してるブランドもあるよね。
そういうのってホントに退屈だと思う。

アタイはこの手のグローバリゼーションは
大嫌いなのですわ。
世界を全部同じ色に染めようって考え自体が
傲慢だと思うのよねー。
(家電やら機器類は別だよ。笑)

洋服の色合いに関して言うと。
ドイツ人ってくすんだ色合いを好むんだよね。
特にカーキとかベージュ。
どのシーズンでも、幾ら新しいデザインが
流行ろうとも、この2色は絶対に外さないんす。
アタイにはボンヤリした色に見えるんだけど。
つーか、アタイはカーキ色がまったく
好きじゃないんだわ。
ドイツ人はこの二つの色が何より大好き
なんだよね。
今年のカラーにでもならない限り
はっきりした色はあまり出回らないのかも。
あとね、ドイツ人ってチェック柄も好きだと思う。
ネルシャツみたいなやつね。
アタイあれも苦手なんだよね。

つまりね、ドイツ人とアタイは好みが
まったく合わないんす。
他の国に行くと、カワイイデザインやら
カワイイ色合いの服がいっぱいあるから
どう考えてもアタイのセンスと
ドイツ人のセンスが合わないんだってことなのよね。

まあ、だけど、それでもドイツラントには
外国のブランドが多いから
って言うかほとんどが外国のブランドだから
ドイツ人バイヤーが選んだものではあるけど
その中からアタイの好きなものが
見つかるんだよね。

アタイが気に入って買う洋服のブランドは
100%ドイツ以外のブランド。
だからこの記事を書いてるんだけどね。笑

このデザイン最高!って思うブランドは
十中八九イタリアのブランドなんだよね。
そんで値段とデザインが折り合って気に入ってた
ブランドは後で調べたらデンマークだった
ってことが多い。
いずれもアタイの事だから単価は
5千円~1万円以内の服だよ。

デュスにも時折ドイツ人の個人デザイナーが
開いてるショップとかがあるんだけど。
あと、ベルリンはもっとたくさんあるよね。
そういう服って一瞬カワイイかな?!
って思うんだけど
よく見るとイマイチ繊細さに欠ける
デザインであることが多くて
グッと来るデザインじゃないんだよね。
まあ、だからアタイの感覚はドイツ人
デザイナーとは合わないんだな
って思うことにしてるんだ。

そんなわけでドイツのアパレル業は外国企業に
牛耳られてるんじゃ?ってアタイは勝手に
思い込んでるんだけど。
もしかしたら靴に関してはドイツの企業が
割と幅を利かせてるのかなーって思う。

ドイツラントって不思議なことに
やたらめったらと靴屋が多いんす。
隣同士だってざらだし。
そう。
ドイツラントと言えば靴屋かパン屋なんだよね。
それくらい数が多い。

で、アタイが思うに、
靴に関してはメイドインジャーマニー
なんじゃないかなーと。
靴屋さんの名前がドイツ名であることが多いしね。
ま、結局は靴は仕入れだろうから
多国籍なんだろうけど、
でもドイツのメーカーも多いんじゃないかなと
思うわけで。
調べたわけじゃないからただの憶測だけど。

ま、そんなドイツラントのアパレルに
関するクロネコの感覚論でした。
今度誰かアパレル業界で働いてる人に
出会うことがあったらぜひとも聞いてみなきゃね。
クロネコのヒューミント活動の一環としてね。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-25 04:41 | 日記 | Comments(0)

働く女性

クロネコは性別が女なので時々
「女性が働くってどういうことだろう?」
って考えるんだよね。

一昔前は、女性が男性と同じ条件下で
働く事さえままならない時代があったので
男女雇用機会均等法なるものが
施行されて、それが当たり前の世の中に
なった今は違う問題点があると思うんだけど。

なんかね、だんだん分からなくなってきたー
って言うのがアタイの感想なのよね。

恐らく世代によっても考え方が
違うんじゃないかなーって気もするし。

今42,3歳の働く女性たちは(いわゆるバリキャリ系ね)
男女雇用機会均等法施行のすぐ後とかそういう世代だから
かなり肩肘張ってきた人たちだと思うんだわ。
「男の人と張り合ってなんぼ!」
みたいなね。
んで、「結局男は差別的なのよっ!」
って今でも根強い恨み節を言ったりするしね。
アタイの会社にいる数少ない女性には
そういう傾向があるかなーと。

で、その後の人たちは、割とフラットと言うか
あんま肩肘張ってる感じじゃないんだよね。
それがアタイの世代まで続いて。
アタイの後の若い世代は、もっとフラット。
多分、男性社会に混ざって働いてるとか言う
概念さえ存在しないくらいの
ジェンダーな世代なのかなーと。

とは言えね。
働く女性が求めるモノって
「結婚、出産、円満な家庭、キャリア」
の全てだと思うんだわ。
でも実のところこの全部を手にするのは
かなり困難なんだよね。
そもそも手に入る人の方が少ないし、
手に入ってもいっぱいっぱいになるのは
目に見えてるから、自分も辛くなるし、
周りだって大変になって、
結局どれかを手放さないといけなくなるんだわ。

だから、日本では大抵の場合
大卒でバリバリ働いてた女性は
仕事を辞めて子育てに専念しちゃう人が多い
って言われてる。
んで実際その傾向は強いと思う。

ただ、アタイの世代で言うと、
「バリバリ働くのも良いけど
疲れちゃったからもう働きたくない。
家におさまりたい。」って言う女性も
多かったのよね。

けど経済が悪化してしまったから
昨今の20代後半から30代前半の女性たちは
家におさまりたいんだけど
働かざるを得ないって言う状態の人も
多いみたいで。
けど、そういう人たちが子育てをしつつ
仕事を続けられるのか?と言うと
やっぱり難しいと思う。

そうなると。
フェミニストな方たちが声高に
「それはやっぱり男性社会だからいけないんだ!
女性の雇用を守るような社会にするべきだ!」
って騒ぐんだよね。

アタイの大好きなテレビ番組
「たかじんのそこまで言って委員会」で
タジマヨウコさんが言ってたのを聞いて
うーん・・・って思っちゃったのだ。

彼女いわく、女性が仕事を辞めずに
子育ても出来る社会があれば
女性の仕事から発生する税金が
国の税収をアップさせるってことで。
なるほどーって思ったんだけど。
彼女はフェミニストだから
ついつい極端な意見になるんだよね。
「そのためにはもっと女性を活用させられるよう
会社が考え方を変えるべきだ!」
ってことで男性が悪い!って言う説になる。

ま、彼女の説も一理あるんだけど、
アタイの考えはちょっと違うんだよね。
業界にもよると思うから、
未だに男尊女卑がまかりとおってるような
ふる~い体制のところもあると思う。
それがどれくらいの割合かによって
タジマさんの発言の重要さが変わってくるとは
思うんだけど。

アタイの経験から言えば、
アタイの働く業界は女性も働きやすいので
そういう古い考えに出会うことは
余り無いんだよね。
そりゃまあたまにそういうオッサンは
居る事には居るけど、それはもう本人の資質
としか言えない。
若くても凝り固まった保守的な考えの人も居れば
年配でも自由な発想の人が居るように。
これは本人の問題なんだよね。
だから男性が!っていっしょくたに出来ない
と自分の経験上は思うんだわ。

ちなみにアタイは自分のサラリーマン生活で
女性だからと辛い思いとか悔しい思いを
したことは一度も無いよ。
たとえ女性であることが原因だったとしても
発想を変えればどうにかなるしね。

アタイは日本で同じ会社で7年働いたんだけど
その時に思ったのは・・・。
女性に働きやすいよう会社を変えるというより
男性にこそ精神的にストレスの少ない
環境を整えないといけないんだな
ってことだったんす。

つまりね、女性が男性と同じレベルで仕事をする
ってことは、無理をしないといけないんす。
男性だって無理をしてるわけだから
そこに同じように無理をして何とかなった場合、
出産なんかしてると立ち行かなくなるんだよね。

だから、まずは会社のあり方そのものを
変えないとダメなんだなーって思ったわけで。
つまりね、有給は年間30日絶対取得すべきで、
残業はダメ、サービス残業だってダメ。
上司に言われたからとか、そういう空気を読め
って言う精神論の会社もダメ。
会社自体が発想を変えないとダメだなーと。

そんで。
アタイは5年半前にドイツラントに移住して
ここの労働条件を見て、
コレだ!って思ったんすよ。
重要なのは条件だけじゃなくて、社員全員が
その考え方を普通に理解してるって点。
日本だと有給を2週間もとったら
「あいつふざけやがって」って言う評価に
なると思うんだわ。
そんで「明日からハワイに行くんです!」
って言おうもんなら
「いい身分だよねー」とか嫌味を言う人も
多いと思うんす。
でもドイツラントだと「明日から3週間カナダに
行くんだー」って言うと
「超うらやましー!いいなー!楽しんできてね!」
ってみんな同僚たちが笑顔で送り出すんだよ。
ここが大事だなーって思う。

でもまあ日本も徐々に変わってきてるから
会社によっては堂々と休みをとっても
文句を言われないようにはなってきてる・・・
のかな?!笑
と思いたいんだけど・・・?!
実際はどうなんだろ?
大企業だけかなー。

ま、会社と言うか社会全体の労働条件に
対する考え方がガラリと変われば
女性にとっても働きやすい環境が
自動的にどしどし出来上がってくるんじゃ
無いかなーとアタイは思ってたのよね。

つまり。
ドイツラントの労働条件下なら
たとえバリキャリでも子供を生んで
育てて、仕事もこなせるはず!ってね。
自宅は近いし、通勤ラッシュも無いし、
旦那さんだって子育てに協力的だし、
仕事だって残業は無いんだから。
これこそ理想だなーと。

そう思ってたんだわ。

でもね、最近なんかもしかしてちょっと
違うのかなーって感じるようになってて。

だってね、もしこのドイツラントの環境が
すばらしいのならば、バリキャリ女性は
女性の理想である
「結婚、出産、円満な家庭、キャリア」を
全部手に入れてると思うんだけど。
でも。
うちの会社を見回してみても
そこまで全部を手に入れてる女性は
あんまり居ないんだよね。
不思議なことに・・・。

そもそも。
結婚してる女性が少ないし。
彼氏と長らく同棲してる女性はたくさん居るけど
それがバリキャリの場合は、
9割がた子供が居ないんだよね。

いや、クロネコも何となく分かるんだわ。
やっぱね、どれかは諦めないと自分が
つぶれちゃうから、しょうがないよねーって。

ドイツ女性でこれら全てを手に入れてる場合、
結局いつかいっぱいいっぱになると
どれを捨てるかというと。
旦那・・・らしいんだわ。
自立してて経済力のある女性ならではの判断。

でもまあ、最近の女性は考え方がまた
変わってきてるだろうから、
一概には言えないかもしれない。

にしてもねー。
やっぱ働く女性って全てを手に入れようと
思ったら一筋縄ではいかないよね。

アタイの会社で一番上手く行ってるなー
って見えるパターンは。
結婚してて、出産もしてて、
そしてアシスタント職で職場復帰を果たしてる人だね。
つまりバリキャリでは無い。
この場合はかなり上手く行くみたい。
アシスタント職って言うのは日本で言うところの
一昔前の一般職みたいなもんで
基本は本人が強く望まない限りキャリアアップは
まず無い。

このパターンがアタイの会社にはすごく
多いので、あーそーかー。
って思っちゃったんだよね。
確かにバリキャリ系は彼氏と同棲はしてても
子供は居ないよなーって。
ホントにそういう人は少ないんだよね。
子供は要らないと思ってるかもしれないから
これまた一概には言えないんだけど。

いやー。
やっぱりどこの国でも両立って難しいのかな。

ちなみに。
アタイの職種は欧米で見ると男女比は半々なんす。
日本では8割以上が男性だったけど
女性も居る事には居る。
って。
一体どんな職種だ?って思うかもだけど
まあそれは書けないのでね。笑

で、欧州だけで各国のうちの会社の支店を
見回してみると。
10か国中で女性がこの職種を担当してる国は5カ国。
だからやっぱり約半分。
この仕事は忙しいときは結構きついんだけど・・・。
そういう条件にも拘らず
結婚してて出産しててキャリアもある!
って言う女性がどれくらいいるかと言うと・・・
フルタイムではゼロなんだよねー。
子供が居る人は週の半日のみ働く
って言う条件にしてあるので
やっぱりずーっと仕事をするのはキツイみたい。
じゃあそんな国はどうやって
対応してるのかと言うと
人を大目に雇って仕事を分担させてるみたい。
やっぱりそれしか方法が無いんだよね。

また国によっては出産後、長い育児休暇を
取ったりすると、
同じポジションに戻ってこれない場合もあるから、
ってそれはドイツラントなんだけど。
バリキャリの人は3ヶ月くらいで復帰したり
するんだよね。
アシスタント職の人は最長の2年間を
育児休暇にあててるから、
やっぱり大きく違うよね。

フランス、イタリア、イギリスは
元通り戻れてる。
スペインに関しては・・・
妊娠した女性を解雇できないって言う法律がある
らしいから、みんな次々子供を生むみたいで
会社の男女比は半々で女性が占めてるけど
育児休暇でほとんどが出社してないんだー
ってうちのスペイン支店の人が言ってた。
結構国によって状況が違うよね。

でもまあ、基本男女の働く環境や条件は
同じだよ。
ドイツラントは他の国に比べると
あまり同等と言えないのかなーって思うけど
日本と比べるとかなり対等だから
アタイには何の問題も無いんだよね。

まあ、コレラはアタイの会社の人たちを見て
アタイが感じた個人的な感想だから
ドイツラントで働いてる他の日本人女性は
違った感覚を持ってる可能性はあるね。

ちなみにね、アタイの働いてる会社の
サイズを言っておくと。
アタイは欧州部門なのでそこは100人くらい居る。
7割はドイツ人社員で残りは日本人とか
東欧系の人たちかな。女性比は2割。

で、ドイツ支店は300人の社員が居て
9割がドイツ人社員。
そのうちの女性の割合は・・・4割くらいかなあ。
他の国の支店はやっぱり200人くらいの
社員が居て、女性は3,4割くらいらしいよ。

まあ、なので中堅企業だと思えば
欧州の労働環境においてある程度の感覚が
つかめるとアタイは思ってる。

後アタイは英会話教室で他の企業で
働いてるドイツ人の話も聞けるので
ドイツテレコムとか、携帯電話会社とか、
保険会社とかの大手企業。
かなり参考になるんだよね。

とはいえ。
女性が働きながら全部を手に入れるのは
やっぱり大変なんだなーって思った。
でも子供が居ないと社会は成り立たないしね。
子供が居る女性が会社で自由に働けるのと同様に、
男性も過度のストレスに見舞われることの無い環境で
働ければいいよねーって思ってる。

でも全部手に入れてる女性は・・・
相当努力してる人だろうね。
または旦那さんが協力的なんだろうね。
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-25 00:58 | ドイツOL生活 | Comments(2)

やわらか系

日本人は体が柔らかい人種
だったっけ?
そういう話を聞いたことは無い気が
するんだけど、実際はどうなんだろ?

って。
ヨガに行くたんびに思うんだわ。

アタイは柔らかいか硬いかと言えば
いたって普通だと思う。
体操選手とかバレリーナみたいに
ぐにゃって曲がるほどじゃないけど
全然体がまがらなーい!ってほど
硬いわけでも無いんでね。

アタイが見た感じでは
ドイツ人はほとんどの人が
体が硬いんじゃないかと思うんだわ。

え?それは無いよね?
ってくらいのところまでしか
曲がらない人多数なんでね。
しかもわざわざヨガ教室に通ってる人でも
それくらい硬いんだから、
ヨガとかやった事無いドイツ人は
もーっと硬いんじゃないかと思うわけで。

椅子文化だからかな?
って思ってみたり。

アタイはまだ1ヶ月くらいしか
ヨガ教室に通ってないまったくの
初心者なんだけど。
ヨガは呼吸が大事なんだなーって思う。
そんで呼吸を生かしつつ色んなポーズを
やって体を鍛えるんだと思うんだけど。
ヨガ教室では講師の先生がバランスよく
いろんなポーズを教えてくれるんだけど、
体の柔らかさが必要なポーズと
バランスが必要なポーズと
筋肉で支えるポーズが
主なヨガのポーズなんじゃないかなと
アタイなりに解釈してる。

んで、アタイは柔らかさを必要とする
ポーズがもっとも得意で、
バランス系はフラフラしていまいちの出来。
筋肉を使うポーズに関しては全くダメで
他の人がやすやすとクリアしてるやつも
アタイは全然出来ない。
腕立て筋肉もダメだし、
とにかく筋肉系のポーズは全部ダメ。
なのに。
柔らかさ系だと大抵大丈夫なんだよね。

こういうストレッチみたいなやつとかね。↓
c0016407_6575618.jpg

アタイはぺたっと床まで着いたりはしないけど
気持ち良いなーって思えるくらい
伸ばしてる感じかな。
で、ふと顔を上げて他のドイツ人を見ると
みんなこのポーズを諦めて
「わたし無理だわ」
とか言ってるんだわ。
え?って思うんだけど、出来ない人は
本当に出来ないっぽい。
アタイにしてみれば筋肉系のほうが
よっぽど無理なんだけどね。
人それぞれ得意、不得意があるんだなー
ってつくづく思う。

けど今日はさらに驚いたんだわ。
コニー先生が、さあじゃあこのポーズを
やってみて!
って見せてくれたのが。
キザ(跪座)と言うスタイル。↓
c0016407_6583561.jpg


ふん、ふん。
と思いながらアタイもやってみたのよ。
で、アタイとしてはこれから次に
何かのポーズが加わるんだと思ったんだわ。
したらね、コニー先生が
「このスタイルつらいでしょ~」
って言ったんす。
んでみんなは
「うわ、コレ絶対無理!」
って言ってリタイア者続出。
出来てる人も
「超いたーい!」
って大騒ぎ。

え?
え?
えーっ?!
ってくらいそんな大したこと無いスタイル
だと思うんだけど・・・。
全然足も痛くないし。
むしろ気持ち良いくらいで・・・。

これってもしかして。
アタイが日本人だからこのスタイルに
問題が無いんだろうかね?
ってちょっと思っちゃった。
だって。
正座してて足がしびれた時って
このスタイルになるよね?
これをやんないと立てないよね?

うーん。
何だか面白いなりー。

だからと言って。
アタイは正座は得意じゃないんだわ。
こないだ伯父さんの法要に行った時も
1時間和室で座布団の上に
正座してたんだけど。
足がしびれまくりだったし。
最後の方、おじゅっさんのお経とか
お説教とか聴けないくらい
しびれてしまったからねー。
って。
親戚の皆さんもかなりしびれてた風だったから
日本人にもつらいよね。

けど多分・・・
ドイツ人には正座そのものが
たとえ1分でも出来ない人多数なのでは?
って気がする。
あぐらも無理な人とかいるしね。

あぐらが出来ないとヨガは無理だよね。

にしても。
ヨガは楽しいよ。
クロネコってば面倒くさがりだけど
毎週ヨガに行ってる。

ヨガって内臓を動かす運動なんだよ
って講師をしてる知人から
聞いたことがあるんだけど。
内臓筋を鍛える効果があるんだよね?
(単なる聞き伝えなので調べたわけではない)

だからなのか、
ヨガをやってる最中って
結構体が熱くなって汗をかくんだよね。
でも何よりもアタイの場合
気持ち悪くなって吐きそうになるんだわ。
クラクラしてくると言うか。

でも。
終わった後は凄い爽快感があって
ヨガのあと2~3日は体がとっても
快調で気持ち良いんだよね。

最近はあまり肩こりとか
偏頭痛もしなくなったし。
何だか良いこと尽くしだよ。

セレブじゃないけどヨガはおすすめ。
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-24 06:59 | 日記 | Comments(0)

冬支度

もう気温10度を切ったよ。
最近とんと寒うなりましたなー
って感じで。

寒がりのクロネコだから
既に厚着をしてるけど
でもまあ体感的にはまだまだイケそうな感じ。

どうせ0度は普通に行くしね。
こんくらいでへばっていては
ダメなんす。
去年はマイナス12度とか何度か
あったもんね。
あれはホントに辛かったけど
今年はどうなるんだろ。
おそろしー。

コレはあったかグッズをそろえるしか
手は無いよね!

前に書いたけど、5年間はきまくった
ブーツが微妙な感じに壊れたので
今年こそブーツを買うんだい!
って思って。
お店をまわってたんだけど。
なーんか、コレ!って言うのに
出会わなくてね。
でもブーツが無いと通勤が出来なくなるから
とにかく何か買わねば!ってことで。

先日買いましたよ。

仕事用だから地味なデザインだけど。
足回りにも分厚い裏地があるから
かなりあったかい。
うふふ。
もちろん足裏には中敷をしくし、
余りに寒いときはカイロだって入れちゃう。
なんせマイナス5度くらいになると
地面からヒタヒタと寒さがくるからね。
あれは地獄よねー。

そんで。
今日のお昼ヨガ教室に向かってたところ。
何気なく通りすがりにショウウィンドウを
のぞいちゃったんだよねー。
したら前々から欲しいなって
思ってたモコモコブーツを見つけちゃってね。
安価だったし。
つい衝動買いをしてしまいましたがな。
でもこれでかなりの防寒対策が取れた。

冬物コートもちゃんと出してるよ。
今通勤で着てるやつはあったかいけど
真冬には寒くて着れないタイプのやつ。
なのでもうすぐクローゼットに戻る予定。
本格的に寒くなったらもっと分厚いヤツに
しないと、これまた凍え死ぬからさ。
クロネコは寒がりなんす。
コートはデザインより防寒が優先されちゃう。
車通勤の人はデザインで選べるから
いいよねー。

個人的にはあんまヒートテックは
効かない気がするので
ババシャツ風のあったかいやつを
次回帰国時にぜひとも買って来ようと
思ってる。
あとデザインがカワイイ手袋も欲しいなー。
もう今のヤツは6年くらい使ってるので
結構やぶれかぶれなんす。
ドイツラントに売ってるのは
あんまデザインが可愛くないので
嫌なのよね。

こちらが今アタイが持ってるブーツの
ラインナップ。↓
c0016407_443576.jpg

一番手前がほぼ壊れてるヤツ。
でもはけなくないしねー。
一番左端のはこないだ大阪で買ったヤツ。
こういう面白いデザインの靴は
日本ならではで、好きなんだー。笑
真ん中のグレーのモコモコが
今日買ったやつ。
んでその右隣のスタッズ付きのやつは
ロックな感じで大変気に入ってるので
今現在かなりのヘビーローテ。笑

冬支度完了なりー。
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-24 04:05 | 日記 | Comments(0)

はちみつ。

週に一度は近所のトルコスーパーに
行くんだわ。
歩いて5分くらいだし。
何と言っても野菜と果物が
とっても新鮮だし種類も豊富だからね。
オクラだってあるし。
それに鶏肉がこれまた新鮮。
鳥モモ肉は何故かスーパーに売ってないので
アタイはココで買うんだわ。

まあアタイの料理のレパートリーじゃ
その豊富さは全然生かしきれないんだけど。

見たことの無いような野菜って
どういう料理に使われるんだろ?
っていつも遠巻きに眺めちゃうんだよねー。
ま、ある意味いつも見てるんだけど
ちっとも調理方法が分からんので
買うことはまず無い。

いや、そんなことより。
昨日トルコスーパーで見つけちゃったんだ。
前々からトルコスーパーになら
売ってるんじゃ?って思ってたけど
見かけたことが無かったのよね。
でも昨日はあった。

それは。

はちみつざんすー!
いえい!

って。
蜂蜜ごときに何で騒ぐんじゃ?
って思うよね。
ええ、ええ。
けどね、このトルコのはちみつは
ちょっと違うんす。
ほら。
こちらですわよ。↓

c0016407_328578.jpg


どーんっと500gもある!
いえ、いえ。
サイズじゃないよ。
クロネコのどへたくそな写真技術じゃ
良く分からないかもしれないけど。
ピンボケ写真をよーくよーく見ると
中に蜂の巣が見えるっしょ?
コレよ、コレ!

蜂の巣の中には幼虫がうじゃうじゃ・・・
なワケなくて。笑
幼虫は一匹も居ないよ。
蜂の巣だけなんす。
ご心配なく。笑

4年くらい前にイスタンブールに
出張した時に、泊まったホテルの朝食に
この蜂の巣はちみつがどでーんと
本当にどでーんとビュッフェ式テーブルの
真ん中に盛ってあったんす。
ジャムと同じ要領で「好きなだけ取って言っていいよ!」
ってその蜂蜜の山はアタイに言ってたんす。

んで。
生まれて初めてはちみつ漬け蜂の巣?!を
食べたんだけど。
ど。

あ、あまっ~い!!!
超甘い。

って当たり前。
だってはちみつ漬けだもんね。
いやね、けどね、何となく感動的だったので
コレはぜひとも買って帰らねば!
って思ったんすよ。
んで、バザールでござーる(トルコ人が言ってた)に
行った際もわんさか売ってたんで
買おうか買うまいかで
悩んだんだけど。
一応仕事で出張と言う立場だってたし・・・
アタイってば買わなかったんすよ。
ま、ドイツラントにも売ってるでしょ
って思ったのもあってね。

ところがねー。
結構売ってないもんでね。
あんだけドイツラントにはトルコ人がいるのに
何故売ってないんだ?ってくらい
見かけなくて。
普通のドイツ人経営のお店じゃ
まず売ってない。
普通のはちみつしか無い。

で、忘れかけていた昨日ですわよ。
アタイの目にコイツが飛び込んできたわけで。
ほんと、500gも蜂蜜を買って
どうしようってんだい?
って自分で自分を突っ込みつつも
買っちゃいましたがなー。
多分ね、いつもは仕入れてないんじゃ
ないかなーと思われる。
昨日のアタイはラッキーだったってことで。

嬉しいなッたら嬉しいな。
c0016407_3362832.jpg

・・・。
にしてもクロネコって写真がど下手だよねー。
いつもスミマセン・・・って思いながら
比較的マシなヤツを選んでるんだけど。
ホントに下手なのよね。
ピンボケしまくり。
ちゃんと設定を変えればいんだろうけど
面倒くさくて。
どっちかと言うと写真は苦手なんす。
誰でも簡単に取れるデジカメを持ってるのに
それを生かしきれないアタイの腕って
一体どんな腕なんだろうね。

話を戻して。笑

今朝はこのハチミツがあったから、
パンをオーブンで焼いて
バターをたっぷり塗った上に
どでーんとはちみつ漬けの蜂の巣を乗せて
食べましたわ~。
あ、あっまーい!!笑
c0016407_3364813.jpg


でも。
気分はウィニーザプーだよ。
ウィニザップ~♪
ウィニザップ~♪
ってスキップしたくなるような。
まさにプーさんになった感じ。笑

c0016407_343267.jpg


これからしばーらくは週末の朝食に
はちみつ漬けの蜂の巣が登場予定。
嬉しいなっ。笑
c0016407_3441080.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-24 03:44 | 日記 | Comments(0)

朝の言い争い

今朝、通勤電車の中でいつもどおり
うとうと居眠りしてたら。

けたたましく言い合う声で目が覚めた。

かなりうるさく言い合ってたので
その声の方向を見てみたところ・・・。

チケットの検札に来てる人と
乗客の女性がもめてる風だった。

乗客女性はアフリカ系。

恐らく、彼女がチケットを持ってなかったか、
またはチケットが有効じゃなかったか、
チケットが間違えていたか・・・
そんなところかなと。

それを検札に見つかってしまって
罰金を科せられそうになってるところかなーと。

でも。
彼女は自分の正当性を怒鳴り散らして、
と言うよりも。
わめき散らしながら主張してる。
まさに大声で。

んで、居合わせたほかの黒人男性2名も
その女性に加勢してて
検札が2名だから、
総勢5名で大騒ぎしてたってわけ。
そりゃ目も覚めるわなーって感じで。

アタイは体は反対を向いてたけど
その言い合いが聞こえてくるので聞いてたんだけど
この女性がなんともすごい剣幕だった。
すごい兵で、一歩も引かないんだわ。

「自分は毎日乗っていて無賃乗車なんて
してないから、私は悪くない!!!」
の一点張り。
と言うかそれをキーキー大騒ぎしてたのよね。
検札をやってるドイツ人も負けずに
大声で他の乗客に聞こえるように
「分かったからとにかく身分証明書を出せっ!」
と言い放ってる。
かなり威圧的な言い方でね。

けどねー。
こういうときにはどんなに威圧的に
言われたとしても、自分が正しいのならば
決して身分証明書を出しちゃいけないんだろうなー
ってアタイも薄々気がついてきてて。

とはいえ。
アタイはびびっちゃうからすぐに
出しちゃう方なんだけどね。

今までこういうやりとりを何回か電車の中で
見かけて、正当性を主張した結果、
それが通る場合があるんだけど。
その場合は乗客側はどんなに身分証明書を出せ!
って言われても
「絶対に出さない!」
って言い返してるんだよね。
自分が正しいって信じてて、
検札が難癖をつけてるんだ!って思ってる場合は
身分証明書の提示を拒否出来るのかな?
って思うくらい拒否してる。

アタイが今までに目撃したこの手の騒動は
乗客がかならず外国人なんだよね。
ドイツ人は意図的に無賃乗車してるので
大騒ぎなんてせず、逆に見つかってしまったので
恥ずかしそうにIDカードを提示するのが大半だからね。

外国人たちは基本的に疑われやすいから
大抵は切符をちゃんと買ってあるんだわ。
だからこそ絶対に負けないぞ!っていう態度なのかも
しんないんだけど。
絶対に身分証明書を出さないし
一歩も引かないんだよね。

アタイなんぞはすぐ負けちゃうので
すごいなーってつくづく思っちゃう。

何と言うかね、周りに何と思われようが
全く気にしない!っていうところが
何より凄いと思うんだわ。
周りの乗客が
「まったくあの人は大騒ぎして・・・」
って眉をひそめてようがいまいが、
お構いなしに、自分の正当性をとにかく
主張しまくるんだよね。

今日の女性は検札に殺されそうにでも
なってそうなくらいの大声で
「私は悪くないわよー!!!
このチケットは正しいのよ!!!」
って叫びながら検札に掴みかかっていってたよ。
と言うよりバンバン男性を叩いてたよ。
そんで、耐え切れなくなった検札の男性が
殴り返そうとしたもんだから、
まわりの黒人男性が加勢して
もうそりゃ大騒ぎよ。

でも一番アグレッシブなのは黒人女性だったね。

その女性は最初はドイツ語で主張
してたんだけど、途中から英語に切り替えてたんだよね。
もしかしてナイジェリア人かなーって思っちゃった。
ま、他にも英語が公用語のアフリカの国はあるから
違うかもしんないけど。

そんで英語で大声でドイツ人検札に向かって
「ユー、レイシスト!!!」
って叫んでたよ。

・・・。
・・・。
かもしんない。

なんかね、アフリカ系黒人の人たちは
ドイツ人からかなり差別されるらしいからね。
ドイツ人ってばあからさまだよー。
バスの乗車を拒否するって話を
アキバの奥さんの体験談で聞いたことある。
アキバの奥さんはナイジェリア人。
色々聞いてるとアタイが想像したこと無いような
ひどい待遇を受けてるんだよねー。
びっくりしちゃうくらいの。
アタイもたまに冷たい仕打ちをドイツ人から
受けることがあるんだけど、
なんかそんなのは可愛いもんだなーって思える。
そんなことくらいで愚痴っちゃイカンなーって
反省したもん。
それくらい対アフリカ系黒人には冷たいらしいぞよ。

でも。
そこでウジウジしたり、
涙流したり、やられっぱなしじゃないのが
アフリカ人のすごいところで。
傷ついてはいると思うんだけど
彼らは自分の存在をアピールするほうが
重要っぽいんだよね。
なので、不当な扱いを受けるのは断じて許さない!
って言う強い気持ちがあるのかなーと。
そして同じ黒人同士でかばいあって
戦ってるような印象。

でもあの正当性を訴えるための騒ぎっぷりは、
あまり知性を感じないんだよね。
とにかく集団になって戦って
ギャーギャー騒いでる!って言う印象。
女の人なんてドイツ人男性にたばで掛かっていって
相手の頭や体をたたいて攻撃するんだよね。
初めて見た時はかなり驚いたけど
今日久々に見ても驚いたなー。
不当な扱いを止めさせるには逆効果では?
って気がするんだけどねー。

でも恐らく彼らはアタイなんかが想像も
つかないほどの理不尽な扱いを今まで
何度も受けてて、これからもそういう
扱いを受けるんだろうなーって思うから
アタイの浅はかな感覚だけでは非難できないんだよね。

にしても、なかなかの迫力だよー。

最終的にあの女性は途中の駅で
検札の人たちと降りていってしまったから
どうなったのかは分からない。
アタイが見てる間は身分証明書は出して無かったね。
渡してしまうと個人IDが登録されるから
罰金振込み依頼が自動郵送されてくるので
自分の正当性を信じてるときは渡さないほうがいいのかもね。

にしても、あそこまでアタイは強くなれないなー
って思った。
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-21 07:25 | 日記 | Comments(2)

勝ちました。

結局のところ。
クロネコの勝ちだったよ。

旅行代理店ハーイーエスに
今回のローマ乗り継ぎに関するクレームを
入れましたところ。

ちゃんと何にどれだけ時間が掛かったかを
明確に時系列に書いて
領収書類は全部スキャナで読み込んで添付して
メールしたんだわ。

したらね、全額保障しますってさ!
やった!

金銭での保障じゃなくて
金券対応ってことだったけど。
想定の範囲内ってやつだったので
まったく問題ない。

どーせ、今後もハーイーエスを利用するからね。
それに近々年末の日本帰省チケットも
また手配せにゃならんから
長く揉めてるとチケット取りづらいから
どないしよーって思ってたところだったので。
まさに。
願ったり叶ったり。

良かったです。

今度はルフトハンザで帰れるといいなー。

やっぱね、色々乗ってみて思うんだけど
アタイはルフトハンザが一番良いと思う。
安心だし、キレイだし、頑丈だし、
ホントに問題ないんだわー。
料理はマズイけどね。

JALも悪くないのよ。
あとね、タマネギ君たちいわくANAも良いよー
ってことだったので今度機会があったら
乗ってみたいな。
日系航空会社の難点はオッサンビジネスマンの
乗車率が高いからいわゆるカレイ臭問題が
つきまとう点。
前回JALであれに苦労したから
ちょっと勇気が要るんだよね。
(自分のことは完全棚にあげてるよん笑)

ANAは機体の半分がビジネスクラスだから
たとえエコノミーでも混んでるかんじが
しないらしいよ。
確かBAのシート配列もそんな感じだよね。
クロネコはBAも好きなんだよねー。
英国はヒースローでの乗り換え時に
ゲートの告知が遅いのが難点だから
そこだけクリアされればオッケーかなと。
けどあれは英国流だから多分直らないと思われる・・・。

あと許容範囲なのはKLMとエアフラかなあ。
KLMのアムス発の便は、機内食をアムスにある
ホテル・オークラが作ってるから超美味しいんだよ。
逆に関空からアムスに向かう便の機内食は
普通だった・・・。何故?笑

フィンエアーは前回乗ったときモニターが
ついてない機体だったので、なんて安っぽい機体だろ!
って思ったけど。
今は付いてるらしいし、乗り換え時間も短縮されたので
悪くないらしい。

値段で言えば、ルスラントのアエロフロートも悪くないけど
前回空港で深夜8時間を過ごしす羽目になって、
そのとき死ぬほど寒かったから
あれ以来何となく遠のいてるかなーと。

つい先週乗ったイタリアのアリタリアは
悪く無かったよ。
周り中が観光客なのが何か変な感じだけど
日本人が多いので、静かで問題ないかなーと。
驚きなのはイタリア人スッチーの適当さ加減。
普通のスッチーは発着陸時、乗客のシートベルト着用を
かなり細かくチェックするし、
手荷物をひざに置いてたら、前の座席の下に置いて!
って細かく注意してくるし、
それが最前列だったら絶対に荷物入れに入れさせ
られるんだけど。
これらの項目はすべてスルーだった。
そもそもチェックのために座席を巡回とか
しないし。
なんつー手抜き仕事。
ま、客としては楽だからいいんだけど
でも安全基準はどうなっとるんじゃろ?
って気がしないでもないよね。
さすがイタリアだよなーって思った。

最近同僚がたくさん日本出張に行くので
その際価格で選ぶといろんな航空会社を使うことになって
様々な情報が集まるんだよね。

でまあ。
やっぱりルフトハンザかなーと。
関空行きのヤツは、トイレットが階下にあるから
それこそトイレ待ちの人たちがウロウロしてなくて
とってもいい感じなのよね。
アタイってばトイレネタが多いよね。笑
トイレがダメな感じだと気分が盛り下がるから
アタイには重要項目なのよ。

そーいえば、ルフトハンザからこないだ
ダイレクトメールが届いてて
何でも成田行きの便で新機種を投入して
リニューアルしましたからぜひお試しあれ!
って書いてあったのよね。
気になるなー。

そうそう、もうすぐ羽田空港がオープンだよね。
欧州便も幾つか飛ぶらしいけど残念ながら
ルフトハンザは羽田からは飛ばないみたい・・・。
けどエアフラとBAは飛ぶらしいから、
使えるなーって思ったんだわ。

日本国内で飛行機移動がある人には
断然羽田のアクセスがいいよねー。
アタイは成田のあの辺鄙なロケーションが
好きじゃないんだよね。
移動が面倒くさいもんね。

アタイの実家に関して言えば移動は
関空からが便利なんだよね。
バスで3時間だから超楽ちん。

けど最近大阪ばっかりで東京に行ってないから
東京が恋しいのよね。
大阪はこじんまりとしてるから買い物が楽で
意外と気に入ってはいるんだけど
でもやっぱ規模が圧倒的な東京をそろそろ
肌で感じたいなーと。
疲れるし、お金が掛かるんだけど、
アタイはあの圧倒的な巨大都市が好きなのだよ。

そーいや、アタイはANAの国内半額チケットも
持ってるから、やっぱり成田着にして
羽田からキャギャワに飛ぶかなー。
または別の方法で、欧州のチケットを持ってれば
国内のフライトが半額になるって言う仕組みもあるので、
それを使えば安くなるしね。
どうすっか考えねば。
国内フライトはべらぼうに高いから
正規の値段はとてもじゃないけど支払えないよね。

ま、そんなこんなで。
ローマの苦労はむくわれそうです。
無駄に消費した有給は返って来ないけど
ま、それはこっちでどうにかできる術があるので
大丈夫なのよね。

いやー。
良かった!
嬉しいわ。
[PR]
by kuronekomusume | 2010-10-19 06:45 | 日記 | Comments(0)