死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

風邪

結局・・・おとといくらいから
風邪を引いてしまって。
まったく病院に行けてなかったりする。

おっかさんに風邪をうつしたら大変なことになるしね。

昨日は急に熱が出て8度以上になって
しまって驚いた。
今日は一度7度まで行ったけどその後は下降線。
セキは無いし、のども痛くない。
偏頭痛みたいなのがあったけど
イブを飲んだらおさまったし。
昨日の夜もすごく痛かったので
こんなに効くなら飲んで寝ればよかった・・・。

とはいえ。
幸いインフルエンザでは無さそうなので
市販の風邪薬で何とかしのげそうです。

何のために帰ってきたのやら?
って感じだよね。
明日から本格的に病院通いになるかな。

ずっと家に居ると暇なので
仕事をしてます。
一応ホームオフィス扱いなので
仕事もしないといけないしね。

そんで実家内をワイアレス環境にしておいた。
そうすればコタツの中からPCが打てるんでね。
実家ってば寒いからさー。

さてさて。
仕事も一段落したし
夕飯の支度でもしますかなー。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-28 16:43 | 日記 | Comments(2)

フライト

たった今関空に到着いたしましたー。
今は地元行きのバス待ちです。
一日に3本くらいしか出てないもんで
1本逃すと数時間待ちなんす。

にしても。
機内ではまたしても一睡も出来ず。
ま、いつものこととはいえね
今回はつらかった。

何が辛いって、
アタイの真後ろの日本人青年がね
すごい勢いでずーっと咳をしてて
風邪ひいてるんだと思うんだけど
もうね、フライトの間中まさにずーっと
咳をしてた。
それもコンコンってかわいい音量じゃなくて
ゴホンゴホンってアタイの耳をつんざくほどの
音量で毎分ごとに10時間以上。
何の拷問かと思ったわよ。

最後に到着した際、その青年は
仲間の若者たちに対して
「2時間くらいしか寝れんかったわー」
とか言ってたけど。
それはこっちのセリフじゃー!
って心の中で叫んでたのは言うまでもないよ。
お前の咳のせいでこっちは
2時間どころか1分も熟睡できなかったのよね。
うとうとしてもそのゴホンゴホンで
目が覚めちゃうしで。
殺意が芽生えたわ。

こうなりゃアタイが動くか?と思って
席を替わろうにもね、
ほぼ満席状態だったんすよ。
かろうじて空いてたのはなんとアタイの隣の席。
それじゃ移動しても意味無いしねえ。
つーかさ、アタイは一番前の席で
しかも隣が空いてたから
かーなーり良い状態だったんだけど
その青年のおかげで地獄のようだったよ。
騒音地獄。

いやー。
ほんとに参ったよ。
若者よ、君は海外旅行に行くのに
しかも日本より寒い国に行くのに
なぜに風邪薬を持たずに
しかもそんな薄着で行くのだ?
そんでもって。
あんなに日本人は街中でマスクを
かけるのが普通の国民なのに
君のような咳がひどいやつに限って
何故にマスクをしない?
そんでもって。
咳き込むってことは乾燥が敵なのに
何故にあまり水分を取ろうとしていない?
何故、何故、何故?

そんでもって。
機内食で牛肉か焼き鳥丼のセレクトに
何故に牛肉を選んでるんだ?
咳にはチキンスープが良いって
アタイのドクターが言ってたのに。
ってそんなの彼は知らないよね。
けどさ、事前に配られたメニューには
焼き鳥丼にはネギがついてるって
書いてあって。
ネギが風邪に効くのは日本でも知られてるよね?
青年よ、何故に風邪に利く成分を
わざわざ避けるんだよ?
ってもう。
ずーっとイライラしっぱなし。
かろうじて本を読んでる時だけ
気持ちが多少大丈夫だったけど。

って。
クロネコのほうがこうなってくると
異常みたいだよね?
ええ、ええ。
多分アタイが神経質すぎなんだと思うわ。

神経質ついでに。
アタイは振り向いてその青年に
アタイ一押しの漢方薬を1つ差し上げたくらいだから。
それは。
遠まわしに
「あんたの咳は迷惑だから
これ飲んで静かになるよう努力したまえ!」
って言うメッセージだったんだけど。
果たして、アタイの思いは伝わったかな?

クロネコってばやりすぎかな?
でもさー。
本当に本当に耐えがたかったんだもん。

しかもアタイも前日咳が出てたから
いろんな薬を飲みまくって
たまねぎのみじん切りを枕元に置いて寝るとか
かなりいろいろ試した結果
見事咳を抑えることに成功してたんすよ。
なのに、そんだけ咳き込むやつが真後ろに
いたら、アタイは別の風邪をうつされかねないわけで。
アタイはおっかさんのお見舞いに行くのに
風邪を引くわけにはいかないわけで。

って考えるともうイライラがとまらなくてね。
通常の精神状態じゃなかったのかも・・・
って思っていただければ。
でも。
通常でもイラついてたかもなー。
それくらいうるさかったから。

あとね、アタイも努力をしたんだよ。
ヘッドホンをつけて音楽を聴いたり、
はたまたスッチーさんにお願いをして
耳栓をもらってみたり。
ルフトハンザはビジネスクラスのアメニティーグッズに
耳栓が入ってるのを知ってたので、
絶対在庫があるだろうと踏んでスッチーさんに
「ください!」って言ったらすぐくれた。笑
そんで。
アタイもうつされないように、
これ以上風邪が悪化しないようにってことで
自己防衛でマスクをかけてたのよね。

とにかくアタイなりに出来ることを
やったんだけど。
あの咳の音量は耳栓をもつんざく音で
大変だったね。

あの漢方薬「バクモンドウトウ」って言うんだけど
効き目無かったなあー。涙
普通ならあれはかなり利くのに。
青年の咳が一向に収まらないもんだから
もうアタイは観念して、
自分の風邪防御に専念することにしたよ。
風邪薬のみまくって、水分取りまくって
オレンジジュース飲んだり。
のど飴なめたり。
のどぬーるスプレーを施したり。
自分のことをケアしまくった。

にしてもさー。
やっぱ腹立たしいわ。
あの青年。
なんかね、かなりの若者の団体客だったんだよね。
二十歳くらいかなあ。
男女混合で50人くらい居たかな。
全員がとーっても変わったファッションをしてて
どう見ても「あんたらドイツ好きじゃないよね?」
ってくらいのエクストラバガントなファッション。
で。
伊達の薄着の格言どおり、
オサレを意識するやつほど薄着。
だから風邪引くんだよね。
あの人たちはいったい何の集団なんだろ?
アタイが思うに本当の目的地はパリ
だったんじゃ?って気がする。
で、フランクフルト経由で帰国って言うルート。
どうだろ?
って言っても誰も知らんよね。
アタイだって知らないもん。笑
なんかね、文化服装学院の大阪版みたいな
ファッションセンスだったよ。
とにかく奇抜。
ドイツじゃ浮いてただろうな~的な。
最初業界の人かと思ったけど
大阪だし、違うよねって思い直した。

ああいう自由系ファッションを好む人たちって
自由な服で仕事ができる業界系に進むと思うんだけど、
何気にああいうところに居る女性たちって・・・
ファッションが個性的意外にあんま
魅力が見出せない気がするわ。
アタイの見てきた人たちと共通するものが
今回機内で見た女性たちに垣間見れたんでね。

とにかく不満をずーっと口にしてるんだわ。
あれ何なんだろうね。
「これで快適な空の旅って言えるかよー!」
とかぶうぶう言ってて。
エコノミーが不満ならもっとお金を払って
ビジネスクラスに行けばいいじゃんかーって話よね。
なんか。
おまえら、二度とドイツ経由でフランスに
来るんじゃねー!!!
って思ったわ。
次回は風邪薬とマスクくらい持参して来い!
とも思ったわ。

だからといって。
アタイは平和主義者だから
舌打ちしたり、伸びをするふりしながら
「ったくうるせーんだよ!」って毒を吐くくらいしか
出来ないようなちっさいネコなんだけど。
面と向かって言えればどんなにか楽なことか!笑
言ったところで咳が収まるわけじゃないし・・・
って思ってる時点で負けだよね。

もうこの際時間つぶしついでに
アタイが機内でイラつくことを書いちゃいますわ。
読んでて気を悪くする人がいたら
ごめんなさいね。
でも10時間以上のフライトでは
結構つらいもんがあるんだわよ。
なのであしからず。

普段アタイが耐えられない騒音元の1位は
「2,3歳児の泣き声というか叫び声」かな。
これは本当にすさまじいんだよ。
アタイね、新生児の泣き声は好きなんだよ。
赤ちゃんの声って多少音量はあるんだけど
でもそんな大声じゃないんだよね。
気圧の変化で泣いちゃうのも仕方ないし
それに10時間泣きっぱなしな事はまずないし。
でも。
2,3歳児の泣き声はすっごい音量なんだよね。
しかも、親の注意を引きたくてやってる場合が
ほとんどだから、ものすごーくしつこい。
しつこく泣かない子は最初から泣いてないもん。
って。
こんな意見書くと、クロネコは鬼か?
って言われるんだけど。
子供は泣くもんだって言う反論もあるだろうし。
でもさ。
2,3歳児も泣くもんなんかね?
泣かない子もいるからなー。
ま、近い席になったのを不運と思うしかないよね。
小さい子はなるべく前の席に座ってほしいよね。
したら後ろはまだ助かる見込みがあるからさ。

次にアタイが耐えられないのは・・・
規格外の体格の人が両隣になるパターンかな。
片方だけならまだ我慢できるけど
両隣だと地獄だよね。
これは今のところ片方しか経験してないから
セーフかな。
でも辛いよね。

あとは。
対策次第でどうにでもなるから大丈夫かなあ。
サユリさんいわく、アラブ系が多いラインに乗ると
つまりエミレーツだけど。
アラブ人の体臭で気が狂いそうになるよとのことだったので。
クロネコは南回りの飛行機には乗らないようにしてる。
もともと南回りは時間がかかるから乗らないんだけどね。

こんなすき放題書いてると
クロネコはワガママだなーって思うかもだけど
欧州便に何度か乗ってると誰もが同じ意見に
なると思うよ。

ま、今回の咳き込み青年は例外だと思いたいけど
こんな地獄は二度とごめんだなーって思った次第。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-26 10:27 | 日記 | Comments(4)

スキー休暇はいつ?

プーチン閣下、今年は恒例の
メドちゃんとのスキーをやらないんだろうかね?
大抵1月中に二人でソチへ出向いて
スキーを楽しんでるのに
今年はまだその情報が出ないんだよね。

まさか二人は本当に仲たがいしちゃってるんじゃ
無いよね?
巷ではメドちゃんが閣下から自立するべく
行動に出てるって噂もあるし。

けど。
アタイはそんなの信じてないんだー。
閣下とメドちゃんの仲は以前と
変わりは無いと信じてる。

たとえ、今年一緒にスキーに行かなかったとしても
それは一種のパフォーマンスであると
思うんでね。
つまり、世間に「ああ、やっぱりメドちゃんは
閣下から離れようとしてるんだ・・・」
って思わせようとしてるというかね。

けど。
アタイはそうは思わないんだよねー。

何が言いたいかって言うと。
今更な話ではあるんだけど。

何故昨年11月にメドちゃんが
北方領土を訪れたか?って言う話ですわよ。
アタイはあの時も、あの後もその背景を
うんうんうなりながらアタイなりに
考えていたわけなんす。

一体どうして?
って驚いてたのもあるけど、
何のためにそんなことするんだろう?
って言うのが一番の疑問点で。

ま、日本政府がなめられてるからだよ。
って言ってしまえばそれまでだけど、
バカにしてるからって、
今まで歴代のトップが踏み込んだ事の無い地域に
メドちゃんがやってくるなんて、
常識的に考えたらありえないわけで。
クロネコ的にも絶対ありえないわけで。

メドちゃんの個人的な意思でやってるわけじゃ
無さそうだなあ・・・
ってアタイは思ってたんだけど。
でもいかんせん、その理由がアタイレベルじゃ
分からんくてねえ。

当然、在モスクワ日本大使館の主張は
アタイの中では納得できない内容だったし。
「次回のルスラント大統領選に向けて
ルスラント国内でのメドちゃんの存在感を
高めるために北方領土を訪問した」
って言うやつね。

それはアタイの中では絶対ありえない理由
なので、却下だったんだけど。
じゃあ一体何のため?
って思ってて。

もしかして、
日本を本当に狙うつもりなんだろうか?
とか。
日本を敵視するつもりなんだろうか?
って思うと心配でね。

仮に日本を敵視する場合、
その案はメドちゃんが考えたわけじゃないのは
明白で、どう考えても閣下の指示だと
思うしかないわけで。
そうするとアタイは悲しくなるわけで。
閣下に日本国が敵視されるなんて、
耐えらんなーいもーん!!!

それだけは避けなければ・・・
って言う思いが先走りまして笑
全くルスラント側の意図が分からなくてねえ。

でもねー。
ウェブでアタイの好きなジャーナリスト
田中サカイ氏の見解を読んだところ。
一番アタイが好きな考え方で
なおかつ、納得できる分析だったので
アタイは田中氏の考えを支持する事にしたんす。

それは・・・。
「米中対戦の一環である」
って言う分析どす。
要はね、米中の中は非常に緊張状態にあるらしいんす。
そんで、日本は米国の一部だから、
中華が米国にちょっかい出す場合は
日本に手を出すわけで。
日本はよわよわ外交だから
なーんも仕返しをしてこないしね。

日本を攻めると言うことは米国を攻めることに
なるわけで。
ルスラントは同じように日本領土を攻めたことで
対米姿勢をクリアにしたわけで。
なおかつ、中華側についたわけで。
さらに。
ルスラントには、米中関係を悪化させたろうと言う意図も
あるわけで。

なーるほど!
コレなら納得だよね!
アタイはすんなり理解できた。
そうか、そうか、本当のターゲットは
米国だったのかー!
日本じゃなかったのねー、良かったわー!
って。
って。
日本が米国追従をやってる限りは
ルスラントから見れば日本も敵に
変わりは無いわけで。
くすん。涙

にしても。
この分析が一番マトを得てるし。
さすがは田中サカイさんだわ!って思ったんだけど
その後どこにも同じ見解の分析を見かけないし、
見かけないどころか、北方領土訪問ネタ自体が
トーンダウンしてるしで。
どういうこっちゃ?って感じで。

そう思っていたところ。
最近見つけたかなりラディカルなブログに
同じ見解が書いてあったんだよね。
その人に関してはすべてにおいて
アメリカ批判が基本なんだけど
クロネコもアンチ米国なので
(加えてアンチ・アングロサクソンだけど)
気分的に読んでて面白いのもあって笑
最近クロネコのお気に入りブログなんだわ。

で、その人も田中さんと同じ見解だったので
クロネコは嬉しくなったのだ。

そんなわけで。
ルスラントの狙いは日本ではなく
米国だったってことだけど。
でも、そんな外交戦略に利用されるだなんて
やっぱり日本は情けないよね。
アメリカから離れない限りこういう
小ばかにされた状態がずーっと続くってわけで。
あーあ。
あーあ。

でも、この分析が正しいとするならば
プーチン閣下とメドちゃんは恒例のスキー休暇を
楽しむんじゃないかなあ?と
安易に思ったんだけどな。
でも上に書いたように裏をかく場合もあるから
何とも言えないよねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-24 09:09 | プーチン大統領 | Comments(0)

荷造り完了

あさってから、日本帰省なので
先ほど荷物をまとめた。
実家は寒いから重ね着できるものを
しこたまスーツケースに詰め込んだ。

3月くらいまではとても仕事が忙しいんだけど
会社にお願いをして
「ホームオフィス」の許可をもらった。
なので。
少なくとも10日ほどは実家に滞在できる。
ある意味、ホームタウンオフィスとでも
言いましょうか。

実家に帰ってる間は、
迫り来る締め切りに向けて
仕事をしなきゃならんので
あせりもすごーくあるんだけど。
果たして出切るんだろうか?!っていうね。

実家に帰ったら他にもすることが
たくさんあるしで。
なおかつ、
精神的にきつい状況に置かれたら
仕事のことを考えられるのか分からないので
がけっぷちな感じではあるかなー。

でも仕事なんて
アタイ無しでも十分まわるし、
どうにでもなるんだよね。
社会人暦長くなるとそれぐらい分かってるから
ある意味悲壮な気分ってワケでもないのよ。

いざって時は投げ出したろ・・・
って思ってたりするんだわなー。
でも多分みんな許してくれる
って言うのも分かってる。

甘えと言ってしまったらそれまでだけど、
いざとなったらしょうがないんだよ。
野となれ、山となれの心境だね。

それにしても。
ドイツの企業はこういう時、
融通が利いていいなーって思う。
嫌味一つ無くみんなが送り出してくれるからね。
クロネコを心配する気持ちのほうが
大きいのがすごく伝わってきて
こっちが面食らうほど。

1月あたまにアタイが落ち込んでたら
同僚のサビーネが
「そんなの上司に言って
特別にホームオフィスを許可してもらえば
いいじゃんかー」
って言ってくれて。

おお!
おお!
それは思いつかなかった!
アタイはその一言でとってもとっても
気持ちが前向きになれて
落ち込みから救われたのだよ。

実家に帰って仕事をするなんて
本当に思い浮かばなかったからね。
そんなこと許されるとも思ってなかったので
彼女の提案にはとってもびっくりしたけど
そうだよなーってすぐに納得できた。

そのあと、上司たちや人事部がすぐに
快諾してくれたのにも驚いた。
「当たり前だよー!」
って感じで。
逆に帰らない態度を取ったら
のちのち「クロネコは冷たいネコだ」
って言う評価をされそうなくらい。

こういう時、ドイツ人って本当に
ありがたいなーって思う。

とはいえ。
状況は決して良くないから、
やっぱり気持ちは重いままなのよね。
内臓全体が重たい感じと言うか。
違う事考えたり、仕事をしてるときは
大丈夫なんだけどねー。
日本に戻ったらメンタル的にきつくなると
思われます。
あんま更新できないかもしれないけど
気分を変えるために更新するかもしれない。笑

はやくおっかさんとおとっつあんに
会いたいな。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-24 08:04 | 日記 | Comments(0)

みんな声がデカイんだよね

アタイは。

多分と言うか絶対に声が小さい。

自分で自分のしゃべる声は良く聞こえてるから
問題無いんだけど。
多分、周りの人は聞こえてないのかもなー
って思うことがよくある。
つぶやいてるくらいの声なのかもね。

そんでもって。
アタイは身長が154センチメートルなもんだから
180センチくらいあるドイツ人としゃべってると
「え?もう一回言って?」
ってよく言われるんだわ。
アタイの文法がおかしいからなのかもしれないけど
でもたいがいは聞こえてないからなんだよね。
みんな耳が悪いのかな?って思ってたけど
恐らくはアタイの声が小さいんだと思う。

でもさ。
そんな無理に大きな声出す必要あるんだろうかね?
って思うわけで。
自分がうるさい存在になるなんて、ちょっと嫌だし。

大きな声を出してると体力を消耗するじゃないの。
アタイは複式呼吸派じゃないから、
喉を痛めちゃうし。

出来るだけおだやかに話したいなって思う。

つーか、日本人は割りと小さな声で話す人が
多いよね?
そしてそして、たいていの人はゆーっくり話すんだよね。
反応もゆっくりだし。

こっちが慌しくしゃべっちゃうと、
圧倒されちゃうみたいだから、
なるべく日本帰省時はゆっくり優しくしゃべるようにしてるんだ。
さらに小さい声でね。

ドイツは、ガサツ王国だから
大きな声で、ガハハハハーってしゃべらなきゃいけないのよね。
困ったもんだわ。
耳がやられちゃう。

仕事中、集中したいときは耳栓をしてるんだけど
そうすると電話ができないんだよね。

小太りな人は割と声量がデカイよね。
正直言っちゃうと、同じ部屋で仕事するのは
なかなか辛いんだよねー。

声が大きな同僚に対しては
「お前さんの声が大きすぎて
アタイは電話相手のしゃべる内容が聞こえないんだよ!」
って何度か伝えてはいるんだけど。

アタイが自分の声を大きく出来ないように
声が大きい人は声を小さく出来ないみたい。

大分前にも書いたけど。
耳が悪い人も確実に声が大きいと思う。
自分のしゃべってる声が聞こえないからだと
アタイは推測してる。

うちのオフィスは安普請だから
大声出さなくても小さい声でも十分
室内に声が響き渡るんだよね。
だからオフィスではもっと小さい声で
しゃべってくれないかなーと
常々思ってるクロネコです。
思ってるだけじゃなくてちゃんとみんなに
態度で伝えてる。
昨今のアタイはとっても嫌味な態度を取ってるんだ。

アイフォーンのAPPにノイズ測量と言うものが
あってね。
それをインストールして音量を測りたいものの
横にもって行くとデシベルが測定できるという
大変優れたアプリなんだけど。

クロネコの同僚アキバ氏は常にオフィスで
電話をしてて、その声が半端なくでかいんす。
しかも段々興奮して大きな声になるんす。
クロネコにはそれが大変我慢なら無いので
こないだ意を決して、
折を見て絶対に絶対に注意しちゃろー!
って心に決意してたんす。

したらまた電話でうるさく興奮してしゃべりだしたので
近くに行ってデシベルを測ってみたんす。
したら90デシベルもあったんだよね。
ったくもー。
と思ってたら、電話を切ったアキバ氏がアタイの方へと
振り返って、
「こんなに俺を怒らせるだなんて、この電話の主に
問題があるんだろうか?それとも俺だろうか?」
ってアタイに聞いてきたもんだから。
これ幸いと・・・
「あんたに決まってるでしょ!」
と言ってやったぜい。
ついでに。
「あんたね、電話してる時の声本当にうるさいんだよ。
もう少し落ち着いて小さい声でしゃべれないもんかね?
そんな大声でしゃべらなくてもみんな聞こえてるよ。
90デシベルもあるとうるさすぎるんだよね。」
って言ったら。

「どうやってデシベルが分かるんだ?」
って驚いて聞いてきた。笑
そこでクロネコは得意そうに
じゃじゃじゃーんとアイフォーンをかざしてやったわけなのよ。
したらアキバ氏は参りましたーって降参
しちょったよ。
アタイとしては降参じゃなくて、声を小さく
して欲しいんだけどね。

にしても。
デシベル測定アプリはアタイの中では大ヒットだよ。
本当は個人的にうちの製品の騒音測定に
使うべきなんだけど。
アタイはもっぱらアキバ氏の声量測定に
使っとりますよ。

静かなオフィスが好きではあるけど
クロネコの勤める会社の日本本社は
ワンフロアに100人くらいが座ってるのに
シーンとしてるんだよね。
それはそれで居心地悪しなんだよなー。
人の電話の会話をみんなで全部聞いてるんだもん。
あのオフィス環境こそこりごりだから
今のうるさいオフィスで我慢するしかないんだよね。

クロネコがワガママなのやもしれぬ。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-20 07:45 | ドイツOL生活 | Comments(0)

最近食べたものの話

今日の社食のランチメニューは
アタイの大好きな「ザウアーブラーテン」だった!

アタイね、基本的にあんまドイツ料理は
好きじゃないんだけど。
限られた数だけど、ものすごーく好きな
料理があるんだよね。

それは大抵が豚肉料理なんだけど。
ま、ドイツですからね。

ロースト系の豚肉料理は大変美味しいんですわ。

んで、このザウアーブラーテンと言うのは
豚のロースト肉を何日か酢漬けにして
肉を柔らかくして、
赤ワインソースか何かで煮込む
アタイの住む地方の味付けが
アタイはだーい好きなんす。

けどこれが。
ドイツ料理屋で美味しかったためしが
あんまり無くて。
肉の質はイマイチだとしても何気に
社食のソースの味がアタイは一番好きだったり
なんかするんだよねー。
甘酸っぱい味なんだわ。

で。
これまたドイツ人に人気があるメニューな
もんだから。
遅い時間に社食に行ったりなんかすると
売り切れてたりするんだよね。
その悲しさと言ったら・・・!笑

でも今日はあったよ!
なので食べましたです。
付け合せにはクヌーデルって言う
でんぷん系のゆでたお団子がついてくるんだけど。
アタイはこれもオモチみたいな食感だから
ものすごーく好きなのだ。
パン粉みたいな味のもあるんだけど、
それはパサパサするから好きじゃない。
クヌーデルをドイツ人は2個ほど
もりもり食べちゃうんだけど。
さすがにおなかの中で膨れ上がるので
アタイは1個で我慢。笑
そんで、あとはアカキャベツの酢漬け。
これがまた酸っぱいんだー。
昔は苦手だったけど今は半分くらいなら
食べれるようになった。
半分って言ってもドイツ分量だから
かなりの量なんだけどねー。笑

参考までにウェブ上で拾ってきた
ザウアーブラーテンの写真を。
あー、見てるだけでよだれが出て来た!
見た目と違って味はアッサリ系なのよ。
週に1回でも食べれるかも。笑

けど。
同僚のドイツ人いわく・・・
日本人出張者にこの料理を薦めても
一様に日本男性はこの味が好きじゃないらしいんだわー。
アタイは大好きなんだけどね!
c0016407_720612.jpg


そんで。
昨日は同僚のザビーネがケーキを焼いて
もってきてたんだよね。
そう。
サビーネは先週40歳になったんだそうで。
アタイはザビーネのケーキが大好きなんす。
なんつーかね、チーズケーキが絶品なのだよ。
そりゃまあドイツ人が焼くケーキだから
日本のケーキみたいな繊細で芸術的な
雰囲気は漂わせてないんだけど。
でも。
素朴に見えながらも深みのある味と言うかねえ。
ザビーネはベジで、かなり自然食品系に
傾倒してる人なので、
相当厳選された食材が使われてるんじゃなかろうかと
アタイなんぞは推察してるわけで。
なんかねー。
ホント美味しいんだわよ!
なので。
クロネコはおかわりしちゃったわー。
ザビーネ、誕生日おめでとー!笑

あと。
最近またまたカリーヴルストを
食べてしもうたわー。
こいつぁジャンクフードだし、
付け合せのポテトとのコンビネーションで
かなりのカロリーなんだけど。
アタイってば、コレも好きなんだよねえ。
ほんと止められない。
つくづくアタイはベジじゃなくて良かったー
って思いながら食べてる。
でもそろそろ食べるものに気をつけなきゃ
いけない年齢なんだよねー。
あー、なんでアタイはカリーヴルストの味が
好きになっちゃったんだろ?!
かなしー。

ヴルストはケチャップ系ソースで
ギトギトに浸して食べるのが良し。
カレーパウダーも振りわすれずに。
そんで。
ポテトはマヨネーズたっぷりで食べるのが良し。
カロリーが、カロリーが。
c0016407_7341215.jpg


気を取り直して。
次なるジャンクが・・・ピザ。
アタイ実はピザがあんま得意じゃないんだよね。
理由は簡単。
あのサイズを食べ続けてると味に
飽きてくるからですわよ。
なので、日本のデリバリーピザみたいに
ハーフハーフとかは結構大丈夫だったりする。
でもドイツラントで食べるイタリアンピザは
塩ッ気が強いだけのような気がするので
ダメなんだよねー。
特にサラミピザなんて絶対無理なんす。
まろやかな味わいのピザならなんとか
一人でも6割くらいは食べれるかなあと。
なので。
出来れば人様とシェアするのがアタイとしては
一番喜ばしいんだよね。
そんで、ついでにパスタやらサラダも頼んで
シェアしようよって感じ。
一人でピザを食べきりなさい!って言う
無言の圧力があるドイツ人と食べに行くピザは
マジで苦手どす。

で、こないだは数人で行ったのでシェアが
出来てアタイも事なきを得たんだよねー。
けど、ココは異常にサイズがでかくて
シェア以外は不可能なシステムになってたよ。
コレ一人で食べてたら肥満街道まっしぐら間違いなし。
サイズ分かるかなあー。↓
直径60センチはあったかなー。
とにかく巨大でしたわよ。
c0016407_7424967.jpg


そうそう。
大分昔に行った事があるベルリンの
パンク系ピザ屋の場所がやっと判明したんだけど。
美味しかったような気がするけど、
なんと言ってもアタイはピザが一人で食べきれないような
軟弱なネコだから、そんなアタイの批評じゃ
ホントに美味しいのかどうか怪しいよね。
自分でもそう思うわ。
いつか機会があればまた行ってみるかな?って
思いつつも。
アタイみずからピザを食べにレストランに
飛び込んでいくタイプじゃないんだよねー。
いつになるやら。

最近食べたものでやっぱり美味しいなーって
思ったのはヴェトナムのライスヌードル。
アタイはヴェトナム料理屋に行くと
必ず同じものしかオーダーしないんすよ。
なので、割と味の比較が出来るんだけど。
やっぱし、ベルリンの「グッドモーニング・ベトナム」の
フォーがいっちゃん美味しいと思う。
と言うか、アタイの舌に合う気がする。
c0016407_748641.jpg

アタイがいつも頼むのは、
生春巻き、または揚げ春巻き。(冬は生だと寒いからね)
そんで、春雨サラダ。コレはおいしくないところのだと
ちょっと甘いんだよねー。
そんでそんで。
ライスヌードル鶏肉味どす。
牛肉版も大抵のお店にあるんだけど、
アタイは断然鶏肉派どす。
アジア料理は胃に優しいよね。

そういや長らく韓国料理とタイ料理を食べてないなあ。
韓国料理食べたいなあー。
誰か誘って食べに行きたいけど、
しばらくそんなヒマは無さそう。
ま、そのうちにね。

そうそう。
アタイね、ベルリンに行くと何故か必ず
寄るお店があって。
それは。
こちらのスシ屋チェーンなんだけど。
ベルリンのスシ屋だしなーって
結構バカにしてたんだけど
メニューによっては悪くないことが判明。
と言うか値段が安いからお得感もあるかな。
ベルリン市内だけで4店舗も展開してて
ドイツ人にかなり人気があるみたいよ。

試してみて不味かったのは
丼モノ系。
なんかね、ご飯が多すぎてバランス的にダメでした。
丼モノは圧倒的にデュスの方がおいしいよ。
下手したら日本の変なところより美味しいと思うわ。

次に試して不味かったのが
セイロ系の料理。
なんかの魚をセイロみたいなので蒸してて
その下にご飯が・・・みたいなメニューが
あるんだけど。
とっても不味かった。
オーダー失敗なりよ。

ってスシ屋で何を頼んでんだ?って話だけど
アタイの自己防衛方法として、
ドイツラントでスシ屋に入った場合は
日本人経営の渋いお店じゃないかぎりは
「巻物にしておけ」って言う戦略を取ってる。
何故って。
握り寿司はハードルが高いからだよ。
下手な外人が握ったスシだとやたら
握りすぎてるし。
魚の鮮度がいまいちなのがすぐ分かるし、
シャリの味も何だかなーって思いながら
食べなきゃいかんからで。

それに引き換え。
鉄火巻きとか、サーモン巻きとかなら
あんまはずれが無いんす。
シャリはイマイチだけど許容できるんだわ。
c0016407_81871.jpg

そんな経験則から、このお店でも
アタイは鉄火まきを頼んでたのよね。
でもこないだは、握りでも頼んでみるかなー
って気になって。
トロ、ハマチ、うなぎの握りを試してみたところ。
およ?およよ?
悪くない気がするぞよ!?
って思ったんす。
なんかね、特にトロなんかは美味しかった。
握り方も良かったし。
そりゃまあ日本で食べる美味しいお寿司とは
比べちゃダメだけど、ベルリンで食べてると
思えば悪くないんじゃ?
しかもこの安さで?
って思ったのよね。
なので。
このお店ではモノによっては(←ココ重要)
握りも悪くない!って言えると思う。笑
あー、でも日本で美味しいスシが食べたいなっ♪

ちなみにこのお店は
刺身盛り合わせもアウトです。

ま、そんなこんなで。
ドイツ料理の話をしようと思ってたのに
気がついたらスシの話になってたわ。
あしからず。

最近あんまご飯を作らず外食が続いてるんだよねー。
それこそ健康に気をつけなくちゃね。
でも仕事が忙しくなってくるとご飯作るのが
億劫になるんだよねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-19 08:01 | 日記 | Comments(2)

映画評/4本

飛行機に乗ったら・・・。
の、「映画評」です。
今回は往復で4本のみ。
全部まとめて~。

まずは。
「大奥」
主演:二ノ宮和也、柴咲コウ、他
監督:金子文紀
公開:2010年

ストーリー:
通常大奥といえば将軍用に用意されている
女性たちが集う江戸城の一角だけど、
ここでは違う。
江戸時代に男性だけがかかる
謎の疫病のせいで男性の数が激減し
女性の数が増えてしまう。
大奥には、女性将軍のために選りすぐりの
美男たちが集められていた。
そこへ貧乏な旗本の長男が実家を救うため
大奥へと勤めに入る。
新しく就任した将軍に気に入られ・・・。

とか何とかと言う荒唐無稽な映画。
原作がマンガだからしょうがないんだけど。
しょうがないんだけど。

分かっちゃいても、ヒドイ内容だったー。
いつもどおり全く悪気は無いので
俳優さんたちのファンの方は
勘違いしないでね。
映画のストーリーとか、脚本とか
演出とかそういう点がダメだったって
言ってるだけなんでね。

やっぱり。
昨今の邦画は目に余るよね。
もうアタイは見れないなー
ってつくづく思った。
作品性とか期待出来ないし、
レベルが落ちまくってるから見てて
悲しい気分になる。
役者さんたちはもっと悲しいんじゃ
無かろうか?って思ってしまう・・・。

この映画を見る前に「ハンサムスーツ」を
見始めたんだけど。
5分で見るのを止めちゃった。
あまりのつまらなさに見続けられないんだよね。
マンガっぽい映画の演出は好きじゃないんだよねー。
誤解の無い様に言うと。
アタイは原作がマンガなのは全く問題無い派だよ。
むしろマンガの原作力は凄いと思うし
オリジナリティがあるから好きなんだよね。
でも。
好きじゃないのは映画監督が下手に
マンガっぽさを映画の中に持ち込んでる時。
映像を漫画っぽく見せてたりね。
そういうのは見てる方だけじゃなくて
映像もすべてがしらけてくるよね。
ま、なのでハンサムスーツはアウトでした。

大奥に話を戻すと。
そもそも映画うんぬん以前に。
見てる途中で気がついたんだけど
アタイの趣味じゃなかったんだよね。
そう。
アタイは痩せてスリムで顔がキレイな男性が
何より苦手だった!
直視も正視も無理なんだった。

そんでもって。
ボーイズラブもアウト。
男同士がいちゃついてるのは見てらんない。
ゲイ差別と言われようが無理なもんは無理!
わざわざそういうシーンを見なきゃ
いけないのが辛かった。
原作知ってれば絶対見なかったのにー。
損したー。

あと見てて何だかなーって思ったのが
剣術の腕かなー。
アタイはブログ名からして時代劇が好きな
方だから(大ファンってわけではない)
それなりに昔から時代劇を見てるんだよね。
でねー。
気にせずに見てても時代劇だと
役者さんの剣術が普通に様になってるんだわ。
アタイってば多分知らず知らずに見慣れてたみたいで
この映画の若手役者さんたちの剣術は
アウトだった。
やっぱさ、剣術してる人たちは腕が
ひょろひょろしてないと思うんだわー。
腕フェチとしてはこの映画はどうにも
認められないレベルだったかな。

唯一この映画を見てて、いいな~って思ったのが
ロケ地。
どっかのお寺とか、どれもこれもロケ地が
良い雰囲気で、アタイの素さんさ心も
すっかり癒される感じだったねー。

映画評:☆ひとつ
景色に免じて。笑


「インセプション」
主演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺兼
監督:クリストファー・ノーラン
公開:2010年

ストーリーは
ざっくり言うと、夢の中に入っていく
バーチャルなお話。
マトリックスのような、マトリックスとは
違うような。
ある人の夢の中に入って、その人の情報を盗んだり
または、その人にある情報を植えつけたり。
そういうのを仕事にしてる人たちのお話。

この映画。
アタイの中では最高でした!
その前に見た「大奥」が酷すぎたのもあるけど
この映画はおもしろかったー!
久々に良いの見たな!って感じの面白さ。

しいて言えば。
展開とか設定がややこしいので、
日本語で見たほうが絶対に良い!ってこと。
アタイはANAの中で見たので当然日本語吹き替え版。
完璧に内容が理解できたよ。
やー、母国語最高!笑

主役はもちろんレオ様。
夢の中に入っていく仕事をしてるんだけど
苦悩する父でもあり夫でもある役柄。
死んだ奥さんのことに踏ん切りがつかなくて
いまだに奥さんにとらわれてる。↓
c0016407_633347.jpg


アタイは別にレオさまのファンでも
何でも無いんだけど。
レオ様が出てる映画は大抵面白いから
見るようにしてるんだけど。
だけど。
あのレオ様もなんか・・・貫禄が
出てきちゃったね。
童顔なのに老けてきてるのが何か違和感?!
レオファンも悲しいだろうね。↓
c0016407_6344558.jpg


でも、やっぱり腐ってもレオ様だよ。
演技は抜群。
苦悩する役だから始終みけんに
シワよりまくりで見てるほうも一緒に
シワがよりそうになるんだけど。
でも良い演技だったー。

そして。
もっと凄いのがわれらが謙さんだよ!
ケン・ワタナベ氏はサイトー役なんだけど
意外や意外。
この映画ではキーパーソン的役割で
終始出ずっぱりだったよ。
謙さんすごいね。
ディカプリオと渡り合えるだなんて。
そんけー。
c0016407_636593.jpg


この映画、面白い事には面白いけど
ちょっと引き伸ばしすぎ感がある。
もうちょいカットしてもいいんじゃないの?!
って思っちゃうと言うかね。
最後の雪山に行くシーンとかもっと
チャカチャカ終わらせてくれーって
思っちゃったかな。
忍耐力が無いもんでね。

そんで。
ラストシーンを見ながら「監督のいじわるー」
って思っちゃった。笑
続編を作れるようにしてるんだろうかね?笑

クロネコの評価は
☆☆☆☆:星4つ!
2回以上見れる映画じゃないと星5つには
なれないんでね。
おすすめー!

「ボーン・コレクター」
主演:アンジェリーナ・ジョリー、
デンゼル・ワシントン
監督:フィリップ・ノイス
公開:1999年

結構古い映画だったんだね。
これまたアンジーが出てると大抵面白いのと
アンジー大好きだからついつい見ちゃった。

ストーリー:
警察官のデンゼル・ワシントンは
不慮の事故で脊椎がいかれて
首から下が不随になってしまう。
自宅で寝たきりながらも指先は動く。
デンゼルは非常に有能な警官で
頭も良かったため、犯行現場で警官が
とるべき行動などを執筆していた。
ある日警察官のアンジーが遺体を発見し
現場に残された遺留品を適切に保存する。
その能力に驚いたデンゼルがアンジーを呼び
連続殺人犯を捕まえるべく一緒に働きだす。

いやー。
アンジー若い時もスタイル抜群で
顔もキレイだし、ほんと言う事無しよ。
デンゼルと良い感じのときのスマイルも
かわいくて、アタイが惚れそうだったわー。
デンゼルも久しく良い作品に出てないけど
この映画はいいね!

サスペンスもので、多少グロイ映像も
あるけど、まあ昨今の刑事ドラマを見慣れてると
割と平気かも。
感覚が麻痺するんだろうね。

クロネコの評価は
☆☆☆:星3つ
面白いサスペンスですよ。

「銀河鉄道999」劇場版
原作:松本零士
監督:りんたろう
公開:1979年

ご存知松本零士氏のアニメの劇場版。
このアニメは1979年だったんだねー。
古いけどものすごーくものすごーく
良く出来てて、非常に見ごたえがあったよ。
ダイジェストっぽいんだけど
アタイはテレビ放送アニメをキチンと見てなかったので
なるほどねーって思いながら見てた。笑
アタイみたいな人にはぴったりなんじゃないかなーと。

けど。
一番驚いたのは、映画の最初に名前が
つらつら出てくる際だよ。
監修がね、こともあろうか今は亡き
市川昆監督だったんだよ!
!!!
なんて豪華なアニメなんだー!
もう見てる時から市川昆監修か~って言う視点を
拭い去れなかったね。
ま、どこが市川氏っぽいとかはアタイには
分からないんだけどさ。
日本アニメったら豪華だよねー。
感動しちゃったわ。

メーテルは今見てもステキだよね。
あの服装最高だなーって思った。
生地はベルベットかな?
帽子はロシアの帽子みたいだよね。
すてき~。


でもでも。
メーテルよりもキャプテン・ハーロックよりも
アタイの心をわしづかんだのは・・・!
海賊エメラルダス様っす!
もう彼女ステキ過ぎでカッコよくてねえ。
ヤクザ並みに顔にキズが入ってるけど
メーテルに負けず劣らず美人だから
アクセサリに見えちゃう。
そんで、前髪の分け目には・・・!
ドクロのピンで留めてあって!
クロネコは釘付けだったよー!
あー、なんてオサレな海賊女性なんだー!
あのドクロピン欲しいっ!
って思っちゃった。
これが1979年とはねえ。
恐るべし松本零士!
さすがだよ。

主人公のテツロー君は
劇場版だと時折顔が可愛くなるんだけど
本当はもっと変な顔だったよね?
そんでもって。
海賊エメラルダスをも虜にした
さすらいの旅人トチローさんが・・・
いけてない風貌なのは何故なんだろ?
そんでテツローの兄かな?ってくらい
似てるしで。
テツローにトチローって。
名前も何か意図的に似てるしで。
松本零士って良く分からんねー。

でもまあ。
やっぱり名作は名作なんだなーって思った。
この時期あえてヤマトではなく
銀河鉄道999を見るのも我ながら
良い気分であったかな。笑

評価は・・・
☆☆☆☆:星4つ!
とにかく色あせない。
エメラルダスかっこよすぎ!
相変わらず強くて美しくて
セクシーな女が好きなクロネコでした。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-12 07:01 | 映画評 | Comments(0)

2010年読書感想

忘れないうちに・・・。
ってもうほぼ忘れてるんだけど。
昨年読んだ本のリストを書いておこうかと。

ホントのところを言いますと・・・。
実はクロネコはドイツ語で書かれた本を
これまで完読したことが無くて
恥ずかしながらだけどねー。
ホントに読み終えたことが無いんすよ。
まあ、学生時代に短いストーリー物とかは
授業で読んだけど、そういうんじゃなくて
ちゃんとした小説とかは
読んだ事がないのだよ。

って。
自慢にもなりゃしないよね。
ええ、ええ。
分かっとります。
ドイツ語のマンガも何冊か持ってるんだけど
どれも最後まで読み終えてないんだわー。
全部途中で断念してる。

なので。
2010年はひそかに決意してたんす。
一冊はドイツ語で書かれた本を
読みとおすぞい!ってね。
ついでに英語の本なんかも読んじゃうぞ!
ってね。

けどまー、意志薄弱と言いますか。
案の定途中で断念中の本が4冊ほど・・・。
ああ、アタイはいつになったら
読み終えられるんだろうか?!
いつかは読むぞ!っていう気持ちは
あるんだよ。
あるんだけどねー、なかなかねー。

雑誌とかだと短いから結構読んだり
するんだけど、本となると
結構ヨイショが必要だったりする
アタイなのであります。

ま、そんなわけで。
日本語の本しか読み終えてません。
つーか。
日本語の本も今色んな本の置き場所を
チェックしてきたんだけど。
読み途中の本が結構あった。
5冊は途中になってるなー。
全部同時進行だから仕方ないんだよね。
一冊はとっても面白くて読むのが
楽しいけど読み終わるのがもったいなくて
ちょっとずつ読んでるんだ。笑

ま、そんなこんなで。
相変わらず歴史小説(しかも全部江戸時代)に
偏り気味な読書でありますが。
記憶に残ってるものだけ感想文もどきを
書きますです。

「Fatherland」 ロバートハリス
2010年に読んだなかなでアタイの中では
一番面白かったのがこの本だった!
sandoさんにお借りしてるんだけど(まだ返してない笑)
この本てば!この本てば!
sandoさんのお見立てどおり、クロネコには
どんぴしゃでしたー!
その割には借りてから読み始めるまで
2年くらい掛かってるんだけど・・・。汗
いやね、でもホントにアタイの好みにピッタシで
ござんしたよー。

ストーリーは、ヒットラー総統が生きてて
ドイツラントが第二次世界大戦に勝利して
第三帝国が存在してた場合の
フィクションなんだけど。
これが。
なかなかに上手く出来てるんだわー。

アタイね、何気に第三帝国(ヒットラーが夢見ていた
国家ね)とか、第三帝国の建築物とか
しょっちゅうテレビでドキュメンタリーを
見てるので、小説を読みながらもその風景が
頭の中にかなり詳細に浮かび上がるんす。
それ以外の部分もほとんどがリアルに
頭に浮かぶんで、とっても面白くて。
映画を見てる感じになれるというか。

設定自体がフィクションだし、
その中での殺人事件だのを扱ってるので
全体的にフィクションなんだけど
もしも?の世界がアタイには想像しやすくて
面白かったんだわー。
人に話すと「は?」って言われるんだけどねえ。

前に見たドキュメンタリではCGで
第三帝国の建築物が流れてたんだけど、
建築の計算上はあの大理石?の巨大ドームは
重すぎて作れないらしいよ。
なので。
アルバート・シュペーアの理想の産物に
なるところだったのかなーと。

この小説ではクライマックスで車で
アウシュビッツに向かうんだけど。
アタイはベルリンから電車で行ったことがあるので
距離感が分かるんだけど。
あんなすぐには着かないと思う。
ベルリンからはかーなーり遠いんだよ。
って突っ込みを入れつつ。笑
でも最後のシーンは悲しかった。
あの終わり方は辛いよねーって感じで
クロネコはすっかり第三世界の住民に
なってました。

作者がアメリカーナだからか、
正義のジャーナリスト女性はアメリカーナリンだった。
何となく腑に落ちない感があるのは
アタイがアメリカが好きじゃないせいだろうね。
ま、しょうがないんだけど。

けどこの本タイトルが良いよね。
まさにドイツ!って感じで。
母国の事を「父なる国」って呼ぶのはドイツくらい
らしいんだけど。
それをタイトルにしてるところが
いいなーって思う。

「さぶ」 山本周五郎
これまたsandoさんにお借りしてる
本なんだけど!
大変面白かった!
クロネコが普段読んでる江戸時代小説とは
一線を画す内容だったしね。
江戸時代に実在した鬼平こと
長谷川平蔵氏の案で作られた
人足場だったっけ?が舞台なんす。
石川島に作られた人足場では
罪人じゃないけど、非行に走りがちな人を
更正させるためにそこで土木作業をさせて
多少のお金を貯めさせたり
技術をつけさせて娑婆で生活できるよう
鍛えるって言うシステムがあったんす。

で、まかり間違えてそこに無実のまま
送り込まれてしまう人が居て。
(もう名前を忘れちった)
その人の大親友と言うか影でずっと
支えてくれるちょっと鈍い友達がサブなんす。

いやー。
なかなかの超大作だけど。
人間性が磨かれていく様とか
友情の熱さとか、色々感動要素がつまってて
さすがは山本周五郎だなーって感じだよ。
って。
他の山本作品を読んだ事無いんだけどね。
とにかく面白かった!
sandoさんありがとう!


「中国人を理解しないで生きていけない日本人」 孔健
コレは前回帰省した際、関空の本屋さんで
買った本。
関空では中国関連の本がわんさかと溢れてて
とにかく中国だらけだった。
ま、東京も中国人だらけだけどね。
何だかんだ言って日本は中国に近いから
情報がすっごく多いんだなーって
しみじみ思った。
で、以前「たかじんのそこまで言って委員会」に
出られてた孔子の子孫にあたると言う
孔健(こうけん)さんが書かれた本を買ってみた。
ら。
とっても面白くてタメになったよ。
クロネコは中国は嫌いじゃないんだよね。
なんと言うか底知れない不気味さを持ちつつも
なんとなーく適当な感じがして、
大変興味深いのですわ。
韓国のような猛烈さは嫌いだけど
中国のようなズルさはなんか面白いと思うんだよね。

中国人観光客が買っていく日本土産の
ナンバースリーが面白かったよ。
1位は言わずと知れた「日本製炊飯器」。
美味しくお米が炊けるからが理由。
2位は日本製化粧品。
中国富裕層は欧米の化粧品も試したけど
結局肌に合うのは同じアジアの日本製なんだって。
中国製もあるけどまがい物が混入されてる
可能性が高いから、絶対安全な日本製が人気なんだって。
そんで3位は漢方薬。
これまた本家は中国だけど中国製は
何が入ってるか信用できないので
絶対安全な日本製が人気なんだって。
笑えるよねー。
だからマツキヨには中国人観光客が
わんさか居るんだね。
そんで店員も中国語で説明をしてるんだね。
納得だったよ!
とにかく面白い本だと思うし、
孔健さんの本はもっと読んでみたいかも。
たかじんの~のときも面白いんでね。

「実録 北朝鮮の性」 チョン・ソンサン
この本はマジでキモイ本だった。
サユリさんがくれたんだけど。
と言うか要らないのに返さないで!
って言われたからアタイが持ってるんだけど。
オッサン向けの本多と思う。笑
脱北した男性北朝鮮人が書いた
北挑戦の性事情なんだけど。
ほんまかいな?って思いながらも
本当かもなーって思っちゃうのが
キタチョーセンのキタチョーセンたるゆえんで。
なんつーか。

堕胎した胎児を食べると精力がつくからって
北のトップはそれらを食べてるってあたりの
記述が特にキモイ。
本当ならば・・・
キム・ジョンイルはマジでもう死んでも
いいんじゃないの?!って思っちゃう。
でも本当に怖いのは、そういうのを
世界の富豪も購入してるって言う点かな。
キムジョンイルだけじゃないんだ・・・
って言うところがそらおそろしい。

そういうのを引き受けてると言うか
やらされてる女性たちがいるらしいんだけど
それがまた病んでるなーって感じで。
あの国は一体どうなっちゃうんだろうね。
はた迷惑な国であることだけは
間違いないよね。
池上彰氏によるともとはといえば
ソ連が悪いんだよね?
でもさー。
ソ連も解体してから20年以上経つし
今更ソ連のせいにされてもねー。
って。
アタイは思っちゃうんだけど。
つーか、アタイは今のところ
池上信奉派じゃないからね。


「余寒の雪」 宇江佐真理
いきなりガラッと変わって。
おっかさんお勧めの宇江佐真理さんの本。
面白いから読んでみてーって
言われたんだけど。
これは短編集でどれも面白かった。
クロネコは実は女流作家の書いた
江戸時代小説は苦手なんだけど
(ダイナミックさに欠けるからね)
短い本ならオッケーかも。

「紫紺のつばめ」 髪結い伊三次捕物余話 宇江佐真理

「幻の声」  宇江佐真理
これも短編集だったかな。
蝦夷関係の短編があって。
アイヌの人たちについて江戸時代の視点から
書いてあるんだけど。
内容うんぬんよりも作者の解説にぎょっとした。
何でも彼女がアイヌの人について本を書こうとした
だけで、右翼系から嫌がらせを受けたんだそう。
なおかつ、とある新聞社からも嫌がらせを
受けたって書いてあって。
(アタイの予想ではサンケイかヨミウリ)
それにも大変驚いた。
日本人って基本的にあまりアイヌの事について
知識が無いと思うんだけど、
それは意図的に情報が流されてないからって言う
ことが分かって驚いたんだよね。
それについて書こうとした作家が嫌がらせを
受けるだなんて本当にびっくりで。
怖い国だなーって思った。
しかも書くといっても江戸時代のことなのに
さすが右翼系は頭が固いというか
発想が小さいというかレベルが低いんだなー
って思ったね。
小説の中身よりも、国がらみの情報操作とか
右翼の嫌がらせにビックリしたのが
感想かなー。

「大人の男と女の付き合い方」 川北義則 
コレも大阪で売れてる本だったから
買ってみたけど、スカみたいな内容だった。
なんのタメにもならないよ。

「江戸の娘」 平岩弓枝
内容を余り覚えてないなー。

「朝虹の島 居眠り磐音 江戸双紙」 佐伯泰英
2010年は佐伯氏の魅力にはまった
年でしたねー。
佐伯氏の本は面白いよー。
やっぱり江戸時代小説は男性が書くべしだよね。
なんかね、男気がビシビシ伝わるんだわ。
ただ問題はは、佐伯氏って小説を書くのが
速いのか、やたらとシリーズ本が多いんす。
これは一冊モノか?って思っても
大抵20冊くらいはシリーズになってるから
果てしない気分になることうけあい。
この居眠り磐音シリーズは面白いから
結構読んでしまったけど、
それでもまだまだなんだよねー。
はまるよー。

「雪華の里」 佐伯泰英
同上のシリーズ作

「蛍火の宿」 佐伯泰英
同上のシリーズ作

「御金座破り 鎌倉河岸捕り物控え」 佐伯泰英
これも!シリーズもんでしたわ。
かなり面白いんだよね。
おっかさんに貸したところ、えらく気に入って
おっかさんはシリーズ7巻くらいまで読んだよ!
って言ってた。
アタイはこれからだから時間が掛かりそう・・・。

「秘密」 池波正太郎
佐伯氏も面白いけど・・・
でもやっぱりアタイの中のナンバーワンは
池波氏なんだよねー。
ハードボイルドな感じだけど男の弱さみたいなのが
にじみ出てて、どれもこれも大好きなのだ。
完全男目線だけど、それが心地良いんだよねえ。
とにかく池波氏の本はドレも良いよ。

以上、トータルで14冊だから
ギリギリ目標の12冊をクリアだね。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-10 10:29 | 読書感想 | Comments(2)

無駄な時間の過ごし方?!

なんか。
昨日久々に面白いブログを3つも
見つけてしまって。

コレって良くないんだよねー。笑
ずーっと過去にもさかのぼって
読み続けちゃうからね。

何時間も連続で読んでて
さすがに疲れちゃったけど。
でも止められない。
面白いんだもん。

目が疲れたけど
おかげ様で金曜の夜の変な
仕事のアドレナリンはすっかり
消え去って。笑
今じゃ休日のレイジーモード全開。
明日から仕事に戻るのが不可能では?
ってくらい頭の中がぼんやりしてる。

面白いブログたちだけど
しばらく控えなきゃなー。
でも面白いんだもんー。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-10 06:56 | 日記 | Comments(0)

フライトはどうだったか?

飛行機の事書いておこうかなあと。
日本に帰省した際は色んな飛行機に
乗ってるので、アタイなりの感想をね。

つーか。
色んな飛行機に乗ってるってことは
やたらと帰省してる割には
あんましマイルが溜まってないんだわ。
なんせ。
アライアンスが別だったりするからね。

多少フライト代が高くても同じ系列の
飛行機を取ってマイルを溜めるか、
毎回それなりの価格におさまるけど
一向にマイルは溜まらない。
のどちらかだと思うんだけど。
こういうのズサンなクロネコは
後者なんだよねー。
バカだよね。
でもまあ最近はやっとこさ
マイルズ&モアでスターアライアンス系を
なるべく優先してますです。

それってつまりはルフトハンザなんだけど。
あの会社ってば結構高いんだよね。
閑散期ならまだしも。
繁忙期だとクロネコ風情にはちと手が出ない。
足も出ない。
ので。
結局妥当なところで手を打っちゃうんだわ。

今回はね、同僚タマネギ君とカロラインの
評価が高かったANAにしましたのよ。
サユリさんは日本人オヤジのカレイ臭がひどいから
ANAは辛いわよーって言ってたんだけど。
クロネコってば飛行機は何故か
試さずにいられないタチなのだよ。
他の事は新しい物を試さないのに何故か
飛行機だけは試したくなるんだよね。

でね。
感想としては。
大層よろしかったよ、ANA!!
アタイ今後はリピーターになりたいくらい。
ANAもスターアライアンスだから
ルフトハンザのマイルに貯められるし。
素晴らしい。

とにかくANAはお勧めよー。
JALよりも良いね。

けど。
ドイツー日本間で
注意しないといけないのは。
成田ーミュンヘンの便よりも
成田ーフランクフルト便のほうが
機体が新しくて、シートも広いし
モニターが最新で多分インチ数が大きいんだわ。
だから、ドイツラントへの便を選ぶなら
断然フランクフルト便を選びたまえ。
とアタイは推薦したいね。

けどねー。
ドイツラント国内もフライト移動があるのなら、
出国審査までの道のりが短いミュンヘンが
楽チンだわよ。
フランクフルトは異常に巨大だから
アジア圏と欧州間の乗り継ぎは
ものすごく歩かされるんだよねー。
デュス在住ならANAバスがあるから
そういう心配は不要なんだけど。

とにかくね。
フランクフルト便のほうが最新機種でしたわ。
アタイあのシートが特にお気に入り。
まずね、エコノミー席なのに
足置きがあるんす。
アタイは足が短めだから楽チンだったよ。
んでね、何が最高ってシートがずれる点。
普通はバックシートが後ろに倒れるだけ
だと思うんだけど。
コイツは最新の自動車シート並みに
シートそのものが前にずれるんだよねー。
アタイは長時間飛行機に乗る場合
片足をシートに乗せるんだわ。
そうしないと足が痛くなるし
むくみが激しくなるからで。
でも普通はシートが後ろ過ぎるから
足が乗せられないのよね。
でも!
ANA最新機は乗せられるんだよー。
なんて快適なんでしょ!

なので。
アタイは今後はなるたけANAを
使いたいなっ!って思ったんだけど。
けど。
コイツときたら成田便しかないんだよね。
関空便もあればねえ。

機内食は・・・
クロネコ的には美味しかったと思うわ。
アタイあんまグルメじゃないけど
でも美味しかったよ。
特に成田発のは美味しかった。
ただ難を言えば。
量が足りない・・・。
って。
アタイすっかりドイツ人化してない?!笑
量が足りないだなんて。

でも。
実際足りなくてねえ。
KLMとかなら夜食でカップヌードルとか
出るんだけど。
ANAは夜食無しだったよ。
辛い・・・と思ったアタイは成田から
乗る際にチップスを持参しといた。
んで。
夜中パリパリ一人で食べたと言う。笑

でもね、隣の隣の人を見たらなにやら
あったかいものを食べてたんす。
およ?夜食か?何でアタイには無いの?
って思ってシート前に挟んである
案内書を見たら。
夜食メニューなるものが載ってた。
お茶漬けとか、オニギリとお味噌汁のセットとか。
心惹かれるメニューばかり。
でも。
価格がそれぞれ700円だったので諦めた。
お茶漬けごときにこんなに払えんわ!
と思ってね。
なので。
次回乗る時はプリングルスの大き目の
やつを持参したいと考え中。

あとね。
ANA及びJALの良いところは。
ドイツラントから往復券を買った場合
日本国内でのフライト移動も込みに
なるんだよね。
ドイツ便から24時間以内に移動
しなきゃならんっていう制限はあるけど
アタイみたいにキャギャワに飛ぶには
もってこいのシステム。
だって。
日本国内で自分で羽田ー高松往復券を買うと、
安くても往復5万円くらいするからね。
ドイツー日本間で8万円くらいしかしないのに。

ま、なのでお得なんす。

って考えると、関空着じゃないなら
ANAはかなり良いぞー!と言える。
ただ。
東京滞在時間が超短くて思ったより
何も出来ないんだけどねー。涙

それでも無理に時間を調整して
3組の友達に会ったよ。笑
みんな来てくれてありがとー!
ってココに書いても、彼女たちは
このブログの読者じゃないんだよね。笑
アタイの仲良し日本友達はかーなーり
オフラインな人たちなので
教えてもブログとか読まないんだわ。
一人なんてメール自体、つきに一度しか
チェックしないから、連絡取るのがかなり大変。

ま、そんな友達だけど
みんな優しくて、
いろいろとアタイの話を聞いてくれたり、
強くアドバイスしてくれたりと。
気分が楽しくなれたので
会えてよかったです。
次回はまた1年後かもしれないけど
ずーっと信頼できる友達でいられるのは
幸せな事だなあってつくづく思う。

って。
飛行機の事書いてたんだったね。

飛行機と言えば。
話戻るけど。
羽田空港にも行ったんだけど。
やっぱ羽田いいよねー。
アタイは羽田も好きなんだわ。

何が好きって。
こまごまと食べ物を売ってる点。
いっつも悩むのが
小腹が空いた時用の「かつサンド」!。
あれ買いたくてしょうがないんだけど
その後の予定を考えると
大抵買えないんだよねー。
いつも食べたい衝動に駆られるんだわ。
なんせサイズが小さくて美味しそうに
見えるからね。
おにぎりセットも食べたいー。
今回は諦めて「さつまあげ」を買って
乗る前に食べきった!笑
美味しかったー。

成田でも乗る前に売店で何を食べるか
考えまくって、結局オニギリにしちゃった。
うどんは美味しくないかもって思ってね。

アタイって日本食に関しては
食欲がすごく湧いてきて
食いしん坊なんだけど
ドイツラントの空港だと食べたいものが
一つもなくて、いつも何も食べれない。
パンとか、パンとかパンしか無いんだもん。
あったかいものは量が多くて高いしで。
麺とか無いからねー。
なんか重たいものしか無いんだわ。
デュス空港にあるスシ屋は死ぬほどマズイしで。
なのでおなか空かせて飛行機に乗るんだけど
乗ったら乗ったでパンしか配られない。
そのパンがまたほんとにパンしかなくて
バターもジャムも無いただのパンなんす。
素パンとでも言いますか。
なので、結局食べきれずお腹空いたまま
到着して・・・ってパターンなのよね。
こんなに食が合わないのになんで
ドイツラントに住んでるのか
自分でも不思議だわ。笑

ま、それ以外が合うんでしょうね?!

以上、飛行機評でした。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-01-10 04:04 | 旅行記 | Comments(4)