死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

一面黄色!

今ね、目に見えて花粉がそこらじゅうに
飛び交ってるんす。
特にひどいのが車。

ダークカラーの車はどれもこれも
黄色い花粉がびっちりと積もってて。
最初見た時は
「この車ほこりをかぶってて汚いなー」
だったけど。
通り過ぎる車と言う車が黄色っぽいから
よーく見てみたところ。

それは花粉だった。

いや、驚いた。
確かに窓を開けてるとアタイの部屋も
PCのキーボード上に黄色い粉が積もってて。
まさに今そこらで同じ状態だってことよね。

見てるだけで花粉症になりそうなくらいの量。
こんなに目に見える花粉は生まれて初めて見るんだけど
毎年こんなんだったっけ?って思ってねえ。
クロネコ幸いにも花粉症じゃないけど
こんなたくさんの花粉がとびかってたら
目にも花にもクチにも入りまくってるはずで。

のどがイガイガするような。
目がゴロゴロするような?
鼻水が出るような?

あれ?花粉症かね?
???

でもコレは凄い量だから本当の花粉症の人は
辛いだろうねえ。
そんで。
あと少ししたら綿毛みたいなのがそこらじゅうに
そよそよ飛び交うんだよね。
こっちは何かイラっとくるんだ。
だってさ、綿毛だからゆっくりだし
下手したら口に入りそうだし、
洋服にも着くし、なんか掃除しても部屋が汚れてる感じがするし。
とにかくうっとおしい。
でも1ヶ月近くそこらじゅうで綿毛が漂うんだよね。
ま、しょうがない。
それが春だからね。

でもこの花粉すごいわよー。
例えて言うと・・・
黄色いチョークで黒板に文字を書いた後
黒板消しで消すとチョークの粉がそこらに
舞い散るでしょ?
まさにあれのような黄色い粉の形状だよ。
大きさといい、色と言い。

花粉症になりませんように!
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-28 05:11 | 日記 | Comments(6)

ホームシックの峠かな。

ホームシックが抜けない・・・。

いつも日本から戻ってくると
必ずホームシックになるんだよね。
大体1週間は続く。
そのうち仕事が忙しくなると立ち直ってくるんだけど。

前回はおっかさんが亡くなった直後だったから
ホームシックではない何か
もっと重くて悲しい気分でいっぱいだったんだけど。

今回のは・・・。
普通のホームシックよりも
やっぱりやや重めかなあーと。
しょうがないんだよね。
引きずってると言うか
思い出した分より重みが増したというか。

なんつーかね、
おっかさんが居なくなったことを
考えてしまってとってもとっても
悲しいのもあるんだけど。

おっかさんが居ないことで
落ち込んでるおとっつあんを見るのが
何より辛くてね。
おとっつあんに元気が無いのを見るのは
本当に悲しいんだわ。
色々面白い話をして笑わせたり
気分を変えられるのもあるかなあと
政治や日本の状況やドイツについて
議論してたんだけど。
でもやっぱりふとした時におとっつあんが
沈んでるんだよね。
それを見てると悲しくなっちゃって。

おとっつあんも力を出すのが
しんどいんだろうかなあとかね。
色々考えちゃって。
おとっつあんは結構落ち込むタイプなんだけど
今まではおっかさんが元気付けてたから
何とかなってたのかなあって。
アタイも落ち込んでたから暗い感じ
だったのかもしんないし。

アタイはね、おとっつあんが楽しそうにしてくれると
すっごく嬉しいんだ。
だからおとっつあんを喜ばせたいんだけど
本当の本当におとっつあんが喜ぶ事を
アタイは出来ないし、しようとしないから
そんな自分に悩んじゃうわけで。

そんでドイツに帰ってきちゃったから
おとっつあん寂しがっては居ないかな?
さらに落ち込ませちゃったんじゃ?
って心配になって。
そう考え出すとどんどんアタイも
元気が無くなってしまってね。

とか言っててもね、
実は2週間後にはまたおとっつあんに会うんだよ。笑

なんとね、弟の発案により、
家族で旅行する事にしたのだ。
ほんと突然だし、塞ぎがちな気分だから
そんなことできるのかな?って
心配ではあるんだけど。
でもコレを逃すと家族で旅行なんて
出来ない気がするから
決行する事にしたのだ。

おとっつあんと、弟、姉の3人が
ドイツラントに飛んでくるので
アタイは空港でお出迎え。
そんで、デュスまで一緒に来る予定なのだ。
ま、翌日にはみんなでスイスに移動なんだけどね。
おとっつあんはスイスが大好きだから
また行く事にしたのだ。笑
そんで。
そのまま北イタリアにも行く予定。

ホントに。
おっかさんが居ないのが残念でならない。
全員で旅行できたら最高だったのになってね。
でも。
おとっつあんと一緒に旅が出来るのは
とても幸せな事だし、
あと何回おとっつあんと旅行できるか
分からないから、できる時にしておきたい。
前回おっかさんと奇跡的にドイツを旅行出来たことは
アタイにとって一生物の思い出になってるしね。

そんで。
いつもアタイばかりがおとっつあんと
旅行してるから、
今回は姉も弟も加えて旅行できるから
とてもとても楽しみにしてる。
悲しい気持ちが心の奥にはあるんだけど
それでも楽しみなのだ。
家族で旅行なんて何年ぶりだろう。
弟と旅行なんて何年ぶりだろう。笑

あと2週間だからそれまでは仕事を
ガシガシ頑張ったり
いろんな友達に会ったり
そんでもって旅行の準備をしようと思う。

ホームシックになってる場合じゃないね。
ま、アタイの場合落ち込んでても
3日続くことは無いからね。
そう考えると明日で3日目だから
ま、あさってには元気になってることでしょう。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-27 04:31 | 日記 | Comments(8)

特にタイトルは無いかな。

今回帰省してる間は
テレビ見たり、新聞読んだり、雑誌読んだり。
ま、内容は「震災と原発」関連。

新聞って重要視してなかったけど、
色んな視点で情報を集めるって言う意味では
悪くないなーって思った。
相変わらず世界関連のニュースは大した事無いけどね。

テレビはね、やっぱり一般的と言うか
深く掘り下げない傾向が強いし
同じ内容を何度も放送してるから見てると
飽きてきちゃったかな。
芸能人たちの被災地訪問はミーハーな
アタイも楽しんで見れたかな。
特に長渕氏の自衛隊慰問は良かったなー。

雑誌関係は・・・
テレビや新聞よりも過激な写真が色々
掲載されてるから興味深かったね。
原発で作業してる人たちの写真とかね。
作業者はバスに乗って何号機かに向かうらしいんだけど
そのバスに「東芝○号機」って書いてあったりして。
原子炉メーカーのことはみんな知ってるけど
あんまテレビじゃ社名は流れないもんね。
でも実際は原子炉メーカー関係者も現地で
作業をしてるんだなあってのが良く分かっと言うか。

そうそう。
週刊○潮に載ってたけど。
以前、東海村で事故が起こった後に
原発で作業が出来るロボットの開発が行われたらしいんす。
でも「原発は安全で事故は起こらない」と言う国の方針のせいで
開発は中止されたんだそう。
開発に携わった工業大学の教授が書いてたよ。
そのプロジェクトが中止になったのは
小泉政権時代。

ほんとに小泉はろくな事をしてないよね。
突き詰めると大抵小泉時代にやったことが
諸悪の根源になってることが多いんだよね。
福島プルサーマル実施もそうだよね。
アタイは自民党が嫌いだけどその中でも
小泉が一番嫌いなんだよね。
なので、今また何かと小泉がマスコミに
注目されてるのが本当に気に食わないんだよなー。

それはそうと。
福島県知事もかなり狡猾だよなあって思う。
なんか、原発の被害者県代表みたいに
同情を集める発言を毎日テレビでしてるけど。
実際被害者ではあるんだけど。
クロネコは違和感を感じるんだよね。
だって彼は完全なる原発推進派だったはずだからで。
東電、政府とずぶずぶだったんじゃ?って思うんで。
何急に善人ぶっちゃってるんだろ?
って気がして。
前福島県知事は原発に反対したがために
はめられて、逮捕されたと言われてるんだけど。
その後を受けて知事になった今の方は
完全に推進してたと思えるわけで。
県の原発関連の税収入は年間44億円って
新聞に載ってたので完全に依存してる。
それ以外にもいわゆる匿名の寄付があっただろうしね・・・。
全国的に原発のある町には
匿名の寄付が毎年凄い額で入ってるって話よね。
福島県民には、事が落ち着いたら現知事の責任追及も
お忘れなくね!と言いたいな。
でも皆さんピュアだから軽く騙されそうだなー。

クロネコは東電系には知り合いはいないので
良く知らないけど、
地元には四国の電力会社に勤務してる人が
チラホラ居るもんだから
昔から色んな話を聞いてて、
それらの点と点が繋がって線になった感じかな。
おとっつあんとも話をしててふたりして
「結構原発って身近だねえ」
ってうなづきあったよ。

四国には1件だけ原発があって
それは愛媛県のイカタにあるのだ。
うちはおっかさんが反原発だったから
「イカタに行ったら被爆する」って
昔から言ってたのよね。
ご近所にも電力会社の人が居たから
「あそこはもうすぐイカタへ転勤なのよ」
とか何とか。
そんで、近所の土建屋作業員家族なんかは
あまり原発の知識が無いから
「年に一度イカタで仕事がもらえるんだけど
一回で何万円ももらえる美味しい仕事なんだ!」
って言ってる人も居て。
香川から愛媛まで出稼ぎに行ってたんだよね。

そんでもって。
四国の電力会社は本社が高松にあるんだけど
近所でそこに勤務されてた方が
「反原発運動取締り」をしてたんだとかで。
電力会社にしてみれば「不安をあおる連中を取り締まってやった」的な
考えだったようで。
そういえば震災前に、いしだ壱成氏がブログで、
子供の頃、イカタ原発での実験反対に
座り込みデモをやったことがあるって書いてあったのよね。
取り締まったのってうちのご近所さん
だったんだろうかね?
イカタ原発って読んだ時点で身近だなあって
思ったけど、もっと身近だったりして。

そんでもって。
ニュースとか見てるとガイガーカウンタを持った
電力会社職員らしきが、公園とかで放射性物質の濃度を
測定してる映像が流れてるけど。
職員さんの作業着とか会社ロゴに見覚えが。
そう。
あれは四国の電力会社なのだよ。
でも何でだろうね?
四国からかり出されて関東の放射性物質を測定してるのか
はたまた「東電」って言うロゴをつけてると
石とか投げられて危険かもしれないから
四国なら大丈夫だろうって言う判断なのか。
ちなみに四国電力は「よんでん」と呼ばれてるので
ロゴにはYONDENとある。
アタイはおとっつあんと一緒二ニュース映像を見ながら
「あー、よんでんだ、よんでんだ!」
って言ってた。笑

中国とか九州電力も多分作業協力に
出かけてるよね?
ちなみにね、今まで東電は、一番規模が大きいし
力も強かったらしいから
四電に対してはかなり高圧的な態度と言うか
基本シカトだったらしいよ。

ま、東電のヒドイ体質はいまや白日の下に
さらされてるんだけど。
だからと言ってその他の電力会社がフレンドリーだったか?
と言えばこれまた同じ体質だから、
どこも同じと言えるよね。

ちなみにアタイのおばあちゃんは
2回もイカタ原発の見学に行ったことがある
って言ってた。
何でも四電がタダで往復バス代と昼食代込みで
「原発ツアー」をやってたそうで。
おばあちゃんは徳島市在住だから
四国の土地勘が無い人に分かりやすく書くと
四国の東の端っこ(徳島)から、西の端っこ(イカタ)まで
バスで往復してくれるツアーだよってこと。
四電は恐らく他にももっともっと「原発洗脳」広報活動に
精を出してお金を掛けてたと思われます。
田舎でコレだから首都圏がどんなもんか
容易に想像がつくよね。
ちなみにおばあちゃんは原発に興味関心があったのでは無く
趣味が「タダでどこかに連れて行ってもらえるツアーへの参加」
なので、その一環かと思われます。笑
おばあちゃんは今まで日本全国色んなところに
行ってるから、こないだ
「イカタにも行った事あるよ」
と言われても親戚は全員驚かずでしたわ。

色んなニュースを考える時って
記事を読むだけじゃなくて、
色んな情報をアナログに聞いたり
実際自分の目で確かめれる時はそうしたほうが
より自分なりの考えを持つことが出来るよね。
報道される内容は規制されてる事も多いし、
バイアスが掛かってる場合もあるし、
場合によっては誰かの思惑でゆがめられてる事もあるので
情報の一つとして仕入れるのが妥当かと。
物の見方として参考にもなるしね。
なるほど、そういう考えもあるか!とかね。

でもいつも思うのは、本当に大事な情報は
決してメディアでは流れないってことかなあ。
どの事件やニュースに関しても
核心に迫る内容は報道されれないことが多いと思うのだ。
時折重要情報をリークする人もいるけど
内容が重ければ重いほど時には命が危険にさらされる
事だってあるから、誰もが慎重になると思うんだよね。
それに自分のポジションを考えるとうかつには
言えないだろうし。
なので、本当に大事な話は基本的には手に入らない
と言うのがアタイの自論。
だからこそ、その事件やらに近い人の
感覚的な話を聞いたりするのが大事かなあーと思ったりね。
アナログ情報はあなどれないのですよ。

となると、スパイ活動では
ヒューミント活動(ヒューマン・インテリジェントの略)が
大事なのかもしれない?!
ヒューミントと言うのは人間を介した情報収集活動の事で、
この反対にあるのがシギント(シグナル・インテリジェント)と言う
通信技術を介した情報収集のことです。

いきなり、なんのこっちゃだよね。笑

情報収集の仕方と言うかね。
何かについて色んなメディアの情報を読んだり、見たりもするけど
どの場合においてもアナログ情報も重要なのでは?って話。
アタイはプロのジャーナリストじゃ無いし
記者でも何でも無いし
ましてや、インテリジェンス活動をやってるわけでも無い
ただの素人ネコだから、
大した情報なんて知らないんだけど。
もしその立場ならこんなこと書かないしね。笑

万が一何かを知りえることがあったとしても
素人だから公にはしないだろうなあと。
面白い話に関しては、ブログにもホームページにも
SNSにもメールにも書かないと思う。
友達に会った際は、話すかもしんない。
アタイでさえアナログなんだから、
重要情報を知りえる人はもっとアナログなんじゃ
ないかなと思うわけなんす。

インテリジェンスの世界では、8割か9割の情報は
公文書から手に入るといわれてるよね。
残りの肝心の部分はアナログってことになる。
アタイもその通りだと思う、と言いたいのだ。笑
インテリジェンスと通常の普通の情報収集は
同じなんじゃないかなと思っててね。

ブログには、記事で読んだ話やら、
アタイの独自調査による話やら、
それによるアタイの考えを
すき放題書いてるだけだから
信じる信じないはご自由にってレベルかな。

なんか、反原発って書くと、どこからともなく
原発推進派がブログを検索してきてワケの分からん
コメントを残していくんだよね。
そういう活動をやってる事自体
原発推進に対する不信感が募るってもんだよ。

原発に限らずとも、
ブログを書いてる人はそういう体験が
少なからずあるよね。
日本のネット社会には変な集団とか
変な勢力が居るんだよ。
カウント数が少ないこのブログでさえそういう
目にあうんだから、大手メディアのサイトなんて
よほど規制されてるんだろうなーと思ったりね。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-26 03:02 | 日記 | Comments(2)

没収された。

みなさん、知ってました?
ウイロウって液体物なんすよ。
アタイは固体だと思っちょりました。

今さっきフランクフルトのセキュリティチェックで
係官にカバンを開けられて、
コイツはなんだ?と
言わんばかりに、アタイが関空のゲート内で買った
ウイロウを両手でぶよぶよ触られて。
そんでもって事務所まで検査しにもって行かれて。

この時点でアタイは
返してくれるだろーな。
って楽観視してた。
でもウイロウと一緒に帰って来た係官は
首を横に振りながら
「コレは液体物でござんした」
と言い放ち、無惨にもまだ手付かずの
輸入ほやほやのアタイのウイロウを
ゴミ箱にぽ~んと放り込んだのでした。

「そ、そんなあ~、ご無体な~。」
とすがってみたものの
決まりを守る事に関しては日本人と互角のドイツ人だから
許しちゃくんなかったよ。
悔しい、悔しい。
ウイロウ食べたかったのに。

欧州の空港ではテロ対策で
セキュリティチェックがかなり厳しいんす。
日本国内便みたいなゆるゆるセキュリティじゃないので
100mlを超える液体物は持ち込み不可なんす。
コスメ関係は小さい容器に移し替えて
さらにビニール袋に入れて
セキュリティスキャンを受けなきゃいけない。

上着も全部脱がないといけないし、
ショールとか、マフラーとか、スカーフも
外さないといけない。
男性はベルトも外さないといけない。
場合によっちゃブーツとかも脱がないといけない。

とにかく、面倒くさいし時間が掛かる。
あと、ノートPCも外に出して
スキャンしないといけない。

ま、なんかそういう爆弾が押収されたことが
あったとか、無かったとかで
スキャンするのが義務付けられてるんだわ。
だから、基本的に液体物を持ち込まないよう
アタイも気をつけてるんだけど。

欧州の主要空港ではアジア便との
乗り換え時に一旦外に出なきゃいかん仕組みの
ところがあるんだよね。
そして、うっかりしてたけど
フランクフルト空港がまさにそのタイプの空港なんす。

日本からの到着便からドイツ国内フライトに乗り換える際
一旦外に出されるんだよね。
そんでもう一回並んでセキュリティチェックを
受けて中に入らないといけない。
外に出なくていい時もあったので、便によるのかも
しれないんだけど・・・。
アタイの知る限り、パリのシャルルドゴールでも
一旦外に出されるよ。

そうすると、今回のアタイみたいに
関西空港でチェックイン後に買った液体物が
押収されちゃうんだよね。

なんか理不尽な気分になるわよ。
だってさ、空港でセキュリティチェックを受けてから
空港内で購入した液体物なのに、
次の空港で乗り換えのために一旦外に出されて
買ったものを没収されるわけだから。
なんか・・・
詐欺みたいな仕組みと言うか、
ボッタクリか?って思っちゃうわけで。
外で買ったものなら諦めもつくけど
何で空港のゲート前売店で買ったものを
没収されなきゃいけないのかが
分からんわけで。
納得行かない。
取り上げるんなら最初から空港内で
液体物を売るんじゃない!
って言いたいわ。

つーかね、何度も書くけどウイロウって
液体物なのかね?
あれは固体じゃないのか?
くそー!
くそー!
ウイロウは爆弾じゃなくてお菓子なのに。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-24 22:08 | 日記 | Comments(6)

実家でうだうだ

別に何をしてるって訳でも無いですけど。
特に書くことも無いので笑
ブログ更新怠ってます~。

実家では・・・

朝起きて、ご飯食べて、
家の掃除をして、お昼ご飯食べて、
テレビ見たり、部屋の片づけをして
夕飯の買い物に行って
夕飯を作って食べて、テレビ見て
そんでお風呂に入って寝る・・・。

3日に一度は外食をしてみたり。

みたいな毎日です。

思ったよりも暖かく無くてねえ。
天気は良いけど、パーカーとか着てる。
そんで、台所磨いたりしてる。笑
アタイね、ステンレスはピカピカじゃないと
気がすまない派なんす。

ま、そんなゆるーい日常ですわよ。

また風邪をひいたみたいになって
先日まで鼻水だらだらでござんした。
アレルギーかもしんない?!
でも目とか痒くないから花粉では無さそうだし。

いやー。
ホント。
書くこと無いねー。
田舎は平和だよ。
だからといって退屈ってわけでもなく。

2日目はおっかさんの49日もどきだったので
親戚の皆さんに集まっていただいて
高松サンポートなる高層ビルの30階にある
フレンチレストランで食事をしました。

有名なシェフが手がけるレストランの
高松支店なんだとかで
すんごく美味しかった。
クロネコはあんまフレンチとか食べないんだけど
久々に食べたら美味しかったわー。
やっぱ日本で食べるフレンチはいいね。笑

ここのミディ南仏ってメニューを頂きました。

その後、ANAホテルの20階にある
バーに行ってお酒も飲んだ。
何ともオサレ~な空間で高松じゃないみたいだったよ。笑

どちらもビルの上の方だったので
ライトアップされた高松港などを眺めながら
ゆったりすごしたよ。
でも伯母さんたちは
「あらあらこんな高いところ怖いわ」
って騒いでたけど。笑

昨日は姉のお誕生日だったので
おとっつあんと3人でいつもの懐石うどん屋さんへ行った。
お刺身もうどんも美味しかったなあ。
前回はおっかさんが危篤だったので
あんまアタイ味が分からんようになってたのよね。
今回はちゃんと分かって良かった。

そんで。
今日は姉に何を食べたいかって聞いたら
ステーキが食べたいなってことだったので
ヒレ肉さ買って来て焼きましたです。
こちらも美味しかったなー。

日本はお肉も野菜も魚も全部美味しいね。
何故じゃろ?
ドイツラントではお肉は美味しいのもあるけど
魚は難しいんだよねー。笑

そしてそして。
阪神巨人戦をテレビで見たり。
いやー。
野球中継をテレビで見れるってのは
やっぱ良いよね!
クロネコ最近の選手が誰だか分かってないから
阪神も巨人もスタメン選手よりも
監督とかコーチの方が何か馴染みがあると言うか。
あー、あの人コーチなんだ!的なね。笑
木戸さんがヘッドコーチなんだねー。
打撃コーチは・・・和田さんはオッケーだけど
アタイ的には片岡氏を2軍にもってって
2軍から八木ひろしを1軍打撃コーチに
したいなーって思ったわ。

スタメンは・・・もう檜山さんを代打にするのは
どうかしら?って思ったり。
アニキは本当に打てなくなってるから
ちょっと退いてもらう時期なのでは?
って非道なことを思ってみたり。
いやね、かつてたくさん勝たせて頂いたのは
感謝してるけど。
やっぱ、今の試合を勝ちたいからさ。
若返り必須ざんすよー。
城島氏もっと打って~とか。

いや、野球やっぱいいね!

けどさ、昨日の審判はひどかったわよ。
巨人の選手のエラーを何度も見過ごして
いっつも巨人よりの審判をくだしてて。
「おんどりゃどこに目ぇつけとんじゃ、われ!」
とか何とか阪神ファンにやじられたに違いないよね。
クロネコもやじったよ。
だって、あれで負けたようなもんだからね。
審判が巨人寄りのジャッジをすると
アタイは昔からとっても腹が立つのよ。
ゆるせねえー!


ま、そんな毎日どす。
明日で地元は最終なり。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-22 00:34 | 日記 | Comments(2)

ラッキー

昨日実家に到着。
いつもどおり時差ぼけで眠たい。

けど今回はラッキーだった。
ぬわんと。
フランクフルト空港で関空行きルフトハンザに
乗る直前に、アタイの席がビジネス席に
変更になったのだ!
もしやして。
大当たりってやつ?
ラッキー過ぎ!
うれしー!

てなわけで。
今回の帰路はビジネス席で帰ってきた!

クロネコ人生では二度目のビジネス席。
以前はJALで大当たりだったんす。
10年近く前かなあ。笑

自腹だとちょっと無理なんで
こういうケースでも無いと
なかなかねえ。

最近のビジネスは進化してるねえ。
もうね、シートが最高だった。
ほんとに平らになるんだなーって。笑
そんでもって。
マッサージ機能までついてて
使いまくったよ。
リクライニングもいじくり倒して。
ビジネス席慣れしてないのがあからさまな
客でござんした。

で、ホント名前通りこの席には
ビジネスマンが多かった。
ちなみにビジネスもエコノミーも満席だった模様。

ビジネス席ってほんと料理も美味しかったー!
前回JALに乗ったときはそんなに
美味しいと思わなかったけど
ルフトハンザは美味しかったよ。
パークハイアット料理長監修による
和食メニューだったんだけど。
美味しかったー。

クロネコ大満足でござんしたよ。

けどトータルで3時間くらいしか
寝てないかも。
まあぐっすり寝れたからいいんだけど。

いやー。
ビジネス席って最高だけど
復路はエコノミーに元通りだから
逆に辛いかもねえ。笑

そうそう。
ビジネス席だと先に下りれちゃうから
チャかチャカと入国審査を済まして
荷物を取って外に出たら
いつもは間に合わないバスにも間に合って
予定より2時間半も早く実家に到着!
これも素晴らしかったねー。

いやー。
なんてラッキーな帰り道!
満足なり。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-16 12:55 | 日記 | Comments(4)

勝ちか負けか?

こないだ解約手続きがどうのこうの
って記事を書いたけど。
一つ結論が出た。

果たして勝ちなのか、負けなのか。

アタイの中ではなんとなーく
引き分け感が漂ってる。

アタイの携帯電話の契約の話だったんすよ。
結論でたからまたクロネコのアフォな
経験の一つとして書いちゃうけど。笑

ドイツラントに移住した6年前アタイは
SIMカードなるモノが一体何なのかも
分からないようなレベルで
Vodafoneショップへ行って契約したんだけど。

ショップ店員の説明を
ほとんど理解しないまま適当にサインを
しちゃったんだよね。
携帯を早く持ちたい一心でね。

したらね、月々の支払いが結構高かったんす。
でもほらアタイってずぼらなネコだから
何度もショップに行くのが面倒くさくて。
契約書とかもよく見てないし。
それに、他の安いキャリアを探して
契約を変えてまた友達に番号を連絡して~
とかって作業が死ぬほど苦手なもんだから。
放置してました。

この6年間にアタイがやった事と言えば。
ショップに何度か行っては(一応何度かは行った)
「ほとんど使ってないのに高すぎるから
契約内容を変更してくださいな」
ってお願いしただけだったんす。
でね、ココでもショップ店員は愛想よく
「いいですよー、やっときますねー」
って端末をかちゃかちゃ叩いて
なんか変えてくれてる風だったんす。
良かったーって安心して帰宅してたんだけど。
1ヵ月後に領収書を見ると
ほとんど変わって無い額が引き落とされてて。

何でだろ?
って思いながらも、アタイは面倒くさがりだから
窮地に立たされない限りは原因を究明しなかったんす。

したらね、昨年秋に新規で携帯を
手に入れたもんだから
ボッタクリVodafoneとはおさらばじゃー!
って思っていよいよ解約書類を作って
送り届けてやったわけなんす。
したらちゃんと先方からも
「1月付けで解約となります」
って証書が届いたわけで。

でね。
この時点でアタイは終了だと思ってたんす。
なのに1,2,3月と毎月領収書が届いてて。
なぜ?なぜ?なぜ?
って思ってたけど、
この時期は精神的にも落ち込んでたし
仕事も忙しかったから放置してたんす。
とてもじゃないけど戦う気力が無くてね。
で、そろそろ解明せねばってこないだ
電話で確認してみたら。

ぬわんと。
アタイは6年前に同時になんか良く知らない
他の番号も契約させられてたんす。
ほんと一度も使ったことが無い番号が
追加で4番号もあって。
たまげた。
クロネコってばずーっと知らなかったんす。

え?
クロネコってば領収書見てないの?
って思うでしょ。
一応見てたんだけど・・・金額を見てるだけで
明細の詳細までは見てなかったんす。
だってパケット容量をつらつら書いてるだけだし
そんなの興味ないしで。
したらね、領収書の裏側のすみっこに小さく小さく
他の契約番号が記載されてて。
たまげた。
知らんかったもん。

いやー。
つまりね、アタイが昨年解約書類に書いた番号は
1つだけだったので、残りの4つは継続状態ですよ
ってことだったんす。
でもアタイ一度も使ったことないし、今後も使わないから
「即解約したい!」
ってコールセンターの人に言ってみたところ。
「じゃあ解約書類を書いてください。
ちなみにこの契約は年間契約になってるので
来年1月まで続きますよ。」
って言われて。
たまげた。
たまげたー!
いやだー!!!
絶対払いたくない!
むしろ、この3か月分を払い戻して欲しい!!
って電話口で文句言ったら応対してくれた人が同情してくれて
「確かにあなた外人だし、使ってないのに支払うのは
どうかと思うから、その旨を解約書に書いて手続きしてみて。」
と言われた。

ぬぬぬー。
お友達に話すとみんなは
「弁護士たてろー!」って言うけど。
クロネコは弁護士保険に入ってないしねえ。
こんな時こそ弁護士保険ってわけだ。
けどアタイは未加入だから
とりあえず自力で色々と自分の正当性を述べる
文章を書いてみた。
しかも英語で。笑
何故ならドイツ語で書くと「契約時にドイツ語を理解してた」
と思われるかもしれんからで。笑
「ドイツのシステムを理解してない外人」を装うべく
へたくそ英語でトライしましたがな。
TOEICの試験を思い出しながらね。笑

でね、それを先週金曜にファクスしてやったところ。
今日郵便が届いてて。
「結論が出ました」とのことだった。
「4月解約を認めます。
それはあなたが今まできちんと料金を支払っていたからです。」
って書いてあった。

ま、実を言うと昨年の解約時に他の番号を解約します!
って言ってなかったアタイにも落ち度があるので
この内容ならまあオッケーかなって思うんだけど。

でもこの話をドイツ人にすると
「ダメだー、もっと戦え!弁護士たてろー!」
って言うんだろうな。
どうしよ。
面倒くさいな。

そりゃまああわよくば3か月分の支払いを
返してもらおうとは思ってたけど
大手企業だと手ごわいからアタイの主張を
飲んでくれないかもなーって思ってたので
この内容ならアタイは合格点なんだよねー。

そしてコレは勝ちなのか、負けなのか。

ホントにドイツラントって解約が面倒だよね。
そして契約時にありとあらゆるところにワナが
仕掛けられてる。
外人で女で子供っぽく見られたらアウト。
クロネコは三重苦ですから。
店員にしてみりゃカモがネギしょってる状態かと。
悔しい。
契約恐怖症になるよ。

でもねー。
いろんな人の話を聞いてると
ドイツ人でもやられてるからね。
しかも高級なものを買おうが安いものを買おうが
大手企業で買おうが、無名のところで買おうが
とにかくワナが多いんす。
みんな次々やられてる。
ほんとにリアル・ライアーゲームだから。
だから弁護士保険が必要なんだろうね。笑

クロネコもよくよく気をつけないとなー。
今のところワケの分からない契約は
無いから大丈夫だと思うけど・・・。

ま、今回の結論は妥当かなと。
もっと手こずると思ってたんでね。

あ、でも今度うちの会社のドイツ支店の
弁護士さんに妥当かどうか聞いてみるかな。
ホントは個人的なことを相談しちゃいけないし
こんなアホなことを相談するのは恥ずかしいんだけど
以前のイケア事件の時も相談してるので
「また外人ってことでなめられましたー!」
って言えば大丈夫かもしんない。
マルクスさん良い人だし。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-14 05:43 | 日記 | Comments(2)

趣向が変わってきてる。

夏時間になるといきなり明るくなるから
なんか夜の感覚がおかしくなるんだよね。
明るいからまだ早い時間だと
思っちゃうと言うか。

今日も早い時間だとばかり思ってたけど
お店に入ったら閉店間際の8時だった。

ふと思い立って、プレゼントを買いに
デパートに立ち寄ったんす。
何にするかなあって考えながら
買い物するとまず何も見つからないのがドイツだから
多分何も見つからないと思ったんだけど。

意外にも見つかった!笑

ドイツっぽいもので~って探しても
いつもはめぼしいものが見つからないんだよ。

結局ね、ビレロイ&ボッホと言う
ドイツの老舗陶器メーカーの
カップ&ソーサーにいたしました。
一番気に入ったやつは結構高くて断念。笑
2セットで5千円くらいので抑えといた。

けど。
さすがはドイツだなーって思ったのが。
普通日本のデパートなら「贈答品です」
って言えば箱に入れてくれて
懇切丁寧にラッピングしてくれるでしょ。
ドイツの場合は、まず無料ラッピングコーナーへ
自らもって行かないといけなくて。
そんで。
有料包装紙と無料包装紙のどちらかから
選ばないといけないんだけど。

アタイ的には割れ物だから箱に入れて
欲しいなって思ったわけで。
しかも5千円も払ってるし
一応ブランド物だしで。
でも。
そこはドイツだから。
本当にラッピングをしてくれましたとさ。
紙で包むだけ。
いやー。
なんだか違和感あるけど。
割れないように気をつけなきゃね。

そういえば。
アタイんちの廊下にはかれこれ1年ほど
友達への贈答品が転がってるんだよね。
どうしたもんだろね。
今更送るのもねーって思ってたら
こんなに日が経ってしまった。
参ったわ。
でもアタイも使わないしなー。
土曜しか郵便局にいけないのに
午前中しかあいてないもんだから
朝寝坊なクロネコはここ1年ほど
郵便局へ行けてないのですよ。
困ったわ。

それはそうと。
話はガラガラーっと変わるんだけど。

なんかね、最近のドイツ人女性の
趣向が変わってきたなあって思ってて。
ホントに意外なんだけど
20代、30代のドイツ人女性が
ルイ・ヴィトンのバッグを持ってる率が
非常にあがってきてるんす。
アタイの個人リサーチだからアテにならんでしょ~
って思うかもだけど。
否、否。
コレがね、自分で言うのもなんだけど
アタイのチェックには自信があるのよね。

恐らくは都市部に限ってだと思うし
ほんと2~30代女性ってところがミソなんだけど。

ドイツラントも遅ればせながら
ルイヴィトンが流行りだしたんだろうかねえ~
って思ってね。

だって今日だけでも街中でヴィトンのバッグを
持ってる女性を15人くらいは見かけたのよ。
これ結構凄い数だと思うんだよね。
だってデュスは人口50万人くらいの
さほど大きくない街だし
市の中心地だって歩いて全部回れるくらいの規模だから
大した事無いのよ。
なのに。
アタイの通勤途中だけでそんだけ見かけるってことは
かなり増えてると見て良いと思うのわけで。

女性がルイヴィトンを持つのは普通じゃーん!
って事情を知らない人は思うだろうけど。

基本ね、一昔前のドイツラントは
着飾ってるやつはオノレの内面に自信が無いやつで
中身に自信がある女はオシャレなんぞしない!
みたいな、なんか骨太なのが主流だったんす。
で、アタイの勝手な判断によると
そういうのは今40代とか50代の
インテリ女性に多い印象。
アタイが留学してた15年くらい前は
そういうのが主流だったんだよね。

でも今は違う。
マテリアルガールが増えてる。
かなり増えてる。
メディアの影響なのかなんなのか知らないけど
昔とは大きく様変わりしてる。
ま、ドイツ人はもともと顔もスタイルも
良いほうなんだから、頑張ればすごくキレイなのよね。
だから昔はもったいないなーって思ってたんだけど
やっとその美点に気がついたのか、
最近の若い人たちはちゃんとちゃんと
小ぎれいにオシャレをしてる。
化粧もちゃんとしてるし。

ファッションセンスは今もまだ地味路線だけど
そのうち垢抜けてくるんじゃないかなー
ってアタイは思ってるんだよね。

でもねー。
アタイのこの意見はなかなか受け入れてもらえなくて
「ドイツ人はダサい!」と主張する人が多いのだよ。
まあ、確かにパリっ子とかロンドンっ子とか
ミラノっ子と比べたら、ほんとまだまだだけど
でも昔のノーメーク、ザンバラ髪に
ナチュラルスタイルと言う名のダサい格好に比べたら
格段に進歩してるよ。

ただね、ドイツ全般が同じか?といえば
全く違ってて。
まあアタイの感覚で言えば都市部で
比較的経済状態のいいところは
その傾向が強いかな。
フランクフルトのワーキングウーマンなんか
とてもセンスが良くてキレイにしてる女性が多いからね。
デュスはもともと小金持ちが多いエリアだから
その子女たちが小金持ちファッションを
楽しんでるのかもしれないけど。
ま、洗練されてはいないけど(笑)
でもお金掛けてるのが見て取れる。
センスは悪くないとアタイは思うのだよ。

アタイが思うに、ハンブルクや
ミュンヘンも同じ傾向だと思うな。
ビジネスウーマンの多いエリアはそういう
傾向になるんじゃないかなと。

ベルリンはもう少しアーティスト系が
集ってるから、ちょっと違う雰囲気なんだよね。
もっとカジュアルな感じのオシャレと言うか
個性的なオシャレが目に入る。
なのでアタイはコレがすきなんだけど
ビジネスではちょっと違うかなーって言う路線。

まあ、6年も住んでるからアタイの
感覚が狂ってきてる可能性はあるけど
それでもドイツ人女性のファッションセンスは
大きく変わったと思うよ。
まだまだ基本は大手ファッションブランドの服が
主流で小売系はほとんど見当たらないから
ちょっと一味違ったファッションは難しいんだけど。
そう。
たとえ高そうなものを着ていたとしても
どこか地味と言うか、普通と言うか
優等生系な雰囲気があるんだよね。
またはショウウィンドーのマネキンそのままと言うか。
ドイツのマネキンはオーソドックス路線だからね。

表現が難しいんだけど、
そこそこ良いものを着てて、シーズンモノを着てるから
見栄えはいいんだけど、「センスいいな!」って
思わせる何かを持ってる人は少ない・・・
ってのが現状かなあと。

ま、自分のことはかなり高い棚に上げまくって
書いてるんだけどね。笑

で、話を戻すとルイヴィトンですわ。
それこそ10年くらい前まではドイツで
ルイヴィトンを持ってるのは金持ちマダムだったんす。
街で見かけるマダムも毛皮のコートを着て
ヴィトンを持ってて。
若い子で持ってる場合は、親がお金持ち!
って雰囲気の子しかいなくて
ほーんと滅多にヴィトンを見なかったのよ。

でも。
ここ1年くらいかなあ。
やたらと見かけるようになったのは。
若い子が通勤やらショッピングにヴィトンを
持って出かけてるんだよね。
いや、ほんと驚くわ。
ドイツ女子も変わったな~って。
けど。
日本より断然近くのフランスから
流行がこんなに遅れてやってくる国も
珍しいよね。笑
これだからダサいって言われるんだろうね。笑

そうそう。
何でアタイが一般的にヴィトンが浸透
してるって思ってるかと言うと。
アタイの友達のコニーちゃんも
持ち出したからなんだよね。
彼女はアタイと出会ったときは安いカバンを
持ち歩いてたのよ。
なのに、何故か最近はヴィトンフリーク
みたいになっちゃってて。
日本好きだから感化されたのかと思ってたけど
恐らくこれはドイツ国内のブームかと思う。
アタイの読みざんす。

ドイツ国内のドイツ女子間で
流行ってるファッションを分析してる
日本人ファッションジャーナリストなんて
皆無だと思うから(基本ダサいと思われてるからね)
こんな発見は何の意味も無いんだけどね。

でもドイツラントは経済大国だから
ヴィトンを買う余力はあると見ていいよね。

にしても。
アタイはたとえ余力があったとしても
ヴィトンは絶対買わないなー。
あーんなたくさんの人が持ってるものを買っちゃったら
人とカブることになるわけで。
そんなファッションは耐えられない。
そもそもヴィトンは茶色ベースだから
嫌なんだよね。
アタイは茶色のバッグは好きじゃないのだ。笑
同じお金があったら他のブランドを買うだろうなーと。

いやー、でもアタイは貧乏性だから
カバンにそんな何万円も使えないんだよなー。
そんな高級なカバンをもってたら
スリに狙われるじゃないのー。

って。
フリーマーケットで買った千円の
古臭いカバンでさえ狙われたから
あんま関係無いのかもしんないけど。

いやー。
今後もヴィトンはドイツ国内で好調な売り上げを
記録していくものと思われます。

無印のナイロン製バッグを愛用してるような
アタイに分析されたくないだろうね。笑
でもアタイ荷物が重いから軽いカバン
じゃないと通勤に支障が出るんだわ。
しょうがないのです。
パンの具がこぼれても、雨が降ってもオッケーだしね。笑

クロネコは一生ブランド物に縁が無さそうだなー。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-12 07:55 | 日記 | Comments(2)

ああ悲しい。

北海道と福井、島根、佐賀では
現職知事つまり「原発推進派」が当選しちゃったとかで。
・・・。
「安心・安全」を徹底しますからって訴えたから
当選しちゃったとかで。

ネガティヴに驚いた。
心底驚いた。

日本人のレベルってこんなもんなのかーって。

いや、別に即原発を停止しなくても
そっち方向に進めていくべきかなって思うし。
この期に及んでみんなそういう風に思ってるのかと
おもいきや。
驚いた。

この地域は福島の事故が報道されてないのかな?
って思うくらいの結果だよね。
びっくりだ。

今の日本には震度5までしか耐震性の無い原発しか
存在してないって武田教授が言ってたのに。
そんで、いまは震度6の地震がガンガン起こってるのに。
日本はプレートがたくさん連なってる国だから
どこだって同じくらい地震の危険性があるのに。
現実から目をそらしてるんだろうかね?
もしかして。
自分たちだけは大丈夫って思ってるんだろうかね?

推進派の言う事を本気で信じてるのかな?
だとしたらこれまたビックリなんだけど。
福島の人たちも信じてたんだよ。
でも騙されてたんだよね。
クリーンで安全な原発と言う触れ込みは嘘だったんだよね。
自民党、電力会社の言うことは全部嘘ばっかりで。
今の政府だっていざって時にあてにならないし。
福島の人は純朴だからかるーく騙されたんだろうな
って思ってたけど。
さすがに今はあれだけ報道があるからねえって
思ってたら。

原発産業におんぶにだっこ状態の
地方財政は、方向を転換できなかったんだろうねえ。
そうやって官僚と政治家が地方を
がんじがらめにしてしまったんだろうね。
それが分かって余計にショック。
金の亡者が高笑いしてるのが聞こえるようだよ。
だけど、新規エネルギー開発をその地で優先的に
実施するとか方法は幾らでもあるのに。
方向転換しないと本当に未来は無いのに。

田舎は保守層つまり自民党が強いからなあ。
そんで。
田舎は基本的に年寄りが多いし、
年寄りは議員さんの言う事を信じちゃうんだろうね。
そんで。
支持母体ってやつが動くのかなあ。

そんで。
その地はやっぱり原発産業に関わってる人が
多いんだろうね。
だから抜け出せないんだろうなあ。
原発のある地域で、反原発を表明するのは
すごく勇気が居ることらしいね。
自分の家族や子供たちの就職にまで
影響が出るから相当の覚悟が必要って話。
すごい差別を受けることを覚悟しないと
いけないらしくて。
まずはアカ呼ばわりされるし。笑

けどさ。
事故が起こって放射性物質が出たら
それどころじゃなくなるのにね。
そうなったら本当に子供の就職どころか
学校だって行けなくなるし、
下手したら先祖代々の土地も価値を
失ってしまうんだよね。
それを福島が今見せてくれてるのに
何で自分たちは大丈夫だと、違うと
言いきれるんだろ。
不思議ー。

何故福島から学ばないんだろ?
純粋に疑問に思うなあ。
何かふかーい理由があるんだろうかね。
アタイのようなやつには見えない
ふかーいふかーい理由がね。
誰かアタイに教えておくれ。

クロネコ無力感を感じたわ。
この田舎の日本人って本当に
ボーっとしてるんだなあって思って。
危機感が無い。
どんだけ自分たちの決断が日本を
そして世界を危険にさらしてるか
分かってるんだろうかね?

権力に負けた感にさいなまれるけど
これだけで諦めちゃいけないよね。
老獪な原発推進派知事たちを
今後もウォッチしていかないと。
原発はその地域だけの問題だけじゃないからね。
日本全土の問題だし、
世界を脅かす問題だからね。

「日本てば、危機管理能力低すぎー」とか
「日本てば、この期に及んで原発推進だなんて
何も考えてないのか」とか
「日本てば、世界の自然環境を悪化させてる!
なんて迷惑な国なんだ!」
って思われてるからね。

ただでさえ、世界中から大迷惑な国扱いを
されてるのに。
今後もっとそういう扱いになるよね。
クロネコはさすがに今回の日本人の決断は
理解出来ないわ。
だから日本を擁護できない。
お願いだからがっかりさせないで・・・。
でもアタイは日本が好きだし
日本人だからまだまだ諦めないけどね

田舎の人って簡単に騙せるんだなー
って思った。
悪いけど田舎の日本人には完全に落胆かなー。
ま、アタイが勘違いしてるだけなら
いいんだけどね。

にしても。
こうやって原発推進派に田舎の人たちは
騙されてきたんだなーってのが
良く分かるよね。
そうやってどんどん何基も原発建設を
受け入れてきたんだろうね。
知らず知らずのうちに・・・。
引き返すチャンスさえ自ら逃して。
そんな人たちが日本の生命線を
握ってるのかも。
怖いね。



そうそう。
話しちょっと変わるけど。
そうは言っても
ドイツもやっぱり原発は無くならないみたい。
無くすのはどう考えても無理みたいで。

あれ?ドイツは原発を止めて、
原発の新規建設もしないんでしょ?
って思うよね。
そう、その通りなんだけど。
なんと言ってもドイツは陸続きで
お隣に原発大国があるんだよね。

そう。
この決断には、ドイツ人の
スーパーエゴイズムが出てるんだよ。
「自分の国から原発を無くす」
って言う案なんだよね。

つまりね、たとえドイツラント国内から
すべての原発が無くなったとしても
ドイツはフランス、チェコ、ポーランドと言う
隣国から電気を買えるんす。
で、それらの国は原発で電気を作ってる。
ポーランドにおいては、ドイツの企業の原発だったりするから
なんと言うかドイツ人はすごいエゴイストと
言えるかなーと。
だからたとえ原発を止めてもドイツでは
まったく停電は起こらないんだってさ。
なるほどねー。

でもまあドイツ人だって分かってるよ。
お隣で原発事故があれば、ドイツだって
危ないことをね。
そりゃ近いからね。
風は吹いてるし。

だからまあドイツ人の行動はいまいち
良く分からんってことになるわけで。
ただし。
ドイツ政府は代替エネルギー開発に
力を入れようとはしてるから
何もいつも隣国から電気を買おうって
考えてるわけではないみたいよ。
そうしないと、隣国を儲けさすだけだからね。
それはドイツとしては不本意だからね。

いやー。
エネルギー問題は前途多難だね。
人類最大の危機に直面してる気がするなあ。
でもみんなで考えていかないとね。

クロネコんちの暖房はガス暖房だよ。
家電も極力電気を使わないようにしないとね。
けど。
アタイが何より愛してるロックでは
電気あってのものだからなー。
電気が無いとロックは成り立たないんだよ。
ライブもしかり。
困ったなあ。
ほかは我慢してもコレだけは止められないもの・・・。

って。
みんなそんな感じなんだろうね。
ああ。
自分も矛盾してるよね。
せめて自分ちの電気は代替エネルギー率が高い
ところから買うようにしよう。
そうしよう。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-11 09:37 | 日記 | Comments(7)

紛失癖

色々急にモノが消えてしまう事ってあるよね?
アタイはかなり頻繁にある。

狭い部屋に住んでるから、
絶対この部屋から無くなってないはず!
と思っても。
どんなに何度も探しても出てこないんだわ。

この部屋で無くなったモノは
数知れずだけど、
最近もとあるものを紛失。
自分でも驚いた。
でも無いものは無い。

あとね、洋服もよく無くす。
クローゼットの中で行方不明になった場合は
いつか出てくるんだけど。
旅先で行方不明になったものは
もう出てこないよね。
アタイにしては高かった服こそ割と
行方をくらましがちで・・・。

そうそう。
無くしたと言えば。
アタイね、どうやら小中高と卒業アルバムを
無くしたっぽいんだわ。
ありえないよね。
我ながらありえない。

けどね、ドイツ移住へのドサクサ時に
どっかに行っちゃったんだわ。
重たいからドイツには持ってこなかったんす。
ってことは。
実家にあるはずで。

でもね。
コレが1年以上帰省時にがんばって
心当たりを探してるんだけど。
まったく見つからない。
でもまあ、見つからなくてもいっかな。

って今のところ思ってる。
何故って。
小学校、中学校に関しては
仲良しの友達が地元にいるから
必要時は彼女に見せてもらえばいいわけで。笑

問題は高校。
けどアタイは高校時代の友達と
一切交流してないんだよね。
何故って。
あんま興味が無いからで。
・・・。
じゃあ、アルバムが無かろうがいいじゃんかね。
そうだよね。
そうだ、そうだ。笑
ただね、校舎とかそういうのちょっと写真で
見てみたいなって思ってね。
ただのノスタルジー。

あれってさ、アルバム製作委員じゃないかぎり
オノレの写真ってあんま載ってないよね。笑
つまり。
アタイの写真は集合写真にしか載ってない。
・・・。
じゃあいいじゃんかね。笑

大学時代に関しては・・・
アルバムなんて存在しなかったよね?
持ってないところ見ると無いと思うんだけど。
ま、あったとしても別にかまわない。
だって。
大学時代の仲良し友達は今でも仲良しだし
特に交流の無かった人たちも
フェイスブックがあるから連絡取れるしで。
っていうか、特に交流の無かった人たちは
今後も交流は無いと思ってていいわけで。

無くなった服だってまた買えばいいわけだし。
なんと言うか。
無くなったからと言って困るものって
そんなに無いよね。
そうだよ、そうだよ。

と。
自分の無くし癖を正当化してみたり。
そうでもしないと気分が盛り上がらないもんで。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-04-11 08:51 | 日記 | Comments(4)