死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ベルリン:狂気バージョン。笑

ベルリンの思い出を書いておこうかな。
誰も望んでない「気が狂ったバージョン」を先に。笑

つまり。
ライブレポートです~。

O2Worldというアリーナに初めて行ってまいりましたよ。
ドイツラントにO2アリーナは2つあって
そのひとつが首都ベルリンにあるんですわ。
出来たばかりで新品。
キャパは2万4千だそう。
体感上、あんまり大きくない気がしてしまったけど
かなり巨大なんだそう。
アタイは感覚が狂ってるんだろうねえ。
多分ね、前のほうに居るとあんまりその巨大さが分からんのだよ。
後ろから見ると巨大さがヒシヒシと感じられるんだろうけど。

なんせ。
クロネコはサヴァイヴしちゃいましたから。笑
ほれほれー!↓
c0016407_7355988.jpg

なんか今回のツアーではライブが終わる頃スタッフが
最前列に陣取ってるファンたちにこのステッカーを
ねぎらいとして配るんですわ。
クロネコは2日連続最前列だったので
2枚持ってるってワケなんす!
ふふふ。
頭おかしいレポートのまず最初はコレ。笑

今回のラムシュタインツアー「メイドインジャーマニー」には
何回か参戦予定なので、毎回色んな場所からライブを
見てみようと思ってて。

まずはベルリンはいつもどおりリヒャルト側からスタート。
と言うかそこしか最前列は空いてなかったんす。
さすがはドイツラント。
みんな早くから並ぶから競争激しいんですわ。
クロネコは巨大なスピーカーのまん前だったんで
実を言うと耳鳴りがするくらい大変だった。
ラムシュタインも大音量でねえ。
気がついたら普通に楽しんでたんだけど。
けどライブの後耳鳴りがしてたから、ちょっと次回からは
スピーカー前は避けたほうが良いかなーと思ったり。

リヒャルト前と言うのはステージ向かって右側になるんだけど。
アタイは別にリヒャルトに関係なく、どのバンドのライブにおいても
基本は右側に行くんですわ。
理由は分からないんだけど、右側が見やすいんだよね。
なので大抵の場合右側にいますです。
右側から見るステージはこんな感じ。↓
c0016407_7414489.jpg


目の前に居た雇われセキュリティの顔が
数年前に上司だったヴォルフガングにそっくりで
目をあわすのが気まずかったよ。
彼はクビになったのだ。
ま、このセキュリティとは赤の他人なんだけどね。
セキュリティはステージとアタイの間に立ってるから
たとえ貧弱な肉体でも小柄な人に限るよ。
デカイと邪魔になるからね。

メインバンドの前には必ず前座があってねえ。
これが本当に辛いんだー。
何でこいつらの音楽を聴かんといけないんだ?
って考えると耐えられなくなるので
とにかく全神経をニュートラルにするのがベスト。
聞いてるのか聞いてないのか自分でも
分からないくらいが一番良いね。
本当にいつも思うけど、前座が良かった事って
あんまりないんだよねえ。
この前座すごく良い!って思ったのは
東京でプロディジの前座をやった
マッドカプセルマケーッツだけだよ。
って。
彼らピンでも十分売れてたからねー。

たまにね、「お、このバンドいいかも!
CD買って帰ろうかなあ」
なんて思わせるバンドもあって。
で、そういうバンドは半年くらいして
ヒットチャートを見ると1位になってたりするんだよね。
(ドイツでの話だけど)
なので、クロネコの耳も悪くないんだろうね。笑

ラムシュタインもClawfingerとか、
アポカリプティカを前座にしてた頃は良かったけど
最近はなんだかなーって言うのが多いよ。
今回のスウェーデンのバンドもアタイはあんまり・・・。
その名もDeathstar。
ネーミングからしてダメだわー。
クロネコあと数回は彼らのライブを見ないと
いけない羽目になってるんだよね。

あとね、前座のグチを言わせてもらうと。
やっぱさ、マナーとして前座は30分以内に
終了して欲しいんだよね。
アタイそれ以上は聞けないんだもの。
でも今回のデススターときたら。
35分もやりやがるんだよ。
ったく長すぎだよー。

ラムシュタインのセットチェンジが25分しか
無いじゃないのよー!って思うんだけど。
ラムシュタインのクルーは優秀だから
たったの25分で準備完了しちゃうんだよね。
そんで。
驚く事にラムシュタインってば時間きっかりに
ライブをスタートさせるんだよ。
9時きっかりにスタートって。
驚くよね。
普通10分遅れとかなんだけど、
時間通りなのは、さすがは
メイドインジャーマニー!って感じかな。笑

でねー。
このオープニングがもう度肝を抜かれる演出で。
クロネコはリハーサルライブを見ていたけど
ここまですごいことになってるとは予想だに
してなかったもんだから。
もう鳥肌鳥肌鳥肌で。
オープニング見てるだけで、ラムシュタインの
エンターテイメント魂に感動しまくって
感極まって泣いちゃったくらい。
とにかくすごいんだ!
ロックのライブでここまで手が込んだショウを
やるバンドって、ラムシュタインが一番なんじゃ
無かろうか!ってくらいすごい。
前回のツアーも手が込んでたけど、さらにパワーアップ
してて、とにかく彼らのその発展性に感動した。
手を抜かない人たちだなー!!ってね。

なんとね、大音量の騒音とともに
天井から花道が降りてくるんですわ。
分かるかしら。
二日目はステージ向かって左側にいたので
待ってる間に天井を撮影したんだけど。↓
c0016407_757533.jpg

コイツが観客の頭上に降りてくるわけですよ。

でね、メンバーが会場の後ろの2階観客席の間を
練り歩いてやってくるわけなんす!
初日はアタイの位置から全く見えなくて
一体どこからメンバーがやってきたのか
皆目検討がつかなかったんだけど。
翌日パウル側から見たら見えた。
客席の間をたいまつやら、ラムシュタインの旗やら
ベルリン州旗を持ったメンバーが練り歩いて
くるわけですよ。
け、け、K1の入場ですか?ってくらい
派手派手しい演出・・・。笑
そんで、この花道を通ってステージにやってくるんだけど。
もうその間クロネコ大感動。
感動の嵐で涙目よ。
ありがとう、ありがとう、ライブをやってくれてありがとう!
って気持ちで感無量なんす。
c0016407_82060.jpg


あー、ダメだ、ダメだ!
このへたくそな写真じゃ全く伝わらん!
アイフォーンがいけないのか、クロネコの腕が悪いのか。
と言うかね、あの爆音の中でメンバーがものものしく
登場するあの感動は、やっぱりあの渦の中に居ないと
感じられないと思うんだわー。
じゃあ書くなよって話だけど。
まあ、まあそこは許してやってよ。笑

つーかね、この入場行進を見て2日間連続涙ぐんで
しまったわー!ってドイツ人に言ったら
「え?クロネコってばNSDAP風行進を見て
涙ぐんでたの?それはちょっとヤバイんじゃ?」
って言われましたよ。
あ、そーなんだー。
NSDAPかー。
そりゃ確かにやばいねえ。
って言うかさ、ラムシュタインも好きだねえ、
そっち風の演出が。笑
意図的にやるところが好きだなあー。

ま、何はともあれ。
無事ライブがスタートするんだけど。
今回のツアーはヴェリー・ヴェストオブ・ラムシュタインだから。
本当にラムシュタインのベスト曲をこれでもか!!!
ってくらい連続して演奏してくれちゃうわけで。
息つく間もないほどの興奮の連続なんすよ。
「あー、この曲そんな好きじゃないから
ちょい休憩かなー」みたいな余裕は一切与えない。
まさに怒涛のセットリスト。
こんなライブがあったらいいな!がまさに目の前で
繰り広げられてるわけで。
なおかつ。
どの曲も豪華なパイロ演出のオンパレード!
熱いの何のって!
火柱がこれでもかー!!ってでてくるからね。

それに加えて。
これまでのツアーでそれぞれ目玉演出だったヤツが
今回のツアーではほとんどすべて再生されてるので
こんなに贅沢極まりないライブがあって
いいんだろうかね?って自問自答しちゃうくらいだよ。
アタイは1999年に初ライブを見てるんだけど
その時に見た演出もまた見れるわけで。
もう感動だし、当時のラムシュタインへの思いも
フラッシュバックするしで。
とてもじゃないけど冷静でなんて居られない。

新しくファンになった人は、このツアーを逃しちゃ
ダメだよねえってアタイは思う。
これを逃したら一生後悔するだろうなーと。

クロネコはラムシュタインを見るために
ドイツへ移住したようなもんだから
本当に目的が果たせて幸せ~!って思っちゃう。
ふふふ。
気が狂ってるの第二弾かな。笑

そうそう。
クロネコ今回のツアーでは3回泣き所があって。
1回目はオープニングなんだけど。
2回目はなんと言っても「ムター」なんだよね。
この曲の歌詞は、試験管ベイビーで母親の居ない
子供が母への思慕と憎しみを歌い上げてる内容なんだけど。
サビのところでボーカルのティルが
ムター、ムター、ムター、ムタアアアアアア!
って叫ぶのがどうにもアタイには響くんですわ。
おっかさんのことを思い出しちゃって
ティルと一緒に歌ってると涙が溢れてくるんだー。
力をちょうだい、ムター・・・
って言う歌詞がまたね・・・。
ま、歌詞の内容とアタイの心情はリンクしてないんだけど
泣きメロだからしょうがないのだよ。

そんで3回目の泣き所は。
マイン・ヘアツ・ブレントという曲でして。
この曲はとってもとっても美しい曲なんす。
クラシックアレンジがほどこされてて
重厚な感じなのがまたじーんとくるんだよね。
普段聞いててもジーンと来るんだけど
ライブだとステージ中央に巨大なプロペラが
登場して、飛行機のプロペラみたいな効果音が混じるので
臨場感がすごくて。
前奏聴いてるだけで涙でますよ。
超泣きメロです。

いちいち泣いてるのってアタイくらいだから
ドイツ人が見たら「は?」って感じなのかもしんない。
でもほんと泣きメロで名曲なんだよー。
ヌーン・リーベ・キンダー・ギープ・ファイン・アハト~
c0016407_8214788.jpg


そんで。
さっきのつり橋風花道だけど。
これはもう一度使うんだよね。
ぬわんと。
あの伝説のビュック・ディッヒをやってくれるんだけど、
PAブース前にある2つ目のステージに移動するんだよね。
この移動がまたナイスなんだよー。

4人のメンバーが這いつくばって
クビに鎖をつけられてケモノのように
よつんばいになってPAブースまで歩いていくんですわ。
で、それを調教してるのがドラマーのシュナイダーなんだけど。
彼は金髪のカツラをかぶって、ワンピースを着て
ムチを振り回してるんだー。
フラオシュタインだー!ってファンを喜ばせる演出。
シュナイダーは口紅とかつけてちゃんと
メイクもしてるのを2日目に確認。笑

よつんばいになって歩いてる途中に
ティルが前を行くフラーケを犯す・・・と言う
楽しいオマケもついてる。
で、そんなさかりのついたティルを
ビシバシむちでしばくシュナイダー。
ほんと、いちいち面白いよ、ラムシュタイン。
c0016407_8205032.jpg


そんで。
あっちのステージについたらいよいよ
ビュック・ディッヒなんだけど。
とてもじゃないけどオチビなクロネコでは
何も見えない。
二日目は割りと見えたんだけど、1日目は
全く何も見えなかったよ。
フラーケのお尻も見えなかったし。
ティルのディルドーも見えなかった。
撒き散らしてる白い液体も見えずじまいで。
二日目は多少見えたかなあ。
c0016407_8233056.jpg


まだ何回かライブに行くので、
1度くらいはPAステージが見えるところに
陣取るべきか・・・と悩み中。
この悩み非常に難しいんだよねえ。
どうしよ・・・。
でも大半は通常のステージだし、そっちをメインで
見たいしなー。
って。
何回も見るんだから1回くらい後ろで見ても
いいじゃないのーって思うだろうけど。
これが。
これが。
人間とは欲深いものでねえ。
なかなか難しいんですわ。

PAステージでは合計3曲演奏して、
そのあとまたつり橋を渡ってメインステージに
メンバーが戻ってくると言う仕掛け。
そんで。

アメーリカを歌ったりね。
クロネコこの曲の演出を見てて、すごい発見をしちゃった。
フラーケというキーボードの人が即席キーボードを
支えにしてステージを歩くんだけど。
この歩き方を見てて、あ!って気がついたんす。
彼は「足の悪い身体障害者のマネをしてるんだなあ」ってね。
どういう演出やねん!って感じだけど。
キーボードの台が、身障者が使ってる台と同じなことに
気がついたンす。
ああ、その台を支えにして横断歩道を歩いてる
おばあちゃんを先週見たよ!って感じで。
それをヒントに作ったのか!ってわかって本当に
なんとも言えない気分になったわ。
苦笑いと言うかね。
コレはありなんだろうか?って思いつつ。
ま、ありだよね。

アメーリカと言う曲は世界はアメリカ中心に
動いてるんだよー!って皮肉った曲なんす。
まあ、今だって色んな世界の問題の諸悪の根源を
撒き散らしてるのが米国だから、
それを揶揄して、メンバーはわざわざこの曲を
選んで演奏してるんだろうなーって思った。
そんなメンバーの姿勢が好きなんだよね。

けど。
来年の春にはUSツアーをやる予定なのに
この曲を嫌味にも米国で歌うんだろうかね。
ぜひぜひ歌って欲しいなーって思うけど
それこそ当局に逮捕されたりしないよね。
ビュックディッヒもアメリカで演奏するのかな?
既に逮捕されたことがあるのに、またやるんだろうかね?
プッシーは?
って気になるわー。
欧州のほうが表現は自由だからねえ。

プッシーでは相変わらず巨大なあれをつかって
泡を振りまいてたので。
クロネコも泡だらけになっちったよ。
ライブの後は会場も泡だらけ。
ティルってば。笑

ま、そんなこんなで。
ラムシュタインに興味の無い人には
何の面白みも無いライブ報告だったかもしれませんが。
完全自己満足で書いてるので大丈夫なんす。
と言うか、ライブに行く予定の人には
ネタバレだから罪だよね。
あはは。

ま、ココを読んでる人はラムシュタインファンより
普通の人のほうが多いと思うので
大丈夫かなと。

いやはや。
2日連続のライブは足腰にきますねー。
完全筋肉痛でつらいっす。
来週はいよいよラムシュタイン・ウィークで
毎日ライブ三昧になる予定なので。
そうねえ、体力勝負になるね。
やっぱり中盤一度後ろの席に行こうかなあ。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-29 08:34 | 追っかけ | Comments(2)

ベルリンから帰宅

今日の夜9時前にベルリンから帰宅。

珍しくドイツ鉄道で帰ってきたんだけど。
やっぱ4時間越えの電車の旅はアタイには向かない。
本を大人しく読んでたけど、
ずーっと座り続けてるとなんだか
体が痛くなってくるのよねー。

50ユーロで4時間掛けて帰るか、
200ユーロで1時間で帰るか・・・。
で、悩んで50ユーロを取ったわけですわ。
日曜のフライトは誰もが移動するからか
ぼったくり価格なのよねー。

話変わるけど。
アタイはルフトハンザのマイルを貯めてて。
今や、フリークエント・トラベラーに格上げされてる。
普通のマイレージカードと何が違うかと言うと。

1.荷物が30キロまでオッケー。
2.エコノミー席でもビジネスカウンターで
チェックイン可能。
3.ラウンジが使える。

だったかと。
このうち使えそうなのは2くらいなんだよね。
何故って。
1は30キロも許可されても
重過ぎてアタイ一人じゃ運べないから
自動的にスーツケースは20キロ以内になるんだよね。
アタイんちのアパートは階段でエレベータが無いから
自力で持って降りないといけないんで
30キロは無理なんすー。

で、3のラウンジも。
アタイってば気が小さいからそんなブルジョアが
いっぱいいるところに入っていく勇気が無いんだわよ。
アタイは一生小市民なんだろうなーって思う。
VIP待遇とかマレにラッキーなことがあって
受けたりするけど。
ひじょーに居心地が悪いし、すまない思いで
いっぱいになっちゃうんだよね。
絶対セレブになれないタイプ。
根っからの気の弱さと小ささ。
こんな時は・・・中国人のあつかましさがすっごく
うらやましくなるんだよねー。
アタイもあれくらいになれればなーって
つくづく思うわけです。
心臓に毛生え薬が必要だわー。

つーか、そもそもラウンジなんかに行っちゃうと
どこのゲートだか分からなくなるし、
急にゲートを変更された時も慌てるし。
小市民クロネコは常にゲートの前できちんと
座って待ってるのが好きなので
違う場所なんか行きたくないんだよねー。
そりゃまあファーストクラスとかなら
話は違うけど、常にエコノミーなアタイですから。
クロネコにラウンジは不要なのですよ。

ま、そんなわけで特典のうち2しか使えないのでした。

そんでもって。
しょっちゅうルフトハンザから色んな商品が載った
カタログが送られてくるんだけど。
マイルって貯まってるようでいてあんま使えないというか。
商品のマイル必要数には全然足りないのよねー。
いつかREMOWAのスーツケースに変えてやろう!
って思ってるんだけど。
REMOWAってば安くないからねえ。

ベルリン滞在はいつもどおり最高に楽しかったです!
風はあったけど、それでも例年よりは寒くなくて
大丈夫だったかな。
ライブも最高過ぎて・・・まだぼんやりしてる。

感想書きたいんだけどなー。笑

ラムシュタインはやっぱり最高だなー!と言うのを
何度も何度も再確認して、自覚しまくったライブでした。

次回の課題は・・・
ビュックディッヒをいかにして見るか?かなー。
ベストポジションを探るたびはまだまだ続くのでした。

クロネコの第一弾は終了。
再来週から第2弾スタート!
今回2連ちゃんだけで体中が痛くて痛くて
筋肉痛だらけで大変だったけど。
次回はもっと長丁場。
果たして大丈夫かな。
5時間たちっぱなしは足腰にくるねー。
クロネコも若くないからねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-28 08:18 | 日記 | Comments(2)

暇潰し

今回泊まってるベルリンの
ホテルは、すごーくオシャレで
新しいデザインホテルなんだけど。

ぬわんと。

暖房が壊れてる。
ドイツにあるまじき失態だけど。
二重窓だし、まだ氷点下ではないから、
ドイツ人にはまだ大丈夫なのかもしれね。

けんど、アタイは気来の寒がり。
チクソー。

クレームしたけど、すぐは直らないとのこと。
布団をがっぷりかぶって寝ますわ。

つーか、今ライブ会場でライブが始まるのを
待ってるんだけど。

隣りの若者がウザシですよ。

グループで来てるうちの1人が
なんだかね。
ベルリンにあるフェティッシュクラブの
ネタをアタイに振って来て。

なんちゅうネタを振ってくるんじゃ?!
と思ったけど。
よく考えたら、ラムシュタインのファン
だから、普通の事ですわね。

アタイにそういう趣味は無いけど。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-26 03:09 | 日記 | Comments(0)

無事に有給中。

なんだか一日勘違いしてて、
水曜の夜ぼんやりゆったりテレビ見たり
ブログの記事を書いたり。
メール書いたりして。
夜1時くらいに、さて寝ようかなと
思って、ふと携帯のカレンダーを見たわけですよ。

金曜にベルリンへ行くと思い込んでて。
でも。
一日勘違いでそれは木曜日だったことに
気がついたんす。
仕事の後で移動だから。。。

あ、今もう荷物をまとめて置かないと
いけないんだ。。。。

って、夜中に気がついて。
それから大急ぎでスーツケースに
荷物を詰めたよ。
クロネコは荷造りに大体2時間近くかかる
タイプなのですよ。
でも今回は急いだので1時間くらい
だったかな。
でも2時間はかかり過ぎだよね。
アタイもそう思うんだけど、
着る服が決まって無いと
結構時間かかるんだわ。
しょっちゅう出掛けてる割には
ドンクサイのよ。

ま、いちばんの理由は洋服ですわ。
ライブに着ていく服とか考えてると
時間があっという間っすよ。

まあ無事に準備して木曜は仕事にいつもより
1時間以上早く行って2時間以上早く
おいとまして、空港へ移動。

タクシーの運転手がドイツ語の通じない
おっさんでビビったわ。
特に数日が通じず。
でも運転はスーパーアグレッシブでうまかった。
しゃべれなくて、どうやって運転手になったのかな。

平日夕方の空港はビジネスマンで
ものすごくごった返してる。
9割はビジネスマンだよ。
凄い経済的パワーを感じるね。
ま、アタイは遊びだけど。


今日は有給。

今日と明日はベルリンでライブです。
いよいよラムシュタインのツアーに
参加だー!!
嬉しいなっ。
同じバンドのライブに何度も行くのって
理解されにくいけど。
バンド側が引いてるワケじゃないから
問題じゃ無いのよね。笑

楽しみ~♬
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-25 20:05 | 日記 | Comments(2)

世界的富豪両家の戦い

さっき下に書いた記事の内容について
ウェブでリンクがあったので、
背景を知るために色々読んでたところ。

例の、世界に良く知られた名前の大富豪さんたちの
歴史的な確執をまとめたサイトがあったので
ふんふんと先日読みました。

ジックリ読んだら1時間以上も掛かったよ。
なんせ長い歴史だからだろうね。

その二つの富豪さんたちの話を読むと
今更ながら、なるほどねーっと色々わかったかな。

けど、無力感にも襲われるよね。
流されるしかないアタイたち・・・みたいな。
クロネコはウォールストリートを占拠しなくちゃ!
とか思うタイプじゃないからね。
根本的に支配される側の思想なんだろうなあと。

こんな抽象的なことを書いても
良く分からんね。
いわゆるロックフェラ家とロスチヤイルド家の
確執の事ですよ。

けどさー。
彼らの確執の歴史を読んでて、クロネコは
いつもどおり本流とはまったく関係の無い
違う事が気になりだしてね。
ほんと。
びっくりしたわけなんす。

と言うのもね、両家ともオリジナルは
ドイツラントだったんすよ。

ええええ!
ってことでクロネコ仰天でしたわよ。

そもそもクロネコの認識はちょっと
間違えてたのが分かったんだけど。
アタイは米英をじっぱひとからげに
アングロサクソンとして呼んでたんだけど。
この解説によると米国と大英帝国は
不倶戴天の敵なのである!ってことで。
言われてみれば。
そうだったねー。
他の政治ブログでもそういうの目にしてたのに
なんでアタイはいっしょくたにしてたんだろね。
まあ、どっちもアタイから見れば一緒だった
からかな。
超てきとう。

ま、本来彼らはまったく違うもののようです。

でも出自はドイツラントなのだ。
およよ。

ロックフェラ家はおフランス出自って言ううわさが
あるらしいけど、南ドイツなんだって。
で、ロックフェラ家といえば、
ワイト・アングロサクソン・プロテスタントの
代名詞になるんだけど。
あら。
南ドイツでプロテスタント?と思って。
それで昨日ドイツラントの宗教分布を
調べてたってワケなんすよ。

でね、南ドイツと言えば普通はすぐに
バイエルンを思い出すわけで。
で、バイエルンと言えばうっとおしいくらいの
コテコテのカトリックなんすよ。
なのに、何故に南ドイツ出自でプロテスタント?
と思って。
あ、もしやして隣のバーデン・ビュルテンベルク州か?
と思い、調べたら割合は半々だったので
まあ可能性はあるよね。
性格の悪さからするとシュバーベンの可能性は
否定できないもんね。
それにあの州はドケチな金持ちが多いことで
知られてるし。
と、根拠がありそうで無さそうなことを
一人で思っていたのでした。
コレは完全なるクロネコの考えだから
まったく何の根拠も無いので、
そこのところ誤解しないでね。

ロックフェラ家はつづりを見ると
Rockefellerとなってるので
ロッケフェラーとドイツラントでは呼ばれていたのかも
しれないね。
ま、成功した子孫さんは米国へ移住されてますんで
あんまドイツラントは関係ないのかもしれない。
良く分からんわ。

でね、もう一方の富豪であるロスチヤイルド家が
非常に面白くて。
この家もドイツラント出身なんだって。
なんでみんなドイツラントなんだろうね。
しかも彼らはフランクフルトらしいよ。
あの街は今現在金融の街だけどもしかして
昔からそうだったのかな。

けどこちらの富豪一家はユダヤ人なんだそう。
なので、ドイツラントなんかこてんぱんに
やっつけてやる!っていう対象かもしれんね。
そーか、そーか。
って思いながら。
この一家の紋章を見てアタイは驚いたのだよ。
ぬわんと。
Rothschildって書くんだよ。
これは・・・。
ドイツ語が分かる人が読むと、とてもじゃないけど
ロスチヤイルドとは読めないよね。
むしろ・・・ロートシルトだよね。
SCHが入ってるもの。
うーん、知らなかったわ。
カタカナで書かれると気がつかないもんだねえ。
なるほど、確かにこれは確実にドイツラント出自だろうね。
って思ったらちゃんとウィキにはその説明が
書いてあった。
おお、クロネコの読みは正確だったのだね。

大英帝国へ移住した後、
英国人がちゃんと発音が出来かったために
ロスチヤイルドになったのかもしれないね。
またはロスキルドだった可能性もあるんだろうかね。

それにしても。
この両家に世界はむかーしから色々やられたい放題なんだね。
アタイにはなすすべ無しだわー。

けどこの両家を軸に色々考えるのは
世界情勢を知る上で、ある意味指針になるよね。
なんか色んな事柄の謎が解けたよ。

ドイツラントの雑誌やらで、アンチ・イスラムを
過激に書き立ててるのを何年も前から見て
「一体誰があおってるんだろー」
って思ってたけど。
ロートシルトの人たちだったんだね。
納得ざんすー。
でも別に書き立てなくても、ドイツラントに
住んでたら自動的にアンチ・トルコに
なれるんだけどね。

そんでもって。
これを軸にプーチン閣下の動きを見るのも面白いな。
閣下は米国にいろいろ仕掛けはするものの、
なんだかんだ言いつつ米国の人には
謁見するんだよね。
でも決して大英帝国の人間には会わないし、
両国の外務省はものすごく仲が悪いんだわ。
ってことは、閣下はロートシルトが嫌いなんだろうかね。
さすがに嫌いとかっていう感情レベルの話では
無いと思うけどさ。笑

そうか、そうかー。

と、こないだから思ってたんだけど。
英会話教室に久々に行ったら
ジョー先生が熱くこの件について語ってきた。笑
先生は例のオキュパイ・デモにえらく入れ込んでて
まさに口角泡を飛ばしながら、
熱っぽく語ってましたよ。

もう一人のドイツ人生徒さんは
先生の話に目を丸くしてたけど。
クロネコは知ってることが大半だったので
「あー、そうだね、そうだねー。
うん、うん。日本もおかげさんで
色々犠牲になってますよー。
ロッケフェラのせいだよねー。」
って相槌をうっておきましたよ。

先生はかなり入れ込んでて、
色々調べまくってるらしく
体制に向かって立ち上がろう!みたいな
ちょっとヒステリック状態だったかなあ。
いろんな人相手に熱く語りまくってるらしく
みんなから引かれてるんだって。
分かるかも・・・。

で、フェースブックとかにも
リンクを張り付けまくって
アジりまくってるから
古くからの友人から絶交されたりして
本当に大変なんだよ!
でも世界を救わなきゃ!
あいつらが規制掛け出すから
もうネットも自由が利かなくなるよー。
何かしなきゃー!
みたいな感じでした。

そりゃ大変だ・・・とは思うけど。
なんかもっと他にやり方は無いのかね?
って思っちゃった。
先生熱く語るのはいいけど、
ちょっと危ない人に見えちゃうから
気をつけないとね。

クロネコはそういうスタンスじゃないんだー
って言うと先生に
「その諦めの姿勢がダメなんだ!
支配者の思う壺だー!」
って言われたけど。
うーん。
まあ分かるんだけどねえ。

支配されるのが好きな人もいるから
知りたい人だけ知ればいいんじゃないの?
ってアタイは思うんだよね。
知らないのって一番の幸せでもあるから。
知ってしまうと不幸になるからね。
だから知りたい人だけが知れば良いと思うな。
知りたくない人にして見れば
いろいろ言ってくる人はうるさいだけだもん。

先生はピュアでまっすぐで熱い人なんだなー
って思った。

そんな先生に対してクロネコってば
意地悪発言をしちゃったよ。笑
先生は真実を知るために色んな情報ソースを
色んな角度から見て、分析して真実を
導き出してるんだ!
って言ってて。
まあ、それは普通の事だと思うんだけど。

たとえばシリアで実際に起こってることも
ネットで色々調べて情報を得たんだ!
って言ってたので。
「それって全部英語の情報を収集してるの?」
って聞いたわけですよ。
したら先生はイエスって言ってた。

「ふーん。アタイは英語の情報は既に
誰かにコントロールされてると思ってるんだ。
だから英語の文章は絶対に信用しないんだー。」
って言っちゃったのだ。

先生いわく、現地の人が英語で書いてるから
信用できるよ!って言ってたけど。
これがミソなんだよね。
英語が出来る人間なんて、アメリカナイズされてるか
英国主義の可能性が高いから信用できないと思うよー
って言ったら先生はそんなことはない!
とのことでした。
そうかなー。
アタイは言語は結構大事な点だと思うよ。
英語が母国語の人にはこの感覚が分からないんだろうね。

ま、そんなこんなで。
金融を支配している両家の話で盛り上がった?
英会話でございましたよ。

にしてもさー。
ロートシルトを知るに付け・・・
あのユダヤ人を絶滅させよう!って
思い立って実行に移したドイツ人は尋常じゃないよね。
その発想と、実行力に今更ながら驚くよ。
戦後からずーっと半端無いレベルで仕返しをされてるけど。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-24 08:24 | 日記 | Comments(6)

Nの魂がざわざわ

クロネコはナショナリストとのことなので。笑
自分ではパトリオットだと思うんだけど
人からは過激発言がナショナリストに
見えるみたいなんす。
根本的には日本のことを好きだと言う点は
変わらないかな。

でね、外国に住んでる日本人は全員自覚
してると思うんだけど。
自分と母国を切り離して外国に住むのって
不可能なんだよね。

ひと昔前に海外移住した人の中には
日本や日本人を小ばかにして
西洋文化が優れている!と思い込んで
日本も日本人もダメだ・・・と
言う事で日本を飛び出してるパターンが
見受けられるんだけど。

アタイの世代以降においては
そういう思考や背景の人は基本皆無なんす。
みんな日本も好きだし、
別に日本が劣ってると思ってないし、
そんな自分の源を否定するようなタイプは
まず居ないんだわ。

だがしかしだよ。
アタイの年齢プラス6歳くらいかなあ。
この世代にはやたらと日本文化または
日本人をすごく否定的に見てる人が
多いんだよねー。
肩肘張ってるといいますか。
仕事してるとそういう日本女性によく
出会うわけなんす。

なんなんだろ、この思い込みは・・・。
って呆れちゃう。
けど、アタイら後発組みが
割りと日本も日本人も肯定しちゃうもんだから。
あれ?って気がつくようになって。
徐々に雪解けを見せるんだよね。
でも。
根本は日本否定なんだよねー。
日本社会の考え方を劣っていて
西欧主義が優れていると言う認識が強いので
いざと言う時にその考えが露呈するんですわ。
この手の人たちときたら。

でもね。
外国に住むのってそんな簡単じゃないから
結局自分の出自を最大限に利用して暮らすのが
一番楽な方法で、一番手にいれ易いんですわ。
色々保護されるしね。

つまりね、日系企業がらみで職を見つけるのが
手っ取り早いんですよ!ってこと。

自分の能力に自信があって、
実際力もあって、勇気もあって、
アルアル尽くしの人はどんどん
現地の会社に飛び込んでいくべきだと思うんだけど。
アタイのようなガッツが欠けてるネコは
日系のぬるま湯につかっていたいんですわ。

やっぱこのご時勢、安定が大事かな・・・
みたいなね。

クロネコは今の会社で長いので
いっぱい知ってる人も多くて。
仕事し易い人もいれば、
合わない人も居たりするわけですわ。
でもそれは普通のことだから日本人がどうのこうの
ってことではないんだよね。
だって、アタイは欧州人同僚でも大嫌いなやつが
居たりするからね。

でね、何が言いたいかといいますと。

なんだかんだ言いつつも。
外国に住んで日系企業で働いてるクロネコとしては
通常の文化的な理由意外でも
ナショナリスト魂を感じることがあるんす。
それはまさに日系企業に対してなんす。

まあ、たまになんだかなーって思うことも
あるんだけど。
でもやっぱりアタイは日系企業は
日本人のアイデンティティだと思うわけで。
どんなときも応援したくなるんですわ。

だから。
日系企業が外国で苦しんでるのを見ると
心が痛むんだよね。
で、それがオノレの経営手腕のせいで
売り上げダウンとか、
不況のあおりを受けたとか、
為替変動に苦しんでるとか、そういうのは
何とも思わないんだけど。

ある日突然、海外のメディアで悪者扱い
されだすと、アタイのナショナリスト魂が
ざわざわしだすんですわ。
おや、これはもしや西洋諸国が日系企業を
いじめてるんじゃ?
って感じでね。

被害妄想と言ってしまえばそれまでだけど
アタイにはどうもそうは見えなくて。
非常に心配になってくるわけです。

しかも。
ここ数年の出来事を見るにつけ。
日系企業が海外でなんらかのミスをした場合、
基本それは米国側のワナでした・・・
ってことが多いもんだから。
ますますそういう気持ちになるわけで。

トヨタがいい例よね。
アタイあの時は、米国がトヨタを潰しに来た!
って言う直感があったんだわ。
まあ、ほとんどの日本人があの時そう思ったよね。
米国の自動車産業があえいでる時だったし。
トヨタの不備は全世界に報道されてしまって
ブランドは著しく傷つけられたと思うんだわ。
結局あれは、ヤラセであったという結論がでたのに
その事後結論に関しては欧州では一切報道されてないんだよね。
まあ、欧州にも沢山の自動車メーカーがあるから
米国グッジョブくらいに思ってて
喜んでたんじゃ?ってアタイはかんぐってる。
あの後欧州ではトヨタがブランドイメージを回復するために
色んな言語でトヨタの色んな部門の社員が
「マイ・トヨタ」って連呼するCMを
バンバン流してたよね。
その甲斐あってか、売り上げは回復したと思う。

アタイがあの時に思ったのは。
やっぱりトヨタって日本を代表する企業の名前だから
トヨタを傷つけられると、日本人の尊厳も傷つけられるんだなー
ってことなのよ。
ぎゃふん!ってなっちゃう。
で、米国側はそれを狙ったんだと思うんだけど。
まあ、トヨタの技術力とブランド力は
すぐに回復は出来たけど、
クロネコはこのやり方を見て以来
日系企業が海外で叩かれる時は、何らかの意図を
感じずにはいられないんだよね。

なので。
ゾニーのプレステから顧客情報が流出!
って事件が米国であったけど。
あんときも、ゾニーが狙われたんじゃ?
って気がしたんす。
だって。
ゾニーといえば、トヨタに次いで日本人にとっての
日系企業アイデンティティだもの。
クソー。

って一人思ってたんす。

でね、このたびは例のカメラメーカーですわよ。
今回は米国じゃなくて大英帝国だったので
クロネコはおや?と思ったんす。
でもね、アタイの中ではコレは報道通りのことじゃない
何かが絶対あるに違いない!
って言う根拠の無い確信があってね。

このメーカーはトヨタやゾニーほどじゃないけど
アタイの企業にまあまあ近い種別だから
余計に親近感と言うか、
他人事に思えなくて。
心配な気持ちになってきて。

でも。
普通の報道を見てるだけだと
「外国人社長をクビにしたかと思ったら
とんでもない経営状態になっていて
世間をあざむいているメーカー」
みたいな事しか書かれてないので。
まったく真相が見えない。

うーん。
でも絶対何かある!とアタイのナショナリスト魂が
ざわついてて。
一体何なんだろう・・・?

と思っていたら。
クロネコがいつも読んでる政治ブログに
真相が書かれてた。
で、やっぱりなーって納得したんだよって話。

クロネコが思うに。
日系企業が急に米国や大英帝国のメディアで
叩かれだす時は必ず裏に何かあると見て良いと思う。

このメーカーさんは光学系医療機器で
世界シェアナンバーワンだったんだって。
クロネコはカメラしか知らなかったけど
同じ光学系だからだろうね。
で、それをとある国の金融資本に狙われた
と言うのが真相のようです。

は?
は?
クロネコ何言ってるの?
って思う人も居ると思うけど。
信じる信じないはその人の自由だからね。
アタイとしては、事件発生からずーっとあった
胸のざわつきを納得させる回答が
見つかったってだけです。

報道の情報こそが正しい!と思ってる人は
それでいいんじゃないかな。
アタイは自分の直感を信じていて
それを裏付けるストーリーが見つかれば
それでいいんだわ。
なので、信じたいものを信じればいいかなと。

けどねー。
これが本当に真相だとすると。
他の日系企業もいつ米国とか
大英帝国から狙われるか分からんから
おちおちしてられんなあと思ってね。
ほんと。
ただでさえ、どうやって売り上げを上げるか?
で日々頭を悩まして努力してるのに。
こんな攻撃を受けたらどうなっちゃうんだろ?
って心配になるわよ。
いつターゲットになってもおかしくないよね。
他人事とは思えないわー。

でもさ。
日本人は人が良いから
「海外の人に迷惑をかけるだなんて、
あのメーカーは日本の恥さらしだ!」
って思っちゃってると思うんだ。
で、アタイにはそれが相手の思う壺と言うか。
なので。
せめてアタイはたとえ勘違いだとしても
海外で魑魅魍魎を相手に戦ってる日系企業を
応援したいわーと思ってね。
だって、アタイは日系企業が無いと
生きて行けない身の上なんですもの。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-24 07:27 | 日記 | Comments(2)

4年の歳月は人を変えてしまうのか。

さてと、寝るかな。
と思ってヤフーニュースを見たら。
衝撃的タイトルのニュースが。

プーチン閣下に対してロシア国民てば何て事を。
一体何があったんだろ。
なーんか心配だなあ。
大丈夫かなあ。

ロシア国民はプーチン閣下がどんだけルスラントのために
がんばったか分かってないんだろうかね。
クロネコ悲しい。

とはいえ。
これから大統領選挙に向けて
色んなところでアピールしようとした矢先に
こんな対応されたんじゃ。
なんだか先が思いやられるなあ・・・。

と言うか、何でもかんでも政治利用してるところに
ロシア国民が怒ってしまったのかなあ。
いやー。
大変心が痛む話だわ。
閣下大丈夫かしら。
って。
アタイが大丈夫じゃないよ。

でも困ったなあ。
閣下が出張ってこないと他じゃ誰も
米英両陣営に対抗できないし。
うーん。
うーん。
ロシア人って思ったより頭が悪かったのかな。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/russia/?1322007864

クロネコが悲しいわ。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-23 09:58 | プーチン大統領 | Comments(2)

ゾカの信者

ネットで気になることを調べてるついでに。
派生した感じで、ふとドイツラントの宗教構成を
調べてみた。

ら。
面白かった。笑

アタイとしては、割とカトリックが多くて
プロテスタントはあんまり居ないのかなあと
思ってたんですわ。
でも違った。
意外と割合は一緒だったのよね。

でも一番ドイツラントで多かったのが
なんと言っても無宗教。
これがトップ。
ドイツ国民の35%は無宗教なんすよ。

まあ、キリスト教なんかに入っちゃうと
宗教税なるものがあって、
給料の何パーセントかを天引きされるから
嫌だなーと辞めちゃう人多しって聞いてるし。

昨今のキリスト教の不祥事と言うか
スキャンダルを見てたり。
歴史上の出来事を見ると大抵あくどい事して
世界の人を貶めてるのはキリスト教だから
段々嫌気がさしてくる人多しで。

割と信者が減ってるんだとか。

まあ、そうは言ってもだよ。
カトリックとプロテスタントが30%ずつ
居るわけだから。
なかなか多いんじゃなかろうかと思ったのよね。
昔はもっと多かったんだろうけど。

そんで。
当然のごとくだけど。
構成としては基本的に西ドイツ人が
信心深いんだよね。
東は、かつて東ドイツ時代の政策により
信仰は市民としてマイナス要素があったので
キリスト教を捨てた人が多かったんですわ。
その名残もあってか、いまだに東のほうは
かなりキリスト教徒が少ない。
なので、ほとんどの構成員は西ドイツ人と
言えるんだなー。

で。
アタイが全然好きになれないカトリックは
なんと言ってもバイエル州がぶっちぎり。
嫌だねえ・・・って言いたいところだけど。
クロネコのすむこの州もカトリック勢力が強いんだよねー。
でもまあカトリックのおかげで多少祝日が
多かったりはするんだけど。

あと傾向としてプロテスタントは北ドイツ
なんかが強かったりする。

面白いね。

まあ、でもこの配列は昔から大体同じなので
知ってたんだけど。
この残りの10%の内訳の方がアタイは
気になるわけで。

そう。
例のイスラムは一体どれくらいなのか?
って言うやつね。
オリジナルがイスラム諸国の人たちとして
集計されてるようで。
それによると。
ぬわんとドイツラント国民の5%未満なんすよ。
あれ。
意外と少ないなー。
体感上もっと多いかと思ってたよ。

まあ、最新の数値だともっと多いのかもしれない。
でも意外と少ないね。

そして気になるユダヤ教はと言いますと。
ドイツ総人口の2.4%でございます。
意外にも今でもユダヤ教徒がドイツラントに
生息してるのですよ。
この小さい数字の割りに各街にシナゴークが
あったりなんかして。
街の中でも目立つところにあるので。
優遇されてることが分かるよね。

何故って。
ユダヤ教徒の数より実は仏教徒の数のほうが
多いんですわよ。
24万人ちょいだから総人口の0.3%。
なのに。
寺とかあんま見かけない。
と言うか見たこと無い。
でもそういうの異国にわざわざ建てたりしないのが
仏教の良いところかも知れないね。
デュスに1件あるけど、あれは無宗派の寺で
日本文化を紹介する目的で建ててるってこと
だったんでね。
(ほんとかどうかは知らんが)

で、他にも色んな小さい宗教が
雨後のたけのこのようにあるのが
一覧を見てて分かったんだけど。
ふん、ふん・・・と思いながら見てたら
見覚えのある名前がありましたよ。

ゾカ・ガカイ。
ああ、例のやつね。
2011年の最新情報によりますと
ドイツラントの学会員は5500人だそうです。
日本の仏教だと信じてるバカなドイツ人も
なかには居るんだろうね。
破門されてるとも知らずにね。

でも最近はおフランスでカルト教団扱い
されてるって情報があるから
うぶなドイツ人もさすがに気がついてるかな。
・・・。
だと良いな。

あ、結局ドイツラントの宗教と言うより
これが言いたかったのでした。笑
他の日本の仏教系カルトはランクインしてなかったから
申請してないのか、数が本当に少ないかだろうね。

くわばらー。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-23 07:20 | 日記 | Comments(2)

熊には見えなかったなあ

そーいや。
ふと思い出したんだけど。
先日ベルリンで北斎先生の版画をたくさん
見て大感動したんだけどね。

その際「あれ?」って思ったことがあって。

北斎先生って本当に本当に超人的に
絵が上手い人なんす。
どの絵を見ても素晴らしいんだわ。
精巧に書いてるやつもあれば。
斬新な構図を取り入れてるものもあって。
今の時代に見てもおおおお!って感動
するような絵がたくさんあったんす。

なのにね。
ただひとつだけ、あれ?ってくらい
下手な絵があって。
ある意味ね、絵心無い芸人並みの下手さ加減なんす。
それは。
金太郎シリーズで見ることが出来まして。

なんかしらんけど、北斎先生は金太郎さんを
モチーフにした版画を幾つかつくられてて。
まあ、それは見たらすぐ金太郎さんだねー
ってわかるんだけど。
ある絵では金太郎さんの横になにやら
動物が立ってたんす。
それは黒い動物でしてね。

金太郎さんといえば、力もちで
山で相撲とかとってたお子様?だったよね。
で、確か相手は熊とかだったよね?
ってアタイの記憶をたぐりよせながら
その絵をジーっと見てたんだけど。
うーん。
その金太郎さんの隣に居る動物は
どう見ても熊には見えなくて。
むしろ。
黒ヒョウ?みたいな。

あしがら山の金太郎さんに
黒ヒョウは出てこなかったよなあ、
って思いながら解説を読んだら。
熊って書いてあった。
・・・。
北斎先生、驚きの熊描写。
どっからどう見てもくまには見えない。
クロネコ驚いた。
北斎先生にも描けない物があったんだー!
ってね。
ヒョウだと思えばなかなか上手いんだよ。
でもあしがら山にヒョウは居ない。
つーかさ、確か金太郎さんって子供だったよね?
だとしたら金太郎さんと同じ背丈の熊って
子熊じゃないの?って話。
いずれにしても、なんだかちぐはぐ~な
絵だったんですわ。

なのに。
次の部屋に展示してあった「捕鯨」を
描いた版画はそりゃあダイナミックで美しくて
感動的だったんすよ。
鯨もまさにアタイらが知ってる鯨そのもので。

うーん。
一体どういうことだろうね。
鯨は描けるのに、熊が描けないだなんて。
うーん。

そこでアタイが思ったのは、
もしかして北斎先生は一度でも目にしたものは
非常に上手く描ける人だったんじゃ?ってこと。
つまりね、捕鯨の様子はどこかの漁村で
見たことがあったんじゃないかなーと
思うわけで。
じゃなきゃあんなに上手く描けないと思うんでね。

で、恐らくだけど、熊は見たことが無かったんじゃ?
って思ったんす。
見世物小屋で熊を見せてたかもしれんけど
アタイの推理では北斎先生は熊を見たことが
無かったのじゃろうと。

じゃなきゃあんな黒ヒョウと手をつないだ
金太郎さんを描くはずがないものね!

と。
どうでも良い事を思い出してたクロネコでした。

ウェブ上でその金太郎の版画を探したんだけど
見つからずー。
ぜひとも皆さんにお見せしたいほどの
熊のできばえだったんだけどなあ。

変わりに捕鯨の版画はすぐ見つかったのでどうぞ。↓
うつくしいよねー。
c0016407_10191380.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-21 10:20 | 日記 | Comments(6)

買い物ざんまい

今日は久々に出かけましたよ。
週末にデュスの街中へ出かけるだなんて
なかなか久しぶりかなと。
ま、小さい街だし、通勤で毎日通ってるから
いつでも行こうと思えば行けるんだけど。
そう思うと意外と行かないもんでね。

本当は、日本本社の人にちょっとした
お土産を買いに行くのと
ついでに日本食スーパーに行って
料理酒でも買い足すかーくらいの
気持ちで出かけたんだけど。

気がついたら。
あれよ、あれよと買い物をしまくってた。
しかも99%が自分の物。
ま、いつものことですけどね。
たまには自分に何かを買っても
いいじゃないか!と思ったりね。
って。
いつもいつも自分の物しか買ってないんだけど。
それに。
よーく考えたら先週ダウンコートを
買ったところだったよ。
一週間も経つと忘れちゃう。
怖いわー。

本当はライブに着ていく服とか
見繕いたかったんだけど。
なんかコレ!って言うのに出会えなかったから
持ってるもので何とかすることにした。
変わりに。
何故か仕事に着ていく服を買っちゃったよ。
ちぇー。
でもまあまあ気に入ってるので
良しとする。

一番気に入ってるのはこの帽子さん。↓
c0016407_735956.jpg

モガ風でステキじゃござんせんか?
厚手のフェルト生地っぽいし、
多少エレガントかなあと思って。

え?え?
クロネコってば、こんなふざけた帽子かぶって
会社に行くんですかね?
って誰かが言ってそうよね。
でも。
安心して、その通りの事するつもりだから。
アタイはこれをかぶってオフィスへ行きますよ。
だって。
なかなかカワイイと思うし、深目にかぶったら
電車でガーガー寝てても顔を見られずに済むし。
なおかつ!
この厚手の生地はあったかいと思うんだわよ。
アタイ以前、毛糸の帽子をかぶっていった
ことがあるんだけど。
ドイツラントの寒い寒い冬だと毛糸の帽子は
何の役にも立たないんですわ。
だからといって、ドイツ人がかぶるような
カジュアルなのは嫌だしね。
で、このたびこの帽子を見つけてコレだ!
と思ったわけなんす。
ちなみに、今まではフード付きコートだったので
帽子要らずだったんだわ。
でも先週買ったダウンコートはうかつにも
フードがついてなくてね。

ま、カワイイ帽子が手に入ったので良しとしますわ。
今年の冬はこの帽子で通すよ。
あ、今思い出したけど手袋も買おうと思ってたのに
買い忘れたわー。

そして。
次は仕事用に。
アタイは出張や来客が無い場合は基本カジュアルなんす。
なので好きな服着てるんだけど、
オフィスでは色は抑えてますよ。
その分週末は本当に好きな服を着てるんですわ。
とてもじゃないけどオフィスではちょっとねー
ってのがたまにあるかな。笑
と言うか36歳にもなってどうかなーってのが
大半なんだけど。
ま、ココはドイツラントだから何でもアリかなー
と解釈して好きな格好をしております。
おほほほ。

今日買った中で一番高かったのはこの茶色の
革のスカート。
向こう数年間は着ると思われます。
(太らない限り)
c0016407_7431046.jpg


他にも何着か買ってしまったんだけど。
全部見せて見てるほうがつまんないだろうから
この辺にしておこうかと。

それより!
今日買った物の中で、クロネコの中では
大ヒットだったものがあってねー!
こんなステキなモノにドイツラントで
出会えるなんてー!!!
って感激。

それがこちらのやつらですよ。↓
c0016407_7444955.jpg


あーあー。
色塗り忘れのマトリョーシカかよ!
しかもプラスチックで安っぽいなー!
って思うでしょ?
アタイも最初そう思ったよ。
本物のマトは木製ですんでね。
でも。
でも。
コイツらはただのマトじゃないのだよ。
ほれ。
こうするとすごいのだよ!↓
c0016407_746358.jpg


は?
マトを逆さにしただけじゃん!
って思うでしょー。
でもこのマトたちはすごい子達なんす。
ぬわんとね、こいつらマトと見せかけて
実は軽量カップなんすー!!!
えー!!
えー!
ええええええー!
って驚くでしょー!

つーか。
マトリョーシカが大大大好きなクロネコには
このデザインとアイデアはツボでしたわよ。
ありえねー!
ありえねー!
ってつぶやきながらレジに直行。
つーかね、アタイんち軽量カップが無かったんすよ。
ま、あることにはあるけど500mlのデカイやつしか無くてね。

料理する時、
「1カップ鶏がらスープ」とかレシピに書かれてると
およよー!1カップってー!ってあせって
いつも目分量だったんす。
でも。
これからはアタイにはマトがいるから安心よ。
ただしこのマトは二分の一カップなので
2杯入れないといけないんだけど。
でも嬉しいなー。

そして。
これだけで満足してはいけないよ。
ぬわんと。
このマトカップたちの横には。
そう。
軽量スプーンもあったのよー!
c0016407_7495240.jpg

ああ、可愛すぎるこのデザイン。
マトってばだんだん小さくなるのがコンセプトだから
この色んなサイズの軽量スプーンのデザインコンセプトと
マッチしまくってて。
クロネコのツボはまたまた押されまくりでしたよ。
ちなみに。
クロネコは実家を出て以来、一度たりとも
軽量スプーンを買ったことが無かったので
なんとこれは人生初の軽量スプーンにあたります。
ステキすぎ。
9ユーロでした。

そして。
どうでもいいっちゃー、いいんだけど。
近所のスーパーに行ったら、
ジュースが冬仕様になってたので
これまたカワイイなーと思って買うことに。
だってジュースが毛糸の帽子かぶってるんだよ。
買わずに居られないよねー。
(メーカーの思惑通り)
たとえドイツ人が見向きもしなくても
クロネコが見向くから。笑
c0016407_7524879.jpg


そしてそして。
昨日はおとっつあんからの小包が届いてた。
クロネコ昼間はオフィスでお仕事してるから
またまた不在票がポストに入ってて。
おい、おい、またあの郵便局に行くのかよー!
って思ってよくよく記述を見たら。
アタイんちのお向かいさん宅に預けてありますよー
ってことでした。
良かったー。
って。
って。
アタイが郵便局で受け取る時は、住民登録票を
提示させるくせに。
オノレは二度届けに行くのが面倒だからって
アタイの知人でもない近所の人に気軽に
物を預けるのはどういう了見だよー!
って怒りが湧いてくるよね。
でもまあ、そんなもんですから。
怒るだけ無駄ですから。
それにスリッパで行ける距離だから
まあ、いっかーと思えてきて。

けど。
このご近所さんは最近越してきたばかりの
恐らくはトルコ人男性なのだよ。
夜間お友達を呼んでキッフェンパーティをしてる風。
キッフェンって何さ?って思ったあなた。
それは・・・。
ハッシッシを吸うことですよ。
何でクロネコはそう思ったかについては
書かないでおきますわー。
ちなみにドイツラントでは州によっては
合法だったりするんだよ。
で、ドイツ人は多少保持してても
罪に問われないんだってさ。
そんなもんくらいでいちいち逮捕してたら
刑務所がいくつあっても足りないし
下手したら国民がいっぱい居なくなっちゃうから。

ま、そんなご近所さんに預かってもらってた
小包をあけたら。
魚沼産こしひかりが入ってましたー!
新米です。
おとっつあん、どうもありがと!
日本のおコメは美味しいからね。
うれしーなー。
おにぎりにして食べようかなあ。
c0016407_8269.jpg


そういえば。
気がついたら。
クリスマスマーケットがオープンしてた。
わざわざ行かなくても、クロネコの通り道にあるから
すぐ見れちゃうんだけど。
今年は例年になく寒さが厳しくないもんだから
賑わいがいまいちかなー。
あのキーンと心底冷える感じじゃないと
グリューヴァインとか、かまどで焼いたファンクーヘンとか
美味しくないからね。
でも。
寒いのが大嫌いなクロネコにはちょうど良い冬の
寒さだったりする。
やっぱ10度前後がベストだよねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-11-20 08:04 | 日記 | Comments(6)