死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

実家です。

昨日から実家です。
日本も日本家屋も寒いねえ。
風邪がぶり返しそうだよ。

昨日はおとっつあんのお誕生日だったので
二人で町内の懐石料理を食べに行った。
会計を私が持つべしか?!と
一瞬迷ったので財布は持って
行ったけど、
結局おとっつあんが支払った。笑
美味しかったな~。
ごちそうさま。

そして今晩はおでんです。
クロネコは料理が3回に一度しか
成功しないので出来上がりが非常に心配。
まあ、アタイはおでん好きなので
何でも良いんだけどね。
おとっつあんが庭で作った大根を
入れました。

明日はオトウトギミも帰ってくるので
一気に人数が増えるね。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-27 16:30 | 日記 | Comments(6)

テレコム・ヘルプライン

今日で仕事納めっちゅーことで。
オフィスはまばら。
みんなもう冬休みに突入してるんでね。

アタイの部署はアタイしか居なかったよ。
でも会社が開いてる限り誰か一人はいないと
いけないんで、アタイが出社したってわけよ。
変わりに別の同僚が1月2日に年始出社するのです。

したら、おもむろにスーパーヒーローが
アタイのところにやってきて。
あ、スーパーヒーローと言うのは3年ほど前
アタイの上司だったドイツ人なんだけど。
クロネコが家具屋イケアに詐欺まがいの被害を
こうむりそうになった時、アタイを救ってくれた人なんす。
なので。
スーパーヒーローと影で呼んでます。
アタイは基本的にスーパーヒーローのキャラが好きなんす。
それに今まで上司だった人の中で一番なんだよね。
サユリさんはあんま好きじゃないらしいけど。

1時半からシャンパン飲んで
打ち上げやるからうちの部署に来てねー!
って誘ってくれたんす。
シャンパンで乾杯かー。
ま、ドイツラントじゃオフィスでシャンパンは
そんな珍しい事じゃないので別にいいんだけど。
クロネコまだ風邪が完治してないから
アルコールとか入れたくないんだけどなー
と思いながらも、せっかく誘ってくれたので
断れない。
つーか、アタイはアルコールが強くないので
仕事中に飲むとあとで仕事ができなくなるんだよねー。
それが一番心配で。

でもスーパーヒーローにそんな言い訳は
通用せんからねえ。笑

1時過ぎになって、まだ時間あるしー
と仕事してたら、早速スーパーヒーローが呼びに来た。
何で来ないんだ!ってね。笑
「いやまだ約束の時間まで15分以上あるし・・・」
って答えたら。
「つーか、ドイツ人はいつだって
早めスタートなんだからはやく来てよー!」
とのことで。
しゃあないから隣のオフィスに行くと。
他の人仕事してるじゃん。
シャンパンをグラスに注いでるのは
あんただけじゃないのよー!状態。笑

まあ、仕事納めなので仕事する気無しなのは
良く分かるけどさ。笑

で、結局グラス1杯だけ飲みましたよ。
ロートケプヒェンをね。

ドイツ支店の人たちがわいわいがやがや
おしゃべりしてるのを笑いながら聞いて。
したら、また例のジョークが始まった。
ので聞いてみたけど。
うーん、やっぱ文化的背景が分からないと
厳しいかもー。
今回のジョークは下ネタメインだったんで
余計に分かりづらかったかな。
ええ?どういうこと?って説明を求めても
誰も説明してくれないしで。
ま、いいさ。

そうこうするうちに。
スーパーヒーローが面白いことを話してくれた。
何でも彼のお友達がCMに出てるんだよってことで。
ドイツテレコムのCMなんだけど。
クロネコそのバージョンは見たことなかったけど
他のバージョンを知ってたので面白いなって思って。

なんかね、ドイツテレコムの「ヘルプライン」
と言ういわゆる「イエローページ」みたいな
電話サービスを宣伝するCMなんだけど。
そのCMがなかなか面白いのだよ。

たとえばこちら。↓
空港から出て来た女性がタクシー乗り場に行くと
いっせいにタクシーが居なくなっちゃう。
え?って戸惑ってる女性の映像に
「タクシーが必要な時はテレコムのヘルプラインに
電話すればお役に立ちますよ。」
ってコメントが流れるのよね。



他には、ソーセージスタンドで
カレーソーセージを買おうと思ってやってきた男性が居て。↓
彼が買おうとしたら、スタンドが去っていってしまうですわ。
で、呆然と立ち尽くす彼の映像に
「レストランが必要ならテレコムのヘルプラインが
お役に立ちますよ~」
ってコメントが流れるんす。


何が面白いのかって言うと。
この唖然としてる人たちが全部ガチなんす。
このCMってちょっとしたドッキリみたいな手法で
撮影してるらしくて、反応が一番良かった人のやつを
採用してるんだそう。

肝心のスーパーヒーローのお友達が出てるのは
こちらのホテルバージョン。
ホテルにチェックインして、自分の部屋を開けたら
知らない人たちが10人くらい部屋にたむろってて
え?って思って急いで外に出てみるけど
自分の部屋の番号であってるから
は?みたいな表情をするんだわ。
で、お約束の「ホテルに空き室が必要なら
テレコム・ヘルプラインがお役に立ちますよー」
ってコメントが流れるという。



アタイはタクシーの女性のヤツしか見たことが
無かったんだけど、女優が演技してるんだと思ってた。
でもスーパーヒーローのお友達がホテル版で
ひっかかった素の状態を採用されて、
お金までもらった話を聞いて。
これがガチだと分かったわけなんす。

なかなか面白いアイデアだよね。
演技じゃないガチのそぶりを隠し撮りして
メインのCMに使うだなんて。
しかも恐らくそれをあえて公にはしてないと言う
マーケティング手法。
素人を使って、謝礼も一人当たり30万円だから
かなりコストを抑えてるし。
この広告会社すごいねー!
って皆で感心しちゃった。

日本で言うとNTTがやってるようなもんだからねえ。
ま、広告は電通とかだけど。

スーパーヒーローのお友達はヘビーローテで
ドイツ国内で自分の姿が流れてるから
有名になりつつあるのかもね!?笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-24 06:34 | 日記 | Comments(4)

思い違い

さっき何気なーく日本へのフライト予約表を見て
ビックリ仰天!

アタイは今の今まで成田からドイツラントへ
戻ってくるフライトを1日勘違いしてた。
びっくりよー。

てっきり元日に都内へ移動して
2日の便でドイツラントへ戻るとばかり
心底思い込んでたみたい。
予約表には3日の便って書いてあった。

びっくりしたー。

つまり。
アタイは都内に1月2日に入るんだけど。
勘違いしてたってことは、都内のホテルの予約も
一日間違えてたわけで。
やばーい!
と大急ぎで予約をキャンセルし、1日ずらして
再予約しましたよ。
あぶなー。
せっかく2ヶ月前に予約して安く取れてたのに。
バカなクロネコ。

そんでもって。
友達と元日に都内で合流ダー!
って約束してたのもダメになりそうで。
あーあ。
バカにもほどがあるわー。

なんせ思い込んでたんでね。

唯一の救いはなんとなーく会社始まりを
1月5日からにしてたことかな。
最初は3日から出勤しようとしてたんでね。
まだ3日は空の上だから、さすがに無理って話だ。
いやー。
なんだか。
ボケがはじまってるんかね。
おそろしやー。

おとうとぎみいわく。
70歳までにアルツハイマーが発症しなければ
かかる率はぐーんと減るらしいんで。
って。
まだまだ安心できないなー。

何の話よ。笑

いやー。
気が向いて予約表を見てよかったよ。
うっかりしてたらキャンセル料が発生するところだったんでね。
ああ。
友達との合流は諦めるかなあ。
まあ、いいやー。
正月早々時間のある人なんてあんま居ないし。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-23 07:45 | 日記 | Comments(4)

お土産やら贈答品やら。

週末に日本へ飛ぶので家族やら
親族へのお土産を買い集めてるところ。

おとっつあんにはいつもどおりワイン。
おとうとぎみと姉にはチョコレート。

考える手間があれなんでね。

他にもチョコをたくさん。
いろいろ適当に配る用。
もちろんスイスのチョコだよ。

こないだ親戚筋への贈答品を色々考えに考えて
結局のところダルマイヤーのギフトセットにした。
ダルマイヤーってミュンヘンが本店の
コーヒー店なんだけど。
ドイツ国内どこへいってもスーパーとかで
普通に300円くらいで買えるんだわ。
でも何故か日本へ入ると値段が跳ね上がる。笑
ので、お土産にこりゃちょうどいいやーと思ってね。

ただし、さすがにスーパーの棚に積んである
コーヒーじゃ見た目があれなんで。
ダルマイヤーのウェブサイト・オンラインショップで
オーダーして日本へ送った。
コーヒーやお菓子、チョコなどがセットになった
やつなんだけど。
その金額と送料がほぼ同じくらいと言う・・・。

なんで贈答品を探してたかと言うと。

年末におっかさんの一周忌を予定してるんですわ。
で、親戚筋を何人かご招待してるので
その手土産に~って思ってね。
でも贈答セットが思いのほか重たかったらしく
おとっつあんから、親戚宅へ郵送しといたよー
との連絡が。
クリスマスプレゼントってことでね。

クロネコの親戚のオジサン、オバサンたちは
一滴もお酒を飲まないんす。
なので、ワインとか贈れないんだよね。
なおかつ田舎の人で、年齢も年齢だから
あんまり胃にもたれるものも贈れない。
色々制限があるなか何とか選んで贈った
コーヒーとチョコのセットはえらく喜ばれたらしく。

いやー。
高い送料払っただけあるね!
ってことでクロネコも満足なりよ。

ダルマイヤー使えるね。

アタイね、自分のセンスで選ぶと
日本人とマッチしないからまったくもって
嫌がられることが多いんす。
なおかつ。
ドイツっぽすぎるのものってこれまた
田舎の日本人にはなかなかハードルが高くて
敬遠されるんだよね。

こういう時に役に立つのが。
チューザイインのセンスなんですわ。
あの人たちは基本的に一般的に日本人のセンス代表
みたいなもんだから。
彼らが飛びつくものは、日本人ウケすると見て
間違いないわけで。
まあ、だからといってファイラーのタオルは
アタイが好きになれないから買わないけど。

大分前に、友達がうちに泊まりに来るってんで
アタイは自宅じゃコーヒーを飲まないけど
友達のためにダルマイヤーを買っておいたことがあって。
でも結局友達はコーヒーを飲まなかったので
未開封のまましばらく放置してあったんす。
で、どうしたもんだろ・・・と思ってたとき
元チューザイインが出張でうちのオフィスに
来てたので「お好きならお持ち帰りくださいー」
って言ったところ。
大喜びだったのよね。
それを見て「おお。コレは喜ばれるものなんだ」
という事がわかってね。

で、先日それをたまたま思い出したというわけなんす。

チューザイインのセンスってば役に立つねー。笑

けど。
次回以降のお土産の案がもう浮かばないなあ。
またチューザイインに色々聞いてみなきゃ。
彼らが好む物をお土産として買っていけば
まず間違いが無いからね。
うん、うん。
ありがたいなー。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-23 06:21 | 日記 | Comments(4)

ジョーク

どうして、こちらの人たちって
往々にして
「面白いジョークがあるんだー」
って前置きして、ジョークを言い出すんだろ?

これってある意味文化だよね。

アタイが今まで体験した限りでは
欧州各国の人がこれを言う。
おそらくアメリカーナーも同じではないかと。
ロシア人はジョークと言わずに「アネクドーテがあるよ」
と言う前置きだけど、中身はいわゆるジョーク。

これって一体なんなんだろね?

しかも。
アタイの経験からすると。
これを言うのは往々にして男性が多いのだよ。
女性が「面白いジョークがあって~」
って言うのはあんまり聞いたことが無い。
ま、それはアタイがあまり女性と
おしゃべりをしないからかもしれないのと。
ドイツ女性に限って言えば、くだらないことしか
しゃべってない人が多いからかもしれない。
ま、ジョークもくだらないっちゃーくだらないけど
笑いが伴う分マシなのよね。

でもねー。
このジョークってやつはアタイにはやっぱ
どうしてもなじめないんだよね。
こういうの日本には無い文化だよね。
何で日本には無いのか分からんが。
他のアジア圏はどうなのかなあ。

日本人はジョークを言う時に
「今からジョークを言います!」
なんて前置きした時点で誰も笑わなくなるよね。
つーか、オチがくることを何で最初にばらさないと
いけないの?って思うし。
そもそも、面白いことを言わなそうにしておきながら
オチで面白いことを言ってそのギャップでさらに
笑いを取る!ってのも笑いの手法だし。

なんだか。
アタイにはこの欧米流?ジョークってのが
どうにもなじめないんだわ。
しかもね。
それがとんと面白く無いときてて。
まず最初に「あ、面白いジョークを知ってるんだ!」
から始まって。その時点で「よーしオチで笑うぞ~」
って心構えをしちゃうから。
この時点で面白み半減。

これはまるでお笑い芸人のライブに行くのと似てる。
お笑いのライブなんだから面白いに決まってる!
って頭の中が準備状態になっちゃって。
芸人がくちばしることを一言一句聞き逃すまい!
って集中しちゃうんだよね。
で、結局大して面白く無いネタとかオチを聞くにあたり・・・。
うーん・・・って気分になる。
大笑いとは程遠いというか。
テレビのお笑い番組だと大笑いできるのにライブだと
笑えないのは何故だろう。

やっぱり笑いは気軽じゃないとダメなのかなあ。

だからまあ欧米流ジョークはこのつかみの
部分からしてアタイにはアウトなんす。
で、頑張ってそのジョークが持つ背景とか
言葉尻とか、オチに思いをはせながら聞くわけですよ。
で、肝心のオチを聞いたときに
一緒に聞いてるまわりのドイツ人は大爆笑してるんだけど。
アタイは一人だけぽかーんとすることがほとんどで。
なんか。
まずどこが面白いのか全く分からないし。
面白い点を説明されて、内容が理解できたとしても
これまたそんなに面白みを感じない。

これは。
これは。
まったくもって笑いのセンスが違うからでは?
って思うんだけど。

「あんたらのいうジョークってのはほんと
アタイには面白味が全然わからんよー」
って言うと。
ドイツ人たちは
「よーし、分かった!クロネコ、じゃあキミが
知ってるとびっきりの日本のジョークを言ってくれ!」
って言われる。
・・・。

「悪いけどそんなもん無いよ。
日本人はそういう類のジョークは言わないんでね。」
と言うとみんなびっくりしちゃうんだわ。
「日本人ってなんて面白味が無くて
つまらない人種なんだー!」
ってことになって。

いえ、いえ、いえ、いえ。
日本の笑いは面白いんだよ。
ただし、スタイルがまったくあんたらのもんとは
異なるんだよー!
って言うんだけど。
言うんだけど。
うまくその違いを説明できないんだよねえ。
コレは本当に難しい文化の違いだわよ。

笑いが違う。

それに尽きるんだけど。

でもさ、アタイに言わせると欧米人って
オノレでジョークを考えないって事だと思うのよ。
こういうジョークってウェブサイトとか本があって
色んな事例がたっくさん紹介されてるらしくて。
そこで面白い!って思ったり、
誰かが話してて、面白い!って思ったのを
覚えておいて、他の場所で披露するってのが
みんなのやり方らしいんだわ。

なんだか。

アタイとしては、そういうのはちょっとねー
って思っちゃう。
著作権フリーのジョークみたいなもんよね。

アタイとしてはジョークってのはオノレの体験や
失敗談、人の珍しい経験を脚色したり表現をくわえて
説明して、最後のオチで笑いを取る
ってのがパターンなので。
そういう一般的なネタで笑うのはどうにもねー
って思っちゃうんだよ。

あとね、こっちの人に多いのが各国の国民性を
揶揄したようなジョークかなあ。
ドイツ人から見た、オランダ、スイス、フランス、
スペイン、イタリア人たちを小ばかにしたジョークとか。
そういうのが多い気がする。
で、恐らくそういう周辺諸国は周辺諸国で
ドイツをバカにしたジョークを持ってるんだと思う。
お互い様と言うか。

だから、ドイツ人からは
中国とか韓国を揶揄したジョークは無いの?
って聞かれるんだよね。
・・・。
無いよね。
批判めいたジョークを言う場合・・・
昨今は本気モードになるから笑いに落とし込めないというか。
緊迫してる時は無理よねーと。

いやー。
やっぱ日本人には外国人をネタにした
ジョークを作るセンスと言うか、感覚が
備わってない気がするなあ。
なじみが無いというかねえ。

それをユーモアが無い国民と言われるのは
心外なんだけど。
笑いの違いを説明するのは難しいなあ。

にしても。
ドイツ人のジョークは面白味が本当に分からないわ。
普段何気ない会話で言うジョークなら
面白いんだけどねえ。

ちょっと話は変わるけど。
前々から思ってたんだけど
一般的に女性で面白いことを言う人って
少ないよね。
なぜかしら?
アタイの知る限り、日本人女性も、ドイツ人女性も
面白いこと言う人って少ないなーと思う。
なんでだろー。

あと日本人に関して言えば。
関西人にも面白く無い人が多いよね。
コレは関西人以外の人なら誰もが思ってることで。笑
関西人って自分たちが面白いと言う自負が
ものすごくあって。
プライドもその分高いんだけど。
だからと言って全員が面白いかと言うと
それは大きな間違いなのよね。
まあしいて言えば面白いのは2割くらい
なんじゃないかなあ。
でも自分たちは面白いと思い込んでるから
人に笑いを強要するところがあって
そこが非常に嫌がられる点なのよね。

ただ、関西人はたとえ面白いことを
言えないとしても、ノリはピカイチなので
冷めた態度を取るような無礼者はあんまり居ない。
しかも特に女性の反応が素晴らしいんだよね。
たとえ美人な女性でもちゃんとおもしろおかしく
反応できるのが関西人のすごさ。
関東の人と言うか、特に女性は反応がつまらんので、
その点においては、関西人はすごいといえる。
なので、関西人は面白いというよりは
反応が良いといったほうが正しいよね。

ま、そんな日本の笑いはともかく。
欧米式のジョークってやつにはアタイは
困ってるんだわーって話。
なんせ「ジョークを言うよ!」って時点で
ある程度アタイに笑う事を強要してくるわけだから。
プレッシャーの中で笑うのは辛いわよー。
だって、そもそも面白く無いからね。
ま、そんな時はきょとんとして絶対に
笑わないんだけど。

笑うのって自然が一番よね。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-22 09:36 | 日記 | Comments(2)

話題がいろいろ・・・

日曜の夜にベルリンから戻っておりまして
仕事に復帰してますよー。
アタイは今週いっぱいで仕事納めでござんす。
同僚は一足お先に休みに入ってる人多し。

つーか、ベルリンの空港って。
ま、幾つかあるんだけど、アタイは
いつもテーゲル空港を利用してるんですわ。
でね、幾つか特徴があるんだけど。
ま、ゲートがえらく独特なデザインに
なってるのは誰もが周知のことだから
わざわざ書かないけど。

アタイがいつも驚くのは浮浪者が
ウロウロしまくってるところだよ。
あんだけ首都の空港内で浮浪者が
常にうろついてるのって
先進国じゃベルリンくらいじゃないの?
ってアタイは思う。

何してるのかって言うと。
彼らは飛行機に乗る人がペットボトルを
捨てるのを待ってるんですわ。
で、それを拾って換金して
生活の足しにする・・・
と言う労働を行ってるんす。
もうね、ベンチに座ってみてると
ひっきりなしに浮浪者がやってきて
(男女関係無いよ)
全員がゴミ箱の中を覗いていくんですわ。
で、誰かが捨てていくと即座にそれを
オノレのカバンとか袋に入れると言う。

なんだか。
リサイクルがここまで徹底されてると
ホント驚くよね。
これが本当のリサイクルだよ。
一般人が喉を潤すために飲み物を買い、
飛行機には液体物が持ち込めないから、
セキュリティチェックを受ける前に
ペットボトルを捨てる。
それによって浮浪者が換金出来、
生活の足しになる。
ペットボトルは完全にリサイクルされる。

すごいね、ドイツラント。
と言うかベルリン。

もうね、逆にアタイとかはいちいち
飲み終わったペットボトルをゴミ箱まで
捨てに行かなくてもいいんだよ。
ベンチにほったらかしておいたとしても
振り返るともうそこにはヤツは居ないから・・・。
即刻回収されてるんだわ。
(1回実験した)

アタイが知る限りこれはテーゲルじゃないと
見られない風物詩。
何故って、やっぱりあの独特の空港の作りの
せいだろうなーって思うんだわ。
普通ね、飛行機に乗るときってセキュリティ
チェックを受けるでしょ?
で、それは大抵1箇所に集められてるから
どこへ飛ぶにせよ、みんな同じところで
スキャンされると思うんだわ。
だからその入り口には既に物々しく
ガードマンみたいなのがいて
チケットチェックをしてるし、
液体物があったらガードマンの隣にある
ゴミ箱に自己申告で先に捨てなきゃいけない。

でも!
テーゲルはそれが違うんだなー。
なんとね、各ゲートごとにセキュリティ
チェックがあるんですわ。
なので、カウンターで荷物を預けて
5mくらい歩いたらもうそこで
スキャン出来て、すぐそこがゲートなんす。
で、ゲートごとにそうなってるから
みんなギリギリまでチェックインしないで
外でぶらぶら何か飲みながら待ってるんだよね。
で、特にガードマンもいないから
浮浪者も自由にウロウロ出来るしで。
非常に開放的。
とても首都とは思えない感じの空港で
警備手薄感さえ漂ってるのだよ。

ま、そんなペットボトルリサイクルも
さることながら。
クロネコが薄々感じてるのが
職員の態度の悪さ。
アタイはルフトハンザしか使わないから
ルフトハンザの窓口が特にヒドイと
言っておこうかな。
なんかね、同じ事をするだけでも
デュスのカウンターレディの方が
100倍親切だし、聞かなくてもいろいろ
説明してくれるんだわ。
で、ベルリンはこっちがわざわざ聞いてるのに
つんけんした態度でしかもちゃんと答えてくれない。
なおかつ場合によっては、情報を教えなかったりもする。
大変態度が悪いんですわよ。

そんでもって。
ドイツラントじゃよくあるのが、ゲートが
突如変更される場合があって。
そんな時は自分でかなり気をつけてないと
知らない間に変更されちゃうのよね。
でもモニターとかはそのまま直ってなかったり
するんだわ。
で、うっかり気がつかないでゲートへ
行こうもんなら!
「ちゃんと確認しておきなさいよー!」
って一括される始末。
どんだけ感じが悪いんだって話。

オノレが勝手に変えとるとちゃうかー!
モニターそのままのくせに偉そうにすんなー!
って言う気持ちが湧き上がってくるから
一応「モニターに書いとったんじゃい!」
くらいの捨てゼリフは吐くようにしてるけど。
にしてもこの態度はナンなんだ!?
って思って。
客を客とも思わないこの態度に腹が立った。
これに関してはデュスの方が上だよ。

ちくそー!
てめえの賃金が安いことを客にやつあたり
すんじゃねー!
お前の能力が低いのが問題なんじゃー!

といつもの怒りが湧き起こるわけですよ。
でもまあ。
ドイツラントじゃコレはいたって普通。
ホントに。
低賃金労働者の態度の悪さはマジ最悪ですから。
それについて他のドイツ人にやつあたりすると
「あいつらは自分の賃金が低いから
人生が不幸せなんだよ」
と言う回答がかえってくるんだわ。
・・・。
オノレの仕事に誇りをもてないなら
辞めてしまえー!
って言いたいね。
賃金がもらえないのはオノレのスキルが
低いからにきまっとるじゃろー!
とも言いたいわ。
それを客に八つ当たりするその根性が許せない。
ホントそう思う。

でもレベルの低い人は得てしてその傾向が
強いんだよね。
はー。
疲れますわー。

それはそうと。
クロネコってばベルリン滞在中寒いなか
外をうろついてたので、すっかり風邪を引いちゃったのよ。
週末には日本へ帰省するのに困ったなー。
鼻水だらだらで、耳が聞こえづらい感じ。
これは症状を抑えておかないと機内の
気圧で耳が痛くなるよね。
ちくそー。

まあ、最近ライブづく目で疲れてたのよ。
そこへきて寒くて雨がそぼ降る中
廃墟を散策してたんでねー。
超楽しかったけど、完全に風邪を引いた。
なんせ廃墟には暖房が無いからねー。
むしろ窓ガラス割れてるし。
しんしんと底冷えがするしで。
でも。
非常に面白い廃墟だったよ。
写真を載せたいけど、今はその気力が無いので
まあ来年にでもねー。
廃墟が好きな人にはツボだろうなあーと。
って。
それは自分なんだけど。
アタイは外からしかこれまで廃墟を
見たことが無かったんだけど、
中から見るとこれまた朽ち果てぶりが
非常に趣きがあってねえ、感動だったよ。
夜とか一人で行くと怖いんだろうねえ。
って言うか建物が壊れたりするから
昼でも危ないんだけど。
風邪を引いたけど楽しい経験でしたわ。

話し飛ぶけど。
今日はいとこの出産祝いを買いに
ベイビーグッズショップに行ったんだわ。
お子様には何を買えば喜んでもらえるかなあ
って悩んだけど、やっぱ洋服が一番よね!
と思って色々見てたんだけど。
なんか。
やっぱドイツ人は赤ちゃんの時から
足が長いのね。
アタイのいとこの娘っ子には
長すぎやしないかな?って思ったり。
そもそも娘っ子のサイズが良く分からん。
生後3ヶ月ってことしか知らなくて
果たして一体何センチの服を買えば
良いのやら・・・。
なんせクロネコは子供を生んだことが
無いからどんなもんか良く分からないので
結局適当なサイズを適当にみつくろって
買いましたよ。

で、気がついたんだけど。
ドイツラントなだけあって。
シュタイフのベイビー服があるのね!
あの熊さんがアップリケになってるのだよ。
ま、シュタイフなだけあってちと高めでしたけど。
なので買わなかった。
弟にお子が出来たら買ってしんぜよう!
と思ってね。
いとこだとちょっと遠いからさー。ふふふ
いとこの娘っ子には、
シュテルンターラー(星の金貨の童話ね)をモチーフにした
ブランドの服にしてみたよ。
それは値段が手ごろなのにカワイイデザインだったのでね。

子供服はちっさいからかわいいね。
アタイは自分のお子は欲しいと思ったことが
無いんだけど。
人様のお子にプレゼントを買ったりするのは
大好きなのだよ。
あ、そういえばマルタもお子が生まれたはずだから
何か贈って上げたいな。
うーん。
でも今回買い忘れたから、今度だな。
女の子か男の子か聞き忘れたー。

話題が飛びまくってますが。
アタイの脳内状態はこんなもんです。
さてあと数日働いたら冬休みー。
って。
今月クロネコあんま仕事して無いじゃん!
って思ったあなた!
するどいね。
その通りだよ。
今月は2週間くらいしか働いてないかもー。
えっへっへ。
有給消化と言う名の下でライブを謳歌
してましたんでね。

ライブで出会った人たちや
ナンパした女子とかの話を書きたいけど・・・。
ま、明日元気だった書こうかな。
色々出かけると色んな人に出会えるから
やっぱり楽しいね~。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-21 07:10 | 日記 | Comments(2)

寒い

昨日仕事を早く切り上げて
空港へパトさんに送ってもらって
ベルリンへ移動。
今日は寒くてみぞれです。
寒い
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-16 22:28 | 日記 | Comments(2)

サッカー

そうそう。
サッカーついでなんだけど。

2週間ほど前に、恒例の
会社のクリスマスパーティがあって。
ま、この時期どこの会社もみーんな
どっかのレストランを貸しきってパーティを
するんだよね。
日本で言う納会と言うか、忘年会みたいな感じの。

うちの会社は経費削減もあってか
3年連続おんなじ田舎のレストラン。
でもまあ味は美味しいし、アクセスも悪くないから
みんなそこそこ許容してるかな。
クロネコは、家から遠いので誰かに送ってもらうべく
いつもアッシー確保を忘れない。

ご飯を食べて、お酒をちょっと飲んだら
おいとましたいところなんだけど。

大抵は福引があるもんだから
その賞品につられて、
発表があるまでずるずる滞在するはめになるんだよね。

去年はアイポッド。
クロネコはもちろん当たった事がない。

今年の1等賞はすごかった。
ぬわんと。
うちの会社がスポンサーをするとあるチームと
ボルシア・ドルトムントの試合チケットだったんす。
ホームゲームだから、VIP観戦チケットが
賞品だったんすよー。

これは!
みんな燃えたよ。
でも、この福引は寄付と引き換えになってる。
一口2ユーロを寄付すると、くじが1つもらえる仕組みで。
お金を出せば出すほど、くじをたくさんもらえるので
当たる確率が高くなるわけですわ。

クロネコ・・・
なんだか当たるような予感がしたんす。
なので10ユーロ出しましたよ。
このお金は恵まれない子供たちに
寄付されるんだそうで。

ほとんどの社員のひとたちが
チケ欲しさに(笑)、くじを買ってましたよ。
総勢300人くらいが参加してたパーティだったから
なかなかの競争率。

で。
結果は何故か外れ。
おかしいな、クロネコの直感では
当たるはずだったのにー!

って同僚のジョージに言うと
「オレも当たりそうな予感がしてたのにー」
って言ってて笑えた。
ま、皆そう思ってくじを買うんだよね。笑

誰がその1等賞を射止めたのかと思いきや。
ぬわんと、クロネコのドイツ人同僚さんだった!
新人さんね!
超おどろきー!
彼は当たると良いなーってすごく何度も言ってたので
「アタイが当たるはずだから、当たったら
500ユーロで売ってあげるよ!」
って冗談言ってたのに。
本当に彼が当たって。
なんてラッキーなのだ。

そんなわけで。
ボルシア同士の試合に翌日奥さんと一緒に
スタジアムへ見に行ったそうです。
非常に素晴らしかったよー!
VIP席最高!って言ってた。
確か結果は同点だったかな。

クロネコの会社の社員は、VIP席はさすがに無理だけど
一般席は時々社員にプレゼント!ってのがあるのだよ。
といっても全員にではなくて抽選だけどね。
で、クロネコは今までサッカーに興味が
無かったもんだから、一度たりとも応募したことが
無かったんだけど。
さすがに。
行ってみたくなった。
ので次回から応募する事にした。
同僚のザビーネも今度のシャルケ戦のチケが当たったって
言ってて。
ぬわんだか。
良いカードばかりじゃないの。

けど、当たっても一緒に行く人が居ないという
重要な問題がまだ残ってるんだよね。
いや、でもまずはチケを手に入れることから
はじめようじゃないか。
なんせ社員の特典だから使わない手は無い。

万が一このチームが優勝するような事になったら
会社のイベントが絶対あるはずだから
楽しそうだなー。
だとしたら最高だなー。
可能性無きにしも非ずかな?笑

いよいよ、チケ応募するよー。

あ、そういえば。
ルール地方カップか何かが今度予定されてた気が。
それこそボルシア・ドルトムント対ブレーメンとか
そういう強豪ぞろいの戦いだったような。
ドルトムント以外は忘れちゃったけど
トーナメントを1日でやって4試合くらいで
200ユーロもしなかったかも。
日本人用に席を45席準備してます、先着順!
みたいなチラシがまわってきたんだけど。
クロネコは買いませんでしたよ。
だって、高いじゃないの。
それに最近サッカーに興味が出て来たアタイには
一日中サッカーを何試合も見るのはさすがに
ちと辛いしね。
よほどのサッカー好きじゃないかぎり無理じゃ
無かろうかと。
もしかしたらBSとかで日本中継ありそうだねー。
なんせ日本人選手のチームが2つほど出る予定に
なってたから。
どこだったか忘れたけど。

ほんと。
ドイツサッカー界は日本人選手が多いねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-13 07:36 | 日記 | Comments(0)

サッカーの追っかけなのかライブなのか?笑

ドイツラントってサッカー大国だなあと思うのが。
駅とかでサッカーサポーターたちを見かけることなんだけど。

今回は道中色々見た。

まずマンハイムからシュトゥットガルトへ
電車で移動したんだけど。
駅のホームに酔っ払いがたくさんいて
歌ってたので、ああ、サッカーのサポーターだね
くらいに思ってたんだけど。
いざ電車に乗ってみたらそのサポーターは
アタイの会社がスポンサーしてるチームの
サポーターだった。

ってことは。
ホームはデュス近郊になるわけで。
アタイは電車で南下してたので
彼らは次なる試合の街まで応援に行ってると
いう事になるわけで。
サッカーのサポーターって熱心だよなあ
って感心しちゃったよ。

って。
まあアタイもある意味サポーター並みに
追っかけてるんだけどね。笑

けど、停まる駅からちょくちょく
そのチームのサポーターが乗ってきてたので
恐らくは各地にそのチームのサポーターがいて
集まってくるのかなあと思われる。
普通サッカーって地域密着なので基本的には
メインサポーターは地元住民が多いから
意外な気がした。
けどそのチームは昔は優勝した事もあるらしいので
熱心なサポーターが他の地方にもいるのかもしれないね。
で、何気に今シーズンそのチームは割りと健闘
してる模様なのでサポーターも応援に
熱が入ってるのかもしれない。

一体どこで試合なんだろ、シュトットガルトかな?
と思ったけどアタイが降りた駅では
彼らは降りてなかった。
あとで調べたらアウグスブルクだったので
まだまだ先まで行ってたのね。
ひゃー。
やっぱサポーターはすごいね。

アタイはシュトットガルト駅前から
徒歩5分以内にある小さいホテルに泊まりました。
個人経営ホテルの割りにワイアレスが
無くて、ちょっとイラッと来た。
いまどきケーブルコネクトって
日本のホテルじゃあるまいし・・・。
日本のビジネスホテルにはワイアレスは
無料どころか有料サービスも無いという
ありえない状態だけど。
まさかドイツラントでそんな目に合うとは・・・
って驚いた。
それ以外は普通の設備でした。

夕方ライブホールへ行こうと
駅前のタクシー乗り場に向かう際・・・
シュタイゲンベルガー・ツェッペリンホーフを
見かけて。
ああ、確かこの街で一番の高級ホテル
と言われてたよね。
今は外見がみすぼらしいなあーって
思いつつ見てたら。
ぬわんと。
ホテルの目の前にバスが停まってて
バスには「FCバイエルン・ミュンヘン」と
書いてあった。
そしてバスからは選手らしきが降りて来てて
ホテルの入り口前にあつまったファンが
写真を撮ってました。
どうやら翌日バイエルンミュンヘンと
シュトットガルトが試合をする模様。
ふーん。
今でもこのホテルは一流なんだー。
外見はしょぼすぎるけど内装はキレイ
なんだろうかねえ。
↓夜中撮影なのでボケとりますが。
c0016407_854242.jpg


シュトットガルト駅前タクシー乗り場から
タクシーに乗ったんだけど。
これが。
驚きの歴史的なタクシーだった。
つーか、30年くらい経ってる?
って言うようなオンボロ車両で驚いたよ。
夜で暗かったけど、ぼろさはうかがい知れたので
次のタクシーに乗りたかったけど、
タクシーって停まってる順に乗らないといけないから
しょうがなくそれに乗車。
したら。
運転手もなかなかの歴史的な風貌のオジイサンでしたわ。
多分70歳は超えてる。

でも。
運転は問題なかった。
クロネコがホールの名前をきちんと発音出来なかったので
訂正してくれたよ。
シュライアーホールを、ショイラーホールって
言っちゃったんでね。
ハンス・マルティン・シュライアー氏に
ちなんだホール名だという事がやっと分かったよ。
何でも戦後の西ドイツで経済界を牛耳ってた人
なんだそうで。
当然戦時中はナチ党員だったとか。
そしてドイツ赤軍に誘拐されて、政府が取引に
応じなかった事から殺害されたと言う
なかなかの激しい人生を送られた方のようです。
そういえば、以前映画で見たなー。
とおぼろげながら。

そんなシュライアー氏にちなんだ名前の
ホールだけど、今はポルシェアリーナと言う
別名もあるんだわ。
で、クロネコは今回でこのホールに来るのは3回目。
以前は違うバンドを見たんだけど。
えらく古めかしいホールで、ちょっと老朽化してる
印象があったのよね。
で、今回外から見たらキラキラピカピカ新しく
してたし、ポルシェのロゴが赤く光ってたので
「あー、さすがにこの5年の間に建て直したんだー」
と思ってたんだけど。

はいってビックリ。
昔の通りの古臭い感じで。
要は外装だけキレイに見せかけてたみたい。
・・・。
なんちゅーケチクサイことを。
と思ったけど。
シュヴァーベン地方だから納得のやり方でもあるね。苦笑

この地域ってシュヴァーベンと呼ばれてて
恐ろしく保守的で、恐ろしくドケチで
性格に問題がある人たち!
とドイツ人から言われてるんだよね。
つまり。
普通のドイツ人でさえ、他の欧州諸国からは
頭が固いとか、真面目とか、ケチクサイとか
言われてるんだけど。
それに輪をかけて面倒くさい人間性なんだわ。

ものすごーく保守的で
とにかくケチの塊だと思う。
つまり。
この地域の人は金を持ってるんだよね。
産業が発達してるのもあるけど
ケチだから金持ちなのだよ。

クロネコ絶対ここいらの人とは
仲良くしたくなーい!と思ってる。
バイエルンよりヒドイんだよね。
ま、バイエルンも苦手だけど。

でもライブ会場でであったシュヴァーベンたちは
割とフレンドリーでどうしたもんだろ?
と思っちゃったよ。
そんなもんかもね。

そういえば。
シュトットガルトの街中をライブ前に少し
歩いたんだけど。
なんかやたらと日本人旅行者?とすれ違った。
何故?
ココはデュスか?ってくらい日本人が多かったよ。
一体シュトットガルトで何をやってるんだろ?
自動車産業が発達してる街だから
(ダイムラー、ポルシェの本社がある)
仕事関係で住んでる人たちなのかな?
と思ってみたり。
チューザイイン特有の雰囲気でもなかったのよね。
どちらかと言うと観光客風に見えたなあ。
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-12 08:59 | 追っかけ | Comments(4)

昨日からシュトットガルトです

で、これからデュスに帰ります。
電車で三時間くらいかな。

持ってきた本を全部読んでしまったから
電車内で退屈しそう!
[PR]
by kuronekomusume | 2011-12-11 19:01 | 日記 | Comments(0)