死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰だ!

気がついたら・・・
10日ほどブログを更新してなかったー!
いやー。
手抜きですね。

別に風邪で寝込んでたわけでもなく。
仕事でいっぱいいっぱいだったわけでもなく。
よその国に旅に出てたわけでもなく。

普通にドイツ国内にいたんですけどねえ。
しばらく特に書くほどのことも無いなあって
思ってて。
そしたら日本からの出張者がわんさか
やってきだして。
それなら一緒に夜は飲み会に繰り出そうよ!
ってことになって。
連日外食してたのよね。

なおかつ。
この週末は今年初のベルリンでして。
また遊びに行ってたもんだから
ついついねー。
でもベルリンに行ったから写真とかまた
アップできるね。

いやさ、デュスにずっといると
書くこと無くなってくるんだよね。
しいて言えば・・・映画評くらいか?!みたいな。
なのでねえ、ついつい書くのをためらってましたよ。笑

つーか、ベルリンのホテルでブログでも
書こうかと思った瞬間もあったんだけど。
なんだか、急ぎの仕事があって。
週末に、しかもベルリンにまで仕事を
持って行ってたので。
ブログを書く暇は見当たらずでしたわ。

にしても。
今ドイツは急激に寒くなっちゃってさー。
毎日氷点下だよー。
寒いよー。
寒いよー。
マイナス5度とかだよー。
やっぱ氷点下は嫌だねえ。

続きは家に帰ってからね。
今の時間はどう考えても仕事中だから。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-30 19:02 | 日記 | Comments(0)

いいやまさん。

最近、飯山一郎さんと言う方のホームページ
毎日チェックしてます。
ものすごく、ものすごく面白い!!
とアタイは思う。

放射能が気になってる方は・・・
このサイトを既にご存知かもしれないね。
知らない方は・・・放射能対策について
色々かかれてて、実践的なので
ぜひぜひごらんあれー。

内部被爆対策の豆乳ヨーグルトが
非常に興味深いよ。
クロネコもおコメのとぎ汁で作る
豆乳ヨーグルトに挑戦したいくらい。
ここだと物が揃わないからなあ。
でも一度試す価値はあるね!
化学の実験だ!

って。
クロネコは内部被爆対策ではなくて。
癌対策なのだ。
豆乳ヨーグルトを摂取してると
体内にマクロファージなるものが活性化されるそうで
癌になりにくいんだって。
免疫力アップってことかな。
クロネコこういうの頭がよろしくないから
あんま良く分からんが、
癌対策になるのならやってみたい。

けど。
豆乳ヨーグルトが良いってことは。
ドイツラントに売ってる豆乳ミルクとか
豆乳関連の製品をせっせと食べても
癌対策になるんだろうかね?
それでいいなら、自分で作るの面倒だから
スーパーで買ってくるんだけどな。
成分とか見てもアタイのおつむじゃ
わからなそう・・・。

とはいえだよ。
びっくり発言の多いおとうとぎみに
「あんたは多分癌で死ぬね。」
って以前宣告された事があるから
それを避けるべく豆乳ヨーグルトを
試したほうが良いのでは?って思ってね。

クロネコの弟は酷い事を言うね!
って思うよね。
アタイも思ったよ。
なんてやつだ!って怒ったよ。
けどその根拠を聞いたら納得しちゃったので
クロネコは癌で死ぬのかもなーって
思っちゃったのだ。
そもそも死亡原因の3割は癌で、
あとは心臓病と、脳関係が同率。
多分残りわずかが老衰ってことなのかなーと。
クロネコは特に心臓に問題が無いし、
脳関係も大丈夫かなーと考えるとあとは
癌しか無いからだそうで。
そうか、そうかと。
でも。
癌も嫌だなーって思ってさ。
抗がん剤とか辛いからね。
クロネコはあのつらさを知ってるんでね。

なので。
癌を避けるべく豆乳ヨーグルトかなと。
でもさ。
あんま病気対策ばかりやってると
アタイは老衰で死ぬ事になるわけで。
そうなると90歳とかまで生きなきゃいけない
ことになるかなーと。
それはちょっと・・・長すぎるなーと。
年金とか考えると無理かなーと。

じゃあ、やっぱ癌で良いんだろうかね。
でも痛いの嫌だしなー。
最近は末期患者に対して痛みを緩和する
プログラムなるものが大学病院とかで
進んでたりするけど。
これがまた。
アタイの知る限り、そんな絶対的なもんでは
無かったんだよねー。
病院によるのかもしれんけど、あれは一種の
気休めではなかろうかと。
人間の体は、どんなに強力な痛み止めを
打ったとしても、徐々に慣れてくるもので。
痛み止めも効かなくなるんだよねー。
クロネコは知ってるのだ。

あー。

って何の話だっけ。
そう豆乳ヨーグルト。
興味ある方はトライしてみてー。
クロネコめはそのうちおとうとぎみに
強力にこれをすすめようと思ってる。
飯山さんによると10ー15年後に
危なくなるらしいから。

アタイは・・・。
こういうの信用するタチなんだー。

飯山さんの面白いところは
まあまあ信頼されてる人さえも滅多切りにしてる
ところなんだよね。
武田教授のことは隠れ原発推進派扱いだったけど
コレは何となく分かる感じがするよね。
けど国際ジャーナリストの田中さかいさんの分析も
けちょんけちょんにしてたなー。
ぬぬぬー。
クロネコは色んな切り口が好きだから
飯山さんの主張は大変面白いと思う。
飯山さん、要チェックだよ。

そんな飯山さんが本を出されたそうで。
その名も「横田めぐみさんと金正恩」。
どうも飯山さんはあの半島系にパイプがあるらしく
面白い情報満載なんすよ。
クロネコ、ぜひとも次回帰省時はこの本を
買って帰る所存。
ほんとは今すぐにでも読みたいんだけどな。

なんでも。
飯山さんによると・・・。
正恩の母親は横田めぐみさんらしいのだよ!!!
超びっくりだよー!!
めぐみさんが生きてたんだ!ってことも
嬉しい情報ではあるけど。
何よりも。
正恩の母がめぐみさんだなんて。
えええええー!!!
って感じでさ。

いやー。
半島情勢目が話せないね。
これによって日本は安全ってことになるんだろうかね。
つーか。
ジョンイルってば。
これが本当ならすさまじい置き土産だよ。
そりゃ、後継者の母なら北も返してくれないはずだわ。
適当な人骨でごまかすはずだわ。

中国よ、早く情報を解禁にしてくれーい!
気になって寝れないよ。

個人的にはディズニーランド好きだった正男に
興味があったんだけど、
正恩の母がめぐみさんならもう形勢逆転だ!
おもしろすぎー!
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-20 06:11 | 日記 | Comments(6)

反省したら負け。

なんだか。
仕事で落ち込んでます・・・。
いやね、同僚を注意したつもりだったんですわ。
したの件とは別の内容、別の人に対してだよ。

クロネコね、締め切りを守らない人って
許せないみたいで。

あと、仕事がのんびりしすぎな人も
イライラしちゃうみたいで。

そんでもって。
何度も言ってるのに馬耳東風な人にも
段々怒りが募るみたいで。

ちょっと、そろそろスピード上げていかないと
まったくもって間に合わなくなるよ。
そんなのんびり構えてたんじゃダメだよ。

的なことを言っちゃったんだと思う。
イライラしてたっぽいのであんま
よく覚えてないけどね。

ど下手なドイツ語でドイツ人同僚に
言っちゃったから、
ちょっとなんと言うか婉曲表現からは
程遠かったかなーと。
つまり。
直球どストレートに言ってしまったかと。
しかも間違いまくりの文法で。

ふー。

でもねー。
こういっちゃなんだけど。
クロネコって言い争いとかケンカには
向かないネコだと皆から評価されてるんですわ。

だからね、居丈高では無かったと思うんだ。
単に、キーキーわめいてたメスネコ風
だったんじゃなかろうかと。

でも。
急いでやらないとダメだよ!な思いは
ものすごく伝わったっぽくて。

その人はその後猛スピードで仕事を
し始めたんですわ。
・・・。
出来るんならもっと早くやれよ・・・
と思ったんだけどね。

でね。
しばらくしたら彼から言われたんだわ。
「これからはボクに言いたいことがあるなら
オープンに話し合いたいと思うから
個室へ行って自由に話そうよ。」
ってね。
なおかつ。
「みんなの前でああいう言い方は
しないで欲しいんだ。」
とね。

おお。
おお。
うっかりしておった。
ついつい、いつもアキバさんに言うのと
同じ調子で思った事をスッパリ全部言ってしまってた。
でもそれは・・・。
一般的なドイツ人男性だと傷つくらしい・・・。
おっといけねー。

つーか。
パトさんにも相当好き放題何でもかんでも
言いまくってたので気づいてなかった。
あんだけ何を言ってもパトさんは
「クロネコはボクの大親友だから!」
ってウレシそうに言ってるくらいなんで。
なんか。
感覚が狂ってたわ。

そう。
パトさんもアキバさんも
普通のドイツ人じゃなかったんだった。
忘れてたー。

と言うわけで。
仕事の仕方を注意したら、
注意の仕方を注意されてたクロネコでした。

なんか。
長らくたまってた事をちゃんと伝えて
スッキリしよう!と思ってたのに。
逆に。
注意したアタイに問題があったみたいな気分に
されてしまって。
どうにも腑に落ちない。
一応言い方が悪かった事は謝って
その後仲直りして一緒に昼飯食べて
普通に仕事もしたけど。

それにその人すごくいい人だし、
信頼出来るから。
逆になんだかなーと思った。

うーん。
クロネコは彼と長く一緒に働きたいナーと
思ったからこそ、今のままではちょっと
色々改善点が見受けられるぞよと
思ってしまって、発言したのに。
ナンだか、アタイが間違ってる的な感じで
言われた感じがして。
不本意なんだよね。

でもまあ。
こういうのって時が証明してくれるよね。

けど。
クロネコと直で関わる仕事だから
彼がちゃんと仕事後を仕上げないと
アタイにも批判が向けられるんだよね。
お前がちゃんと指導してないって
ことになって。

つーかね。
「今度からはみんなの前でそういう言い方は
やめて欲しい」とか言う割には。
締め切りすぎても仕事をしてないことへの
言い訳だけはしっかりしてたんだよね。
あれがどうのとか。
これがどうのって。

クロネコもう知ってるんだ。
ドイツ人が言いワケ民族である事を。
で、都合が悪い時に限って言い訳をする。
しかもいかにも自分の正当性を
弁護するかのような言い訳。

クロネコそんな言い訳には
全く興味が無くて。
この案件の最終締め切りにいかに
間に合わせるかを必死で考えてるだけなのだ。
なのに。
自己弁護ばかりされると
聞いてるアタイの脳が逆にサラサラーと
冷めてきちゃうわけで。

そう考えると。
なんだか。
アタイはやっぱり不本意な気持ちだなあ。

まあ、まあ。
まだ仲良くやっていかないとならんわけだし。
年上を敬わねばね。
今考えたら19歳も年上の方にえらそうに
物申しちゃったんだー!
クロネコ態度がでかすぎだね。
反省反省。
アキバさんとも15歳くらい違うんだけどね。
パトさんとも10歳以上違うんだけどね。

ああ。
クロネコの周りは高齢者ばかりだから
やっぱ感覚がおかしくなってたわ。
でもあんまそういう年上が絶対偉いっていう
風潮は幸いドイツラントには無い。
と言うか、アタイのオフィスには無い。
あったらクロネコは既にクビってくらい
暴言失言のあらしだから。

クロネコうっかり反省しちゃったけど。
ドイツラントでは別に反省しなくていいんだよね。
そもそも反省って言う概念自体希薄というか
存在してないと思うし。
あっちだって自分は全く悪くない!
と心から信じてるはずだから。
それがドイツ人なのだよ。
かなりみんな考え方が図太いよ。
だからアタイも罪の意識を持つ必要は無いんだよねー。

なのにー。
罪悪感を感じちゃ宇多なんて。
アタイはやっぱり骨の髄まで日本人なのね。
くやすぃーよ。
なんなんだ、この精神的アンフェアさは!
負けてる、クロネコこの時点で負けてる!
もっと自分勝手な強いネコにならねば!
むずかすぃ・・・。

ドイツラントに反省は要らんのだよー。
反省したら負けだー!
謝ったら負けだー!

ああ。
今日は完全にアタイの負けだな。
ちくそー。

がんばるぞ!
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-17 07:20 | ドイツOL生活 | Comments(0)

同僚たちに物申さねば。

今日部内のチームミーティングがあって。

ミーティングのあとで、
何かあったらどうぞ的な時間が
あったんだけど。
クロネコ特にトピックとか無かったので
スルーしちゃったんだわ。

で、あとで思い出した。
ああ!
あれをみんなに言っときゃ良かった!って。
すっかり忘れておったよ。

それは。
「みなさん、たとえアタイがサユリさんと
しゃべっていても、それは決して無駄話を
してるわけじゃないから、
途中で入ってきて、自分の報告をしはじめるのは
金輪際やめてください!」

「せめてアタイの報告が終了するほんの
数分間だけは待っててください。
あんたらと違ってそんな時間はとらせませんから
何卒アタイに最後まで言わせてください!」

ってね。
ホント。
マジでこれアタイのココ数ヶ月の
ストレスなんだわ。

みんな、って基本ドイツ人同僚たちだけど
なんか知らんけど、アタイがサユリさんと
しゃべってると、必ず邪魔しに来るんだわ。

ほんと。
コレはアタイにとっては邪魔以外の
ナニモノでもない。

アタイが日本語でサユリさんに仕事の報告を
してるところへ入ってきて、
突然しゃべりだして、しゃべるのやめないから
「ちくそー、何か急を要するんなら
アタイは続きはまたあとで伝えに来ますわ。」
と無言のうちに思いながらその場を去るのですよ。

別にそいつの話を聞いててもいいんだけど。
こうやって人の邪魔をするやつに限って
往々にして話が長いんだわ。
なおかつ。
あんまクロネコの仕事に関係が無いから
そんなもんにアタイの時間を取られるのは
ナンだかなーと思って。
それならその間にメール返信を数件できるから・・・
ってアタイはその場を離れるわけなんす。

ま、ココでアタイがどぎつく物申せばいいんだけどね。
「ちょっと、今アタイが話をしてるんだから
あと数分くらい待ってよ。
そういうの失礼でしょ!」
ってね。

でもこれがさー。
難しいのだよ。
言うのは別に難しくないんだけど。
えらく深刻な顔をして入ってくるやつらが多いから
「あれ?なんか大問題でも発生したか?
じゃあしょうがないわなー」
って思っちゃうわけなんす。
でも。
よくよく考えたらそんな大問題はしょっちゅう
発生しないんだよね。

アタイのトピックのほうが重要度が高いのに。
ちくそーめ。

でもついつい譲り合いの精神で
譲っちゃうんだわ。

で、きゃつらもそのうち気がつくか?
と思ってたけど。
どうやらそれは無理っぽいので。
ココはみんなに物申したれ!と思ってて。
なのに言うの忘れたー。
自分のバカー。

サユリさんは会議とかでほとんど
席にいないので、みんな色々相談やら
報告をしなきゃ!ってことある意味争奪戦なんす。
で。
アタイは当然日本語でそれをやる。
だって。
英語とかドイツ語でサユリさんに報告するのは
あほらしいし、時間の無駄だからね。

けど、アタイはたとえトピックが
真面目だったり、シリアスな内容だったとしても
わりとジョークを交えながら
自虐的に説明したりするもんだから。
サユリさんは笑うんだよね。

だからか。
みんな無駄話をしてると思うみたいで。

クロネコがもっと深刻そうに報告すれば
いいんだろうけど。

つーかさ、普通人がしゃべってたら
遠慮するもんでしょ!
ってアタイは思うんだけど。

つーか!
順番つーもんがあるんだよ!
数分で済むんだから待てっつーの!
って言いたい。

もうね、クロネコ最近ストレスなんだよ。

あとで続きを説明しようと思ってたら
サユリさんが帰ってたり。
アタイも他の事で忙しくて忘れちゃったり。
ほんと。
同僚ども迷惑だー!!!

と絶対に次回のチームミーティングで
言ってやろうと思ってます。

つーか、今日言い忘れたけど
一番邪魔する人が休暇中なので
全員がそろったところで
「あんたら気ぃつけや!」
って言う方が良いかなと。

ほんと、どんだけサユリさんとアタイが
滅多にしゃべらなくなったかと言うのは。
クロネコの日本語能力の低下に
如実にあらわてるわけで。
以前にくらべたらまったく無駄話をしてなくて、
必要な報告しかしてないってのに。
それさえ邪魔されるってんだから。

てやんでぃー!
って気分にもなるってもんだよ。

アタイが腹が立つのは、ドイツ人同僚たちの
順番を割り込んでくる図々しさと。

なおかつ!
サユリさんもアタイと話をしながら
誰かがやってきたら、そっちの話を優先して
聞くんじゃないわよ!
って言ってやろうと思ってるんだ。
あんたが一言「後でも良いかな?」と言うとか
「今クロネコと話をしてるのが分からんかなー」的な
空気を出せば、それですむんじゃなかろうかと。

でも。
人に期待してた自分がいけないね。
だから、言いますよ次回はガツンと。

ほんとにもー。
こっちの人は上司に取り入るのが大好きだし、
アピールするのが大好きだから
どんどんやってくるんだよね。
アタイはそういうのやらないタイプだからなあ。
それに今更サユリさんにアピら無くても
大丈夫ってのもあるしで。

アキバさんもアタイ同様サユリさんに
アピら無いんだよね。

それにしてもハラが立つわー!

ドイツ人同僚たちはアタイがドイツ人部長と
話をしてる時は邪魔して来ないんだよね。
ってことは、なめてるとしか思えん!

絶対に今度は言うぞ!
ついつい忘れてしまうのはアタイの
悪い癖だからね!!
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-14 06:45 | ドイツOL生活 | Comments(0)

AMERIKA

住んでるつもりも無いし、
絶対住みたくも無い国がアメーリカなんだけど。
知らず知らずのうちに
アメーリカに住んでることになってるのが
現世の悲しい現実なんだろうかね。

アメーリカの傲慢さにはつくづく
嫌気がさしてたけど。
ここへきて、さらに悪化してることが
わかって暗い気分だよ。
ラムシュタインのティルってば、
We are living in Amerikaとは
よく言ったもんだ。
でももう感心してる場合じゃないんだよねえ。

昨日英会話クラスで、ジョー先生と
新年早々政治の話で盛り上がってきたよ。
クロネコも好きだからねえ。笑

今年は米国の大統領選挙だねーってことで。
ジョー先生一押しの政治家さんがいてね、
「その人こそがアメリカの最後の希望なんだ!」
と、ジョー先生は前回の大統領選の時から
彼を推してて。
バラクオバマなんてクソだ!
と言い切ってたのだわ。

民主党は当然今回もオバマを推してくるわけで。
人気にかげりが・・・と言われながらも
洗脳されたおバカさんが多い米国だから
なんとか人気を保ってたらしいんだけど。
ここへきて、本気で嫌われ度が増してるんだそう。

その原因は。
NDAA法案に署名をして通しちゃったからみたい。

しかもそれが大晦日で、みんなの意識が他に
向いてるときに休暇先のワイハで
ちょちょちょっとサインしちゃったらしく。
さすがに米国人たちも怒りだしてる模様。

なんせ、この法案は・・・
史上最悪の人権侵害法案みたいなんす。
先生が言ってた内容を確認したいなーと思ったので
日本語で検索をかけたけど、ブログ記事しか
見つからなかったから、
日本じゃ報道されてないっぽい。
頼れる田中さかいさんのサイトにはちゃんと
記事はあったけどね。

日本語では「国防権限法」って言うんだそうで
National Defence Authorization Act が正式名称。

この法案は、以前ブッシュ時代に作られた
「米国愛国者法」の発展形である。
と日本語ブログでは書かれてたりします。
法案の制定目的はテロ対策に見えるんだけど。

・米当局が、テロに荷担していると疑われる人々を、
裁判所の逮捕令状なしに逮捕し、
裁判や弁護士接見を認めることなく、
必要がなくなるまで無期限に勾留できる

となってるんでね。
その対象からは、米国民と米国に合法的に
在住する外国人が除外されているらしいんだけど。
国防長官が議会に事情を説明すれば、
米国民や米国在住者も逮捕・無期限勾留できるだそう。

そうか、そうか基本はイスラム教系
テロリスト向けの法案なんだねー
うちらには関係無いやー。
って。
思いたいところなんだけど。
これが。
悲しい事に米国政府ってば甘くないんだよ。

「米国に住んでない俺たちだって危ないんだよ!!!」
ってジョー先生が言ってて。
米国の法案なんだから、さすがにそれは
信じられないなーと思ってたところ。
それを察知したジョー先生が
「ほれみてみな!シュピーゲルにも書いてあるから!」
とリンクを見せてくれた。
ぬわんと。
ドイツラントの老舗政治雑誌のオンライン版に
ジョー先生が言うとおりのことが書いてあった。
さすがに驚いた。

ありえない!
ありえない!

シュピーゲルの記事によりますと。
NDAA法案内の数ある条項内には、
驚くべき内容が織り込まれちゃってるんだわ。

・米国政府はテロの疑いがあるものは
裁判所の逮捕令状なしに逮捕し、
裁判や弁護士接見を認めることなく、
必要がなくなるまで無期限に勾留できる

ってまあこれは既出よね。
で、次は。

・非アメリカ人で、アルカイーダと関連があると
疑いのあるものは、軍事的に拘束可能である。

となってる。
たとえば、アルカイーダとたまたま同じ
レストランにでも居合わせようもんなら
逮捕対象者になっちゃうんだって。
非アメリカ人はね。

で、そん次が驚いちゃう。
・米軍は外国において収容所を設立しても良い。

ってなってるんだー!
どういうこっちゃ!って思うけど。
おおもとはキューバにある米軍のグアンタナモ基地を
正当化するのが目的みたいだけど。
他の国でも作って良いことになったらしいよ。
諸外国はそんなの許可した覚えがあるんかね?

で。シュピーゲルが記載してた最後のが。

・米国国内でも国外でも、米軍は
テロの容疑者を時間制限無しで
逮捕して、尋問にかけて良い。

とのことでした。
ビックリ。

NDAAに触れてる日本語のブログでは
ここまでは書いてないんだよね。
書いてるのを見落としてるのかも知れんが。

CIAとFBIの力が弱まって、国防軍が力を増すことが
認められた法案とは書いてあるよ。
まあ、確かに「国防軍が、国防軍が」って
書いてあるからねえ。
でも誰が外国までテロ容疑者を捕まえに行くんだろうね。

とにかくこの法案が可決される前とか
大統領署名される前には、
なだたる人権団体が抗議行動を起こしてたらしいんだけど。
力及ばずオバマ氏の手によってサインされちゃった。
つまりもう有効みたいっす。
おそろすぃー。

ちなみに。
この法案によって、米国国内においても
国防軍が治安維持をしても良いことになったらしいので。
万が一暴動が起こったりしたら、
暴動が起こらなくてもデモの規模が大きくなったりしたら
裁判にかけたり、拘留期間をきにしないで
どしどし逮捕出来ちゃうんだそう。
・・・。
んなバカな!
って思うよね。アタイも思ったよ。
でもさー、米国政府は本当に用意周到なんす。
もうどこの政党が政権とってようが
ベクトルは変わらんようなので
気にしなくて良いみたいよ。

要は何年も前から米国政府はテロリストやら
政府に都合の悪い人たちをどしどし収容できるように
全米に収容所を作ってるらしいんだ。
その名もフィーマ収容所。
この話も大分前にジョー先生から聞いてたんだけど、
今NDAA法案と繋がったわーって感じで。
ただのパズルじゃないから喜んでばかりは
いられんわけで。
全米に800箇所くらいあるらしいよ。

米国って国は何がしたいんだろうね。

国民を強制労働に従事させるのが目的なのかな。
よくわからんわー。
でもフィーマは実在するんだなあ。

ジョー先生に
「うちらもいつか忽然と姿を消す感じで
当局に連れて行かれてフィーマに入れられるんかね?
いつかフィーまで再会しちゃうかもよー!」
って言っておいた。
「じゃあ、そん時はよろしく!」とのこと。笑

でもイスラムだらけの収容所には
入りたくないなあ・・・と変なことを
考えてしまったクロネコ。

今のところNYタイムズあたりもこの悪法に
かみついてるようだけど。
今後どうなるんだろ。
なんせ、we are living in Amerikaだからね。
ぜひとも他人事にしたいわ。


ちなみに米国では現在さらにオバマに署名されると
やばーい法案が議会でもまれてるんだそうで。
その名もSOPA法。
これはマジでヤバイ法案みたい。
これが通ったら本当に言論の自由なんて存在しなくなる。
Stop Online Piracy Actが正式名称。
オンラインの著作権侵害を防ぐための法案
と言うのが表向きの内容らしいんだけど。
製作者の利益を守りましょう~みたいなね。

実は当局側にかなりの権限が与えられるようです。
当局は合法的にハッキングだのが出来るようになるし、
一般ユーザーがネットにアップロードするデータにも
制限が掛かるようになるのでYouTubeは完全アウトになる。

気になるウェブ記事や、ブログのリンクを貼って
一般ユーザーがフェースブックなんぞに
投稿するのも処罰対象になる。
たとえば当局に都合の悪い内容を書いてる
ブログのリンクを貼った人が罰せられるとかね。

そういう法案なんだって。

だから当然メディアは反発してるし、
人権団体がデモ行動を行ってる。
そんでもってヤフー、フェースブック、グーグル、
ツィッターやらが反対運動を起こしてるんだって。
そりゃそうよね、これらのウェブサイト内で
違法行動があいついじゃうもんね。
そんでみんなフィーマ送りになった日にはねえ。


それにしてもさー。
米国ってどうしちゃったんだろ?
って言いたいけど。
昔からこういう国なのかもしれんねえ。
ネットが力をつけてきたから、それを規制するために
あらゆる法案で阻止しようとしてる・・・
といったところなのかなあ。
良く分からんけども。

なんだか。
ひしひしと自分たちは好む好まざるとに関わらず
米国に住んでるんだなあと実感したよ。
まさにwe are living in Amerika。

って。
ラムシュタインの曲にあるんですわ。
いつ聞いても「ほんと悲しいけどその通りだなあ」
って考えながら聞いちゃうよ。
米国に住んでる人にはその真意が分からんかも
しれんが、米国嫌いの他の国に住んでるクロネコには
しみじみ染み渡る歌詞なんす。
事実だから悲しいんだけど。

ラムシュタインは今回のツアーでこの曲を
セットリストに入れてあって。
4、5月と米国ツアーをやるんだけど。
本当に米国人たちの前でこの曲歌うんだろうかねえ?
皮肉めいてるー!って思うからぜひとも
実現させてほしいけど、
こんなワケの分からん法案が可決されるような国だから
今度こそ本当に逮捕とかされちゃうんじゃ?
って心配になるわ。
暴動を扇動した疑いで・・・とかありうるよね。
アタイの大事なラムシュタインは
大丈夫かなあ。心配だわー。
けど、もし今度ラムシュタインを逮捕したら
クロネコは米国を絶対に許さんよ。
死ぬ気で攻撃する事になるわ。
前回の逮捕はわいせつ的なステージングを
やっちゃったことで逮捕されたんだわ。
けど今回もわいせつ的だからその危険も
はらんでるんだよね。
うーん。
米国人にジャーマンジョークは通じるかな?!

まあ、それにしても米国って窮屈な国なんだねえ。
けどオバマはこの法案にサインしたら
大統領選に不利になるって分かってたはずなのよね。
圧力に屈したかな。
そして、圧力をかけた勢力は別に誰が大統領に
なっても法案を通せばいいだけだから
平気なんだろうね。

けど、ジョー先生いわく、一押しの政治家が
大統領になればそれは変わるんだ!とのこと。
クロネコいまいち信じてなかったんだけど、
その政治家さんの公約を聞いて
それがあまりに面白い内容だったから
クロネコも彼を応援することにしたよ。
と言ってもアタイには当然参政権がないから
たんに心の中で応援するだけなんだけどね。

その政治家の名はロン・ポール氏だよ。

クロネコが心配してるのは彼はちょっと
高齢なところ。76歳なんす。
で、米国を支配してる勢力から彼は
うとましがられてるらしいので
共和党候補にも拘らずメディアでは一切シカト
されてるんだそう。
でも。
彼は人気があるらしく、ジワジワと支持率を
あげてきてるらしいよ。
どうなる、共和党?!
ロン・ポール氏がどんどん出てきちゃったら・・・。
そして万が一大統領になっちゃったら?!

ぬわんと、彼は公約で日本から米軍を
撤退させる!と言ってるんだわ。
日本だけじゃなくて他の国からもね。
おそらく米軍は遠隔操作で対応するようになるんじゃ?
ってことらしいけど。
なおかつ、自衛隊に平気を売りつければ
軍需産業の売り上げが伸びるから良しとするのかな?
と言う日本語ブログの予測を目にした。

だとしたら大変面白いよね。
そうなったら日本の外交政策がガラリと変わるから
面白くなるので、応援する事にしたのだ。
日本自立への一歩?

心配なのはロン・ポールが殺されないか?
ってことだなー。
生き延びて大統領になってくれい。笑
最近ドイツ語のウェブでもどんどんロン・ポール情報が
出るようになってるらしいよ。
ひょっとして~?!笑

ま、そんなこんなで。
普段は大統領選に興味がないクロネコですが。
今年はちょっと注目したいなあと。

こんな感じで。
米国がいかに汚い国で、しっちゃかめっちゃかであるか?
をまずは書いてから。
次にプーチン閣下を擁護する記事へとうつっていきたいなあ
と思ってます。
そのうちね!笑
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-11 08:06 | 日記 | Comments(2)

映画評4本

飛行機に乗るとたくさん映画を見るので
また映画評を。
1本はドラマだったけど・・・。

昨日中央駅前を通ったら、
ダニエル・クレイグの新作看板が
どどどーんと映画館に出てて。
おお。
おお。
見たいな、見たいな~。
と映画館に上映時間をチェックしに行ったんだけど。
次回公開らしく今はまだ上映してなかった。
残念。
変わりにシャーロックホームズ新作を
見ようかと思ったけど我慢した。
レンタルで良いかなあと。
ガイリッチーのホームズはすごく
面白いんで絶対見るつもりだけど
いつになるかは分からん。

では感想を。

「ディファイアンス」
主演:ダニエル・クレイグ、リーエヴ・シュライバー
監督:エドワード・ツヴィック
公開:2008年

ダニエルが主演だったのでこの映画の存在は
知ってたんだけど。
今更ナチス抵抗軍の映画も無いなーとか
思っちゃったもんだから見てなかったんす。
したら友達が「結構面白かったよー」と
言うもんだから。
じゃあ・・・とレンタルしてみたよ。

ストーリーは
第二次世界大戦中のポーランドに住む
ユダヤ人兄弟が主役。
3人兄弟は両親をナチスによるユダヤ人狩りで
殺された恨みをはらすべく、森に隠れて
その復讐を果たす。
そのまま彼らはベラルーシ(白ロシア)の森へ逃げ
ナチスの手を逃れるため、森で隠れ暮らす事に。
徐々にその場へ他の地から逃げてきたユダヤ人が
集まりだして・・・。
気がついたら1000人を超える大所帯。
そこで兄弟は森にコミュニティを作り
1000人で助け合って野宿生活をすることに。
兄?のツゥスは戦う気力の無いユダヤ人たちに
愛想を尽かし、ロシア赤軍の義勇軍に参加。
トゥビア(ダニエルね)はリーダーとして
コミュニティを統率し、
和を乱すヤツは罰則を与えたり、
食べ物や医療品を調達し何とかやりくりする。
とはいえ、寒さ厳しい白ロシアの森では
寒さと飢えで人々は半狂乱になる。
ナチスドイツ軍から度重なる攻撃を受けるが
何とか森の中を逃げきり3度ほど冬を越し
最終的には戦後まで持ち越す。

そして。
これは驚く事に実話なんだそうです。

びっくりだよね。
あまり知られてなかったのは、戦後トゥビアさんが
語りたがらなかったからとか。
赤軍に参加してたお兄ちゃんは途中また
弟たちのところに戻ってきて和解。
戦後おにいちゃんはアメリカへ移住したんだそう。
c0016407_1231233.jpg

トゥビアはコミュニティで知り合った
ユダヤ女性と結婚し生涯を全うされたそう。
いっちゃんしたの弟は何故か戦後ソ連赤軍に
参加し、戦死しちゃったんだとか。
左が一番したの弟。↓
c0016407_1235288.jpg


実話です・・・という字幕があるにも
関わらず、実話とは思えないほど過酷な状況を
生き抜いた人たちの話。
あの極寒の白ロシアの冬を野宿で越せるもんなのかね?
と想像しただけで凍えそうな気持ちになるけど。
3回ほど冬を越してるようなので
不可能では無いよう。
恐るべしユダヤ人だねえ。
c0016407_1223091.jpg


にしてもダニエルの顔はユダヤっぽくない気がして。
アタイにはダニエルにしか見えなかった。
でもリーダーとしての資質を備えたダニエルは
かっこ良しだった!
ダニエルファンには嬉しいかっこ良さ。
お兄ちゃん役の(多分兄だと思う)リーエヴさんは
最近アタイが見る映画に良く出てるんだよねー。
他の映画ではナチス役だったけど
今回はユダヤ人役なんだーと思いながら見ました。
役者さんはどっちもアリだよね。

それにしても、他のユダヤ人たちの
依存度の高さにはナンだかちょっとなーって
気になったわ。
ダニエルもとい、トゥビアが頑張ってるから
あんたら生き延びれてるようなものじゃないのー
って感じで見ちゃうね。

映画の評価は・・・
星4つかなあ。
☆☆☆☆
ダニエルがカッコイイよー。


次からは全部邦画だけど・・・
なんとも特に感想が無いんだよねえ。

アンフェア・the answer
主演:篠原涼子、佐藤浩市等
監督:佐藤嗣麻子
公開:2011

これは・・・ドラマシリーズの映画版なんだそうで。
しかも映画の後編だそうで。
クロネコは、ドラマも見てないし、
映画の前編も見てないので
設定が良く分からんまま見たんだけど。
まあ刑事物はそんなややこしく無いからね。
なんとかなりましたよ。

監督をされたのは脚本家の方だそうで。

感想から言いますと。
見終わった後は何も残りませんでした・・・かな。
またこんなこと書くとどこからともなく
熱狂的なファンが現れて
「映画の後編しか見てない人に何が分かるんですか!」
ってコメントを残されちゃうから
気をつけなきゃいけないんだけど。笑

見終わったからといって、
「コレはドラマ版も全部見て、映画の前編も
ぜひとも見なくては!」
って思わせるほどの内容ではなかったかな
と言うのがアタイの感想です。
豪華な俳優さんたちが出てるので
皆さんの演技を楽しみながら見るのが一番かと。
けど。
役者さんも出演しすぎてるから、
役柄と言うよりその役者さんとしてしか
見れなくなっちゃうんだよねえ。
好きな俳優さんは何度でも見たいけど
そのうち役として見れなくなるのは悲しいなあと思った。
でもやっぱり大森ナオさんは良いな!
って思ったけどね。(贔屓目ですんで)

クライマックスとかも・・・
どんでん返し!というか、
驚きの展開!を見せたいんだろうなあとは思うけど
最近こういうの多いから、特に驚く事も無く・・・
って感じだったかなあ。
刺激的にすればいいってワケでも無いのかもねえ。
映画って難しいね。

評価は星1つ。☆
すみません、期待が大きすぎたんで。



「ツレがうつになりまして」
主演:宮崎あおい、堺雅人
監督:佐々部清
公開:2011年

実話が元になってると思うんですが。
サラリーマンの旦那さんが突然ウツになって
それを支える漫画家の奥さんと
病気と戦う旦那さんのお話。

コミカルに描かれてるのと
宮崎あおいさんのかわいらしさで
ウツ特有の薄暗さは感じられないんだけど。
とはいえねえ。
テーマがテーマだからやっぱ重いなあと。
おとうとぎみが「見てみたら~」なんて
言うもんだからANAの機内で見たんだけど。
・・・。
クロネコは好きじゃないテーマでしたわ。

映画内では「ウツは誰でも掛かる可能性のある病気」
と言われてたけど。
それでもあんま真剣には向き合いたくないなー
ってのがアタイの正直な気持ちです。
クロネコって冷たいなあって思うかも知れんけど
理由は簡単なんす。
アタイの身内にはもっと面倒臭い精神病を
わずらってる人がいるからってだけ。

なんかわざわざ映画で他の病気なんて
見る必要無いわーって感じだったんで
見て後悔したよ。
自分のせいだけどね。

こういうのは、身近に同じ病気の人がいるか
またはまったくこの病気にかかわりの無い人が
見たほうが良いんじゃないかなーって思った。
絶望的な病気の人が身近にいるとなんか
落ち込むだけで、何の救いにもならんわー
ってのが感想です。

このツレさんの場合は、奥さんが
手に職があったから良かったんだなーって
みんな感じると思う。

それにしても。
どの映画を見てもキャストがかぶってるから
正直変な感じがするね。
あれ?さっき見た映画でもこの人出てたよね?的な。
ひっぱりだこな役者さんなのね~で済ますしか
無いんだろうけど。
見てるほうも切り替えるのが大変です。
「ああ、今回はウツ患者さんなんだー」とか。
「ああ、前回は刑事さんで、今回は床屋さんかー」とか。
ま、いいんだけど。

そういえば、むかーし子役で演技力が評価されてた
伊嵜充則さんが出ててびっくりした。
ウツをわずらって、東京から地元に戻ってきた
って言う設定の青年役で。
でも突如自殺しちゃうという、結構ヘビーな設定だったけど
あおいさんのご両親の演技が割りとコミカルだったので
暗くはなってなかったかな。
伊嵜さんは・・・久しぶりに見るなあと
思ってたけど、出演作を見てみたら
結構アタイが見てた映画に出てた模様。
気がつかなかったなー。

評価は・・・星1つ。☆
やっぱどんだけ頑張ってもテーマが暗いんで
難しいなーと。
宮崎さんの淡々とした愛情もアタイには
あんま伝わってこなかったし。
内容というより映画の質としての評価なので
勘違いはよしてね。


「パーフェクト・ブルー」
主演:加藤ローサ、中村蒼
監督:下山天
公開:不明

宮部みゆきさんのデビュー作をWowowが
ドラマ化したものなんだとかで。
ANA機内で見たんだけど。
まー、ドラマだねーとしか言えない。
ストーリーは割愛しますわ。

宅間伸さんが出てたので、もっと活躍してほしかったけど
基本は若手俳優の出番が多くて、
ほとんど宅間氏は出てこないんだよねー。
個人的に、石黒さんは好きじゃないんで
途中で見るのやめようかと思ったけど
眠れないしまあいいやーと最後まで見ました。

感想は特に無いです。
評価も無し。
じゃあ書かなくて良かったなーと今思ったけど
消すの面倒なので残しときます。

最後の1本は!
「サラリーマンNeo劇場版(笑)」
主演:小池撤平、生瀬勝久他
監督:吉田照幸
公開:2011年

これは元はNHKのコント番組で、
最初の頃時々日本に帰省しては見てて
結構好きだったんだよねー。
で、それの映画版。
面白く無いかなーと思いながら見たんだけど・・・

!!!!
超面白くてツボだった。
セクスィー部長最高っす。
沢村さん良いなー。笑

あと異常な阪神ファン課長の
生瀬さんが超良い味出してて。
彼の過剰なギャグに以前はうんざりしてたんだけど
この映画でははまってた!
なので演出の腕なのかなーって思った。
または長年出てるから慣れてるのかも。
いずれにしても阪神ファンのツボを
刺激する役柄ですっ!笑

小池徹平君の真面目な感じと他の人の
ちゃらんぽらん具合が良い感じに
ミックスされてて楽しめた。
コント版も見たくなってきた~。
サラリーマンにはグッと来るよね。笑

クロネコの評価は・・・
星4つ!☆☆☆☆
だって面白かったんだもん!
機内でにやにやしながら見ちゃったわー。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-09 01:41 | 映画評 | Comments(10)

東京はやっぱ楽しい!

重いネタの後は・・・
軽いネタで。

東京で写した写真を少し載せようかなと。

到着した日は東京駅八重洲口にある
ホテルに泊まった。
新しいホテルで居心地良かったから
次回も泊まりたいなーと。

このホテルってば。
アタイの一番必要とする機能を備えてた。
そう!
ワイアレスネットワークだよー。
もちろんアクセスフリー!
す・ば・ら・しー!
いつも書いてるけど日本ではあんまり
対応されてないんでね。
ネットワークケーブルを貸し出して
くれるところは多いけど、iPadじゃ
そのケーブルささりませんからー!って話。
こちらがアタイの泊まった部屋。↓
c0016407_8385789.jpg

レセプションから見下ろしたところ。↓
c0016407_8521487.jpg


夜ご飯は、東京駅地下街でお蕎麦にした。
たとえ普通の蕎麦屋でも日本で食べる
おそばは美味しいんだよねー。

ご飯を食べた後は。
八重洲口をブラブラ。
おみやげ物やをのぞいたりね。
東京駅って改札内も外も楽しい!
とアタイは思う。
それは多分アタイが田舎モノだからだろうね。
小さい頃、家族旅行で東京に来ると
新幹線で東京駅に到着してたので
なんだかいまだにワクワクするんだよね。
そんで。
東海道新幹線の改札とか見ると
新幹線に乗りたくなるんだー。
でも最近はいつも飛行機移動なんでねえ。
今度また乗りたいなあ~。
大丸の惣菜売り場でお弁当を買ってね~。
昔おっかさんと一緒に買いにいってたなあ。
お弁当は旅情ムードを盛り上げるよね。

東京駅のお土産売り場がこれまた
楽しくて。
今回かなりの時間を潰したよー。
前回秋葉原でも見かけたんだけど
JRの電車グッズがアタイには
最高にツボなんすよ。
新幹線のお箸とか。
新幹線中にクッキーが入ってるのとか。
山手線駅名のフリスクとか。
スイカのペンギンちゃんの印鑑ケースとか。
全部が楽しい。
日本って本当にグッズをつくるパワーというか
アイデアがすごいよね!
見てるだけでも楽しかった!
(結構買ったけど。笑)

東京駅は八重洲も丸の内も楽しい。
c0016407_8562750.jpg


翌日は実家へ移動するため羽田へ。
スーツケースがあったので八重洲口から
リムジンバスに乗ることに。
これが!
初めて乗ったけど、バスからの景色が新鮮で
最高に楽しめた。
首都高で昭和通あたりを走ってる時は
首都高の老化と劣化が非常に気になったんだけど。
これから補修をするってニュースを先日
見かけたから安心した。
あまりにボロイし、汚れすぎなんで
心配になってねー。
よくぞこないだの地震に耐えたなあと。

で。
浜離宮を横切って。
途中からはレインボーブリッジを渡って
お台場を突っ切るコースなんす。
c0016407_8555267.jpg

レインボーブリッジからは東京タワーも
スカイツリーも見えるんだね。
いやー、田舎モノには楽しいコースだよ。

で、羽田に到着!
20分くらいだったかな。
今度もまた乗りたい。
やっぱバスは楽だよねえ。

ドイツへ帰る前日にまた東京へ移動して
今度は浅草橋のホテル。
以前泊まったホテルと同じだと思い込んでて
適当に駅から歩いていこうと思ってたら。
降り立った瞬間方向を見失ったんす。
あれ?あれ?ってね。
そんでホテルの名前もうろ覚え。
どうしたものかとそこらへんにある地図を見たところ
何とかホテルを発見してスーツケースを
転がしてホテルへ。
したら。
全然見たことが無い真新しいホテルで驚いた。
前回泊まったホテルは一体なんだったのか
自分でも思い出せない。
うーん。
この1年で建て替えたのか?と思い
ホテルの人に聞いてみたけど、
前はココは駐車場で今年の4月に新しく
オープンしましたとのことで。
うーん。
我ながら記憶力が相当やばくなってる。
結局以前泊まったホテルは見つけられなかったよ。
何故?

気を取り直して友達と待ち合わせてる
池袋のイケフクローへと移動。
お友達の遊乃助ちゃんと合流。
で、そのままハローキティショップへ。
そこでドイツ人友達のミリ、アンドレ、マティーナに合流。
そうなんすー。
彼らはたまたま同時期に日本へ遊びに来てたので
じゃあ東京で合流しようよ!ってことで
2時間くらいお茶を飲んだんですわ。
12月に一緒にライブにも行ったので
別にわざわざ東京で会わなくても
良かったんだけど。
でも。
ハイテンションな彼らとバカ話をして
いっぱい笑ったので楽しかったよ。
遊乃助ちゃんもドイツ語がしゃべれるし
ドイツ人たちも日本語が分かるので
駄洒落を言ったりして楽しみました。

で、その後解散してアタイは遊乃助ちゃんと
渋谷へ山手線で移動。
したら。
いきなりドタドタ誰かがアタイに
飛びついてきた!と思ったら。
またまたミリ、アンドレだった!
それに加えてコニーちゃんも。
車内ではしゃぎつつおしゃべりも
楽しかったよ。

そんで再度解散して。笑
アタイはやっとこ遊乃助ちゃんと
静かにゆっくり天ぷらを食べたのでした。
やっぱ美味しいねー。

渋谷ツタヤの壁がJOJOになってた!
JOJOは今年で25周年らしいっ!
長いねー。
クロネコは高校時代からファンだけど
当時既に3部だったからなあ。
長すぎて集めるのを断念したけど
今でもJOJO大好きなので
仲良し友達と日本で会うと
JOJOネタを語ったりする。笑
c0016407_984034.jpg


東京はどこに行っても楽しいねー。
もっと長居したいんだけど
やっぱ地元優先かなあと。
次回はちょっと滞在日数延ばそうかなあ。
買い物時間が短すぎるんでねえ。
アンティーク着物を見に行きたいのだ。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-08 09:10 | 旅行記 | Comments(6)

重い話ですが

ちょっと重い話ではあるんですが。
書いておきたいなと思って。

アタイの上司であるサユリさんは福島の
相馬市出身なので、家族や親戚のほとんどが
そこに住んでる。
幸いサユリさんのご実家は地震の被害も
無かったので、普通に暮らせてるようですが。
ご親戚の中には海際にお住まいで
津波の被害にあわれて亡くなられた方も
居たそうです。(義理の親戚だそうです)

そして何より。
サユリさんの実家は原発から50kmしか
離れていないから、あの事故以来
すごく家族の心配をしてて、
本当にアタイもいたたまれない思いだったりもして。

昨日サユリさんが、高校時代の同級生が
つづってるブログを紹介してくれて。
その方は南相馬にお住まいで原発からは
25kmしか離れていないんだそうです。

夏ごろから体調に変化が現れたということで
ブログをはじめたんだそうです。

下痢が続く、
髪の毛が抜ける、
歯が抜ける、
皮膚に水泡が出来る、
出血すると止まらない、
鼻血が出る、
熱が出る。

等々の症状が出ているようです。

原爆投下されたあとに
放射能の雨を浴びた人たちに発症した症状と
似通ってますよね。
そして今回の福島の事故は原爆投下時の
何倍もの状態のようですから・・・
今後ますますこの症状の人たちが
増えてくるのでは?と言う気がします。

個人差はあるようなので、サユリさんの
ご家族が住んでる相馬市ではそのような
症状の人たちはあまり見受けられないようですが
徐々に症状が現れてくるのかもしれないですね。

こんな情報は日本帰省時には一切報道
されてなかったので、それがやはり驚きです。
何度か南相馬の人たちの状態が報道
されてるのは見たのですが、
こういう放射線を浴びた症状が出ているという
話は一切報道されてませんよね。

ブログ主さんによりますと。
コメント欄に誹謗中傷が多いとのことです。
これはアタイでもすごく理解できます。
アタイの小さいブログでさえも
ちょっとしたことで難癖というか
低レベルな日本語でコメントを残していくやからが
いるくらいなので。
放射線の症状をつづったりしたら
それこそ原発推進派や、
既得権益をむさぼる団体、
それらに使われている無能なネット上の人たちからの
誹謗中傷が行われてるのは想像に難くないなあと。

ブログ主さんはそんな誹謗中傷に
傷ついて何度もブログを閉鎖しようとしたようですが
その度に思いとどまって続けられてるようです。

何よりも・・・南相馬や福島のひとたちが
心無いコメントを書いていくことが
辛いようです。
風評被害をばらまく大げさなブログ!
といった扱いで中傷してくるようです。

自分たちの地域で起こっていることに対して
事実を捻じ曲げてるのにはアタイも
驚いてしまったけど。
そういうものかもしれないですね。

でも。
ブログ主さんは断固戦う姿勢を貫かれるようです。

何故他の地域に避難しないのか?
と単純にアタイも思ったのですが。
今でも原発から21キロ以上のエリアには
子供がたくさん生活していて、
避難できない状態とのことです。
教師として人としてブログ主さんは
子供たちを置いてはいけない・・・との思いから
自身の体が蝕まれていくにもかかわらず
地元に留まっているそうです。

たとえ、抵抗勢力または原発推進派が
汚い手を使ってこのような健康状態をつづる
個人ブログを潰そうとしても、
事実はもうすぐ日の目を見ると思います。
日本のメディアは統制されているため
なかなか一般人の目に入るまで時間が
かかるかもしれませんが。

それでもアタイはもうすぐこのような情報が
世間に、もしかすると先に海外から
知られていくかもしれないです。

福島はもう汚染されてる、とアタイは
考えます。
風評被害だと思う人もいるかもしれないけども
そんなこと言ってる場合じゃないと。

原発はすべて停止すべきですね。

ちなみに。
そのブログはYahooブログのようですが
コメントや記事を勝手に削除されたりしてるようです。
体制に対して都合の悪い事を書くブログに対しては
そういうことが起こりうる・・・と言う事実については
他のブログを通じて知っていましたが、
Yahooブログでそれがあるようです。

真実に近づくと、圧力が掛かるのが今の日本で
報道の自由は残念ながら存在しないんだよね。

ブログの内容によってはミラーサイトを
作ってる人もいるので、
攻撃されやすいブログはそういう保険も
必要なんでしょうね。

興味のある方は「ぬまゆ」さんのブログ
ご覧になってください。

アタイも最初はこわごわのぞいてみたんですが
基本は文章ブログなので怖く無いですよ。
古い記事には写真もあるので、ちょっと
グロイかもしれませんがそれが真実です。

ブログ主さんは恐らく国語の先生なのか、
完結に美しい日本語で
たんたんと強い怒りの思いをぶつけられています。
心が打たれます。
体を張って戦われています。
近々どこかのメディアに登場されるのでは
無いでしょうか。

おそらく福島では今後数年にわたって
こういう状態の人たちが
どんどん増えてくるなんじゃないでしょうか。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-07 05:28 | 日記 | Comments(17)

おとうとぎみの言葉

今回の帰省で一番ショックを受けたのは。
おとうとぎみに言われた言葉。
って。
毎回歯に衣着せぬ物言いのおとうとぎみなので
やつの言葉にはいつもショックを受けるんだけど。
今回のもショックでしたわ。

「日本語能力が著しく落ちてるよ・・・」

きゃーっ!!!
ショック、ショック、ショック!
分かっちゃ居たけど、改めて言われると
ショック大だよ!!!

我ながら、言い間違いが多いなあー
って思いながらしゃべってて。
特に熟語の間違いが多くてね。
言った後でおとっつあんやおとうとぎみが
訂正してくれてたんだけど。

でもさ。
おとうとぎみに会うのは3ヶ月ぶりなのに
何故に今回こんな指摘をされるんだろ?
って思ってちと考えてみたんす。

で、分かったんだけど。
アタイってば最近あんま日本語を
しゃべってなかったなーって。
へたくそな日本語でブログやメールは書いてるし。
しょっちゅうネットで日本のドラマや
映画も見てるし。
小説とかは日本語でしか読まないくらい
日本語の本ばかり読んでる。
なのに何故にこんなに日本語能力が
低下するのか?と言うと。
それはしゃべってないからなんす。

アタイは今まではアタイの席の前に座ってた
サユリさんと毎日くだらないことを
しゃべってたんだよね。
ほんと、どーでもいいような内容のこと
だけど、一応毎日しゃべってたんす。
でもね。
サユリさんは今は部下がアタイを入れて
7人になっちゃったので、
アタイとばかりしゃべってるわけにいかなく
なっちゃってて。
アタイも業務報告をしないといけないから
くだらないことをしゃべってる時間が無くて。
かろうじて仕事のことを時折報告してるくらいなんす。

他のチューザイインとおしゃべりしたりも
するけど、毎日しゃべるわけじゃないし
しゃべる時も主に仕事の話になるわけで。

そんで。
アタイはデュスに日本人友達が居ないから
プライベートでは
まったくもって日本語を話さないんす。
友達と連絡を取るのってもっぱらメールだしね。
そうするとやっぱり日本語能力は落ちて
行くみたいよ。
言語ってやつは
読む、書く、聞く、しゃべるの4つが
出来てこそなんだね・・・。

困ったなー。
今後ますますアタイの日本語は低下するのが
もう明白になっちゃってるよ。

今までもね、ブログを書くときに
「ああこの状態を表現する熟語があったよなー」
って思うものの、その熟語が瞬時に思い浮かばないことが
よくあったんだわ。
で、2分くらいジーッと考えてたら思い出せたんす。
ブログの場合はこうやって時間を掛けたら
大丈夫だけど、会話の場合はそんな何分もジーッと
思い出してるような時間は無いから
パパパッとすぐに思い出せないといけないんだよね。
で、その時分かる言葉を適当に使うと
それが間違ってると言う・・・涙

悲しいな。

日本語が落ちてる分、ドイツ語が上がってるのなら
まだ救いがあるんだけど。
世の中そんなに甘くないんだよねー。
勉強してないからドイツ語もこれまた
落ちててねえ。
自分でも未だにseinかhabenか?って
文法を頭で考えながらじゃないとしゃべれないのだよ。
アタイってば言語の才能が無いんだよ。
悲しいことにねー。
とはいえ、今更どうにも出来ないし。

何とか滑り落ちていく日本語に
歯止めを掛けたいところだよ。
デュスで日本人のお友達を探すしかないのかなー。

そうそう。
前回おとうとがアタイに放った心無い言葉は。
「世が世なら当局にあんたのことを
通報してるなー」
でした。
ほんと、あいつってばアタイのおとうととは
到底思えないほど体制側主義なんす。
ったく!

何の事かと言うとね。
何かと体制に反発するアタイの態度について
おとうとは普段から嫌悪感をもってて。
ま、仲良しだからおとうとはアタイに
そういうことをあからさまに言うんだけど。

このブログの存在については、やつに教えてないんで
アタイがおとうとに語ってる内容なんて
ほんの一部でしか無いんだけど。
小沢一郎支持とか。
プーチン閣下の大ファンとか、そのレベル。

でもそれだけでも、
おとうとにはワケが分からないらしく。
アタイの思想は完全アウトなんだって。
そもそもおとうとは政治ネタとか大嫌いで
全く興味が無いんですわ。
アタイとは間逆。
で、クロネコがちょっと政治について
語りだそうもんなら。
しかも色々批判しそうもんなら。
おとうとはそれに対して嫌悪感を
感じるんだとかで。

情けないっす。
「あんたは体制に支配されてていいのかー!」
と言ってやったところ。
「別にかまわない」そうで。
上記のコメントを頂いた次第です。

クロネコはショックでしたわよ。
完全に育て方を間違えた!って思ったね。
ちくそー。
あいつにこそ民主主義とは?って教えておくべきだった。
思想教育をし忘れたー。
って。
アタイだっていまだに中途半端だからね。
自分の考えをまとめるのに
精一杯でおとうとに教える余裕なんて無かったし
今だって無い。

まあ、あいつのようなタイプが世間一般の
普通の人なんだろうなーとは思うんだけど。

ちなみに。
おとっつあんは、アタイのちょっとゆがんだ
自論に対しては別に何も批判はしないよ。
ふーん、といった感じで考えてる風。
おとっつあんは大変リベラルなので
いろんな考え方を取り入れるのが好きなのだ。

それにしても。
同じ環境で同じように育っても
人は同じようにはならないんだなーって思った。
つまり人はもともとの性格に左右されるって
ことなんじゃないかなーと。

そんなこんなで。
毎回おとうとぎみの予想を超えた
突拍子も無いコメントにぎょぎょぎょぎょー!
となってるクロネコです。
でもやつの指摘も面白いから楽しみにして
たりもするんだー。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-05 04:37 | 日記 | Comments(8)

実家滞在記いろいろ

新年の挨拶を書くの忘れてました。

今年もどうぞヨロシクお願いします!

日本では、実家でのんびり過ごしてました。
入院中の姉を見舞ったり。
年末年始は一時帰宅してたのでそのお迎えに行ったり。

はたまた。
おっかさんの一周忌もありました。
今回はアタイのリクエストで陳健一氏の
中華レストランにしたんだけど。
思ったほど美味しくなくてねー。
これなら和食にすればよかったかなあと思ったり。
19階のレストランから見える景色。↓
c0016407_205328.jpg


おっかさんが亡くなってからまだ1年は
経ってないんだけど、アタイが2月にまた帰省するのは
ちょっと厳しいので無理を言って年末に開催
したのですよ。
親戚の皆さんに集まっていただいて
色々おしゃべりしてたらあっという間に終了。
久々にみんなで集まったのでおとっつあんは
大好きな白ワインを沢山飲んで良い感じに
酔っ払ってた。
最後の挨拶では酔っ払ったおとっつあんが
おっかさんについて語りだしたところ・・・。
なんだかとっても悲しくなっちゃって。
アタイはまた泣いてしまった。
アタイはあんまり泣かないタイプだったんだけど
おっかさんが亡くなってからすっかり変わっちゃったんだわ。
涙がぽろぽろ出てきやすくなったというか。

一周忌ではおとっつあんが
「本当に寂しくて辛いです・・・」
なんていうもんだから。
寂しがってるおとっつあんのことを考えると
アタイもとっても辛くなってね。
おとっつあんは弱音をはかないタイプだったので
多分叔父さんとか叔母さんたちもすごく
驚いたんじゃないかなあと。

おっかさん、おとっつあんが物凄く
寂しがってるよー!!
って空に向かって心の中で叫んだよ。

仲が良かった分、辛いんだなあってね。
クロネコもおっかさんが居なくて
とても悲しいんだけど、それぞれが
それぞれの悲しみを抱えてるんだなーと。
クロネコは大好きなおとっつあんに
何をしてあげればいいんだろう・・・
って考えたり。
あーあ。
色んな思いが胸を交錯するね。

でも!
お酒が抜けるといつものおとっつあんに
戻ってたので。
思いをぶちまける場も必要だったのかな!
と前向きに考える事に。
おとっつあんの弟にあたる叔父さんからは
「お父さんが生きてるうちに
何でも話し合っておきなさい」って言われた。
クロネコ涙ぐんでたから、うん、うん、としか
言えなかったけど。
叔父さんもご自身の奥さんを亡くされてるので
アタイらに対して優しいんだー。
さらりとさりげなくね。
感謝です。

親戚の皆さんの暖かさが伝わった良い
一周忌だったなーと。
最後には笑ってたしね。

別の日にはお墓の予定地にも行ってみた。
うちのはまだ墓石が出来てないんだけど、
その墓地にある他の墓石を見て驚いた。
なんか、最近の墓地は・・・
ひたすら自由なんだなーって思ってね。
おとっつあんが「洋墓にしようと思うんだ」
ってメールしてきた時も驚いたけど。
よそのうちはもっと自由気ままに墓石を
作ってあって、うちなんて大したこと無いんだー
と思った次第。
墓石も洋風にしてるところが最近は多いんだねえ。
びっくりだったよ。
犬とかネコの石の置物を置いてる家とか
何件かあったし。
1軒は突拍子も無いデザインの墓石で心底笑った。
こんなのに100万円も掛ける人が居る事自体
笑えるーって思って。
最近のお墓は面白いね。

あとは・・・実家で普通にお正月でした。
大晦日はお昼におそばを食べて。
夜はカニ鍋だー!ってことで。
今回の帰省中には鍋を何度もやった。
やっぱり一人だと鍋は美味しくないし
ドイツだと新鮮な魚が手に入らないんで
日本で食べたほうが断然美味しいのだ。
なんと言っても翌日に食べる雑炊が
とってもとっても美味しいんだよねー。
(クロネコんちはその日はお腹いっぱいなので翌日持ち越し)
カニ鍋の出汁で作った雑炊は最高だったよ!

あとは20年ぶりくらいにすき焼も食べた。
実はクロネコはすき焼が苦手で
ずーっと食べてなかったのよね。
すき焼って水炊きと比べて味が濃いでしょ?
それに牛肉もあんま好きじゃないんで
長らく食べて無かったんす。
でも今回作ってみたよ。
そう、料理は朝ごはん以外はクロネコが
毎回作ってたんですわ。
ネットでレシピを探してね。
したらすき焼が意外と美味しく出来たので
次回からまた帰省したら食べたいなあと。笑
そんなもんだね。

今回も家族で持ちつき大会やりましたよー。
といってもうちのは機械だから
実際は餅こね大会なんだけど。
もともとお餅がやたらと好きなクロネコ家
ではあるんだけど。
このお正月の餅は別格なんすよ。
やっぱり自分たちで作るのは味が違うんだよね。
保存剤とか一切入ってないお餅ってのは
やっぱり味が優しくて、多少もち米の粒っぽいのを
感じつつ食べるのが最高なんだよねー。
もうそれを想像しただけでクロネコはよだれが。

でもね。
クロネコまたまたやらかしちゃったんだわー。
ほら、3回に1度は失敗するのがアタイの料理だから。
って、おとうとぎみに事前に言ってあったんだけど。
「本当に3回に1回は失敗するんだ・・・」
ってやつに呆れられた。
つーかね、1.4キロのもち米を2度にわけて
機械で蒸したんですわ。
で、1回目は成功したんだけど、2度目に蒸した時
うっかり機械をちゃんと閉めるのを忘れてて。
なんだか変な感じで蒸しあがったんだわ。
で、どう見てもやばい感じだったけど
もうもち米の残りが無い状態で。
1回目は全部あんこを入れ込んじゃったので
お雑煮用の白餅が無い・・・って思うと
もうクロネコショックで、ショックで。
自分のミスで白餅無しのお正月になるなんて!!!
って激しく落ち込んでたら。
おとっつあんが「よーしスーパーでもう一回
もち米を買ってくるよ!」って買ってきてくれた。
おとっつあん、ありがとー!

てなわけで。
もう一回お水に浸す事数時間。
カニ鍋を食べた後再度夜に餅を蒸して
なんとか白餅を作り上げたのでしたー!
おかげで正月はちゃんと白餅のお雑煮が食べられたよ!
良かったー!
そんでもって何個かドイツにもって帰ってきて
今日も食べたよー。
やっぱ格別。
うますぎー!!!!

つーか、来年はちゃんと機械の横に貼ってある
使い方を読もう!と反省した。
クロネコってばミスが多いんでね。

ちなみに。
お雑煮しか力を入れてないので
御節は今年も作ってない。
クロネコは一番得意な卵焼きだけを毎回
作るんだわ。
それだけで良いのですー。

そうそう。
おとっつあんがお庭で大根を沢山作ってたので
鍋料理は基本お庭の大根を使いました。
それ以外にも春菊とほうれん草もお庭にあったので
そちらを何回か使ったよ。

一度はおとうとぎみ特製のお好み焼きも食べた。
豪語するだけあって美味しかったよー。
つっても野菜を切ったりするのはアタイの係り
だったんだけど。
あやつ人使いが荒しー。
でもクロネコはおとうとぎみに甘いので
ついつい許してしまうんだなー。
そしておとうとはそれを見越してるんだわ。
ちぇーっ。

ま、そんな感じの実家滞在でした。

こちらはおとっつあんのお誕生日に食べた
懐石料理の写真。
とっても美味しかったー!
c0016407_2221121.jpg

c0016407_2223031.jpg


あとこちらは・・・。
うどん県に帰省した際、高松空港の荷物が
流れてくるベルとコンベアにて。
ぬわんと、スーツケースだけじゃなくて
うどんも流れてくるんだよ!!笑
それが、うどん県。
c0016407_2315350.jpg


ちなみに空港には出汁が出てくる蛇口なるものも
あるらしいんだけど、クロネコは荷物が多すぎて
あたふたしてたので。
そこまでたどり着けなかった。
カナメジュンジュンがうどん県の副知事なんだよね。
(知事だったかな?)

つーかさ、おとっつあんとも言ってたんだけど。
うどん県を自称するなら、香川の東半分のうどん屋の
レベルをあげるべきだよねーと。
県民なら誰もが知ってるけど、香川でうどんが
ぶっちぎりに美味しいのは西側エリアなんだよー。
東のほうは他県よりは美味しいけど
感動するほどの旨さではないんだなー。

感動したいなら金比羅界隈でうどんを食べるべし!
ってのがうどん県民の共通認識ですわー。
つまりアタイの実家近辺には旨いうどん屋が無い・・・。
かなしい・・・。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-01-05 02:27 | 日記 | Comments(0)