死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

IDカード

よくよく領事館で確認したら
アタイの今のパスポートでもベイコクへ入国できますよ
ってことだったんだけど。
なんか、せっかく何回も領事館に行ったので
ええい!とICチップ入りに更新することにした。

こういうの無駄遣いって言うんだよね。

で。
先日パスポートが出来上がったんだけど
アタイはドイツラントの永住ビザがありますんで
そいつをパスポートにびたっと貼らないと
いけないんですわ。
そうしないとイリーガルクロネコに
なってしまうんでね。

なので、外国人局へその足で行ったところ。
どうやらドイツラントでは昨年から法律が
改定になってたことが判明。
外人のビザは今までみたいなシール形式ではなく
IDカードになるんだそうで。
銀行のカードみたいなやつね。
へええええ。

で、係員の人に色々質問されながら
作業を進めてたんだわ。
15分も掛からなかったけどね。
身長何センチ?とか。
目の色は何色?とかね。
住所も聞かれたっけなー。

けど、ふと思ったのが。
ビザがステッカーの時はその場で
シールをパスポートにびたっと貼ってくれてたんだけど。
こういうIDカードってすぐ出来るもんなのかな?
って思って。
したら係りの人がおもむろに
「だいたいカードが出来るまでに4週間掛かります。
ベルリンの本部からカードが送られてきたら
あなたに封書が届きますんで、
受け取り可能日を予約してから取りに来てくださいね」
ってことでした。

そうですか、そうですか。
って!
って!
アタイは3週間後にベイコクへ行くんですけど。
そん時アタイのパスポートにはビザが
無いんですけど。
手元にはIDカードも無いんですけど!
どないすりゃええってのよ?
クロネコがドイツラントに戻ってきた時、
入国管理の警官に
「オマエ、ドイツラントに入れないよー!」
って言われたらどうしてくれるんだよ!
って思って、急いで聞いてみたところ。

「IDカードが出来るまでは古いパスポートのビザが
有効だから、パスポートを新旧両方持って出かけてね。」
とのことで。
うーん。
本当かなあ。
限りなく怪しい。
それちゃんと入国管理局の警官も知ってるのかな?
クロネコ心配だわー。
外国人局と警察では、ちゃんと横の連携が取れてることを
祈るのみなんだけど。
INVALIDって穴が開いたパスポートを入国時に
警察官に見せたら、激怒されないかな?
心配ざんすよー。
「おめ、ふざけんなよっ!」ってね。
一応役所の書類も一緒に持って行こうかな。
入国拒否られたらショックだからねー。
ま、そん時は観光客のふりでもするかな。
通用しなさそうだなー。
しかも入国審査はデュスじゃなくて
フランクフルトになるんだよね。
あの街の警察官はノンEU国民へのチェックが厳しいからねえ。
心配ざんすよ。

それはさておいても。
今まで何故かドイツラントのビザはシールだったので
いざって時のアタイの身分証明書はパスポートだったし
場合によっては、パスポートでも身分証明にならんことが
あったくらいだけど。
今後はIDカードを財布に入れておけばいいし、
そいつには住所も登録されてるだろうから(多分)
便利になるんじゃなかろうかと。

ま、外国で暮らす外人の立場としては
「政府に管理されてるなんてー!」とか
言ってらんないんだよね。
どうぞご自由に管理してくださいー!
って感じだよ。
でもさ、ドイツに住んでる外人って
500万人くらい居ると思うんだけど
それ全部のビザをIDカードに変える作業って
結構大変だよねー。
あと10年くらい掛けて変えていくらしいよ。
クロネコはパスポートの更新をしたせいで
外人局に行けたけど、
それが無かったら知らなかったから
良かったのかもー。
いや、良くないのかなー。
どっちかなー。笑

けど、外国人局の職員は異常にほがらかで
感じが良くて、とっても良い雰囲気だったから
それには驚いたよ。
外国人局と言えば~ってくらい感じが悪いのが
アタイら外人の常識でしたんでね。
一体何があったんだろう?ってくらい
感じが良くなってたよ。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-30 09:23 | 日記 | Comments(2)

最近の若い子は

最近の日本の子供はえらい賢いんだなー
って言うカルチャーショックの話。

最近の子供は進化してるんだろうかね?
それともアタイがであった子が特殊なのかな?
いやー。
子供恐るべし。

先日仕事の後、電車に乗ってゆったらゆったらと
帰宅してたんですわ。
したらね、なにやら車内で子供が英語を
話す声が聞こえたんですわ。

どうやらドイツ人乗客になにやら
物をたずねてる風で。
でもそのドイツ人のオッサンは英語が
分からなかったのか、そっけなく逃げてった。

その声の主は小学校5,6年生くらいの
男の子でして。
しかもクロネコと同朋の邦人少年ですよ。
その子は困り果てた顔をして車内を
見回したところ、日本人らしきクロネコを発見!
で、アタイも「そのほういかがいたした?」
って顔で少年を見たわけなんす。

少年アタイのところへ寄って来て
「この電車は中央駅へ行きますか?」
とたずねられたのですよ。
「もちろん、行きますとも。あんずるな。」
と答えたクロネコ。

それを聞いた少年はまさに大げさでも無く
安堵の表情を浮かべてアタイの前に
座ったのですよ。
この日本人女性と一緒なら大丈夫だろう
と安心したのかどうなのか分からんけども。
で、こっからは少年とクロネコのトークが
始まったわけなんだけど。

もうね、クロネコこの少年の聡明さに
参りっぱなしでしたよ。
なんて賢いオノコじゃー!と。

「っていうか、一人で電車に乗ってえらいねー!」
って言ったら。
「塾の帰りなんです。」とのことで。
「じゃあ今から家に帰るところ?」と聞くと
「まだこちらに来たばかりですから
ホテルに住んでいて、ホテルへ戻るところです」
だそうで。

「英語もしゃべれてえらいねー」と言うと。
「こんなにすぐに英語を使う事になるとは
思ってもみませんでしたー」
だそうで。
少年、かっこええのー。
いやね、クロネコチラッとしか聞こえなかったけど
うちのチューザイインよりスラスラしゃべってたよ。
えらいねー、すごいねー!

「ドイツは寒いでしょー」とアタイが聞くと
「いえ、そんなことないです。日本の冬も
これくらいでしたから。」との回答。
いやもう、今は4月末なんだけど・・・苦笑

少年はいつもと同じ電車に乗ったらしいんだけど
突然その電車が逆方向に向かいだしてパニックに
なったらしく、本当にあせってしまったんだとかで。
「中央駅に行く電車を教えてくださって
本当にありがとうございましたー。
助かりましたー!」
ってえらい感謝されましたよ。
いや、どの電車に乗っても普通はどれも
中央駅に行くんだけどね。
何故か少年の電車だけイレギュラーな動きを
したらしいんだわ。
「ってことは、その電車は故障したか何かで
方向転換したんだと思うけど、運転手は
後ろへ移動したはずで、しばらく時間が掛かったんじゃ無いかなー。
なおかつ、他の乗客は皆降りたと思うんだけど・・・」
と言うと。
「そうです!そうです!みんな降りてしまいましたが
良く分からなくてそのまま乗ってしまったんです。」
とのこと。
でも少年謎解きをしたアタイのことを
尊敬の目で見てたよ。
って。
クロネコもう7年目なんでそれくらいは
体験してますわーと。

「この街の電車はいけてないから
時たま故障するし、ドアが壊れて開かないこともあるから
よーく注意して見てないとダメだよー。
みんなが降り出したら一緒に降りたほうがいいよー」
って知ったかぶってアドバイスしたところ、
少年感動した目をしながら
「すごいですねー、何でも知ってるんですねー」
だとさ。
クロネコだてに車通勤せずに
無駄に時間掛けて電車通勤してませんからー!
って思ったけど誇れることでもないので
黙って苦笑い。
まさに苦笑い。
で、この少年てばずーっとちゃんと丁寧語で
アタイとお話しするわけですよ。
クロネコも最初は、
「そうだねー、こうしたほうがいいねー」
とかって話してたけど、だんだん少年につられて
丁寧語になっちゃったからね。
もう、心の中で少年を尊敬してたんで。

しかもさー。
アタイが「こっちの電車は本当によく壊れるし
時間も遅れますしねえ。日本とは大違いだから
びっくりするかもしれないですよー」
と言うと
「でも、日本がいろいろやりすぎなのかも
しれないですよねー。」
って返してきたよ。
え?え?
なんつー大人な回答。
そんでもって。
「天気も悪いし、寒いし、大変ですねー」
って言った時は
「でもすごく遅くまで明るいから
塾に行くのも安心です。」とのこと。

なんか。
大人と話してるのか、子供と話してるのか
良く分からん気分になってきたよ。
「そうね、明るいし、もうちょっと気温が
あがれば散歩とか出来て楽しいよ。」
と言うと。
「さ、散歩ですか・・・」
っていう微妙な笑いをされたよ。
まあ確かに日本じゃ普通子供とか若者は
散歩なんかしないもんね。
でもドイツじゃ普通なんだよーと思ったけど
言わなかったわ。
そしたら少年はアタイに話をあわせるためか
「そういえば、こないだライン川沿いを
散歩してみたんですよ。」
とのことで。

本当に。
なんて良く出来た子なんだろうねー!
とクロネコ感動したよ。
こんなしっかりした子だから子供だけど
親も電車に乗せて塾に一人で行かせてるんだろうね。
むしろお母さんの方がお迎えにいけないかも
しれないもんね。

で、駅に着いたらお母さんが迎えに来てて
少年は電車を降りたらお母さんに
まっさきに
「あの人が助けてくれたので無事に帰れた」
的なコメントをしてて。
お母さんも恐縮してアタイに頭を下げる始末で。
いや、いや、ほんと大したことしてませんのでー。
ってクロネコも笑顔を窓から向けましたよ。

いやー。
邦人少年すごいなー。
この子は将来が楽しみな子だなー
と思ったのでした。
それとも最近の小学生はみんなあんなふうに
出来がよいのかな?
ちゃんと次々話題も考える子で
クロネコにまで気を使うだなんて
えらいなーと思ったよ。

ドイツで頑張ってさらにたくましく
成長してくれい!
と思ったクロネコなのでした。

ま、そんなえらそうな事言ってるクロネコだけど
翌朝の電車で、ちゃんと電車の番号を確認せず
乗り込んじゃってね。
デュスの電車は、電光掲示板に、77番はあと3分で
来ますとか、すぐ来ますって言う表示が出るんですわ。
で、ホームに電車が入ってきたらその電車の番号が
でかでかと掲示板に表示されるんだけど。
ぬわんと。
その番号とホームに入ってきた電車が同期してないことが
多々ありましてね。
掲示板を信じきって乗ると違う電車でしたー!!
ってことがありうるんだよね。
なので、必ず電車の車体に出てる番号を
目で確認しないといけないんですよ。
でも、この日はそれを怠ってしまったんだよねー。
電光掲示板を信頼しすぎたアタイがいけない。
アタイは電車に乗ったらすぐ寝ちゃうんだけど
その日は「次は終点~」って言うアナウンスで
目が覚めた。
で、外の景色を見たら完全に目が覚めた。
ココはどこ?
つーか、やっちゃったよ。
先日あの少年が行ってしまった場所へ
クロネコも来ちゃったよー。
って。
人に偉そうにアドバイスしておきながら
オノレがそのミスを繰り返してるという。

しょうがないので、引き返してまた電車乗り換えて。
いつもより30分も遅く会社に着いちゃったよって話。
いやー。
恐るべし電光掲示板。
この注意点を少年に言うの忘れたなー。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-30 06:22 | 日記 | Comments(5)

フィッシングは怖いねえ

アタイはオンラインバンキングを
やってます。
日本の銀行ではやってないけど
ドイツラントの銀行口座では
振込みなんかを全部オンラインで。
便利よねー。

でも。
最近良く聞く落とし穴と言うか
ワナがあって。
クロネコも注意しておかないとなー
って思うんだわ。

銀行のオンラインサイトを似せて
作ったサイトに誘導するのがアタイが良く聞く
サギの手口かな。
で、うっかりそこでオンライン入金など
しようもんなら。
どこぞのマフィアにお金が渡ってしまうという。
怖い話よね。

最近アタイのPCは調子がいまいちで
多分なんかにやられてるんだけど
面倒だから放置してあるんだわ。
たとえば、グーグルバーで検索用語を入れると
候補のサイトが表示されるでしょ。
で、それをクリックするとなんか全然違うサイトへ
飛んでいくんだわよ。
たとえば、ドイツ鉄道を検索すると
bahn.deと出てくるから、おお!これこれ~と
リンクに飛ぶと、セクシーなお姉さんが半裸で
挑発してるサイトへ行くという・・・
なんとも面倒な事になってるんだわ。
で、また再度検索しなおして、リンクに飛ぶと
ちゃんとドイツ鉄道に行けると言う・・・。

ま、こういうエロカッコイイ系サイトに
飛んだときは自分で分かるんだけど
そっくりさんサイトだと分からない場合があるから
要注意でして。
クロネコはいつもURLをきちんと見るようにしてるんだわ。
じゃないと違うところに連れて行かれるからね。

まあ、アタイの場合はこういう初歩的なやつだけど。

うっかり似てるサイトに行ってはいけないんですよ!
ってのはよく聞く話。
でね、アタイの同僚の人が手の込んだ方法で
つられてしまってねー。
ぬわんと、口座のお金全額盗まれちゃったんだよ。
もうクロネコびっくりしちゃって。
そんな話があっていいのか?!ってね。
銀行に預けてあるお金が盗まれたって事は
銀行強盗だからねー。

最近の銀行は大変だよね。
覆面しておそってくるような強盗じゃなくて
ハッキングしてお金を取りにくるわけだから。
防ぐのも大変ですわよ。

ログインパスワードを教えちゃいけない
ってのは当然だけど、
さらに、TANコードも教えちゃいけないよね。
詳細どうやったのかは分からんけども、
その人の振りをしてログインした悪党は
アタイの同僚の口座から何度もお金を
海外へ送金して全額奪い取ったんだって。

で、銀行側が気がついて
「あなたお金を全部おろしましたか?」
って聞かれて発覚したという。
おそろすぃー話ですよ。

日本の銀行オンラインがどうなってるか
アタイは知らないんだけど。
こちらでは銀行から書面が送られてきてて
そこにTANコードが100個載ってるんですわ。
で、オンラインでログインした際
送金金額を確定するには、このTANコードを
入力しないと完了しない仕組みになってるんす。

ってことは。
この同僚さんのTANコードはどうやって
ばれたんだろう?って言うのが疑問で。
なおかつ。
1日に送金できる金額って自分で限度額を
設定できるんだけど、この同僚さんの口座から
その限度額で何度も何度もお金を送金された
らしいんだよね。
でもさ、1日に幾らって決まってるのに
どうやって全額下ろしたんだろね?
聞いた話では、数分間に数回送金されてたらしいんだけど。
それは一体?
ってのが疑問2だよ。

ちなみに彼女はオランダでも1番大手の銀行に
預けてたらしいんだわ。
まあ、アタイが思うに大手銀行ほど
狙われるのかなーと。

クレジットカードだとスキミングされても
すぐに保険が下りて、お金は戻ってくるけど
銀行口座ってのは一体保障されるもんなのかね?
って誰もが心配になるよね。

ちなみに。
彼女は警察に届けたり色々手続きを踏んで
1週間後には全額銀行から保証されたので
無事にお金が戻ってきたそうです。
いやー、良かったね!
人事とは思えないわー。
いつアタイの身に降りかかるか分からんからねえ。

彼女は何でも銀行を語ったサイトから
メールがきたらしく
「ハッキングされたので、このサイトであなたの
情報を入力してください」って言うサギに
ひっかかったぽいんだよね。
クロネコの場合・・・まず銀行からメールは来ないし
銀行はアタイのメールアドレスを知らないんだよね。
連絡は書面のみなので、そんなメールが着たら
サギだな!って思えるんだけど。
やっぱ外国語で評されると難しいのかもね。

クロネコはそんなにお金が無いけど
それでも全額盗られたらショックで
寝込んじゃいそうだから
気をつけねばーと思った次第。

皆さんもオンラインバンキングはご用心~。

アタイの知ってるIT部門で働く人は
オンラインは危ないからーって
一切オンラインバンキングをやってないって言ってたよ。
彼は全部銀行へ行って処理するって言ってた。
ITの人ってデジタルなのか、アナログなのか
良く分からん人種だよね。
でも彼の言ってる事が正しいんだなーって
思った出来事でした。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-30 01:16 | 日記 | Comments(2)

買い物デイ。

今日は驚きの暖かさだった。
と言うか暑かった。
いきなり25度以上いったんじゃなかろうかと。

でも一昨日まですごく寒くて
アタイは通勤時、日本の冬用ジャケットを
着てるんですわ。
あ、日本の冬用コートとかは薄すぎて
ドイツラントの本格的な冬には通用しないんで
今ぐらいの季節にちょうどいいだよね。

そんでもって。
夜は寒いから暖房入れてるしで。

ほんと。
よもやですよ。
こんな暑くなるとは思ってなくて
最近大体同じくらいの気温だったから
あんま天気予報とかチェックしてなかったんだわ。
で、今日は出かけようと思ってたので
この服着て、あの靴はいてー、
そんでもって革ジャンなら寒くないかなー
って思って準備してたんす。

で、念のため~とベランダに出てみて驚愕。
もわ~っと暑くて。
ほんと、まさにもわ~って感じ。
タイツとか無理な暑さ。
なななななな~!!!
って驚いて。
急いで着ていた服を全部脱いでクローゼットを開けて
考え始めたんだけど。

こんな急に暑くなるとアタイは一体
何を着たら良いのか分からなくて
しかもクローゼットは全面的に
あったか仕様になってるから
25度で着れそうな服を探すところから
始まって。
もう頭の中軽くパニック。

去年の夏は何を着てたっけ?
靴はどうしよう~。

多分・・・1時間は悩んだと思うな。
なんか自分の中で一体何を着たらいいのか
全然思い浮かばなくてねえ。
こんなに時間が掛かったのははじめてかも。

結局半そでで出かけたよ。

まったく想定外の暑さだったので
外に出たら、みんな色んな格好だった。
ちょっと厚着の人もいれば
超薄着の人もいて。
もうごっちゃまぜ。

ま、でも何とか出かけられたわー。
クロネコデュスにいる時の土日は基本的に
家にこもってて、出かけないので
休日の服装がしっちゃかめっちゃかなんす。

平日は3分くらいで、適当に着る服を決めてて
一応派手な服は控えてて(当たり前だけど)、
カジュアルすぎるのも控えてて(それも当然だけど)
化粧も薄めなんだけど。

休日は好きな格好をする!って昔から決めてるので
逆に時間が掛かるんだよね。
メイクも時間が掛かるし。
今日は突然ヘアアレンジとかしたくなったので
多分それに1時間くらい費やした気がするしで。
(白髪が見つかったもんだからさー)

いやまあー、そこまでして出かけるような
街じゃないんだけど、自分の中での気分の問題なんす。

で、何をしにいったのかと言うと。
人様へのプレゼント類を調達しに出かけてたんす。
ついでに、自分用に暖かくなった時用の服も
買いたいなーと思ってね。

かなり歩いたかも。
かなり時間かけたかも。

人へのプレゼントを買うときって
アタイの場合、意思を強く持たないと
うっかり自分のものばかり買ってしまって
最後に「あ、プレゼントを探してなかった」
ってことになるんですわ。
なので、今回は優先順位はプレゼント探しから。

でねー、ドイツラントほどプレゼント探しが
難しい国は無いのでは?ってくらい
アタイのセンスとこの国の人たちはセンスが
合わないんで、本当に毎回難儀するんですわ。

日本だと適当にデパートとかショップを
渡り歩いたら人様にあげれそうな
手ごろな値段で、ステキなギフトが
見つかるもんだけど。

ドイツラントは甘くないんだよねー。
足を棒にして歩いても見つからないからね。

今回はサユリさんへの誕生日プレゼントが
目的の一つで。
毎回お互いプレゼント交換をしてるわけじゃなくて
今回はたまたまお誕生日会に呼ばれたので
手ぶらで行くわけにはいかんでしょーと。
でもサユリさんは高給取りだし、
彼氏も金持ちだし、二人してすぐ何でも新しい物を買うし
何でも持ってるから・・・
こういう人たちへの贈答ってほんと困るよね。

去年かなりお金を掛けてキッチンを改装してたので
コーヒーカップセットで良いかなーと
思って適当に高そうなお店を覗いてみたら。
本当に高くてね。
マイセンシリーズ半端無いね。
安いのでもコーヒーカップが1つ60ユーロとかするんだもん。
しかもソーサーは別売り。
さすがに1セットを差し上げるワケにもいかんしねえ。
と思ってたら。
アタイにも買えるお値段で、日本茶なんかを
飲めそうな茶器があったので、
ケチ臭いけどそれを2セット買うことにした。
いやー、それでも予算オーバーよ。
やっぱマイセン高いわ。
それより自分用に、セールになってる
ティーカップを買いたかったけど
セールなのに、1つ50ユーロもするから諦めたよ。
他のセール品は1000ユーロだった。
セールで10万円以上って・・・。
入るお店間違えちゃったかなー。笑
でも専門店だとたとえセール品でもきちんと
ラッピングしてくれるので助かったよ。
デパートだとビニール袋に入れて終わりだからね。

とりあえず、買わなきゃならんかった物の
一つは買えたから、あとは気楽に
お店めぐりですよ。
でも、かなりのお店を回ったんだけど・・・
何にも買ってない。
仕事用に靴を1足だけ買ったけど
服は1着もかわずじまいで・・・。
なんとも消化不良。

ドイツのお店ってチェーン店で他の国にも
店舗があるブランドでも(高級じゃないブランドの事ね)
ドイツ人というか、デュッセルドルフのバイヤーの
センスで仕入れてるからなのか、
なんか色合いとか、デザインとかが
まったくアタイの好きじゃない物が
並んでるんですわ。
だから、このブランドなんだかなーって
思ってても、他の国や他の街(主にベルリンだけど)で
そのブランドのショップに入ると
なんか雰囲気が違う事があるんだよね。
その度に・・・アタイはデュス人とは
センスがあわねーなって認識するんだよね。
と言うか、ドイツ人と合わないから
ベルリンもなんだかなーって時がある。

どうしてドイツ人は、カーキ色が
あんなにも好きなんだろ?
毎シーズン、どこの店のショウウィンドウを見ても
絶対にマネキンがカーキ色の服を着てるんだよね。
高級店になると着てないんだけど
100ユーロ前後で買える店は必ず
メインディスプレイの服装がカーキ色なんだよ。
で、街を行くドイツ人も必ずカーキ色の服を着てる。
男女ともにこの色だよ。
ほんっと、カーキ色。
ちなみにアタイはあんなぼやーっとしたような
カーキ色は嫌いだよ。
アタイのクローゼットにはカーキ色の服は
一着も無いからね。
カーキ色憎し!

ちなみに日本のショップは毎年春になると
どこを見てもパステル調でそろい踏み状態になるんだけど
アタイはパステルも大嫌いだから
本当に春の買い物が憂鬱だったよ。
ダークなカラーにしておくれよ!って
いつも思ってたんでねえ。
でもドイツラントもパステルじゃないけど
カーキとか、ベージュがメインで
どうにも、ぼやーっとしてて気に食わない状況は
変わらないです。

歩き回った割りに、本当は友達の赤ちゃん用に
なんか見繕いたかったんだけど
お店が閉まってて(そもそも出かけたのが遅い時間だったので)
買えなかったー。
出直しかあ・・・。

以上です。
オチも何も無い記事ですみません。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-29 05:28 | 日記 | Comments(4)

イチロー無罪

嬉しいなっ。
今日の判決をドキドキしながら
待っていたもで、
クロネコは判決結果が無罪で嬉しい。
まー、もともと無罪どころか冤罪だったので
オザワイジメもいいかげんにしなよ!
と思ってた一人ですんで。

クロネコは長らくオザワ支持者だからね。
誰に言っても、は? とか、
あまり人に言わない方が良いんじゃない?
って言われてたんだわ。

オザワイチローに、プーチン閣下支持って
言っただけで、アタイの考えを
否定したり、信頼出来んと言う人を見るにつけ。
あー、あーと思ってた。
向こうも思ってるだろうけど、
アタイも思ってたんで。

いやー、でも少なくとも日本は
時々はまだ冤罪で貶められる国じゃなかったね。
国策捜査だからヤバイかなあと思ってた時期もあるけど。
でも誰が敵で、売国奴なのかクリアになったし
良かったよね。
いよいよ反撃開始かな。
楽しみだ。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-26 15:04 | 日記 | Comments(6)

flashmob良いよねー

Flashmobって楽しいよねー。
なんか色々YouTubeで見てしまったー。

公共の場にどどどどっと人が一同に介して
短期間で何かやることをflashmobって
言うらしくて。
そんな名前があったとは知らんかったよ。

以前sandoさんにsound of musicの
flashmobを教えてもらったことがあるんだけど。

同じコンセプトで公共の場で踊るやつは
結構あるんだねー。

クロネコが気に入ったのをいくつか。
少なくとも100人くらいは居ないと
ゲリラ感が出なくて面白く無いことが分かった。
あとどんどん増えていくのがやっぱり面白いね。
そんで性別も男女混ざってて、
色んな人種も居て、ついでに年齢層も
幅広いとさらに良いね。

まずはモスクワ。
結婚式のイベントかな。
寒い中がんばってるよねー。


マイケルジャクソンのfalshmobは多いけど
これが一番すごいんじゃないかな。
フィリピンセブ島の囚人たちによるflashmob
リンクしかはれなくなってた。
http://www.youtube.com/watch?v=9OawiTae0bA&feature=related


これはベルリン中央駅。
多分バレエダンサーの皆さんが踊ってるんじゃなかろうかと。


で、こちらがベルギー、アントワープ駅の
ドレミの歌。
アタイが1ヶ月くらい前に行った時は
遅い時間と早朝だったから、こんなに人は
居なかったんだけどね。
つーか、この駅ものすっごくヒストリカルで
カッコイイ駅なんだよ。
地上の装飾がすばらしいのだ。
で、えらい地下深くにまでホームがあって
とにかく面白い駅です。

[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-25 07:04 | 日記 | Comments(2)

クロネコのドイツ語能力の低さ

いやー、まだ月曜だってのに。
今日は働きすぎたよ。
いかんね、飛ばしすぎは。
心臓が痛くなる前にスピードダウンせねば。
明日からトレーニングで不在だから
今のうちに片付けねばーと思ってついねえ。

なのに、次から次へと仕事が舞い込んできて。
メール送るのがいやになるよ、まったく。

ところで話変わるんだけど。
アタイはかれこれ10年以上は確実に
ドイツ語に触れて暮らしてるわけなんすよ。
まあ、ドイツ在住は7年目だけど
学生時代はドイツ語ざんまいだったって意味を
含めてね。

だけどさー。
クロネコは頭が良くないからか、
どうにも細かいところで文法があやふやなんすよ。
あんだけ何回も繰り返し勉強したはずなのに
全然頭に入っていないアタイって・・・!
って自分に呆れるんだけど。
まあ、そんだけ脳みそがダメダメなんだろうなーと。

クロネコは東京OL時代に毎週土曜には
ドイツ語教室へ通ってたんすよ。
1レッスンが3時間もあったのに。
3年間も通ってたのに。
文法を巻き返し繰り替えし勉強したはずなのに。
もうね、キレイサッパリ忘れてますよって話。

まあ、当時からあんま文法が得意じゃなかったって
のはあるんだけどね。
ドイツ語をかじった事がある人は分かると思うけど
ドイツ語の文法でどえらくややこしいんですわ。
ルール多すぎー!
頭こんがらがるー!
そんな文法を頭の中で組み立てながら正しくしゃべろうと
すると、今時分が何を言ってるのか、
はたまた既に動詞は言い終わったかなとか。
主語は複数でしたっけ?とか
分からんくなってくるのですよ。

ええ、ええ。
いまだにこんがらがっちゃ、こんがらがっちゃですよ。

自分で自分をがんじがらめにしてるイメージかな。
そりゃあもうややこしいんですよ。
あの言葉ドイツ語でなんていうんだっけ?
なんて言う単語を考えるだけなら
カワイイもんですよ。
そんなもんじゃ済まないのがドイツ語ですからね。

当時のドイツ語教室では、何故かクラスメイトが
全員頭の良い人たちばかりでねー。
三流大学卒はアタイだけだったんですわ。
東大、早稲田、慶応ばっかだったよ。
やっぱさ、頭の良い人たちっていうのは
社会人になってからも知的好奇心を満足させるためか
頭脳をさびさせないためか、語学を勉強するんだなー
って思ってた。
クロネコはドイツ語を流暢にしゃべれるようになりたいな!
ってことで通ってたので、あんまシステマティックな
ドイツ語文法をマスターするぞ!って気持ちは無くてね。
テキストもあんま読まずに行ってたしで。
こんな不真面目な生徒だったのに、何故か先生ウケは
良かったみたいなのだよ。
先生が「こういう状況の時あなたはどう思いますか?」
ってよく質問してたんだけど。
何故か毎回アタイから回答せねばならんくて。
クロネコは毎回1分以内に回答をまとめて
ぱぱぱぱーっと答えてたんす。
もうね、瞬発力を鍛えてたんじゃなかろうか?ってくらい
いつも即答させられてて。
その間他の頭脳優秀な人たちはじーっくり自分の意見を
考えれるわけですよ。
で、ゆったり答えていいわけですよ。
なんか・・・アタイにも考える時間をくれー!
っていつも思ってた。
けど何故か先生はアタイから当てるので、しょうがなくねー。

ま、そんなこんなで。
一緒に勉強してた人は東京6大学のとある哲学課の
教授先生だったりとか、
中央官庁のお役人さんだったりとか、
なんかね、文法問題を一緒に解くにはあまりにも
高度な人たちだったんだよねー。
気兼ねなく一緒に考えてたけどさ。
なんせクロネコ文法苦手でしたんでね。

やっぱさ、頭の良い人たちはちゃーんと文法が
頭の中に入ってるんだよね。
アタイは何回勉強しても覚えられない項目とかが
あるんだけど、頭の良い人はやっぱ違うなーって
いつも感心してた。

でもああいう高学歴な人たちって人の事を
決してバカにしないんだよね。
むしろ、異業種交流会的に楽しんでたし
クロネコの考え方にも一目置いてくださったりで
なかなか楽しいクラスだったのですよ。

ま、それはさておきね。
クロネコ本当に、ドイツに暮らしてるのか?
ってくらいドイツ語が上達しなくてねー。
しかもね、いまだに初歩的なレベルの文法が
良く分からないから、ノリで何とかごまかして
会話をこなしてるという・・・
よくそんなんで大丈夫だよねってくらい
適当なドイツ語なんすよ。

しかもさっき大きな文法ミスに気がついて。
クロネコは今までずーっと間違えたまま
ドイツ語を使ってきてたのねーって思うと
ホント悲しくなったわ。
ちょっとこれからブラッシュアップしないとダメかもね。

クロネコが大の苦手なのは、
bringen と nehmenの使い分けなんだよね。
なんとなーくニュアンスでbringenかな?
って判断して使ったり、
あ、nehmenかも?って思ったり。
もうね、頭の中ごちゃごちゃなんす。
これって英語で言う、bringとtakeと同じなのかな。
それさえ良く分からんわー。
日本語の場合は、持って行くと、持って来るなんだけど
まさに概念が逆だからアタイの頭は許容範囲を
超えるわけなんす。

あと最近やっと違いが分かったんだけど。
英語ではtomorrowとmorningの2つの単語があるのに
ドイツ語ではmorgenだけだから
(厳密にはMorgenとかmorgensとかあるけど)
もうね、tomorrow morningがどうなるのよー、キーっ!
ってヒス起こしそうになるわけで。
morgen morgenなんて言ってる人、聞いたことないぞ!!
って思ってね。
この場合はmorgen fruehになるんだけど。

いやー、こうやって、概念が2つあるのに
言葉が1つしかない場合にアタイはこんがらがるのですよ。

あとね、未だにtunとmachenの違いもよー分からんのですよ。
最初ね、英語しか分からんところからドイツ語に入ると
tunはdoで、machenはmakeとか思っちゃうんだけど。
これがようよう使うようになると、
全然違うじゃないのー!!って気がつくんだわ。
まあ、部分的にはかぶってるけど、全然イコールでは無い。
クロネコはtunを使いこなせてないので、
基本的にmachenですべて済ませてる。
当然es tut mir leid とか、es tut mir wehは
ちゃんとtunを使えるんだけど。
tue es nichtってのはいまだにすんなり言えないんだよねー。
mach es nichtって言っちゃうんだわー。
ich habe das nicht getanってのがすらりと
言えるようになりたいもんですよ。
って。
クロネコのドイツ語はそんなレベルが低いのかね?
って驚くかもだけど。
ええ、ええ。そうなんです。低いんです。

さっき別件を調べてて気がついたんだけど。
zuとinさえも間違えて使ってましたよ。
どんだけバカなんだ!って感じだけど。
誰もアタイのドイツ語を訂正してくれなかったんだもーん。
ich gehe zum Konzertって言い続けてたよ。
バカにもほどがあるよね。
ins Konzertだったとはねー。
うっかりにもほどがあるよ。
そういえばいっちゃん最初にそうやって習ったなー
ってのを思い出してきた。
いやー、これでドイツ語学科卒ですから。
アタイ割とich gehe aufs Konzertは使ってたんだけど
多分コレは正しいね。

でも。
正直言うと、gehenとkommenを使いこなせるように
なったのも最近ですからね。
いや、まだまだかなー。
未だに混乱しますんで。
難しいのよ、ドイツ語はー!!

あと、こないだやっと分かったんだけど
(そんなんばっかり)
fahrenですよ、fahren。
wir sind mit dem Auto gefahren
ってのはすごく分かるし、しょっちゅう使うし
移動の時の助動詞はseinだ!って覚えるでしょ。
で、アタイはこのままこの意味だけを覚えて
10年近く過ごしてしまったんですわよ。
こういう初歩的単語の意味って最初しか
調べないから、「アタイはこの単語知ってますんで!」
って過信しちゃうんだよね。
でも。
ich habe gefahrenと言う表現があったのですよ!
まあ、アタイが使う事はまずないんだけど。
何故ってアタイは運転しないからで。
つまり、運転したってときはhabenだったんす!
きゃー!大発見!
あ、またビギナーみたいなこと言ってる?
でもさー、知らなかったんだもの。
つまり、er hat mich gefahrenと言うと
「彼は私を車で送ってくれた」
って意味になるんす。
クロネコしょっちゅういろんな人に車で
送ってもらってるのでこの表現は大事なんすよ。
er ist mich gefahrenが間違いだったなんてねえ。
ドイツ語ってば、なんて奥が深いんだー!
って。
ドイツ人にしてみりゃ当たり前だのクラッカーな
表現だけど、アタイは超驚いたんだよね。
なんせ。
ドイツ語は過去分詞のseinとhabenのミスに
うるさいもんですからね。
ちなみにね、コレはずいぶん前から知ってたけど
ich fahre in den Urlaubって言うと
「旅行に行く」って意味になるんすー!

いやね、ドイツ語暦長い割りにこういう初歩的なことが
頭の中で整理できてないもんだから、
クロネコは常々とんちんかんなドイツ語を
しゃべってるんですよ。
こういうケアレスミスはなくしたいわー!
って思ってるんだけど、これがなかなか頑固なケアレスミスでね。
むしろ全然ケアレスじゃなくて。
ケアしてるのにミスるという。
救いようが無い状況なんす。

あ、ちなみにね、ドイツ語にはder,die,dasの定冠詞や
einer, eine, einの不定冠詞もあるし、
手ごわさで言ったら、モットすごいのが沢山あるんだけど
そういうのはドイツ人でさえ間違えるくらいややこしいから
たとえ間違えても逆に気にならないんだよね。
ま、ドイツ人は気にしてると思うけど。

いやー。
やっぱ1万キロの物理的な距離は
言語体系をまったく違うものにしちゃうから、
クロネコにはなかなか本質が理解できないよ。
いつか分かるようになるんかねえ。
なんか、一生あたふたしながら分からないまま
適当に使ってそうな気がしてるよ。
だって7年目でこれだからね・・・。涙

やっぱブラッシュアップが必要かなあ。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-24 06:16 | 日記 | Comments(4)

タラレバの話

飯山一郎さんのブログを読んだり、
それに派生するブログの記事を読んだり
動画を見てると。

ああ。
ああ。
飯山さんのことを3年前に知ってれば!
と悔やまれるんだわ。
いや、2年前でも良いかも。
とにかくもっと前に飯山さんを知ってればなあ
って言う思いがぬぐえないんだわ。

おっかさんはあんなに早くに死なずに
済んだんじゃないかなあって思って。

いや、でも。
オーソリティに対する絶対的信頼感と言うものが
アタイには植えつけられてたから
そう簡単に今の医療体制にたいして
亜流な治療を果たしてすんなりアタイが
受け入れられたかは良く分からないんだよね。
ほら、やっぱり病院って絶対的な強さが
あるでしょ?

今だからこそ、亜流と言っておきながらも
いわゆる「オルタナ治療」にしか期待出来ない・・・
と確信が持てるのかもしれないし。

でもな・・・。
それでも2年前に飯山さんを知っていれば
いや、1年半前でも良いから飯山さんを
知っていれば・・・
ってどうしても思っちゃうんだなあ。

おっかさんがもう助からない・・・
医者もさじを投げた・・・って分かった時に
「何か他に手は無いの?」
ってアタイはすごく思ったんだわ。
病院が施してくれる事以外に何かないの?ってね。
あの時に飯山さんのことを知ってれば
アタイはダメでもともとでもオルタナ治療を
おっかさんに必死で薦めたと思うんだわ。
クロネコのリサーチ不足だったのかも
しれんけど、当時は医者が分からないのなら
素人のアタイになんて当然分からんよね・・・
っていう思いが強くてね。
と言うよりそう信じてたんだわ。

2010年11月のアタイは本当に落ち込んでたし
どうすればいいんだろう・・・って
わらにもすがる思いだった。
うっかり、サユリさんがピュアに薦めて来た
新興宗教団体へ寄進して祈祷でもしてもらったら
効果が出るのでは?!ってバカな思いが
よぎったくらいだから。
幸い、親友が冷静なコメントで止めてくれたので
無駄金を怪しい宗教団体に寄付しなくて
済んだんだけど。

余談だけど、新興宗教ってやつは本当に最低の
集団だよ。
人が弱ってる時にまさに声を掛けてくるからね。
しかも。
良かれと思ってピュアな気持ちでやってくるから
怖いんだよ。
アタイはおっかさんから「最後の入院」の連絡を
受けた時に会社にいたんだけど、
取り乱して泣いてしまったのだよ。
不覚にもサユリさんの前でね。
そんなアタイを見てサユリさんは力になりたい!
と思ってくれたようで。
「真○苑でお札を祈祷すれば助かるはずだよ!」
って言ってくれたんですわ。
感動のストーリーでしょ。
こっちも冷静な判断力を失ってる時だったから。
平常時だと絶対に相手にしないのに
心底落ち込んでパニック状態になってる時は
人はゆらぐもんなんだね。
そこにしれーっと付け入るのが新興宗教。
オノレだけで信じてれば良いものを
落ち込んでる人を良かれと引き込もうとするもんだから
手に負えないサギ集団と言える。
本当にそのマインドコントロールっぷりが
恐ろしいなーって思うよ。
おかげで正体が見えすぎて
本気で信仰宗教団体が憎たらしくなったし
そんなものを薦めてくる人間は
信頼に値しないんだと言う認識にもなったよ。
表面上は、うまく付き合えるけど
クロネコは新興宗教に入れ込んでるやからとは
心底信頼しあえません。
要らない、そんな療法は要らない!

その時に飯山さんを知ってれば
クロネコは試したと思うんだ。
そんで。
免疫療法である丸山ワクチンなるものにトライしたと思うんだ。

クロネコは親族間に医療従事者が数人居るし
弟なんてクスリ業界だから
免疫療法なんてものは、親族にとって
反主流そのものなんだけど。
それでもクロネコは、トライしたと思う。

クロネコはおっかさんが亡くなる前も
亡くなった後も、うすうすガン治療に対する
医療制度に不信感を抱くようになってて。
医者なんて何の役にも立たないんだなーって
心底思ったし。
何も出来ないんだなーって本当にがっかりした。

家族や友人にガンを患った人が居ない人は
この感覚が分かりづらいかもしれんけど。
クロネコはちょっと恨み節みたいなものが
おっかさんが亡くなってからは
ずーっとずーっと心のそこにあってね。
医者なんてろくでもねえな!
って思ってたんす。

早期発見とか、手遅れとか関係なくて。
結局医者には何も出来ないんだ!
ってことが分かっただけで。
むしろ、おっかさんを苦しめるだけ苦しめて。
って言う思いがあってね。

クロネコそれは逆恨みじゃ?
って思うでしょうけど。
それは家族に腫瘍を患ったことがない人が思うことかなと。

アタイもそうだけど、みんな無意識のうちに
お医者さんって言うのは非常に賢くて優秀な人しか
なれないものだから、
本当にすごい職業なんだ!
って思い込んでると思うんだ。
最近の医療技術の発達は目を見張るものがあるから
たとえガンになっても、早期発見してれば
お医者さんに治してもらえる!
って信じてると思うんだ。

で、アタイも長らくはそう信じてた。
と言うかおっかさんがさじ投げられるまでは
医者を一番に信頼すべきだーと思ってたよ。
医者のいう事を聞くしかないってね。

おっかさんの病気はサルコーマと言うもので
通常の悪性腫瘍とはちょっと違うタイプのやつだった。
でも腫瘍が取っても取っても体の中に
できるという厄介な病気で。
かれこれ・・・30年くらいは病と戦ってたんですよ。

おっかさんは大学病院に掛かってたので
そりゃまあ最新医療情報やら技術が終結してる
大学病院が出来ないなら、誰にも何も出来ないんでしょう~
って思うしかなくてね。

でも。
でもどうやら違ったんだなあと言うのが
飯山さんや船瀬さんの記事を読んで
分かったし。
クロネコが直感的に不信感を抱いていたのは
決して間違いじゃなかったし、
むしろ正しかったんだという事が分かってしまって
本当に悲しい。
何故って。
代償があまりにも大きすぎてね。

ガン治療には3つの主流方法があって。
1つ目は手術で摘出。
2つ目は放射線治療。
3つ目は抗がん剤投与。

そんで。
うちのおっかさんはこの3つを全部やったんですよ。
まさにまんべんなく全部全部やってみたんす。
でも、ダメだった。
どれもこれも効果が無くてね。
副作用はあったけど効果は薄かったよ。
クスリの治療だって副作用だらけで
何の効果も無かったし。
ほんと。
医療もクスリ業界もあてにならないんだなー
って思ったんだわ。

手術は本当におっかさんの精神と体力を
奪いすぎるくらい奪っていて。
何度も何度もおっかさんは手術を受けて
かなりの腫瘍を摘出したんだけど。
それでも腫瘍のパワーは強くって。
何度でも生まれてきた。
で、そのうちおっかさんは手術をするのが
いやになっちゃって。
そりゃそうようね、体に傷がたくさんできるんだもん。
痛いからね。

それに。
これはおとっつあんの意見だけど
手術をすると体が切り刻まれるから
早く傷を治そうと余計に体が活性化して
腫瘍が生まれやすくなるんじゃ?って
考えもあって。
アタイも何となくそう思うんだわ。

で、2つ目の放射線治療。
これもねー、高額な割りに効力はあまり無かったよ。
うちのおっかさんは最先端の放射線治療である
重粒子を受けたんだよ。
コレは現在日本では3,4箇所しか実施してなくて
最近は高額医療保険の対象になってるけど
数年前はそんなの無かったんで自腹だったよ。
千葉の稲毛にあるのが日本で一番最新技術を
終結してる場所らしく、そこで治療を受けたんだけど。
ウィキとか見ると副作用は無いってあるけど
治療後1,2年で皮膚がやっぱりあさぐろーく
なっちゃってたので、それは我慢しないと
いけないことなんだなーと。

ちなみに、放射線治療って、外科手術がしづらい場所に
ガン腫瘍が出来てる人が結構来てたよ。
眼球の中とか、顔とか。
切らずに済むからね。
でも放射線を照射するから体に良いわけないよなーと。
実際は白血球を減らすみたいだし。
ちなみに、福島第一で被爆した作業員さんたちは
この稲毛のセンターに運ばれてたらしいよ。
その後どうなったかは知らないけど。

そんで。
1度でも放射線治療を受けた人はこの重粒子治療は
受けられないとか。
色んな縛りがあったよ。
そもそも高額すぎて誰もが受けれる治療じゃないんだよね。
それに。
この治療よりも早く、おっかさんの体内には
違う場所に腫瘍が出来てしまって。
これも活性化したのかもしれない。

とはいえね。
この治療に通ったおかげでおっかさんは
苦手だった飛行機に乗れるようになったんだよ。
そんで、気楽にドイツまで遊びに来たんだわ。
なので。
なので。
治療云々よりも、アタイにとっては結果悪く
なかったのかなーと思うことにしてるんだ。

そして。
一番最悪な治療方法がやっぱりなんと言っても
抗がん剤治療だよね。
あれは本当にやらないほうが良いと今なら言える。
おっかさんがやろうかどうしようかって迷ってる時、
何でアタイは反対しなかったのかな
って今はすごく後悔してる。
一応当時聞いたのは、「効果が出る可能性は2割」だった。
でもそれも船瀬さんの話によるとウソだった。
そんで、おっかさんにも当然効き目は無かった。
体が衰弱して、痩せてしまって、髪の毛も抜けて
痛々しくなっただけだった。

おっかさんを犠牲にして分かった事だけど
自分がもしガンになっても絶対に抗がん剤治療は
やらないぞ!って決めた。
モットはやくに止めてあげたかった。
何の効果も無いし、むしろ死に近くなる毒だという事を
知らなかった自分が悲しい。
副作用が酷すぎて、見てるほうも辛いよ。
本人はもっともっと辛い。
あんなヒドイ方法でしかガンを治療できないだなんて
今の医療技術が進歩してるなんて大嘘だ!
って思う。

医者によってはアンチ抗がん剤治療の人も居るみたいで。
おっかさんが治療を迷ってる時に
反対する人もいたんだよね。
特にお医者さんをやってる伯父さんが反対してた。
アレは効かないから・・・って。
惜しいなあと思うのは、じゃあどうすればいいの?
っていう代替案が無いってところ。
何でその時、免疫療法の丸山ワクチンを
って言えなかったんだろう?
って思うけど。
まあ、調べたら分かるけど、丸山ワクチンは主流じゃないから
日本の医療からは無視されてる存在らしくて。
そんなアイデアは出てこないのは当たり前で。
自分たちの存在を否定するような事は
言わないよね。
あげく、「座して死を待つのみ・・・」
みたいな状態にされちゃうんだよね。
医者がさじ投げちゃうんだよ。

けどさー。
オルタナ療法が幾つかあるんだから
それらをトライしてみては?と言えない医者は
アタイから見たら怠慢だし、
規制の知識から抜け出せないだなんて
あんたたちは今まで何をやってたの?って思うわけよ。
アタイよりも毎日死人に出会ってるんだから、
他に方法が無いものか?
ってどうして考えないの?って思って。
まあ、巨額の医療ビジネスがはびこってるから
言えないらしいんだけど。
やっぱり医者に対しての不信感はぬぐえないよね。

医者がやったことといえば。
上記の治療を施した結果、もうコレ以上は何も
出来ません・・・ってことで。
痛みを軽減させるために、モルヒネ治療を
施したくらいなんだよ。
それもね・・・
人間の体って言うのは抵抗力がすぐに出きるもの
らしくて。
最初は効果があったみたいだけど、
すぐに痛みの方が上回って、
摂取する容量をどんどん増やしていったけど
ぜんぜん効かなくなっちゃって。
おっかさんは苦しみに耐えながら余命を
過ごす羽目になったんだよね。

クロネコこれでガン治療に対する不信感が
決定的になったんだよ。
何も出来ないじゃないのー!!!ってね。

入院中のおっかさんに対する大学病院の対応も
なんだか不満が沸き起こる対応で。
まあ、それは本件とはまた違うテーマだから
いつかまた別の時に不満をたらたら
書いちゃうかも知れんけど。
あと教授回診とかふざけてるよね。
お前なんかに何ができるじゃ?って思うような
しょうもない回診だよ。
なのに看護師長とかが教授をヨイショしてるから
患者まで一緒にありがたがらないといけない風潮で。

とにかく、大学病院がなんぼのもんじゃー!
っていうのがアタイの気持ちと考えです。
大きな代償を支払ってやっと分かったので
アタイもバカなんだけど。
権威主義を信頼しすぎるとこうなるんだって
ことがよく分かった。
医者とか病院とか信用しすぎちゃダメなんだよね。

まあ、とはいえね。
長らくお世話になってた病院だし、
何年も主治医を担当してくれたお医者さんが
最後はおっかさんを病院側から守ってくれたから
感謝はしてるんだわ。
(え?ここまで悪態ついておいて?!笑)
それにまあ担当の看護師さんですごく天使のように
優しい人もいたから(性悪女もいたけどね)
ほんと感謝の念はあるんですよ。
(いや、ほんとにほんとよ)

担当医から代替治療案は無かったけど、
それはクロネコたち家族が気がつかなきゃ
ならんかったことかもしれないからね。
先生も院内政治でいろいろ大変だったみたいだし。
大学病院ってところはイヤだね。
田舎の病院でも色々あるみたいで。
先生も信頼してくれてる患者に何も出来ないのは
辛かったんじゃないかなーって気もするし。
おっかさんは信頼してる先生に最期まで
診てもらえたのでそれだけが救いかなと。

とにかく。
医者が提案する治療法はうちのおっかさんが
試した3つしかないから、
痛みを感じたくない、
体に毒を入れたくない!
でもガンはイヤ!
って人たちは、飯山さんの提案するやり方を
受け入れておいたほうがいいと思う。
そんで、万が一ガンになったら
対処療法の丸山ワクチンを手配したほうが良いと思う。

それはクロネコが大きな代償を支払って
身をもって分かった事だから。

丸山ワクチンはウェブサイトを見れば
どうすればいいかが分かるよ。
クロネコもいざって時はそれに頼る事にする。
海外だとどうなるのか良く分からんけどねー。

とにかく。
ガンになったら今の医療ではダメだと思う。

こういう事を書くと、利権に絡む団体から
嫌がらせコメントが来るかもしれない。
来たら逆に、アタイの主張は正しいと言う
証明になるのでウェルカムなんだけど。
来ない場合でも正しいんだけどね。

今の状態でも3人に一人はガンになる時代だから
そうなった時の対処法を考えておくのは
悪くないと思う。

あー、それからね。
クロネコこれまた家族の治療状態を見てて
心底信用できないなーと思ってるのが
心療内科系、いわゆる精神病系の治療ね。
あれほどウソみたいな手法は無いよ。
数年見てきて思ったけど、病院は患者を
治す気が無いのがよーく分かるよ。
というより治らないといわれてるので
対症療法しか存在しないんだけど。

まあ、これも権威主義が主張してることなので
クロネコの思い込みかもしれなくて。
実は丸山ワクチンのようなオルタナ治療が
あるのかもしれない。
今のアタイはまだ見つけれてないので
知らないだけなのだと信じたい。

オルタナ系は、メジャービジネスに邪魔されるから
普通に医者と話してるだけでは
情報が入ってこないんだよね。
その道のプロ、つまり医者が知ってるだろう
って思うと大間違いで。
ガン治療と同じで、医者はビジネスに乗っかってるだけ
なので、彼らは逆に知らないんだよね。

今生きてる家族にこの病気の人がいるから
アタイは何らかの拍子に偶然この病気への
オルタナ治療法を見つけるときが来るのかもしれない。
あんま手遅れにならない時点で見つかると良いんだけど。

とにかくね、自分の周りに重い病気の人が居ると
医療への不信感が募るんだよーと言いたかったんです。
アタイが今更後悔しても、おっかさんは戻ってこないから
せめてアタイが知りえた事で、
皆さんはそんな目に会わずに済むといいなーと思ってね。

あ、それからもしかするとね、
田舎の大学病院だから情報が少ないんじゃ?って
思うかもしれないでしょ?
けど。
アタイが思うに都会の病院ほどがんじがらめなんじゃ
無いかなーって気がするよ。
おっかさんに抗がん剤治療を強く薦めたのは
うちの地元の医師ではなく、
稲毛の重粒子センターの医師だからね。
なので、地方とか都会とか関係無いんだと思うよ。

とにかくね、今の3大治療法は何の効果も無いよ。
患者が余計に辛いだけ。
それが言いたかったのだ。
ああ。
こんな簡単なことに多大な時間が掛かって
おっかさんまで苦しめながら殺しちゃったよ。
本当にあと1年半前に丸山ワクチンを知ってればな。
悔やまれてならないよ。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-23 00:11 | 日記 | Comments(4)

ザクセンハウゼンの写真

何日か経ってから写真を見てみたら
見れなくも無かったし、
デプレッシヴになることも無かったので。
ザクセンハウゼン強制収容所の写真を
まとめることにした。

ので。
興味ある方は下の「ザクセンハウゼン」を
クリックして見てみてくださいな。

グロテスクでは無いですが
あんま暗い歴史を見たくないなあ~
って人は無理に見なくていいかなと。

あと、どうでもいい話なんだけど
フランクフルトにある人気住宅エリアが
その名もザクセンハウゼンという名前なんだよね。
最初聞いたときは聞き間違いかと思ったけど
住民たちは普通に呼んでたので問題無いんだと思う。
アタイには強制収用所のイメージの方が
強くて、同じ名前のエリアに住むのは抵抗があるんだけどな。

ザクセンハウゼン強制収用所
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-22 08:12 | 旅行記 | Comments(6)

断じて欲求不満では無いっ!

ほんと。
こんな事書くとみんな
「クロネコってば・・・欲求不満なんじゃないの?!」
って思うかもしれないけど。
前もって言っておくと、クロネコは断じて
欲求不満では無いから!

さて。
はっきりさせたところで話を始めるとね。
要はこういう事なんす。
「お隣さんがうるさいんです!」
っていう騒音の悩み。

ま、具体的に言うと。
お隣さんの彼女らしきの声が大きすぎて
とってもうるさいんです!
っていう事。

前々からお隣のカップルはうるさいなー
って思ってたんだけど
1週間に1度くらいだし。
まあ最長でも2分くらいだったので
その間我慢すりゃええかーと思ってて。
つーか、2分って意外と短い人たちだよね・・・
くらいに笑ってれば、我慢できるし?!

でもねえ。
昨日の夜はちょっと深夜過ぎたんですわ。
クロネコもいい加減寝るのがおそい方だけど
それでもクロネコが寝入ってから
その騒音が聞こえてきたから・・・
多分深夜2時か3時くらいだったんじゃ
無いかなーと。

でね、アタイはお隣さんちに入ったことは
無いんだけど、なんとなーく間取りを想像するに
アタイの寝室とお隣さんのリビングが
隣り合ってるはずなんですわ。
でね、昨日の深夜アタイはぐっすり寝てたのに
あまりの彼女の大声で目が覚めたんですわよ。
うるせーなと。
声でけーんだよと。

こっちも疲れてるから
本当はすぐに眠りの中に戻りたいのに。
ほんと今回は長い間うるさかった。
まあ、アタイも寝ぼけてたので
体感上長く感じただけで
何だかんだ言いながらの平均的イレブンミニッツ
くらいだったのかもしれない。

アタイの寝室の配置からして
ベッドの頭がある場所がおそらくは
お隣さんちのリビングルームの壁ぎわに
当たるんじゃなかろうかと
うつらうつらしながら考えてて。
もしかしてそこにソファなんぞ配置してるんじゃ
なかろうかなどとぼんやりした頭で
考えてて。

って。
って。
せめて寝室でやってくれよ!!
怒怒怒。
寝れないじゃないのー!
アタイの頭元でやらんといてくれよー!

って思ったのですよ。
なんでリビングルームで深夜に大声あげてるんだ?って話で。
気分を変えたいのかも知れんけど
アタイは眠りたいんだよーと。
あ、声が大きいのは彼女だけでして。
あまりにもいつも彼女の声しか聞こえてこないから
最初はAVか何かかと思ったくらいよ。
でもまあさすがにそれは無いでしょうと。
ああ。
クロネコにここまで邪推させるだなんて
罪なカップルだよ、まったく。

あんたらは楽しいかもしれんが
アタイには単なる安眠妨害なんだよー!
うるさいーっ!!!
って感じでさ。

クロネコが欲求不満なら壁に耳当ててて
楽しめれるんだろうけど。
ほらアタイはさっきも書いたとおり
断じて欲求不満じゃないから
アタイにはうるさいだけなんすー。
マジで耐え難いよ。
壁でもガンガン叩いて知らしめるのも一つの手だけど。
それやるとお隣さんはアタイが本気の
欲求不満だと思うかもしれんので
それは出来ないし。
ちくそーめ。

彼らは何故かいっつもリビングルーム
なんだよねー。
(もう決め付けてる。笑)
って。
そんなこと想定してる時点でクロネコの方が
変態なのでは?と思われるかもしれんね。
でもさ、でもさー。
アタイが男なら多少は楽しいかもしれんけど
やっぱ女が女の声聞いても楽しくないのだよ。
だからと言って男の声が聞こえるのも
いやだけど。

どうしてくれよーこの騒音。
せめて寝室でやって欲しいなっ!
ってアタイは思ってるのですよ。

安普請のアパートはお隣の壁が薄くて大変ですよ。
上とか下の家には聞こえないもんなのかなあ。
あんだけ大声だと上や下にも丸聞こえだと
思うんだけど。
幸い、お隣さんは彼女と同居してないっぽいので
毎日聞かされるという状況にはなってない。

耳栓してから寝るべきか?!

断じてアタイは欲求不満じゃないんで
そこんとこヨロシクね。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-04-22 03:50 | 日記 | Comments(0)