死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カードとか、車とか。

今日、オンラインバンキングで口座を見たら
クレジットカードでかなりの金額が引き落とされてたので
こ、これはもしや!?
っておもってさ。

アタイの同僚がこないだベイコクに遊びに
いってたんだけど、
帰ってきて一ヶ月くらいで
身に覚えのない引き落としがあったらしく、
スキミングって怖いね~と言ってたところだったんす。

コレはアタイもベイコクでスキミングされたのやも~
と心配になってね。
家に帰ったらちゃんと明細が届いてて。
じっくり全部みたところ、
全項目ともに、身に覚えがありました。
スキミングじゃ無かった…
自分だよ、自分。涙

それよりさ、何だかアタイのVAIOくんの
調子がヨロシク無いんだよね。
まあ、数ヶ月前からおかしいな〜とは
思ってたんだけど。
先週あたりからイヨイヨおかしい感じ。
寿命かな〜。
3年くらいしか使ってない気がするんだけど。

まあ、別にiPadとかあるからネットには
困らないんだけど。
長文記事を書くには断然PCの方がイイからねえ。

うーん、買い替え時なのかな。
ああ、また出費だよ。

そう言えば。
ときおりやって来る「車欲しい」の波が
やって来てて。
店まで見に行っちゃったよ。
と言っても。
試乗はしてないけどね。

良いな~、欲しいな~。

でも。
よくよく現実的に計算すると。
何だか月々の支払いがすごくて。
そこまでして欲しいかなあって冷静の波が
打ち寄せてくるんですわ。
で、結局は買わないと言う。

ヤリスのHybrid欲しいなあ。

って、話を同僚のアキバさんにしたら、
Hybridなんて絶対意味ないから
俺は薦めないねっ!!
って何故か強固に反対された。
んで、買うなら絶対にメルセデスAクラスがクロネコには
向いている!
と力説されたわ。
メルセデスって、高いんだよね…

アタイはトヨタの技術力を信用しとるからね〜。
やっぱ、ヤリスかな〜。

と、買わないのに妄想しては人を議論に
巻き込むクロネコなのでした。
パノラマ天井かっこ良かったな~。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-07-31 05:16 | 日記 | Comments(4)

決して差別ではない

何だかドタバタと忙しい日々を
過ごしております。
でもふと。。。報われないな〜って
気分になる時があるよね。
でも仕事が好きだから頑張れてしまうんだけど。

それはそうと。
今日も仕事後疲れてフラ~リ歩いてたら
何やら親しげに話しかけてくる人が。
って。
知り合いでも何でもなく、ただの通りすがりの
黒人でしたよ。


アタイこういう時、ああ面倒臭いな〜
ムシしたいな〜
知らんぷりしたいな〜
って思うし、態度も相当よそよそしいんだけど。
相手側はたいていアタイがどう感じて様が
お構いなしだから、気にせず話しかけてくるんだよね。
さすがに一対一だと、ドイツ語わかりましぇええええん!
な態度も取れないし。

結局クロネコはまあまあ愛想良く会話を
繰り広げちゃうんだわ。
心の中ではアラームなってるんだけど
毅然とした態度がどうにも取れないのですよ。

ま、そんなわけで。
カメルーン人としばしおしゃべりしながら
歩いてしまったのでした。
ま、感じの悪い人では無かったけどね、
アタイは黒人さんには興味が無いんでね〜。
カメルーンの三菱モーターズでセールスマンをやってたんだ!
ってアピられたよ。

とは言えね、これ以上しゃべると自宅が
バレかねないわ~と心配になったので
サイナラ~と別れを告げて
途中で自宅とは違う方向に歩いて
念のためまいておきましたよ。

クロネコこういう感じだから
ストーカーに付きまとわれるんだよね。
ドイツ女のようにツンケンした態度を
取らないといけないのよね。
黒人なんてクチも聞きたくないわ、話しかけてくんな!!
っていう態度ね。
出来るかな〜。
頑張らなくちゃ。

アタイは黒人のトモダチとか不要だからね。
って。
こんなことベイコクで言うとすっごい非難
されるらしいね。
ドイツ女なんてモロに言動にだしてるのに。笑

タクシーの運ちゃんとなら、いつもかなり
盛り上がるんだけどな。
ま、タクシーの運ちゃんも
いわゆる外人だからね。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-07-26 06:08 | 日記 | Comments(0)

罪深きクロネコ?!

ブログとかホームページとかやってると
嫌あな事を書き込まれる事が
あるんだけど。

ブログは7,8年やってるし、
ホームページに至っては12年もやってるから
慣れてると言えばなれてるんだけど。

今回はちょっとびっくりしたわ。
「お前頭おかしいから逮捕されて死刑なれ」
って書かれたんだよね。
文法がおかしいのはアタイのせいではなくて
オリジナルそのままですよん。笑

いやあ、アタイのホームページには
ここまで民度の低いヤツが来るんだと思うと情けなくて。
つーか、アタイの大好きなバンドのファンには
相当レベルの低いのが居るってことも嘆かわしいし。
まあ、ああいう音楽だから、クロネコも含めておバカさんの
集まりっちゃあ、集まりなんだけど。

普通に生きてたら見ず知らずの他人から
「お前死刑になれ!」
だなんて言われないから驚くよね。

アタイがそもそもアンチ・メリケンなことをいつも通りに
挑発的に書いたからだろうなって理由は分かっているんだけどね。

でもさー、アンチ・メリケンなんてたいして珍しくも無いことじゃないし。
クロネコにかぎってはこのブログには毎回書きまくってるから
なんのこっちゃな感じで。
そんなアメリカナイズな人が今時存在してることにも
大層驚いたんだわあ。

やっぱり、日本人のメリケン好き&メリケンコンプレックスは
尋常じゃないね。
あ、もちろんクロネコは逆の意味でメリケン・コンプレックスが
あるんだよね。笑

クロネコも他人から攻撃されないように
これからは当たり障りのない事を
やんわりゆるめに書いていこうかな。

ドイツラント暮らしは最高ですよ~
ドイツ人はみんなとっても面白くてあかるくて
優しくて最高なんですよ~。
ドイツ料理ほど美味しい料理はこの世に無いですよね〜。

カルト宗教は本当にすばらしいし、
メリケンと言う国は世界のお手本であの国に住めるだなんて
栄誉な事ですよね。
メリケン最高!

ってな感じかな。

あー、無理無理無理!!!笑

そんな迎合主義な記事書くくらいなら
ブログ閉鎖した方がマシだよね。

なので。
ま、今後も好き放題書きます。
気分を害する人が居たら本当にごめんなさい。
先に謝っておきます。

でも、「死刑になれ!」
っていう発想って一体どう言うもんなんだろね。
日本人特有かなあ。
この発想に興味がわいてきたよ。
ドイツ人なら絶対に考えつかない発想だからねえ。
死刑イコール悪!!っていう考えが欧州では
支配してるからねえ。
つまりこういうのは、結構な上から目線コメントになるわけで、
通常ならば猟奇殺人犯とか原発事故責任者に対して
発せられるコメントかなと思うわけで。

ってことは。
「反米である」と言う事はそれだけ罪深い
ってことなのかもね。笑
死刑にアタイするほど罪深いんですわー。

または・・・今回のはただのやっかみ発言とも取れるけど。

どっちにしても書き込んだ人の民度は低いね。
[PR]
by kuronekomusume | 2012-07-17 05:15 | 日記 | Comments(11)

映画評のような~

うーん、なんだか昨日、今日と
体調が思わしくない。
熱は無いし、セキもしてないし、
のどが痛いわけでもないから
風邪ではないんだろうけど。
体が重いというか。
だるいんだよねー。

なんだろかー。
最近なんか平日も休日もバタバタだから
疲れかなあ。
歳のせいかー。

それとも。
おととい、昨日とむさぼるように本を
読みすぎたかなー。
なんかね、今夢中になってるシリーズがあって
一日1冊の勢いで読んでるところなんす。
平日に1冊読みきるのって・・・
やっぱ体に良くないのかもしれんわーと。
大変続きが気になるところだけど
今日はグッと我慢してはやく寝よう。
明日、あさってと久々に出張だし。

ほんとはそろそろ映画評を書きたいんだけどねー。
書き出すとまた2,3時間かかるから
1本だけにしておくかな。
(って書くのかー!)

まあ、以前にも書いた事のある映画だと思うので
いつもの映画評とはちょっと違った感じで。

アタイがもっとも好きな映画監督と言うのは
やっぱり何と言っても岩井俊二氏なんす。
結構いろいろ映画を見てるほうだと思うし
邦画も少しは見てるんだけど。
やっぱり一番好きなのは岩井氏なんだよねー。

アタイの好きな監督たちについても
記事を書いてみたいなーと思いつつ。
もしかしたらそのうち好きな監督が変わるかもしれんから
まだまだ~と思ってたら
数年が過ぎてて。
なおかつ全然好きな監督リストに変更が見られないから
結構不動なんだなーと。

ま、その中でも岩井氏が特に好きなんよねー。

というのもアタイが好きな映画ベスト10の中に
岩井氏の作品が2つも入ってるからなんすわ。

アタイが好きな映画に選ぶ基準は
内容とか全部が気に入って感動した!ってこと意外に
「何度でも見たくなる映画であること!」
って言う条件があるんだよね。
これって結構重要だと思うんだわ。
1回見て「すんばらしー!!!」って感動しても
2回目見てみたら「あら。そんな言うほどすごくないなー」
ってのが結構あるんでね。

まー、とにかく。
岩井監督作品の中でクロネコが特に好きなのは
「スワロウテイル」と「リリィシュシュのすべて」ですわ。
この2つはまったくもって内容が異なるんだけど
どっちもすごく好きで何回も見てる。
スワロウテイルにいたっては、日本語版とドイツ語版の
DVDを2つ所持してて、日本人とドイツ人にお薦めできるよう
準備万端にしてる始末。

リリィのほうは長いので、そんな頻繁には見れないんだけど
でも何回も見てるなー。

ちょうど今日本をにぎわしてる例の、O2じゃなかった
大津市いじめ自殺事件のニュースを色々見てて。
って。
今更「えー!クロネコさんたらドイツに居るのに
良く知ってるねー」
とか言うコメントはやめてね。笑
いまどきネットを知らない人は居ないと思うけど
クロネコよくそういうこと言われるんでね。
反応に困るんですわーと。
アタイの情報源は基本ネットですから。
この事件のことは色々読んでますよーと。

被害者の少年がいじめられていた内容のグロイやつを
ネットで目にして。
ああ、ああ。
こういうの本当にあるんだーとなんだか
考えさせられてねえ。

岩井氏の映画「リリィシュシュのすべて」は
そういう要素のある映画なんすわ。
まさにドイナカの中学生たちが同級生に
暴力を振るったり、恐喝したり、
みんなの前でマスターベーションをやらせたり、
女子生徒のことも脅迫して売春させたり・・・。
まさに中学校での犯罪てんこ盛り~な映画なんすわ。

でもそこは岩井俊二氏なので、描き方が叙情的で
とてもキレイに撮ってるんだよね。
内容はグロイのに、映像はキレイなんす。
若さゆえの痛々しさとか、みずみずしさが
対照的に描かれていて、引き込まれるんだよねー。

アタイがこの映画を最初に見たのはDVDレンタルだったので
多分8年くらい前なんだけど。
ものすっごい衝撃を受けたんだよね。
こんなことを中学生がやるはずない!って思ったし。
田園牧歌的な美しい景色に囲まれたドイナカで
こんなヒドイことをやらかす子供がいるなんて
信じられん!
こういう発想は高校生になってから起こること
なんじゃないの?
って思ってねえ。
c0016407_591164.jpg


でもね、この映画のレビューをどっかの雑誌で
見た時に、ライターの人が「自分の中学時代を
思い出して胸がヒリヒリ痛んだ」って書いてあったんす。
だから。
多分どっかの中学ではこういうすさまじい事が
行われてるのねーって薄々は認めてたんだけど。

今回の大津の苛め事件に関する記事を読んでると。

ああ、本当に中学生がこういうことをするんだなと。
残酷なんだなと。
ま、さすがに今回の事件では女子を巻き込んでの
売春強要は無いけど、
男子中学生に対してやってるいじめの内容は
かぶるものがあったので。
なるほどなーと。

まあ、大津の方は保護者とか教育委員会とか
市の警察とかが隠蔽工作をしてたとかって話なので
映画よりもヒドイんだけど。
映画のほうは大人たちはまったく、本当にまったく
気がついて無いんだよね。
教室で何が起こってるかに関心もなさそうだし。
あ、ってことは大津もそんなもんだったのかな。
大人なんてそんなもんなのかな。

都会こそ恐ろしいところだと思ってたけど
実は田舎の中学のほうが恐ろしいところだというのが
大津事件とこの映画の共通点かなあ。

クロネコの中学では田舎だったけど幸いにも
ココまでヒドイことは無かったと思うんだわ。
でもアタイが一番戻りたくない時代は
中学時代だけどね。

話を映画に戻すとね。
この映画は田舎の中学生が流行のミュージシャン、
リリィのファンで、その音楽になぐさめられてる
って言うような感じなのよね。
クライマックスで、主人公の少年が鬱積した思いを
遂げるためにある行動をとるんだけど。
・・・。
クロネコものすごく共感しちゃったのよねー。

映画で苛めてる方も歯止めが利かなくなる自分を
どうすればいいのか悩んでる感じだから
まあまだ救いがあるっちゃーあるんだけど。

もうね、この映画で演じてる俳優さんたちが
どいつもこいつも素晴らしいんだよねー。
主要なキャストは全員今となっては売れっ子さんたちだよ。

屈折したいじめっ子の忍成修吾くんの演技が
ずきずき突き刺さってとっても印象的
なんだよねー。
すばらしいよ。

主人公のハスミ君役の市原隼人さんは・・・
今じゃなんだか体育会系バリバリな感じになっちゃって
あのきゃしゃーでひ弱なハスミ君の面影が
なくなってるのが寂しい限りですわ。

で、アタイがこの映画を見て衝撃を受けたのは
なんと言っても女子生徒ふたり。
一人は伊藤あゆみさん。
やっぱ彼女の行動は衝撃を与えるよねーと。

そんでそんで。
クロネコが一番心臓をわしづかみにされたのは
蒼井優ちゃんだなーと。
アタイこの映画で初めて優ちゃんを見たんだけど
「この子は一体!!!」
って一目見てとりこになりましたわ。
役柄もさることながら、彼女のあのとんがった演技が
またクロネコの中に刻まれてしまってねえ。
優ちゃんはあれから数年後にブレイクして
今じゃ押しも押されぬ女優さんになっちゃったけど。
クロネコが彼女の演技に衝撃を受けてファンに
なった時には、誰に言っても「さあ~?」
って感じで知名度低かったんだよね。
c0016407_510125.jpg


優ちゃんの作品は今でも時々見てるんだけど
リリィシュシュでのあの完成してない演技が
アタイは一番好きなんだよね。
普通っぽいというか、中学生っぽいというか。
作られた感じがしないのって伝わるんだなー
って思って。
岩井氏は優ちゃんをなんて魅力的に撮る
監督なんだろー!!!
って胸を熱くしてたのが懐かしいなー。笑

余談だけど。
アタイはときたま映画で俳優さんや女優さんに
ビビビビ!っとくることがあって。
売れてても名前と顔が一致してない場合はともかく。
無名の人にビビビと来ることが多いんだよね。
で、その人の演技と存在感が映画を見た後でも
じんわりまぶたの裏に焼きついてるんだわ。
そういう役者さんっていうのは確実に
数年以内にブレイクしてるんだよねー。
クロネコこれまでに数人そういう人を
映画の中で見つけたんだわ。

やっぱり優れた役者さんっていうのは
スクリーンを通してその存在感を訴えるパワーを
持っているんだと思う。
見る人を、うわああああって圧倒する力をね。

ちなみにアタイがこのパワーを感じられるのは
日本の役者さんに限るんだわ。
欧米の役者さんは基本演技がお上手なので
圧倒できて当たり前~な感じがあって。
発掘は難しいんだわ。

日本の映画監督さんたちって、
まさにこういう役者さんたちを発掘してるわけだから
光る原石を見つけたときは嬉しいんじゃないかなーと。
オレが見つけたんだー的なね。

c0016407_5125458.jpg


そうそう。
リリィシュシュね。
一点だけ、どうかなーって思ってることがあって。
それはさ、中学生のような若くて元気な時に
リリィのような女々しい音楽を聴いてるのは
どうなんだろって話。
キミたち、パンクとかロックとかもっと
骨のある音楽を聴けよ!
この時期に聞かなくていつ聞くんだ!?
ってね。
リリィの音楽はすごくキレイだし、
ドビュッシーと繋がってるところも
好きなんだけど。
中学生がこんな繊細な曲に感情移入してちゃ
いかんよー!そんなんじゃ負けちゃうよー!
ってアタイは思ったね。

若者よ、内側から怒りを沸かしてくれるような
熱い音楽を聴けー!

で、映画評は。
もちろんアタイの中では☆5つだよ。
書くまでも無いね。

まだ見たことが無い人はぜひぜひ
見てみてくださいな。
本当に胸がヒリヒリするよ。
田舎の中学校の実態が分かると思うし。
って。
この映画10年近く前なのに、色あせてないのは
中学校って言う閉鎖空間に問題があるのか
岩井氏が先を行き過ぎてたのか・・・。

劇中で歌われてる「翼をください」も
ぐっと来るよー。
c0016407_5141972.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2012-07-12 05:14 | 映画評 | Comments(7)

バカがまた来たよ。

ちくそーめ。
さっきまたエホバが勧誘に来たよ。

あの人たちは病気だよね。
自覚してないところがヤバいと思う。
世間から疎ましがられてるのに。
厚い信仰心で他の人も救わなきゃと
マジメなんだろうね。

つーか、ホントに自費でわざわざドイツくんだりまで
日本人を勧誘しに来るだなんて。
お金の無駄遣いだけじゃ無くて、
まさに人生の無駄遣いよ。

日本人家庭をデュスで探しまわる前に
村上春樹の1Q84を読めってんだ。
2チャンを読めってんだ。

けど、クロネコんちには定期的にエホバが来るから
ココには日本人が住んでるよって、
エホバ内部で申し送りがされてるのかもね。

何度も言うように、クロネコはカルトが嫌いなんだよ。
人に押し売りする所が特に許せないし。
弱味につけ込んでくるところが詐欺なんだよね。

エホバお断りの貼り紙を日本語で書いておきたいわ。
プンスカ!!!
[PR]
by kuronekomusume | 2012-07-08 02:22 | 日記 | Comments(0)

最近のまとめなど

最近は少なくとも月に一度はベルリンに
行ってるかなあ。
これからはもっと頻度が増えるかな・・・?

ベルリンはいつ行っても楽しいけど
今は特に暖かいし、緑がいっぱいのなか
外を歩いてると気持ちが良いね~。

ベルリン・ユーバー・デン・ヒメル!?笑
ヴィム・ヴェンダースの映画「ベルリン天使の歌」の
ドイツ語タイトルは「Berlin ueber den Himmel」で、
意味は「ベルリンの上空」みたいな感じかな。
c0016407_452529.jpg

今回はクロイツベルクにある友達のアパートに
滞在したんだけど。
驚きの6階でしたよ。
下を見下ろすとまさに「ベルリン上空から~」な感じだったし
ちょうど友達の部屋の壁には「ベルリン天使の~」の
ポスターも貼ってあったので(多分同じ事を思ってるのかな?笑)
なんとなくアタイもそんな気持ちになったのですわ。

このアパートってば戦前の建物だから当然エレベータが無い。
階段で6階まで登ると・・・
息が上がるどころか、気を失いそうだったわ。
なんつーかね、キツイの一言です。
クロネコが今住んでるところは3階なので
エレベータ無しでも何とかなるけど
5階とか6階は絶対無理だね。

あとね、最上階はちょっと屋根裏っぽい造りなので
天窓があるんだけど。
もうね、朝寝どころか昼間で寝てるクロネコさんには
天窓は天敵だってことが分かったよ。
明るすぎてまぶしすぎてもう・・・イヤでも
目が覚めるっていう・・・。
そんで。
アタイが居た日は超大雨で、夜中すっごい勢いで
雨が降ってたんだけど。
屋根に叩きつける雨の音がまさに部屋に響き渡って
それはもう・・・。
耳栓とアイマスクが無いと屋根裏に住むのは
難しいんだなーって悟ったね。
飛行機じゃないんだからー!笑

ベルリンには・・・名前が分からないんだけど
この白い花が咲く樹がたくさん植わってて。
花びらとかがパラパラふりそそいでくるんだけど。
それよりももっと降り注いでくるのが
この花びらの良い匂いなんす~。
甘くてふわ~っとした暖かい感じの匂い。
とにかくステキな匂いなんだよ。
これが道を歩いてても香ってるし
この6階の部屋に居ても香ってくるんだわ。
とにかく良い匂い!
自然の芳香剤だね。
c0016407_4561531.jpg


クロイツベルクといえば・・・
西ベルリン・アナーキーの代名詞だったし
とにかくパンクとかアナーキストとか
貧乏人とかヒッピーとか、外人とか
そういうのが雑多に入り混じってるエリアなんすよ。
だから独特の雰囲気があって楽しいんだけど
そんな雰囲気ももはや風前の灯か?
って状態になりつつあるみたい。
やっぱ魅力のある街には成功してるアーティストやら
芸能人やら、お金持ちが移り住んでくるんですわ。
するとね、賃貸料があがっていって
その雰囲気を作り上げてた人たちには家賃が払えなく
なっちゃうんだよねー。
「もはやパンクではない」
「パンク・イズ・デッド」
って感じかなあ。
資本が入ってくるとコマースになるからねえ。
アタイが行った時も、住民がたくさんつらなって
「家賃値上げ反対~」なデモ行進をやってたよ。

クロネコはまたカフェ・クーヘン・カイザーへ
行って、お茶を飲んだ。
スペシャルアイスティーが美味しい気温でしたわ。
このサングラスは・・・道すがらひやかしで
のぞいたフリーマーケットで買ったもの。
5ユーロなだけあって、つけてるとすぐに
鼻が痛くなってくる代物。
でもフレームの赤が気に入ってる。
c0016407_52166.jpg


他の日にはガラクタ市にも行った。
そこはまさに・・・ガラクタだらけだったよ。
どう考えても「これあんたんちの物置から出してきたでしょ?」
みたいな代物が並べられててさ。
でもたまーに古いながらもノスタルジックなものも
あったりするので、見ていて楽しかったよ。
中にはアーティストが自分の作品を売ったりも
してて、そういうのをひやかすのが楽しいよね。
貧乏アーティストってアイデアが面白いなーと。
クロネコはピアスを買ったよ。
c0016407_542019.jpg

ベルリンはこういうのを色んなところで発見できるのが
本当に楽しいなって思う。
日本人の人たちがたい焼きのスタンドを出してたよ。
実はクロネコ大のたい焼き好きでさー。
日本に帰省時、たい焼きの屋台を見たら
ついふらふら~っと寄っていっちゃうくらい大好き。
そういやこないだは新橋駅でミニたい焼きなるものを
見つけてさ、思わず買ってしまったよ。
たい焼きはあったかいのが美味しいよね。
ベルリンのたい焼きは甘さ控えめのあんこでした。
もっと甘くても良いかもー。
c0016407_5754.jpg


トレープトロウ・パーク近くに住むお友達の
ところにも顔を出したりと。
シュプレー川沿いに住んでるんだわ。
いや、川の上って言ったほうがいいかな。笑
トレープトロウはソビエトユニオン色の強い
コミュニズム建築が並んでる公園で
これまた良い感じなんだよねー。
今回公園の写真は無いけど、シュプレー川の写真を。
向かい側は高級マンションだろうねー。
リバーヴューってやつかな。
c0016407_594381.jpg

ここに住んでるお友達はココ最近犬が来た!
ってことで。
超スィートなワンコが居た!!
名前は・・・ランズリットだったかなあ。
ハスキー系の雑種かと。
子供の犬はラブリーだねえ。
クロネコめはメロメロでしたよ。
かわいすぎ!
c0016407_512228.jpg


今回は電車でベルリンへ行ったんだけど。
ベルリン市はブランデンブルク州にまわりを取り
囲まれているんですわ。
で、ブランデンブルク州といえば、
恐ろしく経済状態が悪くて、と言うかビジネスチャンスが
ほとんど無いところなんす。
まあ、もと東ドイツだからしょうがないんだけど。
ついでにドイツ全土の中でもっともネオナチが多い州
だったりもするんだって。
貧困とネオナチは密接といわれてるからね。
でも逆に、工業地帯が無いのと人口が少ないので
自然がたくさんなのだ。
で、車窓からは数キロにわたって風力発電機が
建設されてるのが見えたよ。
数キロに渡って無数の風力発電機があるのは
なんだか圧巻だったねー。
機械から出る騒音というか振動音?も
これだけ無人なら公害にならないのかもねー。
c0016407_5164647.jpg


電車だと往復で8時間くらいあるから
絶対に本がいるぞー!と思ってて。
ちょうど会社の人が本を貸してくれるって話だったので
それをあてにしてたんだけど。
ちょっと意思疎通にミスがあって電車に乗る日に
ぬわんと本が無いことが発覚。
自宅に戻る時間も無いし・・・
8時間も本無しはピンチだ!と思ったので
電車に乗る前に日本書籍本屋さんへ駆け込んで
文庫本を1冊だけ大急ぎで買った。
なんせこっちで本を買うとべらぼうに高いので
1冊しか買えなかったよ。
無難に東野氏の本で、なるべく分厚い「殺人の門」にした。
結構おもしろくて行きの電車の中で読破
してしまいそうだったけど。
でも何とか帰りも持ち越したよー。
帰りはそのほかにアイフォーンにバットマンの
アニメもダウンロードして時間を潰せたかな。
バットマンのアニメは絵のアングルとか
色合いがとてもキレイなので好きなんだけど
内容はつまらなかったなー。笑

そうそう。
突然何の関係も無いけど。
以前ベルリンのsandoさんちで見かけた
四角いナミナミのフライパンに憧れてて。
ここ数ヶ月やたらと野菜の焼き浸しばかり食べてる
クロネコとしてはどうしてもあのフライパンが
欲しい!と思っててね。
で、1ヶ月ほど前に買ってあったので
使ってみたんだけど・・・。
良いね~。
油が落ちるところとか。
野菜がこげつかないところとか。
うん、うん、予想してたとおりで嬉しい。
デパートでは最初1万円くらいのを
薦められたけど、料理に興味が無いアタイに
1万円のフライパンはちょっと高級すぎるので
う・・・・んと渋ってたら店員さんが
じゃあと5千円くらいのを見せてくれた。
フライパンに5千円はねえと言う顔をしてたら
「ではあっちのセール品をどうぞ」と
2500円ほどのを見せてくれて。
うん、それなら買いだなと。笑
いやー、これからますます焼き浸しだよ。
sandoさんにポン酢の作り方を教わって
自分で作ってみたらとっても美味しかったー。
でも普段は面倒なのでミツカンを使ってる。笑
c0016407_5244216.jpg


クロネコあとね、ベランダでとあるものを
育ててるんだー。笑
10日目くらいで芽が出たよ。
はやく大きくならないかなー。
食べるのが楽しみ~。
c0016407_5255453.jpg

これね、長らくデュスの日本食スーパーで
手に入らなくて困ってたので
ええい、自分で育ててやるわー!と思ってさ。
きちんとした大きさになるまで
一体何日かかるんだろ・・・。

けど、植物とか花に興味が無かったクロネコが
自分で育ててるだなんて・・・
えらい進歩よねー!
と自分が一番驚いてるんだわよ。
クロネコ、ネコから人間に変わりつつあるのか?笑
[PR]
by kuronekomusume | 2012-07-05 05:28 | 日記 | Comments(2)

あんたがたどこさ♪

いやー。
なんだかドイツラントへ戻ってから
怒涛のような忙しさでして。
てんてこ舞いでねー。
仕事に追われまくって、せっかく休暇で
リフレッシュしても一気にハードワークで
現実社会にどっぷりですわ。
つーか、心臓が痛み出す忙しさ。
来週も忙しそうでなんともまあ。
週末にたっぷり楽しんでまたがんばるかーと。

それはそうと。
日本帰省時は九州へ行ったので
その時の写真を。
フェースブックは文章を書かないから
写真をバカバカすぐにアップできるんだけど
ブログは何だかんだ時間がかかるからねー。

「九州へ行ってみたいなー」
と言うクロネコの一声で決定した九州旅行どす。
おとっつあんと姉の3びきで出かけましたよ。
地元香川からJRを乗り継いで岡山へ行って。
いわゆる瀬戸大橋線を使うと岡山までは1時間ちょいなんす。
c0016407_7361682.jpg

c0016407_7365058.jpg

c0016407_7371742.jpg

で、そっからは山陽新幹線ですよ。
岡山から博多までの道中は・・・トンネルが多くて
景色とか楽しめないけど、でも久々の新幹線は楽しいね。

まずは博多で一泊。

福岡でちょっとぶらついてみようか~と
軽く考えてたんだけど。
特に行くところも無いしなーと思ってたら
野球大好きおとっつあんが
「交流戦を福岡ドームでやってるから
野球を見に行こう!」
ってことになって。
ええ、ええ。
初の福岡ドームへ行ってまいりましたよー。
c0016407_7354433.jpg

でもさ。
去年優勝したチームが最下位争いをしてるだなんて
アタイは知らなくて。
福岡ソフトバンクホークス対DeNAベイスターズの
カードを見に行ったんでね。
まー、結論から言っちゃうと、最下位争いするチームって
打線がいまいちだから、ほんとに貧打線だったよ。
1対0の結果だったけど、それは投手戦ってほどでもなく
単に打線がしょぼかったんだねーと。

でも。
久々の野球観戦は楽しかったわ!
福岡ドームの中は始めてだったけど、やっぱ良いね~!
けど意図的にか、ドーム内の空調を温度高め設定に
してあってさ。
蒸し暑いの何の。
ビールにアイスにカキ氷が売れまくってたよ。
絶対意図的だよね。
c0016407_7383213.jpg

これってHKT48だったような。笑
c0016407_7393538.jpg

こちらスタメン~。
つーか、アタイも日本を離れて7年目だし
野球からも遠ざかってるから知らない選手ばかりかと思いきや!
結構知ってる名前があって安心したよー。
c0016407_7403764.jpg

中村ノリにラミレスって~!って言いながら見たよ。
カブレラに岡島は今はソフトバンクなんだあ・・・とかね。
アタイはトラファンだから、中立な気持ちで試合を
見るんだろうなーって思ってたんだけど。
知らず知らずにアタイの心が応援してたのは
なんと、DeNAでしたわ。
何でだろー?と思ったんだけど恐らくはアタイが
セリーグファンだからだろうなと。
やっぱ、常に戦ってる相手だし、横浜銀行さまさまだし
ベイスターズを嫌う理由がトラファンにはあんまり無いんだよね。笑
それに知ってる選手も多いしねえ。
トラはよくしてやられてるらしいけど、ピッチャー好きの
クロネコは先発三浦ってことで、三浦をウォッチしてましたわ。
味方の援護さえあれば勝てるピッチャーなのになーと。
ピッチャー好きにはあの貧打は見てらんなかったよ。
許しがたいねえ。

あとDHってバカスカとピッチャーを交代するから
なんか見ていてへんな感じがしたなー。
セリーグだと、つなぎをどうするか?が戦略の一つに
なってるから(どの代打をだすか?とかね)
それも見ていて面白いんだけど、
DHだと急に変わったりして味気ない気がしたなあ。
それも慣れなのかな?

球場は3万人ほど入ってたんだけど
ソフトバンクは地元にすっかり根付いててすごいね。
地元のファンが通いやすいようにソフトバンクが
色んなサービスをやってるみたいだったし。
アタイらが4000円近く払ってる席を彼らは
900円で買えてるという・・・
なんとなく不公平感は無きにしもあらずだったけど
一見さんだからうちらはしょうがないわなーと。
そのおかげなのか、ファンは比較的若い人が多かったよ。
なおかつ女性ファンが多くて驚いた。
普通の球場だと6割以上が男性客なのに
福岡ドームは5割ほどが女性だったよー。
イケメン選手が多いんだろうかね?

ドームだけど、東京ドームと違って空圧調整を
してないのでジェット風船を飛ばせるんだね。
ラッキーセブンでみんな用意してたなー。
チームカラーは白かと思っていたら
風船はみんな黄色でした。
阪神は色とりどりなのでこれも面白いなーと。
c0016407_7511657.jpg

この文化って阪神が発祥かと思っていたら
帰省の前夜に見たアメトーク「カープ芸人」で
「あれは広島が発祥です!」って言ってて驚いたよ。
つーか、カープ芸人超面白かったよね。
やっぱ野球は歴史が長いからマニアックなファンが
いっぱいいて楽しいなーって思ったわ。
そういえばマツダ球場も山陽新幹線の広島駅の
ちょい手前くらいから、すごく良く見えたよ!

野球はデーゲームだったので、夕方はキャナルシティへ。
これが。
クロネコはうすうす気がついてたんだけど
ほんとしょぼかった。
テレビでさえ何だかなーって感じだったもんね。
完全なアメリカナイズ・モールだよね。
c0016407_851610.jpg

c0016407_85387.jpg

ラーメンを食べに行ってきたよ。
いっぱいラーメン屋さんがあったんだけど
どこも呼び込みをしてて。
クロネコだけが何故か「アニョハセヨー」と
店員から声を掛けられる。
・・・。
ええ、ええ、分かってますよ。
韓国とか中国からの観光客が多いのは。
で、そういうところに行くと必ずアタイは
日本人じゃないと言う扱いを受けるんだよね。
クロネコの心情的には、韓国人よりも
中国人扱いされる方がまだマシなんだよなー。
だって最近の中国人はお金持ちだし、
垢抜けてる人が多いんだもん。
韓国は・・・理由は無いけど直感的に
ダメなんだよねー。
冬のソナタが日本で流行りだした時から
あのだっさい雰囲気がどうしてもアタイの感性には
受け付けなくてさ。
韓流は今まで一本も見たことが無いし
今後も見ることは無いかなーと。
なのに、よりによってアタイは韓国人ぽく
見られるんだよねー。
理由を考えたんだけど。
恐らくはアタイの服装に原因があるんじゃ
無かろうかと。
アタイは濃いピンクが好きで、結構そういう
色合いの服を着るんだよね。
で、今回注意深く九州、四国、東京で
若者たちのファッションカラーをチェックしたんだけど。
見事こんな色を着ている日本人は居なかったし
そもそも売ってるのも見なかった。
あらま。
この色を好む時点でなんか日本人ぽく無いんだろうね。
でも、クロネコは止めないよ。
たとえ韓国人に間違われようが、チャイニーズ扱いされようが
濃いピンクを貫きますわー。
パステルピンクを着れば日本人になれるんだけど
アタイ、パステルは嫌いだからねー。

肝心の博多ラーメンは・・・
なんだか濃くがありすぎるやつを食べてしまって。
普通のオーソドックスな博多ラーメンが食べたかった
クロネコとしては、こういう持てはやされ系は
あんま美味しくないなーと思ったね。
教訓、流行系は避けるが勝ち。
c0016407_835769.jpg

見た目は美味しそうだけど、塩味がきつくて
いまいちでしたわー。
全部食べたけどさ。

キャナルシティがしょぼかったから
ココは中州あたりをぶらついてみようかと
出かけてみた。
c0016407_872752.jpg

屋台が出ててまあ雰囲気は良いよね・・・
と思いたかったんだけど。
中川だっけ?水質が悪すぎてびっくりしたよ。
へどろみたいな川じゃないのー!
汚ーい!
行政は何をやってるんだろうね?こんなんで観光客を呼んで
恥ずかしくないのかな?
c0016407_882510.jpg

c0016407_884934.jpg

前日雨とか降ってなかったよね・・?!
うーん、この汚さはちょっとショックだわ。
東京でもこんなに汚くないよ。
神田川とか、隅田川とか、こんなへどろ川じゃないからねー。
中川ありえない・・・
と言うのがアタイの感想ですわ。

翌日は熊本へ移動。
クロネコまったく知らなかったんだけど
いつの間にか九州には南北に新幹線が開通してたのね。
博多から鹿児島まで新幹線が通ってるんだよ。
まあ、鹿児島から東京まで直通じゃないけど
大阪までは行けるようになってる。
その名も・・・さくら!
c0016407_812238.jpg

熊本までたったの1時間!
近過ぎて旅情を感じられないくらい。笑

熊本駅前のレンタカーにて車を調達して
いざ阿蘇へ行くことに。
老齢なおとっつあんに運転させるのは
忍びなかったんだけど。
アタイが運転するともっと心労が募るかなーと思って・・・
なんせバリバリのペーパードライバですんで。
c0016407_8152669.jpg


阿蘇にはアタイが小学生の頃家族旅行で
行った事があって。
なおかつ。
中学の修学旅行でも阿蘇に行ってるんで
3回目の阿蘇なんだけど。
何度行っても良いところだよ。
というより、子供にはこの良さは分からんのだなー
って今回思ったね。
クロネコ今までは特に感動とかしなかったけど
今回は心底感動したもん。
とにかく熊本は美しいところだよー。
超おすすめ!
新幹線代が高いのが難点だけど・・・。

この阿蘇は外輪山ってのがすごいんだよね。
阿蘇山自体はそんな大きく無いんだけど
むかーしむかし火山爆発した残りの部分だっけ?
それが阿蘇山を取り囲むように残ってて
それが外輪山って言うんですわ。
これがさー、とてつもなくでかくてねえ。
アタイ最初は何かの山脈かと思ったもん。
それくらいでかいのだよ。
c0016407_8194826.jpg

外輪山に囲まれた平地には田んぼがあって
これまた良い景色だよねー。
c0016407_8204733.jpg


お昼は道沿いで見つけた地元料理屋で「だご汁定食」を食べた。
だごっていうのは「だんご」のことで
すいとんみたいなやつが入ったお味噌仕立ての汁のことかな。
で、名物高菜メシをたらふく食べた。
c0016407_8233455.jpg

台風が近づいてるって事だったから、雨が降るかなあ~
って心配してたんだけど、曇ってはいたけど
この日は運よく全く降らなかったんす!

そして、いよいよ阿蘇山へ近づいていきますかねーと。
c0016407_8243059.jpg

c0016407_824512.jpg

c0016407_8251068.jpg

c0016407_8253125.jpg

↓こちらは米塚。阿蘇山じゃないよー。笑
c0016407_826359.jpg

再び阿蘇山。↓
ドライブウェイにはさすがに視界をさえぎるような
建物も看板も無くて本当に自然がいっぱいで
見てるだけでしあわせーな気分だったよ。
c0016407_827335.jpg

c0016407_8275027.jpg

こちらは草千里。↓
中学の修学旅行ではここでゴミ拾いをやったんだけど
当時はとても巨大な草原だと思ってたけど・・・
意外と小さかったよ・・・。
c0016407_8285728.jpg

ドライブウェイは・・・すれ違う車も少なくて
良い気分だったー。
台風が来ようかと言う平日は誰も出かけないもんね。
c0016407_8295857.jpg


せっかくだし~ということで。
阿蘇山の噴火口にも行ってみたよ。
ココは初めてだったんだけど。
なかなか迫力があって楽しかった。
ガスが出てるから喘息の人は入っちゃいけないとか
色々規制があったよ。
阿蘇山は生きてるんだなーって実感が湧いてくる
もくもく感でした。
c0016407_8313010.jpg

c0016407_8315079.jpg

c0016407_8323549.jpg

c0016407_8325394.jpg


草原には牛もいてのどかー。
c0016407_8334044.jpg

c0016407_8354482.jpg

c0016407_8361048.jpg


阿蘇山の自然の恵みから
湧き水の水源がたくさんあるんだよね。
そのうちの一つにも立ち寄ったよ。
あまりの水の清らかさに心が洗われるようだったわー!
コレは写真を見るだけでも癒される!↓
c0016407_8374562.jpg

湧き水のあるところは神社になってます。
c0016407_838175.jpg

c0016407_8385774.jpg

ココからコンコンと湧き出てるのだ。↓
c0016407_8392238.jpg


またまたドライブ~。
景色がうつくしすぎる~。
おとっつあんも楽しそうに運転してたよ。
c0016407_8401393.jpg

c0016407_8403819.jpg


まだまだ宿のチェックイン時間には早いから~と
大観峰へ立ち寄ることに。
ココがまた素晴らしかった!
外輪山の上から下を見下ろす絶景ポイントなんだけど。
とにかく目に入るものすべてが美しかった。
なんつーかね、外輪山って山ではあるけど
火山灰が降り積もった山だから
中腹より上には木が生えてないんだよね。
標高は1000mくらいだから普通なら
まだ木は生えてもおかしくないんだけど
笹しか生えてないのだ。
遠めに見ると芝みたいだけど近くで見ると
笹なのだ。
c0016407_843337.jpg

c0016407_843549.jpg

天気がくもってたので、写真ではこの大パノラマが
生かしきれないのが残念な限りだけど
下は見渡す限り田んぼで、本当にキレイなんだよ。
なんだか圧倒的な美しさ。
ハンググライダーとか出来たなら、斜面をだだだだっと
走って飛んでいきたい気分になる美しさ。
夏場は観光客でにぎわいそうだなーと。
アタイらが行った時は数人しか居なくて貸切状態だったよー。
c0016407_8444697.jpg

c0016407_845143.jpg

c0016407_8451972.jpg

お地蔵さんがいらっしゃいます。
c0016407_8465359.jpg


景色を堪能したあとは・・・
本日の宿である黒川温泉へ。
おとっつあんお薦めの温泉地帯。
クロネコは全然知らなかったんだけど良いところだったよー。
そんなに古くなくて、料理が自慢のステキな宿でした。
c0016407_8493262.jpg

部屋には露天風呂が2つも付いてて。
一つは目の前のやつで、もう一つは後ろに見える小屋。
これらがアタイらの部屋の内風呂なんすー!
c0016407_8495295.jpg

小屋の中はこんな感じ。
c0016407_8504458.jpg

へりに頭をおいて、木の上に足を置いて
うたた寝が出来る仕様になってるのだ!
これが超気持ちよくて最高だったよー。
クロネコはこのお風呂にも入ったよ。

で、こちらは部屋付きのお庭。
ステキだよねえ。
カエルに出くわさないようにちょっとドキドキしたけど。笑
c0016407_852953.jpg

c0016407_8523267.jpg


宿のすぐそばを川が流れてる。
c0016407_8534755.jpg

宿は各々の部屋が離れのようになっていて
独立した形なんす。
c0016407_855238.jpg

c0016407_8561254.jpg

アタイらは8畳くらいの部屋で3人で泊まりましたよー。
一人部屋とか出来ない仕組みなんでね。
運よくアタイら以外には1組しかお客が居なくて
ほとんど貸切みたいな感じだった。
ぜいたくだねー。

お庭も手が入ってて本当にきれいだった。
カモがたくさん居たよ。
なおかつ旅館が飼ってるネコがいっぱい居て
ネコ好きには楽しいかったな。
ネコちゃんたちは超警戒心が強くて
ちっとも近づかせてくれなかったけど。
c0016407_8574155.jpg

c0016407_8581663.jpg

囲炉裏端の小屋もあった。
c0016407_8585844.jpg


そしてお楽しみの夕食。
部屋ではなくて食事は別棟だったけど
ココも良かったよー。
晩御飯はとにかく量が多くて大変だったけど
どれもこれも美味しくて大感動だったなー。
和食って少量で沢山の種類が出てくるのが良いよね。

前菜セット。
器が小さいけど全部食べたら結構な量だった。
c0016407_903198.jpg

熊本といえば~の馬刺し!たてがみつき。
以前東京で食べた馬刺しは脂っこかったけど
熊本の馬刺しは新鮮で胃もたれなんて全然しなかったよ。
c0016407_904898.jpg

こちらはヤマメです。
c0016407_923767.jpg

畑をたがやすクワを熱して、その上で
熊本のあかべこを焼いて食べた。
うますぎたー。
c0016407_93644.jpg

茶碗蒸しとか色々。
c0016407_935561.jpg

デザート。↓
c0016407_943267.jpg


翌朝~。
ひとっぷろ浴びましたよー。
大浴場と言うか露天風呂。
毎日男女の湯が入れ替え制になってたので
前日もはいったし、翌日も入った。
温泉は計3回だけど・・・肌がつるつるになったねー。
もうその効果は消えてるけど2日間くらいは
つるつるだった!
やっぱ温泉良いね~。
c0016407_961962.jpg

c0016407_963677.jpg


翌朝の朝食も豪華だったよー。
写真撮ったんだけど、痛恨の手振れでヒドイ出来上がりだったので
載せられないのが残念っす。
こちらはおかゆにいろいろ薬味をぶっこんだ写真。笑
c0016407_983466.jpg

後ろに小さく見える卵で、たまごかけご飯を食べたんだけど。
うますぎて感動だったよ。
たまごの味がさー、こんなにうまい卵が合って良いのか!
ってひとりうなりながら食べてたね。
おかわりをしたかったけど、おとっつあんに
「たまごは一日1個までだ!」と止められ断念。

台風がいよいよ本格的に九州に上陸してたので
これはまずいなーと急いで帰り支度。
朝9時に宿を出て、また熊本駅に戻って
新幹線で岡山まで行ったんだけど。
新幹線てばどんな時も動いてくれて心強いよね!

けどさ。
クロネコんちは四国だからさらに海を渡らなくては
ならんくてねー。
最悪な事に瀬戸大橋線は止まってましたよ。
完全不通。
当然フェリーも止まってて。
うーんとうなるクロネコ一家。
いやー、四国って別の島なんだなあ、とか。
本州から見放されてるのねえ~
と言う現実を突きつけられたよ。

復旧の見込みが無いけど、どうしようもないので
お昼1時過ぎからJR瀬戸大橋線が動き出すのを待つ事に。
ヒマだからNHK岡山の建物へ行って
昼の間中ニュース速報を見続けたり、
近所のカフェに行って1時間コーヒー1杯でねばったり。
夕方6時に夕食を取って、いよいよ決断。
このまま待ち続けて家へ帰るか?
はたまた岡山に泊まるか?
で、結局行ける所まで行こうぜ作戦を実行。
つまり瀬戸大橋一歩手前の駅まで何とか行くことに。
そこまでは電車は動いてたんでね。

で、そっから開通するまで2時間ほど時間を潰したよ。
いよいよ9時過ぎのJRが瀬戸大橋を渡りますよー
今係りのものが検査してますよー
ってことだったんだけど。
これが大変だったのよ。

なんでもね、瀬戸大橋って人力で検査するものらしくて。
つまり、人が橋を渡って検査するんだって!
このご時勢にそんなことやってるとは!!!!
ってクロネコ驚いちゃったよ。
しかもさ、本州側はそんな橋の事は知った事ではないらしいので
JR四国が頑張らんといけないらしく。
まあ、予算の少ない貧乏会社ですから人も少なくて。
全長約7キロの橋を歩いて渡って検査するには
3時間も掛かったのでした!
クロネコたちが家にたどり着いたのは夜11時ごろだったかな。
正味岡山駅では9時間くらい過ごしたよ。

いやー。
なんつーか、帰りが辛かったね。
おとっつあんがその後体調を崩しちゃって大変でしたわ。
老体には堪える旅になっちゃって悪いことしたなあと。
でもスーパー楽しかったんだけどね。
ちょっと次回は時期を考えたりしないとねー。
梅雨時はダメだなと。
でもさ、昔は梅雨時にこんなすごい台風なんて
来なかったのにねえ。

とまあ、こんな感じの旅だったのでした。

きゃー、この記事書き終わるのにやっぱり2時間
かかっちったよ!
寝不足になるー。
以上で「肥後旅行記」おわり!
[PR]
by kuronekomusume | 2012-07-02 09:18 | 旅行記 | Comments(2)