死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クロネコの医学的選択

なんだか・・・
書きっぱなしでしばらく更新せずに余計に
ご心配をおかけしてるかもしれないですねー。

実は今は治療中なのでアタイは会社には
行ってないんです。
ってことは、ヒマをもてあましてるのかと思いきや。
意外とやることが多くて忙しいんですわ。

ちょっとアンジーっぽい感じの
タイトルで、アタイの医学的選択・・・
と言うか、あんま医学的でも無いんだけど
それについて続きを書いてみます。

実はクロネコこれまで乳がんに関しての
知識が一切無くて、あんまよく分かって
無かったんだよね。
まさか自分がなるとは思ってないからねえ。

でもまあ、生存率の高い癌という印象はあって。

だから、最初からそんなに悲観的な気持ちには
なってなかったんだけど。
色々なことを知ったり、聞いたりするうちに
かなり精神的に浮き沈みがあって
思った以上にへこたれましたねえ。

最初に告知されたときは平気だったんだけど。
アタイは徐々に来るタイプなので
今回も、じわじわじわじわと怖くなってねえ。
告知から手術までは1週間しか
無かったんだけど、そのときが一番落ち込んだかな。

アタイは精神的にタフな女性にあこがれてるので
そうなりたいなーといつも思ってて。
少しはタフになってきたかなと調子づいて
思ってたんだけど。
いやいや、どうして~。
クロネコってばぜんぜんタフじゃ無かったよ。
その1週間は相当落ち込んで泣いてましたんで。
自分って何て弱い人間なんだろう・・・
ってつくづく思い知ったと言うかね。
恐怖感に打ち勝てない精神状態だったから
アタイって弱いなあって思ったんだわ。

何でそんなに弱い気分になったかと言うと。
転移してるかもしれない・・・と思ったからで。
その検査が手術前にあったんだよね。
肺と、肝臓と、骨に転移してないかどうかを
手術前に検査してくださいとドクターに言われて。
それが恐ろしくてねえ。
死の宣告並みに恐ろしかった。
だって骨に転移してたらどうしたら良いのか
分からないでしょ?
まったく自覚症状無いけど、見えないから
良く分からないし。
もしかしたらって思うと怖くて怖くて。
仕事に行ってたので昼間は平気なんだけど
夜は恐怖で涙が止まらなかったんだー。
おとっつあんに泣きながら電話したいのを
必死でこらえて。
んなことしたら心配かけるし、
すぐ日本に戻って来いって言われるかもー
と言う恐れもあってねえ。
おっかさんの写真を見ながら泣いてたんす。

でね、びびりながらも検査を受けたところ。
肺も、肝臓も、骨も全く何にも転移してなくて
ぜんぜんオッケーだったんす!
もうあのときのうれしさと言ったら無かったよ。
そしたら気分がすっごく軽くなってさ。
ほんとに生き延びたー!って感じで。
すべてにこれでケリがついたわー!って
勘違いしそうになるくらいうれしくて。
まだ手術してないのにね。
自分の身体、ありがとー!って感じよ。
前の晩まで泣いてたのがうそのように
その日からは無事に立ち直って
いつものアタイに戻ってた。
立ち直りがこれまた早いのがとりえだからね。

なので、手術自体ぜんぜん平気で。
実際手術は40分くらいだったし。
前の日とかに仲の良い友達に電話して
おしゃべりしたり。
術後も散歩したりと元気だったし。
意外と大したこと無いのねーって思ってて。

とはいえ。
まあ一部切ってるから、後で痛みが
あったりはしたんだけどね。
大体1ヶ月くらいは痛かったかなー。
厳密に言えば今もまだ痛みがあるんだわ。

手術では、胸の腫瘍以外に
リンパも2つ切除したんだけど。
どっちも転移はしてなくってこれまた
セーフ!だった。

で、こっからがアタイの医学的選択に
なるんだけど。
なんせ手術は有無を言わせず即入院だったから
ほとんど考える間もなく受けたので
選択も何も無くて、医師に言われるがまま
すぐ手術しちゃったんでね。

乳がんと言うのは取ってみてから
それを細胞検査にかけて
どういうものかを調べたうえで
その後の治療方針なるものが決まるんですわ。
それが今の世界的な乳がん治療のプロセスだそうで。

腫瘍の大きさには関係が無くて、
どんだけ成長率が速いかとか、
悪性度が高いかとか、
そういうのを総合して調べるんだとかで。
乳がんで怖いのは、「転移」と「再発」だから
この状況を調べるのがポイントなんだそう。

で、その結果どういう治療になるかなんだけど。
一番軽いコースは「放射線治療のみ」
っていうやつかな。
これは痛くも無ければかゆくも無い。
放射線を浴びるだけなんでね。
けどある意味被爆だから、身体に良いのかどうか
って話になると、そこは疑問ではあるんだけど。

基本的に、乳房を全部摘出してない場合は
胸に腫瘍の細胞が残ってるといけないから
絶対に放射線治療は受けないといけないらしくて。
というか、現代医学ではそういうことに
してあるようです。
全員マストなんだよーと
言うのが病院側に手術前に言われた話です。

二つ目の治療コースは
「放射線治療」プラス「抗ホルモン剤服用」
ってやつです。
乳がんと言うのはエストロゲンという
女性ホルモンが活発になると発生すると
言われているので。
このエストロゲンを抑えるために
抗ホルモン剤(つまり男性ホルモンかな)を
錠剤で服用して、再発を抑えるらしいんだわ。
で、これが聞こえは軽いんだけど。
実際は副作用が結構あるそうで。
しかも5年以上服用しないといけないんだとかで。
聞くだけでも気が重い話なのよね。

で、最後の一番重たいコースが
フルコースバージョンですわ。
「放射線治療」プラス「抗ホルモン剤服用」
そして、「抗がん剤投与」ってやつね。

恐ろしいよね。
抗がん剤だよ、抗がん剤。
クロネコは抗がん剤が何より嫌いでさ。
これだけはどうしても嫌でさ。
乳がんの告知をされた際も、抗がん剤だけは
絶対に嫌ですっ!!!
ってドクターに言い放ったくらい嫌でさ。

でね、クロネコの手術の結果は一体どの治療に
なるのか?ってことで。
しばらく待つ必要があったんだけど。
1ヶ月くらい待ったかなあ。
この期間がまた恐怖でさ。
クロネコ最初の1週間は夢にうなされたんだわ。
術後から「抗がん剤治療をするように」
って言われたらどうしよう・・・
ってずっと悩んでたのもあって。
とにかくその告知が恐ろしくてさ。
だから毎晩夢にその告知シーンが出てきて
うなされてたんだよね。
この告知もまさにアタイには死の宣告並みの
恐怖でさー。

けどね、それが1週間ほど続いた後で
クロネコ急に吹っ切れてさ。
なんでおびえないといけないのよ?!と。
この時点でアタイは、医者は十中八九
抗がん剤治療をやれと言うに違いない・・・
という確信を持ってて。
じゃあ、それに対してアタイはどう答えようか?
何がやりたいのか?
何がやりたくないのか?
どうすれば良いのか?
って思うようになってね。
それからは真剣に考えるようになってさ。
医者に言われるがままの治療を
やるだなんて絶対に嫌だ!
って思ってね。

かなり調べましたよ。
かなりかなりがんばりましたよ。

ついでに。
術後10日目くらいからかなー。
クロネコは毎日散歩をするようになって。
1日1時間は歩くようになって。
それは今でもずーっと続けてる。
でね、歩きながら、自分の考えをまとめたり、
自然の中を歩くことで何が大切かとか
色々考えてね。
で、クロネコの医学的選択をしたわけなんす。

医者がどう言おうが関係無い!
自分の身体は自分の責任で決める!

という結論に至ったんす。
案の定ね、医者たちからはフルコースを
提示されたんだわ。
でもね、検査結果の数値をじっくり聞いてみると
はっきり言ってボーダーラインだったんだわ。
それは医者にしてみれば
「絶対抗がん剤をしないといけない」なんだけど。
クロネコにしてみれば、
「確信を持って、抗がん剤は不要」だったんす。
検査結果の数値とか関係なくアタイの
気持ちは決まっていたんだけどね。

クロネコの結論は。
抗がん剤治療はやりません。
抗ホルモン剤も服用しません。
放射線治療は要検討。

それがクロネコの医学的選択。

これを聞いた5人のドクターたちは。
ものすごくあわてちゃってねえ。
クロネコちょっと笑いそうになるくらい
冷静に見てたんだけど。
なんで、みんなあんなにあわてたんだろ?
ってくらい不自然にあわてたんだよね。
主治医のドクターなんて女性なんだけど
手がわなわなしちゃってさ。
ヒステリックになったくらいよ。
「とにかくこの場ではじっくり話せないから
来週アポを取り直して議論しましょう!」
これ以上の議論は無駄!と言わんばかりの勢いで
その場を終わらされる始末。
何なんだろこれは?って思っちゃった。
けどドクター5人に囲まれる威圧感は
なかなかのもんよね。
「この患者は専門家である私たちの言うことを
聞かないつもりなのか?許せない!」
と思ったのか。
「この患者は自暴自棄になってるのか?
転移再発しても良いのか?」
と思ったのか。
「抗がん剤治療で見込める利益を
妨害しようというのか?」
と思ったのか。
クロネコには分からないし、どうでもいい。

まあ、とにかく。
アタイは、
抗がん剤はやりません!の一点張りで
治療を拒否しちゃったんだよね。
普通の患者さんは医者の言うことを
よく聞いて、抗がん剤をやるもんです。
アタイはそれを否定しない。
それを信じていて安心できる人が大半なのだから
それでいいと思う。
アタイはそれをやると逆に不安になるから
やりたくないだけなんす。

ちなみにね、5人のドクターたちに
抗がん剤の効果はどれくらいですか?
って聞いてみたんだわ。
ネット情報なんかだと大体20%って言うけど。
なんと、乳がんの抗がん剤の効果は
「最低でも5%」
って言われたんす。
は?
たったの5%?
低すぎじゃない?
そんなの余計にやりたくないわー!
とアタイは思ったね。
だって、抗がん剤治療って正味1年掛かるんだよ。
薬の投与は半年って言ってるけど
同じ薬を入れた人のケースを見てると
1年掛かってるんだよね。
で、身体がぼろぼろになって、心身ともに
ずたずたになるんだけど。
その結果たったの5%しか再発予防が
出来ないとなると。
やる価値無しだなーとアタイは思うわけで。

そうそう。
乳がんでは何のために抗がん剤をやるかというと。
全身転移を防ぐためです。
乳がんの恐ろしいところは、腫瘍を摘出しても
目に見えない小さいがん細胞が体中に
散らばっていて、そこから癌が発生して
転移するケースがある事らしくて。
それを防ぐために全身の癌細胞を殺すべく
抗がん剤をやるんだけど。
健康な細胞にも同等に攻撃をしかけるので
副作用がきついことで知られてるんだよね。
そんだけ辛いのに、効果がたったの5%。
数値がすべてでは無いとはいえ、
ありえないくらい低いよね。

別の日にドクターが説明してくれたのが。
放射線治療をすると70%の再発防止効果があって、
抗ホルモン剤はそれに10%の効果が上乗せされて、
抗がん剤はそこに5%上乗せされるんだそうで。
なんだか。
ある意味納得。
抗ホルモン剤の効果は聞いていた通りだし。
それにしても。
治療がきついやつに限って効果が低いという・・・。
どういう仕組みになってるんだろうねえ。

ドクターは、クロネコが抗がん剤をやりたくない
と言うのはしぶしぶ承知してくれたんだけど。
今のところ抗ホルモン剤の拒否については
お願いだからやってー!と懇願されてる状況なんだよね。
懇願されようがされまいがクロネコの心は
決まっているから、やらないんだけど。
なんか、ドクターに説明するのが面倒くさくてさ。
理解してもらえなくていいので、
患者の意見を尊重しますってことで良いのになー
って思うんだけど。
まあ、アタイが代替療法を説明してないから
無理も無いんだけどねー。
けど、説明する気はさらさら無いし必要も無いと
思ってる。
ま、対策案は考えてあるので大丈夫です。

そんなわけで。
クロネコが今やってるのは、放射線治療です。
これは6週間毎日5分間放射線を浴びる治療なので
毎日病院に通ってます。
なので、クロネコは今会社を休んでるって
わけなのです。
6月末まで会社には行かないんだ。
ちなみにアタイの治療は朝の9時なので。
9時5分には治療が終わってる。
病院も家から徒歩10分のところにあるしで。
だから毎日時間がたくさんあるんだけど。
最初に書いたように、やることがたくさんあって
とにかく忙しいんだわ。

クロネコね、現代医療の治療を拒否してるけど
拒否だけして、そのまま今までどおりの生活を
送ろうとしてるわけではなくて。
むしろ真逆です。
完全にライフスタイルを変えるべく動いてるんだ。
自分なりに色々試してるし、これからも試す予定。
試行錯誤しながらがんばってるところなんす。

具体的には食事療法を取り入れることにしたんす。
詳細を書くと長くなるから、書かないけど
とにかく色々試してる。
で、それに加えて毎日運動を欠かさずやって。
そしてそして。
クロネコの決心を揺るぎないものにしているのが
飯山一郎さんが提唱されてる
豆乳ヨーグルトですわ。
コメのとぎ汁乳酸菌から作る豆乳ヨーグルト。
これがアタイの精神安定剤なんす。
ついでに腸の安定剤でもある。

現代医学を信奉する人はこういうのを馬鹿に
するかもしれないけど。
実際自分がアタイと同じ立場になったらなら。
果たしてどういう治療を受けるのか?
って話なんですわ。
結局みんな自分がその立場になってみないと
何事も見えてこないと思うんだわ。
アタイもそうだもん。
いまやクロネコは命が掛かってるから
真剣です。

現代医療は、手術、放射線治療、抗がん剤が
3大治療と言われてるけど。
アタイはこのうちの2つも受けてるんだよね。
だから後は東洋医学的思想で自分の身体と
体質を変えて行きたい!と
強く思っていて。

とにかく。
身体にいいことだけをやる!
と言うのがアタイの選んだ治療方針です。

良く分からないかもしれないけど。
別に分かってもらう必要は無いので
大丈夫です。
そして心配も不要。
アタイにはアタイのやり方があるのです。
アタイの身体の調子が良くなって
気分が良いのならそれで良いと思うから。

クロネコはもう不安に襲われたりしないし、
泣いたりもしない。
もう道筋が見えたから平気なんです。

そうそう。
クロネコは食事療法を実行してるので。
5月1日から肉類を食べるのを止めたんだわ。
卵と魚は食べるけどね。
乳製品は食べない。
砂糖も白いやつは食べない。

で、毎日運動をしてるから
かれこれ1ヶ月で3キロ体重が落ちたんだわ。
食事療法とはダイエットってことだけど
無駄な脂肪まで落とせてラッキーな感じ。
クロネコの食事療法は具体的には
まだまだたくさんあるんだけど。
アタイもいろいろ勉強しながら進めてるので
まだ現在進行形なんす。
豆乳ヨーグルト以外は確定してない。

でも、食事を見直すのってとっても楽しい。
いろいろな料理を作るのも楽しいし
ビオのスーパーで買い物をするのも
すごく楽しい。
けどまあ、健康に暮らすっていうのは
今の時代はなんだかお金が掛かるのも
確かですわ。
食費をケチると身体に悪いものを
食べることになるんだなーって最近思うんだわ。

長くなってしまったけど。
これでもはしょって書いてるほうかな。
なんせ2か月分のクロネコの浮き沈みとか
一進一退だから、そりゃあ色々あったわけで。
でもまあ、今は健康志向で暮らしてるので
とっても気分も身体も爽快です。
とにかく元気なのでご心配なく・・・。

クロネコのライフスタイル変更に関しては
もしかしたら別ブログに書き始めるかも
しれないなー。
で、ひっそりこのブログとリンクを張るかもしれないね。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2013-05-30 07:21 | ライフスタイル変更 | Comments(6)

アンジーすごいな

出かけたり、色んな人に会ったり、
風邪を引いたりしてたら。
20日ほど経ってたー。

10日ほど前にニューヨークタイムズに掲載された
アンジェリーナ・ジョリーの告白が
世界中の女性にショックを与えたよね。
日本ではどうだったんだろ。
ドイツではトップニュース扱いになってたよ。
クロネコもそのニュースを聞いてから
数日間はものすごく色々考えた。
とにかく今のアタイにはすごいインパクトだったのでね。

知らない人が居るといけないので一応まとめますと。

アンジーは今年の2月から3ヶ月間をかけて
乳がんを予防するために
両方の乳房切除手術を受けたんだよね。
そんで彼女はその自分の決断を公表して
世界中が驚いたって言うニュースです。

まだ乳がんになったわけじゃないのに!
女性の象徴でもある乳房を全摘するだなんて!
それも両方!
しかもアンジーは現代のハリウッドにおいて
ある意味セックスシンボル的な立ち位置なのに!
女優としては見た目も大事なはずなのに!

なんでーっ?!
どうして、アンジー?!
そこまでやらなくてもいいんじゃないの?
ラディカルすぎるよ、アンジー!

って言うのが正直な世間の思いでは
無かろうかと。

クロネコには彼女の決断はインパクトが
強すぎて言葉が出てこないくらいショックだった。
だから、非難するとか、賞賛するとか
そういう感じじゃなくて。
頭で理解するよりも、気持ちと言うか、
ハートで思いが分かったと言うか。
で、やっぱり思ったのは・・・
さすがはアンジーだなってことだよ。
ブラピがアンジーのことを「圧倒的ヒーローだ」
と賞賛したって書いてあったけど
本当にその賞賛にふさわしい人物だなって思う。
その決断力と行動力がアンジーっぽいというかねえ。
つーか、忘れちゃいけないのが
そのパートナーであるブラピのことだよね。
ブラピって・・・懐深いなあって感心しちゃった。
男を揚げたよね~。
アンジーを支えるブラピってばステキだなあって心底思った。

いやまあ、アタイはアンジーのことなんて
パパラッチ並みにしか知らないんだけど。
昔から毛色の変わった女性と言うことで
メディアをにぎわしてきてるから
そのアンジーが取った行動として
今回のことはなんだか納得がいくというかね。
アンジーならではだなと。

アンジーにとっては、
自分の子供たちが何より最優先なんだなあと言うのが
心底伝わってくる。
だからこその決断だったんだろうね。

あとアタイが思ったのは、彼女はお母さんを
56歳で乳がんで亡くされていて。
それがこれまた今回の決断への大きな
要因になってるのが分かる。
アンジーのお母さんは10年間闘病した末に
亡くなられてるとのことなので。
おそらくは再発して転移したんじゃなかろうかと。
で、多分だけど最初の手術で腫瘍を摘出していて
そのあと抗がん剤治療を受けて再発を予防したんじゃ
無いかなあと。
その甲斐なく再発してしまったのかなあと。
勝手にアタイが予測してるんだけど。
当然アンジーは闘病して弱っていく母さんの様子を
見ていたはずで。

そんな風な姿を自分の愛する子供たちに
見せたくない・・・
と思ったようで。

アタイの勝手な予想だけど。
おそらくアンジーは、現代医療では一度でも
乳がんに罹患したら治らないと思っているんじゃ
無いかなあと。
で、今回の予防に踏み切ったのかなあと。

乳がん患者の約7-10%は遺伝だと言われていて。
親族に乳がん患者がいるとなりやすいんだとかで。
でもそもそも、乳がん自体が日本なら
16人に一人掛かるんだよね。
そのうちの10%が遺伝的要因なのかな。
まあ、統計上だから必ずしもそれが絶対では
無いんだけどね。

アンジーは遺伝子検査をやったそうで。
そしたら87%の確率で乳がんになりますって
言われたんだとか。
加えて、50%の確率で子宮がんになるって
言われたんだとか。
その検査の信憑性は知らないけども。
その高い数値を見て、アンジーは決心したらしいのよね。

両乳房を切除する!
とね。

今の世界的な乳がん治療の流れでは
昔と違って基本的には乳房は全摘出しないんだよね。
よっぽど進行してる場合は全摘出だけど
大抵は一部だけを取るという「温存型」の
手術が行われるんだわ。
つまり。
たとえ乳がんになったとしても大抵は
一部の腫瘍しか切り取らないで
胸を温存するのが主流なのに、
アンジーはまだ乳がんになってもないのに
全部取っちゃったんだから。
天晴れと言うか、
とにかくラディカルだわー!ってことになる。
いや、ほんとに。
乳がんのドクターたちは温存するのが
第一優先とばかりにがんばってるから
アンジーが取った手段は、
面白くないんじゃないかなって気がするんだけど。
どうなんだろうね。
ま、ドクターが面白く思おうが、思わなかろうが
どうでもいいんだけど、
なんか一石投じた感があって、
アタイには面白くうつったのですわ。

でも、ドイツでも母親が乳がんだった女性が
今後のことを考えて、全摘してるケースは
時々あるらしくて。
その経験者がニュースでコメントを出してた。
あと、ドイツではメディアによってはアンジーを批判する
コメントも載せてたな。
検査の数値が高かったからと言って、
乳がんを予防するために胸を取ってしまうだなんて
パニック的処置だ!って書かれてた。
まあ、そういう意見があるのもうなづけるかなあ。
けど、乳がんになったことのあるセレブからの
コメントはおおむね好意的だったけどね。
シェリルクローとか、カイリーミノーグとかね。

で、気になったのが。
全摘と言うと、乳首までぜーんぶ取っちゃう
ことになるんじゃないかなってことで。
アンジーってば全部取ったのか?
って思ったら。
いえいえ。
そこだけ残して乳腺を取り除いたんだって。

女性の乳房って言うのは血管が
通っていなくて。
変わりに乳腺が通ってるんだそうで。
で、そこに乳がんが出来ちゃうから
乳腺を取れば乳がんになる確率が
減るでしょうってのがアンジーのロジック。

でも、乳首を取るのは、まだまだ37歳で
女ざかりなアンジーのクオリティ・オブ・ライフを
下げちゃうことになるから。
そこは残すと言う手術をしたんだそう。
その手術に8時間掛かったらしいです。
で、その手術の9週間後にリコンストラクション
つまり再建手術をしたんだそう。
いわゆるインプラント・・・分かりやすく言うと豊胸やね。
アンジーの手術には・・・ベイコクでも
トップクラスの外科医が関わってそうだから
傷跡が分からないようにキレイに再建も
終えてそうだよね。
もしかしたら乳首のところから手術を
したのかもしれないし。

再建って自分の太ももとかお尻の肉を
使う場合と、ラテックスを使う場合が
あるらしいんだけど。
アンジーはラテックスを使ってそうだよね。
ちなみに・・・アタイが見た感じでは
以前の映画の写真だけの判断だけど
アンジー以前からインプラントしてるよね?
だとしたら。
豊胸には抵抗は無いかもしれないね。
自前だったらごめんなさいー。

アンジーは、「乳がんになるかも・・・」
と言う不安におびえながら暮らすよりは
自分から先にアクションを起こして
リスクを減らす・・・と言う決断を下したんだよね。
なんという前向きな姿勢。
つくづくすごいと思う。
けどまあ、いくら病気を防ぐためとはいえ
自分の身体にメスを入れることに
抵抗が無いって言うのは、
やっぱり西洋医学的思考だよね。
切り刻んでも平気だってことだからさ。
なおかつ。
たとえ乳がんになるリスクを5%に減らしたからと
言っても。
人間はそもそも死亡率100%だから
いつかは絶対死ぬんだけどな。
まあ、健康に長生きしたいってことなんだろうけど。
そのためにこの決断を下せるってのは
やっぱり生半可じゃないなーと。
で、結局のところ。
いろんな意味で「アンジーさすがだな!」
ってクロネコは思ってしまうんだよね。

だからと言って。
自分に同じようにアンジーのようにお金があって
子供もいたとして。
同じ決断を下して行動するか?
といえば。
答えはノーなんだよね。

でもそれはアタイの考えだから
当たり前なのよ。
アタイの身体のことはアタイが決めれば良い。
アンジーの身体はアンジーが決めれば良い。
アンジーのラディカルな思想と行動は
誰にも阻害されるべきじゃないし
非難されるべきでもないとアタイは思う。
別にリスペクトされる必要も無いと思う。
クロネコはアンジーの思いが分かった
と言うただそれだけ。
何でかと言うと。

思い切って書いてしまうけど。
実はクロネコ、乳がんに罹患したんです。
今年の3月に手術をして腫瘍を摘出して
今は治療をしてるところ。

どうりで乳がんに色々詳しいわけですよ。
これまでのアタイなら何にも知らなかったから
アンジーの行動も理解できなかったと
思うんだけど。
今のアタイにはタイムリー過ぎて、
とてもインパクトが強かったんだよね。
アンジーは病気じゃないからアタイと
状況は違うんだけど。
でも手術をした時期なんかがちょうど
同じ時期だったのもあって。
そうか、アンジーはそういう手を打つんだー
と思って感銘を受けたんだよね。

まあクロネコはクロネコのやり方で
手を打つしか無いので
ひたすら色々がんばってますけど。
またそれについては別途書くかなあ。
あんま暗くならない程度にね。
普通の人はあんま興味が無いネタだろうから
書かないかもしれない。

このブログは明るく楽しいことをだけを
書いていきたいと思っていたので
今回のことを書くかどうかは
実はすごく迷ったんだけど。
と言うか、ブログを書いたりとか
そういう落ち着いた精神状態に戻れないかも
と思ってたくらいで。
でもまあアンジーの力を借りて
書いちゃえーと思ってね。
そういう意味でもアンジーの存在は
影響力があるねー。

ちなみに。
クロネコは先週は風邪を引いてしまってたけど
全般的にとっても元気です。
むしろ、快調なくらいかなー。
不安にさいなまれて落ち込んだり・・・
とかも無いのでご心配なく。
そんな状態ならブログを書いたりしないしね。
ブログを書いてるってことは心身ともに
元気なんだってことで。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-05-21 23:22 | 日記 | Comments(11)

とうとう日本人にもそのすごさが知れ渡ったかな。

皆さん、見られました?

プーチン閣下とアベ氏の共同記者会見映像が
昨夜日本ではテレビ放送で流れたんですよね?
アタイは動画で見ましたよ。
つーかさー。
プーチン閣下の共同記者会見がこんなに
長い時間、日本のテレビで流れたのって
初めてなんじゃないの?!

いやー。
いやー。
プーチン閣下のかっこいい事と言ったら無いよね!
世界のプーチン閣下ファンは以前から
このかっこよさを知り抜いてるけど
一般の日本人にもこのかっこよさが
知れ渡ってしまったんじゃなかろうかと
アタイはうれしい様な、寂しいような気分だよ。
プーチン閣下ファンだけで楽しんでいた極上レベルの宝が、
他の人にもばれてしまった感じなんすー。
ああこの感覚複雑ー。
みんなにも閣下のすごさを分かってもらいたいという
思いはあるものの、でも知られたくないという
ファンのわがままな思いもあって~。

今回、一般の日本人はプーチン閣下のメディアに
対するクレバーな対処方法を見て
驚いたんじゃないかなあと思うけど。
コレ、プーチン閣下的にはよくあることよね。

昨日今日大統領になられたような人じゃないんだよ、とか。
どんだけ激しい欧米系の記者会見を切り抜けて
きてると思ってるんだよ、とか。
熾烈な戦いを何年続けてきてると思ってるんだよ、とか。
そもそも、プーチン閣下は世界の最後の希望なんだから
日本のなんちゃって総理大臣とか政治家の
レベルじゃ到底追いつけないんだよ、とか。
アベ氏一同は一応日本の代表だから、
プーチン閣下と会合が出来てるんだけど・・・。
本当はレベルが違いすぎるんだよね。
同じテーブルにつけるだけでもありがたいと
思いなさいよーって話。
あ、日本の首相に対してのアタイの思いだよ。

ただアベ氏のうしろには当然日本企業や日本の技術、お金
と言う日本国民が持っている力があるわけで。
日本人が望むと望まざるに関わらず、
その力を代表してアベ氏が交渉窓口になってるんだよね。
プーチン閣下側はこの日本国民のパワーに
期待を見出してるんだとおもう。
そして、それを操るベイコクは閣下の敵国だから
日本と交渉を始めると言うのは非常に
意味のあることなんだよねー。

それにしても。
いよいよ交渉が始まるんだろうかね?
始まる始まる詐欺みたいな感じで今まできてたけど。
本当に最後のチャンスかなと思うよ。
プーチン閣下が大統領をされている今回を逃すと、
日本側には二度とチャンスは
訪れないだろうね。
メドちゃんが大統領をやってたときの変な雰囲気を
思い出せば分かると思うけど、
プーチン閣下以外には誰もロシア側もこの問題を
解決できる人は居ないんだと思うわ。

前々からロシアの専門家が言ってるように
2001年だっけ、前回のチャンスはつぶされちゃったからね。
ムネオさんと佐藤優さんが逮捕されてしまって・・・。
あの時と比べると、今回はやたらスムーズに
事が運んでるように見えるよね。
それがまた心配よー。

クロネコとしては、交渉がスタートするのは
とてもとてもうれしいし、わくわくするんだけど。
反面・・・。
なんで今なんだろ?感もあるなあ。
そして、対米追従政策で知られるアベ政権が
なんでロシア寄りになってるんだろ?とか。
いまいちスッキリしないので、裏に何かあるのかなあ
とかんぐってみたり。
でも、プーチン閣下が前向きってことは
動き出すと取れるしなあ。
うーん。
日本はモリ元ソーリの動きが背景にあるのは
確実なんだけど・・・。

まあ、プーチン閣下は前から日本側にメッセージを
出してたもんね。
「日本が案さえ出してきたら動き出す準備はある」
ってね。
でも日本てば、すぐ首相が変わるし、
ロシアが提示する案も議論しようとしないしで。
交渉ってレベルに達してない感じだったからねえ。

あ、あら、もしかしてアベ氏ってまだしばらく
首相を続けるってことなのかな?
じゃないと、首相が変わったら交渉が途絶えるもんね。
そんなすぐ決着がつかないと思うし・・・。
平和条約がいまだ二国間では締結されていないからね。
仮に実現できた場合、日本側ではその功績はアベ氏のものに
なるんだと思うと、なんとなく腑に落ちないけど。
まあ、そうも言ってられんしね。

けど、交渉が前向きに進みだしたら・・・
日本じゃしょっちゅうロシア関連のニュースが
流れるだろうね。
で、プーチン閣下がフィーチャーされちゃうんだろうね。
あー、うらやましいな!

共同記者会見で、問題になってるTBS緒方記者の
質問の件だけど。
クロネコは面白いなあと思って見たよ。
アタイが思うに・・・会見の場では記者は
好きなことを聞いて良いと思うんだよね。
気を使ったことを聞くだけじゃ、意味が無いからねー。
欧州系のジャーナリストはもっと激しいし、
プーチン閣下への批判姿勢を隠そうとしないから
別にそんなの大したことじゃないと思うんだわ。

とか言いつつも。
こういうのはアドリブじゃなくて、事前に誰が指名されるかとか、
どういう内容を質問するかを確認してあるんじゃ無いかなと
思うんだけど。
でね、記者会見の内容に関して、プレジデントオブロシアのサイトの
全文をざっと読んでみたんだけど。
プーチン閣下はわざとこの質問をさせたのかなー
と取れなくも無い。

会見では、最初に、北方領土交渉を再開することにしたと
プーチン閣下とアベシンゾーがそれぞれ話して。
その後数名のジャーナリストが質問を投げてたんだけど。
最初の二人は、北方領土交渉についての
質問事項を投げてて。
で、その次にロシアのジャーナリストが投げた質問が
クロネコ的には面白い。
「日本は原発事故で今も大変な思いをされていますが
ロシア側から出来ることは何があるでしょうか?」
と聞いてるんだわ。
そしたら、プーチン閣下は得たり!と
「ロシアはロシアのオイルや天然ガスをいつでも
供給できる準備が整っている」
的な回答をされてるんだよね。
これってさー。
前もってこのコメントを導くための質問と取れるよね。
あ、クロネコはプーチン閣下支持者なんだけど
でも冷静な目もあるもんでね。

ネット上の日本人のコメントをざっと読んでると
「ロシア側の記者は気を使って、日本を助けたい
と言う主旨の質問をしてるのにTBSは
場の空気を壊すようなことを言って馬鹿だ・・・」
って言うのがあってさ。
うふふ。
やっぱり面白いよね。
日本人ってやさしいなあって思ってさ。
ロシア側は記者会見の場で、やさしさだけを
見せるためにそんな質問を出してないと思うんだわ。
両国のメディアがそろうし、領土問題という難しい
テーマを話すわけだから。
よりロシア側の良い点を見せた方が良い訳で。
つまり、ロシアは困ってる日本を助ける良い国で
なおかつ、ロシアにはオイルと天然ガスがあるんだよーと
一般日本人にアピールしたと取れるんだよね。
プーチン閣下だけじゃなく、ロシア政府側は会見は百戦錬磨だし。

少なくともアタイはそう取りましたわ。
日本人はオイルはアラブから買わないといけないと
思い込んでる可能性があるからさー。
ロシア側うまいなー。笑
ま、この件は次の記者の質問のインパクトが強くて
メディアでは特にフィーチャーされてないのが
残念だけど。

で、次に問題のTBS緒方氏の面白質問に
つながるわけだよ。
「北方領土はロシア側のインフラ整備が進んで
ロシアの実効支配が続いていますが
それについてどうお考えですか?」
ときたもんだ。
プーチン閣下ともども来た来たキター!って感じよね。
そんな質問ごときでびびるようなプーチン閣下じゃないし、
怒り出すようなプーチン閣下でも無いよ。
超冷静な顔でメモを書かれてる姿が
たのもしいー。
日本のメディアはその様子を
「プーチン大統領がTBSの記者に切れる」
と書いてたけど。
クロネコに言わせれば・・・プーチン閣下は超楽しそうに
答えてましたけどって感じよ。
こういうのを利用しない手は無い!と言わんばかりの
食いつきで・・・。笑
切れるどころか、利用してやるーとばかりに
てぐすね引いてご自分の答える番を待ってる感じだよね!

アベシンゾー氏は特に何の記憶にも残らないような
回答を無難にしてたけど。
プーチン閣下のコメントは、さすがー!!!って
感じで最高にステキだった。
世界のプーチン閣下ファンが歓喜するような
ショウを見せてくれたよね!
あのプーチン節と言われている特有のジョークが
日本のメディアに対して実行される日が来るとは!
ってクロネコは感慨深かったくらいだもん。

「私がまず気づいたのは、記者の方が、
この質問を紙から読み上げていたことだ。
多分ほかの人から質問するようにと言われたんだと思うので、
その人に伝えていただきたい。」

って、まずプーチン閣下は答えられたんだよね。
もうプーチン閣下うれしそうな顔しててさー。
少年のように楽しそうよ。
こんなのお手の物~って感じでね。
クロネコの顔もゆるんじゃったなー。
それをネットのニュースでは、
「明らかにいらだった様子で
プーチン閣下はこう答えた・・・」
って逆のことを書いてあるから
なんだか面白い。
で、それを読んだ人たちのコメントは(つまりヤフコメね)。
「TBS空気読めよー」とか。
「中国や韓国には何も言えないのに何でロシアには言えるんだ?」とか。
なんか、的外れなものばかりでさー。
記者もレベル低いけど、ヤフコメ書く人たちも
同じレベルだなーって感じ。

クロネコとしては、この閣下のコメントには
二つ皮肉がこめられてるなーって思ったんだわ。

ひとつは・・・
日本人特有の原稿を読みながら話をする
っていうスタイルに対する皮肉。
多分、今までも政府高官だの外務省だの
色んな日本人と閣下はお話をされてきたと
思うんだけど。
日本人ってプレゼンが苦手だから
基本原稿を読むんだよね。
これは政治家とか関係なく、企業のトップも
その傾向が強いと思う。
というか、それが日本では普通かなと。
でも。
それ、アタイが知る限り欧州ではアウトなんす。
レベルの低い人間だと見なされる。
おそらくロシアでもあんまよろしくないんじゃ
無かろうかと。
で。
プーチン閣下は基本なんでも原稿見ずに
ビシバシ答えれるような方なので。
そんな人から見たら、
「おまえジャーナリストなのに、こんな場で
わざわざ指名されてるのに質問したい内容さえ
自分の頭の中に入ってないのか?
しかも母国語で質問してるってのに?」
って感じの皮肉だったんだと思う。
強烈よね。

絶対その皮肉をこめてると
アタイは思うよ。
つーか、素人が見てもいくらなんでも普通あれくらい
頭の中に入れておくべきでしょ?
質問項目が多いわけでもないんだしね。
そりゃー、人からの質問を読んでるだけに
見られるわーって話。

で、続けて閣下が答えられてたのが
これまた挑戦的なコメントでさー。
すっごいかっこいいんだわ。
いくら相手が大したことのないレベルであっても、
これから領土問題交渉しようかっていう国の
メディア相手にこんだけビシッと言えるんだから
ほんとにすごい人よねー。
そして、記者の能力をさらしものにすることで
かつ笑いのターゲットにすることで、
そういう考えで攻撃を仕掛けようとする記者の
後ろにある集団のこともメディアの前で
貶めると言う手法。
すごすぎる・・・。
ってまあ。
閣下がこれまで潜り抜けてこられた
修羅場に比べれば今回のはレベルが低いから
余裕の出来事なんだろうけどね。

引き続きプーチン閣下がコメントされてたのは。
「もし領土問題解決プロセスにおいて、
妨げを起こしたいならばそれも可能だ。
激しく直接的な問題について、
直接的な質問をしてくるのならば、
そちらも同様に激しく直接的な回答をもらうことができる。」
ってやつですよ。
そっちが攻撃的になるなら、こっちもそれなりに
攻撃的になるからな!ってやつ。

アタイがプーチン閣下ってさすがだなー
と思ったのはこっちのもうひとつの皮肉のほうですわ。

明らかにプーチン閣下はTBSの記者なんてどうでも良くて
彼のバックにいる勢力に対して
メッセージを出したんだなーってアタイは思ったね。
つまりね、領土問題を解決しようとすると
必ずそれを邪魔しようとする勢力があるんだと
思うんですわ。
それはウヨなんかじゃなくて、その後ろにいる何かかなと。
で、そいつらが常に日本の世論を煽動したり
領土問題解決派を失脚させるので。
「おまえらの存在は分かってるんだぞ。
そっちが攻撃的に出てくるなら、こっちもそれなりの
対応をさせてもらうからな。」
と言う意味合いでメッセージを出したんだなと。

あとで気がついたんだけど・・・。
これは記者だけじゃなく、プーチン閣下は
アベシンゾーにも釘刺しをしてるんだろうね。
おまえ、本気出さないとこっちも手加減しないぞ!
ベイコクになびいたら許さんからな!
ってTBS記者をおとしめる振りして
アベシンゾー一派に凄みを利かせるという・・・。
ああ、さすがだよ。
やっぱりプーチン閣下は格が違う。
アベシンゾーは横でその冷ややかなコメントを
聞きながら、肝を冷やしてさらに腸の具合が
いっそう悪くなったんじゃないかなあ。
アメリカにも脅されてるしで。
そこまでして何で総理になりたいのかね。
たいして日本の国益のことなんて考えて
ないのにねー。
プーチン閣下は自国の国益のみを考えて
動かれているから肝の据わり方が違うのに。

上に書いたとおり、もしジャーナリストの質問事項を
事前に両国が確認済みだとしたら・・・。
プーチン閣下はこの質問を利用してやろうと
てぐすね引いてた可能性さえあるよね。
と言うか、反対勢力がこういうわけの分からない
ジャーナリストもどきを送り込んでくるのは
よくあることだからね。
NGO団体という名を語る勢力とかしょっちゅうだし。
なのでまあ、今回のTBSはおそまつやなあと
思ったに違いないよ。
プーチン閣下にとっては赤子の手を
ひねるようなレベルなんす。

面白すぎる。
わくわくするよね。
あー、今度はいったいどうなるんだろ?
激しい応戦で、敵対勢力をこてんぱんに
叩きのめして欲しい気もするし。
いや、いや、そのせいで日本での閣下に関する
報道がネガティブなものになって
評判が悪くなるのも嫌だし。
ああ悩むー!

「TBSの記者は今後キャリアをつめないだろうね・・・」
って言うコメントもウェブで見かけたなあ。
まあ少なくとも日露関係には出入り禁止よね。

ちなみにプーチン閣下は記者会見等でよく、
こういう皮肉めいたコメントを最初にして
つかみはオッケー!的に自分の主張を
繰り広げることが多いんだよねー。
さすがだよねー。
人をひきつけるすべを知ってるというかねえ。
みんな次は何を言うんだろ?って
注目して聞くもんね。

「途中プーチン大統領があきれた感じで
ため息をついていた」
って誰かがネットに書いてあったけど。
それも違う。
プーチン閣下はああいう呼吸をよくやるんだよね。
アタイはロシア語が分からないんだけど
たまーにプーチン閣下の会見動画なんかを
見るんだわ。
ほんと年に数回程度だよ。
中身は理解できないけど、しゃべり方だけを
聞いてるって言うね。
でね、毎回だいたいプーチン閣下は
しゃべってる途中で大きなため息をつくんだよねー。
それが何を意味してるのかは良く分からないけど。
息継ぎかな?って思うことにしてる。
とにかくよくあることですわ。

けどさー、今回の共同記者会見の最後の締めに
プーチン閣下が日本語で
「アリガト」って言ってるんだけど。
もうこれがキュート過ぎてー!!!
プーチン閣下の「アリガト」いただきましたーっ!
って連呼したい気分になること間違いなしです!

さあ、このアリガトをみんなも聞きましょーぜ!

[PR]
by kuronekomusume | 2013-05-01 09:37 | プーチン大統領 | Comments(4)