死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

わくわくするねー

元CIAのスノーデンさんが
ベイコク当局から逃げてるよねー。
ドイツではトップニュースだよ。
わくわくするねー。

なんとかスノーデンさんにはどこぞの国へ
逃げおおせてもらいたいところだよ。
そんでこのまま生き延びてもらいたいな。

けど、ベイコクはしつこく追いかけて
くるんだろうねえ。

今スノーデンさんはモスクワに到着
されてるようだよね。
で、エクアドルに亡命申請してるとかで。
はてさて、スノーデンさんはこのまま
エクアドルまで行ってしまうのか?

またはルスラント政府がベイコクに
スノーデンさんを差し出しちゃうのか?
なーんてね!
それは絶対に無い。
ありえない。
って世界中が思ってるよね。
プーチンのルスラントだよ。
そんなこと絶対にしない。

いやー、わくわくするー!

ルスラントはこのままスノーデンさんに
モスクワに留まらないか?って
言ってるんじゃないかとニュースでも
言ってたけど。
うん、うん、それもわるくないよね。
物理的にはエクアドルのほうがベイコクの近くだから
なんか危ない感じがするし。

にしてもー。
スノーデンさんのリークは・・・
スカッとするよね!

まあ、ベイコク当局がネット上の情報を
ベイコク国民のみならず、
世界中の国民のものまで監視してる
ってのはゆうめいな話だったし。
知らない人の方がいないんじゃないの?
的なね。
でもまあ、ぼんやりした人も世界には
いるだろうから、そんなことをするはずがない!
って思ってるんだろうね。

グーグルがやばいってのは大分前から
言われてるよね。
ちょっと前に、グーグルの音声機能を使って
タイプ打ちをせずに検索をかける機能が
はやってたけど。
あれもさ、グーグル側に声を録音されてて
世界中の主要都市なんかに
監視カメラがあるんだけど(ロンドンなんかすごいよね)
そこでおしゃべりしてると、音声検索をかけられて
どこにクロネコがいるかを追跡されるっていう
恐ろしい機能なんだよね。
って。
そんなのまあよく知られてるよね。

あとさ、グーグル翻訳機能。
あれ便利だからアタイもよく使っちゃうけど。
あそこで翻訳した内容もグーグル側に
監視されてるってのはゆうめいだよね。

まあ、フリーサーバーのメール内容は
確実に監視されてるはずだし。
それをやってないなんてありえないよね。
クロネコはヤフーJPを使ってるけど
あそこの社長は胡散臭さ120%だから
メールサーバー情報をベイコクに差し出してる
可能性は高いだろうなと思ってるんだ。
ま、そういうのを分かった上で利用するしかないよね。

FaceBookが監視対象ってのは
とっても有名な話だよね。
アラブの春だっけ?あのクーデターもFBから
火がついたとか言ってるけど。
FBを操ってる国のやらせでは?ってのは
ずっと言われてるよね。

そもそもさ、FBの創設者だっけ?
あの若者が作ったと信じてる人なんて
今の時代にいるんだろうかね?
ってアタイは思ってたんだけど。
去年ベイコクに行った際、出会った日本人の
女の子が信じててびっくりした覚えがあるよ・・・
まあ、そういうタイプだからベイコクに
あこがれるのかもしれないね。
けど、普通にネットに精通してる人と話すと
みーんなあの若者が作ったもんじゃないことは
理解してるよ。
つーか、映画を作ってる時点でどんだけ
プロパガンダなんだって話だしね。

けど今回スノーデンさんが発言したことで
ベイコクの情報監視が証拠つきで
表ざたになったからねー。
今までこんなことを日本人に言うと
頭がおかしなやつみたいに扱われたもんだけど。
これが何故か欧州の人だと話がはずんでたんだよねー。

ざまーみろ、ベイコクめー!って感じ。
あ、確かエイコクもベイコクと連携してたよね。
エシュロンだっけ。
言語が違う国の情報まで監視されてるんだよね。

でも本当に戦いの火蓋が切られたのかなあ・・・。
アンチ偽ユダヤへの挑戦が始まるんだろうかね。
怖いような、わくわくするような。
うーん、クロネコはかなりワクワクしてるな。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-06-24 18:18 | 日記 | Comments(4)

あと3回!

特にブログ更新をやってないけど、
忙しく過ごしています。

なんかほんとうに忙しくて
毎日やることが多くてドタバタしてて
あっという間に一日が終わってる。
急にコンロが壊れるもんだから
新しいのに買い換えたり。
先週の金曜なんて、一日で病院を
4件もはしごして、疲れ果てたよ。
クロネコそんなに病気が多いのか?
って思うかもだけど。
違います、違います。
いろいろね、書類上の手続きがあってね、
色んな病院に行っては書類をもらわないと
いけないんですわ。
そうしないと保険が降りないんでね。
健康のため、3キロ以内だと徒歩で
行ってますー!

そして、おかげさまで・・・。
あと3回の放射線照射で終わりです!
うれしー。
でもこのラストカウントダウンが
なかなかしんどいですわー。

放射線は比較的副作用が少ないとは
言われてるけど。
でもゼロじゃないんだよね。
私も最初の3週間くらいは余裕だったんだよね。
何も無くて全然オッケーだった!

4週目くらいから体がだるくなってきて
左胸全体に照射してるので
左胸全体がズキズキ痛むしで。
それを体が感じるのか左半身が痛むしで。
そして何より、白血球の数が減るしで。
皮膚もやけど?じゃないけど赤くなってくるしで。
ほんとにこれ効き目あるんでしょうねっ?!
って言いたい気分だよ。

先週あたりから、とにかく早く終わってくれー!
と言う気持ちでいっぱい。
そんでもって。
もう病院にも行きたくないーっ!!
っていうダダっこみたいな心境。
まあ、でも行ってますけどね。

それにだるいとか言いつつも、
元から予定していたライブには
行ってたりしますからね。
結局は、気の持ちようかなと。
というかね、こういう気持ちの切り替えが
出来るイベントでも無い限りは
とてもじゃないけど心の弱いクロネコは
乗りきれないんすよー。
イベントのある日は調子が良いからね。
で、何も無い日はだるくなる率が高いという・・・。
私の体と心は完全にリンクしてます~。

ライブでは心身ともに癒されたよ。
お客さん全員で大合唱してさー、
すごい一体感だったし。
クロネコこのライブのチケットは年末ごろ
買ってあったから、病気が判明したときは
ライブ絶望的かなーって諦めそうに
なってたんだよね。
ライブにいけてよかったー、ライブが見れて
ほんとうに嬉しい!ってTodayを
歌いながらしみじみしちゃったー。
けど、余韻に浸る間もなく、翌日すぐ放射線で
痛みが追加されたけど。涙
ちくしょーめ。

もうほんとに・・・。
放射線も拒否すりゃ良かったわー
と途中何度か思ったりしたのも事実です。
自分で決めたこととは言えねえ・・・。
あと3回なのでがんばるけどさー!
これ以上痛くなりませんように!

これを乗り切ったら、
自分で自分にスペシャルご褒美を
用意してあるんでね。
それを目標にがんばりますわー。
クロネコ、ファイトー!笑
[PR]
by kuronekomusume | 2013-06-24 07:56 | 日記 | Comments(2)

ご近所遺跡めぐり

先週、東京からお友達の
遊之助ちゃんが遊びに来てくれた。
彼女は毎年ドイツを旅行してて今は東独エリアを
重点的にまわってるんだけど。
クロネコに会いに西側へ寄ってくれたのだ。
ありがたいね。

彼女とはアタイが東京に住んでた頃
ドイツ語教室で一緒に毎週おべんきょをしてた仲で。
たまたま同い年だったのもあって
共通の趣味が映画鑑賞というのもあって
じんわり仲良くなって今に至るのだ。

遊之助ちゃんは学歴上も、実際の生活上も
大変賢い人なんす。
でもズケズケ言ったり、頭ごなしに否定とかもしない。
当然人を無意識に傷つけたりもしない。
とても静かで優しい人なのだ。

ま、そんな遊之助ちゃんが2泊して
いってくれたんだけど。
で、以前もデュスに来てくれたことがあるし、
ここは観光しようにもお見せするところが無く。
困ったなと。

で、ライン川沿いをお散歩がてら
ピクニックでも~と思ったんだけど。
ここんところドイツ中の川の水かさが増えてて
南ドイツ、東独あたりじゃ、街が水没してるんす。
特にエルベ川とドナウ川がひどくてね。
ライン川はニュースにはなってなかったけど
結構水かさが増えてたし、
水がにごってしまってて、見る分にも楽しく無い。

これが10日ほど前のライン川。↓
木の根元が埋まってるの分かります?
昨日隣を通ったら水かさが減って
木は普通に根元が出てた。
c0016407_23264085.jpg

水の流れもいつもより速い!
c0016407_23265744.jpg


じゃあどこに行こうかなーと。
クロネコが時折散歩に出かけてる森でも良いけど。
楽しいかどうか分からんしね。

と思っていたら。
彼女から
「ねえねえ、ネアンデルタールが近くにあるって
ガイドブックに載ってるんだけど。」
とのことで。
ああ、そういえば聞いたことあるな・・・
と思って。
ネアンデルタールに行くことにしたのでした。

ネアンデルタール人って
中学時代習ったよね。
でもまさかそれがアタイの住む街から
数キロのところにあるとは思って無くてさ。
いやー。
なんか感動だよ。

でね、ドイツ人は
ネアンデルタールと言うよりは
ネアンデアタールみたいな発音をするんですわ。
クロネコはそれを最初聞いたときは
ライン川のつづりを知ったときと同じくらい
「なんてこった!」
って思ったんだけど。
中学時代はライン川を「Rhein」じゃなくて
「Line」だと思ってたんでね。
ちなみにルール工業地方も「Ruhr」じゃなくて
「Rule」だと思ってた。
ドイツ人は「ルーア」みたいな感じで発音します。
日本語に起こすとどっちも違うんだけどね。

よく考えたらこの国は英語じゃなくてドイツ語
なんだから、つづりが違ってて当たり前なんだけどねー。
中学生の知識って怖いわ。
それとも日本人ならではのLとRの問題かなー。笑

で、クロネコさらにここ数年勘違いしてたのは
Nean der Talだと思ってたことなんす。
でもこれも良く考えたらTalは女性詞じゃなく中性詞だから
Nean des Talsにならんといかんわけで。
結局のところ正しかったのは
Neander Talだった。
「ネアンデルの谷」ってことなんす。
タールTalは谷って意味なんで。

けどさ、じゃあネアンデルって何なんだろ?
って思うよね。
ドイツ語っぽくないからさ。
でもその答えもミュージアムに行ったら
説明が書いてあったわ。
なんでも、当時の聖職者ノイマンさんにちなんで
つけられた名前なんだとかで。
ノイマンさんは当時ドイツで流行っていた
ギリシア語風の名前に改名してたそうで
それがネアンデルなんだって。
・・・。
つーかさ、そういう流行に乗っかった名前が
いまや歴史の教科書に載っちゃってるんですけど。
クロネコたちそれで勉強しちゃったんだけど。
当時は聖職者が流行り廃りに乗っかってたんだ・・・。
いまだと2chとかならDQNネームって
言われる気が・・・。

遊之助ちゃんとふたりで、
「うーん、適当なネーミングやねえー」
と、説明書きを見ながらうなっちゃったわ。
ちなみにこれウィキ日本語にも普通に
書いてあった・・・。笑

ま、そういうわけで。
当時ドイツでギリシア語が流行っていなければ
もしかするとネアンデルタール人じゃなくて
ノイマンタール人だったかもしれない?!

けどタールって言うだけあってさ
場所は谷底みたいなところだったよ。
そんな深くは無いんだけどね。
周りに木が生い茂ってるから
その谷あたりは気温が低くてちょっと
寒かったくらいよ。

ミュージアムは小さいんだけど
小学生の郊外授業訪問が多いからか
見やすく楽しめる内容になってた。

ネアンデルタール人↓
c0016407_23281382.jpg

4万年前の人たちだから小柄。
骨格も今と若干異なる。
頭蓋骨とかね。
c0016407_23291475.jpg



あ、警備員さん!↓
c0016407_23294944.jpg


かと思いきや。笑
現代風にスーツを着たネアンデルタール人でした。
ろう人形なんだけど、よくできてたわー。
多分当時はもっと色黒だったんじゃないかなと。
身長はアタイより大きくて遊之助ちゃんよりは
小さかったから多分160センチくらい。
手に持ってるのは携帯かと思いきや
石器でした。笑
c0016407_23305586.jpg


簡単なお弁当もどきを持っていってたので
森の中でピクニック。
それから森の中を散策。
c0016407_2332223.jpg

c0016407_23325640.jpg


それからまた近郊電車に乗って
デュスへ戻って。
(3駅くらいなのだ)
街中を散策して。
予定していたお魚のレストランに行ったんだけど。
二人してなんか気分が変わっちゃって。
そうだなー、どうせだからビオっぽいレストランが
あれば行ってみたいわーと言うことになって。
携帯でお店を探して。
無事発見。
クロネコそのレストランは目の前を
何度も通ったことがあったけど入ったことは
無かったところだった。

Lieblingという名前のお店で。
ベジタリアン用ってわけじゃないので
肉料理も魚料理もある。
メニューによってはビオなものを
使ってますよーって言うコンセプトのお店。

クロネコは肉を食べないので
お魚料理で選んだんだけど。
食べる段になって気がついた。
あ。
チーズが入ってたわってね。
クロネコ、乳製品全般も食べないようにしてるんだ。
けどまあ頼んじゃったしねーと。
今回は美味しくいただきました。

クロネコがオーダーしたのは
リゾットです。

つーか、リゾットにチーズが入ってるのは
当たり前なのに、魚の名前に気をとられてて
忘れてたー。
魚はWolfsbarschという名前で
辞書で調べると日本名は無かったな。
でもまあ大きい意味で言うところの
スズキ科です。
このリゾットすっごく美味しかった。
とりあえず上に削って乗ってたチーズは
全部ともだちに食べてもらったけど
ライスに混ざってるから意味無いよねー。笑
ともだちはジャワカレーを頼んだので
お互いシェアしたよ。

どっちもすっごく美味しかったなー。
って、それドイツのレストランでは
珍しいことだからね。
まあ、どっちもドイツ料理じゃないんだけど。
何が決めてかというと過剰な塩味じゃない
ってところかな。
これドイツじゃ貴重ですから・・・。
c0016407_2340498.jpg


パンのつけ合わせに出てきた
トマトのペーストがこれまた美味しかった。
ゆでたジャガイモをすりつぶして
トマトとハーブを混ぜたもので
バターとか入ってないんですよー
って店員さんが言ってた。
自分でも作れそうねー。
美味しいよ。

クロネコこのレストラン気に入ったので
今後は頻繁に通うことになりそうです。
食べれるメニューが限られてるから
メニュー変更とかやってほしいな。
あとは基本アジア料理は大丈夫なので
よく出かけてます。
ラーメン屋さんにもベジタリアンメニューが
あるので問題ないしね。

欧州はベジタリアンが多いから
クロネコはベジタリアンじゃないけど
外食時に選択肢があって助かるわー。笑

翌朝、遊之助ちゃんは電車で
ドレスデンへと旅立っていきました。
ちなみに・・・。
その時点でドイツのニュースは、
ドレスデン脇を流れるエルベ川が
いつ決壊するか?!
を連日報道してたんだわ。
エルベ川の決壊って10年くらい前に
あったよね。
で、ドレスデンが水浸しになってね。
せっかくドレスデンに行っても
ミュージアムの絵画を避難させてるかも
しれないから見れないかもね・・・
って言ってて。
なんせこの時点ですぐ近くのマイセンは
すでに水浸しだったからね。

一応前もってホテルに電話をしてみたら
「まあ今日がピークでしょー。
多分大丈夫ですよー」
くらいの軽いノリでやや拍子抜け。
テレビのレポーターのヒステリックな論調や
ショッキング映像とは温度差があるね。

それから1週間以上経つけど
ドレスデンはセーフだった模様。
遊之助ちゃんも無事ドレスデンを観光
出来たみたいです。

けど、エルベ川は下流の小さな町で
決壊したみたいで、水浸し被害は甚大です。
クロネコも1週間ほど前にベルリンから
デュスに向かって電車に乗った際
窓からエルベ川を見たんだけど。
こんな感じでした。↓
この数日後決壊したそうで、電車はこの橋を
渡らず迂回してるみたいだよ。
c0016407_23503818.jpg

c0016407_23505495.jpg


ドナウ川沿いの町も水没してて大変な様子。
あとね、ザーレ川もすごかったようで
かなりテレビでクローズアップされてた。
ザーレ川といえばハレ市なんだけど。
かなりハレの街中が映っててさ。
クロネコ不謹慎にも「なつかしーなー」と
思いながら見ちゃった。
パイスニッツインゼルとか川が決壊してたらしく
カヌーで移動してたよ。
って。
ここ読んでる人でこれが分かるのって
2名くらいかな。

ラジオで住民へのインタビューとか聞いてると
あの時点ではみんな元気そうだったよ。
むしろハイテンションだったかな。
みんなで助け合ってボランティアとか
たくさんいて、人と人が助けあえることが
分かってなんかすばらしいです!
とか言ってたんでね。
フェースブックとかツイッターで
呼びかけたら何百人もあつまって
みんなで砂袋を作って土嚢で川の
決壊を防ぐためがんばってますー!
って感じでした。

日本だと川の流れが急で速いから
あっという間に流されるけど
ドイツは流れは速いものの
ゆったり距離が長いから
1日かけて土嚢を準備して備えたり
できたようです。

東日本大震災ではドイツ人から
たくさん寄付をいただいたから
クロネコも寄付をしようかなと考え中。
どこにするのが良いのかが
一番難しいところよね。
赤十字以外なのは確実なんだけど。
テレビ局もあやしいし。
市町村のウェブサイトから口座を
確かめて入金するのが一番確実だよね。
そうしよ、そうしよ。
どの町にするかなー。
ハレ市にするか、それともエルベ川の
町にするか。
小額ですけどね。

あ、ネアンデルタール人の話をしてたのに
だいぶそれたなあ。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-06-15 23:58 | 日記 | Comments(6)

ベランダ栽培

クロネコと言えば、植物の世話が
苦手だったんだけど。
なにやら最近のアタイはいろいろ
変わってきてますので。

ハーブを育ててみようではないか!

と思い立ちましてね。
天気もやっと良くなって暖かくなってきたしね。
昨日、今日とガーデンセンターに
行っていろいろそろえて来たんですわ。
ガーデンセンターはすごく広くて
色んな種類の植物とか花を売ってる。
植木は確か植木屋だからここには無い。
ガーデンセンターが育てた野菜とか果物も
売ってたので・・・次回買いに来たいなーと思った。
c0016407_723714.jpg


なんせ初心者と言う以前に
植物栽培能力が無いに等しいクロネコだから
枯らしちゃうんじゃ?!という予感が
どうにも漂いがちなんだけど。
ウェブでチラッと見た感じでは
初心者は種からじゃなく、苗を買って
栽培を始めると良い・・・
と書いてあったので。
そうすることに。

ガーデンセンターには色んな種類の
ハーブの苗を売っていて。
目移りしまくりだったけど。
とりあえずクロネコが今まで使ったことがある
ハーブを育てようではないか!
と思って選んだのが。

ミント、
バジリコ、
オレガノ、
パセリ、
コリアンダーです。

プランターも居るし。
土も居るし。
ジョウロも居るし。
ベランダにプランターをひっかける器具も
居るよなーと。

そういうのをそろえていたところ。
なぜかふと食虫植物を買うことに。
ガーデンセンターに200円くらいで
売ってたんでね。
店員さんに聞いたら、
ビンにセットして擬似的な熱帯雨林を
作るといいですよーってことで。
擬似熱帯雨林といわれてもピンと来ないなーと
思っていたら。
店員さんが色々探してきてくれて。
こういうのに入れるといいのよーと。

で、クロネコのような素人がやるよりも
ここはプロに任せるべきよね!と思って。
擬似熱帯雨林を作ってもらうことにしたんす。
店員さんは大きめのガラス瓶の底に
小さい石を敷いて。
その上から土を敷いて。
で、食虫植物を入れて、上をコケで覆って
出来上がり。
こちらが「食虫植物のビオトープ」です。
トータルで1300円くらいだったかな。
c0016407_7251020.jpg


クロネコ・・・
このビオトープを大変気に入っております。
台所付近に置いて、しょっちゅう眺めてる。
別に何も起こらないんだけどねー。笑
上から見るとこんな感じ。↓
c0016407_7253919.jpg


ああ。
今まさにアタイの隣を飛び交ってるハエを
とっ捕まえて、食虫植物にささげたい!
このブログを書いたらどうにかして実行しますわ。

あと。
バラの鉢植えも買いました。
ちっさいちっさいバラの苗を鉢植えに
移し変えてね。
今後大きく育つらしいので楽しみです。
(クロネコちゃんとできるかなー)
c0016407_7301999.jpg


ガーデンセンターでビオトープを作ってもらってたら
「ついでにハーブもプランターに植えて
もらったほうが家も汚れずに済むし
土を余分に買わなくても済むな・・・」
と思ったのでお願いすることに。
作業費は無料だったしね。
つーかさ、ガーデンセンターの店員さんって
すっごく優しい感じの人しか居なくて
(多分リハビリの一環として土を触ってる感じかなと)
こっちもおだやかな気分になるんだよね。
とっても癒されたからまた行きたくなったよ。

こんな感じで作ってくれました。
わーい。
c0016407_73179.jpg

c0016407_7312916.jpg


クロネコ、少しは自分でやりなさいよ・・・
って思うよね。
ええ、ええ、クロネコもそう思いましたよ。
なので一番最初の目的であった
とあるハーブ?!の種を植えることに。
これは自分でやりましたよ。
去年もやったからできるぞーと思ってね。
種まきの時期が遅くなったから
ちゃんと育つかどうかちょっと心配だけど。
これはシソです。
自分で育てたシソはカワイイんだよねー。
で、容赦なく料理に使うのがいいのよね。
早く芽が出ないかなー
c0016407_733139.jpg


クロネコんちのバルコニーは畳1畳分
くらいのまさに猫のヒタイ。
そこに今はハーブが並んでるわけですよ。
何だか気分が盛り上がるねー。
c0016407_7365561.jpg

ちなみにバジリコは収穫したらもう
芽が出ないからおしまいなんだって。
他のハーブは冬も越せるらしくて。
いやー。
クロネコちゃんと長持ちさせられるか
プレッシャーだなあー。
でもがんばるわ。

何料理に使うか考えないとねえ。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-06-13 07:37 | ライフスタイル変更 | Comments(2)

正直かなしいなー

今日別の記事を書こうかなと思って、
珍しくドイツのニュースを検索してたところ。
まったく違うニュースが目に入って
すごく驚いた。
というか、今も驚いてる。
なんか・・・悲しくてね。

プーチン閣下と奥様のリュドミーラ様が
離婚されたそうです。
c0016407_751526.jpg


あー。
なんとなーくだけど、
うすらぼんやーりとそんな気がしてたけど。
とうとう離婚されたんだ・・・。
すごく悲しい。

プーチン閣下が一番最初に大統領に
なられる前に受けたインタビュー本
「プーチン自らを語る」には
リュドミーラ様のインタビュー記事も
載ってるんだわ。
で、そこにはリュドミーラ様的には
「今までのように休暇を予定したり
出来なくなって寂しい」
と言うようなコメントがあったんだよね。

リュドミーラ様は以前のような
落ち着いた普通の家庭の状態を
保ちたかったんだろうなあと。
でも。
ロシアも世界もプーチン閣下を必要と
していたわけで。
渋々ながらもファーストレディと言う
位置づけで奥様もがんばってらしてたんだけど。
昨今はあまり公式訪問等でお見かけしなく
なっちゃって。
たまーに選挙のときに見かけるくらいだったよね。

あーあ。
リュドミーラ様も、もう嫌だーって
なっちゃったんだろうなあ。

ベストカップルだったから悲しい。
リュドミーラ様の東ドイツ人考察とか
面白くて好きだったんでねー。

こちらは本日クレムリンで行われたバレエ公演
だとかで。お二人で観賞されたあと
離婚の発表をされたんだそうです。
最後のツーショット。
c0016407_742694.jpg


つーか、この後いきなり若い女性と
再婚とか無いよね?笑
まあ、あってもいいんだけどねー。
クロネコはファンだから何でも許すのです。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-06-07 07:06 | プーチン大統領 | Comments(19)

ライブ in ヴォルフスブルク

2回目と3回目のライブは
ヴォルフスブルクでした。
これもねー、クロネコ何があっても
絶対に行く!って決めてたライブで。
ものすごく楽しみにしてたんだー。
5月のあたま頃だったかな。

でさ、ライブ中も、街並みもいっぱい写真を撮ったから
ここにも載せる予定だったんだけど。
ぬわんと・・・!
クロネコ先週うっかり全データを
消去しちゃったのよ・・・!
ああ。
ああ。
胃の奥がきゅーっとなるような悲しさ。

落ち込みは半端なかったよ。
なんせね、すっごく特別な場所での
ライブだったからね。
とにかくすごかったのよ。
なのに、その写真を全部消しちゃったからね。涙
クロネコったらアフォーにもほどがあるよねと。

と思ったら。
アイフォーンがあった!
アタイわずかながらアイフォーンでも写真を
撮ってたみたいで。
忘れてたわ。
だからほーんの少しは残ってたー。
ただライブのショットは一枚も残ってないけど。涙
それ以外の写真が残ってたので良しとするかな。
ああ。

ヴォルフスブルクのライブはね、
これまでに無いくらい良いショットが
たっくさん撮れてたんす。
なのに、それらすべてが消去されただなんて。
自業自得とは言え、いや自分で消したからこそ
余計に悲しい。涙

けど珍しくここのライブはアタイの脳裏に
きっちり刻まれてるので
写真は無くとも記憶は残すよー!
って感じかな。
でも写真も欲しいー!!

クロネコ的には、ヴォルフスブルクの2DAYSライブは
アタイのラムシュタインライブ暦のなかで
ベストライブのうちのひとつだったんでね。
というのも。
ロケーションがすごく良かったのもあるけど
アタイの取れた場所もすっごく良かったからなんす。
もうね、ライブであんなに良い場所を取れたのは
生まれて初めてでさー。
ティルとリヒャルトの間だったんだけど
あそこがあんなに良い場所だったとはね・・・
と自分でも驚いたくらい。

なんかねー、ライブ中にねえ、
ボーカルのティルと何回も
目があったんですわ!
そんなこと今までに一度も無かったので
本当にたのしくてさー!
今思い出しても心臓周りの温度が
上がりそうな感じよ。

あ、大丈夫よ。
そういうの聞くと普通の人は
「ああ、クロネコかわいそうに。
とうとう頭までおかしくなったのね。
ライブ中にミュージシャンと目が合うなんて
ありえないのに、勘違いしちゃって。
ご愁傷様・・・」
って思ってると思うし。
誰も信じないのは百も承知。

だって、クロネコだって信じられなかったくらいで
勘違いかなーって思ったくらいだから。
ラムシュタインのボーカルのティルは
ステージ上ではMCとかしないし、
オーディエンスと目をあわすのも
大嫌いだ!って公言してる人なんす。
で、アタイ今までそれを信じてたんだけど。
今回たまたまティルの目線に当たるところに
場所が取れてさ。
そこに居たら、毎回ティルと目が合うから
あら?話が違うなあ~でも幸せ~
って思っててさ。
とにかく今思い出してもワクワクドキドキするくらい
楽しかったんす。
しかもさー。
ギターのリヒャルトとも目が合うしで。
こんな両手に花な場所でライブが見れるだなんて
最高ー!!!
って感じでさ。

で、アタイも自分の勘違いだと思いながらも
ステキな勘違いとして一人胸にしまって
おきましょう~って思ってたんだけど。
うふふのふー。
ライブの後、目が合ってたことをコンファーム
出来ちゃったんだよね!
クロネコってば・・・。
幸せ過ぎなんですけど!!!
生きてて良かった!
ライブが見れて良かった!
って本当に思った。

ちなみに、クロネコはね、
ラムシュタインのメンバーでは特定の誰かの
ファンっていうんじゃなくて、
全員のことが好きなんす。
誰が欠けてもいけない。
全員がそろってることが大事でね。
みんな好きなんだよねー。
でも、時期によって特に好きなメンバーってのは
あるんだ。
それがここ1~2年くらいはティルが好きなんだよねー。
声とか、キャラとか、振る舞いとか
しゃべり方とか、コメントとか全部がステキです。
そんで今またリヒャルトもやっぱりかっこいいな!
って思うようになってるという。
リヒャルトってばいい年なのに相変わらず
華々しくて輝いてるんだもの。

まあ、とにかく、良い場所で良いライブが見れて
これまた2日間とってもとっても幸せでしたよー
って話です。
いつもすみませんね。

では、ヴォルフスブルクの様子を交えて
写真を載せます。

アタイ、ヴォルフスブルクに降りたのは
実は今回が初めてで。
と思っていたら、あとでふと思い出したんだけど
8年ほど前に一度だけ1時間くらい
滞在したことがあったんだよね。
すっかり忘れてたんだけど、
以前、何人かの知り合いと一緒に
ブラウンシュバイクという街から車で
ここまでお寿司を食べに来たことがあったのよ。
今回街を歩いてたら「スシ・ベルリン」という
おすし屋さんがあってね。
そこの中を覗いていたら「あっ!」って
思い出したのだわ。
味は普通だったと思う。
で、確か経営者はベトナム人だったなって。
お店の内装を見て思い出すってのも
変な話だけど。

デュスからベルリンに電車で行くときには
必ずヴォルフスブルクに停車するので
駅から見える風景にすごく興味が
湧いてたんだよね。
どんな街なんだろう~ってね。
まあ、長谷部選手のおかげで日本でも
ヴォルフスブルクという街は有名だよね。

ドイツ人が言うところの通称、ファオヴェーの
街ですよ。
アルファベットで書くとVW。
VolksWagenのことですよん。
ドイツ人はファオヴェーと呼びます。
そう、この街にはフォルクスワーゲン本社が
あって、工場もある。
そして。
おそらくこの街の目玉はそれしか無い。
アタイが見た限りではそれだけだった。
驚きのしょぼい街。

と思ったら。
この街は1938年にアーディがいわゆる
国民車フォルクスワーゲンを製造するために
拠点を置いたところなんだそうで。
当時は人口が少なかったようです。
戦後、そのままVW本社として発展したらしい。
どおりで。
もともと小さい村みたいなところだったんだろうね。

市街地っていうのが他のドイツの街と比べて
小さくて変な感じだったのも納得。
戦後建てられたらしきビルに
チェーン店のテナントが入ってるんだわ。
新しいショッピングモールとかもあるけどね。
まあ、これ日本なら普通なんだろうけど
ドイツの名のある街だと、大抵は旧市街地があって
いくら商業化されててもそれなりに
何百年前の街並みがあるから
雰囲気を保ってるんだよね。
でもヴォルフスブルクにはそれは無い。
なんか殺伐としてる印象だったなあ。
まあ、冷戦時代も、ぎりぎり西側の街だったから
すぐそこは東ドイツだったんでね。

とにかくこの街の目玉はなんといっても
フォルクスワーゲンしかない。
でもそれがすごい規模なんですわ。
さすが儲かってる会社は違うねー!
って感じで。
金に糸目はつけん!って感じで
建てたんだろうなあ~という
自動車ミュージアムみたいなのもあってね。
その名も「アウトーシュタット」、
車の街って意味。
いやー、駅の反対側はものすごい
フォルクスワーゲンバブルにまみれてたよ。
クロネコ毎日うろついて楽しみまくったよ。

ヴォルフスブルクのシンボルマークは
おおかみさん。
ヴォルフスは狼の複数形。
c0016407_3582778.jpg


街は水路で大きく二つに区切られてて。
駅があるほうにお店とか食べ物やとかがある。
で、反対側にフォルクスワーゲンの世界が
広がってる。

クロネコはこの時くらいから
食事療法をスタートさせてたんだよね。
ドイツ国内でどっかほかの街へ行く際には
事前にビオのお店を確認してるんだ。
そしたら必要な食材をそこで買えば
いいんでね。
最近の旅行は色々持っていくものも増えちゃって
なかなかの荷物多い女になってます。

ヴォルフスブルクのビオスーパーには
食事が出来るコーナーがあったので
毎日そこに通って、ランチを食べた。
この日は全粒小麦パスタランチ。
アタイ初めて全粒小麦のパスタを食べたんだけど。
・・・。
・・・。
まずい。
というか、美味しくないね。
やっぱりさー、好きなメーカーのパスタが
美味しいなって思うわ。
けど、ここまでしてパスタを食べる必要は無いなと
分かったので、今後はパスタを食べなくなるかも。
あ、クロネコ実は精白小麦も今は
控えてるんだー。
とにかく白い食べ物は(コメ以外。笑)
控えてるところです。
けど、このビオのお店すごく行き届いてて
品揃えもいいし、居心地良かったよ。
c0016407_453063.jpg


で、水路の反対側は上述したとおり
フォルクスワーゲン村なんだけど。
でも毎日お散歩してたら、街の名前の由来のものを
発見したんだわー。
ヴォルフルスは狼たちで。
ブルクはお城。
そう、この街にはちゃんとお城があったのねー。
ああ、そうか、そうか。
だからこの名前なんだね。

街の地図。↓
上のほうにある9番がお城。
で、真ん中の1番のところにあるのが
長谷部選手の所属するサッカーチームの
スタジアムです。
c0016407_485194.jpg


右のほうにある湖はもっと大きくて
アタイはこの周りを歩いて散歩したりした。
なんでも女子サッカーワールドカップがあった際には
なでしこジャパンのメンバーがここでジョギングを
してたんだそうですわ。
ライブ会場で話した見ず知らずのオッサンが
自慢げに教えてくれた。
ついでにそのオッサン、長谷部選手とか
香川選手とのツーショット写真まで
アタイに見せびらかしてきたんだよね。
ちょっとうらやましかったわー。
あと、そのオッサンが言ってたけど
長谷部選手目当てで、しょっちゅう日本人の女性が
日本から来てるんだよねー!
とのことでした。
にしてもさー。
この街ってば娯楽が少なくてそうとう退屈そうだから
アタイが思うに、長谷部選手は退屈してるんじゃ
無いかなーと。
自然の中をトレーニングするには最適だけど
遊ぶには辛い場所よー。笑

はい、こちらがサッカースタジアム裏側です。
アタイが撮りたかったのはスタジアムじゃなくて
ラムシュタインのツアートラックでござんす。笑
こういうの見ると(何百回と見てるわりに)
アタイ昔から超あがるんだよねー。
c0016407_4141969.jpg


で、どしどし歩いていくと
お城がありまーす。
c0016407_4342282.jpg

c0016407_434466.jpg

りっぱな木組みの家もあった。↓
ステキ、ステキ。
今はホテルになってるようだね。
c0016407_4364129.jpg

お城の周りは緑が多かったので。
c0016407_4381711.jpg

多分むかしは荒野だったのかなあと勝手に想像してたら
お城の横に馬屋があった!
やっぱそうだったんだね。
領主さんは馬に乗ってこの辺を
駆け巡っていたんじゃないかなと。
c0016407_4361810.jpg

c0016407_4372723.jpg

c0016407_4375746.jpg

以上がお城周辺です。
とてもいいところだったよ。

お城のすぐ近くには
金持ちVWが作った人工的な公園があるわけですよ。
湖、サッカースタジアム、水上スキーができる湖、
アスレチック場、アイススケートホール、
室内プールなどなど。
それはそれは巨大なスポーツ施設なんですわ。
全部人口的に作ってるのがこれまた
すごいところで。
そしてそして。
その横には先ほども書いたアウトシュタットなる
自動車ミュージアムがあるのですよ。
c0016407_4421531.jpg


VWグループっていまや世界最大級の
自動車グループ会社になってるらしくて。
このミュージアムを見てると
色んな車のパビリオンがあるから
色んな車がいまやVW傘下になってるのが
良く分かって面白かったよ。
アウディしかり。
ポルシェしかり。
ランボルギーニしかり。
スコーダしかり。
フォルクスワーゲンだけじゃないんだねーと。
でかい訳だわー。

アウディパビリオンの中で撮った。↓
c0016407_445179.jpg


そしてそして。
工場は今も稼動してるらしいんだけど。
目玉はこちらのKRAFTWERK(クラフトヴェアク)↓
つまり発電所です。
これは第二次大戦前に建てられたんだそうで。
今も一部稼動してる。
c0016407_4521678.jpg


すごいっしょ、すごいっしょ!
超かっこいいでしょー。
工業地帯好きにはたまらんよねー。
しかも年季が入ってるメタルってのは
趣があるよねー。
クロネコこういうの大好きでさー。
ちょうど中央駅からこの発電所が見えるんだけど
いつ見てもかっこええなー!と思っててね。

そして。
そして。
よもやその中に入れる日が来るとは
思って無かったよー!
つってもVWは内部をホールに改築してるので
時折催しとかがあって、一般人も中に
入れるらしいんだけど。
今回もVWは名前を忘れたけど
なんか文化的な祭典を1週間ほどやってて。
そのオオトリがラムシュタインだったんす!
そう!
ラムシュタインてばこの中でライブを
やったんだよー!
きゃー!
さすがー!

中はね、こんな感じです。
たくさん写真撮ったのに全部消しちゃったから
これくらいしか無いんだけど。涙
c0016407_4552256.jpg

これクロークだよ。↓
かっこ良すぎでしょー!
c0016407_4553890.jpg

むかーしのジーメンスのモータも
残っててさ。↓
この周りがバーになってて、ライブの後
ファン仲間たちとここでビールを飲んだよ。
あーたのしすぎたー!
c0016407_457338.jpg


c0016407_505526.jpg

ライブ会場は当然狭くてね。
ステージの幅も多分通常より短かったんじゃ
無いかな。
客席とステージも近くてねえ。
クロネコ最前列だったので、目の前を
うろうろするメンバーを間近で見れて
感激だったわー。
かっこよすぎー!
リヒャルトのつめたーい視線が
痛いのなんのって!笑

ライブ会場は後ろ半分が椅子席で
階段状になってた。
だからキャパが通常の10分の1しか無い
1500人でさ。
これが最高だったんだよねー。
だって、たとえ最前列の良い場所に居ても
ぜんぜん押されないんだもん!
普通だと何千人分の圧力が掛かって
大変だからねー。
クロネコ余裕で見ちゃったよ。

でもねー、スピーカーが近すぎて
鼓膜が破れそうになったわ。
けど、今回スペシャルな耳栓を
持参してたので、それのおかげで
大丈夫だったかな。
自分の耳の型を取って作った
マイ耳栓なんだよ。
全部の音をカットするんじゃなくて
一部のみカットするやつ。
DJとかミュージシャンも使ってるという。
ま、プロのミュージシャンはもっと
高級なやつ使ってるけどね。
クロネコ身体に優しい生き方を
することにしたんでね。笑

あ、ちなみにこちらの写真は前座の
ジョーイさんのDJ。
彼はアメリカ人なんだけど、去年のUSツアーのときから
前座をやってるんだわ。
ラムシュタインの曲をリミックスした
テクノ調DJなんす。
アタイはすごく好きだし楽しいと思うんだけど
普通のラムシュタインファンはメタル好きなので
どうもテクノがダメらしくて。
かなりブーイングだったよ。
なんでー?!って感じ。

けどさ。
ジョーイさんはアメリカ人だからなのか
ちょっとナショナリズム丸出しな映像を
使いまくっててさ。
昔ラムシュタインが、レニ・リーフェンシュタールの
民族の祭典の映像をPVに使ったせいで
メディアに「ネオナチだ!」ってバッシングを
受けたのは有名な話だけど。
そのPV映像を利用してDJのときに
使っててさ。

クロネコは、「うーん、シュールだなー」
って感慨深くなったんだよね。
ナチスのプロパガンダ映像を
アーディが作らせた発電所の中で流すってのが
すごいことだわーと思ってね。
それを目の当たりにするドイツ人たちは
さすがに気まずいんだろうかね?
って思ったり。
ちなみに座席の来賓席(特等席)には
VWのトップクラスの人たちが
奥様同伴で座ってたんだけどね。
シュールだなー。

そういえばさ。
ラムシュタインはライブの最後に
「プッシー」って曲を歌うんだけど
「メルツェーデスベンツ~♪」
というフレーズがあってね。
アタイは、ライブの前から
「果たしてティルはどういう歌詞に
変えるのかなあ?!」
って興味津々だったのよね。
さすがにVWの敷地内で競合メーカーの
名前を連呼できないでしょーと思ってね。
しかも会社トップが目の前に座ってるしで。

実際はVWの車種名を歌ってたようで
アタイには「ファオヴェーなんとか~」と
VWのところしか聞き取れなかったな。
あとベンツィーン(ガソリン)という曲でも
ティルは「特に今日なんかはベンツィーンを
使う場所だよねー」って言ってて
大変キュートでした。

まあ、そんなこんなで。
ひじょうに、ひじょうに楽しい2日間の
ライブでした!
クロネコ色んな意味でティルとシンクロしてたので
ちょっとうれしくてねー。
半分以上は思い込みだけどね!笑
ファンというのはそういうもんです。

ヴォルフスブルクには
5日間居たから、もう一生分くらい居たと思うなー。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-06-04 05:18 | ロッキン・ライブ | Comments(18)

予定通り決行!

ちょっとブログのトーンが重たくなってきた感が
あるので。
徐々に普通のトーンに戻そうかと。
今ね、病気とかライフスタイル変更とかについては、
別ブログを書いてるところなんですわ。
やっぱり同じブログに書くと暗い感じになるから
分けようと思ってね。
自分が忘れないためにも
いろいろ体験したことや、現在やってることを
書いておきたいという気持ちもあるので。

今回の記事は、いきなりライブレポート
だったりするので。
心配してくれてる人たちが読んだら
は?クロネコふざけてない?
って思うかもしんないね。
病気が病気なんで心配してくださってる人も
いるかもしれないけど
クロネコほんとに元気なんす。
まあ、精神的には色々闘ってるところが
あるからナーバスな部分はあるけど。
ふさぎ込んだり、落ち込んだりは
してないですよーって話。

あきれられる内容かもしれないけど
ライブレポートを書きますわ。
あえてね。笑

実はこの2ヶ月の間に5回ほど
ライブに行ってたりする。

何というか。
ライブあってのクロネコと言うか。
そもそも。
手術が決まったときも真っ先に思ったのが
「ライブに行けなくなったらどうしよう・・・」
だったからね。
とにかく、ライブ中心にスケジュールを
組み立ててたと言っても過言では無いくらいで。

でもまあ一応ね、アタイも常識がありますから?!
ライブの時は「病欠」では無くて
ちゃーんと「有給休暇」を申請しましたよ。
ほとんど週末のライブだったから
あんま有給も使ってないっちゃー
使ってないんだけどね。

で。
自分でもさすがに無理かなあと思いながらも
無理やり決行したのが。
手術から2週間後のライブですよ。
あ、5回ともライブはラムシュタインのライブね。
今月別のバンドのライブにも行く予定なんだー♪

ほんとに、クロネコって狂ってるよね。
自分でもそう思うわ。
でもさ、これがリカバリーへの活力になるんだよ。
なにより大好きなことを諦めたりすると
気分が落ち込むから、
体力が許す限り行くぞ!って思ってね。
と言うより、クロネコが病気になっちゃったのも
正味、好きなバンドのライブに1年近くも
行かなかったのがいけないんじゃ無いか?
くらいに思ってたからね。
ラムシュタインがやっと再開するってのに
アタイ抜きだなんてありえないからっ!

3月22日に退院してからすぐにベルリンへ行って
静かに療養してたんす。
乳がんの手術ってすぐ退院できて
普通に動き回れるくらい軽いんですわ。
アタイの知り合いなんて、術後3日目に
日本に飛行機で飛んだからね。

最初はベッドで寝て過ごしてたんだけど
だんだん、「せっかくベルリンに居るのに
いくら寒いからとはいえ、勿体無いな」
って思い始めて。
4月に入ってからすぐに毎日1時間は
散歩をするようになったんだわ。
ちょうどその時滞在していたのがベルリンの
中心部だったので、好きなエリアを毎日
歩いてね。
c0016407_5172664.jpg

c0016407_5175636.jpg

すっごく寒かったけど楽しかった。
ただ、道路沿いはやっぱり排気ガスが
すごかったな。
ちょうどイースター時期でイースターマーケットが
出てたんだけど。
あまりの寒さに人出もまばら。
まあクリスマスマーケットに比べたら
内容もしょぼかったからこんなもんかなと。
c0016407_5182220.jpg


散歩はぜんぜん支障が無かったんだけど
それでも手術の傷ぐちが痛んだり、
胸自体も痛んだり。
わきしたのリンパ節も2つ切除したので
(こっちも転移無しでした!)
それが結構痛くてね。
ライブの前日まで
傷口よりも内部がずきんずきんと
痛む感じだったから、

ああ、さすがにラムシュタインのライブは
厳しいかなーって思ってたんだけど。
まあ、それでも一応一列目を確保して
痛みが激しいようならステージ脇に逃げて
後ろで見れば良いかー
くらいに思っててね。
「ライブに行かない」と言う選択肢は
存在しなかったので。

で。
ライブ当日。
不思議なことに、
その日はまったく痛みが消え去ってて。
自分でもすごく驚いた。
どこも一切痛くなくてさ!
ライブというか、ラムシュタイン効果すごすぎ!
もうすべて治ったかと思ったくらいよ。

この1回目のライブは普通のライブ
では無くて。
オフィシャル・リハーサルライブでした。
ラムシュタインは、ファンサービスの一環として
ツアー前のリハーサルを一部のファンに
公開してるんです。
ライブはベルリンのとある強大なスタジオで
行われてて、今まで多分3~4回こういうのを
やってると思う。
観客500人くらいを招いて行われてる。

クロネコこのリハーサルライブを見るのは
2回目なんだけど。
スタジオのつくりが、ステージセットメインなので
客席はすごく奥行きが短くて狭いんだわ。
幅は通常のホールと同じだけど奥行きは
10mくらいしか無いという。
なので、ファンの数も少ないから
ぎゅうぎゅう押される心配は無いのですわ。

エクスクルーシヴなファンが各国から
集まってきていて。
クロネコ、何回もライブに行ってるから
だんだん知り合いも増えてきちゃって。
自分も外人だけど、主に外人ファン仲間が
多いかな。
ドイツ人ってなかなか打ち解けない人種だから
外人同士のほうが気軽に仲良くなれるのよね。
フランス人のマット君、
チェコ人のマルティナ、
ギリシャ人のマイクとフェイ。
スウェーデン人のリズ。
久々にみんなに会えてクロネコは
とってもうれしかった!

そんで。
ライブもすばらしかった。
ああ、クロネコ生きてるうー!!
って幸せをかみ締めながら飛び跳ねつつ
頭を振ってました!
ラムシュタインを見れる幸せ!

非公式ライブだったので写真撮影は禁止。
普通のライブだとみんな撮影しまくりなんだけどね。
なのでこのライブの写真は最初から無い。

ま、そんな感じで一回目のライブを
存分に楽しめたのでした。
その日は痛みは無かったけど
さすがに翌日は身体が痛くなって
頭も振りすぎたからか、頭痛がして。
すごく疲れちゃったけどね。

他のライブのレポートは・・・
長くなりそうなので次回に。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2013-06-01 06:20 | ロッキン・ライブ | Comments(0)