死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

何とか一週間目はクリアしたー

いやー、長いようでいてあっという間の
1週間目でした。
クロネコ無事に1週目のカリキュラムは
クリアした感じです。

なんだかね、ものすっごく忙しいんだよ。
朝からやることてんこ盛りで。
毎日いろいろやってたら1週間が
過ぎてた・・・って感じかなあ。

何とか周りの人たちともうまく
やってるし。
正直言うと一人になりたーい!
部屋にひきこもっていたーい!
気持ちが強いんだけど
まあ多少は人とも行動をともにしないとね・・・
と自分に鞭打って、なんとか年配の
みなさんたちと一緒に散歩に行ったり
しております。
みんな良い人たちなんだけど
微妙に話題が合わないと言う・・・
笑いのツボも当然違うしね。
なんだかなーな感じです。

どんなことをやってるのかを簡単に紹介
してみますかねー。
興味アル人もいるかもしれないので。

まずは部屋の様子。
一人部屋でございます。
広さは・・・8畳くらいかなー。
c0016407_4355686.jpg

c0016407_4354967.jpg


バルコニーがついてて、眺めがすごくいい。
天気が悪いと霧で何も見えなくなるけどね。
↓これが窓からの眺め。
あちらはチェコかなー。
この田舎町はドイツの果てなので
チェコとかオーストリアの国境近くなんす。
近隣の大き目の町に行くよりチェコのほうが
近いという・・・。
c0016407_4363875.jpg

天気が悪いとこんな感じ。↓
霧が幻想的です。
c0016407_5162736.jpg

c0016407_5165232.jpg


クリニックは結構大きくて、建物が3つある。
常時300人以上の患者がリハビリを
受けているようで。
なかなかの大所帯です。

アタイはこのリハビリを申し込んだのが
州の年金管轄部門だったんだけど、
そこからこの田舎町に送られてくる人が
多いみたいで、
アタイのグループの人たちは全員が
同じ州から来てた。
なので。
グループの人たちは標準ドイツ語を
しゃべるので話が通じて楽チン。

職員さんたちはバリバリのバイエルン方言
まるだしだからね。
すっごく若い子達も方言丸出しだから
かなり気合を入れて聞き取りをしないと
アタイなんかは聞き漏れが多発する。

職員さんは主に理学療法士とか
心理学者とか、社会学者とか
そういう人たちで成り立ってる。
クリニックなので当然医者も看護師もいる。
みんな近隣の町とか村から勤務してるらしい。
チェコからも通ってる人がいるって話だった。

つーかね、理学療法士さんたちは
基本若者なんす。
若々しくて、元気で、運動神経抜群で
とにかくはつらつとしてるから
見てるほうも気分が良いのだ。
みんな20代前半?ってくらい若いよ。
で、てきぱきしてて感じが良い。

若者って良いねー!
ってしみじみ思うよ。
患者は年寄りが多いから、トレーナーとか
理学療法士さんが居てくれることで
クロネコの気持ちが安らぐんだよね。

一人アタイらのグループを担当してくれてる
女の理学療法士さんがいるんだけど
彼女はニーナさんというんだけど。
もうね、超絶美人でかわいい子なんだー。
顔はかわいいわ、スタイル良いわ、
愛想も良いし、
健康美そのものでねー。
もうクロネコ彼女にほれてしまいそうよー。
こんなかわいい子がこのど田舎にいるんだー
って思うと感慨深いよ。
でもね、ニーナ以外も、若手の職員さんは
みんな筋肉質の良い体つきをしてて
なおかつ顔もかわいらしい人が多くて
クロネコはなんだか楽しい気分なのだ。
男性もね、若くてスポーツ系でイケメンの
人が何人かいるもんだから
気分が慰められてるよー。

やっぱり見目麗しき、若い男女ってのは
世の中に必要なんだなーって
しみじみ感じてる。

そうそう、アタイのカリキュラムだったね。

心理学者との面談とか、
社会学者との面談があったり。
これが朝の8時からだから
ぼーっとした頭のまま、いろんな悩み事を
打ち明けないといけないので
なんだかうっかり余計なこととかしゃべっちゃって
我ながらドジ踏んじゃったわーって
思ってるんだけど。

そういえば、社会学者さんが言ってたんだけど
アタイは重度障害者の
申請が出来るらしいんだよね。
つーか、アタイ障害者に認定されたくないんだけどなー
って思ったから保留にしたんだけど、
これまた他の患者さんで同じ病気だった人たちから
「これ認定されたら休暇がさらに5日間
多めにもらえるし、いろいろ得点が多いから
申請してもらいなよー!
ぜったいやったほうがいいよー!」
と強く勧められたので。
じゃあ・・・と申請することにした。
申請自体はクリニックの人がやってくれるらしいんでね。
一応5年間有効らしいよ。
・・・。
なーんか正直言うと気がひけるんだけど。
まあ駐車場とかで障害者エリアに停められるから
有効活用できなくも無いんだけどね。
にしても、ドイツってばすぐに障害者認定が降りる
国なんだね。
いまいち腑に落ちてない・・・。

このリハビリは、
就業者か、主婦か、無職か、
または年金生活者かでグループ分け
されてるので、アタイの所属するグループは
サラリーマンばかり。
そんなアタイらが社会復帰するにあたって
どういう身体的動きに気をつければ良いかの
「人間工学講習」を受けた。
実技と座学を織り交ぜて5回の講習。
オフィスで座る際、どういう角度で座れば良いかとか。
重たいものを持つときのヒントとか。
そんな感じです。
理論を実践に移すにあたって、
分かりやすく教えてもらえて
なかなか面白かった。
今週で終了したので来週はもう無い。

同じグループで仕事に復帰するに当たっての
気持ちの上で気をつけるべきことを
心理学者の先生と一緒にグループ
ディスカッションする時間もあった。
ポジティヴな考え方についてとか、
角を立てずに断る方法とか、
そういうのを肩肘張らず
自由に発言する感じ。
あとはベッドの上に寝て、目を閉じて
瞑想することで精神的にリラックスする方法を
学んだりとか。
リラグゼーションとメディテーションって
やつかな。
これ結構バカに出来ないなーと思った。
なかなかのリラックス効果があることが
分かったので、時間があったら
自分でもやりたいなって思った。
ヨガとも似てるけど、もっと意識が強いかなあ。
楽しかったけど、このセッションは
今週で終了。

あとは、主に体を動かすプログラム。
病気の治療でいためてしまった身体の部位の
筋力をつけるために、
人間工学に基づいた動きで
グループでいろいろエクササイズをする。
ボールとか、ゴムとか機材を使ったり、
マットの上に寝転がってストレッチをしたり、
はたまた呼吸法を学んでリラックスしたり。
毎日いろんなエクササイズをやって
身体を慣らしていく感じ。

他には、理学療法士さんが個別に
身体の部位をマッサージしてくれるんだけど
これがとっても気持ち良いのだ。
人によって部位が違うらしいけど
基本は治療で痛めたところを
集中的にマッサージをしてくれる。
でもたったの20分程度なので
短いんだけどねー。

あとは、リフレクソロジーもやってもらえる。
いわゆる足のマッサージね。
これ本当に気持ち良いよね。
アタイは今週2回やってもらえた。
眠ってしまいそうになるよー。

こういうマッサージ系はリハビリの
もっとも良い部分だと思うな。

クリニックの院長先生による講義もある。
病気との向き合い方とかそういうのを
先生が1時間半くらいかけてお話
してくれるんだけど。
クロネコには早口すぎるのと
ドイツ語が小難しすぎてあんま理解できなかったな。
とちゅう寝てしまいそうになった。
でも後半の栄養学は集中して聞いたけどね。
ある意味非常に興味深かったよ。
ほんと、アル意味でだけど。
なんか日本人とドイツ人の違いを
まざまざと感じたねー。
やっぱり日本人のほうがはるかに
健康への意識が高いんだなあと思ったね。

これだけでも忙しいカリキュラムだけど
これ以外の合間を見つけて
理学療法士さんが個人個人に設定してくれてる
メディカルトレーニングもこなさないといけない。
要はジムのトレーニングマシンのこと
なんだけど。
おのおのの症状に従って、
内股筋力トレーニングマシンを使うとか
そういうのをアタイは週3回はこなさいないと
いけなくなってる。
加えて、自転車こぎもやらないといけない。
でも。
ジムが開いてる時間が限られてるから
カリキュラムの合間に時間を見つけては
あたふた走りこんでいって
急いで筋力トレーニングをやらないと
いけない。
もうこれだけで気分が忙しい。

そんで、こないだも書いたように
昼ごはんが11時半だし、
夜ご飯も5時半ごろだから
それも考慮しないといけないしで。
気があせるんだよねー。

そうそう、カリキュラムには
ノルディック・ウォーキングもあった。
あの杖を突いて歩くやつ。
あれで森の中を歩くんだわ。
とっても気持ち良いよ。

これだけでも強化合宿並みの
スポーツ三昧なんだけど。
クロネコはほぼ毎日プールにも行ってた。
20分くらいしか泳いでないけど
なんせプールが近いし
無料だから、これを有効活用しない手は無い!
と思ってね。
部屋で水着を着て、その上から
バスローブを羽織って
そのままエレベータに乗ってプールの階へ
行って~って感じです。
プールは二人くらいしか人が居ないから
空いてるし、キレイだし最高だよ。

そのほかは・・・天気の良い日は
晩御飯の後、つまり夕方6時くらいだけど
森の中を歩いたりもしてる。
まわりが自然に囲まれてる
ところだから、玄関を出たら森なのだ。
マイナスイオンがいっぱいでとても
気持ち良いよ。
手の入ってない自然そのものの森は
薄暗くて怖い感じもするけど
枯葉の上を歩くと腰への負担も無くて
とても心地いいんだー。

c0016407_5152038.jpg

c0016407_5172594.jpg

c0016407_5171955.jpg


こっちは先週日曜の昼間に散歩に行った際に
撮った写真。↓
c0016407_5182939.jpg

c0016407_5183397.jpg


本当に風光明媚なところ。
自然に囲まれてて、目的が違ってたら
さぞや気分的に楽しいんだろうなー
って思っちゃうよ。

まあ、そんなこんなで。
自然とスポーツを来週も楽しみたいなと。
あと2週間がんばります。
来週はまた違うカリキュラムが
どっちゃり組み込まれてる。
朝の7時半からってのがなかなかきついよねー。
仕事よりきついんじゃ?笑
[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-31 05:20 | 日記 | Comments(2)

もう既にホームシックです

あー、やだやだ、もう帰りたいー!
って気分でいっぱいです。
もともと行きたく無かったけど
みんなが行け行け言うから来てみたものの・・・
やっぱヤダ、帰りたいー。

ちなみに今日は土曜だし、明日も日曜で
何のプログラムも無いから
まだぜんぜんリハビリは始まってない。

だーけーどー。
アタイはもう帰りたくてしょうがない。
なんか・・・馴染めない。
はやくも弱音吐いちゃうけど帰りたい。
すっかりネットがお友達状態だよ。

いやね、環境はすごく良いところなんだよ。
山あいにある静かな場所でさ。
まさに自然がいっぱいだよ。
アタイの部屋は8階でさ、バルコニーもあって
そっからは山並みが見渡せて
そりゃあ良い環境なんだよ。

クリニック自体も大きくて
今は400人ものひとが宿泊してるんだとかで。
設備もすごく整った感じで。
スタッフも行き届いてて感じが良いし。

なのに、クロネコは帰りたい病なのよね。

やっぱさ、いくら良い環境とはいえね、
ここは療養施設で、
宿泊してる人も大半が患者なんだよねー。
なんか病院臭がするような気がして
それがとても嫌なのよ。
そんなの気のせいなんだけどさー。

なんで、みんなこんなのが良いって
言うんだろ?
アタイは元気でパワフルで楽しい人たちと
一緒に居るほうが百倍精神衛生上
良いと思うんだけどな。

まあ、リハビリ施設に来ても良い人たちは
それなりに動ける人ばかりだから
本当の病院に居るようなぐったりした人は
居ないんだけど。
でもまあ、看護師とか医者がいるからねえ。
アタイは病気なんだ・・・って思い出すわけで。
すっかり忘れてたのにさー。

それに、体の痛みも忘れてたのに
なんか「アタイは病気だったんだ」と
思い出すと自然と痛みもぶり返してきてさ。
こういうの・・・良くないんじゃないの?
って気さえしてくるわけで。
アタイたぶん精神的な要素が大きいんだと思うわ。

それにさー。
なんといっても。
年寄り多すぎー!
アタイ年寄りとか嫌いじゃないと思ってたけど
こんだけ年寄りの渦に今までほおりこまれたことが
無かったから自覚してなかっただけで。
なんだか。
アタイってば老人ホームに来てるのか?
って錯覚しちゃうくらいよ。
まあ、そうは言ってもアタイくらいの
年齢の人もいるんだけどね。

でもさー、なんか20代とか30代の
人たちが恋しいよ。
60代以上に囲まれる気分っちゅーのは
なんだかねー。
と思ってみまわすと、たくさん子供がいるんだよね。
まさにキッズがたくさん。
何でかと言うと、みんな家族と一緒に
来てるからで。

そういうのアリなのか?
って日本人だと考えちゃいそうだけど。
家族の支えがあると人間ってやつは
早く元気になれるから、どんどん家族とか
だんなとか、彼氏とか来て良いよ!
って方針なんすよ。

キッズがいるってことは
大体アタイと同年代がいるはずなんだよね。
でも見当たらない。
みんなどこに居るのよ?

あとさ、アタイがホームシックになる理由のひとつが
なんといっても食べ物ですよ。
なんかさー、想定はしてたけど
目の当たりにするとショックがでかいんだよね。
アタイは事前に連絡してあったので
ベジタリアンみたいな食事を出してもらえるんだけど。
ドイツって基本的に晩御飯は
カルテスエッセンといって
冷たいものを食べる習慣があるんだよね。
つまり、パンとハムなんだよ。

あー、うっかりしてたよね。
入院中もそうだったけど、
これうっかりしちゃうんだよね。
アタイは乳製品を完全にやめてるから
バターとかぬれないわけで。
家に居るときは毎日パンを食べてるんだけど
バターなんか無くても他にパンに塗って
食べられるものはいくらでもあるんだわ。
自分でも作るしね。
でもここにはそんなものは無い。
バターのみ。

で、あとはサラダだよ。
サラダもさ、オリーブオイルとビネガーくらい
おいといてくれればいいのに、
ご丁寧にドレッシングをおいてあるんだよね。
それだと何が中に入ってるか分からないから
(ヨーグルトとか入ってると危険だからね)
とてもじゃないけど食べれない。
サラダはプレーンだとなかなか
食べるのが厳しいからねー。

とにかくハムは駄目だから
アタイの今日の晩御飯は
サラダとパンだけ。
寂しい。
さみしすぎるよー。
涙が出てきそうになるでしょ。

でもご安心あれ。
そんなこともあろうかと、アタイは
炊飯器とお米、納豆、お豆腐を持ってきてるからね。
これで何とか乗り切るしかないのよ。
しょうゆもあるし。
とにかく食堂では野菜サラダを食べる程度に
とどめておいて、パンは持参したベジタリアン用
パンに塗るペーストを使えば何とかなるし。
なんとしても体重を落とさないよう
がんばらないといけないからさー。

なんか。
面倒くさいわー。

ちなみにクリニックでは晩御飯が
夕方5時なんだよー。
晩御飯が5時ってー!
ありえないよねー。

あとオリを見て、ゆで卵マシンを
買いに行こうと思ってるんだ。
なんせ卵料理が出ないことが分かってきたから
このままでは栄養バランスに支障が出るわと思ってね。
卵も村で調達しないといけないし。
なんか。。。
アタイってばサバイバルになってきてるよね。
とにかく生き抜くよ。

そして。
ここはバイエルンだから、まさに
グリュースゴットの世界でさ。
もうね、医者も看護師も職員も
バリバリのバイエルン方言丸出し。
あれまともに聞いたの今回が初めてだけど
ほんとに言ってることが分からないのよね。
クロネコのドイツ語理解度が著しく低下したのかな?
って思ってしまうくらいわかんない。
参るわー。

と思っていたら、他の地域から来てるドイツ人も
「バイエルン方言、言ってることが理解
できなくて困るんだけど・・・」
って言ってて笑えた。
なんだ、ドイツ人でも集中して聞かないと
理解できないんだ。
じゃあアタイが理解できないのは当たり前じゃんかね。

ご飯は食堂でとるんだけど、
いつも同じテーブルで同じ人たちと
食べることになってるんだわ。
でね、みんな良い人たちでおしゃべりしてると
一人が「私はノルトラインヴェストファーレン
から来たのよ」って言うもんだから
「あー、アタイもです!デュスから来たんです!」
って言ったらその人もうれしそうで。
そんでもってアタイの隣にいたおばあさんも
「あらまー、私はノイスよー」
だなんていうもんだから。
みんな近いねーって喜んでたのでした。
ちなみにノイス出身のおばあさんのことを
クロネコは昨日から誰かに似てるなー
ってずっと考えてたんだけど、
今日それが誰だか分かったのだ。
それは。
伊藤四郎さんですわ。
って。
男じゃないかー!笑
でも似てるのよ、雰囲気が。
ヒルデガルドさんって言うおばあさんだけど
アタイは心の中で伊藤四郎さんと呼んでいるのだ。
良い人なんだよー。

ま、そんなこんなで。
今のところホームシックだけど
適応能力の高いクロネコのことだから
そのうち慣れるでしょうー。
と言うか慣れるしかないよね。

がんばりますわ・・・。

あー、でも本音は帰りたい。
仕事復帰させられてもいいから
帰りたい。
このリハビリは社会勉強だと思うことにするしかないね。
二度とこれには参加しないぞ!っていう
気持ちでのぞむことにする。
(ドイツ人は大好きらしくて何回も
リハビリに参加したがるんだよねー。理解不能だよ。)
[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-25 04:46 | 日記 | Comments(2)

パッサウってば遠い

無事に朝四時半に起きれて、
五時半の特急電車に乗ったんだけど。
簡単には行かないのがドイッチェバーン。

何で早朝の便にしたかというと
スーツケース担いで乗り換えをするのが
嫌だったからで。
乗り換えなしは早朝便のみだったんですわ。

なのに。
何故か今はニュルンベルクで乗り継ぎ電車を
待ってる。
到着は二時間遅れになるんだって。

つーかね、途中で線路に人がいるからって
一時間近くライン川沿いで電車が
止まったのがそもそもの原因。
つーか、誰だよ、そんなはた迷惑なこと
やってるバカは!
しかも風光明媚な観光地で。。。

ドイッチェバーンは料金の半額を払い戻して
くれるんだって。
もともと電車賃は年金保険が払って
くれてるので、クロネコは黒字だから
これで勘弁してやるかーって話。

それより今知ったけど。駅ってWi-Fiが
無料で使えるんだね。
わーい
[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-23 19:10 | 日記 | Comments(1)

明日からリハビリ!

リハビリだけど、
アタイは「強化合宿」だと思うことにしてる。

どうなることやらー。

でもまあ荷物も昨日送ったし。
デカいスーツケースを2個
昨日送りました。
送料は年金保険が負担してくれるのだ。

結局さ、靴が一番多くて
全部で7足もある!!!
ジョギングシューズ、
室内スポーツシューズ、
ハイキング用シューズ、
ビーチサンダル(プール用)、
室内履き、
スニーカー、
パンプス(移動用)

つーか、どれか不要なんじゃ?
って気がするよね。
なんかさ、旅行に行く時とか
こういう合宿に行く時に
色んな状況を想定して靴を何足も
パッキングしてると
「ああ、アタイもすっかり
ドイツ生活が板に付いたなあ~」
って思うんだよね。

日本だと旅行に行く際
何足も持っていかないからね。

明日手持ちのスーツケースは
これまた決して小さいサイズじゃないんだよね。
中身はほとんどが食べ物になると思う。
最近のアタイはどっかに出かける際
やたらと食べ物を持ち込むんだわ。
道中のお弁当はもとより、
向こうについてから食べれそうなものも
2日分くらいは持っていく。

今回はあちらに食堂があるので
そんなにもって行かなくても
いいんだけど、なんかついねー。
こういうのって、なんだか
おばあちゃんみたいだよね。笑
でも何かコレ癖になっちゃってて
やめられそうにないよ。

明日は長旅です。
電車で乗り換えなしの7時間。
でも多分水害の影響からか
迂回路線になるらしいので
さらに時間が掛かるかも。
朝5時に家を出ねばならないから
起きるのが4時半。
ああ、大丈夫かな。
目覚ましよ鳴ってくれ。
・・・。
って鳴っても起きれない場合が
一番怖いんだけど。

もうお風呂入って寝なきゃね。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-23 05:00 | 日記 | Comments(0)

FBの扱い方

「FBやってる?」
会社関係の人から聞かれたら、
それが日本人の場合は
「やってますけど、会社関係はつながらないことに
してますんで。」
ってバシっと断れるんだけど。

これがドイツ人同僚だと、なーんか断りづらくて。
つーか、そもそも彼らはどうにかして
アタイを見つけ出してきて
メールで申請が来るんだよね。
このメールが来た時の嫌な気分たら
無いよね。
何が嫌って。
断りづらい点。
メールで「NO!」って断ると翌日
会社で会った時きまずいし。

あー、嫌だ、嫌だ。

だから見つかりづらいように
名前をちょっと変えてみたり、
メール検索も引っかからないように
してみたりしてるんだけど。

FBってすでに友達になってる人から
芋づる式に他の人にもガンガン
「この人友達じゃないですか?」
的な余計なお世話を展開する機能があって。
あれのせいで多分見つかるんだと思う。

クロネコ極力会社の同僚とは
つながらないようにしてて、
つながってても最低限にしてるんだけど。

恐れていたことが起こったよ。
さっきドイツ人上司から
「FB友達申請メール」が届いた。
わーん。涙
恐ろしい、恐ろしすぎる。
クロネコが病気療養と言う名の下に
適当に遊んでるのが上司にばれるじゃないの。笑

いや、そんなことはどうでも良くて。
なんせオリバー(ドイツ人上司)は
アタイがベルリンに遊びに行ってるのを
知ってるからね。
つーか、オリバーが
「クロネコ病気を治すためなら
ベルリンでもどこでも好きなところへ行って
療養して来い!」
って言ってくれたくらいだからね。

いやね、オリバーは100歩譲って
申請を許可しても良いんだよ。
(本音は嫌だけどさ)
でもさー、でもさー。
オリバーはマーケティング部のダイレクターだからね。
確実に彼は他の社員たちとたっくさん
つながってるはずで。
まさに日独関係なくつながってるはずで。
アタイが一番避けたい人たちがそこには
居るに違いなくて。
そいつらが、さらにアタイにつながりたい!
って言ってきたらどうしよーって思ってて。
つーか、絶対言ってくるのが眼に見えるわけで。
ああ。
そんなの絶対嫌。
嫌だったら嫌だよーって話。
おそろしい。
でもオリバーに断れない。
どうしよ。
とりあえず明日からリハビリで出かけるから
メールに気がついて無い振りをしておこうかな。
そうしよ、そうしよ。
で、後でゆっくり考えよう。

FBでは自分の記事を見せたくない人に
見せないように出きる設定があるんだけど。
だから会社関係には見せないよう設定
可能だと思ってるんだけど。
あれ本当に本当に有効なのかな?
今までそう信じて使ってきたけど
いまいち自信が持てなくなってきててさ。

「会社グループには見せない」
って言う設定を選んだ場合、
たとえそのグループの人がアタイの
FBに個別にアクセスしたとしても
写真データとか見れないんだよね?
だよね?
だよね?
そう信じてるんだけど。

ほんっとこういうの面倒くさい。
何でプライベートと会社関係を
みんなごちゃ混ぜにしたがるんだろね。
アタイは嫌だよ。

でもFBのおかげで、疎遠になりがちな
お友達とつながっていられるのは
いいことだと思うし、
中学時代の同級生ともつながってるのは
楽しいから悪くないと思うんだけど。
それは完全にアタイのプライベート情報
だからね。
なのでFBをやめるのは嫌なんだよねー。
友達の記事に「いいね!」を出すだけで
自分の写真をアップするのやめようかな。
ちぇーっ。

クロネコがこないだ会った
東京OL時代の元同僚から聞いた話では、
アタイが居た古巣では、みんな社長と
つながってるんだとかで。
恐ろしい。
社長の記事には「いいね」を押すんだとかで。
・・・。
キモイ。
キモ過ぎる。
そんなことする意味が分からん。

つーか、日本はLINEとか流行ってる
って話だから、他の人に知られたくない情報は
LINE経由でやりとりするって話を
聞いたんだけど。
だからFBってある意味オフィシャルやりとり
ツールに過ぎなくて、
みんなあまりプライベート情報は
載せないって聞いたんだけど。

クロネコそういう使い方じゃないからなあ。

アタイのフェイスブック活用法は、
基本リアル友達や知人としかつながらない。
面白いものを見つけたら写真をアップする。
文章だけのアップはほとんど無い。
本当の自分の状況は書かない。(たとえば
アタイが病気に罹患したこととかは伏せてる)
楽しくて、面白くて、ハッピーな話題しか
書かない。
だからFBしか見てない友達は
アタイがこの上なくドイツ生活を満喫してて
最高に元気だと思ってるはず。

でもそれでいいのだ。
虚構じゃないし、確かにアタイの生活の
一部はとても楽しいものなのは事実だからね。
なにも全部をさらけ出す必要なんて無いし。
同情買う気もさらさら無いし。

ブログだってアタイの生活とか考えを
全部載せてるわけじゃないからね。
一部でしかない。
でもそれが普通だと思う。
全部なんて載せきれないもん。
それにそんなの知りたい人も居ないだろうし。

自分の生活の中で、人様に伝えたいな~
と思ったことを書いてるに過ぎないし
伝えようと思わなくても
単に自分が書きたくなったら書いてるだけ
ってのもあるから。

それがブログだと友達以外の
世界の知らない人たちにも向けられてる。
FBだと知ってる友達とか知り合いに
向けられてる。

あー、ほんと何で同僚はアタイのことを
FBでほおっておいてくれないだろ。

余計な悩みが増えたわい。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-23 04:51 | 日記 | Comments(0)

気分が高揚したまま荷造り中

今週末からアタイはオーストリア国境近くの
小さい町へ行くことになってる。
期間は3週間。
何しに行くのかと言うと、
リハビリです。

ドイツでは重い病気に罹って治療を終えた人には
このリハビリが用意されている。
ある意味ご褒美のようなもので
ドイツ人は喜んで参加する。

クロネコは最初うっかり断っちゃったのよね。
だって3週間もどっかよそへ行って
泊りがけでリハビリだなんて
考えただけでも面倒くさいじゃないの。
それにアタイ今自己流で食事療法を
やってるから、そんなところに行ったら
3週間も中断しちゃうじゃないのーと。

でも。
会社の人事部からも、周りのドイツ人たちからも
みーんなから
「おまえ何断ってるんだよ!
絶対にリハビリに行くべきだよ!」
と言われまして。
会社にいたっては、リハビリを受けないと
仕事に戻っちゃいかん!とまで
言うもんだから。
分かりましたヨーと。
リハビリ行きますヨーと。
そういうことになりました。

でもこれがなかなか大変でさ。
書類が多くて、途中で挫折したくなったりね。
だって何十ページもあるんだもん。
ちなみにこのリハビリは年金保険で
まかなわれます。
アタイはまだ40歳にもなってないんだけど
早くも年金保険のお世話になるんですわ。
ありがたいねー。

リハビリの書類を提出したのが6月末だったんだけど
それらの書類審査が終わったのが
7月中旬頃で。
アタイのリハビリは8月23日から
始まりますよーって連絡を受けた。

なのでまあ、その間もう仕事へ
行っちゃえーってことで
会社に行ってるんですわ。

つーか、アタイのリハビリ施設は
こっから近くの町かなあと思ってたんだけど。
めっちゃ遠くでした。
電車で7時間以上。
遠いどころじゃないよ。
パッサウから程近い田舎の町ですよ。
言葉通じるかな~的な。

けど、大自然が約束されてるところなので
まあ気分的には楽しめるんじゃないかなと。
実際何をやるのか良く分かってないんだけど
体力を回復させるべく
主にトレーニングとかスポーツとかを
やるらしいんだわ。
あとは病気との対峙の仕方を
コンサルしてくれたり
リンパマッサージも受けられるらしいしで。
てんこ盛りの3週間になりそうです。

いや、楽しみといえば楽しみのような
気もするんだけど。
今のところ正直なアタイの気持ちは・・・
行きたくない・・・の度数が強いかなあ。
やっぱさ、病気の治療をやってる人が
集まってくるわけだから
なんだか雰囲気が暗いんじゃなかろうか?!
と言う心配をしててねえ。
多分大丈夫だとは思うんだけど・・・。
重たい空気だと嫌だなあって思ってさ。

ネットもつながるらしいし、
大自然でスポーツもできるし
プールもあるみたいだから
いろいろ楽しんでこようと思ってる。

ちなみに、アタイは色々食べたくないものが
あるのでそういうのも事前に連絡をしてある。
けど一体どこまでアタイの食事療法に
近づいたものが実現できるかは
未知数だよ。
ビオ食品は手に入らないらしいけど
地産地象の野菜を仕入れてるらしいから
まあ悪くないかなあと。
で、アタイはおコメを食べるから
おコメはどうなのか問い合わせてみたんだけど
おそらくあのドイツのクソまずいコメを
出される可能性が高そうなので。
自分でおコメをもっていくことにした。
玄米も混ぜ込んでね。
そんでもって。
自分の炊飯器も持っていくことにした。
クリニック側も持ってきて良いよって
言ってくれたんだね。

・・・。
なんだかクロネコってばまたまた
ややこしい患者になってるよね。
でもいいのだ。
ついでに納豆とかお豆腐も
持って行くことにして
今荷造りしてるところ。

30キロまでもスーツケースを
2つ無料で配送してくれるので
今色々詰め込んでるのだ。
明日配送業者が来るので
今日中に荷造りを終わらせないといけない。

結構大き目のスーツケースが
トータルで3つになりそう。
どんだけ大荷物なんだ!って感じよね。
でもシューズだけで4足あるし
スポーツウェアもたくさんあるし
炊飯器もおコメもあるから・・・・
なんだかんだねー。

結局PCも持っていこうかなと思ってる。
やっぱりPCが3週間も無いと
クロネコ中毒症状が起きる気がしてさ。
iPadだけじゃどうにも足りなくなるからね。
iPadにはしこたま映画をインストールしたので
毎日たくさん映画を見れる。
それも楽しみだし。
本もたくさん持っていく。

冬場だとスキーも出きるところらしいよ。
クロネコはスキーが苦手だから
夏でよかった!
久しぶりのプールがとても楽しみ。

ま、そんなこんなです。

週末またベルリンに行ってたんだけど。
昨日クロネコは予想して無かった人たちに
会ってしまって。
心の準備が出来ていなくて
もう精神状態がてんやわんや。
血圧があがってしまったんじゃないかな?!
ってくらい浮かれちゃったよ。
スーパー幸せな気分になって
昨日から興奮状態であんま寝れてない。
いやー、ステキなサプライズだったなー。
って。
何のことか分からんよね。
うふふー。
クロネコしばらく元気に暮らせそう!
すっごいポジティヴなパワーをもらえたから。
なんかとにかく幸せ。
クロネコやっぱり恵まれてるよ。

これからいろいろがんばるぞー♪
[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-21 05:09 | 日記 | Comments(3)

デーハーエル

デーハーエル、つまりDHLのことなんだけど。

確か今年の春くらいから
時間指定の配達サービスを
はじめたんだよね。
ニュースにもなっててさ。

時間指定配達って・・・
日本じゃもう20年くらい前から
普通に普及してることだよね。
つーか、宅配の常識になってるよね。

でもここは外国。
ドイツラントは
割と時間通りに事が進むほう。
それでも宅配はいつ来るか分からんもので。

そりゃまあ最近のロジスティックシステムは
優秀だから、配送伝票番号があれば
ネットで今どこにあるかを確認することくらいは
出きるよ。
つーか、それは前から出来た。
でもそれを確認できることと、
自宅で受け取る時間帯を指定することは
別問題と言うか、別次元。

ま、とにかくね、これまでは宅配された時
自宅に居ないと不在票がポストに
入れられるわけですよ。
で、家に帰ってきてそれを見ると
「ご近所さんが預かってます」とか、
「近隣の集配センターまで取りに来てください」とか
「隣の通りのショップに預けてますので
取りに行ってください」とか、
そん時によって違うことが書いてあるのだ。
もうその時ごとに違うことが書いてある。
いまいち基準が分からなくてさ。

一番いいのは隣の通りのショップに
取りに行くやつ。
同じマンションの人が受け取ってくれてる場合、
その人がいつ家にいるか分からないので
タイミングを合わせるのが難しいのよね。

ベストなのは会社で受け取るやつかな。
それならいつ配達されようが関係ないからね。

でね、最近そのDHLがはじめた時間指定配達だけど。
どういう選択肢があるのかと言うと。
2パターンだよ。
午前中の9時から12時。
または午後12時から17時。

これは・・・。
これは結構厳しい選択肢だよね?
日本の宅配サービスを知ってる身としては
全然新サービスとしての値打ちは感じない。
だってさ、午前中は日本と同じだとしても
午後の時間指定範囲が長すぎると思うんだわ。
午後丸々じゃないの。
仕事切り上げて帰ってくるって言うんじゃ
とても対応できない。
日本だと2時間置きに指定できるよね。
しかも夜9時くらいまで対応してくれてるよね。

そこまで出きるなら始めて新サービスも
ニュースとして価値が出てくると思うんだわ。
こんな今のやつじゃ価値が見出せるわけ無いよ。

ちなみにもう一個選択肢があってね。
それは集配センターまで自分で取りに行く
ってやつ。
そうですわ。
クロネコね、今回最初は午後の5時間以内で
再送を指定してみたんだけど。
見事2回目の配送にも間に合わなくて
仕方無いから集配センターまで取りに行ったよ。
車で往復1時間もかかるところへね。
遠いわー!
アウトバーンを途中120キロで飛ばしたわー。

こんな遠いところまで取りに行かせるだなんて。
デーハーエルいけてない。
でも日本からの宅配だからデーハーエルしかない。
もー!

しかも今回関税がまた掛けられてて
その支払いがあってさ。
それなら税関に留めておいてくれたほうが
なんぼかうちから近いのに。
それなら車で5分以内だからね。

デーハーエルのサービスは・・・
日本人が知ってる宅配サービスレベルからは
はるかに遠いところに居るよ。
つーか、一生追いつけないだろうな。
宅配レベルは日本が世界一だと思うよ。
ってアタイが言わなくてもみんな知ってるよね。

贅沢言わないから、せめて集配センターじゃなくて
どっか近いところに留めておいて欲しいわー。
あんな遠いところまで行きたくないからもう。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-15 03:13 | 日記 | Comments(1)

カルチャーショック

今年の春に、日本から新しくチューザイで
送られてきた男子がアタイの10歳年下と言う・・・
うーん、自分も年をとるわけだ。

前々から一緒に仕事をしてたこともあり、
地元が近いということもあり、
賢いということもあり、
クロネコはなかなかにこの青年を
気に入っておりまして。
弟のような気分で接しております。

つーかね、日本に居た頃から
クロネコは四国出身者と
中国地方出身者にシンパシーを
感じるタイプでしてね。
クロネコは18歳から関東地方で暮らしてたので
基本アウェイなわけですよ。

で、時たま地方の人に出会うんだけど。
自分と地元が一緒だったり、
親の出身地と地元が一緒の人なんかには
なんとなーく親近感を感じるんだよね。

つまり、香川、徳島、愛媛、
岡山、広島、鳥取あたりにね。
波長が合うというかね。
100%では無いのが難しいところだけど。
けど四国でも高知だけはなじめない。
と言うかそもそも出会わない。

で、東北はなじみが無い、
と言うかいまいちなじめない。
ついでに九州地方もなじみが無いし
出会わない。
そんでもって、関西をすっ飛ばして
中部地方もなじみが無いし
なじめない。
そんなもんなのだ。

今は特に外国暮らしをしてるから
四国、中国地方の人に会うと
特に懐かしい気分になっちゃうんだよね。
ちなみにアタイは大阪、神戸にも
親類がたくさんいるんだけど、
そこらへんは特にシンパシーを
感じたりはしないんだよね。
何故だろ、都会だからかな。

ま、なので地方閥とまではいかないまでも
出身地が近いとシンパシーを感じるのは確かなのだ。

けどまあ、10歳も年が違うと
いろいろカルチャーショックがあるよ。
今の人たちに使うとおかしな響きだけど
クロネコから見るとまさにそやつは
現代っ子なのだよ。
いまどきの子なのだ。
なのに基本はコンサバで、むしろ
クロネコなんかよりかなりコンサバ。
うーん。
うーん。
昨今の20代後半と言うのは
こんなもんなのか?
いやー、驚くね。

ちなみにうちの会社のほかのチューザイで
30代前半も何人か居るんだけど。
彼らとはそこまでジェネレーション・ギャップを
感じたりはしないんだわ。
でも、うちの部署の青年はえらく
カルチャーショックを与えてくれるんだよね。

具体的なことは書けないんだけど
とにかく彼が言うこと、やること
すべてクロネコには目新しく見えて
新鮮です。
つーか、面白い。
もうクロネコ興味津々で最近の若者の
動向について色々聞いちゃうもん。

そんな彼は、こちらへ来てからと言うもの、
他の日本人の人たちと自分の違いに
もっとジェネレーションギャップを
感じてるらしく、話が合わないから
戸惑うことがある・・・
と言ってた。
なるほどね、こっちもギャップを感じるけど
あっちも当然感じてるんだ。
そうか、そうか。

と思っていたら。
やつは、日本人の中でもクロネコが
一番話が合うと言ってるんだそうで。
あれまー。
クロネコは浦島太郎だと思ってたけど
なんとかネット情報のおかげで
若者文化についていけてると
いえなくも無いみたいで。
ま、ただのネット情報でしか無いから
リアルでは付いていけてないし、
ついて行く気も無いんだけど。
クロネコ単に2ちゃん情報好きってだけ
だからねえ。

いやー、若者文化すごいわー。

と、いろいろ感心させられております。
クロネコもおばちゃんなはずですわ。
いやはやー。
[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-15 02:56 | 日記 | Comments(8)

ベルリン外食

ちょこちょこというか、外食も多いので
そのネタで新カテゴリを追加。
食いモンネタでーす。

ここ数ヶ月はベルリンへ何度も行ってたので
そっからまずは。
ためてたやつを一部。

「ホー・ヴァン・レストラン」
クロネコ、ここ数ヶ月はこのタイ料理屋さんへ
行くことが多かったかも。
ベルリン・ミッテ地区にあって
値段もそこそこ、味も悪くないし、
雰囲気も良いタイ料理なので
気に入っててね。
つーか、今回この記事書くまで
アタイはてっきりこのレストランを
ヴェトナム料理やだと思ってたわ。
タイ料理だったんだ・・・。
区別がつかん・・・。笑
c0016407_23135774.jpg


クロネコ今はお肉を食べないので
アジア系レストランは助かります。

前菜の春巻きはベジ向けで
肉無しのやつ。↓
奥に見えるのは海鮮サラダ。
豆腐サラダも美味しい。
c0016407_2313684.jpg


今まではヴェトナム系なら
鶏肉入りライスヌードルのフォーを
必ずオーダーしてたけど。
もう食べれないので、今は大抵
魚料理を頼んでます。
揚げたお魚にあんをかけてるのが
すごく美味しいんだよね。
↓見た目グロイけど美味しいよ。
ティラピアと言う魚。
ライス付きで14ユーロくらいかな。
c0016407_23151931.jpg


ジャンル:タイ料理
カジュアル/晩ご飯向け
予算:約20ユーロ/人
クロネコ評価:☆☆☆(美味しいし手ごろな値段で何度でも行きたい)
名前:Ho Vang Restaurant
住所:Rosa-Luxemburg-Straße 17, 10178 Berlin ‎
c0016407_2315362.jpg



「トランジット」
次のお店もクロネコのお気に入り。
一度しか行ってないんだけど、お店の内装もステキだし
料理のコンセプトも面白いし
手ごろな値段で、なおかつ美味しい。
ベルリン市内に2店舗あってアタイが
行ったのは内装がおしゃれなほう。
たまたまドイツ人女性とお話してて
教えてもらえたんだけど
クロネコこういうお店大好きー。
かなり流行っていて予約無しだと
席が取れない場合が多そう。

フリードリヒスハイン店は
壁が赤く塗られていて
天井にたくさんレトロな鳥かごがつるしてあって
中国風な内装になってるんだけど
懐かしいようで居てモダンな雰囲気。
c0016407_23304335.jpg

c0016407_2331136.jpg

別の店舗のほうも先日通りすがりに
中をのぞいてみたんだけど普通の内装だった。

フリードリヒスハイン地区は最近ホットな
エリアらしく、おしゃれな飲食店が
このお店のあるゾンターク通りにも
ひしめきあってました。
このあたり未開拓だから今度歩き回って
みたいなー。
なんだか楽しそうなエリアです。

料理は基本的にアジアの味付けなんだけど
どのメニューも3ユーロほど。
で、それぞれのおかずが小さめのお椀に
入って出てくる。それがひとつにつき
3ユーロ。
だから、ひとりあたり少なくとも
3種類くらいはお椀をオーダーすることになるかな。
c0016407_23343873.jpg

少しずついろんな種類を食べたい!
と言う日本人女性の気持ちに合致した
コンセプトなんだわなー。
でもこのお店を紹介してくれたドイツ人女性も
そういうのが良いのよねー!
って言ってたので、トラディショナルな
ドイツ人じゃない人はこういうのを
好む傾向が出てきてるのかもねー。
お客は若い客が大半でした。
外人も多し。(自分含めて)

クロネコ、ここで食べた蒸し野菜が
すごく美味しいと思ってね、
その中に入ってたサツマイモが特に美味しくて
それ以来自分でもサツマイモを買って
ちゃちゃっと蒸かして食べてます。
イモ好きなんす。

ジャンル:アジア料理
カジュアル/晩ご飯向け
予算:約20ユーロ/人
クロネコ評価:☆☆☆(美味しいし手ごろな値段で何度でも行きたい)
名前:Transit/Friedrichshain店
住所:Sonntagsstraße 29, 10245 Berlin ‎
c0016407_23582116.jpg


「はし」
先日行ってみた日本居酒屋。
名前を載せると批判的なことを書いちゃった場合
あれだから気を使いつつ。笑
メニューではお寿司とか刺身が充実してたかな。
クロネコこの日はお魚って気分じゃ
無かったので違うものを頼んでしまった。
メニューにベジとかヴィーガンの記載が
あるので、とっても分かりやすいよ。
ヴィーガンには魚のだしがダメだからだろうね。

いい具合に混み合ってたので
とても繁盛してるんだろうなと。
(ドイツ人客多し)
お店の内装がステキです。
店の名前にちなんでか、
天井からお箸をぶらさげてる。

c0016407_23481349.jpg

ウェートレスさんはアジア系なのか
日本人なのか・・・アタイには
見分けが付かなくてさ。
なので、ドイツ語でオーダーした。
したらあちらも普通にドイツ語で
対応してくれたんでね。
でも途中から日本語が通じることが
分かったから・・・。
国籍不明なのはお互い様だったのかと。笑
クロネコほんとに日本人ぽくないんだろうね。

アタイが頼んだのは・・・
酢の物とお茶。
お茶は3.5ユーロだったかな。
c0016407_23491319.jpg


そんでメインはベジ焼きうどん。
野菜を食べねばとね。
クロネコ自分に愕然としたんだけど・・・
味が薄いわーと思ってしょうゆを
垂らしてしまったのよ。
アタイ・・・いつの間にか濃い味を好むように
なってる・・・。
塩味は控えないといけないのに
ショックだー。
c0016407_2349567.jpg


まだお腹がすいてたので
追加でキムチをオーダーしてみた。
c0016407_23534556.jpg

けど。
うーん、デュスの韓国レストランで出てくる
自家製キムチには遠く及ばずで。
アタイね、キムチは辛さもさることながら
酸味を感じないと嫌なんす。
すっぱいわー!ってのが好きです。
発酵してるのが分かるんでね。
なので、辛いだけだと物足りない。
ちなみに。
アタイはこのキムチにもしょうゆを
垂らしてしまったのだー。
どんだけ塩分取ってるんだって話。
マキアート禁止令を自分に出さなくちゃ。
けど、このキムチ辛さはあったので
キムチだけで食べるとつらくなってきて
結局ご飯も追加で頼んで
食べきったから・・・
クロネコの食欲恐るべしだなと。

ジャンル:和食/居酒屋
カジュアル/晩ご飯向け
予算:約30ユーロ/人
クロネコ評価:☆☆(日本人経営のスシが食べたいなら良いかも)
名前:はし
住所:Rosenthaler Straße 63/10119 Berlin
c0016407_23584412.jpg


「イエロー・サンシャイン」
そして今回ラストはベジタリアン・ハンバーガーショップ。
クロイツベルク地区にあるこのバーガーショップは
完全ベジタリアン。
と言うよりヴィーガンかな。
肉は当然本物の肉じゃない肉もどき。
(成分表を良く見たこと無いけど多分大豆で
作ってある)
チーズも乳製品じゃないやつ。
マヨネーズもヴィーガンマヨって言ってたな。

このお店の前は何度も通ったことがあるんだけど
食べたことが無かったので、ものはためしに
先週行ってみた。
ヴィーガンならクロネコも食べれるしね。
c0016407_092752.jpg

c0016407_014625.jpg


けどさー、アタイはお肉を食べられないからって
わざわざ肉もどきを食べるほどでは
無いんだよね。
ベジとかヴィーガンの人たちってのは
お肉が恋しくなった時用に
肉に食感を似せた擬似的なものを
食べる傾向があるんだけど。
だからこそのベジタリアン・ハンバーガー
なんだけど。
クロネコはそこまでして肉を食べたいと
思わないし、そもそも肉を恋しいと
思ってないんだわ。
擬似は擬似でしかなくて、
肉の味には追いつけないと思ってるんでね。
お肉特有の肉汁とかは絶対擬似では
為しえないからさー。

じゃあ何で食べたのよって話だけど。
さっきも書いたとおり、好奇心ですよ。
どんな味なんだろと思ってね。
ハンバーガーショップには時折
ベジバーガーが用意してあるんだけど
ここのはベジとヴィーガンバーガーしか無いのよね。
で、そんなもんわざわざ食べに来るやつ
居るのか?って思うかもだけど。
めちゃめちゃこの店流行っててさ。
いつ通ってもわんさか客が居る。

みんなバーガー好きだねえ。
バーガー食べたいけど健康で居たい
って言うニーズにマッチしてるんだろうね。
ちなみに使ってる食材は全部ビオだよ。
すごい徹底振り。
安心感でいっぱいだ。笑

クロネコはメキシカン・バーガーなるものを
頼んでみた。
4.8ユーロ。
チラッと肉もどきが見えてるよね。

肉もどきの味は・・・やっぱりクロネコは
c0016407_0134785.jpg
特に好きじゃないかも。
ソースとナチョス?がメキシカンたる
ゆえんらしくて、美味しかったよ。
サラダも3.3ユーロで
ドリンクも3ユーロ近くしたから・・・
なんだかんだと10ユーロになる
ハンバーガーやさんなのでした。

ジャンル:ベジタリアン・ハンバーガー
カジュアル/軽食
予算:約10ユーロ/人
クロネコ評価:☆☆(そこまでして肉は要らないかも)
名前:Yellow Sunshine
住所:Wiener Straße 19, 10999 Berlin
c0016407_0142945.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-14 23:57 | 外食レポ | Comments(0)

土曜の午前中に

病気以前のクロネコは
休日といえば昼間でと言わず、
昼過ぎまで寝てたんだけど。

病気療養が始まってからは
食事療法やらスポーツのみに
留まらず、
生活スタイルまで多少変わってきてて
休日も午前中に起きるようになったんですわ!


って。
あまりにも当たり前の話なんだけど。
なんせクロネコはいつまでもいつまでも
寝続けるタイプだったので
午前中に起きれるようになったことに
なんと言っても自分が一番驚いてる。

と言っても、朝6時とか7時じゃなくて
9時とか10時なんだけどね。
でも今までは昼の2時くらいまで
寝てたので、それに比べると
ほーんとすっごい変化なんだよねー。

で、午前中に起きて何をするかと言うと。
最近の土曜日は「土曜朝市」に
行ってます。
こないだたまたま午前中にパン屋さんへ
パンを買いに行った際、
その近くの広場に朝市が立ってるのを
発見したからなんですわ。
以前から朝市はあったはずなんだけど
午後1時には片付けちゃうらしくて。
道理でクロネコは今まで見たことが
無かったわけですよ。
c0016407_7152512.jpg


まあ、朝市って言ってもお店は
10件も出てない。
けどね、ビオの農家が出店してるので
そこでビオの野菜とか果物が
買えるのです!
これはなんだかクロネコにはうれしい。
ちょい割高だけど新鮮野菜なので
土曜はちょくちょくここで買ってます。
c0016407_7162235.jpg


魚屋の出店もあるので一度買ってみたけど
味がいまいちだった。
多分もう買わない。

この近くのパン屋はビオのパン屋です。
なので土曜の朝はビオ製品を買いに
出かけてるわけなのです。
さらに時間があれば、もうちょい足を
延ばして魚レストランにも行きます。
そこはレストランだけじゃなくて
魚も売ってるからで。
割高だからいつもは買えないけどねー。
散歩がてらいい感じです。

いやー、クロネコってば変わったよねー。
自分でもそう思うわ。
なんて意思が強いんでしょ!笑
勝負は寒くなってからだね。
今は天気がいいから出かけやすいんだけど
寒いとどうしても出不精になるからさー。

がんばるわー。

こちら先週の土曜に買ったもの。
全部ビオです。
いくらだったか忘れたー。
c0016407_719234.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2013-08-07 07:19 | 日記 | Comments(0)