死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中国人じゃないアルヨ

クロネコはドイツで暮らすようになってから
中国人に間違われることがよくある。

日本で暮らしてたときは、ぜんぜん
間違われたことが無かったのよね。
当時まだそんなに中国人が
日本に居なかったのもあるかなー。
今は増えたよねー。

日本のみならず、世界の主要都市で
買い物三昧しちゃってる中国人が多いから
どこへ行っても彼らを見かけるよね。
それは別にいいんだけど。
なんか知らんけどクロネコもそのくくりに
されてるのが納得いかない。

とはいえよ。
これまではデュスに住んでたので
あんまそういう目には会ってなかったんだよね。
しいて言えば。
教育レベルの低いアラブ系の移民たちに
中国人扱いされることは時たまあった。
つーか、アラブ人というかイスラム系って
どんだけ頭が悪いんだろうね!
って思うことがよくありましたわ。
あいつらね、多分黄色人種は全部中国人だと
思ってるんじゃないかな。
この地球上に日本と言う高度な文化と文明を持つ
優れた民族が生息していて
美しい島国が極東に物理的にあるんだけど
やつらは恐らくそれを知らないんじゃないかなと。
そんだけ無知なんだろうなと。
でも何故か本当に何故か知らんけど
イスラム系のやからは「中国人」を嫌ってる。
とことん憎んでてさげすんでる。
で、そのとばっちりが何故かクロネコに
まわってくるという。
なんとも世の中理不尽です。
勝手にきちんと中国人を嫌ってりゃいいのに
何故かれっきとした日本人のクロネコにまで
差別用語を浴びせかけてくると言う・・・
とことんレベルが低いのがイスラムです。
ってまあこんなことを書くと
イスラム好きな人が迷い込んできて
訳の分からない言いがかりをつけてくるから・・・
「ドイツに住んでるイスラム系移民は
救いようの無いバカです!特に男!」
と、はっきりと書いておきましょう。

とまあ。
そんな低レベルで低俗で無教養な
イスラム男たちにとことん見下されてるのが
中国人なんですけど。
こともあろうか、クロネコはその中国人に
間違われちゃうんだから・・・
可哀相なことこの上ないよね。

デュスではおバカ集団イスラム系移民くらいしか
そんな見当違いのことをしてこなかったのよね。
ちっさい街なのにあまりにたくさん日本人が住んでるから
通常ドイツ人は日本人を見慣れてて
ある程度見分けがつく・・・ぽいんだよね。
彼らいわくね。
なので、「あなたは中国人ですか?」だなんて
聞かれたことはありませんでしたわ。
ほぼ。

ちなみに。
クロネコは何故かその美しい国日本に帰国した際に
日本人からも中国人扱いされちゃうくらい
見た目がおそらく中国人に似てるらしいのですわ。
なんか悲しいけどしょうがないね。

でね、ベルリンなんだけど。
アタイココで住み始めて、
何人かいろんな人と仕事的な話をする機会が多くてね。
気がついたんだけど。
彼らは日本人とか中国人とか韓国人とかの
区別がまったくついてないんだねーってことよ。
なので。
たいていの場合は「中国から来たんですか?」
とか聞かれちゃう。
「ちゃいますけど・・・」ってすぐ否定するけど。
でもまあしょうがないよね。

けど、こないだなんか知らんけど
「アジアのどっからきたんですか?中国ですか?
北朝鮮ですか?」
とか、ぬかしやがる若者も居たな。
キタチョーセンって。
ありえんからー!
って言いたいけど。
なんせベルリンには北朝鮮の大使館があるから
あながちありえないとも言い切れないかな。
って。
中国人に間違われるよりキタチョーは嫌だわ。

つーか。
クロネコそんなに大陸的な風貌なんかね。

そんでまた。
今日は今日でお店に入ったら店員さんが
にこやかに「ニーハオー」って挨拶をしてくれた。
えー!
ドイツ人てば中国語でお客に声がけするんだー。
接客態度良いねー!
って。
ニーハオじゃないから。
でもまあニーハオって返せるくらいの
余裕が自分にも欲しいところだわ。

あとね、今日は自分にも非があるかなーと思ってて。
なぜならば。
そのお店は中国大使館の向かい側にあったからで。
その界隈は中国人がうろうろしてて普通のところだから
まあクロネコが中国人扱いされたのも
無理ないよねーって話。

にしても。
クロネコのどこが中国っぽいんだろなー。
関空の家電屋でも中国人の店員が
「ニーハオー」って言いながら寄ってきたし。
パリのデパートでも中国人の客に中国人店員だと
思われたし。
なんか。
同胞だと思われてるっぽいんだよねー。
つーかアタイ生まれてこの方一度も中国に
行ったことないんだけどな。
中国人の友達も居ないし。

中国人女性の特徴って
背が高くてスリム。
オシャレでブランド物を身につけてるのに
何故か薄化粧かすっぴん。
ヘアスタイルはあまりこだわってない風。
↑がクロネコが中国人女性に対して持つイメージで。
クロネコこれらのどれも当てはまらないんだよねー。

とりあえずベルリンのドイツ人は中国と日本の
区別がついてない風だなーと。
低レベルアラブとは違って、悪気が無いのが分かるから
別にいっかーと思ってます。
じゃあこんなに長々記事を書くなよーって話ね。

そうそう。
クロネコが唯一話せるロシア語は
「ニエ キタイカ、ヤー イポンカ」です。
コレをロシア人に言うと大うけするんだよねー。
意味は
「中国人じゃない、日本人です」
だったかと。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2014-05-31 09:02 | 日記 | Comments(13)

政治批判アート

日本人によるアート作品で
政治批判をしたもの・・・って
考えてみたら見たことが無いような気がしてて。
まあ、探せばあると思うし、たぶん今までにも
目にしたことがあるんだろうけど
記憶に残ってないんだろうなと。

それは多分、アート作品としての質とか
政治批判する内容の強さとか、
メッセージ力とか、
そういうのに欠けてたのかもしれない。

昨日あるブログに紹介されてた
アーティストの作品が
シンプルなのにメッセージ性が強いもので
おおおお!
と思っちゃったのよね。

紹介されてたサイトがドイツのサイトだったので
その人はブログで
「世界は日本をこう見てるよー」
って書いてあったんだけど。
残念ながら間違ってるね。
ドイツ人がこのアーティストを紹介してるだけで
アーティストは日本人です。
なので、日本人が日本人を批判してると言う
普通の形式なんだけど。
なんといってもこのアーティストのセンスが
大変クロネコ好みでねー。
なんだか感動しちゃったよ。
良いなーってね。
イラストひとつで言いたいことすべてを
ひっくるめちゃって、
さらに人に何かを訴えることが出来るだなんて。
すごい才能よねー。

たらたらへたくそな長い文章を書かなくても
言いたいことが伝わるだなんて
すごいことだわーと思う。
クロネコの思いは彼のアートに集約されてたので
余計に感動したのかも。

c0016407_4353380.jpg


c0016407_4365351.jpg


c0016407_437667.jpg


c0016407_43757100.jpg




↓この「KIZUNAのキス」は、左は野田元だよね?
右側はテプコの社長か誰かなのかなー?
おえーっ!な構図だけど・・・コレはベルリンの壁が残されてる
イーストサイドギャラリーを訪れたことがある人は
元ネタが何だかすぐ分かるよね。
c0016407_439386.jpg


元ネタはこちら。↓
「社会主義兄弟のキス」と呼ばれるグラフィティーです。
左はソ連のブレジネフ、右は東ドイツの首相だったホーネッカーです。
おえーっ!には変わりないけど。
そーいや、野田元はネット上ではオホモ説があったから
↑は、ある意味正しいグラフィティーなのかもね。
そー考えると、インパンクトだけじゃなく深い意味のある
アートなのかもよー?!笑
c0016407_4423732.jpg


c0016407_4455261.jpg


c0016407_446598.jpg


↓コレはちょっと救いがあるよね。
c0016407_4462018.jpg


他にもまだたくさん作品があるようだけど
ここに勝手に貼ったのがクロネコのお気に入りかも。

このアーティストは想像通り、その筋の人たちに
命を狙われてるらしくて
正体を隠して活動されてるようです。
それがいいよね。
見つかったら殺されるかもしれないもんね。
リスクをしょってでも活動されてるところが
すばらしいです。
海外からもっと有名になっていくといいなー。



ホームページのリンクはこちら

動画もあった。

[PR]
by kuronekomusume | 2014-05-23 04:49 | 日記 | Comments(4)

トラブっております

なんかさー。
クロネコ今エネルギー戦争真っ只中なんすわ。

以前住んでたところのガス・電気料金がさ、
うまく契約終了されてないようで。
毎月クロネコの口座から引き続き引き落とされてて。
なおかつ!
なおかつよ、なんか知らんけど郵便でも違う金額の
請求書が届くのよ。

いったいどういうことよ!って話。

ちなみにね、契約解除願いの文書を2月に
出してあって。
それに対してそのエネルギー供給会社は
クロネコに契約終了の書面を送ってきてるんだわ。

なのに、何故だか知らんが使っても居ない
料金を請求してくるわ、
勝手に口座から引き落とすわで。
どんだけヤクザな会社なんじゃー!
って話よ。

その一方では、
「契約終了になりましたので
年間使用料の足りない分を請求させていただきます」
って、これまた違う請求書も送ってきてさー。
そっちは勝手にまた引き落としてるしで。

これありえないよね?!

どんだけ人の口座から金を引き落としたら
気が済むんだよー!
って話。

しかもだよ。
実はややこしい話もあってね。
クロネコが前に住んでたアパートを去るその日に
発覚したんだけど。
なんとね、アタイのアパートの建物には
アタイが契約していたガスメーターの番号が
存在していなかったのだー!
えー!
えー!
えー!

って話よね。
クロネコそんなことも知らずに4年間
ガス代を支払っていたわけで。
クロネコってば相変わらずバカだねー!
って思うでしょ?
でもコレはアタイのせいでは無くて
不動産管理会社のせいなのよ。
何故ならば。
不動産管理会社がこの番号を
エネルギー供給会社に連絡したからで。
アタイはそれに従っていただけなのよ。

だから、アパートを出るときに
最後のメータをチェックしてエネルギー供給会社に
連絡しなきゃいけなかったんだけど。
不動産管理会社の小太りのオッサンが
ワタワタしながら
「クロネコさん、すみません、どうやら
手違いでメータのナンバーが分からないので
この件は私が責任を持ってエネルギー会社に
確認しますから。」
って言ってきたんだよね。
で、引越ししてから1週間後くらいに
オッサンに電話して聞いたら
「すべて先方に連絡しました。
とにかくガスナンバーが存在しないので
解約云々以前の話なんですよねー。
でもご心配なく!すべてこちらで片付けときますんで!」
みたいな回答が返ってきてさ。
あ、そうなんだー。

と思っていたら上記の請求書アンド勝手な
引き落とし大作戦だよ。
ちきしょーめ!
と思ったから自分でサービスセンターに電話して
聞いてみたところ。
「あなたの契約は解約できてませんよ」
の一言ですわ。
怒怒怒ー!
はあ?
はあ?
って話よね。

しょうがないから上記の話をしたら
「とりあえず状況を書面に書いて送ってください」
の一言。
このアマー!って感じ。
しょうがないから昨日の夜、全資料をスキャンして
メールに添付して、長々状況を書いて
送り届けてやりましたよ。

で、今日夕方先方からメールが来て
「本件担当部門にて確認いたしますので
もうしばらくお待ちください」
って書いてあってね。
あ、調べてくれるんだーと思っていたら。

今日外出先から帰ってきてポストを見たら
またまたかのエネルギー供給会社から
追加の請求書が届いていやがった!
どこまでクロネコから搾取すりゃ気が済むんじゃこの会社は!
ふざけんなー!
ふざけんなー!

と怒り心頭でございますよ。
なのでまた先ほど追加でこの請求書について異論ありじゃー!
のメールを送ってやりました。
そんでもって。
全部が解決するまでアタイはびた一文払わんからなー!
と書いてやりました。
とはいえ、先方は勝手にクロネコの口座から引き落としやがるから
油断ならんのよね。
とりあえず、ここんところ引き落とされた分を回収せんことには!
と息巻いております。
とにかく全面戦争です。

おのれ、シュタットベアケ・デュッセルドルフめー!
やくざ企業めー!
ずさんな管理をしやがってー!
許せないー!
ぷんすか。

あんま考えると寝れなくなるのでそろそろクールダウンせねば。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-05-22 07:24 | 日記 | Comments(2)

Fランの話

クロネコ時々「阿修羅」を読んでます。
通常のニュースじゃ扱われないような内容が
載ってるんで、情報を得るためには有効なんでね。

阿修羅は有名だから知ってる人も居るよね。

ほっしゃんのがん保険に関する発言は・・・
非常に興味深いなーと思った。
さもありなんだー。
保険会社は常にブレイクイーブンを計算した上で
保険商品を進めてくるからねー。
そんでもって支払いがなかなか遅いと言う。
経験すると良く分かるよ~。
でも今後は渋るどころか支払わなくなるのかも
しれないね。

それはそうと。
阿修羅のトピックを見てたら違う記事が目に
飛び込んできて。
わが目を疑ったよ。

「憲法巡る両陛下ご発言公表への違和感  
麗澤大学教授 八木秀次」

って書いてあってさ。

もうね、恥も外聞も無く書いちゃうと。
麗澤大学はクロネコの母校なんす。
今じゃすっかりFラン大学になっちゃってると言う
悲しい状態なんだけど。
と言うか、10年後に母校は存在してるのか?
という切実な問題も見え隠れしてる感があるしで。
ほんとに小さい無名な大学なんて
ろくなもんじゃないのねーといまさらながら
受験する際、おっかさんが言った名言が
頭の中をよぎっております。

「あんた、母校がいつか無くなるかもしれないような
大学に進学するので本当に良いの?」
と、1993年に言われたのよねー。
20年も前に予言した今は亡き母。
それが現実になるのももうすぐかもー。

でもね、実を言うとクロネコ的には
母校が無くなるのはあんま何とも思わなくて。
ま、多少さみしいなーとは思うけど
いまとなってはアタイの恩師も定年されたり
亡くなられてて大学に居ないし
一緒に勉強した友達は大学があろうが無かろうが
今も友達だし。
なので、麗澤大学という場を通じて
色んな人たちに知り合えて
今も仲良く出来てる事に意味があるのであって
母校が続くかどうかは重要じゃないのかもなと。
薄情なことを思っちゃったりしてます。

いや。
とはいえ。
こんなことをいちいち記事にしようとしてる時点で
やっぱり母校への愛があるのかもしれないよね。
どうでも良かったらこんなこと書かないもん。
ちくしょーめ!って感情があるってことは
母校への思いがあるんだろうね。

けどね。
母校が無くなるよりも。
もっとつらいのは母校のランクが下がることだよ。
ほんっと悲しい。
何でFランなんだよーって感じ。
アタイが通ってたころはもうちょいマシだったのに。
偏差値もそんなに低くなかったはずよ。
(いくつだったか忘れたけど)
でもこれはね、クロネコが思うに経済学部が
問題なんだと思う。
クロネコが大学生だった時も、経済学部は
偏差値が高くなかったんだよね。
クロネコは外国語学部だったけど
いまは学生の数が減っちゃって外国語学部は
恐らく無いんじゃないかな。
(確認してないのであるかもしんない)

でね、全国大学ランキングって
より一般的な学部の偏差値で決めてるようで。
ネットで一覧を見たときに麗澤大学も経済学部で
ランクインしてたんだよね。
だから当然下の方になるわけで。
Fランなのも納得だなと。

悔しいけどしょうがない。
アタイは経済学部じゃなかったのにーとしか
言えないんだわ。
こんなにダダ下がりのランキングになるんだったら
いっそのこと無くなってしまえー!
って思うのでした。

ちなみに前回帰省した際ヒマだったから
アタイの卒業した高校の偏差値ランキングを
チェックしてみたんだけど。
ぬわんと、全国100位以内に入っていたのでした!
え?
え?
えー!!
そりゃすごいわー。
こっちは確実にアタイが通っていたころよりも
レベルが上がってるよ。
道理で地元に帰省した際、卒業高校名を言うと
すっごー!
って言う反応をもらえるワケだ。
なるほどなるほど。
アタイが通ってたころはそこまで高くなかった
んだけどねー。
とりあえず、今後は大学の名前は言わず
高校の名前だけで生きていこうかな。
つーか、香川の後輩たちってば凄いねー。
麗澤の後輩はダメダメだけど。

そうそう。
何が言いたかったかというと。
その右翼雑誌の記事のことよ。
他の見出しを見たら一目瞭然だけど
アベシンゾーのシンパみたいなのが
うじゃうじゃ記事を書いてるようなプロパガンダ雑誌なんだけど。
よりによって、その麗澤大学教授を名乗るオッサンが
とんちんかんなことを書いてるから驚いたわけで。
(記事内容自体は読んでないよ。見出しのみね。)

つーかね、クロネコむかーしは特に
皇室を擁護する派じゃ無かったんだけど。
雅子様が皇室に入られたくらいから
徐々に皇室好きかも~ってなってきて
今となっては秋篠宮・紀子夫妻以外は
割と好きなんだよね。

ってそんな話はどうでもよくて。
麗澤大学ってね、創立者が皇室推進派だったんですわ。
クロネコ最初の合宿でそういうの習ったから
よーく覚えてるんだ。
だからといって、それが学風に影響を与えてたか?
って言うとそうでもなくて。
でもね、一応そういうポリシーがある大学なのに
よりによって、天皇をしかりつけるとか言う
わけの分からん文章を麗澤大学教授という名前で
右翼雑誌に載せてることに
驚くなーって話なのよ。
つーか、オマエ本当に麗澤大学の教授なのか?
って感じ。
麗澤卒業生として恥ずかしいから止めてよって言いたい。
Fランの時点で十分恥ずかしいんだけど
さらに恥ずかしいわって事。

しかも。
このオッサンときたらアベシンゾーのブレインとか言う話で。
さらにさらに恥ずかしい。
ほんと止めてくれーって感じ。

でもチラッと検索してみたら。
このオッサンたぶん今年から麗澤大学教授なんだよね。
その前は高崎経済大学教授って言う肩書きになってたんで。
ってことは。
よりによって、麗澤肩書きになってから
余計無いこと言ったのか?!
ありえない。

しかもこのオッサン、経済学部教授なんだよね。
ある意味納得。
だからFランなのかも。
このオッサンもFランレベルだよ絶対。

とはいえ、看板は同じだからやっぱり迷惑。
面汚しだー!
なんで大学側はこんなしょうもないやつを
雇ったんだろ・・・。
ちゃんと調べてから雇えばいいのに。
それとも麗澤も右傾化してるんだろうかね。
だとしたら、母校が無くなっても
クロネコは気にしないわ。
アベシンゾーに肩入れするような大学は
こちらからオサラバです。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-05-21 06:42 | 日記 | Comments(5)

一日一人は連絡をくれる

ここんところ・・・
ちょこちょこ元同僚の人たちから連絡を貰うように
なってまして。
なんだか・・・。
ありがたい限りです。
みんなクロネコのことを思い出してくれてるのねー
と思うととてもうれしい。

毎日一人は必ず連絡をくれるんだよね。
メールだったり、facebook申請だったり、
はたまた電話だったり。
ドイツ人、ルーマニア人、ブルガリア人、
そして日本本社からもちらほらと。
いや、ほんとありがたいよ。

正直、この人とそんな親しくしてたっけ?的な人も
時にはいるけど。
連絡くれるだけありがたいと思えー!よね笑

まあ、みなさんが心配してくださってるのが
分かってこれまたありがたいです。
40歳になる前にいきなり会社を辞めちゃったから
クロネコってば無謀過ぎ・・・
ってみんな思ったみたいで。
というか、実際無謀なんだけど。

なのでまあ・・・皆さんに辞めてからも心配を
掛け続けるクロネコなのかもしれない。

もしくは。
かなりポジティブに考えると。
クロネコが単にものすごくみんなから愛されていた!
ともいえるわけで。
なので、クロネコが居なくなってサミシー!
とか。
今までならクロネコに無理言って
仕事頼めてたのにー!
とか。
あー、このことクロネコに愚痴りたいわー!
クロネコなら毒をもって毒を制す風に
一刀両断にするかもしれないしー!
とか。
そういう感じで思い出してくれてるのかもしれないね。

などと。
実のところは、
前向きに捕らえております。笑
心配半分、寂しさ半分かもね。

なのになのに。
クロネコはあんまり誰か特定の人を思い出す・・・
ことは無いような、あるような。
どっち?!
いやまあ、なんか面白いエピソードを
思い出してると、そういやあいつ変わってたなー
って感じで思い出したりはするけど。
仕事の内容をいちいち思い出したりはしないし。
全同僚のことを逐一思い出したりもしない。
仲の良かった同僚とか、
いろんな知識があって尊敬してた人たちのことは
当然思い出してるけどね。

とはいえ。
9年働いたから、そりゃー体の芯まで
仕事が染み付いてて、
色々話をするたびに仕事のことが引き合いに
出てきちゃうんだけどねー。

でもですよ。
ほとんどデュスのことは思い出さないんだよね。
懐かしー!とも思わないし。
帰りたーい!だなんて微塵も思わない。
というか絶対あの街にはもう住みたくない!
って思ってるよ。
クロネコが思い出すのは、
よく行ってたお寿司屋さんと、
日本食スーパーの魚売り場、
韓国おばちゃんが経営するカラオケパブ。
最後に行ってた美容院の女性のヘアカット。
この4件はとても好きだったから
また行きたいなーって思っちゃう。
ほんとそれだけ。
街が懐かしいんじゃなくて、
お店が懐かしいというか、無いのが不便だなーって話。

ベルリンにはそれらは無いけど
でも、他に興味深くて面白いものがたくさんあるから
たぶん大丈夫だと思う。

そうだ。
ベルリンってクロネコには大きすぎるので
まだ色んなお店がどこにあって、
どこに行くのが手っ取り早いのか等々が
頭に入ってないんだー。
それに今は無職で節約してるから
(本当にクロネコに節約なんて出来てるのか?)
服を買いに行ったり一切してないので
余計にどこに何を買いに行くのがいいのかが
分かってないと言う。
まあ、そのうちにねーとは思ってるけど。
そういえば。
かれこれ・・・年始に東京で何か服を買って以来
ドイツラントに戻ってからは一切服を買ってない!
こんなに長期間服も靴も買わなかったのは
生まれて初めてかもー!!
あるものを着まわして何とか過ごすべし!
と思ってます。
って言うかそうあるべきよね。

あんまり洋服のことを考え出すと
欲しい欲しい欲しい病になるので
考えないようにしなくちゃね。
この季節ってドイツはまだ肌寒いんだけど
冬っぽい服を着るのは嫌だし
でも寒いのも嫌だし・・・
と、着るものが決まらないから困ることが多くて。
去年も変な格好ばっかりしてた。

あら、なんかまた話が逸れてきたな。
要は元同僚の皆さんが連絡をくれて
うれしいなっ!
って話だったのに。
何故か服の話になってたわ。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-05-12 06:20 | ドイツOL生活 | Comments(2)

ブログの存在をすっかり忘れてたー

どーでもいい話なんですけどね。

あ、クロネコは相変わらずとっても元気です。

そう、どうでもいい話なんだけど。
なんか先ほど台所の掃除をしてたら
ふと思い出したことがあって。
ああ!

アタイってばプーチン閣下を応援するファンブログを
昔ひっそりやってたなーってね。
ほんとすっかり忘れてて我ながらどうかしてるなー
って呆れたんだけど。

そんでもって。
リンクとか忘れてて。
いったいどういうURLだったかさえも
覚えていなくて。
なんとお気に入りにも保存してないと言う始末。
こりゃファン失格よね。

でもプロバイダーを覚えていたので
キーワードを入れて検索してみたところ
出てきましたわ。
良かった、良かった。

で、最後に記事をアップしたのが
驚いたことに2009年だった。
まだ閣下が首相だった時代!
ひゃー、ごめんなさいー!
でもクロネコその間もきっちしファンを
続けてましたし、今もファンですよ!
クロネコ去年はロシアにまで行ってしまったくらい
ファン熱は冷めてませんのでね!
ええ、ええ。
クロネコ去年弾丸ツアーでロシアのとある街へ
飛んだんだよねー。
総額かなり支払ったなー。
今じゃ絶対できない芸当をやってのけた。
しかも病気治療のまっただ中に。笑
何かあったらやばいなーって思いながらもね。
何も無かったから良かったんだけど。
いやー、あれはすごい思い出よー。
そのうち記事にしようと思いつつ
忙しくてねー。
ってほど忙しくも無いんだけど。

けど何でアタイは長らく閣下のブログを
止めちゃってたんだっけ~
って考えてたら思い出せた。
最初はココに閣下への思いをつづると
通常の記事に興味のある人には
うざいんじゃないかなーと気を使って
閣下に特化したブログなら遠慮せず好きなだけ
閣下のことをずらずら書ける!
と思ったんだった。
え?ココでも遠慮なく書いてるじゃないのー
って言う突込みが聞こえてきたな。
そうその通り。

なぜなら、閣下のすばらしさを
ファン以外の人にも知らしめないでどうする?
アタイが伝えないで誰が伝えるのだ?
と考えるようになって。
閣下の啓蒙活動をこのブログを
使ってひっそり行うようになってたんでした。
わはは。
ここ読んでる人も徐々にシンパに
なってるかもしんないよ。
シメシメ。笑

ま、でもあちらのブログにはマンガ風な
おちゃめな閣下とかいろいろ面白いネタが残ってるので
このままキープしておこうと思う。
プーチン閣下クイズとか作ってるんだよね。
久々にやってみたらいくつか答えが分からなかったわ。
回答集作ってないから調べるの面倒なので
今となっては分からないままという・・・。
やりっぱなしにもほどがあるね。
興味ある人はやってみてね。
クロネコの勝手な視点で作ってるから
かなり偏ったクイズです。
やたらドイツと関連付けてる問題が多いと言う・・・。
でも我ながら良くできてて面白いと思う。

で、さっきカウンターを見たら
クロネコが放置してるにもかかわらず
何気に毎日10人くらいは訪問してくださってるのよねー。
さすが閣下。
人気者は違う。
もしかしたら数ヶ月前はもっとカウンターが
高かったかもしれないなー。
ちなみにこのブログも毎日閣下の名前で
数名程度だけど検索してたどり着かれてる方が
いらっしゃる模様です。
うれしいことだよねー。
去年はそんな検索ワードは無かったから
閣下人気が上がってる証拠。
ファンが増えるのは良い事だ!
そうこうしてたらクロネコのプーチンファン暦も
まあまあ長くなってきてるね。

それはそうと。
なんで突然ブログを思い出したかと言うと。
クロネコ今んところいくつブログをやってるんだっけ?
ってふと思ったからで。
で、考えてみたら4つほどやってるんだよね。
多過ぎよね。
だからひとつはすっかり存在を忘れてたんすわ。

ホームページも昔からひとつ持ってるし。
完全放置だけど日本のプロバイダだから有料なんす。
いつかどうにかしようとは思ってるんだけど面倒で。
あとは、facebookもちょこちょこやってるしー。

なんか。
あちこち手を広げすぎてるねー。
どれも止めるつもりは無いけど更新頻度は
低めになるかも。
ちなみにそれぞれのブログ同士で相互リンクは
貼ってないしこれからも貼らない。
だから自分で存在自体を忘れてしまうんだろうね。笑

まあどのブログも一日の訪問者は10人程度です。
ココだけ100人以上かな。
なので。
今後もひっそり続ける予定です。
気楽にねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-05-09 07:37 | プーチン大統領 | Comments(4)