死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドイツ語力が低下してる・・・

なんか最近・・・
ドイツ語会話能力が落ちてきてるんじゃあるまいか?
って気がしてる。

デュスOL時代と比べると
格段にドイツ語を話す機会が減っちゃってて。
これはヤバイかも・・・って最近思ってるんだわ。

多少今の仕事でも使うけど、
でも同じフレーズばかり使ってるもんだから
臨機応変に頭を使って表現するって言う機会が
無くなっちゃったんだよね。

由々しき事態だわ。

こないだデュス時代の同僚ドイツ人が
ベルリンに会いに来てくれてね。
つーか、彼は仕事で来てたんだけど
連絡をくれたので一緒にご飯を食べたのだ。
で、その際ドイツ語で話してたんだけど
なーんかスラスラ単語が出てこんなーって
自分でも感じてて。
ボキャブラリーが滞ってる感じというかね。
これはよろしくないよね。

毎日日本語ばっかしゃべってるからだよなあ。
良くないよねー。
悲しいわ。
英語力もがた落ちよ。
まあ、英語はもともとたいしたこと無いから
いいんだけど。
でもドイツ語は困るわー。

ベルリンにドイツ人友達が居ないのがいけないのよね。
つーか、ベルリナーの知り合いって
ベルリン弁丸出しみたいな感じでしゃべるから
これまたクロネコには難しいんだよね。
数少ない知り合いがたいていベルリン弁なんだわ。
ベルリン弁ってものっすごい早口で
なおかつなんか短縮形みたいなしゃべり方なのよ。
だから正直言って・・・
何言ってるのか分からん・・・ってことが多いのだわ。
そんでもって、割とぶっきらぼうなしゃべり方だから
もたもた回答してると切れられるかんじがして
あせるしで・・・。
そりゃー、気を使うんだわよ。

標準ドイツ語でゆっくり話せる友達がほしいもんだわー

と最近とみに思います。
そろそろ、友達を作りたいなあーと思ってる。
せっかくベルリンにいるのに仕事場と家を往復してるだけだと
もったいないもんね。
と言いつつ。
休日はついつい面倒くさくて引きこもり気味です。

クロネコはスポーツもするんだけど。
なんか一人で出来るスポーツが好きなんだよね。
もうとことん自分のペース。
それを乱されると機嫌が悪くなる始末で・・・。
困ったもんだよね。
でも40年近く一人でいるもんだから
なんだかそうなっちゃうのだよ。
末期症状だよね。
人に合わせられないアラフォー女だなんて。
終わってるなーって自分でも思います。
分かっちゃいるけど、
やっぱジョギングは一人でやりたいし。
サイクリングだって自分のペースでやりたい。
本当は水泳もやりたいけど、今はお金節約してるから
プールに行けないんだー。
でもプールだって行くとしたら一人で行くしね。
どこまでもお一人様を貫くクロネコ。
孤独で寂しいとかって感情がまったく無いのが
われながら恐ろしくて。
むしろ心地よかったりするからね。

クロネコ・・・一生一人かもしれんな・・・
と最近よく思います。
ま、それも人生かなー。

でもドイツ語の鍛錬は続けたい!と思ってるので
それはどうにかしなくてはいけないね。
とにかく。
新しい知り合いを増やさねば!
無理してでも増やさねば!
とちょっと思ってます。
実行するかどうかは別として
危機感は持ってます。
ドイツ語会話能力が低下する前に
手を打たないとねー。
あせるー。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-10-31 07:48 | 日記 | Comments(4)

そろそろ勝利宣言か?

女性の中には虫が嫌いな人いるよね。
クロネコは・・・虫は好きでも無ければ
嫌いでもないなーって感じだったのよね。
いたけりゃいればいいじゃないかくらいの
おおらかな気持ちで受け止めてた。
でも。
今は違うよ。
そんなやさしさは吹き飛んだ。
それもこれも虫が悪いんだよ。
もうね、ベルリンに来てから
虫が嫌いになりました。
大嫌いですっ!

つっても。
怖いから嫌い!っていうんじゃなくて。
図々しいから嫌いになった。
あいつらマジで図々しい。
なので嫌いは嫌いでも
憎しみのある嫌悪です。
とにかく憎い。

憎すぎて・・・
見つけ次第殺す!
ってくらい嫌いです。

ま、虫といってもいろいろだからね。
クロネコが今のところ憎しみの対象に
してるのは。
蛾ですよ。
蛾が憎いんですわ。

クロネコね、虫屋敷に住んでるんだよ。
ま、ただのアパートの一室だから
屋敷に住んでるっちゃー語弊があるけど。
要はこの建物全体的に虫が多いんじゃないか?!
と思ってるので、クロネコはこのアパートを
虫屋敷と心の中で呼んでます。

前にも書いたけど。
外壁が全部ツタで覆われてるのが
その原因なのよね。
ツタの葉っぱの中でやつらは
ウジウジとその数を増やしてるわけで。
アタイは見ちゃったのだよ。
ツタの葉っぱに寄生する蛾を。

んでね、
一応この部屋に越してきたときに
蛾には気をつけなくては!
って心してたわけなんす。

と言うのも。
やつらは、洋服ダンスに巣食うと
聞いてたんでね。
なんでも。
シルクとかに卵を産み付けるよ~
って話で。
安物の服はウール100%とかじゃ
無いから、そんなところにやつらは
寄生しないんだよね。
やっぱ質のいいところで寄生する。
クロネコの場合は着物が狙われるな!
って思ってて。
いくら中古の安い着物でも質は悪く無いからね。
それに虫に食われたらショックだからさー。
なので、洋服に虫がつかないように
防虫剤をタンスの中には散らばめてたのですよ。
ある意味万全対策。

で、リビング件寝室には(ワンルームですんで)
蛾が入ってこないよう、窓も全開にはしないで
細心の注意を払ってたのよね。
その甲斐あってリビングはだいじょうぶだったんす。

問題は・・・キッチンですよ。
こっちは予想を超えてた。
つーかね、こんなにも蛾が大量発生するとは
思いもよらなくてね。
なんでも。
ドイツラントには食料品蛾とか言う種類の
蛾がいるんですわ。
驚くよね。
食料品にパラサイトする蛾だよ。
キッチンは油断してたからねー。

思い返せば。
引っ越した日にキッチンの天井脇に
蛾の卵が一杯産み付けられてたのよね。
それが羽化するとやばいわーと思ったので
全部とりはらったのよ。
で、安心してたのが命取り。
暑い日とか天気の良い日にキッチンの
窓を開けたりしたのも命取りだった。
すべてが敗因。
ずっと忙しかったのであんまり気にして
無かったのもいけなかった。
8,9月と、そりゃあもう蛾が発生しまくってね。
毎日少なくとも5匹は殺してた。

蛾といっても結構ちっさくて
かなりドンくさいんだわ。
蚊を殺すよりも簡単に殺せる。
なので見つけ次第すぐ殺してたんだわー。
しかも素手でやっつけてた。
でも殺しても殺しても毎晩仕事のあと
家に帰ってキッチンに入ると
蛾がふらふら飛んでて。
いったいどういうことよ?!
ってくらいの量。

で、戸棚と言う戸棚をチェックしてね、
クロネコ仰天したのよ。
アタイが買い揃えていたお気に入りの
食材すべてがやつらの食料になってたからで。
あのおぞましい光景は本当に虫唾が走るね。
クロネコ基本的に日本の食材以外は
ぜーんぶビオ製品でそろえてるんですわ。
全部全部オーガニック。
ってことはだよ。
安くないんだなー。
割と高価なのですよ。
だから大事にしててねー。
お米、玄米、ひえ、あわ、
アーモンド、胡桃、ヘーゼルナッツ、
デーツ、レーズンなどなど。
これら全部やられた。
パラサイトにやられた。
黒ゴマが特に悲惨だった。
黒いゴマの中にうようよと蛾の
幼虫がいてさー。
きもいったらありゃしなかったね。

なので、全部捨てました。

無事だったものは、きっちりガムテープで
口をふさいで、プラスチック容器等に
入れて蛾が入るのを阻止してね。
そういうのを毎日やってたんす。
でもねー。
不思議なことに後日、プラスチック容器の中に
避難した穀物をチェックすると・・・
ぬわーんとパラサイトしてるんですわ。

たぶん、アタイがチェックしたときはまだ
目に見えなかったんだけど
すでにパラサイトに犯されてたんだろうね。
おぞましや。

そんな感じで、何日も何日も戸棚と言う
戸棚を開けてはガックリと落ち込む日々が
続いてねー。
毎晩クロネコ敗北してたから。
「おまえら、こんなかにまで入ってきたか・・・」
ってぶつぶつ独り言が出てくるくらい。
本当にどこまでも入るんだよ。

一番驚いたのは未開封の日本から届いた
もち米だよ。
もち米の半透明の袋越しに、中で飛び交う
蛾が見えたときには・・・・
敗北感がピークだったね。
なぜ?
なぜに未開封なのにやつらが中で飛んでるんだろ?
日本からすでに虫入りだったのかな?
にしては見覚えのある蛾の種類だよなー。
こんな分厚いビニールさえも・・・やつらは
穴を開けて入ったんだろうか?
ってねえ、
ほんとやられたよ。
なので捨てました。
泣く泣くクロネコの大好きなもち米を捨てました。
おとっつあんが送ってくれた大事なお米に
寄生しやがってよー。
なんて図々しいやつらなんだ!
と怒り最高潮よ。

もうね、ありとあらゆるクロネコの
食材がやられちゃったからねー。
しょうがないから捨てまくったよ。
悲しい。
高い食材を捨てるのは忍びないけど
しょうがないよね。

でもね、やつら海藻類とか
干し大根とかかんぴょうにはノータッチだった。
あと、黄な粉、もち粉、ワラビもち粉、
白玉団子の粉、葛なんかも無事だった!
これはうれしい。

あと。
ヒヨコマメ、大豆、小豆のようなものも
無事だった。
デモじゃあなぜもち米に寄生したんだろうねー。
よくわからんわー。
そういやワイルドライスも無事だったな。
久々にワイルドライス食べたくなったー。
あれすごーくおいしいよね。
でも高級食材だから大事においてあるのだ。
蛾に寄生されなくてよかった。

わかめとか昆布とかも無事。
いりこだしとか、魚系も無事。
よし、よし!
パスタもだいじょうぶ。

小麦はビンに入れておいたので
無事だった。
あれも缶ならどうなってたことか。
ビンが一番安全なのもわかった。

クロネコ、ドライフルーツも好きなんだけど
これは虫が涌く前に前に食べちゃってたので
だいじょうぶでした。
普段全部冷蔵庫に入れてあるしね。

ドラッグストアに、食料品蛾ホイホイみたいなのを
売っててね。
それを戸棚の中にいくつか仕掛けておいたら。
引っかかる、引っかかる。
毎日何匹もホイホイに引っかかって面白かった。
見せしめに今もそのままにしてあります。
誰に対する見せしめ?笑

そんな努力の甲斐あってか
夜キッチンを飛び交う蛾は激減したんだけど。
時折しゃくとり虫みたいな蛾の幼虫を
見かけてね。
ま、見つけ次第キッチンペーパー越しに
つぶして殺してたんだけど。
こいつらどこから来るんだろ?
と思って天井を見上げてぶったまげた。
・・・。
だって天井に幼虫が目視確認できる感じで
何匹かいるんだもの。
ホラーだよね。
でもクロネコ基本虫は平気なので慌てず騒がず。
やることはひとつですよ。
殺す!
で、先々週はしごを使って天井の隅で
のうのうと暮らしてる幼虫どもを成敗してやりました。
ものすごい勝ち誇った気分!

やつらを成敗したのと、
ベルリンの気温が下がったのが同時期くらいかなあ。
なので、どっちが功を奏したのか不明だけど。
ここ2週間ほどは、本当に一匹もパラサイトどもを
見かけなくなった。
もしかすると気温のせいかもしれないけど、
でもクロネコの涙ぐましい駆除が実を結んだのかもしれない。

そろそろ・・・
勝利宣言をしてもいいのかもしれない。

ちなみに。
クロネコんちはクモもたくさん居ます。
自慢してる場合じゃないけど多いのよね。
それもこれも、ツタのせいかもしれない。
って、まあクモはデュスのアパートにも
いっぱい居たから、ドイツは多いのかもね。

クモは芥川氏のせいで、殺しちゃいけない・・・
と言う思いがあってね。
ぜんぜん怖いと思わないけど、
殺しちゃいかんのよねーって思って
見かけても放置してたんですわ。
ほかの虫を食べてくれるしねーと思って。
けど。
実際キッチンで蛾がぜんぜん減ってなかったし
クモの仕事ぶりが気に食わなかったので
クロネコ考えを変えました。
ごくつぶしの居候は許さんぞ!ってことで。
クモもクロネコの手の届く範囲に姿を
見せたら、殺処分です。

もう虫けらどもに善意を見せるのは
やめました。
やつら調子に乗るだけで
恩義とか無いからね。
図々しいにもほどがあるっちゅーの。

そんなわけで。
虫嫌いの人が読んだら
クロネコんち最悪だなーって感じですけど。
こんなもんですわ。

でもデュッセルのアパートはここまで
ひどくなかったからね。
やっぱりツタが絡まる外壁が一番
いけないんだと思う。
最近大家が植木屋をいれて
壁のツタをはがしてくれたので
気分がすっきりしてるところ。
けどツタはすごい繁殖力で葉っぱを
はやしてくるんだよね。
クロネコんちの窓際はクロネコが
出来うる限り、休日にビシバシ
伸びてくる葉っぱや枝を切り落としてます。
不自然になろうとも生い茂らすわけには
いかんのです!

そんな感じです。
気持ち悪い話ですみません・・・
ちなみにドイツにはゴキブリは居ないとされているけども
場所によっては居るんだそうです。
クロネコはドイツで見たこと無いし
アタイんちにも居ない。

なので、今のところクロネコが言うところの
虫とは蛾のことです。
とにかく蛾が憎いんですわ。
今後もずっと見つけ次第すぐ殺すことにします。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-10-30 07:28 | 日記 | Comments(6)

チャリもお金が掛かる

そんで自転車の話ですよ。

タイヤがパンクしたって話は・・・
まだ書いてなかったよね。

すんなり中古自転車を手に入れられなくて
なんだかんだやった挙句、
割と高額な値段で中古自転車を
買ったんだけど。

その後すぐに前輪がパンクしちゃってね。

自転車屋で買った自転車だから
整備済みなのに。
なぜ?って思うよね。
クロネコも思った。

で、いろいろ思い当たる節を考えて。
世間に不満を持ってるようなヤカラに
パンクさせられたんだ!
って言う結論に至ったのよね。
この推察は99%正しいと思うんだ。

クロネコはアパートの地下駐輪所に
自転車を停めてるので
まあ、一つ目の考察としては
住民にパンクさせられたのか?
って説。
これ真っ先に思ったんだけど。

でもね、駐輪所では前輪を奥にして
停めてあるんだわ。
わざわざ狭いところへ手を伸ばして
人のチャリのタイヤをパンクさせるか?
って話なのよ。
だからこの説は無し。

となると・・・。
クロネコ自分で釘とかガラスを
踏んじゃったかなあ・・・
とも考えたんだけど。
それも無い。

で、結局のところはヤカラの仕業だろうと言う
結論になったのですよ。

前日にクロネコは駅に隣接してる
ショッピングモールにチャリで出かけたんですわ。
そこのチャリ置き場にはわんさかと
チャリが停まっててね。
クロネコ面倒だったから一番外側に
さくっとチャリを停めてあったんす。
んで、用事を済ませてチャリ置き場に戻ってきたところ。

おじいさんが、リュックをしょった若者に
なにやら怒りをぶつけてたんす。
「おまえこんなことしてていいと思ってるのか!」
みたいな感じでね。
ま、ドイツじゃこういういざこざは色んなところで
見かけるし、しょっちゅうあることだから
また揉めてるんだなー
くらいにしか思ってなくてね。
おじいさんに怒られた若者はプイっとなって
そのままモールの中に消えていったんすわ。
およよ~おじいさん強いなあー、
これ日本ならおじいさんが若者に刺されて
事件になるよー
ってクロネコはのんきに思ってたんす。
で、そのままチャリに5分くらい乗って
帰宅して駐輪所に停めて・・・
翌朝チャリがパンクしてることに気がついた
って次第なんですわ。

で、クロネコ思い出したんす。
あー、あの若者めがやらかしてくれたんだ!
ってね。
「やってくれたなっ!」
ってやつよ。
そう、間違いなくあの若者がクロネコの
チャリの前輪をパンクさせたんだろうなと
思えるわけで。
おそらくは・・・
クロネコ以外のチャリも被害を受けてると
思われます。
あいつめー!!!
と思ってもときすでに遅し。

クロネコの推察&考察が正しければ
犯人は世間に恨みを持つ若者の反抗および犯行
ってことになるでしょ。

つーか、マジで迷惑なんだけど。
お前の事情なんて知らんっつーの!
って話。
こっちも財布事情は切羽詰ってんだよ!
悔しけりゃ高級自動車にきりつけていけって
話だよ。
なんでチャリなんだよ!
お前のその貧弱なアイデアがお前の貧困の
最大の原因だよ!
そんなのもわからんようじゃ一生惨めな人生しか
送れんわー!!!
と腹立ち紛れに一人毒づいてたのでした。

アタイは追加で出費ですよ。
パンクの修理。
ついでに、なんだかきちんと自転車を立てて
停められなかったのでスタンドも直してもらった。

自転車って交通費掛からないから
安上がりで良いわ!
って思っちゃうけど。
意外とメンテコストが掛かるのよね。
日本とはチャリ事情が異なるんだろうね。

クロネコの場合、上記の突発パンク修理に
加えて。
まだまだ追加コストが必要そうなんだよね。
暗がりを運転するときに、みんな後ろの座席に
ピカピカ光るライトをつけてるんだわ。
そうすると後ろから車にはねられないから
なんだろうけど。
クロネコのは自分で発光するタイプのじゃなくて
ライトが当たると反射するオーソドックスなやつしか
ついてないんだよね。
安全を考えると自発光するやつがほしいところなんす。
前輪についてたライトは自転車が倒れたときに
壊れちゃったからこれも直さないといけないし。
ああ、お金が掛かるね。

安全を考えると本当はメットも買ったほうが
いいんだよね。
なんせベルリンの道路は自転車だと危ないからね。
事故してる人も多いし。
けどメットって安くても50ユーロくらいするんだよね。
うーん。

そんでもって。
そんでもって。
カギを追加で買うべきかなと悩んでて。
知人が最近チャリを盗まれてね。
クロネコもいろいろお金をかけてるから
いまさら盗まれたら痛いわけで。
ここは厳重にロックしておくべきかと。

今はぶっといチェーンのやつを
ひとつつけてるんだわ。
40ユーロくらいしたんだよね。
でも。
それだけじゃ安心できないよ!ってのが
通説のようで。

いわゆるU字ロックが最強らしいんだわ。
または二つつけておくと最強らしいんだわ。
二つ分チェーンとかをカットする手間隙を
考えると、泥棒はほかのチャリを盗むだろうからってね。
くー。
なんて泥棒の多い街なんだベルリンは!

そうそう。
外で自転車を停める際には、
ガードレールとか、道路標識とか
そういう地面に埋め込まれてる鉄のポールみたいな
ところにチェーンを掛けて停めないといけない。
これ常識。
クロネコもちゃんとそれは実行してますよ。
そうしないと幾ら鍵をいくつもつけてても
チャリをかついで持っていかれちゃうからね。

それくらいしないといけないんだなー。

あと最悪なのはサドルを盗まれることだね。
これだけは防げない気がするんだけど
(自分で常にサドルを取り外せば大丈夫だけど)
サドルも狙われるみたいなんだよね。

なんだかいろいろチャリ対策を取ってると・・・
主犯は自転車屋なんじゃないか?
って気さえしてきちゃう今日このごろ。

とにかくベルリンでは自転車屋が盛況です。
住宅地には必ず自転車屋がある。
アタイんちの近所なんて3件くらいあるよ。
どこも結構混んでるんだよね。

犯罪が多いからなのか・・・
はたまたマッチポンプなのか・・・。

とにかくチャリにもいろいろお金を
掛けないといけ無そうで気が重いわ。
または・・・もうすぐ本格的に寒くなるから
そしたらチャリには乗らなくなるから
春まで追加コストは延期にするか・・・
だねー。
今は週に2回くらい仕事に行く際、
チャリで通勤してます。
往復10キロくらいかな。
アタイんちは小高い丘になってる場所にあるので
帰り道は上り坂なんす。
なのでふーふー言いながらチャリをこいでると
汗をかくんだよね。
でも運動してる感じがして気持ちいいんだー。
あと2,3週間くらいは続けられそうな気がしてる。
10度きったら寒すぎるので
100%車通勤に切り替えかなと。
運動不足になるね・・・どうしよ。
あ、家から1キロくらい離れたところに
車を停めるとか?笑
そしたら必然的に少しは歩かないと
いけなくなるからね。
ま、今でも500mくらい離れたところに
停めてるからあんま変わらんかな。
困ったな。
または5キロなら徒歩通勤とか?!
いやー、でも極寒の中歩くのはつらいからねえ。
ベルリンは最悪の場合マイナス10度とか
行くからね。
その中を歩くのは辛いでしょーって話。

悩ましいねー。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-10-19 23:51 | 日記 | Comments(2)

人生初車検ですよ

今日はクロネコの愛車「ヨロシクちゃん」を
自動車整備&部品屋チェーンのATU(アートゥ)に
預けてきました。

ヨロシクちゃんは、ベルリンに来てから
つけた名前なんす。
なんじゃそりゃーって感じだけど。
ナンバーが4649だから、ヨロシクちゃんなのです。
ベルリンはさすがに住民が多いだけあって
好きな番号を好きなようには選べなくてね。
デュスに居たときはクロネコの誕生日に
ちなんで1001と言うなかなか見栄えのする番号を
すらっと取れたんだけど。
ベルリンではそんな番号すでに使われちゃってて。
ありとあらゆるアルファベットの組み合わせを見ても
売り切れ御免状態だったんす。

じゃあ違うナンバーにすっかなーと
いろいろ検索してみたんだけど
(登録所のサイトで検索できる)
どれもこれも、ごろの良い番号は残ってなくてね。
うぬぬー。
さすがはベルリン、首都だけあるねー
って感じで。
考えあぐねて最初に思ったのは、
もういっそのこと893にしようかなーって思ってね。
ヤクザですよ、ヤクザ!
これで後ろから来る車をびびらしたれ~!
みたいなね。
でもドイツ人は893をヤクザとは読まないから
意味無いなーって思って。
うんうんうなって思いついたのがくだんの
4649ナンバーですよ。
これ何気に良い感じだわーと思ってね。
ポジティブな印象だし。
って、それも日本人にしか通じないゴロだけどね。
でもいいのです!

そんなヨロシクちゃんも年齢が13歳くらいだっけ。
走行距離は驚きの約12万キロ。
これ日本じゃ廃車レベルよね。
でもここドイツラントじゃまだまだ現役。
ヨロシクちゃんはとても優秀で良い子なんす。

クロネコ週の半分以上は自動車通勤しちゃってます。

夜仕事終わりに、さてとー運転して帰りますか~
って感じで車に乗って、
家路に着くときに見える景色がすっごく気に入っててね。
クロネコの職場はベルリンの中心地より少し離れたところなんだけど
でも中心地に程近いんですわ。
なので。
家路の途中に通る道からは、ライトアップされた
ベルリンのランドマークがたくさん見えるんだわよ。

まず左手に見えますのが~
大聖堂でございますぅ。
シュプレー川越しにライトアップされた大聖堂が圧巻でねえ。
おお!美しいねー。
と思いながら橋を渡るとすぐ左前方に見えてきますのが
赤の市庁舎でございます。
こちらもレンガの赤が映えるように美しくライトアップされててね。
およよよ~って感じなんす。
で、その背後にはこれまたライトアップされたテレビ塔が
見えると言う。
右手前方には名前は良く知らないけど(調べてない・・・)
これまた歴史的に大きな建物がライトアップされててね。
たぶん教会関係だと思うんだけどねえ。
とにかく抜群の景色なんす。
車の中ではいつもスマパンをかけててね。
スマパンを聞きながらこの美しい夜景を見て帰宅するのが
本当にぜいたくでねー。
クロネコってばなんて幸せなんだろう~って思いながら
帰ってます。

ま、実際はいろいろありまして、てんやわんやな
日々をすごしてるんだけどね。
事件等も多いし、お金もあんま無いしで・・・。
物質的にはあまり満たされてないんだけど
心は満たされてるから基本ハッピーです!
ついでに胃袋も満たされてるなー。笑

そうそう。
車検でした。
ま、別に何もまだわからないんだけどね。
車検自体は来週月曜にアポを取ってるんだけど、
ヨロシクちゃんも長生きしてるから
いろいろあるといけないなーと思って
事前チェックをやってもらうことにしてね。
それで今日車を預けてきたんですわ。
車検とチェックをあわせて約50ユーロくらいって
ことだったので、良かったわと。
まだ、わからんけどね。
追加料金発生するかもしれないしで。

なんて、えらそうに書いてるけど。
実はつい最近まで車検のことが良くわからなくて
どうやったらいいんだろ・・・って
本気で悩んでたのよね。
ドイツでは車検のことをTÜV(テュフ)って言うんだわ。
でね、ヨロシクちゃんにステッカーが貼られてて
それが今年の11月なんす。
期限が書いたステッカーを車にはるのは
日本と同じよね。
でも車検はどこでやればいいのだろう?
って思ってさ。

ググりましたよ。しかも日本語で。
だって、ドイツ語で読んでもよくわからんからね。
なんせドイツ人には当たり前のことだろうから
テュフとはなんぞやみたいなことを
懇切丁寧に書いてくれてるドイツ語ブログとか
探すのが面倒でさ。
だからドイツ在住日本人が書いてるブログが一番よね。

そんなのテュフでウィキ見ればいいじゃんかー
って思うかも知れんけど。
それはドイツのことを良く知らない人が
思ってしまうことなんす。
ドイツでテュフと言うと、何も車検だけじゃなくて
ありとあらゆるものに対して検査をする機関が
テュフなんですわ。
テュフを取得するのは車だけじゃないんですよ。
何でもかんでもテュフの国だからね。

安全性に関する認証といえばテュフ。
エレベーターの検査だってテュフだし。
排ガス関係だって、騒音テストだってテュフだし。
水質検査だってテュフ。
とにかく何でもかんでもテュフ。
だからテュフをウィキで調べても車検初心者には
何のことだかわからんわけですよ。

しかも調べたところ。
車検はテュフの施設でも当然取れるけど
一般の自動車整備屋でも取れるらしい・・・。
って、クロネコこれくらいのレベルなんすよ。
まずここから調べないといけないくらいの初心者。
でも何でも最初は良くわからんから
そんなもんよね。
今の時代はウェブで予約とか出来るから
楽チンなんだけど。
なんかウェブだと詳細が良くわからんから
結局電話して予約しちゃったよ。
そのほうが話が早いからね。

テュフで検査する場合だと、検査結果で
どっかを直さないといけないよーってことになる場合、
修理会社に車を預けて・・・ってなるから
面倒くさいですってブログに書いてあったので。
修理会社に最初から事前検査もやってもらって
その上で一緒に車検もやってもらえれば
一度に済むよってことだったので。
クロネコはそうすることにした。
それが最短でヨロシクちゃんを連れ戻せる
プランに違いない!と思ってね。

ちなみに。
クロネコが預けたATUと言う部品屋件修理やさんは
ドイツ全土にチェーン展開してる大手のショップです。
細かい部品とかいろいろ売ってて、
イエローハットとかオートバックスみたいな感じ。
けどATUってどこのショップに行っても
女子店員さんが一人は居る。
んで、男の客がいろいろ部品のことを質問すると
すらすら答えちゃうんだよねー。
クロネコ車とかまったく疎いからそういう
車に詳しい女子とか見ると尊敬しちゃう。
男性も当然尊敬だけど、女性だともっとあこがれるよね。
そういう女子はさらにテキパキしてるこが多くて
さらにすごいわーって思っちゃう。

そのクロネコが行ったATUのチェーンは
かつてラムシュタインがよくライブをやってた
Velodromの裏にあります。
最初それに気がついたときは「おおお!」って
感動しちゃったよ。
東ベルリン地区で多少うら寂しいところなんだけどね。
でもクロネコここでのライブには何回も行ったから
なんかうれしい気分になるのだ。

そうそう。
あと冬タイヤを買わないといけないんだよね。
前のはタイヤの溝がうまってきてるので
スリップするよーってタイヤ屋のお兄さんに
言われちゃってね。
ああ、お金無いのに痛い出費だわよ。
でもしょうがないね。
命にかかわるからね。

けどまあ、相見積取って考えようかなと思ってね。
ブランドタイヤだと高すぎるから
ここは安いやつでごまかそうかと。

そーいえば、冬用にウォッシャー液も
買わないとなあ。
年末には保険と税金も払わないといけないし。
車にはお金が掛かるよね。
今のクロネコは本当は車を持ってちゃいけないくらいの
貧乏人なんだけど。
まあ仕事で使うからね。
ほんとヨロシクちゃんが居てくれてよかったー!
っていつも感謝してます。
つーか、かなり気に入ってるんだわ。

クロネコ相変わらず縦列駐車とかへたっぴだけど
少しずつましになってきてるんじゃなかろうか・・・
と自分で思ってます。
でも下手だから極力縦列駐車しなくて済むよう
パーキングには頭を働かせてます。
って、なんのこっちゃ。

ま、そんな感じです。

なんかさー、こないだも友達と会った際に
「なんか面白いネタとかないの?」
って言われたけど。
無いんだな、これが。
いたってシンプルな暮らしをしてましてね。
特に目立ってお伝えするほどのニュースも無いのよねー。

って。
あ、あったわ、あった。
大事件があったのよ。
もうね、久々の「ねえさん、事件です!」状態のやつが。
でもねー。
それはもう少ししたら書くことにする。
今はまだアタイの心の傷が癒えてないからね。
ほんとクロネコかわいそうなのよ。
でも。
同情は要らない。
「同情するなら金をくれ!」とは言いたいけどね。
うーん。
クロネコってば決めゼリフを引用するのはいいけど
いつも古いよねー。
一応新しいドラマもちゃんと見てるのよ。
花子とアンも見てたしね。
でもやっぱ昔のドラマは決めゼリフのインパクトが
すごいよねー。

って。
何の話だったっけ。
そうそう車検よ、車検。
まあ月曜に取りに行きますよって話。
それまではチャリです。
チャリで暮らします。

チャリも追加で鍵を買うかどうか悩み中。
やっぱ盗難が多いからねー。
そうだ、次回はチャリについて書こうかな。
いつになるやら・・・。

今日はこの辺で。
落ち無し、ねたもいまいちですみませぬ。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-10-19 07:22 | 日記 | Comments(2)

犬はバカだと思う

プーチン閣下のことを褒め称えた記事を
書いてたら↓、いつものように話が飛びまくって
途中から犬の悪口になっちゃったので
別記事にしてみた。笑

以下続く。

昨日はジョギング中に公園で犬二匹を放し飼いにして
散歩させてる女二人組みが居て。
彼女らはたぶん40代かな。
クロネコが走ってるその先に小さい塊が見えて
そのまわりを中型犬が興奮してはしりまわってて。
近づいていったら小さい塊はチワワだったのよ。

チワワは中型犬のテンションにおじけづいて
うずくまってた風で。
クロネコが横切るとき、いそいでアタイの足元に
やってきたのよ。
え?
え?
って思ってさ。
なんせ、危ないからね。
足元にそんなちっこい犬がきたら
ふんずけちゃうじゃないの。
または蹴飛ばす可能性だってあるし。
最悪はアタイがけつまづいて転ぶ可能性だってある。
しょうがないからアタイは走るのをやめて歩いたのよ。
したらそのチワワがアタイに伴走しだしてね。

犬好きな人ならここで
「いやーん、チワワったらかわいすぎー!」
って萌えるポイントなんだろうけど。
クロネコ本音で言えば犬はそんな好きじゃない。
無理すればかわいいねーって言えるけど
ジョギング中は無理はしたくない気分。
そんでもって。
クロネコはチワワほど嫌いな犬はいない!
ってくらいチワワが嫌い。
なので。
こんにゃろーめー!クロネコにまとわりつきやがって!
くらいにしか思ってなくてね。

んで。
このチワワにさらにまとわりついてたのが
くだんの中型犬ですよ。
その犬が興奮状態で、クロネコ&チワワのまわりを
走り回るわけですよ。
まじうざい・・・。
特にほえるわけでも噛み付くわけでもないけど
犬が好きじゃない人間にとっては
犬にかまわれるのは結構な迷惑行為なんす。
このくそ犬めが・・・と内心毒づいててね。

んで、20mくらい先に行ったら
やっとこ飼い主らしきがいて、
なにやらチワワ虫の名前を呼んでたんす。
(クロネコにとってチワワは虫のような位置づけ)

で、むかついてたクロネコはその
おばさん連中に言ってやったわけですよ。
「この犬たちはあなたたちの犬?」
ってね。
したらおばさん褒められたと勘違いして
うれしそうに
「そうなんですよ~」
って言って来たので、
「まじ、邪魔なんですけど。ジョギングできないんですけど。」
とぴしゃりと言ってやりましたよ。

したらおばさんが
「でも何にもしないんですよー」
って言いやがった。
はい、はい、はい。
典型的なコメントね。
犬好きな人って客観視できないから
自分の犬はおとなしくてかわいくて、人に危害を加えない
賢い犬だと思い込んでるんだよね。
でも。
犬なんて動物以外の何者でもない!と思ってる
人間にしてみたら、
放し飼いでどたばた走り回る犬はそれだけで
アウトなんだよね。
でもそれが彼らはわからない。

ちなみにドイツでは人が多い場所での放し飼いは
禁止されてるはずなんだよね。
リードをつけないといけないんだけど。
ベルリンで見かけるのは常にリード無しの犬ばかりで。
いったいどうなっとるんじゃー!
って感じです。

その典型的勘違い犬飼いおばさんたちに
クロネコは
「とにかくあなたたちの犬は邪魔なんですよー!」
と二度言っておきました。
んで、去り際に
「ich hasse Hundeeee!」
と捨てゼリフまではいちゃった。
・・・。
クロネコってば品が無いよね。
でもねー。
もうね、ベルリンにきてからというもの・・・
毎日少しずつ犬が嫌いになってるんだよね。

犬ほどバカな動物は居ない!
とクロネコは確信してます。
なんで犬ってあんなに頭が悪いんだろね。
なんせどこででもウンコしちゃうからね。
トイレがきちんと出来ないってのは
本質的にバカなんじゃないかって気がする。
あと、誰もが自分をかわいいと思ってくれると
勘違いしてるところとか。
人間に飼いならされてるところとか。
とにかく・・・
哀れな感じがしてしょうがないんだわ。

ってここまで書いておきながらだけど。
かわいいなーって感じの犬もいる。
ようは・・・見た目なのかもしれんね。
チワワとか、プードルとか、毛が長い犬は
うけつけないけど。
普通に賢そうな犬はオッケーです。
でもトイレがきちんとできないとわかっちゃったら
アウトだけどね。
とにかくねー、ベルリンはそこらじゅうに
犬の糞が多すぎるんだわ。
足の踏み場も無いわーってくらい多い。
だから犬が憎たらしくなるんだよね。
で、それを許す飼い主がさらににくいわけで。

って。
なんか話が大きくそれたよね。
プーチン閣下のバースディをお祝いしてたつもりだったのに。笑
あー、閣下は犬好きだったね。
閣下の犬はクロネコ無条件で受け入れられるよ。笑
クロネコの犬嫌いなんてそんなもんです。
だからたいしたこと無いのよ。

とはいっても・・・
犬と豚って同じくらいの
知能レベルなんじゃないかって
最近そんな気がしてしょうがないクロネコです。
豚はみんなが思ってるほどバカじゃないよ。
むしろ賢い。
そして犬はみんなが思ってるほど賢くは無い。
むしろバカ。
だから犬と豚は近いんじゃないかなというのが
クロネコの予測です。

あーあ、最近猫が足りないからいけないんだよね。
猫とあそびたーい!
猫を二匹飼ってるアリサに連絡とろうかな。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-10-07 06:00 | 日記 | Comments(6)

お誕生日おめでとうございます

って誰宛なのかといえば。
そりゃー、決まってますがなー。
プーチン閣下ですよん。

まだドイツは10月7日じゃないけど
ルスラントはすでに10月7日ですんで
祝っちゃいましょうねーということで。

プーチン閣下62歳なんだって。
今後ますますご活躍いただきたいよね。
というか、偽ユダヤの好き放題を止めるには
プーチン閣下にがんばってもらわないと
どうにもならんですからね。
妥当金融偽ユダヤ。
絶賛、プーチン最後の聖戦中です。

既存メディアは相変わらずの論調だけど
なんか徐々に世界は気づき始めてて
というか気づいてる人がぐーんと増えてきて
プーチン閣下が間違ってないってことが
世界の常識になる日も近いなあって感じで。

ずーっとずーっとプーチン閣下を熱く、
ときには暑苦しく応援しつづけてきたクロネコとしては
なんだかうれしいんだけど
宝物がみんなのものになる感じで
ちと寂しいような。
クロネコはダークヒーロー好きですからね。
プーチン閣下が真のヒーローになっちゃったら
なんだかつまんない気がしないでもなかったりして。

いやいや。
それでいいのです。

でもほーんと、合言葉は
「時がすべてを証明するだろう」
だよね。
そのとおりになってきてるよね。
プーチン閣下ってば余裕の将来を見据えた
自信ある発言だったよね。

とはいえねー。
偽ユダヤどもは脈々と悪事を繰り返してきてるから
油断ならんというか。
プーチン閣下率いるKGB軍団だけじゃ
一過性のものにしかならんのじゃないかなあと
懸念しててね。
つまり。
20年後とか30年後を見据えると
敵は虫のようにずーっと湧いてくるけど
果たしてルスラントには後継者はいるんだろうか?
しかも結束力の強いチームとして・・・
とアタイは懸念してるわけですよ。

プーチン閣下とその軍団が研ぎ澄まされた頭脳と
判断力ですばらしい戦いを繰り広げられてて。
その暁にはプーチン閣下が描いたとおりの
未来が待っているかもしれない。
ユダヤに打ち勝つ可能性も高い気がしてて。
でもプーチン閣下たちが引退したら
その後はどうなっちゃうんだろう?
ってクロネコは懸念してるんだよね。
もうアタイらが胸のすく思いを感じることが
出来なくなるかもしれないし。
唯一無二のヒーローが居なくなっちゃったら
世界はどうなるんだろ?
またユダヤの台頭を許ししかないんだろうか?
って・・・
ネガティブ思考で将来を憂えてたりします。

にしても。
プーチン閣下と長年一緒に戦ってる
イワノフ君とか、ラブロフ君を見てると
なんて優秀で賢くて、
愛国心の強い人たちなんだろう!
って感動を覚えるのよね。
特にラブロフ外相なんて凄腕だよね。
クロネコはラブロフ君も大好きだよ。
ほかにもたくさん優秀な人たちがいて
ほんとすごいんだよね。
彼らはやはりソビエトユニオンが生んだ
エリートたちなんだろうなーと。
今の自由なルスラントからはあのレベルの人たちは
生まれないのかもなーってね。
ソ連は冷戦には敗北したけど
精神は残ってるんだろうなあって気がするんだよね。

などと思いを馳せながら日々すごしてるクロネコです。

それはそうと。
ルスラントとウクライナが停戦を終結したとき
1ヶ月くらい前だったっけ?
仕事中に出会ったドイツ人のお客さんが
新聞を読んでて、その第一面にプーチン閣下が
どでーんと載ってたのよね。
クロネコそれが目に入っただけで
お客さんとの会話がしどろもどろになっちゃったよ。笑

ドイツのメディアの報じ方はおそらくユダヤ寄りなんじゃ
無かろうかと思うんだけど。
ネットをウオッチしてる人とか、
じっくり長期的に物事を分析できる人は
やっぱりプーチン閣下の正当性に気がついてるんだよね。
なので。
徐々にプーチン閣下シンパがドイツで増えてると
クロネコは感じるのだ。
いやもしくは。
ここはデュスより物理的にルスラント寄りだから
ちょっと考え方が違う人が多いのかもしんない。

デュスの人は・・・完全にユダヤのプロパガンダに
犯されてるひとたちばっかりだったからね。
なんつーか。
俺たちは西側で冷戦に勝った側だから・・・
みたいな考えの人が多かったね。
そんで。
それに酔いしれてるから、東を基本小ばかにしてて
(東ドイツだけじゃなくて東欧、ロシア全部ね)
そのせいで冷静な判断ができないんだよね。
「なんて哀れな豚さんたち、もとい西側ドイツ人たち
なんだろう・・・」
っていつも心の中で思ってました。

でもベルリンではあんまそういう感触が無いんだよね。
むしろ。
逆なんだよねー。
なので。
クロネコは暮らしやすいです。
いろいろ大変なことも多いけど、
それでも暮らしやすいんだー。
人が違うからだろうなって思う。

ベルリンのドイツ人がクロネコは大好きなんだよね。
今のところ・・・だけど。笑

とにかく。
プーチン閣下お誕生日おめでとうございます!
[PR]
by kuronekomusume | 2014-10-07 05:58 | 日記 | Comments(4)