死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

読書感想 2014

毎年自分で決めてるのは年間12冊
本を読む!ということ。
かれこれ14,5年は続けてる気がする。
で、たいていは12冊以上読んでたんだけど。

今年は。
今年のクロネコはぜんぜん読書をしてない。
あちゃー。

なんかね、3月くらいまでに2,3冊読んだ覚えが
あるんだわ。
けど、タイトルとか忘れちゃったんだよね。
なんかの小説だったなーくらいしか。
一冊は面白かったから内容は覚えてるんだけど
タイトルを思い出せない。
なんだったっけかなー。
たぶんそこそこ新しい本です。

東北新幹線に乗った何人かの
殺し屋が鉢合わせて、
中学生だかの少年が極悪な性格をしてて
レモンとかそういう名前の殺し屋とか
いろんな殺し屋の伏線が織り交ざってて~
みたいな内容。
なんじゃそりゃ・・・。笑
でも面白かったよ。
東北新幹線内で繰り広げられる内容が
なかなか斬新と言うか。

以前、長らく大宮駅付近に住んでたんだけど
その際都内に通勤するのが大変だなーとか
寝坊しちゃったーとかってときは
上野駅まで新幹線に乗っちゃってたんだよね。
なので、なんとなく車内とか景色とか
駅の感じが想像できて。
面白いなーと思ったのでした。

けど、その本のタイトルを思い出せない。
借りた本だったので返しちゃったし。

なんかつらつら書いてたら思い出したけど
八日目の蝉も読んだ。
なんというか。
あんま好きじゃない内容だったかな。
というかね、女性作家が書く本って
女性の心理描写が多いでしょ?
当たり前っちゃー当たり前なんだけど。
クロネコ実はそれが苦手なのよね。
そういう女性特有のゆらゆらゆれるような
心情ってのにまったく興味がなくて。
いくらストーリーが面白くても
心理描写とか、そういうのが影響してくると
読んでて退屈になるのよね。
そんなのどーでもいーから・・・って
内心思っちゃうのだ。
男性が作家の場合はそういうのが
ないから読みやすいなーって思う。
女のウジウジしたところが嫌いです。
クロネコ自身ウジウジ、クヨクヨなやむタイプなので
小説くらいはそういうの無しでお願いしますよ!
って感じなのよね。
現実逃避で読んでるんだからね。

いろんな諸事情が絡んで
自分が付き合ってた男性と妻の間に出来た女の子を
誘拐して逃げていく女性の話だったかな。
途中変な宗教団体みたいなところに
かくまわれて~ってあたりが一番面白かった気がする。

そういえば。
もう一冊読んだやつもタイトルとか覚えてない。
なんだっけ、劇団関係の話。
劇団員の男性が主役で、その劇団で殺人事件が起こるんだけど
それをとめるために未来からやってきたという
女の子に翻弄される話。
結末がどうなったか・・・忘れたなあー。
まあ、暇つぶしにはもってこいな小説だったかな。

にしても。
タイトルとか、作家とかって、
その本を読んでるときは覚えてるけど
読み終わるとすぐ忘れるもんだね。
アタイだけかなあ。

新しい本を読みたいような
読みたくないような。

今年読んだ本で覚えてるのはこの三冊だけでした。
タイトルも作家も覚えてないから
覚えてるとはいえないけど・・・。
しょせんこんなもんなのね。

あさってから日本帰省でーす。
免許更新プロジェクトがあるので
最初はてんてこ舞いだけど。
無事に更新できるようにがんばらなくては。
すでに失効しちゃってるので
なんか講習を受けたりいろいろあるそうです。
その受付さえも最初は間に合わないかもって
感じだったんだけど。
国内線のチケットを取り直して(有料・・・涙)
なんとか受付日までに地元へ到着できる
計画を立てました。
あとはおとっつあんに車を出してもらって
香川の免許センターへ行くだけです。
おとっつあんから連絡があって
「お昼にうどんを食べて、受付をしましょう」
って言うプランが書いてました。
わーい。
うどんだうどんだ!
とりあえず、うどんです!
どんだけうどんを食べられるかなー。
わくわーく。

あ、読書感想文を書くつもりが
うどんへの期待の気持ちを書いてしまったわ。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2014-12-22 06:21 | 読書感想 | Comments(4)