死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いろんな直感

なんか分からないけど自分の直感って
あるよね?
アタイにはある。

大体の事柄に対して、
クロネコの場合は
なんらかの理論的な裏づけとかが無いと
納得できないタイプでして。
逆に、とても納得できる裏づけがあると
頭が理解して、すとんと腹に落ちるんだわ。
そうするともう不動。
何も揺らがなくなるんだよね。

怪しいなーとか、うそっぽいなーと思った場合
理論が成立してなかったら
信じることが出来ないんだよね。

でも。
でもでも。
何でもかんでもすぐに明確な理由とか
理論が目の前に差し出されるわけじゃないのよね。
なので。
そういう時は直感が大事になるんじゃなかろうか?
と思ってて。

たとえ、世間が「コレ最高!」って推奨してても。
誰かが「コレすごくおすすめよー!」とか
「あの人は本当に良い人ねー」などと
言ってたとしても。
でも自分の直感が
「なーんか気が乗らないなー」とか
「いまいち信じられんなー」とか
「何でか知らんけど好きになれないんだなー」
とアタイに思わせることがあってね。
そういう場合は、何らかのダメな要因が必ず
隠れてるんだわ。
本当に自分でも驚くくらいの的中率なんだけど
100%この直感は当たる。

でね、この直感を裏付ける事実がそのうち
判明してくるんだけど。
場合によってはそれに数年掛かることもあるのよね。
早いと1ヶ月くらいで判明するけど
遅いと10年とか掛かっちゃうんだよね。
でも、確実に直感通りになる。

なので、
いくら世間や周りの人が賞賛してるものが
あったとしても、アタイは自分の直感が
いいね!と言ってない限りは
「あー、これそのうち化けの皮がはがれるんだろうな」とか、
「何らかのアタイが納得できない裏があるんだろうな」と
思っちゃうんだー。


でもこんな抽象的な書き方をしても
何のこっちゃ?って感じよね。
なので、いくつか例を挙げてみっかなと。

クロネコってば偉そうに何言ってるの?
思われるかもしれないけど。
でもアタイの戯言だから別にいいのですわ。

一番なるほどなーって自分で思ったのは
ユダヤ人ホロコーストかな。
いきなり大きなところから入って申し訳ないけど。
別にアタイはホロコーストを否定してるわけじゃないよ。
むしろ肯定してます。
あれは確実に行われてしまった殺戮だと
思ってます。
アウシュビッツも、ザクセンハウゼンも
すさまじいところだったし、
身体で感じるほどの圧力がいまだに
残っている場所だからね。

でもね・・・以前ほんとうに大分前だから
何年前にここに書いたか忘れちゃったけど。
自分でもずーッと不思議だなあと思っていたことがあって。
アタイは中学くらいのときからホロコーストに
興味関心を抱くようになってて。
色んな本を読んだし、映像もたくさん見た。
ドイツに住んでるとしょっちゅう映像がテレビで
流れてるからそれもいっぱい見た。
上述したように強制収容所跡もいろいろ訪問して
当時の状況をいろいろ見て感じてきた。

多くの人がホロコーストの入り口で
感じるだけの表面的な感覚である、
「ナチスは悪」「ユダヤは被害者」
と言う構図をアタイははるか昔に卒業してしまってて。
つまり、それを受けて湧き上がるであろう感覚の
代表格みたいな・・・「被害者ユダヤ人への同情感」が
まったく感じられなくて。
本当に自分でも驚くほどその感情が湧かないんだわ。
最初は、人よりもいろいろ見すぎたからかなと
思っていたんだけど。
でも思い起こせば最初に興味を持った
中学時代から、まったくユダヤ人に対して
同情なんて持ってなかったんだよね。
なのに、この時代にものすごく興味関心があって
しつこくいろいろ調べていたと言う。

そして。
どんなにひどいナチスの行いを見せ付けられようと
ユダヤ人に対して同情する気持ちが
一切沸かなかったのよね。
でもそれを口走ると、クロネコは最低人間みたいに
思われるなーと思って。
誰にも言えずにいたというか。
じゃあ、なんでナチスドイツに興味が
湧き続けていたのか?とか
どこに興味関心があったのか?
って話になるんだけど。

おそらくは・・・
極限状態におかれた人間がどうなるか?
と言う人間の汚い部分に興味があったのかなーとか。
ドイツ人は一体どういう人たちなのか?
とむしろ・・・ドイツ側に興味があってね。
システマチックなドイツ人気質とか。
とにかく興味深いからね。
ドイツ人の冷たさも全面的に感じられるし。

と思っていたんだけど。
ここ数年というもの、陰謀論なるものをネット上で
標準的に見かけるようになってからは
偽ユダヤだのなんだのという
話が入ってくるようになって。
そしたらなんだか・・・ユダヤに対して
同情心が一切湧かなかった自分の気持ちに
理由が見えたと言うか。
すっきりできたというか。
ああ、なるほどなーと思えるようになったのでした。

いや、だからといって、ユダヤ人が虐殺されたことに対して
当然だなんて一切思ってないよ。
先ほど書いたように、本当にひどいことされてるからね。
でもなんというか。
自分がなぜ被害者側じゃなく、加害者側へ
興味関心を持っていたのかが納得できたと言うか。
それを言いたかっただけなんですわ。

そして。
陰謀論などを読むにつれ。
ドイツ人に対してさらなる同情心が湧いてきて
ドイツ人てばなんてことをやってしまったんだろ!
と良い意味でも悪い意味でも感心してしまってね。
さらにドイツ側に入れ込むようになってしまってる
自分がいるのでした。
だって、ドイツ人てばホロコーストをやってしまったから
一生罪を背負わされるわけだからね。
ユダヤの仕返しが今後もずーっと続くわけで。
すごいことを(悪事および、そのプランへの発想力)
やらかしてしまったので、そして失敗してしまったので
ドイツ人子孫たちはその呪縛から逃れられないわけで。
それを思うと、圧倒的な感覚に陥ってしまって
うーんとうなってしまうわけなのですよ。

そういえばね、半年くらい前だったけ?
イスラエルが隣国を攻撃してたことがあったよね。
空爆だったっけ?
それをうけて、世界主要都市で反イスラエルデモが
結構発生してたんだよね。
で、これがベルリンでも行われていて。
そのニュースを聞いたときも感慨深いなあと
思ったんだよね。
今の時代のドイツ人てば偉いなーって思って。
とにかく大多数のドイツのドイツ人は
ホロコーストの呪縛にとらわれてるから(仕方ないけど)
反イスラエルデモなんて、恐れ多くて出来ませんわー!
って言う姿勢かと思っていたんだけど。
昨今は、「悪いことは悪い!」と言える風潮に
なってきたのかなーと思って。
ちょっとしたドイツ人の反乱と取れなくも無いし
切り分けられる強さを身に着けてきてるんだと
思うと感動すら覚えるんだよね。
クロネコ、デモを見に行けば良かったなーって
今は思ってるくらいよ。

でね、それを受けてか・・・そのデモの数週間後に
ポスターが道端に張ってあるのを見かけて。
写真撮りたかったけど摂り損ねたんだよねー。
イスラエルの国旗のデザインに
たしか、「私たちをまた憎まないでください!」とかって
文言が書いてあってさ。
クロネコこれを見たとき、もうね、すごく面白いな!
って思っちゃったんだ。
つまり。
イスラエル(ユダヤね)がドイツ人の罪の意識を
完全に利用してるのが良く分かる例だからで。
ユダヤ側は、ドイツ人が自分たちの最近の悪事を
非難してきたら、この印籠を見せれば
ドイツ人を黙らせることが出来る!と踏んでるわけで。
まさに。
「ホロコーストビジネスここにアリ!」なわけで。
あのポスターの持つ意味合いの深さに
うなってしまったクロネコなのでした。
そして、ユダヤの姑息さもあの一言に
込められてるなあと思ったのでした。

でも。
おそらく今のドイツ人はコウ思ってるじゃないかな。
「かつて被害者だったからといって、
今隣国の人を殺戮して良いわけじゃないぞ」
ってね。

あ、すっかり話が逸れてしまったけど。
要は。
自分の中で、おかしいなーと思っていたことでも
時間が経つと、その直感が正しかったんだなと
思えるようになるんだよって話だったね。

ついでに言えば。
韓国についても同じかな。
クロネコは14,5年前に日本を席巻した
韓流ブームのときに、本気で嫌でしょうがなくてね。
なんてダサいものが流行ってるんだろ!
って心底辟易してたんだー。
だから、一度も韓流ドラマも映画も見てない。
クロネコ結構な映画好きだけど
一度たりとも見てない。
絶対に見ないぞ!って心に決めてたのもあるけど
直感的に、見たくない!嫌だ!
ってのが強くてね。
けど当時本当に周りの人たちはみーんな見てたよね。
韓国の変な音楽さえも聴いてて。
クロネコはそれも一切受け入れてなかったんだわ。
しいて言えば。
韓国料理は好きだったからそれは受け入れてたな。
それ以外はアウト。
全部が嫌だった。
はやくブームよ去れ!と思っていたけど
アタイがドイツへ移住するときもずーっとずーっと
韓流がうずまいてて、へどが出そうだった。
デモ周りの女性友達みーんなが多少は、
映像関係にはまっていたから
言い出しづらくて、というかいえなくてね。
言うと、韓国差別みたいになるなと思ってて。
いやむしろ、韓国が嫌いなのに、アンチ韓国みたいな
風潮がぜんぜん感じられなくて、
イライラしてたくらいで。
そしたら、ここ5,6年くらいかな。
急にネット上でアンチ韓国旋風が吹き荒れだして。
気がついたらもうネットサーフィンしてたら
韓国のことを大嫌いになるくらい
やりすぎでは?ってくらいアンチ情報が
出てきだして。
事実以上に悪口が多すぎないか?ってくらいね。
クロネコの直感を裏付ける情報がたくさん
出てきたし、あの低俗極まりない韓流ドラマとかも
消えてきたから、心底ほっとしたんだけど。
なんか最近のネットの悪口は
単なる不満の捌け口ですかねーってくらい
ひどいものがあるよね。
事実だけで良いのになーとアタイは思ってます。
というより。
自分の直感が証明された時点でアタイの中では
もう溜飲下がってますし・・・みたいなね。

ちなみに。
最近なるほどなーとまた自分の直感を裏付けたのは
エリザベス女王かなあ。
アタイあのおばあさんが苦手でさー。
理由は分からないけど苦手だなあとずっと思ってて。
あんなにもてはやされてるのに、
あそこまで人柄の良さがにじみ出てこない人も
なかなか居ないなーって思ってて。
あ、こないだまでローマ法王だったドイツ人のおじいさんも
エリザベス女王と同じ系統だよね。
そしたらまあ、エリザベス女王を好ましく思えない理由が
分かる情報をこないだネットで見かけて。
なるほどなーと思ったのでした。

まあ、ここまでの例はどれも大きな話ばかりだから
クロネコの直感って・・・って感じだろうけど。
日常生活でもたくさんあります。
この食品はもてはやされてるけど、どうも好きに
なれないなーとか。
そういう小さいレベルのものもたくさんある。
でも、その直感は絶対に正しい気がしてるんだ。
すとんと腹に落ちないってことは
何らかのモノがあるに違いないと思うわけで。
なので。
今後も自分の直感に従って生きていくのが
良いだろうなと思ってます。

いつもに増して。
何のこっちゃな記事だね。
夜遅いからしっちゃかめっちゃかなんだろうね。笑
クロネコの独り言を読んでくださって
どうもありがとー。
[PR]
by kuronekomusume | 2015-03-30 07:23 | 日記 | Comments(5)

幅の広いストライプが苦手

自分が好きな柄ってあるよね。
逆に苦手な柄もある。

クロネコ結構ボーダー柄が好きでね。
でもボーダーって着てる方は気分良いけど
友達とかがボーダーを着てきた際に
見なきゃいけない側としては
ボーダーの幅によっては
目がチカチカするよね。

なので、あんまボーダーは着ないけど
ボーダー柄は好きです。
人が着てるのを見ても、いいな~って思っちゃう。

あとね、クロネコが何よりも苦手だったのが
チェック柄。
あれは・・・何と言うか手軽に手に入るから
割とチェック柄を着てる人を良く見かけるけど。
チェックほど着こなしが難しいガラって無いんじゃ
無かろうか?!と常々思ってて。
あれほど手軽で、もっさい仕上がりになる危険なガラって
他にあるかな?ってくらい難易度が高いと思うんだけど。
いかがでしょ?笑
でもさー、男性なんて特にチェック好きな人多いよね。
と言うか、絶対安易に選んでるんだろーなーと
思っちゃう。
チェックのシャツにジーパン・・・みたいなファッションの人
かなり見かけるもん。
日独関係無くね。
まあ、無難と言うか、特に人目は引かないんだけど
もっさい印象にはなってるよねーとクロネコは
思ってたりする。

で、女性でチェックを着てる人は・・・
あんま記憶に無いんだけど。
そりゃまあそれなりに居るんでしょうなーと。
男女ともにちょっとアウトドアな雰囲気になる気がするんだけど
どうでしょう?
なんというか、アタイのイメージはチェックのシャツを着て
ズボンはいて、リュックしょって紅葉の山をハイキング~
みたいな感じかなあ。

何を着ようと本人の自由なんだけどね。
単に自分が好きじゃないだけなので、アタイはチェックガラの
お洋服を持ってないよって話で。(たぶん・・・)

でもこないだ、チェックのワンピースを着てるドイツ人女性がいてね。
年齢は20代くらいかなー。
なんつーか、垢抜けてたんす。
おお!チェックガラをオサレ~に着こなしとるよ!
って感じで。
それが今まで生きてきて、チェックを美しく着てる人を
最初に見た瞬間かな。
すんごいスタイル良くて美人だったけどね。
それじゃないとやっぱチェックは難しいんだろかね?
と思ったり。

ま、別にチェックはどうでもいいんだわ。
それよりもクロネコの中で完全アウトなガラといえば。
ストライプです。
ストライプはダメよ。
なんか、ろくでもないイメージしかない。
本当に本当に生地によっては最悪だと思う。
あんなものを着たいと思う精神構造がまず
アタイには理解できない。
それくらいストライプはアタイの中では無い。

と思ってて。

つーか、ストライプってパジャマのイメージじゃない?
それもかなり昔から。
アタイが生まれる前から、そしてそれは日本のイメージと言うより
むしろ外国のパジャマのイメージ。
そんなものをファッションとして受け入れられる感性が
アタイには理解できんのだよ。
いくら本人の自由とはいえね。

アタイのメールアカウントはヤフーメールなんだけど。
シーオージェーピーのほうね。
ヤフーメールを書いてると画面のスペースに
広告が表示されるんだけど。
昨日ね、そこに表示されたある洋服の写真があってね。
もう、アタイそれを見た瞬間、
「アウトぉおおおおお!」
って思っちゃったわけで。

画像を保存しておいたので載せちゃうけど。
こちらのワンピですよ。
もうね、コレを見てピンと来たらアタイと気が合うよね。
と言うか感性が合うよね。
逆にコレを見て
「ステキなのにクロネコは何を言ってるんだ?」
って思った人はアタイとは感性が合いませんわー。

こいつです。↓
c0016407_5323750.jpg

このワンピです。↓
c0016407_5325952.jpg


こんなの買う人居るのかな?
これナチュラルスタイルと言えるのかな?
もう、生地どころか色合いも完全にアウトでしょ?
コレ見て思い浮かべるのは・・・
例の強制収容所でしょ。
それしかないよね。
まさにこの色と生地がどんぴしゃなんだけど・・・。
デザインも微妙にあれに近い。

強制収容所をいくつか訪問した身としては。
かなりたくさんの収容所映像やら写真を見たことある
クロネコとしては。
このワンピースは囚人服です。
それしか思いつかない。
デザイナーはどっからインスピレーションが湧いたんだろ?
マジで悪趣味だと思う。
それとも。
クロネコの想像力がたくまし過ぎるんだろうかね?

これがクロネコの脳内にインプットされてる
ブルーストライプの囚人服。
あ、でもエリがあったのね。
c0016407_5533881.jpg


ああ、気持ち悪いなー。
と思ったのでした。
クロネコ収容所の被害者側にぜんぜんシンパシーとか
哀れみとか感じてないから、
こういうの見ると気持ち悪くなるんだよね。


「パジャマを着た少年」
って言う映画だってあるくらいだから
この囚人服はパジャマに見えるんだよってのも
もうどんぴしゃでさー。

あ、でもね、スーツとかのピンストライプは結構好き
だったりするんだわ。
それは生地の色の中に細い線が入ってるから
囚人服と違う印象になるってことなんだろかね。
だから、こういうナチュラル系とか、生地が麻っぽいのとか
そういういかにも囚人服を彷彿とさせるデザインが
ダメなのかなと。
だとすると。
幅が広いストライプがダメってことになる。
ついでに生地が薄いブルーとか、水色とか
グレー系もアウト。
もうやめてくれーって感じ。

ほんと。
このナチュラルワンピをご機嫌で着てる人が居たら引くなー。
[PR]
by kuronekomusume | 2015-03-22 05:38 | 日記 | Comments(4)

またまたウツミン先生の記事について

またまたウツミン先生のFB記事なんだけど。
クロネコ毎日ウツミン先生の記事を
全部読んでるからねー。
徐々にこうやってウツミン信者になっていくんでしょうね。

けど。
糖質を食べてはいけない!と言うウツミンの主張に関しては
分かってても無理ー!
ってのがクロネコの心の叫びです。
ウツミンいわく。
砂糖類はぜーんぶダメ!ってことで。
アガベもメープルも全部ダメ!なんだそうで。
そんでもって。
果物の果糖もダメー!だそうで。
そ、それはクロネコには厳しすぎるわーと。
果物を食べない人生なんて~って感じだから
とりあえず果糖は止めないぞ!と思ってます。
アンド。
ウツミンいわく。
炭水化物の糖質がダメー!ってことだそうで。
お米、パスタ、パン類全部ダメ。
ああ。
炭水化物が何より大好きなクロネコには
これは無理。止められない。
なので。

ウツミンの記事は全部読んでるけど
情報として仕入れる部分も多いので
信者のようになって何でもかんでもホイホイ
聞いてるわけではないのですよーと。
クロネコにはクロネコのやり方もあるしね。
つーか、ウツミン先生はお肉は質の良いものなら
食べてもいいですよ派なんだよね。
クロネコはお肉食べないからねー。
微妙に異なるわけです。
自分の身体に合った自分の生活ペースにあったものを
選んでいけばいいよね。

完全にウツミンと合致してるのは、牛乳がアウト!ッて点。
クロネコはジェイン・プラント教授の本を読んで
感銘を受けて、乳製品を完全排除するぞ!って
2年前に決心したんだけど。
ウツミン先生の記事で、なぜ乳製品が良くないかについてを
読んでると、やっぱりジェイン・プラント教授の本に
書いてあるってことを引用されてるんだよね。
おお。
出自が同じでしたかーみたいなね。
うれしいよねー。

けどさ。
牛乳はホルモン系の病気を誘発するから
本当に止めた方がいいと思うよ。
クロネコは自分の友達とかに事あるごとに
いかに牛乳がモー毒であるかを伝えるようにしてます。
今すぐ止めよう!って感じだからね。
男性の方が比較的クロネコの説明を聞くと
牛乳を控えるようになるんだよねー。
なぜならばー。
「牛乳とか乳製品を摂取してると、前立腺がんを
誘発するんだよー」
って言う決めゼリフがあるからで。
やっぱ男性はこの病気にだけはなりたくない!
って思ってるから、少しでもリスクを減らしたい~
って即思うみたいで。
うしし。
モウモウ。笑
そんなわけで。
いつまでも男性として頑張りたいなら牛乳止めちゃいなー!
ってのがアタイのいつもの助言でございます。
これホント一発で男性陣の心を捉えるんだよねー。
女性は、クロネコと同じ病気になりたくないなら
控えなさいって言うだけだね。
病気になったらどうしよーとか。
ガンになったらどうしよーっておびえるだけじゃなくて。
せめて乳製品を止めるようにすればそのおびえは
不要になるんだからね。
意外と簡単。

そんな感じで部分的にウツミンの主張はクロネコの
心を捉えて離さないんだけど。
今日の記事もクロネコすっかり同意しちゃって。
ものっすごいよく分かるわーと思ったのでコピペします。

以下引用。



家族が医療信者の時にやるべきこと

講演でもFBのメッセージでも最も多い質問は、
「○○が悪いと思いやっていないが家族がわかってくれない。」とか、
「○○が効かないのでやめるように言うのだが
医者を信用している。どうすればよいか。」などである。
これを聞くたびにこちらとしてはますますガックリきて、
やる気のないニンゲンだと思うのだが、本人たちは極めて
真面目に自分が努力していると勘違いしているので、
ますますタチが悪いという言い方もできなくない。

疑問は別に間違っていない。ワクチンは効かないだけでなく
医原病をもたらすし、抗ガン剤も効かないうえに癌を悪くしてしまう。
精神薬であれほかのクスリであれすべて同じ構図をもっている。
しかし第一の問題はそこではなく相談者本人にある。
つまり相談者は極めてコミュニケーション能力が低いばかりか、
家族との相互信頼にかけており、データを集める能力も話す工夫も
ないということが一目瞭然なのである。
だからまず相手を変える前に相談者が変わらねばならない。

まず医療信者の家族は権威に従属したく長いものに巻かれたいだけなので、
それを打破しようと画策せねばならない。その場合最も有効なのは講演などに
連れてくることであり、まさに私であれほかの医師であれ一緒に行くとかである。
その時も軽い気持ちで連れてくることが大事であり、説得目的で連れてきても
反発が出てしまうこともある。その時に求められるのが相談者本人の工夫であり
話し方であり、美味しい食事に誘うくらいの気持ちで連れて行くことが重要である。
家族たちは家族の意見は聞かないが、私のような医師であってさえ耳を家族よりは傾ける。
あとは私のFBなども有効であろう。

次に重要なのは相談者が自分で科学的データや根拠を集めることである。
本来医療信仰を打破するときに科学や根拠は邪魔なのだが、信者たちは
データくらいしか信じてないのでそれをちゃんと集めることが重要だ。
それはネット上に無数にあるが、信者だとネットの情報も逆に疑うので講演なのだ。
そしてもう一つは著書であり私の本でもいいのだが、最初はソフトな本の方がおススメである。
たとえばワクチンであれば母里啓子氏と近藤誠氏の「もうワクチンはやめなさい」とか、
藤井俊介氏の「まちがいだらけの予防接種」などであろう。

もちろんこれらの本も私から見るとたくさん嘘が混じっているが、医療信者に
私の本はきつすぎるし船瀬さんの本も煽りばかりできつすぎる。だからもし提示するなら
近藤誠氏やその他の温和な医療者の批判本のあとに、私や船瀬さんの本を提示してみればいいだろう。
しかし最も重要なのは気付いたふりをしている人の、一生懸命のふりとコミュニケーション能力のなさ、
そして家族との信頼関係のなさへの無自覚なのだ。もともと家族に信頼関係があれば、
話が荒唐無稽のように見えてもちゃんと話し合いになるものだ。

つまり自分の話し方と訴え方が間違っているということにこそ気付きなさい。
往々にしてそれは女性の方が多いが、女性の方が早く勘を働かせて気付いていることの
証左でもある。それらの女性に必要なことは今度は男性的なアプローチであり、
気分や感情ではなく理性と理論で攻め立て、緩急自在に押し引きすることである。
そしてそれでもたとえば親がガンなどで抗ガン剤をやる場合は、はっきりいえばほっとけばよい。
死にたい人をだれも止めることはできないし、本当にとめたいというのならあなたが
医師顔負けにすべてのデータを提示するだろうし、専門家じゃないからわからないなんていう
インチキな言い訳などしないだろうからである


引用終わり。
もうねー。
医療信者を説得することの難しさって・・・。
クロネコすごーくよく分かるんだー。
なので、おおおおと思いながら読みました。
自分のときを思い出しつつね。
クロネコの周りと言うか特に家族に関して言えば
そりゃあ医療信者が多いんですわ。
抗がん剤を拒否する!
抗ホルモン剤を摂取しない!
って決めたときに、これを家族や友達に説明して
分かってもらわないといけないのが、
ものすごーくものすごーく疲れたし、
むしろ、コレに一番体力と神経を使ったともいえる。
ほんの数人に説明しただけなんだけど。
理論立てて説明しないと納得してもらえないから
色々考えたり調べたりして、説明したんだよね。

特に弟に説明するのがしんどかったなあ。
うちの弟は製薬会社に勤めてるバリバリの医療信者だからね。
アタイが拒否するぞ!って決めた薬を製造してる側に
勤めてるから、そりゃあクロネコの決断を理解できなくて
当然というか。
荒唐無稽に聞こえるクロネコの決断と、
変わりに何をどうするか?と言う独自プランを説明した際に
弟は納得はしてない風だったけど。
でも、定期健診に行くこと!っていう条件付で
了承してくれたんだよね。
頑として聞き入れてくれなかったらどうしよーって
思ったけど、その時は断絶じゃー!位の気持ちで
電話して説明したんだよね。
とにかく精神的に疲れたなあ。

おとっつあんは、クロネコの考えを尊重してくれるし、
自分は変わってあげられないから、
あんたが納得できるやり方でやりなさい。
お父さんはそれを応援するから。
って言ってくれてね。
もう、おとっつあんてばー。涙
娘を全面的に信頼してくれてありがたいなーって
つくづく思ったのでした。
ま、最近話したりすると、クロネコの食事制限を
見ながら「いまいち納得いかないけど~」的な
コメントもあるから、反対派なんだろうけどね。
でもクロネコの好きにやらせてくれてるので
ありがたいです。

弟も年末にあった際に、クロネコのやり方を見て
「そんなの聞いたことも無いんだけど」って言ってたけど。
そりゃ当たり前だよね。
バリバリの体制側の書物にそんなこと書いてるわけないじゃん。
でも弟が自分で気がつくまでは、姉は余計なことは
言わなくてもいいやーと思っております。

あとは友達何人かにも説明したんだけど。
頭ごなしに否定するような友達は一人も居ないから
クロネコの決意を説明するだけだったけど。
それでもとっても疲れた。
あんなに精神的に疲れるとは思ってなかったけど
でもとっても疲れたのを覚えてる。

必要な人たちに伝えきった後は心底気持ちが
楽になったからね。

ウツミン先生が書いてるように、クロネコの周りの人たちは
クロネコが下した決断に対して頭ごなしに否定したり
しなかったので、それはクロネコとのコミュニケーションが
うまくいってる人たちだったんだと言えなくも無いかなと。

クロネコの決断を尊重してくれる人たちがまわりに
居てくれて本当に幸せだなーってことを
思い出した記事だったのでした。
[PR]
by kuronekomusume | 2015-03-14 07:35 | 日記 | Comments(7)

孤独とは

いきなり重たいテーマなんですけど。笑
最近よくねー、「孤独」って何だろ?とか
「寂しい」って何だろ?って考えるんですわ。
暗いね、クロネコ暗すぎるね。笑
でも根は明るいタイプのクロネコだから
ご安心くださいな。
全部読むとシリアスじゃないのが分かるから。笑

と言うのも。
なんか前からうすうす思ってたんだけど
クロネコどうやらねー、孤独が何なのか良く分かってないみたいで。
孤独って何?って考えるわけなんす。
40歳間近にして孤独が分からないとはねー。
そんでもって、孤独にまとわりついてくる「寂しい」と言う感情、
これもねー、正直言っちゃうと、ほかの人が思うような寂しさを
クロネコはあんまり感じないタイプなんじゃなかろうか?!
って気がしててね。
・・・。
自分でも、何かが欠陥してるんじゃ無かろうか?
って思うんだけど。
まあね、寂しいって言う感情は多少はあると思うんだわ。
友達と別れる際には寂しいなーって気分になるし、
家族と別れる際も寂しいし。
おっかさんが居ないのもとっても寂しい。
でもむやみやたらと寂しいわけじゃなくて、
常に誰かが一緒に居てくれないと寂しいー!って思うタイプでは
無いですよって言うね。

だけど、孤独って言う感覚はほとんど無い気がしてて。
つまりね、「アタイってば孤独だわ・・・」って思ったことが
今まで一度も無いんです。
当然「孤独になるのが怖い」とも思ったことが無いし、
「一人ぼっちはイヤー!」とも思わない。
そもそも前述したとおり、孤独が何なのか良く分かってないからね。

だから、孤独の概念を知りたいと思ってググってみたんだけど。
(まずそんなことしてる時点でつける薬が無いよね。笑)
ウィキによると「ほかの人との接触、関係、連絡が無い状態」なんだって。
なるほど。
となると、クロネコは孤独には当たらないわけですよ。
おとっつあんも居るし、兄弟も居るし、友達だって居るからね。
そりゃあ孤独を感じないわけですよ。
でもね。
クロネコ一人で暮らしてるから、そういう状態を他人が見ると
「クロネコってばいつも一人ぼっちで何て孤独なんだろ~!」
と取れなくも無いのかなと。
けどさー。
それはその人の主観だと思うんだよね。
だってアタイは自分で自分のことを孤独だと思ってないし、
たとえ孤独な状態だとしてもそこから逃れたい!と
思ってるわけじゃないからね。
つまり、好き好んでこの状態に居ると言えるんだわ。
でもほかの人はアタイの状態に同じようにさらされたら耐えられないんだろうなと。
だからこその、「クロネコってば孤独ね~」になるのかなと。
アタイに言わせれば、「オノレの感覚で人を推し量らないでねー」
ってことなんだけど。
なかなか人はそれが出来ないんだよね。
むしろおせっかいな感じで「一人で居るのは寂しいだろうし
良くないから一緒に出かけようよ~」って言う人とかいるもんね。
(外人にとてもこのタイプが多い)

でも決してクロネコは人嫌いじゃないんだよね。
むしろ人好きな方だよなーって自覚してる。
だからみんなでどっかに行くのも好きだし、
友達と会うのも好きだし
人を観察するのだって大好きだし、
人とおしゃべりするのも大好きなのよね。
でも女子会は基本苦手。(女性なら一対一に限る)
彼氏が居なくても良いってわけじゃないし、むしろ居てほしいし。

ベルリンに引っ越してきて約1年だけど。
まだそんなに友達は居ないんだよね。
そりゃまあ歳をとってくるとそう簡単には友達もできないからね。
デュスにだって9年住んで一体何人友達ができたのよ?
って聞かれるとかなり少ないし。なのでそれはしょうがないんだけど。
とはいえ。
気軽にどっかに出かける際に声を掛けやすい友達なんかが居ると良いなー
ってのは思うよ。
食事に行ったり、買い物に行ったり、映画に行ったり的なね。
でもねー、それさえも一人でやっても別に問題無かったりするし、
一人でもオッケーだったりすることもあって。
ああ、クロネコってばとことんお一人様をマスターしちゃってるよって
自分で自分に呆れるんだよね。
つーかね、毎回友達とばかり出かけることを想像すると、
それはそれで何だかちょっとわずらわしいかも~(自分だけじゃなくて相手も)
って思っちゃうんだわ。
たまにならいいけどね。
やっぱ、クロネコなんかどっか欠陥品なんだろうかね。

でもまあ、それはそれでいっかーって思ってて。
来るもの拒まずというか。
誰か気の会う相手がいれば一緒に出かけるし
いなけりゃ一人で出かけますよ~な感じ。
そう、ここがポイントでさ。
クロネコはどっかに行きたい!と思ったときに、
気の合わない人ととか、つまらない人と
一緒に出かけるくらいなら、一人で出かけたい!って思っちゃうんだよね。
大勢なら楽しいでしょ~って言う感覚がまず理解出来ないので、
貴重な週末はそういうことに気を使って過ごしたくない!って思いが強くてねえ。
ほんとに困ったもんだよね。
クロネコってばまったく人に合わせられないんだからね。

あと、こないだ日本人の女性と話していたら、その人は
「私寂しがり屋だから、しょっちゅう友達と飲みに行ってるんです~」
って言ってて。
へえええええって思ったのよね。
寂しがり屋かーってね。
これまたクロネコは寂しがり屋じゃないからね。
でもこの女性が言う事が大多数の人たちの感覚なんだろうなと。
特にドイツ人なんて寂しがり屋だらけだから、こういう感じなんだろうね。
みんな人とつるみたがるもん。
アタイはこれまた・・・自分の友達のその友達~みたいなつるみかたが
なんだか時折面倒でねー。それアタイの友達じゃないじゃーんって言うか。
・・・。
ああごめんなさい。
こんなクロネコでごめんなさい・・・。

でもさー。根本はクロネコが誰とも一緒に暮らしたことが無いのが
原因じゃなかろうか?ってのも分かっててね。
やっぱ40歳近くまで一人で暮らしてると、こういう捻じ曲がった神経に
なっちゃうのかもしれないし。
はたまた元からそういう性格なのかもしれない。
でも一度でも誰かと一緒に暮らしたことがある人なんかは、一人になると
孤独を感じて耐えられない~!寂しい~!ってなるんだろうね。
何だかそう思うよ。(想像ですけどね。笑)

そう思うと。
クロネコもう結婚とか無理なんじゃないかな・・・と思ってます。
人と住むうんぬん以前に他にもハードルはあるんだけどね。笑
そうなると、一人で生きていく覚悟っちゅーのもしておかないと
いけないんだろうか?と思ったりもして。
でも覚悟しなくても、別に今の状態が嫌ってわけじゃないから、ま、このままで
いっかーと思ったりもするし。
一人で居るのと、一人で生きていくってのはこれまた生活がかかって来るから
ちょっと意味合いが違うけど。生活するのは大変ですからねー。
で、それをまた特別寂しいとも思わないという・・・。
やっぱり何かが欠落してるんだろうかねー。

とはいえだよ。来るもの拒まずだから、
誰かが一緒に居たりしてもそれはそれで
嫌じゃないんだよね。(たぶん・・・笑)
でももしかすると、ある一定の期間が経つと、
「一人になりたーい!!イライラ!」
ってするのかもしれない。
と言うか、その可能性がものすごく高い。
クロネコ実家に帰っても、多少日が経つと、
「あー、そろそろ一人になりたいわー」
ってうずうずし始めるからね。

ま、こんな感じなので、逆に「寂しがり屋」さんたちの気持ちがあんま
理解できません。
ふーん、そうなんだーくらいにしか思えないんだよね。
欠陥人間ですみません・・・。

そうそう。
クロネコは一人でも辛いと思わないんだけど。
それはおそらくは「自由」をとことん
愛してるからなんだろうなと思ってる。
自由と孤独は表裏一体だからね。
自由を求めると孤独になるんだわ。
もうそれはセットだからしょうがない。
切り離せないのよ。
孤独が嫌な人は自由を捨てないといけない。そういうもんなのです。
クロネコはとことん自由を追い求めるところがあるから、
孤独にならざるをえないんだわ。
で、その孤独が辛いと思わないから(と言うか気がついてないし、理解してないから)
やっていけるんだろうねーと。

孤独についてググッタ際、「ぼっち耐性度診断」ってのがネットにあったので
やってみたんだけど・・・。
案の定、「ひとりぼっち耐性度はMAX」になりました!
あちゃー。笑
まあ、設問が微妙な感じだったから必ずしもクロネコのライフスタイルとは
一致してないけど。
でもアタイはやっぱり一人に耐えられるタイプなんだーと言うことで。

またドイツ語の話になるけど。ドイツ語ってボキャブラリーが足りないって
アタイがいつも書いてるけど。今回もそうなんだよね。
「孤独」はEinsamkeitで「寂しい」は形容詞だからeinsam。
どっちも同じなんだよねー。
なんでこういう心情を表すような重要な表現が同じ単語で済まされるんだろ?
ってクロネコはこっちのほうが理解に苦しむわけで。
英語だとsolitude とlonely だから、まだ分かりやすいよね。

けど、やっぱ考えてみたら。来るもの拒まずタイプのクロネコは、
無意識の部分で寂しいと思ってるのかもしれないよね。
だから誘われたら、すぐ出かけちゃうんだろうかねーと思ったり。
本当の本当に孤独を愛するタイプなら、誘われても断るもんね。
つーか、この点に関しては寂しいからなのか、
人間好きだからなのかは自分でも
よく分からんのですわ。
誘ってくれる人が自分の好きな人ならほいほい出かけていきますよ~って
ことなんだろうかねー。
って。
ここ読んでる人も、そんなこと問いかけられても困るよね。笑

孤独について考えながら、「孤独ってよくわからんなー」とは思ったけど。
ひとつ自分で自分についてよく分かるなーと思ったのが、
アタイは何よりも「退屈」なのが嫌いなんだよね。
寂しいとか孤独については何とも思わないけど、退屈だなーって言う感覚を恐れてる。
この感覚が芽生えるのがとても恐ろしい。
自分の生活が単調過ぎるとか、楽しいプランが無い場合に、この退屈病が
押し寄せてくるんだよね。で、これが何より怖い。

「安定した生活を求めると退屈になる」って言う記述をこないだネットで見かけたんだけど。
まさにそうだよなーって思う。
クロネコは退屈が嫌いだから、安定した状態からもすぐ脱却したくなるんだよね。
で、自らを苦しい立場に追い込んで興奮状態と言うか、
生き生きした状態に持っていくんだよね。
そうすると、生きてるな~充実してるな~って思えるからだろうなと。
でもこれってホント、危険な生き方だよね。
自分でも分かってます。
でもでもでもー。
「退屈」なのは本当に耐えられないので仕方ないんだわ。
退屈な人生も嫌だし、退屈な人も、退屈な物も嫌。
ま、退屈と思うかどうかはクロネコの主観なので、
アタイから見て「退屈だなー」
って思ったらアウトってことなんす。
逆に「オモシロイなー!」って思っちゃうと、そっちに進んでいくんだよねー。
われながら面倒くさい性格してるなと思います。
なので。
退屈でさえ無ければ、孤独だろうが寂しかろうが平気なんすよ。

あー、でも結局はFacebookで投稿したり、ブログを書いたりするのが好きだから
やっぱり自覚してないけど、クロネコは寂しがりなのかもしれないね。
うん、そうだ。
認めてしまうのも手だね。
そうです、クロネコは寂しがりです!!笑
でもネットつながりで満足しちゃうレベルの寂しがり。笑
そんでもって退屈を嫌います!
退屈だけは断じてアタイの人生から排除しなくちゃ!
[PR]
by kuronekomusume | 2015-03-12 05:46 | 日記 | Comments(4)

ココロ

ドイツ語ネタを。

ドイツ語でよく聞く表現で、
「er hat Herz」とか「sie hat Herz」ってのが
あるんですわ。
クロネコこの表現結構好きでねー。

Herzってのは「心臓」って意味と
「心」とか「魂」って言う意味がある。
ドイツ語って、相変わらずボキャブラリー少ない感があるよね。
なんでひとつの単語でそんだけ違う意味があるんだろ?
ってくらい兼用してるよね。

上記のドイツ語も直訳だと
「彼には心臓がある」「彼女には心臓がある」だからね。
そんなの当たり前じゃないのーって話で。笑
じゃなきゃ死んでますしみたいな。
ここではそういう意味では無くて。
「思いやりがある」と言う意味です。

思いやりがあるのを「心がある」と表現するのが
なんだか面白いなーと思うわけで。
逆に思いやりに欠ける人のことは当然ながら
「心が無い」と言う言い方をするんだよね。
または「冷たい心を持ってる」みたいな表現もある。

心の有無で思いやりの有無になるんだー
ってのがアタイのツボなんす。
それってつまりは。
心が無い人が居るからそういう表現があるんだろうか?
って思っちゃってね。
確かに、冷たい人ってドイツ人の中に居るからね。
冷酷というか、意地悪というか。
それを指して、心が無いというのならば
なるほどなと思えるわけで。

ま、日本人でも思いやりに欠ける人っているから
それと同じなのかもね。

で、さっきウェブでこの表現を調べてたら
「ein grosses Herz haben」ってのもあって。
つまり直訳だと「大きい心を持ってる」になるんだけど。
これ以前聞いたとき、勝手に自分で解釈して
「ものすごーく思いやりがある」ってことだと
今の今まで思ってたんだけど。
どうやら意味が違ってた。
大きい心の場合は、「気前が良い」になるみたいです。
な・る・ほ・ど!
以前この表現を聞いた状況を思い浮かべると
まさに「気前が良い」がしっくりくる感じだったなと。
てっきりすっごくやさしい人って意味かと思ってたわ。

あと、ein weites Herz habenだと
「広い心を持ってる」になるんだけど
意味は、これまた「思いやりがある」なんだよね。
心が広いと思いやりは日本語だと意味が異なるから
ドイツ語だと気をつけないといけないなーと思った。
難しいね。

でも逆にein enges Herz habenで
「狭い心を持ってる」と言う表現の場合は
「ケチ」になるみたいだから・・・
必ずしも逆の意味ってわけじゃないみたいで。
ややこしいねー。

Herzひとつとってみてもいろんな表現と意味が
あるんだなーと。
なんか面白い。
ドイツ語楽しいなー。
[PR]
by kuronekomusume | 2015-03-08 09:39 | ドイツ語 | Comments(6)

敵のやり口がワンパターン過ぎて・・・

なんかさー。
もうクロネコもプーチン閣下のファン暦が長く
なってきちゃったもんで。
プーチン閣下の敵がどういう手を使って
プーチン閣下を攻撃してくるかが
大体見えるんだよね。
つーか。
あいつらなんでいつも同じ手を使うんだろうね?
ってくらい単純バカ過ぎて・・・。
プーチン閣下も創造力のかけらも無いあんなバカたちを
相手に戦うのがアホラシイって思ってんじゃ
無いかなーってくらいいつも同じやり口です。

ここ1,2年くらいかなー。
なんだか割りといろんなところでプーチン閣下を支持するような書き方を
してるブログとかFBとか見かけるようになってきて。
クロネコごときが、いかにプーチン閣下が正しいか!とか
いかに閣下が苦労して戦われてるか?なんてことを
がんばって書かなくても、いわゆる
「時が経てば私が正しいことが証明されるだろう」
とおっしゃられたプーチン閣下の言葉通りになってきてるもんだから
なんだか嬉しいような、寂しいようなファン心理が常に
つきまとってるわけですよ。
これ・・・プーチン閣下ファン共通の思いじゃなかろうかと。

なんつーかね、アタイもそこそこ長年ファンをやってますけど。
アタイは閣下のすごさに自分で気がついて、見抜いて
そして心底惚れ抜いて、心から応援してるわけですよ。
どんなにユダヤじみたマスコミが反プーチンプロパガンダを
垂れ流そうとも、ファンには真実は分かってますから!
とばかりにね。
ゆるぎない愛ってやつ。
でね、世間がそのすごさに気がつきだして、なんだか前から
わかってたような口調でプーチン押しなことを書き出してるのを見ると
ようやく世間も気がついたかーってなんか嬉しいんだけど、
でもこのすごさに誰もが気がついちゃうのは勿体無いような気もして。
ファンってやつは複雑なんですよ。
けどね。閣下がどんなに世界で人気者になって、世界中の人から
尊敬されようとも。そしてまた地の底に落とされそうになったとしても
アタイらファンはどこまでも支持するし、どんなときもファンですから。
太陽が照ってるときも、北風が吹いてるときも。
今後もずーっとずーっと支持し続ける所存ですよ。

そんでねー。
なんだっけ?政敵?!の野党指導者の
ボリス・ネムツォフ元第1副首相さんが射殺されたんだっけ?
プーチン閣下の政権を批判してきてた人なんだそうで。
ふーん。
お亡くなりになられたのは、追悼の意を表したいところだけど。

つーかさ。
ほんとこの人をやったのはプーチン政権じゃないからね。
もう、マスコミの論調とか見てると・・・
はい、はい、はーじまったよ!
としか言いようが無い。
日本のマスコミも相当ユダヤに毒されてるんだなってのが
分かるだけリトマス試験紙みたいである意味この事件は役にたってるけど。
もういつものことだからね。
実際はCIAだかモサドだかが、反プーチングループの誰かを暗殺して
「プーチン閣下が政敵を殺したに違いない!」って風潮でマスコミを使って
世界中に宣伝を垂れ流すんだよね。
ロシア政府というか、プーチン閣下は何らかのコメントをいつも出すんだけど
まあ世界のメディアは敵の手中にありますから、基本シカトされるんだよね。

もうほんとこのやり方飽きたから。
アイデア貧困過ぎて驚くよ。これ企業だったら即却下されるくらいの
企画力の無さ具合。
アンナ・ポリトコフスカヤだっけ?彼女もまさに同じパターンで暗殺されてて。
西側メディアはプーチン政権の仕業の可能性がある的な報道を
ことあるごとにするんだよね。
はい、はい、はい!っていっつも思っちゃう。

けどさー。
反プーチングループの人たちは本気でプーチン閣下がやったと
思ってるんだろうかね?だとしたら相当おめでたい人たちだよね。
まあ基本的に反プーチングループは売国奴の集団だから
基本おめでたいんだろうけど。
CIAとかモサドにお金をもらってユダヤに踊らされて自分の国を
売ろうって言うんだからね。
で、場合によっちゃユダヤに利用されて殺されて終わりという
パターンなのに。
やっぱ金に目がくらむんだろうかねー。
純粋に反プーチンプロパガンダをやってるわけじゃないだろうなと
思うんだけど。中には本気でナイーヴなやつもいて、お金ももらわずに
一緒にプロパガンダ活動をやっちゃってる相当な馬鹿もいるのかも知れんね。
そんな馬鹿はさっさと外国に行けばいいのにね。
いまんところ、プーチン閣下の支持率は85%らしいから、
残り15%がユダヤに金をもらって売国奴活動を繰り広げてる守銭奴って
ことになるね。

それにしてもユダヤもしつこいよねー。
プーチン閣下もああいう粘着質なストーカー気質のユダヤと
戦ってるわけだから、どんだけ大変なんだろうなーって想像に難くないよね。
お疲れ様です・・・っていつも思っちゃう。

ちなみに、最近プーチン閣下寄りのコメントを書き始めたような
プーチン閣下素人さんたちは・・・
こういう事件があるとすぐ動揺するんだよね。
んで、やっぱりプーチンがやったか・・・とか言い出すんだわ。
・・・。
甘いなあ。
とことん甘いなあ・・・とクロネコは思っちゃいます。
やっぱここが付け焼刃的な人と、心底プーチン閣下にほれ込んでるファンとの
違いが出るところなんだろうなと思うと。
ファンもまだまだ捨てたもんじゃないねーと一人ほくそ笑んでる
クロネコなのですよ。
もうね、クロネコはどんなユダヤの攻撃があろうとも、
自分でも驚くほどゆるぎないんですわ。
プーチン閣下に対する信頼感ってのが強すぎてねー。
ユダヤなんて屁の河童なんす。

プーチン閣下素人さんのみならず。
クロネコの周りの人たちもこれまたすぐ動揺するんだよねー。笑
クロネコがあまりにプーチン、プーチン言うもんだから
しかも長い年月ずーっと言ってるから、
アタイの周りの人たちも知らず知らずのうちにプーチンニュースに
注目しちゃってるわけなんす。
でね、日本のマスコミはユダヤの言いなりなプロパガンダを流すから
そういうのを見たピュアなクロネコのお友達やら家族は
あーあー、プーチンもピンチだよ!って思うらしくて。
クロネコに連絡してくるんだよね。
もうこういうのもほんとどうしてくれよう・・・ってクロネコいつも
思ってます。
「あんたのほれ込んでるプーチンはアウトだよ!」って言いたいんだろうけど。
ファンじゃない人はユダヤの思う壺で、プロパガンダを信じてるし、
こういう短期的な視点しか持てないからね。
長期的な考察ができないし、じっくり分析する気も無いから
マスコミの報道を信じて、
「あっちゃープーチンダメじゃん!!クロネコの目は確かじゃなかったね!」
って思っちゃうんだよね。
で、それがユダヤの思惑通りだという。(後半のクロネコ部分はユダヤは
関係無いけど。笑)
なんかもうそういうの聞くとクロネコもね、どうしたもんだろ?って
思っちゃうわけで。
だって。
どっから説明したらいいんだろ?って気分になるからで。
こういうことを言ってくる人は往々にしてユダヤの陰謀とか
知らない場合が多いし、それを説明しても真に受けないから
真意が伝わらないんだよね。
なのでクロネコも面倒くさくなって、「分からんやつには分からんでもええわ!」
と思うことにしてます。

でも今時ネットとかあるんだから・・・
いい加減にマスコミのゆがんだ情報に流されるのは
止めたほうがいいんじゃないのかねーってアタイは思うんだけど。
上記みたいな人たちこそ心配になるよね。

にしても。
プーチン閣下も「やれやれだぜ」ってつぶやいてそうだね。
[PR]
by kuronekomusume | 2015-03-02 09:16 | プーチン大統領 | Comments(4)

映画評

またまた映画評です。
DVDで見たんですけどね。

「47 RONIN」
主演:キアヌ・リーブス、真田広之、菊池凜子
監督:カール・リンシュ
公開:2013年


まずね、この映画を見るうえでも語る上でも
前置きと言うか心構えとしては。
「忠臣蔵」とは別物である!と自覚してから
見ないといけませんよーってことです。
これを忘れて万が一でも忠臣蔵のハリウッド版かー
とか思ってみちゃうととんでもないことになるからね。
気をつけないといけないよー。笑


ストーリー
赤穂の国の領主、浅野内匠頭のもとには
真田広之演じる大石内蔵助率いる侍集団が暮らしており、
赤穂領地でハーフ?の男児(キアヌリーブス)を保護する。
あるとき、将軍綱吉くんが赤穂へ来ることになり
万全を期して将軍を迎える準備をしたにもかかわらず、
赤穂を手に入れたくて仕方ない隣国の吉良上野介(浅野忠信ね)が
自身の側室である菊池凜子ちゃんに妖術を使わせて、
浅野内匠頭を罠にはめる。
そのせいで浅野内匠頭は切腹する羽目に。
綱吉君が、浅野内匠頭の娘である柴崎コウちゃんに
喪が明けたら吉良と結婚せーよ!と命令。
真田広之は1年近く地下牢に監禁されてて
開放されたのがその結婚の1週間前。
真田広之は息子の赤西君(黒木メイサの旦那ね)に
赤穂浪士を集合させろと命令し、
自分は長崎出島に売り払われたキアヌを助けに行き、
47人全部そろえて、柴崎コウちゃんを助け出すのと
浅野内匠頭のあだ討ちをするため、
浅野忠信が待つ吉良のお城を攻めて無事に
首を取るのでした。
そんでもって、あだ討ちは綱吉君から禁止されてたので
最後はみんなでハラキリ。
温情措置で赤西君だけは切らなくて良しとなったのでした。
ちゃんちゃん。

と言うストーリです。

アタイね、正直言って忠臣蔵が好きじゃないんですわ。
理由は簡単。
毎年毎年12月になると数時間スペシャルドラマを
やってるでしょ?
あれがもう嫌でさー。
なんで毎年毎年おんなじ題材を違う俳優で巻き返し
繰り返し演じてるんだろ?って思ってて。
どんだけ日本人てば忠臣蔵好きなんだよ!って思ってて。
一回見りゃストーリーは分かるのにーと。
でもほんと・・・
日本人ってば何で忠臣蔵があんなに好きなんでしょ?
いまだ回答が分からないんだけど。
主君が辱めを受けたことを家臣が
あだ討ちするから?
主君に恩義を感じてるから?
最後切腹しちゃうから?
分からん。
まったく分からん。
アタイは日本人じゃないのかなー。

ついでに言えば。
日本人は・・・坂本竜馬の時代も好きだよね。
あの無血開城だっけ?
新撰組とかあのあたりもやたら好きだよね。
あれもクロネコにはさっぱり良さが分からんのだよ。
つーか、むしろ坂本竜馬とか苦手。
理由は分からんが・・・。
本能的にというかね。
そういう場合って、のちのち理由が判明することが多くて
後で、ああやっぱりなーって思えるんだよね。
今は理由は分からんけども、自分の本能を信じることにしようかなと。
ちなみにうちの弟はもうこの時代が大好きらしくて
京都とか坂本竜馬の時代を想像しながら
歩くのが楽しいんだそうです。
それはアタイがベルリンのウンターデンリンデンを歩く際
森鴎外もここを歩いたのねーって想像するのが
楽しいのと似てるんだろうかね?
ま、いいや。
人それぞれですからね。

忠臣蔵に話を戻すと。
坂本竜馬は苦手だけど、忠臣蔵は別に嫌いってわけじゃ
なくて、単に飽き飽きしてますわーってだけなんだよね。

そんなクロネコにしてみりゃ。
このフォーティセブン・ローニンは結構面白かったです。
なんせファンタジックだし、SF調だし、
全部のセットが豪華絢爛だし、
CG満載だし。
アクションも見ごたえあるし。
ストーリーも荒唐無稽だけど、ベースに忠臣蔵があるので
なんとなく筋が通っててそれも心地良いし。
でも何が良いって・・・
それはやっぱり日本人俳優が主役を張ってるところ。
なんかねー。
キアヌと渡り合う真田広之とか見てると
感無量な感じになるんだよ。
日本人も来るとこまで来たな的なね。
c0016407_832517.jpg

キアヌと柴崎コウちゃんが結ばれるだなんて~みたいなね。
c0016407_833829.jpg

なんつーか。
不思議な気分と、日本人として誇らしい気分とが
映画を通してずーっと満ち満ちてきて
とても幸せな感じになるんだよ。
なので。
クロネコはこの映画好きでした!

まー、あとはね。
やっぱハリウッドってば金あるねーってのが
随所にちりばめられてるから。
おお!すごいね!って感じで。
衣装とか全然和風から切り離されてて
琉球ですか?とか、
中国ですかね?みたいな気分になるような
デザインだけど。
それでもお金かかってまんなーってのが
見て分かるから、まあ所帯じみた気分にはならないし。
ほんとに。
この映画ってば和風ファンタジーだと思えば面白く見れるよ。

クロネコは菊池凜子ちゃんが好きでさ。
彼女がハリウッドで活躍してるのを見ると
とても元気が出てくるし、
勇気がわいて来るんだわ。
なので、今回も堂々と妖艶な悪女を演じてるのを
見れて単純にうれしかったなー。
と言いつつ。
菊池凜子ちゃんって声が変だよね。
クロネコ彼女のあの甘えたような子供っぽい声が
苦手でさー。
せっかく良い演技してるのになんであの声?みたいな。
声はとってもとっても重要だからね。
残念だよね。
宮沢りえさんもほんとに声が悪いから
いつも残念だなーって思うけど
菊池凜子ちゃんもひどいもんですわ。
でも。
アタイはドイツ語吹き替えで見ちゃったから
ある意味その問題はクリアされてて
かなりイメージどおりのドイツ人声優さんが
カバーされてたので大丈夫でした。
良かったー。
c0016407_824415.jpg


そんでもって。
浅野忠信氏の顔の演技がまた良くてさー。
浅野さんも俳優としてすごく好きなのよね。
吉良役の浅野さんの紫の衣装がすごく
似合ってました。
c0016407_82203.jpg


あとねー。
浅野内匠頭の役が。
これまたクロネコが大好きな田中泯さんでさー。
驚いちゃったね。
つーか、坂本竜馬嫌いって言っておきながら
NHKの竜馬伝は結構見てたんだよね。
だってあの大河はアタイの好きな俳優が
わんさか出てたし、プロデューサーも
ハゲタカの人だったからねー。
竜馬とかどうでも良いって感じで見てましたわ。
で、竜馬伝で田中泯さんが渋い演技を
されててねー。
あれ以来のファンなんだけど。
まさかのハリウッドデビューとはー!笑
けど田中さんだからこそ浅野内匠頭の
存在感を出せてたんじゃないかなと。
すばらしいキャスティングだよね。
c0016407_815295.jpg


この映画って奈良橋陽子さんが
キャスティングになってらっしゃるのかな?
確かそうだったよね?
奈良橋さんっていつもキャスティングが
良いんだよねー。
今後も期待大です!

柴崎コウちゃんは美しさを満遍なく
振りまいてました~。
あの目ヂカラはすごいよね。
キアヌもくらくらだったことでしょう~。
c0016407_86516.jpg


けど、この集合写真を見ると。
柴崎コウちゃんて意外と小さいのかな?
って感じよね。
それとも菊池凜子ちゃんが大きいんだろうかね?
c0016407_8807.jpg


このシーンの菊池凜子ちゃんは・・・
日本人的な見方をすると
立てひざでごはんを食べてて・・・
セクシーと言うよりは
凜子ちゃんてばお行儀悪いわね~って
感じだよね。笑
そんな気持ちでアタイは映画を見てました。
c0016407_891079.jpg


真田さん、若く見えるなーって思ってたけど
この写真を見ると、それなりだね。
でも映像だとさすがは元ジャパン・アクションクラブねー
って感じの切れのあるアクションで
抜群の存在感ー。
すごいです!
あのウルヴァリン・サムライでもかなり
アクションこなしてたもんねー。
年齢とともにレベルがあがってる俳優さんだなと。
c0016407_8105891.jpg


キアヌより真田の方が存在感あったからねー。
でもクロネコは元キアヌファンだから
いずれにしても楽しめたよ。
ちなみに。
アタイはずいぶん昔にキアヌに握手してもらったことが
あります!!
アタイもありとあらゆる追っかけをやってて
かなりの有名人と握手してるけど。
たぶん、今のところキアヌが握手した中で
もっとも有名な人かもー。
ちなみに場所はベルリン。
1996年だったかな。
キアヌは当時ドッグスターと言うバンドを
組んでて、アタイは友達とベルリンまで
見に行ったんだよね。
ショウが始まる前に、なぜか機械チューニングに
キアヌがじきじきにステージ上に出てきたもんだから
早めに会場に居たファンはパニックよ。笑
というか、そのバンドのファンって100%キアヌ目当てで
だったからね。(クロネコも含め)
アタイは当然最前列にいたので、即効キアヌに手を伸ばして
握手をしてもらったのでしたー。
そんでもって帰りがけに出待ちもしたんだけど。
サインもらったかどうかは忘れたけど、キアヌを囲む女子たちに
まぎれてアタイもキアヌに近づきにいったのよね。
したら女子の勢いがすごくてクロネコよろっとしちゃったのよ。
それを見たキアヌが「君大丈夫?」って言ってくれてさー。
ハートハートハート!って感じで。
いやー、今でも鮮明に思い出せるほど素敵な体験でございましたよ。
キアヌやさしいね。
あの時のキアヌはまだマトリックスを撮る前だったんだよね。
たしか・・・スピードでブレイクした後だったかなあ。
クロネコはキアヌ大好きだったんだよね。
今はもうぜんぜんだけど。笑
c0016407_8254259.jpg


そうそう。
この人↓が黒木メイサさんの旦那さんの元?ジャニーズの?(今も?)
赤西さんなのね。クロネコ今回初めて顔を見たよ。
つーかね、割と良い印象を与える演技の人でさ。
結構記憶に残ったんだよね。
で、あとで映画情報を調べてて赤西さんだとわかったという。
今後も活躍されるといいなーと。
c0016407_8285894.jpg


この映画でアタイが唯一なんだかなーと思ったのは
綱吉君のキャスティングかなー。
日系アメリカ人俳優のケイリー・田川・ヒロユキ氏が
演じてたんだけど。
この方いろいろ日本人役をこなされてるんだけど。
クロネコ正直・・・顔が受け付けないんだよねー。
そんなこと言って、ほんとごめんなさい。
将軍って顔じゃないし。
綱吉君の顔とか知らないけど、なんかイメージが合わないっつーか。
日系じゃなくて、ちゃんとした日本人俳優にやらせて
欲しかったなーと。
そういや、こないだ映画TEKKENもチラッと見ちゃったんだけど
あれにも出てたな。TEKKENはかなりしょうもない映画で
B級にもほどがある映画だったよ。
つまんなさすぎて途中で見るの止めたもん。
ま、とにかく将軍役は違う人にやってもらいたかったなというのが
アタイの感想です。
c0016407_8354827.jpg


あと。
ハリウッドが描く日本を題材にした映画あるある・・・
なんだけど。
なんかさー、絶対全身ヨロイを身にまとった系の
機械的な敵キャラが出てくるよね・・・。
あれ一体何なんだろ?っていつも思っちゃう。
外人が持つ日本の侍のイメージなんだろうかね?
日本の侍は生身の人間だからあんな機械っぽいのは
変な感じがするんだけどな。
まさに情緒が無いというか。
映画を台無しにするからああいうの出さないほうが良いのに
ハリウッド映画はどの映画にもぜったいあのキャラを入れるんだよね。
なんでー?!っていつも思ってます。
ウルヴァリンでも出てきたし・・・。勘弁してくれー!って思う。
c0016407_8465430.jpg


ま、そんなこんなのファンタジー忠臣蔵です。
どのシーンも壮大なところでロケをしてて、美しい景色~を
見せてくれるんだけど。(CGも多いけどね)
でもこのアメリカ人が頑張ってる日本風を目指した景色が・・・
どうにもこうにも中国に見えて仕方が無いと言う。。。
クロネコが見ると、「心底心の中が落ち着く景色だなー」とか
「日本人としてのDNAが喜んでる~」みたいな感慨は
まったく沸いてこないわけなんす。
「ああ、なんかどっか中国の景色っぽいなー」くらいの
感想しか出てこない。
やっぱ外人には和の情緒が見えないんだろうなあって
思います。
なんであれだけ巷にあふれ返ってる日本の映像や画像を見て
この色合いと景色が出来上がってくるのか・・・
それがアタイには理解できんのですよ。
80年代とかなら、まあ日本がどんなもんか知らない
外人が作るとなんちゃって中国風日本になるのは
しょうがないなって思ってたけど。
このご時勢でもこれですか?的なね。
付け焼刃な外人には中国と日本の区別がつかないんだろうかねえ。
でも日本に何度も行った事があるという欧米人でさえも
こういう映画を見て「日本風で良いねー」って言ったりするから
やっぱり彼らには日本ってこう映ってるんだってことになって。
なんだかがっかりしちゃうんだわ。
でもしょうがないね。
繊細さも何も無いというか。
情緒ってやつは日本人にしか無いものだそうだから。
大目に見るしかないんだなと自分に言い聞かすのみです。

最後のシーンを見て思ったんだけど。
結局のところ、この監督が描きたかったのは
ハラキリのシーンかなと。
田中さん演じる浅野タクミノカミも切腹させられるんだけど
最後の最後にあだ討ちを遂げた赤穂浪士47名が
切腹を命ぜられるシーンがあってね。
みんな白装束で桜舞い散る御白州みたいなところで
切腹を一気にやるんだけど。
映像的にアメリカ人なりにがんばってるな感がすごく出てるわけですわ。
なので、アタイはこのシーンを見て、ああ監督はファンタジー忠臣蔵では
この忠義を切腹と言うシーンで表現したかったんだなあ
と受け取ったワケデス。
それくらい力とお金のかかったシーンだなと。
真田さんがこれまたいい感じで演じきっておられます。

けどさー。
こんだけファンタジックに描いてる割には・・・
いっちゃん最後のクレジットみたいなところで
「12月14日には多くの人がいまだに自決した47人の墓参りに訪れる・・・」
って文章を出すもんだから。
おい、おい、おーい!って突っ込みたくなるのよね。
あんたあんだけSFチックに描いてて、何で最後の最後に
ノンフィクション情報入れちゃうのよ?みたいな。
頭の悪い外人が見たら、忠臣蔵とはこういう話なんだ・・・って
真に受けちゃうじゃないのよね。
んなわけ無いじゃん!!!ってこっちも毎回世界中を突っ込みいれて
歩くわけに行かないんだから。
ったく。
夢と現実をごちゃまぜにしちゃいかんよ。
ファンタジーはファンタジーのままにしてくれんとね。
とにかく・・・アホな締めになってるんで
最後の最後でヒザカックン状態になること請け合い。
c0016407_99539.jpg


とにかく。
クロネコにとっては、100%これはSFファンタジーアクション映画だからね。
だからこれで良いんです。笑
クロネコの映画評価は・・・
うーん、結構むずかしいな。
ファンタジー映画と言うカテゴリで評価するならば
☆☆☆の星3つかなあ。
あくまで忠臣蔵とは違うものとして見る!
これを忘れちゃいけないよー。笑
いよいよ次はハチ公に挑戦すっかなー。
気が重いなー。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2015-03-01 08:51 | 映画評 | Comments(3)