死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

テロがありました@ベルリン

クロネコは無事です~。

月曜の夜はのんびり自宅でネットしてました。
在トルコのロシア大使が撃ち殺された
動画を見てました。
あの基地外警備員が銃を振りかざしてるやつね。

またCIAにそそのかされてるバカなんだろうなと
思いながらね。
にしてもCIAはしつこいよね。

ダーイッシュに肩入れしてたエアドアン政権。
シリアの石油を火事場泥棒的に奪って
他の国に売りさばいて利ザヤを手にしていた。
それをロシアがばらす。
そこにCIAがロシアのせいにして、エアドアン暗殺を企てる。
寸でのところで暗殺情報を入手していたロシア側が
エアドアンに情報を教えてエアドアン命拾い。
このままだと殺されると思ったずるがしこいエアドアンは
その足でロシアに寝返る。
それが面白くないCIAは、トルコ政権とロシアの
仲を裂くべく、今回のロシア大使殺害を企てた。

ってところかなと。
ここでCIAは、
ロシアがトルコに報復するだろうから、
そこを正義の味方として連合軍またはトルコも加盟してる
NATOが登場してロシアをたたく・・・
っていう筋書きを書いてたのかもしれないけど。
けど。
そんな陳腐な筋書き今時書いたりするんだろうかね?
とアタイは思うんだけど。
だって。
クロネコでさえ見抜いてるほどの低レベルな
三文芝居もいいとこで。
そんなシナリオ、アタイが上官だったら
却下しちゃうけど。
なぜか。
なぜか。
こういう陳腐なストーリーがまかり通るのが
CIAなんだよね。
ハリウッドさながらの陳腐ぶり。

プーチン閣下はもちろんこんなの全部お見通しだから
トルコをたたくことは無く。
むしろ。
これを利用して別の技を決めちゃうんだろうなと。
そういう手が大得意なのがプーチン閣下だからね。
どんな技を繰り出すのか
ファンはワクワクしながら見守っておりますよ。
とりあえず、ロシアスパイが大集合かけられてる
みたいだよね。
わくわーく。

とか思いながら、殺されてしまった大使のことを
思ってたらの、ベルリンテロですよ。

8時半ごろだっけ。
友達からメッセが届いて。
クリスマスマーケット大丈夫だった?みたいなね。
なんのこっちゃ?
間違いメールかな?と思って。
念のためググったら、事件発生っすよ。

クリスマスマーケットか。
しかも。
戦争記念碑になってるカイザーヴィルヘルム教会の
クリスマスマーケットに突っ込んだとは。
これは。
キリスト教徒はやらない行為だよね。
とアタイは安易だけど思ったよ。

まあそのうち犯行は明らかになるだろうけど。

ポーランドナンバーのトラックは
盗難車だそうで。
助手席?に、死体があったとかで。
それは恐らく本当のドライバかなと。
犯人は犯行後、動物園のほうへ逃げてるのを
群衆の中にいた勇気ある人が追跡して
警察に教えて、逮捕されたんだけど。
なんと。
誤認逮捕だったとかで。
いまも犯人は逃走中。
つーか。
どこの誰だかもわかってない。
国籍も不明。
チュニジアのパスポートがトラックの中に
落ちてたとかって話を聴いたんだけど。
ぬわんと。
先ほど、どうやらこのチュニジア人を
指名手配したっぽい。
懸賞金10万ユーロが掛かってるよ。

彼は・・・ほんとにほんとに実行犯なんだろうかね?
って皆思ってるよね。
つーか、ダーイッシュが犯行声明出してるんだけど。
チュニジア人のこの24歳のアニールだっけ?
彼はダーイッシュなんだろうかね?
以前ドイツで難民申請をして却下されて
強制送還されてるとか言う記事もみたけど。
どうなんでしょ。
つーか、つーか。
普通そんな分かりやすいヘマやらかすかなあ。
あんだけトラックを暴走しておいて
そのトラックに自分の身分証明書を
忘れていったりする?
する?するかなー。
しないと思うなあ。
あんま記憶が定かじゃないけど
どっかであったテロ事件でも(パリだかニースだか忘れた)
あんときも実行犯がパスポートを忘れて
逃げてたよね。
ニースだったっけ?
となると・・・。
この事件自体が怪しい?!ってことになるわけで。
まさかまさかの偽旗作戦INベルリンじゃないよね?
もしかして?
あと2,3日もしたらどっかの陰謀論サイトに
偽旗でした~っていう暴露記事が出るんだろうかね?

ぬぬぬー。
この身分証明書を忘れて逃げた・・・
っていうストーリーがうそ臭く感じて。
しかも。
なんでチュニジア?みたいな。
なんとなく、中和性がある国といえばあるような。
イランとか、シリアとか、あっち系の国だったら
ドイツ国民が「難民出てけー!!」
って大騒ぎになるから、チュニジアあたりにしとく?
って選んだとか。
言う説も無きにしもあらずとかなんとか。

うーん。
真相やいかに。

一応、ドイツも狙われてますよのアピールとか?

偽旗とはいえ、犠牲者が出るタイプのやつかな。
クライシスアクターは使いまわししすぎて
世界中でばれてきてるから
本当に殺しちゃうっていうパターンかな。
ニースの事件はどっかの陰謀論ブログをみてたら
トラックがひき殺した割りにはきれいで
傷のつき方がおかしいって解説してあったけど。
そういう前例があったので、
ベルリンのトラックはじっくりみてみたんだけど。
不自然さは無かったかなー。

12名もひき殺されて。
おそらく大半は観光客かなと。
あの時間、あの場所に行く地元民は
ほとんどいないはずなので。
他にもっと見どころアリなクリスマスマーケットが
あるし。
そもそも月曜からクリスマスマーケットに
行くかなーみたいな。
週末ならもっと子供が殺されてたかもね。
危なかったね。

ちなみに明日木曜日から
この犯行現場になったクリスマスマーケットは
再開してるらしいよ。
テロに屈しません!的なね。
ベルリンは2度の大戦を生き延びてる街だぞ!
テロなんてへぼいわー!
みたいなね。

けど。
偽旗じゃなく、本当に実行されたテロ事件だとするならば。
なんかやり方がニースあたりからしょぼいよね。
人は亡くなってるとはいえ。
ヒラリーが失脚したから、
イスラムテロリストのスポンサーが
居なくなっちゃって
テロリスト側もあまり派手なことが
出来なくなったんだろうかね。
スポット的なことしかできないという。
爆弾とかお金かかるもんね。
ヒラリーが落選してほんと良かったよね。
あいつが次期大統領になってたら
今頃もっと大規模テロが起こってたよ。
おそろし。

チュニジア人が犯人だ!って当局は言ってるけど。
ほんとかどうか不明。
そんでもってそのなぞのチュニジア人は
まだドイツでうろうろしてるんだろうかね?
一応シェンゲン関連諸国に
手配情報をシェアしたみたいだけど。
そもそもチュニジア自体がシェンゲン加盟国だったよね?
違ったっけ?
だとしたら、余裕で今頃はチュニジアに
潜伏しちゃってるんじゃないの?
どうなんだろ。

ベルリンは、というかドイツは年末の大晦日に
街中で爆竹打ち鳴らして
花火三昧で大騒ぎになるんだけど。
去年はこの大騒ぎに乗じて、
難民がかなりの数のドイツ女子を襲った事件が
ケルンで発生したよね。
なんかしらんけども、ここ最近ケルン警察が
1年前のそのときのケルン駅前の映像を
公開してるんだよね。
何故今?
注意喚起?
それとも・・・アンチ難民の風を吹かせるため?
よくわからんが。
とにかく、年末の大騒ぎに関しては
クリスマスマーケットテロの比じゃないほどの
人があふれ出すから・・・
はたまたどうなることやら・・・
とラジオで言ってました。
警察も大変ね~。

けど、自粛はしないのがドイツ人。
テロに屈しない!みたいな風潮もあるけど。
そんな何百万人もの人が
テロにおびえて家に篭っててもね~
みたいな感覚なんだよね。
そんな全員がやられることなんてないし~
って言ってるドイツ人多数。
みんなあんま気にしないのね。

日本のアタイの友達なんて
気をつけて~
って心配してくれてるけど。
当のドイツ人などは気にしてないし
自分の年末の予定を変えるつもりは無い!
みたいなスタンスだよ。

すげえ。
すげえ。
ある意味尊敬。
それくらいパニックにならず
左右されない自分になりたいね。
どーんとね。
CIA&軍産複合体のせいで
欧州もすっかり物騒になったけど。
そんなもんに負けてはいけないぞ!とね。
やらせはせん!
やらせはせん!(←コレ分かる?玉蔵さんの真似。笑)

つーか。
アタイあさっての便で日本に帰省するんで
あんま関係ないんだけどね。
[PR]
by kuronekomusume | 2016-12-22 02:37 | 日記 | Comments(2)

困ったことがあったら言ってね~

うー。
風邪をこじらせてて・・・
1週間経つのに治らないという。
ぬぬぬ。
アタイの免疫力がダウンしてるのか?
いやいや。
結構ここんところ無理してたからなー。
そりゃ風邪も引くでしょうよ的なね。
ヘビーなプランをこなせたぜ!と
思ってたけど。
身体は無理してたんだろうねと。
おかげで風邪長引いちゃってるもんね。

けどまあ。
時には風邪を引いたほうがいいんだよね。
クロネコの健康自論です。
風邪を引かないのは体が鈍い証拠らしく。
そりゃまあ引かないにこしたことはないけど。
風邪を引かないくらい鈍くなってる人が
大病をわずらうという説があって。
これ割りと間違ってない説だなと
アタイは思っているのです。

とかなんとか。
そんな感じでオノレの風邪を正当化するアタイ。
それでいいのだ。
前向きバンザイ。

今日fbで見かけた良い言葉。
「難が無い無難な人生
難が有る有難い人生」
なるほど。
クロネコの人生なんか難だらけだわ~と
自分で思ってるんだけど。
それは有難いことなのね。
そっか、そっか。
単純なクロネコはこれまた前向きに
なれたわよと。
そんなもんです。

プーチン閣下についてアタイの思いを
書こうと思ったけど。
といってもたいした内容じゃないんだけど。
単に。
アタイは長年のファンなのに
なんかこう最近人気が出てきて
ワーキャー言われてるのが
面白くないわ~
とすねてるだけなんすけどね。
ま、そんなもんです。
でもそこまで書くパワーがまだ無いから
今日は違うことを書きます。

またまた病気ネタなんだけど。
面白い記事を見かけたので。
つーか!
まさに!
クロネコがココでも以前から主張してることを
きちんと研究してる方がいらして。
いや~。
クロネコの考えは間違って無かったわ~
と嬉しくなったのでね。

それは。
前からアタイが言ってる
「何か私にできることがあったら何でも言ってね!」
ってやつ。
これほどまでに無責任で、適当な発言は無いよな~
とアタイは思ってて。
すっごく自分勝手というか。
相手のことを思っているようでまったく思ってないのが
このセリフなんですわ。
「とりあえず相手を気遣った言葉を言えたし、
何でもやれるよってことを伝えてあるんだから
あとは相手が頼ってくるだけでしょ。
私はちゃんと親切心を出したわよ~」
って思ってる人が無意識に言うのがこれなんす。

もうね。
クロネコは闘病中にこのセリフを
日独両方から何度も聞いたよ。
特に女性がよく言う言葉でね。
そういえば男性は誰もこんなこと言わなかったなあ。
とにかくとにかく。
これほど無粋で何の役にも立たない言葉は
無いんだよね~
ってことを知っておいても損はないかなと
アタイは思うので、何度でも書いちゃう。

まさかこんな親切な言葉が相手を追い詰めてるとは
思ってないでしょ?
頼ってこないのは相手が助けを必要としてないからよ~
とか都合良く解釈してるでしょ?
そんなことを言ってるクロネコは被害妄想がすごくて
心がゆがんでるんじゃないの?って
思ったりしてるでしょ?
そんな悪気があって言ってるわけじゃないのに
何でクロネコはこのセリフを目の敵にするの?
とか思ってるでしょ?

まあ、仕方ないよね、そう思ったとしても。
うん、うん。
クロネコには分かるよ。
この言葉の重みを理解できない人がいることを。
なんでかっていうと。
それはあなたがガンに罹患したことが無いから。

そりゃ私はガンになったこと無いけど
家族や友人にガンになった人がいるから
多少は気持ちが分かるわ!
って人もいるかもしれないけど。

残念ながら。
自分が罹患してみないと分からないことって
あるのよ。
クロネコもそうだったからより分かるんだ。
アタイは自分が罹患する前に
ガンで母を亡くしてるからね。
母は30年近くガンの再発を繰り返して
闘病してたんだわ。
けど、クロネコね幾ら母のことを思っていて
心配してたといっても、
病気の人の気持ちとか
病気そのものについてとか
やっぱり他人事だったのよ。
それがわかったのは自分が罹患したからで。
これだけはやっぱり自分がその立場に
なってみないと分からないんだよね。

健康な人たちはわざわざ罹患してから
この気持ちを知るべき!とかアタイは思ってないのよ。
ガンなんてならないほうが絶対良いし。
むしろ無神経な言葉を言える立場にいるほうが
よっぽど幸せなことだからね。
けどさ。
もし万が一自分の大切な人がガンになって
しまった場合に、
自分は何が出来るだろう?
相手を励ましたいけどどうしたらいいんだろ?
相手を落ち込ませたり苛立たせることは
言いたくない!
って思ってる人がいるならば。
知っておいてもいいと思うんだわ。

だからアタイは書くのだ。

そして。
クロネコが闘病中に感じた気持ちは
クロネコだけのものじゃなくて。
かなりたくさんのガン患者が感じてることで。
それが証明されてるんだよ!
とも言いたくてね。

そんで。
これはガンという大病に対してだけじゃなく。
いつでも使えるポイントなんじゃないかなと
アタイは思ってて。
「何でもやるから助けが必要だったら言ってね!」
という無責任な言葉を捨て去って。
もし本当に相手を助けたいと思ってるんなら
自分に何が出来るかな?
と考えて、具体的に自分に出来ることを
考えて行動すればいいと思う。
相手に「これをしたいんだけど良い?」
って聞けばいいと思う。
本当に要らないなら、相手は
断ってくるはずだからね。

ちょっと押し付けがましいかもしれないけど
助けたいならそれでいいんじゃないかなと。
別に何かをしなくても
お花を持っていくとか。
そういう心遣いも出来るだろうしね。
はたまた。
闘病中の姿を見せたくない人もいるだろうから
顔を合わせずに済む方法を考えるとかね。
とにかく。
相手を思うなら考えればいいんだと思う。
で、行動すればいいんじゃないかなと。

東洋経済の記事には
「ガン患者に言ってはいけない言葉」
がほかにも書いてある。

・「調子はどう?」といってはいけない。
なるほどね。
確かにこれは闘病中の人には
言っちゃいけない言葉だろうね。
無神経極まりないからね。
だまってそばにいるだけで良いって書いてあるけど
まさにその通り。
クロネコはこれを聞かれたことは無い気がするな。
聞かれたかもしれないけど、
適当に流してたのかも。
覚えてないってことは、言われても
あんま腹は立たなかったんだろうなー。
つーか、クロネコ激ヤセしてたから
たぶんみんなあまり言えなかったのかなと。

・「やたら楽観的な言葉は逆効果」
考えすぎないで!とか
一緒に戦おう!とか
ぴったりの治療法が見つかるよ!とか。
そういう類の言葉も良くないみたいね。

アタイの場合はこういうとんちんかんな
お花畑コメントは聞き流してました。
分かってないなーこいつ~くらいの気分で。
でも実際分かってないからこういう無責任な
言葉を言えるんだろうなと思うんだわ。
一緒に戦おうって意味不明だよね。
まずがんは闘いじゃないし。
自分の問題だからね。

「今の医学は進んでるから絶対大丈夫!」
っていうのもあったな。
これは完全に医療制度プロパガンダに
だまされてる人が言うセリフ。
救急医療以外では医学とか進んでないからね。
医療マフィアの巧妙な手口は進歩してるけど。
無知な人間ほどこれを言う。
だからスルーしておけばいい。

そういえば。
「ネットで目にするのは悪い情報ばかりだから
そういうのは信じるな!」
って言ってきたドイツ人もいたな。
なんのこっちゃ?と思ったけど。
自分がそうだからといって相手もそうとは
限らないのに、何言ってるんだろ?
って思っちゃった。
たぶん彼はネットで最悪の情報を目にしたんだろなと。
で、そんなの信じるな!ってはげましてくれたんだと
思うけど。
見当違いもはなはだしいなと思ったので
もちろんスルーしたよ。
ちなみのその人は強力に抗がん剤治療を
勧めてきた。
ので、アタイとは違うものが見えてる人だったのよね。

そして。
・「お手伝いできることがあればは責任転嫁」
とのことで。
これは上述したのでここでは割愛。

ほかにも幾つか書いてあるので
興味のある人はごらんくださいませ。

ここで一点だけアタイが同意できなかったのは
「生活習慣病だから」といってはいけない
ってやつね。
というのも。
ガンは生活習慣病だからで。
(内部被爆とかは除く)
生活習慣病というのは別に間違ってはいないのよ。

ただ直接言うのは割とグサっとくるから
言い方を気をつけないといけないし。
タイミングも見計らわないといけないし。
改善策を知らないなら無責任に
言わない方がいいかもしれないよね。
アタイは時々ガンに罹患した人に
手紙を書いたりメールを書くことがあって。
でもその人の生活習慣は分からないから
自分が見直したところとかを
具体的に書くことにしてるんだわ。
それを読んで、
ああ!と気がついてくれる人もいれば
クロネコちょっと偏狭的だなあと
思う人もいるかもしれないし。
受け取り方はそれぞれなので
伝わる人には伝わればいいかなと
そんな感じで書いてる。

ガン患者は割りと傷つきやすい精神状態なのは
間違いないと言える。
アタイみたいに、誰かの言葉に対して
は?何こいつ?
と挑戦的な気持ちになる人はあまり
いないんじゃないかな。
とはいえ。
みんな傷つきながらも、相手の失礼な言動を
しっかり記憶してるんだよね。

ガン患者にそんなに気を使っていられないわよ~
こっちだって大変なんだから~
と思う人もいるだろうし。

アタイは自分の経験をもとに
「責任転嫁」しないように
自分にとって大切な人の役に立てるように
生きて生きたいなと
思ったのでした。
[PR]
by kuronekomusume | 2016-12-19 04:19 | 日記 | Comments(0)

一日の終わりのハッピーな出来事

プーチン閣下が無事に帰国されたそうで
何よりです!
セキュリティが一番の心配どころでしたからね。
(アタイにとってですけど)

そんなプーチン閣下来日に関して
アタイの勝手な考えを書こうかと思ったけど。
その前にどうでもいいネタを書きます!

つーか、今日のアタイの気分をハッピーに
させてくれた出来事がありましたんで。
ほんとしょうもない話ではあるんだけど。

今週のクロネコは珍しく風邪をこじらせてまして。
でも仕事休めないから
とにかく毎晩10時間くらい寝て
なんとか這うようにして仕事に向かってたんだけど。
なんつーか。
これ会社員時代なら完全に自宅で寝てたレベル。
それくらいの風邪でした。
なので。
いつもはチャリをかっ飛ばして仕事に向かうんだけど。
今週は車でした。
もうフラフラに近かったのでね。

仕事が終わって自宅付近に戻ると
ドイツ人たら帰宅するのがもっと早いから
どこも駐車スペースが無くってね。
ドイツは基本路上駐車でして。
アタイも路駐してます。
でも家の前の通りに空きなんてまず無い。
6時くらいに帰ってこないと無理。
7時だともうダメ。
そんなときは300mくらい先まで
行けば公園の脇に停めるスペースがあるので
そこまで行くんだけど。
荷物があるとブルーだし。
寒いとさらにブルー。

で、今日は戻ってきたのが夜の9時。
もう絶対無理よね~と思いながらも
一応アパートの前の通りを流してたのよ。
したらねー。
運良く男性が車に乗り込んでるところを
見つけて!
それもうちのアパートの目の前!
ラッキー!
今からどっかに行くんだね!
車出すんだね!
じゃあアタイそこに入れちゃうよ~
と思って、その人が車を出す邪魔にならない
ところに停めて、
方向指示器もチカチカさせて
待ってたんですわ。

したらね、したらねー。
不届き野郎が現れたんす。
クロネコの車の後方にチャララ~ンと
一台の車が停まってね、
そいつもこともあろうか
方向指示器をチカチカさせだしたんす。
え?
え?
えー!!!
クロネコが先に停まってるから
アタイに権利があるはずなんですけど!
なんなの、なんなの、
なんなのー!!!
と思って。
でもアタイも負けたく無いから
ガンとして動かず、
チカチカさせ続けましたよ。

その様子をアタイはペイントで描いてみた。
イメージ湧きやすいかなと思って。
もう、ここ読んでる人には
どうでもいい話よね。
でもクロネコにはどうでも良くないのよ!

ドイツは右側通行で。
なおかつ、ベルリンでは進行方向に沿ってしか
車を停めちゃいけない決まりになってて。
(デュッセルではどっち向きでもオッケーだった)

↓グレーがアタイの車ね。
右側の青い車が出ようとしてる車。
後ろの紫が不届き野郎だよ。
c0016407_5393998.jpg


もうね、夜の真っ暗な中、
バトル・オブ・パーキングスペースだよ。
負けたくなーい!
つーか、アタイの場所なんじゃー!!
不届き野郎よ、去れ!
と念じること数秒。
だけど奴は去らない!
このままだとアタイは負けるよね。
だって。
青い車さんが、ささっと進行方向に向かって
出ちゃったら。
後ろから来た不届き野郎がシレーっと
車を入れちゃえるワケで!
キー!
でもクロネコまだ諦めんぞ!

と思っていたら。
ぬぬ?
ぬぬ?
なんかバックミラー見てたら。
青い車の人が車の向きを変えだして。
進行方向じゃない逆側に車を出し始めたでは
ありませんぬか!!
ぬぬ?

c0016407_5443454.jpg


けど、クロネコこの時点でまだ良く事態を
把握できていなくて。
それより何より。
アタイは絶対譲らんぞ!
空いたらすぐ入れるぞ!
ガチンコ勝負じゃー!
くらいの気合を入れてるところだったんす。

まあ、物理的に考えて。
青い車の人が進行方向と逆に出て行ったから
アタイがスラーっと車をバックさせて
空いたところに停められたんすわ。
しかも!
クロネコったら。
縦列駐車なのに一発で決めたというね!
あのクロネコがですよ!
どんくさいクロネコが一発で縦列ですよ!
アタイの車は古いタイプで
バックモニターなんぞついてませんから。
自力よ、自力!
ってまあ、ちょっと前までなら当たり前のことだけど。
とにかく。
あのどんくさかったクロネコが縦列駐車を
一発で決められるようになってるってことに
我ながら驚きつつ。
そして。
c0016407_5475231.jpg


不届き野郎はナススベも無く・・・
去っていったのでした!
いえーい!
いえーい!
正義は勝つ!
ざまー!

とクロネコは嬉しい気分だったんだけど。
そこでやっと気がついたのよ。

これは・・・。
青い車のジェントルマン氏からの
クロネコへの思いやりが起した勝利だったことに。
くー!
くー!
なんという紳士っぷり!
クロネコ感動したよ。

つまりね。
この紳士も気がついてたはずで。

クロネコが先に来て自分が出るのを待ってるなと。
なのになのに。
図々しい不届き野郎がのこのこ現れて。
去るそぶりも見せず。
虎視眈々と自分の駐車スペースを狙ってる。
このままではあのドン臭そうなアジア人は
駐車スペースを不届き野郎に
かっさらわれることだろう・・・。
どうしたらいいんだ?

と、紳士は優しい顔で正義の思いに
満ち溢れていたに違いないんす。
ここは俺様がことの行方を握ってるんだ、
どうすべきか?
あのドンくさいアジア人を見捨てるべきか?
それともやはり最初の権利者が
停めるべきか?
とね。

そんで。
紳士はクロネコを見捨てなかったという!
すんばらしい判断をなさったという!
もうスタンディングオーベイション!
感動サウンド・ローランドだよ!
ありがとう、ジェントルマン!

てなわけで。
彼の思いを受け取って
とってもハッピーになれたクロネコなのでした。
不届き野郎は駐車スペースを探して
しばらくさまよったことでしょうよ~。
うふふのふ~。

ではおやすみなさい。
明日風邪が回復してたら
閣下への思いを書こうかな。
[PR]
by kuronekomusume | 2016-12-17 05:54 | 日記 | Comments(0)