死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

追っかけは悪なのか?

ワンオクの件を読んで。
なんつーか。
元追っかけとしては(ワンオクの追っかけじゃないよ、さすがにね)
う・・・・・・ん
と色々考えてしまったわ。

ワンオクというのは
ワンオクロックという日本のバンドの人たちの呼び名で。
森昌子&森進一の息子さんのバンドなんだよね。
日本でも大人気なんですかね?
そこは知らないんだけど。

欧州というか、ドイツでは
いわゆる日本好きオタクドイツ人の間では
そこそこ人気みたいで。
アタイはそっちの筋から(どんな筋だ?!)
ワンオクの存在を知ったんだけど。
曲は実は知らない。

そういうバンドがいるんだね~。
欧州ツアーとかやってるんだね~。
V系じゃないアーティストもドイツで
人気が出てきたんだね~。
ええこっちゃ、ええこっちゃ。

みたいな気分でいたんだけど。
そのバンドのTakaさんが海外遠征ツアーで
苦言を呈したとかなんとか・・・
というのが今回の騒動で。
対いちぶの日本からの追っかけファンに対して
海外ツアーで疲れてても写メを撮ってくるとか。
どこのライブ会場でも同じ顔ぶれが前方を
陣取ってるとか。
そういう内容で、ちょっと分かってくれよ的な
ことをつぶやいたんだとかで。

それを目にしたいろんな人が賛否両論を
繰り広げてるという。

なるほどなるほどー。

っていうか。
クロネコには
すんげえ耳が痛い話ですわ、正直。
なんせアーティスト側がそんなこと
言ってるわけだからね。
追っかけ側は傷つくよって話。

でも。
傷つかない行き過ぎた気分のファンも
要るんだろうなと推測できるわけで。
なんつーか。
おかまいなしというか。
みたいから行く!
行くからには最前列!
ほかの国のファンがどうだろうが
知ったこっちゃ無い!
ってやつね。

うーん。
うーん。
この気持ちもすっごくよくわかるんだなあ。
なんせ。
アタイもそういうことやってましたんで。

遠い昔、20年くらい前かなあ。
もっと前かも。
まだアタイが東京でOLをやっていた頃。
アタイの好きな日本のAというアーティストが
こともあろうかベルリンでライブをやることが
決定して。
その情報をキャッチしたとき。
アタイはお金もなければ時間もなくて。
ドイツなのに。
ベルリンなのに、アタイは行けない・・・
と悲しい思いをしたもんだけど。
のちのち当時のライブ映像なんかをみたら。
ドイツじゃ無名のそのバンドのベルリンライブには・・・
「日本人ファンしか来ていませんでした」
状態だったよ。
日本でもいまも一部の根強いファンしかいないと
思うんだけど。

つーか、当たり前だよね。
いくら日本で何十年もやってても
ドイツじゃ無名。
でもドイツでライブの話があって招聘されたなら・・・
バンドも行くよね。
けど格好が付かないと困るから
ファンがある程度は必要。
でもドイツ人は通りすがり程度でしか来ないだろうし。
主催者的にはどこの誰でもいいので
来てくれ~みたいなね。
で、日本から熱烈なファンが何千人か
ベルリンくんだりまで見に来ましたよ。
盛り上がりましたよ、よかったね!
みたいな。

まあ、このアーティストは海外進出は
毛頭考えてなかったっぽいので記念ライブ的な
感じだったのかなと。
だからそれでよいのかなと。

そんで別のケースだけど。

ドイツで知名度抜群のキャリアの長い
ドイツのパンクバンドがありまして。
メンバーも既に50歳くらいなんだけど。
彼らのことを知らないドイツ人はいない・・・
というくらい有名で。
だからといってドイツ人全員が彼らを好きか
というとそうでもないと思うけど。
彼らも一度日本でライブツアーをやってるんだよね。
単なるタイバンだったので
日本のすっごく無名なパンクバンドの前座を
勤めてたんだけど。
つまりミニミニツアー。
何でその日本のバンドだったのかいまだ謎だけど。
とにかく本家の日本のバンド自体が無名だから
ライブ会場も小さくて。
大阪、名古屋、東京。
確か東京はクアトロだったよ。

いくらドイツで人気と知名度があるからって
日本人はほぼ誰も知らないバンドだったから
そりゃあ日本人ファンはほとんどいなくて。
アタイと友達を入れても・・・
20人もいたかどうか。
そんな感じのアウェイ感だったんだけど。
ぬわんと、さすがに人気バンドだけあって
ドイツからちゃんと追っかけがきてたのよね。
30人くらいいたかなあ。
(もっと居たかも)
ドイツ人男女織り交ぜて。
全員パンクな感じの子達だったよ。

で、当時日本のライブではチケットに整理番号が
書いてあって。
整理番号順にライブハウスに入れるように
なってたのよね。
だから是が非でも若い番号を手に入れなくては!
と常にライブの際には気合を入れてたんだけど。
それは完全日本のルールで
ドイツ人には理解不能だったらしく。
ドイツでは早く来た人が早く並べて
早く中に入れていい場所を取れるっていう仕組みなので。
とにかく整理番号を無視して中に入ろうとする
ファンたちがいてね。
アタイらのほうが整理番号が先だったけど
「私たちドイツからきたの!どうしても最前で
見なきゃいけないの!」
と熱弁されて。
まあ、遠くから来てるんだし・・・と
譲った記憶があって。

でも考えてみれば。
アーティストとしては、アタイら日本人にこそ
見てもらいたかったはずで。
ワンオクと同じ考えだと思うのよね。
で、ドイツから来てる子達はいつも最前列を
とる子達だから顔は知られてるわけで。
それが日本でも最前列ですよって話で。

でも、当時のアタイらは譲りましたよ。
譲ったところで数が知れてたので
うちらも最前列取れたしで・・・。笑

とはいえ。
当時のそのバンドはガタガタ言わなかったのよね。
わざわざ自分たちを見るために
ドイツから来てくれたファンにも文句を言わなかったし。
むしろファンサービスをしてたくらいで。
あとはアタイら日本人ファンにも
優しかったしで。
そのバンドも日本進出なんて毛頭考えてなくて
記念的な感じでライブをやってたみたいなので
それでよかったんだろうなと。

そういえば、アタイこのバンドのファン全盛期に
モスクワまでライブを見に行ったことがあるな!
そんときも、日本ライブに来てた追っかけドイツ人ファンたちが
モスクワまで来てたよ。
お互い、あ~って感じになったもの。
でもこのときもバンドメンバーは何も言わなかったよ。
それどころか、わざわざモスクワまで来てくれて
ありがとう!的な感じだったよ。

アーティストというのは
こんぐらいの気概は必要なのでは?
とアタイは思うんだけど。
ビッグであればあるほどね。

で、アタイの追っかけの話だけど。
アタイはラムシュタインのライブに
たくさん行ってて。
大抵同じ場所を陣取ってるのよね。
何故なら自分が見やすいからで。
もちろん最前列だよ。
じゃないとチビなアタイにはステージが見えないからね。
ステージ向かって右側最前列がアタイのいつも
行く場所なのだ。
でもそれはラムシュタインに限らず
どのバンドでもそうなのよ。
左側はめったに行かない。
真ん中なんて命の危険があるから
絶対行かない。
つーか、簡単に書いてるけど、
ドイツのライブで最前列を取るっていうのは
かなりがんばらないと難しいんだよ。
開場の3時間くらい前から並んで
最前列の端っこが取れるかどうかくらいの競争率。
そんで、場所取り出来ても
ライブが始まるのは3時間後だから
それまで飲まず食わずで待つんだよね。
そんくらいやらないと最前列は取れない。

だから。
こっちも体張ってますんで!
って話ではあるのよ。
ま、ファンが勝手にやってることだから
アーティスト側は知ったことでは無いんだけどね。

でも海外のライブでは(欧州はどこでも)
努力すれば成果が得られる(最前列)という
制度にしてあるんだから
それに向かって熱烈なファンが努力をして
何がいけないんだ?って話だし。
アーティスト側がそれを嫌だと思うなら
整理番号制にすればいいんだからね。
でもそんなこと気にしてる海外アーティストは
アタイの知る限り一人も居ないよ。

アリーナ会場だとスタンディングエリアに
人を入れすぎると、ギュウギュウになって
激しく暴れる人になぎ倒された人が
圧迫死したりけがをする場合があるから
ドイツではある一定人数が入ったら
それ以上は入場制限が掛かるけどね。
遅く来た人はスタンディングでも後方にしか
入れないという。
柵で区切っちゃうのよ。
でもそれも、ファンにしてみたら
「早くこなかった自分がいけない」
っていう認識になるだけ。

とにかく、前で見たけりゃ早く来い!
後ろでもいいなら後からゆっくり来ればいい。
それだけなのだ。

なので。
努力してそれに見合った報酬(最前列)を
得るファンに対して、
いつも前に来るなって言うのは
まあまあ酷な宣告ではあるし。
日本以外の国だと
「あんた何言ってるの?」
ってアーティスト側が言われるのがオチ。
というか、そんなこと言われたら
ファンとしては生きていけないわよ。

そういえばね、10年くらい前に
クロネコ、日本のヴィジュアル系アーティストのライブを
ドイツで手伝っていたことがあって。
アタイの友達が現地のマネージメントをやっていたので
通訳手伝いをしてたのよ。
アタイは正直ヴィジュアル系には興味が無くて
音楽も特に好きじゃないんだけど。
でも日本人のバンドがドイツ人のガールズに
熱狂的に受け入れられてる様子を見るのは
かなり胸熱だったのよね。
すごいわ~って毎回感動してて。
でね、いくつかのバンドのライブを見てて思ったのは。
日本でも人気があるバンドは
やっぱり日本から追っかけてきてたファンが
居たのよね。
一つのバンドにつき10人もいなかったけど。
でも日本からちゃんときてて。
彼女たちはやっぱり最前列を取ってたよ。
だけどねー。
ドイツのファンもかなり熱い人たちだったから
最前列取りあい競争が激しくてね。
ドイツのティーンたちはライブの
1週間前から会場前で野宿して
最前列を取るために頑張ってたのよ。
もうアタイそれを聞いて&見て仰天したからね。
1週間野宿?
日本のバンドを見るために?
えー?!
みたいなね。
つーか、シャワーは?みたいなね。
臭うよね・・・みたいなね。
で、日本からの追っかけをものともせず
現地のガールズたちが最前列を占拠して
熱くライブを盛り上げていたのでした・・・。
す・げ・え。
ドイツ女子さすが。
むしろ怖いわ・・・。苦笑

ドイツ女子が異常に熱いともいえるけど
それくらい夢中にさせられる魅力が
ヴィジュアル系バンドにはあったとも
言えるわけで。
だから最前列はドイツ女子に占められていたわけで。
そう思うと・・・。
ワンオク人気はまだまだなんじゃないの?
と言えなくもないわけで。
ドイツのライブを見てないから
何とも言えないけど。
もしかしたらドイツではドイツ女子が
君臨してるかもしれないからね。

つーか。
アタイはいつもこんな人たちと
競争して、それでも負けずに最前列を
確保してるのね・・・。
そう思うと。
アタイもなかなかの戦闘力よね。
負けませんっ!
やらせはせんっ!
みたいなね。笑

話をラムシュタインに戻しますと。笑
アタイのラムシュタインファン友達で
身長が2m5センチの男子がいるんだけど。
彼はいつも真ん中最前列を取ってたらしく。
あるときボーカルのティルから
ウォッカをボトルでくれてやるから
最前列に立たないでくれって言われたんだって。笑
なんでも、彼がでかすぎて周りの女子たちが
彼に隠れちゃうからで。
ティル的にはでかい男をみながら歌うより
断然女子たちを見ながら歌いたいからとのことで♪
ウケルよね~。
この話を彼は自慢げに話してたよ。
俺、ティルに最前列禁止されてるんだよね~って。笑
ティルに覚えてもらえてる上に
ウォッカも貰えたなら、彼には名誉なのだ。
今では端っこ最前列でライブを見てるよ。

なので、言い方ひとつかと。
つーか、あしらいかたがさすがは
アタイのロックスター、ティル・リンデマンだよね!

アタイは、ラムシュタインではひとつのツアーの間に何箇所か
見に行ったりもしてて。
ファンにしてみりゃ、それ普通だからね。
そんでもって、時々アフターショウパーティにも
参加してるから。
バンドメンバーに顔も覚えてもらえてるんだわ。
クロネコもがんばりましたからねっ!

最初の頃は、何回も行って
とにかくメンバーに覚えてもらうんだっ!
って必死だったんだけど。
覚えてもらった後は・・・
何回も行ってて、このファンうざいなー
って思われてたらどうしよ・・・
とか。
またあいつだよ・・・
って思われてるかな・・・
とかウジウジ気にしてたけど。

今はまったく気にしない。
なぜなら・・・。
ラムシュタインのメンバーはそんなちっさいことを
いちいち気にする人たちじゃないからで。
どうでもいいくらいの感覚だと思う。
メンバーによっては、
お!って喜んでくれるし。
基本スルーされてるけどね。苦笑

そんでもって。
こういうことをしてるのがアタイだけでは無いというね。
ラムシュタインファン友達が何人かいるんだけど。
いろんな国の人たちで、ドイツ人より外人がほとんどというね。
(アタイも含めて)
でもアタイなんて足元にも及びませんわ~
ってくらい足しげく通うファンがたくさんいるのよ。
国をまたいで追っかけるから
時間とお金がすごく必要!
みんな社会人で自分の休暇はラムシュタインツアーに
注ぎます!みたいな感じ。笑

そーいや、一人かなり熱狂的なオバサンファンがいて。
50代後半のドイツ人女性。
彼女は以前あまりにも熱狂的に追っかけし過ぎてて。
既婚なんだけど、ツアーの追っかけ費を捻出するために
家財道具を売り払ったりしてたそうで。
色々痛いことをしまくるからとうとうライブに出入り禁止に
なっちゃったんだとかで。
でも数年で出入り禁止は解けたらしく
今は解禁されてるから、しょっちゅう会場で
見かけるよ。
っていうか、クロネコの知り合いだからね。
今は節度ある態度だよ。(狂ってる時代を見てないけど)

ほかのいろんな国のファンの子達も
いつも会場で会うから顔見知りになってて。
(みんな最前列だしアフターショウにも居るので)
彼ら、彼女らの話を聴いてると
アタイもまだまだね~って感じよ。
彼らは全ツアー(ヨーロッパ各国だよ)を
追っかけたりするからね。
で、彼らもメンバーに認識されてて
メンバーによっては、彼らが最前列にいないと
「どうして最前にいないんだ?!」
ってあとで確認してくる場合もあるしで。

なんつーか。
ラムシュタイン、心広すぎ!!!
って言う話ですわ。
やっぱね、ワールドワイドに人気があって
知名度があるバンドっていうのは
ツアー全部に来てるファンに対して
感謝しか無いんだと思う。

基地外とか、頭のおかしなやつとか
本物のストーカーとかもいるから
そんなのに比べたら、
純粋なファンはありがたいに決まってる。

行き過ぎたファンから追い掛け回される苦悩は
人気者だから誰しも経験してるはずで。
どこに行こうと顔が割れてるから
みんなに注目されてしまうとかね。
常に写真撮らせてくれ~とか
サインくれ~とか。
プライベートも何も無いと思う。
でもそれは通過儀礼だよね。
有名税というか。
当たり前のことだからね。

それを乗り超えて、やっぱファンはありがたい!
っていう心境なのかどうなのか不明だけど。
ビッグなアーティストは
普通に受け入れてくれる度量があるんだよ。
それくらいじゃないとワールドクラスの
人気にはなれないとアタイは思うし
バンドメンバーを見ててもそう感じる。
なんかちっさいこといちいち気にしてるようじゃ
ダメなのよね。
ラムシュタインはでかいよ。
体も心も!

だからこそファンはさらにメンバーをリスペクトしてるのよね。

そりゃあ傍若無人なファンもいるけど
そいつらは追っかけじゃ無くて
一回こっきり見に来ただけの人たちなのよね。
無礼な人たちにはそれなりの待遇が
待ってるけど
(ライブに出入り禁止とかラムシュタインの場合はあるからね)
一途なファンは無礼なことをしないし
わきまえてるから、
メンバーも許してくれるんだと思う。
で、その距離感がラムシュタインは
すばらしいなっ!て思うのよね。

ラムシュタインは各国のプロモーションを
レコード会社を使わず、ファンを使ってやってるんだよね。
なんせ広告宣伝費掛からないからね・・・。
ファンが情熱をもって自分のブログやフェイスブックに
情報をアップするという。
それで各国でラムシュタイン人気をキープするという。
その見返りとして?!運営を手がけてるファンの人は
ライブに招待されてるんだよね。
このギブ&テイクな感じも素晴らしいわと
アタイは思うんだよね。
かれこれ10年くらいはこの手法をとってるよ。

まあ、ラムシュタインファンは結構男性が
多いので、ワンオクの場合とは話が違うの
かもしれないね。
ワンオクを海外まで追っかけてるのは
たぶん女性ファンだろうなと推測できるので。

けど、ラムシュタインに限らず
ドイツの別のバンドでも、
何回も同じバンドのライブに行ってると
バンドメンバーに嫌がられるかな・・・
って思っていたときに、
当のバンドメンバーから
「それ普通だから」
ってあっさり言われて。
拍子抜けしたことがあるんだよね。
だから、何回見に行ってもいいんだ~
って気が楽になったのでした。

それくらいの気概がもてるように
なるまでには、
かなりアーティスト側も精神的に
追い詰められたり、
開き直ったり、
諦めの境地に達したり、
それはライブ活動の一部だ・・・と
思えるようにならないといけないのかもね。

でも世界のもっとビッグなアーティストは
みーんなそれを経験してるし
そんなこと気にも留めないくらいの
達観した人たちなんだろうなと
いうのはアタイにも分かるよ。

一生音楽をやりたいなら
ファンを大事にしないとね!

と、アタイは思ってしまうなあ。
でもバンドが嫌がること
はやってはいけないよね。
あくまでライブの最中のみということで。

なんてね!
アタイは日本に住んでた頃、
アメリカのバンドをホテルや移動の新幹線、
成田空港まで
追っかけたことがあるので。
あんま言えた義理ではないね。汗
しかもよく考えたら・・・
クロネコってば、ラムシュタインの住んでるベルリンにまで
移住してるじゃないのって説もあるし?!汗汗

なのにそれを生かしきれてないのが
ダメなファンでもあるんだけど?!
つーか、ベルリン暮らしが日常的になりすぎて
普段ラムシュタインのことなんて
すっかり忘れてるからね。
それに、あまりに日常生活(仕事とか)が
大変すぎて正直言ってここ3年は
ラムシュタインどころじゃないってのが
本音だったりもして。

でも時折、ほーんとたまーにだけど。
ああ、アタイはラムシュタインと同じ街に
住んでるんだなあ~、幸せなり~
と思うこともあるよ。

けど普段はすっかり忘れてる・・・。
ある意味ファン失格だね。
去年はライブに3回行けてラッキー!くらいの
レベルです。
気分が離れてるのかも。涙
アタイとしたことが?!
まさか?!
え?
え?
ほんとかな?!笑
今年ラムシュタインはフェスでのライブのみなので
遠くてさらに行けそうに無いけど
どうにか一度くらいはどこかで見たいなあと
画策中ではあるんだけどね。
次回がいつか分からないので
なんとかね。

いやー。
さすがにアタイはバンド追っかけ歴が長いから
エピソードがわんさかあるわ。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2017-01-30 02:50 | 追っかけ | Comments(0)

フェイクニュースとか妄想とか

最近はフェイクニュースなるものが
横行してるんだとかで。

何を信じれば良いのか、
アタイらシープルたちは
さらに混乱するね。

最近読んだのは。
2月からフェイスブックのドイツ語記事は
すべて検閲される
っていうニュース記事。
ドイツ語で読んだんだけど。
ほんまかいな~?!

と思ってドイツ人友達に言ったら。
「そんなの無いわよ~。フェイクよ~」
と言われた。
だといいんだけどな。

なんせ今年はドイツラントも
総選挙がありますからね。
アンゲラ率いるCSU/CDUが
どうなるのやら、わくわくしてるクロネコですが。
難民問題でしくじってるから
割と国民がむかついてきてる雰囲気で。
だからといって、ベイコクや(トランプ君大統領)
エイコクのような(BREXIT)
ことになるのはドイツ人的には避けたい感もあり。
隠れネオナチと言われるAfD党が
議席数を増やすのはドイツ人の知識層は
英米の二の舞だから避けたいはずで。
でも国民の半数くらいは恐らくは
インテリ層じゃないからどうなるか
分からない感じで。
とっても混戦になりそうで。

現政権がメディアを操作しようとも。
ネットでドカドカいろんな情報がダダ漏れになるから。
ここは食い止めねば!と現政権がフェイスブックを
検閲することにしたのかなと
アタイは思ったんだけど。
フェイクかもしれない。

どうなんだろね。


最近読んでるドイツ語ブログは
フェイクも含めていろんな情報がアップされてて
とっても面白いんだ~。
真偽のほどを確認するすべはアタイには
無いんだけど。
ドイツ語力もいまいちなんでね。

面白そうなタイトルがあれば
記事内容を読む・・・みたいな感じで。

興味深いのは。
ドイツ人もドイツ政府は金融ユダヤの手先として
一般国民から搾取していると書いてることで。
アンゲラはその手先として優秀な成績を
おさめてるとのこと。

どこぞの国の忠犬アベ公とあんま変わらないのね。

そんで。
こないだジョージ・ソロス爺が日本にきて
アソー君に会ったって記事を日本語で
目にしたんだけど。
ドイツ語ブログによりますと。
日本のあとか先か分からんけども。
ソロス爺はドイツラントにも来てるのよ。

爺さん、徴収先の国をまわってるんだー。
ってのがわかってなかなか面白い。

ジョージソロス爺はユダヤ系メリケン人の
投資家で。
爺さんはヒラ婆が大統領になれるように
巨額のバックアップをしてたとかで。
それ全部すっちゃったとか言われてて。

でもまあ、ヒラ婆の背後には
金融ユダヤのイルミナティがいるから。
いまだにしつこくアンチトランプキャンペーンに
お金をかけてがんばってるよね。
で、それに乗せられるシープル多数という。
そんでもって。
メディアはあっち側だから、今後もずーっと
トランプ君は攻撃され続けるだろうなと。

なんつーか。
別にトランプ君を擁護する気は無いけど。

レディガガやマドンナがアンチトランプデモとか
やりだしたら。
イルミナティの広告塔が動いてるんだ~
ってのがよく分かるよね。

彼女たちはすごく分かりやすい。

女性の権利を主張してるふりして、
国民を分断させるという役割を担ってるのかなと。
「分断して統治する」
だったっけ。
イルミナティの手法。

つまり、トランプ君もその一派ってことになるんだけど。

にしても。
イルミナティに魂を売ってるアーティストの多いこと。
っていうかほとんどのワールドクラス
ポップスターはそうだよね。
非常にわかりやすい。
マドンナがその代表。
マイケルジャクソンもそうだと言われてるけど
やつらに反抗しようとしたから殺された説があるよね。
ビートルズもそうだったと。
ジョンレノンがそれに反発してたから殺されたとか。

以前記事にも書いたけど。
悪魔に魂を売ったアーティストが一杯いるっていうね。
でも悪魔に魂を売ったから
世界規模で宣伝をしてもらえて
そのおかげで、田舎の野良猫だった
クロネコのもとにも届いてきた音楽があったわけで。
それがアタイにとってのデヴィッド・ボウイだったんだけど。
この記事を書いたときは、
悪魔ってかいたけど。
つまりはイルミナティのことで。
そんなのいまどきみんな知ってるよね。

ボブ・ディランも悪魔に魂を売ったと
自分で告白してる動画があるよね。
アタイはそれを見て、ああボブディランもでしたか・・・
と観念したんだけど。
希望とか捨てましたわ的なね。

でね、ノーベル文学賞だったけ。
あれをディランが受賞して、
彼は返事をしなくて授賞式も行かないとか
なんかちょっとニュースになってたけど。
アタイはちゃんちゃらおかしい話なのでは?
と思ってて。
だって、あっち側の人たちがあっち側の人を
選ぶ祭典がノーベル賞だから。
それを受賞拒否とか言ってる時点で
なんの寸劇だろ?!
って感じになるわけで。
悪魔に魂を売った人が、悪魔から表彰されますよ
って言ってたので。
ああ、そうですか、おめでとうございます~
とアタイは思ってたんですけど。
内輪で授賞式か~みたいなね。

クロネコの妄想だけど。笑

妄想ついでに。
悪魔に魂を売るアーティストについて
考えてみたんだけど。
アタイもしょうもないこと妄想してるよね。笑

クロネコの場合は、自分が好きな
アーティストに当てはめて妄想をしてるんだけど。

昔からアタイが好きなバンドとか
幾つかあるんだけど。
なんつーか。
突如急激に世界的に大ヒットするバンドが
あったのよね。
ブレイクと言ってしまえばそれまでだけど。

アタイは天邪鬼だから、急にブレイクして
誰もが聞き出すと、なんか面白くなくなるタイプで。
つまんなくなるというか。
と言いつつも。
アタイが耳にしてる時点でブレイク前とはいえ
そこそこ有名ではあるんだけど。
じゃなきゃ日本でライブとかやんないしね。

でもアタイが言ってるのはロック好きが知ってるレベルの
バンドが、誰もが知ってるレベルになるってことで。
それが面白くなかったといってるんだよね。

で、当時は、ああブレイクしちゃったかあ・・・
くらいの気持ちだったんだけど。
とはいえだよ。
ファンとして冷静な思いもあって。
あのバンドの音が何でここまでブレイクしてるんだろ?
みたいなね。
あのバンドそこまで一般受けする音だったかな?
とか。
ブレイクしてからのアルバムはつまらなくなったな。
とか。

そういう直感的な感覚が時々あったのよね。

で、妄想してみたんだけど。
アタイが思うに。
フーファイターズは、というかデイヴ・グロールは
イルミナティに魂を売ってしまったんじゃ
無かろうか?
ってことだよ。

なんつー言いがかりをいうんだ!
って思うかもしれんが。
アタイの長年の友達はアタイがどんだけ
フーファイターズファンだったかを
知ってるから、中傷じゃないのを
分かってもらえると思うんだけど。
ファンだからこそ分かる違和感ってやつよ。

つまり。
フーファイターズの音は一般受けする音では無いと
アタイは思っていたのよね。
別に自分が特別な音楽を好むとかそういうんじゃなく
単に一般的にはそこまで受け入れられないんじゃ
無いかなあと単純に思っていただけで。
なのになのに。
大ブレイクしたよね。
10年以上前の話だけどね。
でもそこまでブレイクするほどかなあ・・・
という思いが拭い去れないまま
クロネコもたまにしかライブに行かなくなり~
みたいなね。

アタイの中でフーファイターズはイルミナティですわ。
だからといって聞くのはやめないんだけど。

そんで次にアタイが思うのは。
グエン・ステファニー姐さんですよ。
彼女はもともと、ノーダウトというバンドのボーカルで。
アタイはノーダウトがすごく好きでね。
大ファンだったのですわ。
それがいつの頃からか。
グエン姐さんがパリピになっちゃってて。
ゴシップ誌のパーティシーンでお見かけするようになって。
あら?なんで?
と思っていたら、ソロでデビューしちゃって。
ポップになっちゃって。
クロネコ、アルバム買ったし今もよく聞くけど。
これは。
明らかに魂売っちゃった系だよね~と。
今もパパラッチされてるしね。
うん、うん。

そういう根拠の無い妄想を繰り広げながら
15年くらい前に買った好きなアーティストの
アルバムを聞くのもなんだか楽しいよ。

あとね、アタイが思うに。
スマパンのビリーコーガンは魂を売るのを
拒否した人なんじゃ無かろうか?
って気がしてて。
そりゃあんたがスマパン大好きだから
ひいき目にみてるんじゃないの?
と言われたら、
はい、それまでよ~♪って話だし。
その通りかもしれないけど。

スマパンは1999年頃解散したんだよね。
その解散理由が
「ブリトニースピアーズのように売れる曲を書けと
レコード会社に言われたのが嫌だった」
だったような。
なんかそういうことビリーが言ってた気がする。

当時それを目にしたアタイは、
「ちょっとビリー何言ってんの?
スマパンとブリトニーが同じようなジャンルのわけ
無いじゃない!そんなところと同じ位置に立たないでよ!
だから辞めないでよ!」
って思って悲しい気持ちでいっぱいだったんだけど。

今思えば。
魂を売れ。
一般的な曲を書け!
そうすればワールドワイドにブレイクさせてやるぞ!
と言われてたのかなと。
ビリーは偏屈だったのでそれを断ったのかなと。
で、スマパンは解散と・・・。
そのあと再結成してくれたけど。
世間の熱は冷めてて、ブレイク前の勢いさえ無くなって
ファンも減っちゃって。
今はほんとうにスマパンを好きな人しか
聞いていないと思うけど。
アタイはそれで良かったと思う。
下手な曲でブレイクして
空虚なアーティストとして君臨するよりも
ビリーの音楽を追いかけて欲しい。
と思ってる。

って。
クロネコよくもまあここまで妄想が書けるよね。笑
つーか、妄想なんだから自分の頭のなかに
とどめておきなさいよって話だけど。
なんか面白いなと思ったから書いてみた。

自分の好きなアーティストには
思いがつまってるから
妄想が炸裂しちゃうよね。

悪魔に魂を売るって書いてるけど。
別に否定はしてないんだー。
デヴィッド・ボウイで肯定してるように
必要悪かなとも思うので。

そしてそして。
アタイの愛するラムシュタインですが。
彼らはどうなんだろね。
アタイの個人的な妄想としては。
彼らはイルミナティに魂を売ってないと
思われます。
根拠は・・・特に無いんだけど。
単なる身びいき。笑
なんせ妄想だからね。

話があっちこっち飛んでしまった~
ではおやすみなさい。
[PR]
by kuronekomusume | 2017-01-25 07:13 | 日記 | Comments(1)

壮大なコメディショウなのか?!

なんか。
話題になってたからメリルストリープさんの
受賞スピーチ動画を日本語字幕つきで
見たんだけど。

最初話題になってるのを見たとき、
「ああ、またあちら側がトランプたたきを代理で
やらせてるんだね」
と思ってて。
なのでスルーしてたんだけど。

なんかあまりにしょっちゅうフェイスブックに
リンクがシェアされるから
見ちゃったのよね。

で、見て思ったのは。

やっぱメリル・ストリープってばこういう演技
やらせたら一流だね!
ってことかな。

いやまあ、普通に考えたら。
あの内容をスピーチの場で言ってるのは
すごいことだと思うし。
身体障害がある記者をバカにして
差別的な動作で笑いものにした
トランプ君を、強く非難する姿は
美しいわー!
と感動を覚えるのが普通の反応で。
アタイも感動したんだけど。

なんつーか。
映画のワンシーンみたいだなっていう
感動だったというか。
気がしないでもないというか。

そりゃまあ。
誰がどう考えてもトランプ君の
差別行為に非があるわけで。
いくら記者がトランプ君を非難する記事を
書いたからといって
それに対抗するために身体障害者の真似を
公共の場でやってしまうのは
人間としてどうなのよ?!って話だからね。
これはもう最低の行為ではあるよ。
つーか。
普通そんなことするか?って思うよね。
そういうところがなんというか・・・
トランプ君の人間性の低さというか
下品さをあらわしてるし。
自らそれをやってしまうところが
どうにもこうにもダメ人間だなって感じだよね。

さすがにあれはアメリカ人たちは
うわー、こんなのが次期大統領なのかよ!
って思ってるに違いないよね。
でも。
アタイが思うに。
あれが今のアメリカ人の平均的な民度
なんじゃなかろうか?って気もするよ。
残念だけどね。

「その国の政治家はその国の国民を
反映してる」
って言うでしょ。

つまり。
アベシンゾーはトランプ君よりも下衆で
無能でうそつきでバカで最悪の人間で。
全日本人の敵なんだけど。
それは大半の今の日本人を民度を反映している・・・
ってことになるわけで。
ああ悲しいわ。
リベラル気取ってるアメリカ人がトランプ君を
嫌悪してるのよりも、もっともっとアタイは
アベシンゾーを憎んでるし嫌悪してるよ。

話を戻すと。
メリルストリープは、大女優だけど
というか大女優だからこそアタイは彼女の発言を
そのまま受け入れることが出来ないんだよね。
だって。
ハリウッドは誰が牛耳ってるのよ?って話。
ユダヤでしょ?
やつらは戦争プロパガンダとして
ハリウッド映画を利用してるんだよ。
こんなの陰謀論でも妄想でもなんでもなく
歴然たる事実。
もういまどき皆知ってるでしょ。
で、その広告塔としてプロパガンダを
世界中に撒き散らす手助けをしてるのが
ハリウッドの俳優さんたち女優さんたちなのよね。
アタイは彼らに自由な発言なんてあると思えない。
そんなことしたら命に関わるでしょ。

クロネコは映画が大好きだし、
プロパガンダだと分かっててても
ハリウッド映画好きは変わらない。
役者さんの演技も素晴らしいと思ってる。
純粋に演じてるのが分かるしね。

で、そのユダヤの手先である大女優さんが
スピーチでトランプ君を非難したら。
しかもすごく感動的な言い方で
スピーチとかしちゃったら・・・。
それ本当にピュアに信じられる?
アタイは無理よ。
なぜなら心がゆがんでるからで。
目がくもってるからで。

というか。
演出あるでしょ!
としか思えない。
彼女のスピーチがどれだけ世界に流されるか、
どれだけ影響が出るか。
テレビで映してる側が気がつかないはず無いよね!
っていうか絶対分かっててやってるでしょ?
メリルストリープだけじゃなく、主催者側も。

と、アタイは思いました。
ひねくれてるかもしれんが。

にしても。
すごい大成功だったよね。
世界中の人はあれを見て
メリルストリープすごい!
トランプはクズだ!
って思っただろうし、
トランプ君が記者をばかにした行為を
知らなかった人にも(たとえばアタイとか)
マイナスのイメージを与えることに
成功したわけだから。


彼女のスピーチ全文を見てみたんだけど。
メリルストリープがスピーチ内で

権力者が公の場で本能の赴くまま人を侮辱する見本を示したら、
国民はどう思うでしょう。
みなやっていいと思うのではないでしょうか。
侮辱は侮辱の仕返しを呼び、暴力は暴力を呼びます。
権力者がその立場を利用して弱い者いじめをする社会には
勝ちも負けもありません。
全員ルーザーです。

とまずいってて。
ここは誰の心にもすごく訴える内容で
素晴らしいことを言われてるよね。
クロネコもその通りだと思うし、
ぐっときたよ。
というか。
それアベシンゾーにもそのまま言ってやりたい
内容だよね。
というか。
どっちかというとトランプ君よりアベシンゾーに
ぶちかましてやって欲しい内容だよね。

でね。
ここまでなら、アタイもうん、うん!
って純粋な心で彼女を支持できたんだけど。
次に・・・


そこで記者のみなさまの力が必要なのです。
権力の番犬、横暴を叱責する力。それが必要だから、
建国の父は報道の自由を憲法に定めたんです。
ハリウッド外国人記者クラブと業界のみなさまもぜひ
「ジャーナリスト保護委員会」の支援にご協力をお願いします。
この先、真実を守り抜くためには彼らの力が必要だし、
彼らも私たちの力が必要だからです。

って言ってるんだよね。
え?
え?
って感じじゃない?
違和感感じない?
感じないとしたら・・・ま、それはそれでいいんだけど。
なんというかさ。
これをもしメリルストリープが対ヒラリー陣営に
言ってたとしたらアタイは拍手喝采だったよ。

と思ったら。
それは無いね。
絶対無いね。
なぜならば。
この障碍者をバカにするトランプ君の映像を
ヒラ婆は自身の選挙キャンペーン映像に
使ってたからで。

なーんだ。
なーんだ。
やっぱりメリルストリープはヒラ婆サイドじゃないの。
しつこくヒラ婆陣営は刺客を送ってくるんだね。
決定だよ。
やらせだよ。
このスピーチはヒラ婆のトランプ君批判リマインダに
すぎなかったね。

あと。
考えてみると分かると思うんだけど。
大統領選挙前はアメリカも日本もドイツも
どこもかしこもメディアはヒラリー推しだったでしょ。
トランプ君たたきをずっとやってたでしょ。
何で?
誰が?
フェアじゃなくない?
ってやつよ。
まさに、メディアがやってたんだよ。
誰かが金を払っていたからなのか。
それともその上の誰かがヒラリー傀儡を利用して
一儲けを考えていたから
メディアを操作していたからなのか。

いずれにしても。
西側諸国、先進国のメディアは
ユダヤにコントロールされてるんだよ。
そんで大統領選挙でも
メディア操作が行われていたのは
確実で。
で、そのメディアの人たちに
「報道の自由」を訴えてるわけで。



は?
って感じじゃない?
そんなもの・・・存在しませんけど?
って感じじゃない?

でも。
メディアで民衆をコントロールしようとしてる
支配者側は(イルミナティとかね)
再度、ハリウッド女優を使って
「報道の自由」というイリュージョンを
演出してる・・・
と取れなくも無いよね。

クロネコ・・・
深読みしすぎ?
思考がゆがんでる?

それともそれとも。
本当に純粋にメリルストリープは
受賞スピーチの場を借りて
下品で悪辣なトランプを賢く批判することで
報道の自由を確立して
アメリカを救いたい!と思ってるんだろうかね?
どうなんだろ?
だとしたら・・・。
それはそれで痛々しい気がしないでもない。
けど。
だからこそ、あちら側にしてみたら
扱いやすいコマだなと
思われてるのかもしれないし、
だからこそ受賞に結びついてるのかも
しれないし?
いやー、あれ本気でやってるんだとしたら
逆にメリルストリープは完全アウトだよ。
古い人だよ。
現実が見えない人だよ。

ああ。
またうがった見方をしてしまったわ。
クロネコにはメリルストリープのような
純粋さがまったく欠けてるね。

この大女優のスピーチに対して
トランプ君がツイッターでレスをしてるのがまた
香ばしい感じで笑えるよね。

なんか・・・
ここまでくると。
茶番というか。
両方ともわざとやってる?
って気さえしてくるよね。
壮大なコメディショーをハリウッド女優まで使って
世界に見せてくれてるんだとしたら。
なんか。
楽しませてもらいますわ!って感じだよ。
もうアタイの立場だと笑うしかないし。
どっちもどっち的なね。

にしても。
クロネコってばうがった見方にもほどがあるでしょ。
純粋にメリルストリープ劇場に
感動してた人たちには
むかつかれてそうね。
でもいいのだ。
物事はいろんな視点で捉えたほうが
面白いからね。
見せられてるものをそのまま信じるのも
自由だし。
演出を疑うのも自由。
見せられる側、受け取る側にも解釈の
自由がありますから。

それはそうと。
最近ドイツ語の暴露系ブログを見るのに
はまってて。
結構おもしろいんだよね。
メディアはキレイごとばかり書いてるし、
というかドイツメディアは日本同様アンゲラ政権に
気を使って切り込んだ表現はしないし。
タブーなことには触れないし、
陰謀論なんてもってのほか。
なので、ブログで自由に時にはちょっと
差別を助長するんじゃ?的な内容も多いけど
そういうブログをいくつか見てるんだよね。
なるほど~みたいな感じで。

で。
クリスマス前にあったベルリンテロの事件は
そういうブログによると
いわゆる偽旗作戦のようでして。
いろいろブロガーの人たちが
テロにしてはここがおかしくないか?
と矛盾点を動画や写真を使って
証明してるというね。

ここ最近欧州で起こってるテロに関しては
いつもテロ現場に犯人はIDカードを
忘れて逃げてるとか。
そういうまとめを読むと・・・
すごく面白いよね。
テロの被害者の身元がほとんど明らかに
されないとか。
テロがあった割りに、血が飛び散ってないとか。
救急車はとまってるけど、怪我をした人が
まったく担ぎ込まれてる様子が無いとか。
そういう内容。

興味深いねー。
でもそんな話は表には出てこないよね。
テロとの戦いに気をつけないといけないからね。

ISISはCIAが支援してた!
って今日あのねずみ男よりも最低な男代表の
トルコのエアドアン大統領が発言したみたいね。
うける。
つーか、おまえもだろ!みたいな突っ込みが
全方向からくるよね。
ついでにクルド系も絡んでます!って
言ってるけど。
それはあんたがクルド系をついでに処分したいから
なんじゃないの?感があったりなかったり。
クロネコは個人的にクルド人が嫌いなので
クルドのかたなんて絶対持たないけど。
だからといって、トルコも嫌いなので
そっちもくたばってくれと思ってて。
要は。
CIA、トルコ、クルド、イスラエルが
一緒に潰れてくれたら面白いなって
思ってたりするだけです。

にしても。
メリル・ストリープ・・・・。
どうなんだろうね。
純粋だとしても、ハリウッド女優って時点で
信用度無いに等しいからなあ~。
ハリウッドとはそういう世界だからね。
にしても。
敵はしつこいね。
粘着質だね。
[PR]
by kuronekomusume | 2017-01-11 07:07 | 日記 | Comments(2)

今年もどうぞよろしく

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますねー。
ぼちぼち更新ではありますが。

クリスマス前から年始まで日本に帰省してたんだけど。
12月9日からひいてた風邪が治りきらず
風邪と戦い続けた帰省となってしまった・・・。
マジ最悪でしたわ~。

熱は無く。
咳きと鼻水がすごくてね。
機内で咳きをするとうるさくてほかの人の
迷惑になっちゃいかんなと思ったので。
もうここは。
ケミカルを体内に入れましたわ。

アタイ基本風邪薬は飲まないようにしてて。
あれ石油化学物質でしょ。
身体の治癒力を邪魔するしーと。
かれこれ3年くらいは避けててね。

でも今回の風邪はすごくてさ。
そんなこと言ってらんないくらい
強烈だったのよね。
なので。
もう今回は頼りました。

けど、やっぱ本当は良くないよね。
咳きとか、鼻水というのは
身体が治そうとしてるわけで。
それを薬で抑えるということは。
風邪対身体の闘いを邪魔してるわけで。

ま、飲んじゃったんだけどね。

機内は乾燥してるから
マスク着用してたにも関わらず
咳きを抑えるのが大変だったよ。
咳止めシロップを飲んだり。
咳止めトローチをなめたり。

羽田についてからも
体調いまいちだったけど
友達と会う予定だったので
出かけてね。
んで。
おしゃべりしてね。
喉の痛み悪化・・・。
というね。

翌日高松に飛んで。
そっから毎日予定がはいってて。
おばあちゃんに会いに明石へ行ったり。
友達にあったり。
んで、毎回おしゃべりするから
喉をまた痛めて。
咳き止らず・・・。
薬飲む。
の繰り返しで。

なんとか咳きと鼻水はケミカルパワーで
押さえ込めたんだけど。
そしたら今度は。
熱が出た。
ひー。
身体がケミカルはやめて~って
いってたのかもね。
でもやめずに飲み続けたんだけど。
だって。
せっかくの日本なのに、ぜんぜん
体調が思わしくないし。

なんといっても!
食欲がまったく無くてねー。涙
せっかく美味しい魚料理を食べる機会に
恵まれてたのに。
まあ、味は分かったし美味しかったんだけど。
問題は量が食べれなくてね。
なんか必死に食べる感じで。
そういうの・・・
違うよねー!

最終的にはお腹も下しちゃったし。
12月31日にやっと体調が戻ったというね。

けど体力がいまいちで。
1月3日の便でドイツに戻ったけど
ずーっと食欲が湧かないままでね。
悲しいー。
せっかくの日本なのにー。

お餅もいっぱい食べたかったのに
2個食べるともう胃もたれしまくりで。
いつものアタイじゃないわ!
って感じで。
仕方ないので、ついたお餅は
ドイツまで持って帰ってきたよ。

ルフトハンザだったんだけど。
機内食はアタイはヴェジミールにしてあるんだけど
ものすごくまずいのよね。
なので。
アタイの好きな羽田国際ターミナルにある
にんべんで、出汁オニギリとお惣菜を買って
乗り込んだよ。
けど。
体調不良のせいなのか・・・
出し巻き卵の味が強すぎて
以前感じたほど美味しい!と思わなくてね。
または味付け変えたのかな?
なんかちょっと残念な感じがした。
出汁オニギリはすっごく美味しかったけど。

あと隣の梅園で、ワラビモチと
イチゴ大福も買って機内に持ち込んだ。
セキュリティチェックで取り上げられるかなー
と思ったけどセーフだったよ。

でもこれまた体調不良のせいか・・・
せっかくの大福とワラビモチも
食べることは食べたし
美味しかったけど
胃腸がダメだったみたいで
気持ち悪くなっちゃった・・・。

かつ。
ミュンヘン便だったんだけど。
ミュンヘンからベルリンまでの便が
恐ろしくゆれまくって。
もう吐きそうになるくらい横揺れがひどくて。
完全に乗り物酔いしちゃったというね。
隣の座席に白人の変なおばあさんがいて
英語で話しかけてきたけど
完全にシカトしておいたくらい。
あんたとしゃべってる余裕は無いのよ!って
感じでね。
顔もみずに知らん振りという。
そしたら反対側にいた中国人の女の子に
話しかけてたので、クロネコ助かったんだけど。

ベルリンに到着してからは
フラフラしながらタクシー拾ったら
これまたタクシーで酔いが最高潮に達しってて。
吐くかと思ったよ。
でも2時間以上は何も食べてなかったので
出すものもなく。
セーフでした。
ほんとなんとか家にたどり着いたけど。

体調悪いといろいろ不調をきたすね。
風邪は万病の元だわー。

ベルリンに戻ってから二日目くらいに
やっと食欲も出てきて、体力が戻ってきて
今は元気になってきたよ。
元気になると身体を動かしたくなるみたいで
先週土曜は雪が降ってたのに
1時間も歩いちゃったよ。
なぜに無理やり雪の中を?
って感じだけど。
なんか動きたかったのよね。
今日も寒い中、ちょっと歩いちゃった。
寒いときって歩くの気持ちいいんだよね。
空気が澄んでていい気分になるのだ。

それはそうと。
日本滞在中思ったんだけど。
アタイの体調がいまいちだったからだと
思うんだけど。

なんか。
ドラッグストアとかスーパーとか
商品のパッケージがギラギラし過ぎて無い?
なんかどれもがギンギンな色合いで
パッケージ自体がアピールし過ぎてて。
もう目が疲れる、疲れる・・・。
何なんだ?!って感じだったわ。
情報過多というかね。
ドラッグストアなんて特にコスメも
薬の棚もどこもかしこも
ギラギラだし、
お店のポップがまた文字だらけで。
目が疲れるわー!
がちゃがちゃし過ぎなのでは~
って思ったんだけど。

アタイが過剰反応しすぎなのかな?

みんなあれが普通なのかな?
コスメは以前からギラギラパッケージだけど
洗剤とかそういうのまでギラギラで
やりすぎ感がすごい気がしたんだけど。
どうなんでしょ。
みんなあれを見ても平気なのだとしたら
すごいなーと思っちゃった。
アタイはきらきらビームにやられて
本来買わないといけないと思ってたものさえ
買うのを忘れて帰ってきてしまったというね。

あとテレビもすごいね。
アタイ普段テレビを見ないから、
昨今の高画質テレビの映像にはこれまた
目がクラクラしちゃって。
テレビカメラが高性能すぎるのもあって
出演者の顔がもう微にいり際にいり
映し出されてて。
そこまで見たいと思ってないのに~みたいなね。
老化してる人とかもう見るのに耐えないわ~
って感じだったな。
若くてきれいな子でも肌があれてると
カメラに映っちゃうから大変よね。
そんで。
いろんな番組の背景がCGになっててて
ニュース番組とかもそうだけど。
そのCGの色合いがまたギラギラしてて
目が疲れるわ~と思ったのでした。

クロネコ・・・どんだけ文明に弱くなってしまってるんだ?
って感じよね。
でも久々にテレビを見たら疲れたのでした。
あと画面に文字がいっぱい出てくるから
それを読むのも大変よね。
なんせテレビ画面も大きいから
全部を把握するのが大変!
情報が多すぎるんだねー。
クロネコすっかり非文明の人だよ。

あとまた食べ物の話に戻るけど。
クロネコ普段粗食だから
突然ごちそう三昧になって
胃腸がついていかなくて
これまた大変だったよ。
風邪気味だったのもあるけど。

フレンチを一度ご馳走になっちゃって。
アタイはフレンチは嫌いなんだよね。
何故なら絶対乳製品を料理に使ってるからで。
乳製品を嫌いなアタイには難しいのよね。
口は大丈夫だから美味しくいただいたんだわ。
けど・・・やっぱあとで胃腸への負担がね。
なんか調子が良くないというか。

あと、油もダメだったなー。
これは体調が悪かったからだと思うけど
外食でオリーブオイル以外のオイルだと
あとで胃腸がこれまたいまいちで。
気持ち悪くなるというか。

そんで。
1年近く小麦絶ちをしてたけど
さぬきうどんを食べたり、
お好み焼きを食べたり、
小麦をいろいろ食べたんだけど。
ぼうまんかんみたいなのがあってね。
やっぱいまいちでしたわ。

とはいえ。
それもこれも風邪をひいてたせいかもしれなくて。
どっちなのか不明です。

なんだか。
せっかくの日本滞在だったのに
いまいちだったのが心残りだなーと。
途中、「はやくベルリンにかえりたーい!」
って思ってたし。
クロネコってば・・・。

次回帰省時は絶対にばんぜんの体制&
体調でのぞみますわ!
いっぱい美味しいものを食べるぞー!と。
リベンジです。
[PR]
by kuronekomusume | 2017-01-11 05:53 | 日記 | Comments(2)