死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

映画

最近結構映画を見てます。
でもハズレも多いですね。

めちゃくちゃ面白いのがカンフーハッスル!!
これ最高!笑いすぎて涙が出て
笑いが止まらなくてお腹が痛くなった!
こんなに面白い映画見たの久しぶり!
と思って同じ監督の「少林サッカー」や
「食神」なども見ましたけど・・・。
正直面白くない。
カンフーハッスルが大当たりだったってわけですね。
これ以降の作品に期待します。

ミスターインクレディブルも見ました。
映像キレイで親子愛でなかなかディズニーにしては
よかったです。
見て損は無いです。

ハウルの動く城。
待ちに待った宮崎映画でしたけど・・・
正直期待が大きすぎたみたいです。
いい作品だとは思いますけど、
「千と千尋の神隠し」を見た時ほどの
衝撃は無かったですし、
ヨーロッパ調の街並みがイマイチでした。
登場人物も千と千尋・・・に近い感じですし、
作品に新しい風が感じられなかったような・・・・。
後はハウルの声がキムタクっていうのが
どうしてもダメでした。
確かに普段テレビで見るようなイメージとは
違いましたけど、
でもやっぱりこれはキムタクの声なんだ・・・
という現実を忘れさせるには至らず・・・。


ここからはビデオです。
「丹下左膳」見ました!最高の作品です!
これは素晴らしいです。
映像だけでなくストーリーも最高で、
ホロリとさせられるだけでなく、笑わせてくれますし、
もう登場人物がカワイすぎ!
ヤス坊っていう男の子も超カワイイんですけど、
トヨエツの左膳がもう最高に最高にキュート!
可愛すぎ!そんでもってかっこよすぎ!
着物姿がセクシー!!!
というビジュアル面だけでなく内容も最高っす!
これはマイベスト入りです!

「今日の出来事」
期待していたほど面白く無かったですね。
伊藤歩ちゃんが出てたのに、
彼女の演技力じゃなくても良かったんじゃないの?
というレベル。
関西弁の女の子のかわいさはにじみ出てましたけど、
田中麗奈ちゃんとのぶりっ子演技が
段々見る気を失せさせる感じでした。
最後まで見ても何も残らない映画。
多分そういう映画を撮ったんだとは思いますけど・・・。
ユキサダ監督ってGOは見てないですが、
それ以外を何本か見ました。
でもどれもイマイチ。
この方の本当のすごさがまだまだ
全然分かっていない私です。

「恋愛写真」
大好きな堤監督の映画に松田龍平君が
出てるってだけで、相当楽しみに
してたんですけど・・・。
これ全く私の好きなポイントが無い映画でした。
監督は何が撮りたかったのかイマイチ分からず。
ストーリー自体も好きじゃないです。

「花とアリス」
やっとやっとDVD借りれた!
劇場公開も見たんですけど、これ最高!
やっぱり岩井俊二映画は最高ですね。
本作はあまり男の人は好きじゃないと思いますけど、
女の人は好きだと思います。
キットカットのウェブ映画の時から見てましたけど、
映画になったらほぼ蒼井優ちゃんが主役?
という内容に変わってて驚いた覚えがあります。
蒼井優ちゃん好きとしては本当にうれしい限り!
余りのカワイさにさらにさらに
ファンになってしまった。。。。
岩井俊二監督が蒼井優ちゃんを一番可愛く撮る監督ですね。

「ターミナル」
駄作ですね。
見る価値ないです。
すっごく暇なら見てもいいかもしれないですけど、
正直「ありえないよ」
という気分になります。
なのにシリアスぶった演出がイマイチです。
ありえないことをありえないように描いてくれればいいのに、
ありえないことを現実のように描くから
ピントがずれた作品になっちゃうんでしょうね。
ハリウッド映画でシリアスなものや
お涙ちょうだいものや感動モノを撮るのは
条件が多すぎて本当に難しいんだろうなあとは思いますけど。
だからこそ無理にそんなもの作らず、
SFとかありえない映画ばっかり
作ればいいのになと思います。
バットマンとかスパイダーマンとか、
マトリックスとかああいうのがハリウッド映画の醍醐味。

「少林サッカー」「食神」
どちらもダメでした・・・。
全く面白くないです。
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-19 03:23 | 映画評 | Comments(0)

サイン

「追っかけ」ならではのコダワリとして
サインについて少々書いちゃいます。
というか単なるアタイのコダワリなので
あんまり参考にならないと思いますけど笑。

よくテレビを見たりしてると
「誰々さんのサインをつけてプレゼント~!」
とか言ってますけど・・・。
アタイにしてみたらそんなものには
何の意味もありません。
私にとってサインというものは
「自分で相手から直接貰うもの」
だからです。
キャー偉そうですんませんっ!

これ自論ですけど、
誰かを介して貰ったサインなんて
何の意味も無いと思うんです。
だからそういう番組のプレゼントなんて
「絶対欲しくな~い!
そんなの自分で貰いに行ってやるわい!」
って思っちゃうわけです。
イヤほら、場合によっちゃゴーストが
サインしてるやもしれないっすからね。

そりゃすごくすごく有名な方で
なかなか自力でもらうのは難しそうな人のサインを
番組プレゼントで貰えたとしたら、価値はあるんでしょうけど。

でも追っかけ暦11年の私にしてみると
「サインとは自分で直接貰うからこそ価値がある」
というポリシーがあるんですね。

なんじゃそのポリシーって?!
って思われそうですけど。
いやいやホント長年追っかけやってると
そういう変なポリシーが出来るものなんです。

そして場合によってサインは、
「相手に私を覚えてもらうための一アイテムに過ぎない」
とも言えます。
とはいえ、大好きな人から貰ったサインは
後々素晴らしい思い出にもなるので、
やっぱり価値があるんですけど。
当然友達への自慢にもなりますしね!
いったいサインは価値あるのか、
無いのか、どっちなんじゃー!!
ってイライラされそうですね。

そりゃ、自力で貰えたなら
それはすごく価値があるもの!
に決まってるじゃないですか!

その価値あるものを貰う時に、
それを使っていかに相手に
自分を覚えてもらえるようにするか?!
っていう過程にも価値があるんじゃない?かと
アタイは言いたいだけなのです。

興奮してテンパってる時だと
アタイもそんなこと考えてる余裕無いんですけど。


例としては・・・

日本人からサインを貰う場合:

列を作ってみんながサインを待っている時
「○○さんへ」って普通の人が書いてもらっていたなら、
アタイは「○○って呼び捨てで書いてください!」って言います。
すると書いている本人は「おや?」っと思って
色紙から顔を上げて私を見るわけですよ。
その時に満面のスマイルも忘れずに
アピールするわけです。
ジッパヒトカラゲにされないためにも
何らかの工夫を凝らすわけです。
これ2,3度成功してますからあながち
馬鹿に出来ない手ではあります。


外人からサインをもらう場合:

列を作っている場合は、
大抵の日本人の女の人は恥ずかしがって
あまり自己アピールしませんし、
ハニカミヤマトナデシコ風なので
目を見つめたりもしません。
なのでアタイは、相手の目を見て強く両手で握手します。
外人は強い握手が強い気持ちの表れと思っているそうなので
弱い握手はNG。
そして苦手でも無理やり英語で挨拶をします。
すると相手は必ず嬉しそうなスマイルを返してきます。
ここで小さなプレゼントもコニクイ演出として効果的です。

そんな方法オバサンみたいじゃない?!
って慎み深い人は思うかもしれないですね。
でもね、そんなこと思う人は一生そう思っておいてください。
そうしないと私のやり方が効果的じゃなくなりますので~。

またさらに2回以上会える場合などは・・・
前回一緒に撮った写真やライブチケット、
バックステージパス、ドラムスティックや
野球ボール等に再度サインを貰いに行くのも
より大きな思い出になるばかりでなく、
相手に自分を印象付ける意味でもヤリガイありな作業ですね。

あ、でもこんな追っかけは通常相手に
かなり引かれますから、
ある意味覚悟と気持ちの切り替えが必要。
そこはハイリスクハイリターンを肝に銘じてください。
って誰もそんなこと実践する人いないでしょうけど・・・。

NG事例としては・・・
外人ミュージシャンからCDにサインを貰った時、
わざわざCDケースすべてのCDを
そのミュージシャンのCDに入れ替えて
持って行ったことがあるんですけど、
完全に相手は引いてました・・・。
「ファッキン・スケアリー」と言われました笑。
これは効果的じゃないですから止めた方がいいですね。
それにサインする枚数が多いと嫌がられますしね。


サインって相手がたとえ
数千回書いているうちの一つだとしても、
こうやって苦労して手に入れると
本当にステキな思い出になりますし
後々サインを眺めてる時に
幸せな思い出に浸れるんですよね!

あ、でもね、クロネコの個人ルールがもう一個あって・・・
それは「オフの時にはサインは貰わない、写真は撮らない」です。
彼らもそっとしておいて貰いたいだろうし、
オフの時はサインをすることで
彼らの時間が壊されるからです・・・。
クロネコも大人になったのでこういう考えにいたったのです。
だからね、そういう時は握手だけにしてます。
って結局近づいてるんですけど・・・笑。

けど日本国内の地方で芸能人に出会った場合、
話しは別です。
そんな気遣い無用です。
というのも、
地方に来るのはまずロケかライブツアー。
個人旅行で来る有名人なんて
ほとんど居ないと思います。
超有名な人なら自分が人前に出ると
パニックになることを自覚してますから、
地方に行くなんて事はまずありえないのです。
彼らこそ自主的に慎んでると思うので。
それでも地方に個人で来る人はある意味
覚悟してると思うんです。
なので、普通地方をプラプラしてるのは
そんなに有名じゃない人が大多数かなと。
そんな日本の芸能人は、地方営業で
地方の人に無視されるのは
何よりも屈辱で、寂しいことで、
耐えられないことなのです。
彼らは騒がれて何ぼのもんと思ってるので、
彼らに地方で出会った時は
迷わず近づいて行って騒いであげましょう。
サインをねだってあげましょう。
これが地方在住者の礼儀ってもんです。
(もちろん経験あり)
「田舎に泊まろう」を見てても
それが一目瞭然だということはお分かり
いただけるかと。

以上すべてクロネコの経験からくるサイン論でした。
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-14 23:46 | 追っかけ | Comments(0)

追っかけの夢

追っかけをやっていると夢ってあるんですよね。
一歩間違えるとストーカーと思われかねないこの行為。
(個人的にはストーカーに入ると思ってます笑)
でも一応かなわないながらも追っかけの夢があるので、
ちょっと書いちゃいます。

自己満足ですけど、
これらが叶うと余計エスカレートして
さらに追っかけが止められなくなります~!
人によって追っかけの夢は
その対象者と「結婚」「付き合う」
っていうのもあると思いますが、
私の場合はちょっと違いますので
ご了承くださいね。
しかも今回は「海外ミュージシャンを追っかける場合の夢」
に限らせて頂きます。笑

○一緒に写真を撮る:
これ初歩ですけど夢の一つですね!当然サインも。

○名前を覚えてもらう:
外人に日本人名を覚えてもらうのは顔を覚えて
もらう以上に難しいこと。

○ステージから手を振ってもらう:
大勢のファンの中に居る自分に気がついて、
手を振ってもらえると大感激です!

○ステージから自分の名前を呼んで貰う、
または歌詞の一部を変更して自分の名前を入れて貰う:
こんなことされたら幸せすぎて気を失ってしまいます!

○ピックを貰う、スティックを貰う:
私めがけて投げられた場合、さらにそれを
受け取れた時は一生の宝物になります!

○ライブでリクエスト曲を演奏してもらう:
ライブ前にリクエストした曲を演奏
してもらえると涙出ます!

○ゲストリストに名前を載せてもらう:
これはかなりスゴイこと。それに
チケット代もタダになるのですばらしい!

○関係者席に座る:
一般席ではなく関係者席に座るのも夢!
ただしロック系だと一般席のほうがステージに近いので
ちょっとしたジレンマに陥ります。

○バックステージパスを貰う:
これはかなりの信頼度が必要。
ミュージシャンがビッグであればあるほど
パスを貰うのは困難なので、もらえた時は
ある意味達成してると言えます。
ちなみにミュージシャンはこの手の作業が苦手なので
実務者であるスタッフとの信頼関係も必要。

○オールアクセスエリアパスを貰う:
一ライブのバックステージパスだけではなく、
全ツアーのパスを貰えたらそれはスタッフ並みの待遇!

○アフターショーパーティへの招待:
バックステージパスは貰えても、
ライブの後のパーティにも来ていいよ!
といわれるには、さらなる信頼性確立が必要!
行けたとしても放って置かれる可能性は高いので、
外国人たちの中での疎外感に耐えうる強い精神力も必要!

○街のどこかで偶然出会う:
テクテク散歩してたり、どこかのレストランで
食事してる時に、自分の大好きなアーティストに偶然出会う!
これは誰もが思い描く夢のシチュエーション。
偶然出会えたらそれは運命です。

○CDアルバムに名前が載る:
Thanks to~の恋人や家族名の横に
自分の名前が載るのは全音楽ファンの夢!
一生ものですからね!
ここまでの仲になるには相当仲良くなって
ないといけないので長い道のり
ですね。最終目標に近いです。

○自分のプレゼントを使用してもらえる:
テレビを見ていたら自分があげたものを
使用してくれていた場合!
これは小躍りしちゃうと思います。

さあみなさんはこの中でいくつ達成してますか?
私は複数のミュージシャンにまたがりますけど
(全部海外ミュージシャン)、
14項目中12個も達成しちゃってま~す!
その分、通算で気を失いそうな額のお金もかけてますけど・・・。

やっぱりアタイの最終目標は「友達になる!」ですね。
そうすると良関係がずーっと続きますからね!
日本人を追っかける場合も、最終目標は
「友達になる!」ですね。
どっちにしてもアーティストの考え方に
興味を持っているわけですから、
いろいろなお話を自分が尊敬する人と出来るのは
素晴らしいなって思いますので。
これからもがんばらねばっ!
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-14 23:15 | 追っかけ | Comments(2)

相変わらず着信履歴は続いている

以前の高齢者に襲われそうになった事件ですが
(何のことか分からない方は、事件簿カテゴリの「事件1」をご確認くださいませ)
依然と携帯への着信が続いております。

着信拒否設定をしてあるので、電話は鳴らないのですが着信履歴には名前が出るので
週に2回ほど履歴が残っているの見ると・・・
正直ブルーです。
っていうか迷惑っす。

あくまで拒否し続けていたところ、昨日な~んと通常電話からとうとうかかってきちゃいました!
うざ~い。
今まで私は携帯登録している番号以外からかかってきた場合は絶対携帯に出なかったん
ですよね。
けど、昨年末で会社を退職してからは、都内の番号通知だと「会社からかな?」とか、
会社辞めたあといろんな人から電話頂いているので「誰かが電話して来てくれたのかも?」と
思って割と出るようにしてるんですよね。
それが今回は仇となりました。
平日昼間だったので「会社かな?」と思って出てみたところヤツからの電話。
即効電源切りましたけど。
なおかつその番号は着信拒否設定にしましたけど。

あと3ヶ月我慢すれば携帯も解約できるので(ちょっと事情があってしばらく解約できない
状況)、シカトを続けなくてはなりません。
あ~あ。自業自得とはいえめんどくさいなあ。
家がばれていないだけマシですね。
まあ万が一バレても一人暮らしじゃないので心強いですが。

別に電話に出て「迷惑なんでかけてこないでくださいね」って言ってもいいんですけど、
絶対あっちが弱腰というか下手に出てくるのが予想されるので(多分謝ってくる)、
そうなるとなんだかこっちが逆に謝り口調にならざるを得ないだろうなと。
それはイヤなのでシカトしてます。
なんで私が相手を慰めにゃならんのだ?PTSD風な気分なのはこっちだっつーの。
↑これ私の本音です。

実は習い事をやっている同じクラスの人がこのエロジジイなので、私はあれ以来
その習い事にも行ってないんですよね。
理由は横に座られるのも気持ち悪いから。
これって完全にPTSDだと思います。
ちなみに同じ教室に通う友人からの情報では、そのジジイはシレっとして一切悪びれて
いないそう。
多分ヤツにとっては単なる排泄の一環だったんでしょうね。
私は老人用オムツじゃな~い!!!!

とここに書きなぐることで少々理性を保っております。ご了承ください。
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-14 01:22 | ネエサン事件です | Comments(2)

プレゼント

もらったりあげたりあると思いますけど、
最近餞別も含めていろいろ人からモノを
もらうのでちょっと書いちゃいます。
今日はプレゼントをあげるほうについて。

プレゼントをあげるのは大好きです。
相手のことを考えて、
どういうものが好きなのか?
どういうものを必要としているか?
どうすれば相手の記憶に残るものをあげられるか?

って選んでいる時が、
ものすごく難しいのですがすごくすごく楽しいです。

相手の趣味が分かる時は、
「ああ私はこの人を理解出来てるな」
と自覚できますからね。
逆に「相手には何がいいんだろう?」
って全く分からない時は
「まだまだ相手を理解できてないなあ」と
相手への思いのバロメータにもなりますね。

大抵の人は貰った時にうれしくなくても
「うれしそう」にしますので、その後の様子を
探るのが私のポイント。
(相当性格悪いですけどね)
相手が本当にうれしかったら、そのあとも
使っているはずですし、あげたほうが
忘れててもあちらからアピールがあるので、
その後が重要です。

あげることに意義があるのではなくて、
相手が喜ぶものをあげられるかに意義があるのでは?
って最近思います。

すごく親しい人や、
私を記憶にとどめておいてもらいたい場合は
モノを贈ります。
ちょっと義理が入ってたり、挨拶程度の場合は
食べ物を贈ります。


今まで私が人にあげて自画自賛しているものリスト

・印鑑:外人の友達に漢字をあてがって
印鑑を作ってあげるとかなり喜ばれます。
千円くらいで出来るのでお手軽
・手裏剣:銅製のものをネットオークションで購入し、
外人にプレゼント。
・お酒セット:お酒好きの友達に差し上げました。
・写真:退職される方に、退職前日に一緒に写真を撮って
それを写真盾に入れてプレゼント。
・タバコケース:タバコを吸う女性の友人に。
・ゴルチェのネックレス:外国に旅立つ友人に。

ちなみに私の両親は、
人からものをもらって嬉しくない場合「いらない」と
はっきり言うので、あげ甲斐が一切ありません。
こんなこと言われたらカチンと来ちゃうので、
しばらく両親にプレゼントをあげていないです。
じっくり選んだものでも「いらない」の一言しか無いので、
もう努力を止めてます・・・。
両親を理解出来ていないんでしょうねえ。
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-13 23:41 | 日記 | Comments(0)

相撲

数少ないですが何人かの方のブログを時々拝見してます。
その中で「怒りブログ」というのがあります。
この方のコメントは非常にシビアですが、
コメントが以前の尊敬する上司の指摘に似ていることもあって、
私個人としては「なるほど」とか「気をつけないとなあ」という
気分になれるので結構好きでみさせてもらってます。
でもこないだのコメントにはちょっと反論したくなって
しまったので、何故かここで反論しちゃいます・・・・。(気弱・・・)

朝青龍関に関するコメントで
「横綱の風格を感じない」について。
そのコメントを読んで思ったのは、
「ああ、この人は朝青龍関の相撲をライブで見たことが
無いんだな。相撲も見ないで風格語れるのかなあ。」でした。

単なるバラエティー番組で「風格」なんて
分かるのかがまず疑問ですしね。
私は朝青龍関にはこれまでの力士には
備わってなかった誰よりも強い風格がある!と
強く思うので逆に反論したくなったわけです。

実は私は去年まで相撲が正直大嫌いでした。
見た目も嫌いでしたし、スポーツとしての
面白みも全く分からなくて。
当然テレビに良く出ている力士は知っていても
それ以外は知る由も無くといった感じ。
興味も無いですし。
小学生の頃仲の良かった子が大の相撲好き
だったので、私も好きになれるかなと思って
がんばってテレビを見たりもしたけど、ダメでした。
そんな相撲興味無い暦二十ウン年の私でしたが、
去年たまたま両国国技館の相撲観戦チケットが
手に入ったので「国技を見るのも悪くないかな」という
上から目線で見に行ってきました。

結果・・・、
「素晴らしい!」の一言です!
ライブで見る素晴らしさもありますけど、
「肉と肉がぶつかり合う?!迫力」って
素晴らしいです。
両国国技館の厳かな雰囲気もステキでしたし、
「なかなかいいんじゃない!」と
すっかり行く前と感想が変わってました。
前述したとおりほとんど知ってる力士が
いなかったのですがそれでも見ごたえありました。

そんな中で朝青龍関だけはヒトキワ違っていました。
名前ぐらいしか知りませんでしたけど、
彼の相撲は特別な雰囲気がありました。
横綱なので取り組みは最後というのもありましたけど、
それを差っぴいても特別に凄かったです。
彼が登場しただけでそれまでの他の力士と
全く違っていて、会場内の雰囲気が
ガラリと変わって、盛り上がり方も半端じゃなかったです。
私は相撲の知識も無いですし、これまでの
横綱相撲もライブで見たこと無いですから、
比較は出来ないですが、少なくともこの広い国技館の
観客を釘付けにして館内の雰囲気まで
変えてしまえるのは「横綱」の風格あってのものだと思います。
それに彼には人をひきつける強さが絶対あると思います!
相撲知らずの私にさえ強い感動を与えるぐらいですから。

すぐに影響を受けやすい私は、その数日後
テレビで朝青龍関のドキュメンタリーが放送されているのを見て、
さらに彼の精神力の強さと破天荒さ、そして相撲への愛を
強く感じて、すっかり尊敬するに至りました。
彼にはパンク魂がある!
というのをそのドキュメンタリーで感じました!
そのパンク魂が彼のとる相撲に現れていたんじゃないか
と思います。
横綱にそんな精神は要らない!
って言われたらそれまでですけど、
角界というしきたりの重い世界で改革を起こすなんて
そんちょそこらのヤツには出来ないと思うので、
やっぱり彼のパンク精神は本物だと思います。

相撲は残念ながら、
やっぱり見た目が好きにはなれないので、
相撲ファンにはなっていないですが、
朝青関は大尊敬!させて頂いてます。
また機会があったら見にいきたいです。

余談ですけど力士って体が大きいので、
相撲とってる時以外に出会っても風格なんて
感じないと思います。
今まで色んな力士に偶然会ったことがありますけど、
どの人も体の大きな人だから
目立っているなあという印象しか無いです。
(見かけたことある力士:
小錦、牛若丸って呼ばれてた人←名前思い出せない)
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-07 12:37 | 日記 | Comments(1)

クロネコ自己紹介

名前:クロネコ
性別:女性
星座:てんびん座
血液型:A型
年齢:38歳 (2014年更新)
居住地:ドイツラント ベルリン市
出身地:日本 四国
居住暦:
  ◎誕生~高校卒:四国
  ◎大学時代:チバ1.5年→ドイツ ハレ市1年→チバ1.5年
  ◎会社員時代:埼玉4年半→東京2年半
  ◎無職時代:東京半年→四国2ヶ月
  ◎ドイツ就職時代:デュス市 2005年5月3日~2014年3月15日
  ◎ベルリン:2014年3月16日

趣味:ロック・パンクライブツアー旅行 
    映画批評(邦画とドイツ映画)
    プーチン閣下バーチャル追っかけ
    ロッククラブ通い(休止中)
    野球観戦(休止中)
      
特記事項:ドイツオタク、プーチンオタク。

座右の銘:「我是唯足るを知る」、「情けは人の為ならず」、「継続は力なり」
     
クロネコってどんな人?:
    「建前無しの本音のみ」
    「人情深い」
    「人間好き。でも一人行動も好き」
    「自分の心に素直に行動」
    「やる!と決めたらどんな障害があっても時間がかかってもやる!」
    「誰とでもしゃべれるけど仲良くなるのは時間がかかることが多い」
    「来るもの拒まず、去るもの追わず」
    「好きなものはとことん追求型。でも基本はいいかげん」
    「プライベートでは泣かない、怒らない」
    「人に頼みごとをするのが苦手」
    「うっかりミス多発型」
    「時間にルーズ」
    「基本的にでしゃばり」
    「運命を信じている」
    「表面的な人が大嫌い」
    「社会通念でクロネコを判断する人が大嫌い」

コメント:
     このブログには日々思ったこと、考えたこと、感じたこと、
     気がついたことを主観的に書いてます。

     一番の目的は、日本で離れて暮らす友達が
     アタイの事を忘れないようにするためです。
     ブログを書けば同じ内容で複数人に手紙書くのが
     省けるので一石二鳥。     
     (内容が赤裸々過ぎるので親には非公開。)

     自称ドイツ親善大使のクロネコが、
     ドイツの王道的魅力から、
     サブカルチャー的魅力まで幅広く
     ドイツを知らない日本の皆さんにご紹介。

     加えて、クロネコが不本意ながらも遭遇したり
     体験してしまった犯罪未遂事件やら、
     その他趣味の追っかけレポートも書いてます。
     気軽に読んでください。
     
     気に入ったらリンクやらメールやらコメントやらも
     大歓迎ですので、ぜひよろしくお願いします♪
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-05 23:11 | プロフィール | Comments(2)

外国人の友達

友達の影響で何故かここ1年くらい週末は
外人の友達と遊ぶのが続いてる。
国はドイツ、オーストリア、カナダ、イタリア、
オーストラリア、イギリスといろいろ。
女の子が多いけど、大抵みんな日本語勉強してるので
日本語通じるから楽。
またはなんちゃって英語で適当な会話して、
それで何とかなるからまあいいかなって感じで。

全員に共通してるのがロック好きってこと。
ロックは国境を越えるなあといつも思う。
一緒にライブ行ったり、クラブ行ったりして
遊んでるとそれを実感する。
昔留学してた時、あんなに友達作るの苦労してたのに、
今は不思議と理解しあえるし、
私のパーソナリティもすぐに分かってもらえるのがウレシイ。
共通の趣味があると仲良くなるのもはやいかのかなあ。

でもやっぱり海外で生活したことのある人は、
異国で生活する人の気持ちが分かるから、
お互いに理解しやすいんだろうなあって一番思う。
それは留学中にもいつも感じてたことの一つ。
自国にしか住んだこと無いと、外国での心細さとか
寂しさは気がつかないと思うので。

日本は、一般的に微笑の国とか、親切な国民性って
言われてるけど、それは上辺だなって思う。
旅行で来ただけの外国人には上辺のやさしさの方が
必要だけど、長く住んでる人には
上辺の優しさだけじゃ物足りないからね。
もちろんすごく親切な人もいるけど、
友達になりたいっていう対象の同年代が恩着せ
がましくない思いやりの心を持ってるかっていうと・・・。
そんな人あまり会うことない気がするし、
そんな日本人の友達私も欲しい。

外人の友達に限らずだけど、友達になるのって
共通の趣味とフィーリングと上辺じゃない思いやりの心が
あればいいんだろうなと最近やっと気がついてきた。
まあそれだけじゃ無いけど。。。
それについてはまたおいおい書いていこうかな。
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-05 23:05 | 日記 | Comments(0)

退職

去年一杯で6年9ヶ月勤めた会社を辞めました。
理由はやりたいことが他にあるからです。
というより、行きたい国があるからです。
うまくいけば4月くらいにはいけそうですけど、
それまでお金を結構使っちゃいそうで心配。
バイトでもしないとなあ。

日用品は99ショップで買うようにしたり。
外食も今までは食べたいものを値段も考えず注文してたけど、
ちょっと考えるようにしたり。
街頭で配ってるティッシュも必ずもらってみたり。
タクシーには乗らないようにしたり。
どうしても欲しい服はバーゲンで買うとか、
冷静になってみるとか。

私今までは我慢をするとストレスになって
仕事がイヤになってしまうから・・・って
自分に理由をつけては散財してたので
ホントに貯金が出来なかったんだけど、
今度から収入がなくなるのでホント気をつけないとなあって思う。
でも上記って結構普通のことだよね。
こんなこともできていなかった私って経済観念ゼロ。
だから家計をやりくりしてる世間の主婦って
すごいなあって思う。

一番使うのはやっぱり交際費って気がついた。
友達と飲みに行ったり、遊ぶのにホント
お金を使っちゃいます。
しかも考え無しで。
友達に対して「ここ高いからイヤ」とか
言うのは好きじゃないし、
今までそんなこと言うような人と友達になれないなって
私自身が思ってたので交際費は削れないなあ。


会社辞めると寂しくなるかなあって思ったけど、
会社の人たちに会えなくなるのって
全然寂しくないや。
今までやってた仕事が出来なくなるんだと寂しくなったり、
会社に通ってた風景は懐かしくなるんだろうなって思うけど、
部署の人やフロアの人に会えなくなるのは全然平気。
多分素の私をさらけ出していなかったからだろうなあ。
仲良かった人には、会社以外で会えるし、
これからもつながりあるしなあって思うと全く平気。
だから辞める時に一切泣いてない。
泣いたりしたらそれは嘘泣きになるし。
会社の人には私というパーソナリティが
理解出来ないだろうから、そういう人たちと別れても
寂しくないんだろうなっておもう。
何年も一緒に毎日仕事していて私のパーソナリティが
分からない人もいれば、一度会っただけで
すぐ分かる人もいるっていうのが不思議。

結局会社ってそんなもんなのかも。
そして同僚もそんなもんなのかも。
同僚でもつながりがある人はこれからもずーっとあるだろうし。

とにかくお疲れさま、アタイ。
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-02 23:50 | 日記 | Comments(0)

事件1の続き

その後ですが、携帯着信拒否設定にしてあったらドライブ後数日は着信履歴
無かったのですが、3週間近く経った今日またまた着信履歴が・・・。
正直気持ち悪いっす。
なんだか色んな友達に話をしたり、みんなの意見を聞いたり、遊んだりしてたので
悪い出来事として早く忘れるようにしてたし、実際ほとんど忘れてたんですけど。
携帯の着信履歴見ただけで気持ち悪さと恐怖感が襲ってきた。
これってある種のPTSD?!なんだろうなあと。

この老人とのドライブから解放される時に、私は平静を装っていつもどおりの会話しか
していなかったので、急に連絡が一切取れなくなった私に対して何らかの心配は
しているんだろうなと思うけども、
やっぱり身の安全が大事だし、相手に対して優しさを見せてもそれは裏切られるだけ
だから気丈な対応が必要になるんだろうな。
精神的に不安定な気分になりそうだけど、ここはぐっと我慢してがんばるしかないなあ。

外国人の友人にこの話しても、男性の知り合いにしてもみんなの意見は
「ついて行っちゃダメだよ」だった。
あ~ホント後悔と反省しきり。
それにしても男性不信だなあ。
[PR]
# by kuronekomusume | 2005-01-02 23:38 | ネエサン事件です | Comments(0)