死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

ラムシュターインっ!

久々のラムシュタインネタです。
興味ない人にはどうでもいい話だけど。

先週の土曜日の夜、クロネコ実に3年ぶりに
ラムシュタインのライブを見てきましたー!
いえーい!
いえーい!

つってもオフィシャルライブでは無くて
最終リハーサルライブです。

ツアーを開始する際にはスタジオリハーサルを
どのバンドもやると思うんだけど。
ラムシュタインの場合は、最終2回か3回の
通しリハーサルをファンに公開するんだよね。
要は、最終通しリハを観客アリでやるわけなんす。

つっても誰でもが見れるわけじゃなくて。
ここはもうエクスクルーシヴかつ
プリヴィレッジなファンのみが選抜されて
リハーサルを見る権利を得られるというね。
当然ファンクラブに入ってなきゃいけなくて。
そんでもって。
たぶんだけど非ドイツ人が多いと思う。
つまり。
各国でラムシュタインをプロモートしまくってる
熱いファンのみがファンクラブから
招待されるんですよってワケなんす。
要はオタクファンのみってことね。

おのおの、ラムシュタインに費やしてる
時間とお金が半端無いよーってことで。
クロネコも総額一体幾ら使ってるんだろ?
って感じだし。
何気にベルリンにまでとうとう移住しちゃったし!
そんくらいの根性が無いとダメなのだ。

自分の国で「ラムシュタイン見たいなー」
ってウジウジしてる人はまあ・・・
自分の国にライブに来るまで待つしかないけど
自発的に、能動的に動くよ!
って人はやっぱそれなりの対価があるんだなと!
それがラムシュタイン。
ファンを大切にしてるよね!

今回はギリギリまで開催が決定しなくて
クロネコもどうなるんだろ?と思ってたんだけど。
開催3日前くらいにやっとコンファームされたという。
それでもみんな近隣諸国から弾丸ツアーで
来ちゃうんだから。
やっぱそれくらい熱いファンじゃないと
呼ばれないのねーと。
そういうことなのだ。

ちなみに、主催側からは、ほんちゃんの
ライブ前の内容だから
内容は秘密厳守!と厳しく言われてて。
カメラも携帯も会場には持ち込み不可!
手ぶらで入れと。
でもクロークに預けられるから、ライブの後とかは
自由に携帯もカメラもいじくれるよ。

クロネコ3年ぶりだったから
って皆3年ぶりだけど。
自分的にもどうなんだろ?ってちょっと
思ってたんだけど。
なんか。
ライブの前にスタジオに行ったら、
もうその場にすでに知った顔がチラホラあってさー。
おー、おー、おー!
みたいな。
どいつもこいつも筋金入りのラムシュタインファン
ばかりでね。
こりゃアタイも負けてらんねー!みたいな
変な気合が入りましたわ。
クロネコほんっとにいろいろ行きまくってたので
各地でファンと知り合ってたのよ。
で、そいつらも結構行きまくってて。笑
同じライブを何回も見まくるという
頭のおかしなファンはクロネコだけじゃないというね。
むしろアタイより数こなしてるやつとか
もっといるしね。
そんでもって。
クロネコ結構クルーも顔見知りになっちゃってて。
パイロクルーとか、バンドセキュリティとか、
PAさんとか色々。
もうみんななつかしー!!!
って感じだったわ。
向こうも覚えてくれてて。
「あー、クロネコー!」みたいなね。
いやー、ある意味・・・
ラムシュタイン・プチ同窓会気分。

ライブは、ブラックボックスミュージックという
スタジオで行われてて。
ここのオーナーはもともとラムシュタインと
ともに会社を大きくした人で。
ラムシュタイン専属スタジオっぽい感じなんだけど。
なんせ機材とかすっごく整ってるから
ドイツの主要なバンドはみんなここで
リハをするというね。
とにかく知る人ぞ知るーなスタジオなんすわ。

ここのライブステージが面白くて。
写真撮っちゃダメだから画像は無いけど。
ステージはそのまま本物と同じサイズで
幅も全部そろってるんだけど。
ホールの奥行きが15mとか20mも無いような
つくりなんだよね。
だからステージでパフォーマンスをしても
バンドから見ると、すぐ目の前が壁という。
そういうつくりなんすわ。
で、その狭いエリアに招待客が入るというね。
アタイが行った日はたぶん300名くらいだったかなー。

バンドメンバーの知り合いとかも招待されてるから
何気にドイツの有名人も居たりするんだけど。
なんせクロネコはテレビを見ないから
疎くてねー。
ほとんど誰だかわからないという。
ただ、芸能人は見た目が派手だし
服装も高そうなものを着てるから
一般人じゃないんだろうなーってのは
なんとなく分かるのよ。
ただそれが誰なのかがわからないだけで。笑
ティルの彼女のソフィア・トマラもきてたよ。
目の前にいたんだけど。
あら、これソフィアだったっけ?
と思って確信を得るために腕のタトゥーを見たよ。
あの人腕にティルの顔のタトゥーを彫ってるからね。
で、本人確認が出来たという。
やっぱソフィアきれいだなーと思ったわ。
スタイル良いしね。
このまま酒におぼれず美容と健康に
気を使っていけばきれいをキープできるんだろうけど
あの酒の飲み方だと・・・40代でいくら美容整形をしても
きったなくなりそうな予感が漂ってるわー。
ま、別に良いけど。

肝心のライブだけど。
20時15分スタートで全1時間半でした。
クロネコは最前列を取れたよ。
リヒャルトとティルの間を陣取ったという
もうベストポジション過ぎてね。
どっちかというとティル寄りだったので
ティルばっかり見ちゃったわ。
ティルは歳とってたけど、パフォーマンスが
面白くて終始笑っちゃった。
リヒャルトはリハーサルだからとっても
リラックスしてて、ご機嫌だったみたいで
時折ニコニコしててさー。
リヒャルトのニコニコ顔がこれまた
イケメン過ぎていい感じでございましたわ。
お腹出てたけどもうそういうの全部許容しますんでね!

ステージが近過ぎて、後のメンバーがあんまり
見えなかったなあ。
もともとアタイはオリバーに興味が無いので
一切見ないんだけど、今回も全然見なかったなあ。
パウルは遠過ぎて時々見えたくらい。
シュナイダーもさすがに歳をとってきたのか
あの超絶美しかった風貌にかげりが・・・
それでも体が綺麗だったので見とれたけどね。
フラーケは相変わらずの面白い動きで
割と元気そうなのもあって、安心してみていられたかな。

けどなんかちょっと思ったのは。
以前のアタイはラムシュタインの見た目が
すっごく好きでさー。
なんつーカッコいい人たちなんだ!
イケメンだし、セクシーだし
最高だわー!
って思って見惚れてたのよ。
でも今回はそういう気分がぜんぜん沸いてこなくてね。
どうして?
って自問自答しながらライブを見たくらい。

アタイが思うに。
デュッセルにはカッコいいイケメンドイツ人が
ぜんぜん居なかったからじゃないかと。
なので9年もあの街に住んでたのに
イケメンが居ないもんだから
ラムシュタインメンバーを見ると
ワクワクしてたのかもなーと。
でも。
ベルリンは圧倒的に美形というか
イケメンが多いんですわ。
若い人から年配まで含めて。
そういうの毎日見てるから、
メンバーを見ても、あああれくらいのレベルは
普段から見てるな・・・みたいな感じになってね。
感動が薄れてしまうというか。
!!!
なんてこった!
ベルリンのイケメン度数が高いのがあだになるとは!
まさかの展開よ。

でもまあラムシュタインのかっこいいパフォーマンスを
堪能できたのでそれでいいんだけどね。
既にどの曲をやってたか忘れちゃってるのが
我ながら悲しいんだけど。
ハレルヤをやってくれたのが一番嬉しかったかな。
アタイあの曲大好きなんだけど
今までライブで聴いたことが無くてね。
初めて聞いたけどやっぱかっこいいわ。
前奏とか最高。
あとね、Seemannもやってくれたのだよ。
あの曲も生で聴いたのは初。
ティルがあの曲あんま好きじゃないみたいで
歌いたくなーいみたいな心境らしいんだけど
あえてやってくれたという古参ファン泣かせの選曲。
クロネコ的にはMutterもやってほしかったんだけどね。
あの曲スゴイ好きなんで。

Ich tue dir wehもやってくれた♪
あの曲前回ドイツでは物議をかもして
演奏できなかったんだけど
今回は外国のフェスが多いからか
何気にラインナップに入ってた!
やっぱあの曲好きだわー。
あとライゼライゼもやってた!
そんでラストがデペッシュモードの
ストリップトだった!
この曲がまた大好きだから復活してくれて
嬉しい限り♪
ま、そんな感じかな。

そうそう、いっちゃん最初の曲は
新曲でした。
なんかね、変な曲調ではあるんだけど
今までのシングルのタイトルをうまく
つなげて歌詞にしてるんだわ。
全部つながるんだー!
ってことに驚いたね。
そんで。
さびがまた外人受け狙いの簡単なさびで
Ja Nein Rammstein!
の連呼という。
ここは皆で歌うんだぞみたいなね。

Ohne Dichはアコースティックだったんだけど
なんかね、特注の6人乗りゴムボートが
あってね。
リハーサルではボートはステージの上にあったけど。
もしかしてフェス本番では、あの特注ゴムボートに
6人が乗って観客の上を浮かぶというアイデアなのか?!
って思って。
そんなのワークするのかな?
いつもはゴムボートにフラーケ一人が乗って
観客の海に漕ぎ出していく!って演出だったけど。
ほんとに6人でうまくいくんだろうかね?
一人80キロだとしても480キロもあるし
ゴムボートの重さを加味すると
500キロ以上あるんだけど。
・・・。
今週末からフェスがスタートするから
映像と画像をチェックせねば!と。

そういえば登場の仕方もかっこよかったな。
ゴンドラみたいなので降りてきてて。
ありゃー、また新しいステージ機材を
作っちゃったんだ!
と思ったのよね。
ラムシュタインてばステージ機材に
金かけすぎだからね。
3年の間にステージ機材が進化してて
パイロ技術も進化してて
おお!って感じでステージ演出を
見てました。
Engelではティルが宙吊りになってて
メタルな羽がまた進化してて
おおお!って感動したよ。
今回はスタジオ内だったからパイロ控えめ
だったんだけど。
本番はもっとど派手にやるんだろうね。
ほんの少しのパイロだったけど
超熱かったよ。

クロネコは今仕事の都合と
お金も無いし、時間もないしの
ナイナイづくしなので
ほかの国のフェスには行けないんだわ。
7月にベルリンで単独野外ライブがあるから
それは行こうと思ってる。
楽しみだわー。
またみんなと再会できるのも楽しみ。

それまでにはもうちょい痩せなくては。
今回はデブデブのままだったので
(ダイエットを1週間前に始めたので
当たり前だけど間に合わず・・・)
以前買ったライブに着ていく服が
もうどれもこれもパツパツでねー。
全部着てみて、どうにか入るやつを
見つけて、かつ太く見えないやつを
探しだして何とかなったというね・・・
とほほなことになってるのよ。
なので、リヒャルトが太っていても
決して笑えないという。
オノレを先に何とかせえよ!って話だから。
ほかのファンの女子たちの引き締まった
美しい体を見るにつけ・・・
クロネコやばし!と焦りましたわ。
とりあえず7月までに何とか絞りたい!
と思ってはいるのよ。
どうなる?

そんな感じのライブレポートでした。
[PR]
# by kuronekomusume | 2016-06-01 05:22 | ロッキン・ライブ | Comments(0)

車とクロネコ

車が故障して修理に出してて
今日直ったので取りに行ってきた。

アタイはものすごい車の素人なんだけど。
修理に出して取りに行っただけだけど。
なんかそんなことまで一人で出きる様になった自分を
偉いな!と思ってるんだー。
レベルが低くてすみません・・・

14年くらい経ってる中古車で
12万キロ走っちゃってる子なんだけど。
かれこれ3年半くらい乗ってて。
なんだか愛着湧いちゃってるんだー。
ナンバーが4649だから
ヨロシクちゃんと呼んでます。
メルツェーデスAクラッセです。
つっても一昔前のデザインだよ。
前に写真乗せたよね。
今のAクラッセはスポーツ仕様で
ものすごいかっこいいよねー。
クロネコには乗れないデザイン&価格の車でございます。

やっとここへきて、ヨロシクちゃんの
サイズ感が分かりかけてきたというか。
(遅すぎ・・・)
なので、運転してても、幅とか
長さとかいろいろ感覚が分かるようになって
ちゃんと運転できてます。
って当たり前だけどね。
その当たり前が出来なかったんですわーって話。

あとね。
割と広めのスペースが必要ではあるけど。
このクロネコも縦列駐車ができる様に
なったんですわ!
前後から車が来てないこと大前提だし。
ゆっくり落ち着いて出来る環境じゃなきゃ
駄目だけどね。
でも最初はもう絶対無理!って思ってたから。
出来るようになっただけ進歩なのですよ。

というのも。
ベルリンはほんと駐車スペースを探すのが
大変でねー。
もう停めるしかない!っていう切羽詰った
状況に何度か出会いまして。
で、人間そうなると出来るもんでね。
まあ、何度もハンドル切りまくりだけど。
なんとか出来るようになったのよーって話。
今後はハンドル切らなくても一発で
出来るようになりたいもんですわ。
あ、たまにマグレだと思うけど
一発で決めれることもあるんだよ。

そんでねー。
ベルリンてば、車を運転してて驚くんだけど。
ぬわんと、しょっちゅう信号が壊れてるんだよ。
真っ暗。
赤も青も黄色もついてない。
電気落ちてるー!みたいなね。
しかもそれが、片側3車線の交差点とかで
多発してるんだわ。
アタイは大体週に2回くらいしか車に
乗らないんだけど。
その2回乗る時に必ず信号故障に遭遇するから
ものすごい頻度で壊れてるんだろうなと
思うのよね。
しかも大体毎回違うところで故障してるという。
時間によっては、警官がすでに出動してて
旗を使って交通整理をしてくれてるんだけど。
場合によっちゃ、警官が間に合わない場合もあるし
2車線くらいなら警官無しでもいっかー!
と思ってるのかどうか知らないけど
そのまま放置されてるところも多いんだわ。

最初まっくら信号機に交差点で遭遇したときは
えええええー!!!
って焦ったもんだよ。
ど、ど、どないしよー!
ってね。
車のハンドルを握り締めて、左右確認しまくって
どうにかこうにか恐る恐る交差点を
渡るという手に汗握る展開だったんだけど。

今となっては、真っ暗信号機に遭遇すると
「ラッキー!」
って思っちゃうんだわー。
まあ、片側3車線だと、ちょっと気を引き締めるけど
それ以外だと、ほんとラッキー以外の何者でもないからね。
だって。
信号無視できるんだもんー!
わははー。
自分の都合で進んで良い訳だから
ラッキー極まりないのよね。
信号が赤だと待つしかないけど、なんせ信号壊れてるから
自己判断で進んで良い訳で。
これは渋滞してる時とか得した気分になるのよー。
わーい!
わーい!
って感じ。
まごまごしてる他の車を尻目にさっさと
進んでしまえーみたいなね。
暴走はしないから、事故にもならないし。
いやー、渋滞時は真っ暗信号ウェルカムだよ。
警察どもー、悔しかったら信号を直せー!
って感じです。

でもまあクロネコは基本どんくさいし
運転もへたくそなので慎重に運転してるよ。
いつも通ってる慣れた道だと
どこをどう行けば近道で、
とか全部分かるけど。
初めて通る道だとマゴマゴしちゃうからね。
音楽とか消して、超周りを見ながら
慎重に運転してます!
ベルリンは特に自転車が多いし
チャリもスピードを出してるから
事故をすると一大事なので
本当に神経すり減らすんだわー。

あとは駐車場探しがいつも大変。
それが本当にねー。
エリアによっては駐車無料だけど
アタイのすんでる地区とかは
有料区域なんだよね。
でも住民は2年で20ユーロのパスを
買えるので、アタイはそれで停められるんだわ。
ただ、停めるスペース探しが毎回大変というね。
夏休み時期になるとみんな休暇で
どっかに行っちゃうから
夜遅くても停め放題なんだけどね。
冬場は無理。

あと今の時期は緑が芽吹いてるので
道路沿いに植わってる木々から
花粉が舞い落ちてねー。
車が花粉で黄色っぽくなるのよ。
そんでもって。
木々に群がる鳥たちがね
フンを落とすもんだから。
洗車してもすぐ車に鳥のフンが
べチャッとついちゃうというのがね。
今の時期の問題点かな。

そうそう。
車の故障だけど。
なんかね、ライトが壊れちゃってね。
ライトを消しても消えないというね。
つまり。
バッテリーが上がるんだわ。
この症状は実は去年の11月ごろに
一度発生して。
そん時は、さあ車に乗りましょう~
と思ったらエンジンが掛からなくて。
????
と焦ったんだけど。
まさにバッテリー切れ。
しょうがないからADACを呼びましたよ。
ADAC(アーデーアーツェー)っつーのは
日本で言うところのJAFだよ。
で、バッテリーを交換して
無事にエンジンが掛かるようになったんだけど。
そん時、ライトがちゃんと消えてないことに
気がついたので。
というか、ADACのオニイサンが
教えてくれたので、
つまみをカチャカチャまわして
なんとか消せる術を見つけたのよね。
コツをつかんだというか。
で、そのままズルズル乗ってたんだけど。

今月あたりから、なんかそのコツが
駄目になってきてて。
とうとう10日前ほどにポーランドまで
ドライブに行った際、
ライトが消えなくなってて。
気がつかなかったので1日
そのまま放置してて。
仕事から戻って、たまたま夕方
アタイの車のランプが着きっ放しなのに
気がついて!
こりゃバッテリーが上がるわー!
と焦ってつまみをカチャカチャやったんだけど。
これが。
消えなくてねー。
ひゃー!
と思ったけどどうしようもないので
そのまままた一晩ライトつけっぱなしで。
で、翌朝エンジン掛かるかな?
と恐る恐るやってみたところ。
なんとかエンジンが掛かったので
大急ぎでATUへ行ったんす。

ATUつーのは(アートゥとか、アーテーウーと呼ぶ)
いわゆるドイツ全国チェーンの自動車修理やで
そこらじゅうにあるんだわ。
敷居が低いので行き易いなーと思ってね。
そこで車検もやってもらったしーと。
家から1キロくらいのところにあるので
車に乗って行ったんだけど。
ATUについてから思い出した。
ここの店員たちは感じが悪いんだった!ってね。
なんつーか、いわゆるメカ好き、車好きの
オッサンたちが働いてるんだけど
ベルリナーなのか、
そういう人たちが集まりやすいのかは
知らないけど、なんか感じが悪いのよ。
まずね、客に対する態度が偉そう。
そんでもって。
クロネコは外人で女だからか
「女は車のこと分かってねーからな!」な
態度で接してくるんすよ。
まあ実際、車のこと分かってないけどね。
でもそんな態度取るんじゃねー!
とアタイは思うのよね。
今回も言われたよ。
「ライトが消えない?つまみを回せば消えるんだよ!」
ってね。
クロネコこれ聞いたとき、
は?なめとんのかオヤジ!と思ったよ。
そんくらいわかっとるわー!ってね。
バカにしやがってー!と思ったけど
直してもらわんと事には困るから
とりあえず車を見てもらったのよ。
したらオッサンすぐに
「あ、ライトのスイッチが壊れとるね。
これはメルツェーデスの修理工場じゃないと
直せないわ!」
との診断で。
ATUじゃ駄目だったと。

しょうがなくスマホで近隣のメルツェーデス
修理工場を探し出して。
これまた近くにあって1キロ以内だった。
でもなんかメルツェーデス正規修理ディーラーだと
敷居が高そうだし、
なんといっても価格も高いんじゃなかろうか?
という不安があってね。
けど、このままだとバッテリーが上がるだけなので
行くしかない!と思って行きましたよ。
なんか。
面白い建物の中にある修理工場でね。
レンガ造りの昔の工場跡地か何かを
再利用してる感じで。
クロネコ好みの建物でした。
そこはStern Warteという会社で。
星のメンテナンスって意味だよね。
星はメルツェーデスのロゴのことで。
ドイツでは、というかメルツェーデスでは
あのロゴのことを
「メルツェーデスの星」と呼ぶんだよね。
なので、星のメンテナンスなんだろうね。
良い名前~。

けどまあここも当たり前だけど
野郎どもしか居なくてね。
修理工なんて男の仕事だもんね。
で、またクロネコ完全アウェーですわ。
アジア人かつ、女というね。
でもバッテリーをどうにかせんといかん!
という必死な気持ちがあったので。
「ライトが消えなくて!」
と訴えたんだけど。
冷静なイケメンお兄さんに
「じゃ、来週にアポとりましょうかね。」
といわれて。
いや、いや、いや。
「来週じゃバッテリーがあがっちまうんで!」
と必死で訴えてね。
したら冷静沈着なお兄さんが
手を汚しながらランプを引っこ抜いてくれて
応急処置をほどこしてくれたのでした。
これでバッテリーは上がりませんよと。
言われてね。
よかったー。
けど、なんか修理が高くつきそうな予感がしたので
「幾らくらい掛かりそうですかね?」
と聞いてみたんだけど。
お兄さんは氷のような冷たい美しい顔で
「分かりませんね。」
と一言言い放ったのでした。

しょうがねーな。
と思ったので、アタイはそのまま車で
自宅まで戻ったという。
で、アポの日に車を預けて
というかそれは今週月曜だったんだけど。
修理終わりましたよ連絡は昨日火曜にすぐ
来たというね。
なんか。
お兄さんはスマイルゼロではあったけど
ものすごいテキパキしてたし。
他のオジサン修理工もかなり感じが良くて。
星のメンテナンス屋さんときたら。
クロネコ気に入ったかもー!

なので。
次回の車検はATUじゃなくて
星のメンテナンスを使おう!
と思ったのでした。

にしても、中古車は金掛かるわー。
貧乏クロネコには痛い出費です。

こちらは先日ポーランドまでドライブに行ったときの
写真どすー。
c0016407_4332464.jpg

c0016407_434611.jpg

意外と近くて驚いた。
片道1時間半。
行く場所にもよるけど、アタイが行った場所は
高速は15分程度で、
あとはぜーんぶ片側一車線の田舎道。
村の中を通り抜けるときは時速50キロで
村と村の間は時速100キロ制限。
道も空いてて楽しいドライブでござんしたよ~。

ポーランドとドイツの国境にはオーデル川という
川が流れてて。
アタイはそれが見たかったんだー。
川を渡ったらポーランドなんだけど
急に雰囲気がガラッと変わって。
なんかこう闇市みたいなのがポーランド川にはあって。
タバコとか売ってて、
道路もがたがただし、
標識もなんかプリミティブな感じで。
ドイツと全然違う感じがすごく面白くてねー。
ポーランドはもともと好きなのもあるけど
超わくわくする感じが最高だったので。
また行くぞー!
と決めました。
なんせ近いし。
ポーランド行くぞー。
こんどはもうちょいポーランドの内部へね。
c0016407_4344068.jpg


こちらがオーデル川。↓
戦後この川で国境が引かれたんだよね。
川の向こうもドイツだったのに!的な?!笑
c0016407_428447.jpg

[PR]
# by kuronekomusume | 2016-05-26 04:37 | 日記 | Comments(4)

クロネコ、演劇について語る?!笑

世界の蜷川氏がお亡くなりになられたという
ニュースを読んでまして。
80歳まで現役でがんばられてたんだー
とか。
いろんな俳優さんを育てられたんだー
とか。
そんな普通の感想しか抱いてないんだけど。

というのも。
アタイねー。
舞台を見たことがほとんど無いんですわ。

そうだな、日本では無名の人たちの舞台を
いわゆる小劇団ってやつかな、
そういうのを2回くらい。

あとは。
子供時代におっかさんに連れられて
見に行ったなんらかの舞台。

それと歌舞伎。

そんなもんです。

ドイツにきてからは
去年11月ごろ日本人友達に誘われて
ベルリンで小劇団の舞台を見た。

ほんとアタイの舞台観劇暦はそんなもんです。

やっぱさ。
耳が良くないと舞台は聞き取れないから
大変よね。
ってどうでもいいことを思ってたりする
クロネコでして。
演技うんぬん以前にせりふが聞き取れるかな?
っていうね。
それがドイツ語だとなおさらね。
ドイツ語聞き取れても意味分かるかなー
みたいなね。

歌舞伎は様式美をアタイは楽しんでるので
あんまセリフには重きを置いてないというか。
正直言葉が昔の言葉だから
何言ってるのか聞こえても意味が
分からないからってのがあるんだけど。
でも着物や踊りや、演出とか邦楽とか
五感で楽しめるから好きなのよねー。

でも舞台はどうなんだろね。
値段が高いんじゃ?
とか。
やっぱそういうこと気になるよね。

でね。
最近ドイツ人友達何人かと
たまたま舞台について話す機会があってさ。
それでクロネコ初めて知ったんだけど。

ドイツ人にとっての舞台っつーのは
「政治的な意見および批判を表現する場である」
っちゅーことらしいんだわ。
知ってた?
知ってた?
クロネコは知らんかったよ。

でもドイツにおける舞台、つまりテアターとは
政治的な意見を表現する場みたいよ。
だから政治的な意見が入ってないなんて
舞台じゃない!という扱いなんだそうで。
チャラチャラした演技は問題外だけど。
たとえ役者さんたちが卓越した演技で
誰かの役を演じて、
なんらかのストーリーを見せたとして
その中に政治的意見や批判が織り交ぜられて
無ければ、それはただの駄作。
という扱いなんだそうです。

おおお。

そうなんだ、そうなんだー!
とクロネコは目からうろこでしたよ。

ドイツの有名な劇作家の、ベルトール・ブレヒトが
まさにそう主張してるんだそうで。
”役への感情移入を基礎とする従来の演劇を否定し、
出来事を客観的・批判的に見ることを観客に促す
「叙事的演劇」を提唱した”
とのことだからね。

つまりね。
インテリじゃないとドイツでは演劇なんぞ
出来ないわけなんすわ。
演出とかね。
オノレの主張が無いと出来ないからね。
で、見るほうも、演者や演出家の
政治的主張や意図をオノレで解釈せにゃ
いかんわけだから。
それなりの知識なんかを求められるという。

なんつー、高度な娯楽なんじゃー!!!

とアタイは思いまして。
適当に舞台を楽しんで見たいもんだわー
と思ってるクロネコには向いてないんじゃ
無かろうかと。

じゃあドイツでは古典とかどうなるのよ?
って疑問がわいてくるでしょ?
そういうのも全部現代風に置き換えて
アレンジ加えちゃうのがドイツ流舞台らしいよ。

プッチーニの「蝶々夫人」を例に説明
してくれたんだけど。
オリジナルに忠実に~ってのはマレらしくて。
ストーリーを今現代の問題に置き換えるパターンが
主流なんだそうで。
たとえば、タイにおける欧州男性の
売春ツアーを題材に、蝶々婦人のストーリーで
表現する・・・みたいなね。
で、音楽はプッチーニの蝶々夫人らしくて。
ただ、こういうぶっ飛んだ手法はなかなか
傑作には結びつかないらしく、
割と駄作で終わるパターンが多いから
見に行くときにかなり慎重に調べないと
駄目なんだって話だったよ。

そんでもって。
たとえばワーグナーのオペラなんかも
今のドイツで演じるなら確実にナチスがらみの
演出になるんだそうで。
まあヒットラー総統がワーグナーに入れ込んでたのは
有名な話だから、そうなっちゃうのはしゃあないっちゃー
しゃあないんだけど。
なので、普通のオーソドックスなワーグナーの
オペラってのはドイツじゃ見れないみたいよ。
クラシカルなのは政治表現が入ってないから
駄目ってことで。
ぬぬぬー。
ドイツ演劇界ってばややこしいね。

そういえば、アタイが唯一見に行った舞台も
つーか割とミュージカル風だったけど
セリフの至るところに風刺が込められてて、
ナチス的要素もちりばめられてたんだよね。
こういうのアリなんだーってそん時は思ったけど
ドイツ人友達いわく、
それが普通だよってことだった。
にゃるほどねー。
にゃるほどねー。

で、日本の演劇界はどうなの?
どういう政治的風刺を入れるの?
って聞かれてね。

アタイそもそも舞台とか見ないし。
演劇から距離とってるつーか。
映画とか映像は好きだけど
舞台はちょっとねーと思ってるし。
ミュージカルなんて、いちいちセリフをいうところを
歌っちゃうから、うっとおしくて
むしろ大嫌いだし。
そんな、舞台オンチなクロネコに
日本の舞台事情とか聞いちゃいます?
みたいなね。

で、クロネコの勝手な印象で
答えちゃったんだけど。
普通の日本の演劇舞台っちゅーのは
「役への感情移入を基礎とする」
っていういわゆる、昔風のやつよね?
政治的な風刺とか、批判なんて
織り交ぜてることはあんま無いよね?
もしかすると小劇団とかが
原発反対の意思を込めた舞台とか
やってるかもしれないけど。
渡辺えりこさんなんかは政治批判的な
舞台とかやられてるんだろうかね?
よく分からないんだけど。
でもたぶん・・・
いわゆる商業演劇っちゅーのは
もうまさに「役への感情移入」をやってなんぼ!
の世界じゃなかろうかと。
日本の有名な俳優さんは基本的には
政治的な表現なんかしないし
そんなことしたら干されるよね。
危険すぎて誰もやらないでしょ。
スポンサーつかなくなるし。
そんなことしたのは・・・
山本太郎ちゃんくらいよね?
太郎ちゃんはだから政治家になっちゃったもんね。
そういう手しか無いよね?

だから、
「日本では演劇というか舞台での
政治的な意見、批判を表現することは
基本的には無いと思う」
って答えたんだけど。
どうでしょ。
あってるかな?

演劇界、舞台に詳しい人が読んだら
「こんにゃろ、クロネコ
見当違いのウソで日本演劇界を
おとしめるんじゃないっ!」
って思うかもしんないけど。
どうなんだろね。

で、アタイがこう答えたら、
友達のコンスタンツェは超びっくりしてて。
「じゃあ日本人は一体どこで
政治的な不満や批判を表現してるの?」
って言ってたわ。

・・・。
・・・。
「えーと、特にそういう場は無いと思うな。
しいていえば、インターネットで垂れ流す程度かなと。
芸術とリンクすることはあんま無いと思う。
商業的じゃないニッチなところでは
あるかもしんないけど・・・」
と答えるのがやっとでございましたわ。

でも、日本の演劇人が
「アベシンゾーのクソみたいな政権にはうんざりだ!
あのバカ男を演劇で批判してこき下ろしてやる!」
みたいなことやってるとは思えないんだわ。
「戦争法案なんか通しやがって!
アベは辞めろ!な内容で舞台を表現してやる!」
みたいな声も聴かないし。
クロネコが知らないだけで結構東京の
アングラ演劇じゃ主流だったりするのかな?
どうなんだろ?
まあ、少なくとも蜷川氏はそういうのじゃ無さそうだよね。
なんとなくそんな気がする。
うん。

とまあ、演劇っちゅーもんは
ドイツにおいてはブレヒト理論が浸透してる様子です。
とにかく政治的。
「政治的じゃないものは演劇にあらず!」
それがドイツの演劇だそうです。

クロネコ割と政治的な考えを持つのは
好きだけど。
演劇でそれをみるのはなんか疲れそうで
気が乗らないんだわ。
気楽にX-MEN新作映画をのほほーんと
映画館で見たいもんです。

あ、でもユダヤ陰謀論批判みたいな
舞台があるなら見てみたいかも。
それ探し出すのが面倒くさいけど。
なんせベルリンじゃ、
すごい数の舞台が上演されてるからね。

以上、クロネコのとんちんかんな
演劇論でした。笑
[PR]
# by kuronekomusume | 2016-05-16 03:57 | 日記 | Comments(4)

レイシスト・クロネコ

あらかじめ断っておきますけど。

っていうか、ここ読んでくれてる人は
既に知ってると思うけど。

クロネコはレイシストです。
ものすごい人種差別主義者です。

嫌なこと言われたり
嫌なことされたり、
はたまた金品を奪われたり、
泥棒に入られたり。
そういう目にあっちゃってるから
正当防衛で人種差別主義者になりました!

もうね、温情とかゼロ。
やつらに同情心の欠片も無い。
とにかく嫌い、大嫌い。
むしずが走るんじゃおまえらはー!
としか言えない。

とにかく嫌いなんじゃ。

一番嫌いなのは、
トルコを含むイスラム系。
もうすべてが嫌。
考え方、しゃべりかた、生き様、
どれもこれもアウト。
クロネコとは合わない。
連中と会話すると頭がおかしくなる。

そりゃね、ドイツに居るトルコ人なんかは
お店をやってる人は人当たりも良くて
フレンドリーなんすよ。
だから、そういうのしか知らない
お花畑さんたちは
「えー、トルコ人たち親切だよ~」
とか、ぬかしやがるんですわ。
そんでもって。
「トルコ人はドイツ人に対して
対抗心とか、不満とか持ってるけど
日本は同じアジアってことで
親しみを持って接してくれるよね~」
とか、ほざいてる人もいる。

ほんっと。
同じアジアとかやめてくれ!
って思う。
あんな低レベルなのと一緒にせんといてくれー!
ってのがアタイの思いだよ。
やっぱね、西アジアと東アジアじゃ
もう別ものなのよ。
宗教観も、文化も、何もかも違う。
一緒じゃない。
ぜーんぜん違う!

クロネコもね、接客レベルでいうと
トルコとかイスラム系はフレンドリーだと
認めるよ。
けど、やつら利害関係が絡むと
一変するから。
急に自己都合で主張してくるから。
論理的に話し合いとか無理だから。
そんでもって。
約束とかぜんぜん守らないから。
マジで低レベル。
まあ、だから飲食店の店員くらいとしか
関わらないのがちょうどいいと
アタイは思う。
日本人の感覚とは合わないから。
嫌な目にあいたく無いなら
深く付き合っちゃ行けない。
それがアタイからの忠告。
痛い目見ちゃってるからね。

ベルリンには腐るほどトルコ人が居て。
(マジで腐ってるけど)
エリアによっちゃ建物の見栄えが悪化
するほど、トルコ風にカスタマイズ
されちゃってるという。
クロネコそういうのをみて
「エキゾチック~」
とか、とてもじゃないけど言えない。
こんにゃろーめ、センスの悪い色合いと
ださい感覚で、ベルリンの街を
汚しやがって!
くらいにしか思ってないから。

ベルリンのノイケルン地区とか
クロイツベルク地区は
今イケてるエリアなんだけど。
そこにはアーティストやらドイツ人の
若者たちが集ってるのよね。
けど、トルコ人も密集してるエリアなんだわ。
そういう雑多な感じが良い!と
されてるのかどうなのかアタイには
よく分からんけども。
クロネコはトルコ人が集うエリアは
嫌いなので、流行ってようが何だろうが
ほとんど行かないんだわー。
車で通るだけでもその雰囲気が嫌なのよ。
それに。
道を歩いてたら、アパートの上から
爆竹が降ってきたりするからね。
そんなとこ、嫌よ。

ちなみに、ノイケルンにはトルコギャングみたいなのが
たくさんいるので、ドイツ人もちょっと
びびってる・・・という話を聞くよ。
そりゃそうよね。

新郎新婦を乗せた車が
クラクションを鳴らしながら走るのは
アタイが思うに、欧州の風物詩というか
結婚おめでとう~
just married♪
的なほほえましい光景だと思うんだけど。
ベルリンにきてからというもの
クラクション鳴らしまくりの車が
連なって通り過ぎる場合、
ドイツ人カップルが結婚したのかなと
車を見ると。
100%トルコ人カップルの結婚祝いなんだよね。
で、悪ふざけ的な感じで
トルコ人が車を何台も連ねて走ってて
ほんっと見苦しいんだわ。
トルコの若者ドモが大騒ぎしながら
車の車線変更をして通り過ぎるというね。
ほほえましい気分からは程遠くなる。

こないだ夕方もうるさいトルコ人結婚式軍団を
見てしまって・・・
テンション下がるわーと思ってたんだけど。
ふとクロネコ分かったのよ。
あ、こいつら・・・日本でいうところの
田舎のヤンキーそのものやな!
とね。
そんでもって。
DQNってやつ。
車の仕様もまさにDQNが好みそうな感じのやつ。
彼らの見た目もヤンキー仕様。

ヤンキーって、グループで騒ぐでしょ?
派手な運転をして「俺様すげーだろ!」
って威嚇してくるでしょ?
だっさい格好をイケてると思ってるでしょ?
何かと突っかかってくるでしょ?
でも頭悪いから、論理的に破綻してるでしょ?
理論的につめても、逆ギレしてくるから
議論にならんでしょ?
でも仲間内への思いは熱いでしょ?
それを良いとするか、うざいとするかは
主観かもしれないけど。
アタイはウザイとする派です。
眉をひそめる派です。
そんなものを受け入れるほどの寛容さは無い!

ま、とにかくイスラム系が大嫌い
ってことだけは確かです。
つーか、クロネコ、イスラムの国に移住した
つもりは無いのに、何でこんなにイスラムが
溢れてるんだよ!
って感じ。

でね。
次に嫌いなのがアフリカ黒人どもだよ。
もうね、あいつら大嫌い。
嫌いすぎてヒステリー起しそう。
何で黒人どもが嫌いかというと。
それは簡単。
「アフリカ黒人どもがアタイらアジア人を
人種差別するから!」
です。

え?
え?
えー!!!
って思うでしょ。

アタイも思ったよ。
っていうかいまだに納得いってない。
なんでアタイが黒人に差別されないかんわけ?
と。
クロネコが知る限り。
アパルトヘイトとか、黒人奴隷とか
黒人の歴史っちゅーもんは、
黒人が白人に差別されてきたってやつよね。
そういう認識。
で、うちらアジア人はある意味
蚊帳の外というか、第三者的な感じで
白人に差別されてきた黒人を俯瞰してる・・・
それがアタイの黒人観だったんだわ。

で、人種差別はよろしくない!
みたいな風潮が出来上がって。
そうね、そうね。人類みな兄弟!
みたいな美しい考えが21世紀を
牽引してきたとアタイは思ってたんだわ。

それがだよ。
アフリカには一度も行ったことが
ないクロネコだけど。
つーか、死ぬまで行かないし
興味も無いんだけど。
欧州にはわんさかくろんぼがいるから
嫌でも目にするんだよね。
まあ、植民地つながりとか、
難民とかで、いっぱい入ってくるからね。
フランス、イタリア、イギリスに比べると
ドイツは黒人が少ない方だけど
でも最近やっぱ増えてきたよね。
それもこれも移民政策が失敗したから
なんだろうけど。
難民申請してるくろんぼが多いからだろかねー。

でね。
ドイツで見かけた黒人どもときた日には。
女は良く知らないけど。
黒人男はアジア人蔑視をするんだよね。
ほんっと。
何でアフリカ土人に差別されないといけないのか
クロネコさっぱり分からない。
ちなみに仕事でケニアとかいったことある
日本人男性に聞いたことあるけど
やっぱアフリカ人はアジア人を差別
してくるって話だった。
何故?
なんでなんでなんでー!!

アフリカって。
何カ国あるかも知らないクロネコだけど。
30カ国以上ってくらいしか知らないけど。
日本政府は長年にわたって
いろんな国に資金援助してるよね?
それあのくろんぼたちは理解してるのかな?
何年も何年も資金から技術から
いろいろ援助してもらっても
何年経っても知識も何も得られず、
一向に発展できてない現実・・・。
どんだけやる気が無いんだ?
どんだけ自立心が無いんだ?
どんだけオチこぼれ人種なんだ?
どんだけ資金をどっかの誰かが独り占め
してるんだ?
むしろ。
わざと発展させないようにして
先進国から金をせびるのがビジネススタイルか?
と思ってしまうほどの、愚鈍ぶり。

ケニアを例に取るとだよ。
企業を経営してるのはインド系らしくて。
下で働いてるのがケニア人黒人なんだとかで。
つまり。
アタイが思うに。
黒人には経営は出来ないんじゃなかろうか?
ってことよ。
全部が全部そうじゃないにしても。
傾向から分析できるからね。
別にクロネコの分析が間違っててもかまわないし。

クロネコのアフリカ人評価はとことん
低いんだけど。
そんな低脳な黒人なのに。
なのに。
なのにだよ!
資金援助元であるスポンサーの
アジア人を差別するわけだから。
どういう神経しとんじゃー!
って思うわけで。
途上国支援金なんぞ、即刻打ち止めじゃー!
無駄金だよ、無駄金!
感覚の違う人種に金なんてやっても無駄!
技術提供も無駄!
同情不要!

そんなことしたってやつらは
アタイらアジア人を差別してるんだから。
蔑視してるんだから。
自分らのほうが上だと思ってるんだから。
なんでそんなやつらを援助しないと
いけないわけ?
黒人どもにしてみたら、
やつらのほうが立場が上なんだから
下僕のアジア人が自分らを助けるのは
当たり前!
って思ってるんだよ。
感謝なんてされてないよ。
むしろ、下僕は俺らにみついで当然!
俺らをやしなえ!
位に思ってるだけだよ。
あー、むかつく、むかつく!
ゆるせないー!

アジア人の尊厳が踏みにじられてるよー!

クロネコが何故ここで、日本人と書かずに
アジア人と書いてるかというと。
それはアフリカ土人は本当は中国人を
嫌ってるからなんす。
中国蔑視なんす。
でも知識が無くて無能なくろんぼは
アジアには中国以外の国がたくさんあることを
知らないんだわ。
だから、アジア人イコール中国人だと
思っていて。
中国を馬鹿にしてるついでに、
とばっちり的にクロネコも差別されてるわけなんす。
で、クロネコここで
中国人めー!とはならない。
何故ならアタイは個人的に中国人に
恨みはないし、
中国人から嫌なことをされてないからで。
それよりくろんぼのほうがアウト。
だから、無能で無知なくろんぼが憎い!
ってことになるんだわ。

それに中国だって相当な金額をアフリカに
支援してるわけで。
もしかするとアフリカ土人に嫌われることを
何かしでかしてるのかもしれないけど。
中国人は世界各国で嫌われてるから
別に珍しい話じゃないし。
だがしかしだよ。
資金援助してくれる国に対して
何故に人種差別的発言ができるのかが
アタイには理解できないんだわ。
でもそれはくろんぼだからだろうね。
アタイとは考えも感覚も違うんだろうね。
逆にそれで良い。
むしろ違うのが嬉しい。
あんな低レベルな人種と同じ感覚を
持ってるって分かったら
ショック死するから。

あ、クロネコが言う差別発言ってのは。
「チンチャンチョン」
ってやつね。
そんなこと言われたくらいで黒人を
ここまでけなすなんてー!
って思う人もいるかも知れんけど。
クロネコはこの言葉を言われるのが
死ぬほど嫌いなんす。
コレ言ってくるイコール、
「クロネコの敵とみなす!」
だから。

それ差別発言かな?
とか言ってる人は甘いよ。
感覚が甘すぎる。
あんたそんなんだから外人になめられるんだよ!
ってクロネコが説教してあげたい。
そんくらいダメ。
反省しないと。
日本人としての尊厳をもたないとダメ!

けどねー、20年くらい前はドイツ人にも
すれ違いざまにコレをよく言われたんだよね。
特に西ドイツ人に言われた。
しかも憎しみを込めて。
あの憎悪丸出しの言葉は忘れられない。
ので。
今の時代はそういうことはドイツ人からは
言われないし、ドイツ人自身も
自分たちは差別をしない!と
自負してるから。
わざと、ああそういえば20年くらい前は
西ドイツ人によく言われたわー!
って言うようにしてるクロネコなのでした。

けどこの言葉、「チンチャンチョン」
って変な言葉だよね。
これはどういう意図で使ってるんだろうね。
クロネコが勝手に想像するに・・・
アジア人いがいには、中国語は
「チンチャンチョン」と聞こえるから
なのかなと。
でも。
チンとチャンはなんとなく分かるにしても。
チョンは、日本人にしてみたら・・・
半島の国をけなす言葉だよね。
だから、アタイとしては、
チョンだけが南北朝鮮を指すように
思えるんだけど。
まあ、しいて言えば日本語でも
ちびまるこちゃんとか、
あられちゃんとか、
ひみつのあっこちゃんとか
ちゃんが入ってるから。
この「チンチャンチョン」は
中日韓が見事に組み合わされた言葉だ!
といえなくも無いよね!
・・・。
なんてね。
んなことクロネコは微塵も思ってませんから。笑

ちなみに、ドイツ人はじゃんけんをするときに
「チンチャンチョン!」って言う場合があって。
クロネコ初めて聞いたときは
ショックのあまり息が止まるかと思ったよ。
和気藹々としてたのに何でいきなり
差別的なことをアタイに言うわけ!
と思ってね。
でも言ってた本人は悪気が無いみたいだったので。
なんかうやむやになったんだけど。
何でわざわざじゃんけんの掛け声を
それにするかなー!
っていまだ胸のつっかえが取れないという。

アタイはこの言葉をものすごーく
神経質に捕らえてしまうんだけど。
本来はこれは中国人を侮蔑する言葉なわけで。
だからアタイも、
「ああ、このアフリカ土人は
中国人を差別してるんだな」
ってスルーすればいいんだけど。
・・・。
それが出来りゃ苦労せんわー!って話で。
くろんぼは確かに中国人を侮蔑してるんだろうけど
でも実際にやつが面と向かって
その言葉を吐いてきてる対象は、
中国人ではない、
中国人に良く間違われる日本人のクロネコなんすわ。

だからアタイにとっちゃその時点で、
中国人とかそういうのは吹っ飛んでて、
アタイに対する侮蔑、挑戦だと受け取るわけで。
だってそこにアタイが居なかったなら
そのくろんぼは忌まわしいあのの言葉を発しなかったわけでしょ?
つまり、侮蔑の対象はアタイなんだよ。
アタイへの個人攻撃。
だから、アタイの尊厳が侮辱されたと受け取るのは
当然なんすわ。
なのでささやかな仕返しとしてアタイは日本語で
しかも小声で(なんせ相手はガタイのでかいくろんぼ男だからね)
「おのれ、この低脳くろんぼがー!」
と吐き捨てるようにしてます。
そうでもしないと気分がおさまらないんだものー!。
体の小さいアジア人女性のクロネコ相手に
そんなことを言ってくるくろんぼって
やっぱり低脳だよね。
最低だよね!
中国人蔑視、アジア人蔑視に加えて
完全なる女性蔑視だよ。

ふと疑問なんだけど。
クロネコはこの言葉を言われると怒り狂うんだけど。
実際のところ、それを言われる中国人は
どう思ってるんだろうね?
あの人たちそういうこといちいち
気にしなさそうだからなー。
スルーかな。
そういうこと聞けるほど親しい中国人とか
居ないからなあ。
居たら絶対に聞くんだけどな。

ちなみに。
イスラム系もコレを言ってくるよ。
やっぱ低脳で、低俗な人種がこういうことを
言うんだろうね。
軽くからかいついでなんだろうけど。
相手をからかってやろうと思ってることじたいが
低脳を証明してることになるのに
それにさえ気がついてないという
レベルの低さ。
へどが出るわ。

まー、とにかくクロネコの人種差別は
ひどいもんだから。

ちなみに、前にも書いたけど。
さらに嫌いなのがジプシーで。
ジプシーは人種差別というより。
人間としてアタイは認めてないんだわ。
もうね、あいつらはパラサイト。
寄生虫だから。
クロネコはあいつらを理解できないし
理解したくも無い。
やってることが人間じゃない。
だから人間として扱わない。
虫なだけあって、やつらを見ると
虫唾が走るんだわ。
ああ、また気温があがってきたから
あいつらが湧いてくるよ。
心底嫌。

そういえば。
マンガついでに。

クロネコ、浦澤直樹さんのマンガが
結構好きなんだけど。
浦澤さんの作品を読んでると
その作品を描いた時代背景が
関係してるんだろうなとは思うけど。
なんか。。。
「ドイツで差別待遇を受けてるトルコ人」
に同情的なストーリー展開に
なってたり。(Monsterとか)
「ナチスドイツ時代からの流れで
迫害をいまだうけてるジプシー」が
題材になってたりもして。(マスターキートンとか)
まあ、それもそうかもしれないんだけど。
だけど。
だけど!
それ表面的だわーと思っちゃうんだよね。
または、まあ20年前とかならそういう
見方が主流だったかもなーと思ったり。
クロネコはまったく逆の考えだから
う・・・・んと思ったりなんかしてね。

まあ、日本でニュースを見たり
新聞記事やらを見てると
「差別的なドイツ人は悪」
みたいな考えになるのは仕方ないよね。
ドイツで住んでみたら、
考えも見方も180度変わらざるを得ないことに
気がつくだろうけど、旅行ぐらいじゃ
分からないからねー。
よもや、
日本人である自分が
差別されてる側のイスラム系やら
アフリカ黒人どもに、差別的なことを
されるなんてね。
知らないだろうからね。

ベルリンに住んでる日本人は
多かれ少なかれ一度はイスラム系から
嫌な目にあってると思うよ。
「えー、私そんなこと一度も無いー!」
とか言う人が居たら。
相当おめでたい人なんだろうなと。
そんでもって。
イスラム系と感覚があってると思うから
ぜひともイスラム系の人たちと
仲良くしてみたらいいんじゃないかな。

それにしても。
先週はまじでアフリカ土人に
むかついたわー!
ぷんすか!
一度大使館の人をとっつかまえて
(クロネコの職場の前にコンゴと
ナイジェリア大使館がある)
「つーか、あんたら黒人は
アジア人に何の恨みがあるんじゃ?
なんで差別的なやつらが多いんじゃ?」
って聞いてみたいんだよね。
さすがに大使館関係なら、知識層だから
まともな人たちかと思うんでね。

そういやさ。
仕事場の前の通りを定期的に
アンゴラ?かどっかの国の人たちが
その国の政権が独裁的で最悪だー!
アンゲラ助けてー!みたいな
デモ行進をやってるんだよね。
人数は100~150人くらいかな。
まあ、小規模デモなんだけど。
なぜかそのデモ隊は100%男性しか
参加してないという。
アフリカ女性ってインドみたいに
女性だけじゃ国を出れないんだったっけ?
はたまた、デモみたいな政治活動に
女性が参加するのは禁止なんだっけ?
女性差別?
それとも命を危険にさらすデモに
女性が参加すると危ないから男性が
守ってるのか?
・・・
黒人憎し!とか言いつつも
そんなことを考えてるクロネコなので
ありました。

けど。
アフリカ諸国への途上国援助打ち切り!
という考えは変えませんよ。
[PR]
# by kuronekomusume | 2016-05-15 04:37 | 日記 | Comments(6)

自分、一匹狼なんで!

あー、また忙しいのか、ぼーっとしてただけなのか、
気がついたら日が経ってました~。

最近マンガを読むようになったのが
いけないんじゃなかろうかと。
スマホでマンガを読んじゃっててね。

アタイ、マンガを読んでたピークは
高校生のときだったかな。
マンガしか読んでなかった。
あとたまに自分でもかいてた。
そんで、時々カラオケに学友たちと
放課後に行く・・・みたいな。
それ以外は普通に家と学校の往復。
そんなシケタ高校時代を送ってました。
彼氏なんていなかったし。
バイトもしてなかったし。
(卒業する2ヶ月間に地元の
田舎のスーパーでレジ打ちやっただけ)

ほんと地味な田舎の高校生そのものだったね。

大学生になったらマンガ買うお金を
他にまわすようになったから
マンガはあんま読まなくなって。
社会人になったら時間が無いから
もっと読まなくなって。
たまーにマン喫でオールして
好きなマンガを読みふける~
みたいなことはやってたけど。
ドイツに来たらマンガ自体無いし
もうどうでもよくなって。
そうね、まさにここ7,8年
マンガから遠ざかってたよ。
中学時代は漫画家になろうかな
ってちょっとは思ってたアタイが
数年間マンガから離れてたなんて!
ってくらいマンガ読んでなかったのよね。

で、なんだかんだと、
アンドロイドスマホで読めることが
分かっちゃって。
ああ、なつかしの~なマンガを
読み始めたのが運のつきってやつね。
止まらない止まらない。
睡眠時間もネット時間も少なくなるわな~と。
ジョジョとかね。
ジョジョの第一章、第二章なんて
高校時代以来だからすっかり内容を
忘れてたよ。
浦沢さんのマンガとか、めぞん一刻とか
読んじゃってます。
おもしろいわー。

そんなわけでオフラインでマンガを読んでました。

マンガばっか読んでたわけじゃなく
普通に生活もしてたんだけどね。

で、タイトルとまったく関係の無い
マンガ話ばっか書いたから
この辺でマンガは終わりにして。

最近アタイがちょくちょく仲良くしてる
ドイツ人友達の何人かが
口にする言葉がなんだか面白いなと
思っててね。
それは。

「自分、一匹狼なんで!」

ってやつなんす。
ドイツ語だと、
ich bin Einzelgängerになるんだけど。

最初聞いたときは。
はあ・・・
と思ってね。
なんかよく意味が分からんなあと。

一匹狼っつーことは、どこに行くにも
一人で行っちゃう人ってことなんだけど。
なんか普通に友達と行動をともにしてる話を
よく聞いてる人だと。
一匹狼ね・・・って思っちゃうのよ。

まあ、一人は、まさにどこでもお一人様で
行っちゃうようなドイツ女子だから
確かに一匹狼さんかもしれない。
旅行も一人旅が多いし。
でも友達とも旅行してるような話をしてたし。
かつ。
クロネコと一緒にプール通いもしてたし。

普通のドイツ人と比べれば
「わたしは群れたりしませんのよ!」
ってことなのかもしんない・・・。

そんで。
別に友達とベタベタもしないし。
Facebookも
Whatsupもやんない!
(日本で言うLINEみたいなやつ。
こっちではLINEを使ってる人はおほとんどいない)
みたいなね。
真の友達と呼べる人は一人くらいしか居ない!
みたいなね。

なるほど。
なるほど。

まあ、確かに親友なんてのは
何人も居るもんじゃないよね。
そんなの無理だもんね。
10人とか居る人はうそ臭いよね。
アタイも二人くらいかなあ。
それで十分よね。
その点は同意だわ。

そんでもって。
高校時代の友人なんて全員切っちゃったよ!
みたいなね。
あ、それアタイもですわーと。
大学時代はちょこちょこつながってるけど。

クロネコはここ数年は小学校時代の
学友たちとつながってて。
それがとっても楽しいんだわ。
年に一度しか会えないけど
それが良い!みたいなね。
みんな楽しみにしてて。
小学生時代の子供の頃をお互い知ってるから
なんか安心できるんだよね。
そんで誰がどこに住んでたとかも
知ってるから、それまた安心感があってね。
でも話すネタはくだらない最近の出来事とか。
それがまた楽しいんだわ。
なんかねー、6年3組のメンバーは
クロネコにとっては楽しいメンバーだったので
いい思い出ばかりだったんだけど。
それはアタイだけじゃなくて
どうやらクラスメートのほとんどが
そうだったみたいで。
そういうのがまた楽しいのだ。
で、アタイの帰省を理由にみんなが
年に一度集まるというね。
これほんと今後も続けたいな~って
思ってる。

そうそう。
一匹狼の話ね。

なぜかクロネコと仲良くしてくれる
ドイツ人には一匹狼風吹かす人が多いってことが
最近分かったのよって話。

まあ、確かに皆さん普通のドイツ人と
比べれば割と風変わりだし。
なかなかの一人行動できちゃう派では
あるなーと思うけど。
思うけど。

アタイの方こそ、一匹狼じゃ無かろうかと!
思うんだよね。
でもアタイはいちいち人に
「アタイ、一匹狼なんで!」
とか言わないんだわ。
だって。
そんなのいちいち言う必要あるかね?
と思うんでね。
それに人からもそんなこと言われたこと
一度も無いしね。
「あんたは自由で強いねー」
ってのはいろんな人から言われるけど・・・
良いのか、悪いのか・・・。

でもまあ、確かに普通のドイツ人は
寂しいから群れたがる習性があって。
お一人様とかやりづらい環境では
あるんだよね。
「お一人様は孤独で寂しいやつだ!」
と憐れみの目で見られるからね。
で、余計なお世話で
「ごはん食べに行くけどあなたも
一緒に来ない?」
って誘ってくれたりね。
いや、いや、行きたきゃ自分から
言いますんで!
って思っても、
なんせ基本哀れみの情だからね。
一人でごはんを食べるなんて
寂しすぎるでしょー!!!
って勝手な判断を下されるんだわ。
ほっといてくれーってのが
こっちの思いなんだけど
寂しがりの人はそこには気がつかないからねえ。

そんなときはやっぱり、
「自分、一匹狼なんで!」って
決めゼリフをビシッと使えるように
しておくと便利なのかもね。
下手にかまわれて
一緒にいたくない人と居る羽目になって
疲れちゃう・・・ってことになるくらいなら
はっきりさせといたほうが良いに
決まってるもんね。
だから。
決めゼリフを言う人が多いのかも。

にしてもさ。
東京のお一人様のやりやすさったら
すっごいよね!
あれに慣れて同じようにドイツでやろうとすると
ものすっごい不自由な気分になるよ。
ライブに一人で行くのも変人扱いだし。
一人旅ばかりしてるとそれもなんか
寂しい人扱いだし。

映画でさえアウトよ。
映画に一人でふら~と行くタイプのクロネコは
ドイツの映画館に入ると、
グループとかカップルの客しかいないことに
愕然としちゃうんだわ。
頭のおかしな孤独な東洋人!ってのが
浮き彫りになるというかね。

カフェも一人でフラッと入っちゃうけど
日曜とかだとカップルか家族連れ、
友達同士がデフォルトだからね。
なんだ、この国は!みたいな。
お一人様は家にこもるしかないのか!みたいな。

クロネコは団体行動が大の苦手だから
グループでどっかに行きましょう!
ってのは、精神的にちょっと疲れを伴うんだわ。
仕事の一環だ!と思えば出来るけど
普通のオフの日は絶対いや。
自由にしてくれー!
って思っちゃうんだよね。

あと、アタイたぶん本質的に
人見知りなんだよね。

え?
え?
えー!!!
って言われそうなくらい誰とでも
おしゃべりしちゃうし。
誰にでも話しかけていくじゃないのー!
って言われそうだけど。
でもね、本質は人見知りだと思う。
おしゃべりな人見知り。
誰かと居るとき沈黙が怖いから
無理やりしゃべっちゃうタイプ。
あと気を使いすぎて疲れちゃうのよね。
アタイの気遣いは、トークをする!だよ。
おかず取り分けたり、飲み物オーダーしたりとか
そういうのとは違う。

ああ。
クロネコってばほんとにもうどうしようもない
ところまできてるよ。
一人で自由にしすぎてるとこうなるんだね。
悪い見本になってるわ。

一匹狼とか言うと聞こえはいいけど
要するに、人に合わせられないだけだからね。

とまあ、こんな感じで。
基本ドイツ人は寂しがりの群れたがりです。

日本人が思うところの個人主義は
お一人様に近いと思うんだけど。
ドイツ人が言うところの個人主義っつーのは
むしろ、ジコチューつまり
エゴイスト的行動じゃなかろうかと
思われます。

なので、ドイツ人は
群れたがりの寂しがりで
一人行動とか苦手で出来ない人が多いのが
特徴なんす。
なおかつ自分勝手なエゴイストというね。

つまりつまり。
一匹狼だからといって、
イコール個人主義では無いんだよと。
でも一匹狼のエゴイストもいるだろうから
それは個人主義ということになるかもね。

あくまで。
クロネコの印象です。
[PR]
# by kuronekomusume | 2016-05-10 05:14 | 日記 | Comments(3)

クロネコ、レズ疑惑

いやもうね、今日も言われてね。
「クロネコさん、レズかと思いました。」
ってね。

さすがに3ヶ月以内に二人から
言われたら。
え?
え?
ってクロネコも戸惑いますわって話。

30歳前後の日本人女性二人から
3ヶ月以内にアタイは、
レズだと思ってました!
って言われたんすよ。

一回目にアタイに言ってきた女子は。
中学高校と女子高育ちで。
女子としか会話したことがありませんでした。
って子なんす。
ちなみに彼女は近々結婚予定だから
ヘテロだよ。

まあ、人のこと読み間違えることも
あるわなー。
くらいに思ってたし。
アタイの古くからの友人なんかには
ほとんどネタっぽく、
「ウケルでしょー、アタイがレズだって!」
みたいに言ってたのよ。

したら、今日は別の女子が。
彼女は30歳かな。
クロネコさん、絶対レズだと思いました。
って伝えてきて。
しかもねー。
彼女はバイセクシャルなんだそうで。


クロネコ驚愕っすよ。

経験者の目から見て、アタイはレズに
見えるってことらしいんでね。
マジで?
マジで?
え、どこが?
何が?
どうして?

って焦りましたわー。
つーか、今もなんか焦ってるけど。

いやまあ確かにアタイは
美人女性とか、かわいい女子とか、
熟女系で色っぽい女性とか
大好きだし。
若くてかわいい子なら知り合いたいなー
とか思って声を掛けることも
無きにしもあらずではあるけど。

だけど!
だけど!

いつもここに書いてるとおり
アタイは根本的には
女嫌いなんすよ。

女はヒステリーだし、
感情的だし、
話がつまんないし、
オチとか無いし、
会話が浅いし、
自分勝手だし、
気を使わせるし、
自分は気を使ってる振りして
実は良い人を演出してるだけだし。
優しい雰囲気を出してる割に
他人には冷たいし。
口ばかりで実は相手のことを
思いやってないのに、優しい自分すごい!
みたいな空気を出すし。
すぐ張り合ってくるし。
なんだかんだいって人のこと馬鹿にしてるし。
自信家で自分は他の女より上だと
思ってるし。
陰険だし、意地悪だし。
何考えてるか分からんし・・・
というかたぶん何も考えてない。

とにかく、女は嫌いなんすよ。
苦手。
いつも書いてるけど一人なら
クロネコも相手に出来るし
なんとか太刀打ち可能だけど。
集団だと無理。
三人以上は疲れるだけ。
気を使いすぎてどうにかなるわー
って感じ。

幾らかわいい子でも歳をとったら
うっとおしい性格になるんだろうなと
思ってる。

そんぐらい女が嫌なのに。

何故にアタイがレズなんじゃー!
って思うわけで。
ほんと、掘り下げて聞いていかないことには
納得いかないわー。
ポテンシャルがあるってことかな?
クロネコもしくはバイセクシャルか?
自分ではまだ気がついてないとか?
いやー、未開のゾーンだわ。
でもクロネコそんな性癖無いし
開発したいとも思わんぞよ。
むしろNGだし。
いやー。
どういうこと?
ってほんとプチパニックよ。

つーか、アタイはどっち側になるんだろ?
どっちとかそういうの無いのかな?

ベルリンはレズビアンカップルが
結構いて、よく見かけるんだけど。
パッと見てすぐ分かるのは
片方がオナベっぽいからなんす。
いかつい体つき、いかつい動き。
見た目も短髪でカッコいい感じで。
クロネコそういう見た目じゃないのよ。

だからといって。
女っぽいわけでもなく。
女子力むしろ低めだからね。
ガサツだし・・・。

だから、クロネコありえないと思うんだけど!

ちなみにね、
ヘテロの日本人女性からみると
クロネコがレズなんてありえないー!
ってことらしいんだよ。
でも前述したバイセク女子いわく
「そういう経験が無い人には
見分けられないんだと思います」
ってことらしく。
ほ、ほ、ほんと?!!!
マジで?
みたいなね。

いやー、深いね。
クロネコどうなる?笑
[PR]
# by kuronekomusume | 2016-04-07 04:36 | 日記 | Comments(1)

パナマペーパーズ

ぬおおおお。
今度は、
パナマペーパーズ・スキャンダルですか!
なんだか大変な騒ぎになりそうな予感という
記事を見かけて。

パナマペーパーズって何?
と思ってね。
日本じゃあんまメディアは報じてないとか。

ドイツのメディアは絶対報じてるよねー
と思ってグーグルドイツで検索したら。
(つーか、アタイのWinOSはドイツ語なので
デフォルトがグーグルドイツなんだけどね)

ズート・ドイチュ・ツァイトゥングの記事が
トップに出てきて。
これ、南ドイツ新聞っつーんだけど
ドイツじゃまあまあ大手新聞にあたる。
というか。
ドイツでは基本地方紙が力を持ってて
南ドイツ新聞も田舎の新聞社と思われがちだけど
そんなことはなくて、
大手ドイツ新聞社に相当する。
むしろ首都の名前を冠にしてる
ベルリーナー・ツァイトウング(ベルリン新聞)なんかより
はるかに大手というか、信頼されてるといえるよね。
フランクフルター・アルゲマイネなんか有名よね。

とはいえ。
どこの国も既存メディアなんぞは
基本御用メディアだってことがばれてて。
このご時勢ネットでいろいろ暴露されてるもんね。
アタイらゴイムたち(いわゆるユダヤ支配者層から見た
アタイら奴隷はゴイム=家畜と呼ばれてるんだって)
を都合よく洗脳するためのツールだからね。

なので。
南ドイツ新聞てばスゲー!
世界を揺るがすスクープじゃん!
さすがドイツのジャーナリストたち!

だなんて。
アタイは思いませんよ。

でも、何がどうなってるのかを知っておくのかは
大事だからね。

クロネコが現時点でサラーっとネットで
読んで理解した内容は。

-どっかの誰かが匿名で2015年のいつだかに
南ドイツ新聞に、パナマペーパーズなるものを
情報提供してきた。

-パナマペーパーズっちゅうのは、
タックスヘイブンのパナマにある弁護士事務所
Mossack Fonsecaが世界のお金持ちたちの
マネーロンダリングや脱税とかを手助けするために
悪事を働いてた業務内容の文書(ペーパーズ)の
ことなんだそうで。

-で、このペーパーズは2.6テラバイトもあるんだそうで。
ものっすごいデータ容量なんすよと。
1977年から2015年までの脱税を手助けした業務を
文書化したものってことで。
いわゆる、脱税の証拠ってやつね。

-取引することにした南ドイツ新聞は
俺らだけじゃ手に負えねーと思ったのか否か
ICIJ(International Consortium of Investigative Journalists
=調査ジャーナリストの国際コンソーシアム)に協力を依頼して
一緒にペーパーズの内容を解読したんだそうで。
といっても膨大な量だから、一部しか解読できてないとかで。

-その後世界各国の400人にも及ぶジャーナリストたちと
連携して、このリーク内容をシェアして
寝る間も惜しんでペーパーズ内容を分析して
色々準備をして2016年4月4日に世界同時に
オープンにしたんですよ。

ってことのようです。

にゃるほど。

ちなみに。
ブルームバーグの記事によりますと。
ロシア政府の見解を日本語で書いてるんだけど。
「パナマ文書はプーチン氏が標的。
ロシアの不安定化を狙っている」
とのことで。

にゃるほど。
にゃるほど。
さもありなんだ。

どっかで読んだのは。
ウクライナ問題とか、シリア問題が発生したとき
対露制裁が発動して、
ユダヤ軍算複合体側は、ロシアの海外口座を
凍結したらしいんだわ。
それでプーチン閣下たちを兵糧攻めにしようと思ったとかで。
でもそんなのお見通しだったロシア側は
どうにか兵糧攻めを逃れたんだとかで。
それはタックスヘイブンにお金があったからとか
マネーロンダリングをやってたからとか。
で、今回をそのロシアをまた追い詰めるために
パナマペーパーズを公開したとか。
にゃるほど。
純粋なドイツ人を利用するのは
賢い手といえるしね。

でね、この南ドイツ新聞ときたら。
2015年からこの情報をオープンにする時を
待ち続けて、用意周到に準備してきただけあって。

メイキング映像というか、
プロモ映像を作っちゃってるんですわ。
南ドイツ新聞の今回のスクープ担当者たちが
自分らがこのプロジェクトをどうやって
組織して、世界中のジャーナリストを仕切って
この日の情報解禁日に備えてきたか?
どうやってこのリーク情報を分析して
脱税をしてる世界の金持ちたちを
暴き出したか?
を得意げに語ってるんだよね。

例として。
プーチン閣下の名前を挙げてるんだわ。
・・・。
あんたら。
意図的やろー!
ってクロネコならすぐ気がつくけど。
普通のマトリックスの住民たちは
「うわー、プーチン脱税してるんだ!」
って思いながら見るでしょうね。

けど、わざわざプロモ映像まで作って
いかにしてプーチン閣下が脱税してるかを
俺たちは暴き出したか?!を
得意げに語るだなんて。
これ。
何が目的なんだろ感があるよね。

一応ね、情報提供者も南ドイツ新聞も
税金逃れをしてる人たちが罰せられるべきだという
正義感からこの情報を公開した
って言ってるんだけど。

でもね、このプロモビデオによると
例に挙げてる名前が
プーチン大統領と、アサドくんとかなのよ。
偏ってない?
偏向報道じゃない?

ちなみにどうやって暴いたかというと。
最初は世界の要人たちの名前で
ファイル内を検索したんだそうで。
でもそれじゃ見つからんことが多くて。
プーチン閣下が仮にそういうことを
やってたとしても、自分の名前で
登録なんてしないだろうし、
そもそも自分でパナマの法律事務所と
やり取りもしてないと思うんでね。
ってこれはクロネコの見解だけど。笑

なので。
南ドイツ新聞の記者たちは
プーチン閣下の家族とか(娘の名前とかね)
友人の名前を検索してみたんだそうで。
そしたら古くからの大友人の名前が
出てきたんだそうで。
チェリストの人で。
ってその人の映像を見てアタイも思い出したわ。
確かに彼はプーチン閣下の大友人でございますわ!
ってね。
クロネコは大ファンだから閣下のお友達のことも
把握してるのです。
で、それがアタイには裏目に出た的なね。
でもいいの。
ファンはそれくらいでは辞めませんから。

だだのチェリストが、何ミリオンドルもの
お金を持ってる時点でおかしいはずだ!
友人を使って閣下が脱税してるといえる!
と正義感溢れる南ドイツ新聞の記者は
語ってましたわ。
はい、はい。
確かにその通り。

つーか。
プーチン閣下をプロモの題材に利用するなんて!
ってクロネコは腹が立つけど。
まあ報道にはインパクトが必要だから
ある意味閣下を使うのはメディア的にみれば
正しいやり方っちゃーやり方なのよね。

ただ、ロシア政府筋の話を汲み取れば
やっぱり閣下を槍玉に挙げるのが
目的でしょー!
ってとれるっちゃーとれるよね。

でね、南ドイツ新聞はプロモ動画で
プーチン閣下を攻撃してるけど。
それ以外の人たちもオープンになってるよね。
クロネコがドイツ語のサイトで
現時点で以下の人たちを見たよ。

ドイツ
F1ドライバー:ニコ・ローズベルク
秘密警察元職員:ヴぇルナー・マウス
企業家:アントン・ポールマン

アルゼンチン
サッカー選手:ライオネル・メッシ
現大統領

イギリス
現首相の父親:イアン・キャメロン

アイスランド:元首相
エジプト:前大統領の息子
ウクライナ:ポロシェンコ大統領
中国:習近平の兄弟
イラク:首相

その他、FIFA役員、
ジャッキーチェン、王族等々。

にゃるほど。
この中では確かにプーチン閣下が
一番知名度もあるし、
叩き甲斐があるよね。
ちくそー。

でね、南ドイツ新聞のサイトに
本件についてよくある質問コーナーが既に
設けられてて。
そこにも書いてたんだけど。

「何でドイツの現役政治家の名前が無いんですか?
何でアメリカの政治家の名前が無いんですか?」

って質問があって。
それに対して南ドイツ新聞は
「ペーパーズの中にドイツやアメリカの
現役政治家の名前は見当たりませんでした」
って答えてた!
以前ドイツの政治家だった人の名前を例にあげて
一人買いてたけどね。

これうそっぽくない?
なんでアメリカ人が脱税してないの?
んなわけないでしょー。
一人も居ないなんてありえないわ。
ドイツの政治家だってしてるでしょー。
怪しい。
怪しすぎる。
情報操作してないか?
とクロネコは思う。

あと、よくある質問のところに
「パナマペーパーズを一般公開する予定は?」
ってのがあって。
南ドイツ新聞は一般公開するつもりは無いらしいよ。
自分らは税務署じゃないし、
国は既にこの件を把握していて
脱税調査を進めているから必要ない
みたいに答えてた。

えー。
じゃあ何で得意げにスクープしてるんだろ?
世間を混乱に陥れるため?
誰かをターゲットにしてどこかの国を
転覆させるため?
なんか。
中途半端にオープンにするほうが
憶測を呼ぶと思うんだけど。

そんでもって。
「パナマペーパーズにある個人名も
オープンにする予定はありますか?」
についても。
オープンにはしないってさ。
そんな無名の人をいちいちさらしても
誰も興味が無いだろうからって。

・・・!
なんつー身勝手な見解!
でもプーチン閣下のご友人の名前は
いの一番にさらしてるよね。
それ、一般人じゃないの?って思うけど。
なんか。
やっぱり偏向報道だわ。
けど。
報道する側が自由に報道内容を選んで
インパクトがあるように編集(操作)
してるってのがよく分かる回答だよね。

以下興味ある人はリンク先にてどうぞ。

ちなみにプロモ動画によると、
日本のヤクザとか
イタリアマフィア、
ドラッグディーラー、
その他もろもろの世界の犯罪組織の名前も
あるらしいよ。

つーかさ。
こんなやばいデータについて、
いくら報道機関とはいえ
南ドイツ新聞の何人かの社員たちは
このプロモビデオで顔出しで
得意げに語っちゃってるんだけど。
普通に考えると。
身の危険があるよね。
このプロジェクト担当のひとたちは
こんな情報を報道したら
世界でも名高い犯罪組織から
殺されかねないよね?
報道しなくてもデータを持ってるということが
あっち側に分かっただけでも社員全員殺されるよね?

なのに、どうして平然と顔出しして
これからまだまだ解明されていくでしょう的な
コメントをこのプロモ動画でやっちゃってるんだろ?
ってのがアタイの一番の納得いかない点で。
この人たち、まさかこのご時勢で、ジャーナリズムとか
ピュアに信じてるんだろうかね?
でも動画のコメントを聞く限り
信じてるっぽいんだよなー。
こういうのが一番手に負えないよね。
けどさ。
動画の撮影とか、シナリオが絶対あると思うんだわ。
アタイは仕事で撮影をしたことがあるから
ドキュメンタリーといったって
シナリオありきなのが分かるのよ。
シナリオに沿って語ってるからか
緊迫感を出したそうな演出なのに
記者たちには一切緊迫感が無い。
落ち着いてるし、
世紀の大スクープなのに
身の危険さえ感じるほどなのに
なんか普通に淡々としてて
なんというか・・・
超ドイツっぽいし、ドイツ人ぽい・・・。
つーかコメント自体、スタジオで撮ってるし。
事務所でデータ解析をしてる絵面だって
やらせっぽいイメージ画像だし。

なんか。
ほんと用意周到だよね。
どっかの組織がバックについてるのかね?
とか。
誰かの差し金か?
とか。
陰謀論ばかり読んでるクロネコは
かんぐっちゃうんだなー。

日本の大企業とか、政治家の名前も
入ってるらしいので、
徐々にオープンになっていくんだろうね。

にしても。
ドイツってこういうタックスヘイブンに関わる
データリークスクープが
ちょくちょくあるよね。
何年か前にもあったんだけど
あれはどこの国だったっけ?
ドイツ政府相手に、リーク情報をデータで
引き渡す代わりに金クレ!っていう
恐喝か?みたいなスキャンダルもあったよね。
ドイツ政府は真偽が定かじゃないデータに
お金を払うのを最初ためらってたけど
リーク元が、サンプルに一部情報を政府に渡したらしくて
それが偽物じゃないと判明して
結局ドイツ政府はそのデータを買い取ったんじゃ
なかったっけ?
で、そこに載ってた脱税者たちが
処罰されたかどうかは・・・
クロネコちょっと分からんのだけど。
政府が隠蔽しちゃってたら不明だよねー。

にしても。
どうなるパナマペーパーズ!
引き続きウォッチだねー。
アメリカ情報でてこーい!笑
ユダヤ情報でてこーい!怒

はい。
こちらが南ドイツ新聞渾身の
プロモ動画ですっ!
パナマペーパーズ!


[PR]
# by kuronekomusume | 2016-04-06 05:43 | 日記 | Comments(9)

モノは大切に直して使おう!

ベルリンは先週末だったか夏時間になってから
突如明るくなって。
春がきたのですわー!

ひゃっほーい!

って嬉しいのはアタイだけじゃなくて。
もう街中みんな浮かれてますわ。
薄暗い季節よ、さらばー!
みたいなね。

もう急に明るくなるから
驚くんだけど。
窓ガラスの汚れが目立つじゃなーい!
とか。
埃がめにつくー!
とか。

ま、そんなかんじで。

とにかく明るくなったのが
嬉しいクロネコでございます。

今朝は久々にジョギングをしたよ。
考えてみたら・・・
今年初かも!
最近はウォーキングばかりで
走ってなかったのよね。
久々にあったかい春の陽気の中を
走ったら気持ちよく汗をかいていい気分。

んで。
夕方もずっと明るいもんだから。
久々にちょっとお裁縫をしました。

というかね。
いろんなところが破けてきちゃってさ。
昔のアタイなら、
あー破れた捨てよ!新しいの買おう!
って感じだったけど。

今はお金も無いですし。
それにまだ使えるじゃないのー!な
ケチケチ心まで生まれて。

縫いましたよ。

まずはリュックサック。
ナイロン製だけど、破れてきたら
中が見えちゃうから危険だわーと思ってね。
2年間毎日使ってるとさすがに
破れてくるのね。
でも修復したからまだまだ使うよー。

そんで。
あとはズボンの穴ね。
なんつーか。
後ろのポケットの上あたりに
二つほど穴が開いちゃって。
肌が見えちゃうじゃないのーみたいなね。
なのでツギハギをして縫いましたわ。
戦後か?
みたいな気分になったよ。
でもまだユニクロズボンはくからね。
布が擦り切れたらおわりだけど
穴ならどうにか修復できるもんね。

そんで。
残りはうすでのセーター。
これまたH&Mのやつだから安物なんだけど。
角にひっかけて穴が開いちゃったのよね。
で、しばらくそのまま着てたんだけど。
ついでだしなと縫いました。
なので今後は問題無い感じかなと。
ま、お天道様の下ではツギハギ度が
分かってしまうけど。
色が黄色で気に入ってるので
しつこく着る予定。

あとねー。
ダウンジャケットもボロボロでね。
年末に新しいのを買おうと思ったんだけど、
いやまてよ、まだ今のやつ着れるぞ!
と思いとどまって買わなかったのよね。
たぶん・・・6年くらい着てるかな。
袖とか破れてきたし。
今度の冬は絶対買い替えなきゃ
いかんのだけど。
まあ今はこれで行こう!と思ってて。
そしたらね。
ぬわんと。
土曜に気がついたんだけど
ダウンジャケットのポケットの中に
穴が開いてたのよ。
で、それまで知らなくて。
普通に車のキーを入れたのよね。
しばらくしてポケットを探ったら
・・・。
あら?
あら?
え?
車のキーが無いんですけど!
え?
えー!!!!

みたいな。
プチパニック。
というか大パニック。
スーパーの中を歩いてキーを捜して
外もキーを捜しながら歩いて。
でも見つからず。
レジの人に聞いてもそんな落し物は
届いてないっていうし。

ぴぴぴぴ、ピーンチ!

ってもうホント焦ってね。
なによ、このポケットー!
なんで穴が開いてるのよー!
と手を突っ込んでね。
ふと気がついたんだけど。
ダウンジャケットには裏地があったのだよ。

お!
お!
おおおお!
みたいなね。
分かる?この気分がアップする感じ!笑
つまり。
ポケットの穴から落ちた車のキーは
裏地の中に落ち込んでたんす!
おお!
おお!
ありがとう、セーフティネット!

てなわけで。
無事にカギは発見できたのですわ。

ダウンジャケットはもうそろそろダメだね。
とにかくポケットにモノを入れるのは
よそうと思ってます。

けどアタイ、ケチケチなのかどうなのか
自分でも分からないけど。
まあまあモノを長く使えてるんじゃ
無かろうかと思って。
それはいいことだよね。
うん、うん。
今後も修復しながら長く使おう!
と思ったのでした。
[PR]
# by kuronekomusume | 2016-04-04 06:01 | 日記 | Comments(2)

芋虫ね。

なんか・・・
突然このブログの検索ワードにぶっちぎり1位で
輝いてるワードがあって。
それは「キャタピラー」なんすけど。

それって。
あの映画、キャタピラーのことだよね。
そんでもって。
なぜ急にあの映画の名前が
検索されちゃったのかな?
っていうと。

オトタケ氏の不倫問題が発覚したからじゃ
無かろうか?
とクロネコは分析しております。笑

つーか。
皆さん・・・
ウケルんですけど。

確かにあの映画は手足を戦争で失った
軍人さんのお話で。
映画では、軍人さんがわの性欲が
描かれてたけど。
江戸川乱歩原作はその嫁の性欲を
描いてて。

なるほど性欲ですか。
つーか。
つーか。
だからキャタピラーにつながるというね。
なるほどね。

ま、オトタケ氏は反論できないよね。

故若松監督は、オトタケ氏のことを
連想してなかったと思うけどね。
もちろん江戸川乱歩氏は生きてた時代が
違うから知ったこっちゃないだろうし。

エログロ名作がオトタケ色に染まるのは
なんだかなー。
[PR]
# by kuronekomusume | 2016-03-26 03:42 | 日記 | Comments(5)

ハズレ女

また女性の悪口なんだけど。笑
なんせクロネコは根本的に女性が嫌いだからね。

でも。
1対1だと嫌いじゃないのよ。
むしろ好き。
女性とのおしゃべりも好きだし。

じゃあ何が嫌いなのよっていうと。
いつも書いてるけど複数の女性の集まりが嫌なのだ。

あとは・・・集団とか単体とか関係なく
ヒステリー女が嫌い。
自分の感情をコントロール出来ない女が嫌い。
機嫌屋は最悪だよね。
オノレの気分で人に当り散らすような女は
人として認めない。
女動物という扱いにアタイの中では格下げ。

「私は機嫌が悪いのよ!分かってよ!」
っていう態度で示してくるやからは
子供以下だよ。
だから動物扱い。
いや、動物のほうがマシだよね。
だって動物はかわいいもん。笑

そんで。
前にも書いたけど。
アタイが思うに・・・
「我が強い女は扱いづらい」だね。

ほんっとに我が強い女ってのは
面倒くさい。
往々にして、「自分はデキルやつだ!」
という変な自信があるし。
そのせいなのか・・・

自分はデキルやつ!
→人は自分より劣る!
→クロネコは出来ないやつ!
みたいな思考になってるのか
常に言動がえらそうなのよ。
自分こそ知らないことが多いのに、
少しでもクロネコが何か間違うと
鬼の首を取ったような顔で
上からこき下ろすというね。
でもこのタイプは、言葉遣いが
ものすごく丁寧なことが多い。
慇懃に、遠まわしにクロネコサゲを
してくるという・・・
最悪なタイプが「我が強い女」の特徴。

アタイは・・・
確かに劣るかもしれないし。
ヌケサクかもしれない。
だけど。
相手の慇懃さに隠れたその陰湿な
やりくちがわからないほど
鈍感じゃないし、バカでも無いから・・・
気がついてるんだよね。
むしろ・・・ものすごく敏感に察知してるくらいで。

お前のその意図的な嫌がらせに
気がついてるんだぞ!
ちくしょーめ!
と思うこと多しです。

でもね。
でもね。
女性の中には
ぜんぜん我が強くなくて素直で、
ぜんぜん気分屋じゃない
穏やかさんたちも当然いるんだよね。
そういう人たちって、ほんっとうに
楽ちん。
クロネコも穏やかで居られるし
やりやすいもん。

全般的に・・・どっちの割合が多いんだろうかね。

半々くらいじゃなかろうか?
と勝手に予測してるんだけど。
とにかくハズレ女にぶち当たると
気苦労多しです。

と。
ここまではクロネコを取り巻く今の環境からくる
感想を交えた、いわば愚痴。

こっからは・・・ちょっと話が変わる。
ハズレ女が会社に居る場合について・・・
クロネコの経験では無いんだけど。
ハズレ女の存在を知った今としては
それが及ぼす社会的悪影響を
憂いてるわけで。笑
時折出現するハズレ女。笑
クロネコも出会ってるけど、
アタイの友人も今まさにハズレ女に出会ってて
環境は違えど、苦労は分かるわー的なね。

そういうハズレ女って40代以上に
特に多い気がするんだけど。
気のせいかなあ。
実はどの世代にも満遍なくいるんだろうかね?


ハズレ女がね、要領よく会社で
管理職なんかについてたら
下は苦労の連続だよね。
ちょっと名のある企業だと
「積極的な女性登用」とかで
女性管理職なんかを増やしてるかも
しれないけど。
そういうのに限ってうっかり
ハズレ女が登用されたりなんかして。
会社の面子を保つためだけに
間違った人事が行われて。
能力も人望も無いのに、
女性でそれなりに長く勤めてるってだけで
登用されちゃうというね。
そんで、ハズレ女は自信家だから
自分は出世するくらいデキル女だと
勘違いしてることが多くて。
だから、自分が管理職になるのは
当たり前の人事よーと思ってたりなんかして。
つまり・・・謙虚さゼロ。
本当はそんな能力なんて微塵も無いのに
それに気がつかないという。
客観視する力もゼロ。

おかげでそのハズレ女の部署は
はちゃめちゃになって。
生産性は落ちるし、
部下の士気は下がるしで。
最悪なことになってるケースが
実は多いんじゃなかろうかと。

クロネコはそういう経験をしたことが
幸い無いけども。
アタイの友達はそれで苦労してるし。
ハズレ女性がこの世に存在することを
クロネコも最近知ったから、
そういうのが会社社会に居たら
どんだけ周りが苦労して、
会社の生産性を下げてしまうんだろう・・・
と思ってね。

ハズレ上司の下についた運の悪い部下たちは・・・
「なんでこんなやつが上司なんだ?」
と不満タラタラだろうし。
男性部下たちは
「これだから女に管理職をやらせると駄目なんだ!」
と思うだろうし。
「女なんて無能だ!」
とも思うかもしれない。

そう。
適当な人事のせいで、
ハズレ女が管理職になって、
そのせいで、
「やっぱり女性は駄目だ」
という結論が導かれる可能性があるわけで。
ほんっと。
全部が間違った結果になっちゃうんだよね。

クロネコの経験からくる考えだけど。
「そもそも管理職になりたいと思ってる女性自体
そんなに居ない」
と思ってるんだわ。
なのに、何で意図的に増やそうとしてるんだろ?
と思ってて。
そもそも女性がなりたいと思って無いんだから
無理に増やさなくても良いのにってね。

あとね、
政府が呼びかけたり、
企業イメージのための女性管理職登用で
管理職になる場合は、
ある程度の地位までしか与えられないと
思うんだよね。
そんな中途半端な管理職登用で
ごまかされてて良いのか?って話もあるし。
上げ膳据え膳じゃあるまいし、楽して
出世するなんて甘えてると思う。

だって。
男性が出世するのってものすごく大変でしょ。
彼らも虎視眈々と出世する方法を探して
敵を蹴落として、少しでも給料を上げて~
ってことを日々やってるわけでしょ。
出世する(つまり給料を一杯貰う)ためには、
いろんな社内政治的な活動を
日々男性たちはがんばってるわけでしょ?
超大手企業なんかだと、
もう入社した段階で出世可能な新入社員と
一生平社員の振り分けが既に完了してるから
いくらがんばってももうどうにもならない
仕組みだっていうし。

なのに。
女性ってだけでそのステップを軽々越えて
上層役員になれると思ったら大間違いだよーと。
女性だって出世できるかもしれないけど
その男性たちがしのぎを削ってる中にはいって
戦って勝ち取っていくのが本来のやり方でしょ。
そういうの・・・本気でやりたい!と思ってる
女性が果たしてどれだけいるんだろう?
ってのがアタイの考えなのよ。

もしかしたら、女性ならではの違うルートを使って
ぽーっんと役員なんかになれるケースが
あるのかもしれない。
身体使うとか?!笑
はたまた、会長がびっくり人事をするとか?
よく分からないけどそういうウルトラ対応で
驚き人事があるかもしれないけど。
でも基本は無いと思うのよね。

男性は、本能的に出世欲みたいなのが
ある人が多いっていうよね。
そんで。
男性は基本的に、他の男性に対して
ライバル心というか、敵対心とか
俺のほうが上だ!と常に比べる生き物だと思うんだわ。
あからさまに出すタイプも居れば
表面上は出さないタイプも居るだろうし。
常に相手をけん制したり、
相手(つまり同僚だけど)に挑んだりと。
なんかそういうの常にやってるでしょ。
それの拡大版が社内出世だよねーと。

だから男の嫉妬は本当に怖いのよね。
権限を駆使して相手の息の根を止める
ようなことをやるでしょ。
たとえば左遷するとか。
たとえばクビにするとか。
そういう感じ。
とにかく男は怖いなーと言うのが
企業で働いたアタイの感想だよ。

女は怖いーとか言うけど。
女はネチネチしててちっさいグループ内で
相手を攻撃するくらいでたいしたこと無いけど。
男は敵を追い出すくらいのことを
平気でするからねー。
そっちのほうがどんだけ怖いんだって話よ。

そんで。
クロネコ経験上分かるんだけど。
男性はライバルだと見なしたら
それが女性でも攻撃対象にするんだよね。
昔は敵は男性だけだったのに
今は会社に女性社員もいるから
女性だって自分のライバルになるわけで。
敵と見なすと、いろいろ邪魔をしてくるのが男なのよ。
クロネコ早々にそれに気がついて、
さっさと出世欲が無いことをアピールする戦法で
逃げたんだけど。
あんなのとまともに戦っていこうと思う女性が
果たしてどれだけいるんだろ?って
23歳で悟ったというね。
同期の男ドモ怖すぎ・・・。
平和にやろうよ~と言う態度を出しても
なかなか敵対心を解いてくれなかった思い出が・・・。
その後30過ぎてからも別の男性にライバル心を
めらめら燃やされて・・・39歳で辞めるまで
いろいろやられたんだよね。
クロネコ出世欲ゼロだったのに。
そんなのも見極められないようじゃお前は
出世しねえよ!って心の中で思ってたけど。

こんな戦いをしてまで出世したい!と思う女性が
果たしてどれくらい居るんだろう?
ってのがアタイの実体験を基にした考えなんだわ。

それに。
そもそも男も女も習性が異なるから
「女性で管理職になって出世したいと
思ってる人は少ない」と考えるわけよ。
ゼロでは無いけど、男性ほど数は居ない
というのがアタイの結論だよ。

この意見に反論できる女性には
今のところであったことが無いよ。

以前OLをやっていた際に、
ドイツ人女性同僚の何人かが
「ドイツでは企業内で女性が男性と対等に
扱われて無い!女性差別だ!不当だ!
女性も管理職につかせるべきだ!
特にうちの会社では女性管理職が少ない!」
って言ってて。
実際確かに女性の管理職って
ドイツ支店300人中二人か3人くらいしか
居なかったのよ。
一人は人事部長で、一人は広報部長。

ちなみにドイツでは人事部は女性の仕事っていう
理解になってて。
別に決まりじゃないけど、往々にして人事的な
人を見極めたり判断をするのは女性のほうが
向いてるので、一般的にドイツで人事部というと
女性社員ばかりという傾向が強いんだって。
ちなみにゲイの人も多いそう。
つまり男性にはあまり向いてない職とされてるみたいよ。
なので。
女性部長だったのは当たり前だから
それはカウントすべきじゃない!と
ドイツ人元女性同僚たちは鼻息荒く
アタイに言ってたんだけど。

じゃあ、あなた出世するための
ロビー活動とかやりたいの?
本当に出世しようと思ったら、
男性たちに混じって政治的な活動を
やらないといけないし、
男たちとそういう争いをしないといけないんだよ。
そこまでして出世したい?
あなたがやりたいのは今の仕事であって
実務のほうが好きなんでしょ?
あんな見苦しい媚媚ゲームに参加したいの?
男性社員を蹴落とすような意地悪をしたいの?

って聞くと・・・
「確かに・・・。そういうのはやりたくないわ・・・」
ってトーンダウンするんだよね。

でもまあ。
実際のところ、ドイツでは同じ学歴、
同じ年齢、同じキャリアの男女が居た場合、
男性のほうが給与が上っていうのが
現実問題としてあるから。
(そもそも社員全員の給与体系が異なるんだけど
同じ条件で比べた場合そういう不平等が
存在するというのがドイツの状況)

だからそれは是正すべきだ!
と働く女性たちが怒るのは当然なのよね。
アタイもその点は同意するよ。
でもだからといって、不平等を是正するために
女性管理職を増やせ!っていうのとは
違う気がするんだよね。
管理職が増えたら女性の平均所得額が
アップするからという単純な思考なだけだからね。

アタイが思うのは。
女性でも有能な人はいるし。
マネージメント能力に優れてる人も居るし。
仕事能力が高い人もたくさん居る。
機嫌に左右されるような低レベルな
女性ばかりじゃないからね。
本当にデキル女性ってのは
実際はたくさん居るんだよ。
日本ドイツともにね。

でね、そういう女性が仮に
管理職になりたいな!って上昇志向を持ったり。
はたまたさらに上のポジションにいる上司が
「この女性をプロモートして管理職にしたい!」
って思ったときに、何の障害も無く
スムーズに管理職に登用できる環境が
整ってることが重要なんじゃないかなと
思うんだよね。
でもそれは、男性に対しても同じで
女性だけが特別扱いされるべきでは無いんだよ。

男女ともに、
実力も無いのに、上に媚を売って
その成果でステップアップしていくんじゃなくて。
実力を認められて出世ができるという土壌が
整っていれば、男性女性関係無く
能力のある人が責任者になれるわけだから。
それが理想だよなーと。

って。
そんなのみんな分かってるよね。

だから。
政府とか、会社のトップが
「よーし女性管理職の数を増やそう!」
と思って意図的にやるんじゃなくて
本来の能力を認めて管理職に登用するという
やり方でやるべきだとアタイは思うんだわ。
そのやり方だと、女性管理職の数が少なくなる結果に
なると思うけど。
それで良いんだよ。
そもそも、女性は管理職になりたい!と
思ってる人の割合が少ない生き物なんだから
それが正常な状態だとアタイは思うので。
男性と女性の社員数の割合にあわせて
女性管理職を無理やり増やすと、
無能でハズレの女が管理職になるという
珍事が起こって、生産性が落ちるから
上からのコントロール人事はやっては
いけない!
と本気で思ってるのよね。

それは。
逆女性差別になるし。
能力の高い女性たちがいっぱいいて
彼女たちは毎日がんばって仕事しまくってるのに
ハズレ女たちのせいで、
相対的に低い評価を受けるから
絶対にやるべきじゃないのよ。

本気でそう思うよ。

無理やり女性管理職の数を増やすの反対!
無理やり女性政治家の数を増やすのも反対!
男女問わず、なりたい人がなれる環境にしておけばいいだけ!
自然に任せるべき!
フェミニストども余計なことをするなー!

ってのが結論です。



ちなみに・・・
クロネコのむかーしの夢は
キャリアウーマンになることだったんす。
ハリソンフォードが出てる「ワーキング・ガール」
っていう映画を中学生のときに見て
「ああ、アタイもあんな感じでオフィスで
バリバリ働く女性になりたい!」
って漠然と思ったんだよね。
ほんと単純なんだけど。

で、実際会社に就職して
最初は誰もがそうだと思うけど。
本当にイバラにもほどがあるような
辛い辛い道を歩いてがんばって
もがいて苦しみながら働いて。
徐々に経験をつんで。
最終的にはワーキングガールみたいに
なれたんじゃないかなあと。
そんな気がしててね。
クロネコ前の仕事大好きだったからね。
やりきった感があるから
中学時代の夢はかなったというか。
かなえたんだよね。

んでね。
就職した最初にアタイが思ったのが。
「アタイが憧れるようなステキな
働きっぷりの先輩女性がいるといいな!」
って期待してたんだけど。
どこをどう見渡しても一人も居なかったんだわ。
まさに一人も!
それは女性社員が居なかったって意味じゃなくて
女性社員はたくさん居たのよ。
でもアタイが憧れるような先輩女性は
一人も居なかったんす。
もうものの見事に一人も居なかった。

じゃあどういう女性にアタイは憧れたのか?
と言われれば。
これまた抽象的ではっきりしないので
自分でもあまり具体的に言えないんだけど。
仕事っぷりとか。
人生における仕事の占めるポジションとか。

アタイはキャリアアップという名の下に
資格を取るようなタイプは好きじゃ無くて。
そういう人ってダイナミックな仕事が
出来ないからあこがれないんだよね。
資格が生きる業種じゃなかったし。

仕事や人に対して情熱があったり。
ビジネスセンスがあったり。
企業愛が強かったり。
そういうのがアタイは好きなんす。

だから、結局尊敬する先輩とか上司は
全部男性でしたわ。
女性社員で憧れる人なんて居なかったなー。

ドイツにきてからも、
サユリさんの人との接し方とか、
折衝能力とか、そういうのは非常に参考になったし
いろいろお世話にもなったので
尊敬はしてるんだけど。
でも。
憧れる存在か?っていうとやっぱり違ったんだよね。

で、のちのち。
ドイツ支店のドイツ人女性社員とかの
働きっぷりを見てて。
仕事の仕方とか、プレゼン能力を見るつけ、
「すごーい!アタイもこんな風に仕事が
出きる様になりたい!」
って思えてね。
彼女の生き様とかはどうでも良くて。
でも仕事の仕方とか情熱とかは
非常に参考になって、
憧れたというか、指針みたいになったというか。
アタイもがんばろう!
って思ったんだよねー。
ちなみに、彼女はアタイと同い年。笑
あー、そういえば彼女は管理職だった!
なんか、彼女のダイナミックな仕事っぷりを
見て、とってもリスペクトしてたのよねー。

そんなこんなで。
女性でも穏やかで、冷静で、でも情熱的に
仕事をこなして、
人に当り散らしたりなんてしない
前向きに努力を惜しまない人たちも
たくさんいるんだよね。
そういう人が望むならば、全うな評価を受けて
出世していくのがベストだよね。

アタイも、女性の嫌なところばかり
並べ立てるんじゃなくて、
いい部分を見つけて、
お互いを伸ばしていけるような
そんなやり方を身に着けたいな。

って、思ってるけど。
当り散らされると、
こんにゃろーめがー!
ってついつい心の中に荒波が
巻きおこってしまうのよね・・・。
反省、反省。笑
[PR]
# by kuronekomusume | 2016-03-22 06:12 | 日記 | Comments(4)