死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

直訳「バカなメス牛」

またまた中華コンプレックスがらみの
ネタなんだけど。

先日自転車でご近所をすいすい
走ってた時のことなんすけどね。

ドイツってやたら自転車ルールが厳しくて
年々そのルールがさらに厳しくなってて。
違反するとオマワリさんに注意受けたり
違反キップ切られたりするんですわ。
罰金支払わされるってやつね。

なので、自転車に乗るのが
ちょっと恐ろしくてさ。
なんせドイツのルールがよく分からんからで。

なんとなーく、右側通行なのは分かってて。
デュッセルだと自転車専用道路が少ないので
車道を走ることが多いんだけど。
だとすると。
危なくない?
車に轢かれない?
とか気になるし。
交差点を左折するとき信号待ちしないといけないの?とか。
あれやこれや。

そんなんだったら乗らなくていいやー
と思って自分の自転車を持ってなかったので
たまにライン川沿いをサイクリングしたいなー
と思ったときにレンタサイクルをして
2時間で4ユーロくらい払って乗ってた。
さすがにライン川沿いだとサイクリング道が
整備されてるから乗りやすいしね。

で。
ベルリンといえば。
アタイが思うに。
世界有数の自転車都市なんですわ。
というか。
もしかすると世界で一番かもしれないよ。
いや、アジアの国があるから・・・
先進諸国で一位にしておこうかな。

あれ?あれ?自転車と言えば
オランダのアムスなんじゃないの?
って思う人もいるかもしんないけど。
確かにアムスはそこらじゅう自転車だらけ。
けどあそこはちっさい街だし。
人口もベルリンの方が多い。
だからアムスは比較にもならないのよねーと。

そんなわけで。
ベルリンは自転車都市です。
なので。
クロネコも自転車を買いました。
つっても節約生活をしてるので
中古自転車です。
というか、アパートの住民が捨てていった
自転車を大家さんに頼んで
譲り受けたのでした。
つっても無料じゃなくて、
大家さんが国境無き医師団に寄付するから
20ユーロ出してーと言って来たので
払ったんですけどね。
しかも。
スタンドやかごが無かったから
自転車屋に取り付けを頼んだら
追加で20ユーロ掛かったし。
盗難防止に鍵も30ユーロで買ったから・・・
総額70ユーロもしたんでした。
中古なのに。

しかもえらく前傾姿勢タイプの自転車で
クロネコってば柄にも無い感じの
スタイルで自転車に乗ってます。
手が短いから前傾姿勢が苦しいしで・・・。
でも最近このスタイルも慣れてきた。

そうそう、中華コンプレックスの話でした。

ある日近所を自転車でうろついてた際にね、
4車線道路を横切らねばならんかったんですわ。
そんで中央分離帯にある歩道みたいなところを
自転車で渡ればいいやーと思ったので
こぎながら渡ろうとしてたらね、
アタイが追い越したオッサン(推定年齢45歳かなー)が
おもむろにアタイをののしりだしたんですよ。
しかも。

「このバカメス牛がー!」

とね。
あら。
あらー。
って思ったよ。
du blöde Kuhですからね。
そんなこと言われたの人生で初めてよ。
しかも。
クロネコってば牛肉も食べないし
乳製品も一切口にしてないくらい
牛から距離を置いて生活してるってのに
よりによっての牛呼ばわりですよ。

「アタイ、ヴィーガンなんだけど!!」
って言い返したかというと
んなことはしてない。
何故なら。
まあまあこわもてのオッサンだったからで。
怒鳴られたら怖いからね。

けど、オッサンってば引き続き
アタイのことをののしってたので
何を言ってるのか聞いてたんす。
したらね。

「歩道は自転車を押すもんなんだよ!
気をつけろ!」
って言ってて。
そーか、なるほど、ここは乗ったままだと
ダメなんだなーと思って
素直に自転車から降りてクロネコは
チャリを押してたんす。
で、押しながら後ろから来るオッサンの
ののしりを引き続き聞いてて。

「ちゃんと気をつけろ!この国には
この国なりのルールってもんがあるんだ!
オマエの国の・・・
日本とは違うんだ!」

って最後に言ったんですわ。
あら。
あら。
オッサンてば。
クロネコのこと日本人だと思ったのね?
思ったのね?
よーし!よーし!

とまあ。
ののしられたのにうれしくなった
M度の高いクロネコでした。
まあ、自転車の乗り方を間違えたのは
アタイが悪いので、教えてくれてありがとー
と思ってね。
けど、ののしらなくてもいいじゃんかー
と思ってたところ。
最後にクロネコを日本人認定してくれたので
まあそれなら言わしておくかーと
素直に聞き入れたのでした。

とはいえだよ。
ドイツの自転車ルールってややこしいから
乗りながら覚えるしかないわけで。
徐々に覚えてる段階だっていうのに
その言い方は無いじゃないのー
って気持ちも少しはあるんだよね。

だって、いきなりメスウシ呼ばわりだからね。
まあ、直訳するとメスウシだけど
要は「このドアホ!」とか
「バカやろう!」ってことだからね。
そんなの白昼交通量の少ない道路で
言われるとなかなか驚くんじゃないかなーって話。

でもまあ繰り返すけど
このオッサンは見た目はブルーカラー系で
なおかつ下手したらアル中か?って感じだったけど
アジア人を選別する力とか
間違った自転車の乗り方を注意するところとか
筋が通った人なのかもしんない。
口は悪いけど。

ちなみに。
クロネコは道路を歩いてたり、
自転車に乗ってたり、とにかく道路上で
見知らぬオッサンたちにののしられることが
時折あります。
クロネコよっぽどぼんやりしてるのか?
と言えばそうではなくて。
大抵は赤信号なのに渡ってるときです。
「こらー!信号赤だぞー!」
って怒られる。
ドイツ人てば信号を守ることに命を掛けてる
民族だから違反は許せないらしいのです。
とはいえ。
クロネコも違反するより何よりも
事故らないようにするのが一番だと思ってます。
安全運転気をつけます。
[PR]
by kuronekomusume | 2014-06-08 07:03 | 日記 | Comments(4)
Commented by おかる at 2014-06-08 19:17 x
こんにちは~
そのおっさん、昭和下町の頑固オヤジって感じですかねぇ。
言っていることは筋が通っているとはいえ、走行中に怒鳴っちゃ、
クロネコさんがビックリして転倒しちゃうかもしれないのに、おっさん、その辺の想像力は欠如している??
でも、「バカメス牛」は酷いです!!

私、実は大阪人なのですが「赤信号横断」は日常的です(ヨイ子はマネしないように・笑)
もう、20年以上も前、市ヶ谷で赤信号横断していたら、背後から
お巡りさんに大声で怒られましたが、同じ状況で大阪のお巡りさんは、「気ぃつけや」と軽く業務遂行のみ。

でも、交通ルールは守らなければいけませんね。(苦笑)
出来る限り、気を付けています。

クロネコさんは、清々しい季節をサイクリングで健康維持とリフレッシュしてください。
日本は梅雨です・・・・(-_-;)
Commented by ゆたか at 2014-06-12 01:02 x
ドイツは自転車の交通ルール厳しいのですね。ひょっとしてナンバープレートも付いているとか?
Kuh=雌牛。良い復習になりました。てっきり牛と思い込んでいたらOxeが雄牛でした。それにしても大の大人があんな事言うとは。。。。
「ぼけ!」という感じで使っているのでしょうか。牛は結構とろいイメージがありますし。
汚らしかったりデブの場合は「Bloede Sau」とか言いますね。
英語のBitchに該当するほどきつい言葉はないですね。(ドイツ出身のアングロサクソンなのに)
オマエの国の・・・ の「間」に笑いました。相手は少し考えて物事を言ったのですね。
Commented by kuronekomusume at 2014-06-15 02:04
おかるさん、
ほんとに「バカメスウシ」って呼ばれたのはショックでしたわ・・・。しばらく頭の中で連呼してましたから。笑
でもまあ交通ルールは守らないといけないですよね。

大阪は赤信号でも皆さん渡っちゃうんですか・・・東京は道路が広いのと交通量が多いのもあってか普通にみんな守ってますねえ。

ドイツは今最高に良い季節です。天気も良いし気温もちょうどいいしで自転車で走るには気持ちの良い季節ですよー。
日本も梅雨が明けたら自転車で・・・と言いたいところですが、今度は灼熱地獄ですからそうも行きませんね・・・
Commented by kuronekomusume at 2014-06-15 02:07
ゆたかさん、
さすがにナンバープレートは無いですが、でも自転車ルールと言うか法律がかなり厳しくてしょっちゅう改定されてますよ。(年々厳しくと言う意味です)
確かにドイツ語ではBitchに相当する言葉は無いかもしれないですね。du Schlampe!くらいですかねえー。

ほんとに私をののしったオッサンは、オマエの国の・・・で、一呼吸おいてから「Japan」って言ったんですよ。なので許したんです。笑
にしても・・・このオッサンが私をののしってる言葉が全部理解できてしまって、ドイツ語能力がアップしたことを喜んでいいのか、意味がわかって悲しいのかどっちなんだか・・・って思いました。
以前は何か言われても良く分からないからシカトできてたんですけどね・・・。言語が分からないってしぶとく生きていくには強みかもしれないです!?