死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

BAMFスキャンダル

普段ちょくちょくドイツのニュースを
チェックしてて。
興味のある内容だと記事内容を読むけど
興味が無ければ読み飛ばす感じなんだー。

以前はニュースを一切見てなかったので
キオスクとかに行くと
複数の雑誌の表紙に同じような内容に対する
センセーショナルな文字が
踊ってるのを見て。
あ。
逃してしもた・・・
と思ってたんだー。
ニュースに追いつけてない!
が、今さらアタイのドイツ語レベルで
内容を追いかけれない・・・
一体今ドイツで何が起こってるんだろ?
みたいな。

でも今は見逃してたニュースも
しょちゅう話題になってるものだと
ちょっと気合を入れて(←ここ大事)
何本か記事を読んだら
内容が見えてくるようになってきた。

アタイのドイツ語読解力は偏りがあるので
文章を読んでもちんぷんかんぷん・・・
ってことがよくあるんだー。
残念ながらね。
そんな時は英語に訳してみたりする。
英独どっちの言語能力も大したこと無いけど
両方読むと内容が見えてくるのでね。

ドイツ語が一発で分かればいいんだけど
読み書き能力はいまも低いから
本腰を入れないと理解には至らないんだー。

でも大筋が読み取れると
幾つかの記事を読んだ際、
さらに内容が見えてくるので面白くなるね。

そう。
かれこれ1ヶ月くらいかなー。
BAMFスキャンダル
と言う文字をちょくちょく見かけてて。
スキャンダル?
気になるけど、BAMFって何?
と思ってて。
面倒くさいからスルーしてたんだ。
世界最大の総合化学メーカーBASFなら知ってるけど
BAMFって何よー。
みたいなね。

で。
今日もまたBAMFスキャンダルが
ヘッドラインニュースになってたので
BAMFを検索したところ。
アタイもお世話になってる
良く知ってるところの名前でした!
Bundesamt für Migration und Flüchtlinge
の略称がBAMF。
ニュースキャスターはバンフって読んでた。
何のことかと言うと。
Bundesが付いてる時点で分かる人も
居るかもしれないね。
鷲のマークだよ。
そう。
連邦移民難民局の略なのでしたー。
つまり、お役所です。

外国人ならみーんなお世話になる役所、
それがBAMF。

c0016407_04345396.jpg

管轄は内務省。
内務省の傘下にBAMF連邦移民難民局があって。
BAMFのもとにクロネコら外国人におなじみの
Ausländerbehörde外国人局があるのよ。

たとえばアタイら日本人がドイツに
3ヶ月以上滞在したいと思ったら
ビザが必要になるんだけど。
外国人局に行ってビザを申請するんだよ。

ベルリンはドイツ最大の都市なのと
外国人がものすごく多いから
ベルリンの外国人局はいつも混んでる。
基本予約をしないと相手にしてもらえない。
予約はたいてい2ヶ月待ち。

おそらく、通常の難民申請受付も
外国人局が窓口だと思う。
が、アタイは難民じゃないので
実のところよくわからないんだー。
でも。
シリア難民が押し寄せた時
外国人局が異常に混んでたので
恐らく窓口は同じなんじゃなかろうかと。

難民申請をして審査が通れば
移民としてドイツで暮らせる・・・
だったかと。
なので。
申請が通りだすと、難民の数が減ってきて
移民の数が増えだすんだよね。

で一体どんなスキャンダルが
このBAMF連邦移民難民局で巻き起こってるのか!?
って話だけど。

何でも、ブレーメンにあるBAMFで
2013年から2016年の3年間に渡って
少なくとも1200件の難民申請に対して
難民としての条件を満たしてなかったにも
関わらず、
ドイツで難民として暮らす許可を与えてた
らしいんだー。
2015年はシリアから難民がドッと
押し寄せたので
ドイツ史上最も難民申請が多かった年。

な、な、なんですとっ!
これは由々しき自体だよ。

難民じゃないのに難民としてドイツで
暮らせるようになると
どうなるかというと。
ありがちなパターンとしては。

とある1人の怪しげな自称難民の外国人が
ドイツのブレーメンにやってきて。
「おれ難民っす」
って言ったとする。
ドイツ人のお役人は自称難民が持ってきた
怪しげな申請書をじ~っと見て。
「よし!難民としてドイツに住むことを
許可いたします!」
と許可証(ビザかな)を出す。
難民認定されると、
市がアパートを見つけてくれて
家賃も市が払う。
さらに。
生活保護費用が出るから働かなくても良い。
市のお金で語学学校に通えるし
職業訓練もやらせてくれる。
自称難民は働かなくても
とりあえずお金がもらえる。
ラッキー。
ドイツ人てばチョロいわ。
よし、これから俺の家族を本国から
呼び寄せよう!
ってなわけで。
こいつは自分の嫁&子供たち、
そして自分の両親、嫁の両親も
どかどか呼び寄せて。
家族も難民として認可させて。
一切働かずに家族分の生活保護を
手にして楽に暮らせる。

ってなことがまかり通ってるんだよね。
全部じゃないにしろ。
割とありがちなパターンがこれなのよ。

嫌でしょ。
許せないでしょ。
アタイは嫌だよ。
アタイが働いて納めた税金がこんな
自称難民のごくつぶしのために
使われるのかと思うと
むしずが走るよ。

クロネコの場合は、たとえ戦争地域から
やってきた難民でさえも
こんな手厚い保護を受けてることが
面白くないと思ってる
自称レイシストだからね。
それが。
難民どころかズルで難民の振りして
ぐうたら生活してるクズがいるんだとしたら。
てめえ・・・!
って気分になるわけで。

ま、レイシストのクロネコなら
ムカつくのは当然だけど。
今このニュースがスキャンダルとして
ドイツ人の中で騒がれてるということは。
ドイツ人もみんな相当ムカついてるって
ことになるね。
当たり前の話だよ。

実際のところ。
何故にブレーメンのBAMFの役人が
1200人ものエセ難民どもに
難民許可を与えたのか?が
はっきりしてはいないんだけど。
金じゃなかろうかと言う噂がある。
要は。
難民申請窓口にいた役人に
袖の下をつかませた自称難民が居ると。
役人は賄賂を受け取ったんじゃ無かろうかと。
そういうことなのではと。

でもまだ真相は不明。

このスキャンダルが発覚したのは
何でも新しくブレーメンBAMFの
難民申請窓口に就いた女性職員が内部告発を
したのが発端らしい。
その女性は内部告発文書を内務省と
BAMF本部の両方に送ったらしい。

内部告発文書によると、どうやらBAMF本部も
難民不正認定を以前から把握してたっぽい。
かつ。
ブレーメンのBAMFも把握してたっぽい。
なのに申請を許可してたということは。
上から下まで賄賂まみれなのか?!
みたいな疑いがね。

アタイは内務省がベルリンにあるのは知ってて。
場所も知ってるけど。
BAMF本部がニュルンベルクにあるのは
今日知った。
何でニュルンベルクなんだろ。
不思議だなー。
けど窓口である外国人局は各都市にある。
それを統括するBAMF本部はニュルンベルクなんだね。

告発を受けて、BAMFの局長が裁かれるとのことで。
ユッタ局長は女性で。
彼女は内務大臣と記者会見をやってたよ。
来週国会で議員の質問に答えるらしい。

ちなみに。
ネット調査だと調査委員会を設置すべき!
の声が70%くらいあるね。
詳細を調べろ!とのことだね。

調査委員会が設置されると、
内務大臣の責任も問われるし、
内閣の責任者であるアンゲラも責任を
問われることになる・・・
って書いてあったわ。
そもそも難民政策を推進しまくったのは
アンゲラ政権だからねー。
張本人。

けど。
野党全部が調査委員会の設置を
要求してるわけじゃなさそうで。
難民移民排斥思想の政党だからAfDが
ここぞとばかりにアンゲラ政権を批判して
調査委員会の設置を要求してるね。
自由民主党FDPも同じく。

委員会はちょっと・・・って言ってるのは
難民移民受け入れ派の緑の党。
緑の党、何足引っ張ってるんだよ!
難民受け入れ以前に賄賂がはびこってる
可能性があるってのに!
やっぱ党首を変えるべきじゃ無かろうかと
アタイは思う。
ったく!


ドイツで難民申請をする場合、
今現在紛争地域である国から来た場合は
条件を満たしてるので割りと申請がすぐ
通るらしいんだー。
シリア、イラク、アフガニスタン等々ね。

けど。
シリア人の振りした怪しい自称難民もいるし。
それ以外に、紛争地域出身じゃないけど
ドイツで楽に暮らしたいという
不届きモノもたくさんいるわけで。
そいつらが難民申請した場合、
条件を満たしてないから申請は却下
されるんだよね。
その場合不届きモノどもは
国外退去になるんだけど。
それは嫌!っていうヤツラで
さらに金を持ってるヤツラが
おそらくはブレーメンで不正をして
難民認定されたんじゃ無かろうかと
言われてるっぽい。

なるほど。
一体それはどこの不埒なヤカラなんだ!
許せん。
難民って言うからにはアフリカ系か?
はたまたどっかの中近東系か?
けどあいつら金持ってるのか?
と思いながらある記事を読んでたら。
今回のブレーメンで不正に
難民許可を得ていたのは大半がクルド人
って書いてあって。
ため息だよ。

ほらきたー!
ほらきたー!
だから言ったでしょー!
クルドはクズだと。
クルドはクソだと。
あーあーあーあー。
やっぱりね。
思ったとおりだ。
クロネコが言ったとおりだね。
クルド・・・。
クロネコの敵だよ。
生涯敵認定。
パラサイト。
低脳かつ民度の低い連中だから。
さもありなん。

っていうか!
ブレーメンの職員はバカか?!
何やってんだよ!
金欲しさに何取り返しのつかないこと
やってんだよ!
だから犯罪予備軍みたいなクルドが
ドイツでのうのうとしてるんだよ!
あー、許せん。

今回はブレーメンの職員による
内部告発があったおかげで
この問題が明るみに出たけど。
アタイが思うに。
と言うか。
とある事実として聞いた話では
難民じゃないけど
他の街でも申請基準を満たしてない
外国人に滞在許可が下りてるんだよね。
移民のケースだね。
世の中金だね。
袖の下さえありゃどうにでもなるんだなーと。

けどさ。
難民でも無い国から来た普通の真面目な外国人は
たーくさん申請書類を準備して
2ヶ月も待って、
職員の厳しいチェックを得て、
やっとビザが下りるんだよ。
ま、アタイは日本人が多いデュッセルドルフで
申請したので、スルッと通ったし
アポも不要だったけど。
ベルリンの日本人は数ヶ月待ちが普通だよ。
まあイギリスやアメリカに比べたら
ゆるゆる~っとビザが下りるのがドイツだけど。
それでも申請基準を満たさないと
いけないわけで。
ビザが下りても自力で働かないといけないし。
と言うか働きたいからビザ申請するわけで。

なのに。
クズ民族であるクルドとか、
エセ難民どもは、
働きたくないからズルをするんだよね。
ああ。
ああ。
ほんとに嫌だ。
アタイのレイシスト度合いがあがっていくー。

アタイはクルドを心底毛嫌いして
見下してるけど。
自ら自分たちのクズっぷりを立証していくのが
クルドのクルドたるゆえん。
やっぱりクズだ。

はてさてどうなるドイツの難民スキャンダル。
難民なんて受け入れるとろくなことが無いね。
ドイツ人役人のモラルも低下してるし。

[PR]
by kuronekomusume | 2018-05-31 04:36 | ドイツニュース | Comments(0)