死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

ベルリンのタクシー

韓国の悪口を先ほどひとしきり書いたけど。
でもやっぱり。
アタイにはトルコやクルドを上回るクズは居ない。
しいて言えばジプシーだけどやつらは
人間じゃないからね。
人間で言うとトルコとクルドが嫌いです。

1週間くらい前に、日本大使館からメールが届いたのよ。
「要人のベルリン訪問に対して大規模デモが
行われますのでくれぐれも安全に気をつけてください」
って言う注意喚起メール。
こういう注意喚起メールはちょくちょく来るんだけど。
よくあるのが、
ラマダン中なので邦人の皆さん気をつけてください、
とか。
大規模なイスラム系のイベントが予定されてるので
邦人の皆さんは気をつけてください、
って言うのが多い。
たいていが、イスラム関連。

ほんと。
イスラムめ・・・って感じよね。

そんで10日ほど前の注意喚起メールの「要人」って
誰だろ?と思ってね。
デモされるような要人ってトランプか?
と思ったけどそんなニュース見てないから
たぶん違うよなーと。
で、ニュースを検索してわかった。
トルコの大統領エアドアンでしたわ。
やつがベルリンに来るから反エアドアンのデモが
予定されてるとかで。
なるほど。

で、それは金曜だったんだけど。
街中の市電が止められたのよ。
セキュリティのためだとかで。
はああああ?!っていうね。
意味分かる?
トルコのあいつが来るからって警備のために
市電が止まったんだよ。
ありえんわ。
ありえんつーの!
もうダイヤ乱れまくりよ。

そんで、道路も封鎖されてたしで。

こんにゃろめー!!!
って言う怒りが湧いたっつーの。
ただでさえトルコ人って言うだけで憎いのに
生活の邪魔しに来たとなるともっとむかつくんじゃー。

そんでやつもホテル、アードロンに泊まったらしいんだよね。
あいつCIAに命狙われてクーデターまでCIAに
起こされたってのに。
そのおひざもとのホテルに泊まるとは。
さすが。
心臓に毛が生えた男エアドアンだよ。
ずうずうしさマックスのトルコ人。

警備に当てられた警官の数4200人だって。
ふーざーけんなー!
って言うね。
もう殺されちゃって良いのに。

エアドアンがベルリンまで何をしに来たのかというと。
それは。
金の無心に来たんだよ。
ええええ?っていうね。
ほら、トルコリラがこないだ暴落して経済が
大変だからってドイツ、つまりEUだと思うけど
お金出してー!って言いに来たんだよ。
そんなやつを手厚く出迎える必要はあるのか?!
というね。
何やってんだ、ドイツ政府は?!っていうね。

いや、これアタイだけが言ってるんじゃなくて
オンライン記事の見出しもそういう口調だよ。
そんで。
お金を出せよ!って図々しく言いに来た
トルコ大統領を超VIPみたいに手厚く扱ってたので
それはトルコにとって大勝利!
とトルコのメディアは報道したとかで。
はああああああ?!
って言うね。

結局金を出すことになったのかどうかは
分からんのだけど。
確か保留だったような?!

こりゃもう大規模デモ当たり前だわー!
と思ってアタイはデモの様子を見てやろうと
ネット検索をしたんだけど。
これが。
これが。
驚くことに。
エアドアンに対してデモ行動を起こしてた人たちっつーのが。
大半はどうもベルリン在住のトルコ人&クルド人だった模様で。
ええええええ。
って言うね。

どうやら、エアドアンの厚顔無恥な行動に対して
俺らはもっとリベラルな考えだ!
ドイツで暮らすにあたって俺たちはドイツ側だ!
みたいな態度を見せたかったのかどうかは
分かりませんけども。
そういうインタビューをチラッと見た。
が。
が。
アタイはとにかくアレルギーがあるので
やつらが大群で写ってる写真とか動画を見てると
吐き気を催してしまって。
そっと画面を閉じたので。
結局のところ、どんな意図でデモが
どれくらいの規模で行われたかは
分からないままだったりするという。
すみません。
クロネコあきらめました。
気持ち悪くなるから仕方ないんすわ。

エアドアンはベルリンのあと、
自分の支持者がわんさかいるというケルンに
移動してったんだけど。
ケルンでも大規模デモがあったっぽいよ。
けどそれをオーガナイズしたのがドイツ人なのか
リベラル気取った在ドイツのトルコ人なのかは不明。

まあ、とにかく。
エアドアン・・・。
トルコ人を体現してるよ。
やつは、ちょっと前までアンゲラのことを
ヒットラーめ!ってディスりまくってたんだよ。
なのに。
どのツラ下げて金をせびりに来るんだ?って言うね。
そんで。
ドイツに住んでるトルコ人は全員トルコ国民だ!
って公言してるしで。
それならやつらを全員連れて帰ってよ!って
感じなんだけど。
置いていかんといてくれよっていうね。

とにかく。
トルコ人気質って言うのを端的にいうと
エアドアンみたいなやつだよ。
裏ではドイツの悪口を言いまくっておいて
でも金は取るというね。
ほんとに。
悪辣だよ。
あんなのに目をつけられてるドイツは不幸だと思うわ。
なのに。
なぜかVIP扱いしてるから意味不明っす。

ドイツ人お人好し過ぎー!!!


それはそうと。
こないだ面白い話を聞いたんだけど。
もしベルリンでタクシーに乗ることがあるなら~
アタイからのアドバイス。

ドイツのタクシーは基本クリーム色なんす。
普通車もあるけど、たいていはクリーム色。
だからぱっと見てすぐ分かる。
タクシーだ!ってね。

でね、こないだタクシー運転手から聞いたんだけど。
ベルリンのタクシーは大きく分けて
ほぼ半分がメルツェーデスで
残りはトヨタのハイブリッド車なんす。
もうほんとに確実にそういう割合になってる。
まあたまに違う車種もあるけど。
おおよそそんな感じ。

メルツェーデスはちょっと古いタイプのやつで。
こういう感じのタクシー。↓
c0016407_04541432.jpg


そんでトヨタはこんな感じ。↓
c0016407_04530941.jpg


ベルリンは市内が混んでるので
ハイブリッドのほうが燃費が断然良いんすわ。

で、タクシー運転手って言うのは8割くらいが
移民の出稼ぎ系で。
いろんな国の人がいるんだけど。
タクシーの運転手いわく。
メルツェーデスに乗ってるのはほぼトルコ人とのことで。
なぜかトルコ人はメルツェーデスが好きらしく。
トヨタには乗らないって言ってた。
そのタクシーの運転手はイラン人だったんだけど。
イラン人は絶対トヨタ推しだとかで。
トヨタ最高!って言ってて。
とにかく日本車はまったく壊れないから最高だ!
ってべた褒めでしたわ。

なるほど。
なるほど。
ってことは。
今後タクシーに乗るときはメルツェーデスを避ければ
良いのねと。
そういうことよね。
面白い話を聞いちゃったわ。

けどね。
ひとつだけ良い話をしますとね。
とにかくトルコ人を嫌いまくってるクロネコだけど。
ひとつだけトルコ人に感謝した出来事があってね。
ちょっとすごい話なんだけど。

3年くらい前だったかなー。
アタイはフランクフルトに出かけてて。
電車でベルリンに戻ってきたんだけど。
ドイツの電車と言うのは天候に左右されるんだけど。
その日はベルリン近辺は雷雨だったらしく。
ベルリンにつながる線路が一時通行止めになったのよ。
で。
本来は夜の10時にはベルリン到着予定の
特急電車にアタイは乗ってたんだけど。
10時の時点でもまだヴォルフスブルクあたりで。
えええ・・・みたいな。
まだこんなとこか?っていう。
なのに。
線路が通行止めだから、電車も留まってて。
いつ動くかも分からない状態で。
それが数時間。
で、夜中12時とかにやっと動き出して。
果たしてこのままちゃんとベルリンまで
連れて行ってくれるのか?みたいな中
車内アナウンスで
「ベルリン到着は深夜2時半ごろを予定してます」
って流れて。
深夜2時半・・・ひょえええええ。
市内電車はもう終わってる時間だよ。
どうやって中央駅から帰ろう・・・みたいなね。
もうタクシーだ!
って感じで。

けど。
ベルリンの中央駅をなめたらいかんぜよっていうね。
デュッセルドルフ中央駅とは規模が違うからね。
ものすごい数の乗り入れだし。
そんでもって。
ベルリン近辺で雷雨ってことは。
足止め食らってた電車はアタイが乗ってた電車だけじゃなくて。
もっとたくさんの電車が遅延しまくりってことになるわけで。
絶対中央駅は混んでるだろうなと。
深夜だけどごった返してるに違いないと。
市内電車が終了してるってことは。
タクシー乗り場もすごいことになってるだろうなと。
1時間待ちとかで乗れるんだろうか?と。

そんな気分のまま何とか深夜2時半ごろ
ベルリン中央駅に到着して。
急いでタクシー乗り場に行ったら。
ものすごい人で。
ああ。
無理だ。無理だ。
ぜんぜん無理。
タクシーとか不可能だ・・・ってアタイは絶望的な
気分になったのよ。
翌日の仕事のことを考えたら睡眠時間を
とっておきたいけど。
もう無理かも・・・みたいなね。

そしたらね、その時不思議なことが起こったんす。
タクシー乗り場のタクシーから一人の運転手が
降りてきて。
それは果たしてトルコ人だったのか、
何人だったのかは分からんけども。
トルコ人だったかもしれないんだけど。
その人は周り中の人たちの
「へい!タクシー!!!」
って言う呼びかけを一切無視して
モーゼですか?!ってくらいの人混みをかき分けて
50mほど一直線にアタイに向かって
歩いてきたんす。
アタイも、え?え?っていう気分だったけど。
間違いなくその運転手はアタイに向かって
歩いてきたんす。
で、その人が「タクシーか?!」
ってアタイに聞いたから。
「ヤー!!!」
って答えたんす。
したらその人、周りを完全無視して
アタイをタクシーに乗せてくれたんす。
周りの人たちは長い時間タクシーを待ってたはずで。
なぜかアタイだけVIPか?!っていう扱いで
優先されて。
ほんとに。
一瞬自分は芸能人か?と勘違いしそうになったくらい。

で、そのままタクシースタート。
????
って言う気分のまま自宅住所を告げて。
????
誰かと間違えてませんかね?と思ったけど
ここで降ろされても困るしで。
で、しばらくたってから運転手に聞いたわけよ。
何故にあなたはアタイをあの人ごみから
救い出すくらいの勢いで選んだのか?と。
したらね、そのイスラムっぽい運転手がいうには。
「あなたは女性だし、年のころから言うと
おそらく家には両親とか子供たちが待ってるに違いないと
思ったので優先したんですよ。
男性客なんて待ってればいいんですよ。」
って言ったんすわ。
えええええー!!!
っていうね。

とてもじゃないけど。
実は一人暮らしですっていえないわーと。
「ええまあそんな感じです」
って答えておいた。
「本当に助かりました、ありがとうございます!!!」
ってね。

いやー。
なんか。
こう普段はイスラムめ!!!ってむかつくことばかりだけど。
たまーにごくたまーに、こんなこともあるんだなと。
運転手が勝手に勘違いしてくれたおかげで
アタイは20分後にはシャワーを浴びてて
すぐ寝れたと言うね。
いやほんと。
こんなことってあるのねーと。

あの運転手が何人だったかは今となっては
分からないし。
さらにあのタクシーがメルツェーデスだったかどうかも
分からないけど。
もしかしたらトルコ人だったかもしれんなと。
そういう話ですわ。
でもイラン人だったかもしれないし。
レバノン人だったかもしれないし。
アフガン人だったかもしれないし。
分からんけども。

モーゼの十戒並みの経験でしたよと。

そういや。
今世界で流行ってるウーバーという名の白タクビジネスだけど。
アタイはそういうの好きじゃないので
絶対に乗らない。
いろんな意味で危ないから嫌だ。
ちょっとのお金をケチったせいで事故られたら
しゃれにならんし。
どっか変なところに連れて行かれたら
最悪だし。
仕事で乗る場合とか領収書も切ってくれないしで。
アタイは白タクには乗らない。

って言うかさ。
世界旅行するにあたって。
ガイドブックに必ず「白タクには注意」って書いてあるよね。
なのにウーバーに乗れる人の気が知れないなと
アタイは思う。
やっぱさ、認可を馬鹿にしたらいかんと思う。
それだけ責任が伴う仕事だと思う。
信頼に対価を払ってるから。
アタイは既存ビジネスを支持するよ。

AirBnBも同じ。
宿泊業の認可をとるために、どれだけ厳しい条件があって
それらをクリアしてるのか?を無視するようなビジネスは
アタイは好きじゃないし。
やはり安全にはお金を払いたい。
衛生面にも払いたい。

っていうか。
ベルリンでAirBnBで一儲けしてやろう
的なことをやってた人たちの話を聞いて
余計に嫌になったわ。
アタイは洗面所とかちゃんと掃除してないのは
無理です。

頭固いとか古いと言われても。
なのでどっちも受け付けない。
既存ビジネス万歳。

by kuronekomusume | 2018-10-08 05:19 | 日記 | Comments(0)