死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

2005年 12月 25日 ( 1 )

ドヒマ

DIE TOTEN HOSEN(ディー・トーテン・ホーゼン)って
名前のパンクバンドがあって、
意味は「何も無くてドヒマ」って意味。
c0016407_9475758.jpg


c0016407_950340.jpg
これはドイツ3大バンドのうちのひとつ。
この国じゃ、その知名度もキャリアも人気度も
そりゃあスゴイんですよね。
老若男女で知らない人は居ない!
ってくらいドイツじゃ有名。
知名度だけだと、日本で言うところの
サザンとか、B'zとかそんな感じ。
街中歩いてると必ず一人か二人は
このバンドのTシャツ着てる人と
すれ違うってくらい大人気。
日本じゃサザンとかのTシャツ着てる人と
すれ違ったりはしないから、
そういう意味じゃ、こっちのバンドに対する
熱烈度の方が半端無いかも。

そんでこのバンドメンバーは1名以外
(一人はイギリス人で4,5年前に加入)
全員デュッセルドルフ出身。
なので、デュッセルドルフっ子は
それが、そりゃあもう自慢のようで。

アタイがトーテン・ホーゼン好きだよ!
などと言うと、うれしそうに、そして得意げに
「クロネコ、彼らはこの街出身なんだよ!」
って教えてくれるんだけど。

知ってます。
それも10年以上前から。

だって、アタイこのバンドのファンだもん。
というか初めてファンになった
ドイツのバンドなんだもん。

留学中に覚えたドイツ語の単語の
大部分はこのバンドの歌詞あってのものだし。

パンクバンドなのに、メロディーが
ゆっくりだから、ドイツ語初心者には
歌詞を口ずさむにもぴったりだったってのもあって。

7、8年前に、ドイツ語検定の口頭試験に
行く前に、このバンドのCDで曲を一緒に
歌って、ドイツ語のリズムを思い出したり
なんかしてました。
でも結局試験には落ちたけど・・・涙
リズムより文法勉強しとけってことっすね。
(最終的には3回目で合格しました!)

そんで歌詞も割りとドイツ語の勉強に
なるようなものばかりで。
本当にドイツ語初心者にはぴったり。

ラムシュタインだと日常会話に使えない
歌詞ばっかりですからね。
人が燃えているとか、
人が死んでるとか、
血が流れてるとか、
両性具有とか、
俺を罰してくれ~とか・・・。
歌詞もかなり文法がカットされてて、
極力無駄が無いように構成されてるので
あまりドイツ語の勉強にならない気が。

3大バンドの残るもうひとつは
ディー・エアツテ。
彼らの歌詞は高度過ぎて初心者には
向かないなあって思います。
少なくともアタイは歌詞を読み解くのに
かなりの時間を要したので。
音楽とリズムはスバラシイので歌詞が
分からなくてもぜんぜん楽しめるけど。
でも、彼らの歌詞はひねりがたっぷり
入ってて、表面上に書いてある以外にも
深い意味が隠されてたりする(らしい)ので、
ドイツ語が分かるなら、彼らの曲を
たっぷり楽しめるて奥深さを堪能できます~。
それに日常的にも使える表現がいっぱい!
(下品な表現も多いから人格疑われるけど。笑)

話をトーテン・ホーゼンに戻すと・・・。

アタイは結構彼らのファンだったんで、
CDもいっぱい持ってるんですけど。
ライブも何回か行ったし。
(日本でも行った)

でもね、最近ちょっと気がついちゃったことが
あったりして。
なんかさ、もしかしてさ、ボーカルの
カンピーノって、ほんとひょっとしてだけど
「歌が下手じゃない?!」

キャー、認めたく無いけど、
かなりショックだけど、
でも多分これは真実。

そんでね、あとね、
これも長年10年以上にわたって、
自分で認めてなかったんだけど。
もしかしてアタイって
「カンピーノの声があまり好きじゃない。」

あーあ、気がついちゃったよ、アタイったら。
どっちも、うすうす感じたりしてたんだけど、
「いやいや、そんなはずあるめえ。」
って頭の中でかき消してたんすよね。

でもね、こないだ決定的に認めざるを得ない
状況に立ち会っちゃった訳で。

っていうか、単にテレビで歌ってるところを
見たってだけなんだけど。
それはMTVドイツの番組「アンプラグド」。

要は、エレキとかベースとか、
電気使う機械の無い状態で
自分たちの曲を演奏しちゃいましょう!っていう
あの企画ですね。
アメリカのMTVがもちろん元祖で。
一流ミュージシャンがこの番組で
アコースティックにしっとり演奏を聞かせて
くれちゃうっていうあれです。
まあ音楽好きな人なら誰でも知ってますけど。
知らない人もここを読んで
下さってるので一応ご説明。

数年前にエアツテもこの番組に出てたんだけど。
アタイはエアツテ出演のこの番組を見て、
めちゃめちゃ感動したんですよね。
演奏も、歌もヤツラ上手すぎ!って。
演出も凝ってて。
DVDもCDも買いましたし!
なんて才能豊かな人たちなの!って。

だからさ、同じくらい20年のキャリアがある
トーテン・ホーゼンもそりゃあスゴイものを
見せて、聞かせてくれるんだろうなって
かなり期待して見てたんだけど。
何日も前から楽しみにしてたんだけど。

・・・。
一応全部見たけど。
あれ?
あれ、あれ、あれ?
みたいな気分が最初から沸き起こっちゃって。
カンピー(ボーカルのことね)ったら
歌が、音程がずれてやいませんか?
声が、高音域が出てないような気がしますけど・・・?!
っていうか、っていうか、
下手?

ホント後半なんて聞くに堪えなくて。
掃除とか、ネットとかのかたわら
ナガラで見ちゃったくらい。

なんかね、マジで歌上手くないのよね。
高音とか出てないし。
ピアノ伴奏者と合ってないし。
知ってる曲ばっかりだから余計に
分かっちゃうっていうか。
感動どころか、疑問符しか沸いてこない。

彼らの曲がアンプラグドに合ってないのか?
それともアレンジが悪いのか?
マイク持って走り回って歌わないとダメなのか?

もうね、いろいろとかなり彼ら寄りの見方を
してみたけど、無理。
やっぱり結論は、
「カンピーノは歌が下手」。

あーあ、露呈しちゃったよ。
がっかりだよ。

昔からビジュアル的にもダサいのを
認めて、それでもファンだったのに。
歌が下手って致命的だよ。

アタイの友達で
「パンクは下手だから好きじゃない」
って言うハードロックファンの人がいるけど。
キャリアありゃ、それなりに上手いでしょ!
ってアタイは素人なりに思ってたんだけど、
その人の意見を証明しちゃった。
あ~あ。
悲しいけど、事実。

もうCD買えなくなったかも。
ファン卒業かも。
でも昔の曲は思い出もあるし
多分ずっと好きだと思うけど。
ボーカルカンピーノのドイツ語発音は
大好きだから、
これからは歌ってるところじゃなくて、
しゃべってるところを見ればいいのかな・・・。
などと思いつつ・・・。

その番組の二日くらい後に
CDショップに行ったら
もうその番組のCDが店頭に並んでた。
c0016407_9492387.gif

すげえ。
商魂たくましい!
っていうか、商戦タイミング逃してない!
やるね。

そんで今日外歩いてたら、
今年の9月にデュッセルドルフでやった
ライブの模様がDVD化されて
販売されてた。
やるね。
c0016407_9494379.gif

ホーゼンたら、
今年はアルバム出すわ(まだ買ってない)、
ツアーも半年くらいやるわ、
MTVドイツのアンプラグドに出るわ、
夏のフェスにも出るわ、
雑誌のインタビューにも出るわ、
DVD出すわで、
ほーんとよく働いてる。
ドイツ人とは思えないくらい。
しかもこの人たちめちゃくちゃ人気あるから
かーなーり、儲かってるはず。
すごいね。
2年も休んでるバンドもある一方で
こんなにも稼ぎまくってるバンドもあるんすねえ。

でも・・・。
多少コマーシャリズムに傾倒
しつつあるような印象受けてみたり・・・。
パンク イズ デッド?!
[PR]
by kuronekomusume | 2005-12-25 07:11 | 日記 | Comments(0)