死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

2006年 10月 06日 ( 2 )

料理番組

久々にドイツのテレビ番組をご紹介。

まずは長寿番組
「schmeckt nicht, gibt's nicht」
意訳しちゃうと「美味しくなければ意味なーい」ですかね。

ドイツ人青年料理家ティム・メルツァーが
毎日毎日これでもか!と料理を紹介してる番組なんすけど。
これ多分少なくとも2年は放送してる気がする。
そのレパートリーの多さもさることながら。
ティムの手際の良さも半端無い。
手の動きと同じくらいのスピードで口も動いてて。
ドイツ語聞き取りに集中してたら、
今何の作業してるのか見失っちゃう。
ガイジン泣かせの料理人ティム。

けどさ。
この番組見てるとね・・・。
そりゃドイツ人太るわなあ~。
ってくらいスゴイ脂肪分ドカドカ。
塩ドカドカ。
すごいの。
不健康じゃござらんか?
って視聴者が考えないためにもティムが
マシンガントークを続けてるのかも。

ティムはね・・・。
日本で言うと小林勝代の息子ケンタロウみたいな感じっすかね。
イギリスだと、ジェイミー・オリバーっつうオサレ~な
お兄さんが有名ですけど。↓
思わず女性なんかが「料理教えてもらいた~い!」
って思っちゃいそうなルックス。
さすがはエングレンダー。
c0016407_3505415.jpg


そして注目のドイツは・・・。
ジャーン。
これがティム。↓
前歯欠けてない?みたいな愛嬌ある顔してます・・・。
c0016407_3512171.jpg

そしてこちらがティムの料理。↓
かなりレパートリーが多いですけど肉が多いかな。
c0016407_3514287.jpg

拙者こよいは胃の調子が・・・ってアタイは遠慮しちゃいそ。
でもドイツ人だからそれでいいのかも。
ティムってドイツで人気あんのかな?
マーヤ曰く、「あれはジェイミーオリバーのマネッコだよ」とのことだけど。


まあ、そんな料理人はさておき。
アタイ注目の番組は多分今年に入ってから
スタートしたであろう番組。
「das perfekte dinner」です。
要は「パーフェクト・ディナー」ってことなんすけど。
c0016407_3522062.jpg

これね、すっごくオモシロイんすよ。
毎週他人同士の男女4人が出演してるんですけど。
毎日一人の家に残りの3人が招待されて行くかたち。
招待する側が自慢の料理を作って3人をもてなすんですけど。
家に入った時点から最後お見送りするまでが
採点の対象になってて。
招待客は、ホストの接客と料理の腕前をポイントで
評価するんですよ。
で最後の日に高得点だった人が優勝!
つまり賞金30万円くらいだったかな?を手にするって仕組み。

大抵参加者は20代後半から40代前半の人なんすけど。
みーんな料理の腕前は本格的。
テーブルセッティングから、ワイン選びから、
料理の味付けから、最後はデザートまで
もうとことん凝ってる!
すげえ!
これね、すごいなあって思うのは男性も
すっごく料理が上手いってこと。
みんな美味しく味わいながらも後で
「あの子羊の肉はちょっと固かったわ」とか
批評するわけです。
c0016407_3524118.jpg

もてなす側はてんてこ舞いですよ。
お客が来る前に料理の仕込をして
料理を出して自分も一緒に食べて。
そんでメインディッシュも作り置きとか出来ないから
食べ終わったら台所へダッシュ。
で、急いで作るわけですよ。

その間お客たちは何をしてるかというと。
ホストの家のほかの部屋を物色。
本棚のぞいたり、小物をさわったり・・・。
あくまでこの4人は他人。
その態度は客としてポイント下がるんじゃないの?
って思わなくは無いけど。
c0016407_353022.jpg

ドイツって男といえども
かなりの料理上手。
チョコムースとかも自分で作っちゃうほど。
すごいね。
こういう番組って日本でやっても面白いと思うんだけど。
40代以上なら部屋もそんなに狭く無いだろうし。
結構面白いと思うんだけどな。
日テレあたりがVOXから買い付ければいいのに。
と思います。
c0016407_3531439.jpg


c0016407_353337.jpg

[PR]
by kuronekomusume | 2006-10-06 03:41 | 日記 | Comments(2)

キャメラ

旅行が楽しくて、行く先々で
いっぱいいっぱい写真を撮ったんですけど。
なんだか・・・。
アタイってほんとに写真の才能無いっすね。
下手すぎ。
手ブレは普通に起こりうるんだけど。
構図も変だし。
光も足りてなくて暗いし。
逆光だから全体が良く分からんし。
機能だって基本のやつ以外を覚える気は無いし。
うーん。
頭の中でイメージする写真を撮ろう!と
数回はシャッターを押すんですけど。

押しながら、画面で確認しながら・・・。
なんだか・・・。
だんだん面倒くさくなってくるんですよね。
どうでも良いや~みたいな気持ちになるっていうか。
撮れてりゃいいよ~って気分で。
カメラを両手で持つこと自体が
おっくうになってくるっていうか。
(片手で取るからブレルのですよね~)

観光地で写真撮りたーい!
ってカメラ取り出して、
しばらくしたらどうでも良くなってるアタイって・・・。
昔のカメラは良かったなあ。
今ってデジカメだから映りを確認できちゃうでしょ。
あれが面倒になる原因だと思うんすよね~。

そんで。
撮れた、撮れた!って思って
最終的に見てみると。
オッサンのアタマしか撮れてないとか
ピンボケだったりとか。
ほーんといつものことながら
アタイってつくづくカメラ撮るのに向いてない。
撮られるのはもっと向いてないんだけど。

まあ、そんなわけでせっかくの
ベルリン旅行記も暗い写真ばっかですんません~。
そもそもベルリンの天気が悪かったってのも
あるんですよ~。
(言い訳)
[PR]
by kuronekomusume | 2006-10-06 03:19 | 日記 | Comments(0)