死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

2006年 10月 07日 ( 1 )

ヒナとミュンツェ

どうも。

ベルリンで遊びすぎたのか、
風邪気味のクロネコです。
のどの痛みは治まったけど
セキが出ますです。
今週末はおとなしくして体調を治さねば。
来週からまた旅行だからね~。

そんなこんなで。
最近チャイニーズ度数が
ますますアップしてるクロネコです。
ほら、ベルリンで宿泊してたホテルの近くを
ケイティと歩いてる時。
中華レストランの店員(絶対中国人よね)が
アタイに向かって「ニーハオ」って
挨拶してくれたってのは記憶に新しいけど。

デュスに帰ってきてからもっと
記憶に新しいチャイニーズな出来事が
毎日目白押し。

なんかね。
昨日は家の近所のドラッグストアに
行ったんだけど。
お店に入るとそれこそチャイニーズな青年が
商品を選んでいたわけですよ。
彼は店に入ってきたアタイを見るなり
とても親近感をたたえたスマイルを
アタイに投げかけてきたんすよ~。
え~?
何、何、何~?
って感じっすよ。
アタイの経験調査によると
アジア系のオトコ(日本人除く)は
ドイツでアタイのことをナンパしてこない!
っつー定説があったわけで。
ナンパとまで行かなくても
目さえあわせてこない!っていう
奥ゆかしさが彼らにはあるのでは?
っつー仮説まで立ててたくらいなのに。
ココ数ヶ月でチャイニーズも大胆になったのね。
と思った次第。

そして今朝の出来事。
通勤電車に乗ったらドイツ人女性が話しかけてきた。
「すみません、失礼ですが中国の方ですか?」と。
え?
って思わず聞き返した。
「あ、拙者は日本人でござる」
と答えたところ・・・。
「あああ~」
とかなり残念そうな顔されちった・・・。
え~?!
日本人だとそんなにダメなの?
みたいな・・・。

ますますアタイのチャイニーズ度数は上がってるようで。

けどさ。
最近思うんだけど。
デュスに中国人がグーンと増えた気がするんすよ。
多分気のせいじゃないと思う。
それもね、家族層っていうのかな。
駐在員風な感じの人たち。
大学出てます~みたいな。
特別洗練されてる訳じゃないけど
貧乏そうでも無い感じの。
一般的にドイツに昔から居るチャイニーズって
おそらく貨物コンテナにでも隠れて
入国してきたんじゃないの?
みたいな人たち(超偏見ですけど)かな~
って思えなくも無いんですけど。
最近街中で見かけるのは
ちゃんと教育受けてます風な人々。

多分ね、最近中国の企業の進出が
目覚しいんじゃないかなあと予想してる。
聞いた話じゃメッセでも中国の企業が
多く出展してるらしいし。
まさに経済成長中!って感じなのかもです。

何で中国人が多くなったって分かったかというと。
通常ドイツ人が多く歩いてる通りでも
アジア人家族を多く見かけるようになったからなんすよ。
日本人駐在員はドイツ人が多く集うところには
基本的には来ないんですよね~。
なのでいくら日本人が多い街といっても
デュスじゃある意味ドイツの雰囲気が保たれてるんですよ。
日本人は日本人通りに集うだけなのでね。
でも中国人はそういうの気にしないので
いたるところにいるわけなのです。

てなわけで中華人口上昇中。
まあ、アタイもそんなチャイニーズの一人なんですけど。

話はガラっと変わって。
今日は仕事の後、ご飯を食べて夜遅くに
コインランドリーに行ったんですけど。
自動販売機にお金を入れて洗濯機を使うんですけど
2ユーロコインを入れたところ、
おつりは1ユーロでいいはずなのに、
カラン、カラン、カラン、カラン・・・
ってスゴイ音がして。
おつり返却口を見たら
2ユーロコインが7枚と1ユーロコインが1枚出てきてた。
しめて15ユーロなり。
2ユーロコインが15ユーロに!
このオッズすごくね?
自販機に見せかけてこれってスロットマシーンか何か?
ってそんなわけない。
・・・。
あきらかにおつり多すぎ。
って計算苦手なアタイでもさすがに分かるよ。

これはどうしたもんかね・・・。
って思ったけど。
アタイのお金じゃないので返すことに。
でもその中から、ちゃんとアタイのおつり分は頂いて。
なおかつ、大分前に自販機壊れてて
アタイのコインが4ユーロほど吸い取られたことも
あったなあ~と思い出したので
そのときの金額をさっぴいて。
残りは管理人さんに電話して返却しました。

それにしても
変な機械だわねえ。
管理人さんも電話でアタイが
「おつりがいっぱい出て来すぎたので返却したい!」
って言ってもなかなか理解してくれなかったもん。
普通返却するような人も居ないから
当然なんでしょうけど。

ヒナ=China=中国
ミュンツェ=Muenze=コイン
[PR]
by kuronekomusume | 2006-10-07 07:03 | 日記 | Comments(0)