死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

2006年 10月 17日 ( 2 )

ライブ

昨日は久しぶりにライブに行ってきましたです~♪
(いつものことだけどアタイの久しぶりは1ヶ月ぶりってこと)

FURTっていうドイツバンドのライブで
最初一人で行くかなあって思ってたら
大好きなニコールから連絡があったので
一緒に行くことに!

特急電車でもデュスからじゃ片道2時間半くらい
かかるビーレフェルトって街はちょっと遠い。
ニコールが車で行こう!って言ってくれたので
アタイは相乗りでかなり予算削減できた!
助かった~。

けど。
クロネコ+ニコールの組み合わせで
ライブに行くと、大抵トラブルが起こるんですよね~。笑
っていうかね、
クロネコは車に乗らないから道路事情が全く分からない。
ニコールは車に乗るけど死ぬほど方向音痴、かつ
一度行った事があるライブ会場でも会場に着くまで
思い出せないタイプ。

そうなんすよ。
ビーレフェルトの街についてから
ライブ会場を探すまでかなり時間がかかっちゃた。
迷いまくりでなかなかたどり着けずで。
まあ、開演には余裕で間に合ったんだけど。
道中いろんな人に車の中から声をかけて
道を聞きまくり~って感じで。笑

デュスからビーレフェルトまでは
時速130キロくらい出しても
片道2時間半くらいかかっちゃう。
ニコールは運転が好きらしいので
全然苦になってなかったのが救いかな。

道中二人でいろいろおしゃべりしながら
とっても楽しかった~。
やっぱさ~好きなバンドのライブは
優先順位1位だよね!
とお互いの意見が一致。
仕事は後回しだよね!
とお互いの意見が一致。

アタイは人生において一度だけ
ライブじゃなくて仕事を選んでしまったことが
あるんだけど。
当時はまだ新入社員だったし、
会社も倒産してない時だったので
悩みに悩んで仕事を選んだんだけど。
もうね、一生後悔するだろうな!
ってくらい今もまだ後悔してる。
アタイったらどうしてスマパンじゃなくて
倒産するような会社の
仕事を選んだのか?ってね。

それ以降は何があってもライブを最優先!
ってことでゆるぎない信念のもと
生きてます。
やっぱさー、仕事なんていくらでも変わりはいるけど、
ライブはそのときしか無いからね!!!
何よりその場にアタイが参加してないことが
耐え難いからね!

FURTではいつものように
メル、ゾラ、ナディーンらを見かけて挨拶したり。
あんまり好きじゃない人たちなので
遠まわしに「こんにちは~」ってヤツだけをね。
倭人クロネコったらちょっと感じ悪いのよ。
でも好きなマルクスやティーあたりには丁寧にご挨拶。
半年振りにロブ、フィッシー、クヴィッティ、ハーディに
会えたのが超うれしくて。

ライブ自体は、去年のツアーと
セットリストがほとんど同じで
オープニングも同じで
下手したら曲順も一部同じで
ちょっとどうしようかと思ったりもしたけど。
ファン的には新しいものも求める気持ちがあったり。
けど2曲あった新曲がすばらしかったので
超うれしくて。
久々に熱いロックを聞きながら踊りまくって
超楽しかった!!!
あんなにライブで汗をかいたのは
いつ以来かしら?

そんなこんなで待ちに待ったツアーが
やっとスタートしたので
これからしばらくはツアー休暇を駆使しまくりながら
ロックな日々を過ごす予定です♪
(し、仕事は・・・?!笑)

はー。
それにしても今日は首、肩、足と
筋やら筋肉やらが張って痛いのなんのって。
ライブは見るほうも体力使いますわ~。
でもまあそれが心地よいんだけど~。
[PR]
by kuronekomusume | 2006-10-17 22:07 | 日記 | Comments(0)

バッタもん

イタリアの観光地で結構見かけるのがアフリカ系黒人。
ドイツにも居ることは居るけど
イタリアの方が断然数が多い気が。
おフランスはもっともっと多いとのことですけど。

アフリカーナーは大抵イリーガルな
ことをやって日銭を稼いでるようでして。
まあ、物乞いで
「同情するなら金をくれ!」
的に暮らしてるジプシーよりはマシなのかなと
思ったり思わなかったり。
ジプシーってドラッグの違法売買とか手がけてるので
物乞いしつつも実は良い家に住んでて
ベンツとかに乗ってるとか。
なのでイタリアの物乞いに施しをする必要は無し!
ってことですね。

そして。
観光地でいっぱい見かけるのがコレ↓
c0016407_21355587.jpg


偽ブランド物を売る人たち。
全員売り子は黒人。
一人見張りがいて、警察官が来たら
合図を送る仕組みになってるそう。
なのでモノはシートの上に並べてて
警察が来たら、ソレっと一気に
片付けて逃げる算段なんだとか。
風呂敷のなかに包んで逃げる泥棒みたい。
買った人は買った人で
警察に罰金を支払わないとダメらしくて。

つーかさあ。
そんなもん買うヤツいんのか?
ってアタイなんぞは思っちゃうんだけど。
いるんですねえ。
いるからこの商売成り立ってるんだろうし。
そんな偽物買ってどうすんのよ?
って思っちゃうけど。
偽物でもブランド物が欲しいってことでしょ?
アタイなら、偽物を持ってる自分自身に
我慢が出来なくて許せなくなるけど・・・。

けどそういうのってやっぱり、
粗悪品だからブランド物に
興味の無いアタイが見ても
一発で偽物って分かるというか。
それに偽物を買うような人は
全体的に洋服のコーディネートがダサい人が多い気もするし。
ちぐはぐで、センスが悪い人が多いというか。
それにそういう人って大抵は
デザインだけじゃなくて、
品質も悪くて、安そうなモノを着てるから
総合的に見るとすぐに偽物って分かっちゃう。
そういう人たちってすごく滑稽だけど
洋の東西を問わずいっぱいいるんですねえ。
だからこういう商売が成り立つんだなあって
変に感心してしまったり・・・。笑

マルタはこういう人を見るとすぐ
「あ~、バッタもんです!」
って日本語で言ってて。
マルタったら変な日本語知ってて面白いわねえ
って笑ってたんだけど。
何とマルタの家族全員ともこの単語を覚えてて
全員で嬉しそうに
「バッタもん、バッタもん!」
って連呼してたんですよね。

なのでヴェネーツィアでマルタに
「一体どこでそんな言葉を覚えたの?」
って聞いてみたんですけど。
そしたら
「クロネコちゃんが教えてくれたじゃないの!」
って言われちった・・・。
・・・。
え?アタイ?
うっそー!?
アタイ?
そんな変な言葉を教えた張本人はアタイなの???
全然覚えてねえー!
・・・。

ちょっと気をつけねばと思った次第。
でもまあ間違いじゃないから
別にいいんだけど。笑
[PR]
by kuronekomusume | 2006-10-17 21:45 | 旅行記 | Comments(0)