死して屍拾う者無し

dokurock.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 03日 ( 2 )

シャイなのではなく、逆切れが怖いだけ。

ドイツ人のお婆さんというのは。
常に近所を監視してる。
ドイツには秘密警察は要らないのでは?!
って言われてるくらい。
秘密警察よりも監視能力が高い。
それがドイツのお婆さん。

たとえば。
住宅街を散歩してて。
ふと顔を上げて道沿いの家の窓辺を見ると。
お婆さんと目が合うから。

気まずいから、こっちは目をそらすけど。

お婆さんはその間もずっと
こちらをガン見してる。
「なんだ、あのアジア人?!
この辺をうろうろして何してるんだ?」
とでも言いたそうな感じでね。
c0016407_03003473.jpg
誰かが歩きながらゴミでも捨てようもんなら
それを全部目撃していて、
窓辺から注意する場合もあるだろうし。
またはそのゴミを持って、
捨てた人の家まで尾行する場合もあるし。

誰かが犬のフンを持ち帰らなかったら
その人を尾行して、家に入ったのを確認して
呼び鈴を押して
「あなたさっき犬のフンを持ち帰らなかったでしょ。」
って注意をしたり。

はたまた。
アパートの上の階の若者たちの足音がうるさい!
と思ったら。
若者たちが階段を下りてる際に
ドア際に仁王立ちしてジロジロ見たり。
はたまた「足音がうるさすぎるのよ!」
と注意したり。

ドイツ全国で繰り広げられるのが
ドイツ人婆さんの監視システム。
田舎でも都会でも同じ。

近所にお婆さんが住んでいたら。
自分の階下がお婆さんだったら。
それはもう不運としか言いようが無い。

と、言うのがドイツのお婆さんたちの
日常なんだけど。

なんだか。
アタイもジョジョにジョジョに
この意地悪婆さんのように
なりつつあるような?!
そんな気がする今日この頃。

こないだとうとう。
アタイも言ってしまったんだよね。
アパートの住民に注意しちゃったんだよね。
人生初ですよ。
やってもうたよ。

とある、金曜の夜ね。
アタイの上の階の住民がパーティをやってて。
うちはワンルームなんですわ。
だから、真上もワンルーム。
ワンルームでうるさくされると逃げ場無いからね。
音が直でくる。
でもまあ、そんな遅くまで騒がんでしょう~
とアタイも思ってて。

さて寝ようかと1時半にベッドに入ったら。
めっちゃうるさい。
音楽かけてるし。
お酒飲んでるから騒いでるし。
夏場だから窓を開けてるっぽいし。
(アタイんちは閉めてたけど)
う・る・さ・い。
寝れない。
寝れない。

悩んだアタイはそのままパジャマの上に
パーカーをはおって。
メガネをかけて。
階段を上って上の階へ行って
ガンガン、ドアを力いっぱいノックしたんだわ。
したら。
住民男性が出てきて。
推定、25歳くらいの若者で。
イタリアかスペイン人。

「あのめっちゃうるさくて寝れないんですけど。
とりあえず静かにしてもらえませんかね?」
って言ったんだわ。
したら男性は
「すみません、わかりました!」
って快諾。

おお。
良かった良かった。
と思ってね。
アタイはそのまま階段を下りて部屋に戻って
ベッドに入ったんだわ。
でも。
そこからが大変だった。
静かになるどころかもっとうるさくなったのよ。
え?
今注意したよね?
注意したのにもっとうるさくなるって・・・
嫌がらせか?
嫌がらせか?
わざとか?
みたいなね。

音楽の音量アップで。
むしろみんなで歌いだしてる始末で。
ガンガン部屋で踊ってるような。
かつジャンプしてるし。
直で下にガンガン響いてくるしで。
振動でアタイの部屋のドアとか
ガタガタ言うしで。
まさにドンちゃん騒ぎ。

こんにゃろめ。

と思ったけどアタイはとりあえず
様子を見ることに。
もしかしたらうるさくてもアタイも
眠れるかもしれないしで。

けど。
無理でしたわ。
まじ、ふざけんなってくらいうるさくて。
それが1時間続いて。
仏のクロネコも我慢ならねえ!
と言う域に達しましてね。
夜中の2時半にアタイは再び
パーカーを羽織って階段を上りましたよ。

ガンガンガン!とノックすると。
さっきの青年が出てきた。
「あんたさ、めっちゃうるさいんだけど。
寝れないんだけど!」
って言ったら。
「うるさかったですか?
何がうるさかったですか?」
とかヌカしやがるので。
「音楽もうるさいし、
あんたらなんかジャンプしてるでしょ?
全部下に響いてうるさいんだよ。
もし今静かにしないなら警察呼ぶから。
あと大家にも報告するからね!」
ってキレ気味に言ったら。
「わかりました!わかりました!
すぐに静かにします!」
って言ったのでアタイも引き下がったよ。

それから10分後くらいかな。
彼らは外に出かけたみたいで。
静かになった。
そしてアタイは眠りについたよ。
ふー。

っていうかね。
うちのアパートって44世帯住んでるのよ。
そんなところでガンガンうるさくすんなよ!
って話よ。
近場に飲み屋とかあるんだから
そっち行けよっていうね。

ドイツ人が自宅でパーティをする場合は
事前に玄関口とかに張り紙をするのよ。
「すみませんが、今日は誕生日パーティをするので
多少うるさくなるかもしれません。
ご了承ください」
みたいな感じでね。
そういうのを見ると、ちぇーうるさくなるのかー
って思うけど。
まあしょうがないなと思って受け入れるのよ。
けど、その人たちは事前告知無しだったからね。

夜中2時とか過ぎてもうるさい場合は、
たいていドイツ人の住民が先にぶちぎれて
文句を言いに行くから、
アタイは出番が無かったんですわ。
または。
「あー、誰か文句言ってくれー!」
ってベッドの中で思っていたら
本当に誰かがいいに言ってくれて静かになるというね。
ドイツ人てば堪え性が無いというか。
気が短いからありがたい。

今回はね、夏休み期間中だったので
住民のほとんどが居なかったんじゃ
無かろうかと。
だから。
クロネコが言いにいくしかなくて。
とうとう出番がまわってきちゃったよ的なね。

うまくいったけど。
なんというか。
クロネコも意地悪婆さんロードまっしぐらだな
と思ってしまったというね。

けどこれにはさらにひとつ背景があって。
アタイは事前にそのうるさくした住民が
ドイツ人じゃないって知ってたのよ。
知ってたから言いにいけたという。
しかも。
アタイはドイツ語ではなく、
英語で文句を言ったのよ。
下手な英語で、ゆっくりとドスをきかせて。
効果絶大。笑

でもあの住民がもしドイツ人だったならば
クロネコは躊躇したと思う。
行かなかったかもしれない。

何でかと言うと。
ドイツ人の逆切れがものすごくものすごく
激しくて、感じが悪くて、
下手したらアタイが怒鳴り散らされる可能性が
ものすごく高いからで。
そこまでのリスクはちょっと・・・みたいなね。

普段からドイツ人がものすごくどぎついのを
目の当たりにしてるからね。
あれをやられるとへこむからね。
ほんと怖いのよ。

ドイツ人というのは、
とにかく人を注意するのが大好きなのよ。
そういう国民性。
老若関係なく、とにかく注意する。
不正を見つけたり、悪いことをしてる人がいたら
とにかく注意。
「ゴミをその辺に捨てるな!」とか。
「赤信号で渡るな!」とか。
「自転車は歩行者を優先させろ!」とか。
「ちゃんといったん停止しろー!」とか。
とにかくそこらじゅうで注意するのが
日常茶飯事。

で。
注意されたほうはといえば。
すみませんでした・・・って恐縮するのかと思いきや。
ぜんぜん違う。
むしろ注意してきた人以上にデカイ声で逆切れする。
「うるせーんだよ!調子こいてるんじゃねーよ!」
「だから何なんだよ!」
とかもう。
まったく悪びれたりしない。
だから。
注意したほうが嫌な気分になる。
でも注意をやめない。
注意好きな人たちは
「ベルリンの人は自分がルール違反を犯してるのに
こっちが注意すると逆切れするんだよ!
その言い方がひどいってもんじゃなくて。
本当に嫌な気分になるし、許せない!!!」
ってキーキー怒ってる。

そういうのを普段からよく耳にしてるもんだから。
とてもじゃないけど、ドイツ人に注意しに行く勇気は無い。
報復が怖いとかっていうのよりも、
逆切れで怒鳴り散らされるのが嫌だからで。

そんなわけで。
ベルリンでは相手を見分けて注意するのが吉かと。
全方位的に注意してると痛い目見るからね。

とドイツ人友達に言ったら。
「クロネコ、ドイツ人にもバカはいるんだから
注意して良いんだよ!
そんなシャイじゃダメだよ!」
って言われてもうたわ。
え。
え。
ちゃいますけど。
シャイじゃなくて、不要な逆切れが嫌なだけで。

アタイはおそらく。
シャイではないと思う。
人見知りなところはあるけどシャイではない。
シャイだと2回も文句を言いにいかないだろうしね。笑

[PR]
by kuronekomusume | 2018-09-03 01:54 | 日記 | Comments(0)

戦争好きの狂った老犬がなぜかヒーロー扱い。

なんといいますか。
マケインが亡くなって、
ああやっと消えてくれたか~
と当然ながらアタイは思ってたんだけど。

っていうか。
普通の人はそういう感覚かと思いきや。
メディアの扱いをチラチラ見てると。
「トランプを批判し続けたマケイン!」
みたいな文調が多いもんだから。
違和感を感じる。

マケインはいつのまに、反トランプのアイコンみたいな
扱いになってるんだ?!的な。

まあ確かにやつはトランプを批判してたとは思う。
けど。
死後わざわざその代表みたいに大きく扱うほどの
タマか?!というと。
ぜんぜん違うと思うんだよね。

マケインはベトナム戦争で戦士として
戦ったとかで。
(つまりベトナム人を殺してる)
さらに。
アメリカが負けた後、捕虜として数年間
ベトナムで捕まってたんだよね。

ベトナム戦争の帰還兵は
メンタルをやられて
おかしくなっちゃった人が多いって言われてるし。
戦後に苦しんだ人たちも多いなかで。
やつは捕虜にまでなったのに
政治家になって、さらに戦争を仕掛けてたんだから。
細胞にいたるまで戦争好きの
血気盛んで危険な男だったのがわかる。

とにかく世界中を戦争で混乱させてやる!
としか思ってなかった。
ヒラリーともども脳内が人を殺すことでいっぱいの
戦争基地外。

今現在、トランプがやってる貿易に対する発言とかは
EU、中国、日本と・・・
いろんな国と軋轢を生みまくってはいるけども。
あれだけマケインがトランプを批判してたってことは。
逆に言えばトランプは戦争屋と目的が
異なるのでは?と。
そんな気がしないでもない。

マケインはネオコン、戦争屋の代弁者。
あんなやつが大統領になってたら
世界は今頃悲惨なことになってた。
というか。
マケインはその器ではない。
ただの基地外。

だからヒラリーともども負けてくれて
アタイは心底ほっとしてたよ。

そんで。
世の中からも消えてくれたから
デーヴィッド・ロックフェラーが亡くなった時と
同じ気持ちになったわ。
あとは、ナベツネも同じようになってくれればと
願ってる今日この頃。
加えてアベシンゾーも。

にしても。
憎まれっ子世にはばかるってそのとおりだよね。
無害なアタイらシープルを食い物にしてる
悪の権化みたいなのばかりが
いつまでものさばってるんだから。

マケインは。
最後のほうはトランプ批判で忙しかった
みたいだけど。
あのオッサンは長らくプーチン閣下を目の敵にして
攻撃というか口撃の限りを尽くしてたよね。
メディアの前で気が狂ったように
いつもプーチン閣下をディスってた。

プーチン閣下の敵はアタイの敵でもありますから。
そりゃもうアタイから見たら当然敵。

ただ、プーチン閣下はあんまり相手には
されてなかったね。
マケインはキャンキャン吼える老犬・・・
くらいにしか思ってなかったのかな。
一度プーチン閣下が、
そんなマケインをどう思いますか?
と聞いてきたジャーナリストに対して、
「彼はベトナム戦争のあと
長らく捕虜になっていたせいで
頭が狂ったんだと思う。
仕方ないにせよ、かわいそうだね。」
って言ったんだよね。
わははははー。
クロネコ、このプーチン閣下のコメントが
大好きで。
ウケル。

マケインのことを頭が狂ってる
と言う評価で終わらせちゃった。
さすがはプーチン閣下。

アタイそれ以来、マケインを見るたびに
ああ、この人頭狂ってるからなー
って思ってたYO。笑

世界のメディアはトランプたたきに余念が無くて。
いつでもネタを探してて。
今はマケインがそのネタなんだろうね。

あいつ、ヒーローでも何でも無いからね。
ただの戦争好きの狂った老犬でしたと。

[PR]
by kuronekomusume | 2018-09-03 01:12 | 日記 | Comments(3)